船歴 本邦建造船10 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

株式会社大阪鐵工所櫻島造船所

SNo.1388 日瑞丸 (1) NICHIZUI MARU (1942)
49558/JGWR 貨物船 6,584G/T 10,670D/W 進水 1942.7(昭17) 竣工 1942.9.30(昭17)
Lpp 128.00 B 17.50 D 10.50 m 主機 T 3,940SHP 1基 16kt
株式会社大阪鐵工所櫻島造船所(大阪)建造 Sno.1388 朝風丸型 日産汽船株式会社(東京)
日瑞丸 NICHIZUI MARU
1944.10.19(昭19)台湾沿岸(21.16N,113.54E)で空爆により沈没

日立造船株式会社桜島工場

南榮丸 NANEI MARU (1942)
49746/JRPR 油槽船 5,091G/T 7,379D/W 竣工 1942.11.23(昭17)
Lpp 120.00 B 16.30 D 9.00 m 主機 T 3,904SHP 1基 16.4kt
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 日東鑛業汽船株式会社(東京)
南榮丸 NANEI MARU

一洋丸 ICHIYO MARU (1943)
貨物船 5,200G/T 7,379D/W 進水 1943.3(昭18) 竣工 1943(昭18)
Lpp 120.00 B 16.30 D 9.00 m 主機 T 310SHP 1基 16.1kt
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 淺野物産株式会社(東京)
一洋丸 ICHIYO MARU

荒埼 ARASAKI (1943)

荒埼
高知丸 Kochi Maru (1943)
62850/JBJT 給糧艦 755T 起工 1942.11.10(昭17) 進水 1943.2.27(昭18) 竣工 1943.5.29(昭18)
L 58.00 B 9.40 m 主機 D 755BHP 13.5kt
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 海軍省(東京)
荒埼 ARASAKI
1945.10.1(昭20)海軍籍より除籍、同年12.1特別輸送艦に指定され復員輸送に従事
1947.10.1(昭22)指定解除、佐世保で係船。同年、賠償船として米国に引渡し、後に日本に返還
1948.4(昭23)第一水産講習所(後の東京水産大学)(東京)に払下げ、石川島重工(東京)で練習船に改造、海鷹丸 UMITAKA MARU と改名
1949.5(昭24)練習船として就役
1955.8(昭30)大蔵省財務局に返還
1956(昭31)幸和商会に売却
1956.8.11(昭31)関西汽船(株)(大阪)に売却、佐野安船渠(大阪)で貨客船に改造。高知丸と改名 船客数319名 755G/T 阪神/高知航路に就航

榮邦丸型 5隻 EIHO MARU Class (1943 - 1944)
油槽船 Lpp 120.00 B 16.30 D 9.00 m 主機 T 1基 1TM型
榮邦丸 EIHO MARU 49832/JPXS 5,068G/T 8,391D/W 3,100HP 14.6kt
起工 1943(昭18) 進水 1943.6(昭18) 竣工 1943.7.31(昭18) 日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 飯野海運産業株式会社
榮邦丸 EIHO MARU
小倉山丸 (1) OGURASAN MARU 50065/JWFS 5,068G/T 8,391D/W 3,100HP 12.5kt
起工 1943(昭18) 進水 1943.8(昭18) 竣工 1943.9(昭18) 日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 三井船舶株式会社(東京)
小倉山丸 OGURASAN MARU
1943.11.26(昭18)南シナ海パンラ岬沖(13.25N,109.30E)で米潜BOWFIN(SS-287)の雷撃により沈没
一宇丸 ICHIU MARU 50713/JLIT 5,068G/T 8,326D/W 3,480HP 15.3kt
起工 1943(昭18) 進水 1943.10(昭18) 竣工 1943.11.15(昭18)
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 共同企業株式会社(東京)
一宇丸 ICHIU MARU
1943.12.29(昭18)ジャワ海(2.45S,109.10E)で米潜BLUEFISH(SS-222)の雷撃により沈没
天心丸 TENSHIN MARU 50968/JLUT 5,968G/T 8,326D/W 3,525SHP 15.2kt
起工 1943(昭18) 進水 1943.11(昭18) 竣工 1943.12.30(昭18)
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 共同企業株式会社(東京)
天心丸 TENSHIN MARU
1944.6.13(昭19)合併に伴い日本油槽船(株)(東京)に移籍
1944.7.31(昭19)ボルネオ北西海(8.50N,116.0E)で雷撃により沈没
天心丸
天心丸 Tenshin Maru
第二永洋丸 EIYO MARU No.2 50969/JLVT 5,068G/T 8,325D/W 3,340HP 15.4kt
起工 1943(昭18) 進水 1943.12(昭18) 竣工 1944.2.29(昭19)
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 関東タンカー(東京)
第二永洋丸 EIYO MARU No.2
1944.6.13(昭19)合併に伴い日本油槽船(株)(東京)に移籍
1944.9.12(昭19)セブ港内(10.30N,123.30E)で空爆により沈没

