船歴 本邦建造船17 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

三菱合資会社神戸造船所(神戸)

SNo.63 勝浦丸 KATSUURA MARU (1916)

勝浦丸
勝浦丸 Katsuura Maru
三菱長崎造船所の喜春丸型と同型。近海、沿海航路用に建造された。
19283/NCHP 貨物船 1,725G/T 2,379D/W
起工 1916.2.10(大5) 進水 1916.5.21(大5) 竣工 1916.7.18(大5)
Lpp 76.20(250'-0") B 11.51(37'-9") D 6.25(20'-6") m 主機 R 3連成 1,290IHP 1基 9/12.327kt
三菱合資会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.63 勝浦丸型 三菱合資会社(東京)
勝浦丸 KATSUURA MARU
1923.12.8(大12)近海郵船(株)(東京)に売却
1939.8.12(昭14)東亞海運(株)(東京)の設立に伴い移籍
1945.2.2(昭20)海壇島の北方(26.00N,120.00E)で座礁、沈没

綾葉丸型 2隻 AYAHA MARU Class (1917)

綾葉丸
綾葉丸 Ayaha Maru

City of Vancouver Archives
三菱合資長崎造船所が建造した染殿丸型と同型の5500総トン級の同社の標準型貨物船。三菱造船となってからも引き続き同型船が5隻建造された。
貨物船 Lpp 121.92(400'-0") B 16.61(54'-6") D 9.14(30'-0") m 主機 R 3連成 1基
1. Sno.65 綾葉丸 AYAHA MARU 19763/NFLM→JYVD 5,722G/T 8,465D/W 277/4,059HP 11.5/12.5kt
起工 1915.12.8(大4) 進水 1917.1.15(大6) 竣工 1917.2.24(大6)
三菱合資会社神戸造船所(神戸)建造 辰馬汽船株式会社(西宮)
綾葉丸 AYAHA MARU
1936.11.23(昭11)名古屋港沖で國際汽船の上海丸(4,103G/T)と衝突、舵機破損、第4番船艙に大穴
1940.5.10(昭15)フィリピンのマリンドケ島バラナガンから門司に向け航行中、男女群島の男島の南1.5km女島灯台東南の鮫瀬に濃霧のため座礁、沈没
2. Sno.66 呉葉丸 KUREHA MARU 5,699G/T 13.945kt
起工 1915.12.30(大4) 進水 1917.5.16(大6) 竣工 1917.6.18(大6)
三菱合資会社神戸造船所(神戸)建造 辰馬汽船株式会社(西宮)
呉葉丸 KUREHA MARU 日本船名録には未掲載
1917(大6)Messageries Maritimesに売却、COMMANDANT DORISEと改名
1951.10.15(昭26)ギリシャ船主に売却、MAROと改名
1954(昭29)SAN NICOLASと改名
1959(昭34)香港で解体
呉葉丸
COMMANDANT DORISE

M. M.

SNo.68 元明丸 GENMEI MARU (1917)
20604/NJVM→JBND 貨物船 3,180G/T 起工 1917.1.17(大6) 進水 1917.6.30(大6) 竣工 1917.8.8(大6)
Lpp 92.96(305'-0") B 13.34(43'-9") D 8.31(27'-3") m 主機 R 3連成 270NHP/2,093IHP 1基 10/12.689kt
三菱合資会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.68 上西汽船(神戸)
元明丸 GENMEI MARU 上西商会が発注
1922.7.24(大11)日本郵船(株)(東京)に売却
1923.3.31(大12)近海郵船(株)(東京)の設立に伴い出資
1939.9.8(昭14)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1943.12.15(昭18)チモール島デリーの東約8浬(9.30S,124.00E)で空爆により損傷。同日ラウタイム湾内で再度空爆を受けて大破、炎上。翌日日本軍の砲撃処分により沈没

三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)

織殿丸型 5隻 ORIDONO MARU Class (1917 - 1923)

織殿丸
織殿丸 Oridono Maru

1934.1.27 - City of Vancouver Archives
貨物船 Lpp 121.92(400'-0") B 16.61(54'-6") D 9.14(30'-0") m 主機 R 3連成 1基 綾葉丸型
1. Sno.69 織殿丸 ORIDONO MARU 21385/NPGQ→JCOD 5,150G/T 351NHP/3,942IHP 11.5/14.387kt
起工 1917.5.17(大6) 進水 1917.11.26(大6) 竣工 1917.12.20(大6)
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 辰馬汽船株式会社(西宮)
織殿丸 ORIDONO MARU
1942.5.10(昭17)ジャワ島のスラバヤ港沖(7.00N,112.30E)で触雷、沈没
2. Sno.71 函館丸 HAKODATE MARU 26015/RQWF→JMBD 5,285G/T 258NHP/3,721IHP 13.933kt
起工 1919.5.5(大8) 進水 1919.7.29(大8) 竣工 1919.9.10(大8)
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 辰馬汽船株式会社(神戸)
函館丸 HAKODATE MARU
1919(大8)建造中に日本郵船(株)(東京)に売却、函館丸 HAKODATE MARU と改名
1942.7.16(昭17)台湾の馬公からバンコクに向け航行中、仏印バレラ岬沖3浬(12.55N,109.29E)で 米潜SEADRAGON(SS-194)の雷撃により沈没
函館丸
函館丸 Hakodate Maru
3. Sno.91 馬拉加丸 MALACCA MARU 27242/SBVF→JNGD 5,374G/T 277NHP/3,800IHP 14.365kt
起工 1920.1.15(大9) 進水 1920.5.5(大9) 竣工 1920.6.7(大9)
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 日本郵船株式会社(東京)
馬拉加丸 MALACCA MARU
1939.5.4(昭14)Vizagapatamから大阪に向け航行中、Wood Islandの近くで座礁、沈没
4. Sno.92 廣祐丸 KOYU MARU 28928/SKVL→JNDA 5,324G/T 277NHP/3,800IHP 10/14.65kt
起工 1920.7.19(大9) 進水 1921.1.30(大10) 竣工 1923.4.29(大12)
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 廣海商事株式会社(神戸)
廣祐丸 KOYU MARU
1943.10.28(昭18)廣海汽船(株)(大阪)に移籍
1944.1.20(昭19)陸軍徴傭船としてニューギニアのサルミからパラオに向け航行中、パラオ沖(6.48N, 134.18E)で米潜GAR(SS-206)雷撃により沈没
1944.10.23(昭19)船籍を抹消
5. Sno.316 EASTERN VICTOR 5,831G/T 3,800HP 15.035kt
起工 1919.5.27(大8) 進水 1920.1.10(大9) 竣工 1920.3.18(大9)
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 U. S. Shipping Board(U. S. A.)
EASTERN VICTOR
1927(昭2)LATER PACIFIC CEDARと改名
1934(昭9)セメント運搬船に改造。SANTACRUZCEMENTと改名
1951(昭26)PERMANENTE CEMENTと改名
1965(昭40)解体
Sno.100から316に変更

