船歴 本邦建造船38-1 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

株式会社播磨造船所

SNo.2002 三國山丸 MIKUNISAN MARU (1943)
870G/T 起工 1943.5.10(昭18) 進水 1943.7.13(昭18) 竣工 1943.7.25(昭18)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 380PS 7.2/9.35kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.2002 三井船舶株式会社(東京)
三國山丸 MIKUNISAN MARU
1945.7.11(昭20)朝鮮の木浦港外(34.45N,126.19E)で空爆により沈没

SNo.2001 三笠山丸 MIKASASAN MARU (1943)

三笠山丸
三笠山丸 Mikasasan Maru
870G/T 起工 1943.3.21(昭18) 進水 1943.7.2(昭18) 竣工 1943.7.25(昭18)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 380PS 9.644kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.2001 三井船舶株式会社(東京)
三笠山丸 MIKASASAN MARU
1945.8.14(昭20)朝鮮の元山港外(30.10N,126.28E)で空爆により沈没

SNo.2003 三河山丸 MIKAWASAN MARU (1943)
870G/T 起工 1943.6.3(昭18) 進水 1943.7.22(昭18) 竣工 1943.7.31(昭18)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 380PS 7.2/9.347kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.2003 三井船舶株式会社(東京)
三河山丸 MIKAWASAN MARU
1945.3.19(昭20)伊予灘菊間沖で空爆により沈没

南邦丸型 3隻 NANPO MARU Class (1943 - 1944)
油槽船 Lpp 153.00 B 20.00 D 11.50 m 主機 T 1基 1TL型
Sno.372 南邦丸 NANPO MARU 49872/JGUP 10,033G/T 15,427D/W 11,625HP 19.44kt
起工 1942.12.3(昭17) 進水 1943.5.14(昭18) 竣工 1943.7.29(昭18)
株式会社播磨造船所(相生)建造 飯野海運産業株式会社
南邦丸 NANPO MARU
Sno.373 一心丸 ISSHIN MARU 10,044G/T 15,658D/W 8,983HP 18.89kt
起工 1943.5.14(昭18) 進水 1943.9.17(昭18) 竣工 1943.11.16(昭18)
株式会社播磨造船所(相生)建造 日本石油株式会社
一心丸 ISSHIN MARU
Sno.307 良榮丸 RYOEI MARU 51079/JVCT 10,017G/T 16,763D/W 8,900HP 18.71kt
起工 1943.9.20(昭18) 進水 1944.1.21(昭19) 竣工 1944.2.29(昭19)
株式会社播磨造船所(相生)建造 日東汽船株式会社(東京)
良榮丸 RYOEI MARU
1945.3.5(昭20)仏印ベトナム沿岸(16.47N,108.41E)で米潜BASHAW(SS-241)の雷撃により沈没

SNo.2004 三重山丸 MIESAN MARU (1943)
47930/JGYP 870G/T 起工 1943.6.28(昭18) 進水 1943.8.2(昭18) 竣工 1943.8.11(昭18)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 380PS 7.2/9.726kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.2004 三井船舶株式会社(東京)
三重山丸 MIESAN MARU
1950.12.14(昭25)低性能船買入法により解体のため売却

SNo.2005 三竹山丸 MITAKESAN MARU (1943)
870G/T 起工 1943.7.8(昭18) 進水 1943.8.10(昭18) 竣工 1943.8.22(昭18)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 380PS 7.2/9.665kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.2005 三井船舶株式会社(東京)
三竹山丸 MITAKESAN MARU
1945.7.1(昭20)対島三浦湾(34.20N,129.24E)で空爆により沈没

SNo.379 第七共榮丸 (1) KYOEI MARU No.7 (1943)
油槽船 1,160G/T 1,393D/W 起工 1943.6.8(昭18) 進水 1943.8.17(昭18) 竣工 1943.9.30(昭18)
Lpp 63.00 B 10.50 D 5.25 m 主機 R 3連成 1,295IHP 1基 13.35kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.379 第五共榮丸型 共榮タンカー株式会社(神戸)
第七共榮丸 KYOEI MARU No.7 クリーンタンカー
1947.1.12(昭20)仏印サンジャック泊地(10.00N,106.00E)で空爆により沈没

隆榮丸型 3隻 RYUEI MARU Class (1943)
油槽船 Lpp 120.00 B 16.30 D 9.00 m 主機 T 1基 1TM型
Sno.342 隆榮丸 RYUEI MARU 5,142G/T 8,390D/W 3,428SHP 15.538kt
起工 1943.3.27(昭18) 進水 1943.7.5(昭18) 竣工 1943.8.30(昭18)
株式会社播磨造船所(相生)建造 日本汽船株式会社(神戸)
隆榮丸 RYUEI MARU
Sno.343 あさしほ丸 ASASHIHO MARU 47946/JURS 5,142G/T 8,401D/W 3,440SHP 15.345kt
起工 1943.7.8(昭18) 進水 1943.9.30(昭18) 竣工 1943.11.15(昭18)
株式会社播磨造船所(相生)建造 石原汽船株式会社
あさしほ丸 ASASHIHO MARU
Sno.345 あさなぎ丸 ASANAGI MARU 47949/JUSS 5,142G/T 8,422D/W 3,135SHP 15.012kt
起工 1943.8.2(昭18) 進水 1943.11.30(昭18) 竣工 1943.12.30(昭18)
株式会社播磨造船所(相生)建造 石原汽船株式会社(東京)
あさなぎ丸 ASANAGI MARU
1944.6.11(昭19)ボルネオのタウイタウイ島沖(6.00N,120.50E)で米潜REDFIN(SS-272)の雷撃により沈没

竹島丸 TAKESHIMA MARU (1944)
51093 貨物船 715G/T 841D/W 進水 1944(昭19)
Lr 57.35 B 9.20 D 4.30 m 主機 R 3連成 播磨造船所 9NHP/12IHP 8.5/12.2kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 加藤船舶株式会社(大阪)
竹島丸 TAKESHIMA MARU

