船歴 本邦建造船13 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

三菱重工業株式会社横浜造船所

たらかん丸型 9隻 TARAKAN MARU Class (1943 - 1944)
油槽船 Lpp 120.00 B 16.30 D 9.00 m 主機 T 1基 1TM型
1. Sno.606 たらかん丸 TARAKAN MARU 5,136G/T 7,862D/W 3,300HP 15.46kt
起工 1943.5.10(昭18) 進水 1943.8.27(昭18) 竣工 1943.10.10(昭18)
三菱重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 三菱汽船株式会社(東京)
たらかん丸 TARAKAN MARU
2. Sno.607 睦榮丸 BOKUEI MARU 49713/JGHT 5,136G/T 7,884D/W 3,300HP 15.04kt
起工 1943.6.21(昭18) 進水 1943.9.28(昭18) 竣工 1943.10.31(昭18)
三菱重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 日東汽船株式会社(東京)
睦榮丸 BOKUEI MARU
1944.1.4(昭19)筑前大島沖で衝突、沈没
3. Sno.608 さらわく丸 SARAWAK MARU 49719/JGLT 5,136G/T 7,872D/W 3,300HP 15.68kt
起工 1943.7.12(昭18) 進水 1943.10.14(昭18) 竣工 1943.11.20(昭18)
三菱重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 三菱汽船株式会社(東京)
さらわく丸 SARAWAK MARU
1945.3.19(昭20)シンガポール海峡の東口(1.28N,104.36E)で触雷により沈没
4. Sno.609 めだん丸 MEDAN MARU 50507/JGTT 5,136G/T 7,881D/W 3,300HP 15.48kt
起工 1943.8.4(昭18) 進水 1943.10.29(昭18) 竣工 1943.12.5(昭18)
三菱重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 三菱汽船株式会社(東京)
めだん丸 MEDAN MARU
1944.6.27(昭19)台湾の南(21.10N,120.31E)で米潜SEAHORSE(SS-304)の雷撃により沈没
5. Sno.610 新潮丸 NIISHIO MARU 50510/JGWT 5,136G/T 7,879D/W 3,300HP 15.63kt
起工 1943.8.30(昭18) 進水 1943.11.24(昭18) 竣工 1943.12.25(昭18)
三菱重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 中外海運株式会社(東京)
新潮丸 NIISHIO MARU
1945.1.21(昭20)台湾の高雄で空爆により沈没
6. Sno.611 進榮丸 SHINEI MARU 50514/JWAT 5,136G/T 7,870D/W 3,300HP 15.65kt
起工 1943.10.6(昭18) 進水 1943.12.30(昭18) 竣工 1944.2.3(昭19)
三菱重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 日東汽船株式会社(東京)
進榮丸 SHINEI MARU
1944.8.10(昭19)ルソン島沿岸(16.15N,119.45E)で米潜GUITATTO(SS-363)の雷撃により沈没
7. Sno.612 神鳳丸 SHINHO MARU 50516/JWCT 5,136G/T 7,879D/W 3,300HP 15.47kt
起工 1943.11.1(昭18) 進水 1944.2.27(昭19) 竣工 1944.3.29(昭19)
三菱重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 飯野海運産業株式会社(東京)
神鳳丸 SHINHO MARU
1944.8.12(昭19)ミンダナオ島沖(13.18N,120.11E)で米潜PUFFER(SS-363)とBLUEFISH(SS-222の雷撃により沈没(空爆の記録もあり)
8. Sno.613 まりふ丸 MARIFU MARU 5,136G/T
起工 1943.11.29(昭18) 進水 1944.2.27(昭19) 竣工 1944.3.29(昭19)
三菱重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 三菱汽船株式会社(東京)
まりふ丸 MARIFU MARU

さばん丸型 7隻 SABAN MARU Class (1944 - 1949)

