船歴 本邦建造船1 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

相澤岩吉

第五相澤丸 AIZAWA MARU No.5 (1889)
19239/NBWG 木造貨物船 140G/T 進水 1889.4(明22)
主機 R 2連成 1基
相澤岩吉(大阪)建造 相澤岩吉(西宮)
第五相澤丸 AIZAWA MARU No.5

福利丸 FUKURI MARU (1913)
中川晃の所有か
15838/MDNP 汽船 511G/T 進水 1913.2(大2)
Lpp 52.09(170.9') B 6.86(22.5') D 5.24(17.2') m 主機 R 3連成
相澤岩吉(大阪)建造 三洋汽船株式会社(大阪)
福利丸 FUKURI MARU

第六隠岐丸 OKI MARU No.6 (1914)

第六隠岐丸
第六隠岐丸 Oki Maru No.6
17065/MNHP 貨客船 501G/T 進水 1914.4.1(大3)
Lpp 45.80(150'-3") B 6.58(21'-7") D 5.00(16'-5") m 主機 R 3連成 大原儀助 44NHP/303IHP 1基 8/10kt
相澤岩吉(大阪)建造 隠岐汽船株式会社(大阪)
第六隠岐丸 OKI MARU No.6 船客 1等)6 2等)20 3等)100
1915(大4)島本庄(不詳)に売却
1917(大6)三洋汽船(株)(尼崎)に売却
1918.4(大7)佐渡商船(株)(大阪→尼崎)に売却
1920.3(大9)朝鮮郵船(株)(仁川)に売却、濟州丸 SAISHU MARU と改名
1933.4.6(昭8)小寺武市(関東州) または清和商会に売却、以後不詳

第九大運丸 DAIUN MARU No.8 (1915)
18656/MVKT 貨物船 994G/T 進水 1915.10(大4)
相澤岩吉(大阪)建造 林汽船株式会社(大阪)
第九大運丸 DAIUN MARU No.8

第参相澤丸 AIZAWA MARU No.3 (1916)
18994/NBGH 汽船 198G/T 進水 1916.2(大5)
Lpp 33.99(111.5') B 5.94(19.5') D 3.51(11.5') m 主機 R 2連成(冷) 1基
相澤岩吉(大阪)建造 相澤岩吉(西宮)
第参相澤丸 AIZAWA MARU No.3
1917.8(大6)佐渡商船(株)(函館→西宮)に売却
1920(大9)平林甚輔(西宮)へ売却(佐渡汽船の社史には大正7年に売却とある)
1923(大12)巴組汽船(株)(西宮)に売却、美川丸 MIKAWA MARU と改名
1927(昭2)青塚喜七郎(函館)に売却
1929(昭4)船名録より削除

鴻運丸 KOUN MARU (1917)
後に第一博鐵丸 HAKUTETSU MARU No.1と改名
20910/NMFK 貨物船 626G/T 1,013D/W 進水 1917.7(大6)
Lr 54.59 B 7.62 D 4.80 m 主機 R 3連成 相澤造船所 400IHP 8/8.5kt
相澤岩吉(大阪)建造 博多灣鐵道汽船株式会社
鴻運丸 KOUN MARU
1951(昭26)宮崎産業(株)(不詳)の所有

第十相澤丸 AIZAWA MARU No.10 (1917)
21147/NPHF→JLIE 貨客船 744G/T 進水 1917.9(大6)
Lpp 55.40 B 8.32 D 4.54 m 主機 R 54NHP/480IHP 8.25/9.5kt
相澤岩吉(大阪)建造 相澤汽船株式会社(大阪)
第十相澤丸 AIZAWA MARU No.10 船客 1等)2 3等)25
1917(大6)内田汽船(株)(神戸)に売却、大輝丸 TAIKI MARU と改名
1918(大7)大輝海運(大阪)に売却
1919(大8)米村左門(西宮)に売却
1923(大12)井上貞治(尼崎→西宮)に売却、春日丸 KASUGA MARU と改名
1927(昭2)植田光治郎(京都・府中)に売却、塩屋丸 SHIOYA MARU と改名
1936(昭11)植田(合)(京都・府中)に移籍
1941(昭16)丸辰海運(株)(京都・府中)に売却、潮丸 USHIO MARU と改名
1943.1.26(昭18)マニラからパラワン島プエルトプリンセサに向け航行中、ミンドロ島カラパン岬の沖15Km(13.26N,121.16E)で米潜GRAYLING(SS-18)の雷撃により沈没

