船歴 本邦建造船22 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

株式会社淺野造船所

WAR LANCE型 9隻 WAR LANCE Class (1917 - 1919)
淺野造船所がタイプ別に建造した標準船4型式のうちの大型貨物船でA型と称された。大正時代に各地の造船所で大量建造された標準船のなかでも1万重量トンを超えるわが国でも最大級の貨物船であった。竣工第1船は白鹿丸のため白鹿丸型とも称される。淺野造船所は汽機、汽罐を自社では製作せず契約先の東京石川島造船所から供給された。
貨物船 Lpp 135.64(445'-0") B 17.68(58'-0") D 12.19(40'-0") m 主機 R 3連成 石川島 2基
株式会社淺野造船所(鶴見)建造
1. Sno.1 WAR LANCE 8,181G/T 11,564D/W 2,400HP 15.25kt
起工 1917.4.5(大6) 進水 1917.12.17(大6) 竣工 1918.2.2(大7) Royal Mail Steam Packet Co.,England
WAR LANCE
2. Sno.2 ADEN 8,190G/T 11,582D/W 2,400HP
起工 1917.6.9(大6) 進水 1918.1.14(大7) 竣工 1918.3.12(大7) Messageries Maritimes(France)
ADEN
3. Sno.3 CAPTAIN FOURE 8,190G/T 11,515D/W 2,400HP
起工 1917.12.20(大6) 進水 1918.4.13(大7) 竣工 1918(大7) Messageries Maritimes(France)
CAPTAIN FOURE
4. Sno.4 白鹿丸 HAKUSHIKA MARU 20805/NKSQ→JBXD 8,150G/T 11,478D/W 703NHP/5,461IHP 11/12kt
起工 1917.2.11(大6) 進水 1917.7.17(大6) 竣工 1917.10.28(大6) 辰馬汽船株式会社(西宮)
白鹿丸 HAKUSHIKA MARU
1944.10.18(昭19)フィリピンのマニラ湾南方(14.04N,119.52E)で米潜BLUEGIL(SS-242)の雷撃により沈没
白鹿丸
白鹿丸 Hakushika Maru
5. Sno.5 WAR HELMET 8,183G/T 11,434D/W 2,400HP
起工 1917.3.3(大6) 進水 1917.9.15(大6) 竣工 1917.11.29(大6) Royal Mail Steam Packet Co.,London
WAR HELMET
6. Sno.6 WAR AMORE 8,192G/T 11,581D/W 2,400HP
起工 1917.3.26(大6) 進水 1917.10.30(大6) 竣工 1917.12.26(大6) Royal Mail Steam Packet Co.,London
WAR AMORE
7. Sno.16 海久丸 KAIKYU MARU 24965/RLMN→JKKD 8,134G/T 13,117D/W 369NHP/6,000IHP 11/15kt
起工 1918.11.14(大7) 進水 1919.4.15(大8) 竣工 1919.5.27(大8) 勝田汽船株式会社(三津濱)
海久丸 KAIKYU MARU
1933.3.23(昭8)八馬汽船(株)(西宮)に売却、多聞丸 TAMON MARU と改名
1933.6(昭8)川崎汽船・濠州航路に就航(昭13.3迄)
1943.5.2(昭18)マリアナ群島グルイアン岬沖(14.35N,149.23E)で米潜STINGRAY(SS-186)の雷撃により沈没
海久丸
海久丸 Kaikyu Maru
8. Sno.17 いーすたーん まーちゃんと EASTERN MERCHANT 26413/RTKQ 8,193G/T 12,975D/W 2,400HP
起工 1919.4.21(大8) 進水 1919.10.6(大8) 竣工 1919.11.21(大8) 株式会社淺野造船所(横浜)
いーすたーん まーちゃんと EASTERN MERCHANT
1921(大10)U. S. Shipping Board,U. S. A.に提供
9. Sno.18 いーすたーん とれーだー EASTERN TRADER 26428/RVBQ 8,193G/T 12,975D/W 2,400HP
起工 1919.5.1(大8) 進水 1919.11.4(大8) 竣工 1919.12.27(大8) 株式会社淺野造船所(横浜)
いーすたーん とれーだー EASTERN TRADER
1921(大10)U. S. Shipping Board,U. S. A.に提供
いーすたーん とれーだー
いーすたーん とれーだー Eastern Trader