金山丸型 3隻 KINZAN MARU Class (1918)
貨物船 Lpp 76.20(250'-0") B 11.51(37'-9") D 6.25(20'-6") m 主機 R 1基 勝浦丸型
1. Sno.75 金山丸 KINZAN MARU 22390/NTLD 1,704G/T 113NHP/1,000IHP 12.229kt
起工 1917.11.5(大6) 進水 1918.4.29(大7) 竣工 1918.6.20(大7)
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 橋本汽船株式会社(長崎)
金山丸 KINZAN MARU
1928.12(昭3)日清汽船(株)(東京)に売却
1931.2.2(昭6)中国の厦門(Amoy)の北西90浬沖で座礁、沈没
2. Sno.76 銀山丸 GINZAN MARU 23126/RBNG 1,704G/T 114NHP/1,000IHP 12.483kt
起工 1918.2.4(大7) 進水 1918.6.27(大7) 竣工 1918.8.30(大7)
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 橋本汽船株式会社(長崎)
銀山丸 GINZAN MARU
1928(昭3)武富 平作(京都・府中)に売却
1934(昭9)大阪汽船(神戸)に売却
1941.8.6(昭16)大東島から東京に向け航行中、徳之島の東20浬で遭難、沈没
3. Sno.81 大新丸 TAISHIN MARU 24067/RGSK→JDMA 1,714G/T 113NHP/IHP 10/12.1kt
起工 1918.6.11(大7) 進水 1918.11.7(大7) 竣工 1918.12.27(大7)
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 大正汽船株式会社(神戸)
大新丸 TAISHIN MARU
1920.12.27(大9)辰馬汽船(株)(西宮)に売却
1943.3(昭18)三菱造船(横浜)で海底電線敷設船の改造に着工、同年5月に完工
1944.2.5(昭19)マニラから昭南(シンガポ-ル)に向け航行中、フィリピンのミンドロ島沖(13.08N,120.26E)で米潜FLASHER(SS-249)の雷撃により沈没

SNo.79 鴛鴦丸 OSHI MARU (1918)
曳船 70G/T 起工 1918.5.1(大7) 進水 1918.6.15(大7) 竣工 1918.10.12(大7)
Lpp 22.86(75'-0") B 5.18(17'-0") D 2.67(8'-9") m 主機 R 9.454kt
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.79 三菱造船株式会社神戸造船所
鴛鴦丸 OSHI MARU 読み方不詳。ストックボート

SNo.80 鵯丸 HIYODORI MARU (1918)
曳船 70G/T 起工 1918.5.1(大7) 進水 1918.6.20(大7) 竣工 1918.11.12(大7)
Lpp 22.86(75'-0") B 5.18(17'-0") D 2.67(8'-9") m 主機 R 8.8125kt
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.80 三菱造船株式会社神戸造船所
鵯丸 HIYODORI MARU ストックボート

SNo.88 伊吹丸 IBUKI MARU (1919)
25995/RQTM トロール漁船 225G/T 起工 1919.9.1(大8) 進水 1919.11.3(大8) 竣工 1919.12.5(大8)
Lpp 35.97(118'-0") B 6.81(22'-4") D 3.89(12'-9") m 主機 R 1基 11.118kt
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.88 共同漁業株式会社(土生)
伊吹丸 IBUKI MARU

SNo.89 六甲丸 ROKKO MARU (1919)

六甲丸
六甲丸 Rokko Maru
トロール漁船 225G/T 起工 1919.9.23(大8) 進水 1919.11.25(大8) 竣工 1919.12.13(大8)
Lpp 35.97(118'-0") B 6.81(22'-4") D 3.89(12'-9") m 主機 R 1基 11.328kt
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.89 共同漁業株式会社
六甲丸 ROKKO MARU 國司浩助名義で建造

サマラン丸型 3隻 SAMARANG MARU Class (1920 - 1921)

サマラン丸
サマラン丸 Samarang Maru
新三菱神戸造船所の社史では貨物船となっているが旅客数より貨客船に分類した。
貨客船 Lpp 105.16(345'-0") B 15.24(50'-0") D 8.86(29'-1") m 主機 R 3連成 1基
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 南洋郵船株式会社(東京)
1. Sno.82 サマラン丸 (1) SAMARANG MARU 26208/RSMD→JSOD→JAJA 4,013G/T 6,317D/W 196NHP/3,400IHP 10/14.251kt
起工 1919.11.3(大8) 進水 1920.2.21(大9) 竣工 1920.3.31(大9) サマラン丸 SAMARANG MARU 船客 1等(5室)20 3等(1室)50 SCAJAP No.S011
1935.7.6(昭10)南洋海運(株)(東京)の設立に伴い現物出資
1949.7.16(昭24)東京船舶(東京)に移籍
1950.3.29(昭25)藤永田造船所でLR船級再取得工事完工
1959.7(昭34)太平洋汽船(株)(東京)に売却
1960.8.31(昭35)解体のため春日海事に売却、堺で解体
2. Sno.83 チェリボン丸 TJIREBON MARU 26828/RWFL→JCWD 4,031G/T 6,296D/W 203NHP/3,500IHP 10/14.281kt
起工 1920.5.17(大9) 進水 1920.8.30(大9) 竣工 1921.2.7(大10) チェリボン丸 TJIREBON MARU 船客 1等(7室)26 3等(1室)37
1935.7.6(昭10)南洋海運(株)(東京)の設立に伴い現物出資
1942.11.27(昭17)アッツ島(概位53.0N,173.0E)で空爆により沈没
養老丸として建造中、船主(未確認)の金融難で解約後南洋郵船と成約し完工。
3. Sno.85 マカッサ丸 MACASSAR MARU 26862/RWHQ→JNVD 4,014G/T 6,300D/W 203NHP/3,300IHP 10/13.601kt
起工 1920.8.18(大9) 進水 1920.11.27(大9) 竣工 1920.12.24(大9) マカッサ丸 MACASSAR MARU 船客 1等(7室)26 3等(1室)35
1935.7.6(昭10)南洋海運(株)(東京)の設立に伴い現物出資
1944.10.7(昭19)フィリピン方面(17.30N,119.52E)で米潜ASPRO(SS-309)の雷撃により沈没

