船歴 本邦建造船3 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

三菱合資会社長崎造船所

豐岡丸型 6隻 TOYOOKA MARU Class (1915 - 1920)

豐岡丸
豐岡丸 Toyooka Maru
明治末期から本格的な純貨物船の研究・整備を続けてきた日本郵船は英国ラッセル造船所から購入した遠洋航路用貨物船徳島丸を改良した7,500総トン級、速力11ノットの貨物船6隻の建造を計画、2隻をラッセル造船所に、三菱造船所と川崎造船所にそれぞれ2隻ずつ発注した。このクラスの貨物船はその後多数建造され船名のイニシャルに因んでT型(T Class)と呼ばれた。日本郵船の所有船としては香取丸の例外を除き初めて本格的なタービン主機を搭載した。(敦賀丸、津山丸、りま丸の主機は3連成レシプロ)
貨客船 Lpp 135.64(445'-0") B 17.68(58'-0") D 10.36(34'-0") m 日本郵船株式会社(東京)
1. Sno.242 豐岡丸 TOYOOKA MARU 17759/MQPH→JYOD 7,375G/T
主機 T 三菱Parsons 5,700SHP 2基 14.54kt
起工 1913.8.4(大2) 進水 1914.10.29(大3) 竣工 1915.3.6(大4)
三菱合資会社三菱造船所(長崎)建造 豐岡丸 TOYOOKA MARU
1940.3.15(昭15)鏑木汽船(株)(東京)に売却
1944.9.9(昭19)フィリピンのルソン島の東(19.45N,12053.E)で米潜QUEENFISH(SS-393)の雷撃により沈没
2. Sno.243 富山丸 (1) TOYAMA MARU 18180/MSJK→JTXD 7,386G/T
主機 T Parsons 2段減速 5,700SHP 2基 14.5kt
起工 1913.8.4(大2) 進水 1915.3.20(大4) 竣工 1915.6.3(大4)
三菱合資会社三菱造船所(長崎)建造 富山丸 TOYAMA MARU
1917.8(大6)坡土西航路に就航
1935.7.6(昭10)南洋海運(株)(東京)へ出資
1936.12.21(昭12)小野商事合名(東京)に売却
1943.8(昭18)合併に伴い大洋興業(株)(東京)に移籍
1944.6.29(昭19)鹿児島から那覇に向け航行中、徳之島の東5浬で米潜STURGEON(SS-187)の雷撃により沈没
富山丸
富山丸 Toyama Maru
3. Sno.250 敦賀丸 (2) TSURUGA MARU 18490/NCHK→JPAD 7,289G/T
主機 R 3連成 5,700IHP 2基 12/14.5kt
起工 1915.4.28(大4) 進水 1916.3.8(大5) 竣工 1916.6.15(大5)
三菱合資会社長崎造船所(長崎)建造 敦賀丸 TSURUGA MARU
1917.8(大6)坡土西航路に就航
1942.1.24(昭17)ボルネオ島東岸バリクパパン沖(1.20S,117.1E)で上陸作戦中にオランダ潜水艦K-18の雷撃により沈没
敦賀丸
敦賀丸 Tsuruga Maru
4. Sno.249 常盤丸 (1) TOKIWA MARU 19285/NCHR→JYWD 7,262G/T
主機 T Parsons 2段減速 5,700SHP 2基 12/14.5kt
起工 1915.2.25(大4) 進水 1916.1.9(大5) 竣工 1916.8.12(大5)
三菱合資会社長崎造船所(長崎)建造 常盤丸 TOKIWA MARU
1939.10.15(昭14)鏑木汽船(株)(東京)に売却
1943.6.19(昭18)済州島の南(32.31N,126.17E)で米潜GUITARO(SS-363)の雷撃により沈没
常盤丸
常盤丸 Tokiwa Maru
5. Sno.334 りま丸 LIMA MARU 26947/RWPK→JCMD 7,250G/T
主機 R 3連成 312NHP/5,304IHP 2基 12/14.6kt
起工 1919.10.24(大8) 進水 1920.3.25(大9) 竣工 1920.4.25(大9)
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 りま丸 LIMA MARU
1944.2.8(昭19)門司から高雄に向け航行中、鹿児島県草垣島の西約120浬(31.05N,127.17E)で米潜SNOOK(SS-279)の雷撃により沈没
りま丸
りま丸 Lima Maru
6. Sno.251 津山丸 TSUYAMA MARU 19288/NCHV→JYMD 7,289G/T
主機 R 3連成 5,700IHP 2基 12/14.5kt
起工 1915.2.9(大4) 進水 1916.7.11(大5) 竣工 1916.9.28(大5)
三菱合資会社長崎造船所(長崎)建造 津山丸 TSUYAMA MARU
1934.10.18(昭9)中南米航路・中南米ガルフ線に就航
1944.10.2(昭19)高雄からマニラに向け航行中、台湾南端ガランピの南東約80浬(20.50N,121.31E)で米潜POMFRET(SS-391)の雷撃により沈没
津山丸
津山丸 Tsuyama Maru

