船歴 本邦建造船19 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

中日本重工業株式会社神戸造船所

SNo.834 長崎丸 NAGASAKI MARU (1950)

長崎丸
長崎丸 Nagasaki Maru
65479/JLCW 貨物船 6,591G/T 8,434D/W
起工 1949.12.29(昭24) 進水 1950.4.6(昭25) 竣工 1950.7.10(昭25)
Lpp 123.28 B 17.50 D 11.00 m 主機 T 2段減速 3,600PS 1基 14.787kt
中日本重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.834 澤山汽船株式会社(神戸)
長崎丸 NAGASAKI MARU 5次 SCAJAP No.N122
1950.9(昭25)フロタ(大阪商船)の定期船として南米航路・西航南米線に就航
1959.12.5(昭34)香港からニュージーランドのオークランドに向け航行中、悪天候、視界不良によりニューギニア西方ヘレン珊瑚礁で座礁、浸水
1960.2.23(昭35)全損、委付

神戸丸 KOBE MARU (1950)

神戸丸
神戸丸 Kobe Maru
66684/JGYH 貨物船 6,609G/T 8,381D/W
起工 1949.12.29(昭24) 進水 1950.7.4(昭25) 竣工 1950.10.3(昭25)
Lpp 123.00 B 17.50 D 11.00 m 主機 T 3,600SHP 1基 12/14.9kt
中日本重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 日本海汽船株式会社(東京)
神戸丸 KOBE MARU 5次 SCAJAP No.K332
1950(昭25)大阪商船の南米航路・西航南米線に就航
1966(昭41)広栄汽船(東京)に売却
1972Lloyd's Register 1972-1973年版から削除

あめりか丸型 2隻 AMERICA MARU Class (1950 - 1951)

あめりか丸
あめりか丸 America Maru
中日本重工業神戸造船所(当時)が計画造船実施後の大型ディーゼル機関の重要に応ずるためスイスのSulzer Brothers社と戦後再び技術提携を行って製作した8SD72型ディーゼル主機を搭載した。両船ともに昭和28年(1953)には移民船に改装された。
貨物船 Lpp 134.00 B 18.80 D 11.80 m 主機 D 三菱神戸Sulzer 8SD72 1基
中日本重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 大阪商船株式会社(東京)
Sno.832 あめりか丸 (2) AMERICA MARU 65995/JIHF 6,214G/T 5,600BHP 14.2/17.7kt
起工 1950.3.1(昭25) 進水 1950.9.30(昭25) 竣工 1950.12.25(昭25) あめりか丸 AMERICA MARU 5次 SCAJAP No.A091
1951.8.4(昭26)ニューヨーク航路に就航
1953.4.13(昭28)三菱神戸造船所(神戸)で移民船に改装工事、同年6月17日完工
1963.9.30(昭38)日本移住船(株)(大阪)に売却
1967(昭42)State Shipping Co. Inc.(Panama)に売却、VANKOWAと改名
1968(昭43)VANMINTと改名
1973(昭48)Lloyd's Resister 1973-74版より削除
Sno.833 あふりか丸 (2) AFRICA MARU 65997/JIWF 6,235G/T 5,600HP 14.2/18.08kt
起工 1950.3.23(昭25) 進水 1950.12.26(昭25) 竣工 1951.3.17(昭26) あふりか丸 AFRICA MARU 5次 SCAJAP No.A094
1953.6.1(昭28)三菱神戸造船所(神戸)で移民船に改装工事、同年7月20日完工
1963.9.30(昭38)日本移住船(株)(大阪)に売却
1967(昭42)Marlene Shipping Co. Inc.(Panama)に売却、VANLENEと改名
1973(昭48)Lloyd's Resister 1973-74版より削除
あふりか丸
あふりか丸 Africa Maru

S.Kizu

乙女丸 OTOME MARU (1951)
67136 貨客船 325G/T 250D/W 進水 1951(昭26)
Lr 39.45 B 7.50 D 3.60 m 主機 D 阪神内燃機 600BHP 9.5/11.4kt
中日本重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 共生海運株式会社(神戸)
乙女丸 OTOME MARU

SNo.835 はちじょう PM08 (1) HACHIJO (1951)
巡視船 387G/T 起工 1950.9.22(昭25) 進水 1950.12.12(昭25) 竣工 1951.3.6(昭26)
Lpp 47.50 B 8.10 D 4.50 m 主機 D 650BHP 2基 13.5/14.6kt
中日本重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.835 れぶん PM04型 運輸省海上保安庁(東京)
はちじょう PM08 HACHIJO

SNo.836 あまくさ PM09 AMAKUSA (1951)
巡視船 387G/T 起工 1950.9.22(昭25) 進水 1950.12.12(昭25) 竣工 1951.3.8_(昭26)
Lpp 47.50 B 8.10 D 4.50 m 主機 D 650BHP 2基 13.5/14.6kt
中日本重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.836 れぶん PM04型 運輸省海上保安庁(東京)
あまくさ PM09 AMAKUSA

あとらす丸型 2隻 ATLAS MARU Class (1951)

あとらす丸
あとらす丸 Atlas Maru
運航費の低減を図るため低質燃料油を採用した。また、あとらす丸は電動揚貨機に交流を採用、鋼製艙口蓋板をわが国で初めて装備した。
貨物船 Lpp 134.00 B 18.80 D 11.80 m 主機 D 三菱神戸Sulzer 10SD72 1基 大阪商船株式会社(大阪)
Sno.841 あとらす丸 (2) ATLAS MARU 65964/JPCJ 8,235G/T 7,000BHP 15/18.745kt
起工 1950.12.25(昭25) 進水 1951.6.9(昭26) 竣工 1951.9.6(昭26)
中日本重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 あとらす丸 ATLAS MARU 6次 SCAJAP No.A101
1956.1(昭31)欧州航路・日本欧州急行線に就航
1958.12(昭33)第2次巡航見本市船(S34.5月迄)として主として中南米へ航海
1964.4.1(昭39)合併に伴い大阪商船三井船舶(株)(東京)に移籍
1972.7.28(昭47)Argosy Ventures Ltd.(Panama)に売却、STRONAと改名
1974(昭49)Lee Lai Maritime S. A.,Panamaに売却、CHIEH TEHと改名
1979(昭54)西独に売却、TOM IIと改名。同年解体のために売却、高雄で解体
Sno.842 あんです丸 (2) ANDES MARU 67749/JDSC 8,232G/T 7,000HP 15/19.005kt
起工 1950.12.27(昭25) 進水 1951.9.5(昭26) 竣工 1951.11.22(昭26)
中日本重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 あんです丸 ANDES MARU 6次 SCAJAP No.A107
1953.5(昭28)欧州航路・日本欧州線に就航
1964.4.1(昭39)合併に伴い大阪商船三井船舶(株)(東京)に移籍
1972.9.14(昭47)Dynamic Mariners Corp.(Panama)に売却、TARPONAと改名
1974(昭49)Lee Lai Maritime S. A.,Panamaに売却、CHIEH TENGと改名
1976(昭51)Fuyo Sogo Lease Co. Ltd.(不詳)に売却、SWAN RIVERと改名
1978(昭53)Margrave Bay Shipping Co. Ltd.(Singapore)に売却
1981(昭56)Ul Naser Al-Mukairish(Saudi Arabia)に売却、MUKAIRISHと改名。同年3月24日、JeddahからFremantleに向け航行中、Geraltonの北西約250マイル(28.33S,110.16E)で火災を起こしダメ−ジを受け、その後Singapore Roadsに曳航、係船
1982(昭57)解体のため台湾の解体業者に売却、高雄で解体
あんです丸
あんです丸 Andes Maru