第一吉田丸型 24隻 YOSHIDA MARU No.1 Class (1918 - 1926)

第一吉田丸
第一吉田丸 Yoshida Maru No.1
淺野造船所が大正時代に建造した8,800重量トン級の標準型貨物船で同所ではB型と称した。設計を担当した小野暢三(おの・ちょうぞう)氏は著書「ふねと私」(財団法人舟艇協会出版部 - 昭33)のなかで、大正7年(1918)8月頃長崎から神戸まで武洋丸に乗船した時、台風に遭いサロン横の自室まで巨浪が打ち付けるような状態でも船は縦横とも動揺が少なく凌波性満点であることを確かめ得たのは愉快であった、と記述している。なお、同型船として浦賀船渠で東洋汽船の香洋丸が建造されている。
貨物船 Lpp 121.92(400'-0") B 16.15(53'-0") D 9.75(32'-0") m 主機 R 3連成 1基
株式会社淺野造船所(鶴見)建造
1. Sno.7 第一吉田丸 YOSHIDA MARU No.1 22318/NTDS→JIHD 5,431G/T 8,769D/W 4,352IHP 10/15.59kt
起工 1917.8.7(大6) 進水 1918.12.18(大7) 竣工 1919.1.30(大8) 山下汽船株式会社(横浜)
第一吉田丸 YOSHIDA MARU No.1
1923.3.16(大12)山下汽船鉱業(神戸)に移籍
1924.12.25(大13)山下汽船(株)(神戸)に移籍
1937.2.23(昭12)宮古列島北方で第二十三南進丸(83噸)と衝突、南進丸は沈没
1944.4.26(昭19)中華民国の呉淞からフィリピンのミンダナオ島に向け航行中、リンガエン湾沖(18.06N,119.47E)で米潜JACK(SS-259)の雷撃により沈没
2. Sno.8 彌生丸 YAYOI MARU 25010/RMPD→JYID 5,460G/T 8,789D/W 258NHP/2,800IHP 9/10kt
起工 1917.9.15(大6) 進水 1919.3.1(大8) 竣工 1919.4.1(大8) 鈴木商店(横浜)
彌生丸 YAYOI MARU
1919(大8)國際汽船(株)(横浜→神戸)に売却
1929.4(昭4)樺太汽船(株)(東京)に売却
1937.11.22(昭12)合併に伴い日産汽船(株)(東京)に移籍、日愛丸 NICHIAI MARU と改名
1944.2.3(昭19)ラバウル(3.28S,149.55E)で空爆により沈没
3. Sno.9 櫨山丸 ROZAN MARU 25086/RMBJ→JOZD 5,447G/T 8,794D/W 258NHP/3,200IHP 9/10kt
起工 1918.11.14(大7) 進水 1919.5.1(大8) 竣工 1919.5.30(大8) 鈴木商店(東京)
櫨山丸 ROZAN MARU
1921(大10)國際汽船(株)(浦賀→神戸)に売却
1929.4(昭4)樺太汽船(株)(大阪)に売却
1931(昭6)樺太丸 KARAFUTO MARU と改名
1937.11.22(昭12)日産汽船(株)(東京)に移籍、日龍丸 NICHIRYU MARU と改名
1943.1.7(昭18)ニューギニア沿海(6.45S,149.0E)で空爆により沈没
4. Sno.10 武洋丸 BUYO MARU 24999/RLQH→JPXD 5,409G/T 8,794D/W 2,800HP 11.25/12kt
起工 1918.7.12(大7) 進水 1919.2.5(大8) 竣工 1919.3.19(大8) 國際汽船株式会社(神戸)
武洋丸 BUYO MARU
1932.7.12(昭7)玉井商船(株)(石川・橋立)に売却
1943.1.26ニューギニア北岸(1.54N,134.57E)で米潜WAHOO(SS-238)の雷撃により沈没
5. Sno.11 呉羽丸 KUREHA MARU 22690/NVRH 5,809G/T 8,668D/W 266NHP/3,416IHP 11.5/12.5kt
起工 1917.12.1(大6) 進水 1918.4.26(大7) 竣工 1918.5.29(大7) 辰馬汽船株式会社(東京)
呉羽丸 KUREHA MARU
1928.5.21(昭3)鹿児島県沖永良部島の北端で座礁、沈没
