船歴 本邦建造船29 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

川崎重工業株式会社

SNo.918 日高丸 NIKKOH MARU (1952)

日高丸
日高丸 Nikkoh Maru
69758/JJIF 貨物船 6,603G/T 9,484D/W
起工 1952.7.12(昭27) 進水 1952.9.6(昭27) 竣工 1952.11.29(昭27)
Lpp 128.00 B 17.30 D 9.80 m 主機 D 川崎M.A.N. D7Z60/110 5,668BHP 1基 14.5/17.123kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 Sno.918 日豊海運株式会社(神戸)
日高丸 NIKKOH MARU 8次
1964.4.2(昭39)川崎汽船(株)(神戸)に売却
1972.1.10(昭47)Dabaibe Orient Shipping Co.S.A.,Panamaに売却、WELFARE No.1 と改名
1977.2.14(昭52)解体のため売却、台湾の高雄に到着

SNo.920 ほくと LL11 HOKUTO (1953)

ほくと LL11
ほくと LL11 Hokuto

1979.5.18 東京湾 - T.Ueno
設標船 529G/T 196D/W 起工 1951.8.20(昭26) 進水 1951.12.27(昭26) 竣工 1953.3.12(昭28)
Lpp 43.20 B 10.25 D 4.65 m 主機 R 3連成 国栄機械 400PS 1基 8.8/10.9kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 Sno.920 運輸省海上保安庁(東京)
ほくと LL11 HOKUTO

昭川丸型 2隻 AKIKAWA MARU Class (1953)

昭川丸
昭川丸 Akikawa Maru
川崎汽船が戦後再開した中南米航路用に合計6隻建造した14ノット級の中速貨物船の第1陣として8次および9次計画造船で建造された。荷役能率を増大するために長大な艙口を設けた。
貨物船 Lpp 132.00 B 18.20 D 11.70 m 主機 D 川崎M.A.N. D5Z72/120 1基
川崎重工業株式会社(神戸)建造 川崎汽船株式会社(神戸)
1. Sno.927 昭川丸 AKIKAWA MARU 70152/JKIH 8,347G/T 10,411D/W 5,500BHP 14/17.5kt
起工 1952.10.4(昭27) 進水 1953.2.16(昭28) 竣工 1953.5.15(昭28) 昭川丸 AKIKAWA MARU 8次
1973.6.22(昭48)Nord Africa Shipping Co. Ltd.(Singapore)に売却、SEA SUCCESSと改名
1977.9.19(昭52)Singapore Roadsで繋船
1978.4(昭53)解体のため売却、台湾の花蓮に到着
2. Sno.931 瑞川丸 (1) MIZUKAWA MARU 70203/JBDM 8,351G/T 10,345D/W 5,500BHP 14.2/17.8kt
起工 1953.3.31(昭28) 進水 1953.9.10(昭28) 竣工 1953.12.15(昭28) 瑞川丸 MIZUKAWA MARU 9次前
1973.3.9(昭48)Lee Lai Maritime S. A.(Panama)に売却、CHIEH CHUANと改名
1979.10.20(昭54)解体のため売却、台湾の高雄に到着
瑞川丸
瑞川丸 Mizukawa Maru

明泰丸 (1) MEITAI MARU (1953)

明泰丸
明泰丸 Meitai Maru
70171/JBCE 油槽船 12,982G/T 20,389D/W
起工 1952.9.8(昭27) 進水 1953.5.16(昭28) 竣工 1953.8.31(昭28)
Lpp 167.00 B 22.00 D 12.20 m 主機 T 2段減速 川崎重工 8,000PS 1基 14.2/15.5kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 明治海運株式会社(神戸)
明泰丸 MEITAI MARU 8次
1968(昭43)流通海運(株)(神戸)に売却、流洋丸Ryuyo Maruと改名
1972.11(昭47)Associated Transportation Ltd., Panamaに売却、UNIONAと改名
1977.12.6(昭52)解体のため台湾の解体業者に売却、台湾の高雄に到着

SNo.934 第二播州丸 BANSHU MARU No.2 (1954)

第二播州丸
第二播州丸 Banshu Maru No.2
71801/JEOI 冷凍/冷蔵運搬船 1,246G/T 1,535D/W
起工 1954.2.10(昭29) 進水 1954.3.26(昭29) 竣工 1954.5.10(昭29)
Lpp 70.00 B 10.80 D 5.50 m 主機 D 新潟鉄工 1,200PS 1基 10.8/13.5kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 Sno.934 大洋漁業株式会社(東京)
第二播州丸 BANSHU MARU No.2 冷凍運搬船

SNo.932 祥川丸 SACHIKAWA MARU (1954)

祥川丸
祥川丸 Sachikawa Maru
71518/JBFB 貨物船 8,342G/T 10,540D/W
起工 1953.9.29(昭28) 進水 1954.3.6(昭29) 竣工 1954.5.29(昭29)
Lpp 132.10 B 18.20 D 11.70 m 主機 D 川崎M.A.N. K5Z78/140 5,400PS 1基 14.1/17.6kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 Sno.932 川崎汽船株式会社(神戸)
祥川丸 SACHIKAWA MARU 9次後
1973.5.30(昭48)Debaibe Orient Shipping Co. S. A.,Panamaに売却、TRIUMPH No.1と改名
1977.2.22(昭52)ヒューストンから八戸に向け航行中、日本の東480哩(34.55N,148.18E)で荒天のため浸水、沈没

SNo.924 秀邦丸 (1) SHUHO MARU (1954)

秀邦丸
秀邦丸 Shuho Maru
71810/JEKB 油槽船 12,001G/T 17,618D/W
起工 1953.9.29(昭28) 進水 1954.4.6(昭29) 竣工 1954.6.30(昭29)
Lpp 159.00 B 21.40 D 11.60 m 主機 T 川崎重工 2段減速 8,500PS 1基 14.7/16.4kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 Sno.924 飯野海運株式会社(神戸)
秀邦丸 SHUHO MARU 9次後
1963.12(昭38)飯野汽船(東京)設立に伴い移籍
1964.4.1(昭39)合併に伴い川崎汽船(株)(神戸)に移籍
1966.9.26(昭41)Golden Marine Transport Inc.,Liberiaに売却、ALVINAと改名
1972(昭47)Spartan Ideal Shipping Co.Ltd.,Liberiaに売却、ANASTASISと改名
1974(昭49)Astronaut Navigation Corp.,Liberiaに売却、DYNAMIC ASTRONAUTと改名
1975.11.1(昭50)解体のため上海に到着

SNo.933 建川丸 (2) TATEKAWA MARU (1955)

建川丸
建川丸 Tatekawa Maru
73067/JHPI 貨物船 8,123G/T 10,592D/W
起工 1954.11.11(昭29) 進水 1955.1.26(昭30) 竣工 1955.4.25(昭30)
Lpp 132.40 B 18.20 D 11.70 m 主機 D 川崎M.A.N. K5Z78/140A 5,490PS 1基 14.2/17.5kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 Sno.933 川崎汽船株式会社(神戸)
建川丸 TATEKAWA MARU 10次
1976.7.27(昭51)Carnation Shipping Co. Ltd.,Panamaに売却、CHAR YIHと改名
1978(昭53)Drongo Shipping Co. S. A.,Panamaに売却
1979.7.23(昭54)解体のため売却、高雄に到着

SNo.940 日川丸 HIKAWA MARU (1955)

日川丸
日川丸 Hikawa Maru
73085/JHQR 貨物船 8,084G/T 10,520D/W
起工 1954.11.18(昭29) 進水 1955.4.25(昭30) 竣工 1955.7.20(昭30)
Lpp 132.40 B 18.20 D 11.70 m 主機 D 川崎M.A.N. K5Z78/140A 5,490PS 1基 14.6/17.6kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 Sno.940 川崎汽船株式会社(神戸)
日川丸 HIKAWA MARU 10次
1955.7.20(昭30)日豊海運(株)(神戸)と共有
1964.4(昭39)共有分購入により川崎汽船(神戸)の単独保有
1976.11.11(昭51)Char Hwa Maritime S. A.,Panamaに売却、GOLDEN HEROと改名
1978.9.23(昭53)解体のため売却、高雄に到着

