船歴 本邦建造船33 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

株式会社大阪鐵工所因島造船所

日鐵丸 NITTETSU MARU (1943)

日鐵丸
日鐵丸 Nittetsu Maru
貨物船 5,994G/T 起工 1942.1.15(昭17) 進水 1942(昭17) 竣工 1943.2.10(昭18)
Lpp 120.00 B 16.40 D 9.30 m 主機 T 3,249SHP 1基 15.3kt
株式会社大阪鐵工所因島造船所(広島)建造 日産汽船株式会社(東京)
日鐵丸 NITTETSU MARU 平時標準型鉱石運搬船
1944.10.14(昭19)ボルネオのミリ東方(6.0N,115.55E)で米潜DACE(SS-247)の雷撃により沈没

SNo.1630 日達丸 NITTATSU MARU (1943)
貨物船 2,859G/T 進水 1943.2(昭18) 竣工 1943.2.23(昭18)
Lpp 93.00 B 13.70 D 7.60 m 主機 T 1,400SHP 13kt
株式会社大阪鐵工所因島造船所(広島)建造 Sno.1630 日産汽船株式会社(東京)
日達丸 NITTATSU MARU
1944.4.30(昭19)南シナ海(19.4N,119.14E)で米潜BANG(SS-385)の雷撃により沈没

日立造船株式会社因島工場

日勝丸型 6隻 HIKACHI MARU Class (1943 - 1944)

日勝丸
日勝丸 Hikachi Maru

太平洋戦争後の姿
貨物船 Lpp 120.00 B 16.40 D 9.30 m 1KRS型
日勝丸 HIKACHI MARU 47924/JENO 6,008G/T 9,359D/W
主機 T 日立製作所 2段減速 2,600SHP 1基 13.44kt
起工 1943.2(昭18) 進水 1943.10(昭18) 竣工 1943.11.9(昭18)
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 日本郵船株式会社(東京)
日勝丸 HIKACHI MARU
1956.1.16(昭31)北星海運(株)(東京)に売却、神威丸 KAMUI MARU と改名
1964.3.9(昭39)New Taiwan Marine Transportation Co. Ltd.,臺灣に売却、YUNG TAIと改名
1968.3(昭43)高雄で解体
大翼丸 DAIYOKU MARU 50480/JEVO 5,244G/T 9,391D/W
主機 R 3連成 1,500HP 1基 10.5kt
起工 1943(昭18) 進水 1943.11(昭18) 竣工 1943.12.15(昭18)
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 大阪商船株式会社(大阪)
大翼丸 DAIYOKU MARU
1944.5.4(昭19)台湾の南東(20.50N,117.55E)で米潜PERCHE(SS-384)の雷撃により沈没
秋川丸 AKIKAWA MARU 50482/JEXO 5,244G/T 9,391D/W
主機 R 3連成 2,400HP 1基 9/12.4kt
起工 1943(昭18) 進水 1943.12(昭18) 竣工 1944.1.15(昭19)
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 川崎汽船株式会社(神戸)
秋川丸 AKIKAWA MARU
1944.4.27(昭19)海軍徴傭船として行動中、サイパン島沖(14.46N,143.22E)で米潜SEAHORSE(SS-304)の雷撃により沈没
秋川丸
秋川丸 Akikawa Maru
大恭丸 DAIKYO MARU 50484/JEZO 5,244G/T 9,391D/W
主機 R 3連成 2,000SHP 1基 12.5kt
起工 1943(昭18) 進水 1944.1(昭19) 竣工 1944.2.15(昭19) 日立造船株式会社因島工場(因島)建造 大阪商船株式会社(大阪)
大恭丸 DAIKYO MARU
1945.1.23(昭20)東シナ海(中国沿岸)(27.25N,120.16E)で米潜BARB(SS-220)の雷撃により沈没
大剛丸 DAIGO MARU 5,244G/T
主機 R 3連成 2,000/2,800HP 1基 12.5kt
起工 1943(昭18) 進水 1944.2(昭19) 竣工 1944.3.10(昭19) 日立造船株式会社因島工場(因島)建造 大阪商船株式会社(大阪)
大剛丸 DAIGO MARU
1945.1.7(昭20)朝鮮南岸の荷衣島付近(34.28N,122.39E)で米潜BALAO(SS-285)の雷撃により沈没
日向丸 (1) HYUGA MARU 50488/JFDT 5,244G/T 8,706D/W
主機 T 日立製作所 2段減速 1,700SHP 1基 10.5kt
起工 1943(昭18) 進水 1944.3(昭19) 竣工 1944.3.31(昭19) 日立造船株式会社因島工場(因島)建造 日本郵船株式会社(東京)
日向丸 HYUGA MARU
1952.6(昭27)重油焚に改装
1955.6.15(昭30)北星海運(東京)に売却
1955.6.23(昭30)へいわ丸と改名
1961.5.30(昭36)解体のため売却、船籍を抹消
日向丸
日向丸 Hyuga Maru

吉備津丸 KIBITSU MARU (1943)

吉備津丸
吉備津丸 Kibitsu Maru
陸軍上陸用舟艇運搬船
47921 貨物船 9,575G/T 6,712D/W 進水 1943(昭18) 竣工 1943.12.20(昭18)
Lpp 143.74 B 19.50 D 11.50 m 主機 T 10,500/13,000SHP 2基 18/20.3kt
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 日本郵船株式会社(東京)
吉備津丸 KIBITSU MARU
1945.8.7神戸から横浜に向け航行中、明石海峡平磯灯標の南西600m(34.37N,135.04E)で触雷により浸水、9月5日沈没
1947(昭22)北川産業(神戸)によって浮揚、解体

山岡丸 YAMAOKA MARU (1944)

