船歴 本邦建造船14 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

東日本重工業株式会社横浜造船所

SNo.745 さんぺどろ丸 (2) SAN PEDRO MARU (1950)

さんぺどろ丸
さんぺどろ丸 San Pedro Maru
66688/JNPB 油槽船 11,961G/T 17,891D/W
起工 1950.1.5(昭25) 進水 1950.6.14(昭25) 竣工 1950.12.7(昭25)
Lpp 163.00 B 21.80 D 11.90 m 主機 D M.A.N. D8Z70/120 8,500PS 1基 14.4/15kt
東日本重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 Sno.745 三菱海運株式会社(東京)
さんぺどろ丸 SAN PEDRO MARU 5次 SCAJAP No.X152
1962(昭37)三菱重工(横浜)で鉱石船に改造
1964(昭39)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1970.4.9(昭45)山本産業(不詳)に売却
1970(昭45)GOSALIA PROSPECTと改名。同年、Shantilal Khushaldas & Bros. Private Ltd.,Indiaに売却、OURANIAと改名
1981(昭56)Salgaocar Engineers Pvt. Ltd.,Indiaに売却
2003.5.29(平15)解体のためインドの解体業者に売却、Alangに到着
2003.12.6(平15)解体開始

SNo.746 榮邦丸 (2) EIHO MARU (1951)

榮邦丸
榮邦丸 Eiho Maru
第5次計画造船により飯野海運が建造した18,000重量トン級の戦後の本格的な大型油槽船。隔壁、内部部材には大幅に溶接が採用された。
67210/JDXG 油槽船 11,960G/T 18,051D/W
起工 1950.1.26(昭25) 進水 1950.11.25(昭25) 竣工 1951.2.27(昭26)
Lpp 163.00 B 21.60 D 11.90 m 主機 D 三菱横浜M.A.N. 8Z72/120 8,000PS 1基 13.5/14.9kt
東日本重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 Sno.746 飯野海運株式会社(東京)
榮邦丸 EIHO MARU 5次 SCAJAP No.X162
1963.12(昭38)飯野汽船(舞鶴)の設立に伴い移籍
1964.4.1(昭39)合併に伴い川崎汽船(株)(東京)に移籍
1964.8.17(昭39)日立造船(神奈川)で穀物専用船に改造完工、13,859GT
1969.9.22(昭44)Evergreen Marinea Corp. S. A.,Panamaに売却、EVER STATESと改名
1971(昭46)(株)日本リース(東京)に売却、建成丸 KENSEI MARU と改名
1972(昭47)Ken Hieng Navigation Corp. S. A.,Panamaに売却、KENSEIと改名
1974.5.28(昭49)解体のため台湾の高雄に到着

SNo.747 昌洋丸 SHOYO MARU (1951)

昌洋丸
昌洋丸 Shoyo Maru
67439/JDHO 貨物船 6,618G/T 9,973D/W
起工 1950.2.27(昭25) 進水 1951.1.24(昭26) 竣工 1951.3.28(昭26)
Lpp 130.00 B 18.30 D 9.90 m 主機 D 三菱横浜M.A.N. K6Z60/110C 4,700PS 1基 13.3/17.14kt
東日本重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 Sno.747 東洋汽船株式会社(東京)
昌洋丸 SHOYO MARU 5次 SCAJAP No.S280
1960(昭35)合併に伴い日本油槽船(株)(東京)に移籍
1964.4.1(昭39)合併に伴い昭和海運(株)(東京)に移籍
1971(昭46)Vega Shipping Co. Ltd.(Cyprus)に売却、THEOSKEPASTIと改名
1976(昭51)Steam Cia Nav. S. A.(東京)に売却、KAVOSTARASと改名。同年、LEROSと改名
1978.2.19(昭53)パキスタンのGadani Beachで解体

赤城丸型 2隻 AKAGI MARU Class (1951 - 1952)

