船歴 本邦建造船38 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

株式会社播磨造船所

SNo.141 まがね丸 MAGANE MARU (1929)

まがね丸
まがね丸 Magane Maru
34017/JRNY 貨物船 1,416G/T 2,044D/W 起工 1928.7.18(昭3) 進水 1929.1.8(昭4) 竣工 1929.2.14(昭4)
Lpp 73.15(240'-0") B 10.67(35'-0") D 5.79(19'-0") m 主機 R 3連成 1,353IHP 1基 9/12.839kt
株式会社神戸製鋼所播磨造船工場(相生)建造 Sno.141 池田商事株式会社(岡山)
まがね丸 MAGANE MARU

SNo.162 日出丸 (1) HIDE MARU (1930)

日出丸
日出丸 Hide Maru
35845/VFTW 貨物船 5,181G/T 8,512D/W 起工 1929.8.9(昭4) 進水 1930.2.12(昭5) 竣工 1930.3.26(昭5)
Lpp 121.92(400'-0") B 16.15(53'-0") D 9.45(31'-0") m 主機 R 3連成 3,747IHP 1基 14.759kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.162 杤木商事株式会社(神戸)
日出丸 HIDE MARU
1943.6.10(昭18)トラック島近海(2.43N,152.0E)で米潜SILVERSIDES(SS-236)の雷撃により沈没

SNo.177 高島丸 TAKASHIMA MARU (1930)

高島丸
高島丸 Takashima Maru
35925/VFNL→JNNH 貨物船 494G/T 650D/W
起工 1930.2.15(昭5) 進水 1930.4.9(昭5) 竣工 1930.5.3(昭5)
Lpp 45.72(150'-0") B 8.23(27'-0") D 4.50(14'-9") m 主機 R 3連成 519IHP 1基 9.5/10.829kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.177 飯野商事株式会社(京都・府中)
高島丸 TAKASHIMA MARU
1937.8.31(昭12)飯野汽船(株)(東京)に移籍、同年12月24日、陸軍に徴用
1941.3.13(昭16)合併に伴い飯野海運産業(株)(東京)に移籍
1942.12.27(昭17)陸軍徴用船として行動中、ミクロネシア・ポナペ島沖(8.44S,158.04E)で空爆により沈没

SNo.178 第二日進丸 NISSHIN MARU No.2 (1930)

第二日進丸
第二日進丸 Nisshin Maru No.2
35867/JELQ 硫酸運搬船 349G/T 388D/W 起工 1930.2.15(昭5) 進水 1930.4.16(昭5) 竣工 1930.5.9(昭5)
Lpp 42.67(140'-0") B 7.47(24'-6") D 3.96(13'-0") m 主機 D M.A.N. 404BHP 1基 7.25/10.301kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.178 住友別子鑛山株式会社(新居浜)
第二日進丸 NISSHIN MARU No.2 播磨造船所の社史によると完工時、中央汽船の所有、船種は鉱石運搬船とある
1937.6.21(昭12)社名変更に伴い住友鉱業(新居浜)に移籍
1942.5.18(昭17)中央汽船運航(株)(新居浜)の設立に伴い移籍
1946.5(昭21)社名変更に伴い中央汽船(大阪)に移籍
1952.3(昭27)主機を換装
1956.8(昭31)東海運(株)(東京)に売却
1957.2(昭32)森実運輸(株)(新居浜)に売却
1964(昭39)船名録から削除

SNo.179 富士山丸 (1) FUJISAN MARU (1931)

富士山丸
富士山丸 Fujisan Maru
36743/VLFB→JJZC 油槽船 9,527G/T 12,701D/W
起工 1930.8.28(昭5) 進水 1931.5.31(昭6) 竣工 1931.8.27(昭6)
Lpp 149.35(490'-0") B 19.81(65'-0") D 11.28(37'-0") m 主機 D M.A.N. 2DA 9,390BHP 1基 15.5/18.797kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.179 飯野商事株式会社(舞鶴)
富士山丸 FUJISAN MARU
1941.3.13(昭16)社名変更に伴い飯野海運産業(株)(東京)に移籍
1941.11.22(昭16)海軍に徴用
1941.12.10(昭16)特設運送船(給油船)に入籍
1944.2.17(昭19)海軍徴傭船として行動中、トラック島港内で空爆により沈没

SNo.182 第二鷹取丸 TAKATORI MARU NO.2 (1931)

第二鷹取丸
第二鷹取丸 Takatori Maru No.2
36828/VKHC→JAVE 油槽船 524G/T 592D/W
起工 1931.6.6(昭6) 進水 1931.8.26(昭6) 竣工 1931.9.22(昭6)
Lpp 51.82(170'-0") B 8.84(29'-0") D 3.81(12'-6") m 主機 D 神戸製鋼Sulzer 524BHP 1基 11/12.309kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.182 飯野商事株式会社(舞鶴)
第二鷹取丸 TAKATORI MARU NO.2
1937.9.25(昭12)海軍に徴傭
1938.3.28(昭13)徴傭解除同年4月15日、海軍に再度徴傭
1941.3.13(昭16)社名変更に伴い飯野海運産業(東京)に移籍同年4月3日、徴傭解除同年11月4日、海軍に再度徴傭
1944.2.22(昭19)海軍徴傭船として行動中、ラバウル港(4.15S,152.30E)で空爆により沈没

SNo.184 浄寶縷丸 JOHORE MARU (1932)

