船歴 本邦建造船4-1 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

三菱重工業株式会社長崎造船所

崎戸丸型 7隻 SAKITO MARU Class (1939 - 1941)

崎戸丸
崎戸丸 Sakito Maru
日本郵船が東航世界一周航路用にA型貨物船を改良して整備した同社の戦前の代表的な大型高速貨物船(*1)でS型と称された。昭和12年(1937)2月4隻を三菱長崎造船所、3隻を同横濱船渠に発注した。船型はA 型の三島型に対して遮浪甲板型を採用、ディーゼル主機を2基搭載し20ノットに近い最大速力を出した。佐渡丸と佐倉丸(近海郵船名義)は優秀船舶建造助成施設による助成金の適用を受けた。
貨物船 Lpp 145.00 B 19.00 D 12.50 m 主機 D 三菱重工 2基 日本郵船株式会社(東京)
1. Sno.723 崎戸丸 SAKITO MARU 45508/JQFM 7,126G/T 9,600BHP 17/19.7kt
起工 1938.4.16(昭13) 進水 1938.10.27(昭13) 竣工 1939.1.20(昭14)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 崎戸丸 SAKITO MARU
1944.2.29(昭19)宇品からサイパンに向け航行中、沖大東島の南南東約120浬(22.40N,131.50E)で米潜TROUT(SS-202)の雷撃により沈没
2. Sno.724 讃岐丸 (2) SANUKI MARU 45864/JGBN 7,158G/T 9,600BHP 17/19.8kt
起工 1938.8.29(昭13) 進水 1939.2.8(昭14) 竣工 1939.5.1(昭14)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 讃岐丸 SANUKI MARU
1945.1.28(昭20)佐世保から高雄に向け航行中、朝鮮南西岸小黒山島の西約110浬(33.55N,122.55E)で米潜SPADEFISH(SS-411)の雷撃により沈没
讃岐丸
讃岐丸 Sanuki Maru
3. Sno.725 佐渡丸 (2) SADO MARU 46186/JPAN 7,180G/T 9,600BHP 17/19.7kt
起工 1938.10.15(昭13) 進水 1939.4.8(昭14) 竣工 1939.6.30(昭14)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 佐渡丸 SADO MARU
1942.11.18(昭17)ショートランド島エレベンタ泊地に停泊中、空爆により沈没
佐渡丸
佐渡丸 Sado Maru
4.

相模丸 (3) SAGAMI MARU (1940)
相模丸
相模丸 Sagami Maru

5.

相良丸 SAGARA MARU (1940)
相良丸
相良丸 Sagara Maru

6.

笹子丸 SASAKO MARU (1941)
笹子丸
笹子丸 Sasako Maru

S.Kizu

7. Sno.729 佐倉丸 (2) SAKURA MARU 47026/JWWN 7,146G/T 9,600BHP 17/19.5kt
起工 1939.8.5(昭14) 進水 1939.12.13(昭14) 竣工 1940.3.30(昭15)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 佐倉丸 SAKURA MARU
1942.3.1(昭17)ジャワ島北西岸バンタム湾(バンテン湾)(6.00S,107.00E)で上陸作戦中、魚雷艇の雷撃により沈没
佐倉丸
佐倉丸 Sakura Maru

あるぜんちな丸型 2隻 ARGENTINA MARU Class (1939)

あるぜんちな丸
あるぜんちな丸 Argentina Maru
大阪商船が南米航路の輸送力強化を目的として、優秀船舶建造助成施設の適用を受けて建造した1万3,000総トン級、最大速力21ノットの大型貨客船。高千穂丸以降の同社貨客船の特徴である梁矢、舷弧を廃止した船型を採用、さらに客室の装飾は全て国産品により日本趣味を表現した。 主機に当時わが国で最高出力のMSディーゼル機関(11気筒、8,250馬力)2基を採用した結果、神戸/サントス間の所要日数46日を36日に短縮、3ヶ月で世界を一周した。昭和15年(1940)以降は大阪/大連線へ転配。就航後2年余りで海軍に徴用され、あるぜんちな丸は主機をタービンに換装して23ノットに増速、特設空母となった。
海軍省から速力21ノットを要求されたあるぜんちな丸について設計を担当した和辻春樹氏は「世界一周航路貨客船あるぜんちな丸」(昭和14年11月12日造船協会講演会の講演)のなかで次のように述べている。
「本航路就航船たる定期速力によれば試運転時の速力は1/5載貨状態に於て正常馬力発生時に20節にて充分なるも、21節を要求せられし事は主機関に於て約2,500馬力の差異を生じ、且船型に於ても甚だしくfineなる船となり、機関の重量を増し重量噸は著しく減少され、それと共に荷積も減ぜらるる等此速力における1節は想像以上の不合理と困難とを余儀なくせられたるものと云ふべく、設計上の見地より速力1節の低下を希望せるも遂に容るる所となりざりしなり。此1節の速力の相違は本船船価、earning power,economic efficiency に顕著の差異を興ふるものなるは平時に於ける船としての経済的価値と本船活動力を著しく減殺するものと謂ふべし」
貨客船 Lpp 155.00 B 21.00 D 12.60 m 主機 D 三菱重工 11MS72/125 2基
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 大阪商船株式会社(大阪)
1. Sno.734 あるぜんちな丸 (1) ARGENTINA MARU 45771/JPJM 12,755G/T 16,500/18,280BHP 17.24/21.484kt
起工 1938.2.5(昭13) 進水 1938.12.9(昭13) 竣工 1939.5.31(昭14) あるぜんちな丸 ARGENTINA MARU 船客 1等)101 特3等)138 3等)662
1939.7.11(昭14)南米航路・東航南米線に就航
1940.2(昭15)東航南米線(世界一周)に就航
1942.12.9(昭17)海軍省に売却。同年12月10日から翌年11月15日にかけて航空母艦へ改造、海鷹 KAIYO と改名
1945.11.20(昭20)除籍。昭和21年9月1日から23年1月30日にかけて日産サルベージにより解体
2. Sno.735 ぶらじる丸 (1) BRASIL MARU 46463/JCZN 12,752G/T 16,500/17,963BHP 17/21.382kt
起工 1938.10.31(昭13) 進水 1939.8.2(昭14) 竣工 1939.12.23(昭14) ぶらじる丸 BRASIL MARU 表記はぶらる丸
1939.12(昭14)南米航路・東航南米線に就航
1942.8.5(昭17)トラック島から横須賀に向け航行中、トラック島北方ルッケ島の沖17哩(9.50N,150.38E)で米潜GREENLING(SS-213)の雷撃により沈没
ぶらじる丸
ぶらじる丸 Brasil Maru

新田丸型 3隻 NITTA MARU Class (1940 - 1941)

