船歴 本邦建造船18 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

三菱重工業株式会社神戸造船所

SNo.407 山水丸 (2) SANSUI MARU (1934)

山水丸
山水丸 Sansui Maru
阪神/小松島航路に就航
39276/JXFH→JNBS 旅客船 812G/T 200D/W
起工 1933.12.13(昭8) 進水 1934.5.2(昭9) 竣工 1934.6.30(昭9)
Lpp 57.91 B 9.45 D 4.58 m 主機 D 三菱神戸 900BHP 1基 12/15kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.407 攝陽商船株式会社(大阪)
山水丸 SANSUI MARU 船客 1等)20 2等)80 3等)427 SCAJAP No.S099
1941.11.23(昭16)海軍に徴傭同年12月20日、特設捕獲網艇に入籍
1942.5.4(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴ない移籍
1946.4.15(昭21)国家使用船解除、返還
1967.11.14(昭42)佐野安商事(大阪)に売却、解体

SNo.410 にしき丸 NISHIKI MARU (1934)

にしき丸
にしき丸 Nishiki Maru
緑丸型を改良した旅客船。遊歩甲板上の一等食堂を広げてベランダを廃止した。
39589/JXNH→JPRC 旅客船 1,848G/T 420D/W
起工 1934.5.10(昭9) 進水 1934.9.12(昭9) 竣工 1934.11.24(昭9)
Lpp 74.00 B 12.00 D 5.80 m 主機 D 三菱神戸 PRH8 2,400BHP 2基 14/17.336kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.410 大阪商船株式会社(大阪)
にしき丸 NISHIKI MARU 船客 1等)46 2等)150 3等)538 SCAJAP No N049 表記は、にき丸
1942.5.4(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴い移籍
1943.3.29(昭18)海軍に徴傭、特設運送船となる
1946.4.15(昭21)国家使用船解除により返還、阪神/別府航路に就航
1955.1.7(昭30)大阪港で火災事故で沈没。後に浮揚、修復
1971.6(昭46)Shun Tak Shipping Co.(Hong Kong)に売却、華山 WAH SHAN と改名。香港/マカオ航路に就航
1972(昭47)Ravenser Enterprises Ltd.(Hong Kong)に売却
1978(昭53)Vatana Thai Tabacco Ltd.(Thailand)に売却、ASAVA DEVIと改名。Chao Phraya 川沿いに就航
1982(昭57)Maldives Shipping(Maldives)に売却、SAMAA DHAANと改名。同年 3月にMaleで繋船中に出火、後に解体のため売却。同年 7月にGadani Beach,Pakistan で解体に着手

SNo.413 徳島丸 TOKUSHIMA MARU (1935)

徳島丸
徳島丸 Tokushima Maru
阪神/徳島航路に就航
39915/JYEH→JNCS 旅客船 407G/T 起工 1934.7.9(昭9) 進水 1934.10.24(昭9) 竣工 1935.2.28(昭10)
Lpp 46.00 B 7.80 D 3.50 m 主機 D 520BHP 11.5/14.1kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.413 攝陽商船株式会社(大阪)
徳島丸 TOKUSHIMA MARU 船客 2等)20 3等)310 SCAJAP No.T064
1942.5.4(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴ない移籍
1942.9.11(昭17)海軍に徴傭され、雑用船に入籍
1946.4.15(昭21)国家使用船解除、返還
1965.8.16(昭40)佐野安商事(大阪)に売却、解体

SNo.414 うらら丸 URARA MARU (1935)
39753/JFCH 旅客船 407G/T 起工 1934.7.9(昭9) 進水 1934.10.24(昭9) 竣工 1935.3.30(昭10)
Lpp 46.00 B 7.80 D 3.50 m 主機 D 520BHP 14.3kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.414 阿波國共同汽船株式会社(徳島)
うらら丸 URARA MARU 船客 2等 20 3等 310
1935(昭10)阪神/徳島航路に就航
1941.11.22(昭16)海軍に徴傭、12.1特設敷設艇に入籍
1942.5.4(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴ない移籍
1944.1.31(昭19)特設敷設艇として行動中、南洋方面で空爆により沈没

SNo.412 神龍丸 SHINRYU MARU (1935)

神龍丸
神龍丸 Shinryu Maru
40198/JFZJ 曳船 227G/T 起工 1934.6.7(昭9) 進水 1934.8.27(昭9) 竣工 1935.4.5(昭10)
Lpp 27.43 B 8.54 D 4.27 m 主機 D 1,400BHP 2基 11.391kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.412 大蔵省営繕管財局神戸出張所(神戸)
神龍丸 SHINRYU MARU SCAJAP No.131

SNo.411 宏山丸 KOZAN MARU (1935)

宏山丸
宏山丸 Kozan Maru
貨物船 4,180G/T 6,517D/W 起工 1934.8.1(昭9) 進水 1935.1.26(昭10) 竣工 1935.5.16(昭10)
Lpp 109.73 B 15.24 D 8.84 m 主機 D 三菱4SA 1,350BHP 2基 1軸 16.527kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.411 神州丸型 山本汽船株式会社(大阪)
宏山丸 KOZAN MARU 第1次船舶改善助成施設適用船

SNo.416 橘丸 (2) TACHIBANA MARU (1935)

橘丸
橘丸 Tachibana Maru
40508/JWRJ→JIOE 旅客船 1,780G/T 243D/W
起工 1934.10.22(昭9) 進水 1935.3.22(昭10) 竣工 1935.5.31(昭10)
Lpp 76.00 B 12.20 D 5.50 m 主機 D 2,400BHP 2基 15.5/17.76kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.416 東京灣汽船株式会社(神戸)
橘丸 TACHIBANA MARU 船客 3等)1230
1935.6(昭10)東京/大島/下田航路に就航
1942.8.28(昭17)社名変更に伴い東海汽船(株)(東京)に移籍
1947.7(昭22)東京/名古屋航路に就航
1973.1.20(昭48)香椎産業(赤穂)で解体

SNo.418 香港丸 (2) HONG KONG MARU (1936)

香港丸
香港丸 Hong Kong Maru
41513/JPHK 貨客船 2,797G/T 3,163D/W
起工 1935.5.28(昭10) 進水 1935.11.27(昭10) 竣工 1936.3.25(昭11)
Lpp 90.99 B 13.70 D 7.70 m 主機 T 2,200SHP 2基 14/15.606kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.418 大阪商船株式会社(大阪)
香港丸 HONG KONG MARU 船客 1等 20 2等 38 3等 250
1939.8.12(昭14)東亞海運(株)(東京)の設立に伴ない移籍
1943.6.21(昭18)九州の白瀬灯台の北方300mで雷撃を受けて沈没

SNo.421 清忠丸 KIYOTADA MARU (1936)