赤城丸
赤城丸 Akagi Maru
三菱重工長崎造船所が戦前に建造したA型貨物船に範をとり、運輸省技術研究所の水槽試験により決定された船型を採用して建造された日本郵船の大型高速貨物船。第6次計画造船からは従来の速力制限が撤廃され、主機には西日本重工業建造のA型6隻の6MSディーゼル2基2軸に対し、M.A.N.ディーゼル1基1軸を搭載した。
貨物船 Lpp 140.00 B 19.00 D 10.50 m 日本郵船株式会社(東京)
Sno.748 赤城丸 (2) AKAGI MARU 67683/JCJC 7,592G/T 10,172D/W
主機 D M.A.N. D8Z72/120 8,000BHP 1基 16/19.2kt
起工 1950.12.27(昭25) 進水 1951.7.31(昭26) 竣工 1951.10.20(昭26)
東日本重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 赤城丸 AKAGI MARU 6次 SCAJAP No.A104
1954.10.27(昭29)中近東定期航路に就航
1972.12.19(昭47)神原汽船(株)(東京)に売却、トロピカル スター TOROPICAL STAR と改名
1976.5.8(昭51)解体のためDong Kuk Steel Mill Co. Ltd., South Koreaに売却、韓国の釜山に到着
Sno.782 熱海丸 ATAMI MARU 68739/JJVN 7,575G/T 10,143D/W
主機 D M.A.N. D8Z72/120 8,500BHP 1基 16/19.4kt
起工 1951.5.30(昭26) 進水 1951.12.25(昭26) 竣工 1952.3.18(昭27)
東日本重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 熱海丸 ATAMI MARU 7次前 SCAJAP No.A113
1972.10.28(昭47)神原汽船(株)(東京)に売却、ラエ LAE と改名
1976(昭51)釜山で解体
熱海丸
熱海丸 Atami Maru

SNo.750 東山丸 TOZAN MARU (1951)

東山丸
東山丸 Tozan Maru
67888/JINV 貨物船 4,649G/T 6,787D/W
起工 1951.1.16(昭26) 進水 1951.8.31(昭26) 竣工 1951.11.5(昭26)
Lpp 112.00 B 16.20 D 9.00 m 主機 D 3,500BHP 12.5/15kt
東日本重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 Sno.750 東邦海運株式会社(東京)
東山丸 TOZAN MARU 6次 SCAJAP No.T324
1962.2.15(昭37)合併に伴い新和海運(株)(東京)に移籍
1967.2.21(昭42)同和海運(株)(東京)に売却
1969.11.2(昭44)Binnehsa Line,Indonesiaに傭船中、門司からインドネシアに向けて航行中、南シナ海のCaptainsShoalで座礁、船体放棄、二つに切断。同月6日に沈没

SNo.749 高東丸 KOTOH MARU (1951)

高東丸
高東丸 Kotoh Maru
東日本重工業が建造した東洋汽船の昌洋丸(5次)の同型船として計画されたが加州米の輸入を考慮して全艙に木製シフティングボードを装備、貨物艙及び燃料油タンクの容積を増すなど船体寸法は一回り大型化された。
67926/JHNA 貨物船 7,187G/T 起工 1950.12.24(昭25) 進水 1951.6.18(昭26) 竣工 1951.11.8(昭26)
Lpp 131.00 B 18.50 D 10.40 m 主機 D 三菱横浜M.A.N. D6Z 4,700PS 16.13kt
東日本重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 Sno.749 大同海運株式会社(神戸)
高東丸 KOTOH MARU 6次 SCAJAP No.K355
1962.4.25(昭37)廣海汽船(株)(大阪)に売却、広進丸 KOSHIN MARU と改名
1971(昭46)1971年版日本船舶明細書より削除

SNo.781 東京丸 (1) TOKYO MARU (1952)

東京丸
東京丸 Tokyo Maru
9,000重量トン級の外航貨物船。
68427/JFPN 貨物船 6,573G/T 9,314D/W
起工 1951.4.9(昭26) 進水 1951.11.28(昭26) 竣工 1952.2.14(昭27)
Lpp 122.30 B 17.40 D 10.80 m 主機 D 三菱横浜M.A.N. K6Z72/130P 3,600PS 1基 12.7/14.3kt
東日本重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 Sno.781 東京丸型 東京船舶株式会社(東京)
東京丸 TOKYO MARU 6次追
1972.1(昭47)Cia. Topacio Naviera S.A.(Compania Topacio Navegation S.A.),Panamaに売却、NAGATAと改名
1974.9.24(昭49)Fuji Marden Co. Ltd., Hong Kongに売却
1975.10(昭50)解体

SNo.784 祥雲丸 SHOUN MARU (1952)

祥雲丸
祥雲丸 Shoun Maru
68977/JAEF 6,650G/T 10,017D/W 起工 1951.7(昭26) 進水 1952.3(昭27) 竣工 1952.5(昭27)
Lpp 130.00 B 18.30 D 9.90 m 主機 T 石川島 4,500SHP 1基 17.01kt
東日本重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 Sno.784 岡田商船株式会社(東京)
祥雲丸 SHOUN MARU 5次 SCAJAP No.S296

