船歴 本邦建造船23-1 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

日本鋼管株式会社鶴見造船所

えさし丸型 4隻 ESASHI MARU Class (1947 - 1948)
曳船 Lpp 26.00 B 7.20 D 3.50 m 主機 R 3連成 2基
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 運輸省鉄道総局(東京)
1. Sno.616 えさし丸 ESASHI MARU 162G/T 400IHP 9.5kt
起工 1947.2.15(昭22) 進水 1947.7.28(昭22) 竣工 1947.10.25(昭22) えさし丸 ESASHI MARU
1949.6.1(昭24)日本国有鉄道(東京)に移籍
2. Sno.617 おいわけ丸 OIWAKE MARU 162G/T 400IHP 9.5kt
起工 1947.2.15(昭22) 進水 1947.8.27(昭22) 竣工 1947.12.10(昭22) おいわけ丸 OIWAKE MARU
1949.6.1(昭24)日本国有鉄道(東京)に移籍
3. Sno.618 かつとし丸 KATSUTOSHI MARU 162G/T 400IHP 9.5kt
起工 1947.6.5(昭22) 進水 1947.9.29(昭22) 竣工 1948.1.30(昭23) かつとし丸 KATSUTOSHI MARU
1949.6.1(昭24)日本国有鉄道(東京)に移籍
かつとし丸
かつとし丸 Katsutoshi Maru
4. Sno.619 しらかみ丸 SHIRAKAMI MARU 162G/T 400IHP 9.5kt
起工 1947.6.5(昭22) 進水 1947.11.10(昭22) 竣工 1948.3.18(昭23) しらかみ丸 SHIRAKAMI MARU
1949.6.1(昭24)日本国有鉄道(東京)に移籍

SNo.639 曙丸 AKEBONO MARU (1948)
60043/JMDQ 貨物船 499G/T 751D/W 起工 1947.10.2(昭22) 進水 1947.12.24(昭22) 竣工 1948.2.2(昭23)
Lpp 50.00 B 8.40 D 4.30 m 主機 D 新潟鉄工F6 600BHP 1基 10kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.639 三井近海機船株式会社
曙丸 AKEBONO MARU 1次KF SCAJAP No.A068
1948.2.2(昭23)船舶公団(東京)と共有
1956(昭31)三洋海運(株)(東京)に売却、富洋丸 FUYO MARU と改名、12月に佐世保船舶工業で船体延長55.00mに変更
1970.10(昭45)解体

SNo.640 日邦丸 NIPPO MARU (1948)
60059/JMLQ 貨物船 499G/T 起工 1947.10.4(昭22) 進水 1947.12.29(昭22) 竣工 1948.3.6(昭23)
Lpp 50.00 B 8.40 D 4.30 m 主機 D 東洋内燃機F6 550HP 1基 9.5kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.640 日産近海機船株式会社
日邦丸 NIPPO MARU 1次KF SCAJAP No.N105
1948.3.6(昭23)船舶公団(東京)と共有
1951.3(昭26)社名変更に伴い日正汽船(東京)に移籍
1955.11(昭30)船体延長56m、607G/T
1960.1(昭35)太平海運(株)(大阪)に売却

SNo.627 さくら丸 SAKURA MARU (1948)

さくら丸
さくら丸 Sakura Maru
別府航路、阪神/高松/多度津、阪神/小松島、阪神/松山航路に就航
60554/JRDY 旅客船 1,047G/T 起工 1947.9.25(昭22) 進水 1948.1.26(昭23) 竣工 1948.6.8(昭23)
Lpp 60.00 B 10.20 D 4.80 m 主機 D 850BHP 2基 13.5/15kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.627 関西汽船株式会社(大阪)
さくら丸 SAKURA MARU SCAJAP No.S220 船客 1等)59 2等)169 3等)131
1964(昭39)改装、 1,077G/Tに変更
1968(昭43)波止浜造船(今治)で主機をD 1,330 BHP x 2 に換装 速力 16.0/17.2 kt
1975.9(昭50)阪神/小豆島/高松/新居浜/松山航路廃止のため最終航海。小豆島の内海湾で繋船
1976.1.17(昭51)現代重工(韓国)に売却、DONG HAI HO と改名
1979(昭54)サウジアラビアで宿舎として使用船舶として使用されているため、Lloyd's Register 1979-1980年版より削除

SNo.641 日光丸 NIKKO MARU (1948)

日光丸
日光丸 Nikko Maru
62847/JBIT 貨物船 1,992G/T 2,904D/W
起工 1948.6.15(昭23) 進水 1948.9.15(昭23) 竣工 1948.10.30(昭23)
Lpp 84.00 B 12.20 D 6.50 m 主機 R 3連成 1,200IHP 1基 11/12kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.641 日之出汽船株式会社(東京)
日光丸 NIKKO MARU 2次 SCAJAP No.N134
1962(昭37)江口汽船(株)(神戸)に売却
1965.12(昭40)平生で解体

光進丸 KOSHIN MARU (1949)
62901/JBTN 貨物船 337G/T 403D/W 進水 1949(昭24)
Lpp 40.06 B 7.00 D 3.30 m 主機 D 阪神内燃機 320BHP 8/8.5kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 宇和島運輸株式会社(宇和島)
光進丸 KOSHIN MARU

SNo.650 第二日邦丸 NIPPO MARU No.2 (1949)
62878/JQGX 貨物船 658G/T 874D/W
起工 1948.6.25(昭23) 進水 1948.11.16(昭23) 竣工 1949.1.11(昭24)
Lpp 52.50 B 8.80 D 4.20 m 主機 R 3連成 500IHP 1基 9.25kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.650 日産近海機船株式会社
第二日邦丸 NIPPO MARU No.2 2次
1950(昭25)主機をD 550BHP S.19日立櫻島製に換装(時期推定)
1951.4(昭26)社名変更に伴い日正汽船(東京)に移籍

天鷹丸 TENYO MARU (1949)
貨物船 217G/T 竣工 1949.3(昭24)
Lpp 35.74 B 7.00 m 430HP 11.7/12kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 農林省(東京)
天鷹丸 TENYO MARU 定員25/34
1961.4(昭36)水産講習所へ移管

日洋丸 NICHIYO MARU (1949)
59742/JHXQ 貨物船 625G/T 827D/W 進水 1949(昭24) 竣工 1949.3.5(昭24)
Lpp 50.83 B 9.00 D 3.75 m 主機 D 新潟鉄工 550BHP 9/10kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 高知汽船株式会社(東京)
日洋丸 NICHIYO MARU

SNo.651 富士丸 FUJI MARU (1949)

富士丸
富士丸 Fuji Maru

N.K.K. Tsurumi
第3次計画造船で日本油槽船と船舶公団との共有で建造された貨物船。
63992/JMVJ 貨物船 3,628G/T 起工 1948.10.28(昭23) 進水 1949.4.26(昭24) 竣工 1949.7.6(昭24)
Lpp 105.00 B 15.50 D 8.00 m 主機 T 日立製作所 2,466SHP 11.2/12kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.651 日本油槽船株式会社(東京)
富士丸 FUJI MARU 3次KC
1949(昭24)船舶公団(東京)と共有
1952.6.21(昭27)油焚改装
1959.9(昭34)日立造船(向島)で船体延長、主機換装工事を行う Lpp 112-00 主機 D)2,400PS
1964.4.1(昭39)合併に伴い昭和海運(株)(東京)に移籍
1965(昭40)朝陽商船(韓国)Cho Yang Shg.Co.Ltd.,South Koreaに売却、NAM YANGと改名
1973(昭48)SHIN SUNGと改名
1974.1(昭49)解体