SNo.90 第廿六共同丸 KYODO MARU No.26 (1920)
金山丸(Sno.75)型貨物船をもとにして建造された貨客船。
26211/RSMH→JSUB 貨客船 2,012G/T 起工 1919.11.15(大8) 進水 1920.3.10(大9) 竣工 1920.4.15(大9)
Lpp 76.20(250'-0") B 11.51(37'-9") D 6.17(20'-3") m 主機 R 3連成 1,245IHP 1基 12.484kt
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.90 阿波國共同汽船株式会社(小松島)
第廿六共同丸 KYODO MARU No.26 船客 1等8 2等31 3等150
1936.4.1(昭11)川崎汽船(株)(神戸)に売却、昌壽丸 Shoju Maru と改名
1943.8.5(昭18)海軍徴傭船として行動中、南鳥島付近(28-30N,158-50E)で米潜PICUDA(SS-382)の雷撃により沈没

SNo.94 ばいかる丸 BAIKAL MARU (1921)

ばいかる丸
ばいかる丸 Baikal Maru
大阪商船が大連航路用に新造した同社では初のタービン主機の貨客船。当時の海上人命安全会議が規定した英国商務院の規定に基づいて設計された。船体工事は三菱神戸造船所、艤装工事は同長崎造船所で行った。
28078/SGKJ→JBPA 貨客船 5,243G/T 4,848D/W
起工 1920.12.1(大9) 進水 1921.5.10(大10) 竣工 1921.9.15(大10)
Lpp 121.92(400'-0") B 15.24(50'-0") D 9.14(30'-0") m 主機 T 三菱Parsons S. G. 5,500SHP 2基 13/17.283kt
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.94 大阪商船株式会社(大阪)
ばいかる丸 BAIKAL MARU 船客 1等 92 2等 140 3等 568 SCAJAP No.B001
1921.9.15(大10)艤装工事は長崎造船所(Sno.344)で施行、完成
1939.8.12(昭14)東亞海運(株)(東京)に売却
1945.5.14(昭20)大分県姫島沖で触雷、座礁。戦後、浮揚
1949.10.20(昭24)極洋捕鯨(株)(東京)に売却
1950.3.9(昭25)佐野安船渠(大阪)で近海捕鯨工船に改造完成
1951.10.10(昭26)日立造船(因島)で南氷洋捕鯨工船に改造完成。5,504G/T、Loa:128.01m 主機D)新潟M8F43A 1,800PS 2基2軸
1951.10.13(昭26)ばいかる丸船団、初の南氷洋捕鯨母船として出漁(マッコウクジラだけの条件付き)
1952.3(昭27)小笠原周辺の最後の母船式捕鯨へ出漁
1952.7.10(昭27)第1次北洋捕鯨へ初出漁。大洋漁業、日本水産、極洋捕鯨の3社共同の母船として横浜を出航。同年9.29帰港
1955.3.1(昭30)飯野重工で冷凍工船に改装、極星丸 KYOKUSEI MARU と改名
1955.5.2(昭30)第2次北洋サケ・マス漁業に極星丸船団が釧路を出航
1968(昭43)解体



改造中のばいかる丸 Baikal Maru
昭和24年(1949)10月から翌年3月にかけて佐野安船渠で近海鯨工船に改造中のばいかる丸。船尾には既にスリップウェイが設けられ煙突も2本並行に据え付けられた。昭和26年(1951)には南氷洋鯨工船に改造された。

SNo.97 60t屯型起重機船 KIJUKI-SEN 60TON TYPE (1921)
起重機船 起工 1921.2.1(大10) 進水 1921.6.8(大10) 竣工 1921.11.2(大10)
Lpp 30.48(100'-0") B 16.46(54'-0") D 3.05(10'-0") m
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.97 三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)
60t屯型起重機船 KIJUKI-SEN 60TON TYPE 60t型 排水量872.5T

第二五号艇型 2隻 No.25 Class (1920)

第二五号艇
第二五号艇 No.25
三菱造船神戸造船所が初めて建造した潜水艦。技術提携により英国Vickers社のL型潜水艦を2隻建造しL1型と称した。最初の艦名は第八二号艇まで三菱造船の社史による。
二等潜水艦 Loa 70.59 B 7.16 d 3.89 m 主機 D Vickers 2基
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 L1型 海軍省(東京)
1. Sno.101 第二五号艇 No.25 893T 2,400/1,600BHP 17/8kt
起工 1918.8.10(大7) 進水 1919.10.10(大8) 竣工 1920.6.30(大9) 第二五号艇 No.25 発射管 18'-0"x6(前4 中央2)
1920.6.30(大9)第二十五潜水艦と命名、二等潜水艦に類別
1924.11(大13)呂號第五十一潜水艦 Ro 51 と改名
1940.4.1(昭15)除籍
2. Sno.102 第二六号艇 No.26 893T 2,400/1,600BHP 17/8kt
起工 1918.8.10(大7) 進水 1920.3.9(大9) 竣工 1920.11.30(大9) 第二六号艇 No.26
1920.11.30(大9)第二十六潜水艦と命名、二等潜水艦に類別
1924.11(大13)呂號第五十二潜水艦 Ro 52 と改名
1932.4.1(昭7)除籍

SNo.111 満珠 MANJU (1922)
木造モーターボート 13G/T 起工 1921.3.10(大10) 進水 1921.6.15(大10) 竣工 1922.3.2(大11)
Lpp 13.72(45'-0") B 3.05(10'-0") D 1.52(5'-0") m 主機 G ガソリン 60HP 1基 9.83kt
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.111 神戸税関
満珠 MANJU 速力はマイル

SNo.112 干珠 KANJU (1921)
木造モーターボート 13G/T 起工 1921.4.1(大10) 進水 1921.5.14(大10) 竣工 1921.12.21(大10)
Lpp 13.72(45'-0") B 3.05(10'-0") D 1.52(5'-0") m 主機 G ガソリン 60HP 1基 10.32kt
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.112 神戸税関
干珠 KANJU 速力はマイル

播州丸型 2隻 BANSHU MARU Class (1921)

播州丸
播州丸 Banshu Maru

S.Kizu
下関を根拠地として汽船トロール漁業の経営を開始した(株)林兼商店が初めて建造した近海用のトロール漁船。初期の所有者名義は創業者の中部幾次郎となっている。
トロール漁船 Lpp 37.19(122'-0") B 6.93(22'-9") D 3.96(13'-0") m 主機 R 3連成 1基
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 中部幾次郎(下関)
1. Sno.113 播州丸 BANSHU MARU 28261/SHFN 234G/T 55NHP/550IHP 10/11.778kt
起工 1921.9.1(大10) 進水 1921.11.24(大10) 竣工 1921.12.15(大10) 播州丸 BANSHU MARU
2. Sno.114 第二播州丸 BANSHU MARU No.2 28262/SHFP 234G/T 55NHP/5,500IHP 10/11.576kt
起工 1921.9.4(大10) 進水 1921.11.5(大10) 竣工 1921.11.28(大10) 第二播州丸 BANSHU MARU No.2
第二播州丸
第二播州丸 Banshu Maru No.2

S.Kizu

景福丸型 3隻 KEIFUKU MARU Class (1922 - 1923)