せらむ丸型 23隻 SERAMU MARU Class (1944 - 1948)
油槽船 Lpp 93.00 B 13.80 D 7.60 m 主機 T 甲12型 1基 2TM型
せらむ丸 SERAMU MARU 51537/JUTT 2,858G/T 4,679D/W 1,200HP 11.5kt
起工 1943(昭18) 進水 1944.1(昭19) 竣工 1944.2.29(昭19) 日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 三菱汽船株式会社(東京)
せらむ丸 SERAMU MARU
梅榮丸 BAIEI MARU 2,858G/T
起工 1943(昭18) 進水 1944.2(昭19) 竣工 1944.3.8(昭19) 日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 日東汽船株式会社(東京)
梅榮丸 BAIEI MARU
1944.10.28(昭19)ボルネオ島のブルネイ付近(5.07N,115.10E)で触雷、沈没
櫻榮丸 OEI MARU 2,858G/T
起工 1943(昭18) 進水 1944.2(昭19) 竣工 1944.3.28(昭19) 日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 日東汽船株式会社
櫻榮丸 OEI MARU
しもつ丸 SHIMOTSU MARU 2,854G/T
進水 1944.3(昭19) 竣工 1944.3.31(昭19) 日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 三菱汽船株式会社(東京)
しもつ丸 SHIMOTSU MARU
あやゆき丸 AYAYUKI MARU 51774/JGQU 2,854G/T
起工 1944(昭19) 進水 1944.4(昭19) 竣工 1944.5.10(昭19) 日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 石原汽船株式会社
あやゆき丸 AYAYUKI MARU
あやぎり丸 AYAGIRI MARU 51785/JOBV 2,854G/T
起工 1944(昭19) 進水 1944.4(昭19) 竣工 1944.5.20(昭19) 日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 石原汽船株式会社
あやぎり丸 AYAGIRI MARU
あやぞの丸 AYAZONO MARU 51789/JOFV 2,854G/T
起工 1944(昭19) 進水 1944.5(昭19) 竣工 1944.5.31(昭19) 日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 石原汽船株式会社
あやぞの丸 AYAZONO MARU
幸昭丸 KOSHO MARU 51795 2,854G/T
起工 1944(昭19) 進水 1944.5(昭19) 竣工 1944.6.20(昭19) 日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 飯野海運株式会社
幸昭丸 KOSHO MARU
泰昭丸 TAISHO MARU 52456/JONV→JLIM 2,854G/T 4,592D/W 920SHP 9.5/11kt
進水 1944.6(昭19) 竣工 1944.6.30(昭19) 日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 飯野海運株式会社(東京)
泰昭丸 TAISHO MARU
1952.3.5(昭27)飯野産業(舞鶴)で貨物船に改造主機をD 1,600BHPに換装、速力9.0/10.0kt、2,712総トン
1956.4.28(昭31)日産汽船(株)(東京)に売却、日海丸 NIKKAI MARU と改名
1959.11.12(昭34)比島から日本に向け航行中、台湾の東南海上(21.53N,126.30E)で台風のため沈没
泰昭丸
泰昭丸 Taisho Maru
もと飯野海運の2TM型戦標船泰昭丸。比島ラワン材輸送等に従事。昭和34年(1959)台風のため沈没、飯野海運の隆邦丸が乗員を救助したが3名が殉職した。
松榮丸 SHOEI MARU 2,854G/T
起工 1944(昭19) 進水 1944.6(昭19) 竣工 1944.7.25(昭19) 日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 日東汽船株式会社(東京)
松榮丸 SHOEI MARU
1944.12.8(昭19)ボルネオ島の西岸クチンの北方(3.50N,111.30E)で米潜PADDLE(SS-263)とHAMMERHEAD(SS-364)の雷撃により沈没
柳榮丸 RYUEI MARU 2,854G/T 1,100HP 11.3kt
起工 1944(昭19) 進水 1944.7(昭19) 竣工 1944.8.15(昭19) 日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 日東汽船株式会社(東京)
柳榮丸 RYUEI MARU
1944.10.22(昭19)ポートプリンセサ(9.44N,118.43E)で座洲
暁心丸 GYOSHIN MARU 2,854G/T
起工 1944(昭19) 進水 1944.8(昭19) 竣工 1944.9.18(昭19) 日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 日本油槽船株式会社(東京)
暁心丸 GYOSHIN MARU 共同企業時代に起工、建造中に移籍
1944.12.19(昭19)マレー半島(3.14N,103.40E)で時化のため座礁
寶昭丸 HOSHO MARU 53466/JZXE 2,854G/T
起工 1944(昭19) 進水 1944.9(昭19) 竣工 1944.10.7(昭19) 日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 飯野海運株式会社
寶昭丸 HOSHO MARU
彦島丸 HIKOSHIMA MARU 2,854G/T
起工 1944(昭19) 進水 1944.10(昭19) 竣工 1944.10.28(昭19)
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 三菱汽船株式会社(東京)
彦島丸 HIKOSHIMA MARU
明昭丸 MEISHO MARU 53859/JGZB 2,854G/T 4,587D/W 902SHP 9.5/11kt
起工 1944(昭19) 進水 1944.11(昭19) 竣工 1944.12.15(昭19)
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 飯野海運株式会社
明昭丸 MEISHO MARU
昭開丸 SHOKAI MARU 55629/JHZB 2,854G/T
起工 1944(昭19) 進水 1944.11(昭19) 竣工 1944.12.22(昭19)
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 日本油槽船株式会社(東京)
昭開丸 SHOKAI MARU 本船の船主については詳しい資料がない
1947(昭22)昭和タンカー(株)(東京)に移籍
1948(昭23)船籍抹消
球洋丸 KYUYO MARU 55642/JJCB 2,854G/T 4,734D/W 9.5/10kt
起工 1944(昭19) 進水 1944.12(昭19) 竣工 1945.1.13(昭20)
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 國洋汽船株式会社(東京)
球洋丸 KYUYO MARU SCAJAP No.X018
1950(昭25)船籍抹消
陽心丸 YOSHIN MARU 65117/JJZL 2,895G/T 4,470D/W 1,200SHP 11.5kt
進水 1944.12(昭19) 竣工 1945.2.5(昭20) 日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 日本油槽船株式会社(大阪)
陽心丸 YOSHIN MARU SCAJAP No.X125
1945.5.26(昭20)広島湾海田市沖(日本製鋼所南方500m、34.21N,132.30E)に碇泊中、油槽爆発のため沈没
1949.3.30(昭24)浮揚に成功同年9月3日、日立造船(因島)で修理
1956.4.3(昭31)佐藤国汽船(神戸)に売却
1956.6(昭31)来島船渠で改造
1957.10(昭32)主機をD 阪神内燃機 Z7ZS 1,500BHPに換装
1964.5.4(昭39)解体同年5月6日に船籍抹消
陽心丸
陽心丸 Yoshin Maru
わかくさ丸 WAKAKUSA MARU 56651/JFYD 2,830G/T 4,716D/W 1,100HP 9.5/11.5kt
起工 1944(昭19) 進水 1945.1(昭20) 竣工 1945.3.20(昭20) 日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 石原汽船株式会社
わかくさ丸 WAKAKUSA MARU
細島丸 HOSOSHIMA MARU 62220/JLTC 2,779G/T 4,510D/W 1,200HP 8.5/10.5kt
起工 1945.1.15(昭20) 進水 1945.5.7(昭20) 竣工 1946.5.30(昭21)
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 三菱汽船株式会社(東京)
細島丸 HOSOSHIMA MARU 貨物船として完工
楠榮丸 NANEI MARU 55663/JHGD 2,861G/T 4,734D/W 1,100SHP 9/10kt
起工 1944.12.21(昭19) 進水 1945.2(昭20) 竣工 1946.6.15(昭21)
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 日東汽船株式会社(東京)
楠榮丸 NANEI MARU
1948.12.1(昭23)日東商船(株)(東京)が買い戻し
1954.8.31(昭29)中央汽船(株)(大阪)に売却、中生丸 CHUSEI MARU と改名、貨物船に改造
1961.12.15(昭36)解体
楠榮丸
楠榮丸 Nanei Maru
錦昭丸 KINSHO MARU 58663/JJQA 2,789G/T 4,660D/W 1,100HP 9/10.5kt
起工 1945.1.17(昭20) 進水 1946.7(昭21) 竣工 1946.11.15(昭21)
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 飯野海運株式会社(東京)
錦昭丸 KINSHO MARU 貨物船として完工 SCAJAP No.X147
1952(昭27)主機換装を含む改造。ディーゼル 1,600 BHP 1基、速力 10.5/12.0 kt、2,838GT
1955.4.18(昭30)東海運(株)(東京)に売却
1957.4(昭32)浦賀船渠(浦賀)でセメント・タンカーに改造。主機をD 1,800 BHPに換装。宗洋丸 SOYO MARU と改名
1971(昭46)解体
錦昭丸
錦昭丸 Kinsho Maru
海心丸 KAISHIN MARU 60858/JMXQ 2,940G/T 3,111D/W 9/11.7kt
起工 1945.2(昭20) 進水 1946.11(昭21) 竣工 1948.2.10(昭23)
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 日本油槽船株式会社(東京)
海心丸 KAISHIN MARU 主機(1944製,1474BHP)の換装時期不明
1946(昭21)進水後、日本水産(株)(東京)に売却、海幸丸 KAIKO MARU と改名、鯨工船として建造続行
1950.4(昭25)日立造船(因島)で冷凍工船に改造工事
1963.9.6(昭38)解体のため売却
海心丸
海幸丸 Kaiko Maru
日本油槽船の海心丸として起工された2TM型戦時標準船で戦後に進水し、後に日本水産に売却された。