研究丸型 10隻 KENKYU MARU Class (1917 - 1920)
貨物船 Lpp 66.45(218'-0") B 10.01(32'-10") D 5.79(19'-00") m 主機 R 3連成 1基
相澤岩吉(大阪)建造
研究丸 KENKYU MARU 21803/NRBW 1,225G/T 180NHP/IHP
進水 1917.12(大6) 中村精七郎(垂水)
研究丸 KENKYU MARU
1918(大7)岩田可盛(不詳)に売却、第一室蘭丸 MURORAN MARU No.1 と改名(時期不詳)
1927(昭2)栗林商船(株)(東京)の所有
1928.3.10(昭3)銚子沖で暴風のため座礁した神戸桟橋の甲隆丸の救助に向う途中遭難
第十六相澤丸 AIZAWA MARU No.16 23048/RBGW 1,205G/T
進水 1918.5(大7) 相澤岩吉
第十六相澤丸 AIZAWA MARU No.16
1923(大12)岡崎汽船(株)(大阪)に売却、永安丸 YEIAN MARU と改名
第十六相澤丸
第十六相澤丸 Aizawa Maru No.16
大通丸 DAITSU MARU 22677/RBFH 1,205G/T
進水 1918.5(大7) 内田汽船株式会社
大通丸 DAITSU MARU
東峰丸 TOHO MARU 23835/RFTL 1,218G/T 180NHP/IHP
進水 1918.9(大7) 建造者不詳
東峰丸 TOHO MARU
第十八相澤丸 AIZAWA MARU No.18 24160/RHFD→JITC 1,236G/T 2,152D/W 720IHP 8/10kt
進水 1918.10(大7) 相澤岩吉(西宮)
第十八相澤丸 AIZAWA MARU No.18
1923.6.29(大12)川崎汽船(株)(神戸)に売却、糸崎丸 ITOSAKI MARU と改名
1924.1(大13)阪神/芝浦航路に就航
1936.3.23(昭11)荒田商会(神戸)に売却
1943(昭18)三光商船(大阪)に売却
1944.9(昭19)三光汽船(株)(大阪)に売却
1950.12.1(昭25)北星海運(株)(東京)に売却
1956.4.8(昭31)福本商船(神戸)に売却
1958.7(昭33)主機をD 日本発動機 950BHPに換装
1961(昭36)富士金属(神戸)に売却
1962.9.26(昭37)常石造船(株)(広島・沼隈)に売却、解体
第十八相澤丸
第十八相澤丸 Aizawa Maru No.18
第二十相澤丸 AIZAWA MARU No.20 1,218G/T
進水 1919.2(大8) 相澤岩吉
第二十相澤丸 AIZAWA MARU No.20
第二十一相澤丸 AIZAWA MARU No.21 25526/RQLF→JDLC 1,243G/T 72NHP/720IHP 8/10kt
進水 1919.5(大8) 相澤岩吉(西宮)
第二十一相澤丸 AIZAWA MARU No.21
1929(昭4)荻布海商(株)(伏木)に売却、盛典丸 SEITEN MARU と改名
1934(昭9)船名録より削除
第二十一相澤丸
第二十一相澤丸 Aizawa Maru No.21
第二十二相澤丸 AIZAWA MARU No.22 25939/RQMS 1,238G/T 72/720HP 8/10kt
進水 1919.8(大8) 相澤岩吉(西宮)
第二十二相澤丸 AIZAWA MARU No.22
1929(昭4)荻布海商(株)(伏木)に売却、昭運丸 SHOUN MARU と改名
1932(昭7)船名録より削除
第二十二相澤丸
第二十二相澤丸 Aizawa Maru No.22
第二十四相澤丸 AIZAWA MARU No.24 26754/RVWC→JCSC 1,278G/T 75NHP/750IHP 8/10.2kt
進水 1920.3(大9) 相澤岩吉(西宮)
第二十四相澤丸 AIZAWA MARU No.24
1929(昭4)荻布海商(株)(伏木)に売却、高陽丸 KOYO MARU と改名
1937(昭12)船名録より削除
第二十五相澤丸 AIZAWA MARU No.25 1,270G/T
進水 1920.6(大9) 相澤岩吉
第二十五相澤丸 AIZAWA MARU No.25
1920(大9)岡崎汽船(株)(神戸)に売却、日福丸 NICHIFUKU MARU と改名

第十九相澤丸 AIZAWA MARU No.19 (1918)
24453/RJKQ 貨物船 720G/T 進水 1918.11(大7)
Lpp 55.63(182.5') B 8.20(26.9') D 4.72(15.5') m 主機 R 3連成 530IHP 1基 8/9.5kt
相澤岩吉(大阪)建造 相澤岩吉(西宮)
第十九相澤丸 AIZAWA MARU No.19
1926.10.29(大15)川崎汽船(株)(神戸)に売却、江差丸と改名
1928.12.18(昭3)博多湾鐵道汽船(福岡・志賀島)に売却、第二博鐵丸Hakutetsu Maru No.2と改名
1931.1.12(昭6)福岡県の倉良瀬戸で座礁、沈没

第二十三相澤丸 AIZAWAMARU No.23 (1919)
汽船 677G/T 進水 1919.11(大8)
相澤岩吉(大阪)建造 相澤岩吉(大阪)
第二十三相澤丸 AIZAWAMARU No.23

第十六播州丸 BANSHU MARU No.16 (1922)
28716/JNTT 冷蔵運搬船 122G/T 180D/W 進水 1922(大11)
Lr 28.94 B 5.18 D 3.11 m 主機 H 無注水焼玉 林兼商店 160HP
相澤岩吉(大阪)建造 林兼商店(下関)
第十六播州丸 BANSHU MARU No.16

相澤造船株式会社

喜久丸 KIKU MARU (1924)
貨物船 1,293G/T 進水 1924.9(大13)
Lpp 66.45 B 9.75 D 5.70 m 主機 R 735IHP 10.02kt
相澤造船株式会社(大阪)建造 山科禮蔵(東京)
喜久丸 KIKU MARU

ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.10