山岡丸
山岡丸 Yamaoka Maru
貨物船 6,932G/T 起工 1944.2.18(昭19) 進水 1944.5.8(昭19) 竣工 1944.6.10(昭19)
Lpp 128.00 B 18.20 D 11.10 m 主機 T 2,200SHP 1基 10/13kt
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 2AT型 山下汽船株式会社(神戸)
山岡丸 YAMAOKA MARU
1944.7.3(昭19)朝鮮南西岸の群山沖(20.18N,115.02E)で米潜TANG(SS-306)の雷撃により沈没

日向丸 HYUGA MARU (1944)
貨物船 9,687G/T 進水 1944.8(昭19) 竣工 1944.11.15(昭19)
Lpp 142.00 B 19.50 D 12.00 m 主機 T 12,000SHP 20.4kt
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 日産汽船株式会社(東京)
日向丸 HYUGA MARU 特殊貨物船(M甲) 特殊輸送船として陸軍から補助金を受けて建造された
1945.5.30(昭20)玄海島付近で触雷、擱坐

SNo.2684 攝津丸 (2) SETTSU MARU (1945)

攝津丸
攝津丸 Settsu Maru
54740/JFMT 貨物船 9,671G/T 7,941D/W 起工 1944.5(昭19) 進水 1944.11(昭19) 竣工 1945.1.15(昭20)
Lpp 142.00 B 19.50 D 12.00 m 主機 D 955BHP 1基 12.148/12.538kt
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 Sno.2684 大阪商船株式会社(大阪)
攝津丸 SETTSU MARU M甲 SCAJAP No.S026
1947.11.24(昭22)日本水産(株)(東京)に売却、塩蔵船に改造
1948.10.31(昭23)三菱重工(長崎)で鯨肉冷凍船に改装完了
1953.3.13(昭28)南氷洋で機関室のバルブ修理中に浸水し沈没

熊野丸 KUMANO MARU (1945)

熊野丸
熊野丸 Kumano Maru
空母型陸軍特殊船(M丙) 9,502G/T 6,314D/W
起工 1944(昭19) 進水 1945.1(昭20) 竣工 1945.3.30(昭20)
Lpp 142.00 B 19.50 D 12.00 m 主機 T 三菱長崎 10,060SHP 2基 14/20kt
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 川崎汽船株式会社(東京)
熊野丸 KUMANO MARU
1947.12.11(昭22)総司令部の命令により解体

第四日立丸型 2隻 HITACHI MARU No.4 Class (1945 - 1946)

第四日立丸
第四日立丸 Hitachi Maru No.4
貨物船 Lpp 98.00 B 14.30 D 7.50 m 主機 T 石川島 1基 3D型
第四日立丸 HITACHI MARU No.4 54754/JFUT 2,862G/T 4,407D/W 2,500SHP 9.5/10kt
進水 1945.5(昭20) 竣工 1945.7.25(昭20) 日立造船株式会社因島工場(因島)建造 日産汽船株式会社(東京)
第四日立丸 HITACHI MARU No.4
1949.7(昭24)日立造船(因島)で改造
1951.6(昭26)B.V.船級取得
1952.7.18(昭27)名古屋汽船(株)(名古屋)に売却
1954(昭29)泉汽船(株)(東京)に売却、第五泉丸と改名
1963.3.10(昭38)解体
松南丸 SHONAN MARU 54761/JFXT 2,862G/T 4,455D/W 2,000SHP 10/10.5kt
起工 1945.4.11(昭20) 進水 1945.7(昭20) 竣工 1946.1.12(昭21)
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 松岡汽船株式会社(神戸)
松南丸 SHONAN MARU SCAJAP No.S109
松南丸
松南丸 Shonan Maru

ときつ丸 TOKITSU MARU (1947)

ときつ丸
ときつ丸 Tokitsu Maru
貨物船 9,553G/T 7,050D/W 竣工 1947.6.30(昭22)
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 日本海運株式会社(東京)
ときつ丸 TOKITSU MARU

SNo.3650 若草丸 WAKAKUSA MARU (1948)

若草丸
若草丸 Wakakusa Maru
60544/JQOA 貨客船 1,122G/T 591D/W
起工 1947.1.23(昭22) 進水 1947.12.13(昭22) 竣工 1948.4.28(昭23)
Lpp 62.00 B 10.50 D 5.80 m 主機 D 旧佐世保工廠 1,250BHP 14.65kt
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 Sno.3650 大阪商船株式会社(大阪)
若草丸 WAKAKUSA MARU
1948.6(昭23)国内航路・青森室蘭線に就航
1950.4.4(昭25)沖縄航路に就航
1956.1.12(昭31)海上保安庁(東京)に売却、日立造船(神奈川)で灯台補給船に改造、若草 LL-11 WAKAKUSA と改名
1977.7.31(昭52)業務より引退、東京港2区に係船
1977.9.26(昭52)解体のため売却、東京港を出港、同年12月、赤穂市の久三商店で解体

SNo.3651 極東丸 (2) KYOKUTO MARU (1948)

極東丸
極東丸 Kyokuto Maru
続行船として東邦丸とともに船舶公団と共有建造された小型の貨物船。
60054/JMHQ 貨物船 2,024G/T 1,096D/W
起工 1947.9.17(昭22) 進水 1948.3.26(昭23) 竣工 1948.5.30(昭23)
Lpp 84.99 B 12.50 D 6.50 m 主機 R 3連成 1,100IHP 1基 10.5/11.5kt
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 Sno.3651 飯野海運株式会社(東京)
極東丸 KYOKUTO MARU SCAJAP No.K262
1948.5.30(昭23)船舶公団(東京)と共有
1959(昭34)國光海運(株)(大阪)に売却、浪島丸 NAMISHIMA MARU と改名。主機をD 阪神内燃機 Z6ZSH 1,500 BHP に換装
1963(昭38)山田海運(阿南)に売却
1965(昭40)神戸タンカー(神戸)に売却、寿徳丸 JUTOKU MARU と改名
1966.9.25(昭41)四国から横浜に向け航行中、横浜沖で浸水、沈没

