船歴 本邦建造船12 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

三菱重工業株式会社横濱船渠

羽立丸 HADACHI MARU (1936)
41321/JDQW 貨物船 999G/T 1,300D/W 進水 1936(昭11)
Lr 66.40 B 10.00 D 5.30 m 主機 D 三菱横浜 600BHP 8.5/9.5kt
三菱重工業株式会社横濱船渠(横濱)建造 中川汽船株式会社(神戸)
羽立丸 HADACHI MARU

SNo.248 太明丸 TAIMEI MARU (1936)

太明丸
太明丸 Taimei Maru
41971/JJBK 貨物船 2,883G/T 起工 1935.10.15(昭10) 進水 1936.6.3(昭11) 竣工 1936.7.31(昭11)
Lpp 99.44 B 13.50 D 7.30 m 主機 R 3連成 2,223NHP/3,000IHP 1基 11.5/13.74kt
三菱重工業株式会社横濱船渠(横濱)建造 Sno.248 近海郵船株式会社(東京)
太明丸 TAIMEI MARU
1939.9.8(昭14)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1943.3.3(昭18)ラバウルからラエに向け航行中、ニューギニア島東岸クレチン岬の南東約20浬で空爆により沈没

SNo.249 陽明丸 YOMEI MARU (1936)

陽明丸
陽明丸 Yomei Maru
42331/JJFQ 貨物船 2,861G/T 起工 1936.3.28(昭11) 進水 1936.8.5(昭11) 竣工 1936.9.22(昭11)
Lpp 99.44 B 13.50 D 7.30 m 主機 R 3連成 2,676NHP/3,000IHP 1基 11/13.94kt
三菱重工業株式会社横濱船渠(横濱)建造 Sno.249 近海郵船株式会社(東京)
陽明丸 YOMEI MARU
1939.9.8(昭14)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1942.10.1(昭17)若松から東京に向け航行中、和歌山県安宅崎沖(33.31N,135.26E)で米潜KINGFISH(SS-234)の雷撃により沈没

SNo.250 寶洋丸 HOYO MARU (1936)

寶洋丸
寶洋丸 Hoyo Maru
42349/JJGK 油槽船 8,692G/T 13,305D/W
起工 1935.10.15(昭10) 進水 1936.8.29(昭11) 竣工 1936.11.5(昭11)
Lpp 143.30 B 18.60 D 11.43 m 主機 D 三菱横浜M.A.N. D6Zu60/110P 4,500BHP 1基 16.15kt
三菱重工業株式会社横濱船渠(横濱)建造 Sno.250 日本タンカー株式会社(東京)
寶洋丸 HOYO MARU
1937.2.1(昭12)鹿児島県種子島付近で座礁
1941.3.31(昭16)合併に伴い日東鑛業汽船(株)(東京)に移籍
1943.2.26(昭18)社名変更に伴い日東汽船(株)(東京)に移籍
1944.2.19(昭19)トラック島で空爆により沈没

生田丸型 3隻 IKUTA MARU Class (1936 - 1937)

生田丸
生田丸 Ikuta Maru
貨物船 Lpp 92.00 B 13.80 D 8.00 m 主機 R 3連成 1基
三菱重工業株式会社横濱船渠(横濱)建造
Sno.270 生田丸 IKUTA MARU 42685/JKEL 2,969G/T 4,269D/W 2,600HP 11.3/13.91kt
起工 1936.6.5(昭11) 進水 1936.10.29(昭11) 竣工 1936.12.28(昭11) 近海郵船株式会社(東京)
生田丸 IKUTA MARU
1939.9.8(昭14)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1944.1.12(昭19)マーシャル諸島クェゼリン島エニエトジ泊地で停泊中、空爆により沈没
Sno.271 長田丸 NAGATA MARU 42697/JJLK 2,969G/T 4,284D/W 2,600HP 10.6/14.79kt
起工 1936.7.30(昭11) 進水 1936.11.27(昭11) 竣工 1937.2.15(昭12) 近海郵船株式会社(東京)
長田丸 NAGATA MARU
1939.9.8(昭14)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1944.4.22(昭19)シンガポールからサンジャックに向け航行中、サンジャック沖2浬(10.00N,107.30E)で空爆により沈没
長田丸
長田丸 Nagata Maru
Sno.272 大興丸 TAIKO MARU 朝2281/JEVG 2,984G/T 1,800NHP/2,648IHP 13.5/14.78kt
起工 1936.8.11(昭11) 進水 1936.12.27(昭11) 竣工 1937.3.24(昭12) 朝鮮郵船株式会社(仁川)
大興丸 TAIKO MARU
1944.7.14(昭19)佐伯からパラオを経由、ラバウルに向け航行中、ホロ島付近(5.56S,121.34E)で米潜SANDLANCE(SS-381)の雷撃により沈没
大興丸
大興丸 Taiko Maru