SNo.653 協立丸 KYORITSU MARU (1949)

協立丸
協立丸 Kyoritsu Maru
65567/JIEW 貨物船 6,588G/T 9,167D/W
起工 1948.11.9(昭23) 進水 1949.9.21(昭24) 竣工 1949.12.7(昭24)
Lpp 122.00 B 17.50 D 10.80 m 主機 T 石川島 3,200PS 1基 12.25kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.653 協立汽船株式会社(東京)
協立丸 KYORITSU MARU 3次KB SCAJAP No.K320 定員 2
1960.10(昭35)主機をD 三井B&W650VTBF110 3450PSに換装
1966.1(昭41)新栄船舶(株)(東京)に移籍

金明丸型 2隻 KINMEI MARU Class (1950)

金明丸
金明丸 Kinmei Maru
協同海運が日本鋼管で建造した550竏(キロリットル)積載のクリーンタンカー。日本鋼管鶴見では初の全溶接船で同型船に銀明丸があった。協同海運は三井船舶が太平洋戦争後、水産会社経営を目的に設立した協同水産が海運業に進出する際に改名したもので後に宝永汽船、蓬莱タンカーと合併して富士汽船となった。
クリーンタンカー Lpp 45.00 B 7.50 D 3.70 m 主機 D 赤阪鉄工 1基
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 協同海運株式会社(東京)
1. Sno.659 金明丸 KINMEI MARU 65641/JBSA 415G/T 503D/W 350BHP 8.5kt
起工 1949.12.21(昭24) 進水 1950.2.21(昭25) 竣工 1950.3.23(昭25) 金明丸 KINMEI MARU 550KL SCAJAP No.X132
1954(昭29)國洋汽船(株)(東京)に売却(売却年不詳)
1962.6(昭37)船体改造
2. Sno.660 銀明丸 GINMEI MARU 66518/JQEV 414G/T 502D/W 350BHP 8.5/9kt
起工 1949.12.21(昭24) 進水 1950.3.17(昭25) 竣工 1950.4.15(昭25) 銀明丸 GINMEI MARU 550KL SCAJAP No.X134
1954(昭29)富士汽船(株)(東京)の所有
1960.4(昭35)船体引伸 Lpp 49.72m 461G/T
1962(昭37)大阪運輸(株)(大阪)の所有
銀明丸
銀明丸 Ginmei Maru

SNo.672 協和丸 KYOWA MARU (1950)

協和丸
協和丸 Kyowa Maru
66999/JNAP 貨物船 5,381G/T 9,566D/W
起工 1950.2.10(昭25) 進水 1950.10.9(昭25) 竣工 1950.12.6(昭25)
Lpp 127.00 B 17.80 D 11.20 m 主機 T 石川島 3,200PS 1基 11.75kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.672 協立汽船株式会社(東京)
協和丸 KYOWA MARU 5次 SCAJAP No.K336 定員 2
1959.5(昭34)主機をD 播磨Sulzer 5SAD60 3,200BHPに換装、7,292G/T 10519D/W
1966.1.22(昭41)日本水産(株)(東京)に売却、恵光丸 KEIKO MARU と改名、蟹工船に改造、7,653G/T
1981(昭56)解体

SNo.676 宝隆丸 HORYU MARU (1951)

宝隆丸
宝隆丸 Horyu Maru
日本鋼管鶴見造船所では戦後の建造船として船体の熔接率が80%に達した貨物船。
67123/JHIU 貨物船 4,526G/T 6,802D/W
起工 1950.3.22(昭25) 進水 1950.12.5(昭25) 竣工 1951.2.12(昭26)
Lpp 112.50 B 16.00 D 8.90 m 主機 T 石川島 2,600PS 1基 12kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.676 菅谷汽船株式会社(神戸)
宝隆丸 HORYU MARU 5次 SCAJAP No.H139
1951.2.16(昭26)三井船舶のバンコク定期航路に就航
1959(昭34)改造。主機をD 神戸発動機/三菱長崎 7UET45/75 3,150BHPに換装
1966.7.13(昭41)合併に伴い和洋汽船(株)(神戸)に移籍
1967(昭42)船籍抹消

SNo.690 協榮丸 KYOEI MARU (1951)

協榮丸
協榮丸 Kyoei Maru
67878/JDHF 貨物船 6,493G/T 10,290D/W
起工 1950.12.26(昭25) 進水 1951.7.31(昭26) 竣工 1951.11.22(昭26)
Lpp 142.00 B 19.30 D 9.50 m 主機 D 三井B&W 974VTF160 8,000PS 1基 16/19.34kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.690 協立汽船株式会社(東京)
協榮丸 KYOEI MARU 6次 SCAJAP No.K359 定員 4
1966.1(昭41)合併に伴い新栄船舶(株)(東京)に移籍
1967.10.15(昭42)大阪商船三井船舶(株)(東京)と共有、あかぷるこ丸 ACAPULCO MARU と改名
1974.9.25(昭49)Tasman Maritime Carriers Inc.,Panamaに売却、TASMAN CAREERと改名
1979(昭54)Otao Bay Shipping Co. Ltd.,Panamaに売却、UNITED CONQUESTと改名。同年、解体のため売却、台湾の高雄で解体

SNo.691 日聖丸 NISSEI MARU (1951)

日聖丸
日聖丸 Nissei Maru

N.K.K.,Tsurumi
昭和26年(1951)に海運市況の好転に伴い、日産汽船は中古船を購入する一方で新造外航船を計画し、第6次と第7次計画造船でほぼ同型の日聖丸と日洋丸を建造した。
67895/JFOL 貨物船 6,926G/T 9,757D/W
起工 1951.3.17(昭26) 進水 1951.9.28(昭26) 竣工 1951.12.22(昭26)
Lpp 128.00 B 17.50 D 10.40 m 主機 T 4,000SHP 1基 13.4/16.4kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.691 日産汽船株式会社(東京)
日聖丸 NISSEI MARU 6次追
1959.6(昭34)日本鋼管(清水)で主機をD 4,800BHPに換装
1964.4.1(昭39)合併に伴い昭和海運(株)(東京)に移籍
1970.8.13(昭45)Ken Hiang Nav. (Panama) Corp.,Panamaに売却、KEN SHENGと改名
1975(昭50)Nan Feng Steel Enterprise Co. Ltd.へ解体のため売却、台湾の高雄で解体

SNo.697 日洋丸 NICHIYO MARU (1952)

日洋丸
日洋丸 Nichiyo Maru

N.K.K.,Tsurumi
68429/JIIN 貨物船 6,919G/T 起工 1951.5.23(昭26) 進水 1951.12.12(昭26) 竣工 1952.2.28(昭27)
Lpp 128.00 B 17.50 D 10.50 m 主機 T 4,000SHP 13.4/16.6kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.697 日産汽船株式会社(東京)
日洋丸 NICHIYO MARU 7次前 SCAJAP No.N138
1964.4.1(昭39)合併に伴い昭和海運(東京)に移籍
1970.9.21(昭45)Kee Yuen Maritime (Panama) Corp. S. A.(Panama)に売却、KEE YUENと改名
1972.4.22(昭47)解体のため台湾の高雄に到着

SNo.700 協優丸 KYOYU MARU (1952)

協優丸
協優丸 Kyoyu Maru
69429/JATP 貨物船 6,646G/T 10,662D/W
起工 1952.2.27(昭27) 進水 1952.7.18(昭27) 竣工 1952.9.25(昭27)
Lpp 142.00 B 19.30 D 9.50 m 主機 T 石川島 6,000SHP 1基 15/16.2kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.700 協立汽船株式会社(東京)
協優丸 KYOYU MARU 7次後追 定員 4

