船歴 本邦建造船34 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

幕府造船所

旭日丸 KYOKUJITSU MARU (1856)
木造帆船 進水 1856(安3) 竣工 1856(安3)
Lpp 38.40(126'-0") B 9.75(32'-0") D 7.32(24'-0") m
幕府造船所(東京)建造 幕府
旭日丸 KYOKUJITSU MARU 安政3年引渡し バーク

石川島平野造船所

SNo.3 東雲丸 SHINONOME MARU (1878)

東雲丸
東雲丸 Shinonome Maru
149/HCBV 木造ランチ 17G/T 進水 1878.3(明11)
Lpp 13.72(45'-0") B 2.59(8'-6") D 1.52(5'-0") m
石川島平野造船所(東京)建造 Sno.3 栖原角兵衛
東雲丸 SHINONOME MARU

SNo.5 第一九店丸 KUTANA MARU No.1 (1878)

第一九店丸
第一九店丸 Kutana Maru No.1
31 木造帆船 250G/T 進水 1878.5(明11)
Lpp 34.14(112'-0") B 8.23(27'-0") D 4.06(13'-4") m
石川島平野造船所(東京)建造 Sno.5 小西 婦志(東京)
第一九店丸 KUTANA MARU No.1 スクーナー

SNo.8 第二九店丸 KUTANA MARU No.2 (1878)

第二九店丸
第二九店丸 Kutana Maru No.2
17/HBPG 木造風帆船 304G/T 進水 1878.12(明11)
Lpp 34.44(113'-0") B 8.05(26'-5") D 4.27(14'-0") m
石川島平野造船所(東京)建造 Sno.8 小西 婦志(東京)
第二九店丸 KUTANA MARU No.2 スクーナー
18821882(明15)小西婦志(東京)の所有

SNo.16 清正丸 KIYOMASA MARU (1879)
33/HBQF 帆船 450G/T 進水 1879.3(明12) 竣工 1879(明12)
石川島平野造船所(東京)建造 Sno.16 三井物産株式会社(東京)
清正丸 KIYOMASA MARU 三井養之助名義で建造
1882.6(明15)四日市廻漕店(四日市)に売却(百年史では1882. 6 (明15) 豊田少介に売却とある)
1887明治20年版船名録(明治18年末ノ登録状況)

SNo.13 第二十八丸 JUHACHI MARU No.2 (1879)
48/HBQV 289G/T 進水 1879.9(明12)
石川島平野造船所(東京)建造 Sno.13 松澤孫八
第二十八丸 JUHACHI MARU No.2

SNo.33 第八通快丸 TSUKAI MARU No.8 (1881)
明治16〜18年の間、詳細不明。明治19年には藤田伊兵衛(東京)の所有
644/HDSL 木造汽船 86G/T 進水 1881.12(明14)
Lpp 25.75 B 3.80 D 1.59 m 主機 R 17NHP/57IHP 7/9kt
石川島平野造船所(東京)建造 Sno.33 稲木 嘉助(東京)
第八通快丸 TSUKAI MARU No.8
1886.2(明19)内國通運(東京)に売却、第貮拾六號通運丸 TSUUN MARU No.26 と改名
1889.11.14(明22)東京灣汽船(株)(東京)の設立に伴い移籍
1928(昭3)廃船
1929(昭4)船名録より削除

SNo.25 第六通快丸 TSUKAI MARU No.6 (1882)
明治16〜18年の間、詳細不明。明治19年は藤田伊兵衛(東京)の所有
391/HCVK 木造汽船 69G/T 進水 1882.11(明15)
Lpp 23.78 B 3.78 D 1.49 m 16/54PS 7/7.5kt
石川島平野造船所(東京)建造 Sno.25 稲木 嘉助(東京)
第六通快丸 TSUKAI MARU No.6 旅客 91
1886.2(明19)内國通運(東京)に売却、第貮拾五號通運丸 TSUUN MARU No.25 と改名
1889.11.14(明22)東京灣汽船(株)(東京)の設立に伴い移籍
1890.11(明23)衝突、沈没。後に浮揚
1924.1.15(大13)千葉の船形港で火災
1924(大13)船名録より削除

SNo.51 第拾號通快丸 TSUKWAI MARU No.10 (1883)
788/HFKW 木造汽船 87G/T 進水 1883.5(明16)
Lpp 27.88 B 3.81 D 2.07 m 主機 R 21NHP/IHP 8/9kt
石川島平野造船所(東京)建造 Sno.51 稲木 勝(東京)
第拾號通快丸 TSUKWAI MARU No.10 船客 3等)67
1889(明22)内國通運(東京)に売却
1889.11.14(明22)東京灣汽船(株)(東京)の設立に伴い移籍
1928(昭3)廃船
1929(昭4)船名録より削除

