船歴 本邦建造船8 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

大阪鐵工所櫻島造船場

第三高砂丸 TAKASAGO MARU No.3 (1901)
臺22/KBDM 木造曳船 66G/T 進水 1901.4(明34)
Lpp 22.25(73'-0") B 4.42(14'-6") D 2.59(8'-6") m 主機 R 2連成 重連成 22HP 2基
大阪鐵工所櫻島造船場(大阪)建造 基隆築港局(基隆)
第三高砂丸 TAKASAGO MARU No.3
1901(明34)基隆築港局(基隆)に売却、高砂三號 Takasago No.3 と改名
1903(明36)臨時臺湾総督府工事部(打狗)に移籍

大義丸 DAIGI MARU (1901)

大義丸
大義丸 Daigi Maru
7022/JCVP 貨客船 1,568G/T 1,945D/W 進水 1900.12(明33) 竣工 1901.5(明34)
Lpp 74.67 B 10.02 D 6.00 m 主機 R 175NHP/IHP 1基 11.5/13.3kt
大阪鐵工所櫻島造船場(大阪)建造 大阪商船株式会社(大阪)
大義丸 DAIGI MARU
1932.6.8(昭7)解体のため佐藤勇太郎(不詳)に売却、解体

大吉丸 TA CHI MARU (1901)

大吉丸
大吉丸 Ta Chi Maru
8359/JDBT→JAIE 旅客船 2,076G/T 進水 1901.9.12(明34) 竣工 1901.11(明34)
Lpp 81.99(269'-0") B 12.19(40'-0") D 7.70(25'-3") m 主機 R 3連成 125NHP/1,480IHP 2基 12.5kt
大阪鐵工所櫻島造船場(大阪)建造 大阪商船株式会社(大阪)
大吉丸 TA CHI MARU 船客 1等)12 特2等)8 2等)24 3等)160
1907.3(明40)日清汽船(株)(東京)の設立に伴い移籍
1937.8(昭12)上海で中国軍の爆撃を受けて損傷
1939.8.5(昭14)東亞海運(株)(東京)の設立に伴い移籍
1944.5.24(昭19)揚子江安慶の上流で衝突、沈没

御代島丸 MIYOSHIMA MARU (1902)

御代島丸
御代島丸 Miyoshima Maru
7435/JNMH→JAXF 貨客船 297G/T 進水 1902.3(明35) 竣工 1902(明35)
Lpp 43.05(141'-3") B 5.59(18'-4") D 4.42(14'-6") m 主機 R 3連成 450IHP 1基 10/11kt
大阪鐵工所櫻島造船場(大阪)建造 住友吉左衛門(新居浜)
御代島丸 MIYOSHIMA MARU 船客 1等)16 2等)18 3等)73
1904(明37)日露戦争に特設砲艦として従事
1921.2(大10)住友(合)(新居浜)に名義変更
1927.7.1(昭2)住友別子鉱山(新居浜)に移籍
1937.6.21(昭12)住友鑛業(株)(新居浜)に移籍
1942.5.4(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴い移籍
1951.3.20(昭26)大洋海事(大阪)に売却、解体

湘江丸 SIANG KIANG MARU (1903)

湘江丸
湘江丸 Siang Kiang Maru
8894/JRKQ 旅客船 935G/T 進水 1903.7(明36) 竣工 1903(明36)
Lpp 61.72(202'-6") B 11.38(37'-4") D 3.23(10'-7") m 主機 R 3連成 815IHP 2基 10.22kt
大阪鐵工所櫻島造船場(大阪)建造 湘江丸型 湖南汽船株式会社(東京)
湘江丸 SIANG KIANG MARU 船客 特1等)8 1等)12 2等)24 3等)150
1907.3(明40)日清汽船(株)(東京)の設立に伴い移籍
1933.10(昭8)Ta Yuen S. S. Co. Ltd,Shanghai(大遠輪船公司)に売却、TACHONGと改名
1935(昭10)Ning Shing S. S. Co. Ltd.,Shanghaiに売却、YUNG KIAと改名
1949(昭24)China Ocean Shipping Co.(中国遠洋運輸公司),Shanghaiに引き継がれて貨物船として登録された
1990Lloyd's Register 1990-1991年版に掲載