SNo.3647 第二興洋丸 KOYO MARU No.2 (1947)

第二興洋丸
第二興洋丸 Koyo Maru No.2
捕鯨船 366G/T 進水 1947(昭22) 竣工 1947.9.20(昭22)
Lpp 47.00 B 7.60 D 4.20 m 主機 D 1,690BHP 16.1kt
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 Sno.3647 日本水産株式会社(東京)
第二興洋丸 KOYO MARU No.2 SCAJAP No.K227

SNo.3648 第三興洋丸 KOYO MARU No.3 (1947)
捕鯨船 366G/T 進水 1947(昭22) 竣工 1947.10.18(昭22)
Lpp 47.00 B 7.60 D 4.20 m 主機 D 1,348BHP 15.7kt
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 Sno.3648 日本水産株式会社(東京)
第三興洋丸 KOYO MARU No.3

SNo.3653 第一真盛丸 SHINSEI MARU No.1 (1949)
63381/JHLI 貨物船 3,240G/T 4,828D/W
起工 1948.6(昭23) 進水 1948.12.19(昭23) 竣工 1949.3.15(昭24)
Lpp 98.00 B 14.30 D 7.62 m 主機 T 日立製作所 衝動式複汽筒 1,600SHP 1基 11/13.5kt
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 Sno.3653 原商事株式会社(大阪)
第一真盛丸 SHINSEI MARU No.1 2次KC SCAJAP No.S254
1949.2(昭24)船舶公団(東京)と共有
1951.6(昭26)社名変更に伴い原商船(株)(株)(大阪)に移籍
1959.4(昭34)主機をD 新潟M8F43CHS、2,000BHPに換装