SNo.947 照川丸 TERUKAWA MARU (1956)

照川丸
照川丸 Terukawa Maru
中南米西岸航路用に建造された中速貨物船の第2陣。主機には新型の高過給機関KV型が搭載された。
74504/JIIK 貨物船 8,326G/T 10,519D/W
起工 1955.10.5(昭30) 進水 1956.2.13(昭31) 竣工 1956.5.16(昭31)
Lpp 132.40 B 18.20 D 11.70 m 主機 D 川崎M.A.N. K6V45/66HA 5,600PS 2基 14.4/17.7kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 Sno.947 川崎汽船株式会社(神戸)
照川丸 TERUKAWA MARU 11次
1964.9.25(昭39)台風により神戸沖で座礁。同年11月5日に浮揚
1976.4.28(昭51)Concord Lines S. A.,Panamaに売却、CHITOS ARKと改名
1979(昭54)NORA RICHと改名。同年、T. D. T. D. Navigation S. A.,Panamaに売却、ROSEBUDと改名
1983.10.23(昭58)解体のため売却、高雄に到着

SNo.954 愛宕丸 ATAGO MARU (1956)

愛宕丸
愛宕丸 Atago Maru
75257/JQYV 貨物船 4,999G/T 7,423D/W
起工 1956.2.16(昭31) 進水 1956.6.27(昭31) 竣工 1956.8.31(昭31)
Lpp 114.00 B 16.40 D 9.30 m 主機 D 川崎M.A.N. K5Z70/120A 3,400PS 1基 13/14kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 Sno.954 日之出汽船株式会社(東京)
愛宕丸 ATAGO MARU 川崎重工(神戸)と共有で起工、引渡時は日之出汽船(東京)の単独保有
1972.12.15(昭47)Morning Line S. A.,Panamaに売却、ROYALと改名
1978(昭53)Buena Aventura Compania,Greeceに売却、AI FANOURISと改名
1980(昭55)Bellaire Corp.,Greeceに売却、BELSTARと改名
1982.4.22(昭57)解体のためフランスのツーロン(Toulon)に到着

智利丸型 3隻 CHILE MARU Class (1957 - 1958)

智利丸
智利丸 Chile Maru
照川丸と共に中南米西岸航路用に建造された貨物船で本型は艙口をひとつ増やして6個とし、マックグレゴー型鋼製艙口蓋を採用した。秘露丸および玖馬丸は関係会社との共有による自己資金船である。
貨物船 Lpp 132.40 B 18.20 D 11.70 m 主機 D 川崎M.A.N. K6V45/66HA 2基
川崎重工業株式会社(神戸)建造 川崎汽船株式会社(神戸)
1. Sno.956 智利丸 (2) CHILE MARU 75562/JAYU 8,352G/T 10,722D/W 5,600PS 14.2/17.1kt
起工 1956.7.7(昭31) 進水 1956.11.24(昭31) 竣工 1957.2.15(昭32) 智利丸 CHILE MARU 12次
1974.10.31(昭49)Lee Lai Maritime S. A.,Panamaに売却、VICTORY GLEAMと改名
1982(昭57)Chieh Sheng Maritime S. A.,Panamaに売却
2007(平19)解体
2. Sno.959 秘露丸 PERU MARU 79481/JMYF 8,348G/T 10,547D/W 5,600PS 14.2/17.5kt
起工 1957.2.5(昭32) 進水 1957.6.13(昭32) 竣工 1957.9.20(昭32) 秘露丸 PERU MARU
1957.9.20(昭32)日豊海運(株)(神戸)と共有
1964.4(昭39)共有分購入により川崎汽船(神戸)の単独所有
1974.12.17(昭49)Chieh Sheng Maritime S. A.,Panamaに売却、VICTORY GLORYと改名
1979(昭54)Prosperous Dragon S. S. Co.,Taiwanに売却、GOLDEN DRAGONと改名
1986(昭61)解体
秘露丸
秘露丸 Peru Maru
3. Sno.968 玖馬丸 (2) CUBA MARU 79534/JGPY 8,340G/T 10,534D/W 5,600PS 14.2/17.1kt
起工 1957.6.7(昭32) 進水 1957.11.12(昭32) 竣工 1958.1.24(昭33) 玖馬丸 CUBA MARU
1958.1.24(昭33)日本油槽船(株)(東京)と共有
1964.4.1(昭39)日本油槽船(東京)と日産汽船(東京)の合併により昭和海運(株)(東京)と共有となる
1966.8(昭41)共有分購入により川崎汽船(株)(神戸)の単独所有
1974.12.20(昭49)Chieh Sheng Maritime S. A.,Panamaに売却、VICTORY GLAMORと改名
1979(昭54)TREASURE DRAGONと改名
1980.4(昭55)解体のため売却、高雄に到着
玖馬丸
玖馬丸 Cuba Maru

第五真盛丸 SHINSEI MARU No.5 (1957)

第五真盛丸
第五真盛丸 Shinsei Maru No.5
78183/JINF 貨物船 8,286G/T 11,226D/W 起工 1956.10(昭31) 進水 1957.1(昭32) 竣工 1957.4.15(昭32)
Lpp 132.44 B 18.20 D 11.70 m 主機 D 川崎M.A.N. K5Z70/120A 4,300PS 1基 13.1/16.7kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 原商船株式会社(大阪)
第五真盛丸 SHINSEI MARU No.5 12次後
1967.6(昭42)合併に伴い日本汽船(神戸)に移籍
1973.6(昭48)Sansin Corp.,Liberiaへ売却

SNo.958 多賀丸 TAGA MARU (1957)

多賀丸
多賀丸 Taga Maru
78737/JBRS 貨物船 8,069G/T 起工 1956.11.26(昭31) 進水 1957.3.20(昭32) 竣工 1957.6.15(昭32)
Lpp 132.44 B 18.20 D 11.70 m 主機 D 5,200BHP 1基 13.8/14.8kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 Sno.958 日鐵汽船株式会社(東京)
多賀丸 TAGA MARU 12次
1962.2.15(昭37)合併に伴い新和海運(株)(東京)に移籍
1973.2(昭48)Eagle S.S.Co.Ltd.(Somali)に売却、ASIA SEAGULLと改名
1977(昭52)Ocean Royal Navigation Corp.(Somal)に売却、OCEAN ROYALと改名
1978.1.26香港から南イエメンのSALALAHに向け航行中、浸水のためコロンボ沖(5.44N,80.33E)で沈没

SIRI (1957)
油槽船 20,491G/T 32,605D/W 起工 1956.12(昭31) 進水 1957.5(昭32) 竣工 1957.9(昭32)
Lpp 190.00 B 26.30 D 14.00 m 主機 T 川崎重工 2段減速 15,000PS 1基 16.8/17.3kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 建造者不詳
SIRI
1961(昭36)千代田汽船(株)(東京)に売却、菱和丸 RYOWA MARU と改名

邦山丸 HOZAN MARU (1957)

邦山丸
邦山丸 Hozan Maru
79487/JMZF 貨物船 8,271G/T 11,088D/W 起工 1957.3(昭32) 進水 1957.8(昭32) 竣工 1957.10.31(昭32)
Lpp 132.44 B 18.20 D 11.70 m 主機 D 川崎M.A.N. K6Z70/120C 5,200BHP 1基 14/17.606kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 宮地汽船株式会社(神戸)
邦山丸 HOZAN MARU

SNo.967 あじあ丸 ASIA MARU (1957)

