船歴 本邦建造船5 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

西日本重工業株式会社長崎造船所

平安丸型 5隻 HEIAN MARU Class (1951)

平安丸
平安丸 Heian Maru

清水港 - T.Mizushima
日本郵船の戦後初の新造外航貨物船として第5次計画造船で2隻建造された。戦後再開された紐育定期航路、シアトル定期航路、欧州定期航路の就航第1船として活躍。当時は旅客を扱う外航船が氷川丸1隻のため平安丸と平洋丸は6名の旅客設備を有した。なお他社の同型船は富士春丸東鳳丸及び東龍丸(6次)の3隻がある。
貨物船 Lpp 132.00 B 18.00 D 10.00 m 主機 D 三菱重工 1基
西日本重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造
Sno.1415 平安丸 (2) HEIAN MARU 67024/JEQI 6,849G/T 9,432D/W 5,000PS 13.5/14.8kt
起工 1949.12.29(昭24) 進水 1950.8.29(昭25) 竣工 1951.1.7(昭26) 日本郵船株式会社(東京)
平安丸 HEIAN MARU 5次 SCAJAP No.H138
1951.7.20(昭26)ニューヨーク定期航路再開の第1船として横浜港出航
1952.6.24(昭27)スエズ経由欧州定期航路再開の第1船として横浜港出航
1970.6.5(昭45)Paulcrown Cia. Nav. S. A.(Greece)に売却、PAULCROWNと改名
1976(昭51)Eleftheria Niki Nav.(Greece)に売却、ELEFTHERIA NIKIと改名
1979(昭54)Cartagenaで解体
Sno.1418 東鳳丸 TOHO MARU 67010/JACD 6,850G/T 9,560D/W 5,000BHP 13.5/16.677kt
起工 1949.12.29(昭24) 進水 1950.10.28(昭25) 竣工 1951.1.31(昭26) 東邦海運株式会社(東京)
東鳳丸 TOHO MARU 5次 SCAJAP No.T318
1962.2.15(昭37)合併に伴い新和海運(株)(東京)に移籍
1966.6.17(昭41)Louisa Shipping Co. Inc.(Liberia)に売却、LOUISAと改名
1975(昭50)Carnation Shipping (Liberia) Co. S. A.(Panama)に売却、CHAR HANGと改名
1978.11.26(昭53)台湾の解体業者に売却、高雄に到着
東鳳丸
東鳳丸 Toho Maru
Sno.1417 冨士春丸 FUJIHARU MARU 67128/JHJV 6,835G/T 9,387D/W 5,000PS 13.5/16.2kt
起工 1950.2.10(昭25) 進水 1950.12.11(昭25) 竣工 1951.3.13(昭26) 新日本汽船株式会社(神戸)
冨士春丸 FUJIHARU MARU 5次
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(東京)に移籍
1967.4.20(昭42)ニューギニア・パプア航路に第1船として就航
1967.9.22(昭42)Doreen Steamship Corp. S. S.,Liberiaに売却、HORTENSAと改名
1970(昭45)Josefina Shipping Corp.,Liberiaに売却
1972.3.20(昭47)名古屋からルソン島サンフェルナンドに向け航行中、ルソン海峡(18.32N,120.39E)で火災発生、座礁。4.25離礁、5.25に解体のため香港の解体業者へ売却、香港に到着
冨士春丸
冨士春丸 Fujiharu Maru
Sno.1416 平洋丸 (2) HEIYO MARU 67209/JACU 6,851G/T 9,420D/W 5,000PS 13.5/14.8kt
起工 1950.3.15(昭25) 進水 1951.1.25(昭26) 竣工 1951.4.9(昭26) 日本郵船株式会社(東京)
平洋丸 HEIYO MARU 5次 船客 6 SCAJAP No.H141
1951.10.30(昭26)シアトル定期航路再開第1船として横浜港出航
1954.5(昭29)南アフリカ定期航路第1船として就航
1972.8.15(昭47)Great Fortune Nav. Co. S. A.(Panama)に売却、GREAT GLORYと改名
1977(昭52)高雄で解体
平洋丸
平洋丸 Heiyo Maru
三菱長崎独自の5MUT22/40型ディーゼル発電機(300BHP,350rpm)を3台装備した。
Sno.1419 東龍丸 TORYU MARU 67461/JAVR 6,848G/T 9,830D/W 5,000BHP 13.5/16.379kt
起工 1951.1.5(昭26) 進水 1951.5.23(昭26) 竣工 1951.8.17(昭26) 東邦海運株式会社(東京)
東龍丸 TORYU MARU 6次 SCAJAP No.T320
1962.2.15(昭37)新和海運(株)(東京)に移籍
1971.9.5(昭46)Hawk S. S. Co. Ltd.,(Mogadision, Somali)に売却、ASIA HAWKと改名
1972(昭47)Lloyd's Register 1972-1973年版より削除(Vessel's continued existence in doubtとして記載)
東龍丸
東龍丸 Toryu Maru

高長丸型 8隻 KOHCHO MARU Class (1951 - 1954)