豊日丸型 10隻 TOYOHI MARU Class (1944 - 1945)
貨物船 Lpp 128.00 B 18.20 D 11.10 m 主機 T 1基 2AT型
Sno.316 豊日丸 TOYOHI MARU 51078/JVBT 6,436G/T 12,048D/W 2,785SHP 13.47kt
起工 1943.10.4(昭18) 進水 1943.12.19(昭18) 竣工 1944.1.30(昭19)
株式会社播磨造船所(相生)建造 大同海運株式会社(神戸)
豊日丸 TOYOHI MARU
1944.5.2(昭19)南シナ海(20.50N,117.53E)で米潜TINOSA(SS-283)の雷撃により沈没
Sno.318 利川丸 TOSHIKAWA MARU 6,436G/T 2,400SHP 10/11.9kt
起工 1943.12.22(昭18) 進水 1944.2.18(昭19) 竣工 1944.3.15(昭19)
株式会社播磨造船所(相生)建造 川崎汽船株式会社(神戸)
利川丸 TOSHIKAWA MARU
1944.10.19(昭19)フィリピン・マニラ港外で空爆により沈没但し、社史では同年11月24日となっている
Sno.341 天日丸 TENHI MARU 6,933G/T
起工 1944.2.22(昭19) 進水 1944.3.20(昭19) 竣工 1944.4.20(昭19)
株式会社播磨造船所(相生)建造 大同海運株式会社
天日丸 TENHI MARU
Sno.346 乾城丸 KENJO MARU 51851/JJAV 6,933G/T
起工 1944.3.22(昭19) 進水 1944.4.28(昭19) 竣工 1944.5.31(昭19)
株式会社播磨造船所(相生)建造 乾汽船株式会社(神戸)
乾城丸 KENJO MARU
Sno.347 永享丸 EIKYO MARU 51854/JJBV 6,949G/T 2,000SHP 10kt
起工 1944.4.30(昭19) 進水 1944.6.30(昭19) 竣工 1944.8.15(昭19)
株式会社播磨造船所(相生)建造 日本郵船株式会社(東京)
永享丸 EIKYO MARU
1944.10.14(昭19)マニラからボルネオ島ミリに向け航行中、ボルネオ北岸ジェッセルトン沖(6.00N, 115.55E)で米潜DACE(SS-247)の雷撃により中破
1944.10.16(昭19)ラブアン島ビクトリア港内に任意擱座、その後空爆により、同年12月16日、船体放棄
Sno.348 山園丸 YAMAZONO MARU 52679/JZJV→JCAD 6,949G/T 10,939D/W 2,500SHP 10/12.53kt
起工 1944.7.3(昭19) 進水 1944.8.22(昭19) 竣工 1944.9.28(昭19)
株式会社播磨造船所(相生)建造 山下汽船株式会社(神戸)
山園丸 YAMAZONO MARU
1945.6.1(昭20)大阪湾で空爆を受けて擱座
1947.11(昭22)浮揚に成功
1948.6(昭23)日立造船(築港)で修復工事が完工
1951.5.14(昭26)播磨造船所(呉)でA.B.船級取得改造工事
1956.10.4(昭31)中村汽船(株)(神戸)に売却、朝彦丸 ASAHIKO MARU と改名
1959.11.16(昭34)Jose Panganibanで座礁。同月22日に離礁
1960.6.30(昭35)三菱重工業に売却、解体
1961.8.19(昭36)船籍抹消
山園丸
山園丸 Yamazono Maru

改造後の姿
Sno.349 第十六多聞丸 (2) TAMON MARU No.16 66730/JLKW 6,886G/T 12,052D/W 2,200SHP 12.7kt
起工 1944.8.24(昭19) 進水 1944.10.24(昭19) 竣工 1944.11.30(昭19)
株式会社播磨造船所(相生)建造 八馬汽船株式会社(西宮)
第十六多聞丸 TAMON MARU No.16
1945.8.13(昭20)七尾港で触雷、沈没
1948.11(昭23)引揚げ開始
1949.7(昭24)飯野産業(舞鶴)が浮揚救助に成功。船首、船尾分離引揚
1950.11.8(昭25)山陽造船(株)(因島)でA.B.船級取得改造工事が完工
1952.9(昭27)名村造船所(大阪)でB.V.船級取得改造工事
1962.7.23(昭37)尾道の松永湾に係船
1963.2.15(昭38)樽本産業(神戸)へ売却、深田サルベージ(江田島)で解体
第十六多聞丸
第十六多聞丸 Tamon Maru No.16

改造後の姿
Sno.357 第一大覇丸 DAIHA MARU No.1 54581/JDNA 6,889G/T 2,500SHP 10/12.858kt
起工 1944.10.26(昭19) 進水 1944.12.14(昭19) 竣工 1945.1.19(昭20)
株式会社播磨造船所(相生)建造 大阪商船株式会社(大阪)
第一大覇丸 DAIHA MARU No.1
1945.7.23(昭20)六連灯台沖2.2Kmで触雷、沈没
Sno.356 靖江丸 SEIKO MARU 54611/JBTA 6,890G/T
起工 1944.10.1(昭19) 進水 1945.1.15(昭20) 竣工 1945.2.15(昭20)
株式会社播磨造船所(相生)建造 東亞海運株式会社(東京)
靖江丸 SEIKO MARU
Sno.358 第一日産丸 NISSAN MARU No.1 6,889G/T
起工 1944.12.17(昭19) 進水 1945.2.15(昭20) 竣工 1945.3.15(昭20)
株式会社播磨造船所(相生)建造 日産汽船株式会社(東京)
第一日産丸 NISSAN MARU No.1

SNo.319 修洋丸 SHUYO MARU (1944)
2ARS型戦時標準船
貨物船 6,933G/T 11,856D/W 起工 1943.12.28(昭18) 進水 1944.3.6(昭19) 竣工 1944.3.31(昭19)
Lpp 128.00 B 18.20 D 11.10 m 主機 R 3連成 2,350IHP 1基 13.88kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.319 2ARS型 東洋汽船株式会社(東京)
修洋丸 SHUYO MARU
1944.11.23(昭19)対馬海峡(34.10N,128.58E)で空爆により沈没

太榮丸型 7隻 TAIYEI MARU Class (1944 - 1945)

太榮丸
太榮丸 Taiyei Maru
油槽船 Lpp 148.00 B 20.40 D 12.00 m 主機 T 1基 2TL型
Sno.308 太榮丸 TAIYEI MARU 51829/JQGU 10,045G/T 4,800SHP 14.513kt
起工 1944.1.26(昭19) 進水 1944.4.18(昭19) 竣工 1944.5.30(昭19)
株式会社播磨造船所(相生)建造 日東汽船株式会社(東京)
太榮丸 TAIYEI MARU
1944.9.24(昭19)比島マニラで空爆により沈没
Sno.310 はりま丸 HARIMA MARU 52314/JJHV 10,045G/T
起工 1944.3.18(昭19) 進水 1944.5.31(昭19) 竣工 1944.6.30(昭19)
株式会社播磨造船所(相生)建造 石原汽船株式会社
はりま丸 HARIMA MARU
Sno.321 大邦丸 DAIHO MARU 52323/JJOV 10,045G/T
起工 1944.4.20(昭19) 進水 1944.6.18(昭19) 竣工 1944.7.31(昭19)
株式会社播磨造船所(相生)建造 飯野海運株式会社(東京)
大邦丸 DAIHO MARU SCAJAP No.X056
1951.5.13(昭26)飯野産業(舞鶴)でB.V.船級取得改造工事完工
1955.3.10(昭30)鉱石運搬船に改造、英島丸 HIDESHIMA MARU と改名
1962(昭37)国際海運(株)(東京)に売却
1963.3.5(昭38)解体
大邦丸
大邦丸 Daiho Maru
Sno.322 宗像丸 MUNAKATA MARU 10,045G/T
起工 1944.6.21(昭19) 進水 1944.9.6(昭19) 竣工 1944.9.30(昭19)
株式会社播磨造船所(相生)建造 昭和タンカー株式会社
宗像丸 MUNAKATA MARU
Sno.363 東城丸 (1) TOJO MARU 57990 10,045G/T
起工 1944.9.8(昭19) 進水 1944.12.6(昭19) 竣工 1945.1.15(昭20)
株式会社播磨造船所(相生)建造 大連汽船株式会社
東城丸 TOJO MARU
Sno.364 雄洋丸 YUYO MARU 54576→64818/JDJA→JDJC 10,045G/T 15,686D/W 4,130/5,000SHP 13.5/14.975kt
起工 1944.10.6(昭19) 進水 1945.1.10(昭20) 竣工 1945.2.10(昭20)
株式会社播磨造船所(相生)建造 淺野物産株式会社(東京)
雄洋丸 YUYO MARU SCAJAP No.X120
1945(昭20)沈没(日時、事由不詳)
1949.6(昭24)森田汽船(株)(東京)に売却、三井造船(玉野)で浮揚に成功、再生工事。貨物船に改造
1951.10(昭26)B.V.船級取得改造工事
1961.5.20(昭36)解体
雄洋丸
雄洋丸 Yuyo Maru
写真は三井造船(玉野)で修復工事成った姿。本船は播磨造船所で建造された淺野物産所有の2TL型戦標船で修復に際しては船尾部分を新造し、昭和24年(1949)6月18日に完工した。
Sno.380 千曲丸 CHIKUMA MARU 54582/JDOA 9,951G/T 7,500HP 14.8kt
起工 1944.12.8(昭19) 進水 1945.4.23(昭20) 竣工 1945.5.31(昭20)
株式会社播磨造船所(相生)建造 日本郵船株式会社(東京)
千曲丸 CHIKUMA MARU
1945.7.10(昭20)門司港で触雷、海底に接触。7月22日浮揚作業中に再度、触雷沈没