あじあ丸
あじあ丸 Asia Maru

1960.7.30 - City of Vancouver Archives
79527/JGNY 貨物船 8,327G/T 11,313D/W
起工 1957.6.17(昭32) 進水 1957.10.3(昭32) 竣工 1957.12.16(昭32)
Lpp 132.44 B 18.20 D 11.20 m 主機 D 川崎M.A.N. K5Z70/120A 4,300BHP 1基 13.57/16.26kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 Sno.967 第一汽船株式会社(神戸)
あじあ丸 ASIA MARU 船客 2名
1958.12.31(昭33)ニューオーリンズ港通過時、油バージと衝突、炎上。後に修復
1960.10.1(昭35)合併に伴い第一中央汽船(株)汽船(東京)に移籍
1973.3.16(昭48)Nosmar Maritime Co. Ltd(Cyprus)に売却、ELASIAと改名
1976(昭51)Aldimitri Maritima S. A.(Greece)に移籍
1978(昭53)Lloyd's Register 1978-79年版から抹消

SNo.976 賀茂丸 KAMO MARU (1958)

賀茂丸
賀茂丸 Kamo Maru
81049/JKCY 貨物船 8,059G/T 起工 1957.12.23(昭32) 進水 1958.4.5(昭33) 竣工 1958.6.5(昭33)
Lpp 132.44 B 18.20 D 11.70 m 主機 D 5,200BHP 1基 13.8/14.8kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 Sno.976 日鐵汽船株式会社(東京)
賀茂丸 KAMO MARU 13次
1962.2.15(昭37)合併に伴い新和海運(株)(東京)に移籍
1971.8.5(昭46)台風19号のため部崎灯台の南で座礁。同年9月4日、離礁
1972.10(昭47)Swan Steamship Co.S.A.(Panama)に売却、Asia Falconと改名
1974(昭49)Kapela Steamship Co. S. A.(Somali)に売却、Santa Feと改名
1975(昭50)Shrine Nav. Co. Ltd. S. A.(Somali)に売却、Edoと改名
1976(昭51)Shrine Navigation Co. Ltd. S. A.(Panama)に売却、Kamoと改名
1977.4(昭52)香港で解体

ねばだ丸型 4隻 NEVADA MARU Class (1958 - 1960)

ねばだ丸
ねばだ丸 Nevada Maru
昭和31年(1956)北米航路に就航した米国United Satates Lines Co.のマリナー型高速貨物船に対抗して建造された高速貨物船。凌波性向上のために船首楼を延ばし、神川丸型より垂線間長を5m延長して載貨容積の増大を図った。また冷凍艙容積を拡大しディープタンク内に貨物油タンクを設置するなどの改善が行われた。ねばだ丸は処女航海で横浜/サンフランシスコ間を9日15時間10分で走破し太平洋横断の新記録を樹立した。
貨物船 Lpp 150.30 B 20.50 D 12.90 m 主機 D 川崎M.A.N. K9Z78/140C 1基
川崎重工業株式会社(神戸)建造 川崎汽船株式会社(神戸)
1. Sno.974 ねばだ丸 NEVADA MARU 80859/JNPY 10,109G/T 13,059D/W 11,500BHP 17.6/20.9kt
起工 1957.10.8(昭32) 進水 1958.3.22(昭33) 竣工 1958.6.20(昭33) ねばだ丸 NEVADA MARU 13次
1958(昭33)極東/ニューヨーク航路に就航
1976.11.5(昭51)Orient Harmony Maritime S. A.(Panama)に売却、ORIENT HARMONYと改名
1979(昭54)Greda S. A.(Panama)に売却、UNION HODEIDAHと改名
1982(昭57)Oriental Commercial Establishment(Saudi Arabia)に売却。同年12月15日、解体のため売却、台湾の高雄に到着
2. Sno.975 もんたな丸 MONTANA MARU 81514/JMNG 10,104G/T 13,150D/W 11,500BHP 17.6/20.9kt
起工 1958.3.25(昭33) 進水 1958.7.18(昭33) 竣工 1958.9.30(昭33) もんたな丸 MONTANA MARU 13次
1971.9(昭46)川崎重工業(神戸)でコンテナ船に改造。14,953G/T Lpp:168.84 B:21.90 D:16.00 (m)
1972.10.3(昭47)Sea Bridges Corp(Singapore)に売却、HARBOUR BRIDGEと改名
1976(昭51)HONG KONG PHOENIXと改名
1979(昭54)ORIENTAL DESTINYと改名。同年、Intermarine No.3 Container Services Inc.(Panama)に売却、ORIENT SPLENDORと改名
1982.12.2(昭57)香港で繋船
1983(昭58)Feoso Oil Ltd.(Panama)に売却、CENTURY CARRIER No.3と改名
1983.11.12(昭58)解体のため売却、寧波に到着
もんたな丸
もんたな丸 Montana Maru
3. Sno.983 おれごん丸 (2) OREGON MARU 82818/JFBG 10,105G/T 13,171D/W 11,500BHP 17.6/20.9kt
起工 1958.12.30(昭33) 進水 1959.2.10(昭34) 竣工 1959.4.25(昭34) おれごん丸 OREGON MARU 14次
1971.8(昭46)日立造船(神奈川)でコンテナ船に改造。15,023GT Lpp:168.84 B:21.90 D:16.00 (,m)
1972.10.20(昭47)Sea Bridges Corp,Singaporeに売却、TOWER BRIDGEと改名
1976(昭51)TAIWAN PHOENIXと改名
1979(昭54)ORIENTAL EXPRESSと改名。同年、Intermarine No.2 Container Services Inc.(Panama)に売却、ORIENT SOVEREIGNと改名
1983(昭58)Feoso Oil Ltd.,Panamaに売却、CENTURY CARRIER No.2と改名。 同年10月11日、解体のため売却、上海に向け香港を出発
おれごん丸
おれごん丸 Oregon Maru
4. Sno.984 ころらど丸 COLORADO MARU 84329/JFAC 10,105G/T 13,217D/W 11,500BHP 17.6/20.9kt
起工 1959.10.10(昭34) 進水 1960.1.16(昭35) 竣工 1960.4.7(昭35) ころらど丸 COLORADO MARU 15次
1971.9(昭46)石川島播磨重工業でコンテナ船に改造。14,952G/T Lpp:168.84 B:21.90 D:16.00 (m)
1972.10.2(昭47)Sea Bridges Corp,Singaporeに売却、BAY BRIDGEと改名
1976(昭51)KOREA PHOENIXと改名
1979(昭54)ORIENTAL CHARGERと改名。同年、Intermarine No.1 Container Services Inc.,Panamaに売却、ORIENT SAPPHIREと改名
1983(昭58)Feoso Oil Ltd.,Panamaに売却、CENTURY CARRIER No.1と改名。同年9月17日、解体のため売却、上海に向け香港を出発
ころらど丸
ころらど丸 Colorado Maru

SNo.971 千鶴川丸 CHIZUKAWA MARU (1959)

千鶴川丸
千鶴川丸 Chizukawa Maru
82280/JBFL 油槽船 20,821G/T 33,070D/W
起工 1958.6.19(昭33) 進水 1958.10.29(昭33) 竣工 1959.1.28(昭34)
Lpp 190.00 B 26.30 D 14.00 m 主機 T 川崎重工 H.K.T 150 15,000SHP 1基 16.5/17.5kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 Sno.971 川崎汽船株式会社(東京)
千鶴川丸 CHIZUKAWA MARU
1969.7.3(昭44)Alice Oil Carrier Inc.,Panamaに売却、LOYAL KINGDOMと改名
1970(昭45)HONGKONG ALLIANCEと改名
1973(昭48)ILC Marine Leasing Corp.,Panamaに売却、PANAKINGと改名
1975.8.8(昭50)香港で繋船
1978.11.26(昭53)解体のため台湾の高雄に到着

SNo.986 熊野丸 KUMANO MARU (1959)

熊野丸
熊野丸 Kumano Maru
82905/JFQG 重量物/貨物兼用船 5,024G/T 7,548D/W
起工 1958.12.31(昭33) 進水 1959.4.10(昭34) 竣工 1959.6.15(昭34)
Lpp 114.00 B 16.40 D 9.30 m 主機 D 川崎M.A.N. K5Z70/120A 4,000PS 1基 13/14kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 Sno.986 日之出汽船株式会社(東京)
熊野丸 KUMANO MARU 14次
1975.4.1(昭50)Estrellado Maritimo Compania (Panama) S. A.,Panamaに売却、CARIBBEAN STAR No.1と改名
1980(昭55)Bo Yang Ltd.,South Koreaに売却、BO MIと改名
1981(昭56)K. M. S. Lines Ltd. Inc.,Panamaに売却、BUNGA VANDAと改名
1983.10.5(昭58)解体のため台湾の高雄に到着