旭丸 ASAHI MARU (1903)
8271/JMKG 旅客船 24G/T 進水 1903.1.6(明36)
Lpp 21.67(71.10') B 3.72(12.20') D 0.73(2.40') m 主機 R 2連成(冷) 2基
大阪鐵工所櫻島造船場(大阪)建造 山陽鐵道株式会社(下関)
旭丸 ASAHI MARU
1907(明40)逓信省鐵道局(下關)に移籍

F江丸 YUEN KIANG MARU (1903)

F江丸
F江丸 Yuen Kiang Maru
船名は、江丸と表記。
8893/JRKP 貨客船 935G/T 進水 1903.8.17(明36)
Lpp 61.72(202'-6") B 11.38(37'-4") D 3.23(10'-7") m 主機 R 3連成 77NHP/815IHP 2基 9.9kt
大阪鐵工所櫻島造船場(大阪)建造 湘江丸型 湖南汽船株式会社(大阪)
F江丸 YUEN KIANG MARU 船客 特1等)8 1等)12 2等)24 3等)150
1907.3(明40)日清汽船(株)(東京)の設立に伴い移籍
1939.8.5(昭14)東亞海運(株)(東京)の設立に伴い移籍
1940(昭15)船籍抹消

蛟龍丸 KORYU MARU (1903)

蛟龍丸
蛟龍丸 Koryu Maru
8718/JRDW 汽船 745G/T 1,007D/W 進水 1903.9.19(明36) 竣工 1903.11(明36)
Lpp 54.86(180'-0") B 8.23(27'-0") D 5.79(19'-0") m 主機 R 11kt
大阪鐵工所櫻島造船場(大阪)建造 藤野四郎兵衛
蛟龍丸 KORYU MARU
1916.6.1(大5)青函航路に傭船(大正8年4月10日まで)

安東丸型 2隻 ANTO MARU Class (1904)

安東丸
安東丸 Anto Maru
川崎造船所で建造された群山丸型とともに大阪商船が国内航路および朝鮮沿岸航路用に建造した800総トン級の小型の貨客船。本型就航後、櫻島工場ではほぼ同じ大きさの貨客船を十数隻建造した。
貨客船 Lpp 55.78(183'-0") B 8.31(27'-3") D 5.54(18'-2") m 主機 R 3連成 範多龍太郎 1基
大阪鐵工所櫻島造船場(大阪)建造 大阪商船株式会社(大阪)
安東丸 ANTO MARU 9128/JSCP→JJZE 803G/T 620D/W 77NHP/757IHP 9.6/12.1kt
進水 1904(明37) 竣工 1904.7.26(明37) 安東丸 ANTO MARU
1929.10.2(昭4)宇和島運輸(株)(宇和島)に売却
1933(昭8)第二十二宇和島丸 UWAJIMA MARU No.22 と改名
1952.4.8(昭27)川崎汽船の日本/韓国航路に就航
1953(昭28)除籍
義州丸 GISHU MARU 9121/JSCF→JJYE 804G/T 1,029D/W 686IHP 10.5/12.1kt
進水 1904.6.26(明37) 竣工 1904(明37) 義州丸 GISHU MARU
1929.10.4(昭4)宇和島運輸(株)(宇和島)に売却
1933.1.10(昭8)第二十一宇和島丸 UWAJIMA MARU No.21 と改名
1942.5.4(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴い移籍
1948.4.26(昭23)宇和島運輸(株)(宇和島)に返還
1950.11(昭25)低性能船舶買入法により政府に売却、解体
義州丸
義州丸 Gishu Maru

第一四阪丸 SHISAKA MARU No.1 (1904)

第一四阪丸
第一四阪丸 Shisaka Maru No.1
7455/JNPS→JAZF 曳船兼旅客船 133G/T 進水 1904.4(明37) 竣工 1904.5(明37)
Lpp 27.43(90'-0") B 5.79(19'-0") D 3.05(10'-0") m 主機 R 270IHP 2基 9/10kt
大阪鐵工所櫻島造船場(大阪)建造 住友吉左衛門(新居浜)
第一四阪丸 SHISAKA MARU No.1 船客 1等)7 2等)17 3等)91 住友の記録では関西汽船設立時に現物出資とある
1904(明37)新居浜/四阪島に就航
1921.2(大10)住友(合)(新居浜)に名義変更
1927.7.1(昭2)住友別子鉱山(新居浜)に名義変更
1937.6.21(昭12)住友鉱業(新居浜)に社名変更
1942.3(昭17)合併に伴い中央汽船(大阪)に移籍
1949.10.20(昭24)関西汽船(株)(大阪)に売却、深日/福良に就航
1951.3.20(昭26)大洋海事(大阪)に売却、解体

