船歴 本邦建造船41 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

石川島播磨重工業株式会社名古屋造船所

SNo.211 玉龍丸 GYOKURYU MARU (1964)

玉龍丸
玉龍丸 Gyokuryu Maru
96062/JMIJ ニッケル専用船 10,192G/T 15,470D/W
起工 1964.3(昭39) 進水 1964.8(昭39) 竣工 1964.10.20(昭39)
Lpp 137.00 B 20.50 D 11.40 m 主機 D IHI Sulzer 6RD68 7,200PS 1基 16.894kt
石川島播磨重工業株式会社名古屋造船所(名古屋)建造 Sno.211 太平洋汽船株式会社(東京)
玉龍丸 GYOKURYU MARU 19次 船客 2名
1975(昭50)MIHAL L.と改名
1975(昭50)Fortune Bay Shipping Co. Ltd.,Singaporeに売却、EASTERN TRADERと改名
1984(昭59)Atamallo Shipping Co.,Maltaに売却、ATAMALLOと改名

SNo.226 城山丸 (1) JOZAN MARU (1965)

城山丸
城山丸 Jozan Maru
96394/JPXI LPG船 29,139G/T 34,805D/W
起工 1964.11.26(昭39) 進水 1965.6.29(昭40) 竣工 1965.10.21(昭40)
Lpp 190.00 B 29.00 D 19.40 m 主機 D 12,000BHP 15.8/17.5kt
石川島播磨重工業株式会社名古屋造船所(名古屋)建造 Sno.226 新和海運株式会社(東京)
城山丸 JOZAN MARU 20次
1983.12.3(昭58)解体のため、仁川で売却

SNo.239 雄豪丸 YUGOH MARU (1966)

雄豪丸
雄豪丸 Yugoh Maru
100040/JFTI 石炭専用船 20,277G/T 32,931D/W
起工 1965.12.8(昭40) 進水 1966.4.7(昭41) 竣工 1966.6.27(昭41)
Lpp 173.00 B 26.80 D 15.00 m 主機 D IHI Sulzer 6RD76 9,600PS 1基 13.85/15.99kt
石川島播磨重工業株式会社名古屋造船所(名古屋)建造 Sno.239 反田産業汽船株式会社(東京)
雄豪丸 YUGOH MARU 21次
1966.6(昭41)日本郵船(株)(東京)と共有
1982.10.13(昭57)Svemex Ltd., Liberiaに売却、YANBU MOONと改名
1985.3.25(昭60)解体のため中国の解体業者に売却、中国のYantaiに到着

SNo.2032 武蔵丸 (2) MUSASHI MARU (1968)
103942/JKGG 撒積専用船 25,163G/T
起工 1968.4.20(昭43) 進水 1968.5.30(昭43) 竣工 1968.8.24(昭43)
Lpp 184.00 B 29.40 D 16.20 m 主機 D 11,200BHP 14.45/16.55kt
石川島播磨重工業株式会社名古屋造船所(名古屋)建造 Sno.2032 日本郵船株式会社(東京)
武蔵丸 MUSASHI MARU
1977(昭52)日本鋼管叶野ドック(横浜)で自動車運搬船に改造
1981.12.2(昭56)近海郵船(東京)に売却
1986.10.1(昭61)解体のためChin Hsin Metal, Kaohsiungに到着

SNo.2034 陸奥丸 MUTSU MARU (1969)
106147/JGGP 撒積専用船 25,168G/T 42,212D/W
起工 1969.4(昭44) 進水 1969.5(昭44) 竣工 1969.8(昭44)
Lpp 184.00 B 29.40 D 16.20 m 主機 D IHI Sulzer 7RD76 11,200PS 1基 14.35/16.7kt
石川島播磨重工業株式会社名古屋造船所(名古屋)建造 Sno.2034 日本郵船株式会社(東京)
陸奥丸 MUTSU MARU 25次