さばん丸
さばん丸 Saban Maru
油槽船 Lpp 148.00 B 20.40 D 12.00 m 主機 T 石川島重工 1基 2TL型
1. Sno.621 さばん丸 SABAN MARU 51111→64872/JGVB→JDAG 10,241G/T 4,000SHP
起工 1944.1.30(昭19) 進水 1944.4.27(昭19) 竣工 1944.9.1(昭19)
三菱重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 三菱汽船株式会社(東京)
さばん丸 SABAN MARU SCAJAP No.X137
1945.7.24(昭20)呉港外大黒神島付近で空爆を受けて擱座、沈没。戦後、沈没状態のまま日本船舶興業(東京)に売却
1948.10(昭23)乾汽船(株)(神戸)に売却
1949.3(昭24)浮揚に成功。播磨造船所(呉)で修理、B.V.船級取得改造工事
1960.4(昭35)丸善石油(大阪)のステーションタンカーとして、同年10月まで和歌山県下津港に係船
1960.12(昭35)カフジ港で翌36年3月〜37年8月の間使用するために神戸を出航
1963.10(昭38)解体のためシンガポールのマラヤン社に売却
2. Sno.622 玉榮丸 GYOKUEI MARU 51115→62539/JGFV→JDVM 10,241G/T 15,287D/W 9/11kt
起工 1944.3.1(昭19) 進水 1944.6.5(昭19) 竣工 1944.10.14(昭19)
三菱重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 日東汽船株式会社(東京)
玉榮丸 GYOKUEI MARU SCAJAP No.X002
1945.7.22(昭20)徳山港外で触雷、沈没
1948.7.10(昭23)播磨造船所(呉)によって浮揚に成功
1948.11.15(昭23)日本水産(株)(東京)に売却、南氷洋捕鯨の鯨油油槽船に改造
1951.6(昭26)日立造船(築港)でB.V.船級取得改造工事が完工
1960.4.20(昭35)ミール工船に改造工事
1975(昭50)解体
玉榮丸
玉榮丸 Gyokuei Maru
3. Sno.625 山汐丸 YAMASHIO MARU 54650/JERA 10,605G/T 5,000SHP 13/15.46kt
起工 1944.7.19(昭19) 進水 1944.11.14(昭19) 竣工 1945.1.27(昭20)
三菱重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 山下汽船株式会社(神戸)
山汐丸 YAMASHIO MARU SCAJAP No.Y034
1944.11(昭19)進水後、陸軍護衛航空母艦に改造
1945.2.17(昭20)横浜港で空爆により擱座
1946(昭21)三菱重工業横浜造船所に売却、同造船所の七号岸壁に埋設して沈船岸壁となった
山汐丸
山汐丸 Yamashio Maru
陸軍の要望により2TL型に航空母艦の機能を加えた設計とした。
4. Sno.624 忠榮丸 CHUEI MARU 54625/JEHA 10,240G/T
起工 1944.6.7(昭19) 進水 1944.9.9(昭19) 竣工 1945.3.4(昭20)
三菱重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 日東汽船株式会社(東京)
忠榮丸 CHUEI MARU SCAJAP No.X001
1948.11.5(昭23)日東商船(株)(東京)に移籍
1951(昭26)B.V.船級取得改造工事
1956.12(昭31)日新海運(株)(東京)に売却
1960.2(昭35)主機を換装
1963.12(昭38)解体
忠榮丸
忠榮丸 Chuei Maru
5. Sno.623 富島丸 TOMISHIMA MARU 10,326G/T
起工 1944.4.28(昭19) 進水 1944.7.17(昭19) 竣工 1947.7.29(昭22)
三菱重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 三菱汽船株式会社(東京)
富島丸 TOMISHIMA MARU
1947.8(昭22)運輸省(東京)に売却、上部構造物を撤去して青森県八戸港の沈船防波堤となる
6. Sno.627 大杉丸 DAISAN MARU 10,326G/T
起工 1944.11.16(昭19) 進水 1946.11.14(昭21) 竣工 1947.8.18(昭22)
三菱重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 大阪商船株式会社
大杉丸 DAISAN MARU
1947.8(昭22)運輸省(東京)に売却
1948(昭23)上部構造物を撤去して青森県八戸港の沈船防波堤となる
7. Sno.626 千種丸 CHIGUSA MARU 56306/JFYA 10,326G/T 15,634D/W 7,800SHP 11/12kt
起工 1944.9.11(昭19) 進水 1944.12.29(昭19) 竣工 1949.3.23(昭24)
三菱重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 日本郵船株式会社(東京)
千種丸 CHIGUSA MARU SCAJAP No.X114
1945.1(昭20)進水後、被爆して擱座
1948(昭23)大洋漁業(株)(東京)に売却、浮揚に成功鯨油油槽船として三菱重工業(横浜)で竣工、B.V.船級取得改造工事
1959.4(昭34)佐世保重工業(株)佐世保造船所業(佐世保)に売却
1963.6(昭38)佐世保で解体
千種丸
千種丸 Chigusa Maru