清忠丸
清忠丸 Kiyotada Maru
41451/JLOK セメント運搬船 3,079G/T 3,565D/W
起工 1935.7.27(昭10) 進水 1936.1.28(昭11) 竣工 1936.4.25(昭11)
Lpp 93.00 B 15.24 D 6.71 m 主機 D 三菱神戸 1,650BHP 1基 13.202kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.421 宇部セメント製造株式会社(宇部)
清忠丸 KIYOTADA MARU SCAJAP No.K143
1942(昭17)宇部興産(株)(宇部)に移籍
1945.7.24(昭20)宇部港内で空爆により沈没
1946.4(昭21)三菱神戸造船所が引揚げ、修復
1965.3(昭40)クリンカー輸送船に改造,苅田/沖縄、苅田/香港間に就航
1970.3(昭45)石灰石専用船となり宇部/呉間に就航
1974.3.20(昭49)除籍

SNo.422 あかつき丸 AKATSUKI MARU (1936)

あかつき丸
あかつき丸 Akatsuki Maru
41390/JVCK→JNPD 旅客船 443G/T 起工 1935.10.28(昭10) 進水 1936.3.10(昭11) 竣工 1936.4.30(昭11)
Lpp 45.70 B 7.70 D 3.80 m 主機 D 520BHP 11/14.1kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.422 宇和島運輸株式会社(宇和島)
あかつき丸 AKATSUKI MARU 船客 2等 35 3等 286 SCAJAP No.A010
1942.5.4(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴ない移籍
1957(昭32)尾道造船(尾道)で船体延長を含む改造。519G/T、lpp 51.18 (M)、主機をD 630 BHPに換装
1973.7(昭48)藤田海事工業(大阪)に売却、同年、解体

SNo.425 こがね丸 KOGANE MARU (1936)

こがね丸
こがね丸 Kogane Maru
き丸を更に改良した旅客船で緑丸の沈没事故に鑑み、区画規定による可許長の計算により水密隔壁を増加、連続した2区画に浸水しても沈没しないよう配慮された。
41930/JPTK 旅客船 1,906G/T 317D/W
起工 1935.12.11(昭10) 進水 1936.5.23(昭11) 竣工 1936.8.29(昭11)
Lpp 74.50 B 12.00 D 5.80 m 主機 D 三菱神戸 PRH8 2,400BHP 2基 13.83/17.5kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.425 大阪商船株式会社(大阪)
こがね丸 KOGANE MARU 船客 1等)28 2等)132 3等)550 SCAJAP No.K087
1936.9.3(昭11)阪神/別府の別府航路に処女航海
1942.5.4(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴い移籍
1943.8.10(昭18)海軍に徴傭
1944.9.5(昭19)特設運送船(雑用船)に入籍
1946.9(昭21)第二復員局による引き揚げ輸送(主に博多/釜山)に従事
1949.10.19(昭24)国家使用船解除、返還。阪神/別府航路に復帰
1962.7(昭37)淡路島灯台西方で(株)辰巳商会(大阪)所有の第七十五辰巳丸(1957年建造、79288/JEUT)と衝突、第七十五辰巳丸は沈没
1971.3.19(昭46)大阪発別府航路最終航海、以後小豆島沖で繋船
1971.10.10(昭46)寿観光産業(広島)に売却安芸郡音戸町早瀬大橋付近(東能美島)で「海上ホテル・こがね丸」となる
1980(昭55)古沢鋼材(江田島)に売却、解体

SNo.427 第十八御影丸 MIKAGE MARU No.18 (1937)

第十八御影丸
第十八御影丸 Mikage Maru No.18
42636/JNHL 貨物船 4,319G/T 6,410D/W
起工 1936.6.9(昭11) 進水 1936.11.1(昭11) 竣工 1937.2.11(昭12)
Lpp 109.73 B 15.24 D 8.84 m 主機 T 三菱神戸 反動型標準 2,300SHP 1基 16.088kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.427 武庫汽船株式会社(兵庫御影)
第十八御影丸 MIKAGE MARU No.18 三菱神戸の独自設計による反動型標準タービンの1号機を搭載
1944.5.10(昭19)サイパン近海(11-26N,143-46E)で米潜SILVERSIDES(SS-236)の雷撃により沈没

SNo.434 あきつ丸 AKITSU MARU (1937)

あきつ丸
あきつ丸 Akitsu Maru
大阪/小松島の鉄道連絡船として昭和9年に計画された1,000総トン型の純客船。
42304/JFMH 旅客船 1,038G/T 起工 1936.7.29(昭11) 進水 1936.11.16(昭11) 竣工 1937.3.15(昭12)
Lpp 60.00 B 10.00 D 4.90 m 主機 D 三菱Vickers 1,200PS 1基 15.152kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.434 阿波國共同汽船株式会社(徳島)
あきつ丸 AKITSU MARU 船客 1等 34 2等 93 3等 475 SCAJAP No.A012
1937.3(昭12)阪神/小松島航路に就航
1938.10.30(昭13)海軍に徴傭、11.15特設砲艦に入籍
1940.11.16(昭15)解除、12.3より阪神/小松島航路に復帰
1942.5.10(昭17)関西汽船(株)(大阪)に継承
1944.10.24(昭19)再度海軍に徴用特設運送船(雑用船)に入籍
1945.8.24(昭20)倉橋島から神戸に向け航行中、兵庫突堤沖 300メ-トルで触雷沈没
1946.4.15(昭21)国家使用船解除、返還
1946.5.14(昭21)日本サルヴェージよって浮揚、修理
1948.4.26(昭23)阿波國共同汽船(徳島)に返還
1950.9.3(昭25)ジェーン台風により大阪港で横転、擱座後に浮揚、修理
1958.10(昭33)主機をD 新潟M8F43AS 1,800BHPに換装

盤谷丸型 2隻 BANGKOK MARU Class (1937)

盤谷丸
盤谷丸 Bangkok Maru
大阪商船が西貢盤谷急航線用に2隻計画した貨客船。盤谷丸は第3次船舶改善助成施設の適用を受けて建造された。メナム川を遡行してバンコック(盤谷)へ至るため浅喫水(4.25m)で、かつ載貨重量2,400トンを確保するために船型には工夫が凝らされた。2基のディーゼル主機をフルカン・ギアにより接続して1軸とするなど随所に特徴がみられた。
貨客船 Lpp 114.70 B 17.00 D 10.00 m 主機 D 三菱Vickers SRI 8 2基 1軸
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 大阪商船株式会社(大阪)
Sno.436 盤谷丸 BANGKOK MARU 43460/JSIL 5,348G/T 3,140/3,500BHP 12/15.951kt
起工 1936.11.11(昭11) 進水 1937.3.30(昭12) 竣工 1937.9.20(昭12) 盤谷丸 BANGKOK MARU 船客 1等)20 2等) 3等)50 第3次船舶改善助成施設適用船
1944.5.20(昭19)ヤルート島のジャンボール水道の入口(5.47N,169.42E)で米潜POLLACK(SS-180)の雷撃により沈没
Sno.437 西貢丸 (2) SAIGON MARU 43465/JSJL 5,356G/T 3,140/3,500BHP 12/16.387kt
起工 1936.12.9(昭11) 進水 1937.4.28(昭12) 竣工 1937.9.30(昭12) 西貢丸 SAIGON MARU 船客 1等)20 2等) 3等)50
1944.9.18(昭19)ルソン島沖(14.20N,120.05E)で米潜FLASHER(SS-249)の雷撃により沈没

