船歴 本邦建造船39 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

石川島播磨重工業株式会社相生第一工場

石山丸 ISHIYAMA MARU (1961)
87509/JCCS 冷蔵運搬船 3,593G/T 3,732D/W 起工 1961.1(昭36) 進水 1961.4(昭36) 竣工 1961.6(昭36)
Lpp 94.00 B 14.80 D 7.40 m 主機 D 播磨Sulzer 8TAD48 3,520BHP 1基 14.9/15.3kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 宝幸水産株式会社(東京)
石山丸 ISHIYAMA MARU

SNo.566 東光丸 (2) TOKO MARU (1961)
87924/JLEM 油槽船 28,561G/T 47,957D/W
起工 1960.11.15(昭35) 進水 1961.4.30(昭36) 竣工 1961.8.12(昭36)
Lpp 213.00 B 30.50 D 15.20 m 主機 D IHI Sulzer 9RD90 18,000PS 1基 16.2/17.5kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.566 三光汽船株式会社(尼崎)
東光丸 TOKO MARU

SNo.586 亞細亞丸 ASIA MARU (1961)

亞細亞丸
亞細亞丸 Asia Maru
87555/JHMW 油槽船 28,510G/T 50,839D/W
起工 1961.1.19(昭36) 進水 1961.7.15(昭36) 竣工 1961.10.31(昭36)
Lpp 205.00 B 30.50 D 15.80 m 主機 T 17,600SHP 16.5/17.6kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.586 日東商船株式会社(東京)
亞細亞丸 ASIA MARU 16次
1964.4.1(昭39)合併に伴いジャパンライン(株)(東京)に移籍
1978(昭53)解体のためYi Ho Steel Enterprise Corp.,Taiwanに売却。同年、高雄で解体

東幸丸 TOKO MARU (1961)
86916/JRKA 冷蔵運搬船 1,695G/T 2,358D/W
起工 1961.7(昭36) 進水 1961.10(昭36) 竣工 1961.11(昭36)
Lpp 75.00 B 12.60 D 6.30 m 主機 D 三井B&W 642VTBF90 2,400BHP 1基 13/14.8kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 日本水産株式会社(東京)
東幸丸 TOKO MARU

東海丸 TOHKAI MARU (1961)
87643/JJMK 油槽船 29,213G/T 47,263D/W 起工 1961.5(昭36) 進水 1961.9(昭36) 竣工 1961.12(昭36)
Lpp 213.00 B 30.50 D 15.20 m 主機 D 播磨Sulzer 9RD90 18,000BHP 1基 16.2/17.5kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 大協石油株式会社(東京)
東海丸 TOHKAI MARU 旅客 2

西幸丸 SEIKO MARU (1961)
86917/JACP 冷蔵運搬船 1,697G/T 2,361D/W
起工 1961.7(昭36) 進水 1961.10(昭36) 竣工 1961.12(昭36)
Lpp 75.00 B 12.60 D 6.30 m 主機 D 三井B&W 642VTBF90 2,400BHP 1基 13/14.8kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 日水海運株式会社(東京)
西幸丸 SEIKO MARU

SNo.595 東亜丸 TOA MARU (1962)

東亜丸
東亜丸 Toa Maru
89273/JCTO 油槽船 29,365G/T 47,644D/W
起工 1961.9.8(昭36) 進水 1962.1.26(昭37) 竣工 1962.4.2(昭37)
Lpp 205.00 B 30.50 D 15.80 m 主機 T 石川島 2段減速装置付 17,600PS 1基 16.5/17.6kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.595 日東商船株式会社(東京)
東亜丸 TOA MARU
1964.4.1(昭39)合併に伴いジャパンライン(株)(東京)に移籍
1970(昭45)Cardon Tankers Corp.,Panamaに売却、TOPAZと改名
1977(昭52)高雄で解体

SNo.597 弘栄丸 KOEI MARU (1962)

弘栄丸
弘栄丸 Koei Maru
91565/JAFA 油槽船 30,482G/T 53,783D/W 起工 1962.2(昭37) 進水 1962.5(昭37) 竣工 1962.9.1(昭37)
Lpp 210.00 B 30.50 D 16.20 m 主機 D IHI Sulzer 9RD90 18,000PS 1基 17.377kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.597 共栄タンカー株式会社(神戸)
弘栄丸 KOEI MARU 17次 船客 7

SNo.526 銀光丸 (3) GINKO MARU (1962)

銀光丸
銀光丸 Ginko Maru
91586/JAGH 油槽船 21,501G/T 34,318D/W
起工 1962.4.16(昭37) 進水 1962.6.23(昭37) 竣工 1962.9.10(昭37)
Lpp 187.00 B 27.00 D 14.60 m 主機 D IHI Sulzer 8RD90 16,000PS 1基 16/17.5kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.526 三光汽船株式会社(尼崎)
銀光丸 GINKO MARU
1966.11.29(昭41)和歌山県日高郡日ノ御沖でリベリア籍の鉱石専用船テキサダ号(69,166D/W)と衝突。両船とも一部を炎上
1974(昭49)International Tanker Ltd.,Greeceに売却、OCEAN GENTIANと改名
1977(昭52)Trade Lines Inc.,Greeceに売却、NIKOS KAZANTZAKISと改名
1983(昭58)Haewoo Shpg. Co.,Sri Lankaに売却、ROYAL TRINCOMALEEと改名。同年、Citiwoo Shpg Co.,Sri Lankaに売却

SNo.599 ジャカルタ丸 (2) JAKARUTA MARU (1962)

ジャカルタ丸
ジャカルタ丸 Jakaruta Maru
89938/JRKX 貨物船 6,049G/T 9,583D/W
起工 1962.3.15(昭37) 進水 1962.7.10(昭37) 竣工 1962.9.26(昭37)
Lpp 120.00 B 18.00 D 10.60 m 主機 D 播磨Sulzer 6RD68 6,600PS 1基 14.8/17.8kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.599 東京船舶株式会社(東京)
ジャカルタ丸 JAKARUTA MARU 17次
1976.2(昭51)Junction Shipping S.A., Panamaに売却、DJAKARTAと改名
1980(昭55)Ju Navigation Maritime Co. Ltd., Panamaに売却
1983(昭58)Seray Maritime S.A.,に売却、FAVORINAと改名
1984.11.16(昭59)解体のため上海に到着

SNo.600 あんです丸 ANDES MARU (1962)

