船歴 本邦建造船40 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

名古屋造船株式会社

浦賀丸 URAGA MARU (1942)
49575/JRVR 曳船 154G/T 進水 1942(昭17)
Lpp 27.00 B 7.20 D 3.70 m 主機 R 3連成 大阪鐵工所 700IHP 2基 10kt
名古屋造船株式会社(名古屋)建造 浦賀船渠株式会社(浦賀)
浦賀丸 URAGA MARU

金津丸 KANATSU MARU (1942)

金津丸
金津丸 Kanatsu Maru
63426/JGXF 貨物船 2,749G/T 4,340D/W 起工 1942(昭17) 進水 1942(昭17) 竣工 1942.12(昭17)
Lpp 93.80 B 13.70 D 7.60 m 主機 R&T 低圧タービン付複2連成 1,400IHP 1基 9.5/10.5kt
名古屋造船株式会社(名古屋)建造 攝津商船株式会社(大阪)
金津丸 KANATSU MARU
1943.11.16(昭18)合併に伴い大阪商船(株)(大阪)に移籍
1945.7.24(昭20)瀬戸内海六島付近(34.18N,133.36E)で空爆により沈没
1948.12(昭23)中央汽船(株)(大阪)に売却、北川産業が浮揚に成功
1949.4(昭24)日立造船築港工場で修理、同年9.8完工
1951.1.7(昭26)日立造船築港工場でBV船級取得工事。同年2.14完工
1958(昭33)佐野安商事(大阪)に売却
1959.2(昭34)主機をD 2,100BHPに換装
1960(昭35)金丸 Kana Maru と改名
1964(昭39)近藤海運(今治)に売却
1967(昭42)Perola Navigation & Trading Co. S. A.(Panama)に売却、BRILLIANTと改名
1970(昭45)Lloyd's Register 1970-71年版から削除

SNo.4 第八多聞丸 (2) TAMON MARU No.8 (1943)
49854/JCFR 貨物船 2,704G/T 4,200D/W 進水 1943.3.6(昭18)
Lpp 93.00 B 13.70 D 7.60 m 主機 T 1,750SHP 1基 14kt
名古屋造船株式会社(名古屋)建造 Sno.4 八馬汽船株式会社(東京)
第八多聞丸 TAMON MARU No.8 浦賀船渠から建造委託(浦賀船渠 第473番船)
1944.1.4(昭19)仏印サンジャック沖(11.3N,109.29E)で米潜CABRILLA(SS-238)の雷撃により沈没

豊丸 TOYO MARU (1943)
貨物船 2,704G/T 4,200D/W 進水 1943.5(昭18)
Lpp 93.00 B 13.70 D 7.60 m 主機 T 2DC2000 1,110NHP 1基 13.5kt
名古屋造船株式会社(名古屋)建造 中川汽船株式会社(神戸)
豊丸 TOYO MARU

大秋田丸 OOAKITA MARU (1943)
貨物船 2,704G/T 4,200D/W 進水 1943.6(昭18)
Lpp 93.00 B 13.70 D 7.60 m 主機 T 2DC2000 1,037SHP 1基 13.98kt
名古屋造船株式会社(名古屋)建造 中川汽船株式会社(神戸)
大秋田丸 OOAKITA MARU

熱田丸 ATSUTA MARU (1943)
50215/JCMR 貨物船 2,705G/T 4,200D/W 進水 1943.9(昭18) 竣工 1943.11.1(昭18)
Lpp 93.70 B 13.70 D 7.60 m 主機 T 2DC2000 1,037SHP 14.36kt
名古屋造船株式会社(名古屋)建造 日本海汽船株式会社(東京)
熱田丸 ATSUTA MARU
1944.11.12昭南からマニラに向け航行中、パラワン島バキット湾の西方(11.02N,118.14E)で空爆により沈没

