船歴 本邦建造船21-1 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

川南工業株式会社香焼島造船所

山宮丸型 9隻 YAMAMIYA MARU Class (1943 - 1944)
貨物船 Lpp 128.00 B 17.80 D 9.80 m 主機 R 3連成 1基
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 1ARS型
1. Sno.A1 山宮丸 YAMAMIYA MARU 49925/JGNS 6,400G/T 9,300D/W 1,500/2,200HP 12/15kt
起工 1943.6.8(昭18) 進水 1943.8.31(昭18) 竣工 1943.10.31(昭18) 山下汽船株式会社(神戸)
山宮丸 YAMAMIYA MARU
1944.6.25(昭19)ハルマヘラ島北部(セレベス島付近)で米潜BASHAW(SS-241)の雷撃により沈没
2. Sno.A4 榮城丸 (2) EIJO MARU 50639/JELT 6,862G/T 11,770D/W 2,271IHP 12.44kt
起工 1943.7.31(昭18) 進水 1943.9.8(昭18) 竣工 1943.12.23(昭18) 日本郵船株式会社(東京)
榮城丸 EIJO MARU
1945.3.1(昭20)中国の青島から関門に向け航行中、山東半島東岸石島湾入口付近(36-53N, 122-26E)で濃霧のため座礁、翌日船体放棄
3. Sno.A5 仁洋丸 JINYO MARU 50639/JELT 6,866G/T 11,584D/W 2,200IHP 12/15.3kt
起工 1943.8.1(昭18) 進水 1943.10.28(昭18) 竣工 1943.12.27(昭18) 東洋汽船株式会社(東京)
仁洋丸 JINYO MARU
1944.12.7(昭19)ルソン島北岸ダルピリ島沖(18.54N,120.49E)で米潜TREPANG(SS-412)の雷撃により沈没
4. Sno.A6 榮久丸 EIKYU MARU 50781/JEJT 6,866G/T 11,770D/W 2,390IHP 9/13.2kt
起工 1943.9.1(昭18) 進水 1943.11.15(昭18) 竣工 1944.1.27(昭19) 日本郵船株式会社(東京)
榮久丸 EIKYU MARU
1944.9.21(昭19)マニラ湾で空爆により沈没
5. Sno.A2 大武丸 DAIBU MARU 49926/JGMS 6,441G/T 10,361D/W 1,500/2,200HP 12/15kt
起工 1943.10.31(昭18) 進水 1943.12.12(昭18) 竣工 1944.2.20(昭19) 大阪商船株式会社(神戸)
大武丸 DAIBU MARU
1944.5.4(昭19)台湾の南西(20.50N,117.55E)で米潜TINOSA(SS-283)の雷撃により沈没
6. Sno.A7 山照丸 (1) YAMATERU MARU 50803/JOOT 6,400G/T 9,300D/W 3,300IHP 12/15kt
起工 1943.9.9(昭18) 進水 1943.12.10(昭18) 竣工 1944.2.22(昭19) 山下汽船株式会社(神戸)
山照丸 YAMATERU MARU
1944.8.17(昭19)朝鮮西岸の蝟島沖(35.33N,126.10E)で触雷、沈没(8月24日に同一地点で米潜CROAKER(SS-246)の雷撃により沈没の記録もある)
7. Sno.A8 大倫丸 DAIRIN MARU 50782/JOAT 6,862G/T 11,584D/W 1,500NHP/2,200IHP 12kt
起工 1943.10.29(昭18) 進水 1943.12(昭18) 竣工 1944.2.29(昭19) 大阪商船株式会社(大阪)
大倫丸 DAIRIN MARU
1944.7.3(昭19)奄美大島沖(28.53N,129.51E)で米潜STURGEON(SS-187)の雷撃により沈没
8. Sno.A3 ジョクジャ丸 DJOKJA MARU 50635/JEKT 6,400G/T 9,300D/W 2,200IHP 12.5kt
起工 1943(昭18) 進水 1943.12.12(昭18) 竣工 1944.3.8(昭19) 南洋海運株式会社(東京)
ジョクジャ丸 DJOKJA MARU
1944.5.15(昭19)比島の東方(10.10N,131.43E)で米潜ASPRO(SS-309)の雷撃により沈没
9. Sno.A9 スラカルタ丸 SURAKARTA MARU 50831/JPFT 6,400G/T 1,300D/W 2,200IHP 12.5kt
起工 1943.11.16(昭18) 進水 1944.1.25(昭19) 竣工 1944.3.23(昭19) 南洋海運株式会社(東京)
スラカルタ丸 SURAKARTA MARU
1944.9.21(昭19)ルソン島のマシンロック岬沖で空爆により沈没