景福丸
景福丸 Keifuku Maru
鐵道省が關釜航路の旅客増加に対応するために3隻計画した旅客輸送主体の鉄道連絡船で三菱神戸造船所でも初の本格的な旅客船の建造であった。巡洋艦型船尾を有し高速力を得るため主機には4,010軸馬力のタービン2基を搭載し昌慶丸は公試運転で20.49ノットの高速力を記録した。この主機は同社長崎造船所から技術移入して製作された初のパーソンス・タービンであった。
渡峡船 Lpp 109.73(360'-0") B 14.02(46'-0") D 8.53(28'-0") m 主機 T 三菱Parsons 2基
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 鐵道省(東京)
1. Sno.95 景福丸 KEIFUKU MARU 28539/SJGH→JPHD 3,619G/T 675D/W 8,514SHP 19.776kt
起工 1921.3.15(大10) 進水 1921.11.22(大10) 竣工 1922.4.20(大11) 景福丸 KEIFUKU MARU 船客 1等 45 2等 214 3等 690 SCAJAP No.K111
1923.9.7(大12)関東大震災による東海道本線東京/三島間が不通のため高麗丸と共に10.28まで芝浦/清水港間(9.28からは横浜/清水港間)で一般客、被災者の海上輸送に従事
1938.1.23(昭13)下関海峡巌流島付近で徳壽丸と衝突、徳壽丸は浸水のため沈座
1943.11.1(昭18)運輸通信省(東京)に移籍
1945.5.19(昭20)運輸省鉄道総局(東京)に移籍
1949.6.1(昭24)日本国有鉄道(東京)に移籍
1953(昭28)函館港に係船、海上ホテルとなる
1957(昭32)解体
2. Sno.96 徳壽丸 TOKUJU MARU 29041/SLJN→JFBD 3,619G/T 656D/W 8,479SHP 19.901kt
起工 1921.6.15(大10) 進水 1922.4.1(大11) 竣工 1922.10.26(大11) 徳壽丸 TOKUJU MARU 船客 1等 45 2等 203 3等 690 SCAJAP No.T081
1936.11.13(昭11)下関巌流島沖でノルウェー汽船と接触
1938.1.13(昭13)釜山から下関に入港中の僚船景福丸が左舷中央部に衝突し、本船は短艇甲板上部を海上に残したまま沈座。同年4.1浮揚、7.21に再就航
1943.11.1(昭18)運輸通信省(東京)に移籍
1945.5.19(昭20)運輸省鉄道総局(東京)に移籍
1947.1(昭22)下関港に係船
1947.7.8(昭22)樺太からの引揚者輸送のため下関港を出航、昭24.8.1まで続行(冬期結氷期間12/13-3/15を除く)
徳壽丸
徳壽丸 Tokuju Maru
3. Sno.116 昌慶丸 SHOKEI MARU 29053/SLQK→JKJA 3,619G/T 657D/W 9,163SHP 20.492kt
起工 1922.1.25(大11) 進水 1922.9.9(大11) 竣工 1923.2.28(大12) 昌慶丸 SHOKEI MARU 船客 1等 45 2等 204 3等 629 SCAJAP No.S117
1943.11.1(昭18)運輸通信省(東京)に移籍
1945.5.19(昭20)運輸省鉄道総局(東京)に移籍
1949.6.1(昭24)日本国有鉄道(東京)に移籍
1955.3.6(昭30)下関から函館へ回航、訓練船となる
1957.10.18(昭32)訓練船廃止
昌慶丸
昌慶丸 Shokei Maru

比良型 2隻 HIRA Class (1923)

比良
比良 Hira

上海 1935-1936
三菱造船神戸造船所では初めて建造された砲艦。仮組立て後に解体して漢口に運搬され同地で再組立てされた。
砲艦 L 54.86(180'-0") B 8.23(27'-0") m 主機 R 3連成 2基
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 勢田型 海軍省(東京)
1. Sno.117 比良 HIRA 305T 2,100IHP 16.283kt
起工 1922.4.17(大11) 進水 1923.3.24(大12) 竣工 1923.8.24(大12) 比良 HIRA
2. Sno.118 保津 HOZU 305T 2,100IHP 16.117kt
起工 1922.4.17(大11) 進水 1923.4.19(大12) 竣工 1923.11.7(大12) 保津 HOZU
保津
保津 Hozu

黄浦江 1935-1936

山陽丸型 2隻 SANYO MARU Class (1923)

山陽丸
山陽丸 Sanyo Maru
鉄道連絡船 Lpp 42.67(140'-0") B 8.69(28'-6") D 3.81(12'-6") m 主機 T 2基
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 鐵道省(東京)
1. Sno.127 山陽丸 SANYO MARU 29418/SMWR→JCKE→JHWR→JBZI 561G/T 355SHP 13.891kt
起工 1923.1.8(大12) 進水 1923.4.17(大12) 竣工 1923.6.20(大12) 山陽丸 SANYO MARU SCAJAP No.S110船客 2等158 3等899
1923.6.29(大12)宇高航路に就航
1943.11.1(昭18)運輸通信省(東京)に移籍
1945.5.18(昭20)運輸省(東京)に移籍
1953.9(昭28)宇高航路を引退
1953.9.7(昭28)広瀬産業(大阪)に売却
1956(昭31)岸本 熊一(木江)に売却、東光丸と改名。改造工事。主機をD 350 PSに換装
1959(昭34)渡辺俊夫(大三島)に売却
1968.5.18(昭43)泉大津で解体開始
2. Sno.128 南海丸 NANKAI MARU 29427→69566/SNBK→JCLE→JRPD
561G/T 700SHP 13.861kt
起工 1923.1.8(大12) 進水 1923.4.18(大12) 竣工 1923.6.25(大12) 南海丸 NANKAI MARU SCAJAP No.N057
1923.7.3(大12)宇高航路に就航
1943.5.12(昭18)座礁、沈没。後に浮揚
1943.11.1(昭18)運輸通信省(東京)に移籍
1945.5.18(昭20)運輸省(東京)に移籍
1949.6.1(昭24)日本国有鉄道(東京)に移籍
1950.11.19(昭25)宇高航路を引退
1953.9.7(昭28)解体のため広瀬産業(大阪)に売却、解体されず転売
1956(昭31)藤田 邦弘(愛媛・吉海)に売却、新生丸 SHINSEI MARUと改名、改造工事、No.69566/JRPD 456G/T 9/10kt 主機 H 260 HP
1963(昭38)和洋汽船(高知)に売却
1965.9(昭40)広島の沼隈で解体開始
南海丸
南海丸 Nankai Maru

