船歴 本邦建造船23 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

鶴見製鐵造船株式会社

SNo.340 豐國丸 HOKOKU MARU (1936)

豐國丸
豐國丸 Hokoku Maru

S.Kizu
42690/JJJK 貨物船 1,274G/T 起工 1936.8.9(昭11) 進水 1936.12.3(昭11) 竣工 1936.12.29(昭11)
Lpp 66.40 B 10.90 D 5.65 m 主機 R 3連成 1,274IHP 1基 1/12.5kt
鶴見製鐵造船株式会社(横浜)建造 Sno.340 日之出汽船株式会社(東京)
豐國丸 HOKOKU MARU
1945.7.14(昭20)大間崎沖で空爆により沈没

光安丸 KOAN MARU (1937)
42702/JLCJ 貨物船 894G/T 1,188D/W 進水 1937(昭12)
Lr 56.95 B 9.75 D 4.75 m 主機 R 3連成 鶴見製鉄造船 700IHP 8/11.25kt
鶴見製鐵造船株式会社(横浜)建造 出光興産株式会社(門司)
光安丸 KOAN MARU

明治丸型 7隻 MEIJI MARU Class (1937 - 1940)
貨物船 Lpp 82.30 B 12.20 D 6.20 m 主機 R 3連成 1基 八幡丸型
Sno.350 明治丸 (1) MEIJI MARU 43084/JJMK 1,934G/T 2,847D/W 1,400HP 12.9kt
起工 1936.11.26(昭11) 進水 1937.4.16(昭12) 竣工 1937.5.15(昭12)
鶴見製鐵造船株式会社(横浜)建造 日之出汽船株式会社(東京)
明治丸 MEIJI MARU
1943.4.20(昭18)金華山沖(37.10N,141.25E)で米潜SCORPION(SS-278)の雷撃により沈没
Sno.358 五星丸 GOSEI MARU 1,931G/T 2,846D/W 1,400HP 12.71kt
起工 1937.4.22(昭12) 進水 1937.8.20(昭12) 竣工 1937.10.11(昭12)
鶴見製鐵造船株式会社(横浜)建造 興運汽船株式会社(神戸)
五星丸 GOSEI MARU
Sno.370 香取丸 (1) KATORI MARU 44505/JDXM 1,920G/T 2,794D/W 1,400HP 13.5kt
起工 1937.10.12(昭12) 進水 1938.2.28(昭13) 竣工 1938.3.31(昭13)
鶴見製鐵造船株式会社(横浜)建造 日之出汽船株式会社(東京)
香取丸 KATORI MARU
1944.6.29(昭19)ルソン島アパリの北方40哩(19.00N,121.42E)で米潜GROWLER(SS-215)の雷撃により沈没
Sno.381 竹川丸 TAKEKAWA MARU 45325/JZSM 1,931G/T 2,792D/W 1,300IHP 10/13.3kt
起工 1938.9.1(昭13) 進水 1938.12.21(昭13) 竣工 1939.4.4(昭14)
鶴見製鐵造船株式会社(横浜)建造 川崎汽船株式会社(東京)
竹川丸 TAKEKAWA MARU
1944.4.29(昭19)陸軍徴傭船として行動中、ルソン島リンガエン沖(19.20N,118.50E)で米潜BANG(SS-385)の雷撃により沈没
竹川丸
竹川丸 Takekawa Maru
Sno.382 梅川丸 UMEKAWA MARU 45335/JGYN 1,931G/T 2,790D/W 1,300IHP 9/13.4kt
起工 1938.9.1(昭13) 進水 1939.4.5(昭14) 竣工 1939.5.8(昭14)
鶴見製鐵造船株式会社(横浜)建造 川崎汽船株式会社(東京)
梅川丸 UMEKAWA MARU SCAJAP No.U001
1950.4.10(昭25)釧路/京浜航路に就航
1956.11.10(昭31)平和汽船(株)(東京)に売却
1964.5.12(昭39)解体のため船籍抹消
梅川丸
梅川丸 Umekawa Maru
Sno.391 民島丸 TAMISHIMA MARU 46378/JWPN 1,931G/T 2,804D/W 1,400IHP 10.5/12kt
起工 1939.4.17(昭14) 進水 1939.10.10(昭14) 竣工 1939.11.30(昭14)
鶴見製鐵造船株式会社(横浜)建造 飯野汽船株式会社(舞鶴)
民島丸 TAMISHIMA MARU
1941.3.13(昭16)合併に伴い飯野海運産業(株)(東京)に移籍同年7月20日、陸軍に徴傭
1943.7.28(昭18)陸軍徴傭船として行動中、ビルマのラングーン沖で空爆により沈没
民島丸
民島丸 Tamishima Maru
Sno.400 三島丸 MISHIMA MARU 46805→65130/JDAO→JLDW 1,934G/T 2,812D/W 1,400HP 10.8/12.81kt
起工 1939.5.16(昭14) 進水 1939.12.26(昭14) 竣工 1940.2.27(昭15)
鶴見製鐵造船株式会社(横浜)建造 日之出汽船株式会社(東京)
三島丸 MISHIMA MARU SCAJAP No.M129
1945.5.13(昭20)備後瀬戸(愛媛県越智郡沖之島)で触雷のため沈没
1949.7(昭24)浮揚に成功。播磨造船所(相生)で修理。同年12月13日、再就航
1956.9(昭31)日邦汽船(株)(東京)に売却
1957(昭32)広南汽船(株)(東京)に売却
1964.8(昭39)主機をD 1,400PSに換装
1965(昭40)永元海運(株)(神戸)に売却
1969(昭44)Cia De Transportes Edna S. A.,Panamaに売却、LISANAと改名
1978(昭53)ANGELINAと改名。同年、ARANAと改名
1985(昭60)Lloyd's Register 1985-1986年版に掲載、以後不詳
三島丸
三島丸 Mishima Maru

