船歴 本邦建造船35 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

株式会社東京石川島造船所

SNo.473 大盛丸 TAISEI MARU (1942)

大盛丸
大盛丸 Taisei Maru
貨物船 1,957G/T 進水 1942(昭17) 竣工 1942(昭17)
Lpp 85.00 B 12.50 D 6.50 m 主機 R 3連成 1,050IHP 1基 13kt
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 Sno.473 大昌商船
大盛丸 TAISEI MARU

安國丸 YASUKUNI MARU (1942)
貨物船 5,794G/T 7,876D/W 進水 1942.3(昭17) 竣工 1942(昭17)
Lpp 122.00 B 16.50 D 10.02 m 主機 T 2,400SHP 1基 15.5kt
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 日本製鐵株式会社(東京)
安國丸 YASUKUNI MARU

泰南丸 TAINAN MARU (1942)
貨物船 5,407G/T 8,205D/W 進水 1942.12(昭17)
Lpp 120.00 B 16.50 D 9.30 m 主機 T 2,400SHP 1基 11.5kt
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 日本製鐵株式会社(東京)
泰南丸 TAINAN MARU

備中丸型 7隻 BICCHU MARU Class (1943 - 1944)
貨物船 Lpp 112.00 B 15.80 D 9.10 m 主機 T 2段減速 1基 1B型
Sno.608 備中丸 BICCHU MARU 50361/JNVS 4,667G/T 7,286D/W 15.23kt
進水 1943(昭18) 株式会社東京石川島造船所(東京)建造 日本郵船株式会社(東京)
備中丸 BICCHU MARU
1944.3.30(昭19)パラオ港で停泊中に空爆により沈没
Sno.603 國洋丸 KOKUYO MARU 4,667G/T 7,277D/W 1,800/2,900SHP 14.72kt
進水 1943.7(昭18) 竣工 1943(昭18) 株式会社東京石川島造船所(東京)建造 國際汽船株式会社(東京)
國洋丸 KOKUYO MARU
1941.11.11(昭16)合併に伴い大阪商船(株)(大阪)に移籍
1944.3.12(昭19)伊豆半島沖(32.52N,139.12E)で米潜SANDLAN(SS-381)の雷撃により沈没
Sno.596 備前丸 BIZEN MARU 50262/JNIS 4,603G/T 7,100D/W 2,586SHP 11.5/14.47kt
進水 1943(昭18) 竣工 1943.6.15(昭18) 株式会社東京石川島造船所(東京)建造 日本郵船株式会社(東京)
備前丸 BIZEN MARU
1944.5.24(昭19)北ボルネオのラブアン島からサイゴンに向け航行中、サイゴンの南東250浬(7.30N, 109.08E)で米潜LAPON(SS-260)の雷撃により沈没
Sno.611 美保丸 MIHO MARU 51272/JNVT 4,667G/T 7,286D/W 2,000SHP 11.5kt
進水 1943(昭18) 竣工 1943.12.20(昭18) 株式会社東京石川島造船所(東京)建造 日本郵船株式会社(東京)
美保丸 MIHO MARU
1945.4.30(昭20)門司から上海に向け航行中、朝鮮南西岸紅島の西約70浬(34.28N,123.48E)で米潜TREPANG(SS-412)の雷撃により沈没
Sno.616 美作丸 MIMASAKA MARU 51274/JNXT 4,667G/T 7,286D/W 2,000SHP 11.5kt
起工 1943(昭18) 進水 1944.1.9(昭19) 竣工 1944.2.6(昭19)
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 日本郵船株式会社(東京)
美作丸 MIMASAKA MARU
1944.4.9(昭19)横須賀からグアム島に向け航行中、サイパン島の西北西約55浬(15.30N,145E)で米潜SEAHORSE(SS-304)の雷撃により沈没
Sno.610 美濃丸 (2) MINO MARU 51273/JNWT 4,667G/T 2,000SHP 11.5kt
起工 1943(昭18) 進水 1944.2.24(昭19) 竣工 1944.3.6(昭19)
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 日本郵船株式会社(東京)
美濃丸 MINO MARU
1944.12.11(昭19)マニラからレイテ湾オルモックに向け航行中、レイテ島の西岸パロムポン沖(11.05N,124.20E)で空爆により沈没
Sno.617 美山丸 MIYAMA MARU 51468/JEGU 4,667G/T 2,000SHP 11.5kt
起工 1943(昭18) 進水 1944.3.14(昭19) 竣工 1944.3.31(昭19)
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 日本郵船株式会社(東京)
美山丸 MIYAMA MARU
1944.5.14(昭19)パラオからセブに向け航行中、パラオ島の北北西105浬(8.55N, 133.42E)で米潜BOWFIN(SS-287)とASPRO(SS-309)の雷撃により沈没