新田丸
新田丸 Nitta Maru
日本郵船が欧州航路の船質改善と同航路に就航中の北独ロイド社のシャルンホルスト級に対抗するために優秀船舶建造助成施設の適用を受けて建造した1万 7,000総トン級、速力21ノットの大型貨客船。昭和12年(1937)9月三菱長崎造船所に発注、主機には客室配置の容易なタービン機関を採用、諸補機および甲板機械は全て電化された。第2次世界大戦の勃発により新田丸は桑港線、八幡丸はシアトル線、桑港線に就航。 春日丸は進水後、海軍に徴用され佐世保海軍工廠で航空母艦に改造されて竣工、後に新田丸、八幡丸も海軍省へ売却され航空母艦へ改造された。
旅客船 Lpp 168.00 B 22.50 D 12.40 m 主機 T 三菱Zoelly IMP. D.G. 2基
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 日本郵船株式会社(東京)
1. Sno.750 新田丸 NITTA MARU 46813/JPTN 17,150G/T 25,200SHP 19/22.474kt
起工 1938.5.9(昭13) 進水 1939.5.20(昭14) 竣工 1940.3.23(昭15) 新田丸 NITTA MARU 船客 1等)127, 2等)86, 3等)70
1942.8.1(昭17)海軍省に売却、同年9月20日冲鷹CHUYOと改名。同年11月25日呉海軍工廠で航空母艦に改造
1943.12.3(昭18)トラック島から横須賀に向け航行中、鳥島の東で米潜SAILFISH(SS-192)の雷撃を受け、翌日八丈島の東約200浬(32.37N,143.30E)で沈没
2. Sno.751 八幡丸 (2) YAWATA MARU 47477/JWQN 17,128G/T 25,200SHP 18.5/22.15kt
起工 1938.12.14(昭13) 進水 1939.10.31(昭14) 竣工 1940.7.31(昭15) 八幡丸 YAWATA MARU 船客 1等)127, 2等)88, 3等)70
1940.8.31(昭15)横浜港発、バンクーバー、シアトル向け処女航海
1942.5.31(昭17)呉海軍工廠で航空母艦に改造、特設空母八幡丸となる。同年8月1日海軍省に売却、雲鷹UNYO と改名
1944.9.17(昭19)シンガポールから日本に向け航行中、南シナ海東沙島の南90浬(19.08N,116.33E)で米潜BARB(SS-220)の雷撃により沈没
八幡丸
八幡丸 Yawata Maru
3. Sno.752 春日丸 (2) KASUGA MARU 48210/JQEO 17,130G/T 25,200SHP 19/21kt
起工 1940.1.6(昭15) 進水 1940.9.19(昭15) 竣工 1941.9.5(昭16) 春日丸 KASUGA MARU 船客 1等)127, 2等)88, 3等)70
1941.9.5(昭16)佐世保海軍工廠で特設空母春日丸として竣工
1942.8.1(昭17)海軍省に売却、大鷹 TAIYO と改名
1944.8.18(昭19)台湾馬公からマニラに向け航行中、ルソン島北西端ボヘアドール岬の南西 (18.10N,120.22E)で米潜RASHER(SS-269)の雷撃により沈没
春日丸
春日丸 Kasuga Maru

進水する春日丸 Kasuga Maru

SNo.796 神戸丸 KOBE MARU (1940)

神戸丸
神戸丸 Kobe Maru
日本郵船が上海航路の強化のため発注した大型貨客船。東亞海運へ譲渡後に竣工した。
47673/JNEO 貨客船 7,938G/T 起工 1939.11.9(昭14) 進水 1940.6.7(昭15) 竣工 1940.10.19(昭15)
Lpp 130.00 B 18.00 D 9.75 m 主機 T 三菱Zoelly IMP. S.G. 13,800SHP 2基 21.572kt
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.796 東亞海運株式会社(東京)
神戸丸 KOBE MARU 船客 1等)149 3等)448
1939.11.9(昭14)日本郵船(株)(東京)の神戸丸として起工、建造中に東亞海運に売却
1942.11.11(昭17)揚子江口で日本郵船の天山丸と衝突、沈没

三池丸型 3隻 MIIKE MARU Class (1941 - 1943)

三池丸
三池丸 Miike Maru

S.Kizu
日本郵船が氷川丸型の就航後10年目に優秀船舶建造助成施設に基づき北米シアトル線および濠州線用に4 隻計画した1万1,000総トン級、速力20ノットの貨客船。本航路用の第1船三池丸は昭和16年(1941)9月に竣工、第2船安藝丸は太平洋戦争の勃発に伴い、資材の関係上旅客設備を縮小するなど上部構造の一部を省略、構造を著しく簡単化して竣工したが両船とも予定航路に就航せず徴用された。
貨客船 Lpp 153.00 B 20.00 D 12.60 m 主機 D 三菱重工 10MS72/125 2基
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 日本郵船株式会社(東京)
1. Sno.760 三池丸 (2) MIIKE MARU 48890/JHLP 11,738G/T 14,000BHP 17/20.614kt
起工 1940.2.1(昭15) 進水 1941.4.12(昭16) 竣工 1941.9.30(昭16) 三池丸 MIIKE MARU
1944.4.27(昭19)パラオから日本に向け航行中、パラオ島の北約100浬(8.34N,134.53E)で米潜TRIGGER(SS-237)の雷撃により沈没
2. Sno.761 安藝丸 (2) AKI MARU 49570/JGMR 11,409G/T 14,000BHP 17/20.614kt
起工 1941.7.15(昭16) 進水 1942.5.15(昭17) 竣工 1942.10.15(昭17) 安藝丸 AKI MARU
1944.7.26(昭19)マニラから高雄に向け航行中、ルソン島北西端の西約150浬(18.04N,118.00E)で米潜CREVALLE(SS-291)の雷撃により沈没
安藝丸
安藝丸 Aki Maru

S.Kizu
3. Sno.770 阿波丸 AWA MARU 49894/JRNR 11,249G/T 14,000BHP 17/20.614kt
起工 1941.7.10(昭16) 進水 1942.8.24(昭17) 竣工 1943.3.5(昭18) 阿波丸 AWA MARU
1945.4.1(昭20)シンガポールから敦賀に向け航行中、台湾海峡鳥きゅう(土へんに丘)興の南西24浬(25.26N,120.08E)で米潜QUEENFISH(SS-393)の雷撃により沈没

SNo.886 第二三島丸 MISHIMA MARU No.2 (1942)
49106 清水運搬船 247G/T 起工 1941.10.6(昭16) 進水 1941.12.18(昭16) 竣工 1942.3.21(昭17)
Lr 35.05 B 6.70 D 3.50 m 主機 R 2連成 西海製作所
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.886 三菱鑛業高島礦業所(高島)
第二三島丸 MISHIMA MARU No.2

橿原丸型 2隻 KASHIWARA MARU Class (1942)

橿原丸
橿原丸 Kashiwara Maru

完成予想図 - 「商船建造の歩み」より
政府が国策として計画した桑港航路用の2万6000総トン級、最大速力24ノットの大型旅客船。当初、建造費の8割を助成する予定であったが予算上の遅延や減額等で日本郵船は建造引受けの決定を見送っていたという。両船ともに建造中に海軍省に売却され特設航空母艦として竣工した。
旅客船 Lpp 206.00 B 26.70 D 13.90 m 主機 T 三菱 IMP. 4CYL. D.G. 2基 日本郵船株式会社(東京)
1. Sno.900 橿原丸 KASHIWARA MARU 27,700G/T 56,250SHP 25.5kt
起工 1939.3.20(昭14) 進水 1941.6.26(昭16) 竣工 1942.5.5(昭17)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 橿原丸 KASHIWARA MARU 速力は計画値
1940.2.10(昭15)建造中に海軍省(東京)に売却
1941.6.16(昭16)隼鷹 JUNYO と改名、特設航空母艦に類別
1944.12.9(昭19)長崎県野母崎の南西約50浬で米潜SPADEFISH(SS-411)の雷撃により中破(米潜SEADEVIL(SS-400)との記録あり-日本海軍全艦艇史)
1945.4(昭20)修理完了
1947.8.1(昭22)佐世保船舶工業で解体
2.