SNo.3654 大永丸 TAIEI MARU (1948)

大永丸
大永丸 Taiei Maru

公試中
62856/JBNT 貨物船 2,224G/T 3,387D/W
起工 1948.6.17(昭23) 進水 1948.10.18(昭23) 竣工 1948.12.15(昭23)
Lpp 86.99 B 13.00 D 6.80 m 主機 R 3連成 1,100IHP 1基 10/13.1kt
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 Sno.3654 太洋海運株式会社(神戸)
大永丸 TAIEI MARU 2次 SCAJAP No.T282
1948.12.15(昭23)船舶公団(東京)と共有
1960.11(昭35)主機をD 阪神Z6ZSH 1,500BHPに換装

SNo.3654 大仁丸 (2) TAIJIN MARU (1949)

大仁丸
大仁丸 Taijin Maru
64855/JDNU 貨物船 2,460G/T 3,714D/W
起工 1949.2.16(昭24) 進水 1949.6.13(昭24) 竣工 1949.7.31(昭24)
Lpp 90.20 B 13.50 D 7.30 m 主機 R 3連成 1,500IHP 1基 10.5/12.9kt
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 Sno.3654 太洋海運株式会社(神戸)
大仁丸 TAIJIN MARU 4次KD SCAJAP No.T302
1960.11.28(昭35)主機をD 阪神内燃機 Z6ZSH 1,500BHPに換装
1968(昭43)Jinner Shipping Co. S.A., Panamaに売却、JIN SENGと改名
1971(昭46)Shin Yang Trading Co. Ltd., South Koreaに売却、DAE YONGと改名
1972(昭47)Lloyd's Register 1972-1973年版より削除

SNo.3660 日産丸 (2) NISSAN MARU (1949)

日産丸
日産丸 Nissan Maru
日産汽船が第4次計画造船に応募して建造した戦後初の外航船で船舶公団との共有船として建造された。
65129/JKWW 貨物船 6,783G/T 7,111D/W
起工 1949.2.24(昭24) 進水 1949.10.8(昭24) 竣工 1949.12.25(昭24)
Lpp 122.30 B 17.40 D 10.82 m 主機 T 日立製作所 日立工場 3,220SHP 1基 12.7/14.9kt
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 Sno.3660 日産汽船株式会社(東京)
日産丸 NISSAN MARU 4次KB
1949.12.25(昭24)船舶公団(東京)と共有
1952.6.10(昭27)スエズ経由で世界一周
1964.4.1(昭39)合併に伴い昭和海運(株)(東京)に移籍
1969.6.26(昭44)解体のためシンガポールから神戸へ向けて出航
1969.7.14(昭44)売却、解体

SNo.3672 若島丸 WAKASHIMA MARU (1950)

若島丸
若島丸 Wakashima Maru
飯野海運が遠洋定期航路への進出に備えるために第5次計画造船で建造した大型貨物船。戦後再開されたニューヨーク定期航路の邦船第1船として昭和26年(1951)8月16日、ニューヨーク港に入港。
66541/JJBP 貨物船 6,398G/T 9,571D/W
起工 1950.2.6(昭25) 進水 1950.7.15(昭25) 竣工 1950.10.15(昭25)
Lpp 128.00 B 17.50 D 10.02 m 主機 T 石川島 2段減速高低衝動式 3,600PS 1基 12.5/15kt
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 Sno.3672 飯野海運株式会社(東京)
若島丸 WAKASHIMA MARU 5次 SCAJAP No.W017
1963.12.19(昭38)飯野汽船(東京)の設立に伴い移籍
1964.4.1(昭39)合併に伴い川崎汽船(株)(神戸)に移籍
1969.9.27(昭44)Evergreen Marine Corp. S. A.(Panama)に売却、EVER SPRINGと改名
1973.4.30(昭48)解体のため台湾の高雄に到着

SNo.3673 山彦丸 (2) YAMAHIKO MARU (1951)

山彦丸
山彦丸 Yamahiko Maru
67124/JIBV 貨物船 6,342G/T 9,651D/W
起工 1950.3.30(昭25) 進水 1950.12.11(昭25) 竣工 1951.2.10(昭26)
Lpp 128.00 B 17.50 D 10.00 m 主機 T 石川島 4,000SHP 1基 13.5/14kt
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 Sno.3673 山下汽船株式会社(神戸)
山彦丸 YAMAHIKO MARU 5次 SCAJAP No.Y074
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(株)汽船(東京)に移籍
1966.2.2(昭41)住友商事(株)(東京)に売却
1967(昭42)昭和42年版船舶明細書より削除

SNo.3675 あらびあ丸 (1) ARABIA MARU (1951)

あらびあ丸
あらびあ丸 Arabia Maru
日本油槽船が第5次計画造船で建造した同社戦後初の大型油槽船。せりあ丸と共にペルシャ湾航路に就航。
66997/JJTE 油槽船 11,981G/T 18,110D/W
起工 1950.3.11(昭25) 進水 1950.11.12(昭25) 竣工 1951.3.10(昭26)
Lpp 165.00 B 21.50 D 12.02 m 主機 T 2段減速 日立製作所 8,000PS 1基 14/15kt
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 Sno.3675 日本油槽船株式会社(東京)
あらびあ丸 ARABIA MARU 5次
1962.10.25(昭37)大阪商船(株)(大阪)に売却、河内丸 KAWACHI MARU と改名
1963.1(昭38)佐野安船渠(大阪)で土砂運搬船に改造。12,661G/T
1964.4.1(昭39)合併に伴い大阪商船三井船舶(株)(東京)に移籍
1968.1.25(昭43)日綿実業(株)(東京)に売却
1971(昭46)Lloyd's Register 1971-72版より削除