戸畑丸型 2隻 TOBATA MARU Class (1945)

戸畑丸
戸畑丸 Tobata Maru
貨物船 Lpp 128.00 B 18.20 D 11.10 m 主機 T 甲50型2号 1基 3TA型
Sno.360 戸畑丸 (1) TOBATA MARU 54578/JDLA 7,244G/T 10,789D/W 4,000SHP 14.05kt
起工 1945.1.17(昭20) 進水 1945.5.15(昭20) 竣工 1945.6.22(昭20)
株式会社播磨造船所(相生)建造 日本郵船株式会社(東京)
戸畑丸 TOBATA MARU
1948.8.12(昭23)協立汽船(株)(東京)に売却
1952.1(昭27)西日本重工業(長崎)でB.V.船級取得、三島型改造工事
1952.8(昭27)協進丸 KYOSHIN MARU と改名
1957.3.26(昭32)北星海運(株)(東京)に売却
1957.4.10(昭32)赤間丸 AKAMA MARU と改名
1961.11.7(昭36)解体
大楓丸 DAIFU MARU 55773/JSZD→JBBA 7,251G/T 11,511D/W 4,000SHP 14.2kt
進水 1945.6(昭20) 竣工 1945.12.28(昭20) 株式会社播磨造船所(相生)建造 大阪商船株式会社(大阪)
大楓丸 DAIFU MARU
1948(昭23)神原汽船(株)(東京)に売却
1950(昭25)船籍を抹消

みち丸 MICHI MARU (1946)
55786/JMQE 貨物船 1,079G/T 1,783D/W 進水 1946(昭21)
Lr 64.15 B 11.00 D 5.45 m 主機 R 3連成 1,122IHP 9.5/12.305kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 日本海運株式会社(東京)
みち丸 MICHI MARU

櫻丸 SAKURA MARU (1946)
55785/JKKA 油槽船 1,092G/T 1,697D/W 進水 1946(昭21)
Lr 65.47 B 10.80 D 5.55 m 主機 D 新潟鉄工 海軍23号Z8型 850BHP 10/12kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 昭和油槽船株式会社(横浜)
櫻丸 SAKURA MARU

SNo.355 やよひ丸 YAYOHI MARU (1946)

やよひ丸
やよひ丸 Yayohi Maru
竣工後、船舶公団に返還
55787/JOJN 油槽船 1,140G/T 1,681D/W
起工 1945.5.17(昭20) 進水 1946.5.15(昭21) 竣工 1946.6.15(昭21)
Lpp 65.00 B 10.80 D 5.55 m 主機 T 日立製作所 1,000SHP 1基 13.05kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.355 日東汽船株式会社(東京)
やよひ丸 YAYOHI MARU
1948.12.1(昭23)船舶公団から日東商船(株)(東京)が買い戻し
1953.2.23(昭28)鶴見輸送(株)(東京)に売却、鶴明丸Kakumei Maruと改名
1963.12.5(昭38)解体、船籍を抹消

SNo.361 さつき丸 SATSUKI MARU (1946)

さつき丸
さつき丸 Satsuki Maru
竣工後、船舶公団に返還
JNBE 油槽船 1,140G/T 起工 1946.3.23(昭21) 進水 1946.6.18(昭21) 竣工 1946.8.14(昭21)
Lpp 65.00 B 10.80 D 5.55 m 主機 T 1,200SHP 1基 13.05kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.361 日東汽船株式会社(東京)
さつき丸 SATSUKI MARU
1948.12.1(昭23)船舶公団から日東商船(株)(東京)が買い戻し
1951.2(昭26)低性能船舶買入法により政府に売却、解体

紫雲丸型 3隻 SHIUN MARU Class (1947 - 1948)

紫雲丸
紫雲丸 Shiun Maru
客載車輌渡船 Lpp 72.00 B 13.20 D 5.00 m 主機 T 石川島 衝動2段減速 2基
株式会社播磨造船所(相生)建造 運輸省鉄道総局(東京)
Sno.370 紫雲丸 SHIUN MARU 59501/JDJQ 1,449G/T 579D/W 1,800SHP 14.661kt
起工 1946.8.16(昭21) 進水 1947.3.10(昭22) 竣工 1947.6.9(昭22) 紫雲丸 SHIUN MARU
1949.6.1(昭24)日本国有鉄道(東京)に移籍
1955(昭30)沈没引揚後、瀬戸丸 SETO MARU と改名
Sno.376 眉山丸 BISAN MARU 60057/JMJQ 1,504G/T 567D/W 2,176SHP 12.5/14.853kt
起工 1946.10.24(昭21) 進水 1947.9.16(昭22) 竣工 1947.12.5(昭22) 眉山丸 BISAN MARU
1949.6.1(昭24)日本国有鉄道(東京)に移籍
1957.4(昭32)油焚改装
眉山丸
眉山丸 Bisan Maru
Sno.404 鷲羽丸 WASHIU MARU 61153/JQDY 1,456G/T 567D/W 2,030SHP 12.8/14.546kt
起工 1947.3.11(昭22) 進水 1948.2.28(昭23) 竣工 1948.5.29(昭23) 鷲羽丸 WASHIU MARU
1949.6.1(昭24)日本国有鉄道(東京)に移籍

SNo.407 黒潮丸 KUROSHIO MARU (1947)

黒潮丸
黒潮丸 Kuroshio Maru
59502/JKCA 貨客船 496G/T 起工 1946.12.1(昭21) 進水 1947.4.29(昭22) 竣工 1947.6.30(昭22)
Lpp 48.00 B 8.60 D 4.15 m 主機 D 川崎重工 850BHP 1基 12.5/14.5kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.407 東海汽船株式会社(東京)
黒潮丸 KUROSHIO MARU 東京/八丈島航路 SCAJAP No.K162
1947.7(昭22)東京/名古屋航路に就航
1962.10(昭37)主機をD 阪神内燃機 950PSに換装
1974.12(昭49)解体

SNo.374 新和丸 SHINWA MARU (1948)
61918/JAQI 油槽船 1,199G/T 起工 1946.5.21(昭21) 進水 1948.6.30(昭23) 竣工 1948.8.25(昭23)
Lpp 65.00 B 10.80 D 5.55 m 主機 D 886BHP 1基 9/10kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.374 飯野海運株式会社(東京)
新和丸 SHINWA MARU SCAJAP No.X113
1954.3.6(昭29)内外海運産業(株)(東京)に売却
1954.9(昭29)社名変更に伴い内外海運(株)(東京)に移籍
1955(昭30)日本海陸運輸(東京)に売却、海雄丸 KAIYU MARUと改名、同年改造工事
1962(昭37)山田海運(阿南)に売却
1966.1(昭41)主機をD 1,000 BHP に換装。同年9月25日、横浜の鶴見沖で台風のため転覆、沈没