SNo.840 摩耶春丸 MAYAHARU MARU (1951)

摩耶春丸
摩耶春丸 Mayaharu Maru
67930/JJKJ 貨物船 6,584G/T 起工 1950.12.29(昭25) 進水 1951.7.21(昭26) 竣工 1951.10.10(昭26)
Lpp 123.42 B 17.50 D 11.00 m 主機 D 三菱神戸Sulzer 6SD72 4,200BHP 13.5/16.8kt
中日本重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.840 新日本汽船株式会社(神戸)
摩耶春丸 MAYAHARU MARU 6次 SCAJAP No.M143
1951.10(昭26)ニューヨーク航路に就航
1959.4(昭34)北米太平洋航路に就航
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(株)汽船(東京)に移籍
1974.12.7(昭49)Elnaval Navigation Co. Ltd.,Cyprusに売却、MIMI Mと改名
1977.12.23(昭52)解体のためパキスタンの解体業者に売却、カラチ沖に係船
1978.2.19(昭53)Gadani Beach,Pakistanで解体

SNo.843 あらすか丸 ALASKA MARU (1951)

あらすか丸
あらすか丸 Alaska Maru
68208/JRFP 貨物船 8,311G/T 10,788D/W
起工 1951.4.8(昭26) 進水 1951.10.18(昭26) 竣工 1951.12.27(昭26)
Lpp 134.00 B 18.80 D 11.80 m 主機 D 三菱神戸Sulzer 8SD72 5,600PS 1基 14.3/17.9kt
中日本重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.843 澤山汽船株式会社(神戸)
あらすか丸 ALASKA MARU 6次追 SCAJAP No.A110
1972(昭47)Kingdom Navigation S.A.,Panamaに売却、BRITISH MARINERと改名
1973(昭48)Michaelson Navigation S.A. & Co. Ltd.,Panamaに売却、MICHAELSON GOLDと改名
1974(昭49)Manchester Shipping S.A.,Panamaに売却、MILANと改名
1980(昭55)Lloyd's Register 1980-1981年版より削除

ぱなま丸型 3隻 PANAMA MARU Class (1952)

ぱなま丸
ぱなま丸 Panama Maru
中日本重工神戸造船所が建造した初の双螺旋貨物船。めきしこ丸は処女航海で横浜/サンフランシスコ間を10日14時間5分で横断して日本船による戦後の新記録を樹立した。
貨物船 Lpp 145.00 B 19.40 D 12.50 m 主機 D 三菱神戸Sulzer 7SD72 2基
中日本重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 大阪商船株式会社(大阪)
Sno.844 ぱなま丸 (2) PANAMA MARU 67760/JHAW 9,316G/T 10,000BHP 16.3/20.619kt
起工 1951.5.22(昭26) 進水 1951.12.15(昭26) 竣工 1952.3.10(昭27) ぱなま丸 PANAMA MARU 7次前 SCAJAP No.P051
1953.12(昭28)欧州航路・東航欧州線に就航
1964.4.1(昭39)合併に伴い大阪商船三井船舶(株)(東京)に移籍
1974.9.24(昭49)Fairmount Nav. Corp. S. A.(Panama)に売却、OMEI SHANと改名
1978(昭53)高雄で解体
Sno.845 はわい丸 (2) HAWAII MARU 69098/JKTW 9,309G/T 10,000HP 16.3/20.94kt
起工 1951.5.30(昭26) 進水 1952.2.15(昭27) 竣工 1952.4.30(昭27) はわい丸 HAWAII MARU 7次前 SCAJAP No.H155
1953.12(昭28)欧州航路・東航欧州線に就航
1964.4.1(昭39)合併に伴い大阪商船三井船舶(株)(東京)に移籍
1974.11.21(昭49)Scotia Maritime Carriers Inc.(Panama)に売却、SCOTIA CAREERと改名
1977(昭52)中国で解体
はわい丸
はわい丸 Hawaii Maru
Sno.848 めきしこ丸 (2) MEXICO MARU 69108/JARE 9,322G/T 10,000HP 16.3/21.469kt
起工 1951.12.26(昭26) 進水 1952.5.27(昭27) 竣工 1952.8.12(昭27) めきしこ丸 MEXICO MARU 7次後
1953.12(昭28)欧州航路・東航欧州線に就航
1964.4.1(昭39)合併に伴い大阪商船三井船舶(株)(東京)に移籍
1974.8.17(昭49)Chieh Sheng Maritime S. A.(Panama)に売却、CHIEH HUIと改名
1975(昭50)Golden Glory Shipping Co. (Panama) S. A.(Panama)に売却、GOLDEN BEARと改名
1979(昭54)高雄で解体
めきしこ丸
めきしこ丸 Mexico Maru

SNo.847 おりんぴあ丸 (2) OLYMPIA MARU (1952)

おりんぴあ丸
おりんぴあ丸 Olympia Maru
68760/JADB 貨物船 7,463G/T 起工 1951.5.26(昭26) 進水 1952.3.26(昭27) 竣工 1952.5.29(昭27)
Lpp 132.00 B 18.40 D 10.30 m 主機 D 三菱神戸Sulzer 7SD72 5,000BHP 1基 14/17.4kt
中日本重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.847 三菱海運株式会社(東京)
おりんぴあ丸 OLYMPIA MARU 7次前
1964(昭39)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1972(昭47)Great Fortune Navigation Pte. S. A.(Singapore)に売却、GREAT FAITHと改名
1974(昭49)Great Fortune Nav. Co. S. A.,Panamaに移籍
1979(昭54)台湾の高雄で解体

新三菱重工業株式会社神戸造船所

武庫春丸型 3隻 MUKOHARU MARU Class (1952 - 1953)

