船歴 本邦建造船31 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

三菱重工業株式会社広島造船所

久川丸型 7隻 HISAKAWA MARU Class (1944 - 1945)

久川丸
久川丸 Hisakawa Maru
貨物船 Lpp 128.00 B 18.20 D 11.10 m 主機 T 1基 2AT型
Sno.1 久川丸 HISAKAWA MARU 50946/JMGV 6,886G/T 2,000SHP 10/13kt
起工 1943.12.22(昭18) 進水 1944.6.20(昭19) 竣工 1944.9.10(昭19)
三菱重工業株式会社広島造船所(広島)建造 川崎汽船株式会社(神戸)
久川丸 HISAKAWA MARU
1945.1.9(昭20)陸軍徴傭船として行動中、台湾西岸の安平沖(23.30N,120.05E)で空爆により沈没
Sno.2 永暦丸 EIRYAKU MARU 50958→65523/JBKK 6,890G/T 2,000SHP 10kt
起工 1943.12.22(昭18) 進水 1944.9.1(昭19) 竣工 1944.10.31(昭19)
三菱重工業株式会社広島造船所(広島)建造 日本郵船株式会社(東京)
永暦丸 EIRYAKU MARU
1945.7.14(昭20)函館船渠(室蘭)で修理中に空爆を受けて大破、水没
1947.6.26(昭22)日本サルヴェージ(東京)によって浮揚
1948.9.1(昭23)日本近海汽船(株)(神戸)に売却
1950.7.29(昭25)日本汽船(株)(神戸)に移籍
1950.9(昭25)函館船渠(株)函館造船所(函館)でA.B.船級取得改造工事
1962.11.29(昭37)解体
永暦丸
永暦丸 Eiryaku Maru

改造後の姿
Sno.4 明秀丸 MEISHU MARU 53255/JMNV 6,895G/T
起工 1944.6.24(昭19) 進水 1944.11.14(昭19) 竣工 1944.12.29(昭19)
三菱重工業株式会社広島造船所(広島)建造 明治海運株式会社(神戸)
明秀丸 MEISHU MARU
1945.8.23(昭20)六連灯台沖で触雷により沈没
Sno.4 照山丸 SHOZAN MARU 64857/JBWK 6,980G/T 2,400SHP
起工 1944.9.3(昭19) 進水 1944.12.22(昭19) 竣工 1945.2.20(昭20)
三菱重工業株式会社広島造船所(広島)建造 宮地汽船株式会社(神戸)
照山丸 SHOZAN MARU
1945.5.26(昭20)徳山沖で触雷、沈没
1948.10(昭23)浮揚に成功
1949(昭24)笠戸船渠(株)(下松)でA.B.船級取得、三島型改造工事
1959.7(昭34)主機を換装
1964.4.15(昭39)Sigma SG Co. Ltd.,Hong Kongに売却、ORIENTALと改名
1964.9.24(昭39)鹿児島県加世田市小湊沖(31.24N,130.13E)で台風のため座礁。翌日、船体が分断、沈没
照山丸
照山丸 Shozan Maru

改造後の姿
Sno.5 辰日丸 TATSUHI MARU 53273/JMWV 6,895G/T
起工 1944.11.2(昭19) 進水 1945.2.28(昭20) 竣工 1945.3.30(昭20)
三菱重工業株式会社広島造船所(広島)建造 内外汽船株式会社(神戸)
辰日丸 TATSUHI MARU
1950.7.21(昭25)日立造船(因島)でA.B.船級取得、三島型改造工事完工
1961.10.10(昭36)解体
辰日丸
辰日丸 Tatsuhi Maru

改造後の姿
Sno.6 襟裳丸 ERIMO MARU 53294/JTAL 6,891G/T 2,000HP 10kt
起工 1944.11.17(昭19) 進水 1945.4.23(昭20) 竣工 1945.5.20(昭20)
三菱重工業株式会社広島造船所(広島)建造 日本郵船株式会社(東京)
襟裳丸 ERIMO MARU
1945.8.9(昭20)朝鮮羅津港(42.00N,129.50E)で停泊中に空爆により大破、翌日船体放棄。戦後ソ連に接収されたが詳細不明
Sno.7 惠山丸 ESAN MARU 53305/JVHL→JGWB 6,891G/T 10,716D/W 2,000SHP 8.5/10kt
起工 1944.12.30(昭19) 進水 1945.6.3(昭20) 竣工 1945.7.14(昭20)
三菱重工業株式会社広島造船所(広島)建造 日本郵船株式会社(東京)
惠山丸 ESAN MARU SCAJAP No.E020
1951.6.16(昭26)八馬汽船(株)(西宮)に売却
1951.8.31(昭26)中日本重工(神戸)でB.V.船級取得工事完工
1952.5.12(昭27)初瀬台沖で座礁
1961.5.4(昭36)尾道の松永湾に係船
1962.9.6(昭37)第17次計画造船宝瑞丸の新造見返りとして日本郵船(東京)に売却後、常石で解体
惠山丸
惠山丸 Esan Maru