SNo.2034 陸奥丸 (2) MUTSU MARU (1969)
106147/JGGP 撒積貨物船 16,306G/T
起工 1969.4.28(昭44) 進水 1969.5.29(昭44) 竣工 1969.8.15(昭44)
Lpp 184.00 B 29.40 D 16.20 m 主機 D IHI Sulzer 7RD76 1基 14.51/16.67kt
石川島播磨重工業株式会社名古屋造船所(名古屋)建造 Sno.2034 日本郵船株式会社(東京)
陸奥丸 MUTSU MARU 25次
1974(昭49)日本鋼管叶野ドック(横浜)で自動車運搬船に改造
1981.12.2(昭56)近海郵船(東京)に売却
1986(昭61)照洋汽船(丸亀)に売却、照洋丸と改名
1987.6.14(昭62)解体のためChien Yung Enterprise, Kaohsiungに到着

SNo.2007 ばしい丸 BASHI MARU (1970)
107730/JJWW 重量物運搬船 8,093G/T
起工 1969.12.18(昭44) 進水 1970.4.4(昭45) 竣工 1970.6.20(昭45)
Lpp 128.00 B 20.50 D 11.50 m 主機 D 7,200BHP 15/18.3kt
石川島播磨重工業株式会社名古屋造船所(名古屋)建造 Sno.2007 川崎汽船株式会社(神戸)
ばしい丸 BASHI MARU
1970.6.20(昭45)日本汽船(株)(神戸)と共有
1983.3.4(昭58)Valparaiso Marine Co.Ltd.,Cyprusに売却、CHAR-Mと改名
1987(昭62)Varonos Marine Co.Ltd.,Cyprusに売却、SIRAMと改名
1988(昭63)Adelaide Nav.Co.Inc.,Panamaに売却、MARITIME SUCCESSと改名
1992(平4)Lloyd's Register 1992-1993年版に掲載

SNo.2183 ジャパン ロブレ JAPAN ROBLE (1970)

ジャパン ロブレ
ジャパン ロブレ Japan Roble

パナマ運河のミラフローレス閘門を通過中
ジャパンラインが中南米定期航路用に建造した同社初の重量物/貨物兼用船。ステュルケン型120tヘビーデリックを1基装備。艙口上にはコンテナ(20'、40'または冷凍)を搭載可能。
108848/JDAY 重量物/貨物兼用船 8,999G/T 13,100D/W
起工 1970.2.6(昭45) 進水 1970.6.24(昭45) 竣工 1970.9.8(昭45)
Lpp 134.00 B 21.40 D 12.00 m 主機 D 石播名古屋 6RD68 8,000PS 1基 15.7/18.68kt
石川島播磨重工業株式会社名古屋造船所(名古屋)建造 Sno.2183 ジャパンライン株式会社(東京)
ジャパン ロブレ JAPAN ROBLE 25次
1984(昭59)Rosemead Shipping Inc.,Panamaに売却、EASTERN AMBERと改名
1986(昭61)解体のため売却、台湾の高雄で解体

SNo.2210 まかっさる丸 MACASSAR MARU (1970)

まかっさる丸
まかっさる丸 Macassar Maru

1983.8.14 横浜港
110157/JGAF 重量物運搬船 9,356G/T 13,392D/W
起工 1970.5.6(昭45) 進水 1970.9.28(昭45) 竣工 1970.12.17(昭45)
Lpp 139.00 B 22.00 D 12.00 m 主機 D IHI Sulzer 6RND68 9,000PS 1基 16.1/19.2kt
石川島播磨重工業株式会社名古屋造船所(名古屋)建造 Sno.2210 川崎汽船株式会社(神戸)
まかっさる丸 MACASSAR MARU 26次
1970.12.17(昭45)日本汽船(株)(神戸)と共有
1985.10.16(昭60)Pacific Internatinal Lines Pte Ltd,(Singapore)に売却、KOTA MAJUと改名
1992.5.13(平4)解体のため売却、パキスタンのGadani Beachに到着

SNo.2237 いーでん丸 EDEN MARU (1971)