興東丸型 2隻 KOTO MARU Class (1937)

興東丸
興東丸 Koto Maru
貨物船 Lpp 104.00 B 14.70 D 8.50 m 主機 R 3連成 1基
三菱重工業株式会社横濱船渠(横濱)建造
Sno.277 興東丸 KOTO MARU 朝2287/JEXG 3,557G/T 5,292D/W 1,700NHP/2,300IHP 15.13kt
起工 1936.12.3(昭11) 進水 1937.5.7(昭12) 竣工 1937.6.30(昭12) 朝鮮郵船株式会社(仁川)
興東丸 KOTO MARU
1944.7.7(昭19)ベトナム南沿岸(13.08N,109.28E)で米潜FLASHER(SS-249)の雷撃により沈没
Sno.278 興西丸 KOSEI MARU 朝2290/JEZG 3,590G/T 5,295D/W 1,700NHP/2,300IHP 15.19kt
起工 1937.1.25(昭12) 進水 1937.6.9(昭12) 竣工 1937.8.30(昭12) 朝鮮郵船株式会社(仁川)
興西丸 KOSEI MARU
1943.11.11(昭18)パラオから宇品に向け航行中、奄美大島の名瀬南東140km(27.04N,130.24E)で米潜SARGO(SS-188)の雷撃により沈没
興西丸
興西丸 Kosei Maru

善洋丸型 7隻 ZENYO MARU Class (1937 - 1939)