第二鐵榮丸型 3隻 TETSUEI MARU No.2 Class (1937 - 1938)

第二鐵榮丸
第二鐵榮丸 Tetsuei Maru No.2
曳船 Lpp 27.00 B 7.10 D 3.30 m 主機 D 2基 鶴見製鐵造船株式会社(横浜)建造 鐵道省(Busan)
Sno.351 第二鐵榮丸 TETSUEI MARU No.2 44236/JDBM 159G/T 400BHP
起工 1937.6.23(昭12) 進水 1937.9.20(昭12) 竣工 1937.12.16(昭12) 第二鐵榮丸 TETSUEI MARU No.2 SCAJAP No.T137
1943.11.1(昭18)運輸通信省(東京)に移籍
1945.5.19(昭20)運輸省鉄道総局(東京)に移籍
Sno.352 第三鐵榮丸 TETSUEI MARU No.3 159G/T 400BHP
起工 1937.6.23(昭12) 進水 1937.10.9(昭12) 竣工 1938.2.4(昭13) 第三鐵榮丸 TETSUEI MARU No.3 SCAJAP No.T138
Sno.352 第四鐵榮丸 TETSUEI MARU No.4 159G/T 400BHP
起工 1937.8.10(昭12) 進水 1937.10.25(昭12) 竣工 1938.2.19(昭13) 第四鐵榮丸 TETSUEI MARU No.4 SCAJAP No.T139