太平洋戦争後の姿

第二大雲丸型 2隻 DAIUN MARU No.2 Class (1946 - 1948)

第二大雲丸
第二大雲丸 Daiun Maru No.2
貨物船 Lpp 98.00 B 14.30 D 7.50 m 主機 T 1基 3D型
Sno.13 第二大雲丸 DAIUN MARU No.2 57852/JADM 2,851G/T 4,429D/W 2,500SHP 11/13.5kt
起工 1945.5.10(昭20) 進水 1946.5.22(昭21) 竣工 1946.6.25(昭21)
三菱重工業株式会社広島造船所(広島)建造 大阪商船株式会社(大阪)
第二大雲丸 DAIUN MARU No.2
1956.10.25(昭31)第一汽船(株)(神戸)に売却、大雲丸 DAIUN MARU と改名
1957(昭32)徳島汽船(株)(神戸)に売却、主機をD 1基(1,850BHP)に換装、速力10/12.0kt
1963(昭38)第一船舶(株)(東京)に売却
1964.3(昭39)解体
Sno.14 千早丸 CHIHAYA MARU 61928/JFUM 2,851G/T 4,444D/W 10.5/11kt
起工 1945.11.15(昭20) 進水 1948.2.14(昭23) 竣工 1948.5.31(昭23)
三菱重工業株式会社広島造船所(広島)建造 大阪商船株式会社(大阪)
千早丸 CHIHAYA MARU
1947.7.10(昭22)工事再開
1950.4.15(昭25)国内航路・留萌阪神線に就航
1951.7(昭26)B.V.船級取得工事が完工
1956.10.19(昭31)池田商事(株)(大阪)に売却
1962.2(昭37)解体
千早丸
千早丸 Chihaya Maru

舞子丸型 3隻 MAIKO MARU Class (1948)

舞子丸
舞子丸 Maiko Maru
貨客船 Lpp 60.00 B 9.80 D 4.80 m 三菱重工業株式会社広島造船所(広島)建造
Sno.17 舞子丸 MAIKO MARU 61138/JBOI 1,035G/T 283D/W
主機 D 三菱横浜 Y6Z37/55V 1,125PS 12.5/14.005kt
起工 1946.12.28(昭21) 進水 1947.5.20(昭22) 竣工 1948.3.20(昭23) 日本郵船株式会社(東京)
舞子丸 MAIKO MARU SCAJAP No.M109
1948.3.30(昭23)国内定期航路・大阪高浜線に就航
1954.10.7(昭29)関西汽船(株)(大阪)に売却
1964(昭39)ふたば丸 FUTABA MARU と改名
1975.4(昭50)解体
Sno.18 平和丸 HEIWA MARU 60536/JQZA 925G/T 290D/W
主機 D 阪神鐵工所 850BHP 1基 12/13.5kt
起工 1947.2.25(昭22) 進水 1947.9.15(昭22) 竣工 1948.2.20(昭23) 関西汽船株式会社(大阪)
平和丸 HEIWA MARU 船客 1等)44 2等)40 3等)117 SCAJAP No.H094 阪神/甲浦/高知、今治/門司、阪神/小松島
1960(昭35)主機をD 神戸発動機/三菱長崎 6UET39/65 2000 BHPに換装、速力 14/15.9 kt
1966(昭41)改装、985G/T
1971.4.1(昭46)大阪高知フェリー(高知)へ航路権移譲に伴ない売却、阪神/甲浦/高知航路に就航
1971.12.10(昭46)小豆島の内海湾で繋船
1973.2.5(昭48)繋船地を尾道市百島沖に変更
1974.9.26(昭49)多度津の解体業者に売却、解体
平和丸
平和丸 Heiwa Maru
Sno.19 太平丸 TAIHEI MARU 60552/JRGY 937G/T
主機 D 850BHP 1基 12/13.1kt
起工 1947.3.25(昭22) 進水 1947.12.1(昭22) 竣工 1948.5.20(昭23) 関西汽船株式会社(大阪)
太平丸 TAIHEI MARU SCAJAP No.T258 船客 1等)44 2等)152 3等)348
1950.9.3(昭25)台風28号(ジェーン台風)のため大阪港で沈没後に浮揚、修理
1960(昭35)主機をD 2,000 BHPに換装、速力 14 /15.4 kt
1961(昭36)改装 965G/Tに変更
1971.3.21(昭46)今治/松山/小倉航路に就航
1973.8.22(昭48)最終航海、繋船
1974(昭49)Philipinas Inter Shipping Co.Inc.,Manila,Philippinesに売却、CITY OF OZAMIZと改名。同年、SANDAREANAと改名
1986(昭61)CITY OF OZAMISと改名
1987Lloyd's Register 1987-1988年版に掲載
太平丸
太平丸 Taihei Maru
阪神/高松/多度津、阪神/小松島航路に就航