高長丸
高長丸 Kohcho Maru
大同海運が第6次から第9次後期計画造船で建造した 10,000重量トン級の大型貨物船。主機は7MS 72/125と8MS 72/125の2型式があった。他社同型船には、ころんびあ丸(三菱海運)、スラバヤ丸(東京船舶)、九州丸(澤山汽船)があった。
貨物船 Lpp 132.00 B 18.40 D 10.20 m 西日本重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造
Sno.1420 高長丸 KOHCHO MARU 67589/JDGS 7,118G/T
主機 D 三菱長崎 7MS72/125 5,000PS 1基 16.786kt
起工 1950.12.24(昭25) 進水 1951.7.6(昭26) 竣工 1951.9.15(昭26) 大同海運株式会社(神戸)
高長丸 KOHCHO MARU 6次
1964.4.1(昭39)合併に伴いジャパンライン(株)(東京)に移籍
1968(昭43)Ta Cheng Marine Co. Ltd.(Taiwan)に売却、GREAT PRODUCERと改名
1977(昭52)Masanで解体
Sno.1422 ころんびあ丸 (2) COLOMBIA MARU 67893/JHVJ 7,119G/T 10,315D/W
主機 D 三菱長崎 7MS72/125 5,000PS 1基 13.5/16.438kt
起工 1951.3.23(昭26) 進水 1951.9.19(昭26) 竣工 1951.11.30(昭26) 三菱海運株式会社(東京)
ころんびあ丸 COLOMBIA MARU 6次追 SCAJAP No.C057
1963.11(昭38)木材運搬船に改装
1964(昭39)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1969(昭44)Magnolia Line Inc.,Panamaに売却、CRYSTAL MARGARETと改名
1974(昭49)Universal Tramping Ltd.,Singaporeに売却、UNIVERSAL PROSPERITYと改名。同年、台湾の高雄で解体
ころんびあ丸
ころんびあ丸 Colombia Maru
Sno.1423 高治丸 KOCHI MARU 68203/JPSP 7,162G/T
主機 D 三菱長崎 7MS72/125 60,000PS 1基 16.576kt
起工 1951.5.21(昭26) 進水 1951.11.2(昭26) 竣工 1952.1.14(昭27) 大同海運株式会社(神戸)
高治丸 KOCHI MARU 7次前
1964.4.1(昭39)合併に伴いジャパンライン(東京)に移籍
1969.3.5(昭44)United Forward Marine Corp.(Liberia)に売却、GRAND FAIRと改名
1979(昭54)Lloyd's Register 1979-1980年版より削除
高治丸
高治丸 Kochi Maru
Sno.1425 スラバヤ丸 SURABAYA MARU 68742/JRJN 7,057G/T 10,137D/W
主機 D 三菱長崎 7MS72/125 5,000PS 1基 13.8/16.511kt
起工 1951.5.25(昭26) 進水 1952.1.29(昭27) 竣工 1952.3.31(昭27) 東京船舶株式会社(東京)
スラバヤ丸 SURABAYA MARU 7次前
1974.12(昭49)Westocean Navigation Co. Ltd., Panamaに売却、CARNELIANと改名
1975(昭50)Banda Maritime Carrier Ltd., Panamaに売却、BANDA CAREERと改名
1978.11.2(昭53)解体のため売却、堺に到着
スラバヤ丸
スラバヤ丸 Surabaya Maru
Sno.1427 高幸丸 KOKOH MARU 69364/JRBB 7,289G/T
主機 D 三菱長崎 8MS72/125 5,700PS 1基 17.284kt
起工 1951.12.25(昭26) 進水 1952.7.9(昭27) 竣工 1952.10.15(昭27) 大同海運株式会社(神戸)
高幸丸 KOKOH MARU 7次後
1964.4.1(昭39)合併に伴いジャパンライン(株)(東京)に移籍
1970(昭45)Costiana Shipping Co. Ltd.(Cyprus)に売却、COSTIANAと改名
1973(昭48)Lloyd's Register 1973-1974年版より削除
高幸丸
高幸丸 Kokoh Maru
Sno.1429 高花丸 KOHKA MARU 69773/JCHH 7,330G/T
主機 D 三菱長崎 7MS72/125 5,250PS 1基 14/17.13kt
起工 1952.7.12(昭27) 進水 1952.10.8(昭27) 竣工 1952.12.21(昭27) 大同海運株式会社(神戸)
高花丸 KOHKA MARU 8次
1964.4.1(昭39)合併に伴いジャパンライン(株)(東京)に移籍
1967(昭42)Irving Shipping International Inc.(Liberia)に売却、IDALLAと改名
1974(昭49)香港で解体
高花丸
高花丸 Kohka Maru
Sno.1434 九州丸 (1) KYUSHU MARU 70160/JNPH 7,154G/T 10,107D/W
主機 D 三菱長崎 7MS72/125 5,250PS 1基 13.9/16.9kt
起工 1952.10.1(昭27) 進水 1953.3.1(昭28) 竣工 1953.5.15(昭28) 澤山汽船株式会社(神戸)
九州丸 KYUSHU MARU 8次
1969.12.2(昭44)Ta Peng Steamship Co. Ltd.,臺灣に売却、TA PENG No.2と改名
1974(昭49)Lloyd's Register 1974-1975年版より削除
九州丸
九州丸 Kyushu Maru
Sno.1439 高典丸 KOTEN MARU 71511/JBEO 7,314G/T
主機 D 三菱長崎 8MS72/125 5,700PS 1基 14.3/17.378kt
起工 1953.9.29(昭28) 進水 1953.12.24(昭28) 竣工 1954.3.28(昭29) 大同海運株式会社(神戸)
高典丸 KOTEN MARU 9次後
1964.4.1(昭39)合併に伴いジャパンライン(株)(東京)に移籍
1970(昭45)Eastern Glory Enterprising Co. Ltd.(Somali)に売却、ORIENT GLORYと改名
1976(昭51)Cia. De Nav. Orient Glory S. A.(Panama)に移籍
1978(昭53)BangladeshのChittagong Roadsで解体
高典丸
高典丸 Koten Maru