天南丸 TENNAN MARU (1943)
貨物船 5,407G/T 8,208D/W 進水 1943.2(昭18)
Lpp 120.00 B 16.50 D 9.30 m 主機 T 2,400SHP 1基 14.7kt
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 日本製鐵株式会社(東京)
天南丸 TENNAN MARU

SNo.609 三上山丸 MIKAMISAN MARU (1943)
貨物船 861G/T 進水 1943(昭18) 竣工 1943.6(昭18)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 R 330NHP/450IHP 1基 7.5/8.8kt
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 Sno.609 2ERS型 三井船舶株式会社(東京)
三上山丸 MIKAMISAN MARU
1945.6.2(昭20)尻屋岬南東5マイル(41.22N,141.28E)で米潜TENCH(SS-417)の雷撃により沈没

江差丸型 10隻 ESASHI MARU Class (1944 - 1945)
貨物船 Lpp 128.00 B 18.20 D 11.10 m 主機 T 1基 2AT型
Sno.618 江差丸 ESASHI MARU 51475/JENU 6,923G/T 2,000SHP 10kt
起工 1944.1(昭19) 進水 1944.4.22(昭19) 竣工 1944.5.7(昭19)
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 日本郵船株式会社(東京)
江差丸 ESASHI MARU
1944.11.19(昭19)サンフェルナンドから高雄に向け航行中、サンフェルナンドの北西約15浬(16-48N, 120-08E)で空爆により大破、船体放棄
Sno.620 大明丸 DAIMEI MARU 6,923G/T
起工 1944(昭19) 進水 1944.7(昭19) 竣工 1944.8.14(昭19)
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 大阪商船株式会社
大明丸 DAIMEI MARU
Sno.619 大徳丸 DAITOKU MARU 6,923G/T
起工 1944.2(昭19) 進水 1944.7(昭19) 竣工 1944.8.14(昭19)
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 大阪商船株式会社
大徳丸 DAITOKU MARU
Sno.641 大雅丸 DAIGA MARU 52258/JFUV 6,923G/T
起工 1944(昭19) 進水 1944.8(昭19) 竣工 1944.9.17(昭19)
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 大阪商船株式会社
大雅丸 DAIGA MARU
Sno.642 大盈丸 DAIEI MARU 52259/JFVV 6,923G/T
起工 1944(昭19) 進水 1944.9(昭19) 竣工 1944.10.19(昭19)
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 大阪商船株式会社
大盈丸 DAIEI MARU
Sno.643 永徳丸 EITOKU MARU 52270/JUGV→JNJA 6,923G/T 2,000SHP 12.43kt
起工 1944(昭19) 進水 1944.10.5(昭19) 竣工 1944.11.8(昭19)
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 日本郵船株式会社(東京)
永徳丸 EITOKU MARU
1950.10.10(昭25)西日本重工業(長崎)でA.B.船級取得、三島型改造工事
1955.3.28(昭30)東邦海運(株)(東京)に売却
1962.2.15(昭37)合併に伴い新和海運(株)(東京)に移籍
1963.2.11(昭38)解体
永徳丸
永徳丸 Eitoku Maru

改造後の姿
Sno.646 速日丸 HAYAHI MARU 51367/JEFU 6,919G/T
起工 1944(昭19) 進水 1944.12(昭19) 竣工 1945(昭20)
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 大同海運株式会社
速日丸 HAYAHI MARU
Sno.645 大愛丸 DAIAI MARU 52841/JALW 6,719G/T 2,500SHP 10/13.893kt
起工 1944(昭19) 進水 1944.11(昭19) 竣工 1945.1.22(昭20)
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 大阪商船株式会社(大阪)
大愛丸 DAIAI MARU
1945.3.10(昭20)釜石沖で雷撃を受けて沈没
Sno.647 乾國丸 KENKOKU MARU 52855/JATW 6,919G/T 2,400SHP
起工 1944(昭19) 進水 1945.2.25(昭20) 竣工 1945.5.27(昭20)
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 乾汽船株式会社(神戸)
乾國丸 KENKOKU MARU
1945.7.14(昭20)函館港外の七重浜で空爆を受けて中破、任意座礁。不稼働のまま戦後も放置
1948.1.17(昭23)石川島重工(東京)で修復工事が完工。船舶公団と乾汽船(神戸)の共有、再稼働
1950.10.1(昭25)大蔵省と乾汽船(神戸)の共有
1950.10.6(昭25)(株)藤永田造船所(大阪)でA.B.船級取得、三島型改造工事完工
1955.12.20(昭30)乾汽船(神戸)の単独保有
1962.8.23(昭37)解体
乾國丸
乾國丸 Kenkoku Maru