武庫春丸
武庫春丸 Mukoharu Maru
貨物船 Lpp 134.00 B 18.50 D 11.40 m 主機 D 三菱神戸Sulzer 10SD72 1基
新三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 新日本汽船株式会社(神戸)
Sno.846 武庫春丸 MUKOHARU MARU 69357/JNIB 7,816G/T 7,200BHP 16/19kt
起工 1951.12.26(昭26) 進水 1952.7.12(昭27) 竣工 1952.9.17(昭27) 武庫春丸 MUKOHARU MARU 7次後
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(株)汽船(東京)に移籍
1970.2.16(昭45)Aethalia Shipping Corp.,Liberiaに売却、AETHALIAと改名
1976(昭51)Hercules Investment &mgt Inc.,Panamaに売却、FALAKと改名
1977(昭52)Hercules Shipping Line,Panamaに売却
1979.5.1(昭54)解体のため韓国の解体業者に売却、釜山に到着
Sno.855 比叡春丸 HIYEHARU MARU 70180/JBCW 7,846G/T 7,500BHP 16/19.3kt
起工 1953.4.8(昭28) 進水 1953.7.28(昭28) 竣工 1953.10.24(昭28) 比叡春丸 HIYEHARU MARU 9次前
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(東京)に移籍
1971.12.28(昭46)Great Fortune Navigation Pte. S. A.,Singaporeに売却、GREAT POWERと改名
1977.8.3(昭52)解体のため台湾の解体業者に売却、高雄に到着
比叡春丸
比叡春丸 Hiyeharu Maru
Sno.850 阿蘇春丸 ASOHARU MARU 69759/JMFF 7,839G/T 7,700BHP 16/19kt
起工 1952.7.12(昭27) 進水 1952.11.5(昭27) 竣工 1953.1.20(昭28) 阿蘇春丸 ASOHARU MARU 8次
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(株)汽船(東京)に移籍
1970.8.31(昭45)United International Shipping Co. Ltd.,Hong Kongに売却、DONA ANITAと改名
1972.1.9(昭47)カナダのバンクーバーから横浜に向け航行中、バンクーバーの西120哩で荒天のため沈没

SNo.849 さんとす丸 (2) SANTOS MARU (1952)

さんとす丸
さんとす丸 Santos Maru
昭和27年(1952)対日講和条約発効後の第8次計画造船で建造された戦後の外航貨客船の第1船で1948年のSOLAS条約(海上における人命の安全のための国際条約)の初の適用船でもあった。南米線に就航後、移住者用の客室の増設を行った。
69822/JASH 貨客船 8,280G/T 起工 1952.7.12(昭27) 進水 1952.9.20(昭27) 竣工 1952.12.10(昭27)
Lpp 134.00 B 18.80 D 11.80 m 主機 D 三菱神戸Sulzer 8SD72 6,160BHP 1基 14.6/18.8kt
新三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.849 大阪商船株式会社(大阪)
さんとす丸 SANTOS MARU 8次 船客 1等) 12 特別3等)63
1952.12.29(昭27)南米航路・西航南米線に就航
1963.9.30(昭38)日本移住船(株)(大阪)に売却
1972(昭47)Liberty Maritime Corp,Liberia(Panama)に売却、WINONAと改名
1974(昭49)Sincere Nav. Corp.(Taiwan)に売却、HUI HSINGと改名
1976(昭51)高雄で解体

SNo.851 美代玉丸 MIYOTAMA MARU (1953)

美代玉丸
美代玉丸 Miyotama Maru
69782/JFIH 貨物船 7,243G/T 10,424D/W
起工 1952.10.6(昭27) 進水 1952.12.20(昭27) 竣工 1953.3.10(昭28)
Lpp 132.00 B 18.40 D 10.30 m 主機 D 三菱神戸Sulzer 7SD72 5,400PS 1基 14.7/17.1kt
新三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.851 玉井商船株式会社(神戸)
美代玉丸 MIYOTAMA MARU 8次
1965.10.30(昭40)Continental Nav. & Enterprise Ltd.,Hong Kongに売却、FORTUNE ENTERPRISEと改名
1971(昭46)Sincere Nav. Co. Ltd.,Panamaに売却
1977(昭52)解体のためLoyKee,Hong Kongに売却
1978.1(昭53)香港に到着

SNo.852 第三宇高丸 UKO MARU No.3 (1953)

第三宇高丸
第三宇高丸 Uko Maru No.3
70272/JBVG 客載車輌渡船 1,282G/T 940D/W
起工 1952.8.25(昭27) 進水 1953.1.30(昭28) 竣工 1953.4.15(昭28)
Lpp 72.00 B 14.50 D 5.00 m 主機 D 三菱Sulzer 2,000BHP 2基 12.5/15.012kt
新三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.852 日本国有鉄道(東京)
第三宇高丸 UKO MARU No.3
1953.5.1(昭28)宇高航路に就航
1974.6.2(昭49)宇高航路を引退
1975(昭50)日本で解体

ろんどん丸型 2隻 LONDON MARU Class (1953 - 1954)

ろんどん丸
ろんどん丸 London Maru
貨物船 Lpp 134.00 B 18.80 D 11.80 m 主機 D 三菱神戸Sulzer 10SD72 1基 あとらす丸型 大阪商船株式会社(大阪)
Sno.853 ろんどん丸 (2) LONDON MARU 70760/JDEE 8,137G/T 15/7,500BHP 15.3/19.514kt
起工 1953.3.30(昭28) 進水 1953.6.17(昭28) 竣工 1953.8.31(昭28)
新三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 ろんどん丸 LONDON MARU 9次前
1956.1(昭31)欧州航路・日本欧州急行線に就航
1964.4.1(昭39)合併に伴い大阪商船三井船舶(株)(東京)に移籍
1972.4.24(昭47)Oceanic Pacific Lines Inc.(Panama)に売却、OCEANIC LONDONと改名
1977(昭52)Chien Lung Nav. Co. S. A.(Panama)に売却、ORIENT LONDONと改名
1983.8.30(昭58)Maputoから日本に向け航行中、Toamasina沖で沈没
Sno.857 すえず丸 SUEZ MARU 71543/JDGC 8,160G/T 7,500BHP 15.3/19.169kt
起工 1953.9.30(昭28) 進水 1953.12.8(昭28) 竣工 1954.2.24(昭29)
新三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 すえず丸 SUEZ MARU 9次後
1956.1(昭31)欧州航路・日本欧州急行線に就航
1964.4.1(昭39)合併に伴い大阪商船三井船舶(株)(東京)に移籍
1972.8.5(昭47)Oceanic Pacific Lines Inc.,Panamaに売却、OCEANIC SUEZと改名
1973(昭48)Lee Lai Maritime S. A.,Panamaに売却、CHIEH HUIと改名
1975(昭50)EURYCHILIと改名
1977(昭52)Poseidon S. A.,Panamaに売却、VICTORY QUEENと改名
1978(昭53)朝鮮の仁川で解体
すえず丸
すえず丸 Suez Maru