SNo.785 あすとりあ丸 ASTORIA MARU (1952)

あすとりあ丸
あすとりあ丸 Astoria Maru
69434/JATR 貨物船 7,611G/T 10,376D/W
起工 1951.12.26(昭26) 進水 1952.6.25(昭27) 竣工 1952.7.31(昭27)
Lpp 140.00 B 19.00 D 10.50 m 主機 D M.A.N. D8Z72/120P 8,500PS 1基 16.2/19.7kt
東日本重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 Sno.785 三菱海運株式会社(東京)
あすとりあ丸 ASTORIA MARU 7次後
1964(昭39)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1974.4.15(昭49)Formosa Marine Corp.,Panamaに売却、GUIN SANと改名
1974(昭49)Ta Fah Marine Co. S. A.,Panamaに移籍
1977(昭52)Cheer King Shipping S. A.,Panamaに売却、CHEER KINGと改名
1978(昭53)Tai Fu Nav. Corp.,Panamaに売却、THAI TRADERと改名
1979(昭54)台湾の高雄で解体

三菱日本重工業株式会社横浜造船所

秋田丸型 3隻 AKITA MARU Class (1952 - 1954)

秋田丸
秋田丸 Akita Maru
貨物船 Lpp 140.00 B 19.00 D 10.50 m 赤城丸型 日本郵船株式会社(東京)
Sno.786 秋田丸 (2) AKITA MARU 69444/JAUU 7,583G/T 10,123D/W
主機 D M.A.N. 8,500HP 1基 16/19.4kt
起工 1951.12.26(昭26) 進水 1952.7.18(昭27) 竣工 1952.9.10(昭27)
三菱日本重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 秋田丸 AKITA MARU 7次後
1972.11.13(昭47)神原汽船(株)(東京)に売却、トロピカル レインボー TOROPICAL RAINBOW と改名、貨客船に改造。日本/ニューギニア航路に就航
1977(昭52)Alijasim Shipping(Kuwait)に売却、AL-LOULOUAHと改名。同年、United Shipping Trading & Contracting Service(不詳)に売却、GULF PEARLと改名
1980(昭55)Ahmed Abdulwahal Al Marzouk(Kuwait)に移籍、同年台湾の高雄で解体
Sno.792 會津丸 AIZU MARU 71473/JDBB 7,598G/T 10,238D/W
主機 D M.A.N. D8Z72/125 8,500HP 1基 16/19.7kt
起工 1953.3.30(昭28) 進水 1953.7.24(昭28) 竣工 1953.9.25(昭28)
三菱日本重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 會津丸 AIZU MARU 9次前
1973.3.23(昭48)Great Fortune Nav. Co. S. A.(Panama)に売却、GREAT FORTと改名
1978(昭53)台湾の高雄で解体
會津丸
會津丸 Aizu Maru

1965.9 T.Mizushima
Sno.793 淺間丸 (2) ASAMA MARU 71807/JEFF 7,741G/T 10,361D/W
主機 D M.A.N. K9Z78/140A 8,500HP 1基 16/19.5kt
起工 1953.9.29(昭28) 進水 1953.12.26(昭28) 竣工 1954.4.1(昭29)
三菱日本重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 淺間丸 ASAMA MARU 9次後
1965.4.15(昭40)極東/東カナダ/五大湖航路に就航
1974.9.25(昭49)実生商船(株)(大阪)に売却
1977.9.25(昭52)Ceram Maritime Carriers Inc.(Panama)に売却、CERAM CAREERと改名
1979(昭54)香港で解体
淺間丸
淺間丸 Asama Maru

SNo.789 京都丸 KYOTO MARU (1952)

京都丸
京都丸 Kyoto Maru
69799/JGMS 貨物船 6,430G/T 9,262D/W
起工 1952.7.12(昭27) 進水 1952.10.31(昭27) 竣工 1952.12.16(昭27)
Lpp 122.30 B 17.40 D 10.80 m 主機 D 三菱横浜M.A.N. K6Z72/130P 3,900PS 1基 12.9/14.5kt
三菱日本重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 Sno.789 東京丸型 東京船舶株式会社(東京)
京都丸 KYOTO MARU 8次
1972.9(昭47)Cia. Topacio Naviera S.A. (Compania Topacio Navegation S.A.), Panamaに売却、FUSHIMIと改名
1976(昭51)Cia. Nav. S.A., Panamaに売却、TAICHUNGと改名
1978(昭53)Kaohsiung Compania Naviera S.A., Panamaに移籍
1981(昭56)Lloyd's Register 1981-1982年版より削除