善洋丸
善洋丸 Zenyo Maru
東洋汽船が海運界の好況につき日本郵船へ用船する条件で資金を調達して建造した大型貨物船。三菱重工横濱船渠が新興商船向けに建造した新興丸型を改良した貨物船で善洋丸は船舶改善助成施設の交付金を受けた。他社同型船では山下汽船の山月丸、東洋海運の淀川丸等合計7隻があった。
貨物船 Lpp 133.00 B 17.76 D 7.75 m 主機 D M.A.N. D6Zu60/110 1基
三菱重工業株式会社横濱船渠(横濱)建造
Sno.275 善洋丸 ZENYO MARU 43643/JKQL 6,442G/T 9,527D/W 4,700BHP 16.7kt
起工 1936.11.5(昭11) 進水 1937.4.10(昭12) 竣工 1937.8.16(昭12) 東洋汽船株式会社(東京)
善洋丸 ZENYO MARU 第3次船舶改善助成施設適用船
1942.8(昭17)ペナン南方(5.36N,99.53E)で雷撃により沈没
Sno.267 慶洋丸 KEIYO MARU 44001/JWPL 6,442G/T 9,542D/W 4,700BHP 16.6kt
起工 1937.4.14(昭12) 進水 1937.8.23(昭12) 竣工 1937.11.15(昭12) 東洋汽船株式会社(東京)
慶洋丸 KEIYO MARU
1944.6.12(昭19)サイパン島付近で空爆により沈没
慶洋丸
慶洋丸 Keiyo Maru
Sno.284 山月丸 YAMAZUKI MARU 44144/JYXL 6,439G/T 9,451D/W 4,700BHP 14/16.74kt
起工 1937.7.15(昭12) 進水 1937.12.3(昭12) 竣工 1938.2.19(昭13) 山下汽船株式会社(神戸)
山月丸 YAMAZUKI MARU 大洋興業が発注、建造中に山下汽船に売却
1942.11.15(昭17)ショートランド島のエレベンタ泊地からガダルカナル島に向け航行中、ガダルカナル島沿岸(8-58S,159-06E)で空爆により擱座
山月丸
山月丸 Yamazuki Maru
東洋汽船の傍系会社大洋興業が発注した大型貨物船で東洋汽船の善洋丸と同型。就航後は山下汽船が用船する予定であったが建造中に大洋興業が三井物産に買収されたため山下汽船は本型2隻と三井物産所有の寶永山丸を購入した。
Sno.291 淀川丸 YODOGAWA MARU 6,441G/T 9,486D/W 4,700HP 16.75kt
起工 1938.9.27(昭13) 進水 1939.2.16(昭14) 竣工 1939.4.5(昭14) 東洋海運株式会社(東京)
淀川丸 YODOGAWA MARU
淀川丸
淀川丸 Yodogawa Maru
Sno.292 加茂川丸 KAMOGAWA MARU 6,441G/T 9,479D/W 4,700HP 17.09kt
起工 1937.8.26(昭12) 進水 1938.2.16(昭13) 竣工 1938.4.15(昭13) 東洋海運株式会社(東京)
加茂川丸 KAMOGAWA MARU
加茂川丸
加茂川丸 Kamogawa Maru
Sno.285 山霧丸 YAMAGIRI MARU 44612/JLNM 6,439G/T 9,451D/W 4,700BHP 14/17.06kt
起工 1937.12.6(昭12) 進水 1938.5.13(昭13) 竣工 1938.7.2(昭13) 山下汽船株式会社(神戸)
山霧丸 YAMAGIRI MARU 大洋興業が発注、建造中に山下汽船に売却
1944.2.18(昭19)トラック島港内冬島東岸で空爆により沈没
山霧丸
山霧丸 Yamagiri Maru
Sno.290 多摩川丸 TAMAGAWA MARU 6,441G/T 9,484D/W 4,700BHP 16.66kt
起工 1938.5.28(昭13) 進水 1938.9.22(昭13) 竣工 1938.12.1(昭13) 東洋海運株式会社(東京)
多摩川丸 TAMAGAWA MARU
多摩川丸
多摩川丸 Tamagawa Maru

千洋丸型 3隻 SENYO MARU Class (1937 - 1938)

千洋丸
千洋丸 Senyo Maru
昭和10年(1935)に朝鮮、北支等への定期航路用として三菱横濱造船所へ3隻発注された中型貨物船。近海郵船の生田丸と準同型で主機はレシプロ機関を搭載。三井物産を代理店として横濱/大連定期航路へ就航した。
貨物船 Lpp 92.00 B 13.80 D 8.00 m 主機 R 3連成 1基
三菱重工業株式会社横濱船渠(横濱)建造 東洋汽船株式会社(東京)
Sno.281 千洋丸 SENYO MARU 44008/JWSL 2,904G/T 4,302D/W 1,800NHP/2,600IHP 14.6kt
起工 1937.5.11(昭12) 進水 1937.9.17(昭12) 竣工 1937.11.20(昭12) 千洋丸 SENYO MARU
1937.11.22(昭12)横濱/大連定期航路就航第1船として横浜港出航
1942.8.25(昭17)高雄灯台付近の南支那海(22.23N,120.10E)で米潜GROWLER(SS-215)の雷撃により沈没
Sno.282 萬洋丸 MANYO MARU 44235/JWWL 2,904G/T 4,373D/W 1,800NHP/2,600IHP 14.9kt
起工 1937.6.12(昭12) 進水 1937.10.18(昭12) 竣工 1937.12.24(昭12) 萬洋丸 MANYO MARU
1945.3.5(昭20)ジャワ島付近(5.50S,113.46E)で米潜SEAROBIN(SS-407)の雷撃により沈没
Sno.283 億洋丸 OKUYO MARU 44396/JDIM 2,904G/T 4,301D/W 2,600IHP 15.1kt
起工 1937.9.17(昭12) 進水 1938.1.15(昭13) 竣工 1938.2.25(昭13) 億洋丸 OKUYO MARU
1944.1.1(昭19)ニューギニヤ方面(3.52S,128.2E)で米潜RAY(SS-271)の雷撃により沈没