6. Sno.12 朝洋丸 CHOYO MARU 25595/RPFG→JOYD 5,454G/T 8,810D/W 258NHP/3,373IHP 10.5/14.48kt
起工 1918.11.14(大7) 進水 1919.3.29(大8) 竣工 1919.5.15(大8) 東洋汽船株式会社(横浜)
朝洋丸 CHOYO MARU
1936.7.11(昭11)樺太北東岸岩穴で濃霧のため座礁
朝洋丸
朝洋丸 Choyo Maru
7. Sno.13 まるた丸 MALTA MARU 26404/RTKD→JMTD 5,438G/T 8,770D/W 2,800IHP 12/13kt
起工 1919.6.10(大8) 進水 1919.9.29(大8) 竣工 1919.10.30(大8) 鈴木商店
まるた丸 MALTA MARU
1920(大9)國際汽船(株)(神戸)に売却
1934.11.28(昭9)石原産業海運(合)海運(京都・府中)に売却
1944.2.10(昭19)1944.2.10 (昭19)台湾の東方(23.12N,121.30E)で米潜POGY(SS-266)と衝突、沈没
8. Sno.14 加州丸 KASHU MARU 26430/RVBT→JOUD 5,460G/T 8,792D/W 2,800IHP 10/11kt
起工 1919.7.3(大8) 進水 1919.11.29(大8) 竣工 1919.12.26(大8) 國際汽船株式会社(神戸)
加州丸 KASHU MARU
1927(昭2)福洋汽船(株)(神戸)に売却
1943.10.8(昭18)アドミラルチー諸島(0.26S,145.17E)で米潜GUARDFISH(SS-217)の雷撃により沈没
9. Sno.15 ぼすとん丸 BOSTON MARU 26358/RTJC→JMCD 5,438G/T 8,717D/W 2,800IHP 10/11kt
起工 1919.5.15(大8) 進水 1919.9.14(大8) 竣工 1919.10.11(大8) 鈴木商店(神戸)
ぼすとん丸 BOSTON MARU
1920(大9)國際汽船(株)(横浜→神戸)に売却
1922.1.21(大11)川崎汽船の欧州/日本航路に就航
1930.8(昭5)石原合名会社(京都・府中)に売却
1934.11.28(昭9)石原産業海運(合)海運(京都・府中)に移籍
1942.11.16(昭17)パラオの南東約90浬(6.16N,135.19E)で米潜SEAL(SS-183)の雷撃により沈没
ぼすとん丸
ぼすとん丸 Boston Maru
10. Sno.19 甲春丸 KOSHUN MARU 26187/RSKQ 5,460G/T 8,771D/W 2,800IHP
起工 1919.6.16(大8) 進水 1919.11.10(大8) 竣工 1919.12.11(大8) 神戸桟橋株式会社(神戸)
甲春丸 KOSHUN MARU
11. Sno.20 ウラル山丸 URALSAN MARU 25595/PWBP→JMSD 5,460G/T 8,760D/W 259NHP/4,311IHP 9/10kt
起工 1919.8.12(大8) 進水 1919.12.20(大8) 竣工 1920.2.27(大9) 山下汽船株式会社(横浜)
ウラル山丸 URALSAN MARU
1926(大15)樺太汽船(株)(東京)に売却、第十二平榮丸 HEIYEI MARU No.12 と改名
1937.11.22(昭12)合併に伴い日産汽船(東京)に移籍、平榮丸 HEIYEI MARU と改名
1938(昭13)日連丸 NICHIREN MARU と改名
1944.3.16(昭19)千島(42.18N,145.11E)で米潜TAUTOG(SS-199)の雷撃により沈没
12. Sno.21 江りい丸 ERIE MARU 27078/SBMD→JEDD 5,467G/T 8,751D/W 2,800IHP 10.5/11.5kt
起工 1919.10.29(大8) 進水 1920.4.7(大9) 竣工 1920.4.26(大9) 國際汽船株式会社(神戸)
江りい丸 ERIE MARU
1934.12.11(昭9)石原産業海運(合)海運(京都・府中)に売却
1935.9.2(昭10)南洋海運(株)(東京)に売却
1944.1.11(昭19)豊後水道(32.31N,132.34E)で米潜STURGEON(SS-187)の雷撃により沈没