いーでん丸
いーでん丸 Eden Maru

1975.2.26 清水港
112495/JGWR チップ専用船 48,960G/T 56,986D/W
起工 1971.4.1(昭46) 進水 1971.7.6(昭46) 竣工 1971.10.18(昭46)
Lpp 213.00 B 35.00 D 22.50 m 主機 D IHI Sulzer 7RND76 14,000PS 14.4/16.07kt
石川島播磨重工業株式会社名古屋造船所(名古屋)建造 Sno.2237 太洋海運株式会社(神戸)
いーでん丸 EDEN MARU 27次
1982.6.21(昭57)Cosmo Proserity Corp., Panamaに売却、NOBLE DUCKLINGと改名
1994(平6)OAKと改名
1995(平7)NOBLE DUCKLINGと改名
1996(平8)OAK DUCKLINGと改名。同年、OAKと改名
1996.12.12(平8)解体のため売却、ベトナムのKy Haに到着

石川島播磨重工業株式会社名古屋工場

SNo.2295 紀国丸 KINOKUNI MARU (1973)
111864/JIAK 鉱石/撒積兼用船 35,774G/T 60,619D/W
起工 1972.7(昭47) 進水 1972.11(昭47) 竣工 1973.3(昭48)
Lpp 213.00 B 32.20 D 18.30 m 主機 D IHI Sulzer 7RND76 14,000PS 1基 14.4/16.69kt
石川島播磨重工業株式会社名古屋工場(名古屋)建造 Sno.2295 大阪商船三井船舶株式会社(東京)
紀国丸 KINOKUNI MARU

淺野造船所浅野船渠

岳丸 TAKE MARU (1929)
70727/JCDF 油槽船 100G/T 140D/W 進水 1929.6(昭4)
Lr 26.21 B 5.94 D 2.21 m 主機 D 120BHP 8/9kt
淺野造船所浅野船渠(横浜)建造 建造所不詳
岳丸 TAKE MARU
1961(昭36)福山重貴(上関)に売却、福丸 FUKU MARU と改名

日本鋼管株式会社鶴見造船所浅野船渠

SNo.10 金剛丸 KONGO MARU (1942)
49568/JRSR 曳船 234G/T 起工 1942.2.25(昭17) 進水 1942.5.14(昭17) 竣工 1942.10.20(昭17)
Lpp 30.00 B 8.00 D 4.00 m 主機 R 3連成 2基 9.8kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所浅野船渠(横浜)建造 Sno.10 日本郵船株式会社(横浜)
金剛丸 KONGO MARU 客船兼用
1961.3(昭36)(株)日本海洋社(横浜)に売却
1964.5(昭39)売却

SNo.12 協力丸 KYORYOKU MARU (1943)
49889/JNQE 油槽船 1,109G/T 1,381D/W
起工 1942.5.15(昭17) 進水 1942.9.23(昭17) 竣工 1943.2.25(昭18)
Lpp 61.75 B 10.00 D 5.10 m 主機 R 3連成 1,200IHP 1基 10/11kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所浅野船渠(横浜)建造 Sno.12 石油聯合(東京)
協力丸 KYORYOKU MARU
1949(昭24)昭和油槽船(株)(横浜)に売却
1952(昭27)昭靖丸と改名
1954.9(昭29)主機換装。D 900 PS 10/14kt
1964.10(昭39)日本で解体

SNo.16 ばとぱは丸 BAT PAHAT MARU (1943)
鉱石運搬船
貨物船 5,953G/T 起工 1942.5.26(昭17) 進水 1943.6.17(昭18) 竣工 1943.9.25(昭18)
Lpp 120.00 B 16.50 D 9.30 m 主機 T 石川島 2,400SHP 1基 10.8kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所浅野船渠(横浜)建造 Sno.16 石原汽船株式会社(京都・府中)
ばとぱは丸 BAT PAHAT MARU