SNo.440 富津丸 TOMITSU MARU (1937)
44019/JSSL 貨物船 2,934G/T 起工 1937.4.7(昭12) 進水 1937.7.26(昭12) 竣工 1937.11.30(昭12)
Lpp 93.06 B 13.80 D 8.00 m 主機 T 1,400/2,160SHP 12.5/14.627kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.440 攝津商船株式会社(大阪)
富津丸 TOMITSU MARU
1943.11.16(昭18)合併に伴ない大阪商船(株)(大阪)に移籍
1944.10.22(昭19)奄美大島北方(29.18N,129.44E)で米潜SEADOG(SS-401)の雷撃により沈没

北京丸型 3隻 PEKING MARU Class (1937 - 1940)
貨客船 Lpp 80.80 B 12.80 D 6.40 m 主機 R 三菱神戸Lentz 1基
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 大連汽船株式会社(大連)
Sno.441 北京丸 PEKING MARU 関677/JQLG 2,265G/T 1,320D/W 1,700IHP 13/15.18kt
起工 1937.3.2(昭12) 進水 1937.8.7(昭12) 竣工 1937.12.29(昭12) 北京丸 PEKING MARU 船客 1等)40 2等)160 3等)218
1941.11.21(昭16)特設砲艦として徴用
1944.7.21(昭19)フィリピンのホリナオ岬付近で座礁同月28日にリンガエン湾口(17.33N,120.21E)で米潜ASPRO(SS-309)の雷撃により沈没
Sno.461 萬壽丸 MANJU MARU 関780/JRLG 2,270G/T 1,700SHP 13/15.13kt
起工 1939.5.10(昭14) 進水 1939.9.30(昭14) 竣工 1940.1.30(昭15) 萬壽丸 MANJU MARU 船客 1等)40 2等)237 3等)525
1945.8.15(昭20)大連で連合軍に接収、ソ連に引き渡されENISEIと改名、以後不詳
Sno.462 北海丸 HOKKAI MARU 関801/JRQG 2,278G/T 13/15.29kt
起工 1939.8.9(昭14) 進水 1940.1.26(昭15) 竣工 1940.5.20(昭15) 北海丸 HOKKAI MARU
1945.8.15(昭20)大連で連合軍に接収、ソ連に引き渡された以後不詳

辰和丸型 4隻 TATSUWA MARU Class (1938 - 1939)

辰和丸
辰和丸 Tatsuwa Maru
貨物船 Lpp 125.27 B 17.07 D 9.37 m 主機 T 1基
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造
Sno.445 辰和丸 TATSUWA MARU 44140→65482/JCEM→JHWK 6,335G/T 7,762D/W 750/4,500HP 14/16.5kt
起工 1937.5.1(昭12) 進水 1937.9.22(昭12) 竣工 1938.2.1(昭13) 辰馬合資会社(神戸)
辰和丸 TATSUWA MARU
1938.2.1(昭13)建造名義は辰馬合資だが辰馬汽船(株)の所有船に含めて整理中
1945.5.10(昭20)広島県倉橋島の沖50mで触雷、沈没
1947.8.30(昭22)新日本汽船(株)(西宮)の設立に伴い移籍
1949.6.21(昭24)播磨造船所(呉)が引揚げ開始、同年12月引揚げ完了
1950.8.15(昭25)改造工事完了、6,335G/Tに変更
1954.5.11(昭29)ビルマのモールメンから神戸に向け航行中、南シナ海マックレスフィールド礁南方海面(15.00N,112.12E)で台風3号(エルシー台風)に遭遇し遭難。6ヶ月に渡る捜索でも船体確認ができず同年10月8日、沈没認定
Sno.447 辰鳳丸 TATSUHO MARU 44591/JCTM 6,334G/T 750/4,500SHP 14/16.5kt
起工 1937.8.2(昭12) 進水 1938.1.19(昭13) 竣工 1938.4.30(昭13) 辰馬合資会社(神戸)
辰鳳丸 TATSUHO MARU
1938.4.30(昭13)建造名義は辰馬(合)合資だが辰馬(合)汽船の所有船に含めて整理中
1942.8.22(昭17)門司からセレベス島メナドに向け航行中、台湾の基隆の東北(25.52N,121.29E)で米潜HADDOCK(SS-231)の雷撃により沈没
辰鳳丸
辰鳳丸 Tatsuho Maru
Sno.452 辰宮丸 TATSUMIYA MARU 44853/JQZM 6,342G/T 7,721D/W 750/4,500SHP 14/16.5kt
起工 1938.1.25(昭13) 進水 1938.9.14(昭13) 竣工 1938.11.21(昭13) 辰馬汽船株式会社(西宮)
辰宮丸 TATSUMIYA MARU
1945.7.30(昭45)舞鶴港外で碇泊中に空爆を受けて擱座、半没
1947.4.19(昭22)東洋サルベ−ジにより引揚げを完了
1947.8.30(昭22)新日本汽船(株)(西宮)の設立に伴い移籍。同年12.16、播磨造船所(呉)で修理を完了
1956.10.1(昭31)内外汽船(株)(神戸)に売却
1959.5.10(昭34)田熊造船(因島)で主機をD 日立B&W 650VTBF110 3,450BHPに換装。速力12.5/13.5kt
1962(昭37)新日本船舶産業(株)(神戸)に売却
1963.6.1(昭38)新日本汽船(株)(神戸)に売却
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(東京)に移籍
1965.5.12(昭40)Chug Ou Marine Corp.,Taiwanに売却、CHUNG PINGと改名
1967.6(昭42)台湾で解体
辰宮丸
辰宮丸 Tatsumiya Maru
辰馬汽船が台湾航路用に合計4隻新造した7,500重量トン級の大型貨物船で辰和丸と辰鳳丸は辰馬合資の名義で建造された。主機はタービンを採用。中甲板にはバナナ積載用に機械通風装置を設置した。本型のうち3隻が太平洋戦争後に再整備されて復興期の輸送に活躍した。
Sno.453 辰春丸 TATSUHARU MARU 45329/JXNM→JPSC 6,280G/T 7,733D/W 750/4,500SHP 14/16.5kt
起工 1938.1.25(昭13) 進水 1939.1.18(昭14) 竣工 1939.4.15(昭14) 辰馬汽船株式会社(西宮)
辰春丸 TATSUHARU MARU
1941.9.5(昭16)特設敷設艦に改造
1942.8.25(昭17)特設運送艦となる
1947.8.30(昭22)新日本汽船(株)(西宮)の設立に伴い移籍
1959.7.5(昭34)田熊造船(因島)で主機をD 日立B&W 650VTBF110 3,450BHPに換装。速力12.5/14.9 ktに変更
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(東京)に移籍
1967.4.12(昭42)Golden Buffalo Shipping Corp.,Panamaに売却、GOLDEN MOUNTAINと改名
1972(昭47)Lloyd's Register 1972-1973年版より削除
辰春丸
辰春丸 Tatsuharu Maru