山澄丸型 29隻 YAMAZUMI MARU Class (1943 - 1947)

山澄丸
山澄丸 Yamazumi Maru
貨物船 Lpp 128.00 B 18.20 D 11.10 m 主機 R 3連成 1基 2ARS型
1. Sno.A24 山澄丸 YAMAZUMI MARU 50848/JPVT 6,850G/T 10,420D/W 2,200IHP 9.5/12.5kt
起工 1943.12(昭18) 進水 1944.2.25(昭19) 竣工 1944.3.27(昭19)
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 山下汽船株式会社(神戸)
山澄丸 YAMAZUMI MARU SCAJAP No.Y018
1945.5.25(昭20)山口県吉見沖で触雷、擱座。戦後、修復
1951.9.29(昭26)(株)藤永田造船所(大阪)でB.V.船級取得改造工事
1956.5(昭31)中村汽船(株)(神戸)に売却、朝波丸 ASANAMI MARU と改名
1963.4.30(昭38)解体を開始。同年12月に解体を完了
2. Sno.A27 宮玉丸 MIYATAMA MARU 50849/JPWT 6,600G/T 11,790D/W
起工 1944.2.13(昭19) 進水 1944.3.13(昭19) 竣工 1944.3.30(昭19)
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 玉井商船株式会社(東京)
宮玉丸 MIYATAMA MARU
1945.5.1(昭20)朝鮮南西薪島沖西方(34.36N,125.58E)で空爆により沈没(45名殉職)
3. Sno.A27 ジャカルタ丸 JAKARUTA MARU 50857/JQCT 6,859G/T 2,200IHP 9/12.5kt
起工 1944.2.26(昭19) 進水 1944.4.25(昭19) 竣工 1944.5.15(昭19)
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 南洋海運株式会社(東京)
ジャカルタ丸 JAKARUTA MARU SCAJAP No.J001
1949.7.16(昭24)東京船舶(株)(東京)に移籍
1950.7.20(昭25)日立造船(築港)で主機換装、A.B.船級取得、三島型改造工事完工
1961.11(昭36)解体のため甘糟産業(東京)に売却
1961.11.30(昭36)解体
ジャカルタ丸
ジャカルタ丸 Jakaruta Maru
4. Sno.A28 輝山丸 KIZAN MARU 50863→75546/JQIT→JNKF 6,859G/T 2,300IHP
起工 1944.3.1(昭19) 進水 1944.5.7(昭19) 竣工 1944.5.27(昭19)
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 興國汽船株式会社(神戸)
輝山丸 KIZAN MARU
19461946(昭21)擱坐後、浮揚に成功
1954(昭29)佐野安商事(大阪)に売却、泉丸 IZUMI MARU と改名
1957.10(昭32)佐野安船渠(株)(大阪)で主機をD 1基(3,480BHP)に換装、NK入級改造工事
1959(昭34)中央汽船(株)(神戸)に売却、中泉丸 CHUSEN MARU と改名
1960.1(昭35)合併に伴い第一中央汽船(株)汽船(東京)に移籍
1963.11.29(昭38)Windhouse S. S. Co.(Liberia)に売却、FASTWINDと改名
1970.2.26(昭45)解体のためLee Singに売却、香港に到着
輝山丸
輝山丸 Kizan Maru