SNo.704 日啓丸 NIKKEI MARU (1953)

日啓丸
日啓丸 Nikkei Maru

N.K.K. Tsurumi
70270/JQQD 貨物船 7,140G/T 起工 1952.8.14(昭27) 進水 1953.1.14(昭28) 竣工 1953.4.20(昭28)
Lpp 133.00 B 18.20 D 10.20 m 主機 D B&W 674VTF160 5,530BHP 1基 14.3/17.8kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.704 日産汽船株式会社(東京)
日啓丸 NIKKEI MARU 8次
1964.4.1(昭39)合併に伴い昭和海運(株)(東京)に移籍
1970(昭45)Kee Yuen Maritime (panama) Corp. S. A.(Panama)に売却、KEE LEEと改名。後にKee Yeh Navigation (Panama) Corp. S.A.,Panamaに売却
1977(昭52)Chi Lee Nav. S. A.(Panama)に売却、CHI LEEと改名
1978.10.6(昭53)甘糟産業に売却、小豆島の池田で解体

SNo.100 神路丸 KAMIJI MARU (1953)

神路丸
神路丸 Kamiji Maru
70932/JCZM 貨物船 5,204G/T 7,583D/W
起工 1952.10.2(昭27) 進水 1953.4.26(昭28) 竣工 1953.7.25(昭28)
Lpp 117.00 B 16.80 D 9.02 m 主機 T 川崎重工 2段減速衝動式 3,200PS 1基 13.1/13.2kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.100 日之出汽船株式会社(東京)
神路丸 KAMIJI MARU 8次
1970.7.23(昭45)Americas Nav. Co.,Panamaに売却、CITIZENS UNAと改名
1971(昭46)Wm.Ziff & Sons Ltd.,Panama に売却、VIGORと改名。同年、Steel Factors Ltd.,Montrealに売却
1973(昭48)Intermunicipal Realty Development Corp.,Panamaに売却、LACHINE TRADERと改名
1974.3.22(昭49)解体のためFerrolに到着

SNo.708 協徳丸 KYOTOKU MARU (1954)

協徳丸
協徳丸 Kyotoku Maru
71489/JDQK 貨物船 6,526G/T 10,490D/W
起工 1953.4.11(昭28) 進水 1953.10.22(昭28) 竣工 1954.1.20(昭29)
Lpp 142.00 B 19.30 D 9.50 m 主機 T 石川島 8,000PS 1基 16/19.27kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.708 協立汽船株式会社(東京)
協徳丸 KYOTOKU MARU 9次前 定員 4
1961.8(昭36)主機をD 三井B&W 674VT2BF160 8500PSに換装
1966.1(昭41)合併に伴ない新栄船舶(株)(東京)に移籍
1967.10.15(昭42)大阪商船三井船舶(株)(東京)と共有、あでれいど丸と改名
1975.8.5(昭50)Carnation Shipping Co. Ltd.,Liberiaに売却、CHAR HSINGと改名
1975(昭50)Jigger Shipping Co. S.A.,Panamaに移籍
1980(昭55)解体のため売却、台湾の高雄で解体

SNo.723 基島丸 MOTOSHIMA MARU (1956)

基島丸
基島丸 Motoshima Maru
75643/JBUP 貨物船 9,158G/T 13,495D/W
起工 1956.1.30(昭31) 進水 1956.7.20(昭31) 竣工 1956.9.26(昭31)
Lpp 140.49 B 19.20 D 12.19 m 主機 D 浦賀玉島Sulzer 7SD72 5,000PS 1基 12.9/16.3kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.723 飯野海運株式会社(東京)
基島丸 MOTOSHIMA MARU
1967(昭42)山一汽船(東京)に売却
1970(昭45)First Gamma Shipping Inc.,Liberiaに売却、GAMMAと改名
1976(昭51)Alki Cia. Naviera S.A.,Piraeusに売却、GALATASと改名
1980(昭55)解体のため台湾の高雄に到着

SNo.732 日久丸 (2) NIKKYU MARU (1957)

日久丸
日久丸 Nikkyu Maru
76220/JDOB 撒積貨物船 9,999G/T 起工 1956.7.23(昭31) 進水 1956.10.18(昭31) 竣工 1957.2.6(昭32)
Lpp 153.00 B 21.00 D 11.50 m 主機 D 日立B&W 674VTF160 5,530PS 2基 13/16.2kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.732 日隆丸型 日産汽船株式会社(東京)
日久丸 NIKKYU MARU 12次
1964.4.1(昭39)合併に伴い昭和海運(株)(東京)に移籍
1972.2(昭47)Marine-Land-Air Transportation S. A.,Panamaに売却、NAN SHINと改名
1973(昭48)Nagocios Del Mar S. A.,Perulに売却、ANTARESと改名
1975(昭50)Circe (Panama) S. A.,Panamaに売却、UNION AUSTRALIAと改名
1979.5.8(昭54)解体のため売却、台湾の高雄に到着

SNo.733 宝洋丸 HOYO MARU (1957)

宝洋丸
宝洋丸 Hoyo Maru
77573/JBCP 貨物船 9,096G/T 13,579D/W
起工 1956.11.24(昭31) 進水 1957.5.13(昭32) 竣工 1957.7.15(昭32)
Lpp 140.49 B 19.20 D 12.19 m 主機 D 三井B&W 674VTBF160 5,530PS 1基 13.5/16.9kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.733 菅谷汽船株式会社(神戸)
宝洋丸 HOYO MARU 12次後
1963.10(昭38)木材運搬船に改造
1966.7.13(昭41)合併に伴い和洋汽船(株)(神戸)に移籍
1968.4.1(昭43)合併に伴い乾汽船(株)(神戸)に移籍
1971.3(昭46)First Yotta Shippibng Inc.,Liberiaに売却、ARGUSと改名
1976(昭51)Anki Cia Naviera S.A.,Piraeusに売却、POROSと改名
1979(昭54)Surveyor Shipping Co. Ltd.,Greeceに売却、PETRAMARE LIGHTと改名
1984.6(昭59)解体のためIndian Metal Traders,Indiaに売却、BombayのDarukhanaで解体

日瑞丸型 2隻 NICHIZUI MARU Class (1958)

日瑞丸
日瑞丸 Nichizui Maru
日隆丸型を改良して建造された撒積貨物船。
撒積貨物船 Lpp 153.00 B 21.00 D 13.50 m 日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造
1. Sno.734 日瑞丸 (2) NICHIZUI MARU 80636/JEJN 12,356G/T
主機 D 日立B&W 674VT2BF160 7,500PS 1基 13.9/16.8kt
起工 1957.10.26(昭32) 進水 1958.2.3(昭33) 竣工 1958.4.8(昭33) 日産汽船株式会社(東京)
日瑞丸 NICHIZUI MARU 13次
1964.4.1(昭39)合併に伴い昭和海運(株)(東京)に移籍
1968.7.19(昭43)日本鋼管(鶴見)でチップ船に改造工事を開始。14,399G/T,Lpp:153.09 D:16.30に変更
1968.11.14(昭43)あすとら丸 ASTRA MARU と改名
1969.1.31(昭44)チップ船に改造完成
1972.4(昭47)Astra Carriers Inc.,Panamaに売却、MARITIME UNIONと改名
1973.1.30(昭48)解体のため売却、台湾の高雄に到着
2. Sno.739 延洋丸 ENYO MARU 81065/JMFU 12,278G/T 18,860D/W
主機 674VTBF160 7,500PS 1基 14/17kt
起工 1958.2.8(昭33) 進水 1958.4.30(昭33) 竣工 1958.7.10(昭33) 東洋汽船株式会社(東京)
延洋丸 ENYO MARU 13次
1960.3.31(昭35)合併に伴い日本油槽船(株)(東京)に移籍
1964.4.1(昭39)合併に伴い昭和海運(株)(東京)に移籍
1971.4(昭46)Marine-Land-Air Transportation S. A.,Panamaに売却、PAO SHINと改名
1977(昭52)Chi Tai Navigation S.A.(Panama)に売却、CHI TAIと改名
1978.11.30(昭53)解体のため売却、台湾の花蓮に到着
延洋丸
延洋丸 Enyo Maru