SNo.440 第二照國丸 TERUKUNI MARU No.2 (1948)

第二照國丸
第二照國丸 Terukuni Maru No.2
62222/JIGN 貨物船 2,310G/T 3,079D/W
起工 1948.1.31(昭23) 進水 1948.10.27(昭23) 竣工 1948.11.30(昭23)
Lpp 85.00 B 13.00 D 6.30 m 主機 R 3連成 2,093IHP 1基 11.5/12.5kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.440 照國海運株式会社(東京)
第二照國丸 TERUKUNI MARU No.2 1次 起工時は中川海運名義 SCAJAP No.T281
1948.11.30(昭23)船舶公団(東京)と共有
1958.11(昭33)主機をD 赤坂鐵工所1,700BHPに換装
1964(昭39)Northern Lines, Inc., Manilaに売却、DON JACINTOと改名
1970(昭45)San Pedro Shipping Lines, Inc., Manilaに売却、LEONILA A.と改名
1973(昭48)Vlasons Shipping, Inc., Manilaに売却、VLASONS Iと改名
1977.12.3(昭52)Port IreneからManilaに向け航行中、ルソン島北部Aparriの沖で荒天のため遭難

SNo.442 第五照國丸 TERUKUNI MARU No.5 (1949)

第五照國丸
第五照國丸 Terukuni Maru No.5
62868/JBWT 貨物船 2,249G/T 3,057D/W
起工 1948.6.21(昭23) 進水 1948.12.20(昭23) 竣工 1949.1.31(昭24)
Lpp 85.00 B 13.00 D 6.30 m 主機 T 2段減速 1,928SHP 1基 11/14.488kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.442 照國海運株式会社(東京)
第五照國丸 TERUKUNI MARU No.5 2次 SCAJAP No.T288
1957.9(昭32)主機をD 赤坂鐵工所 1,700BHPに換装
1963(昭38)Northern Lines, Inc., Manilaに売却、DON HERNANと改名
1967.11.16(昭42)フィリピンから日本に向け航行中、沖縄の沖(26-06N, 127-32E)で台風に遭遇、遭難

SNo.443 陽光丸 (2) YOKO MARU (1949)

陽光丸
陽光丸 Yoko Maru
本船他8隻が戦後初めて外国船級(AB)を取得した。
63372/JBXK 貨物船 4,729G/T 7,326D/W
起工 1948.7.10(昭23) 進水 1949.3.26(昭24) 竣工 1949.5.28(昭24)
Lpp 115.00 B 16.30 D 9.00 m 主機 T 石川島 2,575SHP 11.5/14.388kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.443 三光汽船株式会社(大阪)
陽光丸 YOKO MARU 2次KB SCAJAP No.Y069
1959.10(昭34)主機をD 伊藤M748HS 2,700 BHPに換装
1960.8.6(昭35)大阪商船(株)(大阪)に売却、べんがる丸 BENGAL MARU と改名
1964.4.1(昭39)合併に伴い大阪商船三井船舶(株)(東京)に移籍
1966.8.14(昭41)大阪船舶(株)(大阪)に売却、喜代丸 KIYO MARU と改名
1971(昭46)Golden Light Ocean Transport Ltd.,Somaliaに売却、SUN LIGHTと改名
1973(昭48)Lloyd's Register 1973-1974年版より削除

SNo.449 星光丸 (1) SEIKO MARU (1949)

星光丸
星光丸 Seiko Maru
64879/JQNU 貨物船 4,924G/T 7,579D/W
起工 1949.3.5(昭24) 進水 1949.10.6(昭24) 竣工 1949.12.27(昭24)
Lpp 122.27 B 17.60 D 10.60 m 主機 T 石川島 2段減速 3,265SHP 1基 14.708kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.449 三光汽船株式会社(尼崎)
星光丸 SEIKO MARU 4次KB
1959.12(昭34)主機をD 浦賀Sulzer 5SAD60 3400BHPに換装

SNo.451 共榮丸 (2) KYOEI MARU (1950)

共榮丸
共榮丸 Kyoei Maru
65536/JQUU 油槽船 1,161G/T 1,558D/W
起工 1949.10.20(昭24) 進水 1950.3.1(昭25) 竣工 1950.5.15(昭25)
Lpp 63.00 B 10.50 D 5.25 m 主機 D 播磨Sulzer 6TD36 1,000BHP 1基 10/12.855kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.451 共栄タンカー株式会社(神戸)
共榮丸 KYOEI MARU SCAJAP No.X135
1960.6.1(昭35)新栄海運(株)(神戸)に売却

SNo.452 第二満鐵丸 MANTETSU MARU No.2 (1950)

第二満鐵丸
第二満鐵丸 Mantetsu Maru No.2
66687/JGUM 貨物船 3,685G/T 5,597D/W
起工 1950.3.17(昭25) 進水 1950.8.28(昭25) 竣工 1950.10.31(昭25)
Lpp 105.00 B 15.73 D 8.00 m 主機 T 石川島 2,251SHP 1基 14.616kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.452 新日本海運株式会社(東京)
第二満鐵丸 MANTETSU MARU No.2 5次 SCAJAP No.M134 後に主機をD)阪神R-7E 2,450BHPに換装(時期不明)
1951.4.9(昭26)日本郵船に用船され同社の外航定期航路再開第1船(バンコク航路)として東京を出航、横浜/名古屋/大阪/神戸/門司を経由して5.3バンコクに入港。復航は5.14バンコク出航、コーシチャンに寄港、5.24日本に帰港
1956.12.20(昭31)日新海運(株)(東京)に売却、新栄丸 SHIN-EI MARU と改名
1963.10.30(昭38)社名変更に伴い日新興業(東京)に移籍
1964.7.16(昭39)ジャパンライン(株)(東京)に売却
1967.2.7(昭42)三和商運(北九州)に売却
1970(昭45)日伸海運(東京)に売却
1972(昭47)Adelante S. S. Co. S. A.,Panamaに売却、LICHONと改名
1973(昭48)Shin Shin Navigation S.A.,Panamaに売却、EVER VICTORYと改名
1974(昭49)Nan Sing Marine Corp. S.A.,Panamaに売却、NAN AHと改名
1975(昭50)Tai Yang Shipping Co. S.A.,Panamaに売却、EAST UNIONと改名
1978(昭53)Lloyd's Register 1978-1979年版より削除

日栄丸型 2隻 NICHIEI MARU Class (1950 - 1952)