寶泉丸型 3隻 HOSEN MARU Class (1944)
油槽船 Lpp 60.00 B 9.80 D 5.00 m 1TS型
1. Sno.17 寶泉丸 HOSEN MARU 49709/JCDT 1,039G/T 1,250D/W
主機 T 石川島 900SHP 1基 10/12kt
起工 1943.6.21(昭18) 進水 1943.12.13(昭18) 竣工 1944.2.10(昭19)
日本鋼管株式会社鶴見造船所浅野船渠(横浜)建造 アルコール輸送
寶泉丸 HOSEN MARU
1945.3.20(昭20)仏印ベトナムの沿岸(11.17N,108.58E)で米潜BLENNY(SS-324)の雷撃により沈没
2. Sno.18 第十共榮丸 KYOEI MARU No.10 50533/JWUT 1,039G/T
主機 T 石川島 900SHP 1基
起工 1943.12.16(昭18) 進水 1944.4.6(昭19) 竣工 1944.4.30(昭19)
日本鋼管株式会社鶴見造船所浅野船渠(横浜)建造 共榮タンカー株式会社(神戸)
第十共榮丸 KYOEI MARU No.10
1945.1.6(昭20)ルソン島北西端ボヘアト−ル付近(18.30N,120.33E)で空爆により沈没
3. Sno.19 近油丸 KINYU MARU 53230/JLXW 1,040G/T
主機 T 石川島 900SHP 1基
起工 1944.4.10(昭19) 進水 1944.7.17(昭19) 竣工 1944.8.27(昭19)
日本鋼管株式会社鶴見造船所浅野船渠(横浜)建造 近海油槽船株式会社(東京)
近油丸 KINYU MARU SCAJAP No.X076
1948(昭23)平和汽船(株)(東京)に売却
1950(昭25)低性能船買上法により政府へ売却。船籍抹消

SNo.20 あやぎく丸 AYAGIKU MARU (1947)
59977/JLEQ 油槽船 2,931G/T 4,364D/W
起工 1944.7.22(昭19) 進水 1945.1.14(昭20) 竣工 1947.5.12(昭22)
Lpp 93.00 B 13.80 D 7.60 m 主機 T 日立製作所 2段減速 1,200SHP 1基 9.5/11.56kt
日本鋼管株式会社鶴見造船所浅野船渠(横浜)建造 Sno.20 2TM型 日本海運株式会社
あやぎく丸 AYAGIKU MARU
1945(昭20)進水後、鶴見製作所で完工させた
1947.11(昭22)日本海運(株)(東京)に売却
1951(昭26)羽洋丸 Uyo Maru と改名
1952.7(昭27)塩山船渠(大阪)でB.V.船級取得改造工事、貨物船に改造
1956(昭31)協成汽船(株)(神戸)に売却、成洋丸 Seiyo Maru と改名
1963(昭38)解体

あさかぜ型 3隻 ASAKAZE Class (1967 - 1968)

あさかぜ
あさかぜ Asakaze
フェリー Lpp 38.00 B 16.00 D 4.10 m 主機 D ダイハツ 6PST6M-26DS 1基 2軸 ありあけ型 日本カー・フェリー株式会社(東京)
1. Sno.138 あさかぜ ASAKAZE 100910/JG2429 578G/T 235D/W 650PS 13/14.067kt
起工 1967.2.16(昭42) 進水 1967.3.27(昭42) 竣工 1967.4.25(昭42)
日本鋼管株式会社鶴見造船所浅野船渠(横浜)建造 あさかぜ ASAKAZE 船客 室内 350 甲板上 250 普)50
1967.4.29(昭42)湾内航路・川崎/木更津に就航
2. あけぼの AKEBONO 103851/JG2537 564G/T 228D/W 650PS 13/14kt
起工 1968.1(昭43) 進水 1968.3(昭43) 竣工 1968.4(昭43)
日本鋼管株式会社鶴見造船所浅野船渠(横浜)建造 あけぼの AKEBONO 船客 室内 350 甲板上 250 普)50
1968.4.27(昭43)湾内航路・川崎/木更津に就航
あけぼの
あけぼの Akebono