13. Sno.22 くらいど丸 CLYDE MARU 27090/SBMV→JCZD 5,467G/T 8,776D/W 2,800IHP 10.5/11.5kt
起工 1919.10.29(大8) 進水 1920.4.16(大9) 竣工 1920.5.18(大9) 國際汽船株式会社(神戸)
くらいど丸 CLYDE MARU
1934.11.28(昭9)石原産業海運(合)海運(京都・府中)に売却
1935.9.13(昭10)南洋海運(株)(京都・府中)に売却
1945.1.29(昭20)台湾海峡(25.20N,121.06E)で米潜PICUDA(SS-382)の雷撃により沈没
くらいど丸
くらいど丸 Clyde Maru
14. Sno.23 はあぶる丸 HAVRE MARU 27164/SBNT→JEJD 5,467G/T 8,784D/W 2,800IHP 11/12kt
起工 1919.11.10(大8) 進水 1920.5.1(大9) 竣工 1920.5.29(大9) 國際汽船株式会社(神戸)
はあぶる丸 HAVRE MARU
1934.11.28(昭9)石原産業海運(合)海運(京都・府中)に売却
1944(昭19)ミンダナオ島南端のホロ島沖で空爆により沈没
はあぶる丸
はあぶる丸 Havre Maru
15. Sno.24 みらん丸 MILAN MARU 27178/SCKR→JMYD 5,467G/T 8,787D/W 2,800IHP 11.5/12kt
起工 1919.11.26(大8) 進水 1920.5.22(大9) 竣工 1920.7.3(大9) 國際汽船株式会社(神戸)
みらん丸 MILAN MARU
1934.12.6(昭9)石原産業海運(合)海運(京都・府中)に売却
1943(昭18)ラングーン沖(16.15N,96.00E)で空爆により沈没
16. Sno.30 美洋丸 BIYO MARU 28158/SGRK→JPDD 5,480G/T 8,779D/W 1,859HP 10/12kt
起工 1920.6.16(大9) 進水 1920.11.22(大9) 竣工 1921.5.20(大10) 東洋汽船株式会社(東京)
美洋丸 BIYO MARU スタール・タービンによる発電機で2台のモーターを使用した
1945.8(昭20)大阪湾内で航行不能の状態で終戦
1949(昭24)社名変更に伴い東洋商船(東京)に移籍
1950(昭25)再度社名変更に伴い東洋汽船(株)(東京)に移籍。同年、低性能船舶買入法により政府へ売却、解体
美洋丸
美洋丸 Biyo Maru
17. Sno.31 明洋丸 MEIYO MARU 27500/SDVG 5,434G/T 8,698D/W 258NHP/2,875IHP 10.5/13.73kt
起工 1920.2.21(大9) 進水 1920.7.6(大9) 竣工 1920.9.14(大9) 東洋汽船株式会社(東京)
明洋丸 MEIYO MARU
1923(大12)関東大震災の救助米3,881tを神戸から横浜へ運搬
1929.2.3(昭4)淺野物産に貸船中、バンクーバーから横浜へ向け航行中、アラスカユニマック水道のユニマック島南岸付近に座礁。2月14日、船体放棄。山下汽船の南光丸等が救助活動を行った
18. Sno.32 明元丸 MEIGEN MARU 関146→27897/QBNR→SFNR→JNHD 5,467G/T 8,796D/W 2,800IHP
起工 1920.2.19(大9) 進水 1920.6.6(大9) 竣工 1920.7.24(大9) 大正海運株式会社(大連)
明元丸 MEIGEN MARU
1924(大13)明治海運(株)(垂水)に移籍
1943.3.22(昭18)インドネシア方面(6.23S,112.43E)で米潜GUDGEON(SS-211)の雷撃により沈没
19. Sno.33 徳洋丸 TOKUYO MARU 27726/SDWH 5,450G/T 8,705D/W
起工 1920.2.24(大9) 進水 1920.8.18(大9) 竣工 1920.11.5(大9) 東洋汽船株式会社(東京)
徳洋丸 TOKUYO MARU
1921.5.2(大10)ポートランド出航後、燃料炭の自然発火により艙内の硝石、甲板上の木材に引火して火災を発生して沈没
徳洋丸
徳洋丸 Tokuyo Maru