あんです丸
あんです丸 Andes Maru
89973/JCBO 鉱石専用船 32,068G/T 52,774D/W
起工 1962.3(昭37) 進水 1962.8(昭37) 竣工 1962.10(昭37)
Lpp 214.27 B 30.63 D 16.15 m 主機 T 石川島播磨 17,600SHP 1基 16/17.8kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.600 日本水産株式会社(東京)
あんです丸 ANDES MARU

SNo.598 瑞栄丸 ZUIEI MARU (1962)

瑞栄丸
瑞栄丸 Zuiei Maru
90580/JLFT 油槽船 31,288G/T 51,356D/W
起工 1962.2.15(昭37) 進水 1962.9.20(昭37) 竣工 1962.11.30(昭37)
Lpp 210.00 B 30.50 D 16.20 m 主機 R 32NHP/IHP 16/16.7kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.598 日東商船株式会社(東京)
瑞栄丸 ZUIEI MARU 17次
1964.4.1(昭39)合併に伴いジャパンライン(株)(東京)に移籍
1969.11.29(昭44)Aruba Tankers Corp.,Panamaに売却、GARNETと改名
1979Lloyd's Register 1979-1980年版より削除

SNo.604 高峰山丸 TAKAMINESAN MARU (1963)
90630/JADL 油槽船 33,788G/T 起工 1962.3(昭37) 進水 1962.11(昭37) 竣工 1963.1.13(昭38)
Lpp 213.00 B 32.00 D 16.00 m 主機 D 16BHP 15.5/16.949kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.604 三井船舶株式会社(東京)
高峰山丸 TAKAMINESAN MARU
1964.4.1(昭39)合併に伴ない大阪商船三井船舶(株)(東京)に移籍
1971.11.12(昭46)Duro Shipping Co. Inc.,Panama に売却、MARITIME OPTIMUMと改名
1976(昭51)高雄で解体

SNo.605 初島丸 HATSUSHIMA MARU (1963)

初島丸
初島丸 Hatsushima Maru
90669/JFVY 油槽船 42,523G/T 70,917D/W
起工 1962.10(昭37) 進水 1963.3(昭38) 竣工 1963.7.13(昭38)
Lpp 230.00 B 33.00 D 19.00 m 主機 D IHI Sulzer 10RND90 22,000PS 1基 16.5/17.406kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.605 東燃タンカー株式会社(東京)
初島丸 HATSUSHIMA MARU

SNo.627 竜田山丸 (2) TATSUTASAN MARU (1963)
90710/JGDB 油槽船 34,279G/T 起工 1963.2(昭38) 進水 1963.6(昭38) 竣工 1963.9.1(昭38)
Lpp 223.00 B 32.20 D 16.25 m 主機 D 17,600BHP 15.7/16.866kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.627 三井船舶株式会社(東京)
竜田山丸 TATSUTASAN MARU 18次
1964.4.1(昭39)合併に伴ない大阪商船三井船舶(株)(東京)に移籍
1978.8.23(昭53)解体のためLien Ho Hsing Steel Enterprise Co. Ltd.,Taiwanに売却

SNo.612 日蘭丸 NICHIRAN MARU (1963)

日蘭丸
日蘭丸 Nichiran Maru
90706/JGCP 油槽船 33,748G/T 40,292D/W
起工 1963.3.27(昭38) 進水 1963.8.20(昭38) 竣工 1963.10.31(昭38)
Lpp 213.00 B 32.00 D 16.90 m 主機 D IHI Sulzer 8RD90 17,600PS 1基 15.5/16.5kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.612 日産汽船株式会社(東京)
日蘭丸 NICHIRAN MARU
1964.4.1(昭39)合併に伴ない昭和海運(東京)に移籍
1972(昭47)Naviera Mercurio S.A.,Panamaに売却、CRYSTAL ORCHIDと改名
1976(昭51)Diades Nav. Inc.,Panamaに売却、KRISTELと改名
1981.1.10(昭56)解体のため売却、台湾の高雄に到着

SNo.628 利根川丸 TONEGAWA MARU (1963)

利根川丸
利根川丸 Tonegawa Maru

S.Kizu
93756/JIKE 油槽船 46,147G/T 72,256D/W
起工 1963.3.30(昭38) 進水 1963.10.15(昭38) 竣工 1963.12.25(昭38)
Lpp 230.00 B 33.00 D 20.50 m 主機 T 石川島播磨 2段減速 20,000PS 1基 16/17kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.628 川崎汽船株式会社(東京)
利根川丸 TONEGAWA MARU 18次
1976.7.29(昭51)解体のため売却、朝鮮の馬山に到着

SNo.606 星光丸 (2) SEIKO MARU (1964)

星光丸
星光丸 Seiko Maru
8万重量トン級の大型油槽船。当時は7万重量トン級以上の大型油槽船はマンモスタンカーと呼称された。主機には高出力2万馬力のディーゼル機関を搭載した。
93758/JCDS 油槽船 46,607G/T 79,750D/W
起工 1963.1.23(昭38) 進水 1963.11.6(昭38) 竣工 1964.1.14(昭39)
Lpp 230.00 B 33.00 D 20.50 m 主機 D IHI Sulzer 9RD90 20,700PS 1基 15.5/16.6kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.606 三光汽船株式会社(尼崎)
星光丸 SEIKO MARU

SNo.603 第三松島丸 MATSUSHIMA MARU No.3 (1964)

第三松島丸
第三松島丸 Matsushima Maru No.3
94702/JGUL 油槽船 46,226G/T 72,568D/W
起工 1963.11(昭38) 進水 1964.1(昭39) 竣工 1964.4.10(昭39)
Lpp 230.00 B 33.00 D 20.50 m 主機 T 石川島播磨 2段減速 20,000SHP 1基 16.5/17kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.603 日本水産株式会社(東京)
第三松島丸 MATSUSHIMA MARU No.3

SNo.632 田島丸 TASHIMA MARU (1964)

田島丸
田島丸 Tashima Maru
96085/JMTM 油槽船 52,099G/T 91,162D/W
起工 1963.12.11(昭38) 進水 1964.7.27(昭39) 竣工 1964.10.15(昭39)
Lpp 240.00 B 36.80 D 20.60 m 主機 D IHI Sulzer 9RD90 20,700PS 1基 16.25/17.47kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.632 日本郵船株式会社(東京)
田島丸 TASHIMA MARU 19次
1977.3.3(昭52)Kodiak Tankers Inc.,Panamaに売却、KODIAKと改名
1982(昭57)Koch Navigation Inc.,Panamaに移籍。同年、パキスタンで解体

SNo.634 富豪丸 FUGO MARU (1964)