SNo.788 さんるいす丸 (2) SANLOUIS MARU (1953)

さんるいす丸
さんるいす丸 Sanlouis Maru
70271/JAEA 油槽船 14,798G/T 21,344D/W
起工 1952.5.28(昭27) 進水 1952.12.17(昭27) 竣工 1953.2.25(昭28)
Lpp 163.00 B 21.60 D 11.90 m 主機 D 三菱横浜M.A.N. D8Z72/120 8,500PS 1基 14.5/15kt
三菱日本重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 Sno.788 三菱海運株式会社(東京)
さんるいす丸 SANLOUIS MARU 8次
1964.4.1(昭39)日本郵船(株)(東京)に移籍
1964.9.18(昭39)国土産業(株)(東京)に売却
1971(昭46)Venus Maritime Corp.,Panamaに売却、VENUS BOUNTYと改名
1974(昭49)Spyros Cia. Nav. S.A.,Greeceに売却、SPYROSと改名
1976(昭51)Ladon (panama) S.A.,Panamaに売却、UNION AFRICAと改名
1978(昭53)仁川で解体

SNo.790 青島丸 AOSHIMA MARU (1953)

青島丸
青島丸 Aoshima Maru
70721/JACJ 貨物船 6,659G/T 9,986D/W
起工 1952.10.4(昭27) 進水 1953.3.14(昭28) 竣工 1953.5.20(昭28)
Lpp 130.00 B 18.30 D 9.90 m 主機 T 石川島 5,000PS 1基 14.2/17.8kt
三菱日本重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 Sno.790 内外海運産業株式会社(東京)
青島丸 AOSHIMA MARU 8次
1956.9.22(昭31)飯野海運(株)(東京)に売却
1964.11.1(昭39)川崎汽船(株)(神戸)に売却
1969.8.15(昭44)Chang An Marine Corp.Ltd.,台湾に売却、EVER ISLANDと改名
1973.5.25(昭48)高雄で解体に着手

SNo.791 光栄丸 (2) KOEI MARU (1953)

光栄丸
光栄丸 Koei Maru
70942/JDAA 油槽船 12,220G/T 起工 1952.12.25(昭27) 進水 1953.5.28(昭28) 竣工 1953.7.25(昭28)
Lpp 163.00 B 21.60 D 11.90 m 14.5/15.45kt
三菱日本重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 Sno.791 日東商船株式会社(東京)
光栄丸 KOEI MARU
1964.4.1(昭39)合併に伴いジャパンライン(株)(東京)に移籍
1969.4.11(昭44)Far East Henrique Maritime Corp.,Liberiaに売却、GLORIAと改名
1977(昭52)Lloyd's Register 1977-1978年版より削除

SNo.795 さんらもん丸 (2) SAN RAMON MARU (1954)

さんらもん丸
さんらもん丸 San Ramon Maru
72448/JETD 油槽船 12,252G/T 18,747D/W
起工 1953.10.3(昭28) 進水 1954.5.31(昭29) 竣工 1954.7.22(昭29)
Lpp 163.00 B 21.60 D 11.90 m 主機 D 三菱横浜M.A.N. K9Z78/140A 8,500PS 1基 14.5/15kt
三菱日本重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 Sno.795 三菱海運株式会社(東京)
さんらもん丸 SAN RAMON MARU 9次後
1964.4.1(昭39)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1969.8.11(昭44)Limsan Corp. S.A.,Panamaに売却、LIMMONと改名。以後不詳

相模丸型 7隻 SAGAMI MARU Class (1955 - 1961)