City of Vancouver Archives
5. Sno.A22 神通川丸 JINTSUGAWA MARU 50855/JQAT 6,859G/T 10,373D/W 2,200IHP 9.5/11kt
起工 1943.12.18(昭18) 進水 1944.5.22(昭19) 竣工 1944.6.10(昭19)
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 東洋海運株式会社(東京)
神通川丸 JINTSUGAWA MARU
1951.5.10(昭26)(株)藤永田造船所(大阪)でB.V.船級取得改造工事完工
1959(昭34)広島で解体
神通川丸
神通川丸 Jintsugawa Maru
6. Sno.A23 大光丸 DAIKO MARU 6,859G/T
起工 1943.12.18(昭18) 進水 1944.5.22(昭19) 竣工 1944.6.17(昭19)
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 大阪商船株式会社
大光丸 DAIKO MARU
7. Sno.A29 豊永丸 HOEI MARU 50890/JQVT 6,959G/T 2,400IHP 9/10kt
起工 1943.3.14(昭18) 進水 1944.5.20(昭19) 竣工 1944.6.21(昭19)
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 日本製鐵株式会社(東京)
豊永丸 HOEI MARU SCAJAP No.H035
1950.4.1(昭25)日鐵汽船(株)(東京)の設立に伴い移籍
1950.9.15(昭25)浦賀船渠(浦賀)で三島型に改造、AB船級を取得
1962.2.15(昭37)合併に伴い新和海運(株)(東京)に移籍
1963.12.7(昭38)岩井産業に売却、解体
豊永丸
豊永丸 Hoei Maru
8. Sno.A32 山村丸 YAMAMURA MARU 50892/JQXT 6,859G/T 10,980D/W 2,200IHP 9.5/12.5kt
起工 1944.5.23(昭19) 進水 1944.7.18(昭19) 竣工 1944.9.19(昭19)
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 山下汽船株式会社(神戸)
山村丸 YAMAMURA MARU
1951.8.9(昭26)日立造船(向島)でB.V.船級取得改造工事完工
1956.2(昭31)興運汽船(株)(東京)に売却
1958.2.26(昭33)Kidjang で座礁。3月4日に離礁
1959.9.20(昭34)大阪で解体
山村丸
山村丸 Yamamura Maru
9. Sno.A33 大津山丸 OHTSUSAN MARU 52951/JRUT 6,859G/T 1,500NHP/2,000IHP 10/13kt
起工 1944.5.23(昭19) 進水 1944.7.18(昭19) 竣工 1944.9.29(昭19)
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 三井船舶株式会社(東京)
大津山丸 OHTSUSAN MARU
1945.1.12(昭20)サンジャックから関門に向け航行中、仏印東岸キノン北方30マイル(14.14N,109.10E)で空爆により沈没
10. Sno.A30 第二日祐丸 NICHIYU MARU No.2 6,850G/T
起工 1944(昭19) 進水 1944.6(昭19) 竣工 1944.9.29(昭19)
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 日産汽船株式会社(東京)
第二日祐丸 NICHIYU MARU No.2
11. Sno.A31 第二勇山丸 YUZAN MARU No.2 50891/JQWT 6,850G/T
起工 1944(昭19) 進水 1944.6(昭19) 竣工 1944.9.29(昭19)
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 山本汽船株式会社
第二勇山丸 YUZAN MARU No.2
12. Sno.A35 安藝川丸 AKIKAWA MARU 6,959G/T 2,200IHP 9.5/12.5kt
起工 1944.6.11(昭19) 進水 1944.8.20(昭19) 竣工 1944.10.14(昭19)
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 川崎汽船株式会社(神戸)
安藝川丸 AKIKAWA MARU
1944.12.2(昭19)東シナ海トカラ諸島西方(30.24N,128.17E)で米潜SEADEVIL(SS-400)の雷撃により沈没
13. Sno.A37 榮昌丸 EISHO MARU 57984/JRBC 6,888G/T 11,127D/W 2,200IHP 9.5/10.5kt
起工 1944.7.11(昭19) 進水 1944.9.27(昭19) 竣工 1944.10.31(昭19)
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 大連汽船株式会社
榮昌丸 EISHO MARU SCAJAP No.E010
1947.3.8(昭22)東邦海運(株)(東京)に移籍
1950.11.27(昭25)川南工業(香焼島)でA.B.船級取得工事、三島型改造工事
1962.2.15(昭37)合併に伴い新和海運(株)(東京)に移籍
1963.11.12(昭38)解体のため常石造船(広島)に売却
1964.5.28(昭39)船籍抹消
榮昌丸
榮昌丸 Eisho Maru
14. Sno.A40 神祇丸 SHINSHI MARU 54404 6,850G/T
起工 1943.8.21(昭18) 進水 1944.11.1(昭19) 竣工 1944.11.12(昭19)
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 岡田商船株式会社(東京)
神祇丸 SHINSHI MARU
1945.1.12(昭20)仏印サンジャックの沖で空爆により沈没
15. Sno.A38 延長丸 ENCHO MARU 54091/JESW 6,889G/T 10,917D/W 2,264IHP 10kt
起工 1944.7.19(昭19) 進水 1944.10.24(昭19) 竣工 1944.11.12(昭19)
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 日本郵船株式会社(東京)
延長丸 ENCHO MARU SCAJAP No.E025
1944(昭19)建造中に応急油槽船に改造
1946(昭21)貨物船に改造。戦後の外航第1船
1951.7.7(昭26)西日本重工業(長崎)でB.V.船級取得工事完工
1956.2.21(昭31)日正汽船(東京)に売却、日正丸 NISSHO MARU と改名