改造後の姿
Sno.648 延文丸 ENBUN MARU 52839/JAJW 6,919G/T 11,011D/W 2,000SHP 8.5/10kt
起工 1944(昭19) 進水 1945.3.7(昭20) 竣工 1945.6.25(昭20)
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 日本郵船株式会社(東京)
延文丸 ENBUN MARU
1950.10.24(昭25)山本汽船(株)(大阪)に売却
1951.7(昭26)日立造船(因島)でB.V.船級取得改造工事完工
1959(昭34)玉井商船(株)(神戸)に売却
1961(昭36)解体
延文丸
延文丸 Enbun Maru

太平洋戦争後の姿

SNo.644 永祿丸 EIROKU MARU (1944)

永祿丸
永祿丸 Eiroku Maru
52271/JUHV→JNLA 貨物船 6,923G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.11.15(昭19) 竣工 1944.12.11(昭19)
Lpp 129.76 B 18.20 D 11.10 m 主機 R 3連成 2,000NHP/IHP 1基 12kt
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 Sno.644 2ARS型 日本郵船株式会社(東京)
永祿丸 EIROKU MARU SCAJAP No. E008
1950.8.30(昭25)西日本重工業(長崎)で主機換装、A.B.船級取得、船体を三島型改造工事完工
1955.3.28(昭30)東邦海運(株)(東京)に移籍
1957.11.22(昭32)旭海運(株)(東京)に売却
1959(昭34)主機を換装
1963.5.13(昭38)尾道で解体

石川島重工業株式会社

第一日米丸 NICHIBEI MARU No.1 (1946)
58215/JJEA 漁船 362G/T 174D/W 進水 1946(昭21)
Lpp 45.00 B 7.70 D 4.20 m 主機 R Lentz 800IHP 9.5/10.5kt
石川島重工業株式会社(東京)建造 日本水産株式会社(東京)
第一日米丸 NICHIBEI MARU No.1

第二日米丸 NICHIBEI MARU No.2 (1946)
58441/JJRK 漁船 362G/T 174D/W 進水 1946(昭21)
Lpp 45.00 B 7.70 D 4.20 m 主機 R 三菱横浜Lentz 800IHP 9.5/10.5kt
石川島重工業株式会社(東京)建造 日本水産株式会社(東京)
第二日米丸 NICHIBEI MARU No.2

第三日米丸 NICHIBEI MARU No.3 (1947)
58705/JGEO 漁船 362G/T 174D/W 進水 1947(昭22) 竣工 1947(昭22)
Lpp 45.00 B 7.70 D 4.20 m 主機 R 三菱横浜Lentz 800IHP 9.5/10.5kt
石川島重工業株式会社(東京)建造 日本水産株式会社(東京)
第三日米丸 NICHIBEI MARU No.3

SNo.687 第十三丸高丸 MARUTAKA MARU No.13 (1948)

第十三丸高丸
第十三丸高丸 Marutaka Maru No.13
マグロ延縄漁船 167G/T 進水 1948(昭23)
Lpp 29.00 B 6.00 D 3.10 m 主機 D 中速改型 400BHP 1基
石川島重工業株式会社(東京)建造 Sno.687 高橋亘
第十三丸高丸 MARUTAKA MARU No.13

第一満鐵丸 MANTETSU MARU No.1 (1948)
62536/JCKM 貨物船 277G/T 291D/W 進水 1948(昭23)
Lpp 44.30 B 6.80 D 3.55 m 主機 D 久保田鐵工所 400BHP 9.5/10kt
石川島重工業株式会社(東京)建造 新日本海運株式会社(東京)
第一満鐵丸 MANTETSU MARU No.1 飛行機救難艇改造

SNo.689 さつき丸 SATSUKI MARU (1948)

さつき丸
さつき丸 Satsuki Maru
60050/JMFQ 貨物船 519G/T 起工 1947(昭22) 進水 1947.12(昭22) 竣工 1948.2(昭23)
Lpp 50.00 B 8.40 D 4.20 m 主機 D サクション瓦斯4C.S.S. 550BHP 1基 10/11.62kt
石川島重工業株式会社(東京)建造 Sno.689 栗林近海機船株式会社
さつき丸 SATSUKI MARU 1次KF
1948.2(昭23)船舶公団(東京)と共有

SNo.649 第一大節丸 DAISETSU MARU No.1 (1948)