廣明丸型 8隻 KOMEI MARU Class (1944)
貨物船 Lpp 93.00 B 13.70 D 7.50 m 主機 R 3連成 1基 1CRS型
廣明丸 KOMEI MARU 2,700G/T
進水 1944.6(昭19) 竣工 1944(昭19) 名古屋造船株式会社(名古屋)建造 廣海汽船株式会社
廣明丸 KOMEI MARU
明寶丸 MEIHO MARU 51647/JBAV 2,700G/T 4,300D/W 1,800HP 13.34kt
進水 1944.5(昭19) 竣工 1944(昭19) 名古屋造船株式会社(名古屋)建造 明治海運株式会社(神戸)
明寶丸 MEIHO MARU
1945.3.28(昭20)南支方面の新竹州沖(24.40N,120.45E)で雷撃により沈没
神鹿丸 SHINKA MARU 50232/JZMS 2,700G/T
進水 1944.2(昭19) 竣工 1944(昭19) 名古屋造船株式会社(名古屋)建造 栗林商船株式会社
神鹿丸 SHINKA MARU
Sno.21 熊野山丸 KUMANOSAN MARU 50126/JCRR 2,800G/T 4,300D/W 8SHP 12.54kt
起工 1943(昭18) 進水 1943.11.8(昭18) 竣工 1944.1.7(昭19)
名古屋造船株式会社(名古屋)建造 三井船舶株式会社(東京)
熊野山丸 KUMANOSAN MARU
1944.6.24(昭19)伊豆大島沖(34.45N,139.30E)で米潜GROUPER(SS-214)の雷撃により沈没
Sno.22 白峰丸 SHIRAMINE MARU 50217/JCSR 2,700G/T 4,517D/W 1,700HP 11kt
起工 1943(昭18) 進水 1943.12.20(昭18) 竣工 1944.2.15(昭19)
名古屋造船株式会社(名古屋)建造 日本郵船株式会社(東京)
白峰丸 SHIRAMINE MARU
1944.9.2(昭19)比島セブ港より退避中に空爆を受けカルメン沖で大破炎上、船体放棄
白馬丸 SHIROUMA MARU 50231/JZLS 2,700G/T 4,483D/W 1,715HP 13.32kt
起工 1943(昭18) 進水 1944.1.20(昭19) 竣工 1944.3.8(昭19) 名古屋造船株式会社(名古屋)建造 日本郵船株式会社(東京)
白馬丸 SHIROUMA MARU
1944.12.7(昭19)レイテ島北西岸サンイシドロ沖で上陸作戦中に空爆により大破、船体放棄
辰泰丸 TATSUYASU MARU 51649/JBCV 2,857G/T 4,310D/W 1,200HP 10.5/11.5kt
起工 1943(昭18) 進水 1944.3(昭19) 竣工 1944.3.31(昭19) 名古屋造船株式会社(名古屋)建造 辰馬汽船株式会社
辰泰丸 TATSUYASU MARU
1951.7(昭26)日立造船(因島)でB.V.船級取得工事完工
1957.1.22(昭32)鶴丸汽船(株)(若松)に売却、福智山丸 Fukuchizan Maru と改名
1957.9(昭32)主機をD 伊藤鉄工所M466HS 1,800BHPに換装
1964.2.20(昭39)New Taiwan Marine Transportation Co. Ltd.(Taiwan)に売却、FU TAIと改名
1965(昭40)Lloyd's Register 1965-1966年版より削除
辰泰丸
辰泰丸 Tatsuyasu Maru
Sno.28 大俊丸 TAISHUN MARU 51669/JBRV 2,700G/T 1,500/2,000HP 11/14kt
起工 1944(昭19) 進水 1944.8.11(昭19) 竣工 1944.9.21(昭19)
名古屋造船株式会社(名古屋)建造 太洋海運株式会社(神戸)
大俊丸 TAISHUN MARU
1945.8.10(昭20)朝鮮の羅津で空爆により沈没