SNo.854 洋邦丸 YOHO MARU (1953)

洋邦丸
洋邦丸 Yoho Maru
71483/JDPH 油槽船 12,943G/T 20,224D/W
起工 1953.3.27(昭28) 進水 1953.9.11(昭28) 竣工 1953.12.9(昭28)
Lpp 167.00 B 22.00 D 12.20 m 主機 T 三菱神戸 2段減速衝動反動式 8,500PS 1基 14.7/16.7kt
新三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.854 飯野海運株式会社(東京)
洋邦丸 YOHO MARU
1963.12(昭38)飯野汽船(株)(東京)設立に伴い移籍
1964.4.1(昭39)合併に伴い川崎汽船(株)(神戸)に移籍
1964.12.3(昭39)日立造船(神奈川)で船体延長、石炭専用船に改造完工17,362G/T、LPP 187.09 (m)
1971(昭46)Ultramar Neptunea S.A., Panamaに売却、AKOURと改名
1975.3.10(昭50)Piraeusで繋船
1979.5.19(昭54)解体のためSplitに到着

SNo.856 あさぎり丸 ASAGIRI MARU (1953)

あさぎり丸
あさぎり丸 Asagiri Maru
わが国初の本格的なカーフェリー
71506/JBEE 自動車航走旅客船 229G/T 118D/W
起工 1953.5.7(昭28) 進水 1953.11.9(昭28) 竣工 1953.12.19(昭28)
Lpp 36.95 B 8.40 D 3.00 m 主機 D 阪神内燃機 270PS 2基 10.5/11.23kt
新三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.856 若潮丸型 兵庫県(明石)
あさぎり丸 ASAGIRI MARU 船客 132
1954.4(昭29)明石/岩屋航路に就航

SNo.858 ぶらじる丸 (2) BRASIL MARU (1954)

ぶらじる丸
ぶらじる丸 Brasil Maru
外務省の要請による本格的な南米移住者輸送用の貨客船として、当初大阪商船は計画造船の枠外での建造を希望したが予算編成上の制約等で第9次後期計画造船の貨物船の枠内で建造された。さんとす丸と同様に1948年のSOLAS条約を全面的に摘要し防火施設、人命救助に万全の対策が施された。主機には新三菱重工業神戸造船所が新たに開発したSulzer機関10RSD76型(9000軸馬力)の1号機が搭載された。
72247/JDHB 貨客船 10,100G/T 起工 1953.10.27(昭28) 進水 1954.4.6(昭29) 竣工 1954.7.10(昭29)
Lpp 145.00 B 19.60 D 11.90 m 主機 D 三菱神戸Sulzer 10RSD76 9,000BHP 1基 16.2/20.313kt
新三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.858 大阪商船株式会社(大阪)
ぶらじる丸 BRASIL MARU 9次後 船客 1等)12 2等)68 3等)902
1963.9.30(昭38)日本移住船(株)(大阪)に売却
1965.8.30(昭40)三菱神戸造船所で客船改装工事完成
1974.7.1(昭49)鳥羽港に係船「鳥羽ぶらじる丸」としてオープン、1975年版船舶明細書より削除
1996(平8)解体のため中国へ売却→広東省で湛江号と命名され観光施設として利用

徳洋丸 TOKUYO MARU (1954)

徳洋丸
徳洋丸 Tokuyo Maru
72228/JDUO 油槽船 1,558G/T 2,435D/W 起工 1954.3(昭29) 進水 1954.8(昭29) 竣工 1954.9(昭29)
Lpp 72.00 B 11.30 D 6.25 m 主機 D 三菱神戸Sulzer 1,800BHP 1基 12.5/13kt
新三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 森田汽船株式会社(大阪)
徳洋丸 TOKUYO MARU
1956(昭31)岡田海運(株)(大阪)に売却、第三日邦丸 NIPPO MARU No.3 と改名

ふいりぴん丸型 2隻 PHILIPPINE MARU Class (1955 - 1956)

ふいりぴん丸
ふいりぴん丸 Philippine Maru
第10次〜11次計画造船で2隻建造された大型貨物船。主要寸法はぱなま丸型と同じだが本型の主機はぶらじる丸(2)と同じSulzer機関(10RSD76)を1基搭載し、ぱなま丸型の2軸に対して1軸となっている。
貨物船 Lpp 145.00 B 19.40 D 12.50 m 主機 D 三菱神戸Sulzer 10RSD76 1基
新三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 大阪商船株式会社(大阪)
Sno.861 ふいりぴん丸 PHILIPPINE MARU 73099/JJTI 9,183G/T 11,500PS 17.4/20.504kt
起工 1954.11.6(昭29) 進水 1955.1.11(昭30) 竣工 1955.3.25(昭30) ふいりぴん丸 PHILIPPINE MARU 10次
1964.4.1(昭39)合併に伴い大阪商船三井船舶(株)(東京)に移籍
1976.12.13(昭51)Rhea (Panama) S. A.(Panama)に売却、EASTERN FUJIと改名
1979(昭54)Golden Sky Marine S. A.(Panama)に売却、GOLDEN SKYと改名。同年、CHAR YEUNGと改名
1980(昭55)Stability Maritime Inc.(Panama)に移籍。同年、GOLDEN SKYと改名。同年、解体
Sno.875 ありぞな丸 (2) ARIZONA MARU 74704/JNIA 9,187G/T 11,500BHP 17.4/19.2kt
起工 1955.10.29(昭30) 進水 1956.3.29(昭31) 竣工 1956.6.11(昭31) ありぞな丸 ARIZONA MARU 11次
1964.4.1(昭39)合併に伴い大阪商船三井船舶(株)(東京)に移籍
1979.8.28(昭54)解体のため日商岩井(London)に売却、高雄で解体
ありぞな丸
ありぞな丸 Arizona Maru

らぷらた丸型 2隻 LA PLATA MARU Class (1955 - 1956)