浄寶縷丸
浄寶縷丸 Johore Maru
37703/JJFE 貨客船 6,181G/T 8,772D/W
起工 1931.9.21(昭6) 進水 1932.4.23(昭7) 竣工 1932.8.24(昭7)
Lpp 125.49 B 17.07 D 9.91 m 主機 R&T 排気タービン付3連成 4,760IHP 1基 17.005kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.184 名古屋丸型 石原産業海運合資会社(東京)
浄寶縷丸 JOHORE MARU
1935.7.6(昭10)南洋海運(株)(京都・府中)の設立に伴い現物出資
1943.10.23(昭18)南洋方面(2-0N,144-46E)で米潜SILVERSIDES(SS-236)の雷撃により沈没

SNo.191 第五米丸 YONE MARU NO.5 (1933)
36711/JTME 貨客船 192G/T 起工 1932.11.12(昭7) 進水 1933.1.9(昭8) 竣工 1933.1.31(昭8)
Lpp 32.31 B 5.94 D 3.05 m 主機 D 420BHP 10/10.9kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.191 藤村商船(高知)
第五米丸 YONE MARU NO.5 船客 84
1934.1.24(昭9)藤村商船の買収により土佐商船(株)(高知)に移籍
1942.5.4(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴ない移籍
1945.12.31(昭20)中国の南京で中国軍に接収された以後不明

SNo.189 小牧丸 KOMAKI MARU (1933)

小牧丸
小牧丸 Komaki Maru
鞍馬丸以下3隻で配船を開始した紐育航路を定期運航するためにさらに2隻計画された大型高速貨物船の第1船。
38561/JNFI 貨物船 6,456G/T 9,768D/W
起工 1932.6.18(昭7) 進水 1933.7.8(昭8) 竣工 1933.11.27(昭8)
Lpp 137.16(450'-0") B 18.59(61'-0") D 12.19(40'-0") m 主機 D 神鋼無気噴射2cycle 7,000/8,735BHP 1基 17/19.583kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.189 國際汽船株式会社(東京)
小牧丸 KOMAKI MARU
1942.4.18(昭17)ラバウル(4.15S,152.20E)で空爆により沈没

SNo.205 金剛丸 KONGO MARU (1935)

金剛丸
金剛丸 Kongo Maru
40114/JWIJ 貨物船 7,061G/T 9,583D/W
起工 1934.2.22(昭9) 進水 1934.12.7(昭9) 竣工 1935.3.4(昭10)
Lpp 137.16(450'-0") B 18.59(61'-0") D 12.19(40'-0") m 主機 D 神鋼複動2cycle 9,401PS 1基 19.536kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.205 清澄丸型 國際汽船株式会社(東京)
金剛丸 KONGO MARU 第1次船舶改善助成施設適用船
1943.10.14(昭18)中国の厦門(24.15N,118.05E)で空爆により沈没

第一雲洋丸 UNYO MARU No.1 (1936)
42581/JHEL 貨物船 2,042G/T 2,650D/W 進水 1936(昭11)
Lr 84.64 B 12.19 D 6.40 m 主機 R 3連成 1,500IHP 11/13kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 中村汽船株式会社(神戸)
第一雲洋丸 UNYO MARU No.1

香椎丸型 2隻 KASHII MARU Class (1936)

香椎丸
香椎丸 Kashii Maru
貨物船 Lpp 137.16(450'-0") B 18.59(61'-0") D 12.19(40'-0") m 衣笠丸型 國際汽船株式会社(東京)
Sno.215 香椎丸 KASHII MARU 41651/JHOJ 6,825G/T 9,388D/W
主機 D Sulzer & Brothers 神鋼複動2cycle 7,000/8,595BHP 1基 17/19.435kt
起工 1935.6.15(昭10) 進水 1936.1.24(昭11) 竣工 1936.4.18(昭11)
株式会社播磨造船所(相生)建造 香椎丸 KASHII MARU
1936.5.3(昭11)日本郵船の欧州航路・北欧線に就航
1943.11.11(昭18)合併に伴い大阪商船(株)(大阪)に移籍
1944.11.10(昭19)レイテ島のオルモック湾(10.58N,124.35E)で空爆により沈没
Sno.216 香久丸 KAGU MARU 41958/JHAL 6,800G/T 9,354D/W
主機 D 川崎M.A.N. 7,000/8,353BHP 1基 17/19.503kt
起工 1935.11.21(昭10) 進水 1936.4.18(昭11) 竣工 1936.6.30(昭11)
株式会社播磨造船所(相生)建造 香久丸 KAGU MARU
1943.11.11(昭18)合併に伴い大阪商船(株)(大阪)に移籍
1944.11.17(昭19)レイテ島沖(15.55N,119.44E)で雷撃と空爆により沈没
香久丸
香久丸 Kagu Maru

SNo.219 濱江丸 HINKO MARU (1936)

濱江丸
濱江丸 Hinko Maru
関588/JQDG 貨物船 5,419G/T 起工 1935.11.21(昭10) 進水 1936.6.19(昭11) 竣工 1936.9.20(昭11)
Lpp 120.40 B 16.16 D 9.14 m 主機 R&T 排気タービン付 3,600IHP 1基 12.5/13.5kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.219 大連汽船株式会社(大連)
濱江丸 HINKO MARU 第2次船舶改善助成施設適用船
1944.7.4(昭19)小笠原諸島父島の二見ケ浦で空爆を受けて擱座、さらに雷撃を受けて沈没