大輝丸型 10隻 DAIKI MARU Class (1944 - 1947)
貨物船 Lpp 85.00 B 13.40 D 7.20 m 2D型
大輝丸 DAIKI MARU 2,300G/T
主機 T 900/1,100SHP 1基
起工 1944(昭19) 進水 1944.11(昭19) 名古屋造船株式会社(名古屋)建造 大連汽船株式会社
大輝丸 DAIKI MARU
Sno.改R-2341 賢洋丸 KENYO MARU 65563/JICW 2,235G/T 3,572D/W
主機 R 3連成 鋼管鶴見 1,100HP 1基 9/11.92kt
起工 1944.5(昭19) 進水 1944.9.27(昭19) 竣工 1944.11(昭19)
名古屋造船株式会社(名古屋)建造 東洋汽船株式会社(東京)
賢洋丸 KENYO MARU SCAJAP No.K318
1945.3.18(昭20)鹿児島県桜島北方沖合で空爆により沈没
1948(昭23)川南工業が救助し浮揚、川南工業(香焼島)で修理
1949.11.25(昭24)修理完了し再就航
1951.5(昭26)セメントタンカーに改造
1960.3.31(昭35)合併に伴い日本油槽船(株)(東京)に移籍
1961.1(昭36)主機をD 伊藤鉄工所 M436IS 1,500BHPに換装
1964.4.1(昭39)合併に伴い昭和海運(株)(東京)に移籍
1966(昭41)宝洋海運産業(株)(東京)に売却
1970.12.12(昭45)解体のため松庫海事(東京)へ売却
賢洋丸
賢洋丸 Kenyo Maru
八禮丸 HACHIREI MARU 52119/JJHW 2,218G/T 3,976D/W
主機 R 3連成 鋼管鶴見 900NHP/1,100IHP 1基 9kt
起工 1944(昭19) 進水 1944(昭19) 竣工 1945.1(昭20) 名古屋造船株式会社(名古屋)建造 南洋海運株式会社(東京)
八禮丸 HACHIREI MARU
1949.7.16(昭24)東京船舶(株)(東京)に移籍
1951.3(昭26)日本塩回送(株)(東京)に売却
1951.4.4(昭26)関門海峡の六連島錨地で碇泊中に米船と衝突して沈没
1951.7.23(昭26)日本サルヴェージ(東京)によって浮揚に成功
1951.10(昭26)笠戸船渠(下松)でB.V.船級取得改造工事が完工
1957(昭32)昭和34年までの間に来島船渠(株)(今治)に売却
1964.3.31(昭39)解体
八禮丸
八禮丸 Hachirei Maru
香取丸 KATORI MARU 52121/JJIW 2,300G/T
主機 T 900/1,100SHP 1基
起工 1944(昭19) 進水 1944.11(昭19) 竣工 1945.2(昭20) 名古屋造船株式会社(名古屋)建造 杤木汽船株式会社(東京)
香取丸 KATORI MARU
1945.7.22(昭20)新潟港外で触雷、沈没
富士玉丸 FUJITAMA MARU 52123/JJJW 2,300G/T 4,039D/W
主機 T 900/1,100SHP 1基
起工 1944(昭19) 進水 1945.2(昭20) 竣工 1945.4.21(昭20) 名古屋造船株式会社(名古屋)建造 玉井商船株式会社(東京)
富士玉丸 FUJITAMA MARU
1945.5.30(昭20)神戸和田岬灯台沖で触雷沈没(22名殉職)
木星丸 MOKUSEI MARU 52124/JJKW 2,217G/T 3,976D/W
主機 R 3連成 日本鋼管 1,100IHP 1基 9/11kt
起工 1944.11(昭19) 進水 1945.4(昭20) 竣工 1945.7.11(昭20) 名古屋造船株式会社(名古屋)建造 山下汽船株式会社(神戸)
木星丸 MOKUSEI MARU SCAJAP No.M042
1956.5.19(昭31)日本船舶(株)(東京)に売却、隆州丸Ryushu Maruと改名
1962(昭37)京北海運(東京)に売却
1963.8.28(昭38)解体
木星丸
木星丸 Mokusei Maru
昭新丸 SHOSHIN MARU 2,300G/T
主機 T 900/1,100SHP 1基
起工 1944.11.21(昭19) 進水 1945.7(昭20) 竣工 1945.12.27(昭20)
名古屋造船株式会社(名古屋)建造 東和汽船株式会社
昭新丸 SHOSHIN MARU
光福丸 (2) KOFUKU MARU 2,300G/T
主機 T 900/1,100SHP 1基
起工 1945.2.14(昭20) 進水 1945.11(昭20) 竣工 1946.4.17(昭21)
名古屋造船株式会社(名古屋)建造 大光商船株式会社
光福丸 KOFUKU MARU
1947.3.31(昭22)斉州島沿岸にて座礁沈没
第十二日の丸 HINOAMARU No.12 56867/JQKE 2,129G/T 3,794D/W
主機 R 3連成 鋼管鶴見 900NHP/1,100IHP 1基 9/12kt
起工 1945.3.18(昭20) 進水 1946.3(昭21) 竣工 1946.7.31(昭21)
名古屋造船株式会社(名古屋)建造 日の丸汽船株式会社(神戸)
第十二日の丸 HINOAMARU No.12 SCAJAP No.H060
第十二日の丸
第十二日の丸 Hinoamaru No.12
中和丸 CHUWA MARU 58760/JQAA 2,323G/T 3,830D/W
主機 T 浦賀船渠 1,200SHP 1基 9/9.7kt
起工 1945.5.10(昭20) 進水 1946.8(昭21) 竣工 1947.5.10(昭22)
名古屋造船株式会社(名古屋)建造 中央汽船株式会社(大阪)
中和丸 CHUWA MARU
1950.2(昭25)名古屋造船(名古屋)で改造工事
1952(昭27)船本海運(大阪)に売却
1955.12.27(昭30)社名変更に伴い国光海運(大阪)に移籍
1957.3.31(昭32)北星海運(株)(東京)に売却
1957.4.8(昭32)登川丸 NOBORIKAWA MARU と改名
1960.7(昭35)日本土地開発(東京)に売却
1961(昭36)同和海運(株)(東京)に売却、東華丸 TOKA MARU と改名
1963.4(昭38)解体
中和丸
中和丸 Chuwa Maru

霧島丸 KIRISHIMA MARU (1948)
62543/JPJW 貨物船 626G/T 846D/W 進水 1948.2(昭23) 竣工 1948.3(昭23)
Lpp 50.00 B 8.40 D 4.20 m 主機 R 鐘紡神戸 550IHP 1基 9.5kt
名古屋造船株式会社(名古屋)建造 西日本石炭輸送株式会社
霧島丸 KIRISHIMA MARU 1次KF SCAJAP No.K256
1948.3(昭23)船舶公団(東京)と共有
1951(昭26)西日本汽船(株)(東京)の所有
1953.12(昭28)主機をD 伊藤M376 600BHPに換装