らぷらた丸
らぷらた丸 La Plata Maru
ふいりぴん丸型よりやや小型の貨物船で南米線用に建造された。
貨物船 Lpp 140.00 B 19.20 D 12.30 m 主機 D 三菱神戸Sulzer 9RSD76 1基
新三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 大阪商船株式会社(大阪)
Sno.862 らぷらた丸 (2) LA PLATA MARU 73111/JJUC 8,722G/T 8,500PS 16.2/19.785kt
起工 1954.11.13(昭29) 進水 1955.2.26(昭30) 竣工 1955.5.28(昭30) らぷらた丸 LA PLATA MARU 10次
1956.8(昭31)欧州航路・日本欧州急行線に就航
1964.4.1(昭39)合併に伴い大阪商船三井船舶(株)(東京)に移籍
1979.2.27(昭54)解体のため松倉海事(平生)に売却、解体
Sno.874 ぶえのすあいれす丸 (2) BUENOS AIRES MARU 74687/JNGO 8,700G/T 8,500PS 16.2/19.4kt
起工 1955.10.5(昭30) 進水 1956.1.31(昭31) 竣工 1956.3.31(昭31) ぶえのすあいれす丸 BUENOS AIRES MARU 11次
1964.4.1(昭39)合併に伴い大阪商船三井船舶(株)(東京)に移籍
1979.5.11(昭54)解体のため川崎重工業(坂出)に売却、解体
ぶえのすあいれす丸
ぶえのすあいれす丸 Buenos Aires Maru

SNo.866 檜山丸 (1) HIYAMA MARU (1955)

檜山丸
檜山丸 Hiyama Maru
74121/JMMI 車輌渡船 3,393G/T 2,060D/W
起工 1955.3.22(昭30) 進水 1955.7.8(昭30) 竣工 1955.8.31(昭30)
Lpp 111.00 B 17.40 D 6.80 m 主機 D 三菱Sulzer 8TPD 48型 2,800BHP 2基 15/15.5kt
新三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.866 檜山丸型 日本国有鉄道(東京)
檜山丸 HIYAMA MARU

つばめ丸 TSUBAME MARU (1956)

つばめ丸
つばめ丸 Tsubame Maru
75316/JQNJ 油槽船 20,920G/T 33,822D/W 起工 1955.11(昭30) 進水 1956.5(昭31) 竣工 1956.9(昭31)
Lpp 192.52 B 26.52 D 13.87 m 主機 T 三菱神戸 Westinghouse 15,000PS 1基 16/17kt
新三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 丸善海運株式会社(松山)
つばめ丸 TSUBAME MARU

もんてびでお丸型 2隻 MONTEVIDEO MARU Class (1956 - 1957)

もんてびでお丸
もんてびでお丸 Montevideo Maru
南米線用と欧州線用に第12次〜第13次計画造船で建造された大型貨物船。主要寸法は、らぷらた丸型と同じだが主機は過給機付のSulzer 7RSAD76型を搭載した。
貨物船 Lpp 140.00 B 19.20 D 12.30 m 主機 D 三菱神戸Sulzer 7RSAD76 1基
新三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 大阪商船株式会社(大阪)
Sno.884 もんてびでお丸 (2) MONTEVIDEO MARU 76128/JRDU 8,995G/T 9,300PS 16.6/19.5kt
起工 1956.7(昭31) 進水 1956.10(昭31) 竣工 1956.12.15(昭31) もんてびでお丸 MONTEVIDEO MARU 12次
1964.4.1(昭39)合併に伴い大阪商船三井船舶(株)(東京)に移籍
1976.9.17(昭51)Union Ocean Marine Co. S. A.(Panama)に売却、UNION NEW YORKと改名
1981(昭56)高雄で解体
Sno.896 はんぶるぐ丸 (2) HAMBURG MARU 80325/JKMY 8,973G/T 9,300PS 16.6/19.7kt
起工 1957.7(昭32) 進水 1957.10(昭32) 竣工 1957.12.26(昭32) はんぶるぐ丸 HAMBURG MARU 13次
1964.4.1(昭39)合併に伴い大阪商船三井船舶(株)(東京)に移籍
1980.1.4(昭55)Chin Shew Hwa Enterprise Co.Ltd.,Taiwanに売却、高雄で解体
はんぶるぐ丸
はんぶるぐ丸 Hamburg Maru

はばな丸型 2隻 HAVANA MARU Class (1957 - 1958)

はばな丸
はばな丸 Havana Maru
ニューヨーク線用に建造された大阪商船では戦後初の載貨重量11,000トン級の大型貨物船。主要寸法は、ふいりぴん丸型と同じだが、主機はSulzer 9RSAD76型を搭載し、最大速力21ノットを記録した。
貨物船 Lpp 145.00 B 19.40 D 12.50 m 主機 D 三菱神戸Sulzer 9RSAD76 1基
新三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 大阪商船株式会社(大阪)
Sno.885 はばな丸 (2) HAVANA MARU 78157/JEGR 9,375G/T 12,000BHP 17.4/21kt
起工 1956.12(昭31) 進水 1956.4(昭31) 竣工 1957.6.29(昭32) はばな丸 HAVANA MARU 12次
1964.4.1(昭39)合併に伴い大阪商船三井船舶(株)(東京)に移籍
1979.11.26(昭54)解体のためTaiwan Ship Scrap Co.Ltd.,Taiwanに売却、高雄で解体
Sno.897 ほのるる丸 (2) HONOLULU MARU 80326/JKNP 9,371G/T 12,000HP 17.4/21.079kt
起工 1957.8(昭32) 進水 1957.11(昭32) 竣工 1958.2.8(昭33) ほのるる丸 HONOLULU MARU 13次
1964.4.1(昭39)合併に伴い大阪商船三井船舶(株)(東京)に移籍
1973.12.11(昭48)Sevenseas Enterprises Corp.(Panama)に売却、SEA CROWNと改名
1975(昭50)SEA IRISと改名
1978(昭53)SEA WINNERと改名
1980(昭55)Santander,Spainで解体
ほのるる丸
ほのるる丸 Honolulu Maru

SNo.893 十和田丸 (1) TOWADA MARU (1957)

十和田丸
十和田丸 Towada Maru
79728/JJZR 客載車輌渡船 6,148G/T 起工 1957.2.4(昭32) 進水 1957.6.15(昭32) 竣工 1957.9.16(昭32)
Lpp 111.00 B 17.40 D 6.80 m 主機 D 三菱Sulzer 8TPD 48型 5,200BHP 2基 15/15.5kt
新三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.893 日本国有鉄道(東京)
十和田丸 TOWADA MARU 船客 1等470 2等1000
1967.5(昭42)函館ドック(函館)で車輌渡船に改造(6,119-59G/T)、石狩丸 ISHIKARI MARU (1) と改名

SNo.891 尚島丸 NAOSHIMA MARU (1957)