SNo.286 山鳥丸 YAMADORI MARU (1938)

山鳥丸
山鳥丸 Yamadori Maru
44832/JLMM 貨物船 2,910G/T 3,405D/W
起工 1938.2.19(昭13) 進水 1938.5.16(昭13) 竣工 1938.8.10(昭13)
Lpp 93.10 B 13.80 D 8.00 m 主機 R 3連成 1,800IHP 1基 10/11.25kt
三菱重工業株式会社横濱船渠(横濱)建造 Sno.286 興運汽船株式会社(神戸)
山鳥丸 YAMADORI MARU
1953.5(昭28)油焚改装
1960(昭35)泰通海運(株)(神戸)に売却、無難丸 BUNAN MARU と改名

SNo.287 日章丸 NISSHO MARU (1938)

日章丸
日章丸 Nissho Maru
45446/JMYM 油槽船 10,526G/T 14,055D/W
起工 1937.8.10(昭12) 進水 1938.6.13(昭13) 竣工 1938.11.29(昭13)
Lpp 159.00 B 20.00 D 12.00 m 主機 D M.A.N. D8Zu72/120P 9,400BHP 1基 19.59kt
三菱重工業株式会社横濱船渠(横濱)建造 Sno.287 昭和タンカー株式会社(東京)
日章丸 NISSHO MARU 優秀船建造助成施設の適用を受けて建造
1938.11.29(昭13)大同海運(株)(神戸)の所有
1939.6.19(昭14)横浜港を出航、6月30日サンフランシスコ到着、所要日数11日22時間で新記録を樹立
1944.2.25(昭19)フィリピンのダバオ沖(5.50N,126.00E)で米潜HOE(SS-258)の雷撃により沈没

永福丸型 2隻 EIFUKU MARU Class (1939)

永福丸
永福丸 Eifuku Maru
近海郵船の第2次新造船計画で建造された5,100重量トン級のレシプロ主機の貨物船。
貨物船 Lpp 104.00 B 14.70 D 8.50 m 主機 R 3連成 1基
三菱重工業株式会社横濱船渠(横濱)建造 近海郵船株式会社(東京)
Sno.295 永福丸 EIFUKU MARU 45694/JZXM 3,520G/T 5,276D/W 2,300HP 10/14.43kt
起工 1938.8.3(昭13) 進水 1938.12.8(昭13) 竣工 1939.4.5(昭14) 永福丸 EIFUKU MARU
1939.9.8(昭14)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1945.2.8(昭20)シンガポールからサイゴンに向け航行中、サンジャックの南西約240浬(7.05N,104.50E)で米潜PAMPANITO(SS-383)の雷撃により沈没
Sno.296 太福丸 TAIFUKU MARU 46189/JPDN 3,520G/T 5,274D/W 2,300HP 10/14.27kt
起工 1938.12.14(昭13) 進水 1939.5.4(昭14) 竣工 1939.7.6(昭14) 太福丸 TAIFUKU MARU
1939.9.8(昭14)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1943.8.27(昭18)パラオから宇品に向け航行中、豊後水道土佐沖ノ島灯台の南南西16浬(32.28N,132.23E)で米潜POLLACK(SS-180)の雷撃により沈没

妙義丸型 3隻 MYOGI MARU Class (1939 - 1943)

妙義丸
妙義丸 Myogi Maru
貨物船 Lpp 109.73 B 15.24 D 8.84 m 主機 T 三菱Zoelly D.G. 1基
三菱重工業株式会社横濱船渠(横濱)建造
Sno.297 妙義丸 MYOGI MARU 45867/JQCM 4,021G/T 4,300SHP 17.39kt
起工 1938.6.18(昭13) 進水 1938.9.30(昭13) 竣工 1939.5.25(昭14) 日本郵船株式会社(東京)
妙義丸 MYOGI MARU 主機は三菱長崎で製作(第740番船)
1939.10.2(昭14)東亞海運(株)(東京)に出資
1944.11.14(昭19)マニラ湾で空爆により沈没
Sno.298 妙高丸 MYOKO MARU 46264/JQZN 4,103G/T 4,300SHP 17.24kt
起工 1938.10.21(昭13) 進水 1939.3.20(昭14) 竣工 1939.10.5(昭14) 日本郵船株式会社(東京)
妙高丸 MYOKO MARU 主機は三菱長崎で製作(第741番船)
1939.10.5(昭14)建造中に東亞海運(株)(東京)に譲渡
1943.1.7(昭18)ラエ(6.40S,147.10E)で空爆により沈没
妙高丸
妙高丸 Myoko Maru
Sno.403 黄浦丸 KOURA MARU 4,291G/T 6,103D/W 3,600SHP 16.53kt
起工 1942.11.25(昭17) 進水 1943.2.26(昭18) 竣工 1943.3.31(昭18) 東亞海運株式会社
黄浦丸 KOURA MARU 読み方不詳