第八東丸 AZUMA MARU No.8 (1946)
58650/JJOC 米国式巾着網漁船 143G/T 進水 1946(昭21)
Lr 29.80 B 6.00 D 2.95 m 主機 D 赤阪鉄工 320BHP 8.5/9kt
三菱重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 大洋漁業株式会社(東京)
第八東丸 AZUMA MARU No.8

第九東丸 AZUMA MARU No.9 (1946)
58650/JJZC カツオ・マグロ漁船 144G/T 進水 1946(昭21)
Lr 29.80 B 6.00 D 2.95 m 主機 D 赤阪鉄工 320BHP 7/9kt
三菱重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 大洋漁業株式会社(東京)
第九東丸 AZUMA MARU No.9

第六東丸 AZUMA MARU No.6 (1946)
58202/JLXE マグロ延縄漁船 145G/T 進水 1946(昭21)
Lr 29.80 B 6.00 D 2.95 m 主機 D 赤阪鉄工 320BHP 7/9kt
三菱重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 大洋漁業株式会社(東京)
第六東丸 AZUMA MARU No.6

第十一東丸 AZUMA MARU No.11 (1946)
58652/JIJZ カツオ・マグロ漁船 144G/T 進水 1946(昭21)
Lr 29.80 B 6.00 D 2.95 m 主機 D 赤阪鉄工 320BHP 7/9kt
三菱重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 大洋漁業株式会社(東京)
第十一東丸 AZUMA MARU No.11

第十二東丸 AZUMA MARU No.12 (1946)
58653/JIVE カツオ・マグロ漁船 144G/T 進水 1946(昭21)
Lr 29.80 B 6.00 D 2.95 m 主機 D 赤阪鉄工 320BHP
三菱重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 大洋漁業株式会社(東京)
第十二東丸 AZUMA MARU No.12

SNo.659 陸心丸 RIKUSHIN MARU (1946)

陸心丸
陸心丸 Rikushin Maru
2TM型油槽船として起工されたが工事が進まないまま終戦となり貨物船として工事再開。三菱重工横浜造船所の戦後進水船の第1船となった。
58012/JWOJ→JJTC 貨物船 2,810G/T 起工 1944.12.15(昭19) 進水 1946.3.2(昭21) 竣工 1946.5.3(昭21)
Lpp 93.00 B 13.80 D 7.60 m 主機 T 浦賀船渠 1,100SHP 1基 8.5/11.85kt
三菱重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 Sno.659 2TM型 日本油槽船株式会社(東京)
陸心丸 RIKUSHIN MARU 2TM型油槽船を貨物船として建造
1956.3.5(昭31)富士海運(東京)に売却、高昌丸 KOSHO MARU と改名
1960.6(昭35)主機をD 伊藤鉄工所 M466HS 1800BHPに換装、速力 10.5/12.5
1963.3(昭38)Century Shipping Lines,Phillipineに売却、DON MARIANDと改名
1966(昭41)PHILIPPINE ANCHORAGEと改名
1967(昭42)FIRM PHILIPPINE ANCHORAGEと改名
1969.6.27(昭44)フィリピンのカラミアン諸島の西100哩(11.58N,118.28E)で浸水のため沈没

石狩丸型 3隻 ISHIKARI MARU Class (1946 - 1948)