りやあど丸 RIYADH MARU (1958)
81060/JEKN 油槽船 26,034G/T 41,669D/W 起工 1958.2(昭33) 進水 1958.5(昭33) 竣工 1958.8(昭33)
Lpp 207.26 B 29.26 D 14.78 m 主機 T 石川島 2段減速複汽筒衝動式 17,500PS 1基 16.8/17.9kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 日本輸出入株式会社(東京)
りやあど丸 RIYADH MARU

SNo.760 宏和丸 KOWAMARU (1959)

宏和丸
宏和丸 Kowamaru
82924/JFSO 油槽船 21,973G/T 34,931D/W
起工 1959.2.12(昭34) 進水 1959.6.20(昭34) 竣工 1959.10.1(昭34)
Lpp 195.07 B 27.43 D 14.02 m 主機 D 三菱横浜M.A.N. K9Z78/140C 12,000PS 1基 15.6/16.6kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.760 太平洋海運株式会社(東京)
宏和丸 KOWAMARU 14次

SNo.761 日鶴丸 (2) NIKKAKU MARU (1960)

日鶴丸
日鶴丸 Nikkaku Maru
日帝丸より一回り大きいサイズの鉱石専用船として建造された。
85163/JKJQ 鉱石専用船 14,066G/T 20,660D/W
起工 1960.1.29(昭35) 進水 1960.4.23(昭35) 竣工 1960.7.15(昭35)
Lpp 160.00 B 22.86 D 12.73 m 主機 D 日立B&W 7,500PS 1基 13.9/17.1kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.761 日産汽船株式会社(東京)
日鶴丸 NIKKAKU MARU 15次
1964.4.1(昭39)合併に伴い昭和海運(株)(東京)に移籍
1973(昭48)Golden Stone Shipping Co. S. A.,Panamaに売却、KIM SHINと改名
1978.7.31(昭53)解体のため売却、韓国へ到着

白水丸 HAKUSUI MARU (1960)
86235/JFEN 撒積貨物船 7,792G/T 11,191D/W
起工 1960.7.19(昭35) 進水 1960.10.3(昭35) 竣工 1960.12.15(昭35)
Lpp 128.00 B 18.00 D 11.40 m 主機 D 三井B&W 662VT2BF140 6,000PS 1基 14.5/17.12kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 白水汽船株式会社(東京)
白水丸 HAKUSUI MARU

SNo.778 輝洋丸 KIYO MARU (1961)

輝洋丸
輝洋丸 Kiyo Maru
86911/JQZU 撒積貨物船 13,381G/T 20,567D/W
起工 1961.3.23(昭36) 進水 1961.7.11(昭36) 竣工 1961.9.20(昭36)
Lpp 160.02 B 22.86 D 12.72 m 主機 D 日立B&W 726VT2BF140 7,600BHP 1基 14/15kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.778 日本油槽船株式会社(東京)
輝洋丸 KIYO MARU 16次 定員 2
1964.4.1(昭39)合併に伴ない昭和海運(株)(東京)に移籍
1971.10(昭46)Capella Shipping Corp.,Liberiaに売却、COSMOS CAPELLAと改名
1982.3.11(昭57)解体のため売却、台湾の高雄に到着

SNo.781 日鵬丸 (2) NICHIHO MARU (1962)

日鵬丸
日鵬丸 Nichiho Maru

N.K.K.,Tsurumi
日本鋼管の積荷、運賃保証を得て建造された竣工時わが国最大の鉱石専用船。主要積地であるチリのファスコ湾と揚地の日本鋼管扇島埠頭を想定して港湾事情が調査され、載貨重量、速力、機関出力等が決定された。昭和海運に移籍後の昭和47年(1972)にわが国初の砂鉄スラリー専用船に改造された。
89877/JQPS 鉱石専用船 29,482G/T 51,180D/W
起工 1961.11.11(昭36) 進水 1962.2.10(昭37) 竣工 1962.5.11(昭37)
Lpp 204.01 B 30.00 D 16.80 m 主機 D 浦賀玉島Sulzer 9RD76 13,500PS 1基 14.7/17.9kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.781 日産汽船株式会社(東京)
日鵬丸 NICHIHO MARU 17次
1964.4.1(昭39)合併に伴い昭和海運(株)(東京)に移籍
1972.11(昭47)砂鉄運搬船(スラリー船)に改造
1978.3.27(昭53)Marine-Land-Air Transportation S. A.,Panamaに売却、PHOENIX STARと改名
1982.10.8(昭57)解体のため売却、台湾の高雄に到着

SNo.785 進徳丸 (2) SHINTOKU MARU (1962)

進徳丸
進徳丸 Shintoku Maru
初代進徳丸の代船として建造。
90637/JAGM 練習船 3,462G/T 起工 1962.3.3(昭37) 進水 1962.9.26(昭37) 竣工 1962.12.20(昭37)
Lpp 90.00 B 14.50 D 7.00 m 主機 D 神戸発動機 6UET45/75 2,700PS 1基 13.15/15.429kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.785 運輸省航海訓練所(東京)
進徳丸 SHINTOKU MARU 実習生 146
1963.1.16(昭38)大島商船高等学校の実習生を乗船させ第1回の訓練航海に就航
1964.1.13(昭39)日本鋼管(鶴見)で主機自動化工事完了。同5.11補機自動化工事完了
1983.10.1(昭58)練習船隊の合理化のため用途廃止
1984.9.29(昭59)売却

SNo.790 尾上丸 (2) ONOE MARU (1963)

尾上丸
尾上丸 Onoe Maru
90906/JGFB 鉱石専用船 29,510G/T 51,112D/W
起工 1962.12.28(昭37) 進水 1963.5.24(昭38) 竣工 1963.9.9(昭38)
Lpp 204.00 B 30.00 D 16.80 m 主機 D 三菱横浜M.A.N. K)Z78/140C 13,500PS 1基 14.8/16.9kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.790 日本郵船株式会社(東京)
尾上丸 ONOE MARU 18次
1978(昭53)台湾の高雄で解体

SNo.810 清澄丸 KIYOSUMI MARU (1964)

清澄丸
清澄丸 Kiyosumi Maru
96091/JG2331 セメント専用船 3,150G/T
起工 1964.4.20(昭39) 進水 1964.7.10(昭39) 竣工 1964.9.5(昭39)
Lpp 97.00 B 15.00 D 7.80 m 主機 D 2,800PS 1基 12/15.2kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.810 第一中央汽船株式会社(東京)
清澄丸 KIYOSUMI MARU
1971(昭46)第一興産(株)(東京)に売却
1982(昭57)Transatlantic Cement Carrier Inc.(Panama)に売却、GRANELERO IIIと改名
2002.8.21(平14)解体のため売却、解体

SNo.820 昭和丸 (1) SHOWA MARU (1965)