阿蘇丸型 8隻 ASO MARU Class (1951 - 1954)

阿蘇丸
阿蘇丸 Aso Maru
西日本重工業が建造した日本郵船のA型船。主機はMSディーゼルを2基搭載。他社同型船には富島丸(飯野海運)、びくとりあ丸(三菱海運)がある。有田丸、安藝丸には全船にわたり色彩調整(操舵室、海図室、無線室等は緑系、食堂等は黄赤系、衛生関係は青系、通路は黄系、甲板は灰色、機関室は緑・紫青系)が施された。また安藝丸の操舵室にはアルミ溶接構造が初めて採用された。
貨物船 Lpp 140.00 B 19.00 D 10.50 m 主機 D 三菱重工 6MS 2基 日本郵船株式会社(東京)
Sno.1421 阿蘇丸 (2) ASO MARU 67880/JQVV 7,522G/T 9,951D/W 8,400BHP 16/19kt
起工 1950.12.27(昭25) 進水 1951.8.18(昭26) 竣工 1951.11.9(昭26)
西日本重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 阿蘇丸 ASO MARU 6次
1954.2.16(昭29)パナマ経由欧州定期航路に就航
1972.6.19(昭47)Great Fortune Nav. Co. S. A.(Panama)に売却、GREAT SUCCESSと改名
1977(昭52)台湾の高雄で解体
Sno.1424 有馬丸 (2) ARIMA MARU 68414/JCSL 7,529G/T 9,728D/W 8,600BHP 16/19.4kt
起工 1951.5.24(昭26) 進水 1951.12.18(昭26) 竣工 1952.2.25(昭27)
西日本重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 有馬丸 ARIMA MARU 7次前 SCAJAP No.A111
1973.11.14(昭48)Commonwealth Lines S. A.(Panama)に売却、THUNDERBIRDと改名
1976(昭51)GOLDEN DEFENDERと改名
1976.6.28(昭51)解体のため台湾の解体業者に売却、台湾の高雄に到着
有馬丸
有馬丸 Arima Maru

T.Mizushima
Sno.1428 粟田丸 (2) AWATA MARU 68998/JAFE 7,569G/T 9,912D/W 8,600HP 16/19.5kt
起工 1951.12.25(昭26) 進水 1952.5.26(昭27) 竣工 1952.8.25(昭27)
西日本重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 粟田丸 AWATA MARU 7次後
1973.4.25(昭48)Ordy De Nav. S. A.(Panama)に売却、MAYA TIMORと改名
1975(昭50)台湾の高雄で解体
粟田丸
粟田丸 Awata Maru
Sno.1430 有田丸 ARITA MARU 70267/JNUB 7,589G/T 9,765D/W 8,600HP 16/19.4kt
起工 1952.7.12(昭27) 進水 1952.12.5(昭27) 竣工 1953.2.28(昭28)
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 有田丸 ARITA MARU 8次
1954.8.28(昭29)欧州航路に就航
1977.2.28(昭52)Aquamarine Nav. S. A.(Panama)に売却、PRINCESS EMERALDと改名
1979(昭54)佐世保で解体
有田丸
有田丸 Arita Maru
Sno.1438 安藝丸 (3) AKI MARU 71770/JDRF 7,587G/T 9,781D/W 8,600BHP 16/19.7kt
起工 1953.4.8(昭28) 進水 1953.10.26(昭28) 竣工 1954.2.5(昭29)
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 安藝丸 AKI MARU 9次前
1958.6.26(昭33)黒海航路に就航
1960.9.12(昭35)日本産業巡航見本市船として運航受託
1972.8.3(昭47)大和海運(大阪)に売却、第二さもあ丸 SAMOA MARU No.2 と改名
1974(昭49)丸喜船舶(東京)に移籍
1976(昭51)Celebes Maritime Carriers(Panama)に売却、CELEBES CAREERと改名
1978.12.20(昭53)解体のため売却、呉に到着。古沢鋼材(呉)で解体開始
安藝丸
安藝丸 Aki Maru
Sno.1442 熱田丸 (2) ATSUTA MARU 71815/JEKU 7,628G/T 10,058D/W 8,600BHP 16/19.6kt
起工 1953.10.20(昭28) 進水 1954.3.6(昭29) 竣工 1954.6.5(昭29)
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 熱田丸 ATSUTA MARU 9次後
1977.4.21(昭52)Union Fraternity Investment Co. S. A.(Panama)に売却、UNION FRATERNITYと改名
1979(昭54)台湾の高雄で解体
熱田丸
熱田丸 Atsuta Maru
Sno.1426 冨島丸 TOMISHIMA MARU 68746/JARO 7,614G/T 9,762D/W 4,300PS 16/19.5kt
起工 1951.5.22(昭26) 進水 1952.2.28(昭27) 竣工 1952.5.15(昭27)
西日本重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 冨島丸 TOMISHIMA MARU 7次前
1963.12(昭38)飯野汽船(東京)設立に伴い移籍
1964.4.1(昭39)合併に伴い川崎汽船(株)(神戸)に移籍
1971.1.4(昭46)Daiei Maritime Co.Ltd., Panamaに売却、CHIEH HSINGと改名
1992(平4)解体
冨島丸
冨島丸 Tomishima Maru

びくとりあ丸 VICTORIA MARU (1953)
びくとりあ丸
びくとりあ丸 Victoria Maru

三菱造船株式会社長崎造船所

SNo.1435 寶和丸 HOWA MARU (1953)