月興丸 GEKKO MARU (1959)

月興丸
月興丸 Gekko Maru
83499/JHQG 油槽船 24,680G/T 39,612D/W 起工 1959.2(昭34) 進水 1959.6(昭34) 竣工 1959.10(昭34)
Lpp 205.00 B 28.20 D 14.80 m 主機 T 川崎重工 2段減速衝動式 16,500PS 1基 16.6/17.7kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 東京タンカー株式会社(東京)
月興丸 GEKKO MARU

SNo.973 ぱしふいっく丸 PACIFIC MARU (1959)

ぱしふいっく丸
ぱしふいっく丸 Pacific Maru
83217/JHNG 油槽船 25,295G/T 40,292D/W
起工 1959.3.12(昭34) 進水 1959.8.8(昭34) 竣工 1959.10.30(昭34)
Lpp 205.00 B 28.20 D 14.80 m 主機 T 川崎重工 2段減速衝動式 16,500PS 1基 16.2/17.8kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 Sno.973 日本油槽船株式会社(東京)
ぱしふいっく丸 PACIFIC MARU
1964.4.1(昭39)合併に伴い昭和海運(株)(東京)に移籍
1975.5.30(昭50)Euphrosyne Oceanic Transport S. A.,Panamaに売却、日本鋼管浅野(横浜)で撒積貨物船に改造、Lpp:230.00 B:33.00 D:22.79 47,747G/T 15kn EMPRESS OF EDENと改名
1986.5.28(昭61)解体のため売却、台湾の高雄に到着

ゴウシュウ丸 GOH SHU MARU (1959)

ゴウシュウ丸
ゴウシュウ丸 Goh Shu Maru
84110/JFER 貨物船 8,265G/T 10,528D/W 起工 1959.7(昭34) 進水 1959.9(昭34) 竣工 1959.11(昭34)
Lpp 132.40 B 18.20 D 11.70 m 主機 D 川崎M.A.N. K6Z70/120C 5,600BHP 1基 14.3/16.8kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 五洋汽船株式会社(東京)
ゴウシュウ丸 GOH SHU MARU

春栄丸型 2隻 SHUN-EI MARU Class (1960)
重量物運搬船 Lpp 150.00 B 24.60 D 14.00 m 主機 D 川崎M.A.N. K6Z70/120C 1基
川崎重工業株式会社(神戸)建造 日本汽船株式会社(神戸)
1. Sno.990 春栄丸 SHUN-EI MARU 85282/JKBX 6,153G/T 8,867D/W 5,200PS 14/17kt
起工 1960.3(昭35) 進水 1960.5(昭35) 竣工 1960.7.25(昭35) 春栄丸 SHUN-EI MARU 180tヘビーデリック装備
1960.7.25(昭35)川崎重工業(株)(神戸)と共有
1968.4(昭43)川崎重工の持分を日本汽船へ売却
1980(昭55)Fossano Shipping Co. Ltd.,Cyprusに売却、SHUN-MARと改名
2. Sno.985 春国丸 SHUNKOKU MARU 85538/JKZP 6,152G/T 8,873D/W 5,200BHP 14/16.9kt
起工 1960.5.21(昭35) 進水 1960.6.11(昭35) 竣工 1960.8.24(昭35) 春国丸 SHUNKOKU MARU 200tヘビーデリック装備
1960.8(昭35)川崎重工業(株)(神戸)と共有
1968.4(昭43)川崎重工の持分を日本汽船へ売却
1969.10.31(昭44)川崎汽船(株)と日本汽船の共有
1979.11.20(昭54)解体のため韓国へ売却。清水港出航、11.12仁川に到着
春国丸
春国丸 Shunkoku Maru

SNo.987 信濃川丸 (1) SHINANOGAWA MARU (1960)

信濃川丸
信濃川丸 Shinanogawa Maru
85543/JMJM 油槽船 20,540G/T 33,049D/W
起工 1960.5.14(昭35) 進水 1960.6.24(昭35) 竣工 1960.9.28(昭35)
Lpp 190.00 B 26.30 D 14.00 m 主機 D 川崎M.A.N. K12Z78/140C 15,000PS 1基 16.1/17.5kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 Sno.987 川崎汽船株式会社(東京)
信濃川丸 SHINANOGAWA MARU

SNo.999 富久川丸 (1) FUKUKAWA MARU (1960)

富久川丸
富久川丸 Fukukawa Maru

S.Kizu
86005/JFCF 鉱石専用船 13,726G/T 21,772D/W
起工 1960.3.31(昭35) 進水 1960.10.6(昭35) 竣工 1960.12.23(昭35)
Lpp 164.00 B 22.60 D 12.50 m 主機 D 川崎M.A.N. K6Z78/140C 7,500PS 1基 13.7/16.5kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 Sno.999 川崎汽船株式会社(神戸)
富久川丸 FUKUKAWA MARU
1967.2.25(昭42)神戸汽船(株)(神戸)に売却
1970(昭45)Magnolia Line Inc.,Panamaに売却、CRYSTAL PINUSと改名
1975(昭50)New Conquest Line S.A.,Panamaに売却、NEW CONQUESTと改名
1978.10.24(昭53)解体のため売却、台湾の高雄に到着

SNo.1000 千代川丸 CHIYOKAWA MARU (1961)

千代川丸
千代川丸 Chiyokawa Maru

S.Kizu
86668/JKQL 鉱石専用船 13,726G/T 21,728D/W
起工 1960.9.10(昭35) 進水 1961.1.17(昭36) 竣工 1961.3.30(昭36)
Lpp 164.00 B 22.60 D 12.50 m 主機 D 川崎M.A.N. K6Z78/140C 7,500PS 1基 13.7/16.5kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 Sno.1000 川崎汽船株式会社(東京)
千代川丸 CHIYOKAWA MARU
1967.2.25(昭42)神戸汽船(株)(神戸)に売却
1971(昭46)新田汽船(合)(神戸)に売却
1972(昭47)Union Fair Shipping Co.Inc.,Panamaに売却、GRAND APOLLOと改名
1973(昭48)Euterpe Panama S.A.,Panamaに売却
1978(昭53)Union Fair Shipping Co.Inc.,Panamaに売却
1979(昭54)Tan Famco Pte.Ltd.,Singaporeに売却、CEMENT CARRIERと改名
1982.2.13(昭57)香港で繋船
1983.1.8(昭58)解体のため売却、台湾の高雄に到着

SNo.1007 明晴丸 (2) MEISEI MARU (1961)

明晴丸
明晴丸 Meisei Maru
86774/JBNM 漁獲物運搬船 8,477G/T 11,958D/W
起工 1960.9(昭35) 進水 1961.2(昭36) 竣工 1961.4(昭36)
Lpp 142.00 B 19.80 D 12.60 m 主機 D 川崎M.A.N. K6Z70/120C 5,900PS 1基 14/15.1kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 Sno.1007 日魯漁業株式会社(東京)
明晴丸 MEISEI MARU

第三乾栄丸 KENEI MARU No.3 (1961)
87914/JKWN 貨物船 3,791G/T 5,773D/W
起工 1960.10.4(昭35) 進水 1961.3(昭36) 竣工 1961.5.15(昭36)
Lpp 101.90 B 15.40 D 8.20 m 主機 D 川崎M.A.N. G6Z52/90 2,800BHP 1基 13/15.3kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 乾汽船株式会社(神戸)
第三乾栄丸 KENEI MARU No.3
1968.3.15(昭43)乾光海運(株)(神戸)に売却

SNo.1011 ふろりだ丸 (2) FLORIDA MARU (1961)