相模丸
相模丸 Sagami Maru

T.Mizushima
欧州、西回り世界一周、ニューヨーク航路用として10次計画造船(昭和29年度)から16次(昭和34年度)までに建造された高速貨物船。戦前のS型の流れを汲みながらも船型、主機、溶接に格段の進歩が見られた。札幌丸と西京丸(三菱長崎建造)は船尾楼を有する凹甲板型を採用した。
貨物船 Lpp 145.00 B 19.50 D 12.30 m 主機 D M.A.N. K10Z78/140LAB 1基
三菱日本重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 日本郵船株式会社(東京)
Sno.801 相模丸 (4) SAGAMI MARU 73439/JJGF 9,415G/T 11,580D/W 12,000PS 17.7/20.9kt
起工 1954.11.6(昭29) 進水 1955.1.24(昭30) 竣工 1955.4.11(昭30) 相模丸 SAGAMI MARU 10次 船客 12
1974.11.6(昭49)Bria Nav. S. A.(Panama)に売却、BENNET BREEZEと改名
1979(昭54)Ocean Salt Carriers Ltd.(Panama)に売却。同年、高雄で解体
Sno.805 佐渡丸 (3) SADO MARU 74613/JQEU 9,575G/T 11,479D/W 12,000PS 17.7/20.7kt
起工 1955.10.4(昭30) 進水 1956.2.25(昭31) 竣工 1956.5.15(昭31) 佐渡丸 SADO MARU 11次 船客 12
1979.4.6(昭54)解体のため売却、多度津で解体
佐渡丸
佐渡丸 Sado Maru

1975.3.26 横浜港 - F.Hijikata
Sno.819 駿河丸 (2) SURUGA MARU 76797/JHWJ 9,564G/T 11,125D/W 12,000PS 20.48kt
起工 1956.9.26(昭31) 進水 1957.2.14(昭32) 竣工 1957.5.20(昭32) 駿河丸 SURUGA MARU 12次
1975.4.24(昭50)Ordy De Nav. S. A.(Panama)に売却、TOKELAUと改名
1978(昭53)高雄で解体
駿河丸
駿河丸 Suruga Maru
Sno.822 静岡丸 (2) SHIZUOKA MARU 81057/JKEG 9,365G/T 11,540D/W 12,000PS 20.65kt
起工 1957.8.24(昭32) 進水 1958.3.20(昭33) 竣工 1958.6.9(昭33) 静岡丸 SHIZUOKA MARU 13次
1978(昭53)Vilalara Maritime Inc.(Singapore)に売却、TOPAZ EXPRESSと改名
1982(昭57)ボンベイで解体
静岡丸
静岡丸 Shizuoka Maru

1965.6 清水港 - T.Mizushima
Sno.830 埼玉丸 SAITAMA MARU 83207/JFWG 9,385G/T 11,560D/W 12,000PS 20.8kt
起工 1958.12.30(昭33) 進水 1959.4.11(昭34) 竣工 1959.6.11(昭34) 埼玉丸 SAITAMA MARU 14次
1977(昭52)Java Maritime Carriers(Panama)に売却、JAVA CAREERと改名
1979(昭54)上海で解体
埼玉丸
埼玉丸 Saitama Maru

T.Mizushima
Sno.836 隅田丸 SUMIDA MARU 84347/JHWX 9,431G/T 11,876D/W 12,000PS 20.51kt
起工 1959.10.29(昭34) 進水 1960.2.13(昭35) 竣工 1960.6.28(昭35) 隅田丸 SUMIDA MARU 15次
1977(昭52)実生商船(株)(大阪)に売却
1980(昭55)Ordy De Nav. S. A.(Panama)に売却。同年、高雄で解体
隅田丸
隅田丸 Sumida Maru
Sno.846 札幌丸 SAPPORO MARU 87599/JJPL 9,605G/T 11,923D/W 12,000PS 20.85kt
起工 1961.2.15(昭36) 進水 1961.7.11(昭36) 竣工 1961.10.21(昭36) 札幌丸 SAPPORO MARU 16次
1980(昭55)高雄で解体
札幌丸
札幌丸 Sapporo Maru

H.Tanabe

ばあじにあ丸型 2隻 VIRGINIA MARU Class (1955 - 1956)