SNo.448 しろがね丸 SHIROGANE MARU (1938)
44369/JFDM 旅客船 929G/T 起工 1937.11.10(昭12) 進水 1938.2.2(昭13) 竣工 1938.4.15(昭13)
Lpp 56.50 B 9.53 D 4.35 m 主機 D 1,000/1,175BHP 14/14.46kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.448 攝陽商船株式会社(大阪)
しろがね丸 SHIROGANE MARU 表記はろがね丸
1939.11(昭14)大阪商船(株)会社(大阪)に売却
1945.8.28(昭20)中国の珠江で触雷、沈没

日蘭丸型 2隻 NICHIRAN MARU Class (1939)

日蘭丸
日蘭丸 Nichiran Maru
貨客船 Lpp 128.00 B 17.40 D 10.30 m 主機 T 1基
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 南洋海運株式会社(東京)
Sno.449 日蘭丸 NICHIRAN MARU 45672/JZUM 6,503G/T 4,500SHP 17.442kt
起工 1938.5.5(昭13) 進水 1938.11.23(昭13) 竣工 1939.2.21(昭14) 日蘭丸 NICHIRAN MARU 船客 1等)26 3等)56
1944.7.2(昭19)門司からマニラに向け航行中、バシー海峡(18.50N,122.40E)で米潜PIRANHA(SS-389)の雷撃により沈没
Sno.450 日昌丸 NISSHO MARU 46198/JPIN 6,526G/T 8,674D/W 4,500SHP 17.627kt
起工 1938.11.26(昭13) 進水 1939.4.22(昭14) 竣工 1939.7.20(昭14) 日昌丸 NISSHO MARU SCAJAP No.N032 船客 1等)12 3等)56
1949.7.16(昭24)社名変更に伴い東京船舶(株)(東京)に移籍
1952.6.18(昭27)インドネシア定期航路再開就航第1船
1956(昭31)巡航見本市船に改装
1956.12(昭31)第1次巡航見本市船(S32.3月迄)として主としてインドネシア方面へ航海
1965.2(昭40)石川島播磨重工(相生)で解体
日昌丸
日昌丸 Nissho Maru

SNo.456 辰神丸 TATSUKAMI MARU (1939)
46368/JHVN 貨物船 7,064G/T 起工 1939.3.7(昭14) 進水 1939.8.3(昭14) 竣工 1939.10.31(昭14)
Lpp 133.96 B 17.83 D 10.01 m 主機 T 600/3,600SHP 1基 12.5/14kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.456 辰神丸型 辰馬汽船株式会社(神戸)
辰神丸 TATSUKAMI MARU
1942.2.10(昭17)タラカンからバリクパパンに向け航行中、マカッサル海峡バリクパパン沖(1.18S,117.04E)で駆逐艦4隻の砲撃を受けて沈没(1月24日の記録もある)

SNo.457 辰武丸 TATSUTAKE MARU (1940)

辰武丸
辰武丸 Tatsutake Maru
46395/JYCN 貨物船 7,068G/T 起工 1939.4.6(昭14) 進水 1939.11.13(昭14) 竣工 1940.2.29(昭15)
Lpp 133.96 B 17.83 D 10.01 m 主機 T 600/3,600SHP 1基 12.5/14kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.457 辰神丸型 辰馬汽船株式会社(神戸)
辰武丸 TATSUTAKE MARU
1943.5.10(昭18)トラック島から横浜に向け航行中、マリアナ諸島サイパン島の東方(14.33N,149.23E)で米潜PLUNGER(SS-179)の雷撃により沈没

SNo.618 第二十御影丸 MIKAGE MARU No.20 (1940)
47361/JJIO 貨物船 2,718G/T 起工 1939.10.7(昭14) 進水 1940.4.24(昭15) 竣工 1940.7.20(昭15)
Lpp 93.00 B 13.70 D 7.60 m 主機 R 三菱神戸Lentz 1,300IHP 1基 14.346kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.618 武庫汽船株式会社(神戸)
第二十御影丸 MIKAGE MARU No.20 C型平時標準船
1943.8.13(昭18)南洋方面(18-50N,166-21E)で米潜PORPOISE(SS-172)の雷撃により沈没

第十八眞盛丸 SHINSEI MARU No.18 (1941)
貨物船 2,750G/T 4,200D/W 進水 1941.3.15(昭16) 竣工 1941.7.31(昭16)
Lpp 93.00 B 13.70 D 7.60 m 主機 R 三菱神戸Lentz 1,880IHP 1基 13.5kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 原商事株式会社(大阪)
第十八眞盛丸 SHINSEI MARU No.18

青南丸 SEINAN MARU (1942)
貨物船 5,401G/T 8,312D/W 進水 1942.9(昭17) 竣工 1942(昭17)
Lpp 120.00 B 16.50 D 9.30 m 主機 R Lentz 3,225IHP 1基 14.73kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 日本製鐵株式会社
青南丸 SEINAN MARU

昭南丸 SHONAN MARU (1942)
貨物船 5,401G/T 8,003D/W 進水 1942.4(昭17) 竣工 1942(昭17)
Lpp 120.00 B 16.50 D 9.30 m 主機 R Lentz 3,568IHP 1基 14.85kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 日本製鐵株式会社
昭南丸 SHONAN MARU

鵬南丸 HONAN MARU (1942)
貨物船 5,401G/T 8,003D/W 進水 1942.6(昭17)
Lpp 120.00 B 16.50 D 9.30 m 主機 R Lentz 3,306IHP 1基 14.8kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 日本製鐵株式会社(東京)
鵬南丸 HONAN MARU

SNo.644 白陽丸 HAKUYO MARU (1942)

白陽丸
白陽丸 Hakuyo Maru
49541/JFWB 貨客船 5,742G/T 起工 1941.7.3(昭16) 進水 1942.8.29(昭17) 竣工 1942.12.29(昭17)
Lpp 112.95 B 18.50 D 10.00 m 主機 R 2,000IHP 2基 16.855kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.644 大阪商船株式会社(大阪)
白陽丸 HAKUYO MARU
1944.10.25(昭19)オホーツク海(50.21N,150.20E)で米潜SEAL(SS-183)の雷撃により沈没

玉嶺丸 TAMAMINE MARU (1943)
貨物船 5,588G/T 8,108D/W 進水 1943.4(昭18) 竣工 1943(昭18)
Lpp 120.00 B 16.50 D 9.30 m 主機 R Lentz 3,277IHP 1基 14.9kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 東亞海運株式会社(東京)
玉嶺丸 TAMAMINE MARU

寶嶺丸 HOREI MARU (1943)
貨物船 5,588G/T 8,108D/W 進水 1943.2(昭18)
Lpp 120.00 B 16.50 D 9.30 m 主機 R Lentz 3,220IHP 1基 14.9kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 東亞海運株式会社(東京)
寶嶺丸 HOREI MARU