SNo.54 榮丸 SAKAYE MARU (1884)
834/HFPB 木造汽船 257G/T 進水 1884.3(明17)
Lpp 34.50 B 5.56 D 3.55 m 42/210HP 8kt
石川島平野造船所(東京)建造 Sno.54 平野富二(東京)
榮丸 SAKAYE MARU
1884(明17)共同運輸(東京)に移籍
1885.10.1(明18)合併に伴い日本郵船会社(東京)に移籍
1886.1.22(明19)沈没。同年4.29沈没のまま売却

SNo.63 深川丸 FUKAGAWA MARU (1884)

深川丸
深川丸 Fukagawa Maru
石川島の資料には木製曳船とある
3739/HVPQ 木造汽船 68G/T 進水 1884.11(明17)
Lpp 24.38(80'-0") B 4.57(15'-0") D 1.98(6'-6") m 22HP 1基
石川島平野造船所(東京)建造 Sno.63 共同運輸会社(東京)
深川丸 FUKAGAWA MARU
1885.10.1(明18)合併に伴い日本郵船会社(東京)に移籍

SNo.68 第拾貮號通快丸 TSUKWAI MARU No.12 (1885)
872/HFRN 木造汽船 78G/T 進水 1885.3(明18)
Lpp 25.24 B 3.73 D 1.82 m 主機 R 12IHP
石川島平野造船所(東京)建造 Sno.68 平野富二(東京)
第拾貮號通快丸 TSUKWAI MARU No.12
1887(明20)稲木勝(東京)に売却
1889.11.14(明22)東京灣汽船(株)(東京)の設立に伴い移籍
1902(明35)船名録より削除

SNo.69 第壹田浦丸 TAURA MARU No.1 (1885)
914/HFVK 木造汽船 69G/T 進水 1885.10(明18)
Lpp 24.15 B 3.70 D 1.92 m 主機 R 13NHP/IHP
石川島平野造船所(東京)建造 Sno.69 平野富二(東京)
第壹田浦丸 TAURA MARU No.1
1885.11.5(明18)東京/横須賀間航路に就航
1886.5(明19)東京平野汽船組合(東京)に移籍
1889.11.14(明22)東京灣汽船(株)(東京)に移籍
1918.7.5(大7)品川沖で濃霧のため座礁、沈没
1919(大8)船名録より削除

SNo.70 第貮田浦丸 TAURA MARU No.2 (1885)
927/HFWG 木造汽船 71G/T 進水 1885.12(明18)
Lpp 24.13 B 3.66 D 1.92 m 主機 R 森田利兵衛 14NHP/IHP
石川島平野造船所(東京)建造 Sno.70 平野富二(東京)
第貮田浦丸 TAURA MARU No.2
1885.12(明18)東京/横須賀間航路に就航
1886.5(明19)東京平野汽船組合(東京)に移籍
1889.11.14(明22)東京灣汽船(株)(東京)に移籍
1925.3.2(大14)売却
1926(大15)船名録より削除

SNo.79 第参田浦丸 TAURA MARU No.3 (1887)
1021/HGKN 木造汽船 85G/T 進水 1887.6(明20)
Lpp 28.56 B 3.83 D 1.83 m 主機 R 森田利兵衛 14NHP/IHP
石川島平野造船所(東京)建造 Sno.79 有限責任東京平野汽船組合(東京)
第参田浦丸 TAURA MARU No.3
1887(明20)東京/横須賀間航路に就航
1889.11.14(明22)東京灣汽船(株)(東京)に移籍
1917.3.15(大6)伊豆の初島沖で沈没
1918(大7)船名録より削除

SNo.83 鳥海 (1) CHOKAI (1888)

鳥海
鳥海 Chokai
GQDJ 鉄製砲艦 624T 起工 1886.1.25(明19) 進水 1887.8.20(明20) 竣工 1888.12.27(明21)
L 47.04(154'-4") B 8.23(27'-0") d 2.82(9'-3") m 主機 R 2連成 2基 10.33kt
石川島平野造船所(東京)建造 Sno.83 海軍省(東京)
鳥海 CHOKAI

有限責任石川島造船所

SNo.105 第四度津丸 WATATSU MARU No.4 (1891)
1263/HJKQ 木造汽船 159G/T 進水 1891.8(明24)
Lpp 33.83(111'-0") B 5.03(16'-6") D 2.90(9'-6") m
有限責任石川島造船所(東京)建造 Sno.105 越佐汽船株式会社
第四度津丸 WATATSU MARU No.4