第一大節丸
第一大節丸 Daisetsu Maru No.1
52840/JAKW 貨物船 7,211G/T 10,472D/W 起工 1945.1.2(昭20) 進水 1946.7(昭21) 竣工 1948.4.7(昭23)
Lpp 128.36 B 18.20 D 11.10 m 主機 T 石川島 3,800PS 1基 10.5/11.5kt
石川島重工業株式会社(東京)建造 Sno.649 3AT型 旭汽船株式会社(神戸)
第一大節丸 DAISETSU MARU No.1 SCAJAP No.D054
1951.1.7(昭26)日立造船(因島)でB.V.船級取得改造工事。4月7日に完工
1958.1(昭33)主機をD 新潟鉄工M8F48 2,650BHPに換装
1964.3.20(昭39)尾道で解体

SNo.691 すみれ丸 SUMIRE MARU (1948)
62841/JBGT セメント運搬船 313G/T 353D/W
起工 1948.7(昭23) 進水 1948.10(昭23) 竣工 1948.12(昭23)
Lpp 40.00 B 7.00 D 3.30 m 主機 D 石川島 海務院型 250BHP 1基 8/9.85kt
石川島重工業株式会社(東京)建造 Sno.691 三陸汽船株式会社(東京)
すみれ丸 SUMIRE MARU 150トン曳船を改造
1951(昭26)三陸汽船(株)(東京)の所有
1954.6(昭29)東海運(株)(東京)に売却

SNo.690 さくら丸 SAKURA MARU (1949)
62550/JETM 貨物船 623G/T 866D/W 起工 1948.6.20(昭23) 進水 1948.11.18(昭23) 竣工 1949.1(昭24)
Lpp 52.00 B 8.80 D 4.50 m 主機 R 3連成 石川島重工 450IHP 1基 8.5/11.42kt
石川島重工業株式会社(東京)建造 Sno.690 栗林近海機船株式会社
さくら丸 SAKURA MARU 2次KF
1951(昭26)三陸汽船(株)(東京)の所有
1953.10(昭28)飯野重工で改造、主機をD 伊藤M376 600BHPに換装

SNo. 宮島丸 MIYAJIMA MARU (1949)

宮島丸
宮島丸 Miyajima Maru
63989/JMLJ 貨物船 3,969G/T 5,624D/W 起工 1948.10(昭23) 進水 1949.5(昭24) 竣工 1949.7(昭24)
Lpp 41.00 B 15.60 D 8.10 m 主機 T 2,800SHP 12/14kt
石川島重工業株式会社(東京)建造 Sno.
内外運輸(東京)
宮島丸 MIYAJIMA MARU 3次KC
1959.8(昭34)主機をD 阪神内燃機Z8TSH 2800BHPに換装

SNo.695 那智山丸 Nachisan Maru (1951)

那智山丸
那智山丸 Nachisan Maru
67441/JPHO 貨物船 4,658G/T 6,922D/W
起工 1950.3.22(昭25) 進水 1951.3.23(昭26) 竣工 1951.6.5(昭26)
Lpp 112.00 B 16.00 D 8.90 m 主機 T 2段減速 石川島 2,400PS 1基 13.5/14.73kt
石川島重工業株式会社(東京)建造 Sno.695 大洋興業汽船(東京)
那智山丸 Nachisan Maru 5次
1956.9.18(昭31)合併に伴ない三井船舶(株)(東京)に移籍
1959.8(昭34)主機をD 三井B&W 650VTBF110 3,450BHPに換装
1964.4.1(昭39)合併に伴ない大阪商船三井船舶(株)(東京)に移籍
1971.5.18(昭46)Victoria Shipping Lines Inc.,Panama に売却、NACHISANと改名
1977(昭52)Ocean Venture Shipping Co. S.A.,Panamaに売却、GOLDEN VENTUREと改名
1979(昭54)Sea Liner Co.,Dubai に売却、SEA KINGと改名
1980(昭55)Ajman Sng. & Trading Co.,Ajiman に売却、A-TRADERと改名
1981(昭56)Al Shamsi Trading Co.,Dubai に売却、SAREYAH と改名
1986(昭61)Lloyd's Register 1986-1987年版に掲載

SNo.715 國島丸 (2) KUNISHIMA MARU (1951)

國島丸
國島丸 Kunishima Maru
第6次計画造船で建造された飯野海運戦後初の10,000重量トン級の大型貨物船。
67877/JAGG 貨物船 7,219G/T 10,230D/W
起工 1950.10.27(昭25) 進水 1951.8.10(昭26) 竣工 1951.10.31(昭26)
Lpp 134.80 B 18.30 D 10.15 m 主機 T 石川島 2段減速 6,000PS 1基 15/18kt
石川島重工業株式会社(東京)建造 Sno.715 飯野海運株式会社(東京)
國島丸 KUNISHIMA MARU 6次 SCAJAP No.K357
1964.11.1(昭39)川崎汽船(株)(神戸)に売却
1969.2.8(昭44)China Marine Corp.Ltd.,台湾に売却、SEA BEAUTYと改名。同年6月5日、日本からFreemantleに向け航行中、西オーストラリアのPerth北方750哩で座礁同月27日浮揚
1970.1.24(昭45)解体のため台湾の高雄に到着