ふろりだ丸
ふろりだ丸 Florida Maru

S.Kizu
87995/JLXX 貨物船 9,004G/T 12,928D/W
起工 1961.3.1(昭36) 進水 1961.6.30(昭36) 竣工 1961.9.20(昭36)
Lpp 145.14 B 19.40 D 12.20 m 主機 D 川崎M.A.N. K9Z70/120C 9,004PS 1基 16.2/19.7kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 Sno.1011 川崎汽船株式会社(神戸)
ふろりだ丸 FLORIDA MARU 16次
1972.5.1(昭47)川汽不動産(神戸)に売却
1973.2(昭48)Teck Shipping Inc.,Panamaに売却、ANDINOと改名
1977(昭52)Cia.Chilena de Nav.Interoceanica,Chileに売却
1979(昭54)Roderick Shipping Ltd.,Panamaに売却、MAN HINGと改名。同年、Toulon Navigation Co.Ltd.,Cyprusに売却、CHRISTOS ST. ARAPAKISと改名
1981(昭56)イラン・イラク戦争で保険会社により全損と認定。同年、Sailflip Shipping Co.Ltd.,Cyprusに売却、SAILFLIPと改名したが、その状態のまま全損、放棄

SNo.1009 太刀川丸 TACHIKAWA MARU (1961)

太刀川丸
太刀川丸 Tachikawa Maru
88023/JLOO 鉱石専用船 13,617G/T 21,733D/W
起工 1961.3.20(昭36) 進水 1961.8.12(昭36) 竣工 1961.10.31(昭36)
Lpp 164.00 B 22.60 D 12.50 m 主機 D 川崎M.A.N. K6Z78/140C 7,500PS 1基 13.7/16.4kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 Sno.1009 川崎汽船株式会社(東京)
太刀川丸 TACHIKAWA MARU
1966.1.31(昭41)宮地汽船(株)(神戸)に売却
1969(昭44)Bana Navigation Co.Ltd.,Liberiaに売却、BANALUNAと改名
1971.11.12(昭46)Tolosaから戸畑に向け航行中、フィリピン北東(19.20N,127.24E)で連絡を断ち消息不明

SNo.1022 秩父丸 CHICHIBU MARU (1961)
87589/JIVP 冷蔵運搬船 7,420G/T 6,507D/W 起工 1961.6(昭36) 進水 1961.9(昭36) 竣工 1961.11(昭36)
Lpp 122.63 B 18.00 D 11.00 m 主機 D 川崎M.A.N. K6Z60/105C 4,500PS 1基 13.5/16.5kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 Sno.1022 日魯漁業株式会社(東京)
秩父丸 CHICHIBU MARU

昭和丸 SHOWA MARU (1961)
87601/JLZX 油槽船 25,013G/T 40,502D/W 起工 1961.3(昭36) 進水 1961.10(昭36) 竣工 1961.12(昭36)
Lpp 205.00 B 28.20 D 14.30 m 主機 D 川崎M.A.N. K9Z84/160C 16,000PS 1基 16.7/17.3kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 平和汽船株式会社(東京)
昭和丸 SHOWA MARU

SNo.1016 てきさす丸 TEXAS MARU (1962)

てきさす丸
てきさす丸 Texas Maru

S.Kizu
89144/JRLN 貨物船 8,998G/T 13,161D/W
起工 1961.10.14(昭36) 進水 1962.2.7(昭37) 竣工 1962.4.19(昭37)
Lpp 145.00 B 19.40 D 12.20 m 主機 D 川崎M.A.N. K9Z70/120C 9,000PS 1基 16.2/19.7kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 Sno.1016 川崎汽船株式会社(神戸)
てきさす丸 TEXAS MARU 17次
1973.2.6(昭48)San Shin Navigation Co.Ltd.,Liberiaに売却、SANSHIN VICTORYと改名
1979(昭54)Union Brothers Marine Corp.S.A.,Panamaに売却、UNION KINGSTONと改名
1983(昭58)Oriental Commercial Establishment,Saudi Arabiaに売却、HENNAと改名
1984(昭59)SAADALLAHと改名
1985.8(昭60)解体のため売却、中国に到着

SNo.1030 千曲川丸 (1) CHIKUMAGAWA MARU (1962)

千曲川丸
千曲川丸 Chikumagawa Maru
91601/JDIX 油槽船 30,252G/T 51,409D/W
起工 1962.3.16(昭37) 進水 1962.8.30(昭37) 竣工 1962.10.15(昭37)
Lpp 209.00 B 31.00 D 15.80 m 主機 T 川崎重工 H-165/175 16,500PS 1基 16.1/17.255kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 Sno.1030 千曲川丸型 川崎汽船株式会社(神戸)
千曲川丸 CHIKUMAGAWA MARU
1972.12.18(昭47)Neptune Kawasaki Tankers Ltd.,Singaporeに売却、NEPTUNE SPICAと改名
1979.1.29(昭54)解体のため売却、呉に到着

SNo.1035 るいじあな丸 LOUISIANA MARU (1962)

るいじあな丸
るいじあな丸 Louisiana Maru
91600/JDHX 貨物船 9,001G/T 13,158D/W
起工 1962.2.8(昭37) 進水 1962.8.4(昭37) 竣工 1962.10.20(昭37)
Lpp 145.00 B 19.40 D 12.20 m 主機 D 川崎M.A.N. K9Z70/120C 9,000PS 1基 16.2/19.7kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 Sno.1035 川崎汽船株式会社(神戸)
るいじあな丸 LOUISIANA MARU 17次
1972.11.30(昭47)川汽不動産(神戸)に売却
1975(昭50)Azalea Shipping Co.Ltd.,Greeceに売却、LAMBROS TSAGLIOTISと 改名
1982(昭57)Middle Seas Shipping Ltd.,Maltaに売却
1983.2.2(昭58)解体のため売却、中国に到着

SNo.1041 大和川丸 YAMATOGAWA MARU (1963)

大和川丸
大和川丸 Yamatogawa Maru
91697/JGRG 油槽船 30,085G/T 51,509D/W
起工 1962.8.20(昭37) 進水 1962.12.27(昭37) 竣工 1963.3.8(昭38)
Lpp 209.00 B 31.00 D 15.80 m 主機 T 川崎重工 H-165/175 16,500PS 1基 16.1/16.566kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 Sno.1041 千曲川丸型 川崎汽船株式会社(東京)
大和川丸 YAMATOGAWA MARU
1976.7.29(昭51)解体のため売却、馬山に到着

SNo.1042 みししっぴ丸 MISSISSIPPI MARU (1963)

みししっぴ丸
みししっぴ丸 Mississippi Maru
93734/JHQA 貨物船 8,903G/T 12,889D/W
起工 1963.5.2(昭38) 進水 1963.8.21(昭38) 竣工 1963.12.18(昭38)
Lpp 145.00 B 19.40 D 12.20 m 主機 D 川崎M.A.N. K8Z70/120C 9,000PS 1基 16.2/19.7kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 Sno.1042 川崎重工業株式会社(神戸)
みししっぴ丸 MISSISSIPPI MARU
1966.1.18(昭41)川崎汽船(株)(東京)に売却
1972.11.30(昭47)川崎不動産(神戸)に売却
1975(昭50)Ace Shipping Corp.,Panamaに売却、PACIFIC ACEと改名
1983.1.16(昭58)解体のため売却、釜山に到着

SNo.1036 あらびあ丸 (2) ARABIA MARU (1964)

あらびあ丸
あらびあ丸 Arabia Maru
94671/JGRS 油槽船 34,215G/T 59,594D/W
起工 1963.3.15(昭38) 進水 1963.11.19(昭38) 竣工 1964.1.27(昭39)
Lpp 223.00 B 33.20 D 16.40 m 主機 D 川崎M.A.N. K9Z84/160C 16,000PS 1基 15.7/16.7kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 Sno.1036 日本油槽船株式会社(東京)
あらびあ丸 ARABIA MARU 18次
1964.4.1(昭39)合併に伴ない昭和海運(株)(東京)に移籍
1974(昭49)Marenomos Armadora S.A.,Liberia に売却、ZEPHYROSと改名
1980.1.7(昭55)解体のため台湾の高雄に到着

SNo.1043 八洲川丸 YASUKAWA MARU (1964)