右近丸 UKON MARU (1948)
62886→66724/JQMX→JJCT 貨物船 498G/T 進水 1948.10(昭23) 竣工 1948.12.10(昭23)
Lpp 49.78 B 8.50 D 3.60 m 主機 R 3連成 450IHP 8.75kt
三菱重工業株式会社広島造船所(広島)建造 日本製鐵株式会社(東京)
右近丸 UKON MARU SCAJAP No.U042
1950.4.1(昭25)日鐵汽船(株)(東京)の設立に伴い移籍
1950.11.12(昭25)備讃瀬戸で照国海運(東京)の第八照国丸と衝突、沈没
1953(昭28)神田海運(株)(呉)に売却、神栄丸 JINEI MARU と改名
1965(昭40)花房汽船(株)(広島)に売却
1967(昭42)船名録より削除

七福丸 SHICHIFUKU MARU (1949)
64542/JEQM 冷蔵運搬船 2,028G/T 2,735D/W 起工 1948.6(昭23) 進水 1948.11(昭23) 竣工 1949.2(昭24)
Lpp 85.00 B 12.50 D 6.50 m 主機 D 新潟鉄工 M8F43CS 2,000BHP 1基 12.5/14.2kt
三菱重工業株式会社広島造船所(広島)建造 藤山海運株式会社(小樽)
七福丸 SHICHIFUKU MARU 2次KD

SNo.21 第十五日の丸 HINO MARU No.15 (1949)

第十五日の丸
第十五日の丸 Hino Maru No.15
62235/JCEM 貨物船 2,843G/T 4,227D/W
起工 1948.6.21(昭23) 進水 1949.2.18(昭24) 竣工 1949.4.25(昭24)
Lpp 93.00 B 13.70 D 7.60 m 主機 T 三菱長崎 1,600SHP 1基 13.957kt
三菱重工業株式会社広島造船所(広島)建造 Sno.21 日の丸汽船株式会社(神戸)
第十五日の丸 HINO MARU No.15 2次 SCAJAP No.H127
1956(昭31)同和海運(株)(東京)に売却、雄邦丸 YUHO MARU と改名(売却時期不詳)
1962.5.24(昭37)解体

第一雲海丸型 1隻 UNKAI MARU No.1 Class (1949)

第一雲海丸
第一雲海丸 Unkai Maru No.1
貨物船 Lpp 87.00 B 13.20 D 7.40 m 主機 T 2段減速 1基
第一雲海丸 UNKAI MARU No.1 64867/JDPG 2,444G/T 3,746D/W 1,750PS 10/11kt
起工 1949.2(昭24) 進水 1949.6(昭24) 竣工 1949.8(昭24)
三菱重工業株式会社広島造船所(広島)建造 中村汽船株式会社(神戸)
第一雲海丸 UNKAI MARU No.1 4次KD SCAJAP No.U045
Sno.105 豊浦丸 TOYOURA MARU 68432/JIVN 2,356G/T 3,772D/W 1,600SHP 10.5/12.3kt
起工 1951.9(昭26) 進水 1952.1(昭27) 竣工 1952.3(昭27)
西日本重工業株式会社広島造船所(広島)建造 三菱海運株式会社(東京)
豊浦丸 TOYOURA MARU SCAJAP No.T135
1964(昭39)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1967.3.20(昭42)河本嘉久蔵(神戸)に売却
1969(昭44)山陽船舶(株)(神戸)に売却、伊吹山丸 IBUKISAN MARU と改名
1971(昭46)Diamonto Cia. Nav. S.a.,Panamaに売却、MANDOULAと改名
1980(昭55)Abidjan(象牙海岸)で解体
豊浦丸
豊浦丸 Toyoura Maru
Sno.107 松浦丸 MATSUURA MARU 69449/JAVU 2,372G/T 3,727D/W 1,600SHP 10.5/12.2kt
起工 1952.7(昭27) 進水 1952.9(昭27) 竣工 1952.10(昭27)
三菱造船株式会社広島造船所(広島)建造 三菱海運株式会社(東京)
松浦丸 MATSUURA MARU SCAJAP No.M013
1959.10(昭34)主機をD 横浜M.A.N. G8V30/40AL 1,200BHPに換装
1964(昭39)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1969(昭44)松庫海事(株)(東京)に売却、以後不詳
1971(昭46)昭和46年版船名録より削除
松浦丸
松浦丸 Matsuura Maru

SNo.23 安芸浦丸 AKIURA MARU (1950)