SNo.148 第一北辰丸 HOKUSHIN MARU No.1 (1923)
28953/SLBF 貨客船 105G/T 起工 1923.5.12(大12) 進水 1923.7.7(大12) 竣工 1923.7.16(大12)
Lpp 25.91(85'-0") B 5.49(18'-0") D 2.90(9'-6") m 主機 R 3連成 1基 10.382kt
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.148 株式会社北辰会(神戸)
第一北辰丸 HOKUSHIN MARU No.1

SNo.133 直島丸 NAOSHIMA MARU (1923)
曳船 40G/T 起工 1923.5.1(大12) 進水 1923.7.12(大12) 竣工 1923.7.26(大12)
Lpp 17.68(58'-0") B 4.27(14'-0") D 2.06(6'-9") m 主機 R 1基 8.775kt
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.133 内務省神戸土木出張所
直島丸 NAOSHIMA MARU

SNo.134 豊島丸 TESHIMA MARU (1923)
曳船 40G/T 起工 1923.5.21(大12) 進水 1923.7.28(大12) 竣工 1923.8.15(大12)
Lpp 19.81(65'-0") B 4.88(16'-0") D 2.06(6'-9") m 主機 R 1基 9.117kt
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.134 内務省神戸土木出張所
豊島丸 TESHIMA MARU

音戸丸型 3隻 ONDO MARU Class (1924 - 1925)

音戸丸
音戸丸 Ondo Maru
主機の600馬力ディーゼル機関は英国ヴィッカース・アームストロング社から輸入して装備、甲板補機械も全て電化した。本船はディーゼル船のため煙突不要論もあったが社標取り付けの関係上煙出しの周囲に櫓を設けた。
旅客船 Lpp 51.82(170'-0") B 8.53(28'-0") D 5.56(18'-3") m 主機 D Vickers 1基
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 大阪商船株式会社(大阪)
1. Sno.130 音戸丸 ONDO MARU 29085/SPFL→JMPE 688G/T 285D/W 600PS 12.346kt
起工 1923.6.4(大12) 進水 1923.11.10(大12) 竣工 1924.1.25(大13) 音戸丸 ONDO MARU
1935.3.2(昭10)攝陽商船(株)(大阪)に売却
1938.10.21(昭13)日清汽船(株)(東京)に売却
1939.8.5(昭14)東亞海運(株)(東京)の設立に伴い移籍。太平洋戦争で戦没、詳細不明
2. Sno.152 早鞆丸 HAYATOMO MARU 30368/STGB→JMRE 697G/T 296D/W 600BHP 11/12.322kt
起工 1924.7.15(大13) 進水 1924.12.15(大13) 竣工 1925.3.26(大14) 早鞆丸 HAYATOMO MARU
1935.3.4(昭10)攝陽商船(株)(大阪)に売却
1942.5.4(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴い移籍
1961.1.16(昭36)佐野安船渠(株)(大阪)に売却、解体
早鞆丸
早鞆丸 Hayatomo Maru

S.Kizu
3. Sno.153 三原丸 MIHARA MARU 30369/STGJ→JMSE 697G/T 298D/W 600BHP 12.316kt
起工 1924.7.15(大13) 進水 1925.1.14(大14) 竣工 1925.3.31(大14) 三原丸 MIHARA MARU
1935.3.1(昭10)攝陽商船(株)(大阪)に売却
1942.3(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴い移籍
1944.9.13(昭19)フィリピンのスリガオ海峡(レガスピー沖)(10.30N,125.30E)で空爆により沈没
三原丸
三原丸 Mihara Maru

S.Kizu

SNo.129 進徳丸 SHINTOKU MARU (1924)

進徳丸
進徳丸 Shintoku Maru
神戸高等商船学校用に新造された大型の練習帆船。学生室は5室あり他に食堂、図書室、自習室、実験室等を完備した。帆装設計は英国に依頼したが、竣工時の帆装は展縮帆が困難であったため昭和5年(1930)にガフを増やしてブームスルを上下2枚に分ける等の改良を施した。
29796/SPMH→JOYA→JEQJ 練習船 2,518G/T
起工 1923.7.28(大12) 進水 1923.12.9(大12) 竣工 1924.2.25(大13)
Lpp 85.34(280'-0") B 13.41(44'-0") D 8.08(26'-6") m 主機 R 3連成 625IHP 2基 10.361kt
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.129 神戸高等商船学校(神戸)
進徳丸 SHINTOKU MARU 帆船(4檣バーカンティーン型) SCAJAP No.S154
1943.4.1(昭18)逓信省海務院に航海訓練所設置、日本丸、海王丸、大成丸と共に同所へ移管
1943.11.1(昭18)官制改正のため航海訓練所は運輸通信省海運総局へ移管
1945.5.19(昭20)運輸省航海訓練所(東京)に移籍
1945.6.24(昭20)兵庫県二東見港外で空爆により擱坐
1946.8.20(昭21)三菱神戸造船所により浮揚に成功、同所に曳航して修理
1947.5.30(昭22)汽船練習船として再就航。2,792G/T 7.5/9.5kt.に変更
1962.12.20(昭37)進徳丸(2代)の就航に伴い神戸港外に係船
1965.3.16(昭40)神戸商船大学(神戸)に移管、財団法人進徳丸保存会により保存

SNo.154 第二十六播州丸 BANSHU MARU No.26 (1924)

第二十六播州丸
第二十六播州丸 Banshu Maru No.26

下関
30049/SQFN 冷凍/冷蔵運搬船 225G/T 起工 1924.3.29(大13) 進水 1924.7.5(大13) 竣工 1924.8.9(大13)
Lpp 35.05(115'-0") B 6.40(21'-0") D 3.56(11'-8") m 主機 D Sulzer & Brothers 410PS 1基 10.453kt
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.154 中部幾次郎(神戸)
第二十六播州丸 BANSHU MARU No.26
1926(大15)青森から新潟に向け航行中に沈没

SNo.155 第二十七播州丸 BANSHU MARU No.27 (1924)
30051/SQNH 冷凍/冷蔵運搬船 225G/T
起工 1924.3.29(大13) 進水 1924.7.10(大13) 竣工 1924.8.24(大13)
Lpp 35.05(115'-0") B 6.40(21'-0") D 3.56(11'-8") m 主機 D Sulzer & Brothers 410PS 1基 10.424kt
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.155 中部幾次郎(神戸)
第二十七播州丸 BANSHU MARU No.27
1926(大15)青森から清津に向け航行中に沈没

SNo.164 第一宮島丸 MIYAJIMA MARU No.1 (1925)
山陽本線宮島駅と宮島を結ぶ旅客用連絡船。
旅客船 46G/T 起工 1925.3.5(大14) 進水 1925.6.4(大14) 竣工 1925.6.17(大14)
Lpp 18.29(60'-0") B 4.57(15'-0") D 1.75(5'-9") m 主機 D 60BHP 1基 7.156kt
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.164 広島瓦斯電気
第一宮島丸 MIYAJIMA MARU No.1