秋田丸型 6隻 AKITA MARU Class (1916 - 1920)

秋田丸
秋田丸 Akita Maru
三菱長崎造船所が大正期に建造した中型の標準型貨物船。三菱神戸造船所が建造したサマラン丸型は本クラスと同型。
貨物船 Lpp 105.16(345'-0") B 15.24(50'-0") D 8.86(29'-1") m 主機 R 3連成 1基
1. Sno.252 秋田丸 (1) AKITA MARU 18487/NCHD→JCBD 3,792G/T 202NHP/2,899IHP 13.97kt
起工 1915.6.10(大4) 進水 1916.3.20(大5) 竣工 1916.5.10(大5)
三菱合資会社長崎造船所(長崎)建造 日本郵船株式会社(東京)
秋田丸 AKITA MARU
1937.3.15(昭12)インド航路・マドラス線に就航
1942.1.10(昭17)サイゴンからシンゴラに向け航行中、タイ南部シンゴラ沖(7.35N,100.50E)でオランダ潜水艦O10の雷撃により沈没
2. Sno.253 山形丸 (1) YAMAGATA MARU 19281/NCHL→JCPD 3,792G/T 202NHP/2,899IHP 11/13.969kt
起工 1915.8.30(大4) 進水 1916.5.3(大5) 竣工 1916.7.3(大5)
三菱合資会社長崎造船所(長崎)建造 日本郵船株式会社(東京)
山形丸 YAMAGATA MARU
1944.4.16(昭19)ハルマヘラ島からマニラに向け航行中、ミンダナオ島南西岸モロ湾(6.51N,123.37E)で米潜REDFIN(SS-272)の雷撃により沈没
山形丸
山形丸 Yamagata Maru
3. Sno.268 臺海丸 TAIKAI MARU 臺59→32977/KBGV→TLCM→JEED 3,810G/T 2,845IHP 14.411kt
起工 1917.2.5(大6) 進水 1917.11.14(大6) 竣工 1917.12.6(大6)
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 明治商業
臺海丸 TAIKAI MARU
1918(大7)臺灣製糖(株)(打狗)に売却
1927(昭2)明治海運(株)(垂水)に売却
1944.10.18(昭19)フィリピン方面(12.30N,119.10E)で米潜RATON(SS-270)の雷撃により沈没
4. Sno.267 長野丸 (1) NAGANO MARU 19305/NHWD→JCID 3,810G/T 202NHP/2,899IHP 11/13.969kt
起工 1916.10.12(大5) 進水 1917.4.25(大6) 竣工 1917.5.21(大6)
三菱合資会社長崎造船所(長崎)建造 日本郵船株式会社(東京)
長野丸 NAGANO MARU ストックボートを建造中に購入
1931.4.1(昭6)近海郵船(株)(東京)に売却
1939.9.8(昭14)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1944.2.17(昭19)トラック港内で停泊中に空爆により沈没
長野丸
長野丸 Nagano Maru
5. Sno.276 富浦丸 TOMIURA MARU 22242/NSVK→JFSD 3,821G/T 202NHP/2,700IHP 10/14.1kt
起工 1917.10.20(大6) 進水 1918.4.20(大7) 竣工 1918.5.15(大7)
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 三菱合資会社(東京)
富浦丸 TOMIURA MARU
1924.12(大13)近海郵船(株)(東京)に売却
1939.9.8(昭14)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1942.12.30(昭17)ラバウル港内(4.15S,152.50E)で空爆により沈没
富浦丸
富浦丸 Tomiura Maru
6. Sno.285 まどらす丸 MADRAS MARU 25205/RMLT→JIRD 3,802G/T 6,165D/W 2,886IHP 10/14.134kt
起工 1918.9.5(大7) 進水 1920.3.5(大9) 竣工 1920.3.31(大9)
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 大阪商船株式会社(大阪)
まどらす丸 MADRAS MARU
1933.4(昭8)南洋航路・南洋自由線に就航
1935.9.6(昭10)南洋海運(株)(大阪)に出資
1944.5.31(昭19)松輪島の西方70哩(48.21N,151.19E)で米潜BARB(SS-220)の雷撃により沈没
まどらす丸
まどらす丸 Madras Maru

染殿丸型 7隻 SOMEDONO MARU Class (1917 - 1921)