安芸浦丸
安芸浦丸 Akiura Maru
65570/JIPW 貨物船 3,761G/T 5,280D/W
起工 1949.2.21(昭24) 進水 1949.9.20(昭24) 竣工 1950.1.12(昭25)
Lpp 103.00 B 15.40 D 8.30 m 主機 T 2,600SHP 1基 11.2/14.5kt
西日本重工業株式会社広島造船所(広島)建造 Sno.23 三菱海運株式会社(東京)
安芸浦丸 AKIURA MARU 4次KC SCAJAP No.A086
1952.7(昭27)三菱広島で油焚改装
1952.7.14(昭27)三菱広島で改装完工
1960(昭60)主機をD 伊藤鉄工所M478HS13 2800PSに換装
1964(昭39)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1967.7.27(昭42)永和海運(株)(大阪)に売却
1969(昭44)Golden Light Ocean Transport Ltd.,Somaliaに売却、GOLDEN LIGHTと改名
1971(昭46)Golden Light Transport Ltd.,Panamaに移籍
1972(昭47)Michaelson Lines S.A.,Panamaに売却、MICHAELSON JADEと改名
1973.5(昭48)Leung Yau Shipbreaking Co., Ltd., Hong Kongで解体
1974(昭49)Lloyd’s Resister 1974-75年版より削除

西日本重工業株式会社広島造船所

たるしま丸型 4隻 TARUSHIMA MARU Class (1950 - 1951)
貨物船 Lpp 114.00 B 16.20 D 9.00 m 主機 T 1基
西日本重工業株式会社広島造船所(広島)建造
Sno.25 たるしま丸 (2) TARUSHIMA MARU 65495/JNTE 4,818G/T 6,936D/W 2,600SHP 15.385kt
起工 1950.3.11(昭25) 進水 1950.7.29(昭25) 竣工 1950.9.30(昭25) 濱根汽船株式会社(神戸)
たるしま丸 TARUSHIMA MARU 5次 SCAJAP No.T315
1960.3(昭35)主機をD 三菱広島Sulzer6SD60 3,000BHPに換装
1962(昭37)八千代汽船(株)(神戸)の所有
Sno.26 清光丸 SEIKO MARU 66741/JEKM 4,726G/T 6,969D/W 2,600SHP 12.2/15kt
起工 1950.3.7(昭25) 進水 1950.10.29(昭25) 竣工 1950.11.27(昭25) 甲南汽船株式会社(神戸)
清光丸 SEIKO MARU 5次 SCAJAP No.275
1959(昭34)主機をD 三菱広島Sulzer 6SD60 3,000BHPに換装
清光丸
清光丸 Seiko Maru
Sno.100 阿波丸 AWA MARU 66911/JPMY 4,786G/T 7,148D/W 2,600SHP 13/16kt
起工 1950.12.27(昭25) 進水 1951.4.26(昭26) 竣工 1951.7.16(昭26) 阿波國共同汽船株式会社(徳島)
阿波丸 AWA MARU 6次 SCAJAP No.A099
1961.7(昭36)主機をD 神戸発動機 6UEC 52/105 3,800BHPに換装
阿波丸
阿波丸 Awa Maru
Sno.103 中榮丸 CHUYEI MARU 65965/JPGJ 4,791G/T 7,293D/W 2,600SHP 12/12.5kt
起工 1951.5.21(昭26) 進水 1951.7.25(昭26) 竣工 1951.9.28(昭26) 中央汽船株式会社(大阪)
中榮丸 CHUYEI MARU 7次前 SCAJAP No.C056
1959.10(昭34)主機をD 浦賀Sulzer 3,300PSに換装
1960.10.1(昭35)合併に伴い第一中央汽船(株)汽船(東京)に移籍
1970.8.26(昭45)Priamos Cia. Nav. S. A.(Greece)に売却、PRIAMOSと改名
1977(昭52)ANNA Dと改名
1978(昭53)St. ANNA XIIと改名。同年、Inter Global Shipping Ltd.(Cyprus)に売却、ANNA Xと改名
1978.7(昭53)黒海からアンゴラのルアンダに向け航行中、機関室に浸水。のちラスパルマスに到着、債務未払いのため差し押さえ
1979.10.1(昭54)解体のためスペインへ売却
中榮丸
中榮丸 Chuyei Maru

朝霧山丸型 3隻 ASAKIRISAN MARU Class (1951 - 1952)