昭和丸
昭和丸 Showa Maru
東亜燃料工業の積荷保証を得てペルシャ湾ラスタヌラ/下津港間で原油輸送に就航した。荷油時間の節減と復原性上から各ウィングタンク間にフリーフローシステムを採用し、また遠隔制御システムも完備した。
98307/JHRQ 油槽船 59,534G/T 104,470D/W
起工 1964.12.23(昭39) 進水 1965.5.14(昭40) 竣工 1965.9.15(昭40)
Lpp 252.00 B 38.00 D 21.80 m 主機 T 川崎重工 U270 27,300PS 1基 16.5/17.4kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.820 昭和海運株式会社(東京)
昭和丸 SHOWA MARU 20次
1975.9.11(昭50)Progressive Nav. Corp.,Liberiaに売却、LONDONと改名
1976.6.2(昭51)解体のため売却、台湾の高雄に到着

昭山丸型 2隻 SHOZAN MARU Class (1965)

昭山丸
昭山丸 Shozan Maru

NKK Tsurumi
積荷港(ペルーのサンファン港、サンニコラス港)の岸壁のクレーンが低いため、バラスト調整のための貨物艙をバラストタンクに併用すると共にポンプを搭載。
撒積貨物船 Lpp 216.40 B 31.70 D 14.30 m 主機 D 浦賀Sulzer 6RD90 1基
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造
1. Sno.821 昭山丸 SHOZAN MARU 98361/JPKD 33,764G/T 56,434D/W 15,000PS 15.1/17.1kt
起工 1965.2.18(昭40) 進水 1965.9.7(昭40) 竣工 1965.11.10(昭40) 昭和海運株式会社(東京)
昭山丸 SHOZAN MARU 20次
1968.2.25(昭43)パナマ運河で座礁事故
1976.10.7(昭51)Chi Ching Nav. S. A.,Panamaに売却、CHI CHINGと改名
1983(昭58)Breiz Athera S. A.,Panamaに売却、GINIと改名
1986.10.30(昭61)解体のため売却、釜山に到着
2. Sno.822 尾道丸 ONOMICHI MARU 98375/JPWB 33,894G/T 56,341D/W 15,000PS 15.1/16.946kt
起工 1965.5.25(昭40) 進水 1965.10.15(昭40) 竣工 1965.12.25(昭40) 日本郵船株式会社(東京)
尾道丸 ONOMICHI MARU 21次
1980.12.30(昭55)野島崎東南東約850浬で大時化のため船体分断し船首部が沈没。船尾部をサンアローン(日本サルヴェージ)で日本に曳航中、翌昭56.2.11グアム島の東北東556浬(15.5N,155.28E)で沈没
尾道丸
尾道丸 Onomichi Maru

SNo.826 扇島丸 OGISHIMA MARU (1966)

扇島丸
扇島丸 Ogishima Maru
100791/JMWW 鉱石専用船 36,900G/T 61,940D/W
起工 1966.1.14(昭41) 進水 1966.8.20(昭41) 竣工 1966.11.4(昭41)
Lpp 220.00 B 33.00 D 17.75 m 主機 D 浦賀Sulzer 6RD90 15,000BHP 1基 14.7/16.953kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.826 日本郵船株式会社(東京)
扇島丸 OGISHIMA MARU 21次
1982(昭57)Saville Cia. Naviera S.a.,Panamaに売却、TOPKAPI S.と改名
1982(昭57)Cevhertas Deniz Nakliyat A. S.,Turkeyに売却
1987.10.29(昭62)Rio De JaneiroからEregliに向け航行中、暴風雨のためEregli沖で沈没

SNo.838 昭武丸 SHOBU MARU (1966)

昭武丸
昭武丸 Shobu Maru

N.K.K.,Tsurumi
日本鋼管の自社開発によるシリンドリカル・バルバス・バウを採用した第1船。マルコナ社にチャーターされ主に鉱石運搬船として日本および欧州に就航。
100815/JNCE 撒積貨物船 38,721G/T 63,420D/W
起工 1966.5.11(昭41) 進水 1966.9.26(昭41) 竣工 1966.12.1(昭41)
Lpp 236.22 B 31.85 D 18.74 m 主機 D 15,000PS 15.25/16.7kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.838 昭和海運株式会社(東京)
昭武丸 SHOBU MARU 22次
1977.4.7(昭52)Chi Song Navigation Inc.,Liberiaに売却、CHI SONGと改名
1984.12.24(昭59)解体のため売却、台湾の高雄へ到着

SNo.837 昭長丸 SHOCHO MARU (1967)

昭長丸
昭長丸 Shocho Maru

S.Kizu
100893/JHID 撒積貨物船 24,127G/T 39,012D/W
起工 1966.11.11(昭41) 進水 1967.2.28(昭42) 竣工 1967.5.15(昭42)
Lpp 184.00 B 29.50 D 16.10 m 主機 D NKK-SEMT 10,600PS 2基 1軸 14.3/16.3kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.837 昭和海運株式会社(東京)
昭長丸 SHOCHO MARU 22次
1982.6.26(昭57)Cobham Navigation Corp.,Panamaに売却、OCEAN SKYと改名
1985(昭60)MEXICAN SEAと改名
1991.10.9(平3)解体のため売却、インドのAlangに到着

SNo.850 千歳丸 (2) CHITOSE MARU (1967)

千歳丸
千歳丸 Chitose Maru

City of Vancouver Archives
100944/JNHF 撒積貨物船 24,175G/T 41,562D/W
起工 1967.1.27(昭42) 進水 1967.6.14(昭42) 竣工 1967.9.7(昭42)
Lpp 184.00 B 29.50 D 16.10 m 主機 D 日本鋼管 SEMT Pielstick 12PC2V 10,600PS 2基 1軸 14.2/16.14kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.850 日本郵船株式会社(東京)
千歳丸 CHITOSE MARU 22次
1977(昭52)World Trading Inc.,Liberiaに売却、MANITOBA Iと改名
1985.10.22(昭60)解体のためパキスタンのカラチに到着

SNo.855 せんとるいす丸 ST. LOUIS MARU (1967)

せんとるいす丸
せんとるいす丸 St. Louis Maru
102035/JLBE 貨物船 6,751G/T 11,107D/W
起工 1967.4.20(昭42) 進水 1967.10.3(昭42) 竣工 1967.12.20(昭42)
Lpp 145.00 B 21.80 D 13.20 m 主機 D 三菱Sulzer 7RD76 9,520/11,200PS 1基 18.7/22.918kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.855 さくらめんと丸型 大阪商船三井船舶株式会社(東京)
せんとるいす丸 ST. LOUIS MARU 23次
1967(昭42)ニューヨーク航路に就航
1981.1.21(昭56)Beacon Maritime Inc.,Liberiaに売却、HELENと改名
1981(昭56)Clearseas Shipping Ltd.,Maltaに売却、ELENAと改名
1982(昭57)Elena Shipping Co.,Maltaに移籍
1985(昭60)解体のため売却、パキスタンのGadani Beachで解体

SNo.858 十條丸 (1) JUJO MARU (1968)
101073/JNCN チップ専用船 17,294G/T 22,194D/W
起工 1967.7.28(昭42) 進水 1967.11.25(昭42) 竣工 1968.2.5(昭43)
Lpp 153.00 B 23.70 D 17.00 m 主機 D 宇部興産 6UEC/65/135C 8,100PS 1基 14.3/16.61kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.858 日本郵船株式会社(東京)
十條丸 JUJO MARU 23次
1978.9.21(昭53)Kukje Shipping Co. Ltd., South Koreaに売却、WHITE STARと改名
1986.6.4(昭61)解体のため韓国の解体業者に売却、韓国の釜山に到着