SNo.165 第ニ宮島丸 MIYAJIMA MARU No.2 (1925)
旅客船 46G/T 起工 1925.3.5(大14) 進水 1925.6.4(大14) 竣工 1925.6.17(大14)
Lpp 18.29(60'-0") B 4.57(15'-0") D 1.75(5'-9") m 主機 D 60BHP 1基 7.312kt
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.165 広島瓦斯電気
第ニ宮島丸 MIYAJIMA MARU No.2

SNo.166 第三宮島丸 MIYAJIMA MARU No.3 (1925)
旅客船 71G/T 起工 1925.3.5(大14) 進水 1925.6.4(大14) 竣工 1925.6.17(大14)
Lpp 21.95(72'-0") B 5.49(18'-0") D 2.13(7'-0") m 主機 G ガソリン 1基 6.18kt
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.166 広島瓦斯電気
第三宮島丸 MIYAJIMA MARU No.3

SNo.163 第一泉丸 IZUMI MARU No.1 (1925)
曳船 119G/T 起工 1925.3.10(大14) 進水 1925.6.25(大14) 竣工 1925.8.11(大14)
Lpp 23.47(77'-0") B 6.40(21'-0") D 3.20(10'-6") m 主機 R 2基 10.199kt
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.163 住友倉庫
第一泉丸 IZUMI MARU No.1

SNo.162 第二泉丸 IZUMI MARU No.2 (1925)
曳船 71G/T 起工 1925.3.10(大14) 進水 1925.5.26(大14) 竣工 1925.6.30(大14)
Lpp 21.34(70'-0") B 5.18(17'-0") D 2.59(8'-6") m 主機 R 2基 10.171kt
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.162 住友倉庫
第二泉丸 IZUMI MARU No.2

SNo.167 長田丸 NAGATA MARU (1925)
曳船 118G/T 起工 1925.5.1(大14) 進水 1925.8.8(大14) 竣工 1925.9.28(大14)
Lpp 23.47(77'-0") B 6.40(21'-0") D 3.20(10'-6") m 主機 R 2基 9.61kt
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.167 三菱造船株式会社神戸造船所
長田丸 NAGATA MARU

大連丸型 3隻 DAIREN MARU Class (1925 - 1930)

大連丸
大連丸 Dairen Maru

S.Kizu
同所で先に建造された鐵道省の景福丸型を貨客船に設計変更して建造された。4等客室は貨物艙を兼ねた。
貨客船 Lpp 109.76(360'-0") B 14.02(46'-0") D 8.69(28'-6") m 主機 T 2基
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 大連汽船株式会社(神戸)
1. Sno.157 大連丸 DAIREN MARU 関237/QBVK→JGAB 3,748G/T 3,015D/W 4,000SHP 15/17.23kt
起工 1924.12.1(大13) 進水 1925.7.8(大14) 竣工 1925.10.15(大14) 大連丸 DAIREN MARU 船客 1等55 2等34 3等200
1944.11.30(昭19)大連から門司に向け航行中、朝鮮の仁川西方(38.08N,124.35E)で米潜SUNFISH(SS-281)の雷撃により沈没
2. Sno.185 奉天丸 HOTEN MARU 関277/QCBK→JPJC 3,975G/T 2,849D/W 4,000SHP 14.2/17.91kt
起工 1927.9.15(昭2) 進水 1928.2.25(昭3) 竣工 1928.5.31(昭3) 奉天丸 HOTEN MARU 船客 1等)65 2等)27 3等)200
1944.10.18(昭19)北サンフェルナンドから高雄に向け航行中、フィリピンのルソン島北方、カミグィン島付近(8.35N,124.00E)で空爆により沈没
奉天丸
奉天丸 Hoten Maru
3. Sno.205 長春丸 CHOSHUN MARU 関393/QCMG→JPLC 4,026G/T 2,806D/W 3,300SHP 17.22kt
起工 1929.11.12(昭4) 進水 1930.5.31(昭5) 竣工 1930.8.23(昭5) 長春丸 CHOSHUN MARU 船客 1等)84 2等)27 3等)220
1932.7.6(昭7)中国の青島東方70浬の千里島付近で触礁、自力で海陽島に任意座洲、後に沈没
1932.12(昭7)東京サルヴエージの那須丸によって浮揚に成功長崎で修復工事
1933.7.10(昭8)中国の青島から大連に向け航行中、山東角沖で支那汽船の図南号と衝突、相手船が沈没
1933.12(昭8)青島丸TSINGTAO MARUと改名
1944.10.18(昭19)北サンフェルナンドから高雄に向け航行中、ルソン島北方カミグィン島付近(8.35N,124.00E)で空爆により沈没
長春丸
島丸 Tsingtao Maru

S.Kizu

SNo.173 初鷹丸 HATSUTAKA MARU (1926)
漁業取締船 283G/T 起工 1925.10.1(大14) 進水 1925.12.19(大14) 竣工 1926.1.30(大15)
Lpp 39.01(128'-0") B 7.09(23'-3") D 4.04(13'-3") m 主機 R 1基 13.261kt
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.173 農林省水産局
初鷹丸 HATSUTAKA MARU

SNo.177 運銑丸 UNSEN MARU (1926)
貨物船 106G/T 起工 1926.4.26(大15) 進水 1926.8.26(大15) 竣工 1926.10.8(大15)
Lpp 24.38(80'-0") B 6.71(22'-0") D 2.44(8'-0") m 主機 D 120BHP 1基 7.316kt
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.177 日鐵八幡製鐵所
運銑丸 UNSEN MARU 溶銑運搬船

那智丸型 2隻 NACHI MARU Class (1926 - 1927)

那智丸
那智丸 Nachi Maru
音戸丸型に引き続いて三菱神戸造船所で建造された大阪商船の国内航路用旅客船。主機は音戸丸型と同じ三菱ヴィッカースディーゼル機関を採用、これは三菱神戸造船所が初めて製作したディーゼル機関であった。同所は大正時代から英国ヴィッカース・アームストロング社と潜水艦用主機の技術提携を行っている。
旅客船 Lpp 70.10(230'-0") B 11.28(37'-0") D 6.10(20'-0") m 主機 D 三菱Vickers 2基
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 大阪商船株式会社(大阪)
1. Sno.174 那智丸 NACHI MARU 31563/TDCQ→JNAH 1,601G/T 574D/W 1,200BHP 13/14.283kt
起工 1926.5.3(大15) 進水 1926.10.9(大15) 竣工 1926.12.20(大15) 那智丸 NACHI MARU
1942.5.4(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴い移籍
1960.4.30(昭35)解体のため佐野安船渠(大阪)に売却
1961.7.1(昭36)解体完了
2. Sno.175 牟婁丸 MURO MARU 31571/TKCG→JNBH 1,601G/T 567D/W 1,200/1,397BHP 12.27/14.564kt
起工 1926.6.1(大15) 進水 1926.12.9(大15) 竣工 1927.2.28(昭2) 牟婁丸 MURO MARU
1942.5.4(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴い移籍
1944.11.13(昭19)マニラ湾で米空母艦載機の空爆により沈没
牟婁丸
牟婁丸 Muro Maru