SNo.109 美國丸 BIKUNI MARU (1892)

美國丸
美國丸 Bikuni Maru
1291/HJMN 木造汽船 58G/T 進水 1892.2(明25) 竣工 1892(明25)
Lpp 22.86(75'-0") B 3.81(12'-6") D 3.05(10'-0") m 主機 R 2連成 14NHP/IHP
有限責任石川島造船所(東京)建造 Sno.109 岩田 金蔵(小樽)
美國丸 BIKUNI MARU

株式会社東京石川島造船所(東京)

第壹東海丸型 2隻 TOKAI MARU No.1 Class (1896)
同社の新造第1船
木造汽船 Lpp 30.48(100'-0") B 5.18(17'-0") m 主機 R
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 東京灣汽船株式会社(東京)
1. Sno.127 第壹東海丸 TOKAI MARU No.1 1631/HKVD 木造144G/T 40NHP/IHP 10/11kt
進水 1896.12(明29) 第壹東海丸 TOKAI MARU No.1 船客 3等)108
1912(明45)船名録より削除
2. Sno.128 第貮東海丸 (1) TOKAI MARU No.2 1632/HKVF 木造144G/T 40/180HP 10/11kt
進水 1896.12(明29) 第貮東海丸 TOKAI MARU No.2 船客 3等)108
1917.9.30(大6)台風のため房州沖で沈没、後に浮揚
1930(昭5)売却
1931(昭6)船名録より削除

SNo.131 蓬莱丸 HORAI MARU (1897)

蓬莱丸
蓬莱丸 Horai Maru
木造汽船 197G/T 竣工 1897(明30)
Lpp 36.58(120'-0") B 5.49(18'-0") D 4.42(14'-6") m
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 Sno.131 建造者不詳
蓬莱丸 HORAI MARU

SNo.133 香取號 KATORI GO (1898)

香取號
香取號 Katori Go
4184/JBMV 浚渫船(バケット) 97G/T 進水 1898.9(明31)
Lpp 24.84(81.5') B 6.49(21.3') D 2.19(7.2') m 主機 R 2連成(冷) 14NHP/IHP 1基
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 Sno.133 内務省(笹川)
香取號 KATORI GO 第一区土木監督署 浚渫能力 100t/h 自走式

月島丸 TSUKISHIMA MARU (1897)
社史(石川島重工業株式会社108年史 - 昭36 石川島重工業)の建造船一覧には該当船名の記載がない(船番134〜136に該当か)。
3689/HVLJ 木造汽船 87G/T 進水 1897.8(明30)
Lpp 26.46(86.8') B 5.12(16.8') D 2.44(8.0') m 主機 R 2連成 22NHP/IHP
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 日本郵船株式会社(東京)
月島丸 TSUKISHIMA MARU

館浦丸 YAKATAURA MARU (1898)

館浦丸
館浦丸 Yakataura Maru
同社の曳船だが社史(石川島重工業株式会社108年史 - 昭36 石川島重工業)の建造船一覧には該当船名の記載がない(船番134〜136に該当か)。 館浦は同所浦賀分工場が建設された浦賀川間の地名。浦賀船渠による買収の際に浦賀船渠へ異動したものと思われる。
1972/HMGV 木造曳船 81G/T 進水 1897.11(明30) 竣工 1898.4(明31)
Lpp 25.97(85.2') B 5.11(16.75') D 2.93(9.6') m 主機 R 2連成(冷) 22NHP/155IHP 1基 6.5/8kt
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 株式会社東京石川島造船所(東京)
館浦丸 YAKATAURA MARU
1902(明35)浦賀船渠(株)(浦賀)に売却
1904(明37)陸軍へ徴用
1906.3.3(明39)徴用解除

SNo.137 第壹長周丸 CHOSHU MARU No.1 (1899)

第壹長周丸
第壹長周丸 Choshu Maru No.1
5644/JFKR 鉄・鋼製捕鯨船 122G/T 進水 1899.10(明32)
Lpp 27.43(90'-0") B 5.41(17'-9") D 3.48(11'-5") m
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 Sno.137 日本遠洋漁業株式会社(下関)
第壹長周丸 CHOSHU MARU No.1 対馬方面捕鯨用
1901.12(明34)座礁沈没

SNo.163 快鷹丸 KAIYO MARU (1901)