SNo.853 鋼福山丸 KOHFUKUSAN MARU (1968)
102696/JLGJ 鉱石/油兼用船 55,483G/T 97,442D/W
起工 1967.10.25(昭42) 進水 1968.3.22(昭43) 竣工 1968.6.14(昭43)
Lpp 240.00 B 38.00 D 21.30 m 主機 D 20,100BHP 15.3/16.43kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.853 大阪商船三井船舶株式会社(東京)
鋼福山丸 KOHFUKUSAN MARU 23次
1978.8.24(昭53)China Ocean Shipping Co.,Chinaに売却、SHUANG FENG HAIと改名
1992Lloyd's Register 1992-1993年版に掲載

SNo.854 福山丸 FUKUYAMA MARU (1968)

福山丸
福山丸 Fukuyama Maru
103940/JKGO 鉱石/油兼用船 55,513G/T 97,711D/W
起工 1968.2.28(昭43) 進水 1968.6.3(昭43) 竣工 1968.8.20(昭43)
Lpp 240.00 B 38.00 D 21.30 m 主機 D 三菱神戸Sulzer 9RD90 20,700PS 1基 15.2/16.6kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.854 昭和海運株式会社(東京)
福山丸 FUKUYAMA MARU 23次
1981.3.26(昭56)Korea Line Corp.,South Koreaに売却、GOONZARANと改名
1990.8.7(平2)解体のためインドへ売却、Alangに到着

SNo.859 青雲丸 (1) SEIUN MARU (1968)

青雲丸
青雲丸 Seiun Maru
105069/JJRQ 練習船 4,990G/T 2,771D/W
起工 1968.1.17(昭43) 進水 1968.7.25(昭43) 竣工 1968.11.21(昭43)
Lpp 105.00 B 16.00 D 8.00 m 主機 D 日立B&W 750VT2BF110 5,400PS 1基 16.55/18.56kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.859 運輸省航海訓練所(東京)
青雲丸 SEIUN MARU 実習生 180

SNo.869 昭京丸 SHOKYO MARU (1969)

昭京丸
昭京丸 Shokyo Maru

N.K.K.,Tsurumi
105489/JLJM 鉱石専用船 44,876G/T 19,698D/W
起工 1968.11.14(昭43) 進水 1969.1.14(昭44) 竣工 1969.5.29(昭44)
Lpp 236.00 B 36.60 D 17.80 m 主機 D 住友玉島Sulzer 6RD90 15,000PS 1基 14.1/16.44kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.869 昭和海運株式会社(東京)
昭京丸 SHOKYO MARU 24次
1982.4(昭57)Korea Line Corp.,South Koreaに売却、AZALEAと改名
1990.3.22(平2)NarvikからBremerhavenに向け航行中、浸水のためノルウェーの北西12哩(59.27N,04.50E)で沈没

SNo.870 昭瑞丸 SHOZUI MARU (1969)

昭瑞丸
昭瑞丸 Shozui Maru

N.K.K.,Tsurumi
105507/JDWV 撒積貨物船 35,020G/T 58,026D/W
起工 1968.12.17(昭43) 進水 1969.2.22(昭44) 竣工 1969.6.10(昭44)
Lpp 216.40 B 31.70 D 17.30 m 主機 D 三井B&W 15,000HP 15.1/17.2kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.870 昭和海運株式会社(東京)
昭瑞丸 SHOZUI MARU 24次
1982.12(昭57)Teh-Hu Steamship Co. Ltd.,(高雄)に売却、BEAUTEOUSと改名
1990(平2)Smile S. A.,Liberiaに売却、THEONIKと改名
1991(平3)SAILORと改名。同年、Lloyd's Register 1991-1992年版より削除

SNo.871 大津丸 OTSU MARU (1969)
106046/JEKH 鉱石専用船 58,262G/T 105,329D/W
起工 1968.12.12(昭43) 進水 1969.3.31(昭44) 竣工 1969.7.4(昭44)
Lpp 248.00 B 38.00 D 21.30 m 主機 D 三井B&W 8K84EF 23,200PS 1基 14.7/17.5kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.871 日本郵船株式会社(東京)
大津丸 OTSU MARU 24次
1987.6.16(昭62)解体のためAn Hsiung Iron & Steel Co. Ltd., Taiwanに売却、台湾の高雄に到着

SNo.872 千種丸 CHIGUSA MARU (1969)
106131/JGED 撒積貨物船 24,115G/T 19,698D/W
起工 1968.12.27(昭43) 進水 1969.5.16(昭44) 竣工 1969.7.31(昭44)
Lpp 184.00 B 29.50 D 16.10 m 主機 D 鋼管鶴見 12PC2V 10,600PS 1基 14.1/16.05kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.872 日本郵船株式会社(東京)
千種丸 CHIGUSA MARU 24次
1969.7(昭44)昭和郵船(株)(東京)と共有
1983.4.28(昭58)Atasta Maritime Inc., Liberiaに売却、FIVE HILLSと改名
1986.4.30(昭61)解体のためKao Feng Iron & Steel, Kaohsiungに到着

SNo.876 水戸丸 (2) MITO MARU (1970)
107215/JBSP 穀物専用船 36,552G/T 76,740D/W
起工 1969.8.16(昭44) 進水 1969.11.29(昭44) 竣工 1970.3.16(昭45)
Lpp 214.00 B 32.20 D 18.70 m 主機 D 住友玉島Sulzer 6RD90 15,000PS 1基 14.8/16kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.876 日本郵船株式会社(東京)
水戸丸 MITO MARU 25次
1970.3(昭45)東京船舶(株)(東京)と共有
1977(昭52)東京船舶の持分を日本郵船へ売却
1982.12.10(昭57)Del Bene S.A.C.E.I.F., Argentinaに売却、ALMIRANTE GARZONIと改名
1991(平3)Cia. Maritima Labelon S. A., Panamaに売却、CHARLIE Aと改名
1992(平4)Seajoy Shipping Ltd., Maltaに売却、SEAJOY Uと改名
1995(平7)Panmediterranean Shipping Co. Ltd. (Ancora Investment Trust Inc.), Maltaに売却、MARINER Aと改名
1998.1.16(平10)解体のためインドの解体業者に売却、Alangに到着

SNo.878 栄昭丸 EISHO MARU (1970)

栄昭丸
栄昭丸 Eisho Maru
107276/JECR 鉱石専用船 58,275G/T 107,210D/W
起工 1969.10.31(昭44) 進水 1970.2.3(昭45) 竣工 1970.6.26(昭45)
Lpp 248.00 B 38.00 D 21.30 m 主機 D 三井B&W 8K84EF 20,000PS 1基 14.95/16.25kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.878 昭和海運株式会社(東京)
栄昭丸 EISHO MARU 25次
1984.11.19(昭59)Amazon Maritime Carriers Inc.,Panamaに売却、AMAZON CARRERと改名
1989.5.18(平1)TubaraoからJubailに向け航行中、船体に損傷を受け、同年8月19日、解体のためチッタゴンに到着

SNo.879 千倉丸 CHIKURA MARU (1970)
108862/JBFE 石炭専用船 39,936G/T 71,695D/W
起工 1970.2.25(昭45) 進水 1970.6.16(昭45) 竣工 1970.10.2(昭45)
Lpp 232.24 B 32.20 D 18.70 m 主機 D 住友玉島Sulzer 6RD90 15,000PS 1基 14.55/17.1kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.879 日本郵船株式会社(東京)
千倉丸 CHIKURA MARU 25次
1985(昭60)Waywiser Navigation Corp. Ltd., Taiwanに売却、AZALEAと改名
1991(平3)Northern Bulk Carriers S. A., Panamaに売却、AZUREと改名。同年、NUSMASと改名。
1993.1.21(平5)解体のため中国の解体業者に売却、Huangpuに到着