SNo.226 福山丸 FUKUYAMA MARU (1937)

福山丸
福山丸 Fukuyama Maru

S.Kizu
42632/JHDL 貨物船 3,581G/T 起工 1936.6.27(昭11) 進水 1936.11.6(昭11) 竣工 1937.1.20(昭12)
Lpp 102.11 B 14.63 D 7.92 m 主機 R 1,900NHP/2,782IHP 1基 15.511kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.226 會陽汽船株式会社(神戸)
福山丸 FUKUYAMA MARU
1944.2.23(昭19)海軍徴用船として運行中、サイパン島西方40哩で米潜TANG(SS-306)の雷撃により沈没

SNo.227 立神 TATEGAMI (1937)
62547/JRXZ 曳船兼救難艇 596G/T 540D/W
起工 1936.3.27(昭11) 進水 1936.8.29(昭11) 竣工 1937.1.25(昭12)
Lpp 49.00 B 9.50 D 4.80 m 主機 R 3連成 2,278IHP 2基 12/15.37kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.227 海軍省(東京)
立神 TATEGAMI SCAJAP No.S169
1949(昭24)日本サルヴェージ(株)(東京)に売却、立神丸 TATEGAMI MARU と改名
1967(昭42)解体

東洋丸型 2隻 TOYO MARU Class (1937)

東洋丸
東洋丸 Toyo Maru

S.Kizu
貨物船 Lpp 110.00 B 15.24 D 8.84 m 主機 T 石川島 1基
株式会社播磨造船所(相生)建造 澤山汽船株式会社(神戸)
Sno.228 東洋丸 (1) TOYO MARU 42940/JHFL 4,163G/T 2,969SHP 16.344kt
起工 1936.9.8(昭11) 進水 1937.1.24(昭12) 竣工 1937.4.9(昭12) 東洋丸 TOYO MARU
1943.6.26(昭18)横須賀からトラック島に向け航行中、八丈島の西方沖80km(33.10N,139.00E)で米潜JAC(SS-259)の雷撃により沈没
Sno.238 第二東洋丸 (2) TOYO MARU No.2 42989/JHLL 4,162G/T 6,242D/W 3,062SHP 16.734kt
起工 1937.3.30(昭12) 進水 1937.6.28(昭12) 竣工 1937.9.21(昭12) 第二東洋丸 TOYO MARU No.2 船客 1等 10
1943.4.2(昭18)南洋エンターピー岬沖(7.22N,149.18E)で米潜TUNNY(SS-282)の雷撃により沈没
第二東洋丸
第二東洋丸 Toyo Maru No.2

SNo.230 金泉丸 KINSEN MARU (1937)
朝2282/JEWG 貨物船 3,081G/T 起工 1936.11.10(昭11) 進水 1937.2.27(昭12) 竣工 1937.4.15(昭12)
Lpp 96.00 B 14.00 D 7.50 m 主機 R 3連成 2,037IHP 11/13.669kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.230 朝鮮郵船株式会社(仁川)
金泉丸 KINSEN MARU
1948(昭23)船名録に掲載

八海山丸 HAKKAISAN MARU (1937)
貨物船 3,000G/T 4,800D/W 起工 1936.2.26(昭11) 進水 1937.3.25(昭12) 竣工 1937.6(昭12)
株式会社播磨造船所(相生)建造 鏑木汽船株式会社(東京)
八海山丸 HAKKAISAN MARU

SNo.235 國島丸 (1) KUNISHIMA MARU (1937)
42978/JHJL 貨物船 4,083G/T 起工 1937.3.5(昭12) 進水 1937.6.4(昭12) 竣工 1937.8.30(昭12)
Lpp 100.10 B 15.24 D 8.84 m 主機 T 3,400SHP 14.5/16.9kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.235 飯野汽船株式会社(神戸)
國島丸 KUNISHIMA MARU
1940.1.4_(昭15)海軍に徴傭

SNo.251 凌風丸 RYOFU MARU (1937)

凌風丸
凌風丸 Ryofu Maru
43651/JHIL 気象観測船 1,181G/T 起工 1937.2.3(昭12) 進水 1937.5.17(昭12) 竣工 1937.8.31(昭12)
Lpp 68.58 B 10.59 D 5.11 m 主機 D 1,369BHP 2基 14.541kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.251 文部省(東京)
凌風丸 RYOFU MARU
1937.10.31(昭12)処女航海。南西諸島海域の観測
1945(昭20)終戦時、残存。帰還輸送に従事。輸送合計5,138名
1947.1.16(昭22)北方定点観測、第1船(1953年11年)
1955.8(昭30)9月まで三陸沖の黒潮追跡観測に参加
1966.6.21(昭41)同29日まで八丈島、鳥島の調査を最後に代船の完成により用途廃止

SNo.239 共榮丸 (1) KYOEI MARU (1937)

共榮丸
共榮丸 Kyoei Maru
43726/JHNL 油槽船 591G/T 742D/W
起工 1937.5.20(昭12) 進水 1937.9.23(昭12) 竣工 1937.10.28(昭12)
Lpp 53.34 B 9.14 D 3.89 m 主機 D 神戸製鋼Sulzer 617BHP 1基 12.275kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.239 共榮タンカー株式会社(神戸)
共榮丸 KYOEI MARU クリーンタンカー
1944.11.16(昭19)インドネシアのタラカン沖(3.30N,117.0E)で空爆により沈没