染殿丸
染殿丸 Somedono Maru
三菱長崎造船所が大正期に建造した標準型貨物船。三菱神戸造船所の綾葉丸は本クラスと同型。
貨物船 Lpp 121.92(400'-0") B 16.61(54'-6") D 9.14(30'-0") m 主機 R 3連成 1基
三菱合資会社長崎造船所(長崎)建造
1. Sno.265 染殿丸 SOMEDONO MARU 19874/NFWC→JPXE 5,154G/T 8,468D/W 277NHP/4,059IHP 11.25/12.5kt
起工 1916.4.8(大5) 進水 1916.12.14(大5) 竣工 1917.1.20(大6) 辰馬汽船株式会社(西宮)
染殿丸 SOMEDONO MARU
1943.2.19(昭18)ソロモン群島ブーゲンビル島ブイン付近エレベンタ泊地で空爆により沈没
2. Sno.266 甲谷陀丸 CALCUTTA MARU 20373/NHWQ→JBCD 5,226G/T 277NHP/4,138IHP 12/15.1kt
起工 1916.11.22(大5) 進水 1917.6.7(大6) 竣工 1917.7.7(大6) 日本郵船株式会社(東京)
甲谷陀丸 CALCUTTA MARU ストックボートを建造中に購入
1917.8(大6)坡土西航路に就航
1936.3.20(昭11)濠州航路・日本南洋濠州線に就航
1942.5.1(昭17)台湾の馬公から大連へ向け航行中、基隆の北東240浬(28.05N,124.00E)で米潜TRITON(SS-201)の雷撃により沈没
甲谷陀丸
甲谷陀丸 Calcutta Maru
三菱長崎造船所の染殿丸型の標準型貨物船。
3. Sno.278 ひまらや丸 HIMALAYA MARU 23554/RDNS→JFND 5,229G/T 8,480D/W 3,890IHP 10/15.065kt
起工 1918.3.15(大7) 進水 1918.8.6(大7) 竣工 1918.8.29(大7) 大阪商船株式会社(大阪)
ひまらや丸 HIMALAYA MARU
1943.11.30(昭18)カビエン南西28哩沖で空爆により沈没
ひまらや丸
ひまらや丸 Himalaya Maru
4. Sno.277 甲南丸 KONAN MARU 5,177G/T 3,828IHP 14.717kt
起工 1918.5.30(大7) 進水 1918.11.5(大7) 竣工 1918.11.25(大7) 神戸桟橋株式会社
甲南丸 KONAN MARU
甲南丸
甲南丸 Konan Maru
5. Sno.282 海安丸 KAIAN MARU 23864/RFWD 5,732G/T 3,450IHP 14.504kt
起工 1918.8.15(大7) 進水 1919.3.1(大8) 竣工 1919.3.22(大8) 勝田汽船株式会社
海安丸 KAIAN MARU
1922(大11)三菱造船(株)長崎造船所(大阪)の所有
1942.8.1(昭17)板谷商船(株)(小樽)の所有
海安丸
海安丸 Kaian Maru

S.Kizu
6. Sno.279 室蘭丸 MURORAN MARU 26035/RTLM→JAKD 5,354G/T 277NHP/4,138IHP 12/15.1kt
起工 1918.5.15(大7) 進水 1919.10.16(大8) 竣工 1919.11.10(大8) 鈴木商店(神戸)
室蘭丸 MURORAN MARU
1919(大8)建造中に日本郵船(株)(東京)に売却、室蘭丸 MURORAN MARU と改名(前名不詳)
1936.12.8(昭11)ホノルル直航臨時船として神戸港出航
1944.12.30(昭19)サンフェルナンドから高雄に向け航行中、ルソン島サンフェルナンドの北35浬(17.11N,120.24E)で空爆により沈没
室蘭丸
室蘭丸 Muroran Maru
7. Sno.343 辨加拉丸 BENGAL MARU 28450/SHVQ→JBQA 5,396G/T 277NHP/4,138IHP 12/15.1kt
起工 1920.5.25(大9) 進水 1920.11.15(大9) 竣工 1921.10.27(大10) 三菱合資会社(東京)
辨加拉丸 BENGAL MARU
1920(大9)建造中、日本郵船(株)(東京)に売却
1944.3.24(昭19)マニラからハルマヘラ島カウに向け航行中、ミンダナオ島南端サランガニ島の東北東約30浬(5.38N,125.58E)で米潜BOWFIN(SS-287)の雷撃により沈没
辨加拉丸
辨加拉丸 Bengal Maru

SNo.272 天海丸 TENKAI MARU (1917)

天海丸
天海丸 Tenkai Maru
21041→臺75→32971/NLTQ→KBHW→TLCD→JCND 貨物船 3,203G/T
起工 1916.12.16(大5) 進水 1917.9.2(大6) 竣工 1917.9.22(大6)
Lpp 92.96(305'-0") B 13.28(43'-9") D 8.28(27'-3") m 主機 R 114NHP/2,056IHP 1基 10/12.774kt
三菱合資会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.272 鈴木商店(神戸)
天海丸 TENKAI MARU
1917(大6)小柳七四郎(尼崎)に売却
1921(大10)臺湾製糖(株)(臺灣)に売却
1927(昭2)明治海運(株)(兵庫・垂水)に売却
1933.3.31(昭8)嶋谷汽船(株)(神戸)に売却
1943.9.5(昭18)パラオからウエワクに向け航行中、西南太平洋(1.35S,141.45E)で雷撃を受けて沈没
1943.10.26(昭18)合併に伴ない三井船舶(株)(東京)に移籍(戦渦未公開のため名目上継承)