SNo.886 第七全購連丸 ZENKOREN MARU No.7 (1971)

第七全購連丸
第七全購連丸 Zenkoren Maru No.7

1972.3.2 - City of Vancouver Archives
110878/JDWC 撒積専用船 36,554G/T 65,270D/W
起工 1970.9.29(昭45) 進水 1971.1.19(昭46) 竣工 1971.4.27(昭46)
Lpp 214.00 B 32.20 D 18.70 m 主機 D 住友Sulzer 6RD90 15,000PS 1基 14.65/17.06kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.886 日本郵船株式会社(東京)
第七全購連丸 ZENKOREN MARU No.7 26次
1971.4(昭46)東京船舶(株)(東京)と共有
1977(昭52)東京船舶の持分を日本郵船へ売却
1980(昭55)自動車運搬船に改造、富士丸 Fuji Maruと改名
1984(昭59)神隆丸 Jinryu Maruと改名
1986(昭61)Bondad Maritima S. A., Panamaに売却、BONDADと改名
1987(昭62)Sinagtala Maritime Man. Inc., Philippinesに売却
1988(昭63)Cosmo Prosperity Corp., Panamaに売却、UGLY DUCKLINGと改名
1995(平7)Florecer Shipping S. A (TMT Co. Ltd.)., Panamaに売却
1996.10.31(平8)解体のためインドの解体業者に売却、Alangに到着

健昭丸型 2隻 KENSHO MARU Class (1971 - 1973)

健昭丸
健昭丸 Kensho Maru
撒積貨物船 Lpp 248.00 B 38.00 D 23.70 m 主機 D 三井B&W 8K84EF 1基
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 昭和海運株式会社(東京)
1. Sno.888 健昭丸 KENSHO MARU 110934/JCJE 62,294G/T 115,340D/W 20,000BHP 14.62/16.63kt
起工 1970.12.21(昭45) 進水 1971.3.19(昭46) 竣工 1971.6.30(昭46) 健昭丸 KENSHO MARU 26次
1987.4.9(昭62)Kilda Investment Ltd.,Chinaに売却、CHOU SHANと改名
1988(昭63)Tai Hsing Navigation Corp.,Taiwanに売却
1990(平2)Sincere Nav. Corp.,Taiwanに売却
1992.9.21(平4)解体のため売却、中国の南通に到着
2. Sno.906 鋼和丸 KOHWA MARU 114594/JGVX 62,311G/T 113,381D/W 20,000PS 14.83/17.37kt
起工 1972.12.18(昭47) 進水 1973.3.16(昭48) 竣工 1973.6.19(昭48) 鋼和丸 KOHWA MARU 29次
1987.6.11(昭62)Ioannina Enterprises Shipping Corp.,Greeceに売却、CAPE SUNと改名
1988(昭63)Prolific Mariners Inc.,Pacific Islands Trust Terr (U.S)→Marshall Islandsに売却、KRISTINAと改名
1992(平4)Oriental Traditon S.A.,Panamaに売却、FLAGDIAMONDと改名
2000.3.7(平12)解体のためインドのAlangに到着

SNo.889 千秋丸 CHIAKI MARU (1971)

千秋丸
千秋丸 Chiaki Maru
11万5000重量トン級の鉱石/撒積兼用船。
110985/JDEC 鉱石/撒積兼用船 62,250G/T 115,535D/W
起工 1971.3.21(昭46) 進水 1971.6.15(昭46) 竣工 1971.9.23(昭46)
Lpp 248.00 B 38.00 D 23.70 m 主機 D 三井B&W 8K84EF 20,000PS 1基 14.88/17.37kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.889 日本郵船株式会社(東京)
千秋丸 CHIAKI MARU 27次 船客 2
1971.9.23(昭46)太平洋汽船(株)(東京)と共有
1988(昭63)Ganadora Maritima S. A., Panamaに売却、GANADORAと改名
1993.6.30(平5)解体のため中国の解体業者に売却、上海に到着

SNo.887 北野丸 (2) KITANO MARU (1972)
112645/JCZB コンテナ船 51,160G/T 35,774D/W
起工 1971.4.1(昭46) 進水 1971.11.5(昭46) 竣工 1972.5.31(昭47)
Lpp 245.00 B 32.20 D 24.00 m 主機 T 三菱長崎 MS40 80,000PS 1基 26.13/29.86kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.887 鎌倉丸型 日本郵船株式会社(東京)
北野丸 KITANO MARU 27次 2156TEU
1988(昭63)NYK Mediterranean Shipping S. A., Panamaに売却、OCEANUS TOKYOと改名
1993(平5)NEPTUNE AVENTURINEと改名
1994(平6)OCEANUS TOKYOと改名。同年、Guildmore Navigation S. A., Greeceに売却、ZIM JAMAICAと改名
1996(平8)Gravenia Ltd. S. A(Mediterranean Shipping Co. S. A.).,Panamaに売却、MSC PAMELAと改名
2003.3.16(平15)解体のためインドの解体業者に売却、Alangに到着

SNo.896 鋼昭丸 KOHSHO MARU (1972)

鋼昭丸
鋼昭丸 Kohsho Maru
112834/JEEE 鉱石専用船 87,353G/T
起工 1972.1.11(昭47) 進水 1972.5.10(昭47) 竣工 1972.8.11(昭47)
Lpp 280.00 B 47.00 D 23.60 m 主機 D 住友玉島Sulzer 10RND90 29,000BHP 1基 15.4/17.73kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.896 昭和海運株式会社(東京)
鋼昭丸 KOHSHO MARU 27次
1987.4.13(昭62)解体のため売却、台湾の高雄に到着

SNo.900 鋼寿山丸 KOHJUSAN MARU (1973)
111865/JIAS 鉱石専用船 87,305G/T 165,050D/W
起工 1972.8.25(昭47) 進水 1972.12.14(昭47) 竣工 1973.3.29(昭48)
Lpp 280.00 B 47.00 D 23.60 m 主機 D IHI Sulzer 10RND90 29,000PS 1基 15.3/18.14kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.900 大阪商船三井船舶株式会社(大阪)
鋼寿山丸 KOHJUSAN MARU 28次
1973.3(昭48)新栄船舶(株)(東京)と共有
1987.4(昭62)Norray's Shipping Corp.,Panamaに売却、OSCAR Iと改名
1989(平1)Bantayog Ocean Shipping Inc.,Philippinesに移籍。同年、Falaka Shipping Inc.,Panamaに売却、HOKKAIDO STARと改名
1992(平4)Hyundai Mipo Dock yard,Ulsanで機関室から出火、広範囲な損傷を受けた

SNo.911 氷川丸 (2) HIKAWA MARU (1974)

氷川丸
氷川丸 Hikawa Maru
116274/JBMS コンテナ船 24,770G/T 23,514D/W
起工 1973.10.11(昭48) 進水 1974.1.23(昭49) 竣工 1974.5.27(昭49)
Lpp 200.00 B 31.00 D 16.50 m 主機 D IHI Sulzer 9RND105 36,000PS 1基 22.5/26.55kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.911 日本郵船株式会社(東京)
氷川丸 HIKAWA MARU 29次 1277TEU
1974.5.27(昭49)昭和海運(株)(東京)と共有
1987.9(昭62)Aquarius Shipholding S. A.,Liberiaに売却、HIKAWA IIと改名
1998.5.17(平10)解体のためバングラディッシュへ売却、Chittagongに到着