第一京丸型 4隻 KYO MARU No.1 Class (1938)
捕鯨船 Lpp 40.00 B 8.20 D 4.30 m 主機 R 3連成 1基
鶴見製鐵造船株式会社(横浜)建造 極洋捕鯨株式会社(東京)
Sno.366 第一京丸 (1) KYO MARU No.1 44389/JDDM 340G/T 300NHP/960IHP
起工 1937.10.6(昭12) 進水 1937.12.21(昭12) 竣工 1938.2.9(昭13) 第一京丸 KYO MARU No.1
Sno.367 第二京丸 (1) KYO MARU No.2 45132/JMSM 340G/T 300NHP/990IHP
起工 1938.1.25(昭13) 進水 1938.7.18(昭13) 竣工 1938.8.27(昭13) 第二京丸 KYO MARU No.2
Sno.368 第三京丸 (1) KYO MARU No.3 45155/JMTM 341G/T 300NHP/990IHP
起工 1938.1.25(昭13) 進水 1938.7.18(昭13) 竣工 1938.9.20(昭13) 第三京丸 KYO MARU No.3
Sno.369 第五京丸 (1) KYO MARU No.5 341G/T 300IHP
起工 1938.1.25(昭13) 進水 1938.8.29(昭13) 竣工 1938.10.3(昭13) 第五京丸 KYO MARU No.5
1939.8.1(昭14)茨城県鹿島郡柳川沖で座礁、船体放棄

山霜丸型 2隻 YAMASHIMO MARU Class (1938)

山霜丸
山霜丸 Yamashimo Maru
大洋興業(神戸)が発注、建造中に山下汽船に売却
貨物船
Sno.362 山霜丸 YAMASHIMO MARU 44607/JDZM 6,777G/T
Lpp 134.00 B 18.00 D 10.30 m 主機 T 石川島 3,100SHP 1基 13/15.22kt
起工 1937.9.8(昭12) 進水 1938.3.14(昭13) 竣工 1938.6.9(昭13)
鶴見製鐵造船株式会社(横浜)建造 山下汽船株式会社(神戸)
山霜丸 YAMASHIMO MARU
1943.2.15(昭18)特設工作艦に入籍
1944.2.22(昭19)トラック島港内で米第58機動部隊の空爆を受けて擱座
Sno.363 新玉丸 ARATAMA MARU 44850/JUHM 6,873G/T 10,200D/W
Lpp 134.00 B 18.00 D 10.30 m 主機 T 石川島 3,100SHP 1基 13kt
起工 1937.10.18(昭12) 進水 1938.7.23(昭13) 竣工 1938.11.4(昭13)
鶴見製鐵造船株式会社(横浜)建造 玉井商船株式会社(東京)
新玉丸 ARATAMA MARU
1944.4.8サイパン近海(13.16N,145.11E)で米潜SEAHORSE(SS-304)の雷撃により沈没
新玉丸
新玉丸 Aratama Maru

SNo.374 第十一京丸 (1) KYO MARU No.11 (1938)
45199/JUAM 捕鯨船 385G/T 起工 1938.6.4(昭13) 進水 1938.8.12(昭13) 竣工 1938.10.3(昭13)
Lpp 47.00 B 8.00 D 4.50 m 主機 T 700SHP 1基
鶴見製鐵造船株式会社(横浜)建造 Sno.374 極洋捕鯨株式会社(東京)
第十一京丸 KYO MARU No.11
1940.9(昭15)海軍へ徴用

とかち丸 TOKACHI MARU (1939)
貨物船 1,931G/T 2,826D/W 進水 1939.1(昭14)
Lpp 84.00 B 12.20 D 6.50 m 主機 R 3連成 1,600IHP 1基 14.78kt
鶴見製鐵造船株式会社(横浜)建造 共立汽船株式会社(神戸)
とかち丸 TOKACHI MARU

五十鈴丸型 2隻 ISUZU MARU Class (1939)

五十鈴丸
五十鈴丸 Isuzu Maru
貨物船 Lpp 97.00 B 13.75 D 7.51 m 主機 T 鶴見製鐵造船株式会社(横浜)建造 日之出汽船株式会社(東京)
Sno.380 五十鈴丸 (1) ISUZU MARU 46201/JPEN 2,866G/T 4,168D/W 1,600SHP 14kt
起工 1938.10.15(昭13) 進水 1939.5.4(昭14) 竣工 1939.7.25(昭14) 五十鈴丸 ISUZU MARU
1943.7.2(昭18)バリ島東ロンボック水道(13.40N,121.50E)で雷撃により沈没
Sno.385 多賀丸 (1) TAGA MARU 46266/JPXN 2,868G/T 4,161D/W 1,600SHP 14.1kt
起工 1939.2.2(昭14) 進水 1939.7.29(昭14) 竣工 1939.10.10(昭14) 多賀丸 TAGA MARU
1943.11.9(昭18)中部太平洋北大東島の南(21.40N,131.12E)で米潜SARGO(SS-188)の雷撃により沈没
多賀丸
多賀丸 Taga Maru