1921.5.2 火災のため左舷に傾いた様子
20. Sno.34 豐洲丸 HOSHU MARU 27732/SDWG→JTHD 5,463G/T 8,817D/W 258NHP/3,306IHP 9/13kt
起工 1920.3.23(大9) 進水 1920.9.30(大9) 竣工 1921.6.7(大10) 建造者不詳
豐洲丸 HOSHU MARU
1921(大10)東洋汽船(株)(東京)に売却、福洋丸 FUKUYO MARU と改名
1944.12.7(昭19)ルソン島北方(19-15N,121-3E)で米潜TREPANG(SS-412)の雷撃により沈没
豐洲丸
豐洲丸 Hoshu Maru
21. Sno.35 麗洋丸 REIYO MARU 27736/SFTB→JOOD 5,446G/T 8,709D/W 258NHP/2,875IHP 10.5/13.73kt
起工 1920.4.10(大9) 進水 1920.11.17(大9) 竣工 1920.12.27(大9) 東洋汽船株式会社(東京)
麗洋丸 REIYO MARU
1921.6(大10)山下汽船に用船、ニュージーランド航路に就航
1944.2.17(昭19)トラック島で空爆のため沈没
麗洋丸
麗洋丸 Reiyo Maru

S.Kizu
22. Sno.36 旺洋丸 WOYO MARU 28306/SHKG→JAUA 5,671G/T 8,754D/W 513NHP/3,278IHP 8/12kt
起工 1920.7.27(大9) 進水 1921.7.25(大10) 竣工 1921.9.23(大10) 東洋汽船株式会社(東京)
旺洋丸 WOYO MARU
1944.10.20(昭19)マレー方面(4-45N,113-30E)で米潜HAMMERHEAD(SS-364)の雷撃を受け沈没
旺洋丸
旺洋丸 Woyo Maru

S.Kizu
23. Sno.37 巴洋丸 HAYO MARU 27962/SGQF→JFAD 5,445G/T 8,788D/W 258NHP/3,191IHP 9.5/13.7kt
起工 1920.5.12(大9) 進水 1920.12.6(大9) 竣工 1921.3.3(大10) 東洋汽船株式会社(東京)
巴洋丸 HAYO MARU
1941.12.23(昭16)ンガエン湾(16-5N,120-15E)で雷撃のため沈没
巴洋丸
巴洋丸 Hayo Maru

1923.4.13 淺野造船所のドックに入渠中の姿
24. Sno.43 壽洋丸 JUYO MARU 31716/TFBH→JDIB 5,457G/T 8,637D/W 513NHP/3,191IHP 9/13kt
起工 1920.11.15(大9) 進水 1925.11.29(大14) 竣工 1926.4.19(大15) 東洋汽船株式会社(東京)
壽洋丸 JUYO MARU
1926(大15)不況のため起工後、進水までの期間が長かった
1944.2.17(昭19)コーシチャン泊地(バンコック南東160浬 11-45N,120-30E)で空爆のため沈没
壽洋丸
壽洋丸 Juyo Maru

S.Kizu

銀洋丸型 2隻 GINYO MARU Class (1921 - 1924)