SNo.80 東光丸 TOKO MARU (1948)
59774/JIJQ 貨客船 2,084G/T 2,394D/W
起工 1947.4.23(昭22) 進水 1948.5.9(昭23) 竣工 1948.9.2(昭23)
Lpp 82.26 B 12.50 D 6.31 m 主機 R 3連成 1,900IHP 1基 12.5/15.01kt
名古屋造船株式会社(名古屋)建造 Sno.80 日本海汽船株式会社(名古屋)
東光丸 TOKO MARU 船客 177

春日丸 KASUGA MARU (1948)
貨物船 621G/T 起工 1948.6.17(昭23) 進水 1948.9.6(昭23) 竣工 1948.10.4(昭23)
主機 R 3連成 500IHP
名古屋造船株式会社(名古屋)建造 大阪機船株式会社
春日丸 KASUGA MARU 2次

玄海丸 GENKAI MARU (1949)
62877/JLKM 貨物船 2,346G/T 3,527D/W 起工 1948.11(昭23) 進水 1949.4(昭24) 竣工 1949.6(昭24)
Lpp 88.00 B 13.50 D 7.10 m 主機 T 日立製作所 1,600SHP 1基 11/13.9kt
名古屋造船株式会社(名古屋)建造 西日本石炭輸送株式会社(大阪)
玄海丸 GENKAI MARU 3次KD
1957.7(昭32)主機をD 赤坂鉄工 KD7S 1800BHPに換装

SNo.92 中央丸 CHUO MARU (1951)

中央丸
中央丸 Chuo Maru
65946/JMSJ 貨物船 4,452G/T 6,458D/W
起工 1950.2.4(昭25) 進水 1951.4.21(昭26) 竣工 1951.7.12(昭26)
Lpp 109.00 B 16.00 D 8.80 m 主機 T 日立製作所 2段減速 2,400SHP 1基 11.5/13kt
名古屋造船株式会社(名古屋)建造 Sno.92 中央汽船株式会社(大阪)
中央丸 CHUO MARU 5次
1956.8.4(昭31)大阪商船(株)(大阪)に売却、ばんこっく丸 Bangkok Maru と改名
1964.4.1(昭39)合併に伴い大阪商船(株)三井船舶(東京)に移籍
1966.2.15(昭41)Ta Peng S. S. Co. Ltd(臺灣)に売却、TA YUと改名
1969(昭44)Ken Hieng Nav. Co. Ltd.(臺灣)に売却、YONG TAと改名
1972(昭47)Lloyd's Register 1972-73年版から削除

興名丸型 2隻 KOMEI MARU Class (1951 - 1952)

興名丸
興名丸 Komei Maru
浦賀船渠で建造された宇佐丸(日鐵汽船)型で名古屋造船所で2隻建造された。
貨物船 宇佐丸型
Sno.101 興名丸 KOMEI MARU 67876/JHCK 6,288G/T 9,702D/W
Lpp 128.00 B 17.80 D 10.00 m 主機 T 浦賀船渠 衝動式2段減速付 4,000PS 1基 13.5/16.2kt
起工 1951.1.25(昭26) 進水 1951.9.28(昭26) 竣工 1951.12.25(昭26)
名古屋造船株式会社(名古屋)建造 日本商船株式会社(東京)
興名丸 KOMEI MARU 6次 SCAJAP No.K366
1963(昭38)五洋汽船(株)(東京)に売却、五明丸 GOMEI MARU と改名
興国丸 KOKOKU MARU 68025/JFZM 6,294G/T 9,729D/W
Lpp 128.00 B 17.80 D 10.00 m 主機 T 浦賀船渠 衝動式2段減速付 4,000PS 1基 13.5/16.51kt
起工 1951.6.14(昭26) 進水 1952.2.13(昭27) 竣工 1952.4.15(昭27)
名古屋造船株式会社(名古屋)建造 日本商船株式会社(東京)
興国丸 KOKOKU MARU 7次前 SCAJAP No.K376
1952.8(昭27)日本郵船の豪州航路に就航
1963.11.26(昭38)米国に売却、船籍抹消
興国丸
興国丸 Kokoku Maru

横浜丸型 2隻 YOKOHAMA MARU Class (1952 - 1953)