朝霧山丸
朝霧山丸 Asakirisan Maru
貨物船 Lpp 130.00 B 18.20 D 10.00 m
Sno.27 朝霧山丸 ASAKIRISAN MARU 67119/JFIS 6,713G/T 9,375D/W
主機 D 三菱7MS72/125 5,000BHP 1基 14.5/16.386kt
起工 1950.2.16(昭25) 進水 1950.12.12(昭25) 竣工 1951.3.24(昭26)
西日本重工業株式会社広島造船所(広島)建造 中村汽船株式会社(神戸)
朝霧山丸 ASAKIRISAN MARU 5次 SCAJAP No.A096
1952.6(昭27)三井船舶のシアトル・バンクーバー航路に就航
Sno.104 東照丸 TOSHO MARU 67891/JPGK 6,813G/T 9,780D/W
主機 D 4,700BHP 1基 16.5kt
起工 1951.5.21(昭26) 進水 1951.11.18(昭26) 竣工 1952.2.5(昭27)
西日本重工業株式会社広島造船所(広島)建造 東邦海運株式会社(東京)
東照丸 TOSHO MARU 7次前 SCAJAP No.T329
1962.2.15(昭37)合併に伴い新和海運(株)(東京)に移籍
1972.1.26(昭47)Societe Navale Chargeurs Delmas-Vieljieux(Paris)に売却、TACHIBANAと改名
1973.3.24(昭48)Nouadhibouで係船中、機関室から出火。浅瀬に擱座し全損。同年Swan Steamship Co.S.A.,Panamaに売却
1974.2.20(昭49)台湾の解体業者へ売却、高雄へ到着
東照丸
東照丸 Tosho Maru
Sno.106 八幡丸 YAWATA MARU 68761/JADF 6,876G/T 10,095D/W
主機 T 5,000PS 1基 14.3/16.5kt
起工 1951.12.25(昭26) 進水 1952.5.7(昭27) 竣工 1952.8.14(昭27)
西日本重工業株式会社広島造船所(広島)建造 日鐵汽船株式会社(東京)
八幡丸 YAWATA MARU 7次後
1962.2.15(昭37)合併に伴い新和海運(株)(東京)に移籍
1962.3(昭37)雄進丸 YUSHIN MARU と改名(月日不詳)
1964.1(昭39)フイリッピンで座礁事故
1966.10.31(昭41)同和海運(株)(東京)に売却、雄新丸 YUSHIN MARU と改名
1968(昭43)Evergreen Marine Corp.S.A.(Panama)に売却、CENTRAL TRUSTと改名
1974Lloyd's Register 1974-1975年版から削除
八幡丸
八幡丸 Yawata Maru
Sno.108 広啓丸 KOKEI MARU 69819/JASF 6,902G/T 9,967D/W
主機 T 5,000SHP 1基 14.2/17.2kt
起工 1952.7.12(昭27) 進水 1952.10.18(昭27) 竣工 1953.2.27(昭28)
三菱造船株式会社広島造船所(広島)建造 廣海汽船株式会社(大阪)
広啓丸 KOKEI MARU 8次
広啓丸
広啓丸 Kokei Maru
Sno.110 栄山丸 EIZAN MARU 69803/JJBH 6,837G/T 10,112D/W
主機 T 2段減速 三菱広島 5,000PS 1基 16.903kt
起工 1952.8.1(昭27) 進水 1953.1.18(昭28) 竣工 1953.4.15(昭28)
三菱造船株式会社広島造船所(広島)建造 日の丸汽船株式会社(東京)
栄山丸 EIZAN MARU 8次
1964.4.1(昭39)合併に伴い昭和郵船(株)(東京)に移籍
1967.3(昭42)東京船舶(株)(東京)に売却
1969.8(昭44)Denebola Nav. Corp.,Greeceに売却、SEMIRAと改名
1972.11.28(昭47)トルコの解体業者へ売却、イスタンブールへ向けPiraeusを出航
栄山丸
栄山丸 Eizan Maru

SNo.101 こしき PM16 (1) KOSHIKI (1951)
巡視船 387G/T 起工 1950.12.16(昭25) 進水 1951.7.7(昭26) 竣工 1951.8.31(昭26)
Lpp 47.50 B 8.10 D 4.50 m 主機 D 650BHP 2基 13.5/14.6kt
西日本重工業株式会社広島造船所(広島)建造 Sno.101 れぶん PM04型 運輸省海上保安庁(東京)
こしき PM16 KOSHIKI

SNo.102 ひらど PM17 (1) HIRADO (1951)
巡視船 387G/T 起工 1950.12.16(昭25) 進水 1951.7.7(昭26) 竣工 1951.9.4(昭26)
Lpp 47.50 B 8.10 D 4.50 m 主機 D 650BHP 2基 13.5/14.6kt
西日本重工業株式会社広島造船所(広島)建造 Sno.102 れぶん PM04型 運輸省海上保安庁(東京)
ひらど PM17 HIRADO

三菱造船株式会社広島造船所

SNo.117 まにら丸 MANILA MARU (1954)

まにら丸
まにら丸 Manila Maru
東邦海運から建造中に取得。Aクラス船として扱われた。
71802/JEOM 貨物船 9,231G/T 12,746D/W
起工 1953.10.22(昭28) 進水 1954.4.17(昭29) 竣工 1954.7.11(昭29)
Lpp 142.00 B 19.20 D 12.50 m 主機 T 8,500SHP 1基 16/19.438kt
三菱造船株式会社広島造船所(広島)建造 Sno.117 東邦海運株式会社(東京)
まにら丸 MANILA MARU 9次後
1954.7.10(昭29)建造中に日本郵船(株)(東京)に売却
1972.8.5(昭47)Great Fortune Nav. Co. S. A.(Panama)に売却、GREAT TRADERと改名
1974(昭49)台湾の高雄で解体

SNo.116 るそん丸 LUZON MARU (1954)