寶和丸
寶和丸 Howa Maru
70931/JCZK 貨物船 17,176G/T 21,033D/W
起工 1952.11.27(昭27) 進水 1953.6.1(昭28) 竣工 1953.9.14(昭28)
Lpp 167.00 B 22.30 D 12.30 m 主機 T 2段減速 9,200PS 1基 16.64kt
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.1435 太平洋海運株式会社(東京)
寶和丸 HOWA MARU 8次

SNo.1436 ぺるしあ丸 PERSIA MARU (1953)

ぺるしあ丸
ぺるしあ丸 Persia Maru
日本油槽船が長期計画に基づいて建造した20,000重量トン級の大型油槽船で当時この大きさの油槽船はスーパー・タンカーと呼称された。主機はタービン。太平洋海運の宝和丸とほぼ同型。
70935/JCZN 油槽船 16,056G/T 26,876D/W
起工 1952.12.6(昭27) 進水 1953.7.16(昭28) 竣工 1953.11.5(昭28)
Lpp 167.00 B 22.30 D 12.30 m 主機 T 2段減速 9,200PS 1基 13.8/16kt
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.1436 日本油槽船株式会社(東京)
ぺるしあ丸 PERSIA MARU 8次
1963.3.20(昭38)日本鋼管浅野(横浜)で撒積貨物船に改造、Lpp:169.35 B:24.10 D:14.75 16,134G/T
1964.4.1(昭39)昭和海運(株)(東京)に移籍、和洋丸 WAYO MARU と改名
1972(昭47)前田汽船(株)(田辺)に売却、石炭専用船に改造
1975(昭50)わよう WAYO と改名
1976(昭51)Inter-Globe Navigation Co. (Pte.) Ltd.,Singaporeに売却、COSMOS FORTUNEと改名
1980.8.14(昭55)解体のため売却、台湾の高雄に到着

SNo.1437 びくとりあ丸 VICTORIA MARU (1953)

びくとりあ丸
びくとりあ丸 Victoria Maru
71480/JDPF 貨物船 7,519G/T 9,993D/W
起工 1953.3.30(昭28) 進水 1953.8.29(昭28) 竣工 1953.11.15(昭28)
Lpp 140.00 B 19.00 D 10.50 m 主機 D 6MS72/135 4,300BHP 2基 16/17kt
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.1437 阿蘇丸型 三菱海運株式会社(東京)
びくとりあ丸 VICTORIA MARU 9次前
1964.4.1(昭39)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1973.2.17(昭48)Great Fortune Nav. Co. S. A.,Panamaに売却、GREAT VICTORYと改名
1978(昭53)台湾の高雄で解体

SNo.1448 第三雄洋丸 YUYO MARU No.3 (1954)

第三雄洋丸
第三雄洋丸 Yuyo Maru No.3
72203/JDSN 油槽船 13,784G/T 20,600D/W
起工 1953.10(昭28) 進水 1954.5(昭29) 竣工 1954.8.10(昭29)
Lpp 167.00 B 22.30 D 12.30 m 主機 T 2段減速 三菱長崎 8,500PS 1基 16.369kt
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.1448 森田汽船株式会社(東京)
第三雄洋丸 YUYO MARU No.3 9次後

讃岐丸型 8隻 SANUKI MARU Class (1955 - 1961)

讃岐丸
讃岐丸 Sanuki Maru
三菱長崎造船所で建造されたS型貨物船。讃岐丸には三菱が開発を進めたUECディーゼル機関の大型実用1号機が搭載された。
貨物船 Lpp 145.00 B 19.50 D 12.30 m 三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 日本郵船株式会社(東京)
Sno.1443 讃岐丸 (3) SANUKI MARU 73431/JJFI 9,308G/T 11,040D/W
主機 D 三菱UE 9UEC 12,000PS 1基 18/20.69kt
起工 1954.11.8(昭29) 進水 1955.1.25(昭30) 竣工 1955.5.15(昭30) 讃岐丸 SANUKI MARU 10次 船客 12
1961.12.12(昭36)本船、神戸帰着をもって日本郵船は船客業務を停止
1974.11.22(昭49)Baltic Maritime Carriers(Panama)に売却、BALTIC CAREERと改名
1975(昭50)FLORES CAREERと改名
1978.5.30(昭53)解体のため日本の解体業者に売却、大阪に到着
1978.6.14(昭53)Sangyo Shinko K.K., Izumi-Ohtsuで解体開始
Sno.1464 薩摩丸 (2) SATSUMA MARU 74607/JQDM 9,342G/T 11,185D/W
主機 D 三菱UE 12,000PS 1基 20.74kt
起工 1955.10.7(昭30) 進水 1956.2.15(昭31) 竣工 1956.5.10(昭31) 薩摩丸 SATSUMA MARU 11次 船客 12
1974.8.15(昭49)Brisa Naviera S. A.(Panama)に売却、AZALEA BREEZEと改名
1979(昭54)Ocean Salt Carriers Ltd.(Panama)に売却、高雄で解体
薩摩丸
薩摩丸 Satsuma Maru