SNo.390 寧波丸 NING PO MARU (1940)

寧波丸
寧波丸 Ning Po Maru
47052/JDIO 貨客船 3,763G/T 3,763D/W
起工 1939.7.31(昭14) 進水 1940.2.24(昭15) 竣工 1940.5.31(昭15)
Lpp 92.00 B 14.50 D 7.32 m 主機 R 3連成 2,400IHP 2基 13/15kt
鶴見製鐵造船株式会社(横浜)建造 Sno.390 日清汽船株式会社(東京)
寧波丸 NING PO MARU
1939.8.5(昭14)建造中に東亞海運(株)(東京)の設立に伴い移籍
1945(昭20)中国に接収されChina Merchant Steam Nav. Co. Ltd.(招商局、上海)に移籍、江慶 KIANG CHING と改名
1959(昭34)解体

SNo.408 興國丸 HSING KUO MARU (1940)
47495/JDYO 貨客船 3,486G/T 起工 1939.8.12(昭14) 進水 1940.5.21(昭15) 竣工 1940.9.24(昭15)
Lpp 97.50 B 15.25 D 4.70 m 主機 R 3連成 3,200IHP 2基 14/17.15kt
鶴見製鐵造船株式会社(横浜)建造 Sno.408 興東丸型 日清汽船株式会社(東京)
興國丸 HSING KUO MARU 日清汽船が発注、東亞海運が建造
1940(昭15)建造中に東亞海運(株)(東京)に移籍
1945(昭20)中国に接収されChina Merchant Steam Nav. Co. Ltd.(招商局、中国)に移籍、江寧 KIANG NING と改名
1959(昭34)解体

日本鋼管株式会社鶴見造船所

隆興丸 RYUKO MARU (1941)
貨物船 2,764G/T 4,292D/W 進水 1941.12(昭16) 竣工 1941(昭16)
Lpp 93.00 B 13.70 D 7.60 m 主機 R 3連成 1,600IHP 1基 14.9kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 大洋興業株式会社(東京)
隆興丸 RYUKO MARU

SNo.409 日春丸 (1) NISSHUN MARU (1941)
48040/JQKO 貨物船 6,380G/T 9,200D/W
起工 1939.12.29(昭14) 進水 1940.11.22(昭15) 竣工 1941.3.1(昭16)
Lpp 93.00 B 13.70 D 7.60 m 主機 R Lentz 3,500SHP 1基 14/16.57kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.409 日産汽船株式会社(東京)
日春丸 NISSHUN MARU A型平時標準船
1943.4.18(昭18)ニューギニア(2.2N,148.27E)で雷撃を受けて沈没

高砂丸 TAKASAGO MARU (1941)
油槽船 1,116G/T 1,399D/W 竣工 1941.5.9(昭16)
Lpp 61.00 B 10.00 D 5.10 m 主機 R 3連成 12.5kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 蓬莱タンカー株式会社(東京)
高砂丸 TAKASAGO MARU 汽罐に田熊式八紘汽罐を装備

SNo.392 吉備丸 (1) KIBI MARU (1941)
48622/JHIP 貨物船 2,759G/T 起工 1940.2.27(昭15) 進水 1941.4.11(昭16) 竣工 1941.6.14(昭16)
Lpp 93.00 B 13.70 D 7.60 m 主機 T 1,400SHP 1基 11kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.392 日之出汽船株式会社(東京)
吉備丸 KIBI MARU 平時標準C型
1944.3.30(昭19)パラオ湾内で空爆により沈没

SNo.394 明昭丸 MEISHO MARU (1941)