富豪丸
富豪丸 Fugo Maru
96088/JMUW 撒積貨物船 24,647G/T 34,986D/W
起工 1964.3.25(昭39) 進水 1964.9.5(昭39) 竣工 1964.11.16(昭39)
Lpp 180.00 B 27.60 D 16.00 m 主機 D 10,500BHP 14.3/17.3kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.634 新和海運株式会社(東京)
富豪丸 FUGO MARU 19次
1978.4.4_(昭53)Sunda Maritime Carriers Inc.,Panamaに売却、SUNDA CAREERと改名
1984.2.6_(昭59)解体のため売却、中国に向け下関を出航同年解体

三浦丸 MIURA MARU (1965)

三浦丸
三浦丸 Miura Maru
96122/JNOI 木材運搬船 3,290G/T 5,187D/W
起工 1964.9.14(昭39) 進水 1964.10.14(昭39) 竣工 1965.2.23(昭40)
Lpp 93.00 B 15.30 D 7.80 m 主機 D IHI Sulzer 6TAD48 2,640PS 1基 12.2/14.9kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 東京船舶株式会社(東京)
三浦丸 MIURA MARU
1972.2(昭47)P.T. Perusahaan Pelajaran Samuderaとの合弁会社P.T. Pelayaran Pali Hota Dayaka, Jakarta, Indonesiaに移籍。DAYAKA DUAと改名
1979(昭54)Biga Ocean Service Ltd., Nigeriaに売却、OLATEJUと改名
1982(昭57)NAISENIと改名。同年、Lloyd's Register 1982-1983年版より削除

SNo.665 宝龍丸 HORYU MARU (1965)
98348/JPGZ 鉱石専用船 9,683G/T 15,400D/W
起工 1965.3(昭40) 進水 1965.10(昭40) 竣工 1965.12(昭40)
Lpp 137.00 B 20.50 D 11.40 m 主機 D IHI Sulzer 6RD68 7,200PS 1基 13.75/17.02kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.665 太平洋汽船株式会社(東京)
宝龍丸 HORYU MARU 20次

SNo.659 高砂丸 TAKASAGO MARU (1965)

高砂丸
高砂丸 Takasago Maru
98341/JILP 油槽船 58,355G/T 105,155D/W
起工 1965.7.16(昭40) 進水 1965.9.18(昭40) 竣工 1965.12.18(昭40)
Lpp 245.00 B 39.00 D 21.50 m 主機 T 石川島 衝動クロスコンパウンド 23,500SHP 1基 16.2/17.092kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.659 日本郵船株式会社(東京)
高砂丸 TAKASAGO MARU 20次
1975.8(昭50)釜山で解体

SNo.654 ジャパン リリイ JAPAN LILY (1966)

ジャパン リリイ
ジャパン リリイ Japan Lily
ジャパン ローズとほぼ同じサイズの大型油槽船で国内向け(シェル船舶用船)に建造された。
98267/JPNS 油槽船 43,565G/T 72,886D/W
起工 1965.8.5(昭40) 進水 1965.11.9(昭40) 竣工 1966.1.21(昭41)
Lpp 228.00 B 37.12 D 18.00 m 主機 D IHI Sulzer 18,400PS 1基 14.8/16.26kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.654 ジャパンライン株式会社(東京)
ジャパン リリイ JAPAN LILY 21次
1976(昭51)Argyle Shipping Co. S. A.,Panamaに売却、ARGYLEと改名
1983(昭58)Princes Shipping S. A.,Greeceに売却、PROGRESSと改名。同年解体のため売却
1984(昭59)台湾の高雄で解体

SNo.673 八雲山丸 YAKUMOSAN MARU (1966)

八雲山丸
八雲山丸 Yakumosan Maru
99422→126686/JKBV→7JFD 石炭運搬船 34,160G/T 54,828D/W
起工 1965.8.4(昭40) 進水 1965.12.28(昭40) 竣工 1966.3.15(昭41)
Lpp 213.00 B 31.70 D 17.30 m 主機 D IHI Sulzer 6RD90 15,000BHP 1基 15/17.179kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.673 大阪商船三井船舶株式会社(東京)
八雲山丸 YAKUMOSAN MARU 21次
1973.4.16(昭48)馬場大光商船(株)(東京)に売却
1979(昭54)Begonia Maritime Inc.,Panamaに売却、BEGONIELLAと改名
1982(昭57)兵庫汽船(横浜)に売却、兵庫丸 HYOGO MARU と改名
1984(昭59)Philippine President Lines Inc.,Philippineに売却、PHILIPPINE LAURELと改名
1986(昭61)LUCKY TWENTY ONEと改名
1989Lloyd's Register 1989-1990年版より削除

SNo.674 富美川丸 FUMIKAWA MARU (1966)

富美川丸
富美川丸 Fumikawa Maru
97183/JPCF 鉱石専用船 35,068G/T 57,284D/W
起工 1965.10.12(昭40) 進水 1966.1.26(昭41) 竣工 1966.3.29(昭41)
Lpp 213.00 B 31.70 D 17.60 m 主機 D 石播相生Sulzer 6RD90 15,000PS 1基 15/17kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.674 川崎汽船株式会社(東京)
富美川丸 FUMIKAWA MARU 21次
1979.7.6(昭54)Eldridge Shipping Inc.,Panamaに売却、ULRICAと改名
1983.5.23(昭58)解体のため売却、高雄に到着

ジャパン リム型 3隻 JAPAN RIMU Class (1966 - 1967)