SNo.3688 第五興南丸 KONAN MARU No.5 (1951)
捕鯨船 434G/T 進水 1951(昭26) 竣工 1951.6.12(昭26)
Lpp 45.00 B 8.20 D 4.40 m 主機 D 1,800BHP 15.4kt
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 Sno.3688 日本水産株式会社(東京)
第五興南丸 KONAN MARU No.5

SNo.3689 第六興南丸 KONAN MARU No.6 (1951)
捕鯨船 434G/T 進水 1951(昭26) 竣工 1951.10.8(昭26)
Lpp 45.00 B 8.20 D 4.40 m 主機 D 1,800BHP 15.8kt
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 Sno.3689 日本水産株式会社(東京)
第六興南丸 KONAN MARU No.6

SNo.3685 山照丸 (2) YAMATERU MARU (1951)

山照丸
山照丸 Yamateru Maru
67583/JEIN 貨物船 7,152G/T 起工 1950.12.26(昭25) 進水 1951.6.20(昭26) 竣工 1951.10.22(昭26)
Lpp 134.00 B 18.00 D 10.50 m 主機 D 三井B&W 674VTF160 5,525PS 1基 14/17.5kt
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 Sno.3685 山下汽船株式会社(神戸)
山照丸 YAMATERU MARU 6次 SCAJAP No.Y078
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(株)汽船(東京)に移籍
1969.11.27(昭44)Vancouver Shipping Co. Inc.,Liberiaに売却、VAN OCEANと改名
1972.4.28(昭47)台湾の解体業者に売却、高雄に到着

信貴春丸型 2隻 SHIKIHARU MARU Class (1951 - 1952)

信貴春丸
信貴春丸 Shikiharu Maru
貨物船 Lpp 132.00 B 18.00 D 10.30 m 日立造船株式会社因島工場(因島)建造 新日本汽船株式会社(神戸)
Sno.3686 信貴春丸 SHIKIHARU MARU 67936/JIFA 7,104G/T
主機 D 三菱神戸Sulzer 7SD72 5,000BHP 1基 13.5/16kt
起工 1950.12.27(昭25) 進水 1951.8.23(昭26) 竣工 1951.12.10(昭26) 信貴春丸 SHIKIHARU MARU 6次
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(株)汽船(東京)に移籍
1969.11.18(昭44)Marco Shipping Co. Inc.,Liberiaに売却、COSMOS TRIUMPHと改名
1972.4.13(昭47)解体のため日本の解体業者へ売却、因島で解体
Sno.3695 那智春丸 NACHIHARU MARU 68223/JCCU 7,025G/T
主機 D 日立B&W 674VTF160 5,525BHP 1基 13.5/17.3kt
起工 1951.5.22(昭26) 進水 1951.11.16(昭26) 竣工 1952.3.1(昭27) 那智春丸 NACHIHARU MARU 7次前
1956.11(昭31)北米ガルフ航路に就航
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(株)汽船(東京)に移籍
1970.7.24(昭45)Prosperous Navigation Co. Inc.,Liberiaに売却、PROSPEROUS CITYと改名
1972.7.16(昭47)解体のため台湾の高雄に到着
那智春丸
那智春丸 Nachiharu Maru
船名の「春」は終戦時の残存船3隻に共通していたこと、左右同形の文字は吉祥をもたらすといわれるなど縁起がよいことから同社の新造船に採用されるようになった。

SNo.3696 昌島丸 MASASHIMA MARU (1952)

昌島丸
昌島丸 Masashima Maru
68738/JJLN 貨物船 7,731G/T 10,348D/W
起工 1951.5.25(昭26) 進水 1952.1.26(昭27) 竣工 1952.4.17(昭27)
Lpp 140.00 B 19.00 D 10.50 m 主機 D 三井B&W 7,731PS 2基 15.5/19.3kt
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 Sno.3696 飯野海運株式会社(東京)
昌島丸 MASASHIMA MARU 7次前 SCAJAP No.M147
1963.12(昭38)飯野汽船(東京)設立に伴い移籍
1964.4.1(昭39)合併に伴い川崎汽船(株)(神戸)に移籍
1971.2.23(昭46)Aurora Borealis Shipping Co.Ltd., Cyprusに売却、MITERA ASSIMINAと改名
1976(昭51)Tiatyra Shipping Co., Panamaに売却、CAVO FRIGELOSと改名
1978.2(昭53)解体のためパキスタンのGadani Beachに到着

SNo.3697 第七興南丸 KONAN MARU No.7 (1952)
捕鯨船 470G/T 起工 1952.1.16(昭27) 進水 1952.3.29(昭27) 竣工 1952.7.8(昭27)
Lpp 48.00 B 8.50 D 4.50 m 主機 D 日立47型単動 2,200PS 1基 16.25kt
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 Sno.3697 日本水産株式会社(東京)
第七興南丸 KONAN MARU No.7

SNo.3698 第八興南丸 KONAN MARU No.8 (1952)
捕鯨船 471G/T 進水 1952(昭27) 竣工 1952.8.20(昭27)
Lpp 48.00 B 8.50 D 4.50 m 主機 D 2,164BHP 16.3kt
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 Sno.3698 日本水産株式会社(東京)
第八興南丸 KONAN MARU No.8

SNo.3708 日光丸 NIKKO MARU (1952)