出雲丸 (2) IZUMO MARU (1942)

SNo.887 ぱれんばん丸 PALEMBANG MARU (1942)
49553/JGSR 油槽船 5,237G/T 起工 1941.12.22(昭16) 進水 1942.6.14(昭17) 竣工 1942.8.31(昭17)
Lpp 120.00 B 16.30 D 9.00 m 主機 T 三菱 IMP. 2CYL. D.G. 4,000SHP 1基 16.568kt
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.887 三菱商事株式会社(東京)
ぱれんばん丸 PALEMBANG MARU

天山丸型 2隻 TENZAN MARU Class (1942 - 1943)

天山丸
天山丸 Tenzan Maru
鐵道省が關釜航路の増え続ける輸送量に対応するために金剛丸級を総トン数で約800トン上回る拡大改良型の昼夜便兼用として計画した鉄道連絡船。第1船天山丸は昭和16年に進水したが工事が遅延して1年後に竣工し、その間にさらに4隻の同型船が計画されたが物資不足により崑崙丸1隻のみが竣工した。主罐には水管式を採用し、テーラー式メカニカル・ストーカを用いた。天山丸は公試運転で23.264ノットの高速力を記録した。
渡峡船 Lpp 134.00 B 18.20 D 10.00 m 主機 T IMP. 2Cyl S.G. 2基
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 鐵道省(東京)
1. Sno.880 天山丸 TENZAN MARU 49556/JABR 7,906G/T 16,900SHP 23.264kt
起工 1940.11.19(昭15) 進水 1941.8.8(昭16) 竣工 1942.9.10(昭17) 天山丸 TENZAN MARU 船客 1等)60 2等)342 3等)1,646
1943.11.1(昭18)運輸通信省(東京)に移籍
1945.5.19(昭20)運輸省鉄道総局(東京)に移籍
1945.7.30(昭20)三崎灯台沖で空爆により沈没
2. Sno.891 崑崙丸 KONRON MARU 50035/JYHR 7,908G/T 16,900SHP 23.454kt
起工 1942.6.20(昭17) 進水 1942.12.24(昭17) 竣工 1943.3.30(昭18) 崑崙丸 KONRON MARU
1943.10.4(昭18)下関から釜山に向け航行中、沖ノ島の東北約10浬で米潜WAHOO(SS-238)の雷撃により沈没
崑崙丸
崑崙丸 Konron Maru

SNo.889 誠心丸 SEISHIN MARU (1943)

誠心丸
誠心丸 Seishin Maru
49891 油槽船 5,240G/T 起工 1942.5.22(昭17) 進水 1942.11.10(昭17) 竣工 1943.1.20(昭18)
Lpp 120.00 B 16.30 D 9.00 m 主機 T 三菱 IMP. 2CYL. D.G. 4,000SHP 1基 16.476kt
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.889 三菱商事株式会社(横浜)
誠心丸 SEISHIN MARU
1941.6.1(昭16)合併に伴い日本石油(株)(東京)に移籍
1944.6.13(昭19)合併に伴い日本油槽船(株)(東京)に移籍
1945.3.10(昭20)仏印ツーロン港内(16.1N,108.10E)で雷撃により沈没

SNo.872 千代田丸 (1) CHIYODA MARU (1943)
50047/JYOR 油槽船 4,701G/T 6,800D/W
起工 1942.9.23(昭17) 進水 1943.1.23(昭18) 竣工 1943.3.20(昭18)
Lpp 112.00 B 15.80 D 9.00 m 主機 T 三菱 IMP. 2CYL. D.G. 2,800SHP 1基 12/14.502kt
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.872 日本郵船株式会社(東京)
千代田丸 CHIYODA MARU
1944.8.31(昭19)高雄からマニラに向け航行中、台湾南端ガランピの南南西約30浬(21.24N,121.04E)で米潜QUEENFISH(SS-393)の雷撃により沈没

SNo.931 第一星丸 HOSHI MARU No.1 (1943)
50038/JNDS 貨物船 873G/T 起工 1943.2.20(昭18) 進水 1943.3.22(昭18) 竣工 1943.4.13(昭18)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 R 3連成 400IHP 1基 7/9kt
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.931 2ERS型 日本製鐵株式会社(東京)
第一星丸 HOSHI MARU No.1 改E型船の試作第一号
1943(昭18)千鳥丸 CHIDORI MARU と改名
1950.4.1(昭25)日鐵汽船(株)(東京)の設立に伴い移籍
1951(昭26)解体

SNo.930 英彦 EHIKO (1943)
木造貨物船 50G/T 起工 1943.2.9(昭18) 進水 1943.4.23(昭18) 竣工 1943.5.15(昭18)
200SHP
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.930 三菱重工業株式会社長崎造船所
英彦 EHIKO

SNo.873 千早丸 CHIHAYA MARU (1943)
50246/JNLS 油槽船 4,701G/T 6,800D/W
起工 1943.1.7(昭18) 進水 1943.4.22(昭18) 竣工 1943.5.29(昭18)
Lpp 112.00 B 15.80 D 9.00 m 主機 T 三菱 IMP. 2CYL. D.G. 2,800SHP 1基 12/14.5kt
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.873 日本郵船株式会社(東京)
千早丸 CHIHAYA MARU
1944.9.10(昭19)門司から高雄に向け航行中、朝鮮南岸巨文島の南東約20浬(33.49N,127.41E)で米潜SUNFISH(SS-281)の雷撃により沈没

あまつ丸型 6隻 AMATSU MARU Class (1943 - 1944)
油槽船 Lpp 153.00 B 20.00 D 11.50 m 主機 T 三菱 IMP. 2CYL. D.G. 1基 1TL型
1. Sno.911 あまつ丸 AMATSU MARU 50239 10,568G/T 8,600SHP 18.212kt
起工 1942.11.8(昭17) 進水 1943.3.23(昭18) 竣工 1943.6.10(昭18)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 石原産業海運合資会社
あまつ丸 AMATSU MARU 石原汽船
2. Sno.912 旭榮丸 KYOKUEI MARU 10,072G/T 15,500D/W 8,600SHP 18.272kt
起工 1943.2.15(昭18) 進水 1943.5.22(昭18) 竣工 1943.7.17(昭18)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 日東汽船株式会社
旭榮丸 KYOKUEI MARU
3. Sno.913 みりい丸 MILI MARU 10,565G/T 15,500D/W 8,600SHP 18.442kt
起工 1943.4.1(昭18) 進水 1943.7.19(昭18) 竣工 1943.9.4(昭18)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 三菱汽船株式会社(東京)
みりい丸 MILI MARU
4. Sno.914 大峰山丸 (1) OHMINESAN MARU 50634/JEJT 10,536G/T 15,500D/W 8,600SHP 15/18.813kt
起工 1943.6.7(昭18) 進水 1943.10.1(昭18) 竣工 1943.11.27(昭18)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 三井船舶株式会社(東京)
大峰山丸 OHMINESAN MARU
1944.3.4(昭19)ボルネオ海アナンハス北方(5.29N,108.46E)で米潜BLUEFISH(SS-222)の雷撃により沈没
5. Sno.915 清洋丸 SEIYO MARU 50810/JOPT 10,536G/T 15,500D/W 8,600SHP 18.836kt
起工 1943.7.24(昭18) 進水 1943.11.11(昭18) 竣工 1944.1.15(昭19)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 國洋汽船株式会社(東京)
清洋丸 SEIYO MARU
1944.6.20(昭19)ルソン島の東方(15.35N,133.30E)で空爆により沈没
6. Sno.916 日邦丸 NIPPO MARU 50811/JOVT 10,536G/T 15,500D/W 8,600SHP 18.8kt
起工 1943.10.5(昭18) 進水 1944.1.12(昭19) 竣工 1944.3.5(昭19)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 飯野海運産業株式会社(東京)
日邦丸 NIPPO MARU