日栄丸
日栄丸 Nichiei Maru
載貨重量19,000トン級の戦後の本格的な外航油槽船の第1船。船体には広範囲に溶接を採用し、波型隔壁による船体重量の軽減を図った。昭和37年(1962)以降、製鉄業界からの専用船要望に対して日東商船は旭栄丸および本型2隻を鉱石・石炭運搬用の撒積貨物船に改造することとし、船体の延長を伴う大規模な改造を実施した。これは油槽船の急速な超大型化により従来の19,000トン級油槽船の価値が低下したこと、また償却済みの油槽船は相当の改造費をかけても新造船よりもはるかに低船価であり、荷主の要請に低運賃でこたえられるためであった。
油槽船 Lpp 163.00 B 21.40 D 11.80 m 主機 T 株式会社播磨造船所(相生)建造 日東商船株式会社(東京)
Sno.453 日栄丸 (2) NICHIEI MARU 67000/JBAC 11,806G/T 18,774D/W 7,500SHP 14.973kt
起工 1950.1.25(昭25) 進水 1950.9.27(昭25) 竣工 1950.12.21(昭25) 日栄丸 NICHIEI MARU 5次
1962.11.15(昭37)石川島播磨(東京)で鉱石運搬船に改造。Lpp:179.30 B:22.60 D:14.15 15,962G/Tに変更
1964.4.1(昭39)合併に伴いジャパンライン(株)(東京)に移籍
1970.3.20(昭45)Regent Azalea Shipping Co. S. A.,Panamaに売却、REGENT AZALEAと改名
1976(昭51)Ken Hieng Nan. (Panama) Corp. S. A.,Pに売却、KENPAOと改名
1981(昭56)MEXICAN TREASUREと改名
1983(昭58)解体のためChina Dismantled Vessels Trading Corp.,Taiwanに売却。同年、高雄で解体
Sno.475 東栄丸 (2) TOEI MARU 69435/JAUA 11,976G/T 18,845D/W 7,000PS 14.5/15.403kt
起工 1952.2.28(昭27) 進水 1952.7.24(昭27) 竣工 1952.10.17(昭27) 東栄丸 TOEI MARU 7次後
1963.12.19(昭38)石川島播磨(東京)で石炭運搬船に改造。Lpp:179.30 B:22.60 D:14.15 15,962G/Tに変更
1964.4.1(昭39)合併に伴いジャパンライン(株)(東京)に移籍
1968.12.28(昭43)Liberian Lily Transports Inc.,Liberiaに売却、UNIVERSAL LILYと改名
1978(昭53)台湾の高雄で解体
東栄丸
東栄丸 Toei Maru

照國丸型 2隻 TERUKUNI MARU Class (1951 - 1952)

照國丸
照國丸 Terukuni Maru
播磨造船所建造の18,000重量トン級の油槽船。船体の90%に溶接を採用した。同所は他に同一サイズでディーゼル主機の油槽船を数隻建造している。
油槽船 Lpp 163.00(505'-0") B 21.40(64'-0") D 11.80(37'-0") m 1基
株式会社播磨造船所(相生)建造
Sno.454 照國丸 (1) TERUKUNI MARU 67015/JJBE 11,845G/T 18,791D/W 8,500PS 14.5/15.3kt
起工 1950.2.21(昭25) 進水 1950.12.23(昭25) 竣工 1951.3.29(昭26) 照國海運株式会社(東京)
照國丸 TERUKUNI MARU 5次 SCAJAP No.X164
1959(昭34)東亜汽船(株)(東京)に売却
1964(昭39)Loyal Tankers Inc., Liberiaに売却、LOYAL ECHOESと改名
1969(昭44)China Overseas Nav. Co. Ltd., Taiwanに売却
1972.5.16(昭47)解体のため売却、Nan Kwang Steel, Kaohsiungに到着
Sno.476 霧島丸 (1) KIRISHIMA MARU 69439/JAUK 12,450G/T 19,076D/W 8,000SHP 12/13.7kt
起工 1952.2.28(昭27) 進水 1952.8.22(昭27) 竣工 1952.10.27(昭27) 照國海運株式会社(東京)
霧島丸 KIRISHIMA MARU 7次後
1962.11.7(昭37)大阪商船(株)(大阪)に売却、播磨丸 HARIMA MARU と改名
1963.1(昭38)土砂運搬船に改造
1964.4.1(昭39)合併に伴い大阪商船三井船舶(株)(東京)に移籍
1968(昭43)解体のため三井物産(東京)を通じて常石造船(広島)に売却、同年1.3、解体開始
1972(昭47)Lloyd's Register 1971-1972年版より削除
霧島丸
霧島丸 Kirishima Maru

SNo.465 永安丸 EIAN MARU (1951)

永安丸
永安丸 Eian Maru
67573/JKEI 貨物船 6,475G/T 9,796D/W
起工 1950.12.24(昭25) 進水 1951.6.21(昭26) 竣工 1951.10.30(昭26)
Lpp 128.00 B 17.80 D 10.20 m 主機 D 播磨7SD72 5,597BHP 1基 13.5/17.29kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.465 八馬汽船株式会社(西宮)
永安丸 EIAN MARU 6次 SCAJAP No.E045
1951.12.21(昭26)日本郵船の北米航路・シアトル航路に就航
1966.6(昭41)Fullmoon Maritime Corporation(Libelia)に売却、FULLMOON と改名
1973.10.16(昭48)解体のため台湾の高雄に到着

SNo.466 日章丸 NISSHO MARU (1951)

日章丸
日章丸 Nissho Maru
67881/JQQV 油槽船 11,865G/T 18,774D/W
起工 1951.3.12(昭26) 進水 1951.9.16(昭26) 竣工 1951.12.22(昭26)
Lpp 163.00 B 21.40 D 11.80 m 主機 D 播磨Sulzer 10SD72 7,000PS
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.466 出光興産株式会社(東京)
日章丸 NISSHO MARU 6次追
1960(昭35)北洋水産(株)(東京)に売却、廉進丸 RENSHIN MARU と改名、三菱重工(横浜)でミール工船に改造
1964(昭39)鵬洋丸 HOYO MARU と改名

SNo.467 太栄丸 TAIEI MARU (1952)

太栄丸
太栄丸 Taiei Maru
68214/JBNR 油槽船 11,867G/T 18,507D/W
起工 1951.5.22(昭26) 進水 1951.11.27(昭26) 竣工 1952.2.15(昭27)
Lpp 163.00 B 21.40 D 11.80 m 主機 D 播磨Sulzer 10SD72 7,000BHP 1基 15.1/16.5kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.467 共栄タンカー株式会社(神戸)
太栄丸 TAIEI MARU 7次前 SCAJAP No.X181
1965(昭40)チップ専用船に改造。15,572G/T 18,060D/W

SNo.469 第三満鐵丸 MANTETSU MARU No.3 (1952)

第三満鐵丸
第三満鐵丸 Mantetsu Maru No.3
第三満鐵丸/JEZK 貨物船 4,868G/T 7,493D/W
起工 1951.5.25(昭26) 進水 1951.12.14(昭26) 竣工 1952.2.24(昭27)
Lpp 115.00 B 16.30 D 9.00 m 主機 T 2段減速 3,600/4,215SHP 1基 16.689kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.469 新日本海運株式会社(東京)
第三満鐵丸 MANTETSU MARU No.3 7次前 SCAJAP No.M146
1957.1.10(昭32)日東商船(株)(東京)に売却、天和丸 TENWA MARU と改名
1960.4(昭35)主機をD 播磨Sulzer 6SAD60 4,000BHPに換装
1964.4.1(昭39)合併に伴いジャパンライン(株)(東京)に移籍
1970.4.16(昭45)Moon Nav. Ltd.,Singaporeに売却、OCEAN MARSと改名
1974(昭49)Lloyd's Register 1974-1975年版より削除