快鷹丸
快鷹丸 Kaiyo Maru
8100/JPRT 木造漁船 140G/T 進水 1901.4(明34) 竣工 1901(明34)
Lpp 25.91(85'-0") B 7.62(25'-0") D 3.05(10'-0") m
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 Sno.163 農商務省水産講習所(東京)
快鷹丸 KAIYO MARU 遠洋漁業帆船 乗:45
1907(明40)韓国慶尚北道迎日湾で難破により喪失

SNo.170 交通丸 KOTSU MARU (1901)

交通丸
交通丸 Kotsu Maru
浦賀分工場にて完工。造船奨励法適格船。
8363/JDBW→JZHB 貨客船 1,605G/T 進水 1901.8.28(明34)
Lpp 73.15(240'-0") B 10.36(34'-0") D 6.71(22'-0") m 主機 R 3連成 134NHP/1,087IHP 1基 9/12.12kt
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 Sno.170 大家七平(大阪)
交通丸 KOTSU MARU
1907.4(明40)大阪商船(株)(大阪)に売却
1929.4.8(昭4)北日本汽船(株)(大阪)に売却
1943.11.16(昭18)合併に伴い大阪商船(株)(大阪)に移籍
1945.8.20(昭20)樺太真岡でソ連軍に捕獲、以後不詳



北日本汽船時代の交通丸

SNo.193 兩羽丸 RYOU MARU (1903)

兩羽丸
兩羽丸 Ryou Maru
奥羽鉄道と酒田港を連絡する最上川航行用の小型旅客船。竣工時と思われる写真(現地で組立)では第一兩羽丸と認められるが船名録及び社史(108年史 - 昭36 石川島重工業)では兩羽丸とある。
8029/JLVP 旅客船 44G/T 進水 1902.11(明35) 竣工 1903(明36)
Lpp 18.29(60'-0") B 4.11(13'-6") D 1.07(3'-6") m 主機 R 20NHP/IHP
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 Sno.193 酒田水陸運輸株式会社(酒田)
兩羽丸 RYOU MARU 浅喫水船型、船尾外輪船 船客 1等8 3等30

SNo.194 鳥海丸 CHOKAI MARU (1903)
汽船 11G/T 竣工 1903(明36)
Lpp 10.97(36'-0") B 2.59(8'-6") D 1.22(4'-0") m
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 Sno.194 建造者不詳
鳥海丸 CHOKAI MARU

SNo.218 大鵬丸 TAIHO MARU (1906)
木造漁船 135G/T 竣工 1906(明39)
Lpp 31.09(102'-0") B 7.62(25'-0") D 3.96(13'-0") m
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 Sno.218 日本漁業株式会社
大鵬丸 TAIHO MARU

SNo.219 天鵬丸 TENHO MARU (1906)
木造漁船 135G/T 竣工 1906(明39)
Lpp 31.09(102'-0") B 7.62(25'-0") D 3.96(13'-0") m
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 Sno.219 日本漁業株式会社
天鵬丸 TENHO MARU

SNo.220 高鵬丸 KOHO MARU (1907)
木造漁船 135G/T 竣工 1907(明40)
Lpp 31.09(102'-0") B 7.62(25'-0") D 3.96(13'-0") m
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 Sno.220 日本漁業株式会社
高鵬丸 KOHO MARU

SNo.225 辨天丸 BENTEN MARU (1907)
11055→關117/LFHW→QBLT 貨物船 199G/T 進水 1907.10(明40) 竣工 1907(明40)
Lpp 41.45(136'-0") B 10.06(33'-0") m 主機 R 45NHP/260IHP 8/10kt
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 Sno.225 恵比壽丸型 東京灣汽船株式会社(東京)
辨天丸 BENTEN MARU 船客 3等)179
1915.2.1(大4)大連汽船(株)(大連)に売却
1921.11.14(大10)陶子英(青島)に売却、同年12月19日引渡し、以後不詳

SNo.224 恵比壽丸 YEBISU MARU (1907)
10813/LCTQ 貨物船 199G/T 進水 1907.1(明40)
Lpp 41.45(136'-0") B 10.06(33'-0") m 主機 R 45NHP/260IHP 8/10kt
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 Sno.224 東京灣汽船株式会社(東京)
恵比壽丸 YEBISU MARU
1917(大6)氏家 惣作(大阪)に売却
1922(大11)船名録より削除

SNo.227 山光丸 YAMAMITSU MARU (1907)

山光丸
山光丸 Yamamitsu Maru
10840/LCWH→JTWF 貨客船 845G/T 1,100D/W 進水 1907.4.27(明40) 竣工 1907.7(明40)
Lpp 64.01(210'-0") B 8.84(29'-0") D 5.79(19'-0") m 主機 R 3連成 石川島 81NHP/650IHP 1基 9/12kt
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 Sno.227 東京灣汽船株式会社(東京)
山光丸 YAMAMITSU MARU 旅客 130名
1918.10(大7)澤山汽船(株)(長崎)に売却
1945.4.20(昭20)朝鮮の長竹水道付近で触雷により沈没