1981.10.11 木更津
3. あおぞら AOZORA 103934/JG2557 565G/T 228D/W 650PS 13/14kt
起工 1968.1(昭43) 進水 1968.5(昭43) 竣工 1968.6(昭43)
日本鋼管株式会社鶴見造船所浅野船渠(横浜)建造 あおぞら AOZORA 船客 室内 350 甲板上 250 普)50
1968.6.29(昭43)湾内航路・川崎/木更津に就航
あおぞら
あおぞら Aozora

1983.12.10 木更津

日本鋼管株式会社浅野船渠

SNo.153 あさぐも ASAGUMO (1971)

あさぐも
あさぐも Asagumo

1983.12.10 木更津
111104/JG2998 フェリー 605G/T 159D/W
起工 1971.5.17(昭46) 進水 1971.8.12(昭46) 竣工 1971.9.30(昭46)
Lpp 38.00 B 16.00 D 4.10 m 主機 D ダイハツ 6PSTbM-26DS 650PS 1基 2軸 12.4/13.85kt
日本鋼管株式会社浅野船渠(横浜)建造 Sno.153 ありあけ型 日本カー・フェリー株式会社(東京)
あさぐも ASAGUMO 船客 482 普)50
1971.10.1(昭46)湾内航路・川崎/木更津に就航

日立造船株式会社神奈川工場

第一日神丸 NISSHIN MARU No.1 (1944)
58756/JMOD 曳船 105G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 22.00 B 6.50 D 3.20 m 主機 R 3連成 東洋汽罐 400IHP 9.5/9.5kt
日立造船株式会社神奈川工場(神奈川)建造 日立造船株式会社(大阪)
第一日神丸 NISSHIN MARU No.1

米山丸 YONEYAMA MARU (1945)

米山丸
米山丸 Yoneyama Maru

太平洋戦争後の姿
56332/JYWF→JHXE 貨物船 6,670G/T 10,935D/W
起工 1944.6(昭19) 進水 1944.12(昭19) 竣工 1945.8.4(昭20)
Lpp 128.00 B 18.20 D 11.10 m 主機 T 日立製作所 2,200SHP 1基 10kt
日立造船株式会社神奈川工場(神奈川)建造 2AT型 板谷商船株式会社(小樽)
米山丸 YONEYAMA MARU 板谷商事が建造者との資料あり
1950(昭25)三井造船(玉野)でB.V.船級取得、三島型改造工事完工
1960.4.22(昭35)解体のため売却、広島に到着

つくば PS31 (1) TSUKUBA (1962)
巡視艇 95G/T 起工 1961.11.17(昭36) 進水 1962.2.27(昭37) 竣工 1962.3.30(昭37)
Loa 24.50 B 6.50 D 3.00 m 主機 D 新潟鉄工 900PS 2基 15.4/18.438kt
日立造船株式会社神奈川工場(神奈川)建造 運輸省海上保安庁(東京)
つくば PS31 TSUKUBA

はやて1 HAYATE 1 (1962)
89492 軽合金旅客船 63G/T 進水 1962.4(昭37) 竣工 1962.5.15(昭37)
Lpp 18.37 B 4.79 D 2.11 m 主機 D 1,350BHP 33.5/36.9kt
日立造船株式会社神奈川工場(神奈川)建造 関西汽船株式会社(大阪)
はやて1 HAYATE 1 PT-20型水中翼船 船客 72
1962.5(昭37)阪神/洲本、高松/土庄/姫路航路に就航
1975.3.20(昭50)高松/姫路航路休止、小豆島の内海湾で繋船
1975.3.31(昭50)昭和海運(株)(今治)に売却、同年5月 松山/三原航路に就航
1988(昭63)昭和63年版船名録に掲載