第二雄洋丸 (1) YUYO MARU No.2 (1952)
68238/JMYS 油槽船 12,047G/T 18,775D/W
起工 1951.5.31(昭26) 進水 1952.2.8(昭27) 竣工 1952.5.1(昭27)
Lpp 163.00 B 21.40 D 11.80 m 主機 D 播磨Sulzer 10SD72 7,000BHP 1基 12/16kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 森田汽船株式会社
第二雄洋丸 YUYO MARU No.2 7次前
1959(昭34)極洋捕鯨(株)(東京)に売却、極鳳丸 KYOKUHO MARU と改名
1966.12.6(昭41)南氷洋捕鯨船団縮小に伴い売却

SNo.473 祐邦丸 YUHO MARU (1953)

祐邦丸
祐邦丸 Yuho Maru
69441/JAUJ 油槽船 17,809G/T 27,764D/W
起工 1951.12.25(昭26) 進水 1952.12.17(昭27) 竣工 1953.3.31(昭28)
Lpp 185.00 B 25.20 D 13.40 m 主機 T 石川島 衝動2段減速 14,000PS 1基 16/17.4kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.473 飯野海運株式会社(東京)
祐邦丸 YUHO MARU 7次後
1963.12.17(昭38)飯野汽船(株)(東京)設立に伴い移籍
1964.4.1(昭39)合併に伴い川崎汽船(株)(神戸)に移籍
1967.6.16(昭42)石川島播磨重工業(相生)でチップ専用船に改造完工(21,509G/T)
1969.12.30(昭44)日本汽船(神戸)に売却
1973.5(昭48)Bergen Shipping Co.Ltd., Panama に売却、YUKON MARTと改名
1975.4(昭50)解体のためGandiaに到着

SNo.478 旭栄丸 (2) KYOKUEI MARU (1953)

旭栄丸
旭栄丸 Kyokuei Maru
載貨重量19,000トン級大型油槽船の第3船。日栄丸型と主要寸法は同じだが主機はディーゼルを採用。後に石炭専用船に改造。
70238/JMJF 油槽船 11,909G/T 18,441D/W
起工 1952.11.27(昭27) 進水 1953.4.8(昭28) 竣工 1953.6.20(昭28)
Lpp 163.00 B 21.40 D 11.80 m 主機 D 播磨Sulzer 10SD72 7,000PS 14.5/15.176kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.478 日東商船株式会社(東京)
旭栄丸 KYOKUEI MARU 8次
1962.6.11(昭37)石川島播磨(相生)で石炭運搬船に改造。Lpp:179.37 B:22.60 D:14.15 15,915G/Tに変更
1964.4.1(昭39)合併に伴いジャパンライン(株)(東京)に移籍
1969.2.25(昭44)Liberian Jasmine Transports,Liberiaに売却、UNIVERSAL JASMINEと改名
1972(昭47)Far East Henrique Maritime Corp.,Liberiaに売却、JASMINEと改名
1979(昭54)Lloyd's Register 1979-1980年版より削除

SNo.477 高邦丸 KOHO MARU (1953)

高邦丸
高邦丸 Koho Maru
70273/JATN 油槽船 17,808G/T 27,799D/W
起工 1952.7.27(昭27) 進水 1953.3.10(昭28) 竣工 1953.7.1(昭28)
Lpp 185.00 B 25.20 D 13.40 m 主機 T 石川島 衝動2段減速 14,000PS 1基 16/17.4kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.477 飯野海運株式会社(東京)
高邦丸 KOHO MARU 8次
1963.12.17(昭38)飯野汽船(株)(東京)の設立に伴い移籍
1964.4.1(昭39)合併に伴い川崎汽船(株)(神戸)に移籍
1967.2.16(昭42)大阪商船三井船舶(株)(東京)に売却、川崎重工業(神戸)でチップ運搬船に改造、大王丸 TAIO MARU と改名 185.00 x 25.20 x 18.00 (m) 22,157総トン
1974.8.19(昭49)解体のため台湾の高雄に到着。同年9月5日、Tai Kien Industry Co. Ltd.,Taiwanに売却、後に台湾の高雄で解体

SNo.479 大協丸 DAIKYO MARU (1953)
70867/JCWD 油槽船 13,224G/T 20,862D/W
起工 1952.12.6(昭27) 進水 1953.6.17(昭28) 竣工 1953.8.31(昭28)
Lpp 167.00 B 22.30 D 12.30 m 主機 T 2段減速 9,295SHP 1基 15.941kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.479 大協石油株式会社(四日市)
大協丸 DAIKYO MARU 8次

SNo.470 栄幸丸 EIKO MARU (1953)

栄幸丸
栄幸丸 Eiko Maru
71475/JDBC 冷蔵運搬船 1,140G/T 1,673D/W
起工 1953.9.17(昭28) 進水 1953.10.26(昭28) 竣工 1953.12.18(昭28)
Lpp 70.00 B 10.60 D 5.40 m 主機 D 播磨Sulzer 900BHP 1基 10.2/12kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.470 日本水産株式会社(東京)
栄幸丸 EIKO MARU

SNo.480 康島丸 YASUSHIMA MARU (1954)

康島丸
康島丸 Yasushima Maru
昭和29年6月7日に横浜/ロサンゼルス間を10日9時間6分で走破し横断記録を更新した。
71772/JDRK 貨物船 9,440G/T 12,222D/W
起工 1953.9.29(昭28) 進水 1954.1.30(昭29) 竣工 1954.4.30(昭29)
Lpp 145.00 B 19.40 D 12.30 m 主機 T 石川島 4,300PS 1基 18/21.2kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.480 常島丸型 飯野海運株式会社(東京)
康島丸 YASUSHIMA MARU 9次後
1963.12.17(昭38)飯野汽船(株)(東京)の設立に伴い移籍
1964.4.1(昭39)合併に伴い川崎汽船(株)(神戸)に移籍
1970.3.6(昭45)Venus Maritime Corp., Liberiaに売却、VENUS ARGOSYと改名
1976.11.2(昭51)Piraeusで繋船
1977.12.22(昭52)解体のためSplitに向け出発

SNo.481 伊勢丸 (1) ISE MARU (1954)

伊勢丸
伊勢丸 Ise Maru
照國海運では初の載貨重量20,000トン級のいわゆるスーパー・タンカーと呼称された大型油槽船。主機のディーゼル機関は播磨造船所がSulzer & Brothers社の技術援助を受けて苦心の末に開発したRSD76型を搭載した。
71776/JDRT 油槽船 13,221G/T 20,713D/W
起工 1953.10.12(昭28) 進水 1954.3.29(昭29) 竣工 1954.7.1(昭29)
Lpp 167.00 B 22.30 D 12.30 m 主機 D 播磨Sulzer 10RSD76 9,750PS 1基 15/16.503kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.481 照國海運株式会社(東京)
伊勢丸 ISE MARU 9次後
1962.3.10(昭37)極洋捕鯨(株)(東京)に売却、極龍丸 KYOKURYU MARU と改名
1966.9.16(昭41)南氷洋捕鯨船団縮小に伴い、岡田海運(株)(大阪)に売却
1976.9.2(昭51)解体のため売却、台湾の高雄に到着同年10.14、Yung Tai Steel & Iron Works, Kaohsiungで解体開始

SNo.486 第二共栄丸 (2) KYOEI MARU No.2 (1954)

第二共栄丸
第二共栄丸 Kyoei Maru No.2
クリーンタンカー
72202/JBTA 油槽船 1,261G/T 1,837D/W
起工 1954.2.17(昭29) 進水 1954.7.2(昭29) 竣工 1954.8.31(昭29)
Lpp 65.00 B 11.00 D 5.40 m 主機 D 871BHP 1基 11.713kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.486 共栄タンカー株式会社(神戸)
第二共栄丸 KYOEI MARU No.2
1960.6.1(昭35)新栄海運(株)(神戸)に売却