橋立丸 HASHIDATE MARU (1904)
9210/JSLC 木造汽船 58G/T 進水 1904.10(明37) 竣工 1904.11(明37)
Lpp 22.86(75'-0") B 4.19(13'-9") D 2.13(7'-0") m 主機 R 151IHP 2基 11kt
大阪鐵工所櫻島造船場(大阪)建造 阪鶴鐵道株式会社(舞鶴)
橋立丸 HASHIDATE MARU 船客 2等)16 3等)36 舞鶴/宮津航路
1907.8.1(明40)鉄道国有化に伴い大蔵省(東京)に移籍
1908.12.5(明41)大蔵省(鐵道院)(東京)に移籍
1911.1.13(明44)高松に回着
1911.2.1(明44)宇野/高松航路に就航
1920.5.15(大9)鐵道省(東京)に移籍

千賀丸 CHIGA MARU (1905)

千賀丸
千賀丸 Chiga Maru
9353/JSQH 貨客船 757G/T 進水 1905.1(明38) 竣工 1905.4(明38)
Lpp 57.00(187'-0") B 7.98(26'-2") D 5.56(18'-3") m 主機 R 3連成 63NHP/190IHP 1基 11.5kt
大阪鐵工所櫻島造船場(大阪)建造 林竹三郎(大阪)
千賀丸 CHIGA MARU

大智丸 DAICHI MARU (1905)

大智丸
大智丸 Daichi Maru
9677/JTVG→JKGE 貨客船 1,258G/T 1,432D/W 進水 1905.7(明38) 竣工 1905.10(明38)
Lpp 69.49(228'-00") B 10.36(34'-00") D 5.94(19'-06") m 主機 R 3連成 90NHP/1,194IHP 1基 8.5/10.9kt
大阪鐵工所櫻島造船場(大阪)建造 大智丸型 大阪商船株式会社(大阪)
大智丸 DAICHI MARU 船客 1等) 2等)25
1906(明39)近海航路・大阪天津線に就航
1915.4.28(大4)村金商船所有の汽船富貴丸(2,024t)と衝突、富貴丸は沈没
1942.3(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴い移籍
1944.11.20(昭19)中国沿岸(青島方面)(31.57N,122.18E)で空爆により沈没



改造後、船橋前部と後部甲板に客室が増設されている

新不老丸 SHIN FURO MARU (1905)
9737/JVFP 貨客船 766G/T 進水 1905.10(明38)
Lpp (180'-0") B (27'-0") D (18'-3") m
大阪鐵工所櫻島造船場(大阪)建造 大洋商船株式会社
新不老丸 SHIN FURO MARU

厳島丸 ITSUKUSHIMA MARU (1905)
9050/JMNR 木造汽船 70G/T 進水 1905.10(明38) 竣工 1905.11.8(明38)
Lpp 22.86(75'-0") B 5.00(16'-5") D 2.06(6'-9") m 主機 R 2連成(冷) 21NHP/IHP 2基
大阪鐵工所櫻島造船場(大阪)建造 山陽鐵道株式会社(下関)
厳島丸 ITSUKUSHIMA MARU
1906.12.1(明39)逓信省鐵道局(東京)に移籍
1908.12.5(明41)大蔵省(鐵道院)(東京)に移籍
1920.5.15(大9)鐵道省(東京)に移籍

厦門丸型 3隻 AMOY MARU Class (1906)