1973.3.30 神戸港・摩耶埠頭 - K.Sato
Sno.1484 攝津丸 SETTSU MARU 76796/JHVU 9,556G/T 11,182D/W
主機 D 三菱UE 12,000PS 1基 17.7/20.68kt
起工 1956.10.15(昭31) 進水 1957.2.1(昭32) 竣工 1957.4.14(昭32) 攝津丸 SETTSU MARU 12次 船客 12
1977(昭52)Balboa Cia. Nav. S. A.(Greece)に売却、G. P. COSMASと改名
1980(昭55)高雄で解体
攝津丸
攝津丸 Settsu Maru
Sno.1506 滋賀丸 (2) SHIGA MARU 80626/JEAN 9,555G/T 11,621D/W
主機 D 三菱UE 12,000PS 1基 17.7/20.72kt
起工 1957.10.9(昭32) 進水 1958.1.21(昭33) 竣工 1958.4.20(昭33) 滋賀丸 SHIGA MARU 13次 船客 12
1978(昭53)Sibuyan Maritime Carriers(Panama)に売却、SIBUYAN CAREERと改名
1980(昭55)高雄で解体
滋賀丸
滋賀丸 Shiga Maru

1973.8.11 神戸港 - K.Sato
Sno.1509 島根丸 SHIMANE MARU 81483/JMLN 9,426G/T 11,644D/W
主機 D 三菱UE 12,000PS 1基 17.7/20.25kt
起工 1958.3.26(昭33) 進水 1958.7(昭33) 竣工 1958.10.16(昭33) 島根丸 SHIMANE MARU 13次 船客 12
1978.2.27(昭53)日商岩井(株)(東京)に売却、解体のため同年2月28日韓国の馬山に到着
島根丸
島根丸 Shimane Maru
Sno.1527 佐賀丸 SAGA MARU 82908/JFRG 9,436G/T 11,537D/W
主機 D 三菱UE UEC75/150 12,000BHP 1基 18/20.8kt
起工 1957.12.30(昭32) 進水 1959.2.25(昭34) 竣工 1959.5.24(昭34) 佐賀丸 SAGA MARU 14次 船客 12
1979(昭54)高雄で解体
佐賀丸
佐賀丸 Saga Maru

1977.3.25 横浜港
Sno.1529 瀬田丸 SETA MARU 84708/JMGK 9,409G/T 11,565D/W
主機 D 三菱UE 12,000PS 1基 18/20.6kt
起工 1959.10.10(昭34) 進水 1960.1.28(昭35) 竣工 1960.5.2(昭35) 瀬田丸 SETA MARU 15次 船客 12
1971.12.17(昭46)Magnolia Line Inc.(Panama)に売却、CRYSTAL LAURELと改名
1977(昭52)Korea Shipping Corp.(South Korea)に売却、KOREAN RUNNERと改名
1978(昭53)Jin Yang Shipping Co. Ltd.(South Korea)に売却、ONE WEST No.7と改名
1983(昭58)Korea Shipping Corp., South Koreaに移籍
1985.7.14(昭60)解体のため売却、韓国の釜山に到着
1985.8.29(昭60)Seo Heung Salvage Corp., Busanで解体開始
瀬田丸
瀬田丸 Seta Maru
Sno.1560 西京丸 (2) SAIKYO MARU 87510/JFJR 9,557G/T 11,561D/W
主機 D 三菱UE 13,000PS 1基 18.3/20.7kt
起工 1960.12.22(昭35) 進水 1961.3.10(昭36) 竣工 1961.7.6(昭36) 西京丸 SAIKYO MARU 16次 船客 3
1979(昭54)高雄で解体
西京丸
西京丸 Saikyo Maru

1975.3.7 横浜港

SNo.1446 関東丸 KANTO MARU (1955)

関東丸
関東丸 Kanto Maru
73809/JHQS 重量物運搬船 8,410G/T 11,680D/W
起工 1954.11.18(昭29) 進水 1955.5.9(昭30) 竣工 1955.7.23(昭30)
Lpp 134.80 B 19.00 D 11.10 m 主機 D 三菱長崎 7MS72/125 5,250PS 1基 13.5/16.47kt
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.1446 澤山汽船株式会社(神戸)
関東丸 KANTO MARU 10次
1955.7.23(昭30)大阪商船(株)(大阪)と共有
1969.3.1(昭44)大阪商船三井船舶(株)(東京)に移籍
1974.11.30(昭49)澤山汽船(神戸)に共有分を売却
1974(昭49)Hong Kong Melody Corp.,Panamaに売却、PRINCESS BERYLと改名
1980(昭55)解体のため売却、台湾の高雄で解体

高忠丸型 6隻 KOCHU MARU Class (1955 - 1958)

高忠丸
高忠丸 Kochu Maru
大同海運が第10次から第13次計画造船で建造したニューヨーク定期航路用の高速貨物船。高忠丸は三菱が開発したディーゼル主機6UEC 75/150型(8,500馬力)の1号機を搭載した。6隻中、2隻は自己資金により建造。建造を担当した三菱長崎造船所では日本郵船Sクラスとともに戦後初の平甲板型貨物船でもあった。
貨物船 Lpp 140.00 B 19.40 D 12.20 m 主機 D 三菱UE 6UEC75/150 1基
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 大同海運株式会社(神戸)
Sno.1445 高忠丸 KOCHU MARU 73083/JHQK 9,197G/T 8,500BHP 19.53kt
起工 1954.11.17(昭29) 進水 1955.3.10(昭30) 竣工 1955.6.13(昭30) 高忠丸 KOCHU MARU 10次
1964.4.1(昭39)合併に伴いジャパンライン(株)(東京)に移籍
1972.9.7(昭47)Philippine President Line Inc.,Philippineに売却、PRESIDENT QUEZONと改名
1980(昭55)解体のためNan Eng. Steel Enterprise Co.,Taiwanに売却、同年、高雄で解体
Sno.1465 高宗丸 KOSOH MARU 74516/JNIH 9,205G/T 8,500HP 19.45kt
起工 1955.10.13(昭30) 進水 1956.3.27(昭31) 竣工 1956.6.7(昭31) 高宗丸 KOSOH MARU 11次
1964.4.1(昭39)合併に伴いジャパンライン(株)(東京)に移籍
1972.9.26(昭47)Philippine President Line Inc.,Philippineに売却、PRESIDENT OSMENAと改名
1979(昭54)高雄で解体
高宗丸
高宗丸 Kosoh Maru