銀洋丸
銀洋丸 Ginyo Maru
C型と称された貨客船でサイズはA型と同じ。両船とも東洋汽船の南米航路用に建造され、後に日本郵船に継承された。
貨客船 Lpp 135.64(445'-0") B 17.68(58'-0") D 12.19(40'-0") m 主機 T 2基
株式会社淺野造船所(鶴見)建造 東洋汽船株式会社(東京)
1. Sno.38 銀洋丸 GINYO MARU 28181/SHJW→JBLA 8,613G/T 11,218D/W 5,445SHP 11/14.74kt
起工 1920.12.16(大9) 進水 1921.5.21(大10) 竣工 1921.8.14(大10) 銀洋丸 GINYO MARU 船客 1等)40 2等)38 3等)388
1924.12.31(大13)メキシコ、マンザニーヨ沖を航行中に船艙より出火し船体の半分を焼失、3等船客中数名死傷、サンフランシスコにて仮修理を行い本邦へ回航して本修理を行った
1926.3.11(大15)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1943.12.16(昭18)サンジャックから高雄に向けて航行中、高雄の南々西(22.14N,120.06E)で米潜FLYINGFISH(SS-229)の雷撃により沈没
2. Sno.39 墨洋丸 BOKUYO MARU 30256/SRNB→JYFA 8,619G/T 11,768D/W 922/5,354SHP 9/14.55kt
起工 1921.2.15(大10) 進水 1924.5.17(大13) 竣工 1924.10.15(大13) 墨洋丸 BOKUYO MARU 船客 1等)40 2等)42 3等)398 不況のため起工から進水までに2年3ヶ月かかった
1924.11(大13)11月下旬から南米線に就航
1926.5.1(大15)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1939.7.18(昭14)横浜東方1,000哩で積荷の銅精鉱の発熱による火災のため沈没
墨洋丸
墨洋丸 Bokuyo Maru

日本郵船へ移籍後の姿

若葉丸型 4隻 WAKABA MARU Class (1918 - 1919)

若葉丸
若葉丸 Wakaba Maru
淺野造船所でD型標準船と称された船尾機関型船型を有する近海用の小型貨物船。ストックボートとして建造。うち3隻が系列会社の日之出汽船に売却された。日之出汽船では勢洲丸に改造を施しレール等の長尺物の運搬に適した貨物船の開発・研究を行った。
貨物船 Lpp 66.14 B 10.36 D 6.76 m 主機 R 3連成 1基
株式会社淺野造船所(鶴見)建造
1. Sno.25 若葉丸 WAKABA MARU 22297/NTCK→JCZE 1,219G/T 1,773D/W 100NHP/900IHP 9/11kt
起工 1917.12.17(大6) 進水 1918.4.9(大7) 竣工 1918.6.15(大7) 佐藤商会(浦賀)
若葉丸 WAKABA MARU
1926.12.21(大15)日之出汽船(株)(東京)に売却、武洲丸 BUSHU MARU と改名
1944.9.25(昭19)屋久島南西50哩(29.46N,129.40E)で米潜BARBEL(SS-316)の雷撃により沈没
2. Sno.26 相洲丸 SOSHU MARU 22302/NTCR→JCYE 1,219G/T 1,785D/W 103NHP/743IHP 8.5/11.4kt
起工 1918.1.18(大7) 進水 1918.6.8(大7) 竣工 1919.9.7(大8) 株式会社淺野造船所(鶴見)
相洲丸 SOSHU MARU
1922.12.1(大11)日之出汽船(株)(東京)に売却
1945.6(昭20)敦賀湾内東浦村赤崎浜で衝突沈没
1946(昭21)引き揚げに成功。飯野重工(舞鶴)で修理
1947.3(昭22)再就航
1951(昭26)昭和26年版日本船名録より削除
3. Sno.28 勢洲丸 SEISHU MARU 24633/RKGW→JEAI 1,219G/T 1,785D/W 103NHP/868IHP 8.5/11.7kt
起工 1918.6.11(大7) 進水 1918.10.19(大7) 竣工 1919.1.16(大8) 株式会社淺野造船所(鶴見)
勢洲丸 SEISHU MARU
1922.12.1(大11)日之出汽船(株)(東京)に売却
1945.6.1(昭20)岡山県牛窓北東10哩で触雷沈没
1948.7.20(昭23)日本サルヴェージが引き揚げに成功。日立造船(向島)で修理。同年12月再就航
1953.11(昭28)(株)大阪造船所(大阪)に売却
1954.6.23(昭29)大阪造船船舶部が昭和34年4月まで運航。北星海運と貸船契約、室蘭/京浜で石炭輸送に従事
1959.4.7(昭34)大阪造船所内に係船
1962.2.19(昭37)解体、登録抹消
勢洲丸
勢洲丸 Seishu Maru
4. Sno.27 對洲丸 TAISHU MARU 23909/RGVN→JEBI 1,219G/T 1,785D/W 103NHP/1,010IHP 8.5/11kt
起工 1918.4.25(大7) 進水 1918.9.17(大7) 竣工 1918.11.16(大7) 株式会社淺野造船所(鶴見)
對洲丸 TAISHU MARU
1922.12.1(大11)日之出汽船(株)(東京)に売却
1942.1(昭17)北海道奥尻島沖で荒天のため座礁、沈没