ジャパン リム
ジャパン リム Japan Rimu

1974.12.25 神戸 - K.Sato
ジャパンラインが同社ニュージーランド航路の貨物量増加対応と船質改善のために3隻計画した9,600重量トン級、航海速力16.5ノットの貨物船。冷凍マトン(羊肉)用の冷凍艙、タロー油輸送用の貨物油槽等の諸設備を有した。
貨物船 Lpp 130.00 B 19.20 D 11.50 m 主機 D Sulzer & Brothers 6RD68 1基
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 ジャパンライン株式会社(東京)
Sno.666 ジャパン リム JAPAN RIMU 100015/JFWK 7,001G/T 9,557D/W 7,200BHP 16.2/19.34kt
起工 1965.9.17(昭40) 進水 1966.2.21(昭41) 竣工 1966.5.20(昭41) ジャパン リム JAPAN RIMU 21次
1976(昭51)Reign Marine Corp. S. A.(Greece)に売却、NAFTILOSと改名
1985(昭60)Korinthian Shippng Co. Ltd(Malta)に売却、DIMITRIOS K.と改名。同年、同年、Shalboub Establishment(Saudi Arabia)に売却、GHAZI IIIと改名
1987(昭62)Lloyd's Register 1987-88年版より削除
Sno.667 ジャパン カウリ JAPAN KAURI 100823/JNJV 7,152G/T 9,503D/W 7,200BHP 16.2/19.06kt
起工 1966.7.16(昭41) 進水 1966.12.3(昭41) 竣工 1967.2.22(昭42) ジャパン カウリ JAPAN KAURI 22次
1976(昭51)Olympia Maritime Enterprises S.A.,Greeceに売却、ADELFOTISと改名
1983(昭58)Woodside Holdings Inc.(Greece)に売却、CONDORと改名
1986(昭61)Pacific Cia. Naviera S. De R. L.(Honduras)に売却、DORAと改名
1987(昭62)解体のため売却。インドのSachanaで解体
ジャパン カウリ
ジャパン カウリ Japan Kauri

神戸港
カウリは松の常緑樹の一種。高さ30メートルに及ぶ巨木で幹は高級家具に使用される。船名はホリオーク首相の希望により命名された。写真は神戸港新港突堤におけるジャパン カウリ。遠景には興味深い船影が並ぶ。
Sno.668 ジャパン トタラ JAPAN TOTARA 100895/JHJN 7,152G/T 9,460D/W 7,200PS 16.2/19.2kt
起工 1966.10.12(昭41) 進水 1967.4.17(昭42) 竣工 1967.7.20(昭42) ジャパン トタラ JAPAN TOTARA 22次
1977(昭52)Miaoulis Shipping Co. S. A.(Greece)に売却、KRONOSと改名
1986(昭61)Mubarak Shipping Co.(Dubai)に売却、SALMANと改名。同年、解体のため売却。パキスタンのGadani Beachで解体
ジャパン トタラ
ジャパン トタラ Japan Totara
本型の船名にはそれぞれニュージーランド原産の樹木の名が付けられている。

和泉丸型 2隻 IZUMI MARU Class (1966)

和泉丸
和泉丸 Izumi Maru
貨物船 Lpp 145.00 B 21.80 D 13.25 m 伊勢丸型 日本郵船株式会社(東京)
Sno.679 和泉丸 IZUMI MARU 100035/JFSW 10,460G/T 12,511D/W
主機 D IHI Sulzer 7RD76 10,500PS 1基 18.4/21.83kt
起工 1966.1.2(昭41) 進水 1966.5.14(昭41) 竣工 1966.8.19(昭41)
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 和泉丸 IZUMI MARU 22次 船客 4
1981(昭56)Gamma Shipping Co. S. A.(Greece)に売却、FAMILY ARROWと改名
1986(昭61)Watercarrier Marine Ltd.,Cyprusに売却、CARRIERと改名、同年5.1解体のためインドのAlangに到着
Sno.680 岩代丸 IWASHIRO MARU 100084/JGXD 10,460G/T 12,511D/W
主機 D IHI Sulzer 7RD76 10,500PS 1基 18.4/21.3kt
起工 1966.4.1(昭41) 進水 1966.7.20(昭41) 竣工 1966.10.19(昭41)
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 岩代丸 IWASHIRO MARU 22次 船客 4
1982.4.22(昭57)Artoc Maritime Inc.(Panama)に売却、ZINC TRADERと改名
1990(平2)解体
岩代丸
岩代丸 Iwashiro Maru

1973.8.12 神戸 - K.Sato

SNo.1934 ジャパン グラン JAPAN GRAN (1966)

ジャパン グラン
ジャパン グラン Japan Gran
100794/JMXQ 撒積貨物船 33,742G/T 54,567D/W
起工 1966.4.2(昭41) 進水 1966.8.20(昭41) 竣工 1966.11.5(昭41)
Lpp 213.00 B 31.70 D 17.30 m 主機 D IHI Sulzer 6RD90 15,000PS 1基 17.67kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.1934 ジャパンライン株式会社(東京)
ジャパン グラン JAPAN GRAN 22次
1972.11.13(昭47)International Ship Finance(Panama)Inc.に売却、DIANE PROSPERITYと改名
1974(昭49)Daiyang Shipping Corp.,Panamaに売却、DAI YANG PROSPERITYと改名
1977(昭52)International Ship Finance(Panama)Inc.に売却、DAEYANG PROSPERITYと改名
1983(昭58)Grecian Prosperity Inc.,Liberiaに売却、LONDON PROSPERITYと改名
1986(昭61)解体のため売却中国のDalianで解体

SNo.675 昭全丸 SHOZEN MARU (1966)

昭全丸
昭全丸 Shozen Maru

S.Kizu
100813/JNCB 撒積貨物船 23,955G/T 37,259D/W
起工 1966.5.12(昭41) 進水 1966.9.22(昭41) 竣工 1966.12.1(昭41)
Lpp 182.00 B 28.00 D 16.00 m 主機 D IHI Sulzer 8RD76 12,800PS 1基 15.25/17.99kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.675 昭和海運株式会社(東京)
昭全丸 SHOZEN MARU 22次
1982.5.31(昭57)Ozanam Corp.,Panamaに売却、CABO ENGANOと改名
1983(昭58)Ozanam Corp.,Greeceに売却、CAPE AGRILOSと改名
1985.5.5(昭60)中華人民共和国の解体業者に売却、煙台に到着

SNo.2005 まぜらん丸 MAGELLAN MARU (1967)

まぜらん丸
まぜらん丸 Magellan Maru
がてまら丸型に引き続いて建造された重量物運搬船。がてまら丸のセミ・アフト船型に対してアフト・ブリッジ船型を採用した。船体中央部にステュルケン型120tヘビーデリックを装備しカリブ海方面のプラントおよび機械類の輸送に従事した。
101857/JIOR 重量物運搬船 8,646G/T
起工 1967.3.31(昭42) 進水 1967.6.16(昭42) 竣工 1967.9.20(昭42)
Lpp 128.00 B 20.50 D 11.50 m 主機 D Sulzer & Brothers 7,200BHP 1基 15/18.2kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.2005 まぜらん丸型 川崎汽船株式会社(神戸)
まぜらん丸 MAGELLAN MARU 23次
1979.6.21(昭54)Titan Shipping Co. Ltd.(Liberia)に売却、MIGHTYと改名
1981(昭56)Mighty Maritime Corp.(Liberia)に売却
1982(昭57)Insignia Maritime S. A.(Panama)に売却、ALEXANDROSと改名
1986(昭61)Makedonia II Shipping Co.(Panama)に売却
1986.2(昭61)同年パキスタンの解体業者に売却