第二與禰丸型 2隻 YONE MARU No.2 Class (1916 - 1917)

第二與禰丸
第二與禰丸 Yone Maru No.2
Tクラスと主要寸法は同じだが主機・軸数は1基1軸と異なる。與禰丸のみタービン主機を搭載。
貨物船 Lpp 135.64(445'-0") B 17.68(58'-0") D 10.36(34'-0") m
三菱合資会社長崎造船所(長崎)建造
1. Sno.263 第二與禰丸 YONE MARU No.2 7,351G/T
主機 R 3連成 4,081IHP 1基 14.533kt
起工 1916.5.20(大5) 進水 1917.10.15(大6) 竣工 1917.11.10(大6) 帝國汽船株式会社
第二與禰丸 YONE MARU No.2
2. Sno.254 與禰丸 YONE MARU 7,340G/T
主機 T Parsons 2段減速 3,740SHP 1基 14.496kt
起工 1915.11.15(大4) 進水 1916.8.16(大5) 竣工 1916.11.8(大5) 南満汽船
與禰丸 YONE MARU

三菱造船株式会社長崎造船所

一郎丸型 2隻 ICHIRO MARU Class (1917 - 1918)
木造貨物船 Lpp 54.86(180'-0") B 9.75(32'-0") D 6.71(22'-0") m 主機 D 池貝SEMI 1基
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 三菱商事株式会社(東京)
1. Sno.286 一郎丸 ICHIRO MARU 20842/NQMB 木造850G/T 320BHP 9.486kt
起工 1917.6.9(大6) 進水 1917.11.11(大6) 竣工 1917.12.1(大6) 一郎丸 ICHIRO MARU
2. Sno.287 二郎丸 JIRO MARU 木造850G/T 320BHP 8.969kt
起工 1917.6.9(大6) 進水 1918.2.14(大7) 竣工 1918.5.11(大7) 二郎丸 JIRO MARU

SNo.292 金比羅丸 KOMPIRA MARU (1918)

金比羅丸
金比羅丸 Kompira Maru
フェリー 377G/T 起工 1917.9.10(大6) 進水 1917.12.1(大6) 竣工 1918.1.9(大7)
Lpp 42.67(140'-0") B 7.62(25'-0") D 1.83(6'-0") m 7.352kt
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.292 三菱合資会社
金比羅丸 KOMPIRA MARU 長崎造船所用

SNo.264 鞍馬山丸 KURAMASAN MARU (1918)
貨物船 7,352G/T 起工 1916.7.5(大5) 進水 1917.12.22(大6) 竣工 1918.1.19(大7)
Lpp 135.64(445'-0") B 17.68(58'-0") D 10.36(34'-0") m 主機 R 3連成 4,213IHP 1基 14.547kt
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.264 第二與禰丸型 橋本商会
鞍馬山丸 KURAMASAN MARU

まにら丸型 5隻 MANILA MARU Class (1915 - 1920)

まにら丸
まにら丸 Manila Maru
貨客船 Lpp 144.78(475'-0") B 18.59(61'-0") D 9.98(32'-9") m 主機 R 3連成 2基 大阪商船株式会社(大阪)
1. Sno.244 まにら丸 (1) MANILA MARU 18449/MTRL→JMRD 9,519G/T 11,610D/W 7,991IHP 11.77/16.278kt
起工 1914.5.11(大3) 進水 1915.6.5(大4) 竣工 1915.9.4(大4)
三菱合資会社三菱造船所(長崎)建造 まにら丸 MANILA MARU
1915.9(大4)北米航路・香港タコマ線に就航
1931.8.25(昭6)阿弗利加航路・阿弗利加東岸線に就航
1944.11.25(昭19)ジャワ海(5.45N,113.15E)で米潜MINGO(SS-261)の雷撃により沈没
2. Sno.271 あらびあ丸 ARABIA MARU 22226/NVMD→JEGD 9,414G/T 11,211D/W 8,153IHP 11.9/16.27kt
起工 1917.5.19(大6) 進水 1918.3.30(大7) 竣工 1918.4.30(大7)
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 あらびあ丸 ARABIA MARU
1944.10.18(昭19)マニラから北ボルネオのミリに向け航行中、スンバ島沖(14.04N,119.52E)で米潜BLUEGILL(SS-242)の雷撃により沈没
あらびあ丸
あらびあ丸 Arabia Maru
3. Sno.270 あふりか丸 (1) AFRICA MARU 21798/NRBP→JDFD 9,500G/T 11,211D/W 7,890IHP 11.81/16.346kt
起工 1917.3.12(大6) 進水 1918.1.30(大7) 竣工 1918.2.28(大7)
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 あふりか丸 AFRICA MARU
1942.10.21(昭17)台湾の北方(24.26N,120.26E)で雷撃により沈没
あふりか丸
あふりか丸 Africa Maru
4. Sno.280 ありぞな丸 (1) ARIZONA MARU 26766/RVWS→JDZD 9,696G/T 11,111D/W 8,160IHP 12.08/16.566kt
起工 1919.12.16(大8) 進水 1920.5.22(大9) 竣工 1920.6.20(大9)
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 ありぞな丸 ARIZONA MARU
1942.11.14(昭17)ショートランドからガダルカナル島エスペランスに向け航行中、ラッセル島の北北西22哩(8.45S,159.00E)で空爆により沈没
ありぞな丸
ありぞな丸 Arizona Maru
5. Sno.281 あらばま丸 (1) ALABAMA MARU 27454/SCRQ 9,617G/T 11,495D/W 8,240IHP 12/16.498kt
起工 1920.2.9(大9) 進水 1920.8.5(大9) 竣工 1920.9.4(大9)
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 あらばま丸 ALABAMA MARU
1930.3.6(昭5)千葉県犬吠崎沖で座礁、沈没
あらばま丸
あらばま丸 Alabama Maru