1961.10.6(昭36)大和海運(大阪)に売却
1962.6(昭37)解体のため売却
1963.4.29(昭38)解体
延長丸
延長丸 Encho Maru
16. Sno.A39 山澤丸 YAMASAWA MARU 54403/JFZW 6,889G/T 2,200IHP 9.5/12.5kt
起工 1944.7.19(昭19) 進水 1944.10.24(昭19) 竣工 1944.12.6(昭19)
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 山下汽船株式会社(神戸)
山澤丸 YAMASAWA MARU
1945.1.21(昭20)台湾の高雄港(22.02N,120.05E)で空爆により擱座
17. Sno.A41 大久丸 (1) TAIKYU MARU 53092/JETW 6,872G/T 1,500NHP/2,200IHP 9/13kt
起工 1944.10.25(昭19) 進水 1944.12.2(昭19) 竣工 1944.12.25(昭19)
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 太洋海運株式会社(神戸)
大久丸 TAIKYU MARU SCAJAP No.T242
1950.6.30(昭25)日立造船(向島)でA.B.船級取得、三島型改造工事完工
1952.9.16(昭27)シアトル沖でギリシア船と衝突
1959.3.3(昭34)橋本汽船(株)(神戸)に売却、けいゆう丸 KEIYU MARU と改名
1964.4(昭39)解体
大久丸
大久丸 Taikyu Maru
18. Sno.A42 延寶丸 ENPO MARU 53093/JEUW 6,872G/T 2,300IHP 10kt
起工 1944.10.25(昭19) 進水 1944.12.2(昭19) 竣工 1945.1.11(昭20)
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 日本郵船株式会社(東京)
延寶丸 ENPO MARU
1945.8.9(昭20)朝鮮の羅津港(42-00N, 129-50E)で碇泊中に空爆により大破、翌日船体放棄
19. Sno.A43 大瑞丸 DAIZUI MARU 53094/JEVW 6,873G/T 10,547D/W
起工 1944.12.3(昭19) 進水 1945.1.13(昭20) 竣工 1945.2.7(昭20)
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 大阪商船株式会社(大阪)
大瑞丸 DAIZUI MARU
1950.9.22(昭25)日立造船(因島)でA.B.船級取得、三島型改造工事完工
1956.2.20(昭31)三光汽船(株)(大阪)に売却
1959.8(昭34)主機を換装
1963.4.27(昭38)名古屋で解体
大瑞丸
大瑞丸 Daizui Maru
20. Sno.A44 山路丸 YAMAMICHI MARU 6,873G/T 2,200IHP 9.5/12.5kt
起工 1944.12.3(昭19) 進水 1945.1.13(昭20) 竣工 1945.2.20(昭20)
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 山下汽船株式会社(神戸)
山路丸 YAMAMICHI MARU SCAJAP No.Y013
1945.7.2(昭20)神戸から小樽に向け航行中、淡路島東方の友ケ島水道(34.28N,135.08E)で触雷、沈没
21. Sno.A51 第二大海丸 DAIKAI MARU No.2 54682/JOBD→JRYY 6,868G/T 10,468D/W 10/13kt
起工 1945.1.26(昭20) 進水 1945.4.25(昭20) 竣工 1945.5.28(昭20)
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 大阪商船株式会社(大阪)
第二大海丸 DAIKAI MARU No.2
1950.7.28(昭25)日立造船(桜島)でA.B.船級取得、三島型改造工事完工
1956.11.19(昭31)大光商船(株)(大阪)に売却、大海丸 DAIKAI MARU と改名
1962.1.29(昭37)解体のため日商岩井(東京)に売却
1963.1.30(昭38)解体完了
22. Sno.A52 明優丸 MEIYU MARU 54683/JOED→JLYD 6,868G/T 10,561D/W 2,000IHP 11/12kt
起工 1945.2.4(昭20) 進水 1945.5.8(昭20) 竣工 1945.6.15(昭20)
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 明治海運株式会社(神戸)
明優丸 MEIYU MARU SCAJAP No.M018
1951(昭26)三井造船(玉野)でB.V.船級取得改造工事完工
1956(昭31)富士汽船(株)(東京)に売却、泰明丸 TAIMEI MARU と改名
1959.10.22(昭34)解体のため平山金属(尾道)に売却。尾道で解体
明優丸
明優丸 Meiyu Maru
23. Sno.A53 錦江丸 KINKO MARU 67752/JRTH 6,868G/T 10,500D/W 11/12kt
起工 1945.3.4(昭20) 進水 1945.5.23(昭20) 竣工 1945.7.17(昭20)
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 東亞海運株式会社(東京)
錦江丸 KINKO MARU
1945.7(昭20)長崎港内で空爆を受けて擱座
1948.6(昭23)沈没のまま川南工業(株)香焼島造船所(香焼島)に売却
1948.12(昭23)大光商船(株)(大阪)に売却
1949.7(昭24)川南工業(香焼島)によって浮揚に成功
1951.12.9(昭26)川南工業(香焼島)でA.B.船級取得、三島型改造工事完工
1961.8(昭36)大阪港で解体
錦江丸
錦江丸 Kinko Maru
24. Sno.A54 石狩川丸 ISHIKARIGAWA MARU 54698/JOKD→JDPJ 6,869G/T 10,648D/W 3,300IHP 9/10kt
起工 1945.3.14(昭20) 進水 1945.7.10(昭20) 竣工 1947.12.28(昭22)
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 東洋海運株式会社(東京)
石狩川丸 ISHIKARIGAWA MARU SCAJAP No.I049
1949.4.1(昭24)玉井商船(株)(神戸)に売却
1949.12.10(昭24)川南工業で改装
1951.10.20(昭26)友玉丸 TOMOTAMA MARU と改名。川南工業(香焼島)で改装完了(AB船級入級工事。主罐を重油専焼に換装、船橋を船尾から中央に移設、船底を二重底とした
1964(昭39)解体
石狩川丸
石狩川丸 Ishikarigawa Maru