SNo.2013 にっぽん丸 NIPPON MARU (1967)

にっぽん丸
にっぽん丸 Nippon Maru
100931/JNCT 鉱石/油兼用船 53,751G/T 84,748D/W
起工 1967.1(昭42) 進水 1967.7(昭42) 竣工 1967.9.30(昭42)
Lpp 240.02 B 38.94 D 19.50 m 主機 D 石播相生Sulzer 10RD90 23,400PS 1基 15.55/16.25kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.2013 日本水産株式会社(東京)
にっぽん丸 NIPPON MARU
1982.10.12(昭57)解体のため台湾の高雄へ到着

SNo.2008 邦龍丸 HORYU MARU (1967)

邦龍丸
邦龍丸 Horyu Maru
100971/JPAC 鉱石/油兼用船 55,213G/T 90,282D/W
起工 1967.6.10(昭42) 進水 1967.10.7(昭42) 竣工 1967.12.20(昭42)
Lpp 235.00 B 38.00 D 21.00 m 主機 D IHI Sulzer 9RD90 20,700PS 1基 15/16.68kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.2008 日邦汽船株式会社(東京)
邦龍丸 HORYU MARU 23次
1967.12.20(昭42)昭和海運(株)(東京)と共有
1976.6(昭51)日邦汽船(東京)の単独保有
1976.9.7(昭51)Aeneas (Panama) S. A.,Panamaに売却、AENEASと改名
1979(昭54)New Courage Line S. A.,Panamaに売却、NEW PROSPECTと改名
1980(昭55)NEW VENTURE ONEと改名
1981(昭56)Sonmez Denizcilik Ve Ticaret A. S.,Turkeyに売却、ANADOLUと改名
1988.9.1(昭63)解体のため売却、インドの Alangに到着

SNo.2062 天の川丸 AMANOGAWA MARU (1968)
101940/JJQB 穀物専用船 31,839G/T 49,105D/W
起工 1967.12.21(昭42) 進水 1968.4.13(昭43) 竣工 1968.6.29(昭43)
Lpp 197.00 B 32.20 D 17.80 m 主機 D 12,800BHP 14.5/17.1kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.2062 川崎汽船株式会社(東京)
天の川丸 AMANOGAWA MARU 23次
1978.10.9(昭53)Mammoth Bulk Carriers Ltd.,Liberiaに売却、SEQUOIAと改名
1979(昭54)Pine International Navigation Inc.,Liberiaに売却、MARIE-CLAIREと改名
1984(昭59)Pine International Navigation Inc.,Panamaに移籍、MARIE SUSANと改名
1985.12.18(昭60)解体のため売却、中国のYantaiに向けて長崎を出航

SNo.2068 ジャパン エース JAPAN ACE (1968)

ジャパン エース
ジャパン エース Japan Ace
103939/JKFS コンテナ船 16,529G/T 16,531D/W
起工 1968.2.9(昭43) 進水 1968.5.18(昭43) 竣工 1968.11.8(昭43)
Lpp 175.00 B 25.20 D 15.30 m 主機 D IHI Sulzer 8RND105 28,000PS 1基 22.8/26.14kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.2068 ジャパンライン株式会社(東京)
ジャパン エース JAPAN ACE 23次 730TEU
1968.11.15(昭43)太平洋南西岸(PSW)航路に就航
1983(昭58)解体のためChina Dismantled Vessel Trading Corp.,Taiwanに売却。同年、台湾の高雄のLung Fa Steel & Iron Co. Ltd.で解体

SNo.2096 興龍丸 KORYU MARU (1969)
105145/JFKI ニッケル専用船 9,617G/T 15,767D/W
起工 1968.7(昭43) 進水 1968.11(昭43) 竣工 1969.2(昭44)
Lpp 137.00 B 20.50 D 11.40 m 主機 D IHI Sulzer 6486RD68 7,200PS 1基 13.7/16.01kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.2096 太平洋汽船株式会社(東京)
興龍丸 KORYU MARU

SNo.2078 富貴丸 FUUKI MARU (1969)
105451/JKQP 鉱石専用船 60,455G/T 19,698D/W
起工 1968.7.26(昭43) 進水 1968.12.11(昭43) 竣工 1969.2.28(昭44)
Lpp 247.00 B 41.30 D 20.40 m 主機 D 21,600BHP 14.8/17.1kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.2078 新和海運株式会社(東京)
富貴丸 FUUKI MARU 24次
1983.9.1(昭58)解体のため、高雄で売却

SNo.2123 第三全購連丸 ZENKOREN MARU No.3 (1969)

第三全購連丸
第三全購連丸 Zenkoren Maru No.3

1970.12.29 - City of Vancouver Archives
104795/JQFA 自動車/撒積兼用船 31,853G/T 49,046D/W
起工 1968.11(昭43) 進水 1969.2(昭44) 竣工 1969.4(昭44)
Lpp 197.00 B 32.20 D 17.80 m 主機 D IHI Sulzer 8RD76 12,800PS 1基 14.5/17.02kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.2123 太洋海運株式会社(神戸)
第三全購連丸 ZENKOREN MARU No.3 24次

SNo.2100 びすけい丸 BISCAY MARU (1969)

びすけい丸
びすけい丸 Biscay Maru

S.Kizu
105486/JLIW 鉱石/油兼用船 56,687G/T
起工 1968.10.7(昭43) 進水 1969.2.25(昭44) 竣工 1969.5.23(昭44)
Lpp 240.00 B 38.94 D 21.00 m 主機 D IHI Sulzer 9RD90 19,440/21,600PS 1基 15/16.55kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.2100 第一中央汽船株式会社(東京)
びすけい丸 BISCAY MARU 24次
1981(昭56)鉱石専用船に改造
1984(昭59)Marintercontinent Inc.(Liberia)に売却、ROWENAと改名
1986(昭61)Karson Navigation Corp.,Taiwanに売却、CHIA TAIと改名
1987.8.5(昭62)解体のため売却、台湾の高雄に到着

SNo.2144 新田丸 (2) NITTA MARU (1970)