ばあじにあ丸
ばあじにあ丸 Virginia Maru
貨物船 Lpp 128.00 B 18.40 D 11.40 m 主機 D M.A.N. K6Z70/120LA 1基
三菱日本重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 三菱海運株式会社(東京)
Sno.802 ばあじにあ丸 VIRGINIA MARU 73743/JLCB 7,479G/T 11,345D/W 4,700PS 14.25/16.98kt
起工 1954.11.8(昭29) 進水 1955.4.21(昭30) 竣工 1955.6.15(昭30) ばあじにあ丸 VIRGINIA MARU 10次
1964.4.1(昭39)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1971(昭46)Carnation Shipping Co. Ltd.,Panamaに売却、CARNATIONと改名
1978(昭53)Good Fortune Nav. Pte.Ltd.,Panamaに売却、DRAGON PROSPECTと改名。同年、台湾の高雄で解体
Sno.815 じょうじあ丸 GEORGIA MARU 75653/JBWA 7,662G/T 11,295D/W 4,700PS 13.2/16.76kt
起工 1956.2.2(昭31) 進水 1956.9.20(昭31) 竣工 1956.12.10(昭31) じょうじあ丸 GEORGIA MARU
1964.4.1(昭39)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1969.7.8(昭44)Magnolia Line Inc.,Panamaに売却、CRYSTAL MAGNOLIAと改名
1973(昭48)Crystal Magnoliainc.,Panamaに移籍
1976(昭51)New Vitality Line S.A.,Panamaに売却、NEW VITALITYと改名
1979(昭54)大阪で解体
じょうじあ丸
じょうじあ丸 Georgia Maru

SNo.807 陽和丸 (2) YOWA MARU (1956)

陽和丸
陽和丸 Yowa Maru
75267/JRAI 貨物船 7,642G/T 起工 1955.12.14(昭30) 進水 1956.5.25(昭31) 竣工 1956.8.15(昭31)
Lpp 128.00 B 18.40 D 11.40 m 主機 D 4,700BHP 1基 14.25/17.03kt
三菱日本重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 Sno.807 日東商船株式会社(東京)
陽和丸 YOWA MARU
1964.4.1(昭39)合併に伴いジャパンライン(株)(東京)に移籍
1971.7.17(昭46)Evergreen Line S.A.,Panamaに売却、EVER FORTUNEと改名
1976(昭51)Ta Sin Line S.A.,Panamaに売却、GLORY RELIANCEと改名
1979(昭54)Hong Choon Hing Enterprise S.A.,Panamaに売却、LUCKY DRAGONと改名、同年、解体のためLung Fa Steel & Iron Co.,Taiwanに売却、高雄で解体

SNo.820 春洋丸 SHINYO MARU (1957)
79109/JHZA 油槽船 13,424G/T 21,221D/W 起工 1956.12(昭31) 進水 1957.8(昭32) 竣工 1957.9(昭32)
Lpp 167.00 B 22.00 D 12.30 m 主機 D 三菱横浜M.A.N. K7Z78/140C 9,500PS 1基 15.3/16.2kt
三菱日本重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 Sno.820 大洋商船株式会社(東京)
春洋丸 SHINYO MARU 12次後

SNo.821 ぐろうりあ丸 GLORIA MARU (1958)

ぐろうりあ丸
ぐろうりあ丸 Gloria Maru
80085/JLDY 貨物船 8,471G/T 11,700D/W
起工 1957.8.3(昭32) 進水 1957.11.21(昭32) 竣工 1958.2.25(昭33)
Lpp 137.00 B 19.00 D 11.80 m 主機 D 三菱横浜M.A.N. K6Z78/140C 8,200PS 1基 16/18.84kt
三菱日本重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 Sno.821 三菱海運株式会社(東京)
ぐろうりあ丸 GLORIA MARU
1964.4.1(昭39)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1976.5.28(昭51)Fides Corp. S.A.,Singaporeに売却、FIDES VENTUREと改名
1979(昭54)台湾の高雄で解体

SNo.828 さんくれめんて丸 (2) SAN CLEMENTE MARU (1958)

さんくれめんて丸
さんくれめんて丸 San Clemente Maru
81914/JFMW 油槽船 13,293G/T 20,932D/W
起工 1958.4.2(昭33) 進水 1958.7.29(昭33) 竣工 1958.10.31(昭33)
Lpp 167.00 B 22.00 D 12.30 m 主機 D 三菱横浜M.A.N. K7Z78/140C 9,500PS 1基 15.4/16.36kt
三菱日本重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 Sno.828 三菱海運株式会社(東京)
さんくれめんて丸 SAN CLEMENTE MARU
1964(昭39)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1966.9.14(昭41)Gosford Marine S.a.,Panamaに売却、ALBAMARと改名
1966(昭41)Fitzroy Maritime Panama S.a.,Panamaに移籍
1974(昭49)Cordoba Shipping Co. Ltd.,Liberiaに移籍
1976(昭51)Armatoriale Orseolo S. A. S.,Italyに売却、MARと改名
1982(昭57)Michele Looz, Italyに移籍
1987.12.14(昭62)解体のためPakistanの解体業者に売却、PakistanのGadani Beachに到着