SNo.237 駒形丸 KOMAGATA MARU (1908)
11587/LHCM 浚渫船(バケット) 169G/T 進水 1908.10(明41)
Lpp 31.50(103'-4") B 7.32(24'-0") D 2.84(9'-4") m 主機 R 3連成 1基
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 Sno.237 東京市(東京)
駒形丸 KOMAGATA MARU

牛若丸 USHIWAKA MARU (1910)
木造汽船 34G/T 進水 1910.7(明43)
Lpp 17.84 B 3.88 D 1.96 m 主機 R 2連成 106IHP 1基 8.6kt
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 建造者不詳
牛若丸 USHIWAKA MARU 船客 2等)10 3等)77
1923.8.9(大12)函館から稚内に転配
1932.6.30(昭7)稚内で係船
1932.8.12(昭7)函館へ転配
1951.9.3(昭26)吉岡末吉(函館)に515,000で売却

第二厚田丸型 6隻 ATSUTA MARU No.2 Class (1917 - 1918)

第二厚田丸
第二厚田丸 Atsuta Maru No.2
東京石川島造船所の2,200総トン級の標準型貨物船。
貨物船 Lpp 81.69(268'-0") B 12.42(40'-9") D 7.16(23'-6") m 主機 R 1基
株式会社東京石川島造船所(東京)建造
1. Sno.306 第二厚田丸 ATSUTA MARU No.2 20371/NHWM 2,176G/T 135NHP/1,313IHP 9/10kt
進水 1917.6.3(大6) 合資会社佐藤商会(東京)
第二厚田丸 ATSUTA MARU No.2
2. Sno.307 興順丸 KOJUN MARU 關134/QBMV→JKVA 2,178G/T 135NHP/1,400IHP 8.5/9.5kt
進水 1917.7.3(大6) 竣工 1917(大6) 大連汽船株式会社(大阪)
興順丸 KOJUN MARU 松田助八(大阪)の第二霧島丸として起工。建造中に大連汽船に売却、改名
1945.7.12(昭20)新潟港外突堤灯台44度300mで触雷、沈没
3. Sno.308 葉山丸 AOBASAN MARU 7161/LTDN 2,181G/T
進水 1917.10.18(大6) 竣工 1917.10(大6) 佐藤 泰治郎
葉山丸 AOBASAN MARU
4. Sno.309 雲南丸 UNNAN MARU 21149/NPHJ→JKXB 2,201G/T 3,525D/W 137NHP/1,170IHP 8.5/11.25kt
進水 1917.11.14(大6) 竣工 1917.12.10(大6) 大阪商船株式会社(大阪)
雲南丸 UNNAN MARU
1936.2.5(昭11)和歌山県の樫野崎燈台沖合で遭難、沈没
5. Sno.310 四川丸 SISEN MARU 22210/NSRC→JKVB 2,201G/T 3,505D/W 137NHP/1,128IHP 8.5/10.92kt
進水 1918.3.28(大7) 竣工 1918.4.16(大7) 大阪商船株式会社(大阪)
四川丸 SISEN MARU
1939.8(昭14)東亞海運(株)(東京)に売却
1944.5.30(昭19)南西諸島(24.32N,123.24E)で米潜GUITARRO(SS-363)の雷撃により沈没
四川丸
四川丸 Sisen Maru
6. Sno.311 東瀛丸 TOEI MARU 22295/NTCH 2,186G/T 11.63kt
進水 1918.5.25(大7) 竣工 1918(大7) 金森商船株式会社(函館)
東瀛丸 TOEI MARU
1930.9(昭5)朝鮮郵船(株)(仁川)に売却、漢城丸 KANJO MARU と改名
1944.1.12(昭19)東シナ海で沈没

東晃丸型 6隻 TOKO MARU Class (1918 - 1919)