相模丸型 3隻 SAGAMI MARU Class (1940 - 1941)

相模丸
相模丸 Sagami Maru
貨物船 Lpp 145.00 B 19.00 D 12.50 m 主機 D M.A.N. 2基 崎戸丸型 日本郵船株式会社(東京)
Sno.316 相模丸 (3) SAGAMI MARU 47282/JWUN 7,189G/T 9,600BHP 16.5/19.8kt
起工 1938.5.2(昭13) 進水 1939.11.27(昭14) 竣工 1940.7.6(昭15)
三菱重工業株式会社横濱船渠(横濱)建造 相模丸 SAGAMI MARU 三菱長崎726番船
1942.11.3(昭17)ミンダナオ島ダバオ港タロモ泊地(7.02N,125.33E)で停泊中に米潜SEAWOLF(SS-197)の雷撃により沈没
Sno.317 相良丸 SAGARA MARU 47837/JNPQ 7,189G/T 9,600BHP 17/19.8kt
起工 1939.6.23(昭14) 進水 1940.3.23(昭15) 竣工 1940.11.12(昭15)
三菱重工業株式会社横濱船渠(横濱)建造 相良丸 SAGARA MARU 三菱長崎727番船
1943.6.23(昭18)神戸から横須賀に向け航行中、御前崎灯台の南東で米潜HARDER(SS-257)の雷撃により大破、翌日天竜川河口掛塚灯台の南西1.5浬(33.45N,138.10E)に座礁、9月1日船体放棄
相良丸
相良丸 Sagara Maru
Sno.326 笹子丸 SASAKO MARU 48637/JHFP 7,189G/T 9,600BHP 17/19.8kt
起工 1940.3.27(昭15) 進水 1941.3.13(昭16) 竣工 1941.6.28(昭16)
三菱重工業株式会社横濱船渠(横濱)建造 笹子丸 SASAKO MARU 三菱長崎第728番船
1942.10.15(昭17)ガダルカナル島北西岸タサファロンガ沖(9.30S,160.00E)で上陸作戦中に空爆により沈没
笹子丸
笹子丸 Sasako Maru

S.Kizu

SNo.337 田子の浦丸 TAGONOURA MARU (1941)
小樽/京浜間に就航
48618/JHGP 貨物船 3,521G/T 5,310D/W
起工 1940.6.24(昭15) 進水 1941.3.27(昭16) 竣工 1941.5.31(昭16)
Lpp 104.80 B 14.90 D 8.50 m 主機 T 2,300/2,590SHP 13/15.1kt
三菱重工業株式会社横濱船渠(横濱)建造 Sno.337 三菱商事株式会社(東京)
田子の浦丸 TAGONOURA MARU
1943.9.3(昭18)トラックから横須賀に向け航行中、野島崎の南70浬(33-43N, 140-00E)で米潜POLLACK(SS-180)の雷撃により沈没