日光丸
日光丸 Nikko Maru
日産汽船のニューヨーク航路用の高速貨物船として計画され、高速優秀船が必要とされたニューヨーク定期航路のために主機に1万馬力の高温高圧タービンを搭載した。昭和28年(1953)7月には横浜/サンフランシスコ間を10日10時間36分で走破、新記録を樹立した。
69445/JAUW 貨物船 8,853G/T 11,880D/W
起工 1951.12.27(昭26) 進水 1952.9(昭27) 竣工 1952.12.1(昭27)
Lpp 140.00 B 19.20 D 12.20 m 主機 T 日立造船 2段減速衝動式 10,000PS 1基 17/20.2kt
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 Sno.3708 日産汽船株式会社(東京)
日光丸 NIKKO MARU 7次後
1956.4.21(昭31)飯野汽船株式会社(神戸)に売却、健島丸 TAKESHIMA MARU と改名(飯野汽船の資料は5月23日とある)
1964.4.1(昭39)合併に伴い川崎汽船(株)(神戸)に移籍
1970.6.22(昭45)May Shipping Co. Ltd.(Cyprus)に売却、MAYと改名
1973.9.13(昭48)解体のため台湾の高雄に到着

SNo.3716 大有丸 (2) TAIYU MARU (1953)

大有丸
大有丸 Taiyu Maru
70150/JKGH 貨物船 6,559G/T 9,760D/W
起工 1952.9.15(昭27) 進水 1953.1.29(昭28) 竣工 1953.4.24(昭28)
Lpp 128.00 B 17.50 D 10.30 m 主機 D 三井B&W 862VTF115 4,800PS 1基 14/17.5kt
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 Sno.3716 太洋海運株式会社(神戸)
大有丸 TAIYU MARU 8次
1969(昭44)Sun-Line Ltd., Somaliに売却、SUN POと改名
1975(昭50)Ocean Bright Shipping S.A., Somaliに売却、OCEAN FRIENDと改名
1977(昭52)Jupiter Navigation Inc., Panamaに売却、JUPITER V.と改名
1978.10(昭53)香港で解体

宮島丸 MIYAJIMA MARU (1953)

宮島丸
宮島丸 Miyajima Maru
70943/JDAB 冷凍工船 9,612G/T 8,450D/W
起工 1953.4.14(昭28) 進水 1953.8.17(昭28) 竣工 1953.11.15(昭28)
Lpp 140.00 B 19.00 D 13.50 m 主機 D 日立B&W 674VTBF160 5,525PS 1基 14.5/16.7kt
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 日本水産株式会社(東京)
宮島丸 MIYAJIMA MARU

SNo.3772 常島丸 (2) TSUNESHIMA MARU (1953)

常島丸
常島丸 Tsuneshima Maru
飯野海運がニューヨーク定期航路用に建造した12,000重量トン級の大型高速貨物船。康島丸の船殻には大幅に溶接を採用し重量の軽減を図った。
70944/JDAN 貨物船 9,357G/T 起工 1953.3.30(昭28) 進水 1953.7.28(昭28) 竣工 1953.11.20(昭28)
Lpp 145.00 B 19.40 D 12.30 m 主機 T 石川島 12,000PS 1基 18/21.1kt
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 Sno.3772 常島丸型 飯野海運株式会社(東京)
常島丸 TSUNESHIMA MARU 9次前
1963.12(昭38)飯野汽船(東京)設立に伴い移籍
1964.4.1(昭39)合併に伴い川崎汽船(株)(神戸)に移籍
1970.7.28(昭45)June Shipping Co.Ltd., Cyprusに売却、JUNEと改名
1973.6.28(昭48)解体のため台湾の高雄に到着

SNo.3729 すまとら丸 SUMATORA MARU (1954)

すまとら丸
すまとら丸 Sumatora Maru
ぺるしあ丸と同時期に計画されたほぼ同じサイズの大型油槽船。主機はぺるしあ丸と同じ三菱長崎製のタービン。
72428/JELO 油槽船 16,820G/T 20,985D/W
起工 1953.10.5(昭28) 進水 1954.5.16(昭29) 竣工 1954.8.14(昭29)
Lpp 167.00 B 22.00 D 17.10 m 主機 T 2段減速 9,200PS 1基 15/15.5kt
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 Sno.3729 日本油槽船株式会社(東京)
すまとら丸 SUMATORA MARU 9次後
1964.4.1(昭39)合併に伴い昭和海運(株)(東京)に移籍
1965.1(昭40)日本鋼管浅野(横浜)でチップ/石炭専用船に改造、大昭和丸 DAISHOWA MARU と改名。 16,820G/T
1972(昭47)七洋汽船(神戸)に売却
1976.9.1(昭51)兼松江商を通じ解体のため売却、台湾の高雄に到着

厳嶋丸 ITSUKUSHIMA MARU (1955)

厳嶋丸
厳嶋丸 Itsukushima Maru
73417/JHUS 冷凍工船 5,871G/T 7,321D/W 起工 1954.11(昭29) 進水 1955.2(昭30) 竣工 1955.4(昭30)
Lpp 105.00 B 17.20 D 9.30 m 主機 D 日立B&W 850VF90 3,280PS 1基 12.5/14.2kt
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 日本水産株式会社(東京)
厳嶋丸 ITSUKUSHIMA MARU

SNo.3747 大安丸 (2) TAIAN MARU (1955)

大安丸
大安丸 Taian Maru
73068/JHPK 貨物船 6,548G/T 10,053D/W
起工 1954.11.5(昭29) 進水 1955.3.29(昭30) 竣工 1955.6.1(昭30)
Lpp 128.00 B 17.50 D 10.30 m 主機 D 4,600BHP 14/16.966kt
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 Sno.3747 太洋海運株式会社(神戸)
大安丸 TAIAN MARU 10次
1974(昭49)川崎近海汽船(株)(東京)に売却
1975(昭50)神戸桟橋(神戸)に売却
1980(昭55)Lloyd's Register 1980-1981年版より削除

SNo.3748 木曽春丸 KISOHARU MARU (1955)