厦門丸
厦門丸 Amoy Maru

今治市築港岸壁

H.Nakamura
安東丸型に引き続いて建造された国内航路および近海航路用の小型の貨客船。
旅客船 Lpp 54.86(180'-0") B 8.53(28'-0") D 5.69(18'-8") m 主機 R 3連成 1基
大阪鐵工所櫻島造船場(大阪)建造 大阪商船株式会社(大阪)
厦門丸 AMOY MARU 10291/LBKT→JTEH 784G/T 78NHP/793IHP 10.6/12.1kt
進水 1906(明39) 厦門丸 AMOY MARU 船客 1等)2 2等)21 3等)174
1942.5.4(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴い移籍。同月20日、大阪商船(大阪)に返還
1945.5.25(昭20)対馬西岸で空爆により沈没
滋賀丸 SHIGA MARU 10302/LBMN→JLTE 783G/T 78NHP/793IHP 10.6/12.1kt
進水 1906.9(明39) 竣工 1906.10.18(明39) 滋賀丸 SHIGA MARU
1935.3.4(昭10)攝陽商船(株)(大阪)に売却
1942.5.4(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴い移籍
1944.5.30(昭19)室戸岬の沖5哩(33.15N,134.11E)で米潜POMPON(SS-267)の雷撃により沈没
滋賀丸
滋賀丸 Shiga Maru
琉球丸 RYUKYU MARU 10305/LBMR→JLUE 783G/T 78NHP/793IHP 10.6/12.1kt
進水 1906.10.16(明39) 竣工 1906.11.28(明39) 琉球丸 RYUKYU MARU 船客 1等)2 2等)23 3等)174
1942.5.4(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴い移籍。同月20日、大阪商船(大阪)に返還
1945.3.1(昭20)奄美大島古仁屋付近(28.08N,129.19E)で空爆により沈没

阪鶴丸 HANKAKU MARU (1906)

阪鶴丸
阪鶴丸 Hankaku Maru
10154/JWVF 貨客船 760G/T 進水 1906.5(明39) 竣工 1906.7(明39)
Lpp 57.00(187'-0") B 7.92(26'-0") D 5.51(18'-1") m 主機 R 3連成 566IHP 1基 11.7kt
大阪鐵工所櫻島造船場(大阪)建造 阪鶴鐵道株式会社(舞鶴)
阪鶴丸 HANKAKU MARU
1907.8.1(明40)逓信省鐵道局(舞鶴)に移籍
1912.3.18(明45)宇野に回着
1912.3.21(明45)宇野/高松航路に就航(4月末まで)
1912.7(明45)阿波國共同汽船(株)(徳島)に売却
1916.12.24(大5)午後6時大連から芝罘に向かい出航後、大風雪のため難破

高松丸型 2隻 TAKAMATSU MARU Class (1906)
貨客船 Lpp 71.63(235'-0") B 9.58(31'-5") D 6.55(21'-6") m 主機 R 3連成 1基
大阪鐵工所櫻島造船場(大阪)建造 日本郵船株式会社(東京)
Sno.476 高松丸 (1) TAKAMATSU MARU 9993/JWFN 1,335G/T 107/1,184HP 8.5/12.4kt
進水 1906.1(明39) 竣工 1906.4.6(明39) 高松丸 TAKAMATSU MARU 船客 1等12 2等26 3等132
1923.3.31(大12)近海郵船(株)(東京)へ出資
1927.12.24(昭2)北海道奥尻島山の岬海岸で座礁、船体放棄
Sno.481 大隅丸 (1) OOSUMI MARU 10210/LBDQ 1,335G/T 107/1,184HP 8.5/12.4kt
進水 1906(明39) 竣工 1906.4.10(明39) 大隅丸 OOSUMI MARU 船客 1等8 2等26 3等190 SCAJAP No.P012
1923.3.31(大12)近海郵船(株)(東京)へ出資
1939.9.8(昭14)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1950.11.28(昭25)低性能船舶買入法に基づき運輸省に売却、解体
大隅丸
大隅丸 Oosumi Maru

太平洋戦争後の姿。船体にScajap Noが見える

宮崎丸型 4隻 MIYAZAKI MARU Class (1907)

宮崎丸
宮崎丸 Miyazaki Maru

Digital Library from the Meiji Era
厦門丸型と同じく国内航路用に建造された小型の貨客船。本型からは低船首楼甲板を設けている。
貨客船 Lpp 54.86(180'-0") B 8.23(27'-0") D 5.79(19'-0") m 主機 R 3連成 1基
大阪鐵工所櫻島造船場(大阪)建造 大阪商船株式会社(大阪)
宮崎丸 MIYAZAKI MARU 10330/LBPH 762G/T 64NHP/571IHP 10.3/11.5kt
進水 1907.1(明40) 竣工 1907.3.26(明40) 宮崎丸 MIYAZAKI MARU
1927.5.2(昭2)台湾の花蓮港付近で座礁、沈没
大分丸 OITA MARU 10335/LBPQ→JKSE 762G/T 64NHP/571IHP 10.3/11.5kt
進水 1907.2.27(明40) 竣工 1907.5.31(明40) 大分丸 OITA MARU
1942.3(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴い移籍
1944.10.10富貴角沖7哩(25.40N,121.30E)で米潜TANG(SS-306)の雷撃により沈没
別府丸 BEPPU MARU 10343/LBQD→JLVE 762G/T 64NHP/571IHP 10.3/11.5kt
進水 1907.3.30(明40) 竣工 1907.5.1(明40) 別府丸 BEPPU MARU
1936.6.11(昭11)宇和島運輸(株)(宇和島)に売却、第二十五宇和島丸 UWAJIMA MARU No.25 と改名
1942.5.4(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴い移籍
1945.5.22(昭20)備讃瀬戸の六島東岸で触雷、沈没
別府丸
別府丸 Beppu Maru