SNo.630 第三伏見丸 FUSHIMI MARU No.3 (1943)

第三伏見丸
第三伏見丸 Fushimi Maru No.3
油槽船 4,929G/T 6,487D/W 起工 1942.6.25(昭17) 進水 1943.1.20(昭18) 竣工 1943.3.31(昭18)
Lpp 109.73 B 15.24 D 8.84 m 主機 R&T 排気タービン付3連成 2,300BHP 1基 11.298kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.630 増田合名会社
第三伏見丸 FUSHIMI MARU No.3

日田丸型 4隻 HIDA MARU Class (1943)

日田丸
日田丸 Hida Maru
貨物船 Lpp 120.00 B 16.50 D 9.50 m 1KRS型
Sno.671 日田丸 HIDA MARU 50252 5,320G/T
主機 R 3連成 1,600HP 1基 10.5kt
起工 1943.2.25(昭18) 進水 1943.5.25(昭18) 竣工 1943.7.7(昭18)
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 日本郵船株式会社(東京)
日田丸 HIDA MARU
1944.12.19(昭19)香港港内で碇泊中に空爆により任意擱座
1945.1.16(昭20)再度の空爆で大破、同年4.5、船体放棄
Sno.672 日金丸 HIKANE MARU 50089/JNKS 5,320G/T 8,423D/W
主機 R 3連成 1,600HP 1基 10.5kt
起工 1943.4.23(昭18) 進水 1943.7.6(昭18) 竣工 1943.8.20(昭18)
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 日本郵船株式会社(東京)
日金丸 HIKANE MARU
1944.10.2(昭19)ボルネオ島ミリからマニラに向け航行中、簿ルネオ島北岸ジュッセルトンの北北東約30浬(6.28N, 116.14E)で米潜HAMMERHEAD(SS-364)の雷撃により沈没
Sno.673 日置丸 HIOKI MARU 50090 5,320G/T 8,423D/W
主機 R 3連成 2,400HP 1基 14.17kt
起工 1943.5.28(昭18) 進水 1943.8.5(昭18) 竣工 1943.9.20(昭18)
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 日本郵船株式会社(東京)
日置丸 HIOKI MARU
1944.10.21(昭19)マニラ港で碇泊中に空爆により擱座、船体放棄
Sno.674 日和丸 HIYORI MARU 50101/JDHS 5,320G/T 8,423D/W
主機 R&T 排気タービン付 Lentz 2,456IHP 1基 14kt
起工 1943.7.9(昭18) 進水 1943.9.17(昭18) 竣工 1943.10.26(昭18)
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 日本郵船株式会社(東京)
日和丸 HIYORI MARU
1944.10.2(昭19)ボルネオ北岸ブルネイからマニラに向け航行中、ボルネオ島北岸ジエッセルトンの北北東約25浬(6.25N, 116.13E)で米潜HAMMERHEAD(SS-364)の雷撃により沈没

江ノ島丸型 3隻 ENOSHIMA MARU Class (1943 - 1945)
貨物船 Lpp 128.00 B 18.20 D 11.10 m 主機 R 3連成 1基 2ARS型
江ノ島丸 ENOSHIMA MARU 50610/JDVS 6,932G/T 11,136D/W 2,097IHP 12.43kt
起工 1943.8.9(昭18) 進水 1943.11.5(昭18) 竣工 1943.12.20(昭18)
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 日本郵船株式会社(東京)
江ノ島丸 ENOSHIMA MARU
1946.1.22(昭21)馬鞍島北東10浬(揚子江河口)(30.59N,122.48E)で触雷沈没
Sno.676 江田島丸 (1) ETAJIMA MARU 50616/JQBS 6,932G/T 2,025IHP 10kt
起工 1943.11.9(昭18) 進水 1944.2.5(昭19) 竣工 1944.3.10(昭19)
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 日本郵船株式会社(東京)
江田島丸 ETAJIMA MARU
1944.9.13(昭19)関門から上海に向け航行中、朝鮮南西岸小黒山島の北西約30浬(34-31N, 124-46E)で米潜SUNFISH(SS-281)の雷撃により大破、翌日船体放棄
Sno.690 信洋丸 SHINYO MARU 55667/JJGN 6,888G/T 10,844D/W 3,800IHP 13.77kt
起工 1944.10.13(昭19) 進水 1944.12.21(昭19) 竣工 1945.7.6(昭20)
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 東洋汽船株式会社(東京)
信洋丸 SHINYO MARU SCAJAP No.S057
1945(昭20)帰還輸送に従事
1950.10.20(昭25)名古屋造船(株)所でA.B.船級取得工事、船橋を中央に移す等の改造工事
1952.11.16(昭27)油焚に改装
1961.3.31(昭36)日本油槽船(株)(東京)に移籍
1961.12.6(昭36)船籍抹消、解体
信洋丸
信洋丸 Shinyo Maru

江ノ浦丸型 14隻 ENOURA MARU Class (1944 - 1945)
貨物船 Lpp 128.00 B 18.20 D 11.10 m 主機 T 1基 2AT型
Sno.677 江ノ浦丸 (1) ENOURA MARU 51390/JQVS 6,968G/T 2,000SHP 10kt
起工 1944.1.6(昭19) 進水 1944.2.28(昭19) 竣工 1944.3.31(昭19)
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 日本郵船株式会社(東京)
江ノ浦丸 ENOURA MARU
1945.1.9(昭20)台湾の高雄港(22-00N, 120-05E)で碇泊中に空爆により航行不能となり、再度の空爆により大破、船体放棄
Sno.678 江尻丸 EJIRI MARU 51397/JQYS 6,968G/T 2,000SHP 10kt
起工 1944.1.20(昭19) 進水 1944.3.24(昭19) 竣工 1944.4.25(昭19)
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 日本郵船株式会社(東京)
江尻丸 EJIRI MARU
1944.10.10(昭19)比島サンフェルナンドからマニラに向け航行中、ルソン島西岸レナ岬沖(16-10N, 119-45E)で米潜LAPON(SS-260)の雷撃により沈没
Sno.679 江戸川丸 EDOGAWA MARU 51398 6,968G/T 2,000SHP 10kt
起工 1944.2.10(昭19) 進水 1944.4.20(昭19) 竣工 1944.5.20(昭19)
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 日本郵船株式会社(東京)
江戸川丸 EDOGAWA MARU
1944.11.17(昭19)門司から高雄に向け航行中、朝鮮南西岸小黒山島の南西約40浬(33-35N, 124-35E)で米潜SUNFISH(SS-281)の雷撃により沈没
Sno.680 永治丸 EIJI MARU 51403 6,968G/T 2,000SHP 10kt
起工 1944.3.2(昭19) 進水 1944.4.16(昭19) 竣工 1944.6.21(昭19)
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 日本郵船株式会社(東京)
永治丸 EIJI MARU
1944.9.6(昭19)高雄からマニラに向け航行中、高雄の南東約20浬(22-19N, 120-30E)で触雷、沈没
Sno.681 永萬丸 EIMAN MARU 52404/JBIU 6,968G/T 2,000HP 10kt
起工 1944.3.27(昭19) 進水 1944.6.5(昭19) 竣工 1944.7.2(昭19)
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 日本郵船株式会社(東京)
永萬丸 EIMAN MARU
1945.1.12(昭20)サンジャックから関門に向け航行中、クイノンの北30浬(14-05N, 109-18E)で空爆により沈没
Sno.387 永仁丸 EININ MARU 50417→68031/JBNU→JCHO 6,968G/T 10,898D/W 2,000SHP 9/10kt
起工 1944.4.24(昭19) 進水 1944.6.23(昭19) 竣工 1944.8.19(昭19)
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 日本郵船株式会社(東京)
永仁丸 EININ MARU
1951.4.6(昭26)林兼海運(株)(東京)に売却
1951.12(昭26)佐野安船渠(大阪)で冷凍工船に改造、B.V.船級取得改造工事完工
1953(昭28)大洋漁業(株)(東京)に移籍
1954(昭29)川崎重工業(神戸)で改造工事
1969(昭44)大遠冷蔵(株)(清水)に売却、大遠丸 DAIEN MARU と改名
1980(昭55)解体
永仁丸
永仁丸 Einin Maru