SNo.925 扇昭丸 SENSHO MARU (1976)

扇昭丸
扇昭丸 Sensho Maru
119169/JJRI 鉱石/油兼用船 100,470G/T
起工 1975.12.25(昭50) 進水 1976.5.13(昭51) 竣工 1976.8.31(昭51)
Lpp 285.00 B 47.00 D 26.00 m 主機 D 34,100BHP 15.56/16.57kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.925 昭和海運株式会社(東京)
扇昭丸 SENSHO MARU 31次
1989.2.28(平1)Sun Shipholding Inc.(Liberia)に売却、SENSHOと改名
1990.7.18(平2)Anna Inc.,Liberiaに売却、JAHRE RANGERと改名
1994(平6)Anna Inc(Jahre-Wallem A.S.).,Liberiaに売却、SGC PIONEERと改名
1997.7.7(平9)解体のためパキスタンのGadani Beachに到着

SNo.942 あとらす ぴーく ASTRA PEAK (1976)
119689/JIRK セミコンテナ船 13,585G/T
起工 1976.3.4(昭51) 進水 1976.6.10(昭51) 竣工 1976.9.24(昭51)
Lpp 153.00 B 23.70 D 13.85 m 主機 D 9,810/11,550BHP 16.8/19.58kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.942 Astra Maritime Enterprise S.A.,Panama
あとらす ぴーく ASTRA PEAK TEU
1889(平1)Landmark Transport Inc.,Liberiaに売却
1979.3.26(昭54)大阪商船三井船舶(株)(東京)に移籍
1990(平2)Lloyd's Register 1990-1991年版より削除

SNo.940 TITAN (1976)
121066/JMUC 撒積専用船 38,826G/T
起工 1976.5.14(昭51) 進水 1976.8.3(昭51) 竣工 1976.12.17(昭51)
Lpp 223.60 B 32.20 D 18.70 m 主機 D 17,400BHP 15/17.5kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.940 Titan Shipping Co. Ltd.,Liberia
TITAN
1979.3.25(昭54)川崎汽船(株)(神戸)に売却、たいたんと改名
1988.4.4(昭63)Crescent Shipping & Chartering Corp.,Philippinesに売却、RUDI Gと改名
1991(平3)Andreas Ugland Bulk A/S,Panamaに売却、RUDIと改名
1992(平4)Lloyd's Register 1992-1993年版に掲載

SNo.956 若菊丸 WAKAGIKU MARU (1978)

若菊丸
若菊丸 Wakagiku Maru
121432/JQCN 重量物運搬船 15,493G/T 24,268D/W
起工 1977.3.23(昭52) 進水 1977.9.7(昭52) 竣工 1978.2.17(昭53)
Lpp 152.00 B 25.20 D 14.35 m 主機 D 三菱横浜M.A.N. 12V52/55 10,040/11,820PS 1基 15.85/17.9kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.956 日本郵船株式会社(東京)
若菊丸 WAKAGIKU MARU 32次 500tヘビーデリック x 1
1978(昭53)千代田汽船(株)(東京)と共有
1987(昭62)Great Acclaim S. A., Panamaに売却、TRADE CONCORDと改名
1992(平4)BOSCO Yと改名
1994(平6)The Unithai Line Ltd., Thailandに売却、UTHAI NAVEEと改名
2007(平19)New Legend International Shipping Co. Ltd., Hong Kongに売却、NEW LEGEND HARVESTと改名。同年、Hong Kong Harvest International Shipping Co., Panamaに移籍
2011.3.4(平23)解体のためShree Sai Baba Ship Breaking, Indiaに売却、Alangに到着

SNo.957 若竹丸 (3) WAKATAKE MARU (1978)
121482/JQMB 重量物運搬船 15,489G/T 23,997D/W
起工 1977.9.7(昭52) 進水 1977.11.28(昭52) 竣工 1978.3.15(昭53)
Lpp 152.00 B 25.20 D 14.35 m 主機 D 三菱横浜M.A.N. 12V52/55 12,000PS 1基 15.58/17.64kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.957 日本郵船株式会社(東京)
若竹丸 WAKATAKE MARU 33次 350tヘビーデリック x 1
1987(昭62)千代田汽船(東京)に売却
1987(昭62)Brocado Shipholding S. A., Panamaに売却、FRONTIER WINDと改名
1992(平4)Roseway Shipping Co. Ltd., Cyprusに売却、SEA FAYEと改名
1996(平8)Thai Mercantile Marine Ltd., Thailandに売却、PIPOB SAMUTと改名
2000.6.19(平12)解体のため中国の解体業者に売却、中国のXinhuiに到着

SNo.962 神明丸 JINMEI MARU (1978)
121525/JQRO 自動車専用船 19,799G/T 16,050D/W
起工 1977.11.30(昭52) 進水 1978.3.24(昭53) 竣工 1978.6.20(昭53)
Lpp 210.00 B 32.20 D 29.90 m 主機 D 日本鋼管 12PC4V 18,000PS 1基 19/21.86kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.962 日本郵船株式会社(東京)
神明丸 JINMEI MARU 33次 普)6000
1987(昭62)Beacons Navigation S. A., Panamaに売却、BEACONと改名
1992(平4)Oreo Maritima S. A., Panamaに売却、ISABELLAと改名
1994.4.2(平6)解体のため中国の解体業者に売却、Qinhuangdaoに到着

SNo.961 そうや PL01 SOYA (1978)
121639/JQUB 巡視船:ヘリ1機搭載型 3,136G/T
起工 1977.9(昭52) 進水 1978.7(昭53) 竣工 1978.11(昭53)
Lpp 90.00 B 15.60 D 8.00 m 主機 D 日本鋼管 12PC2-5V 15,600BHP 2基 20/21.04kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.961 そうや型 運輸省海上保安庁(東京)
そうや PL01 SOYA 武器:40mm機関砲x1 20mm機銃x1 ベル式212型ヘリコプター1機

SNo.966 あふりか丸 (3) AFRICA MARU (1979)
119670/JIOJ 多目的貨物船 15,967G/T
起工 1978.8.23(昭53) 進水 1978.12.28(昭53) 竣工 1979.3.20(昭54)
Lpp 157.00 B 26.40 D 14.10 m 主機 D 9,520/11,200BHP 16.7/19.45kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.966 大阪商船三井船舶株式会社(東京)
あふりか丸 AFRICA MARU
1988(昭63)Curvet Transport S.A.,Panamaに売却、KARINA BONITAと改名
1992(平4)Lloyd's Register 1992-1993年版に掲載

SNo.967 あとらんていつく丸 ATLANTIC MARU (1979)
119683/JIQO 多目的貨物船 15,967G/T
起工 1978.12.18(昭53) 進水 1979.3.23(昭54) 竣工 1979.6.20(昭54)
Lpp 157.00 B 26.40 D 14.10 m 主機 D 9,520/11,200BHP 16.5/19.36kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.967 大阪商船三井船舶株式会社(東京)
あとらんていつく丸 ATLANTIC MARU 34次
1988(昭63)Curvet Transport S.A.,Panamaに売却、JOANA BONITAと改名
1992(平4)Lloyd's Register 1992-1993年版に掲載

SNo.1026 あしのこ丸 ASHINOKO MARU (1984)
126794/JG4370 遊覧船 218G/T 起工 1984.5(昭59) 進水 1984.9(昭59) 竣工 1984.9(昭59)
Lpp 23.00 B 11.60 D 3.10 m 主機 日産ディーゼル 494PS 11/12kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.1026 伊豆箱根鉄道株式会社(神奈川箱根)
あしのこ丸 ASHINOKO MARU

ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.10