六郎丸型 2隻 ROKURO MARU Class (1918)

六郎丸
六郎丸 Rokuro Maru
木造貨物船 Lpp 60.96(200'-0") B 9.75(32'-0") D 6.71(22'-0") m 主機 R 3連成 1基
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 三菱商事株式会社(東京)
1. Sno.295 六郎丸 ROKURO MARU 22253/NWLF 木造999G/T 788IHP 11.303kt
起工 1917.9.5(大6) 進水 1918.5.15(大7) 竣工 1918.5.30(大7) 六郎丸 ROKURO MARU
2. Sno.296 七郎丸 SHICHIRO MARU 22895/RCMB 木造1,007G/T 863IHP 11.411kt
起工 1917.9.5(大6) 進水 1918.6.29(大7) 竣工 1918.7.13(大7) 七郎丸 SHICHIRO MARU

喜春丸型 4隻 KISHUN MARU Class (1918 - 1919)

喜春丸
喜春丸 Kishun Maru
三菱長崎造船所が大正期に建造した2,500重量トン級の標準型貨物船。三菱神戸造船所の勝浦丸型は本型と同型。
貨物船 Lpp 76.20(250'-0") B 11.51(37'-9") D 6.25(20'-6") m 主機 R 3連成 1基
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造
1. Sno.311 喜春丸 KISHUN MARU 23120/RBMT→JFHD 1,862G/T 2,594D/W 130NHP/1,396IHP 10/12.21kt
起工 1918.4.12(大7) 進水 1918.7.12(大7) 竣工 1918.7.31(大7) 辰馬汽船株式会社(西宮)
喜春丸 KISHUN MARU
1945.6.1(昭20)大阪から大連に向け航行中関門海峡で触雷、壇ノ浦砲台跡付近に乗り上げ
1947.8.30(昭22)新日本汽船(株)(神戸)の設立に伴い移籍
1947.9.25(昭22)占部造船株式会社(因島)で修復工事が完了
1950.9.16(昭25)大圖汽船(株)株式会社(神戸)に移籍。同社の春祥丸SHUNSHO MARUと船腹交換
1956.6.17(昭31)金華山島、鮑荒崎東北27浬で沈没(山田早苗氏による)
2. Sno.312 和神丸 WASHIN MARU 1,850G/T 1,397IHP 13.336kt
起工 1918.4.12(大7) 進水 1918.8.25(大7) 竣工 1918.9.14(大7) 浪花汽船(大阪)
和神丸 WASHIN MARU
3. Sno.314 第三東洋丸 (1) TOYO MARU No.3 23581/RDQM 1,848G/T 2,640D/W 113NHP/1,354IHP 7/13.369kt
起工 1918.7.12(大7) 進水 1918.9.21(大7) 竣工 1918.10.12(大7) 澤山汽船株式会社(長崎)
第三東洋丸 TOYO MARU No.3
1923.2.19(大12)朝鮮小黒山島付近で海難沈没
第三東洋丸
第三東洋丸 Toyo Maru No.3
4. Sno.325 宮浦丸 MIYAURA MARU 24358/RLDQ 1,850G/T 1,506IHP 12.944kt
起工 1918.9.19(大7) 進水 1918.12.23(大7) 竣工 1919.1.22(大8) 三菱商事株式会社(東京)
宮浦丸 MIYAURA MARU
1923.12(大12)近海郵船(株)(東京)に売却
1939.9.8(昭14)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1944.5.20(昭19)アンボンからハルマヘラに向け航行中、ハルマヘラ島の北端モロタイ海峡(2.14N,128.05E)で米潜BLUEGILL(SS-242)の雷撃により沈没

第八長運丸 CHOUN MARU No.8 (1919)
60403 貨物船 171G/T 260D/W 進水 1919(大8)
Lpp 33.83 B 5.94 D 3.05 m 主機 D 阪神鐵工所 160BHP 9/10kt
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 宮崎産業株式会社(津久見)
第八長運丸 CHOUN MARU No.8