じゃんび丸型 5隻 JAMBI MARU Class (1943 - 1944)
油槽船 Lpp 120.00 B 16.30 D 9.00 m 主機 T 日立 IMP. 2CYL. D.G. 1基 1TM型
1. Sno.917 じゃんび丸 JAMBI MARU 5,244G/T 7,800D/W 3,000SHP 15.377kt
起工 1943.1.7(昭18) 進水 1943.6.3(昭18) 竣工 1943.7.13(昭18)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 三菱汽船株式会社(東京)
じゃんび丸 JAMBI MARU
2. Sno.918 第三山水丸 YAMAMIZU MARU No.3 5,244G/T 7,800D/W 3,000SHP 15.076kt
起工 1943.4.27(昭18) 進水 1943.7.20(昭18) 竣工 1943.9.7(昭18)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 山下汽船株式会社(神戸)
第三山水丸 YAMAMIZU MARU No.3
1944.4.22(昭19)南印沿岸サンジャック湾(10.00N,107.30E)で空爆により擱座
3. Sno.919 雄鳳丸 YUHO MARU 49920 5,227G/T 7,800D/W 3,000SHP 12/15.284kt
起工 1943.6.1(昭18) 進水 1943.8.20(昭18) 竣工 1943.10.11(昭18)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 飯野海運産業株式会社(舞鶴)
雄鳳丸 YUHO MARU
1943.10.11(昭18)海軍に徴傭同月15日、特設運送船(給油船)に入籍
1944.4.1(昭19)社名変更に伴い飯野海運(東京)に移籍
1944.11.26(昭19)海軍徴傭船として行動中、ボルネオ島ミリ沖(4.54N,114.07E)で米潜PARGO(SS-264)の雷撃により沈没
雄鳳丸
雄鳳丸 Yuho Maru
4. Sno.936 第二日南丸 NICHINAN MARU No.2 50651/JETT 5,227G/T 7,000D/W 3,000SHP 15.135kt
起工 1943.7.24(昭18) 進水 1943.10.29(昭18) 竣工 1943.12.18(昭18)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 飯野海運産業株式会社(東京)
第二日南丸 NICHINAN MARU No.2
1944.11.8(昭19)南シナ海(13.00N,116.48E)で米潜REDFIN(SS-272)の雷撃により沈没
第二日南丸
第二日南丸 Nichinan Maru No.2
5. Sno.937 萬榮丸 MANEI MARU 50802/JONT 5,226G/T 7,800D/W 3,000SHP 15.208kt
起工 1943.8.24(昭18) 進水 1943.11.30(昭18) 竣工 1944.2.15(昭19)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 日東汽船株式会社
萬榮丸 MANEI MARU

SNo.932 雲仙 UNZEN (1943)
木造貨物船 250G/T 起工 1943.5.8(昭18) 進水 1943.7.5(昭18) 竣工 1943.11.20(昭18)
200SHP
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.932 三菱重工業株式会社長崎造船所
雲仙 UNZEN

SNo.933 必勝 HISSHO (1943)
フェリー 430G/T 起工 1943.3.20(昭18) 進水 1943.4.26(昭18) 竣工 1943.7.14(昭18)
主機 D KISHIRO SEMI DIESEL 367BHP 2基 9.234kt
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.933 佐世保海軍工廠
必勝 HISSHO

SNo.934 報國 HOKOKU (1943)
フェリー 430G/T 起工 1943.3.20(昭18) 進水 1943.4.26(昭18) 竣工 1943.7.14(昭18)
主機 D 日立 TRUNK PISTON DIESEL 385BHP 2基 9.28kt
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.934 佐世保海軍工廠
報國 HOKOKU

あかね丸型 17隻 AKANE MARU Class (1944 - 1945)
油槽船 Lpp 148.00 B 20.40 D 12.00 m 主機 T 三菱IMP S. CYL. D.G. 1基 2TL型
1. Sno.938 あかね丸 AKANE MARU 50805/JOQT 10,241G/T 16,000D/W 5,000SHP 18.5kt
起工 1943.11.18(昭18) 進水 1944.1.28(昭19) 竣工 1944.3.15(昭19)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 石原汽船株式会社(京都・府中)
あかね丸 AKANE MARU
1944.10.6(昭19)ルソン海峡(19.48N,118.22E)で雷撃により沈没
2. Sno.939 天榮丸 TENEI MARU 50835/JPJT 10,241G/T 16,000D/W 5,000SHP 18.5kt
起工 1943.12.4(昭18) 進水 1944.2.10(昭19) 竣工 1944.3.30(昭19)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 日東汽船株式会社
天榮丸 TENEI MARU
3. Sno.940 仁榮丸 JINEI MARU 10,241G/T 5,000SHP 18.5kt
起工 1944.1.13(昭19) 進水 1944.3.10(昭19) 竣工 1944.3.31(昭19)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 日東汽船株式会社
仁榮丸 JINEI MARU
4. Sno.941 東邦丸 TOHO MARU 10,238G/T 5,000SHP 18.5kt
起工 1944.1.13(昭19) 進水 1944.4.10(昭19) 竣工 1944.5.15(昭19)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 飯野海運産業株式会社
東邦丸 TOHO MARU
5. Sno.942 光榮丸 KOEI MARU 10,238G/T 5,000SHP 18.5kt
起工 1944.2.25(昭19) 進水 1944.4.25(昭19) 竣工 1944.5.31(昭19)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 日東汽船株式会社
光榮丸 KOEI MARU
6. Sno.943 せりあ丸 SERIA MARU 50872→64446/JQLT→JDQC 10,238G/T 15,563D/W 5,000SHP 12/13kt
起工 1944.3.11(昭19) 進水 1944.5.9(昭19) 竣工 1944.6.30(昭19)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 三菱汽船株式会社(東京)
せりあ丸 SERIA MARU SCAJAP No.X045
1944(昭19)進水後、日本油槽船(株)(東京)の設立に伴い移籍
1945.7.28(昭20)兵庫県坂越港生島の南東800mで空爆により沈没
1948.5(昭23)戦後、北川産業(大阪)に売却。北川サルベージ(大阪)が解体の予定で浮揚に成功、同年12月、日本油槽船(東京)に売却
1949.5.31(昭24)日立造船(桜島)で修理完了
1950.7.19(昭25)日立造船(桜島)でB.V.船級取得工事が完了
1961.3(昭36)Khafjiでステーションタンカーとして使用
1963.2(昭38)解体のためシンガポールのマラヤン社に売却
せりあ丸
せりあ丸 Seria Maru
7. Sno.944 ありた丸 ARITA MARU 10,238G/T 5,000SHP 18.5kt
起工 1944.4.11(昭19) 進水 1944.6.9(昭19) 竣工 1944.7.20(昭19)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 石原汽船株式会社
ありた丸 ARITA MARU
8. Sno.945 富士山丸 (2) FUJISAN MARU 52784/JRKT 10,238G/T 5,000SHP 18.5kt
起工 1944.4.21(昭19) 進水 1944.6.24(昭19) 竣工 1944.7.31(昭19)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 飯野海運株式会社(東京)
富士山丸 FUJISAN MARU SCAJAP No.X116
1946.11(昭21)飯野産業(舞鶴)に曳航、係船
1949.5.3(昭24)播磨造船所(呉)でB.V.船級取得改造工事
1956.11.23(昭31)飯野重工業舞鶴造船所で鉱石運搬船に改造、定島丸 SADASHIMA MARU と改名。船体を短縮
1962.4(昭37)解体のためこうしん産業(東京)に売却。尾道で解体
富士山丸
富士山丸 Fujisan Maru
9. Sno.946 あまと丸 AMATO MARU 10,238G/T 5,000SHP 18.5kt
起工 1944.5.10(昭19) 進水 1944.7.5(昭19) 竣工 1944.8.11(昭19)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 石原汽船株式会社
あまと丸 AMATO MARU
10. Sno.947 海邦丸 KAIHO MARU 10,238G/T 5,000SHP 18.5kt
起工 1944.6.10(昭19) 進水 1944.8.1(昭19) 竣工 1944.9.15(昭19)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 飯野海運産業株式会社
海邦丸 KAIHO MARU
11. Sno.948 松島丸 MATSUSHIMA MARU 10,240G/T 5,000SHP 18.5kt
起工 1944.7.6(昭19) 進水 1944.9.6(昭19) 竣工 1944.10.15(昭19)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 日本海洋漁業統制株式会社
松島丸 MATSUSHIMA MARU
12. Sno.949 極運丸 KYOKUUN MARU 54408/JIBA 10,238G/T 5,000SHP 18.5kt
起工 1944.8.2(昭19) 進水 1944.9.28(昭19) 竣工 1944.11.9(昭19)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 極洋捕鯨株式会社(東京)
極運丸 KYOKUUN MARU
1945.1.12(昭20)仏印西岸キノン北方30哩(14.20N,109.10E)で空爆により沈没
13. Sno.950 明石丸 AKASHI MARU 10,045G/T 5,000SHP 18.5kt
起工 1944.9.7(昭19) 進水 1944.10.24(昭19) 竣工 1944.11.20(昭19)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 西大洋漁業
明石丸 AKASHI MARU
14. Sno.951 光島丸 MITSUSHIMA MARU 54462/JOZA→JMAM 10,045G/T 5,000SHP 18.5kt
起工 1944.9.20(昭19) 進水 1944.11.20(昭19) 竣工 1944.12.15(昭19)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 三菱汽船株式会社(東京)
光島丸 MITSUSHIMA MARU
1949.4.1(昭24)極東海運(株)(東京)に移籍
1949.6.2(昭24)社名変更に伴い三菱海運(株)(東京)に移籍
1951(昭26)B.V.船級取得工事
1959.12.25(昭34)解体のため坂口興産に売却
光島丸
光島丸 Mitsushima Maru
15. Sno.974 第二建川丸 TATEKAWA MARU No.2 10,045G/T 5,000SHP 18.5kt
起工 1944.9.29(昭19) 進水 1944.12.2(昭19) 竣工 1944.12.30(昭19)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 川崎汽船株式会社(神戸)
第二建川丸 TATEKAWA MARU No.2
1945.2.22(昭20)ベトナム南部沿岸(11.08N,108.44E)で触雷、沈没
16. Sno.975 瑞雲丸 ZUIUN MARU 54500/JPKD 10,045G/T 15,381D/W 4,500SHP 18.5kt
起工 1944.10.21(昭19) 進水 1944.12.17(昭19) 竣工 1945.1.18(昭20)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 岡田商船株式会社(東京)
瑞雲丸 ZUIUN MARU SCAJAP No.X115→Z001
1949.4.20(昭24)川南工業(香焼島)でB.V.船級取得、貨物船に改造工事
1960(昭35)日東商船(株)(東京)に売却
1960.10(昭35)播磨造船所(相生)でステーションタンカーに改造工事
1962.10.16(昭37)アラビア石油(株)(東京)に売却
1962.11.4(昭37)シンガポールで係船
1963.2(昭38)解体のためシンガポールのマラヤン社に売却
1964.6.15(昭39)大阪で解体
瑞雲丸
瑞雲丸 Zuiun Maru
17. Sno.976 勝邦丸 SHOHO MARU 54513/JPZD 10,045G/T 15,714D/W 5,000SHP 18.5kt
起工 1944.11.1(昭19) 進水 1945.1.31(昭20) 竣工 1945.2.28(昭20)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 飯野海運株式会社(東京)
勝邦丸 SHOHO MARU