明昭丸
明昭丸 Meisho Maru
48703/JWXQ 貨物船 2,737G/T 4,413D/W
起工 1940.4.22(昭15) 進水 1941.8.13(昭16) 竣工 1941.11.29(昭16)
Lpp 93.00 B 13.70 D 7.60 m 主機 T 石川島 1基 11kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.394 明治海運株式会社(神戸)
明昭丸 MEISHO MARU
1944.1.19(昭19)ビスマーク群島(5.0N,148.0E)で空爆により沈没

協力丸 KYORYOKU MARU (1942)
49889/JNQE 油槽船 1,109G/T 1,381D/W 進水 1942.9(昭17) 竣工 1942(昭17)
Lpp 61.75 B 10.00 D 5.10 m 主機 R 3連成 1,200IHP 1基 10kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 石油聯合
協力丸 KYORYOKU MARU
1951(昭26)昭和油槽船(株)(横浜)の所有

SNo.406 愛洋丸 AIYO MARU (1942)

愛洋丸
愛洋丸 Aiyo Maru

H.Nakamura
49186/JAQR 貨物船 2,746G/T 4,331D/W
起工 1941.3.10(昭16) 進水 1941.10.28(昭16) 竣工 1942.1.20(昭17)
Lpp 93.00 B 13.70 D 7.60 m 主機 R 3連成 1,600HP 1基 15.31kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.406 平時標準C型 東洋汽船株式会社(東京)
愛洋丸 AIYO MARU
1943.3.3(昭18)ニューギニアのラエで空爆により沈没

SNo.410 明和丸 MEIWA MARU (1942)

明和丸
明和丸 Meiwa Maru
貨物船 2,721G/T 4,302D/W 起工 1941.4.23(昭16) 進水 1942.2.28(昭17) 竣工 1942.5.25(昭17)
Lpp 93.00 B 13.70 D 7.60 m 主機 R 3連成 1,750IHP 1基 12kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.410 明治海運株式会社(神戸)
明和丸 MEIWA MARU
1942.8.1(昭17)青森県尻屋埼沖(41.17N,141.34E)で米潜NARWHAL(SS-167)の雷撃により沈没

SNo.447 日鑛丸 NIKKO MARU (1942)
49726/JRBR 貨物船 5,949G/T 8,330D/W
起工 1941.8.27(昭16) 進水 1942.8.1(昭17) 竣工 1942.11.5(昭17)
Lpp 120.90 B 16.50 D 9.30 m 主機 T 2,400SHP 1基 12/14.99kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.447 日産汽船株式会社(東京)
日鑛丸 NIKKO MARU
1943.11.20(昭18)南洋(23.10N,147.22E)で米潜HARDER(SS-257)の雷撃により沈没

SNo.444 武津丸 TAKETSU MARU (1942)
49390/JRTR 貨物船 5,949G/T 8,330D/W
起工 1941.12.10(昭16) 進水 1942.10.16(昭17) 竣工 1942.12.28(昭17)
Lpp 120.00 B 16.50 D 9.30 m 主機 T 石川島 2,400SHP 1基 12kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.444 嶋谷汽船株式会社(神戸)
武津丸 TAKETSU MARU 鉱石運搬船
1942.12.28(昭17)合併に伴ない三井船舶(株)(東京)に移籍
1944.8.13(昭19)ルソン島北方サブタン島付近で雷撃を受けて沈没

銀嶺丸 GINREI MARU (1943)
貨物船 5,949G/T 8,325D/W 進水 1943.1(昭18) 竣工 1943(昭18)
Lpp 120.00 B 16.50 D 9.30 m 主機 T 2,400SHP 1基 14.62kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 東亞海運株式会社(東京)
銀嶺丸 GINREI MARU