大威丸型 96隻 DAII MARU Class (1944 - 1948)
貨物船 Lpp 128.00 B 18.20 D 11.10 m 主機 T 1基 2AT型
1. Sno.A21 大威丸 DAII MARU 50830/JPET 6,886G/T 1,800SHP 10kt
起工 1943.12.10(昭18) 進水 1944.2.12(昭19) 竣工 1944.3.28(昭19)
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 大阪商船株式会社(大阪)
大威丸 DAII MARU
1945.8.23(昭20)山口県の吉見海岸で触雷、沈没
2. Sno.A25 大譲丸 DAIJO MARU 6,866G/T 1,800/250HP 10kt
起工 1944.1.26(昭19) 進水 1944.2.29(昭19) 竣工 1944.3.30(昭19)
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 大阪商船株式会社(大阪)
大譲丸 DAIJO MARU
1945.4.2(昭20)朝鮮の東岸(34.02N,124.00E)で米潜SEADEVIL(SS-400)の雷撃により沈没
3. Sno.A34 大圖丸 DAITO MARU 50893/JQYT 6,895G/T
起工 1944.5.21(昭19) 進水 1944.7.10(昭19) 竣工 1944.9.26(昭19)
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 大阪商船株式会社
大圖丸 DAITO MARU
4. Sno.A36 大烈丸 DAIRETSU MARU 52966/JRMT 6,859G/T
起工 1944.6.27(昭19) 進水 1944.9.8(昭19) 竣工 1944.10.20(昭19)
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 大阪商船株式会社(大阪)
大烈丸 DAIRETSU MARU
1949.10.27(昭24)日本海汽船(株)(東京)に売却
1949(昭24)川南工業(香焼島)でA.B.船級取得、三島型改造工事
1963.6.25(昭38)広島で解体
大烈丸
大烈丸 Dairetsu Maru