はやて2 HAYATE 2 (1962)
89493 軽合金旅客船 62G/T 進水 1962(昭37) 竣工 1962.5.29(昭37)
Lpp 18.37 B 4.79 D 2.11 m 主機 D 1,350BHP 33.5/38.7kt
日立造船株式会社神奈川工場(神奈川)建造 関西汽船株式会社(大阪)
はやて2 HAYATE 2 PT-20型水中翼船 船客 72
1962.5(昭37)阪神/洲本、高松v土庄/姫路航路に就航
1975.3.20(昭50)高松/姫路航路休止、小豆島の内海湾で繋船
1976.11.24(昭51)昭和海運(株)(今治)に売却
1977(昭52)解体。主機、翼等は、はやて1の予備品として使用

SNo.7018 はやかぜ HAYAKAZE (1963)
93185/8LPM 軽合金旅客船 136G/T 起工 1962.7(昭37) 進水 1963.2(昭38) 竣工 1963.4.10(昭38)
Lpp 24.38 B 5.84 D 3.53 m 32.4/37.8kt
日立造船株式会社神奈川工場(神奈川)建造 Sno.7018 関西汽船株式会社(大阪)
はやかぜ HAYAKAZE PT-50型水中翼船 船客 129
1963.4(昭38) 阪神/高松航路に就航
1974.10.1(昭49)航路廃止のため、最終航海
1974.10.15(昭49)瀬戸内海汽船(株)(広島)に売却、広島/今治航路に就航
1983.12(昭58)船体を古沢鋼材(江田島)に売却、解体。主機は石崎汽船(松山)に売却

SNo.4061 パイオニア PIONEER (1964)

パイオニア
パイオニア Pioneer

1983.6.5 芦ノ湖
古代帆船型遊覧船として計画。船名は一般公募で決定した。
96330/JG2057 旅客船 471G/T 起工 1964.4.20(昭39) 進水 1964.6.28(昭39) 竣工 1964.7.10(昭39)
Lpp 29.00 B 10.00 D 2.75 m 主機 D 赤阪鉄工 US6-32 320PS 1基 10/11kt
日立造船株式会社神奈川工場(神奈川)建造 Sno.4061 箱根観光船株式会社(神奈川箱根)
パイオニア PIONEER 旅客 650 (1等)150)
1991(平3)引退

SNo.4070 第二チッソ丸 CHISSO MARU No.2 (1964)
96154/JG2345 LPG船 504G/T 起工 1964.8(昭39) 進水 1964.10(昭39) 竣工 1964.12.2(昭39)
Lpp 41.00 B 8.80 D 4.20 m 主機 D 550BHP 9.7/11.4kt
日立造船株式会社神奈川工場(神奈川)建造 Sno.4070 新和海運株式会社
第二チッソ丸 CHISSO MARU No.2
1971.4.24(昭46)新和興業(東京)に売却、新興丸 SHINKO MARU と改名
1980(昭55)林船舶(株)(姫路)に売却
1985(昭60)解体

あかぎ PS40 (1) AKAGI (1965)
巡視艇 82G/T 竣工 1965.3(昭40)
Loa 24.00 B 5.40 D 2.70 m 主機 D 1,100BHP 2基 27.1/29.1kt
日立造船株式会社神奈川工場(神奈川)建造 運輸省海上保安庁(東京)
あかぎ PS40 AKAGI

きたぐも PC202 (1) KITAGUMO (1978)
巡視艇 125G/T 竣工 1978.3.16(昭53)
Loa 30.00 B 6.30 D 3.20 m 主機 D 2,200BHP 2基 28/30kt
日立造船株式会社神奈川工場(神奈川)建造 むらくも PC201型 運輸省海上保安庁(東京)
きたぐも PC202 KITAGUMO

ゆきぐも PC203 (1) YUKIGUMO (1978)
巡視艇 125G/T 竣工 1978.9(昭53)
Loa 30.00 B 6.30 D 3.20 m 主機 D 2,200BHP 2基 28/30kt
日立造船株式会社神奈川工場(神奈川)建造 むらくも PC201型 運輸省海上保安庁(東京)
ゆきぐも PC203 YUKIGUMO