尚島丸
尚島丸 Naoshima Maru
80090/JLFR 貨物船 9,292G/T 14,418D/W
起工 1957.5.16(昭32) 進水 1957.8.13(昭32) 竣工 1957.10.21(昭32)
Lpp 138.50 B 19.30 D 12.55 m 主機 D 三菱神戸Sulzer 7SD72 5,300BHP 1基 13.4/16.8kt
新三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.891 飯野海運株式会社(東京)
尚島丸 NAOSHIMA MARU
1963.12(昭38)飯野汽船(東京)設立に伴い移籍
1964.4.1(昭39)合併に伴い川崎汽船(株)(神戸)に移籍
1970.1.16(昭45)宮地汽船(株)(神戸)に売却
1972(昭47)Tasman Navigation Corp.Ltd.,Liberiaに売却、WENONNAと改名
1979.12.8(昭54)解体のため台湾の高雄に到着

SNo.898 あるぜんちな丸 (2) ARGENTINA MARU (1958)

あるぜんちな丸
あるぜんちな丸 Argentina Maru
南米航路の移住者輸送用に、ぶらじる丸の姉妹船として計画されたが、船体幅は若干大きく、客室設備も改善された。主機はタービンを採用。スエズブームによる高船価のため、ぶらじる丸より30%割高の契約船価(22億4300万円)となった。
80893/JJJS 貨客船 10,970G/T 10,246D/W
起工 1957.10.11(昭32) 進水 1958.2.4(昭33) 竣工 1958.4.30(昭33)
Lpp 145.00 B 20.40 D 11.90 m 主機 T 2段減速 三菱 9,000PS 16.4/19.83kt
新三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.898 大阪商船株式会社(大阪)
あるぜんちな丸 ARGENTINA MARU 13次 船客 1等)12 2等)82 3等)960
1963.9.30(昭38)日本移住船(株)(東京)に売却
1965.10.20(昭40)三菱造船所で客船改装工事完成
1970.10.1(昭45)商船三井客船(株)(東京)の設立に伴い移籍
1972.2.23(昭47)にっぽん丸 NIPPON MARU と改名
1976.12.10(昭51)解体のため売却、東京・晴海を出航、高雄で解体

SNo.900 久島丸 (2) HISASHIMA MARU (1958)

久島丸
久島丸 Hisashima Maru
81474/JMJU 貨物船 9,360G/T 14,390D/W
起工 1958.3.1(昭33) 進水 1958.5.21(昭33) 竣工 1958.7.31(昭33)
Lpp 138.50 B 19.30 D 12.55 m 主機 D 三菱神戸Sulzer 7SD72 5,300BHP 1基 13.4/16.9kt
新三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.900 飯野海運株式会社(東京)
久島丸 HISASHIMA MARU
1963.12(昭38)飯野汽船(東京)設立に伴い移籍
1964.4.1(昭39)合併に伴い川崎汽船(株)(神戸)に移籍
1970.3.16(昭45)宮地汽船(株)(神戸)に売却
1976(昭51)Orient Safety Shipping Co.S.A.,Panamaに売却、ORIENT SAFETYと改名
1979.4.18(昭54)解体のため台湾の高雄に到着

しかご丸型 2隻 CHICAGO MARU Class (1959)

しかご丸
しかご丸 Chicago Maru
第14次計画造船で建造された大型貨物船で主要寸法は、はばな丸型と同じ。
貨物船 Lpp 145.00 B 19.40 D 12.50 m 主機 D 三菱神戸Sulzer 9RSAD76 1基
新三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 大阪商船株式会社(大阪)
Sno.904 しかご丸 (2) CHICAGO MARU 83111/JGHW 9,243G/T 12,000PS 17.8/21.147kt
起工 1958.12.30(昭33) 進水 1959.3.27(昭34) 竣工 1959.6.27(昭34) しかご丸 CHICAGO MARU 14次
1964.4.1(昭39)合併に伴い大阪商船三井船舶(株)(東京)に移籍
1980.3.5(昭55)Jasmine Navigation Inc.(Panama)に売却、EASTERN RUBYと改名
1983(昭58)解体のためChina Dismantled Vessels Trading Corp.,Taiwanに売却、高雄で解体
Sno.905 しあとる丸 (2) SEATTLE MARU 83824/JCHX 9,244G/T 12,000BHP 17.4/21.08kt
起工 1959.3(昭34) 進水 1959.8(昭34) 竣工 1959.11.14(昭34) しあとる丸 SEATTLE MARU 14次
1964.4.1(昭39)合併に伴い大阪商船三井船舶(株)(東京)に移籍
1975.1.23(昭50)Onward Shipping Co. S. A.(Panama)に売却、ROYAL FORTUNEと改名
1978(昭53)Union Brothers Marine Corp. S. A.(Panama)に売却、UNION YEMBOと改名
1979(昭54)Oriental Commercial Establishment,Saudi Arabiaに売却。同年、UNION YEMBOと改名。同年、UNION BANGKOKと改名
1983(昭58)LOUTFALLAHと改名
1985(昭60)Overbury Shipping Co.,Liberiaに売却。同年、解体のためパキスタンの解体業者に売却、Karachiで解体
しあとる丸
しあとる丸 Seattle Maru

はどそん丸型 2隻 HUDSON MARU Class (1960)

はどそん丸
はどそん丸 Hudson Maru
はばな丸型と主要寸法は同じだが、主機は新型のSulzer 9RD76過給ディーゼルを搭載した。
貨物船 Lpp 145.00 B 19.40 D 12.50 m 主機 D 三菱神戸Sulzer 9RD76 1基
新三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 大阪商船株式会社(大阪)
Sno.911 はどそん丸 HUDSON MARU 85339/JEHF 9,255G/T 12,000PS 17.4/20.723kt
起工 1959.12(昭34) 進水 1960.3(昭35) 竣工 1960.6.24(昭35) はどそん丸 HUDSON MARU 15次
1964.4.1(昭39)合併に伴い大阪商船三井船舶(株)(東京)に移籍
1980.8.7(昭55)解体のためShyeh Sheng Fuat Steel & Iron Work Co.Ltd.,Taiwanに売却、高雄で解体
Sno.912 ひゅうすとん丸 HOUSTON MARU 85342/JAHF 9,257G/T 12,000BHP 17.7/21.049kt
起工 1960.2(昭35) 進水 1960.5(昭35) 竣工 1960.8.16(昭35) ひゅうすとん丸 HOUSTON MARU 15次
1964.4.1(昭39)合併に伴い大阪商船三井船舶(株)(東京)に移籍
1975.7.22(昭50)Onward Shipping Co. S. A.,Panamaに売却、MARITIME GRACEと改名
1979(昭54)Hyundai Enterprise Co. Ltd.,South Koreaに売却、HAN BO RIと改名
1981(昭56)Hyundai Shipping Co. Ltd.,South Koreaに移籍
1982(昭57)仁川で解体