SNo.236 神津丸 KAMITSU MARU (1937)
43455/JHKL 貨物船 2,721G/T 起工 1937.2.9(昭12) 進水 1937.5.27(昭12) 竣工 1937.9.10(昭12)
Lpp 91.44 B 13.72 D 7.47 m 1,600/2,060HP 12/14.487kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.236
1943.11.16(昭18)合併に伴ない大阪商船(株)(大阪)に移籍
1945.6.26(昭20)横浜から函館に向け航行中、岩手県H崎沖7マイル(39.25N, 142.04E)で米潜PARGO(SS-264)の雷撃により沈没

SNo.237 國津丸 KUNITSU MARU (1937)
43473/JHML 貨物船 2,722G/T 起工 1937.5.3(昭12) 進水 1937.9.22(昭12) 竣工 1937.10.30(昭12)
Lpp 91.44 B 13.72 D 7.47 m 主機 T 1,600/1,958SHP 14.467kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.237 攝津商船株式会社(大阪)
國津丸 KUNITSU MARU
1943.11.16(昭18)合併に伴ない大阪商船(株)(大阪)に移籍
1945.9.14(昭20)シンガポールで英国軍に接収以後不詳

SNo.252 御獄山丸 MITAKESAN MARU (1938)

御獄山丸
御獄山丸 Mitakesan Maru
44254/JHOL 貨物船 4,442G/T 6,418D/W
起工 1937.6.9(昭12) 進水 1937.11.6(昭12) 竣工 1938.1.21(昭13)
Lpp 110.00 B 15.24 D 8.84 m 主機 T 2段減速 川崎 3,507SHP 1基 16.689kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.252 鏑木汽船株式会社(東京)
御獄山丸 MITAKESAN MARU

SNo.258 會昌丸 KAISHO MARU (1938)
福山丸の船型を大型化しさらに馬力を増強したタービンを装備した6,100重量トン級の貨物船として計画、建造された。
44609/JHWL 貨物船 4,164G/T 起工 1937.10.2(昭12) 進水 1938.5.10(昭13) 竣工 1938.6.30(昭13)
Lpp 110.00 B 15.24 D 8.80 m 主機 T 2段減速 3,565SHP 1基 16.963kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.258 會陽汽船株式会社(神戸)
會昌丸 KAISHO MARU
1943.8.22(昭18)海軍徴用船として運行中、マリアナ諸島付近 (10.13N,147.20E)で雷撃により沈没

第六京丸型 5隻 KYO MARU No.6 Class (1938 - 1940)

第六京丸
第六京丸 Kyo Maru No.6
捕鯨船 Lpp 40.00 B 8.20 D 4.30 m 主機 R 3連成 1基 極洋捕鯨株式会社(東京)
Sno.276 第六京丸 (1) KYO MARU No.6 45092/JHPL 341G/T 1,277IHP 14.401kt
起工 1937.10.12(昭12) 進水 1938.1.15(昭13) 竣工 1938.8.10(昭13)
株式会社播磨造船所(相生)建造 第六京丸 KYO MARU No.6
Sno.277 第七京丸 (1) KYO MARU No.7 45093/JHQL 341G/T 1,335IHP 14.077kt
起工 1937.10.12(昭12) 進水 1938.1.15(昭13) 竣工 1938.8.10(昭13)
株式会社播磨造船所(相生)建造 第七京丸 KYO MARU No.7
Sno.278 第八京丸 KYO MARU No.8 45128/JHTL 341G/T 1,370IHP 14.258kt
起工 1937.11.16(昭12) 進水 1938.2.16(昭13) 竣工 1938.8.19(昭13)
株式会社播磨造船所(相生)建造 第八京丸 KYO MARU No.8
Sno.279 第十京丸 (1) KYO MARU No.10 45134/JHUL 341G/T 1,308IHP 14.714kt
起工 1937.11.16(昭12) 進水 1938.2.16(昭13) 竣工 1938.8.19(昭13)
株式会社播磨造船所(相生)建造 第十京丸 KYO MARU No.10

妙見丸型 2隻 MYOKEN MARU Class (1938 - 1939)

妙見丸
妙見丸 Myoken Maru
貨物船 Lpp 110.00 B 15.24 D 8.84 m 主機 T 石川島 1基
株式会社播磨造船所(相生)建造 日本郵船株式会社(東京)
Sno.267 妙見丸 MYOKEN MARU 45197/JHFX 4,126G/T 4,528SHP 16/17.631kt
起工 1938.3.26(昭13) 進水 1938.7.18(昭13) 竣工 1938.9.30(昭13) 妙見丸 MYOKEN MARU
1939.8.12(昭14)東亞海運(株)(東京)に出資
1942.1.24(昭17)モルッカ海(1.26N,125.10E)で潜水艦の雷撃により沈没
Sno.268 妙法丸 MYOHO MARU 45690/JQAM 4,122G/T 4,690SHP 16/17.709kt
起工 1938.8.18(昭13) 進水 1939.2.3(昭14) 竣工 1939.4.1(昭14) 妙法丸 MYOHO MARU 船客 1等 4
1939.8.12(昭14)東亞海運(株)(東京)に出資
1943.1.19(昭18)ソロモン海域(5.38S,156.20E)で米潜SWORDFISH(SS-193)の雷撃により沈没

SNo.265 乾洋丸 (1) KENYO MARU (1938)