木曽春丸
木曽春丸 Kisoharu Maru
73082/JHQJ 貨物船 8,160G/T 起工 1954.11.11(昭29) 進水 1955.5.6(昭30) 竣工 1955.7.6(昭30)
Lpp 134.00 B 18.40 D 11.40 m 主機 D 日立B&W 674VTBF160 7,500BHP 1基 16/18.8kt
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 Sno.3748 新日本汽船株式会社(神戸)
木曽春丸 KISOHARU MARU 10次
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(株)汽船(東京)に移籍
1975.2.12(昭50)Caspian Maritime Carriers Inc.,Panamaに売却、CASPIAN CARRIERと改名
1978.12.8(昭53)解体のため韓国の解体業者に売却、INCHONに到着

鹿島丸 KASHIMA MARU (1956)

鹿島丸
鹿島丸 Kashima Maru
74135/JNTM 冷凍工船 7,163G/T 7,546D/W 起工 1955.8(昭30) 進水 1956.1(昭31) 竣工 1956.4(昭31)
Lpp 120.00 B 17.60 D 11.80 m 主機 D 日立B&W 574VTBF160 4,600PS 1基 13.3/15.9kt
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 日本水産株式会社(東京)
鹿島丸 KASHIMA MARU

伊勢春丸型 2隻 ISEHARU MARU Class (1956 - 1957)

伊勢春丸
伊勢春丸 Iseharu Maru
貨物船 Lpp 138.00 B 18.30 D 11.85 m 主機 D 日立B&W 574VTBF160 1基
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 新日本汽船株式会社(神戸)
Sno.3792 伊勢春丸 ISEHARU MARU 74501/JIID 8,777G/T 12,997D/W 6,250BHP 14.4/17.9kt
起工 1955.10.7(昭30) 進水 1956.3.30(昭31) 竣工 1956.5.29(昭31) 伊勢春丸 ISEHARU MARU 11次
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(株)汽船(東京)に移籍
1969.1.16(昭44)Regal Shipping Co. Inc.,Panamaに売却、MARITIME KINGと改名
1973(昭48)Panara Cia. Nav. S. A.,Panamaに売却、SERENDAと改名
1975(昭50)Moto Marine Co. Ltd.,Cyprusに売却、MOTORIAと改名
1980(昭55)Carver Carriers Shipping Co. Ltd.,Cyprusに売却、CONTINENTAL EXPRESSと改名。同年、解体のためSwie Horng Steel Enterprise Co. Ltd.,高雄に売却
Sno.3818 諏訪春丸 SUWAHARU MARU 75570/JAZF 8,780G/T 12,959D/W 6,250HP 14.8/18.1kt
起工 1956.8.16(昭31) 進水 1957.1.18(昭32) 竣工 1957.3.31(昭32) 諏訪春丸 SUWAHARU MARU 12次
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(株)汽船(東京)に移籍
1968.2.28(昭43)北米クースベイ港から名古屋港向け航行中、米国西岸沖(46-07N,132-18W)でリベリア船籍の油槽船No.2 MANDOIL(24,562G/T)と衝突、損傷
1971.10.1(昭46)Hoover Shipping Co. Inc.,Liberiaに売却、ANNA TRADERと改名
1974(昭49)Tiana Shipping Co. Ltd.,Singaporeに売却、INGUZAと改名
1975(昭50)GREAT LAKESと改名
1976(昭51)SEA TRADERと改名。同年4.10、インドからフィリピンに向け航行中、船体に亀裂が発生、沈没

SNo.3793 ぼるねお丸 BORNEO MARU (1956)

ぼるねお丸
ぼるねお丸 Borneo Maru

S.Kizu
75270/JBSY 油槽船 13,131G/T 20,679D/W
起工 1955.10.10(昭30) 進水 1956.6.9(昭31) 竣工 1956.8.27(昭31)
Lpp 167.00 B 22.00 D 12.30 m 主機 D 日立B&W 774VTBF160 8,750PS 1基 15/16kt
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 Sno.3793 日本油槽船株式会社(東京)
ぼるねお丸 BORNEO MARU 11次
1964.4.1(昭39)合併に伴ない昭和海運(株)(東京)に移籍、帝洋丸 TEIYO MARU と改名
1964.8(昭39)日本鋼管浅野(横浜)で撒積貨物船に改造工事が完成、12,889G/T 14.8/16 kt
1970.4.15(昭45)Evergreen Marine Corp. S. A.,Panamaに売却、EVER OCEANと改名
1977.6.16(昭52)解体のため売却、台湾の高雄に到着

SNo.3819 大天丸 TAITEN MARU (1957)
76813/JAZY 貨物船 8,764G/T 13,196D/W 起工 1956.10(昭31) 進水 1957.3(昭32) 竣工 1957.5(昭32)
6,250HP
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 Sno.3819 太洋海運株式会社
大天丸 TAITEN MARU 12次

SNo.3820 第五雄洋丸 YUYO MARU No.5 (1957)

第五雄洋丸
第五雄洋丸 Yuyo Maru No.5
77578/JBDA 油槽船 20,924G/T 34,151D/W 起工 1956.9(昭31) 進水 1957.2(昭32) 竣工 1957.8.18(昭32)
Lpp 197.00 B 26.40 D 14.00 m 主機 D 日立B&W 1274VTBF160 15,000PS 1基 16.988kt
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 Sno.3820 森田汽船株式会社(大阪)
第五雄洋丸 YUYO MARU No.5 12次

SNo.3830 松島丸 (2) MATSUSHIMA MARU (1957)

松島丸
松島丸 Matsushima Maru
79102/JECY 油槽船 13,103G/T 20,937D/W
起工 1957.3(昭32) 進水 1957.8(昭32) 竣工 1957.11.20(昭32)
Lpp 167.00 B 22.00 D 12.30 m 主機 D 日立B&W 874VT2BF160 10,000PS 1基 15.5/16kt
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 Sno.3830 日本水産株式会社(東京)
松島丸 MATSUSHIMA MARU