改造後の姿
Sno.683 永和丸 EIWA MARU 53396/JBOU 6,968G/T 2,000SHP 10kt
起工 1944.5.18(昭19) 進水 1944.7.9(昭19) 竣工 1944.9.3(昭19)
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 日本郵船株式会社(東京)
永和丸 EIWA MARU
1944.11.13(昭19)マニラ港で碇泊中に空爆により大破
1944.11.19(昭19)再度の空爆により沈没
建造中に応急油槽船に改造
Sno.684 延喜丸 ENKI MARU 53397/JBPU 6,968G/T 2,000HP 10kt
起工 1944.6.7(昭19) 進水 1944.8.1(昭19) 竣工 1944.9.22(昭19)
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 日本郵船株式会社(東京)
延喜丸 ENKI MARU
1944(昭19)日本鋼管(株)鶴見浅野(横浜)で応急油槽船に改造
1945.1.31(昭20)サンジャックから内地に向け航行中、仏印東岸バタンガン岬の南17浬(14-56N, 109-00E)で米潜BOARFISH(SS-327)の雷撃により沈没
Sno.685 大越丸 DAIETSU MARU 6,890G/T 1,800SHP 10kt
起工 1944.6.26(昭19) 進水 1944.8.24(昭19) 竣工 1944.10.6(昭19)
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 大阪商船株式会社(大阪)
大越丸 DAIETSU MARU
Sno.686 延元丸 ENGEN MARU 53598/JQXM 6,968G/T 2,000SHP 10kt
起工 1944.7.11(昭19) 進水 1944.9.19(昭19) 竣工 1944.11.3(昭19)
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 日本郵船株式会社(東京)
延元丸 ENGEN MARU
1945.2.6(昭20)シンガポールから門司に向け航行中、サイゴンの南約260浬(6.31N, 106.12E)で米潜PAMPANITO(SS-383)の雷撃により沈没
建造中に応急油槽船に改造
Sno.687 大楠丸 DAINAN MARU 53626/JCPN 6,968G/T 1,800SHP 10kt
起工 1944.8.3(昭19) 進水 1944.10.12(昭19) 竣工 1944.12.3(昭19)
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 大阪商船株式会社(大阪)
大楠丸 DAINAN MARU
1945.5.5(昭20)博多から釜山に向け航行中、唐津沖(小呂島北西4浬)で空爆により小呂島東岸に擱座、船体放棄。
Sno.688 永祚丸 EISO MARU 53643 6,890G/T 2,000SHP 10kt
起工 1944.8.24(昭19) 進水 1944.11.6(昭19) 竣工 1944.12.10(昭19)
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 日本郵船株式会社(東京)
永祚丸 EISO MARU
1945.6.16(昭20)室蘭から釜石に向け航行中、北海道内浦湾熊泊沖(41.55N,141.13E)で潜水艦の雷撃により大破、6月19日船体放棄
Sno.689 第一大滿丸 DAIMAN MARU 53642/JDUN 6,888G/T 1,800SHP 10kt
起工 1944.9.22(昭19) 進水 1944.12.1(昭19) 竣工 1944.12.30(昭19)
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 大阪商船株式会社(大阪)
第一大滿丸 DAIMAN MARU
1945.1.24(昭20)門司から中国の青島に向け航行中、黄海の格列飛列島石島西方185Km(36-42N,123-43E)で米潜ATULE(SS-403)の雷撃により沈没
大久丸として起工
Sno.691 山殿丸 YAMADONO MARU 55666/JJFN 6,968G/T 10,957D/W 2,000SHP 10/13kt
起工 1944.11.7(昭19) 進水 1945.1.11(昭20) 竣工 1945.3.5(昭20)
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 山下汽船株式会社(神戸)
山殿丸 YAMADONO MARU SCAJAP No.Y011
1945.6.12(昭20)瀬戸内海の塩飽諸島真鍋島250度2Kmで触雷、擱座。戦後修復
1950.8.19(昭25)(株)藤永田造船所(大阪)でA.B.船級取得工事。三島型改造工事。同年9月19日完工
1950.10(昭25)藤永田造船所(大阪)で 30tヘビーデリック装備
1951.7.23(昭26)インド・パキスタン・ペルシャ湾航路に就航
1956.10.4(昭31)中村汽船(株)(神戸)に売却、朝春丸 ASAHARU MARU と改名
1963(昭38)解体
山殿丸
山殿丸 Yamadono Maru

改造後の姿
写真は戦後、AB船級取得工事後の姿。

和陽丸型 3隻 WAYO MARU Class (1945 - 1946)
貨物船 Lpp 128.00 B 18.20 D 11.10 m 主機 T 石川島 3AT型
Sno.692 和陽丸 WAYO MARU 55681/JQFN 7,114G/T 4,000/5,000SHP 13/15.5kt
起工 1944.12.3(昭19) 進水 1945.2.17(昭20) 竣工 1945.8.8(昭20)
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 馬場汽船株式会社(東京)
和陽丸 WAYO MARU
1949(昭24)三井造船(玉野)でA.B.船級取得、三島型改造工事
1951.7(昭26)主機を換装
1961.4.10(昭36)船籍を抹消
Sno.693 陽興丸 YOKO MARU 55688/JRDN 7,224G/T 10,594D/W 3,800HP 11/12kt
起工 1944.12.24(昭19) 進水 1945.4.30(昭20) 竣工 1946.2.15(昭21)
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 大洋興業株式会社(東京)
陽興丸 YOKO MARU
1950.12.21(昭24)三井造船(玉野)でB.V.船級取得改造工事完工
1956.9.18(昭31)合併に伴ない三井船舶(株)(東京)に移籍
1958.3(昭33)東洋海運(株)(東京)に売却、鬼怒川丸と改名
1964.3.26(昭39)解体
陽興丸
陽興丸 Yoko Maru
Sno.694 利根川丸 TONEGAWA MARU 55687/JQQN 7,223G/T 11,385D/W 2,200/2,800SHP 11.5/12.5kt
起工 1945.1.12(昭20) 進水 1946.2.18(昭21) 竣工 1946.5.25(昭21)
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 東洋海運株式会社(東京)
利根川丸 TONEGAWA MARU 昭和23年度日本船舶明細書では産業設備営団の単独保有
1950.8.31(昭25)川南工業(香焼島)でA.B.船級取得、三島型改造工事
1960(昭35)主機を換装
1964.2.5(昭39)解体
1964.2.17(昭39)船籍を抹消