横浜丸
横浜丸 Yokohama Maru
貨物船 Lpp 140.00 B 19.00 D 10.50 m 主機 D 浦賀玉島Sulzer 6SD72 2基
名古屋造船株式会社(名古屋)建造 東邦海運株式会社(東京)
Sno.103 横浜丸 YOKOHAMA MARU 69428/JATO 7,675G/T 10,352D/W 4,200PS 16/19.7kt
起工 1951.12.27(昭26) 進水 1952.8.9(昭27) 竣工 1952.11.1(昭27) 横浜丸 YOKOHAMA MARU 7次後
1955.3.28(昭30)日本郵船(株)(東京)に移籍
1970.8.1(昭45)Manhattan Shipping Co. Ltd.,Cyprusに売却、MARIA Kと改名
1971(昭46)Markab Navigation Corp.,Greeceに移籍
1973(昭48)Edbert Maritime Co. Ltd.,Greeceに売却、DORAと改名
1976(昭51)Zoom Shipping Co. Ltd.,Cyprusに売却、ROCOと改名
1978(昭53)パキスタンのGadaniで解体
Sno.104 紐育丸 NEW YORK MARU 69810/JKNE 7,715G/T 10,302D/W 4,250PS 16/19.5kt
起工 1952.8.9(昭27) 進水 1953.1.18(昭28) 竣工 1953.4.7(昭28) 紐育丸 NEW YORK MARU 8次
1955.3.28(昭30)日本郵船(株)(東京)に移籍
1971.5.6(昭46)Great Fortune Nav. Co. S. A.(Panama)に売却、GREAT PEACEと改名
1977(昭52)台湾の高雄で解体
紐育丸
紐育丸 New York Maru

SNo.107 日出丸 (2) HIDE MARU (1954)

日出丸
日出丸 Hide Maru
71794/JENN 貨物船 7,694G/T 11,259D/W
起工 1953.9.29(昭28) 進水 1954.3.18(昭29) 竣工 1954.6.10(昭29)
Lpp 130.00 B 17.80 D 11.70 m 主機 D 浦賀Sulzer 7SD72 5,000PS 1基 14.5/15kt
名古屋造船株式会社(名古屋)建造 Sno.107 杤木汽船株式会社(東京)
日出丸 HIDE MARU 9次後
1967.1.30(昭42)合併に伴い松岡汽船(株)(神戸)に移籍
1974.1(昭49)International Maritime Co., Panamaに売却、WESTERN ENTERPRISEと改名。同年、First Steamship Co. Ltd., Keelingに売却
1975(昭50)Lloyd's Register 1975-1976年版より削除

SNo.120 天栄丸 TENEI MARU (1955)

天栄丸
天栄丸 Tenei Maru
73073/JHPW 貨物船 7,510G/T 11,087D/W 起工 1954.11(昭29) 進水 1955.5(昭30) 竣工 1955.8(昭30)
Lpp 130.32 B 17.80 D 11.72 m 主機 D 播磨Sulzer 7RSD76 6,800PS 14.7/18.1kt
名古屋造船株式会社(名古屋)建造 Sno.120 共栄タンカー株式会社(神戸)
天栄丸 TENEI MARU 10次
1962.7.1(昭37)在籍

SNo.133 馬来丸 (2) MALAY MARU (1956)

馬来丸
馬来丸 Malay Maru
74506/JIIO 貨物船 7,513G/T 起工 1955.11.5(昭30) 進水 1956.4.24(昭31) 竣工 1956.7.7(昭31)
Lpp 130.32 B 17.80 D 11.72 m 主機 D 浦賀玉島Sulzer 8SD72 6,000PS 1基 14.5/17.25kt
名古屋造船株式会社(名古屋)建造 Sno.133 八馬汽船株式会社(西宮)
馬来丸 MALAY MARU 11次
1972(昭47)Evergreen Line S. A.,Panamaに売却、EVER WELFAREと改名
1977(昭52)Cheh An Navigation Co. S. A.,Singaporeに売却、GLORY CONCORDと改名
1980Lloyd's Register 1980-1981年版に掲載.、以後不詳

天山丸型 4隻 TENZAN MARU Class (1957 - 1958)