SNo.317 ぜのあ丸 GENOA MARU (1919)

ぜのあ丸
諏訪山丸 Suwasan Maru
鈴木商店船舶部から分離独立した帝國汽船が三菱長崎造船所に発注した貨物船。船体は遮浪甲板型を採用。進水時は橋本汽船の所有で諏訪山丸 SUWASAN MARU と命名されたが、その後、鈴木商店に転売、さらに日本郵船に売却されて竣工した。船体の主要寸法及び外観は播磨造船所のイースタン・ショア型とほぼ同じ。日本近世造船史には「同じコンサルティングエンジニアの設計による」とある。
25752/RPTN→JSLD 貨物船 6,791G/T 起工 1919.1.11(大8) 進水 1919.6.5(大8) 竣工 1919.6.26(大8)
Lpp 129.54(425'-0") B 16.36(53'-8") D 11.43(37'-6") m 主機 R 3連成 3,682IHP 1基 15.221kt
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.317 日本郵船株式会社(東京)
ぜのあ丸 GENOA MARU
1943.6.11(昭18)佐伯湾からパラオに向け航行中、パラオ西水道入口の北西約13浬(7.39N,134.17E)で米潜FINBACK(SS-230)の雷撃により沈没

あらすか丸型 5隻 ALASKA MARU Class (1919 - 1920)

あらすか丸
あらすか丸 Alaska Maru
貨物船 Lpp 128.02(420'-0") B 17.07(56'-0") D 11.73(38'-6") m 主機 R 3連成 1基
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造
1. Sno.327 あらすか丸 ALASKA MARU 25937/RQMN→JALD 7,379G/T 10,777D/W 4,390IHP 11/14.582kt
起工 1919.3.12(大8) 進水 1919.7.31(大8) 竣工 1919.8.20(大8) 大阪商船株式会社(大阪)
あらすか丸 ALASKA MARU
1933.11(昭8)阿弗利加航路・阿弗利加西岸線に就航
1943.12.20(昭18)パラオからラバウルに向け航行中、ニューアイルランド島南方のカビエン沖で空爆により沈没
2. Sno.328 でらごあ丸 DELAGOA MARU 26025/RQWB→JDID 7,148G/T 308NHP/4,390IHP 12/14.5kt
起工 1919.3.19(大8) 進水 1919.9.10(大8) 竣工 1919.10.1(大8) 日本郵船株式会社(東京)
でらごあ丸 DELAGOA MARU
1919.10.16(大8)欧州航路・ハンブルグ線に就航
1943.11.2(昭18)佐伯湾からパラオに向け航行中、宮崎県都井岬の南方約300浬(28.20N,135.20E)で米潜TRIGGER(SS-237)の雷撃により沈没
でらごあ丸
でらごあ丸 Delagoa Maru
3. Sno.329 だあばん丸 DURBAN MARU 26431/RTMB→JKQD 7,164G/T 308NHP/4,556IHP 12/14.5kt
起工 1919.7.26(大8) 進水 1919.11.10(大8) 竣工 1919.12.2(大8) 鈴木商店(東京)
だあばん丸 DURBAN MARU
1919(大8)建造中に日本郵船(株)(東京)に売却、だあばん丸 DURBAN MARU と改名
1944.8.21(昭19)マニラからサイゴンに向け航行中、仏印カムラン湾(11.44N,109.15E)で 米潜MUSKALLUNGE(SS-262)の雷撃により沈没
だあばん丸
だあばん丸 Durban Maru
4. Sno.330 あとらす丸 ATLAS MARU 26272/RSTW→JAPD 7,342G/T 10,804D/W 4,622IHP 11/14.682kt
起工 1919.8.28(大8) 進水 1919.12.27(大8) 竣工 1920.1.21(大9) 大阪商船株式会社(大阪)
あとらす丸 ATLAS MARU
1933(昭8)印度航路・神戸孟買線に就航
1944.11.3(昭19)バシー海峡(20.33N,121.32E)で米潜POMFRET(SS-391)の雷撃を受け同月18日に船体放棄
あとらす丸
あとらす丸 Atlas Maru
5. Sno.331 だかあ丸 DAKAR MARU 26933/RWNL→JKWDE 7,170G/T 308NHP/4,390IHP 12/14.58kt
起工 1919.10.10(大8) 進水 1920.2.17(大9) 竣工 1920.3.11(大9) 日本郵船株式会社(東京)
だかあ丸 DAKAR MARU
1944.9.22(昭19)ルソン島西岸サンフェルナンド港内(18.57N,128.50E)で停泊中に空爆により沈没
だかあ丸
だかあ丸 Dakar Maru

SNo.315 いーすたん くらうん EASTERN CROWN (1920)