乾洋丸
乾洋丸 Kenyo Maru
44845/JHYL 貨物船 6,470G/T 9,875D/W
起工 1937.11.24(昭12) 進水 1938.8.8(昭13) 竣工 1938.10.15(昭13)
Lpp 132.50 B 17.85 D 10.00 m 主機 T 石川島 4,944SHP 1基 14.3/17.9kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.265 乾汽船株式会社(神戸)
乾洋丸 KENYO MARU
1941.6(昭16)乾陽丸 KENYO MARU と改名
1943.3.23(昭18)海軍徴用船としてサイパンから日本に向け航行中、マリアナ列島ググアン島の西方95km(17.16N,144.56E)で米潜WHALE(SS-239)の雷撃により沈没

あかつき丸型 2隻 AKATSUKI MARU Class (1938 - 1939)

あかつき丸
あかつき丸 Akatsuki Maru
油槽船 Lpp 152.40 B 19.81 D 11.43 m 主機 D 神鋼 1基 日本海運株式会社(東京)
Sno.255 あかつき丸 AKATSUKI MARU 45214/JUQM 10,216G/T 14,011D/W 10,678BHP 20.13kt
起工 1937.6.21(昭12) 進水 1938.8.20(昭13) 竣工 1938.10.31(昭13)
株式会社播磨造船所(相生)建造 あかつき丸 AKATSUKI MARU 優秀船舶建造助成施設適用船
Sno.256 あけぼの丸 AKEBONO MARU 46207/JGEM 10,182G/T 10,820BHP 20.063kt
起工 1938.1.25(昭13) 進水 1939.6.10(昭14) 竣工 1939.8.15(昭14)
株式会社播磨造船所(相生)建造 あけぼの丸 AKEBONO MARU

SNo.264 黒潮丸 KUROSHIO MARU (1939)

黒潮丸
黒潮丸 Kuroshio Maru
東和汽船社長菊地吉蔵と元大連汽船専務取締役増田義男の両氏が設立した中外海運会社が初めて建造した13,500重量頓級の高速油槽船。主機に石川島製の2段減速ギヤードタービンを採用した。
45674/JZPM 油槽船 10,384G/T 14,960D/W
起工 1938.1.21(昭13) 進水 1938.12.8(昭13) 竣工 1939.2.28(昭14)
Lpp 152.40 B 20.12 D 11.43 m 主機 T 2段減速 石川島 11,805SHP 1基 14.96/20.69kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.264 中外海運株式会社(東京)
黒潮丸 KUROSHIO MARU 船客 1等)4

興津丸型 4隻 OKITSU MARU Class (1939 - 1940)

興津丸
興津丸 Okitsu Maru
貨物船 Lpp 132.50 B 17.85 D 10.00 m 主機 T 石川島 1基
株式会社播磨造船所(相生)建造 日本郵船株式会社(東京)
Sno.260 興津丸 (1) OKITSU MARU 46267/JGFM 6,666G/T 9,765D/W 5,270SHP 13/17.65kt
起工 1938.8.25(昭13) 進水 1939.8.9(昭14) 竣工 1939.10.15(昭14) 興津丸 OKITSU MARU
1944.1.26(昭19)トラック島からマーシャル諸島ブラウン環礁エニウエトク島に向け航行中、東カロリン諸島ポナペ島の北約150浬(9.24N,157.45E)で米潜CREVALLE(SS-291)の雷撃により沈没
Sno.266 西阿丸 SEIA MARU 45391/JGCM 6,658G/T 4,500/5,355SHP 12.67/18.339kt
起工 1938.5.17(昭13) 進水 1939.3.4(昭14) 竣工 1939.4.26(昭14) 西阿丸 SEIA MARU 船客 1等12
1944.9.1(昭19)ハルマヘラ島の沖(1.46S,125.29E)で空爆により沈没
西阿丸
西阿丸 Seia Maru
他社同型船に日本郵船の興津丸、尾上丸があった。
Sno.261 尾上丸 (1) ONOE MARU 41811/JGIM 6,667G/T 9,746D/W 5,429HP 13/17.676kt
起工 1939.6.15(昭14) 進水 1939.12.26(昭14) 竣工 1940.3.15(昭15) 尾上丸 ONOE MARU
1943.11.26(昭18)ラバウルからトラック島に向け航行中、ラバウルの北西約370浬(0.40N,148.20E)で米潜RATON(SS-270)の雷撃により沈没
尾上丸
尾上丸 Onoe Maru

S.Kizu
Sno.262 南阿丸 NANA MARU 46836/JGJM 6,757G/T 5,772BHP 15/18.365kt
起工 1939.6.17(昭14) 進水 1940.4.16(昭15) 竣工 1940.6.29(昭15) 南阿丸 NANA MARU
1942.1.23(昭17)バリクパパン沖(6.00S,105.00E)で空爆により沈没
南阿丸
南阿丸 Nana Maru

興東丸型 8隻 HSING TUNG MARU Class (1939 - 1941)