石狩丸
石狩丸 Ishikari Maru
青函航路用のW型戦時標準船をもとに博多/釜山間航路用に改良したH型の第1船。建造中に進駐軍専用船に仕様変更されて竣工した。引き続き青函航路用の貨車渡船として同型の十勝丸、渡島丸が建造された。
車輌渡船 Lpp 113.20 B 15.85 D 6.80 m 三菱重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 石狩丸型(H型) 運輸省鉄道総局(東京)
1. Sno.663 石狩丸 ISHIKARI MARU 58016/JIZE 3,146G/T 2,496D/W
主機 T 三菱廣島 甲25型特号 4,600SHP 2基 16.91kt
起工 1945.3.1(昭20) 進水 1946.3.15(昭21) 竣工 1946.7.6(昭21) 石狩丸 ISHIKARI MARU
1949.3.15(昭24)主機換装(三菱広島インパルスリアクションタービン 4,500SHP)
1949.6.1(昭24)日本国有鉄道(東京)に移籍
1965.10.2(昭40)係船
1965.11.27(昭40)三菱商事(株)(東京)に売却
2. Sno.664 十勝丸 TOKACHI MARU 59086/JGUD 2,912G/T 2,415D/W
主機 T 三菱(標準20型) 2,250SHP 2基 17.09kt
起工 1946.10.1(昭21) 進水 1947.3.22(昭22) 竣工 1948.3.15(昭23) 十勝丸 TOKACHI MARU
1949.6.1(昭24)日本国有鉄道(東京)に移籍
1954.9(昭29)沈没
1955.9(昭30)引揚
1956.8(昭31)飯野舞鶴(舞鶴)で改造
十勝丸
十勝丸 Tokachi Maru
3. Sno.665 渡島丸 OSHIMA MARU 59759/JDZQ 2,912G/T 2,435D/W
主機 T 石川島 4,500SHP 2基 17.17kt
起工 1946.12.10(昭21) 進水 1947.7.30(昭22) 竣工 1948.7.10(昭23) 渡島丸 OSHIMA MARU
1949.6.1(昭24)日本国有鉄道(東京)に移籍
1965.9.7(昭40)係船
1965.11.18(昭40)久保忠義(不詳)に売却
渡島丸
渡島丸 Oshima Maru

SNo.735 千早山丸 CHIHAYASAN MARU (1947)

千早山丸
千早山丸 Chihayasan Maru
60535/JQUA 貨物船 561G/T 803D/W
起工 1947.9.27(昭22) 進水 1947.11.22(昭22) 竣工 1947.12.29(昭22)
Lpp 50.00 B 8.40 D 4.10 m 主機 D 池貝鉄工 改EF6 550BHP 1基 9.5/10.2kt
三菱重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 Sno.735 日本機船株式会社
千早山丸 CHIHAYASAN MARU 1次KF SCAJAP No.C033
1947.12.29(昭22)船舶公団(東京)と共有
1951(昭26)原商船(株)(大阪)に売却
1952(昭27)第十六眞盛丸 SHINSEI MARU No.16 と改名

明石丸型 2隻 AKASHI MARU Class (1948)

明石丸
明石丸 Akashi Maru

関西汽船時代
旅客船 Lpp 60.00 B 10.00 D 5.00 m 主機 D 三菱横浜M.A.N. 1基
三菱重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 南洋海運株式会社(東京)
1. Sno.731 明石丸 AKASHI MARU 59983/JLJQ 1,113G/T 1,490PS 12/13.9kt
起工 1947.2.15(昭22) 進水 1947.9.25(昭22) 竣工 1948.1.15(昭23) 明石丸 AKASHI MARU 船客 1等)11 2等)78 3等)398 SCAJAP No.A066 阪神/今治/高浜航路
1948.3.30(昭23)日本郵船の国内定期航路・大阪高浜線に就航
1949.7.16(昭24)東京船舶(株)(東京)に移籍
1954.10.8(昭29)航路と共に関西汽船(株)(大阪)に売却。阪神/甲浦/高知航路に就航
1971.4.1(昭46)大阪高知フェリー(高知)に航路権の移譲に伴ない売却
1971.12.10(昭46)小豆島の内海湾で繋船
1973.8(昭48)松本良英(神戸)に売却。須磨海岸に陸揚げされて、海上レストランとして使用。同年11月「シ−トピア明石丸」として開業
1980.5(昭55)解体
2. Sno.732 淡路丸 AWAJI MARU 59984/JLKQ 1,117G/T 1,200PS 12/13.85kt
起工 1947.2.15(昭22) 進水 1947.9.25(昭22) 竣工 1948.1.15(昭23) 淡路丸 AWAJI MARU 伊豆大島航路、伊豆諸島航路、小笠原航路 船客 560 SCAJAP No.A075
1949.2.15(昭24)東海汽船(株)(東京)に売却
1961.4.15(昭36)三宅島錆ヶ浜から東京へ向け航行中、観音崎灯台東南1浬で機帆船宝栄丸と衝突、宝栄丸は沈没
1966.9(昭41)藤丸 FUJI MARU と改名
1978.5(昭53)除籍、同年6月、解体のため久三商店(赤穂)に売却
淡路丸
淡路丸 Awaji Maru