SNo.716 隆山丸 RYUZAN MARU (1952)

隆山丸
隆山丸 Ryuzan Maru
67761/JHLW 貨物船 7,150G/T 10,447D/W
起工 1951.5.22(昭26) 進水 1951.12.12(昭26) 竣工 1952.2.25(昭27)
Lpp 134.80 B 18.30 D 10.15 m 主機 T 5,000SHP 1基 13.7/15.3kt
石川島重工業株式会社(東京)建造 Sno.716 山本汽船株式会社(大阪)
隆山丸 RYUZAN MARU 7次前 SCAJAP No.R027 主機をD 三菱横浜M.A.N. K5Z70/120C 5,000PSに換装(時期不詳)
1956.8.29(昭31)日本郵船の北米太平洋岸/欧州航路に就航
1964(昭39)昭和郵船(株)(大阪)に移籍
1967.3(昭42)東京船舶(株)(東京)に売却
1969.12(昭44)Evgenia Cia. Nav. S.A., Greeceに売却、ANEMONEと改名
1970(昭45)Anemone Shipping Co. Ltd., Cyprusに移籍
1973(昭48)Zeta Maritime Co. Ltd., Cyprusに売却、AKROTIR IIと改名
1975(昭50)British Navigation S.A., Panamaに売却、GRACEと改名
1980(昭55)Brilliant Navigation S. A.,Panamaに売却、KAI LUNと改名。同年、解体

SNo.717 和光丸 WAKO MARU (1952)

和光丸
和光丸 Wako Maru
69387/JCVF 貨物船 7,129G/T 10,220D/W
起工 1952.2.28(昭27) 進水 1952.8.5(昭27) 竣工 1952.11.15(昭27)
Lpp 134.80 B 18.30 D 10.15 m 主機 T 6,500SHP 1基 14.2/16.3kt
石川島重工業株式会社(東京)建造 Sno.717 三光汽船株式会社(尼崎)
和光丸 WAKO MARU 7次後
1957.9(昭32)大阪商船の北米航路・メキシコ湾日本線に就航
1959.10(昭34)主機をD 播磨Sulzer 6SAD72 5500BHPに換装
1964.4.1(昭39)大阪商船三井船舶(株)(東京)に移籍、ぽうとるいす丸 PORT LOUIS MARU と改名
1972.7.20(昭47)Lee Lai Maritime S. A.,Panamaに売却、CHIEH LAIと改名
1978(昭53)Kien Nan Maritime Pte. Ltd.,Singaporeに売却、KIEN NANと改名。同年、解体のため売却、台湾の花蓮で解体

SNo.718 香椎丸 KASHII MARU (1953)

香椎丸
香椎丸 Kashii Maru
69811/JKDF 貨物船 7,110G/T 10,578D/W
起工 1952.7.14(昭27) 進水 1952.11.2(昭27) 竣工 1953.1.30(昭28)
Lpp 134.80 B 18.30 D 10.15 m 主機 T 石川島 2段減速高低衝動式 5,000PS 1基 14/15kt
石川島重工業株式会社(東京)建造 Sno.718 日鐵汽船株式会社(東京)
香椎丸 KASHII MARU 8次
1962.2.15(昭37)合併に伴い新和海運(株)(東京)に移籍
1970.3.17(昭45)丸紅飯田(東京)に売却
1971Lloyd's Register 1971-1972年版より削除

SNo.719 栄福丸 EIFUKU MARU (1953)

栄福丸
栄福丸 Eifuku Maru
70719/JBJF 貨物船 5,391G/T 8,116D/W
起工 1952.10.2(昭27) 進水 1953.3.14(昭28) 竣工 1953.5.18(昭28)
Lpp 120.00 B 16.77 D 9.32 m 主機 T 石川島 2段減速 4,500PS 1基 16.64kt
石川島重工業株式会社(東京)建造 Sno.719 正福汽船株式会社(東京)
栄福丸 EIFUKU MARU 8次
1959.2(昭34)主機をD 三菱横浜M.A.N. K6Z60/105C 4500PSに換装
1960.2.10(昭35)日本郵船(株)(東京)に売却、三崎丸 MISAKI MARU と改名
1973.5.24(昭48)New Pacific Carriers Inc., Panamaに売却、HAPPY PACIFICと改名
1975(昭50)Flying Swallow Shipping, Panamaに売却、FLYING SWALLOWと改名
1976.7.24(昭51)解体のため台湾の解体業者に売却、台湾の高雄に到着