七重丸型 2隻 NANAE MARU Class (1923)
曳船 Lpp 22.86(75'-0") B 5.79(19'-0") D 2.90(9'-6") m 主機 R 3連成 2基
株式会社淺野造船所(鶴見)建造 鐵道省(東京)
1. Sno.72 七重丸 NANAE MARU 29131/SLRP 90G/T 200IHP
起工 1922.11.1(大11) 進水 1923.2.15(大12) 竣工 1923.3.15(大12) 七重丸 NANAE MARU
2. Sno.73 尾花丸 OBANA MARU 29130/SLRN 90G/T 200IHP
起工 1922.11.1(大11) 進水 1923.2.20(大12) 竣工 1923.3.15(大12) 尾花丸 OBANA MARU
尾花丸
尾花丸 Obana Maru

SNo.187 第壱芝浦丸 SHIBAURA MARU No.1 (1926)
31866 曳船 37G/T 進水 1926.10.25(大15) 竣工 1926.12.15(大15)
Lpp 60.00 B 14.00 D 7.00 m 主機 R 3連成 170IHP 1基
株式会社淺野造船所(鶴見)建造 Sno.187 第壱芝浦丸型 東京市(東京)
第壱芝浦丸 SHIBAURA MARU No.1 昭和3年までに第弐芝浦丸、第参芝浦丸、第四芝浦丸、第五芝浦丸の同型船が同所で建造されている。
1974.3(昭49)廃船

SNo.256 高濱丸 TAKAHAMA MARU (1929)
34536/JCME し尿運搬船 102G/T 143D/W 起工 1929.3.26(昭4) 進水 1929.6.8(昭4) 竣工 1929.6.28(昭4)
Lpp 26.21(86'-0") B 5.94(19'-6") D 2.13(7'-0") m 主機 H 東亞発動機 65PS 2基 7/8kt
株式会社淺野造船所(鶴見)建造 Sno.256 東京市(東京)
高濱丸 TAKAHAMA MARU
1951(昭26)東港汽船(東京)の所有

SNo.270 總洋丸 SOYO MARU (1931)

總洋丸
總洋丸 Soyo Maru
東洋汽船では初のディーゼル主機の貨物船で、建造に際しては研究のため機関関係者を春天丸、彌彦丸等の他社ディーゼル船に便乗させた。両船の主機は異なり、船型は木材の運搬に適するように艙口の中間にプラットホームを設け、横静索を用いず鳥居型のデリックポストで荷役を容易にするよう考慮された。
36351/JGCC 貨物船 6,081G/T 9,103D/W 起工 1930.3.6(昭5) 進水 1930.10.4(昭5) 竣工 1931.1.17(昭6)
Lpp 126.49(415'-0") B 17.07(56'-0") D 11.89(31'-96") m 主機 D 神戸製鋼Sulzer 3,200BHP 1基 12.5/15.4kt
株式会社淺野造船所(鶴見)建造 Sno.270 總洋丸型 東洋汽船株式会社(東京)
總洋丸 SOYO MARU
1931.1(昭6)川崎ノース・パシフィックエキスプレスライン(北米太平洋岸航路)に就航
1942.12.7(昭17)サイパン沖(14.3N,152.20E)で米潜POGY(SS-266)の雷撃により沈没