日天丸 NITTEN MARU (1959)
84341/JHTN 油槽船 25,242G/T 40,279D/W 起工 1958.2(昭33) 進水 1958.6(昭33) 竣工 1959.3(昭34)
Lpp 204.40 B 28.80 D 14.70 m 主機 T 三菱神戸 Westinghouse衝動反動式 17,000PS 1基 17/17.5kt
三菱日本重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 日正汽船株式会社(東京)
日天丸 NITTEN MARU

SNo.833 富浦丸 (3) TOMIURA MARU (1959)

富浦丸
富浦丸 Tomiura Maru
83525/JDLX 鉱石専用船 10,168G/T 15,557D/W
起工 1959.3.11(昭34) 進水 1959.10.1(昭34) 竣工 1959.11.21(昭34)
Lpp 147.00 B 20.40 D 11.30 m 主機 D 三菱横浜M.A.N. K6Z70/120C 5,400PS 1基 13.1/16kt
三菱日本重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 Sno.833 三菱海運株式会社(東京)
富浦丸 TOMIURA MARU 14次
1959.11.21(昭34)三菱鉱石輸送(株)(東京)と共有
1964(昭39)合併に伴い日本郵船(株)(東京)と三菱鉱石輸送(東京)の共有
1975(昭50)Katounia Shipping Co. S.A.,Greeceに売却、PAPACAROLOSと改名
1982.4.30(昭57)1984.8.23までPiraeusに係船
1984.9.1(昭59)解体のため曳航されてスペインに到着

SNo.831 水島丸 MIZUSHIMA MARU (1960)

水島丸
水島丸 Mizushima Maru
84362/JIFX 油槽船 5,213G/T 40,983D/W
起工 1959.11.17(昭34) 進水 1960.4.26(昭35) 竣工 1960.8.31(昭35)
Lpp 204.40 B 28.80 D 14.70 m 主機 D M.A.N. K9Z78/140C 15,500PS 1基 15.5/16.5kt
三菱日本重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 Sno.831 三菱海運株式会社(東京)
水島丸 MIZUSHIMA MARU 15次
1964.4.1(昭39)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1968.9.10(昭43)Current Shipping Corp., Liberiaに売却、CURRENT TRADERと改名
1976(昭51)Sundene Charting Co. Inc., Liberiaに売却、VIKING TRADERと改名
1982(昭57)解体のためChina Dismantled Vessels Trading Corp., Taiwanに売却。同年12月24日、台湾の高雄に到着
1983.1.4(昭58)Shyeh Sheng Huat Steel & Iron Co., Ltd., Kaohsiungで解体開始。同月13日、解体完了

海竜丸 KAIRYU MARU (1961)
浚渫船(ドラグサクション) 2,647G/T
起工 1960.6.25(昭35) 進水 1960.9.20(昭35) 竣工 1961.2.4(昭36)
Lpp 85.00 B 14.60 D 7.00 m 主機 D 3,600BHP 2基 10.25/12.788kt
三菱日本重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 運輸省第二港湾建設局
海竜丸 KAIRYU MARU 本邦最初のトレーリング型ドラグサクション船

SNo.845 ブリジストン丸 BRIDGESTONE MARU (1962)

ブリジストン丸
ブリジストン丸 Bridgestone Maru
87600/JLYX LPG船 20,517G/T 25,626D/W
起工 1961.2.23(昭36) 進水 1961.11.7(昭36) 竣工 1962.1.31(昭37)
Lpp 175.00 B 25.00 D 16.70 m 主機 D 三菱横浜M.A.N. K9Z78/140C 13,000PS 1基 16/18.7kt
三菱日本重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 Sno.845 日本郵船株式会社(東京)
ブリジストン丸 BRIDGESTONE MARU
1962.1.31(昭37)三井石油(東京)と共有
1971.2.8(昭46)ブリヂストン液化ガス(株)株式会社(東京)に売却
1971(昭46)International Gas & Petrochemical Co.,Liberiaに売却、BRIDESTONE MULTINAと改名。同年、Bridestone Multina Shipping Co.,Liberiaに売却
1978(昭53)Contank Gas Carriers Co.,Liberiaに売却、CONTANK BRIDESTONEと改名
1979(昭54)Philippine National Oil Co.,Philippinesに売却、PNOC PETRON GASULと改名
1982(昭57)PETRON GASULと改名
1983(昭58)PETRO SEAと改名
1984(昭59)Sea Petro Co. Ltd.,Thailandに売却、SEA PETROと改名
1985(昭60)解体のために売却、同年2月、Thai International Steel Co. Ltd., Rayong, Thailandで解体開始