SNo.446 山幸丸 YAMASACHI MARU (1943)
49843/JYFR 貨物船 5,948G/T 8,330D/W
起工 1942.3.19(昭17) 進水 1942.12.23(昭17) 竣工 1943.2.23(昭18)
Lpp 120.00 B 16.50 D 9.30 m 主機 T 2,400SHP 12/14.93kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.446 山下汽船株式会社(神戸)
山幸丸 YAMASACHI MARU 平時K型(鉱石運搬船)
1943.2.23(昭18)徴用されて日本鋼管(鶴見)で応急油槽船に改造同年3月14日に完工
1945.1.16(昭20)香港(22.10N,114.10E)で空爆により擱座

日高丸型 10隻 HIDAKA MARU Class (1943 - 1944)
貨物船 Lpp 120.00 B 16.50 D 9.50 m 1KRS型
Sno.462 日高丸 (2) HIDAKA MARU 50055/JYVR 5,486G/T 8,423D/W
主機 R 3連成 2,506HP 1基 14.17kt
起工 1942.8.10(昭17) 進水 1943.2.20(昭18) 竣工 1943.3.31(昭18)
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 日本郵船株式会社(東京)
日高丸 HIDAKA MARU
1944.1.20(昭19)パラオから佐伯に向け航行中、室戸岬の南東約140浬(31-32N, 135-58E)で米潜BATFISH(SS-310)の雷撃により沈没
Sno.463 國光丸 KOKKO MARU 5,486G/T 8,545D/W
主機 R 3連成 1,900HP 1基 12.81kt
起工 1942.10.24(昭17) 進水 1943.4.20(昭18) 竣工 1943.5.31(昭18)
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 國際汽船株式会社
國光丸 KOKKO MARU
Sno.464 日鏡丸 NIKKYO MARU 5,484G/T 8,549D/W
主機 R 3連成 1,900HP 1基 13.4kt
起工 1943.1.9(昭18) 進水 1943.6.16(昭18) 竣工 1943.7.19(昭18)
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 日産汽船株式会社(東京)
日鏡丸 NIKKYO MARU
Sno.465 大善丸 DAIZEN MARU 49511/JKOO 5,396G/T 8,505D/W
主機 R 3連成 1HP 1基 10/13.44kt
起工 1943.2.15(昭18) 進水 1943.7.23(昭18) 竣工 1943.8.27(昭18)
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 大阪商船株式会社(大阪)
大善丸 DAIZEN MARU
1945.2.20(昭20)ミリからシンガポールに向け航行中、バンカ島クサラク岬の北東90Km(00-49S,106-05E)で米潜HAWKBILL(SS-366)の雷撃により沈没
Sno.466 辰鳩丸 TATSUHATO MARU 5,396G/T 8,505D/W
主機 R 3連成 1,900HP 1基 13.29kt
起工 1943.3.15(昭18) 進水 1943.8.20(昭18) 竣工 1943.9.29(昭18)
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 辰馬汽船株式会社
辰鳩丸 TATSUHATO MARU
Sno.467 日鈴丸 NICHIREI MARU 5,396G/T 8,505D/W
主機 R 3連成 1,900HP 1基 13.15kt
起工 1943.5.4(昭18) 進水 1943.9.20(昭18) 竣工 1943.10.25(昭18)
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 日産汽船株式会社(東京)
日鈴丸 NICHIREI MARU
Sno.468 日永丸 HINAGA MARU 49720/JGMT 5,396G/T 8,505D/W
主機 R 3連成 2,010HP 1基 13.26kt
起工 1943.6.25(昭18) 進水 1943.10.13(昭18) 竣工 1943.11.20(昭18)
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 日本郵船株式会社(東京)
日永丸 HINAGA MARU
1944.11.5(昭19)門司からシンガポールに向け航行中、仏印パダラン岬の南西約10浬(11.16N,108.54E)で潜水艦の雷撃により沈没
Sno.469 國華丸 KOKKA MARU 50508/JGUT 5,396G/T 8,506D/W
主機 R 3連成 1,500HP 1基 10.5/13.2kt
起工 1943.8.2(昭18) 進水 1943.11.10(昭18) 竣工 1943.12.15(昭18)
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 國際汽船株式会社(東京)
國華丸 KOKKA MARU
1943(昭18)建造中に大阪商船(株)(大阪)に売却
1944.9.5(昭19)台湾の基隆港外(25.10N,121.40E)で触雷、沈没(大阪商船80年史には10月11日に比島で触雷、沈没とある)
Sno.470 玉洋丸 GYOKUYO MARU 50511/JGXT 5,396G/T 8,946D/W
主機 R 3連成 1,500HP 1基 10.5/13.15kt
起工 1943.9.1(昭18) 進水 1943.12.7(昭18) 竣工 1943.12.31(昭18)
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 東洋汽船株式会社(東京)
玉洋丸 GYOKUYO MARU
1944.11.14(昭19)東シナ海(31.04N,123.56E)で米潜SPADEFISH(SS-411)の雷撃により沈没
Sno.471 國星丸 KOKUSEI MARU 50513/JGZT 5,396G/T 8,505D/W
主機 R 3連成 1,500HP 1基 10.5/13.19kt
起工 1943.10.1(昭18) 進水 1943.12.27(昭18) 竣工 1944.1.20(昭19)
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 國際汽船株式会社(東京)
國星丸 KOKUSEI MARU
1943(昭18)建造中に大阪商船(株)(大阪)に売却
1944.10.2(昭19)ボルネオ島東岸(6.30N,116.15E)で米潜HAMMERHEAD(SS-364)の雷撃により沈没