SNo.3655 第二興南丸 KONAN MARU No.2 (1949)
捕鯨船 378G/T 進水 1949(昭24) 竣工 1949.5.20(昭24)
Lpp 45.00 B 7.80 D 4.40 m 主機 D 日立 8TT-48 1,600BHP
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 Sno.3655 日本水産株式会社(東京)
第二興南丸 KONAN MARU No.2
1954.10.21(昭29)日立造船(桜島)にて改造完成引渡し L 47.70 x 7.80 x 4.40 m

あじあ丸 ASIA MARU (1949)

あじあ丸
あじあ丸 Asia Maru
65559/JLOW 貨物船 3,701G/T 5,024D/W 起工 1949.7(昭24) 進水 1949.10(昭24) 竣工 1949.12(昭24)
Lpp 108.00 B 15.00 D 8.00 m 主機 T 日立製作所 2,400SHP 1基 11.5/12.5kt
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 正福汽船株式会社(東京)
あじあ丸 ASIA MARU 4次KC SCAJAP No.A085
1952(昭27)栄正丸 EISHO MARU と改名
1959.7(昭34)主機をD 伊藤鉄工所M478HS 2,700BHPに換装

SNo.3667 第三興南丸 KONAN MARU No.3 (1950)
捕鯨船 417G/T 進水 1950(昭25) 竣工 1950.3.30(昭25)
Lpp 45.00 B 8.20 D 4.40 m 主機 D 1,800BHP 15.4kt
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 Sno.3667 日本水産株式会社(東京)
第三興南丸 KONAN MARU No.3

SNo.3670 日令丸 NICHIREI MARU (1950)

日令丸
日令丸 Nichirei Maru
日産汽船が定期、不定期兼用の方針のもとに計画した大型貨物船。主機はタービンを採用。国際ラインの北米定期航路に就航。
66694/JLZU 貨物船 6,649G/T 9,746D/W
起工 1950.2.10(昭25) 進水 1950.8.30(昭25) 竣工 1950.12.5(昭25)
Lpp 128.00 B 17.50 D 10.50 m 主機 T 日立製作所 2段減速 4,000SHP 1基 13.5/14.9kt
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 Sno.3670 日産汽船株式会社(東京)
日令丸 NICHIREI MARU 5次 SCAJAP No.N124
1950.9.3(昭25)ジェーン台風のため櫻島工場で入渠中に側壁に乗り上げる事故発生
1959(昭34)主機をD 浦賀玉島Sulzer 6SAD72 4,800PSに換装(ディーゼル主機は2度換装の記録あり)
1964.4.1(昭39)合併に伴い昭和海運(株)(東京)に移籍
1970.11.12(昭45)Manhattan Shipping Co. Ltd.,Cyprusに売却、MERSINDIと改名
1970(昭45)Mersindi Shipping Co. Ltd.,Cyprusに移籍
1971(昭46)Capella Nav. Corp.(Greece)に売却、WARRENと改名
1974(昭49)Globe Nav. Ltd.(Somali Republic)に売却、SARNALIと改名
1975.3.22(昭50)解体のため売却、台湾の高雄に到着

れぶん PM04型 2隻 REBUN Class (1951)

れぶん PM04
れぶん PM04 Rebun

1978.11.14 清水港

背景は金指造船所
巡視船 Lpp 47.50 B 8.10 D 4.50 m 主機 D 2基 運輸省海上保安庁(東京)
れぶん PM04 REBUN 387G/T 650BHP 13.5/14.6kt
竣工 1951.2(昭26) 日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 れぶん PM04 REBUN
いき PM05 IKI 387G/T 650BHP 13.5/14.6kt
竣工 1951.3(昭26) 日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 いき PM05 IKI

月光丸 GEKKO MARU (1951)

月光丸
月光丸 Gekko Maru
67126/JIKV 貨物船 6,696G/T 9,851D/W
起工 1950.3.22(昭25) 進水 1950.12.12(昭25) 竣工 1951.3.15(昭26)
Lpp 128.00 B 17.50 D 10.50 m 主機 T 石川島 11/4,500SHP 1基 14.9/15.7kt
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 三光汽船株式会社(尼崎)
月光丸 GEKKO MARU 5次 SCAJAP No.G018
1959.10(昭34)主機をD 三菱広島Sulzer6SAD60 4,000BHPに換装

玻璃丸 HARI MARU (1951)
65948/JMTT 旅客船 634G/T 竣工 1951.3.26(昭26)
Lpp 53.00 B 9.03 D 2.20 m 主機 D 新潟鉄工 800BHP 2基 12/14.2kt
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 琵琶湖汽船株式会社(大津)
玻璃丸 HARI MARU 船客 967
1962(昭37)琵琶湖汽船自動車(株)(大津)の所有

SNo.3676 松島丸 (1) MATSUSHIMA MARU (1951)