S.Kizu
松江丸 MATSUE MARU 10352/LBQP→JLWE 762G/T 64NHP/571IHP 10.3/11.5kt
進水 1907.5(明40) 松江丸 MATSUE MARU
1935.11.22(昭10)土佐商船(株)(高知)に売却
1937(昭12)船名録から削除
松江丸
松江丸 Matsue Maru

安来港

H.Nakamura

長春丸型 2隻 CHOSHUN MARU Class (1908)

長春丸
長春丸 Choshun Maru
貨客船 Lpp 77.72(255'-00") B 10.97(36'-00") D 6.93(22'-09") m 主機 R 3連成 1基
大阪鐵工所櫻島造船場(大阪)建造 大阪商船株式会社(大阪)
長春丸 CHOSHUN MARU 11096/LBST 1,811G/T 110NHP/1,346IHP 10.5/12.3kt
進水 1907.2(明40) 竣工 1908.3.12(明41) 長春丸 CHOSHUN MARU 船客 1等)10 2等)16 3等)349
1930.11.1(昭5)台湾で座礁、沈没
撫順丸 BUJUN MARU 11108/LFMN 1,811G/T 117NHP/1,209IHP 9.7/12.4kt
進水 1908.2(明41) 竣工 1908.5.12(明41) 撫順丸 BUJUN MARU
1929.11.30(昭4)台湾の台北州三貂角で座礁、沈没
撫順丸
撫順丸 Bujun Maru

六甲丸 ROKKO MARU (1907)

六甲丸
六甲丸 Rokko Maru
10376/LBSF 捕鯨船 123G/T 進水 1907.10(明40)
Lpp 29.11(95.5') B 5.55(18.2') D 3.51(11.5') m 45/405HP 1基 10/11kt
大阪鐵工所櫻島造船場(大阪)建造 東洋捕鯨株式会社(大阪)
六甲丸 ROKKO MARU
1930(昭5)東洋捕鯨(株)(西宮)の所有

第五勢至丸 SEISHI MARU No.5 (1908)

第五勢至丸
咸鏡丸 Kankyo Maru
11116→朝180/LFMW→PBNR 貨客船 796G/T 進水 1908.4(明41) 竣工 1908.6(明41)
Lpp 57.40(188'-4") B 8.03(26'-4") D 5.79(19'-0") m 主機 R 3連成 547IHP 1基 11.3kt
大阪鐵工所櫻島造船場(大阪)建造 大島汽船株式会社(大阪)
第五勢至丸 SEISHI MARU No.5
1912.3.11(明45)朝鮮郵船(株)(仁川)に売却、咸鏡丸 KANKYO MARU と改名
1932.3(昭7)大島汽船(株)(鹿児島)に売却、奄美丸 AMAMI MARU と改名
1933(昭8)小谷杢之助(鹿児島)に移籍(年月不明)
1942(昭17)船名録より削除

第二阪鶴丸 HANKAKU MARU No.2 (1908)
11081/LFKS 貨客船 993G/T 進水 1908.4(明41) 竣工 1908.6(明41)
Lpp 57.15(187'-6") B 8.53(28'-0") D 5.97(19'-7") m 主機 R 3連成 502NHP/IHP 1基 11.2kt
大阪鐵工所櫻島造船場(大阪)建造 阪鶴鐵道株式会社(舞鶴)
第二阪鶴丸 HANKAKU MARU No.2
1907.8.1(明40)大蔵省(東京)に移籍
1912.2.25(明45)宇野に回着
1912.2.27(明45)宇野/高松航路に就航(3月20日まで)
1912.6.5(明45)函航路に傭船(大正3年7月25日まで)