ジャパンラインに移籍後の姿 - ニューヨーク港
Sno.1485 高征丸 KOSEI MARU 79212/JMLL 9,202G/T 8,500HP 19.65kt
起工 1957.2.4(昭32) 進水 1957.4.30(昭32) 竣工 1957.7.31(昭32) 高征丸 KOSEI MARU 12次
1964.4.1(昭39)合併に伴いジャパンライン(株)(東京)に移籍
1972.11.18(昭47)Philippine President Line Inc.,Philippineに売却、PRESIDENT MAGSAYSAYと改名
1983(昭58)LUCKY ELEVENと改名。同年、パキスタンのGadani Beachで解体
高征丸
高征丸 Kosei Maru

横浜港・本牧ふ頭
Sno.1497 高法丸 KOHOH MARU 79511/JGJY 9,208G/T 8,500HP 19.61kt
起工 1957.4.30(昭32) 進水 1957.7.13(昭32) 竣工 1957.10.22(昭32) 高法丸 KOHOH MARU
1964.4.1(昭39)合併に伴いジャパンライン(株)(東京)に移籍
1972.11.29(昭47)Navimex S. A.,Mexicoに売却、RIO BALSASと改名
1980(昭55)Philippine President Line Inc.,Philippineに売却、PRESIDENT LAURELと改名
1983(昭58)LUCKY TWELVEと改名。同年、パキスタンのGadani Beachで解体
高法丸
高法丸 Kohoh Maru

香港
Sno.1498 高武丸 KOBU MARU 80308/JGUR 9,202G/T 8,500HP 19.64kt
起工 1957.7.13(昭32) 進水 1957.9.28(昭32) 竣工 1958.1.7(昭33) 高武丸 KOBU MARU
1963.7.18(昭38)木材運搬船に改造
1964.4.1(昭39)合併に伴いジャパンライン(株)(東京)に移籍
1973.11.22(昭48)Navimex S. A.,Mexicoに売却、RIO BRAVOと改名
1980(昭55)Philippine President Line Inc.,Philippineに売却、PRESIDENT QUIRINOと改名
1983(昭58)LUCKY TENと改名。同年、パキスタンのGadani Beachで解体
高武丸
高武丸 Kobu Maru

横浜港・山下ふ頭
Sno.1499 高定丸 KOTEI MARU 81488/JJHN 9,096G/T 8,500HP 16/19.49kt
起工 1958.1.14(昭33) 進水 1958.4.19(昭33) 竣工 1958.7.10(昭33) 高定丸 KOTEI MARU 13次
1964.4.1(昭39)合併に伴いジャパンライン(株)(東京)に移籍
1974.8.20(昭49)Navimex S. A.,Mexicoに売却、RIO YAQUIと改名
1980(昭55)Philippine President Line Inc.,Philippineに売却、PRESIDENT ROXASと改名
1982(昭57)LUCKY NINEと改名。同年、パキスタンのGadani Beachで解体
高定丸
高定丸 Kotei Maru

リバプール港 - TOHO LINEとして欧州航路配船時

日興丸 NIKKO MARU (1956)
75262/JQZO 油槽船 20,773G/T 32,949D/W
起工 1955.12(昭30) 進水 1956.4(昭31) 竣工 1956.8.27(昭31)
Lpp 192.32 B 26.82 D 13.71 m 主機 T 三菱長崎 Escher Wyss 2段減速 15,000SHP 1基 16.3/17.3kt
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 東京タンカー株式会社(東京)
日興丸 NIKKO MARU

SNo.1507 麻里布丸 MARIFU MARU (1959)

麻里布丸
麻里布丸 Marifu Maru
83209/JHLG 油槽船 28,703G/T 46,876D/W 起工 1958.12(昭33) 進水 1959.5(昭34) 竣工 1959.9(昭34)
Lpp 213.00 B 30.50 D 15.20 m 主機 T 三菱長崎 Escher Wyss 2段減速 17,600PS 1基 16.3/16.9kt
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.1507 東京タンカー株式会社(東京)
麻里布丸 MARIFU MARU

SNo.1470 隆栄丸 (2) RYUEI MARU (1956)

隆栄丸
隆栄丸 Ryuei Maru
75275/JBTE 油槽船 20,328G/T 32,890D/W
起工 1955.10.7(昭30) 進水 1956.5.26(昭31) 竣工 1956.9.22(昭31)
Lpp 192.32 B 26.82 D 13.72 m 主機 D 三菱UE 6UEC75/150 12,000PS 1基 14.9/16.43kt
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.1470 日東商船株式会社(東京)
隆栄丸 RYUEI MARU 11次
1964.4.1(昭39)合併に伴いジャパンライン(株)(東京)に移籍
1972.7.18(昭47)Armadora Hidalga S.A.,Panamaに売却、ANGELMARと改名
1973(昭48)Mediterranean Ventures S.A.,Greeceに売却、CHIANと改名
1977(昭52)解体のため売却
1978(昭53)Busanで解体