いーすたん くらうん
いーすたん くらうん Eastern Crown
染殿丸型をもとに船鉄交換船として建造された貨物船で船主の要求仕様により外観は染殿丸とは若干異なっている。
貨物船 5,841G/T 起工 1919.4.21(大8) 進水 1919.12.8(大8) 竣工 1920.3.19(大9)
Lpp 121.92(400'-0") B 16.61(54'-6") D 9.14(30'-0") m 主機 R 3連成 4,315IHP 1基 15.024kt
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.315 U. S. Shipping Board
いーすたん くらうん EASTERN CROWN

SNo.340 諏訪丸 SUWA MARU (1920)

諏訪丸
諏訪丸 Suwa Maru
フェリー 421G/T 起工 1919.9.7(大8) 進水 1920.3.21(大9) 竣工 1920.4.7(大9)
Lpp 33.53(110'-0") B 9.75(32'-0") D 2.44(8'-0") m
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.340 三菱合資会社
諏訪丸 SUWA MARU 長崎造船所用の渡船。船体に試験用として電気溶接を採用した。

SNo.342 樂洋丸 RAKUYO MARU (1921)

樂洋丸
樂洋丸 Rakuyo Maru
28172/SHJK→JAMA 貨客船 9,419G/T 12,604D/W
起工 1920.5.19(大9) 進水 1921.2.26(大10) 竣工 1921.5.20(大10)
Lpp 140.21(460'-0") B 18.29(60'-0") D 9.91(32'-6") m 主機 T 三菱Parsons S. G. 7,500SHP 2基 11/15.9kt
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.342 東洋汽船株式会社(東京)
樂洋丸 RAKUYO MARU 船客 1等)46 2等)51 3等)586
1926.6.12(大15)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1943.2.1(昭18)南洋海運(株)(東京)の事業施設拡充伴い現物出資
1944.9.12(昭19)シンガポールから門司に向け航行中、海南島の東(18.32N,114.29E)で米潜SEALION(SS-315)の雷撃により沈没

箱根丸型 4隻 HAKONE MARU Class (1921 - 1923)

箱根丸
箱根丸 Hakone Maru
第1次世界大戦の戦禍による喪失船の補充のとして大正9年(1920)2月に3隻建造決定された1万総トン級、速力16ノットの貨客船で主機に2段減速タービンを採用した。全船三菱長崎造船所に発注され、さらに大正12年(1923)6月には同所のストックボートとして建造された同型船白山丸を購入した。船名のイニシャルに因みH級と呼ばれた。白山丸は航測計器としてジャイロコンパスを装備し、英国でこれに連動する自動操舵装置を設置した。
貨客船 Lpp 150.88(495'-0") B 18.90(62'-0") D 11.28(37'-0") m 主機 T 三菱Parsons 3気筒高中圧串型(後進混成) 2基
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造
1. Sno.346 箱根丸 (1) HAKONE MARU 28453/SHVW→JHGD 10,423G/T 8,178/8,178SHP 14/16.1kt
起工 1920.7.12(大9) 進水 1921.7.25(大10) 竣工 1921.10.31(大10) 日本郵船株式会社(東京)
箱根丸 HAKONE MARU 船客 1等)118, 2等)55, 3等)約134
1943.11.27(昭18)高雄から門司へ向け航行中、台湾海峡鳥丘興の東北東12浬(25.04N,119.40E)で空爆により沈没
2. Sno.347 榛名丸 (1) HARUNA MARU 28462/SHWN→JIND 10,421G/T 9,318SHP 14/16.4kt
起工 1920.9.10(大9) 進水 1921.11.5(大10) 竣工 1922.1.31(大11) 日本郵船株式会社(東京)
榛名丸 HARUNA MARU 船客 1等)118, 2等)55, 3等)約134
1942.7.7(昭17)神戸から横浜へ向け航行中、御前崎燈台の東、大根バエ礁(34.35N,138.15E)で濃霧のため座礁、7月21日船体切断、沈没
榛名丸
榛名丸 Haruna Maru
3. Sno.348 筥崎丸 (1) HAKOZAKI MARU 28858/SKPD→JHHD 10,413G/T 9,509SHP 14/16.5kt
起工 1920.12.16(大9) 進水 1922.3.2(大11) 竣工 1922.6.1(大11) 日本郵船株式会社(東京)
筥崎丸 HAKOZAKI MARU 船客 1等)118, 2等)55, 3等)約134
1945.3.19(昭20)六連から上海に向け航行中、上海の北北東120浬(33.07N,122.05E)で米潜BALAO(SS-285)の雷撃により沈没
筥崎丸
筥崎丸 Hakozaki Maru
4. Sno.383 白山丸 HAKUSAN MARU 29444/SNCM→JDXD 10,380G/T 9,600SHP 14/16.526kt
起工 1922.1.30(大11) 進水 1923.5.19(大12) 竣工 1923.9.20(大12) 三菱合資会社(東京)
白山丸 HAKUSAN MARU 船客 1等)118, 2等)55, 3等)約134
1923.5(大12)進水直前に日本郵船(株)(東京)に売却、白山丸HAKUSAN MARU と命名
1944.6.4(昭19)サイパンから横須賀へ向け航行中、硫黄島の西南西約280浬(22.37N,136.50E)で米潜FLIER(SS-250)の雷撃により沈没
白山丸
白山丸 Hakusan Maru