SNo.733 こがね丸 (1) KOGANE MARU (1948)

こがね丸
こがね丸 Kogane Maru
三菱横浜造船所でボール式進水の第1船
53819/JQSI 貨客船 563G/T 717D/W
起工 1947.10.1(昭22) 進水 1947.12.25(昭22) 竣工 1948.5.25(昭23)
Lpp 55.00 B 9.00 D 4.10 m 主機 D 23型8号 4SA 1,050BHP 1基 14/14.71kt
三菱重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 Sno.733 佐渡汽船株式会社(新潟)
こがね丸 KOGANE MARU 船客 469 SCAJAP No.K257

SNo.736 東西丸 (2) TOZAI MARU (1948)

東西丸
東西丸 Tozai Maru
竣工時は石炭焚きレンツ機関を装備。
61031/JIVK 貨物船 1,999G/T 3,086D/W
起工 1947.12.31(昭22) 進水 1948.3.23(昭23) 竣工 1948.6.28(昭23)
Lpp 85.00 B 12.50 D 6.50 m 主機 R 三菱横浜Lentz 1,100IHP 1基 9/12.32kt
三菱重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 Sno.736 第1次KD型 東西汽船株式会社(横浜)
東西丸 TOZAI MARU 1次 SCAJAP No.T269
1948.6.28(昭23)船舶公団(東京)と共有
1961(昭36)Neptune Marine Corp., Panamaに売却、BESTWINDと改名
1970(昭45)Lloyd's Register 1970-1971年版より削除

SNo.737 民洋丸 MINYO MARU (1948)

民洋丸
民洋丸 Minyo Maru
61924/JUOY→JAKI 貨物船 1,998G/T 2,997D/W
起工 1947.12.31(昭22) 進水 1948.5.8(昭23) 竣工 1948.8.7(昭23)
Lpp 85.00 B 12.50 D 6.50 m 主機 R 三菱横浜Lentz 1,100IHP 1基 10/12.75kt
三菱重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 Sno.737 第1次KD型 東洋汽船株式会社(東京)
民洋丸 MINYO MARU 1次 SCAJAP No..M115
1948.8.7(昭23)船舶公団(東京)と共有
1957.7(昭32)三菱下関造船所で主機をD 赤坂KD6S 1500BHPに換装、2,004 G/T
1960(昭35)合併に伴い日本油槽船(株)(東京)に移籍
1962(昭37)神原汽船(株)(東京)に売却、第十九天社丸 TENSHA MARU No.19 と改名
1966(昭41)中屋海運(株)(姫路)に売却、真尚丸 SHINSHO MARU と改名
1968(昭43)東洋運輸(株)(愛媛)に売却、第三白山丸 HAKUSAN MARU No.3 と改名
1972(昭47)Lloyd's Register 1972-1973年版に掲載。日本船舶明細書では1970年に海外売船したとある

SNo.734 千代田丸 CHIYODA MARU (1948)

千代田丸
千代田丸 Chiyoda Maru
61913/JMUL ケーブル敷設船 1,849G/T 968D/W
起工 1948.1(昭23) 進水 1948.7(昭23) 竣工 1948.10(昭23)
Lpp 72.00 B 11.60 D 6.10 m 主機 R Lentz 三菱 750PS 2基 10/13kt
三菱重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 Sno.734 日本電信電話公社(東京)
千代田丸 CHIYODA MARU

SNo.739 雄山丸 YUZAN MARU (1949)

雄山丸
雄山丸 Yuzan Maru
62844/JBHT 貨物船 2,013G/T 3,039D/W
起工 1948.6.14(昭23) 進水 1948.10.18(昭23) 竣工 1949.1.31(昭24)
Lpp 85.00 B 12.50 D 6.50 m 主機 R 三菱横浜Lentz 1,100IHP 1基 10/12.45kt
三菱重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 Sno.739 大和汽船株式会社(東京)
雄山丸 YUZAN MARU 2次KD
1954.2.10(昭29)合併に伴い日東商船(株)(東京)に移籍
1963.9(昭38)日東近海(株)(東京)に売却
1964.4(昭39)(株)ジャパン近海(東京)に移籍
1970(昭45)Tide Lines(Panama)S.A.,Panamaに売却、LUCKY TIDESと改名
1974(昭49)EVER SUCCESSと改名
1979(昭54)Lloyd's Register 1979-1980年版より削除