第五山水丸型 5隻 YAMAMIZU MARU No.5 Class (1945 - 1946)

第五山水丸
第五山水丸 Yamamizu Maru No.5
油槽船 Lpp 150.00 B 20.40 D 12.00 m 主機 T 1基 3TL型
1. Sno.980 第五山水丸 YAMAMIZU MARU No.5 54509/JPXD 9,965G/T 15,254D/W 8,000/10,000SHP 11/12kt
起工 1944.10.24(昭19) 進水 1945.1.4(昭20) 竣工 1945.2.10(昭20)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 山下汽船株式会社(神戸)
第五山水丸 YAMAMIZU MARU No.5 SCAJAP No.Y041→X070
1945.7.29(昭20)長崎県飽浦で空爆により沈没
1947.11.10(昭22)浮揚して改修
1947.11.21(昭22)極洋捕鯨(株)(東京)に売却
1950.10.21(昭25)極洋捕鯨から分離独立した太平洋海運(株)(東京)に売却
1951.10.8(昭26)B.V.船級取得改造工事
1956.3.1(昭31)極洋捕鯨(株)(東京)に売却、極山丸 KYOKUSAN MARU と改名。大阪造船所で鮭鱒工船に改造
1959(昭34)改造工事
1965(昭40)日立造船(神奈川)で甲板、居住区の改造工事が完工
1968(昭43)解体
2. Sno.981 大椎丸 DAISUI MARU 54524/JSFD→FKGC 9,958G/T 15,257D/W 9,000SHP 10/13kt
起工 1944.11.21(昭19) 進水 1945.3.5(昭20) 竣工 1945.6.15(昭20)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 大阪商船株式会社(大阪)
大椎丸 DAISUI MARU SCAJAP No.D015
1948.5(昭23)極洋捕鯨(株)(東京)に売却、南氷洋捕鯨の付属油槽船として使用
1948.11(昭23)日立造船(因島)で貨物船、B.V.船級取得改造工事に着工。翌年5月に完工
1950.10(昭25)太平洋海運(株)(東京)に売却
1960.10(昭35)新三菱重工(神戸)でステ−ションタンカーに改造。36年 3月までステ−ションタンカーとしてアラビア石油のカフジ基地に係留
1962.10(昭37)アラビア石油(株)(東京)に売却
1963(昭38)解体のためシンガポールのマラヤン社に売却
1963.2.21(昭38)シンガポ−ルに到着
大椎丸
大椎丸 Daisui Maru
3. Sno.983 鶴岡丸 TSURUOKA MARU 54708/JOPD→JQIM 9,960G/T 15,192D/W 3,100HP 11kt
起工 1944.12.19(昭19) 進水 1945.4.7(昭20) 竣工 1945.7.31(昭20)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 日本郵船株式会社(東京)
鶴岡丸 TSURUOKA MARU
1945.8.9(昭20)長崎で原爆の投下により小破
1948.8.12(昭23)協立汽船(株)(東京)に売却
1949.5.1(昭24)三菱重工業(長崎)で貨物船に改造、B.V.船級取得改造工事
1955.2.3(昭30)極洋捕鯨(株)(東京)に売却
1955.5.5(昭30)飯野重工(舞鶴)で鯨工船に改造、極洋丸 KYOKUYO MARU と改名
1955.5.20(昭30)第4次北洋捕鯨の母船としてばいかる丸に替って横浜港より初出漁、以降昭和40年度第14次まで連続出漁
1967.12(昭42)解体のため売却
1968(昭43)三原で解体
鶴岡丸
鶴岡丸 Tsuruoka Maru
4. Sno.982 ひらど丸 HIRADO MARU 55696/JJXJ 9,958G/T 4,400HP 15.403kt
起工 1944.12.3(昭19) 進水 1945.5.16(昭20) 竣工 1946.10.15(昭21)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 石原汽船株式会社(東京)
ひらど丸 HIRADO MARU
1946.10.15(昭21)大洋漁業(株)(東京)に売却、天洋丸 TENYO MARU と改名。1351番船として完成。鯨肉運搬船に改造
1968(昭43)解体のため三菱商事(東京)に売却
ひらど丸
天洋丸 Tenyo Maru
5. Sno.984 大欖丸 TAIRAN MARU 58435/JXNW→JDDF 10,912G/T 8,000/10,000SHP 12/14kt
起工 1945.1.5(昭20) 進水 1946.8.28(昭21) 竣工 1946.10.20(昭21)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 大阪商船株式会社(大阪)
大欖丸 TAIRAN MARU SCAJAP No.N068
1946(昭21)建造中に大洋漁業(株)(東京)に売却、鯨工船(第1350番船)として完工、第一日新丸 NISSHIN MARU No.1 と改名
1948.8(昭23)主機をD 三井B&W 5,400BHPに換装
1951.6.11(昭26)油槽船に改造、錦城丸 KINJO MARU と改名。B.V.船級取得改造工事
1954.4.30(昭29)再度、川崎重工業(株)業(神戸)で鯨工船に改造
1958.10(昭33)主機をD 川崎M.A.N.K9Z 70/120C 8000BHPに換装
1965.3(昭40)解体のため三菱商事(東京)に売却、大阪で解体
大欖丸
第一日新丸 Nisshin Maru No.1