SNo.910 くれない丸 (2) KURENAI MARU (1960)

くれない丸
くれない丸 Kurenai Maru
84301/JKVX 旅客船 2,912G/T 498D/W
起工 1960.1.14(昭35) 進水 1960.5.25(昭35) 竣工 1960.9.1(昭35)
Lpp 80.00 B 13.40 D 6.25 m 主機 D 三菱神戸Sulzer 6TAD48 2,700BHP 2基 18/19.5kt
新三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.910 くれない丸型 関西汽船株式会社(大阪)
くれない丸 KURENAI MARU 航路:阪神/別府 船客:1等20 2等165 3等877
1960.3.6(昭35)阪神/別府航路に就航
1980.10(昭55)阪神/別府航路最終航海、以後阪神/高松航路
1985(昭60)佐世保重工業(佐世保)に売却、係船
1988(昭63)ニッポン・シー・ライン(大阪)に売却、ロイヤルウイング ROYAL WING と改名、改装
2007(平19)(株)ロイヤルウイング(横浜)の所有

扇祥丸 SENSHO MARU (1960)
86227/JIKR セメント専用船 2,724G/T 4,262D/W
起工 1960.5(昭35) 進水 1960.8(昭35) 竣工 1960.10(昭35)
Lpp 93.00 B 14.30 D 7.25 m 主機 D 三菱Sulzer 6TD48 1,800BHP 11.2/14kt
新三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 日本セメント株式会社(東京)
扇祥丸 SENSHO MARU

SNo.913 大鴎丸 DAIOH MARU (1960)
85910/JQXF 重量物運搬船 6,485G/T
起工 1960.5.6(昭35) 進水 1960.7.23(昭35) 竣工 1960.10.19(昭35)
Lpp 121.00 B 18.00 D 10.30 m 主機 D 6,485BHP 13.5/16.5kt
新三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.913 日本海汽船株式会社(東京)
大鴎丸 DAIOH MARU
1967.3.15(昭42)大阪商船三井船舶(株)(東京)と共有
1978.8.31(昭53)日本海汽船(東京)に共有分を売却
1978(昭53)Armeno (Panama) S.A.(Panama)に売却、BORA IIと改名
1984(昭59)解体のため売却、朝鮮のUlsanで解体

SNo.915 讃岐丸 (1) SANUKI MARU (1961)

讃岐丸
讃岐丸 Sanuki Maru
フォイト・シュナイダープロペラを装備、主機械及び主要補機を遠隔制御自動制御とした。
86791/JPFL 客載車輌渡船 1,828G/T
起工 1960.8.13(昭35) 進水 1960.11.22(昭35) 竣工 1961.3.15(昭36)
Lpp 73.20 B 15.00 D 5.30 m 主機 D 三菱神戸 JB12VA 1,500PS 2基 12.5/12.8kt
新三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.915 日本国有鉄道(東京)
讃岐丸 SANUKI MARU 1等90 2等710
1961.4.25(昭36)宇高航路に就航

へいぐ丸型 3隻 HAGUE MARU Class (1961 - 1962)

へいぐ丸
へいぐ丸 Hague Maru
はどそん丸型に引き続いて建造された大型貨物船で主機を大出力のSulzer 6RD90型とした。たこま丸は機関室に遠隔操縦可能な制御室を設けた。また荷役装置にガイウインチを採用、船橋内の諸機器配置の合理化、移住区の合理化が図られた。
貨物船 Lpp 145.00 B 19.40 D 12.50 m 主機 D 三菱神戸Sulzer 6RD90 1基
新三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 大阪商船株式会社(大阪)
Sno.921 へいぐ丸 (2) HAGUE MARU 87797/JHGW 9,295G/T 13,000BHP 18.2/21.2kt
起工 1960.12(昭35) 進水 1961.3(昭36) 竣工 1961.5.24(昭36) へいぐ丸 HAGUE MARU 16次
1964.4.1(昭39)合併に伴い大阪商船三井船舶(株)(東京)に移籍
1980.10.7(昭55)解体のためSie Yung Steel Wire Mill Co.Ltd.,Taiwanに売却、高雄で解体
Sno.922 のうほうく丸 NORFOLK MARU 87801/JIFR 9,295G/T 13,000BHP 18.2/20.86kt
起工 1961.2(昭36) 進水 1961.5(昭36) 竣工 1961.8.16(昭36) のうほうく丸 NORFOLK MARU 16次
1964.4.1(昭39)合併に伴い大阪商船三井船舶(株)(東京)に移籍
1980.12.2(昭55)Goldthread Shipping Inc.(Panama)に売却、EASTERN LEADERと改名
1984(昭59)高雄で解体
Sno.931 たこま丸 (2) TACOMA MARU 89479/JDMI 9,294G/T 13,000PS 18.2/20.9kt
起工 1961.12.6(昭36) 進水 1962.4.7(昭37) 竣工 1962.6.20(昭37) たこま丸 TACOMA MARU 17次
1964.4.1(昭39)合併に伴い大阪商船三井船舶(株)(東京)に移籍
1981(昭56)Splendour Shipping Inc.(Panama)に売却、EASTERN PEARLと改名
1984(昭59)高雄で解体

長崎丸 (2) NAGASAKI MARU (1961)
88008/JLNO 貨物船 7,194G/T 10,397D/W
起工 1961.3.10(昭36) 進水 1961.6.20(昭36) 竣工 1961.8.25(昭36)
Lpp 130.00 B 18.40 D 11.30 m 主機 D 三菱神戸Sulzer 6RD68 6,600PS 1基 15.2/18.2kt
新三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 澤山汽船株式会社(神戸)
長崎丸 NAGASAKI MARU 旅客 4
1972(昭47)Everbeauty Line S.A.,Panamaに売却、EVER BEAUTYと改名

SNo.927 扇豊丸 SENPO MARU (1961)

扇豊丸
扇豊丸 Senpo Maru

K.Sato
86932/JAVY セメント専用船 2,724G/T
起工 1961.5.19(昭36) 進水 1961.8.15(昭36) 竣工 1961.10.20(昭36)
Lpp 93.00 B 14.30 D 7.25 m 主機 D 1,800PS 1基 11.2/14kt
新三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.927 日本セメント株式会社(東京)
扇豊丸 SENPO MARU
1974.11.28(昭49)第一中央汽船(株)汽船(東京)と第一興産に売却
1984.2.3(昭59)売却
1985Lloyd's Register 1985-1986年版より削除