八洲川丸
八洲川丸 Yasukawa Maru
93805/JCGW 撒積貨物船 32,163G/T 52,258D/W
起工 1963.4.15(昭38) 進水 1964.1.17(昭39) 竣工 1964.3.24(昭39)
Lpp 210.00 B 30.40 D 17.40 m 主機 D 川崎M.A.N. K9Z78/140D 13,500PS 1基 14/16.7kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 Sno.1043 川崎汽船株式会社(東京)
八洲川丸 YASUKAWA MARU 18次
1972.10(昭47)日立造船(因島)で世界最初の砂鉄スラリー運搬船に改造
1980.6.9(昭55)Diamond Glory Shipping Co.Ltd.,Panamaに売却、DIAMOND GLORYと改名
1981(昭56)Flower Valley Maritime S.A.,Panamaに売却
1983.1.27(昭58)解体のため売却、台湾の高雄に到着

天龍川丸型 2隻 TENRYUGAWA MARU Class (1964)

天龍川丸
天龍川丸 Tenryugawa Maru
昭和石油、ゼネラル石油の積荷保証を得て第19次計画造船で2隻建造された69,000重量トン級の大型油槽船。主機はディーゼル。推進器翼はわが国の油槽船では初めて6翼推進器を採用し船体振動の軽減をはかった。
油槽船 Lpp 235.00 B 36.50 D 19.20 m 主機 D 川崎M.A.N. K9Z86/160C 1基
川崎重工業株式会社(神戸)建造 川崎汽船株式会社(神戸)
1. Sno.1048 天龍川丸 TENRYUGAWA MARU 93824/JCOQ 45,623G/T 73,110D/W 19,500PS 15.5/17.9kt
起工 1964.1.30(昭39) 進水 1964.2.27(昭39) 竣工 1964.6.6(昭39) 天龍川丸 TENRYUGAWA MARU 19次
1980.9.27(昭55)解体のため台湾に売却
2. Sno.1051 吉野川丸 YOSHINOGAWA MARU 93855/JDGN 45,667G/T 72,943D/W 19,500HP 15.5/16.6kt
起工 1964.2.29(昭39) 進水 1964.5.14(昭39) 竣工 1964.8.13(昭39) 吉野川丸 YOSHINOGAWA MARU 19次
1976.4.14(昭51)Penny Tankers Inc.,Liberiaに売却、MARY ELLEN CONWAYと改名
1977(昭52)Marianne Tankers Inc.,Liberiaに売却、MARY ELLENと改名
1980.8.9(昭55) Corpus Christi付近で機関故障の後、台風によりMustang Islandで座礁。同月16日に浮揚。一旦全損と認定
1980(昭55)Point Shipping Corp.,U. S. A.に売却、POINT VAILと改名
1982(昭57)Point Vail Corp.,U. S. A.に売却
1984(昭59)COPPER MOUNTAINと改名
1987.8.25(昭62)New OrleansからChittagongに向け航行中、バラストタンクに亀裂が発生。修理のため10月30日 Maltaに到着したが、そのまま同地で繋船
1988.12.9(昭63)荒天のため漂流して船体に損傷
1989.6.20(平1)オ−クションにより Eckhardt Marine G.m.b.H.に売却
1989.10.11(平1)解体のためバングラディシュのChittagong Roadsに到着

SNo.1045 えくあどる丸 ECUADOR MARU (1964)

えくあどる丸
えくあどる丸 Ecuador Maru
93851/JDBK 冷凍貨物船 6,843G/T 5,808D/W
起工 1964.4.24(昭39) 進水 1964.5.26(昭39) 竣工 1964.7.13(昭39)
Lpp 132.00 B 18.50 D 11.40 m 主機 D 川崎M.A.N. K9Z70/120C 10,800PS 1基 20/22.9kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 Sno.1045 川崎汽船株式会社(神戸)
えくあどる丸 ECUADOR MARU
1964.7.13(昭39)旭汽船(株)(神戸)と共有
1972.7.15(昭47)塩山興発(神戸)に売却
1974(昭49)Maritime Co. Overseas Inc.,Liberiaに売却、DAVAOと改名
1983(昭58)Maritime Co. Of The Philippines Inc.,Philippinesに売却
1984.9.14(昭59)解体のため売却、中国のHumenに向けて香港を出航

SNo.1059 てねしい丸 TENNESSEE MARU (1965)

てねしい丸
てねしい丸 Tennessee Maru

1977.5.2 横浜港・大さん橋
手前はMANG YONG BONG(北朝鮮)
97075/JEOT 貨物船 9,057G/T 12,869D/W
起工 1964.12.28(昭39) 進水 1965.2.16(昭40) 竣工 1965.4.20(昭40)
Lpp 145.15 B 19.40 D 12.20 m 主機 D 川崎M.A.N. K9Z70/120C 9,057PS 1基 17.3/20.1kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 Sno.1059 川崎汽船株式会社(神戸)
てねしい丸 TENNESSEE MARU 20次
1978.10.24(昭53)Ross Maritime Carriers Inc.,Panamaに売却、ROSS CAREERと改名
1984.7(昭59)解体のため売却、上海に到着

丁抹丸型 5隻 DENMARK MARU Class (1965 - 1966)

丁抹丸
丁抹丸 Denmark Maru
川崎汽船が同社南西阿航路の輸送力強化のために整備した高速貨物船。載貨容積の増加と船価の低減をはかり、同社の定期船としては初のセミ・アフト船型を採用した。
貨物船 Lpp 140.00 B 21.00 D 12.50 m 主機 D 川崎M.A.N. K8Z70/120C 1基
川崎重工業株式会社(神戸)建造 川崎汽船株式会社(神戸)
1. Sno.1060 丁抹丸 (2) DENMARK MARU 97120/JNOO 8,863G/T 10,614D/W 10,000BHP 17.5/21.4kt
起工 1965.2.18(昭40) 進水 1965.6.15(昭40) 竣工 1965.8.9(昭40) 丁抹丸 DENMARK MARU 20次
1978.6.8(昭53)Aquamarine Maritime S.A.,Panamaに売却、OLIVINEと改名
1986(昭61)Viet Nam Sea Transport & Chartering Co.,Viet Namに売却、SONG SAIGONと改名
1992(平4)Lloyd's Resister 1992-93版に掲載
2. Sno.1068 和蘭丸 (2) HOLLAND MARU 97127/JNPJ 8,866G/T 10,656D/W 10,000BHP 17.5/21.4kt
起工 1965.6.17(昭40) 進水 1965.9.29(昭40) 竣工 1965.12.11(昭40) 和蘭丸 HOLLAND MARU 21次
1978.5.25(昭53)Aquamarine Maritime S. A.(Panama)に売却、AQUAMARINEと改名
1986(昭61)Viet Nam Sea Transport & Chartering Co.(Viet Nam)に売却、TRA BONGと改名
1992(平4)解体
和蘭丸
和蘭丸 Holland Maru

1977.3.25 横浜港
3. Sno.1069 瑞典丸 (2) SWEDEN MARU 97194/JPDF 8,856G/T 10,633D/W 10,000BHP 17.5/21.4kt
起工 1966.1.12(昭41) 進水 1966.3.25(昭41) 竣工 1966.6.6(昭41) 瑞典丸 SWEDEN MARU 21次
1978.3.5(昭53)Thai Mercantile Marine Ltd.(Thailand)に売却、PICHAI SAMUTと改名
1992.2.6(平4)解体のため売却、インドのAlangに到着
瑞典丸
瑞典丸 Sweden Maru