松島丸
松島丸 Matsushima Maru
日立造船では同社因島工場で建造された日本油槽船のあらびあ丸と共に太平洋戦争後、初の大型油槽船受注であった。
67025/JLAC 油槽船 11,964G/T 18,245D/W
起工 1950.3.25(昭25) 進水 1951.2.28(昭26) 竣工 1951.5.25(昭26)
Lpp 165.00 B 21.50 D 12.00 m 主機 D 川崎M.A.N. K7Z72/120P 7,000PS 1基 18.254kt
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 Sno.3676 日本水産株式会社(東京)
松島丸 MATSUSHIMA MARU 5次
1956.6.27(昭31)日立造船(因島)で鯨工船に改造 13,800G/T
1956.7.1(昭31)北洋捕鯨初出漁
1956.11.3(昭31)南氷洋捕鯨初出漁
1957(昭32)第二図南丸 TONAN MARU No.2 と改名
1978.2.7(昭53)解体のため売却

松島丸
松島丸 Matsushima Maru
日立造船(株)因島工場で鯨工船に改造後の姿

SNo.3687 銀光丸 (1) GINKO MARU (1951)

銀光丸
銀光丸 Ginko Maru
67580/JPCW 貨物船 4,993G/T 7,553D/W
起工 1951.1.31(昭26) 進水 1951.7.2(昭26) 竣工 1951.9.29(昭26)
Lpp 112.50 B 16.70 D 9.10 m 主機 T 石川島 2段減速衝動式 2,700PS 1基 11.7/15.8kt
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 Sno.3687 三光汽船株式会社(大阪)
銀光丸 GINKO MARU 6次 SCAJAP No.G021
1951.10.10(昭26)大阪商船のラングーン・カルカッタ航路に就航
1956.4.2(昭31)大阪商船(株)(大阪)に売却、びるま丸 BURMA MARU と改名
1964.4.1(昭39)合併に伴い大阪商船三井船舶(株)(東京)に移籍
1967.4.20(昭42)紀新海運(株)(神戸)に売却
1971(昭46)Lee Lai Maritime S. A.,Singaporeに売却、CHIEH SHENGと改名
1974(昭49)船籍をPanamaに変更
1983(昭58)Lloyd's Register 1983-84版より削除

SNo.3694 山福丸 (2) YAMAFUKU MARU (1952)

山福丸
山福丸 Yamafuku Maru
68198/JBEP 貨物船 7,114G/T 起工 1951.5.23(昭26) 進水 1951.10.18(昭26) 竣工 1952.1.31(昭27)
Lpp 134.00 B 18.00 D 10.50 m 主機 T 2段減速 5,500SHP 1基 16/16.5kt
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 Sno.3694 山下汽船株式会社(神戸)
山福丸 YAMAFUKU MARU 7次前 SCAJAP No.Y081
1952.7(昭27)ニューヨーク航路に就航
1952.10.24(昭27)キューバ沖で座洲、同年11.3離洲
1957(昭32)山菊丸 YAMAKIKU MARU と改名
1959.8.1(昭34)日立造船(桜島)で主機をD 日立B&W574VTBF160 6,250BHPに換装
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(株)汽船(東京)に移籍
1970(昭45)Zinnia Shipping Co. Ltd.,Cyprusに移籍
1970.6.5(昭45)Campania Naviera Garroplanti S. A.,Greeceに売却、ZINNIAと改名
1973.6.30(昭48)ベネズエラ北部のPuerto Cabelloで沈没

SNo.3707 山月丸 (2) YAMATSUKI MARU (1952)

山月丸
山月丸 Yamatsuki Maru
69368/JEFC 貨物船 7,552G/T 10,662D/W
起工 1951.12.26(昭26) 進水 1952.7.25(昭27) 竣工 1952.11.28(昭27)
Lpp 140.00 B 19.00 D 10.50 m 主機 D 日立B&W 874VTF160 7,375PS 1基 16/19kt
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 Sno.3707 山下汽船株式会社(神戸)
山月丸 YAMATSUKI MARU 7次後
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(株)汽船(東京)に移籍
1972.6.14(昭47)Great Fortune Nav. Co. S. A.,Panamaに売却、GREAT WELFAREと改名
1977.11.28(昭52)解体のためLin Hai SteelIndustrial Co. Ltd.,Taiwanに売却、台湾の高雄に到着、翌年2月18日に解体に着手

SNo.3715 山里丸 YAMASATO MARU (1953)

山里丸
山里丸 Yamasato Maru
69780/JEXH 貨物船 7,145G/T 起工 1952.8.1(昭27) 進水 1952.12.19(昭27) 竣工 1953.3.25(昭28)
Lpp 134.00 B 18.00 D 10.50 m 主機 D 日立B&W 774VTF160 6,450PS 1基 15.5/18kt
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 Sno.3715 山下汽船株式会社(神戸)
山里丸 YAMASATO MARU 8次
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(株)汽船(東京)に移籍
1971.2.24(昭46)Union Pacific Shipping Co. Ltd. Inc.,Liberiaに売却、SOLAR TRADERと改名
1971.12.20(昭46)名古屋からシドニーに向け航行中、カロリン諸島(8.05N,146.43E)で座礁、沈没

SNo.3723 山春丸 YAMAHARU MARU (1954)