るそん丸
るそん丸 Luzon Maru
72441/JESO 糖蜜運搬船 4,129G/T 起工 1953.11.20(昭28) 進水 1954.6.21(昭29) 竣工 1954.8.31(昭29)
Lpp 106.00 B 16.20 D 8.00 m 主機 T 2,600SHP 1基 13.252kt
三菱造船株式会社広島造船所(広島)建造 Sno.116 日東商船株式会社(東京)
るそん丸 LUZON MARU
1964.4.1(昭39)合併に伴いジャパンライン(株)(東京)に移籍
1968.5.21(昭43)Ii Woo Marine Co. Ltd.(一中海運),South Koreaに売却、MIN WOO No.7と改名
1980(昭55)解体のためShin Heung Development Co.,South Koreaに売却、同年、Busanで解体

SNo.121 広洋丸 KOYO MARU (1955)

広洋丸
広洋丸 Koyo Maru
73421/JHVK 冷凍工船 7,651G/T 8,178D/W 起工 1954.11(昭29) 進水 1955.2(昭30) 竣工 1955.4(昭30)
Lpp 130.30 B 18.20 D 10.00 m 主機 D 三菱神戸Sulzer 7SD72/125 5,000PS 1基 14/14.5kt
三菱造船株式会社広島造船所(広島)建造 Sno.121 大洋漁業株式会社(東京)
広洋丸 KOYO MARU

SNo.H-120 あさか丸 ASAKA MARU (1955)

あさか丸
あさか丸 Asaka Maru
73074/JHQQB 貨物船 7,566G/T 11,225D/W 起工 1954.11(昭29) 進水 1955.5(昭30) 竣工 1955.7(昭30)
Lpp 128.00 B 18.60 D 11.40 m 主機 D 三菱長崎7MS 5,250BHP 1基 13.6/16.7kt
三菱造船株式会社広島造船所(広島)建造 Sno.H-120 濱根汽船株式会社(神戸)
あさか丸 ASAKA MARU 10次

SNo.122 あき丸 AKI MARU (1955)

あき丸
あき丸 Aki Maru
72951/JJIE 貨客船 386G/T 起工 1955.4(昭30) 進水 1955.7.24(昭30) 竣工 1955.9(昭30)
Lpp 42.00 B 7.80 D 3.60 m 主機 D 550BHP 1基 11/13.271kt
三菱造船株式会社広島造船所(広島)建造 Sno.122 阿波國共同汽船株式会社(徳島)
あき丸 AKI MARU 大阪/神戸/徳島航路

SNo.133 かれどにあ丸 CALEDONIA MARU (1957)

かれどにあ丸
かれどにあ丸 Caledonia Maru
76224/JDRO 貨物船 7,637G/T 11,583D/W
起工 1956.9.17(昭31) 進水 1957.1.30(昭32) 竣工 1957.5.25(昭32)
Lpp 128.00 B 18.60 D 11.40 m 主機 D 6UEC65/125 5,100BHP 1基 13.5/16.44kt
三菱造船株式会社広島造船所(広島)建造 Sno.133 三菱海運株式会社(東京)
かれどにあ丸 CALEDONIA MARU 12次
1964.4.1(昭39)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1972(昭47)Evergreen Line S. A.,Panamaに売却、EVER LUCKYと改名
1979(昭54)台湾の高雄で解体

祥和丸 SHOWA MARU (1957)

祥和丸
祥和丸 Showa Maru
77499/JLGI 油槽船 12,974G/T 20,740D/W
起工 1956.10.24(昭31) 進水 1957.3.29(昭32) 竣工 1957.7.22(昭32)
Lpp 167.00 B 22.00 D 12.20 m 主機 D 三菱UE 6UEC75/150 8,500PS 1基 14.9/15.9kt
三菱造船株式会社広島造船所(広島)建造 太平洋海運株式会社(東京)
祥和丸 SHOWA MARU 12次

SNo.137 おせあにあ丸 OCEANIA MARU (1958)

おせあにあ丸
おせあにあ丸 Oceania Maru
81043/JKCG 貨物船 8,803G/T 11,756D/W
起工 1957.12.24(昭32) 進水 1958.4.21(昭33) 竣工 1958.7.18(昭33)
Lpp 143.00 B 19.40 D 12.20 m 主機 D 三菱UE 6UEC75/150 8,500PS 1基 16.1/19.679kt
三菱造船株式会社広島造船所(広島)建造 Sno.137 三菱海運株式会社(東京)
おせあにあ丸 OCEANIA MARU 13次
1964.4.1(昭39)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1977(昭52)Bali Maritime Carriers Inc., Panamaに売却、BALI CAREERと改名
1979.5.20(昭54)解体のため韓国の釜山に到着

SNo.138 壽山丸 JUZAN MARU (1958)