SNo.3832 いんであ丸 INDIA MARU (1958)

いんであ丸
いんであ丸 India Maru
80405/JCVD 油槽船 13,384G/T 20,963D/W
起工 1957.9.3(昭32) 進水 1958.2.23(昭33) 竣工 1958.5.31(昭33)
Lpp 167.00 B 22.00 D 12.30 m 主機 D 日立B&W 774VTBF160 8,750PS 1基 15/16kt
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 Sno.3832 日本油槽船株式会社(東京)
いんであ丸 INDIA MARU 13次
1964.4.1(昭39)合併に伴い昭和海運(株)(東京)に移籍
1965.9(昭40)日本鋼管浅野(横浜)でチップ船に改造完成、16,172G/T 13.5/14.8kt 昭英丸 SHOEI MARU と改名
1972.3(昭47)Morning Line S. A.,Panamaに売却、GOLDEN PACIFICと改名
1978.9(昭53)日商岩井を通じSsang Yong Co.(仁川)に解体のため売却
1979.3.7(昭54)仁川に到着

賀茂春丸型 4隻 KAMOHARU MARU Class (1958 - 1960)

賀茂春丸
賀茂春丸 Kamoharu Maru
貨物船 Lpp 145.00 B 19.60 D 12.40 m 主機 D 日立B&W 1074VTBF160 1基
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 新日本汽船株式会社(神戸)
Sno.3847 賀茂春丸 KAMOHARU MARU 80604/JNCY 9,282G/T 12,454D/W 12,500BHP 18/21.2kt
起工 1957.9.15(昭32) 進水 1958.3.19(昭33) 竣工 1958.6.13(昭33) 賀茂春丸 KAMOHARU MARU 13次
1963.3.3(昭38)東京港口で自衛艦てるづきと衝突、損傷
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(株)汽船(東京)に移籍
1972.10.30(昭47)Ocean Tramping Co. Inc.,Hong Kongに売却
1977(昭52)Fortune Sea Transport Corp. S. A.,Panamaに売却、BAIMAと改名
1984.8.1(昭59)解体のため中国の解体業者に売却、Huangpu Priorに到着
Sno.3848 多賀春丸 TAGAHARU MARU 81941/JMNU 9,284G/T 12,472D/W 12,500BHP 18/20.9kt
起工 1957.12.7(昭32) 進水 1958.8.19(昭33) 竣工 1958.10.30(昭33) 多賀春丸 TAGAHARU MARU 13次
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(株)汽船(東京)に移籍
1973.1.13(昭48)Ocean Tramping Co. Inc.,Hong Kongに売却、BAISIUNGと改名
1976(昭51)China Ocean Shipping Co.,Chainaに売却、DONG PINGと改名
1982.9.24(昭57)解体のためQin Huang Dao Harbour Administrationに売却、Qin Huang Daoに到着
多賀春丸
多賀春丸 Tagaharu Maru
Sno.3875 志賀春丸 SHIGAHARU MARU 83089/JFHF 9,290G/T 12,451D/W 12,500BHP 18/20.5kt
起工 1959.1.20(昭34) 進水 1959.6.4(昭34) 竣工 1959.8.28(昭34) 志賀春丸 SHIGAHARU MARU 14次
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(株)汽船(東京)に移籍
1973.1.10(昭48)United Freighter Corp. (Panama), S. A.,Panamaに売却、BAIPAOと改名
1984.5.1(昭59)解体のため中国の解体業者に売却、Huangpuに到着
Sno.3892 伊賀春丸 IGAHARU MARU 84561/JFFX 9,261G/T 12,401D/W 12,500BHP 18/21.1kt
起工 1959.10.28(昭34) 進水 1960.3.25(昭35) 竣工 1960.6.29(昭35) 伊賀春丸 IGAHARU MARU 15次
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(株)汽船(東京)に移籍
1975.1.14(昭50)Akropolis Shipping Corp. Ltd.,Liberiaに売却、CAPTAIN GEORGEと改名
1977(昭52)Astro Carisma Amadora S. A.,Greeceに売却、CAPTAIN JOHNと改名
1986(昭61)解体のため台湾の解体業者に売却、高雄に到着
伊賀春丸
伊賀春丸 Igaharu Maru

1974.2.3 横浜港・新港ふ頭

野島丸 NOJIMA MARU (1958)

野島丸
野島丸 Nojima Maru
81480/JMKU 冷凍工船 8,503G/T 9,663D/W
起工 1958.4.24(昭33) 進水 1958.9.18(昭33) 竣工 1958.12.2(昭33)
Lpp 136.00 B 19.80 D 12.50 m 主機 D 日立B&W 574VTBF160 6,250PS 1基 13.7/15.7kt
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 日本水産株式会社(東京)
野島丸 NOJIMA MARU

SNo.3862 山珠丸 YAMATAMA MARU (1960)
84015/JDQX 油槽船 21,203G/T 起工 1959.7.17(昭34) 進水 1959.11.17(昭34) 竣工 1960.3.19(昭35)
Lpp 197.00 B 26.40 D 14.00 m 主機 D 日立B&W 1274VTBF160 15,000PS 1基 15.5/17.1kt
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 Sno.3862 山下汽船株式会社(神戸)
山珠丸 YAMATAMA MARU
1960.3.19(昭35)田村興産(不詳)と共有
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(株)汽船(東京)と田村興産(不詳)の共有に変更
1969.10.30(昭44)流通海運(株)(神戸)に売却、流興丸 RYUKO MARU と改名
1973(昭48)Vitali Nav. S.A.,Greeceに売却、THEOPAESと改名
1978.8.21(昭53)西インド諸島のSan Juanの南西180浬でFROTANORTE(13,847G/T、1969年建造)と衝突。同年、W.H. Arnott Young & Co. Ltd.に売却、同年10月27日に自力でDalmuir Yardに到着、解体