第一丸 DAIICHI MARU (1908)

第一丸
第一丸 Daiichi Maru
11616/LHFJ トロール漁船 199G/T 進水 1908.10(明41) 竣工 1908.11(明41)
Lpp 31.39(103'-0") B 6.55(21'-6") D 3.61(11'-10") m 主機 R 409IHP 10.7kt
大阪鐵工所櫻島造船場(大阪)建造 田村市郎(下関)
第一丸 DAIICHI MARU
1908.10(明41)田村汽船漁業部(下関)の所有

雲鷹丸 UNYO MARU (1909)

雲鷹丸
雲鷹丸 Unyo Maru
11608/JHDP 漁業練習船 444G/T 進水 1909.2.21(明42)
Lpp 41.15(135'-0") B 8.69(28'-6") D 4.88(16'-0") m 主機 R 3連成 303IHP 1基 8.5/8.9kt
大阪鐵工所櫻島造船場(大阪)建造 農商務省水産講習所(東京)
雲鷹丸 UNYO MARU 帆船(バーク)

扶桑丸 FUSO MARU (1909)

扶桑丸
扶桑丸 Fuso Maru
日立造船の資料の発注者は都汽船とある
12181/LHDS 貨物船 993G/T 1,450D/W 進水 1909.3(明42)
Lpp 64.01(210'-0") B 9.14(30'-0") D 6.10(20'-0") m 主機 R 3連成 64NHP/525IHP 1基 8/9kt
大阪鐵工所櫻島造船場(大阪)建造 東京灣汽船株式会社(東京)
扶桑丸 FUSO MARU
1927(昭2)河内 守吉(東京)に売却
1928(昭3)都汽船(株)(東京)に売却
1943(昭18)三和汽船(株)(東京)に売却、以後不詳

大輪田丸 OWADA MARU (1909)

大輪田丸
大輪田丸 Owada Maru
12416/LHGW 浚渫船(グラブ) 395G/T 進水 1909.5(明42) 竣工 1909.7(明42)
Lpp 42.67(140'-0") B 7.92(26'-0") D 4.47(14'-8") m 主機 R 2連成(冷) 48NHP/367IHP 1基 10.02kt
大阪鐵工所櫻島造船場(大阪)建造 大蔵省(東京)
大輪田丸 OWADA MARU

龍平丸 RYUHEI MARU (1910)

龍平丸
龍平丸 Ryuhei Maru
13092→関94/LMHW→QBKG→JLOG→JRJC 貨客船 757G/T 795D/W 進水 1910.3(明43) 竣工 1910.8(明43)
Lpp 54.80 B 8.23 D 5.70 m 主機 R 3連成 大阪鐵工所 64NHP/IHP 9.5/10kt
大阪鐵工所櫻島造船場(大阪)建造 田中 末雄(大阪)
龍平丸 RYUHEI MARU 1等)8名 2等)135名 SCAJAP No.R006
1911.6(明44)北清輪船公司(大連)に売却
1913.1(大2)大連汽船(名)(大連)に移籍
1915.2.1(大4)大連汽船(株)(大連)に移籍
1945.8(昭20)連合軍に接収
1949.9.1(昭24)東邦海運(株)(東京)に移籍、同年10月に日立造船(大阪・桜島)で貨物船に改造
1952.2.25(昭27)解体のため春日海事工業に売却、解体

双島丸 SOTO MARU (1910)

双島丸
双島丸 Soto Maru
20643/NKCQ 浚渫船(バケット) 588G/T 進水 1910.8(明43)
Lpp 54.80(179.8') B 10.70(35.1') D 3.86(12.65') m 主機 R 2連成 798/1,333BHP 2基 7/8kt
大阪鐵工所櫻島造船場(大阪)建造 博多灣築港株式会社(福岡)
双島丸 SOTO MARU

第一博多丸 HAKATA MARU No.1 (1910)