1970.10.18 横浜港 - S.Kizu
4. Sno.1077 諾威丸 (2) NORWAY MARU 99865/JRHD 8,858G/T 10,654D/W 10,000BHP 17.5/21.4kt
起工 1966.4.4(昭41) 進水 1966.7.5(昭41) 竣工 1966.9.10(昭41) 諾威丸 NORWAY MARU 22次
1980.10.20(昭55)Siraman Shipping Ltd.(Malta)に売却、SEAJOYと改名
1981(昭56)Oceanjoy Shipping Ltd.(Malta)に売却、OCEANJOYと改名
1982(昭57)Crespa Shipping Co.ltd.(Cyprus)に売却、OCEANと改名
1984(昭59)SAN NICHOLAS Bと改名。同年11月5日、解体のため売却、台湾の高雄に到着
諾威丸
諾威丸 Norway Maru
5. Sno.1078 白耳義丸 BELGIUM MARU 99866/JRHS 8,858G/T 10,674D/W 10,000BHP 17.5/21.4kt
起工 1966.7.6(昭41) 進水 1966.10.1(昭41) 竣工 1966.12.5(昭41) 白耳義丸 BELGIUM MARU 22次
1978.2.22(昭53)Thai Mercantile Marine Ltd.,Thailandに売却、PIPAT SAMUTと改名
1992.2.6(平4)解体のため売却、インドのAlangに到着

SNo.1062 昭星丸 SHOSEI MARU (1965)

昭星丸
昭星丸 Shosei Maru
昭和海運発足後の新造油槽船の第1船。貨物油荷役遠隔制御、機関室の集中制御等の自動化が図られた。
98295/JHMU 油槽船 36,902G/T 61,453D/W
起工 1965.3.24(昭40) 進水 1965.6.2(昭40) 竣工 1965.9.3(昭40)
Lpp 223.00 B 33.20 D 17.80 m 主機 T 川崎重工2段減速U-160 16,000PS 1基 15.94/16.3kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 Sno.1062 昭和海運株式会社(東京)
昭星丸 SHOSEI MARU 20次
1972.12(昭47)New Generation Carriers Corp.,Liberiaに売却、NEW STARと改名
1978.11.17(昭53)解体のため売却、台湾の高雄に到着

SNo.1061 八重川丸 YAEKAWA MARU (1965)

八重川丸
八重川丸 Yaekawa Maru
97130/JNPR 石炭専用船 23,596G/T 36,156D/W
起工 1965.3.13(昭40) 進水 1965.7.2(昭40) 竣工 1965.9.17(昭40)
Lpp 180.00 B 27.80 D 16.50 m 主機 D 川崎M.A.N. K7Z78/140D 11,500PS 1基 14.9/17.3kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 Sno.1061 川崎汽船株式会社(神戸)
八重川丸 YAEKAWA MARU 20次
1977.3.11(昭52)Alice Suzanne International Inc.,Liberiaに売却、ALICE ACEと改名
1979(昭54)Weddell Maritime Carriers Inc.,Panamaに売却、WEDDELL CARRERと改名
1983.1.12(昭58)解体のため売却、高雄に到着

ていむず丸型 2隻 THAMES MARU Class (1965 - 1966)

ていむず丸
ていむず丸 Thames Maru
英国シェル石油(ていむず丸)とビー・ピー社(くらいど丸)の長期保証を得て建造された73,000重量トン級の大型油槽船で中近東/欧州間の三国間輸送に従事した。19次で建造された天龍川丸型と船体は同型だがバルバス・バウを設けて推進性能を向上させ、主機の改良と相まって主機1気筒を減じることができ、船価、運航経費を大幅に軽減した。
油槽船 Lpp 235.00 B 36.50 D 17.80 m 主機 D 川崎M.A.N. K8Z86/160 1基
川崎重工業株式会社(神戸)建造 川崎汽船株式会社(神戸)
1. Sno.1063 ていむず丸 THAMES MARU 97141/JNWB 42,746G/T 77,541D/W 18,400PS 15.4/16.8kt
起工 1965.6.4(昭40) 進水 1965.8.13(昭40) 竣工 1965.10.30(昭40) ていむず丸 THAMES MARU 21次
1970.11.28(昭45)川崎扇島沖で爆発炎上。清掃作業員4名死亡
1979.5.11(昭54)Diamond River Co. Ltd.,Liberiaに売却、RIVER THAMESと改名
1982.2(昭57)解体のため売却、高雄に到着
2. Sno.1070 くらいど丸 CLYDE MARU 97207/JQTA 45,161G/T 78,648D/W 18,400PS 15.6/16.3kt
起工 1966.4.4(昭41) 進水 1966.5.20(昭41) 竣工 1966.7.30(昭41) くらいど丸 CLYDE MARU 22次
1973.10.22(昭48)Marmercante Armadora S. A. P. A.,Greeceに売却、GLORIOUS COLOCOTRONISと改名
1976(昭51)Iowa Shipping Enterprise Corp.,Liberiaに売却、MOORGATE KINGと改名
1978.6.9(昭53)解体のため売却、高雄に到着
くらいど丸
くらいど丸 Clyde Maru

SNo.1064 五十鈴川丸 (1) ISUZUGAWA MARU (1966)

五十鈴川丸
五十鈴川丸 Isuzugawa Maru
昭和石油の長期積荷保証を得て第21次計画造船で建造された120,000重量トン級の大型油槽船。中東/四日市間に就航した。
97150/JNWO 油槽船 74,433G/T 122,233D/W
起工 1965.5.15(昭40) 進水 1965.11.11(昭40) 竣工 1966.1.22(昭41)
Lpp 260.00 B 42.00 D 24.20 m 主機 D 川崎M.A.N. K10Z93/170E 26,000PS 1基 15.6/17.3kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 Sno.1064 川崎汽船株式会社(神戸)
五十鈴川丸 ISUZUGAWA MARU 21次
1977.2.28(昭52)Nocos Tankers Ins.,Panamaに売却、MOBIL ALADDINと改名
1980(昭55)Avlonas Maritime Co. Ltd.,Greeceに売却、KYRICOS Eと改名
1982.2(昭57)解体のため売却、高雄に到着

まあがれっと丸型 2隻 MARGARET MARU Class (1966)

まあがれっと丸
まあがれっと丸 Margaret Maru
鉱石専用船 Lpp 175.00 B 27.50 D 13.30 m 主機 D 川崎M.A.N. K7Z70/120C 1基
川崎重工業株式会社(神戸)建造 川崎汽船株式会社(神戸)
1. Sno.1075 まあがれっと丸 MARGARET MARU 97162/JNZU 19,552G/T 28,552D/W 8,750PS 14.2/16.045kt
起工 1965.9.16(昭40) 進水 1965.12.8(昭40) 竣工 1966.2.10(昭41) まあがれっと丸 MARGARET MARU 21次
1977(昭52)川汽不動産(神戸)に売却
1978.8.19(昭53)川崎重工業(神戸)で自動車専用船に改造。23,391G/T、搭載台数 1,855台
1981(昭56)川汽企業(神戸)に売却
1982.12.28(昭57)解体のため売却、神戸を出発
2. Sno.1076 じえらるとん丸 GERALDTON MARU 97216/JQWY 19,505G/T 28,776D/W 8,750PS 14.5/16.1kt
起工 1966.2.21(昭41) 進水 1966.6.3(昭41) 竣工 1966.8.1(昭41) じえらるとん丸 GERALDTON MARU 21次
1979.4.17(昭54)Dabaibe Orient Shipping Co.S.A.,Liberiaに売却、ORIENT TREASURYと改名
1979(昭54)Orient Success Shipping Co.S.A.,Liberiaに売却
1982.1.12(昭57)Uddevallaに向けてMasinlokを出航後、2月9日、Port Saidを通過後消息不明となった

SNo.1083 和泉川丸 IZUMIGAWA MARU (1967)

和泉川丸
和泉川丸 Izumigawa Maru
ゼネラル石油向けに第22次計画造船で建造された120,000重量トン級の大型油槽船。21次で建造された五十鈴川丸とほぼ同型。
99897/JRLU 油槽船 71,576G/T 118,823D/W
起工 1966.7.20(昭41) 進水 1966.11.1(昭41) 竣工 1967.1.14(昭42)
Lpp 260.00 B 42.00 D 23.30 m 主機 D 川崎M.A.N. K9Z93/170E 24,750PS 1基 15.6/17.4kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 Sno.1083 川崎汽船株式会社(神戸)
和泉川丸 IZUMIGAWA MARU 22次
1976.12.21(昭51)Mobil Overseas Shipping Co.,Liberiaに売却、MOVIL LIGHTと改名
1982.3(昭57)解体のため売却、高雄に到着