天山丸
天山丸 Tenzan Maru
貨物船 Lpp 138.00 B 19.00 D 12.00 m 主機 D 浦賀Sulzer 6SAD72 1基
名古屋造船株式会社(名古屋)建造
Sno.136 天山丸 (2) TENZAN MARU 76222/JDPC 8,649G/T 12,687D/W 5,600PS 13.7/14.5kt
起工 1956.9.30(昭31) 進水 1956.12.30(昭31) 竣工 1957.3.19(昭32) 東邦海運株式会社(東京)
天山丸 TENZAN MARU 12次
1962.2.15(昭37)合併に伴い新和海運(株)(東京)に移籍
1973.4.27(昭48)Taimo Steamship Co. S.A.,Somaliに売却、ASIA TAIMOと改名
1976(昭51)Flag Maritime S.A.,Panamaに売却、KANDAと改名
1980.1.18(昭55)台湾の解体業者に売却、高雄に到着
Sno.137 山興丸 YAMAOKI MARU 78746/JBTG 8,558G/T 12,455D/W 5,600PS 13.5/17.3kt
起工 1957.3.23(昭32) 進水 1957.7.8(昭32) 竣工 1957.10.9(昭32) 山下汽船株式会社(神戸)
山興丸 YAMAOKI MARU
1957.10.9(昭32)興運汽船(株)(東京)と共有
1962.10(昭37)山下汽船(神戸)と山和商船(株)(東京)の共有に変更
1963.6(昭38)二層甲板にして木材撒積船に改造
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(株)汽船(東京)と山和商船(東京)の共有に変更
1973(昭48)Celestial Nav. Corp.,Panamaに売却、ADELINAと改名
1975.6.4(昭50)福島県の小名浜沖で座礁、沈没
山興丸
山興丸 Yamaoki Maru
Sno.138 長山丸 CHOZAN MARU 79725/JJYR 8,648G/T 12,699D/W 5,600PS 13.7/17.187kt
起工 1957.7.12(昭32) 進水 1957.11.30(昭32) 竣工 1958.2.15(昭33) 東邦海運株式会社(東京)
長山丸 CHOZAN MARU
1962.2.15(昭37)合併に伴い新和海運(株)(東京)に移籍
1963.7(昭38)石川島重工業(名古屋)で木材運搬船に改造
1973.11.10(昭48)Pegasus Steamship Co. S.A.,Somaliに売却、KONPIRAと改名
1977(昭52)Bishop Shipping Services Pty.Ltd.,Papua New Guineaに売却
1979(昭54)Celant Navigation S.A.,Singaporeに売却
1980(昭55)Celant Navigation S.A.,Panamaに移籍、KOMPIRAと改名
1981(昭56)Stalis Maritime Co. S.A.,Panamaに売却、SHEELAと改名
1982.5.26(昭57)解体のためSri Sabri Syndicateに売却、インドのCochinに到着
長山丸
長山丸 Chozan Maru
Sno.139 高京丸 KOKYO MARU 80595/JMVT 8,629G/T 12,461D/W 5,600BHP 13.7/15.6kt
起工 1957.10.19(昭32) 進水 1958.1.26(昭33) 竣工 1958.4.15(昭33) 大同海運株式会社(神戸)
高京丸 KOKYO MARU
1963.7.18(昭38)木材運搬船に改造
1964.4.1(昭39)合併に伴いジャパンライン(株)(東京)に移籍
1976(昭51)Daisei Senpaku & Japan Line & Sanwa Kisen(Panama)に売却、EVER GRACEと改名
1978(昭53)高雄で解体。同年、Deneb (Panama) S. A.(Panama)に移籍
高京丸
高京丸 Kokyo Maru

1959.1.13 - City of Vancouver Archives

海祥丸 KAISHO MARU (1957)
767991/JHYE 貨物船 422G/T 6,679D/W 起工 1956.12(昭31) 進水 1957.3(昭32) 竣工 1957.5(昭32)
Lpp 108.00 B 16.00 D 9.00 m 主機 D 浦賀玉島Sulzer 5SD60 2,650BHP 1基 12/13kt
名古屋造船株式会社(名古屋)建造 日本陸海運輸株式会社(東京)
海祥丸 KAISHO MARU

SNo.141 栄和丸 EIWA MARU (1958)

栄和丸
栄和丸 Eiwa Maru
80402/JCMP 油槽船 12,641G/T 19,684D/W
起工 1957.12.24(昭32) 進水 1958.6.1(昭33) 竣工 1958.9.8(昭33)
Lpp 161.50 B 21.80 D 12.20 m 主機 D 9,100PS 1基 14.85kt
名古屋造船株式会社(名古屋)建造 Sno.141 太平洋海運株式会社(東京)
栄和丸 EIWA MARU 13次

SNo.146 日興丸 NIKKO MARU (1959)

日興丸
日興丸 Nikko Maru
自己資金により日瑞丸に引き続いて建造された撒積貨物船。両船はともにスエズブームによる造船ブームの際に建造契約された高船価であったため主機には過給気装置を付け、深吃水、短船長型を採用するなど建造の合理化が図られた。
82897/JRYG 撒積貨物船 13,689G/T 起工 1958.10.15(昭33) 進水 1959.3.27(昭34) 竣工 1959.7.1(昭34)
Lpp 167.00 B 22.60 D 13.50 m 主機 D 6RSAD76 7,800BHP 1基 13.7/16.8kt
名古屋造船株式会社(名古屋)建造 Sno.146 日産汽船株式会社(東京)
日興丸 NIKKO MARU
1964.4.1(昭39)合併に伴い昭和海運(株)(東京)に移籍
1972(昭47)Kee Yeh Navication Inc.,Liberiaに売却、CHI CHANGと改名
1976(昭51)Chi Chang Nav. Inc.,Liberiaに売却
1978(昭53)Mizarr Trans Marine Ltd.,Liberiaに売却、PUNTO BANCOと改名
1981(昭56)Five Oceans Shipping Corp.,Liberiaに売却、FAITH FIVEと改名
1982.4.7(昭57)解体のため売却、パキスタンのGadani Beachに到着