東晃丸
漢江丸 Kanko Maru
東京石川島造船所が大正期に建造した1,280総トン級のストックボート。神安丸以降の主機は月島鐵工所が製造した。
貨物船 Lpp 70.10(230'-0") B 10.06(33'-0") D 5.94(19'-6") m 主機 R 3連成 1基
株式会社東京石川島造船所(東京)建造
1. Sno.318 東晃丸 TOKO MARU 7163→朝1102/LTDQ→PGMK→JEJG 1,283G/T 2,062D/W 80NHP/630IHP 8.5/10.57kt
進水 1917.12.19(大6) 竣工 1918(大7) 金森商船株式会社(東京)
東晃丸 TOKO MARU
1924.4(大13)朝鮮郵船(株)(仁川)に売却、漢江丸 KANKO MARU と改名
1943.10.6(昭18)元山から門司に向け航行中、朝鮮東沿岸(37.10N,129.30E)で米潜WAHOO(SS-238)の雷撃により沈没
2. Sno.319 安瀬丸 ANZE MARU 22291/NTCB 1,281G/T 10.2kt
進水 1918.3.16(大7) 竣工 1918(大7) 合資会社佐藤商会(東京)
安瀬丸 ANZE MARU
3. Sno.320 天光丸 TENKO MARU 22572/NVFR 1,273G/T 85NHP/625IHP 8.5/10.53kt
進水 1918.4.25(大7) 竣工 1918(大7) 株式会社互光商会(尼崎)
天光丸 TENKO MARU 後に田中卯三郎(神戸)の所有
4. Sno.321 神安丸 SHINAN MARU 22308/NTDF→JKZE 1,278G/T 9/10.76kt
進水 1918.10.19(大7) 竣工 1918(大7) 岸本汽船株式会社(大阪)
神安丸 SHINAN MARU
1920(大9)攝津汽船(株)(西宮)に売却
1928(昭3)攝津商船(株)(京都・府中→大阪)に移籍
1943.11.16(昭18)合併に伴ない大阪商船(株)(大阪)に移籍
1944.10.12(昭19)台湾の布袋港外で空爆により沈没
5. Sno.322 鳥海丸 CHOKAI MARU 25351/RNDV→JLSE 1,285G/T 1,285IHP 10.34kt
進水 1919.4.1(大8) 竣工 1919(大8) 株式会社東京石川島造船所(東京)
鳥海丸 CHOKAI MARU
1920(大9)攝津汽船(株)(西宮)に売却
1928(昭3)攝津商船(株)(京都・府中→大阪)に移籍
1943.11.16(昭18)合併に伴ない大阪商船(株)(大阪)に移籍
1945.3.26(昭20)奄美大島の古仁屋付近(26.14N,127.40E)で空爆により沈没
6. Sno.323 第二鳥海丸 CHOKAI MARU NO.2 25356/RNFG→JMJE 1,291G/T 716IHP 9/10.76kt
進水 1919.5.1(大8) 竣工 1919(大8) 株式会社東京石川島造船所(東京)
第二鳥海丸 CHOKAI MARU NO.2
1920(大9)攝津汽船(株)(西宮)に売却
1928(昭3)攝津商船(株)(京都・府中→大阪)に移籍
1943.11.16(昭18)合併に伴ない大阪商船(株)(大阪)に移籍
1945.8.6(昭20)伏木港外の岩崎鼻沖で触雷、沈没