第十一大洋丸 TAIYO MARU No.11 (1946)
58073/JFSF トロール漁船 276G/T 216D/W 進水 1946(昭21)
Lpp 38.80 B 7.20 D 4.05 m 主機 D 林兼 500HP 9.5/11kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 大洋漁業株式会社(下関)
第十一大洋丸 TAIYO MARU No.11

第十八大洋丸 TAIYO MARU No.18 (1946)
58572/JRAZ トロール漁船 272G/T 202D/W 進水 1946(昭21)
Lpp 38.80 B 7.20 D 4.05 m 主機 D 林兼 500HP 9/11kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 大洋漁業株式会社(下関)
第十八大洋丸 TAIYO MARU No.18
1950.11(昭25)主機換装

第十三大洋丸 TAIYO MARU No.13 (1946)
58096/JGOF トロール漁船 283G/T 250D/W 進水 1946(昭21)
Lr 30.80 B 7.20 D 4.05 m 主機 R Lentz 三菱Lentz 8.5/11.3kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 大洋漁業株式会社(下関)
第十三大洋丸 TAIYO MARU No.13

第十二大洋丸 TAIYO MARU No.12 (1946)
58084/JGJF トロール漁船 272G/T 160D/W 進水 1946(昭21)
Lpp 30.80 B 7.20 D 4.05 m 主機 D 林兼 500HP 9/11.3kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 大洋漁業株式会社(下関)
第十二大洋丸 TAIYO MARU No.12

第十九大洋丸 TAIYO MARU No.19 (1946)
58591/JRBZ トロール漁船 276G/T 216D/W 進水 1946(昭21)
Lr 38.80 B 7.20 D 4.05 m 主機 D 林兼 500HP 9/11.3kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 大洋漁業株式会社(下関)
第十九大洋丸 TAIYO MARU No.19

第十七大洋丸 TAIYO MARU No.17 (1946)
58564/JBDB トロール漁船 277G/T 216D/W 進水 1946(昭21)
Lr 38.80 B 7.20 D 4.05 m 主機 D 赤阪鉄工 550BHP 9/11.3kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 大洋漁業株式会社(下関)
第十七大洋丸 TAIYO MARU No.17
1950.9(昭25)主機換装

第十六大洋丸 TAIYO MARU No.16 (1946)
58563/JBCB トロール漁船 284G/T 250D/W 進水 1946(昭21)
Lr 38.80 B 7.20 D 4.05 m 主機 R Lentz 三菱Lentz 8.59/11.3kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 大洋漁業株式会社(下関)
第十六大洋丸 TAIYO MARU No.16

第十五大洋丸 TAIYO MARU No.15 (1946)
58562/JGUF トロール漁船 273G/T 202D/W 進水 1946(昭21)
Lpp 38.80 B 7.20 D 4.05 m 主機 D 林兼 500HP 9/11.3kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 大洋漁業株式会社(下関)
第十五大洋丸 TAIYO MARU No.15
1950.10(昭25)主機換装

SNo.819 あけぼの丸 AKEBONO MARU (1947)

あけぼの丸
あけぼの丸 Akebono Maru
59753/JINA 旅客船 399G/T 起工 1946.11.27(昭21) 進水 1947.4.26(昭22) 竣工 1947.6.30(昭22)
Lpp 40.00 B 7.50 D 3.40 m 主機 D 鐘渕紡績 550PS 1基 12/13.52kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.819 東海汽船株式会社(東京)
あけぼの丸 AKEBONO MARU 東京/館山/三崎航路 船客 343 SCAJAP No.A037
1947.7(昭22)東京/名古屋航路に就航
1970(昭45)引退、東京芝浦に係船。同年11月解体のため売却

洞爺丸型 3隻 TOYA MARU Class (1947 - 1948)

洞爺丸
洞爺丸 Toya Maru
客載車輌渡船 Lpp 113.20 B 15.85 D 6.80 m 主機 T 三菱神戸衝動式 2基
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 運輸省鉄道総局(東京)
Sno.816 洞爺丸 TOYA MARU 59094/JBEA 4,337G/T 1,538D/W 4,500SHP 17.455kt
起工 1946.9.17(昭21) 進水 1947.3.26(昭22) 竣工 1947.11.2(昭22) 洞爺丸 TOYA MARU 船客 1等 44 2等 255 3等 829
1949.6.1(昭24)日本国有鉄道(東京)に移籍
1954.9.26(昭29)第15号台風に遭遇、函館出航後、函館港外で沈没
Sno.817 羊蹄丸 YOTEI MARU 59096/JBIA 5,822G/T 1,554D/W 4,500HP 14.5/17.521kt
起工 1946.11.7(昭21) 進水 1947.8.20(昭22) 竣工 1948.4.9(昭23) 羊蹄丸 YOTEI MARU 船客 1等 44 2等 255 3等 825
1949.6.1(昭24)日本国有鉄道(東京)に移籍
1965.10.21(昭40)三菱商事(株)(東京)に売却
羊蹄丸
羊蹄丸 Yotei Maru
Sno.818 大雪丸 TAISETSU MARU 59095/JQQX 5,847G/T 1,617D/W 4,500HP 14.5/17.618kt
起工 1947.3.26(昭22) 進水 1948.3.13(昭23) 竣工 1948.10.25(昭23) 大雪丸 TAISETSU MARU 船客 1等 44 2等 255 3等 843 SCAJAP No.T277
1949.6.1(昭24)日本国有鉄道(東京)に移籍
1966.2.9(昭41)三洋商事(株)(不詳)に売却、ギリシャへ転売、エーゲ海で連絡船
大雪丸
大雪丸 Taisetsu Maru

あけぼの丸型 2隻 AKEBONO MARU Class (1948)