SNo.485 寿洋丸 JUYO MARU (1954)

寿洋丸
寿洋丸 Juyo Maru
72215/JDUA 糖蜜運搬船 3,465G/T 5,099D/W
起工 1954.1.25(昭29) 進水 1954.7.17(昭29) 竣工 1954.9.15(昭29)
Lpp 96.00 B 14.80 D 7.70 m 主機 D 浦賀Sulzer 6TD56 2,518BHP 1基 12/13.223kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.485 森田汽船株式会社(大阪)
寿洋丸 JUYO MARU
1956.4.7(昭31)日東商船(株)(東京)に売却
1964(昭39)木材運搬船に改造
1964.4.1(昭39)合併に伴いジャパンライン(株)(東京)に移籍
1968.4.26(昭43)七洋汽船(神戸)に売却
1972(昭47)Lloyd's Register 1972-1973年版より削除

神宮丸 JINGU MARU (1955)
73564/JJQO 油槽船 13,248G/T 20,891D/W 起工 1955.1(昭30) 進水 1955.8(昭30) 竣工 1955.10(昭30)
Lpp 167.00 B 22.30 D 12.30 m 主機 T 石播東京 二段減速 9,000PS 15/16.4kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 大協石油株式会社(四日市)
神宮丸 JINGU MARU

SNo.506 天光丸 (1) TENKO MARU (1956)

天光丸
天光丸 Tenko Maru
74521/JNIO 貨物船 7,098G/T 10,818D/W
起工 1955.10.18(昭30) 進水 1956.4.19(昭31) 竣工 1956.6.30(昭31)
Lpp 128.00 B 18.00 D 11.00 m 主機 D 播磨Sulzer 7SD72 4,900PS 13.8/16.872kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.506 三光汽船株式会社(大阪)
天光丸 TENKO MARU 11次
1964.4.1(昭39)大阪商船三井船舶(株)(東京)に売却、だあばん丸 DARBAN MARU と改名
1975.7.16(昭50)Giant Tarzan Marine Corp. S. A.,Panamaに売却、GIANT TARZANと改名
1977(昭52)Rilderk Shipping Corp.,Panamaに売却、GLORY PHONEIXと改名
1979(昭54)解体のため売却、台湾の高雄で解体

SNo.505 泰邦丸 (1) TAIHO MARU (1956)

泰邦丸
泰邦丸 Taiho Maru
74608/JQDO 油槽船 20,254G/T 49,307D/W
起工 1955.10.7(昭30) 進水 1956.3.21(昭31) 竣工 1956.8.5(昭31)
Lpp 192.02 B 26.52 D 13.87 m 主機 T 石川島 2段減速 15,000PS 1基 15.1/16.6kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.505 飯野海運株式会社(東京)
泰邦丸 TAIHO MARU 11次
1963.4.17(昭38)舞鶴重工業で船体延長工事(47,000DW)
1972.11(昭47)Western Oil Co.,Panamaに売却、GRAND WESTと改名
1977.12.24(昭52)解体のため台湾の高雄に到着
1978.2.11(昭53)解体着手

姫路丸型 2隻 HIMEJI MARU Class (1956 - 1957)

姫路丸
姫路丸 Himeji Maru
自己資金により建造された10,000重量トン級の貨物船。
貨物船 Lpp 128.00 B 18.00 D 11.10 m 主機 D Sulzer & Brothers 6SD72 1基
株式会社播磨造船所(相生)建造 日本郵船株式会社(東京)
Sno.508 姫路丸 (2) HIMEJI MARU 75642/JBUI 7,360G/T 10,373D/W 4,200PS 13.2/16.5kt
起工 1956.4.21(昭31) 進水 1956.8.13(昭31) 竣工 1956.11.15(昭31) 姫路丸 HIMEJI MARU
1973.10.31(昭48)Atlantic Maritime Carriers(Liberia)に売却、ATLANTIC DARBYと改名
1976(昭51)Nicopan Shipping Co. S. A.,Greeceに売却、EVDOKIAと改名
1979.11.6(昭54)ダーバンからブラジルに向け航行中、Storms riverの西10哩(34.04S,24.06E)で座礁
1980(昭55)解体
Sno.509 彦根丸 HIKONE MARU 76219/JDMY 7,364G/T 10,362D/W 4,200PS 13.2/16.4kt
起工 1956.8.14(昭31) 進水 1956.11.10(昭31) 竣工 1957.1.28(昭32) 彦根丸 HIKONE MARU
1973.11.27(昭48)Mediterranean Maritime Carriers Inc.,Liberiaに売却、MEDITERRANEAN DARBYと改名
1976(昭51)N.S.I. Shipping S. A., Panamaに売却、CHEVALIER DARBYと改名
1989(平1)United Arabに売却、MUBARAKと改名
1989.3.20(平1)解体のためインドの解体業者に売却、Alangに到着
彦根丸
彦根丸 Hikone Maru

名古屋丸型 2隻 NAGOYA MARU Class (1957 - 1958)

名古屋丸
名古屋丸 Nagoya Maru
貨物船 Lpp 130.00 B 18.20 D 11.30 m 主機 D 播磨Sulzer 6RSD76 1基
株式会社播磨造船所(相生)建造 東京船舶株式会社(東京)
Sno.510 名古屋丸 (2) NAGOYA MARU 76791/JHQU 7,562G/T 10,329D/W 6,000PS 14.2/16.2kt
起工 1956.11.12(昭31) 進水 1957.2.10(昭32) 竣工 1957.5.30(昭32) 名古屋丸 NAGOYA MARU 12次
1977.12(昭52)Hutan (Panama) S.A.,Panamaに売却、FLUORITEと改名
1978(昭53)GREEN GARNETと改名
1981.11.10(昭56)パキスタンのGadani Beachで解体
Sno.520 バンドン丸 (2) BANDUNG MARU 80078/JKGA 7,612G/T 10,357D/W 6,000HP 14.2/16.2kt
起工 1957.8.6(昭32) 進水 1957.12.17(昭32) 竣工 1958.4.1(昭33) バンドン丸 BANDUNG MARU 13次
1978.4(昭53)Grace Navigation S.A(Hesperus (Panama)S.A.), Panamaに売却、ALISと改名
1978(昭53)HELIOTROPEと改名
1983(昭58)Lloyd's Register 1983-1984年版より削除
バンドン丸
バンドン丸 Bandung Maru

SNo.511 富士山丸 (3) FUJISAN MARU (1957)

富士山丸
富士山丸 Fujisan Maru
76792/JHQV 油槽船 20,323G/T 33,637D/W
起工 1956.11.24(昭31) 進水 1957.3.24(昭32) 竣工 1957.6.15(昭32)
Lpp 192.02 B 26.52 D 13.87 m 主機 T 石川島 2段減速 15,000KW 1基 16/17.2kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.511 飯野海運株式会社(東京)
富士山丸 FUJISAN MARU 12次
1977.1.28(昭52)韓国の馬山で解体に着手