神隆丸型 9隻 SHINRYU MARU Class (1918 - 1920)
東京石川島造船所が大正期に大量建造した同社の標準型貨物船のうちの最大船型3,200総トン級の標準型貨物船。
貨物船 Lpp 92.96(305'-0") B 13.34(43'-9") D 8.31(27'-3") m 主機 R 3連成 1基
株式会社東京石川島造船所(東京)建造
1. Sno.312 神隆丸 SHINRYU MARU 22301/NTCQ→JACC 3,175G/T 184NHP/1,670IHP 9.5/13.5kt
進水 1918.7.29(大7) 竣工 1918.8(大7) 岸本汽船株式会社(大阪)
神隆丸 SHINRYU MARU
1923.3.29(大12)近海郵船(株)(東京)の設立に伴い売却
1939.9.8(昭14)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1944.5.18(昭19)小スンダ列島スンバワ島ビマからスラバヤに向け航行中、スラバヤの南東28(7.34S,113.18E)で米潜PUFFER(SS-268)の雷撃により沈没
2. Sno.314 元中丸 GENCHU MARU 23804/RFPS 3,206G/T 179NHP 9.5/12.85kt
進水 1918.11.17(大7) 竣工 1918(大7) 上西汽船(神戸)
元中丸 GENCHU MARU 鈴木商店の発注
1922.8.4(大11)日本郵船(株)(東京)に売却
1923.3.31(大12)近海郵船(株)(東京)の設立に伴い移籍
1932.11.14(昭7)台風のため静岡県田方郡富戸海岸に座礁、全損
元中丸
元中丸 Genchu Maru
3. Sno.313 泰山丸 TAIZAN MARU 22304/NTCV→JFWD 3,192G/T 1,800IHP 12.55kt
起工 1918(大7) 進水 1918.9.5(大7) 竣工 1918(大7) 岸本汽船株式会社(横浜)
泰山丸 TAIZAN MARU
1918(大7)橋本汽船(株)(浦賀)に売却
1920(大9)國際汽船(株)(和歌山・西冨田)に売却
1929(昭4)大家善太郎(京都・府中)に売却、神壽丸 JINJU MARU と改名
1942(昭17)大家善一郎(京都・府中)に移籍
1943(昭18)合併に伴い大光商船(株)(大阪)に移籍
1944.5.20(昭19)香港から台湾の高雄に向け航行中、広東省碣石湾の南東200km(21.14N,116.47E)で空爆により沈没
泰山丸
泰山丸 Taizan Maru
4. Sno.317 八雲丸 YAKUMO MARU 25848/RSBD→JCFB 3,200G/T 4,875D/W 1,500IHP 12.33kt
進水 1919.6.26(大8) 竣工 1919(大8) 帝國汽船株式会社(神戸)
八雲丸 YAKUMO MARU 鈴木商店の発注
1919.7.14(大8)大阪商船(株)(大阪)に売却
1944(昭19)ニューギニアのアイタフ島東方(3.08S,142.21E)で空爆により沈没
5. Sno.315 呉山丸 GOZAN MARU 22317/MTDR→JIDD 3,200G/T 1,800IHP 12.05kt
起工 1919(大8) 進水 1919.12.29(大8) 竣工 1919(大8) 鈴木商店(横浜)
呉山丸 GOZAN MARU
1919(大8)橋本汽船(株)(浦賀)に売却
1920(大9)國際汽船(株)(和歌山・西冨田)に売却
1932.3.28(昭7)栗林商船(株)(東京)に売却
1944.3.30(昭19)パラオ港で空爆により沈没
6. Sno.316 夕映丸 YUBAE MARU 25602/RPFQ→JYED 3,200G/T 1,500IHP 12.33kt
進水 1919.5.13(大8) 竣工 1919(大8) 鈴木商店(横浜)
夕映丸 YUBAE MARU
1921(大10)國際汽船(株)(横浜)に売却
1932.4.9(昭7)栗林商船(株)(東京)に売却
1944.2.17(昭19)トラック島沖で空爆により沈没
7. Sno.326 どうばあ丸 DOVER MARU 26804/SBFT→JNUD 3,149G/T 1,800IHP 11.67kt
起工 1920(大9) 進水 1920.3.4(大9) 竣工 1920(大9) 國際汽船株式会社(横浜)
どうばあ丸 DOVER MARU
1933.5.22(昭8)栗林商船(株)(東京)に売却
1943.10.26(昭18)ラングーン沖(11.15N,96E)で空爆により沈没
8. Sno.324 イースタン ベル EASTERN BELL 26037/RTLQ 3,149G/T 11.86kt
起工 1919.7.15(大8) 進水 1919.10.23(大8) 竣工 1920.3.9(大9) 株式会社東京石川島造船所(東京)
イースタン ベル EASTERN BELL 試運転 T8.11.24 出航 T9.1.21 サンフランシスコ着T9.2.19
1920(大9)U. S. Shipping Board,U. S. A.に提供
ストックボート
9. Sno.325 イースタン メード EASTERN MAID 3,149G/T 11.67kt
起工 1919.7.15(大8) 進水 1920.1.21(大9) 竣工 1920.5.11(大9) U. S. Shipping Board
イースタン メード EASTERN MAID 試運転 T9.3.1 出航 T9.3.24 シアトル着T9.4.27
イースタン メード
イースタン メード Eastern Maid

SNo.335 田村丸 TAMURA MARU (1920)
30530/JEJB トロール漁船 236G/T 進水 1919(大8) 竣工 1920(大9)
Lpp 37.49(123'-0") B 6.81(22'-4") D 3.89(12'-9") m 主機 R 3連成 石川島 490NHP/IHP 1基
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 Sno.335 輸出食品株式会社(東京)
田村丸 TAMURA MARU
1921.3.13(大10)合併に伴い日魯漁業(株)(東京)に移籍
1951(昭26)日本水産(株)(東京)に移籍

第十六日之出丸 HINODE MARU No.16 (1919)
27250/JKAA トロール漁船 234G/T 進水 1919(大8)
Lr 37.49 B 6.80 D 3.89 m 主機 R 石川島
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 共同漁業株式会社(下関)
第十六日之出丸 HINODE MARU No.16
1951(昭26)日本水産(株)(東京)に移籍