大進丸型 7隻 DAISHIN MARU Class (1944 - 1945)
貨物船 Lpp 128.00 B 18.20 D 11.10 m 1基 2AT型
Sno.472 大進丸 DAISHIN MARU 6,933G/T
起工 1944.1.10(昭19) 進水 1944.4.10(昭19) 竣工 1944.5.6(昭19)
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 大阪商船株式会社
大進丸 DAISHIN MARU
Sno.473 江原丸 EBARA MARU 51113/JGDV 6,956G/T 2,000SHP 10kt
起工 1944.3.1(昭19) 進水 1944.7.8(昭19) 竣工 1944.9.8(昭19)
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 日本郵船株式会社(東京)
江原丸 EBARA MARU
1944.10.25(昭19)佐世保からサンジャックに向け航行中、台湾海峡烏?興の東北東9浬(25-03N, 119-35E)で米潜TANG(SS-306)の雷撃により沈没
建造中に応急油槽船に改造
Sno.474 神祐丸 SHINYU MARU 53232/JLYW 6,956G/T 10,869D/W 2,400SHP 10/13.34kt
起工 1944.5.1(昭19) 進水 1944.8.30(昭19) 竣工 1944.11.5(昭19)
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 岡田商船株式会社(東京)
神祐丸 SHINYU MARU SCAJAP No.059
1948.10(昭23)日立造船(向島)で改造工事が完工
1950.3.31(昭25)函館船渠(株)函館造船所(函館)でA.B.船級取得、三島型改造工事
1959(昭34)主機を換装
1963.12.31(昭38)大阪で解体
神祐丸
神祐丸 Shinyu Maru

改造後の姿
Sno.475 山濤丸 YAMANAMI MARU 6,954G/T 2,000SHP 10/13kt
起工 1944.7.10(昭19) 進水 1944.9.20(昭19) 竣工 1945.1.15(昭20)
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 山下汽船株式会社(神戸)
山濤丸 YAMANAMI MARU 応急油槽船に改造 SCAJAP No.Y015
1945.8.27(昭20)福井県敦賀の七尾観音灯台沖で触雷、沈没
Sno.477 永観丸 EIKAN MARU 51135 6,903G/T 2,000SHP 10kt
起工 1944.8.31(昭19) 進水 1944.12.29(昭19) 竣工 1945.3.23(昭20)
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 日本郵船株式会社(東京)
永観丸 EIKAN MARU
1945.6.26(昭20)横浜から函館に向け航行中、岩手県大釜崎の東約2浬(39.26N,142.04E)で潜水艦の雷撃により大破、任意擱坐、7月14日船体放棄
Sno.476 日ト丸 NICHIGYOKU MARU 56334/JYXF→JQJE 6,903G/T
起工 1944.8.2(昭19) 進水 1945.4.5(昭20) 竣工 1945.5.25(昭20)
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 日産汽船株式会社(東京)
日ト丸 NICHIGYOKU MARU
1950.8.24(昭25)日本鋼管(鶴見)でA.B.船級取得、三島型改造工事
1960.1(昭35)名古屋汽船(株)(名古屋)に売却、名玉丸 MEIGYOKU MARU と改名
1963.1.30(昭38)大阪港で解体
日ト丸
日ト丸 Nichigyoku Maru