壽山丸
壽山丸 Juzan Maru
81462/JMHN 貨物船 8,750G/T 13,396D/W
起工 1958.2.18(昭33) 進水 1958.7.5(昭33) 竣工 1958.9.30(昭33)
Lpp 138.00 B 19.20 D 12.00 m 主機 D 三菱長崎7UEC65/125 6,000BHP 1基 14/16.8kt
三菱造船株式会社広島造船所(広島)建造 Sno.138 東邦海運株式会社(東京)
壽山丸 JUZAN MARU 13次
1962.2.15(昭37)合併に伴い新和海運(株)(東京)に移籍
1963.9(昭38)木材運搬船に改造(9,039総トン)
1974.3.9(昭49)Eagle Steamship Co. Ltd.,Somaliに売却、DIAMOND EAGLEと改名
1976(昭51)Orion Steamship Co. S.A.,Panamaに売却、KATORIと改名
1982(昭57)Rose Leaf Nav. Co. S.A.,Panamaに売却、BAMBOO ROOTと改名
1983.1.8(昭58)インドのKarwarから韓国に向け航行中、スリランカの南方(5.28N,80.23E)で浸水のため沈没

SNo.148 邦和丸 HOWA MARU (1959)

邦和丸
邦和丸 Howa Maru
83515/JQOY 鉱石専用船 11,689G/T 18,131D/W
起工 1959.7.8(昭34) 進水 1959.9.30(昭34) 竣工 1959.12.20(昭34)
Lpp 153.00 B 21.40 D 11.90 m 主機 D 三菱重工 7UEC65/125 6,600BHP 1基 13.7/16.2kt
三菱造船株式会社広島造船所(広島)建造 Sno.148 日邦汽船株式会社(東京)
邦和丸 HOWA MARU
1959.12.20(昭34)(株)木下商店(東京)と共有
1964.9(昭39)木下商店の持分を購入し日報汽船の単独保有
1969.6.5(昭44)Central Shipping Co. Ltd., Liberiaに売却、CENTRAL ASIAと改名
1977.7.30(昭52)解体のため売却、Whampoa, Chinaに到着

あなかん丸 ANAKAN MARU (1960)
83196/JFUG 貨物船 4,999G/T 7,561D/W 起工 1959.3(昭34) 進水 1959.8(昭34) 竣工 1960.3(昭35)
Lpp 110.00 B 16.60 D 9.30 m 主機 D 三菱広島Sulzer 6SD60 3,000PS 1基 12/15.9kt
三菱造船株式会社広島造船所(広島)建造 富士木材貿易株式会社(東京)
あなかん丸 ANAKAN MARU

SNo.149 大和丸 YAMATO MARU (1960)

大和丸
大和丸 Yamato Maru
広南汽船が日之出汽船の長期用船を前提として建造した重量物運搬船。わが国で初めて200t、120t各1本のヘビーデリックを装備した。昭和39年(1964)競売に付されて日本郵船が落札。
84350/JHZM 重量物運搬船 7,036G/T 10,011D/W
起工 1959.8(昭34) 進水 1959.11(昭34) 竣工 1960.3.29(昭35)
Lpp 122.90 B 18.40 D 10.80 m 主機 D 三菱UE 6UEC 5,700PS 1基 14.7/16.5kt
三菱造船株式会社広島造船所(広島)建造 Sno.149 広南汽船株式会社(東京)
大和丸 YAMATO MARU
1964.9.22(昭39)日本郵船(株)(東京)に売却、若戸丸 WAKATO MARU と改名
1978(昭53)Highsea Nav .co. Ltd.,Cyprusに売却、ELBELLA IIと改名
1979(昭54)High Navigation Co. Ltd.,Liberiaに売却、EL KOLLAOと改名
1981(昭56)Naviera Neptuno S.A,Peruに移籍
1982Lloyd's Register 1982-1983年版に掲載
1984.1.17(昭59)解体のため中国の解体業者に売却、中国の大連に到着。China Resources Minerals & Metals Corp., Dalianで解体

さんたるしあ丸 SANTA LUCIA MARU (1960)
83518/JQTY 鉱石専用船 22,725G/T 36,548D/W
起工 1959.8(昭34) 進水 1960.3(昭35) 竣工 1960.7(昭35)
Lpp 192.00 B 27.50 D 14.90 m 主機 D 三菱長崎 9UEC75/150 12,000PS 1基 15/16kt
三菱造船株式会社広島造船所(広島)建造 三菱鉱石輸送株式会社(東京)
さんたるしあ丸 SANTA LUCIA MARU

さんたくるす丸 SANTA CRUZ MARU (1960)
85432/JDTC 鉱石専用船 22,749G/T 36,610D/W
起工 1960.3.25(昭35) 進水 1960.7.26(昭35) 竣工 1960.10.25(昭35)
Lpp 192.00 B 27.50 D 14.90 m 主機 D 三菱長崎 9UEC75/150 12,000PS 1基 15/16kt
三菱造船株式会社広島造船所(広島)建造 三菱鉱石輸送株式会社(東京)
さんたくるす丸 SANTA CRUZ MARU