SNo.339 羽衣丸 HAGOROMO MARU (1919)
27692/JNGA トロール漁船 234G/T 進水 1919(大8)
Lpp 37.49(123'-0") B 6.81(22'-4") D 3.89(12'-9") m 主機 R 3連成 石川島 490NHP/IHP 1基
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 Sno.339 輸出食品株式会社(東京)
羽衣丸 HAGOROMO MARU
1921.3.13(大10)合併に伴い日魯漁業(株)(山口・彦島)に移籍
1932(昭7)共同漁業(株)(神戸)の所有
1951(昭26)日本水産(株)(東京)に移籍

福喜丸型 2隻 FUKUKI MARU Class (1921 - 1924)

福喜丸
福喜丸 Fukuki Maru
大正末期に2隻建造された大型の重油運搬用の貨物船。
重油船 Lpp 118.26(388'-0") B 16.21(53'-2") D 9.75(32'-0") m 主機 R 1基
株式会社東京石川島造船所(東京)建造
1. Sno.331 福喜丸 FUKUKI MARU 29650/SNWG 5,699G/T 3,400IHP 14.3kt
進水 1923.12.8_(大12) 竣工 1924(大13) 帝國汽船株式会社
福喜丸 FUKUKI MARU
1924(大13)橋本汽船(株)(神戸)に売却
2. Sno.332 幸喜丸 KOKI MARU 28114/SGMJ 5,693G/T 258/3,713HP 10/14.3kt
進水 1921.3(大10) 竣工 1921.5(大10) 鈴木商店(神戸)
幸喜丸 KOKI MARU
1924(大13)橋本汽船(株)(神戸→西宮)に売却
1936.2.17(昭11)サンフランシスコ北西740浬沖合いで暴風雨に遭遇し船橋の一部が破壊された
幸喜丸
幸喜丸 Koki Maru

SNo.345 鞍馬丸 KURAMA MARU (1921)

鞍馬丸
鞍馬丸 Kurama Maru
28460/JOPA トロール漁船 233G/T 進水 1921(大10) 竣工 1921.12(大10)
Lpp 37.49(123'-0") B 6.81(22'-4") D 3.89(12'-9") m 主機 R 490NHP/IHP 1基
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 Sno.345 日本トロール株式会社(下関)
鞍馬丸 KURAMA MARU

SNo.405 恵比壽丸 EBISU MARU (1929)

恵比壽丸
恵比壽丸 Ebisu Maru
浚渫船(バケット) 竣工 1929(昭4)
Lpp 41.45(136'-0") B 10.06(33'-0") D 3.05(10'-0") m
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 Sno.405 横浜市港湾部(横浜)
恵比壽丸 EBISU MARU 浚渫能力 300m3/h 浚渫深35ft 不走式

SNo.417 さつき丸 SATSUKI MARU (1931)

さつき丸
さつき丸 Satsuki Maru
霞ヶ浦遊覧。建造者は東京通運株式会社。
36834/VKHM→JEYI 遊覧船 155G/T 進水 1931.10(昭6) 竣工 1931(昭6)
Lpp 29.29(96.1') B 5.79(19.0') D 1.52(5.0') m 主機 D 日本発動機 90BHP 2基 9/10kt
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 Sno.417 水郷遊覧汽船株式会社(東京)
さつき丸 SATSUKI MARU 船客 450 平均喫水1.02m
1952.2.1(昭27)水郷観光交通(株)(茨城土浦)に移籍

第七大鳥丸 OHTORI MARU No.7 (1935)
57855/JMDD 起重機船 193G/T 242D/W 進水 1935(昭10)
Lr 25.25 B 10.30 D 2.52 m 主機 R 3連成 呉海軍工廠 160IHP 5/5kt
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 日立造船株式会社(大阪)
第七大鳥丸 OHTORI MARU No.7

SNo.471 興運丸 HSING YUN MARU (1940)

興運丸
興運丸 Hsing Yun Maru
東京石川島造船所が造船能力拡充のため昭和14年2月に深川工場(現江東区)を建設し、その建造第1船となった。
47479/JNMO 貨客船 3,414G/T 起工 1939(昭14) 進水 1940.4(昭15) 竣工 1940(昭15)
Lpp 97.50 B 15.25 D 4.70 m 主機 R 3連成 2,155IHP 2基
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 Sno.471 興東丸型 日清汽船株式会社(東京)
興運丸 HSING YUN MARU 日清汽船が発注、東亞海運が建造
1940(昭15)建造中に東亞海運(株)(東京)に移籍
1945.4.6(昭20)鎮江上流(32.10N,119.10E)で触雷、沈没
ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.12