SNo.838 東城丸 (2) TOJO MARU (1962)

東城丸
東城丸 Tojo Maru
89259/JCQP 油槽船 25,104G/T 40,621D/W
起工 1961.3.27(昭36) 進水 1961.12.7(昭36) 竣工 1962.3.23(昭37)
Lpp 204.40 B 28.80 D 14.70 m 主機 D 三菱横浜M.A.N. K9Z84/160C 16,500PS 1基 15.7/16.7kt
三菱日本重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 Sno.838 新和海運株式会社(東京)
東城丸 TOJO MARU
1962.3.23(昭57) 解体のため、高雄で売却

かくたす丸 CACTUS MARU (1962)

かくたす丸
かくたす丸 Cactus Maru
89911/JQWS 油槽船 30,092G/T 49,837D/W 起工 1961.11(昭36) 進水 1962.3(昭37) 竣工 1962.6(昭37)
Lpp 216.00 B 30.50 D 15.50 m 主機 D 三菱横浜M.A.N. K9Z84/160C 17,100PS 1基 16.5/17.4kt
三菱日本重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 日正汽船株式会社(東京)
かくたす丸 CACTUS MARU

SNo.851 興津丸 (2) OKITSU MARU (1962)

興津丸
興津丸 Okitsu Maru
89966/JRYA 鉱石専用船 29,632G/T 50,752D/W
起工 1962.2.9(昭37) 進水 1962.7.2(昭37) 竣工 1962.9.30(昭37)
Lpp 210.00 B 31.00 D 15.50 m 主機 D 三菱横浜M.A.N. K9Z78/140C 13,000PS 1基 14.7/16.86kt
三菱日本重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 Sno.851 日本郵船株式会社(東京)
興津丸 OKITSU MARU 17次
1972.10.16(昭47)Aurora Austraris Cia. Armadora S.S., Liberiaに売却、SOROKOSと改名
1977(昭52)Evros Maritime Corp. & Naftiliakai Kai Ktimatikai Epichirisis Athinon A. E., Greeceに売却、EVROSと改名
1987.2.13(昭62)解体のため台湾の解体業者に売却、台湾の高雄に到着。同日、Groupship Iron & Steel, Ltd., Kaohsiungで解体開始

SNo.850 山梨丸 YAMANASHI MARU (1962)

山梨丸
山梨丸 Yamanashi Maru
89965/JRXA 貨物船 10,199G/T 11,903D/W
起工 1962.2.20(昭37) 進水 1962.7.19(昭37) 竣工 1962.10.22(昭37)
Lpp 150.00 B 20.80 D 12.30 m 主機 D M.A.N. K9Z84/160C 17,500PS 1基 19.7/23.6kt
三菱日本重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 Sno.850 日本郵船株式会社(東京)
山梨丸 YAMANASHI MARU 17次 船客 2
1979.4.27(昭54)解体のため売却、韓国の仁川に到着。同年5.23、Inchon Iron & Steel Co., Ltd., Inchonで解体開始

SNo.874 豊山丸 HOZAN MARU (1964)

豊山丸
豊山丸 Hozan Maru
開銀SB(スクラップアンドビルド)方式による建造船で同社の2A型戦標船榮昌丸、延慶丸がスクラップ引き当て船であった。
96076/JMOQ 木材運搬船 10,890G/T 16,024D/W
起工 1964.3.19(昭39) 進水 1964.6.10(昭39) 竣工 1964.9.15(昭39)
Lpp 142.00 B 21.80 D 11.90 m 主機 D 三菱横浜M.A.N. K6Z70/120C 6,600PS 1基 13.9/17.7kt
三菱日本重工業株式会社横浜造船所(横浜)建造 Sno.874 新和海運株式会社(東京)
豊山丸 HOZAN MARU
1964.9.15(昭39)日の丸汽船(株)(東京)と共有
1969(昭44)共有分を購入、単独保有
1972(昭47)昭和郵船(株)(東京)と共有
1975.10.3(昭50)Global Interseas Corp.,Piraeusに売却、ALYCIAと改名
1981(昭56)Sikasso Shipping Inc.,Piraeusに売却、NIKATORと改名
1984.11.18(昭59)解体のため売却、Karwarに到着
ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.10