興東丸
興東丸 Hsing Tung Maru
日清汽船が昭和13年(1938)に上海漢口線の増強のため計画した3,300総トン級の浅喫水型貨客船。日清汽船は新造船の主要寸法、満載喫水、載貨重量、最高速力を指定して各造船所に計画案の提示を求めた。採用されたのは浦賀船渠案で主機には浅喫水に適する複2連成と低圧タービン連動汽機を組合わせた1DC型を2基搭載し、最大速力は17ノットであった。全船が東亞海運の設立後に竣工した。
貨客船 Lpp 97.50 B 15.25 D 4.70 m 日清汽船株式会社(東京)
Sno.271 興東丸 HSING TUNG MARU 46800/JDGO 3,363G/T
主機 R 3連成 4,185IHP 2基 17.812kt
起工 1938.12.17(昭13) 進水 1939.5.26(昭14) 竣工 1939.8.15(昭14)
株式会社播磨造船所(相生)建造 興東丸 HSING TUNG MARU 船客 1等)28 2等)40 3等)563
1939.8.5(昭14)建造中に東亞海運(株)(東京)の設立に伴いに移籍
1945.9.26(昭20)下関の巌流島灯台48度、0.7km沖で触雷、沈没
Sno.274 興亞丸 HSING YA MARU 46804/JDHO 3,365G/T
主機 R 3連成 4,359IHP 2基 17.812kt
起工 1939.3.10(昭14) 進水 1939.9.28(昭14) 竣工 1939.12.15(昭14)
株式会社播磨造船所(相生)建造 興亞丸 HSING YA MARU
1939.8.5(昭14)建造中に東亞海運(株)(東京)の設立に伴い移籍
1945(昭20)中国に接収されChina Merchant Steam Nav. Co. Ltd.(招商局、上海)に移籍、江亞 CHIANG YA と改名
1949(昭24)China People's Steam Nav. Co.(Shanghai)に移籍
1987Lloyd's Register 1987-1988年版に掲載
興亞丸
興亞丸 Hsing Ya Maru

興昌丸 HSING CHANG MARU (1940)
興昌丸
興昌丸 Hsing Chang Maru

戦後の姿

興隆丸 HSING LUNG MARU (1940)

興國丸 HSING KUO MARU (1940)

興泰丸 HSING TAI MARU (1940)
興泰丸
興泰丸 Hsing Tai Maru

興運丸 HSING YUN MARU (1940)
興運丸
興運丸 Hsing Yun Maru
東京石川島造船所が造船能力拡充のため昭和14年2月に深川工場(現江東区)を建設し、その建造第1船となった。

興平丸 HSING PING MARU (1941)
興平丸
興平丸 Hsing Ping Maru

SNo.269 岩代丸 IWASHIRO MARU (1939)
46374/JGGM 貨物船 3,550G/T 起工 1939.3.19(昭14) 進水 1939.9.9(昭14) 竣工 1939.10.10(昭14)
Lpp 103.21 B 14.63 D 7.93 m 主機 R 2,954IHP 1基 15.231kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.269 會陽汽船株式会社(神戸)
岩代丸 IWASHIRO MARU
1943.1.15(昭18)海軍徴用船として運行中、マーシャル諸島のクェゼリン島沖で雷撃により沈没

SNo.270 松江丸 SHOKO MARU (1940)
関785/JQYG 貨物船 5,385G/T 起工 1939.5.12(昭14) 進水 1939.12.9(昭14) 竣工 1940.3.10(昭15)
Lpp 120.40 B 16.16 D 9.14 m 主機 T 4,080SHP 13/14kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.270 大連汽船株式会社(大連)
松江丸 SHOKO MARU
1941.10.30(昭16)運送船として徴用
1943.5.29(昭18)台湾の基隆から九州の八幡に向け航行中、東シナ海(29.37N,125.00E)で米潜SAURY(SS-189)の雷撃により沈没

SNo.332 第十三京丸 KYO MARU No.13 (1940)

第十三京丸
第十三京丸 Kyo Maru No.13
47660/JGQM 捕鯨船 340G/T 起工 1940.5.22(昭15) 進水 1940.8.23(昭15) 竣工 1940.9.30(昭15)
Lpp 40.00 B 8.20 D 4.30 m 主機 R 3連成 1,310IHP 1基 14.108kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.332 第六京丸型 極洋捕鯨株式会社(東京)
第十三京丸 KYO MARU No.13

乾進丸型 2隻 KENSHIN MARU Class (1940 - 1942)

乾進丸
乾進丸 Kenshin Maru
貨物船 Lpp 96.00 B 14.00 D 7.50 m 主機 R 3連成 1基
株式会社播磨造船所(相生)建造 乾汽船株式会社(神戸)
Sno.298 乾進丸 (1) KENSHIN MARU 47570/JGRM 3,126G/T 4,800D/W 2,061IHP 13.565kt
起工 1940.3.14(昭15) 進水 1940.8.3(昭15) 竣工 1940.10.16(昭15) 乾進丸 KENSHIN MARU
Sno.299 乾安丸 (1) KENAN MARU 48998/JGJP 3,129G/T 4,800D/W 2,066IHP 13.445kt
起工 1941.2.21(昭16) 進水 1942.3.30(昭17) 竣工 1942.5.30(昭17) 乾安丸 KENAN MARU

壹岐丸型 2隻 IKI MARU Class (1940 - 1941)