山春丸
山春丸 Yamaharu Maru
71497/JBDO 貨物船 7,118G/T 起工 1953.4.11(昭28) 進水 1953.11.10(昭28) 竣工 1954.1.28(昭29)
Lpp 134.00 B 18.00 D 10.50 m 主機 D 日立B&W 674VTBF160 7,500PS 1基 16/16.5kt
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 Sno.3723 山下汽船株式会社(神戸)
山春丸 YAMAHARU MARU 9次前
1954.1.30(昭29)豪州航路に就航
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(株)汽船(東京)に移籍
1971.4.21(昭46)Valiant Shipping Ltd.,Greeceに売却、VAN TRADERと改名(山下新日本汽船の記録ではColumbia Shipping Co. Inc.,Lieriaとなっている)
1973(昭48)Predominant Shipping S. A.,Liberiaに売却、CANADIAN MARINERと改名
1976(昭51)Ming Lung Nav. Co. S. A.,Panamaに売却、MING CHUNGと改名
1980(昭55)Lloyd's Register 1980-1981年版より削除

SNo.3728 山国丸 (2) YAMAKUNI MARU (1954)

山国丸
山国丸 Yamakuni Maru
72204/JDTI 貨物船 7,625G/T 起工 1953.9.30(昭28) 進水 1954.5.28(昭29) 竣工 1954.7.15(昭29)
Lpp 142.57 B 19.00 D 10.50 m 主機 D 日立B&W 674VTBF160 7,500PS 1基 16/19.2kt
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 Sno.3728 山下汽船株式会社(神戸)
山国丸 YAMAKUNI MARU 9次後
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(株)汽船(東京)に移籍
1972.3.22(昭47)Freedom Shipping Ltd.,Greeceに売却、GEORGE TSOUNISと改名
1977(昭52)Freedom Shipping Co. Ltd.,Cyprusに売却、SOPHIA-Nと改名
1978.3.27(昭53)解体のためFour Seas Shipbreaking Co. Ltd.,Hong Kongに売却、MEROPI Aと改名
1978.4(昭53)解体に着手

SNo.3791 山清丸 YAMAKIYO MARU (1956)

山清丸
山清丸 Yamakiyo Maru
74520/JMIM 貨物船 8,707G/T 起工 1955.10.7(昭30) 進水 1956.3.27(昭31) 竣工 1956.5.26(昭31)
Lpp 138.00 B 18.80 D 11.85 m 主機 D 日立B&W 574VTBF160 6,250PS 1基 14.5/17.6kt
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 Sno.3791 山下汽船株式会社(神戸)
山清丸 YAMAKIYO MARU 11次
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(株)汽船(東京)に移籍
1971.7.29(昭46)アラビア海のMauritusの北北東250浬(17.40S,62.22E)で海上浮遊物に衝突、沈没

SNo.3816 山豊丸 YAMATOYO MARU (1957)

山豊丸
山豊丸 Yamatoyo Maru
76798/JHWK 貨物船 8,675G/T 起工 1956.9.3(昭31) 進水 1957.1.13(昭32) 竣工 1957.3.20(昭32)
Lpp 138.00 B 18.80 D 11.85 m 主機 D 日立B&W 574VTBF160 6,250PS 1基 14.4/18kt
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 Sno.3816 山下汽船株式会社(神戸)
山豊丸 YAMATOYO MARU 12次
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(株)汽船(東京)に移籍
1971.6.4(昭46)Valiant Shipping Co. Inc.,Liberiaに売却、VALIANT TRADERと改名
1975(昭50)Azolla Shipping Co. Ltd.,Greeceに売却、EURO TRADERと改名
1981(昭56)Flora Shipping Co. Ltd.,Maltaに売却
1982Lloyd's Register 1982-1983年版より削除

SNo.3817 錦光丸 (1) KINKO MARU (1957)

錦光丸
錦光丸 Kinko Maru
78530/JMKP 貨物船 8,652G/T 13,270D/W 起工 1957.1(昭32) 進水 1957.5(昭32) 竣工 1957.8.6(昭32)
Lpp 138.00 B 18.80 D 11.85 m 主機 D 日立B&W 574VTBF160 6,300BHP 1基 14.5/17.4kt
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 Sno.3817 三光汽船株式会社(尼崎)
錦光丸 KINKO MARU
1963.6(昭38)木材運搬船に改造

SNo.3837 笠島丸 KASASHIMA MARU (1958)
80530/JAQA 貨物船 3,366G/T 5,260D/W
起工 1957.6.22(昭32) 進水 1957.12.3(昭32) 竣工 1958.2.18(昭33)
Lpp 98.00 B 15.00 D 7.70 m 主機 D 三菱Sulzer 8TD48 2,500BHP 1基 12/15.39kt
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 Sno.3837 國光海運株式会社(大阪)
笠島丸 KASASHIMA MARU 船客 2
1967(昭42)山陽船舶(株)(神戸)に売却、英恒丸 EIKO MARU と改名
1973(昭48)綾羽工業(株)(大阪)に売却
1974(昭49)Chevalier Shipping S.A.,Panamaに売却、CHEVALIER BERTHAと改名
1977(昭52)Shieh Fu Navigation S.A.,Panamaに売却、SHIEH FUと改名
1982.9.16(昭57)台湾の高雄で解体

山若丸型 2隻 YAMAWAKA MARU Class (1958)