えべれすと丸型 3隻 EVEREST MARU Class (1959 - 1961)

えべれすと丸
えべれすと丸 Everest Maru
大同海運が三菱長崎造船所で建造したわが国最大の47,000重量トン級の大型油槽船。船級はNKとABのダブルクラス。他社同型船には日東商船の大栄丸があった。
油槽船 Lpp 213.00 B 30.50 D 15.20 m 主機 T 三菱Escher Wyss 1基
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 大同海運株式会社(神戸)
Sno.1508 えべれすと丸 EVEREST MARU 83097/JHFG 29,216G/T 47,025D/W 17,600SHP 16.5/17.5kt
起工 1959.2.24(昭34) 進水 1959.7.23(昭34) 竣工 1959.10.31(昭34) えべれすと丸 EVEREST MARU
1964.4.1(昭39)合併に伴いジャパンライン(東京)に移籍
1972(昭47)Bayamon Tankers Corp.(Panama)に売却、JASPERと改名
1977(昭52)高雄で解体
Sno.1515 もんぶらん丸 MONT BLANC MARU 85280/JJZX 29,226G/T 47,122D/W 17,600SHP 16.5/17.5kt
起工 1959.11.2(昭34) 進水 1960.4.12(昭35) 竣工 1960.7.10(昭35) もんぶらん丸 MONT BLANC MARU
1964.4.1(昭39)合併に伴いジャパンライン(東京)に移籍
1972.5.2(昭47)Gemay Cia. Nav. S. A.,Panamaに売却、UNION FATEと改名
1975(昭50)Baptisia Shipping Co. Ltd.,Greeceに売却、HARASと改名
1978(昭53)解体のため売却、ARAと改名。解体
もんぶらん丸
もんぶらん丸 Mont Blanc Maru
Sno.1516 大栄丸 DAIEI MARU 85919/JGFL 29,120G/T 47,758D/W 17,600PS 16/17.5kt
起工 1960.4.22(昭35) 進水 1960.9.8(昭35) 竣工 1961.1.12(昭36) 大栄丸 DAIEI MARU
1964.4.1(昭39)合併に伴いジャパンライン(株)(東京)に移籍
1964.7.16(昭39)日新興業(のちの日新汽船)(東京)に譲渡
1979(昭54)Lloyd's Register 1979-1980年版より削除
大栄丸
大栄丸 Daiei Maru

ぶるっくりん丸型 3隻 BROOKLYN MARU Class (1960 - 1962)

ぶるっくりん丸
ぶるっくりん丸 Brooklyn Maru
貨物船 Lpp 148.00 B 20.50 D 12.50 m 主機 D 三菱UE 1基
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 大同海運株式会社(神戸)
Sno.1532 ぶるっくりん丸 BROOKLYN MARU 85281/JKAX 9,550G/T 13,000BHP 18.5/21.7kt
起工 1960.2.10(昭35) 進水 1960.4.15(昭35) 竣工 1960.7.16(昭35) ぶるっくりん丸 BROOKLYN MARU 15次
1964.4.1(昭39)ジャパンライン(株)(東京)に移籍
1975.1.8(昭50)Kara Maritime Carriers Inc.(Panama)に売却、KARA CAREERと改名
1983.12.1(昭58)解体のため上海に到着
Sno.1561 まんはったん丸 MANHATTAN MARU 87989/JLWX 9,556G/T 13,000BHP 18.5/21.6kt
起工 1961.2.11(昭36) 進水 1961.6.17(昭36) 竣工 1961.8.24(昭36) まんはったん丸 MANHATTAN MARU 16次
1964.4.1(昭39)合併に伴いジャパンライン(株)(東京)に移籍
1974.12.18(昭49)Navimex S. A.(Mexico)に売却、RIO TUXPANと改名
1980(昭55)Philippine President Line Inc.(Philippine)に売却、PRESIDENT GARCIAと改名
1984(昭59)LUCKY NINTEENと改名
1986(昭61)Lloyd's Resister 1986-87年版より削除
まんはったん丸
まんはったん丸 Manhattan Maru

ニューヨーク港のまんはったん丸 Manhattan Maru
ジャパンラインに移籍後の姿
Sno.1563 りっちもんど丸 RICHMOND MARU 89190/JRNT 9,547G/T 13,000BHP 18.5/21.7kt
起工 1961.11.25(昭36) 進水 1962.2.20(昭37) 竣工 1962.5.24(昭37) りっちもんど丸 RICHMOND MARU 17次
1964.4.1(昭39)ジャパンライン(株)(東京)に移籍
1975.1.14(昭50)Sulu Maritime Carriers Inc.(Panama)に売却、SULU CAREERと改名
1983.3.20(昭58)江田島で解体
りっちもんど丸
りっちもんど丸 Richmond Maru

神戸港・摩耶埠頭
画面上部は同社豊和丸

SNo.1562 成和丸 SEIWA MARU (1962)
89223/JCGI 油槽船 28,825G/T 52,332D/W
起工 1961.3.28(昭36) 進水 1961.10.24(昭36) 竣工 1962.2.10(昭37)
Lpp 213.00 B 30.50 D 15.20 m 主機 D 三菱UE 9UEC85/160 16,500PS 1基 15.7/16.8kt
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.1562 太平洋海運株式会社(東京)
成和丸 SEIWA MARU 16次

SNo.1517 下松丸 KUDAMATSU MARU (1962)