1955.4.16 - City of Vancouver Archives

改造後の姿
5. Sno.A45 枝光丸 EDAMITSU MARU 54464/JPCA 6,872G/T 2,325SHP 10kt
起工 1944.9.10(昭19) 進水 1944.12.29(昭19) 竣工 1945.2.5(昭20)
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 日本郵船株式会社(東京)
枝光丸 EDAMITSU MARU
1945.8.9(昭20)朝鮮羅津港(42.00N,129.50E)で停泊中に空爆により大破、翌日船体放棄。戦後ソ連に接収され修理後使用されたらしいが詳細不明
6. Sno.A46 第一大海丸 DAIKAI MARU No.1 54516/JASD→JKDC 6,873G/T 10,824D/W 2,400SHP 10/12kt
起工 1944.9.28(昭19) 進水 1945.1.26(昭20) 竣工 1945.2.28(昭20)
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 大阪商船株式会社(大阪)
第一大海丸 DAIKAI MARU No.1 SCAJAP No.D006
1949(昭24)日立造船(桜島)でA.B.船級取得、三島型改造、主機換装工事完工
1949.9.24(昭24)玉井商船(株)(神戸)に売却
1951.2.20(昭26)名古屋造船にて改装工事完了、龍玉丸 TATSUTAMA MARU と改名
1963.9.12(昭38)解体
第一大海丸
龍玉丸 Tatsutama Maru

改造後の姿
7. Sno.A47 第一日祐丸 NICHIYU MARU No.1 54463/JPAA 6,872G/T
起工 1944.10.2(昭19) 進水 1945.2.15(昭20) 竣工 1945.3.8(昭20)
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 日産汽船株式会社(東京)
第一日祐丸 NICHIYU MARU No.1
8. Sno.A48 辰千代丸 TATSUCHIYO MARU 6,872G/T
起工 1944.12.30(昭19) 進水 1945.3.3(昭20) 竣工 1945.3.20(昭20)
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 辰馬汽船株式会社
辰千代丸 TATSUCHIYO MARU
9. Sno.A49 白日丸 SHIROHI MARU 54551/JNYD 6,782G/T
起工 1945.1.15(昭20) 進水 1945.3.13(昭20) 竣工 1945.3.28(昭20)
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 大同海運株式会社
白日丸 SHIROHI MARU
10. Sno.A50 遠州丸 ENSHU MARU 54552/JNZD 6,873G/T 10,525D/W 2,325SHP 10/11kt
起工 1945.1.15(昭20) 進水 1945.3.13(昭20) 竣工 1945.3.30(昭20)
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 日本郵船株式会社(東京)
遠州丸 ENSHU MARU SCAJAP No.E019
1950.9.27(昭25)コーシチャン積みコーシチャン揚げでインド政府米5906トンを輸送、戦後日本船による三国間輸送の嚆矢
1951.1.25(昭26)協立汽船(株)(東京)に売却
1951(昭26)西日本重工業(長崎)でB.V.船級取得改造工事
1952.9(昭27)協安丸 KYOAN MARU と改名
1957.7.31(昭32)小谷汽船(株)(大阪)に売却
1958(昭33)神栄丸 SHINEI MARU と改名
1958.1(昭33)日立造船(向島)で主機を換装
1964(昭39)解体のためEastern S.S. Co.,Liberiaに売却、EASTERN TRADERと改名
1967(昭42)高雄で解体
遠州丸
遠州丸 Enshu Maru