新田丸
新田丸 Nitta Maru
107189/JBPU 鉱石/石炭兼用船 34,891G/T 56,640D/W
起工 1969.8.19(昭44) 進水 1969.12.3(昭44) 竣工 1970.3.3(昭45)
Lpp 213.00 B 32.20 D 17.80 m 主機 D IHI Sulzer 6RD90 15,000PS 1基 15/17.13kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.2144 照國海運株式会社(東京)
新田丸 NITTA MARU 25次
1975(昭50)Symbol Shipping Co. Inc., Liberiaに売却、YOUNG SYMBOLと改名
1981(昭56)Faship Maritime Carriers Inc., Panamaに売却、SOUTHERN CAREERと改名
1997(平9)解体

SNo.2176 ごうるでん あろう GOLDEN ALLOW (1970)

ごうるでん あろう
ごうるでん あろう Golden Allow
108775/JCFU コンテナ船 16,592G/T 18,489D/W
起工 1969.11.11(昭44) 進水 1970.2.3(昭45) 竣工 1970.5.14(昭45)
Lpp 175.00 B 25.20 D 15.30 m 主機 D IHI Sulzer 8RND105 28,000PS 1基 21.65/25.99kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.2176 川崎汽船株式会社(東京)
ごうるでん あろう GOLDEN ALLOW 25次 689TEU
1970.5.14(昭45)ジャパンライン(株)(東京)と共有
1973.5.25(昭48)ジャパンライン(東京)の単独保有
1980.5(昭55)昭和海運(株)(東京)と川崎汽船(東京)に売却、和川丸 KAZUKAWA MARU と改名
1980.10.16(昭55)石川島播磨重工(横浜)で船体延長工事、Lpp:198.09 20,520G/T 速力19.50/21.80ktに変更
1985.6.15(昭60)昭和海運(東京)の単独保有
1985.11.11(昭60)解体のため売却、台湾の高雄に到着

SNo.2172 にちりん丸 NICHIRIN MARU (1970)
108780/JCGH 鉱石専用船 34,948G/T 42,212D/W
起工 1969.12.5(昭44) 進水 1970.2.20(昭45) 竣工 1970.5.19(昭45)
主機 D IHI Sulzer 7RD76 11,200PS 1基 14.2/16.09kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.2172 日本郵船株式会社(東京)
にちりん丸 NICHIRIN MARU 25次
1970.5.19(昭45)反田産業汽船(東京)と共有
1986.10.5(昭61)解体のため売却、寺岡鉄工所(函館)に到着

SNo.2179 星光丸 (3) SEIKO MARU (1970)

星光丸
星光丸 Seiko Maru
107724/JJVK 油槽船 73,249G/T 136,351D/W 起工 1969.12(昭44) 進水 1970.4(昭45) 竣工 1970.9(昭45)
Lpp 260.00 B 43.50 D 17.03 m 主機 D IHI Sulzer 10RND90 28,000PS 1基 15.4/16.82kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.2179 三光汽船株式会社(尼崎)
星光丸 SEIKO MARU

SNo.2178 第五全購連丸 ZENKOREN MARU No.5 (1970)

第五全購連丸
第五全購連丸 Zenkoren Maru No.5

1973.1.6 - City of Vancouver Archives
108823/JCRS 撒積貨物船 35,430G/T 57,193D/W
起工 1970.4.8(昭45) 進水 1970.5.16(昭45) 竣工 1970.9.8(昭45)
Lpp 213.00 B 32.20 D 17.80 m 主機 D 石播相生Sulzer 6RD90 15,000PS 14.9/17kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.2178 飯野海運株式会社(東京)
第五全購連丸 ZENKOREN MARU No.5 26次
1984.5(昭59)Del Bene S.A.C.I.F.,Argentineに売却、KARINASと改名
1991(平3)Panamaに移籍
1993Lloyd's Register 1993-1994年版に掲載

SNo.2112 朝光丸 CHOKO MARU (1970)
撒積貨物船 31,982G/T 51,091D/W 起工 1970.3.30(昭45) 進水 1970.9.5(昭45) 竣工 1970.11.18(昭45)
Lpp 197.00 B 32.20 D 17.80 m 主機 D IHI Sulzer 8RD76 10,800/12,800PS 1基 16.84kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.2112 三光汽船株式会社(大阪)
朝光丸 CHOKO MARU

SNo.2231 新竜丸 SHINRYU MARU (1971)
110903/JCCW 鉱石専用船 88,801G/T 165,022D/W
起工 1970.12.2(昭45) 進水 1971.4.20(昭46) 竣工 1971.7.12(昭46)
Lpp 278.80 B 44.50 D 24.50 m 主機 D 32,000BHP 15.6/18.1kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.2231 新和海運株式会社(東京)
新竜丸 SHINRYU MARU 26次
1987.3.7(昭62)解体のため売却、高雄に到着

SNo.2228 千鳥山丸 CHIDORISAN MARU (1972)
111706/JEZB 鉱石専用船 88,884G/T 162,044D/W
起工 1971.6(昭46) 進水 1971.11(昭46) 竣工 1972.1(昭47)
Lpp 278.80 B 44.50 D 24.50 m 主機 D IHI Sulzer 8RND 30,400PS 1基 15.71/18.75kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.2228 大阪商船三井船舶株式会社(大阪)
千鳥山丸 CHIDORISAN MARU 27次
1972.1(昭47)大阪船舶(株)(大阪)と共有

SNo.2228 千鳥山丸 CHIDORISAN MARU (1972)
111706/JEZB 鉱石専用船 88,885G/T
起工 1971.6.22(昭46) 進水 1971.11.2(昭46) 竣工 1972.1.31(昭47)
Lpp 278.80 B 44.50 D 24.50 m 主機 D 25,840/30,400BHP 15.71/18.75kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.2228 大阪商船三井船舶株式会社(東京)
千鳥山丸 CHIDORISAN MARU
1987.5(昭62)解体のためLung Fha Steel Co. Ltd.,Taiwanに売却、台湾の高雄で解体

SNo.2291 ジャパン アンブローズ JAPAN AMBROSE (1972)

ジャパン アンブローズ
ジャパン アンブローズ Japan Ambrose
112808/JDXW コンテナ船 33,287G/T 28,352D/W
起工 1971.11.11(昭46) 進水 1972.3.24(昭47) 竣工 1972.9.8(昭47)
Lpp 215.00 B 32.00 D 19.00 m 主機 T 石川島播磨 50,000PS 1基 25.1/27.7kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.2291
ジャパンライン株式会社(東京) ジャパン アンブローズ JAPAN AMBROSE 27次 1569TEU
1987(昭62)解体のため売却、台湾の高雄のLung Ching Steel Enterprise Co. Ltd.で解体