S.Kizu
ストックボートとして起工

六甲丸型 2隻 ROKKO MARU Class (1923)

六甲丸
六甲丸 Rokko Maru
貨物船 Lpp 96.01(315'-0") B 14.02(46'-0") D 8.23(27'-0") m 主機 R 3連成 1基
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 日本郵船株式会社(東京)
1. Sno.388 六甲丸 ROKKO MARU 29132/SLRQ→JABB 3,028G/T 202NHP/3,107IHP 14.846kt
起工 1922.7.3(大11) 進水 1923.2.5(大12) 竣工 1923.3.10(大12) 六甲丸 ROKKO MARU
1939.8.12(昭14)東亞海運(株)(東京)に出資
1944.10.5(昭19)台湾の高雄沖(23-09N, 119-58E)で雷撃により沈没
2. Sno.389 阿蘇丸 (1) ASO MARU 29312/SMLR→JAAB 3,028G/T 202NHP/3,074IHP 15.062kt
起工 1922.7.4(大11) 進水 1923.4.5(大12) 竣工 1923.5.10(大12) 阿蘇丸 ASO MARU
1939.8.12(昭14)東亞海運(株)(東京)に出資
阿蘇丸
阿蘇丸 Aso Maru

SNo.394 諏訪丸 SUWA MARU (1923)
曳船 166G/T 起工 1922.10.17(大11) 進水 1923.3.5(大12) 竣工 1923.3.31(大12)
Lpp 26.52(87'-0") B 6.71(22'-0") D 3.51(11'-6") m 主機 R 3連成 612IHP 2基 10.138kt
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.394 三井鑛山株式会社
諏訪丸 SUWA MARU

SNo.393 睦丸 MUTSU MARU (1923)

睦丸
睦丸 Mutsu Maru
貨客船 521G/T 起工 1922.10.21(大11) 進水 1923.3.20(大12) 竣工 1923.4.25(大12)
Lpp 48.77(160'-0") B 8.23(27'-0") D 4.72(15'-6") m 主機 R 3連成 779IHP 1基 13.48kt
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.393 對馬汽船
睦丸 MUTSU MARU 元良式フィンスタビライザーを初めて装備

SNo.397 長光丸 CHOKO MARU (1924)

長光丸
長光丸 Choko Maru
大正12年(1923)5月15日に公布された農林省の水産冷蔵奨励規則に基づいて建造された。
29670/SPBN→JOSA 冷蔵運搬船 1,793G/T
起工 1923.9.15(大12) 進水 1923.12.26(大12) 竣工 1924.4.12(大13)
Lpp 76.20(250'-0") B 11.89(39'-0") D 5.79(19'-0") m 主機 R 3連成 113NHP/1,422IHP 1基 9/13.021kt
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.397 葛原冷蔵株式会社(東京)
長光丸 CHOKO MARU
1927(昭2)大同冷蔵(株)(横浜)に売却
1928(昭3)日魯漁業(株)(横浜)に売却
1942.12.24(昭17)帝國水産統制(株)(東京)の設立に伴い移籍
1944.2.24(昭19)サイパン島近海(15.46N,144.10E)で米潜TANG(SS-306)の雷撃により沈没

津輕丸型 2隻 TSUGARU MARU Class (1924)

津輕丸
津輕丸 Tsugaru Maru
鐵道省が凾航路用に新造した客載車輌渡船で三菱長崎造船所で2隻、浦賀船渠建造で2隻建造された。
客載車輌渡船 Lpp 106.68(350'-0") B 15.85(52'-0") D 6.71(22'-0") m 主機 T 三菱式衝動2気筒 2基 翔鳳丸型 鐵道省(東京)
1. Sno.395 津輕丸 TSUGARU MARU 30468/STDV→JYXA 3,432G/T 5,500SHP 16.877kt
起工 1923.6.13(大12) 進水 1924.5.22(大13) 竣工 1924.9.24(大13)
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 津輕丸 TSUGARU MARU 船客 1等 39 2等 200 3等 751
1945.7.14(昭20)北海道上磯郡狐越岬の東方4浬で空爆により沈没
2. Sno.396 松前丸 MATSUMAE MARU 30472/STND→JYYA 3,485G/T 5,500SHP 17.377kt
起工 1923.6.13(大12) 進水 1924.6.21(大13) 竣工 1924.10.24(大13)
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 松前丸 MATSUMAE MARU 船客 1等 39 2等 200 3等 751
1945.7.14(昭20)函館港第3防砂堤の北西1kmで空爆により擱座
松前丸
松前丸 Matsumae Maru
ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.10