第一博多丸
第一博多丸 Hakata Maru No.1
13407→36240/LNCP→VGST→JBBE トロール漁船 198G/T 進水 1910.11(明43)
Lpp 32.61(107'-0") B 6.71(22'-0") D 3.66(12'-0") m 主機 R 180NHP/437IHP 8.5/11kt
大阪鐵工所櫻島造船場(大阪)建造 博多汽船漁業
第一博多丸 HAKATA MARU No.1 明治44年の船名録では西頭宗太郎、外1名(福岡)の所有となっているが建造者との関連は不詳
1913(大2)博多汽船漁業(大阪→西宮)に売却
1915(大4)博多遠洋漁業(西宮)に売却
1916(大5)松尾鐵工所(長崎)で貨物船に改造。456総トン
1917(大6)合名会社(名)鈴木商店(垂水)に売却
1918(大7)小田桐忠治(堺→京都・久美浜)に売却
1921(大10)樺太汽船(株)(京都・久美浜→西宮)に売却
1922(大11)第六平榮丸 HEIYEI MARU No.6 と改名
1923(大12)南洋貿易(株)(西宮)に売却
1931(昭6)登録抹消
1933(昭8)日本商事(東京)の所有で船名録に再登録
1936(昭11)(株)東海社(東京)に売却
1939(昭14)寶邊商店(東京)に売却
1943(昭18)三光汽船(東京)に売却、同年12月16日ニューギニア沿海(1.48N,144.00E)で空爆により沈没

濟通丸 SAITSU MARU (1911)
關1/QBCD 貨客船 1,038G/T 進水 1911.9.1(明44) 竣工 1911.11(明44)
Lpp 67.06(220'-0") B 10.21(33'-6") D 5.18(17'-0") m 主機 R 3連成 72NHP/807IHP 1基 9.5/10.5kt
大阪鐵工所櫻島造船場(大阪)建造 南滿洲鐵道株式会社(大連)
濟通丸 SAITSU MARU 船客 1等)12 2等)136
1916.4(大5)大連汽船(株)(大連)に売却
1945.7.8(昭20)旅順東方の小平島沖(38.48N,121.25E)で米潜TIRANTE(SS-420)の雷撃により沈没

紀淡丸 KITAN MARU (1913)
15866/MGTW→MDTW→JGUF 貨客船 304G/T 進水 1913.7(大2) 竣工 1913.8.30(大2)
Lpp () B () D 4.18(13.7') m 主機 R 2連成(冷) 38NHP/350IHP 9.5/10.5kt
大阪鐵工所櫻島造船場(大阪)建造 大阪商船株式会社(大阪)
紀淡丸 KITAN MARU
1924.10.18(大13)攝陽商船(株)(洲本)に売却
1933(昭8)宇和島運輸(株)(宇和島)に売却、第二十宇和島丸 UWAJIMA MARU No.20 と改名
1936(昭11)昭和11年版船名録より削除

一進丸 ISSHIN MARU (1914)
関107/QBLD→JLRG 貨物船 1,440G/T 起工 1913(大2) 進水 1914.3.1(大3) 竣工 1914.3(大3)
Lpp 74.77(245.3') B 11.58(38.0') D 5.55(18.2') m 主機 R 3連成 36NHP/890IHP 1基 7.5/8.5kt
大阪鐵工所櫻島造船場(大阪)建造 南滿洲鐵道株式会社(大阪)
一進丸 ISSHIN MARU SCAJAP No.I025
1916.4(大5)大連汽船(株)(大連)に売却
1945.8.10(昭20)境港から釜山に向け航行中、朝鮮の城津南方1浬(34.17N,129.47E)で空爆により沈没

寶山丸 HOZAN MARU (1914)

寶山丸
寶山丸 Hozan Maru
16928/MLDB 貨物船 1,170G/T 1,610D/W 進水 1914.2(大3) 竣工 1914.3(大3)
Lpp 67.06(220'-0") B 10.21(33'-6") D 5.64(18'-6") m 主機 R 3連成 833NHP/IHP 1基 11kt
大阪鐵工所櫻島造船場(大阪)建造 寶山丸型 山本 佐次郎(西宮)
寶山丸 HOZAN MARU

原田 十次郎

第八平安丸 HEIAN MARU No.8 (1907)

第八平安丸
第八平安丸 Heian Maru No.8
10334/LBPN 汽船 549G/T 進水 1907.3(明40)
Lpp 50.14(164'-6") B 7.47(24'-6") D 5.49(18'-0") m 主機 R 3連成 1基
原田 十次郎(大阪)建造 笠原 六三郎(小倉)
第八平安丸 HEIAN MARU No.8
1912(明45)笠原 録三郎(大阪)の所有
1928(昭3)和田権治郎(函館)の所有
ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.10