SNo.2287 新雄丸 SHINYU MARU (1972)
112862/JFAB 鉱石専用船 85,383G/T
起工 1971.12.15(昭46) 進水 1972.6.20(昭47) 竣工 1972.9.27(昭47)
Lpp 269.20 B 44.50 D 24.50 m 主機 D 32,000BHP 15.8/18.1kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.2287 新和海運株式会社(東京)
新雄丸 SHINYU MARU 27次
1986.9.5(昭61)Continental Maritime Inc.,Manilaに売却、CONTI FORTUNEと改名
1989(平1)San Ildefonso Shipping Corp.,Manilaに売却
1993.10.28(平5)解体のため売却、香港に到着

SNo.2292 木曾丸 KISO MARU (1973)
112902/JFLI コンテナ船 38,540G/T 31,269D/W
起工 1972.4.1(昭47) 進水 1972.8.29(昭47) 竣工 1973.4.14(昭48)
Lpp 242.00 B 32.20 D 19.50 m 主機 D IHI Sulzer 12RND90 34,800PS 2基 25.5/30.47kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.2292 日本郵船株式会社(東京)
木曾丸 KISO MARU 28次 1946TEU
1987(昭62)Vesta Co. Ltd., Liberiaに売却、KISOと改名
1991(平3)NEPTUNE AGATEと改名
1994(平6)MED NAGOYAと改名
1996.11.27(平8)解体のためインドの解体業者に売却、Alangに到着

SNo.2340 ぱしふいっく あろう PACIFIC ARROW (1973)

ぱしふいっく あろう
ぱしふいっく あろう Pacific Arrow
114038/JGFM コンテナ船 30,007G/T 26,415D/W
起工 1972.11.7(昭47) 進水 1973.1.6(昭48) 竣工 1973.5.11(昭48)
Lpp 204.00 B 31.20 D 18.90 m 主機 D IHI Sulzer 9RND105 36,000PS 1基 22.8/26.86kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.2340 ジャパンライン株式会社(東京)
ぱしふいっく あろう PACIFIC ARROW 28次 1481TEU
1987(昭62)グリーンインベストメンツ(株)(東京)に移籍
1988(昭63)NLS船舶(東京)に移籍
1992(平4)NYK船舶保有(東京)に売却
1994(平6)1994年版日本船舶明細書に掲載

SNo.2330 邦春丸 HOSHUN MARU (1973)

邦春丸
邦春丸 Hoshun Maru
114622/JAJD 鉱石/油兼用船 89,272G/T 160,029D/W
起工 1973.2.14(昭48) 進水 1973.5.25(昭48) 竣工 1973.9.21(昭48)
Lpp 278.80 B 44.50 D 24.50 m 主機 D IHI Sulzer 8RND105 32,000PS 1基 15.6/16.92kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.2330 日邦汽船株式会社(東京)
邦春丸 HOSHUN MARU 28次
1982(昭57)三井リース事業(株)(東京)に売却、隆盛丸と改名。隆洋海運が裸傭船
1985(昭60)Hsin Chien Marine Co. Ltd., Taiwanに売却、NEW BOUNTYと改名
1987(昭62)New Spirit Line S. A., Panamaに売却、ACCORDと改名
1988(昭63)Beogradska Plovidba, Yugoslaviaに売却、SMEDEREVOと改名
1992(平4)Glimmer Maritime S. A., St. Vincentに売却、ORE STARと改名
1993(平5)Worldwide Carriers Inc., St. Vincentに売却
1994(平6)解体Lloyd's Register 1995-96年版より削除

SNo.2309 祥邦丸 SHOHO MARU (1973)
114651/JARY 油槽船 88,885G/T 171,069D/W
起工 1973.5.26(昭48) 進水 1973.9.6(昭48) 竣工 1973.12.21(昭48)
Lpp 279.60 B 44.50 D 24.70 m 主機 D IHI Sulzer 8RND105 32,000PS 1基 15.9/16.8kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.2309 飯野海運株式会社(東京)
祥邦丸 SHOHO MARU 29次
1973.12.21(昭48)海祥海運(株)(東京)と共有
1981(昭56)明治海運(株)(神戸)に売却、明祥丸と改名
1989.8(平1)Los Tres Marineros S.A.,Liberiaに売却、BRIGHT PHOENIXと改名
1993Lloyd's Register 1993-1994年版に掲載

SNo.2358 らいおんずげいと ぶりっじ LIONS GATE BRIDGE (1974)

らいおんずげいと ぶりっじ
らいおんずげいと ぶりっじ Lions Gate Bridge
115904/JCLL コンテナ船 29,860G/T 26,457D/W
起工 1973.7.11(昭48) 進水 1973.11.16(昭48) 竣工 1974.4.4(昭49)
Lpp 204.00 B 31.20 D 18.90 m 主機 D IHI Sulzer 9RND105 36,000PS 1基 21.9/26.9kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.2358
川崎汽船株式会社(東京) らいおんずげいと ぶりっじ LIONS GATE BRIDGE 29次 1441TEU

SNo.2429 LAUREL WREATH (1975)
121064/JMTK 鉱石/油兼用船 72,258G/T
起工 1975.2.26(昭50) 進水 1975.6.3(昭50) 竣工 1975.10.15(昭50)
Lpp 270.00 B 44.50 D 22.00 m 主機 D 29,000BHP 15.7/17.5kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.2429 Laurel Shipping Corp.,Liberia
LAUREL WREATH
1979.3.15(昭54)川崎汽船(株)(神戸)に売却、ろーれる りーすと改名
1986.10.14(昭61)Liberty Star Shipping Ltd.,Gibraltarに売却、LIBERTY STARと改名
1989(平1)Fourwinds Shipping Ltd.,Cyprusに売却、KASHEEと改名
1992(平4)Lloyd's Register 1992-1993年版に掲載

SNo.2385 あまぞん丸 AMAZON MARU (1976)

あまぞん丸
あまぞん丸 Amazon Maru
117735/JMQS 鉱石/油兼用船 85,690G/T 157,849D/W
起工 1975.4.3(昭50) 進水 1975.7.22(昭50) 竣工 1976.5.27(昭51)
Lpp 270.00 B 44.50 D 24.70 m 主機 D IHI Sulzer 8RND105 18/32,000PS 1基 15.7/17.55kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.2385 日本水産株式会社(東京)
あまぞん丸 AMAZON MARU 31次

SNo.2491 ごっどういっと GODWIT (1976)