SNo.148 鉄山丸 TETSUZAN MARU (1960)

鉄山丸
鉄山丸 Tetsuzan Maru
82909/JFRO 鉱石専用船 10,627G/T 15,398D/W
起工 1959.2.12(昭34) 進水 1959.9.16(昭34) 竣工 1960.1.18(昭35)
Lpp 148.00 B 20.20 D 12.20 m 主機 D 三菱横浜M.A.N. K6Z70/120C 5,600BHP 1基 13.6/15.9kt
名古屋造船株式会社(名古屋)建造 Sno.148 東邦海運株式会社(東京)
鉄山丸 TETSUZAN MARU 14次
1960.1.18(昭35)日本鉱石輸送(株)(東京)と共有
1962.2.15(昭37)合併に伴い新和海運(東京)と日本鉱石輸送(東京)の共有に変更
1975.3.5(昭50)Pearl Navigation S.A.,Somaliに売却、EASTERN PEARLと改名
1977(昭52)Pearl Navigation S.A.,Panamaに移籍
1978(昭53)Molucca Maritime Carriers Inc.,Panamaに売却、MOLUCCA CAREERと改名
1979(昭54)Gulf Shipping Lines Ltd.,Panamaに売却、AL TALIBと改名
1980(昭55)Corrib Bay Shipping Co. Ltd.,Panamaに売却
1980.10.10(昭55)パキスタンの解体業者に売却、カラチに到着 、同年12月15日、Gadani Beachに到着

SNo.151 尻屋丸 SHIRIYA MARU (1960)

尻屋丸
尻屋丸 Shiriya Maru
84722/JMJX 石灰石専用船 1,946G/T 起工 1959.12(昭34) 進水 1960.5(昭35) 竣工 1960.6.29(昭35)
Lpp 76.00 B 13.30 D 5.50 m 主機 D 1,400BHP 1基 10.5/11.5kt
名古屋造船株式会社(名古屋)建造 Sno.151 日鐵汽船株式会社(東京)
尻屋丸 SHIRIYA MARU
1960.6.29(昭35)日鉄鉱業(東京)と共有
1962.2.15(昭37)合併に伴ない新和海運(株)(東京)に移籍
1968(昭43)新和海運(東京)と日鉄鉱業(東京)の共有
1977(昭52)新和内航海運(東京)と日鉄鉱業(東京)の共有
1978(昭53)新和内航海運(東京)の単独保有
1981(昭56)有限会社Y.K.Daishin Kisen(今治)に売却
1982Lloyd's Register 1982-1983年版より削除

SNo.157 戸畑丸 (2) TOBATA MARU (1960)

戸畑丸
戸畑丸 Tobata Maru
85173/JMWL 鉱石専用船 14,102G/T 19,836D/W
起工 1960.3.29(昭35) 進水 1960.9.17(昭35) 竣工 1960.12.5(昭35)
Lpp 158.00 B 20.70 D 12.85 m 主機 D 三菱横浜M.A.N. K6Z70/120C 6,500PS 1基 13.27/16.08kt
名古屋造船株式会社(名古屋)建造 Sno.157 日本郵船株式会社(東京)
戸畑丸 TOBATA MARU
1960.12.5(昭35)東邦海運(株)(東京)と共有
1962.2.15(昭37)合併に伴い新和海運(株)(東京)と日本郵船(東京)の共有
1977.9.21(昭52)新和海運(株)(東京)の単独所有
1978.8.30(昭53)解体のため広島で売却

東鳳丸 TOHO MARU (1961)
88032/JMGM 貨物船 4,163G/T 6,509D/W 起工 1961.3(昭36) 進水 1961.11(昭36) 竣工 1961.12(昭36)
Lpp 106.00 B 16.00 D 8.30 m 主機 D 日立B&W 650VTBF110 3,450PS 1基 13.5/16.6kt
名古屋造船株式会社(名古屋)建造 東和汽船株式会社(神戸)
東鳳丸 TOHO MARU

SNo.165 鉄邦丸 TETSUKUNI MARU (1961)

鉄邦丸
鉄邦丸 Tetsukuni Maru
87596/JJPE 撒積貨物船 12,194G/T 19,521D/W
起工 1961.3.23(昭36) 進水 1961.9.26(昭36) 竣工 1961.12.15(昭36)
Lpp 153.00 B 22.40 D 12.80 m 主機 D 三菱横浜M.A.N. K7Z70/120C 7,300PS 1基 13.6/14.6kt
名古屋造船株式会社(名古屋)建造 Sno.165 東邦海運株式会社(東京)
鉄邦丸 TETSUKUNI MARU 16次
1962.2.15(昭37)合併に伴い新和海運(株)(東京)に移籍
1974.12.7(昭49)Luna Steamship S.A.,Somaliに売却、LUNAと改名
1976(昭51)Luna Steamship S.A.,Panamaに移籍、OCEAN PROSPECTと改名
1978(昭53)Philippine Lines Inc.,Manila,Philippinesに売却、PRESIDENT AGUINALDOと改名
1983(昭58)Philippine President Lines Inc.,Philippinesに売却、LUCKY FIFTEENと改名。同年10月29日、台湾の解体業者に売却、高雄に到着