SNo.721 高来丸 KORAI MARU (1953)

高来丸
高来丸 Korai Maru
70202/JBDK 貨物船 7,358G/T 起工 1953.3.30(昭28) 進水 1953.8.28(昭28) 竣工 1953.11.25(昭28)
Lpp 134.80 B 18.30 D 10.15 m 主機 T 6,500SHP 1基 15.25/18.46kt
石川島重工業株式会社(東京)建造 Sno.721 大同海運株式会社(神戸)
高来丸 KORAI MARU 9次前
1960.6.4(昭35)主機をD 三菱長崎8UEC65/125 7600BHPに換装
1964.4.1(昭39)合併に伴いジャパンライン(東京)に移籍
1972.5.22(昭47)Dipoti Shipping Co. Ltd.(Cyprus)に売却、PAVLOと改名
1979(昭54)MATIA V.と改名。同年、Santanderで解体

SNo.723 安国丸 YASUKUNI MARU (1954)

安国丸
安国丸 Yasukuni Maru
71820/JELC 貨物船 7,110G/T 起工 1953.9.29(昭28) 進水 1954.2.20(昭29) 竣工 1954.5.27(昭29)
Lpp 134.80 B 18.30 D 10.15 m 主機 D 浦賀Sulzer 7SD72 5,000PS 1基 14/17.4kt
石川島重工業株式会社(東京)建造 Sno.723 日鐵汽船株式会社(東京)
安国丸 YASUKUNI MARU 9次後
1962.2.15(昭37)合併に伴い新和海運(株)(東京)に移籍
1969.9.8(昭44)日商岩井(東京)を通じてHerald Shipping Co. Ltd.(Panama)に売却、YASUKUNIと改名
1977(昭52)Afea Shipping Co. Ltd.(Panama)に売却、BERNADETTE No.1と改名
1979.4(昭54)高雄で解体

青雲丸型 5隻 SEIUN MARU Class (1955 - 1957)

青雲丸
青雲丸 Seiun Maru
貨物船 Lpp 130.00 B 18.20 D 11.60 m 石川島重工業株式会社(東京)建造
Sno.737 青雲丸 SEIUN MARU 74400/JLBP 7,669G/T 11,803D/W
主機 D 三菱横浜M.A.N. 6,000PS 1基 14.5/15.2kt
起工 1954.11.8(昭29) 進水 1955.3.26(昭30) 竣工 1955.7.14(昭30) 岡田商船株式会社(東京)
青雲丸 SEIUN MARU 10次
1972.11.2(昭47)Lee Lai Maritime S.A.,Panamaに売却、CHIEH JENと改名
1979.1.24(昭54)台湾の高雄で解体
東雲丸 TOUN MARU 77500/JLHD 7,894G/T 11,742D/W
主機 D 三菱横浜M.A.N. K6Z70/120C 6,000HP 1基 14/15kt
起工 1956.6(昭31) 進水 1957.1(昭32) 竣工 1957.4.20(昭32) 岡田商船株式会社(東京)
東雲丸 TOUN MARU
東雲丸
東雲丸 Toun Maru
Sno.747 協明丸 KYOMEI MARU 75249/JQYH 7,594G/T 11,858D/W
主機 D 三菱横浜M.A.N. 574VTBF160 6,250PS 1基 14/17.637kt
起工 1955.10.4(昭30) 進水 1956.4.9(昭31) 竣工 1956.6.30(昭31) 協立汽船株式会社(東京)
協明丸 KYOMEI MARU 11次
1965.10.1(昭40)岡田商船(株)(東京)に売却
1972.4.20(昭47)実生商船(株)(兵庫五色→大阪)に売却
1979.3(昭54)解体
協明丸
協明丸 Kyomei Maru

1973.6 ニューギニア・キエタ港 - O.Sakai
Sno.753 協泰丸 KYOTAI MARU 77508/JLOJ 7,888G/T 11,927D/W
主機 D 三菱横浜M.A.N. K6Z70/120C 6,000PS 1基 14/17.333kt
起工 1956.8(昭31) 進水 1957.3(昭32) 竣工 1957.6.14(昭32) 協立汽船株式会社(東京)
協泰丸 KYOTAI MARU 12次
1966.1(昭41)新栄船舶(株)(東京)に移籍
協泰丸
協泰丸 Kyotai Maru
協慶丸 KYOKEI MARU 78743/JBSF 7,888G/T 11,731D/W
主機 D 三菱横浜M.A.N. K6Z70/120C 6,000HP 1基 14/15kt
起工 1956.11(昭31) 進水 1957.4(昭32) 竣工 1957.9(昭32) 協立汽船株式会社(東京)
協慶丸 KYOKEI MARU
協慶丸
協慶丸 Kyokei Maru