あけぼの丸
あけぼの丸 Akebono Maru
旅客船として計画されたがGHQの指示により端艇甲板上に1.5トンのブーム1本と電動揚貨機1台を装備。両船とも昭和25年(1950)の台風28号(ジェーン台風)による被害復旧時に船体に改良が施された。あけぼの丸の主機は右舷が新潟鉄工所製、左舷が池貝鉄工所製。
旅客船 Lpp 60.00 B 10.00 D 4.80 m 三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 関西汽船株式会社(大阪)
Sno.820 あけぼの丸 AKEBONO MARU 60533/JQVA 1,033G/T
主機 D 28号乙8型 1,700BHP 2基 13.5/14.9kt
起工 1947.2.20(昭22) 進水 1947.10.2(昭22) 竣工 1948.1.23(昭23) あけぼの丸 AKEBONO MARU 船客 1等)50 2等)162 3等)92 SCAJAP No.A067 別府航路、阪神/小松島、阪神/高松、阪神/甲浦
1950.9.3(昭25)ジェーン台風のため大阪港で沈没、後に浮揚。中日本重工神戸で修復
1963.12.26(昭38)佐野安船渠(大阪)で船客設備改装完工。 1,024G/Tに変更。同月28日から阪神〜高松航路に就航
1967.6(昭42)波止浜造船(今治)で主機D) 1,330 BHP x 2 に換装、速力 16.0/17.2 kt
1974.10(昭49)阪神/甲浦航路廃止のため最終航海、多度津で繋船
1974.11(昭49)宮地サルベ−ジ(多度津)に売却、解体
Sno.821 あかね丸 AKANE MARU 60546/JREY 1,121G/T
主機 D PRH8乙型 1,700BHP 2基 13.5/14.9kt
起工 1947.3.15(昭22) 進水 1947.12.24(昭22) 竣工 1948.5.10(昭23) あかね丸 AKANE MARU 船客 1等)50 2等)162 3等)92 SCAJAP No.A076 別府航路、阪神/小松島、阪神/松山
1950.9.3(昭25)ジェーン台風のため大阪港の岸壁に繋留のまま沈没。後に浮揚、中日本重工神戸で修復
1964(昭39)改装、1,020G/T
1967.6(昭42)波止浜造船(今治)で主機をD 1,330 BHP x 2 に換装、速力 16.0/17.4 kt
1975(昭50)阪神/小豆島/高松/新居浜/松山航路廃止のため最終航海。小豆島の内海湾で繋船
1976.6.30(昭51)佐野安商事(大阪)に売却。幸陽船渠(三原)で繋船
1979.12(昭54)海外売船の予定であったが、解体
あかね丸
あかね丸 Akane Maru
主機は右舷が大阪機工製、左舷が日立桜島製

SNo.822 白雲丸 HAKUUN MARU (1948)

白雲丸
白雲丸 Hakuun Maru
62096/JRIY 貨客船 2,284G/T 2,060D/W
起工 1947.9.29(昭22) 進水 1948.4.15(昭23) 竣工 1948.8.10(昭23)
Lpp 83.00 B 12.80 D 6.40 m 主機 T 衝動反動式2段減速 1,600SHP 1基 10.5/12kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.822 大阪商船株式会社(大阪)
白雲丸 HAKUUN MARU
1964.4.1(昭39)合併に伴ない大阪商船三井船舶(株)(東京)に移籍
1964.11.15(昭39)Ta Cheng Marine Co. Ltd.,Taiwanに売却、TA HSINGと改名
1971Lloyd's Register 1971-1972年版より削除

SNo.823 寶祥丸 HOSHO MARU (1948)

寶祥丸
寶祥丸 Hosho Maru
61418/JBAK 貨物船 2,069G/T 3,024D/W
起工 1948.6.15(昭23) 進水 1948.9.4(昭23) 竣工 1948.11.25(昭23)
Lpp 85.00 B 12.50 D 6.65 m 主機 R Lentz 1,150IHP 1基 11/13.26kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.823 菅谷汽船株式会社(神戸)
寶祥丸 HOSHO MARU 2次
1959.9(昭34)主機をD 神戸発動機6ZDSS 1,500BHPに換装
1966.7.13(昭41)合併に伴い和洋汽船(株)(神戸)に移籍
1967(昭42)山幸海運倉庫(株)(大阪)に売却、山生丸 YAMASHO MARU と改名
1972.11(昭47)パナマへ売却

SNo.824 御影丸 MIKAGE MARU (1949)

御影丸
御影丸 Mikage Maru
63321/JBSK 貨物船 2,752G/T 4,155D/W
起工 1948.6.21(昭23) 進水 1948.11.6(昭23) 竣工 1949.1.29(昭24)
Lpp 93.00 B 13.70 D 7.60 m 主機 R 三菱神戸Lentz 複2連成 1,350IHP 1基 14.417kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.824 武庫汽船株式会社(神戸)
御影丸 MIKAGE MARU 2次KC型 SCAJAP No.M124
1962(昭37)八千代汽船(株)(神戸)の所有

SNo.825 東和丸 TOWA MARU (1949)
63987/JGTN 貨物船 2,737G/T 4,162D/W
起工 1948.6.21(昭23) 進水 1948.12.18(昭23) 竣工 1949.2.21(昭24)
Lpp 93.00 B 13.70 D 7.60 m 主機 R Lentz 1,350IHP 1基 11.5/14.417kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.825 東和汽船株式会社(神戸)
東和丸 TOWA MARU 2次
1952.4.16(昭27)油焚改装

SNo.829 生田丸 IKUTA MARU (1949)

生田丸
生田丸 Ikuta Maru
第4次計画造船により船舶公団と共有建造された中型の貨物船。主機はレンツ機関を搭載。大阪商船、日本郵船へ貸船された。
64540/JBHG 貨物船 2,064G/T 3,011D/W
起工 1949.2.16(昭24) 進水 1949.4.16(昭24) 竣工 1949.6.16(昭24)
Lpp 85.00 B 12.50 D 6.65 m 主機 R Lentz 復二連成 1,150PS 1基 13.5kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.829 日本塩回送株式会社
生田丸 IKUTA MARU 4次KD

SNo.830 大阪丸 OSAKA MARU (1949)

大阪丸
大阪丸 Osaka Maru
63429/JJPF 貨物船 4,808G/T 起工 1949.2.16(昭24) 進水 1949.9.24(昭24) 竣工 1949.12.15(昭24)
Lpp 123.00 B 17.50 D 11.00 m 主機 T 3,600SHP 13/15.7kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.830 大阪商船株式会社(大阪)
大阪丸 OSAKA MARU 4次KB SCAJAP No.P043
1950.7(昭25)アルゼンチンのFlota Maricante del Estado社の用船として南米線に配船
1950.12(昭25)南米航路・西航南米線に就航
1951.7.20(昭26)アフリカ航路・アフリカ西岸線に太平洋戦争後、再開第1船として就航
1952.7.10(昭27)豪州航路・日本豪州ニュージーランド線に戦後の再開第1船として就航
1954.9(昭29)戦後の西アフリカ線再開第1船として就航
1959.10(昭34)主機をD 三井850VTBF110 4,600PSに換装
1963(昭38)ボンベイ/カラチ線に就航
1964.4.1(昭39)合併に伴い大阪商船三井船舶(株)(東京)に移籍
1970.3.10(昭45)Ariadne Compania Naviera S. A.(Panama)に売却、ARIADNEと改名
1975(昭50)Lloyd's Resister 1975-76版より削除
ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.10