SNo.177 鉄光丸 TEKKO MARU (1962)

鉄光丸
鉄光丸 Tekko Maru
89279/JDIG 貨物船 1,940G/T 3,040D/W
起工 1961.10.8(昭36) 進水 1961.12.27(昭36) 竣工 1962.2.28(昭37)
Lpp 78.00 B 12.70 D 6.70 m 主機 D 伊藤鉄工 M436IS 1,500PS 1基 11/12kt
名古屋造船株式会社(名古屋)建造 Sno.177 新和海運株式会社(東京)
鉄光丸 TEKKO MARU
1971.10.8(昭46)Nike International Ocean Co.S.A.(Panama)に売却、SEA BEARと改名
1975.8.18(昭50) 横浜から釜山に向け航行中、静岡県御前崎の東南沖で転覆沈没

祥海丸 SHOKAI MARU (1962)
87598/7JMY 石炭専用船 3,411G/T 5,505D/W 起工 1961.3(昭36) 進水 1962.2(昭37) 竣工 1962.3(昭37)
Lpp 96.00 B 14.60 D 8.20 m 主機 D 神戸発動機 -三菱長崎6UET45/75 2,700BHP 1基 12.5/15.1kt
名古屋造船株式会社(名古屋)建造 室町海運株式会社(東京)
祥海丸 SHOKAI MARU

明洋 MEIYO (1963)

明洋
明洋 Meiyo
測量船 359G/T 竣工 1963.3.15(昭38)
Lpp 39.60 B 8.05 D 3.80 m 主機 D 赤阪鉄工 TR6SS 700PS 1基 11.1/12.077kt
名古屋造船株式会社(名古屋)建造 運輸省海上保安庁(東京)
明洋 MEIYO

SNo.173 瑞星丸 ZUISEI MARU (1963)

瑞星丸
瑞星丸 Zuisei Maru
91729/8JYM 木材運搬船 4,723G/T 7,183D/W
起工 1962.10.31(昭37) 進水 1963.3.8(昭38) 竣工 1963.5.10(昭38)
Lpp 109.00 B 17.20 D 8.60 m 主機 D 日立B&W 850VF90 3,280PS 2基 12.5/15.6kt
名古屋造船株式会社(名古屋)建造 Sno.173 三光汽船株式会社(尼崎)
瑞星丸 ZUISEI MARU
1968(昭43)ORIENTAL STARと改名
1970(昭45)REGENT LILACと改名
1977(昭52)Wellrun Maritime S.A. Ltd.,不詳に売却、WELL LEADERと改名
1982(昭57)YU KEEと改名
1983(昭58)Sri Simunjan Shipping Sendirian Berhad,Malaysiaに売却、SIMUNJANと改名

SNo.194 第二日軽丸 NIKKEI MARU No.2 (1963)

第二日軽丸
第二日軽丸 Nikkei Maru No.2
93745/JHQQ ボーキサイト専用船 12,406G/T 18,803D/W
起工 1963.4(昭38) 進水 1963.9(昭38) 竣工 1963.12.21(昭38)
Lpp 153.00 B 22.40 D 11.90 m 主機 D IHI Sulzer 6RD68/125 6,750PS 1基 16.553kt
名古屋造船株式会社(名古屋)建造 Sno.194 玉井商船株式会社
第二日軽丸 NIKKEI MARU No.2 18次 船客 2
1978.11(昭53)売却

SNo.119 苫小牧丸 TOMAKOMAI MARU (1964)

苫小牧丸
苫小牧丸 Tomakomai Maru
94676/JG2070 自動車専用船 2,113G/T 570D/W
起工 1963.9(昭38) 進水 1964.1(昭39) 竣工 1964.2(昭39)
Lpp 78.00 B 12.20 D 7.50 m 主機 D 伊藤鉄工 M436IS 1,500PS 1基 12/13kt
名古屋造船株式会社(名古屋)建造 Sno.119 日東近海株式会社(東京)
苫小牧丸 TOMAKOMAI MARU
1964.4(昭39)(株)ジャパン近海(東京)に移籍

海洋 HM06 KAIYO (1964)

海洋 HM06
海洋 HM06 Kaiyo

1974.3.29 下田港
測量船 307G/T 竣工 1964.3.14(昭39)
Lpp 39.38 B 8.05 D 3.80 m 主機 D 住吉鉄工 S6NBS 450BHP 1基 11/12.398kt
名古屋造船株式会社(名古屋)建造 運輸省海上保安庁(東京)
海洋 HM06 KAIYO
ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.10