佛蘭西丸型 4隻 FRANCE MARU Class (1967 - 1968)

佛蘭西丸
佛蘭西丸 France Maru
川崎汽船が同社ニューヨーク航路用に4隻計画した高速貨物船。船型はセミ・アフト船型を採用。荷役効率向上のため船側艙口を設け、また20'コンテナの積載を可能とした。佛蘭西丸は昭和43年(1968)にマースクラインと共同で開始された欧州航路の就航第1船となった。
貨物船 Lpp 156.00 B 22.60 D 13.30 m 主機 D 川崎M.A.N. K8Z78/140E 1基
川崎重工業株式会社(神戸)建造 川崎汽船株式会社(神戸)
1. Sno.1088 佛蘭西丸 (2) FRANCE MARU 99927/JRZR 11,042G/T 13,972D/W 13,200PS 19.8/22.8kt
起工 1966.12.24(昭41) 進水 1967.2.10(昭42) 竣工 1967.4.6(昭42) 佛蘭西丸 FRANCE MARU 22次
1983.2.9(昭58)Pacific International Lines Ltd.(Singapore)に売却、KOTA SEGARと改名
1990.2.5(平2)解体のため売却、インドのAlangに到着
2. Sno.1089 伊太利丸 (2) ITALY MARU 99923/JIGX 10,778G/T 13,891D/W 13,200BHP 19.6/22.8kt
起工 1967.1.17(昭42) 進水 1967.6.10(昭42) 竣工 1967.8.7(昭42) 伊太利丸 ITALY MARU 22次
1982.5.12(昭57)Union Presidents Marine Corp.(Panama)に売却、UNION VICTORIAと改名
1983(昭58)Graphic Steamship Inc.(Panama)に売却。同年、同年Char An Marine S. A.,Panamaに売却、FOSNESと改名。同年、C. C. ORIENTと改名
1984(昭59)Tripos Line Inc.,Panamaに売却
1984.12.12(昭59)解体のため売却、中国のShajiaoに向け香港を出航
伊太利丸
伊太利丸 Italy Maru

1979 横浜港 - S.Kizu
3. Sno.1095 すぺいん丸 (2) SPAIN MARU 101885/JIYP 10,787G/T 14,155D/W 13,200PS 19/23kt
起工 1967.4.24(昭42) 進水 1967.9.7(昭42) 竣工 1967.11.6(昭42) すぺいん丸 SPAIN MARU 23次
1983.2.18(昭58)Pacific Internatinal Lines Ltd.,(Singapore)に売却、KOTA SALAMと改名
1990.5.19(平2)解体のため売却、インドのAlangに到着
すぺいん丸
すぺいん丸 Spain Maru
4. Sno.1096 ぽるとがる丸 PORTUGAL MARU 101907/JJDJ 10,786G/T 13,200PS 19/22.9kt
起工 1967.7.10(昭42) 進水 1967.12.1(昭42) 竣工 1968.2.5(昭43) ぽるとがる丸 PORTUGAL MARU 23次
1982.4.26(昭57)Union Presidents Marine Corp.,Panamaに売却、UNION BAHAMAと改名。同年、Kenyon Maritime S. A.,Panamaに売却
1983(昭58)MERKENESと改名。同年、Largish Shipping S. A.,Panamaに売却、C. C. RED SEAと改名
1984.6.8(昭59)解体のため売却、台湾の高雄に到着

SNo.1091 三重川丸 MIEKAWA MARU (1967)

三重川丸
三重川丸 Miekawa Maru
99928/JIFL 石炭専用船 28,528G/T 43,796D/W
起工 1966.12.5(昭41) 進水 1967.2.27(昭42) 竣工 1967.5.9(昭42)
Lpp 180.00 B 29.50 D 18.00 m 主機 D 川崎M.A.N. K8Z78/140E 13,200PS 1基 14.7/17kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 Sno.1091 川崎汽船株式会社(神戸)
三重川丸 MIEKAWA MARU 22次
1982.6.1(昭57)Eastseas Shipping Ltd.,Maltaに売却、SEA LUCKと改名
1986.12(昭61)解体のため売却、タイに到着

SNo.1082 八洲山丸 YASHIMASAN MARU (1967)

八洲山丸
八洲山丸 Yashimasan Maru
99526/JLTO 鉱石専用船 43,995G/T 71,969D/W
起工 1966.11.22(昭41) 進水 1967.4.11(昭42) 竣工 1967.6.21(昭42)
Lpp 231.00 B 36.00 D 18.50 m 主機 D 川崎M.A.N. K8Z86 15,640/18,400PS 1基 15.95/17.795kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 Sno.1082 大阪商船三井船舶株式会社(東京)
八洲山丸 YASHIMASAN MARU 22次
1978.4.25(昭53)解体のためLien Hung Steel Enterprise Co. Ltd.,Taiwanに売却、同年、台湾の高雄で解体

SNo.1094 星邦丸 SEIHO MARU (1967)

星邦丸
星邦丸 Seiho Maru
東京タンカー向けに第23次計画造船で飯野海運と共有で建造された100,000重量トン級の大型油槽船。
100972/JPBC 油槽船 64,646G/T 106,814D/W
起工 1967.3.31(昭42) 進水 1967.6.24(昭42) 竣工 1967.9.5(昭42)
Lpp 244.00 B 40.80 D 23.00 m 主機 D 川崎M.A.N. K9Z93/170 24,750PS 1基 16.1/17.4kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 Sno.1094 川崎汽船株式会社(神戸)
星邦丸 SEIHO MARU 23次
1967(昭42)飯野海運(株)(東京)と共有
1979.10.15(昭54)Trade Oil Co. S. A.,Greeceに売却、TRADE STARと改名
1985.2.15(昭60)解体のため売却、中国に到着

SNo.1092 八雲川丸 YAKUMOGAWA MARU (1967)
101886/JJAK 鉱石/撒積兼用船 37,509G/T 64,880D/W
起工 1967.4.24(昭42) 進水 1967.8.25(昭42) 竣工 1967.10.25(昭42)
Lpp 220.00 B 32.20 D 18.50 m 主機 D K7Z86/160E 16,100BHP 1基 14.7/17.2kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 Sno.1092 川崎汽船株式会社(神戸)
八雲川丸 YAKUMOGAWA MARU 23次
1983.6.21(昭58)Shipyear Navigation Ltd.,Cyprusに売却、SEA QUEENと改名
1986.7.17(昭61)解体のため売却、大連に向け香港を出航

SNo.1097 こすたりか丸 COSTARICA MARU (1968)

こすたりか丸
こすたりか丸 Costarica Maru
101952/JJSJ 冷凍貨物船 5,591G/T 6,436D/W
起工 1967.11.20(昭42) 進水 1968.3.30(昭43) 竣工 1968.6.22(昭43)
Lpp 132.00 B 18.50 D 11.40 m 主機 D 川崎M.A.N. K9Z70/120E 12,600PS 1基 19.03/23.35kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 Sno.1097 神戸汽船株式会社(神戸)
こすたりか丸 COSTARICA MARU 船客 2

SNo.1093 たすまん丸 TASMAN MARU (1968)
102125/JLKK 貨物船 56,809G/T 95,926D/W
起工 1967.11.16(昭42) 進水 1968.5.31(昭43) 竣工 1968.8.12(昭43)
Lpp 244.00 B 38.94 D 20.90 m 主機 D 20,700BHP 15/16.49kt
川崎重工業株式会社(神戸)建造 Sno.1093 大阪商船三井船舶株式会社(東京)
たすまん丸 TASMAN MARU 23次
1968.8.12(昭43)日本海汽船(株)(東京)と共有
1978.10.25(昭53)Sanzo Enterprise (Panama)S.A.,Panamaに売却、DAEYANG AMITYと改名
1979(昭54)Daeyang Shipping Corp. Ltd.,South Koreaに移籍
1983(昭58)解体のため売却、朝鮮のBusanで解体

ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.11