山若丸
山若丸 Yamawaka Maru
貨物船 Lpp 145.00 B 19.60 D 12.40 m 主機 D 日立B&W 1074VT2BF160 1基
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 山下汽船株式会社(神戸)
Sno.3849 山若丸 YAMAWAKA MARU 81055/JKDS 9,293G/T 12,728D/W 12,500PS 18/21.2kt
起工 1957.9.17(昭32) 進水 1958.2.26(昭33) 竣工 1958.5.26(昭33) 山若丸 YAMAWAKA MARU 13次
1958.5(昭33)ニューヨーク航路に就航
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(株)汽船(東京)に移籍
1973.4.10(昭48)Nan Yang Shipping Co.,Somaliに売却、WEI KUOと改名
1977(昭52)Fortune Sea Transport Corp.,Panamaに売却
1984(昭59)中国の解体業者に売却、Liangungangに到着
Sno.3850 山君丸 YAMAKIMI MARU 81056/JKEB 9,274G/T 12,717D/W 12,500HP 18/21.2kt
起工 1958.1.25(昭33) 進水 1958.8.3(昭33) 竣工 1958.10.15(昭33) 山君丸 YAMAKIMI MARU 13次
1958.10(昭33)ニューヨーク航路に就航
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(株)汽船(東京)に移籍
1973.4.13(昭48)Nan Yang Shipping Co.,Somaliに売却、WEI MINと改名
1976.12.16(昭51)China Ocean Shipping Co.,Chinaに売却、JIN PINGと改名
1984(昭59)Tianjin Ocean Shipping Company,Chinaに売却
1989Lloyd's Register 1989-1990年版に掲載
山君丸
山君丸 Yamakimi Maru

平島丸 HIRASHIMA MARU (1958)
81457/JMGN 貨物船 3,366G/T 5,202D/W 起工 1957.12(昭32) 進水 1958.6(昭33) 竣工 1958.7(昭33)
Lpp 98.00 B 15.00 D 7.70 m 主機 D 三菱広島Sulzer 8TD48 2,500BHP 1基 13/14kt
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 国際海運株式会社(東京)
平島丸 HIRASHIMA MARU

SNo.3874 山隆丸 YAMATAKA MARU (1959)
83198/JFTG 貨物船 9,307G/T 12,701D/W
起工 1959.1.14(昭34) 進水 1959.5.24(昭34) 竣工 1959.8.8(昭34)
Lpp 145.00 B 19.60 D 12.40 m 主機 D 日立B&W 1074VTBF160 12,500PS 1基 18/20.7kt
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 Sno.3874 山下汽船株式会社(神戸)
山隆丸 YAMATAKA MARU 14次
1959(昭34)ニューヨーク航路に就航
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(株)汽船(東京)に移籍
1973.3.17(昭48)Ocean Tramping Co. Ltd.,Somaliに売却、WEI LIと改名
1973(昭48)Nan Yang Shipping Co.,Somaliに売却
1982(昭57)China Ocean Shipping Co.,Chinaに売却
1983(昭58)Tianjin Ocean Shipping Company,Chinaに売却、GUANG PINGと改名

SNo.3888 第八雄洋丸 YUYO MARU No.8 (1959)
82816/JFAO 油槽船 21,187G/T 34,130D/W 起工 1959.1(昭34) 進水 1959.7(昭34) 竣工 1959.10(昭34)
Lpp 197.00 B 26.40 D 14.00 m 主機 D 日立B&W 1274VTBF160 15,000PS 1基 16.3/16.9kt
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 Sno.3888 森田汽船株式会社(兵庫一宮)
第八雄洋丸 YUYO MARU No.8 14次
1973(昭48)CLEOと改名
1982(昭57)Cierco Cia. Nav. S.A.,Panamaに売却、CLEO 1と改名
1984.8.7(昭59)コロンボからラス・タヌラに向け航行中、サー・アラム・ショール沖4哩でミサイル攻撃により出火、翌日ドバイに繋留
1985.4.18(昭60)解体のため台湾の高雄に到着

SNo.3893 山弘丸 YAMAHIRO MARU (1960)

山弘丸
山弘丸 Yamahiro Maru
85438/JEDS 鉱石専用船 12,387G/T 18,742D/W
起工 1959.12.5(昭34) 進水 1960.7.14(昭35) 竣工 1960.9.30(昭35)
Lpp 154.00 B 22.00 D 12.30 m 6,500HP 13.2/16.4kt
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 Sno.3893 山下汽船株式会社(神戸)
山弘丸 YAMAHIRO MARU 15次
1961.10.20(昭36)予州丸 YOSHU MARU と改名
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(東京)に移籍
1978.11.9(昭53)Great Circle Marine Ltd.,Liberiaに売却、LAWTONAと改名
1982.5.8(昭57)パキスタンの解体業者に売却、解体

ひゆうすとん丸 HOUSTON MARU (1961)
87800/JGYW 貨物船 4,774G/T 7,555D/W 起工 1960.12(昭35) 進水 1961.3(昭36) 竣工 1961.5(昭36)
Lpp 112.00 B 16.80 D 8.80 m 主機 D 日立B&W 84VT2BF-90 3,800PS 1基 12.7/14.8kt
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 新丸善タンカー株式会社(大阪)
ひゆうすとん丸 HOUSTON MARU

SNo.3927 山昭丸 YAMAAKI MARU (1961)
86892/JNST 貨物船 9,300G/T 起工 1961.3.27(昭36) 進水 1961.7.18(昭36) 竣工 1961.10.21(昭36)
Lpp 145.00 B 19.60 D 12.40 m 主機 D 12,500BHP 18/20.66kt
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 Sno.3927 山下汽船株式会社(神戸)
山昭丸 YAMAAKI MARU 16次
1961(昭36)ニューヨーク航路に就航
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(東京)に移籍
1974.11.29(昭49)Belalfa Shipping Co. S.A.,Panamaに売却、MERSINDIと改名
1982.11.5(昭57)Piraeusに係船(1983年12月29日まで係船)
1984.1.5(昭59)スペインの解体業者に売却、スペインのCastellonに到着