SNo.179 春風丸 SHUNPU MARU (1927)

春風丸
春風丸 Shunpu Maru
32639/JUBB→JPIE 海洋観測船 125G/T
起工 1926.12.14(大15) 進水 1927.2.26(昭2) 竣工 1927.3.25(昭2)
Lpp 27.40 B 5.40 D 2.90 m 主機 D 150BHP 1基 9.369kt
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.179 神戸海洋気象台(神戸)
春風丸 SHUNPU MARU
1954(昭29)解役
1954(昭29)瀬戸内海汽船(株)(広島)に売却、春風 HARUKAZE と改名、旅客船に改造 160G/T

SNo.181 はるかぜ HARUKAZE (1927)
曳船 146G/T 起工 1927.1.22(昭2) 進水 1927.4.19(昭2) 竣工 1927.5.15(昭2)
Lpp 25.91(85'-0") B 7.01(23'-0") D 3.43(11'-3") m 主機 R 2基 11.581kt
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.181 臺灣総督府
はるかぜ HARUKAZE

SNo.178 天津丸 TIENTSIN MARU (1927)

天津丸
天津丸 Tientsin Maru

S.Kizu
白河遡航のため浅喫水船型で船体は耐氷構造とした。
関259/QBWJ→JUGB 貨客船 2,317G/T 起工 1926.10.10(大15) 進水 1927.4.5(昭2) 竣工 1927.5.28(昭2)
Lpp 83.82(275'-0") B 12.95(42'-6") D 6.40(21'-0") m 主機 R 1基 11/14.78kt
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.178 大連汽船株式会社(神戸)
天津丸 TIENTSIN MARU 船客 1等38 3等116
1944.9.4(昭19)揚子江下流の呉淞沖(31.30N,120.45E)で触雷、沈没

SNo.183 第二運銑丸 UNSEN MARU No.2 (1927)
貨物船 97G/T 起工 1927.4.12(昭2) 進水 1927.7.1(昭2) 竣工 1927.7.5(昭2)
Lpp 24.38(80'-0") B 6.71(22'-0") D 2.44(8'-0") m 主機 D 1基 7.133kt
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.183 日鐵八幡製鐵所
第二運銑丸 UNSEN MARU No.2 溶銑運搬船

緑丸型 2隻 MIDORI MARU Class (1928 - 1929)

緑丸
緑丸 Midori Maru
本船の沈没事故は以後の同社別府航路客船の安全性向上へ影響を与えた。
旅客船 Lpp 74.07(243'-0") B 11.58(38'-0") D 5.94(19'-6") m 主機 D 三菱神戸 RH8 2基
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 大阪商船株式会社(大阪)
1. Sno.186 緑丸 MIDORI MARU 34116/TQWS→JUCH 1,719G/T 438D/W 1,840BHP 16.359kt
起工 1928.4.26(昭3) 進水 1928.9.3(昭3) 竣工 1928.11.30(昭3) 緑丸 MIDORI MARU 船客 1等)46 2等)148 3等)535
1934.10.15(昭9)みどり丸 MIDORI MARU と改名
1935.7.3(昭10)神戸から別府に向け航行中、小豆島蔵ケ鼻(現在の釈迦ケ鼻)の1.5哩沖で濃霧のため大連汽船の千山丸(2,775G/T)と衝突、沈没
2. Sno.187 菫丸 SUMIRE MARU 34131/TRBV→JNGH 1,724G/T 454D/W 1,840/2,314BHP 13.38/16.267kt
起工 1928.4.26(昭3) 進水 1928.10.30(昭3) 竣工 1929.1.31(昭4) 菫丸 SUMIRE MARU 船客 1等)46 2等)143 3等)535
1934.10.16(昭9)すみれ丸 SUMIRE MARU と改名
1942.5.4(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴い移籍
1950.8.22(昭25)米軍総指令部(GHQ)の指令により賠償船としてオランダ軍に接収され、以後不詳
菫丸
菫丸 Sumire Maru

SNo.189 菊丸 KIKU MARU (1929)
34534/TSPD→JRTB 旅客船 758G/T 起工 1929.1.12(昭4) 進水 1929.4.27(昭4) 竣工 1929.6.25(昭4)
Lpp 54.86(180'-0") B 9.14(30'-0") D 5.03(16'-6") m 主機 D 500/938BHP 1基 11/13.288kt
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.189 東京灣汽船株式会社(東京)
菊丸 KIKU MARU 旅客 385
1935.8.23(昭10)木更津港外で座礁
1942.8.28(昭17)社名変更に伴い東海汽船(株)(東京)に移籍
1969(昭44)解体

SNo.188 日の丸 HINO MARU (1929)
貨物船 2,666G/T 起工 1928.12.18(昭3) 進水 1929.5.28(昭4) 竣工 1929.8.15(昭4)
Lpp 96.01(315'-0") B 14.02(46'-0") D 7.62(25'-0") m 主機 D 1,550BHP 1基 14.385kt
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.188 日本食鹽回送株式会社
日の丸 HINO MARU

SNo.190 やよひ丸 YAYOHI MARU (1929)
曳船 44G/T 起工 1929.6.10(昭4) 進水 1929.10.23(昭4) 竣工 1929.11.15(昭4)
Lpp 18.29(60'-0") B 4.27(14'-0") D 2.44(8'-0") m 主機 D 190BHP 1基 9.818kt
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.190 東京高等商船学校
やよひ丸 YAYOHI MARU

SNo.209 福浦丸 FUKUURA MARU (1930)
36366/JHDV 旅客船 135G/T 223D/W 起工 1930.7.16(昭5) 進水 1930.9.27(昭5) 竣工 1930.11.4(昭5)
Lpp 24.38(80'-0") B 7.01(23'-0") D 3.35(11'-0") m 主機 R 3連成 570IHP 2基 9/10kt
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.209 三菱鑛業崎戸礦業所
福浦丸 FUKUURA MARU

SNo.207 天女丸 TENNYO MARU (1931)

天女丸
天女丸 Tennyo Maru
36416/VJTF→JUDH→JKCD 旅客船 495G/T
起工 1930.8.4(昭5) 進水 1930.12.23(昭5) 竣工 1931.2.28(昭6)
Lpp 48.76 B 8.23 D 3.89 m 主機 D 1,400BHP 2基 13.5/14.8kt
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.207 攝陽商船株式会社(大阪)
天女丸 TENNYO MARU 船客 1等)20 2等)117 3等)494 SCAJAP No.T049
1942.5.4(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴ない移籍
1967.11.4(昭42)佐野安商事(株)(大阪)に売却
1968(昭43)解体