第二十一大洋丸型 7隻 TAIYO MARU No.21 Class (1946 - 1947)
漁船 Lpp 38.90 B 7.20 D 4.05 m 主機 R 3連成
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 大洋漁業株式会社(下関)
1. 第二十一大洋丸 TAIYO MARU No.21 58588/JAGA 279G/T 250D/W 8.5/11.3kt
進水 1946(昭21) 第二十一大洋丸 TAIYO MARU No.21
2. 第二十二大洋丸 TAIYO MARU No.22 58946/JQHJ 279G/T 250D/W 8.5/11.3kt
進水 1946(昭21) 第二十二大洋丸 TAIYO MARU No.22
3. 第二十三大洋丸 TAIYO MARU No.23 58968/JCFB 279G/T 250D/W 8.5/11.3kt
進水 1946(昭21) 第二十三大洋丸 TAIYO MARU No.23
4. 第二十五大洋丸 TAIYO MARU No.25 59543/JCIB 279G/T 250D/W 8.5/11.3kt
進水 1947(昭22) 第二十五大洋丸 TAIYO MARU No.25
5. 第二十六大洋丸 TAIYO MARU No.26 59585/JDWB 279G/T 250D/W 8.5/11.3kt
進水 1947(昭22) 第二十六大洋丸 TAIYO MARU No.26
6. 第二十七大洋丸 TAIYO MARU No.27 59641/JEEB 279G/T 250D/W 8.5/11.3kt
進水 1947(昭22) 第二十七大洋丸 TAIYO MARU No.27
7. 第二十八大洋丸 TAIYO MARU No.28 60320/JEFB 279G/T 250D/W 8.5/11.3kt
進水 1947(昭22) 第二十八大洋丸 TAIYO MARU No.28

第一大漁丸型 26隻 TAIRYO MARU No.1 Class (1946)
トロール漁船 Lpp 21.79(71'-6") B 4.57(15'-0") D 2.51(8'-3") m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 大洋漁業株式会社
1. Sno.1117 第一大漁丸 TAIRYO MARU No.1 55G/T 115BHP
起工 1945.10.26(昭20) 進水 1946.1.22(昭21) 竣工 1946.2.5(昭21) 第一大漁丸 TAIRYO MARU No.1
2. Sno.1118 第二大漁丸 TAIRYO MARU No.2 55G/T 115BHP
起工 1945.10.26(昭20) 進水 1946.1.22(昭21) 竣工 1946.2.5(昭21) 第二大漁丸 TAIRYO MARU No.2
3. Sno.1119 第三大漁丸 TAIRYO MARU No.3 55G/T 115BHP
起工 1945.12.3(昭20) 進水 1946.2.20(昭21) 竣工 1946.2.27(昭21) 第三大漁丸 TAIRYO MARU No.3
4. Sno.1120 第五大漁丸 TAIRYO MARU No.5 55G/T 115BHP
起工 1945.12.3(昭20) 進水 1946.2.20(昭21) 竣工 1946.2.27(昭21) 第五大漁丸 TAIRYO MARU No.5
5. Sno.1121 第六大漁丸 TAIRYO MARU No.6 55G/T 115BHP
起工 1945.12.15(昭20) 進水 1946.3.11(昭21) 竣工 1946.3.20(昭21) 第六大漁丸 TAIRYO MARU No.6
6. Sno.1122 第七大漁丸 TAIRYO MARU No.7 55G/T 115BHP
起工 1945.12.15(昭20) 進水 1946.3.11(昭21) 竣工 1946.3.20(昭21) 第七大漁丸 TAIRYO MARU No.7
7. Sno.1123 第八大漁丸 TAIRYO MARU No.8 55G/T 115BHP
起工 1945.12.22(昭20) 進水 1946.3.22(昭21) 竣工 1946.3.29(昭21) 第八大漁丸 TAIRYO MARU No.8
8. Sno.1124 第九大漁丸 TAIRYO MARU No.9 55G/T 115BHP
起工 1945.12.22(昭20) 進水 1946.3.22(昭21) 竣工 1946.3.29(昭21) 第九大漁丸 TAIRYO MARU No.9
9. Sno.1125 第十一大漁丸 TAIRYO MARU No.11 55G/T 115BHP
起工 1946.1.22(昭21) 進水 1946.3.25(昭21) 竣工 1946.4.7(昭21) 第十一大漁丸 TAIRYO MARU No.11
10. Sno.1126 第十二大漁丸 TAIRYO MARU No.12 55G/T 115BHP
起工 1946.1.22(昭21) 進水 1946.3.25(昭21) 竣工 1946.4.7(昭21) 第十二大漁丸 TAIRYO MARU No.12
11. Sno.1127 第十三大漁丸 TAIRYO MARU No.13 55G/T 115BHP
起工 1946.2.5(昭21) 進水 1946.3.28(昭21) 竣工 1946.4.17(昭21) 第十三大漁丸 TAIRYO MARU No.13
第十三大漁丸
第十三大漁丸 Tairyo Maru No.13
12. Sno.1128 第十五大漁丸 TAIRYO MARU No.15 55G/T 115BHP
起工 1946.2.5(昭21) 進水 1946.3.28(昭21) 竣工 1946.4.17(昭21) 第十五大漁丸 TAIRYO MARU No.15
13. Sno.1129 第十六大漁丸 TAIRYO MARU No.16 55G/T 115BHP
起工 1946.2.12(昭21) 進水 1946.4.4(昭21) 竣工 1946.4.30(昭21) 第十六大漁丸 TAIRYO MARU No.16
14. Sno.1130 第十七大漁丸 TAIRYO MARU No.17 55G/T 115BHP
起工 1946.2.12(昭21) 進水 1946.4.4(昭21) 竣工 1946.4.30(昭21) 第十七大漁丸 TAIRYO MARU No.17
15. Sno.1131 第十八大漁丸 TAIRYO MARU No.18 55G/T 115BHP
起工 1946.2.20(昭21) 進水 1946.4.9(昭21) 竣工 1946.5.10(昭21) 第十八大漁丸 TAIRYO MARU No.18
16. Sno.1132 第十九大漁丸 TAIRYO MARU No.19 55G/T 115BHP
起工 1946.2.20(昭21) 進水 1946.4.9(昭21) 竣工 1946.5.10(昭21) 第十九大漁丸 TAIRYO MARU No.19
17. Sno.1133 第二十一大漁丸 TAIRYO MARU No.21 55G/T 115BHP
起工 1946.2.28(昭21) 進水 1946.4.23(昭21) 竣工 1946.5.24(昭21) 第二十一大漁丸 TAIRYO MARU No.21
18. Sno.1134 第二十二大漁丸 TAIRYO MARU No.22 55G/T 115BHP
起工 1946.2.28(昭21) 進水 1946.4.23(昭21) 竣工 1946.5.24(昭21) 第二十二大漁丸 TAIRYO MARU No.22
19. Sno.1135 第二十三大漁丸 TAIRYO MARU No.23 55G/T 115BHP
起工 1946.3.8(昭21) 進水 1946.4.23(昭21) 竣工 1946.6.3(昭21) 第二十三大漁丸 TAIRYO MARU No.23
20. Sno.1136 第二十五大漁丸 TAIRYO MARU No.25 55G/T 115BHP
起工 1946.3.8(昭21) 進水 1946.4.23(昭21) 竣工 1946.6.3(昭21) 第二十五大漁丸 TAIRYO MARU No.25
21. Sno.1137 第二十六大漁丸 TAIRYO MARU No.26 55G/T 115BHP
起工 1946.3.11(昭21) 進水 1946.4.23(昭21) 竣工 1946.6.13(昭21) 第二十六大漁丸 TAIRYO MARU No.26
22. Sno.1138 第二十七大漁丸 TAIRYO MARU No.27 55G/T 115BHP
起工 1946.3.11(昭21) 進水 1946.4.23(昭21) 竣工 1946.6.13(昭21) 第二十七大漁丸 TAIRYO MARU No.27
23. Sno.1139 第二十八大漁丸 TAIRYO MARU No.28 55G/T 115BHP
起工 1946.3.26(昭21) 進水 1946.5.27(昭21) 竣工 1946.6.13(昭21) 第二十八大漁丸 TAIRYO MARU No.28
24. Sno.1140 第二十九大漁丸 TAIRYO MARU No.29 55G/T 115BHP
起工 1946.3.26(昭21) 進水 1946.5.27(昭21) 竣工 1946.6.13(昭21) 第二十九大漁丸 TAIRYO MARU No.29
25. Sno.1141 第三十一大漁丸 TAIRYO MARU No.31 55G/T 115BHP
起工 1946.3.29(昭21) 進水 1946.5.31(昭21) 竣工 1946.6.27(昭21) 第三十一大漁丸 TAIRYO MARU No.31
26. Sno.1142 第三十ニ大漁丸 TAIRYO MARU No.32 55G/T 115BHP
起工 1946.3.29(昭21) 進水 1946.5.31(昭21) 竣工 1946.6.27(昭21) 第三十ニ大漁丸 TAIRYO MARU No.32