第三雲海丸 UNKIA MARU No.3 (1961)
86003/JRZP 貨物船 3,664G/T 5,688D/W 起工 1960.8(昭35) 進水 1961.1(昭36) 竣工 1961.3(昭36)
Lpp 98.00 B 15.40 D 8.20 m 主機 D 阪神内燃機 Z7TSH 2,450BHP 1基 12/13kt
三菱造船株式会社広島造船所(広島)建造 中村汽船株式会社(神戸)
第三雲海丸 UNKIA MARU No.3

SNo.153 宮島丸 MIYAJIMA MARU (1961)

宮島丸
宮島丸 Miyajima Maru
87918/JKYP 鉱石専用船 13,838G/T 起工 1960.12.8(昭35) 進水 1961.3.20(昭36) 竣工 1961.7.10(昭36)
Lpp 164.00 B 22.40 D 12.40 m 主機 D 三菱重工 長崎 8UEC65/125 7,600PS 1基 13.7/16.3kt
三菱造船株式会社広島造船所(広島)建造 Sno.153 大同海運株式会社(神戸)
宮島丸 MIYAJIMA MARU
1964.4.1(昭39)合併に伴いジャパンライン(株)(東京)に移籍
1970.3.31(昭45)Aphro Transport Inc.(Panama)に売却、AUKLETと改名
1972(昭47)Regent Violet Shipping Co. S. A.(Panama)に売却、REGENT VIOLETと改名
1979(昭54)日本で解体

はんぷとん丸型 2隻 HAMPTON MARU Class (1961 - 1962)

はんぷとん丸
はんぷとん丸 Hampton Maru
貨物船 Lpp 285.00 B 47.40 D 24.80 m 主機 D 三菱長崎 9UEC75/150 1基 三菱海運株式会社(東京)
Sno.154 はんぷとん丸 HAMPTON MARU 87570/JIRQ 9,231G/T 12,560D/W 13,000PS 18.5/21.9kt
起工 1961.3.5(昭36) 進水 1961.7.27(昭36) 竣工 1961.10.17(昭36)
三菱造船株式会社広島造船所(広島)建造 はんぷとん丸 HAMPTON MARU 16次
1964(昭39)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1982.6.1(昭57)Outerocean Nav. Corp. Ltd,Taiwanに売却、GOLD TRANSPORTERと改名。同年、台湾の高雄で解体
Sno.157 ぼすとん丸 BOSTON MARU 89878/JQQS 9,049G/T 12,752D/W 13,000PS 18.4/21.2kt
起工 1961.11.15(昭36) 進水 1962.4.23(昭37) 竣工 1962.6.17(昭37)
三菱造船株式会社広島造船所(広島)建造 ぼすとん丸 BOSTON MARU 17次
1964(昭39)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1982.4.9(昭57)解体のため売却、同年台湾の高雄で解体
ぼすとん丸
ぼすとん丸 Boston Maru

1979.9.2 横浜港・新港ふ頭

SNo.158 邦明丸 HOMEI MARU (1963)

邦明丸
邦明丸 Homei Maru
90661/JHYW 鉱石専用船 33,867G/T 53,130D/W
起工 1962.6.25(昭37) 進水 1962.12.15(昭37) 竣工 1963.3.19(昭38)
Lpp 215.00 B 31.60 D 17.10 m 主機 D 三菱重工 8UEC85/160 16,000PS 1基 15.5/17.6kt
三菱造船株式会社広島造船所(広島)建造 Sno.158 邦明丸型 日邦汽船株式会社(東京)
邦明丸 HOMEI MARU
1972.9.27(昭47)Citation Carriets Inc.,Liberiaに売却、QUEEN VENTUREと改名
1974(昭49)EASTERN OAKと改名
1977(昭52)Lee Wang Zin Nav. S. A., Panamaに売却、LEE WANG ZINと改名
1979.12.25(昭54)カナダ東岸(54-36N, 131-38W)で座礁
1980.1.1(昭55)船体切断、沈没

SNo.168 ろんぐびいち丸 LONG BEACH MARU (1963)

ろんぐびいち丸
ろんぐびいち丸 Long Beach Maru
93748/JHXV 鉱石専用船 33,968G/T 54,206D/W
起工 1963.5.30(昭38) 進水 1963.9.7(昭38) 竣工 1963.12.7(昭38)
Lpp 215.00 B 31.60 D 17.10 m 主機 D 三菱UE 13,500PS 1基 14.8/15.3kt
三菱造船株式会社広島造船所(広島)建造 Sno.168 大同海運株式会社(神戸)
ろんぐびいち丸 LONG BEACH MARU 18次
1964.4.1(昭39)合併に伴いジャパンライン(株)(東京)に移籍
1973.10(昭48)日立造船(因島)で砂鉄スラリー運搬船に改造
1979(昭54)解体のためTung Ho Steel Enterprise Corp.,Taiwanに売却。同年、高雄で解体
ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.10