SNo.3956 山利丸 YAMATOSHI MARU (1962)

山利丸
山利丸 Yamatoshi Maru

1974.4.3 - 横浜港・新港ふ頭
豪州航路に就航した1万2000重量トン級の定期貨物船。機関部と甲板部が自動化された合理化船で乗組員定員も従来型に比し約8名減の37名という経済船であった。
90551/JHOL 貨物船 8,892G/T 12,172D/W
起工 1962.3.24(昭37) 進水 1962.7.19(昭37) 竣工 1962.10.20(昭37)
Lpp 142.50 B 20.00 D 12.30 m 主機 D 日立B&W 774VT2BF160 10,500PS 1基 17.4/20.41kt
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 Sno.3956 山下汽船株式会社(神戸)
山利丸 YAMATOSHI MARU 17次
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(株)汽船(東京)に移籍
1977.4.6(昭52)Azulano S. A.(Greece)に売却、SMINARCHOS FRANGISTASと改名
1984.6(昭59)解体のためAnupma Pvt. Ltd.に売却

SNo.4060 きい丸 KII MARU (1964)

きい丸
きい丸 Kii Maru
96500/JI2100 フェリー 1,623G/T
起工 1964.8.18(昭39) 進水 1964.10.29(昭39) 竣工 1964.12.22(昭39)
Lpp 70.00 B 35.30 D 18.00 m 主機 D ダイハツ 8PSTbM-26D 855PS 4基 2軸 14.5/15.58kt
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 Sno.4060 南海汽船株式会社(和歌山)
きい丸 KII MARU 船客 800 バ)16 船客 特等)16 1等)75 特別2等)129 2等)58 臨時 100
1964.12.25(昭39)和歌山/小松島航路に就航

SNo.4068 羊蹄丸 (2) YOTEI MARU (1965)

羊蹄丸
羊蹄丸 Yotei Maru
96399/JQBM 客載車輌渡船 8,311G/T
起工 1964.10.8(昭39) 進水 1965.2.20(昭40) 竣工 1965.7.20(昭40)
Lpp 123.00 B 17.90 D 7.20 m 主機 D 三井B&W 1226MTBF40V 12,800PS 8基 2軸 18.2/21.1kt
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 Sno.4068 津軽丸型 日本国有鉄道(東京)
羊蹄丸 YOTEI MARU
1967(昭42)法律改正による総トン数変更

追浜丸型 2隻 Oppama Maru Class (1965 - 1966)

追浜丸
追浜丸 Oppama Maru
自動車/撒積兼用船 Lpp 142.50 B 21.60 D 12.50 m 主機 D 日立B&W 662VT2BF140 1基
Sno.4089 追浜丸 Oppama Maru 96609/JJVE 11,149G/T 16,155D/W 7,200PS 14.3/17.13kt
起工 1965.3.24(昭40) 進水 1965.8.11(昭40) 竣工 1965.10.28(昭40)
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 大阪商船三井船舶株式会社(東京)
追浜丸 Oppama Maru 20次
1974.3.5(昭49)World Car Carriers Inc.,Liberiaに売却、NISSAN No.1と改名
1978(昭53)Shipshape Mariners Ltd.,Liberiaに売却、YUKONAと改名
1981(昭56)Marvalor Shipping Corp.,Panamaに売却、ALMAZと改名
1982.9.27(昭57)Trincomaleeで火災、全損
1983(昭58)解体のためBangkok Steel Enterprise Co. Ltd.,Thailandに売却後に解体
Sno.4103 座間丸 ZAMA MARU 98376/JPWR 11,138G/T 7,200BHP 14.3/16.95kt
起工 1965.5.11(昭40) 進水 1965.11.8(昭40) 竣工 1966.3.1(昭41)
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 昭和海運株式会社(東京)
座間丸 ZAMA MARU 21次 普)1200台
1975.4.1(昭50)Hoshin Shipping S. A.(Panama)に売却、HO SHINと改名
1977(昭52)Petavius Shipping Inc.(Liberia)に売却、EUROTRANSPORTと改名
1983(昭58)Oceanfleets Shipping Ltd.(Malta)に売却、SEABLUEと改名
1985.11.11(昭60)解体のため売却、パキスタンのGadani Beachに到着
座間丸
座間丸 Zama Maru

S.Kizu
昭和海運の自動車運搬船の第1船として、わが国最初の自動車運搬船追浜丸(大阪商船三井船舶)と同型の座間丸が昭和41年(1966)に竣工した。この船種は往航で自動車を運び、復航で穀物などのバルクカーゴ輸送が出来る兼用船であった。

SNo.4107 伊予丸 IYO MARU (1966)

伊予丸
伊予丸 Iyo Maru

1981.9.20 高松港
98379/JQDC 客載車輌渡船 3,084G/T
起工 1965.3.18(昭40) 進水 1965.10.27(昭40) 竣工 1966.1.30(昭41)
Lpp 84.00 B 15.80 D 5.45 m 主機 D 三井B&W 1426MTBF40V 4,620PS 2基 15.25/16.88kt
日立造船株式会社桜島工場(大阪)建造 Sno.4107 伊予丸型 日本国有鉄道(東京)
伊予丸 IYO MARU
ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.10