SNo.923 須磨春丸 SUMAHARU MARU (1961)
88010/JLOD 鉱石専用船 13,728G/T 21,414D/W
起工 1961.3.23(昭36) 進水 1961.7.21(昭36) 竣工 1961.10.24(昭36)
Lpp 162.00 B 22.80 D 12.30 m 主機 D 三菱Sulzer 7RD68 7,700BHP 1基 13.8/17.1kt
新三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.923 新日本船舶産業株式会社(神戸)
須磨春丸 SUMAHARU MARU
1963.6(昭38)新日本汽船(株)(神戸)に売却
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(株)汽船(東京)に移籍
1969.5.2(昭44)Felix Steamship Co. Ltd.,Liberiaに売却、FELIXと改名
1972(昭47)Hoover Shipping Co. Inc.,Liberiaに売却、ANNA DEVELOPERと改名
1979(昭54)Rhea (Panama) S. A.,Panamaに売却、RHEAと改名。同年、Safata Bay Marine Co. Ltd.,Cyprusに売却、LARNACAと改名。同年、Seismaris Maritime Corp.,Greeceに売却、EUROMASTERと改名
1984(昭59)Lloyd's Register 1984-1985年版より削除

SNo.932 おりおん丸 ORION MARU (1962)
92063/JFPH 油槽船 27,906G/T 起工 1962.3.31(昭37) 進水 1962.11.2(昭37) 竣工 1962.12.25(昭37)
Lpp 204.00 B 30.40 D 15.80 m 主機 H 焼玉 18,500HP 16.5/17.64kt
新三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.932 大阪商船株式会社(大阪)
おりおん丸 ORION MARU
1964.4.1(昭39)合併に伴ない大阪商船三井船舶(東京)に移籍
1976.12.2(昭51)解体のために売却、高雄に到着
1977.1.8(昭52)Nan Kwang Steel & Iron Co. Ltd., Kaohsiungで解体開始

SNo.926 大南鴎丸 DAINANOH MARU (1962)
89836/JDPW 重量物運搬船 6,429G/T
起工 1961.8.7(昭36) 進水 1961.11.11(昭36) 竣工 1962.2.13(昭37)
Lpp 121.00 B 18.00 D 10.30 m 主機 D 6,429BHP 14.5/17.8kt
新三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.926 日本海汽船株式会社(東京)
大南鴎丸 DAINANOH MARU
1967.3.15(昭42)大阪商船三井船舶(株)(東京)と共有
1979.3.31(昭54)日本海汽船(東京)に共有分を売却
1979(昭54)Xista(Panama)に売却、BOBIと改名
1982(昭57)解体のため売却、朝鮮のBusanで解体

さくら丸 SAKURA MARU (1962)

さくら丸
さくら丸 Sakura Maru
見本市専用船 12,628G/T 5,801D/W
起工 1962.2.1(昭37) 進水 1962.6.22(昭37) 竣工 1962.10.15(昭37)
Lpp 145.00 B 21.00 D 11.90 m 主機 D 三菱長崎7UEC75/150 9,800BHP 1基 17.6/20.19kt
新三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 日本産業巡航見本市協会
さくら丸 SAKURA MARU

SNo.937 こはく丸 KOHAKU MARU (1963)

こはく丸
こはく丸 Kohaku Maru
93177/8LPJ 旅客船 2,698G/T 起工 1962.12.1(昭37) 進水 1963.3.13(昭38) 竣工 1963.7.1(昭38)
Lpp 77.00 B 12.80 D 6.00 m 主機 D 2,350BHP 18/19.7kt
新三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.937 関西汽船株式会社(大阪)
こはく丸 KOHAKU MARU 船客 特等)64 1等)240 2等)892
1963.7.5(昭38)阪神/別府航路に就航
1975.12(昭50)予備船として小豆島の内海湾で繋船
1976(昭51)チャーター船として現役復帰
1977.6.8(昭52)佐野安船渠(大阪)で改造、貸切専用船として使用
1979(昭54)高知物産商運(愛媛・大西)に売却。関西汽船が用船
1984(昭59)関西汽船(大阪)が再売却
1987(昭62)来島どっく(別府)に売却
1988(昭63)新泉海運(新居浜)に売却、家電メーカー・シャープのイベント船として6.2より就航。同年、昭和63年版船名録まで掲載

SNo.938 千代田丸 CHIYODA MARU (1963)
94674/JGRU セメント専用船 4,066G/T 6,677D/W
起工 1963.3.30(昭38) 進水 1963.9.21(昭38) 竣工 1963.12.20(昭38)
Lpp 107.00 B 16.20 D 8.70 m 主機 D 三菱神戸Sulzer 7TAD48 3,150PS 1基 12.5/15.1kt
新三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.938 日本郵船株式会社(東京)
千代田丸 CHIYODA MARU
1969.4.15(昭44)近海郵船(株)(東京)に売却
1987(昭62)Axinou Shipping Inc., Panamaに売却、CYPRUS GLORYと改名
1988(昭63)Smartway Inc., Panamaに売却、TAICEMと改名
1990(平2)FANG CHANG 2と改名
2001(平13)Guangxi Tanggang Marine Co. Ltd., Boliviaに売却、FANG NI 2と改名
2007(平19)Lloyd's Resister 2007-08年版に掲載

SNo.940 さんちあご丸 SANTIAGO MARU (1964)

さんちあご丸
さんちあご丸 Santiago Maru
93287/JEXY 鉱石専用船 33,417G/T 54,448D/W
起工 1963.4(昭38) 進水 1963.11(昭38) 竣工 1964.3.30(昭39)
Lpp 212.00 B 31.50 D 17.05 m 主機 D Sulzer & Brothers 6RD90 13,800PS 1基 15.75/17.02kt
新三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.940 大阪商船株式会社(大阪)
さんちあご丸 SANTIAGO MARU 18次
1964.4.1(昭39)合併に伴ない大阪商船三井船舶(東京)に移籍
1975.9.5(昭50)Camelia Maritime Inc.,Liberiaに売却、ETERNAL GREENと改名
1981.9.10(昭56)和歌山からPort Walcottに向け航行中、室戸岬の南(30-40N,134-16E)で火災を起こし全損。同年、江田島で解体

SNo.945 八甲田丸 HAKKODA MARU (1964)

八甲田丸
八甲田丸 Hakkoda Maru
95600/JRRX 客載車輌渡船 8,300G/T
起工 1963.12.9(昭38) 進水 1964.4.15(昭39) 竣工 1964.7.31(昭39)
Lpp 123.00 B 17.90 D 7.20 m 主機 D 川崎M.A.N. V8V22/30mAL 12,800BHP 8基 2軸 18.2/20.9kt
新三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.945 津軽丸型 日本国有鉄道(東京)
八甲田丸 HAKKODA MARU
1967(昭42)法律改正による総トン数変更
ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.10