SNo.533 播磨丸 HARIMA MARU (1957)
海上トラック
79541/JLVA 貨物船 372G/T 563D/W 起工 1957.3.11(昭32) 進水 1957.5.31(昭32) 竣工 1957.6.28(昭32)
Lpp 41.00 B 8.20 D 3.75 m 主機 D 播磨Sulzer 5TD24 450PS 1基 11/12kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.533 株式会社播磨造船所(相生)
播磨丸 HARIMA MARU
1973.1(昭48)売却

SNo.516 長門丸 (3) NAGATO MARU (1957)

長門丸
長門丸 Nagato Maru
78729/JBQS 貨物船 8,524G/T 11,091D/W
起工 1957.2.12(昭32) 進水 1957.5.8(昭32) 竣工 1957.7.23(昭32)
Lpp 132.20 B 18.60 D 11.80 m 主機 D 三菱長崎 7UEC65/125 6,274PS 1基 14/17.909kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.516 長門丸型 日本郵船株式会社(東京)
長門丸 NAGATO MARU
1975(昭50)Great Fortune Navigation Co.,Panamaに売却、GREAT CONCORDと改名
1978(昭53)Ta Cheng Marine Co. Ltd.,Taiwanに移籍
1979(昭54)台湾の高雄で解体

SNo.512 宝栄丸 HOEI MARU (1957)

宝栄丸
宝栄丸 Hoei Maru
79107/JHXY 油槽船 20,257G/T 32,929D/W
起工 1957.3.26(昭32) 進水 1957.7.28(昭32) 竣工 1957.10.22(昭32)
Lpp 192.02 B 26.52 D 13.87 m 主機 D 播磨Sulzer 10RSAD76 13,933PS 1基 15/16.753kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.512 日東商船株式会社(東京)
宝栄丸 HOEI MARU
1964(昭39)日新興業(のちの日新汽船)(東京)に売却
1976(昭51)解体のため日商岩井(東京)を通じ、Dongkuk Steel Mill Co.,South Koreaに売却、 同年、Busanで解体

SNo.513 仁栄丸 JIN-EI MARU (1957)

仁栄丸
仁栄丸 Jin-Ei Maru
79491/JNAD 油槽船 13,247G/T 20,779D/W
起工 1957.5.10(昭32) 進水 1957.8.24(昭32) 竣工 1957.11.22(昭32)
Lpp 167.00 B 22.30 D 12.30 m 主機 D Sulzer & Brothers 播磨 9,100PS 1基 15/16.529kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.513 共栄タンカー株式会社(神戸)
仁栄丸 JIN-EI MARU

SNo.518 英和丸 EIWA MARU (1958)

英和丸
英和丸 Eiwa Maru
80104/JLNP 貨物船 9,178G/T 起工 1957.10.10(昭32) 進水 1957.11.13(昭32) 竣工 1958.2.25(昭33)
Lpp 140.00 B 19.40 D 12.00 m 主機 D 5,288BHP 1基 13.5/16.513kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.518 日東商船株式会社(東京)
英和丸 EIWA MARU
1963.12.26(昭38)木材運搬船に改造
1964.4.1(昭39)合併に伴いジャパンライン(株)(東京)に移籍
1971(昭46)Regent Vanda Shipping Co. S.A.,Panamaに売却、REGENT VANDAと改名
1976(昭51)Korea Line Corp.,South Koreaに売却、QUEEN ROSEと改名
1978(昭53)InchonからJeddahに向け航行中、アラビア海(20.23N,58.29E)で座礁
1980(昭55)高雄で解体

帝光丸型 2隻 TEIKO MARU Class (1958)

帝光丸
帝光丸 Teiko Maru
播磨造船所で建造された1万重量トン級の大型貨物船。東光丸のほうが先に竣工した。
貨物船 Lpp 128.00 B 18.00 D 11.00 m 主機 D 播磨Sulzer 7SD72 1基
株式会社播磨造船所(相生)建造 三光汽船株式会社(尼崎)
Sno.521 帝光丸 TEIKO MARU 81948/JMQG 7,216G/T 10,849D/W 4,815PS 16.967kt
起工 1958.3.17(昭33) 進水 1958.9.12(昭33) 竣工 1958.11.6(昭33) 帝光丸 TEIKO MARU
1963.7(昭38)木材運搬船に改造
1971(昭46)ORIENTAL EMPIREと改名
1974(昭49)YANNIS Mと改名
1977(昭52)Good Traveller Shipping Co. S.A.,Greeceに売却、GOOD TRAVELERと改名
1983.8.7(昭58)解体のためインドのAlangに到着
Sno.534 東光丸 (1) TOKO MARU 80592/JMTT 7,214G/T 4,815PS 13.8/16.967kt
起工 1957.11.14(昭32) 進水 1958.2.15(昭33) 竣工 1958.4.22(昭33) 東光丸 TOKO MARU
1961.3.9(昭36)大阪商船(株)(大阪)に売却、もんばさ丸 Mombasa Maru と改名
1964.4.1(昭39)合併に伴い大阪商船三井船舶(株)(東京)に移籍
1979(昭54)Pearl Island Transportation Ltd. S. A.,Panamaに売却、PEARL GULFと改名。同年、Sophon Saengophas(Panama)に売却、BANGKOK MARUと改名
1980(昭55)Bombayで解体

海蔵丸 KAIZO MARU (1958)
77427/JGLN 油槽船 20,949G/T 33,251D/W 起工 1957.11(昭32) 進水 1958.3(昭33) 竣工 1958.5(昭33)
Lpp 192.02 B 26.52 D 13.87 m 主機 T 石川島 2段減速 15,000PS 1基 16/17.5kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 大協石油株式会社(四日市)
海蔵丸 KAIZO MARU

SNo.523 剛邦丸 (1) GOHO MARU (1958)

剛邦丸
剛邦丸 Goho Maru
81472/JMJG 油槽船 28,428G/T 50,408D/W
起工 1958.3.19(昭33) 進水 1958.9.19(昭33) 竣工 1958.11.11(昭33)
Lpp 213.00 B 30.50 D 15.20 m 主機 T 石川島 2段減速複汽筒 17,600PS 1基 16.2/17.5kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.523 飯野海運株式会社(東京)
剛邦丸 GOHO MARU 13次
1975(昭50)Jackson Steamship Co.,Liberiaに売却、DESERT SONGと改名
1977.5.23(昭52)解体のため台湾の高雄に到着同年7月17日、解体に着手

双栄丸 SOEI MARU (1960)

双栄丸
双栄丸 Soei Maru
84553/JFDX 貨物船 7,310G/T 110,395D/W 起工 1959.11(昭34) 進水 1960.2(昭35) 竣工 1960.5.4(昭35)
Lpp 128.30 B 18.00 D 11.00 m 主機 D 播磨Sulzer 7SAD72 6,500BHP 1基 14.7/17.7kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 共栄タンカー株式会社(神戸)
双栄丸 SOEI MARU 15次
1962.12.14(昭37)日本郵船(株)(東京)に売却
1969.12.28(昭44)Limsan Corp. S.A.,Panamaに売却、CARIBBEAN STARと改名
1971(昭46)Nile Nav. Co. Ltd.,Panamaに移籍
1975(昭50)Beaufort Maritime Carriers Inc.,Panamaに売却、BEAUFORT CAREERと改名
1976(昭51)Golden Star Shipping Ltd.,Panamaに売却、UNIQUE STARと改名
1980(昭55)Vietnam Ocean Shipping Co.,Vietnamに売却、SONG NHUEと改名
1996(平8)BIEN DONG 2と改名
2006(昭57)Lloyd's Register 2006-2007年版に掲載
ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.10