SNo.740 鉄隆丸 TETSURYU MARU (1955)

鉄隆丸
鉄隆丸 Tetsuryu Maru
74127/JNSP 貨物船 1,500G/T 起工 1955.2.11(昭30) 進水 1955.6.30(昭30) 竣工 1955.10.5(昭30)
Lpp 72.50 B 11.60 D 6.30 m 主機 D 浦賀玉島Sulzer 5TPD48 1,200PS 1基 11/13.38kt
石川島重工業株式会社(東京)建造 Sno.740 日鐵汽船株式会社(東京)
鉄隆丸 TETSURYU MARU
1962.2.15(昭37)合併に伴い新和海運(株)(東京)に移籍
1968.8(昭43)新和興業(東京)と共有
1970.3.20(昭45)日鮮海運(愛媛・伯方)に売却
1970.4(昭45)China Maritime Transport Corp. S.A.(Panama)に売却、CENTRAL MAKERと改名(年月不詳)
1973(昭48)Zeus(Panama) S.A.(Panama)に売却、CHEVALIER ANNEと改名。同年、Kong Lih Maritime S.A.(PanamA)に売却、KONG LIHと改名
1975(昭50)Shun Hing S.A.(Panama)に売却、SHUN TAIと改名
1977(昭52)Blue Tit Shipping Co. S.A.(Panama)に売却、ARABAと改名
1979Lloyd's Register 1979-1980年版から削除

SNo.759 三雲丸 MIKUMO MARU (1957)

三雲丸
三雲丸 Mikumo Maru
77517/JLUV 貨物船 5,912G/T 9,154D/W
起工 1956.8.28(昭31) 進水 1957.3.29(昭32) 竣工 1957.7.19(昭32)
Lpp 117.28 B 16.80 D 10.40 m 主機 D 三菱横浜M.A.N. G7Z52/90 3,300BHP 1基 12.3/15.1kt
石川島重工業株式会社(東京)建造 Sno.759 日本郵船株式会社(東京)
三雲丸 MIKUMO MARU
1957.7(昭32)山本汽船(株)(大阪)と共有
1964.4.1(昭39)日本郵船(東京)と昭和郵船(東京)の共有
1967.6.1(昭42)日本郵船(東京)の単独保有
1974.12.4(昭49)Korea Line Corp., South Koreaに売却、PEACE ROSEと改名
1978(昭53)JIN YANG No.17と改名
1979(昭54)Jin Yang Shipping Co. Ltd., South Koreaに売却
1982.3.15(昭57)解体のためTae Won Enterprise Co. Ltd., Busanに売却、韓国の釜山に到着
1983(昭58)釜山で解体

SNo.761 宗像丸 MUNAKATA MARU (1958)

宗像丸
宗像丸 Munakata Maru
79739/JKCR 貨物船 5,917G/T 9,084D/W
起工 1957.3.23(昭32) 進水 1957.9.9_(昭32) 竣工 1958.1.10(昭33)
Lpp 117.26 B 16.80 D 10.40 m 主機 D 浦賀玉島Sulzer 6SAD60 3,900PS 1基 13/15.978kt
石川島重工業株式会社(東京)建造 Sno.761 日鐵汽船株式会社(東京)
宗像丸 MUNAKATA MARU
1962.2.15(昭37)合併に伴い新和海運(株)(東京)に移籍
1978.1(昭53)売却

SNo.775 安芸 AKI (1958)
浚渫船(ポンプ) 進水 1958(昭33) 竣工 1958.2(昭33)
Lpp 45.00 B 14.00 D 3.40 m 主機 電動機 明電社 3,000HP 1基
石川島重工業株式会社(東京)建造 Sno.775 水野組(呉)
安芸 AKI 電動ポンプ

協新丸 KYOSHIN MARU (1958)

協新丸
協新丸 Kyoshin Maru

City of Vancouver Archives
80401/JMOY 貨物船 7,894G/T 11,789D/W 起工 1957.5(昭32) 進水 1957.12(昭32) 竣工 1958.4(昭33)
Lpp 130.00 B 18.20 D 11.60 m 主機 D 三井B&W 662VTBF140 5,400BHP 1基 13.5/14.5kt
石川島重工業株式会社(東京)建造 協立汽船株式会社(東京)
協新丸 KYOSHIN MARU

SNo.766 元栄丸 GEN-EI MARU (1958)

元栄丸
元栄丸 Gen-Ei Maru
81939/JMNN 貨物船 7,633G/T 11,617D/W 起工 1958.1(昭33) 進水 1958.7(昭33) 竣工 1958.10(昭33)
Lpp 130.00 B 18.20 D 11.60 m 主機 D 住友玉島Sulzer 7SAD72 6,500PS 1基 14.2/16kt
石川島重工業株式会社(東京)建造 Sno.766 共栄タンカー株式会社(東京)
元栄丸 GEN-EI MARU