ごっどういっと
ごっどういっと Godwit
119202/JKRV コンテナ船 31,671G/T 28,733D/W
起工 1976.3.25(昭51) 進水 1976.6.15(昭51) 竣工 1976.10.25(昭51)
Lpp 207.00 B 32.20 D 19.00 m 主機 D 石播相生Sulzer 9RND105 36,000PS 1基 22.4/26.8kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.2491 ジャパンライン株式会社(東京)
ごっどういっと GODWIT 31次 1466TEU
1976(昭51)大阪商船三井船舶(株)(東京)と共有
1987(昭62)グリーン船舶保有(株)保有(東京)に譲渡、グリーン船舶保有(株)保有と大阪商船三井船舶の共有
1989.6.1(平1)ナビックスライン(株)(東京)に移籍、ナビックスライン(株)と大阪商船三井船舶の共有
1994(平6)1994年版日本船舶明細書に掲載

SNo.2719 ひまらや丸 (2) HIMALAYA MARU (1979)
119667/JIOD 多目的貨物船 15,729G/T
起工 1978.9.19(昭53) 進水 1978.12.14(昭53) 竣工 1979.2.20(昭54)
Lpp 157.00 B 26.40 D 14.10 m 主機 D 9,180/10,800BHP 16.3/19.11kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.2719 大阪商船三井船舶株式会社(東京)
ひまらや丸 HIMALAYA MARU 34次
1981(昭56)馬場大光商船(株)(東京)と共有
1989.4.1(平1)国際エネルギー輸送(株)(東京)と共有
1989.4.1(平1)国際マリントランスポート(株)(東京)と共有
1991(平3)Snowhouse Maritime S.A.,Panamaに売却、KILIMANJAROと改名
1992(平4)Lloyd's Register 1992-1993年版に掲載

SNo.2700 富士山丸 FUJISAN MARU (1980)
123566/8KRN 油槽船 56,151G/T 89,998D/W 起工 1979.7(昭54) 進水 1979.10(昭54) 竣工 1980.2(昭55)
Lpp 230.00 B 41.60 D 20.70 m 主機 D 石川島播磨 SEMT-12PC4V 18,000BHP 1基 15/16.61kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.2700 飯野海運株式会社(東京)
富士山丸 FUJISAN MARU 35次
1980.2(昭55)海祥海運(株)(東京)と共有

SNo.2696 ジャパン アポロ JAPAN APOLLO (1980)

ジャパン アポロ
ジャパン アポロ Japan Apollo
123623/JKZL コンテナ船 27,371G/T 27,500D/W
起工 1979.8.31(昭54) 進水 1979.12.10(昭54) 竣工 1980.4.11(昭55)
Lpp 183.00 B 31.20 D 18.70 m 主機 D IHI Sulzer 9RLA90 27,540/32,400PS 1基 22.4/25.99kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.2696 ジャパンライン株式会社(東京)
ジャパン アポロ JAPAN APOLLO 35次 1197TEU
1987.4(昭62)船体延長工事 1919TEU
1987(昭62)グリーンインベストメンツ(株)(東京)に売却
1992(平4)CALIFORNIA ORIONと改名
1998(平10)HOTAKA MARUと改名
2006(平18)Orion Shipholding S. A.,Panamaに売却、ACX TSUBAKIと改名
2009.2.28(平21)解体のため中国のJiangyinに到着

SNo.2701 玄海丸 GENKAI MARU (1980)
123667/JLFL 油槽船 47,421G/T 49,196D/W 起工 1980.1(昭55) 進水 1980.5(昭55) 竣工 1980.11(昭55)
Lpp 212.00 B 36.00 D 22.30 m 主機 D 石播相生Sulzer RND-90M 19,080BHP 1基 16.2/18.38kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.2701 出光タンカー株式会社(東京)
玄海丸 GENKAI MARU 35次

SNo.2751 天栄丸 TENEI MARU (1981)
123737/JLRQ 油槽船 39,256G/T 59,563D/W 起工 1980.10(昭55) 進水 1980.12(昭55) 竣工 1981.3(昭56)
Lpp 207.00 B 36.00 D 18.30 m 主機 D IHI SEMT Pielstick 18PC2-5V 117,500PS 1基 14.1/15.56kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.2751 共栄タンカー株式会社(東京)
天栄丸 TENEI MARU 36次

SNo.2745 栄陽丸 EIYO MARU (1981)
119798/JJFC チップ専用船 36,182G/T
起工 1980.7.7(昭55) 進水 1980.10.3(昭55) 竣工 1981.3.30(昭56)
Lpp 189.00 B 32.20 D 20.90 m 主機 D 10,200/12,000BHP 14.8/16.69kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.2745 大阪商船三井船舶株式会社(東京)
栄陽丸 EIYO MARU
1981.3.30(昭56)乾汽船(株)(神戸)と共有
1993(平5)在籍船

SNo.2815 ジャパン アライアンス JAPAN ALLIANCE (1983)

ジャパン アライアンス
ジャパン アライアンス Japan Alliance

相生・石川島播磨重工 右はジャパン アポロ
126767/7KBW コンテナ船 31,356G/T 30,452D/W
起工 1983.4.15(昭58) 進水 1983.7.15(昭58) 竣工 1983.10.14(昭58)
Lpp 204.00 B 32.20 D 18.70 m 主機 D 石播相生Sulzer 8RLB90 30,200PS 1基 22.3/25.66kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.2815
ジャパンライン株式会社(東京) ジャパン アライアンス JAPAN ALLIANCE 39次 1692TEU
1987(昭62)グリーンインベストメンツ(株)(東京)に売却
1989(平1)NLS船舶(東京)に移籍
1991(平3)NYK船舶保有(東京)に売却、カリフォルニア トライトンと改名
1994(平6)Poseidon Marine Transport Private Ltd.(Singapore)に売却、IRENES MYTHと改名
1997(平9)GLOBAL MYTHと改名
2002(平14)Melitea Shipping & Trading S.A.,Greeceに売却、IRENES MYTHと改名
2008(平20)MSC RUGBYと改名

SNo.2864 第一全農丸 ZENNOH MARU NO.1 (1984)

第一全農丸
第一全農丸 Zennoh Maru No.1
126842/7KXH 撒積専用船 34,932G/T 63,362D/W
起工 1983.8.31(昭58) 進水 1983.11.30(昭58) 竣工 1984.3.12(昭59)
Lpp 215.40 B 32.20 D 17.80 m 主機 D IHI Sulzer 4RTA76 13,000PS 1基 14.1/15.9kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.2864 飯野海運株式会社(東京)
第一全農丸 ZENNOH MARU NO.1
1994.2.9(平6)売却
ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.10