SNo.253 おけさ丸 OKESA MARU (1932)

おけさ丸
おけさ丸 Okesa Maru
37548/VNHC→JFWE 旅客船 488G/T 起工 1931.10.26(昭6) 進水 1932.2.10(昭7) 竣工 1932.3.23(昭7)
Lpp 48.77(160'-0") B 8.23(27'-0") D 3.89(12'-9") m 主機 D 三菱神戸Sulzer 700BHP 1基 14.664kt
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.253 佐渡商船株式会社(両津)
おけさ丸 OKESA MARU SCAJAP No.P008 船客 399(S37当時)
1932.4(昭7)佐渡汽船(株)(新潟)に移籍
1964.1(昭39)いそじ丸 ISOJI MARU と改名
1965.11(昭40)フィリッピンに売却

富士丸型 3隻 FUJI MARU Class (1932)
大阪商船が内航用に建造したディーゼル主機の小型貨物船。冷蔵艙と冷凍装置を設置し、甲板には牛を積む設備を施した。昭和初期から内航海運に登場した海上トラックの典型。
貨物船 Lpp 51.82(170'-00") B 9.14(30'-00") D 6.71(17'-60") m 主機 D 三菱神戸 RH6 1基
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 大阪商船株式会社(大阪)
1. Sno.304 富士丸 FUJI MARU 37065/VNCL→JUFH 704G/T 748D/W 750BHP 10.47/13.51kt
起工 1931.11.20(昭6) 進水 1932.2.22(昭7) 竣工 1932.3.28(昭7) 富士丸 FUJI MARU
1942.5.4(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴い移籍
1945.3.25(昭20)九州の南(31.09N,131.31E)で米潜TIRANTE(SS-420)の雷撃により沈没
2. Sno.305 木曾丸 KISO MARU 37489/VNCR→JUHH 704G/T 748D/W 750BHP 10.93/13.37kt
起工 1931.11.20(昭6) 進水 1932.3.10(昭7) 竣工 1932.4.6(昭7) 木曾丸 KISO MARU
1942.5.4(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴い移籍
1944.9.12(昭19)フィリピンのセブ島沖で空爆により沈没
3. Sno.306 阿蘇丸 ASO MARU 37491/VNCT→JUJH 704G/T 747D/W 750BHP 10.74/13.55kt
起工 1931.11.20(昭6) 進水 1932.3.26(昭7) 竣工 1932.4.15(昭7) 阿蘇丸 ASO MARU
1942.5.4(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴い移籍
1943.5.9(昭18)フィリピンのカガヤン島沖(14.48N,120.14E)で米潜GAR(SS-206)の雷撃により沈没
阿蘇丸
阿蘇丸 Aso Maru

SNo.311 辨天丸 BENTEN MARU (1932)

辨天丸
辨天丸 Benten Maru
37240 旅客船 74G/T 起工 1932.3.10(昭7) 進水 1932.5.7(昭7) 竣工 1932.5.31(昭7)
Lpp 24.69 B 5.18 D 2.32 m 主機 D 260BHP 11.9/13kt
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.311 阿淡連絡汽船(南淡)
辨天丸 BENTEN MARU 船客 203
1950.10.18(昭25)関西汽船(株)(大阪)に売却
1960.11.3(昭35)土庄汽船(土庄)に売却
1965.9.2(昭40)台風23号のため大破、後に解体

花丸型 2隻 HANA MARU Class (1932)
旅客船 Lpp 26.50 B 5.40 D 2.50 m 主機 D 三菱神戸 1基
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 東京灣汽船株式会社(東京)
1. Sno.312 花丸 HANA MARU 37730→59486/JPRG 101G/T 250BHP 9.5/10kt
起工 1932.3.14(昭7) 進水 1932.5.16(昭7) 竣工 1932.6.5(昭7) 花丸 HANA MARU
1942.8.28(昭17)社名変更に伴い東海汽船(株)(東京)に移籍
1952(昭27)東京湾輸送(東京)の設立に伴い移籍
1956.4.1(昭31)東京汽船(株)(東京)に移籍
1962.10(昭37)東京湾フェリー(株)(東京)の設立に伴い移籍
1966(昭41)船名録より削除
2. Sno.313 月丸 TSUKI MARU 37729/JLXE 100G/T 250BHP 10.5/12kt
起工 1932.3.14(昭7) 進水 1932.5.16(昭7) 竣工 1932.6.15(昭7) 月丸 TSUKI MARU
1942.8.28(昭17)社名変更に伴い東海汽船(株)(東京)に移籍
1951.6.30(昭26)丸正汽船(神戸)に売却
1956(昭31)淡路汽船(株)(淡路)に売却
1963(昭38)淡路連絡汽船(株)(淡路)に移籍
1977(昭52)船名録より削除

SNo.389 葵丸 AOI MARU (1933)

葵丸
葵丸 Aoi Maru
37749/JAXE 貨客船 937G/T 起工 1932.12.5(昭7) 進水 1933.4.12(昭8) 竣工 1933.6.8(昭8)
Lpp 58.52 B 9.75 D 5.03 m 主機 D 900BHP 12/14.78kt
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.389 東京灣汽船株式会社(東京)
葵丸 AOI MARU 船客 3等)650
1933.6(昭8)東京/大島/下田航路に就航
1939.12.7(昭14)伊豆大島乳ヶ崎海岸で座礁、沈没
1941(昭16)船名録より削除

神州丸型 1隻 SHINSHU MARU Class (1934)

神州丸
神州丸 Shinshu Maru
貨物船 Lpp 109.73 B 15.24 D 8.84 m 主機 D 三菱4SA 2基 1軸
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造
1. Sno.391 神州丸 SHINSHU MARU 38581/JUUI 4,810G/T 6,492D/W 1,350BHP 3/16.024kt
起工 1933.4.19(昭8) 進水 1933.11.15(昭8) 竣工 1934.2.10(昭9) 吾妻汽船株式会社(神戸)
神州丸 SHINSHU MARU 第1次船舶改善助成施設適用船で本型は2基のディーゼル主機をフルカンギアーで連結した1軸推進船。主機の420回転/分に対して推進軸は90回転/分であった。
1936.2.4(昭11)名古屋港内で名村汽船の第三大源丸(5,226G/T)と衝突
1942(昭17)日の丸汽船(神戸)に売却
1944.10.13(昭19)カムラン湾(11-53N, 109-17E)で米潜BERGALL(SS-320)の雷撃により沈没
2.

宏山丸 KOZAN MARU (1935)
宏山丸
宏山丸 Kozan Maru

ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.11