和洋丸型 2隻 WAYO MARU Class (1941 - 1942)
貨物船 Lpp 93.00 B 13.70 D 7.60 m 平時標準C型
Sno.343 和洋丸 WAYO MARU 49059/JADR 2,727G/T 4,284D/W
主機 R Lentz 1,600IHP 1基 13.64kt
起工 1941.3.25(昭16) 進水 1941.8.27(昭16) 竣工 1941.12.22(昭16)
三菱重工業株式会社横濱船渠(横濱)建造 東洋汽船株式会社(東京)
和洋丸 WAYO MARU
1945.3.11(昭20)南シナ海(21.31N,112.25E)で空爆により沈没
Sno.344 睦洋丸 BOKUYO MARU 49196/JDJR 2,727G/T 4,280D/W
主機 R Lentz 1,600IHP 1基 14.35kt
起工 1941.4.11(昭16) 進水 1941.11.4(昭16) 竣工 1942.2.19(昭17)
三菱重工業株式会社横濱船渠(横濱)建造 東洋汽船株式会社(東京)
睦洋丸 BOKUYO MARU
1944.6.12(昭19)サイパン島付近で空爆により沈没
睦洋丸
睦洋丸 Bokuyo Maru

SNo.389 高島丸 TAKASHIMA MARU (1942)

高島丸
高島丸 Takashima Maru
49479/JDRR 貨客船 5,634G/T 3,231D/W
起工 1941.6.16(昭16) 進水 1942.3.2(昭17) 竣工 1942.7.31(昭17)
Lpp 112.50 B 18.50 D 10.00 m 主機 R Lentz 2,800IHP 2基 14/17.63kt
三菱重工業株式会社横濱船渠(横濱)建造 Sno.389 日本郵船株式会社(東京)
高島丸 TAKASHIMA MARU 船客 1等)18 2等)76 3等)555
1944.6.13(昭19)幌筵島柏原から小樽に向け航行中、千島列島幌筵島の西約200浬(50.53N,151.43E)で米潜BARB(SS-220)の雷撃により沈没

SNo.346 正島丸 MASASHIMA MARU (1942)

正島丸
正島丸 Masashima Maru
49519/JFDR 貨物船 2,742G/T 4,310D/W
起工 1941.10.15(昭16) 進水 1942.5.2(昭17) 竣工 1942.9.5(昭17)
Lpp 93.00 B 13.70 D 7.60 m 主機 R Lentz 1,991IHP 1基 11/13.3kt
三菱重工業株式会社横濱船渠(横濱)建造 Sno.346 飯野海運産業株式会社(東京)
正島丸 MASASHIMA MARU

SNo.405 日南丸 NICHINAN MARU (1942)

日南丸
日南丸 Nichinan Maru
49523/JFPR 油槽船 5,175G/T 7,212D/W
起工 1941.12.24(昭16) 進水 1942.7.11(昭17) 竣工 1942.9.30(昭17)
Lpp 120.00 B 16.30 D 9.00 m 主機 T 石川島 2段減速衝動式 3,500SHP 1基 14.1/16kt
三菱重工業株式会社横濱船渠(横濱)建造 Sno.405 飯野海運産業株式会社(東舞鶴)
日南丸 NICHINAN MARU SCAJAP No.X121
1944.4.1(昭19)社名変更に伴い飯野海運(株)(東京)に移籍
1945.7.21(昭20)陸軍徴傭船として行動中、瀬戸内海祝島沖で空爆を受けて同島三浦海岸で座礁、沈没
1948.9(昭23)飯野産業サルベージにより引き揚げに着手、11月完全浮揚、12月から日立造船(向島)で修復工事に着手
1949.6.29(昭24)改装完工。5,296G/T
1962(昭37)飯野重工業(舞鶴)に売却
1963.3.31(昭38)解体

SNo.373 雲仙丸 UNZEN MARU (1942)

雲仙丸
雲仙丸 Unzen Maru
49564/JDTR 貨客船 3,140G/T 1,991D/W
起工 1941.8.5(昭16) 進水 1942.3.16(昭17) 竣工 1942.10.10(昭17)
Lpp 92.00 B 14.50 D 7.40 m 主機 R Lentz 3,072IHP 1基 15.85kt
三菱重工業株式会社横濱船渠(横濱)建造 Sno.373 日本郵船株式会社(東京)
雲仙丸 UNZEN MARU 船客 1等)9 2等)40 3等)347
1954.8.20(昭29)運輸省航海訓練所(東京)に売却、8.26銀河丸 GINGA MARU と改名
1955.5(昭30)日本鋼管浅野船渠(横浜)で練習船に改装、主機をD 2100BHP に換装
1972(昭47)解体