下松丸
下松丸 Kudamatsu Maru
89258/JCPH 油槽船 28,822G/T 47,765D/W 起工 1961.7(昭36) 進水 1961.12(昭36) 竣工 1962.3(昭37)
Lpp 213.00 B 30.50 D 15.20 m 主機 T 三菱長崎 Escher Wyss 2段減速 17,600PS 1基 16.6/17.7kt
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.1517 東京タンカー株式会社(東京)
下松丸 KUDAMATSU MARU
1983.5(昭58)係船。のち解体

SNo.1558 丹後丸 (2) TANGO MARU (1962)

丹後丸
丹後丸 Tango Maru
89946/JRPN 油槽船 28,604G/T 52,281D/W
起工 1961.11.11(昭36) 進水 1962.5.3(昭37) 竣工 1962.9.1(昭37)
Lpp 213.00 B 30.50 D 15.20 m 主機 D 三菱9UEC85/160 18,000PS 1基 16/17.4kt
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.1558 日本郵船株式会社(東京)
丹後丸 TANGO MARU
1962.9.1(昭37)岡田商船(株)(東京)と共有
1972(昭47)Birch Shipping Corp.,Liberiaに売却、ASTRO PRINCEと改名
1975(昭50)Amoco Transport Co.,Liberiaに売却、OCEAN CHALLENGERと改名
1977(昭52)AMOCO CHALLENGERと改名
1980(昭55)Pedoulas Maritime Co.,Greeceに売却、PEDOULASと改名
1983(昭58)高雄で解体

SNo.1582 太和丸 TAIWA MARU (1963)

太和丸
太和丸 Taiwa Maru
90610/JMQP 油槽船 42,537G/T 76,934D/W
起工 1962.3.27(昭37) 進水 1962.10.16(昭37) 竣工 1963.3.15(昭38)
Lpp 225.00 B 32.90 D 19.10 m 主機 T 三菱Escher Wyss 20,000PS 1基 15.9kt
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.1582 太平洋海運株式会社(東京)
太和丸 TAIWA MARU 17次

SNo.1587 邦雲丸 HOUN MARU (1964)

邦雲丸
邦雲丸 Houn Maru
90952/JGNU 鉱石専用船 33,805G/T 59,174D/W
起工 1963.6.17(昭38) 進水 1963.11.15(昭38) 竣工 1964.2.20(昭39)
Lpp 215.00 B 31.60 D 17.10 m 主機 D 三菱重工 8UEC85/160 18/16,000PS 1基 15.6/17.5kt
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.1587 邦明丸型 日邦汽船株式会社(東京)
邦雲丸 HOUN MARU 19次
1964.2.20(昭39)日本油槽船(株)(東京)と共有
1964.4.1(昭39)合併に伴ない昭和海運(株)(東京)と日邦汽船(東京)の共有
1974.4.1(昭49)昭和海運(東京)の持ち分を日邦汽船(東京)に譲渡
1975.2.28(昭50)Enterprise Shipping Co. Ltd.,Liberiaに売却、ENTERPRISE PIONEERと改名
1980(昭55)Daeyang Shipping Corp. Ltd.,Panamaに売却
1983.4.12(昭58)解体のため売却、仁川に到着

山城丸型 3隻 YAMASHIRO MARU Class (1963 - 1965)

山城丸
山城丸 Yamashiro Maru
貨物船 Lpp 150.00 B 23.00 D 12.80 m 主機 D 三菱UE 1基 日本郵船株式会社(東京)
Sno.1588 山城丸 (3) YAMASHIRO MARU 90896/JGDL 10,467G/T 12,693D/W 13,000PS 19.5/22.45kt
起工 1963.3.1(昭38) 進水 1963.8.20(昭38) 竣工 1963.11.9(昭38)
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 山城丸 YAMASHIRO MARU 18次 船客 4
1973.10.11(昭48)イスラエル軍のミサイル攻撃により、ラタキア(Lattakia)港で被弾、火災を起こして沈没
1975(昭50)Funny Shipping Co. Ltd.(Greece)に売却、KYRAと改名
1983(昭58)North Lorne Corp.,Panamaに売却、MICHELEと改名、同年11.28解体のためEckhardt & Co. Marine Gmbh, Indiaに売却、Alangに到着
Sno.1615 山口丸 (2) YAMAGUCHI MARU 98288/JHJI 10,458G/T 12,665D/W 13,000BHP 19.5/22.02kt
起工 1964.6.29(昭39) 進水 1965.5.2(昭40) 竣工 1965.7.20(昭40)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 山口丸 YAMAGUCHI MARU 19次 船客 4
1980.2.10(昭55)Burley Ivestments Inc.(Panama)に売却、BRAZILIAN EXPRESSと改名
1984.4.1(昭59)解体のため中国に到着
山口丸
山口丸 Yamaguchi Maru

T.Mizushima
Sno.1620 山形丸 (2) YAMAGATA MARU 98315/JIDT 10,451G/T 12,609D/W 13,000PS 19.5/20.03kt
起工 1965.5.18(昭40) 進水 1965.10.11(昭40) 竣工 1965.12.16(昭40)
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 山形丸 YAMAGATA MARU 21次 船客 4
1979.7.2(昭54)Ashaye Shipping Co.(Panama)に売却、AFRICAN EXPRESSと改名
1980(昭55)African Express Shipping Co.(Panama)に移籍
1984.1(昭59)解体のため China National Metals & Minerals Corp.(上海)に売却
山形丸
山形丸 Yamagata Maru

1977.10.28 清水港・日ノ出埠頭
ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.10