大久丸 (2) TAIKYU MARU (1960)
85273/JJRX 貨物船 8,739G/T 13,150D/W 起工 1959.11(昭34) 進水 1960.4(昭35) 竣工 1960.8(昭35)
Lpp 138.00 B 18.80 D 11.85 m 主機 D 日立B&W 762VTBF140 7,600BHP 1基 15/18.7kt
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 太洋海運株式会社(神戸)
大久丸 TAIKYU MARU 15次

SNo.3884 紀伊春丸 KIIHARU MARU (1961)
86015/JIRP 油槽船 21,137G/T 33,733D/W
起工 1960.3.24(昭35) 進水 1960.11.6(昭35) 竣工 1961.1.31(昭36)
Lpp 197.00 B 26.40 D 14.00 m 主機 D 日立B&W 1274VTBF160 15,000BHP 1基 15.5/17.2kt
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 Sno.3884 新日本汽船株式会社(神戸)
紀伊春丸 KIIHARU MARU
1961.1.31(昭36)新日立汽船(株)(東京)と共有
1963.12.27(昭38)日立造船(因島)で船体延長工事完了、Lpp 221.85m 28,018G/Tに変更
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(株)汽船(東京)と新日立汽船(東京)の共有
1965(昭40)山下新日本汽船(東京)と双葉海運(株)(東京)と共有
1971.8.20(昭46)Union Pacific Shipping Co. Ltd. Inc.,Liberiaに売却、GOLDEN CROWNと改名
1975(昭50)Ellen Tankers Inc.,Liberiaに売却、ELLEN CONWAYと改名
1976.10.14(昭51)解体のためスペインの解体業者に売却、Barcelonaに到着

SNo.3845 山富丸 YAMATOMI MARU (1961)

山富丸
山富丸 Yamatomi Maru
昭和35年(1960)に建造された山珠丸と主要寸法が同じ、3万4000重量トン級の油槽船。
87530/JHCA 油槽船 21,232G/T 34,097D/W
起工 1960.9.30(昭35) 進水 1961.3.29(昭36) 竣工 1961.7.24(昭36)
Lpp 197.00 B 26.40 D 14.00 m 主機 D 日立B&W 1274VTBF160 15,000PS 1基 15/17.3kt
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 Sno.3845 山下汽船株式会社(神戸)
山富丸 YAMATOMI MARU
1961.7.24(昭36)双葉海運(株)(東京)と共有
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(株)汽船(東京)と双葉海運(東京)の共有に変更
1970.10.2(昭45)Asia Petroleum Carriers Inc.,Liberiaに売却、ORIENTAL NAVIGATORと改名
1982.6.12(昭57)解体のため台湾の解体業者に売却、高雄に到着

SNo.3928 土佐春丸 TOSAHARU MARU (1961)

土佐春丸
土佐春丸 Tosaharu Maru
88000/JICM 貨物船 8,980G/T 12,056D/W
起工 1961.3.20(昭36) 進水 1961.7.25(昭36) 竣工 1961.10.15(昭36)
Lpp 142.00 B 20.00 D 12.30 m 主機 D 日立B&W 774VT2BF160 10,500BHP 1基 17.4/20.2kt
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 Sno.3928 新日本汽船株式会社(神戸)
土佐春丸 TOSAHARU MARU 16次
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(株)汽船(東京)に移籍
1975.2.7(昭50)Belzetta Shipping Co. S. A.,Greeceに売却、LEAAGEと改名
1983(昭58)Rumput S. A.,Panamaに売却、KUM HINGと改名、同年解体のため台湾の解体業者に売却、高雄に到着

SNo.3943 琴浦丸 KOTOURA MARU (1962)

琴浦丸
琴浦丸 Kotoura Maru
89868/JQLS 鉱石専用船 16,077G/T 26,090D/W
起工 1961.10.3(昭36) 進水 1962.2.6(昭37) 竣工 1962.4.21(昭37)
Lpp 168.00 B 24.00 D 13.10 m 主機 D 日立B&W 762VT2BF140 7,600PS 1基 13.4/16.187kt
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 Sno.3943 山下汽船株式会社(神戸)
琴浦丸 KOTOURA MARU 自資
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(株)汽船(東京)に移籍
1971.8.26(昭46)Sunny Shipping Co. Inc.,Liberiaに売却、SUNNY TRADERと改名
1976(昭51)Ocean Prince Navigation,Panamaに売却
1982(昭57)Thousand Start Shipping S.A.(Panama)に売却、KOREAN CEMENT IIと改名
1983.12.8(昭58)中国の解体業者に売却、上海に到着

SNo.3957 佐渡春丸 SADOHARU MARU (1962)

佐渡春丸
佐渡春丸 Sadoharu Maru
91587/JAHI 貨物船 8,989G/T 12,245D/W
起工 1962.1.17(昭37) 進水 1962.5.26(昭37) 竣工 1962.8.16(昭37)
Lpp 142.50 B 20.00 D 12.30 m 主機 D 日立B&W 774VT2BF160 10,500BHP 1基 18.5/20.8kt
日立造船株式会社因島工場(因島)建造 Sno.3957 新日本汽船株式会社(神戸)
佐渡春丸 SADOHARU MARU 17次
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(株)汽船(東京)に移籍
1976.12.14(昭51)Gala Shipping Co.,Liberiaに売却、OCEAN FAITHと改名
1977(昭52)Aegean Maritime Carriers Inc.,Panamaに売却、AEGEAN CAREERと改名
1986Lloyd's Register 1986-1987年版より削除
ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.10