洞南丸型 4隻 DONAN MARU Class (1946 - 1947)

洞南丸
洞南丸 Donan Maru
貨物船 Lpp 98.00 B 14.30 D 7.50 m 主機 T 1基 3D型
1. Sno.1025 洞南丸 DONAN MARU 55698/JKIJ 2,864G/T 4,563D/W 2,000SHP 8.5/10kt
起工 1945.3.2(昭20) 進水 1945.5.29(昭20) 竣工 1946.3.15(昭21)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 日本郵船株式会社(東京)
洞南丸 DONAN MARU SCAJAP No.D031
1949.9.22(昭24)東邦海運(株)(東京)に移籍
1956(昭31)佐藤國汽船(株)(神戸)に売却
1963.6.6(昭38)比アパリから名古屋に向け航行中、下関の南西190浬で沈没、のち売却
2. Sno.1026 辰清丸 TATSUKIYO MARU 61128/JMHJ 2,850G/T 4,284D/W 1,450SHP 11/12.5kt
起工 1945.4.10(昭20) 進水 1945.10.25(昭20) 竣工 1946.5.7(昭21)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 辰馬汽船株式会社(西宮)
辰清丸 TATSUKIYO MARU
1947.8.30(昭22)新日本汽船(株)(神戸)の設立に伴ない移籍
1951.6(昭26)日立造船(因島)でB.V.船級取得工事に着工、同年7月に完工
1952.9.12(昭27)宇部興産(株)(宇部)に売却、同年、日立造船(向島)でセメント運搬船に改造 3,074総トン
1962(昭37)大國汽船(神戸)に売却
1964(昭39)解体
辰清丸
辰清丸 Tatsukiyo Maru
3. Sno.1027 第二馬來丸 MALAY MARU No.2 59114/JKYA 2,864G/T 4,557D/W 2,500SHP 10.5/11kt
起工 1945.11.1(昭20) 進水 1946.7.1(昭21) 竣工 1947.3.31(昭22)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 八馬汽船株式会社(西宮)
第二馬來丸 MALAY MARU No.2 SCAJAP No.M080
1947.3.31(昭22)船舶公団(東京)と共有
1952.9(昭27)名村造船所(大阪)でB.V.船級取得改造工事
1954.7(昭29)東海運(株)(東京)に売却
1960(昭35)新田汽船(株)(松山)に売却、春日丸 KASUGA MARU と改名
1962(昭37)解体
第二馬來丸
第二馬來丸 Malay Maru No.2
4. Sno.1027 日進丸 NISSHIN MARU 58204/JNHJ 2,867G/T 4,395D/W 1,400SHP 9.5/10kt
起工 1945.5.30(昭20) 進水 1946.4.23(昭21) 竣工 1946.7.31(昭21)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 日産汽船株式会社(東京)
日進丸 NISSHIN MARU
1951.6(昭26)B.V.船級取得

小樽丸型 2隻 OTARU MARU Class (1948)

小樽丸
小樽丸 Otaru Maru
貨客船 Lpp 80.00 B 12.20 D 6.40 m 主機 T 三菱IMP D.G 1基
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 日本郵船株式会社(東京)
1. Sno.1400 小樽丸 (3) OTARU MARU 61483/JRCD 1,997G/T 2,514D/W 1,800SHP 11/14.3kt
起工 1946.12.16(昭21) 進水 1947.12.16(昭22) 竣工 1948.4.19(昭23) 小樽丸 OTARU MARU SCAJAP No.P038
1953.7.28(昭28)運輸省航海訓練所(東京)に売却
1953.8.12(昭28)石川島重工業(東京)で練習船に改装工事着手、船体を延長、Lpp:89.90m 2,455G/T
1954.2.25(昭29)改装工事完工、大成丸 (2) TAISEI MARU と改名
1982(昭57)唐尾 勝美(大阪)に売却
1993(平5)1983年版〜1993年版日本船舶明細書では係船中
1994(平6)1994年版日本船舶明細書より削除
2. Sno.1401 函館丸 (3) HAKODATE MARU 61920/JRDD 1,734G/T 2,542D/W 1,700HP 10.5/13.1kt
起工 1947.2.15(昭22) 進水 1948.1.29(昭23) 竣工 1948.5.20(昭23) 函館丸 HAKODATE MARU 船客 1等)20 3等)239 SCAJAP No.H102
1954(昭29)主機をD 横浜MANG5Z 1700BHPに換装
1954.4.17(昭29)三菱造船(下関)で貨物船(バナナ輸送)に改造
1964.1.13(昭39)日東海運(不詳)に売却
1964(昭39)Ta Lai S. S. Co. Ltd.,Taiwanに売却、TACHUANと改名
1966(昭41)Yi Tay Nav. Co.,Kaoohsiungに売却、YI TAYと改名
1967(昭42)Yi Tay Steamship Co., Ltd., Kaohsiung
1972.6.7(昭47)仁川から釜山に向け航行中、荒天のためSohuksan島の近く(34-17N, 125-06E)で遭難、沈没
1974(昭49)Lloyd's Register 1973-74年版より削除
函館丸
函館丸 Hakodate Maru

SNo.1405 第一照國丸 TERUKUNI MARU No.1 (1948)

第一照國丸
第一照國丸 Terukuni Maru No.1
62207/JRBD 貨客船 980G/T 439D/W 起工 1947.2.14(昭22) 進水 1947.10.18(昭22) 竣工 1948.6.5(昭23)
Lpp 60.00 B 10.00 D 4.90 m 主機 D 三井22号10型 1,350BHP 1基 12/14.051kt
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.1405 中川海運株式会社(東京)
第一照國丸 TERUKUNI MARU No.1 SCAJAP No.T253
1948.6(昭23)種子島/屋久島航路(種子屋久航路)に就航
1948.8.17(昭23)照國海運(株)(東京)に移籍
1959.8.8(昭34)東海汽船(株)(東京)に売却、椿丸 TSUBAKI MARU と改名
1977.8(昭52)除籍、同年10月解体のため久三商店(赤穂)に売却、翌年解体

SNo.1406 寶満山丸 HOMANZAN MARU (1948)