SNo.406 日輪丸 NICHIRIN MARU (1942)
49745/JRXR 油槽船 5,163G/T 7,841D/W
起工 1942.3.9(昭17) 進水 1942.10.26(昭17) 竣工 1942.12.15(昭17)
Lpp 120.00 B 16.30 D 9.00 m 主機 T 4,025SHP 1基 16.11kt
三菱重工業株式会社横濱船渠(横濱)建造 Sno.406 昭和タンカー株式会社(東京)
日輪丸 NICHIRIN MARU

SNo.350 志賀の浦丸 SHIGANOURA MARU (1942)
49749/JYBR 貨物船 3,512G/T 5,460D/W
起工 1942.4.18(昭17) 進水 1942.11.20(昭17) 竣工 1942.12.27(昭17)
Lpp 104.00 B 14.70 D 8.50 m 主機 R 3連成 2,300IHP 1基 10/14.5kt
三菱重工業株式会社横濱船渠(横濱)建造 Sno.350 三菱商事株式会社(東京)
志賀の浦丸 SHIGANOURA MARU

SNo.601 ありあけ丸 ARIAKE MARU (1943)
50054/JKHO 油槽船 5,149G/T 7,922D/W
起工 1942.11.18(昭17) 進水 1943.4.2(昭18) 竣工 1943.5.15(昭18)
Lpp 120.00 B 16.30 D 9.00 m 主機 T 3,315HP 1基 15.01kt
三菱重工業株式会社横濱船渠(横濱)建造 Sno.601 1TM型 石原産業海運合資会社
ありあけ丸 ARIAKE MARU

國榮丸型 4隻 KOKUYEI MARU Class (1943)
油槽船 Lpp 120.00 B 16.30 D 9.00 m 主機 T 1基 1TM型
Sno.602 國榮丸 KOKUYEI MARU 5,155G/T 7,798D/W 3,300HP 15.17kt
起工 1943.1.21(昭18) 進水 1943.5.4(昭18) 竣工 1943.6.15(昭18)
三菱重工業株式会社横濱船渠(横濱)建造 日東汽船株式会社(東京)
國榮丸 KOKUYEI MARU
1944.2.19(昭19)南シナ海星沙沖(14-28N,114-27E)で米潜JACK(SS-259)の雷撃により沈没
Sno.603 山水丸 YAMAMIZU MARU 5,155G/T 7,809D/W 3,000SHP 11.5/14.85kt
起工 1943.3.8(昭18) 進水 1943.6.17(昭18) 竣工 1943.7.31(昭18)
三菱重工業株式会社横濱船渠(横濱)建造 山下汽船株式会社(神戸)
山水丸 YAMAMIZU MARU
1944.3.27(昭19)ボルネオ島の西南(2.53S,109.42E)で米潜HAKE(SS-256)の雷撃により沈没
Sno.604 第二山水丸 YAMAMIZU MARU No.2 5,155G/T 7,830D/W 3,000SHP 11.5/14.13kt
起工 1943.4.7(昭18) 進水 1943.7.7(昭18) 竣工 1943.8.22(昭18)
三菱重工業株式会社横濱船渠(横濱)建造 山下汽船株式会社(神戸)
第二山水丸 YAMAMIZU MARU No.2
1944.10.6(昭19)フィリピンのサンフェルナンド沖(17.29N,120.21E)で米潜CABRILLA(SS-288)の雷撃により沈没
第二山水丸
第二山水丸 Yamamizu Maru No.2
Sno.605 瑞鳳丸 ZUIHO MARU 49510/TKQO 5,136G/T 7,837D/W 3,300HP 15.34kt
起工 1943.5.10(昭18) 進水 1943.7.30(昭18) 竣工 1943.9.17(昭18)
三菱重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 飯野海運産業株式会社(舞鶴)
瑞鳳丸 ZUIHO MARU
1944.4.1(昭19)社名変更に伴い飯野海運(株)(東京)に移籍
1944.9.12(昭19)海南島沿岸(19-16N,111-51E)で米潜PAMPANITO(SS-383)の雷撃により沈没
瑞鳳丸
瑞鳳丸 Zuiho Maru

ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.10