壹岐丸
壹岐丸 Iki Maru
貨物船 Lpp 98.00 B 14.50 D 8.80 m 主機 T 石川島 1基
株式会社播磨造船所(相生)建造 鐵道省(東京)
Sno.305 壹岐丸 (2) IKI MARU 67870/JGTM→JJJM 3,519G/T 1,600D/W 4,018SHP 17.116kt
起工 1940.4.2(昭15) 進水 1940.9.26(昭15) 竣工 1940.11.30(昭15) 壹岐丸 IKI MARU
1943.11.1(昭18)運輸通信省(東京)に移籍
1945.5.19(昭20)運輸省鉄道総局(東京)に移籍
1949.6.1(昭24)日本国有鉄道(東京)に移籍
1950.3.18(昭25)朝鮮郵船(株)(東京)に移籍
1951.4.1(昭26)東京郵船(株)(東京)に移籍
1952.7(昭27)油焚改装
1964(昭39)昭和39年版船名録より削除(解体)
Sno.306 對馬丸 TSUSHIMA MARU 3,518G/T 1,825D/W 4,164SHP 17.142kt
起工 1940.10.3(昭15) 進水 1941.2.12(昭16) 竣工 1941.4.19(昭16) 對馬丸 TSUSHIMA MARU
1945.8.13(昭20)清津港で被弾、のち自沈

第二共榮丸型 2隻 KYOEI MARU No.2 Class (1940 - 1941)
油槽船 Lpp 63.00 B 10.50 D 5.25 m 主機 R 3連成 1基
株式会社播磨造船所(相生)建造 共榮タンカー株式会社(神戸)
Sno.330 第二共榮丸 (1) KYOEI MARU No.2 47588/JGVM 1,157G/T 1,351D/W 1,403IHP 13.54kt
起工 1940.8.8(昭15) 進水 1940.11.19(昭15) 竣工 1940.12.28(昭15) 第二共榮丸 KYOEI MARU No.2 クリーンタンカー
1944.7.27(昭19)フィリッピンのホロ島(5.25N,121.43E)で米潜DACE(SS-247)の雷撃により沈没
Sno.331 第三共榮丸 (1) KYOEI MARU No.3 47978/JGZM 1,189G/T 1,349D/W 1,326IHP 13.51kt
起工 1940.9.17(昭15) 進水 1941.2.26(昭16) 竣工 1941.6.30(昭16) 第三共榮丸 KYOEI MARU No.3 クリーンタンカー
1945.7.20(昭20)仏印タイ湾口(8.8N,103.40E)で米潜BUMPER(SS-333)の雷撃により沈没

SNo.297 國玉丸 KUNITAMA MARU (1941)

國玉丸
國玉丸 Kunitama Maru
昭和16年に播磨造船所で完工。同所が建造した同一主要寸法の貨物船は他に乾汽船の乾進丸、乾安丸、神陽汽船の神光丸、北日本汽船の岩木丸などがある。
48023/JGWM 貨物船 3,127G/T 4,802D/W
起工 1940.3.24(昭15) 進水 1940.11.22(昭15) 竣工 1941.1.31(昭16)
Lpp 96.00 B 14.00 D 7.50 m 主機 R 3連成 2,201IHP 1基 13.511kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.297 玉井商船株式会社(東京)
國玉丸 KUNITAMA MARU
1943.11.11(昭18)インドネシア、アンボンの北西6浬(3.8S,127.38E)で米潜CAPELIN(SS-289)の雷撃により沈没

SNo.301 會幸丸 KAIKO MARU (1941)

會幸丸
會幸丸 Kaiko Maru
47966/JGXM 貨物船 3,548G/T 起工 1940.6.21(昭15) 進水 1941.1.24(昭16) 竣工 1941.3.28(昭16)
Lpp 102.11 B 14.63 D 7.93 m 主機 R 3連成 2,688HP 1基 15.542kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.301 會陽汽船株式会社(神戸)
會幸丸 KAIKO MARU
1944.2.28(昭19)海軍徴用船として運行中、カムチャッカ半島沖 (50.02N,155.26E)で米潜SANDLANCE(SS-381)の雷撃により沈没

金耶摩山丸 KANAYAMASAN MARU (1941)
貨物船 2,750G/T 4,200D/W 進水 1941.4.14(昭16)
Lpp 93.00 B 13.70 D 7.60 m 13.5/14.6kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 鏑木汽船株式会社(東京)
金耶摩山丸 KANAYAMASAN MARU

鐵洋丸 TETSUYO MARU (1941)

鐵洋丸
鐵洋丸 Tetsuyo Maru
48189/JGBP 貨物船 2,130G/T 2,835D/W
起工 1940.11.27(昭15) 進水 1941.3.27(昭16) 竣工 1941.5.31(昭16)
Lpp 83.00 B 13.00 D 6.10 m 主機 R 3連成 1,600NHP/1,711IHP 13.052kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 大阪商船株式会社(大阪)
鐵洋丸 TETSUYO MARU SCAJAP No.T054
1956.10.5(昭31)池田商事(株)(大阪)に売却
1964(昭39)池田商船(大阪)に売却
1966(昭41)Central Marine Corp.,Taiwanに売却、CENTRAL OCEANと改名
1970(昭45)Lloyd's Register 1970-1971年版より削除

SNo.304 新和丸 SHINWA MARU (1942)
49294/JGIP 貨物船 3,328G/T 5,035D/W
起工 1941.4.19(昭16) 進水 1942.3.28(昭17) 竣工 1942.5.29(昭17)
Lpp 103.00 B 14.00 D 7.80 m 主機 R 3連成 2,097IHP 1基 14.55kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.304 栗林商船株式会社(東京)
新和丸 SHINWA MARU
1943.11.21(昭18)ニューギニアのマクノワリ(1.00S, 134.00E)で空爆により沈没