寶満山丸
寶満山丸 Homanzan Maru
62851/JRHD 貨物船 1,996G/T 2,921D/W
起工 1947.12.31(昭22) 進水 1948.4.13(昭23) 竣工 1948.6.24(昭23)
Lpp 84.99 B 12.50 D 6.50 m 主機 T 三菱IMP D.G 1,700SHP 1基 11.5/13.526kt
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.1406 鶴丸汽船株式会社(若松)
寶満山丸 HOMANZAN MARU 1次 SCAJAP No.H114
1948.6.24(昭23)船舶公団(東京)と共有
1959.11(昭34)主機をD 新潟M8F43CHS 1,800BHPに換装

室蘭丸型 5隻 MURORAN MARU Class (1948 - 1949)

室蘭丸
室蘭丸 Muroran Maru
貨物船 Lpp 87.00 B 13.20 D 7.40 m 主機 T 三菱IMP D.G 1基
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造
1. Sno.1402 室蘭丸 (3) MURORAN MARU 62206/JCNR 2,493G/T 3,833D/W 1,800SHP 10.8/13.547kt
起工 1947.3.15(昭22) 進水 1948.6.10(昭23) 竣工 1948.8.19(昭23) 日本郵船株式会社(東京)
室蘭丸 MURORAN MARU SCAJAP No.M116
1964.2.16(昭39)永和海運(株)(東京)に売却
1968(昭43)下崎汽船(株)(神戸)に売却
1970(昭45)Golden Light Ocean Transport Ltd.(Somalia)に売却、MAN PINGと改名
1971(昭46)台湾の解体業者に売却
1976(昭51)Lloyd's Register 1975-76年版まで掲載
2. Sno.1403 釧路丸 (2) KUSHIRO MARU 61935/JZOM→JLBY 2,496G/T 3,789D/W 1,800SHP 13.792kt
起工 1947.3.15(昭22) 進水 1948.7.26(昭23) 竣工 1948.11.20(昭23) 日本郵船株式会社(東京)
釧路丸 KUSHIRO MARU SCAJAP No.K287
1962.3.26(昭37)同和海運(株)(東京)に売却
1972(昭47)P. T. Pelayaran Bahtera Adhiguna,Djakartaに売却、ADHIGUNA KARUNIAと改名
1975(昭50)解体のためC.V. Magga Barani, Jakartaに売却、Jakartaで解体
釧路丸
釧路丸 Kushiro Maru
3. Sno.1408 いくしま丸 (2) IKUSHIMA MARU 63993/JKHQ 2,245G/T 3,560D/W 1,700SHP 12/13.5kt
起工 1948.6.19(昭23) 進水 1948.11.19(昭23) 竣工 1949.1.31(昭24) 濱根汽船株式会社(東京)
いくしま丸 IKUSHIMA MARU 2次
いくしま丸
いくしま丸 Ikushima Maru
4. Sno.1409 光徳丸 (2) KOTOKU MARU 63400/JKLQ 2,247G/T 3,560D/W 1,700HP 14.238kt
起工 1948.6.21(昭23) 進水 1948.12.5(昭23) 竣工 1949.2.15(昭24) 大光商船株式会社(大阪)
光徳丸 KOTOKU MARU 2次
1978.5.7(昭53)田頭海運(尾道)所有、正和海運に定期用船され北ベトナムにホンゲイ炭輸送のため配船
光徳丸
光徳丸 Kotoku Maru
5. 吉野丸 YOSHINO MARU 65110/JLZE 2,412G/T 3,724D/W 1,700SHP 10.7/14.1kt
起工 1949.2.14(昭24) 進水 1949.6.28(昭24) 竣工 1949.9.15(昭24) 近海郵船株式会社(東京)
吉野丸 YOSHINO MARU 4次KD SCAJAP No.Y050
1949.7.16(昭24)郵船近海機船(東京)が発注、竣工前に近海郵船(東京)の設立に伴い移籍
1964.9.21(昭39)新進貿易を通じてChung Nan Marine Corp., Keelungに売却、CHUNG HOと改名
1968(昭43)Asia Maritime Co., S.A., Monroviaに売却、ASIA TRADERと改名
1968.10(昭43)鹿児島で台風に遭遇、座礁
1969.3(昭44)松庫海事(平生)で解体開始
1970(昭45)Lloyd's Register 1970-1971年版より削除
吉野丸
吉野丸 Yoshino Maru

SNo.1404 るり丸 RURI MARU (1948)

るり丸
るり丸 Ruri Maru

1973.4.1 明石海峡 - K.Sato
阪神/別府航路に就航
62104/JRGD 旅客船 1,920G/T 起工 1947.3.10(昭22) 進水 1948.3.29(昭23) 竣工 1948.8.31(昭23)
Lpp 74.00 B 12.20 D 5.80 m 主機 D 1,600BHP 2基 12.8/14.9kt
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.1404 関西汽船株式会社(大阪)
るり丸 RURI MARU SCAJAP No.R020 船客 1等)61 2等)13 3等)454
1948.9.2(昭23)別府航路、神戸発処女航海
1961(昭36)主機をD 2,000 BHP x 2 に換装、速力 17/18.5 kt
1965(昭40)改装、 1,875G/T
1971.3(昭46)高松観光便に就航
1975(昭50)小豆島の内海湾で繋船
1977.6.30(昭52)サウジアラビアに売却、ST.FRANCISと改名。以後不詳
1987Lloyd's Register 1987-88年版までは所有者不明で RURI MARUとなっている

朝顔丸 ASAGAO MARU (1949)

朝顔丸
朝顔丸 Asagao Maru
63511/JKSQ 渡船 300G/T 進水 1949.4.1(昭24)
Lpp 36.00 B 7.20 D 3.70 m 主機 R 3連成 村山製作所 220IHP 7.5/8kt
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 三菱鉱業株式会社(東京)
朝顔丸 ASAGAO MARU SCAJAP No.A084

SNo.1407 ぱしふいっく丸 PACIFIC MARU (1949)

ぱしふいっく丸
ぱしふいっく丸 Pacific Maru
64816/JJXQ 貨物船 4,718G/T 7,231D/W
起工 1948.6.21(昭23) 進水 1949.4.16(昭24) 竣工 1949.6.10(昭24)
Lpp 114.00 B 16.20 D 9.00 m 主機 T 三菱長崎 2段減速衝動反動式 2,400PS 1基 14.82kt
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.1407 ファースト・シッピング株式会社(神戸)
ぱしふいっく丸 PACIFIC MARU 2次KB
1949.10(昭24)第一汽船(株)(神戸)に移籍
1950.12.10(昭25)戦後初の邦船としてパナマ運河を通過
1952.9.8(昭27)大阪商船(株)(大阪)に売却、しどにい丸 SYDNEY MARU と改名
1952(昭27)豪州航路・日本豪州ニュージーランド線に就航
1963.11.20(昭38)日下部汽船(株)(神戸)に売却
1967(昭42)同和海運(株)(東京)に売却、雄海丸 YUKAI MARU と改名
1971昭和46年版船名録より削除

SNo.1413 白馬山丸 (2) HAKUBASAN MARU (1949)

白馬山丸
白馬山丸 Hakubasan Maru
65109/JLQE 貨物船 4,837G/T 起工 1948.11.27(昭23) 進水 1949.9.8(昭24) 竣工 1949.11.20(昭24)
Lpp 122.00 B 17.60 D 10.70 m 主機 T 2,800SHP 1基 13.3/14.46kt
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.1413 三井船舶株式会社(東京)
白馬山丸 HAKUBASAN MARU 3次KB SCAJAP No.H133
1951.7.6(昭26)印度パキスタン定期航路に就航
1959.12(昭34)主機をD 三井B&W 750VTBF110 8000BHPに換装
1960.1(昭35)改造
1964.4.1(昭39)合併に伴い大阪商船三井船舶(株)(東京)に移籍
1970.1.14(昭45)Ta Peng S. S. Co. Ltd.,Panamaに売却、TA PENG No.1と改名
1973.4.14(昭48)台湾の高雄で解体
ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.11