SNo.740 富士丸 FUJI MARU (1949)
62852/JBKT 貨物船 623G/T 807D/W
起工 1948.6.21(昭23) 進水 1948.12.20(昭23) 竣工 1949.3.31(昭24)
Lpp 52.00 B 8.80 D 4.20 m 主機 R 3連成 日本車輌 500IHP 1基 11.18kt
三菱重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 Sno.740 郵船近海機船株式会社
富士丸 FUJI MARU 2次
1951(昭26)近海郵船(株)(東京)の所有

SNo.743 冨貴春丸 FUKIHARU MARU (1949)

冨貴春丸
冨貴春丸 Fukiharu Maru
64846/JMIT 貨物船 2,032G/T 2,914D/W
起工 1949.2.15(昭24) 進水 1949.5.28(昭24) 竣工 1949.8.3(昭24)
Lpp 85.00 B 12.50 D 6.50 m 主機 R 三菱横浜Lentz 1,200IHP 10.5/12.82kt
三菱重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 Sno.743 新日本汽船株式会社(西宮)
冨貴春丸 FUKIHARU MARU 4次KD
1949.8.3(昭24)内外汽船(株)(神戸)と共有
1951.6.12(昭26)内外汽船(神戸)の単独保有
1953.9.30(昭28)新日本汽船(株)(神戸)に売却
1957.8.11(昭32)田熊造船(因島)で主機をD 1,200 BHPに換装 (速力 10/11 kt)
1959.2.25(昭34)新日本汽船(神戸)と江口汽船(株)(神戸)の共有
1964.4.1(昭39)合併に伴ない山下新日本汽船(東京)に移籍
1967.9.27(昭42)岩井産業(大阪)に売却。同年、Heung A Hae Un Co. Ltd.,South Koreaに売却、HEUNG A No.7と改名
1968(昭43)Lloyd's Register 1968-69版より削除

SNo.742 長和丸 (2) CHOWA MARU (1949)

長和丸
長和丸 Chowa Maru
65572/JIRW 貨物船 3,629G/T 5,336D/W
起工 1949.2.15(昭24) 進水 1949.5.28(昭24) 竣工 1949.8.3(昭24)
Lpp 104.00 B 15.70 D 8.00 m 主機 T 2,400SHP 12/12.82kt
三菱重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 Sno.742 日東商船株式会社(東京)
長和丸 CHOWA MARU 4次KC
1953(昭28)油焚改装
1960(昭35)主機をD 播磨Sulzer 6SD60 3000BHPに換装
1964.4.1(昭39)合併に伴いジャパンライン(株)(東京)に移籍
1969.12.27(昭44)Inter Ocean Nav.,Panamaに売却、CENTRAL ASTERと改名
1970(昭45)Far East Shipping Co.,Singaporeに売却、LIENMINGと改名
1973(昭48)Lloyd's Register 1973-1974年版より削除

SNo.741 第五東西丸 TOZAI MARU No.5 (1949)

第五東西丸
第五東西丸 Tozai Maru No.5
64156/JAXR 貨物船 3,764G/T 5,374D/W
起工 1948.10.21(昭23) 進水 1949.5.12(昭24) 竣工 1949.8.6(昭24)
Lpp 104.00 B 15.20 D 8.40 m 主機 T 石川島 2,580PS 1基 12/14.814kt
三菱重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 Sno.741 東西汽船株式会社(横浜)
第五東西丸 TOZAI MARU No.5 3次KC SCAJAP No.T301
1949.8.6(昭24)船舶公団(東京)と共有
1961.10(昭36)主機をD 伊藤鉄工所M478HS 2800BHPに換装
1966.10(昭41)合併に伴い澤山汽船(株)(東京)に移籍
1970(昭45)昭和45年版船舶明細書より削除

SNo.729 興南丸 KONAN MARU (1949)

興南丸
興南丸 Konan Maru
捕鯨船 382G/T 起工 1948.8.5(昭23) 進水 1948.8.25(昭23) 竣工 1949.11.15(昭24)
Lpp 45.00 B 7.80 D 4.40 m 主機 D 22号10型4SA 1,600BHP 1基 15.17kt
三菱重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 Sno.729 日本水産株式会社(東京)
興南丸 KONAN MARU
ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.10