太平洋戦争後の姿
11. Sno.A55 擇捉丸 (2) ETOROFU MARU 54699/JDSM 6,711G/T 10,384D/W 2,800IHP 9.5/11kt
起工 1945.3.14(昭20) 進水 1945.7.10(昭20) 竣工 1948.3.31(昭23)
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 日本郵船株式会社(東京)
擇捉丸 ETOROFU MARU SCAJAP No.E039
1951.4.27(昭26)石川島重工業(株)業(東京)でB.V.船級取得改造工事完工
1955.10.27(昭30)大洋商船(株)(東京)に売却
1956.5.17(昭31)(株)北海道漁業公社(東京)に売却
1957.4(昭32)三菱日本重工業(横浜)で鮭鱒母船に改造
1962.4.7(昭37)西日本酸素工業(長崎)で解体
擇捉丸
擇捉丸 Etorofu Maru

改造後の姿

昭威丸 SHOI MARU (1945)
55671/JNXN 貨物船 916G/T 1,473D/W 進水 1945(昭20)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 槇田鐵工所 290PS 1基 7/8kt
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 2ED型 東和汽船株式会社(神戸)
昭威丸 SHOI MARU
1949.5(昭24)主機をH槇田に換装、船体補強、船室改装

第十二幾久丸 KIKU MARU No.2 (1948)
55406/JQGC 貨物船 934G/T 1,483D/W 進水 1948(昭23)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 R 3連成 荏原製作所 500IHP 1基 7.5/10kt
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 南洋海運株式会社
第十二幾久丸 KIKU MARU No.2 3E

光福丸 (3) KOFUKU MARU (1948)

光福丸
光福丸 Kofuku Maru
61145/JLPK 貨物船 1,925G/T 2,863D/W 進水 1948.3(昭23) 竣工 1948.7(昭23)
Lpp 82.33(270.1') B 12.20(40.03') D 8.03(26.34') m 主機 R 3連成 1,450IHP 1基 11.5/13.9kt
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 大光商船株式会社(大阪)
光福丸 KOFUKU MARU 1次 SCAJAP No.K267
1948.7(昭23)船舶公団(東京)と共有
1959.12(昭34)主機をD 赤坂KD6SS 1,800BHPに換装

SNo.232 紀新丸 KISHIN MARU (1948)

紀新丸
紀新丸 Kishin Maru
川南工業が戦前から多数建造した2,800重量トン級貨物船の第二山丸と同型。
61146/JERK 貨物船 1,937G/T 2,838D/W 起工 1947.12(昭22) 進水 1948.4(昭23) 竣工 1948.9.26(昭23)
Lpp 82.30 B 12.20 D 6.20 m 主機 R 3連成 1,500HP 1基 11.5/13kt
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 Sno.232 隆昌海運株式会社(神戸)
紀新丸 KISHIN MARU 1次 SCAJAP No.K266
1948.9.26(昭23)船舶公団(東京)と共有
1962.3(昭37)主機をD 伊藤鉄工M466HS 1,800BHPに換装
1966.7.13(昭41)合併に伴い和洋汽船(株)(神戸)に移籍
1967(昭42)船籍抹消

扇洋丸型 2隻 SENYO MARU Class (1948)

扇洋丸
扇洋丸 Senyo Maru
貨物船 Lpp 98.93 B 14.30 D 7.50 m 主機 T 石川島 1基 3D型
1. Sno.3D1 扇洋丸 SENYO MARU 61140/JLJK 2,882G/T 4,511D/W 2,000SHP 10/13.49kt
起工 1945.3.30(昭20) 進水 1947.2.22(昭22) 竣工 1948.8.21(昭23)
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 東洋汽船株式会社(東京)
扇洋丸 SENYO MARU SCAJAP No.S226
1948.8.21(昭23)船舶公団(東京)と共有
1954.7(昭29)東海運(株)(東京)に売却、真洋丸 SHINYO MARU と改名。小野田セメントへ貸船、津久見/新潟間のセメント輸送に就航
1972(昭47)解体
2. Sno.3D2 洞北丸 DOHOKU MARU 61141/JMCK 2,882G/T 4,586D/W 2,000SHP 10/14.509kt
起工 1945.3.30(昭20) 進水 1947.2.22(昭22) 竣工 1948.8.21(昭23)
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 日本郵船株式会社(東京)
洞北丸 DOHOKU MARU SCAJAP No.D057
1954.8.28(昭29)北星海運(株)(東京)に売却、幌内丸 HORONAI MARU と改名
1963.12.13(昭38)解体のため神原汽船(東京)に売却
洞北丸
洞北丸 Dohoku Maru