SNo.771 丹波丸 (2) TAMBA MARU (1959)

丹波丸
丹波丸 Tamba Maru
82139/JKWG 油槽船 20,970G/T 36,207D/W
起工 1958.7.28(昭33) 進水 1959.2.24(昭34) 竣工 1959.7.24(昭34)
Lpp 195.00 B 26.40 D 14.05 m 主機 D 三菱横浜M.A.N. K9Z78/140C 12,000PS 1基 15.25/16.253kt
石川島重工業株式会社(東京)建造 Sno.771 日本郵船株式会社(東京)
丹波丸 TAMBA MARU
1975(昭50)Tai An S. S. Co.,Taiwanに売却、CHUN ANと改名
1984.2(昭59)解体のため台湾の解体業者に売却、台湾の高雄で解体

神明丸 SHINMEI MARU (1959)
83516/NQPO 貨物船 2,957G/T 4,516D/W
起工 1959.3.18(昭34) 進水 1959.9.1(昭34) 竣工 1959.10.31(昭34)
Lpp 92.00 B 14.50 D 7.50 m 主機 D 浦賀Sulzer 6TAD48 2,250PS 1基 12/14.5kt
石川島重工業株式会社(東京)建造 栗林商船株式会社(東京)
神明丸 SHINMEI MARU

SNo.785 まらつか丸 (1) MALACCA MARU (1960)

まらつか丸
まらつか丸 Malacca Maru
84335/JFCU 貨物船 6,063G/T 8,807D/W
起工 1959.7.29(昭34) 進水 1959.11.30(昭34) 竣工 1960.2.15(昭35)
Lpp 120.00 B 17.20 D 10.70 m 主機 D 川崎M.A.N. K6Z70/120C 5,500PS 1基 14.8/17.6kt
石川島重工業株式会社(東京)建造 Sno.785 川崎汽船株式会社(神戸)
まらつか丸 MALACCA MARU
1971.2.6(昭46)San Shin Navigation Co.Ltd.,Liberiaに売却、SANSHIN PIONEERと改名
1981(昭56)Clea Shipping Co.,Greeceに売却、EURO NAUTILASと改名
1983(昭58)EURCO NAUTILUSと改名、8月27日、解体のため高雄に到着

SNo.794 長風丸 CHOFU MARU (1960)

長風丸
長風丸 Chofu Maru
84878/JPQX 気象観測船 265G/T 進水 1960.3(昭35) 竣工 1960.8(昭35)
Lpp 37.50 B 7.35 D 3.75 m 主機 D 500BHP 1基 10.25/11.143kt
石川島重工業株式会社(東京)建造 Sno.794 運輸省気象庁(東京)
長風丸 CHOFU MARU 研究室1(23.0u) 航続力6000哩
1960.3(昭35)長崎海洋気象台所属

神祥丸 (3) SHINSHO MARU (1960)
86529/JRBW 貨物船 2,930G/T 4,510D/W 起工 1960.3(昭35) 進水 1960.9(昭35) 竣工 1960.11(昭35)
Lpp 92.00 B 14.50 D 7.50 m 主機 D 浦賀Sulzer 6TAD48 2,250PS 1基 12/14.5kt
石川島重工業株式会社(東京)建造 栗林商船株式会社(東京)
神祥丸 SHINSHO MARU
1978(昭53)Mamoni Shipping Co. Ltd.,Panamaに売却、PINEWOODと改名
1983.2.8(昭58)スリランカのTrincomaleeで係船
1984.4.1(昭59)解体のためTadriに到着

SNo.790 十勝山丸 (2) TOKACHISAN MARU (1960)

十勝山丸
十勝山丸 Tokachisan Maru
86530/JQBK 貨客船 3,985G/T 起工 1960.4(昭35) 進水 1960.10(昭35) 竣工 1960.12.26(昭35)
Lpp 103.00 B 15.60 D 8.20 m 主機 D 3,450BHP 13.25/16.78kt
石川島重工業株式会社(東京)建造 Sno.790 三井船舶株式会社(東京)
十勝山丸 TOKACHISAN MARU
1964.4.1(昭39)合併に伴ない大阪商船三井船舶(株)(東京)に移籍
1966.11.17(昭41)商船三井近海(株)(東京)に売却
1972.4.19(昭47)Fairwind Nav. Corp. S.A.,Panama に売却、TAI SHANと改名
1973(昭48)Yama S.A.,Panamaに売却、LONGWINDと改名
1980(昭55)BON VOYAGEと改名。同年解体
ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.10