改造後の姿
Sno.478 辰伊勢丸 TATSUISE MARU 56337/JZDF→JQVE 6,902G/T
起工 1944.12.10(昭19) 進水 1945.6.9(昭20) 竣工 1945.12.28(昭20)
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 辰馬汽船株式会社(西宮)
辰伊勢丸 TATSUISE MARU
1947.8.30(昭22)新日本汽船(神戸)に移籍
1950.12.23(昭25)解体

SNo.614 第九鐵榮丸 TETSUEI MARU No.9 (1947)
曳船 158G/T 起工 1946.9.14(昭21) 進水 1946.12.28(昭21) 竣工 1947.4.30(昭22)
Lpp 26.00 B 7.20 D 3.50 m 主機 R 3連成 400IHP 2基
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.614 運輸省鉄道総局(東京)
第九鐵榮丸 TETSUEI MARU No.9

大月丸型 2隻 DAIGETSU MARU Class (1947)

大月丸
大月丸 Daigetsu Maru
貨物船 Lpp 98.00 B 14.30 D 7.50 m 主機 T 石川島 甲25型 1基 3D型
Sno.482 大月丸 DAIGETSU MARU 59490/JDDQ 2,908G/T 4,482D/W 2,000SHP 10.5/11kt
起工 1945.6.15(昭20) 進水 1947.5.17(昭22) 竣工 1947.7.25(昭22)
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 大阪商船株式会社(大阪)
大月丸 DAIGETSU MARU
1951.10(昭26)国内航路・留萌阪神線に就航
1956.10.12(昭31)第一汽船(株)(神戸)に売却
1960.5(昭35)合併に伴い第一中央汽船(株)汽船(東京)に移籍
1964.5.29(昭39)第一船舶(株)(神戸)に売却
1966(昭41)大和船舶(株)(神戸)に売却
1969(昭44)船名録から削除
Sno.481 神加丸 (1) SHINKA MARU 58194/JXNZ→JLJE 2,929G/T 4,517D/W 1,800SHP 8.52kt
起工 1945.3.1(昭20) 進水 1946.5.14(昭21) 竣工 1947.8.27(昭22)
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 栗林商船株式会社(室蘭)
神加丸 SHINKA MARU
1959.10.26(昭34)三菱セメント(株)(東京)に売却、第二菱洋丸 RYOYO MARU No.2 と改名
1960.4(昭35)三菱重工業(下関)でセメントタンカーに改造、主機をD 阪神内燃機Z6TSH 2,100BHPに換装
1974.9(昭49)広島県の常石沖に係船
1975(昭50)神原汽船グループの環境整備会社に売却
1975.9(昭50)廃棄物排出船に改造、クリーンエース CLEAN ACE と改名
1979.12(昭54)常石で解体
神加丸
神加丸 Shinka Maru

SNo.615 第十鐵榮丸 TETSUEI MARU No.10 (1947)
曳船 158G/T 起工 1946.9.14(昭21) 進水 1947.2.15(昭22) 竣工 1947.7.31(昭22)
Lpp 26.00 B 7.20 D 3.50 m 主機 R 3連成 400IHP 2基
日本鋼管株式会社鶴見造船所(横浜)建造 Sno.615 運輸省鉄道総局(東京)
第十鐵榮丸 TETSUEI MARU No.10 SCAJAP No.T167

ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.10