SNo.276 相模丸 (2) SAGAMI MARU (1930)
神奈川県水産技術センターの記録では竣工月日は11月11日とある
漁業指導船 135G/T 起工 1930.7.22(昭5) 進水 1930.11.1(昭5) 竣工 1930.12.5(昭5)
Lpp 28.65(94'-0") B 6.10(20'-0") D 2.82(9'-3") m 主機 D 新潟鉄工 250BHP 1基 10.6kt
株式会社淺野造船所(鶴見)建造 Sno.276 神奈川県水産試験場
相模丸 SAGAMI MARU 遠洋漁業指導船
1941.12.19(昭16)海軍に徴用
1943.6.18(昭18)福島県塩屋崎の沖100浬で米潜の雷撃により沈没

SNo.293 愛知丸 AICHI MARU (1932)

愛知丸
愛知丸 Aichi Maru
愛知県の海上取締用の警邏船。資格は逓信省第一級帆船。後年、愛知県警から第四管区海上保安本部に移管され巡視船として使用された。
37694/JGBE 警邏船 64G/T 起工 1932.5.2(昭7) 進水 1932.7.15(昭7) 竣工 1932.8.23(昭7)
Lpp 26.52(87'-0") B 4.50(14'-9") D 2.46(8'-1") m 主機 D 三菱神戸 300BHP 1基 12.289kt
株式会社淺野造船所(鶴見)建造 Sno.293 愛知県(名古屋)
愛知丸 AICHI MARU

八幡丸型 3隻 YAWATA MARU Class (1935 - 1936)

八幡丸
八幡丸 Yawata Maru
淺野造船所が日之出汽船と共同で開発した長尺物運搬に適した貨物船。船尾機関型で載貨重量2,800トン、船体中央部の艙口は25mあった。本型と同型、準同型の貨物船は川南工業、大阪造船所等で太平洋戦争終了後まで多量建造された。建造所の株式会社淺野造船所は昭和11年(1936)11月、鶴見製鐵造船株式会社と改称。
貨物船 Lpp 82.30 B 12.20 D 6.20 m 主機 R 3連成 1基
1. Sno.320 八幡丸 (1) YAWATA MARU 40111/JYHJ 1,851G/T 2,788D/W 1,500IHP 13.78kt
起工 1934.9.7(昭9) 進水 1934.12.25(昭9) 竣工 1935.1.31(昭10)
株式会社淺野造船所(鶴見)建造 日之出汽船株式会社(東京)
八幡丸 YAWATA MARU
1943(昭18)マニラ湾(28.49N,134.50E)で米潜TRIGGER(SS-237)の雷撃により沈没
2. Sno.330 住吉丸 (1) SUMIYOSHI MARU 41668/JJAK 1,921G/T 2,801D/W 1,500IHP 13.4kt
起工 1935.11.26(昭10) 進水 1936.4.8(昭11) 竣工 1936.5.21(昭11)
株式会社淺野造船所(鶴見)建造 日之出汽船株式会社(東京)
住吉丸 SUMIYOSHI MARU
1942.10.14(昭17)ニューギニア沿海(3.15S,149.50E)で米潜SCULPIN(SS-191)の雷撃により沈没
住吉丸
住吉丸 Sumiyoshi Maru
3. 華山丸 KAZAN MARU 1,892G/T 2,861D/W 1,500HP 13.22338kt
起工 1936.5.18(昭11) 進水 1936.11.7(昭11) 竣工 1936.12.7(昭11)
株式会社淺野造船所(鶴見)建造 関口汽船株式会社(神戸)
華山丸 KAZAN MARU
華山丸
華山丸 Kazan Maru

S.Kizu
ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.11