住吉丸 SUMIYOSHI MARU (1949)
63419/JHMF 貨物船 697G/T 1,000D/W 進水 1949(昭24)
Lr 57.47 B 9.30 D 4.60 m 主機 R 3連成 川南香焼島 650NHP/750IHP 8/10kt
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 大阪機船株式会社(大阪)
住吉丸 SUMIYOSHI MARU

光寶丸 KOHO MARU (1949)
62919/JHNN 貨物船 697G/T 1,055D/W 進水 1949(昭24) 竣工 1949(昭24)
Lpp 57.47 B 9.30 D 4.60 m 主機 R 3連成 川南香焼島 650IHP 9.5/10.5kt
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 光汽船株式会社(東京)
光寶丸 KOHO MARU
1953(昭28)三井近海汽船(株)(東京)の所有
1954.6(昭29)主機をD 三井B&W 650HPに換装、冷凍運搬船に改造

若松丸 WAKAMATSU MARU (1949)
62888/JQNX 貨物船 2,016G/T 2,702D/W 起工 1948.10(昭23) 進水 1948.12(昭23) 竣工 1949.2.28(昭24)
Lpp 83.52 B 12.20 D 6.20 m 主機 R 1,500IHP 1基 11.5/12.5kt
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 太洋海運産業株式会社(東京)
若松丸 WAKAMATSU MARU 3次KD

瑞興丸 ZUIKO MARU (1949)

瑞興丸
瑞興丸 Zuiko Maru
主機はD 神戸発動機 6VDS 850BHPに換装(時期不詳)
63999/JAFK 貨物船 701G/T 1,067D/W 起工 1948.2(昭23) 進水 1949.3(昭24) 竣工 1949.4(昭24)
Lpp 57.47 B 9.30 D 4.60 m 主機 R 3連成 川南香焼島 650IHP 1基 9.5/10.5kt
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 大洋興業汽船(東京)
瑞興丸 ZUIKO MARU
1956.9.18(昭31)合併に伴ない三井船舶(株)(東京)に移籍
1956.11.16(昭31)浅野海運(株)(名古屋)に売却、辰久丸と改名
1959(昭34)扶桑海運(株)(神戸)に売却、建光丸と改名
1968(昭43)昭和43年版船名録より削除

SNo.1916 文洋丸 BUNYO MARU (1949)

文洋丸
文洋丸 Bunyo Maru
62884/JQKX 貨物船 3,768G/T 5,561D/W
起工 1948.10.25(昭23) 進水 1949.6.10(昭24) 竣工 1949.8.22(昭24)
Lpp 106.00 B 15.50 D 8.40 m 主機 T 2,400SHP 1基 12/12.5kt
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 Sno.1916 第3次KC型 東洋汽船株式会社(東京)
文洋丸 BUNYO MARU 3次 KC Scajap No.B033
1952.11.17(昭27)油焚改装
1959.5.30(昭34)三菱下関造船所でラワン積取用に船体中央部の延長工事 4,091G/T 6.276D/W Lpp 115.2(m) 主機をD 伊藤鉄工所 M468HS 2400PSに換装
1960(昭35)合併に伴い日本油槽船(株)(東京)に移籍
1964.4.1(昭39)合併に伴い昭和海運(株)(東京)に移籍
1964.11(昭39)Cia. Nav. Pearl S.A.(Panama)に売却、AMOSと改名
1975.7.10(昭50)パキスタンの解体業者に売却。解体のためカラチへ到着

第十五真盛丸 SHINSEI MARU No.15 (1952)

第十五真盛丸
盛洋丸 Seiyo Maru
69825/JASI 貨物船 798G/T 起工 1949.11(昭24) 進水 1950.1(昭25) 竣工 1952.12(昭27)
Lpp 57.00 B 9.30 D 4.60 m
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 原商船株式会社(東京)
第十五真盛丸 SHINSEI MARU No.15
1956.7(昭31)東海運(株)(東京)に売却、盛洋丸 SEIYO MARU と改名
1957.5(昭32)改造
1960.5(昭35)主機をD 日本発動機 S6NV37 950BHPに換装
ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.10