SNo.333 あきつ丸 AKITSU MARU (1942)
貨物船 9,190G/T 6,866D/W 起工 1940.9.17(昭15) 進水 1941.9.24(昭16) 竣工 1942.1.30(昭17)
Lpp 142.00 B 19.50 D 11.50 m 主機 T 石川島 2段減速 13,435SHP 2基 21.157kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.333 日本海運株式会社(東京)
あきつ丸 AKITSU MARU 特殊貨物船

SNo.295 山鬼山丸 SANKISAN MARU (1942)

山鬼山丸
山鬼山丸 Sankisan Maru
49211/JGFP 貨物船 4,776G/T 7,071D/W
起工 1941.2.6(昭16) 進水 1942.1.27(昭17) 竣工 1942.3.20(昭17)
Lpp 112.00 B 15.80 D 9.00 m 主機 T 石川島 2,846SHP 1基 15.795kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.295 鏑木汽船株式会社(東京)
山鬼山丸 SANKISAN MARU B型標準貨物船
1944.2.17(昭19)トラック島付近で空爆により沈没

第五共榮丸型 3隻 KYOEI MARU No.5 Class (1942 - 1943)
油槽船 Lpp 63.00 B 10.50 D 5.25 m 主機 R 3連成 1基
株式会社播磨造船所(相生)建造 共榮タンカー株式会社(神戸)
Sno.377 第五共榮丸 (1) KYOEI MARU No.5 48992/JGHP 1,189G/T 1,345D/W 1,336IHP 13.464kt
起工 1941.10.2(昭16) 進水 1942.2.26(昭17) 竣工 1942.4.17(昭17) 第五共榮丸 KYOEI MARU No.5 クリーンタンカー
1945.8.21(昭20)関門海峡の西口西山沖で触雷により沈没
Sno.378 第六共榮丸 (1) KYOEI MARU No.6 49005/JGLP 1,179G/T 1,345D/W 1,413IHP 13.483kt
起工 1942.3.5(昭17) 進水 1942.6.20(昭17) 竣工 1942.8.10(昭17) 第六共榮丸 KYOEI MARU No.6 クリーンタンカー
1945.1.6(昭20)ルソン島北西端ボヘアト−ル付近(18.30N,120.33E)で空爆により沈没

第五鐵榮丸型 3隻 TETSUEI MARU No.5 Class (1942)
曳船 Lpp 26.00 B 7.00 D 3.30 m 主機 R 3連成 2基
株式会社播磨造船所(相生)建造 鐵道省(東京)
Sno.398 第五鐵榮丸 TETSUEI MARU No.5 151G/T 364IHP 11.586kt
起工 1942.4.14(昭17) 進水 1942.7.15(昭17) 竣工 1942.9.30(昭17) 第五鐵榮丸 TETSUEI MARU No.5 SCAJAP No.T140
Sno.399 第六鐵榮丸 TETSUEI MARU No.6 151G/T 389IHP 11.73kt
起工 1942.4.14(昭17) 進水 1942.7.15(昭17) 竣工 1942.10.30(昭17) 第六鐵榮丸 TETSUEI MARU No.6 SCAJAP No.T141
Sno.400 第七鐵榮丸 TETSUEI MARU No.7 151G/T 347IHP 11.678kt
起工 1942.4.14(昭17) 進水 1942.8.27(昭17) 竣工 1942.11.30(昭17) 第七鐵榮丸 TETSUEI MARU No.7 SCAJAP No.T142

SNo.335 にぎつ丸 NIGITSU MARU (1942)
貨物船 9,548G/T 6,970D/W 進水 1942.11(昭17)
Lpp 142.00 B 19.50 D 11.50 m 主機 T 石川島 2段減速 7,500SHP 2基 21.71kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.335 日本海運株式会社(東京)
にぎつ丸 NIGITSU MARU 特殊貨物船

SNo.309 昭永丸 SHOEI MARU (1942)
49538/JGNP 油槽船 2,764G/T 4,337D/W
起工 1942.4.6(昭17) 進水 1942.10.24(昭17) 竣工 1942.12.20(昭17)
Lpp 93.00 B 13.70 D 7.60 m 主機 R 3連成 2,222IHP 1基 12/14.5kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.309 原田汽船株式会社(大阪)
昭永丸 SHOEI MARU
1943.11.16(昭18)合併に伴ない大阪商船(株)会社(大阪)に移籍
1945.1.12(昭20)仏印キノン北方30Km(14.14N,109.10E)で空爆により沈没

SNo.362 神珠丸 KAMITAMA MARU (1943)
49898 貨物船 3,617G/T 4,781D/W 起工 1942.4.8(昭17) 進水 1943.1.20(昭18) 竣工 1943.3.25(昭18)
Lpp 103.00 B 15.20 D 7.80 m 主機 R 3連成 3,244IHP 1基 14.96kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.362 栗林商船株式会社(東京)
神珠丸 KAMITAMA MARU
1943.6.15(昭18)釜石沖(39-13N, 142-00E)で米潜SAILFISH(SS-303)の雷撃により沈没

SNo.382 大鳥山丸 OHTORISAN MARU (1943)
油槽船 5,280G/T 7,622D/W 起工 1942.10.3(昭17) 進水 1943.3.21(昭18) 竣工 1943.5.10(昭18)
Lpp 120.00 B 16.30 D 9.00 m 主機 T 4,413SHP 1基 16.513kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.382 三井船舶株式会社(東京)
大鳥山丸 OHTORISAN MARU
1944.7.26(昭19)マニラから門司に向け航行中、ルソン島西方(17.56N,118.07E)で空爆により沈没

ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.10