あきぐも PC206 (1) AKIGUMO (1979)
巡視艇 125G/T 竣工 1979.2(昭54)
Loa 30.00 B 6.30 D 3.20 m 主機 D 2,200BHP 2基 28/30kt
日立造船株式会社神奈川工場(神奈川)建造 運輸省海上保安庁(東京)
あきぐも PC206 AKIGUMO

なつぐも PC208 (1) NATSUGUMO (1979)
巡視艇 125G/T 竣工 1979.3(昭54)
Loa 30.00 B 6.30 D 3.20 m 主機 D 2,200BHP 2基 28/30kt
日立造船株式会社神奈川工場(神奈川)建造 運輸省海上保安庁(東京)
なつぐも PC208 NATSUGUMO

ビクトリア VICTORIA (1980)

ビクトリア
ビクトリア Victoria

1986.12 箱根
昭和55年(1980)に引退した桃源丸の代替船として建造。
121822/JG4033 旅客船 498G/T 起工 1979.10(昭54) 進水 1980.2(昭55) 竣工 1980.3(昭55)
Lpp 29.00 B 10.00 D 2.98 m 主機 D 赤阪鉄工 700PS 1基 10.9/11.8kt
日立造船株式会社神奈川工場(神奈川)建造 箱根観光船株式会社(神奈川箱根)
ビクトリア VICTORIA 旅客 650
2007.3(平19)引退予定

ロワイヤル ROYAL (1987)
129734/JG4678 旅客船 315G/T 起工 1986.10.9(昭61) 進水 1987.2(昭62) 竣工 1987.3.3(昭62)
Lpp 29.00 B 10.00 D 2.89 m 主機 D 赤阪鉄工 700PS 1基 10.9/11.8kt
日立造船株式会社神奈川工場(神奈川)建造 箱根観光船株式会社(神奈川箱根)
ロワイヤル ROYAL 船客 650

SNo.4857 バーサ VASA (1991)

バーサ
バーサ Vasa

1991.12.15
131918/JG4973 旅客船 308G/T 起工 1990.10.16(平2) 進水 1991.2.2(平3) 竣工 1991.2.27(平3)
Lpp 29.00 B 10.00 D 2.90 m 主機 D 赤阪鉄工 MH23R 525/700PS 1基 10.5/12.1kt
日立造船株式会社神奈川工場(神奈川)建造 Sno.4857 箱根観光船株式会社(神奈川箱根)
バーサ VASA 旅客 650 (1等)152) 芦ノ湖周遊
1991.3.19(平3)就航

SNo.117309 瑞光 ZUIKO (1993)

瑞光
瑞光 Zuiko

2011.8.26 呉港
132939/JL6191 旅客船 189G/T 起工 1993.1(平5) 進水 1993.7(平5) 竣工 1993.11(平5)
Lpp 27.50 B 9.80 D 3.50 m 主機 D 新潟鉄工 16V16FX 5,000PS 2基 32/38kt
日立造船株式会社神奈川工場(神奈川)建造 Sno.117309 石崎汽船株式会社(松山)
瑞光 ZUIKO

SNo.117312 宮島 MIYAJIMA (1994)

宮島
宮島 Miyajima

2011.8.26 呉港
134114/JK5383 旅客船 190G/T 起工 1993.7(平5) 進水 1994.3(平6) 竣工 1994.4(平6)
Lpp 27.00 B 9.80 D 3.50 m 主機 D 新潟鉄工 16V16FX 5,000PS 2基 32/36kt
日立造船株式会社神奈川工場(神奈川)建造 Sno.117312 瀬戸内海汽船株式会社(広島)
宮島 MIYAJIMA 高速艇 双胴型

SNo.4898 フロンティア FRONTIER (1996)
134958/JG5359 遊覧船 245G/T 起工 1996.5(平8) 進水 1996.10(平8) 竣工 1996.11(平8)
Lpp 23.50 B 9.60 D 2.90 m 主機 D 新潟鉄工所6NSDM 650PS 10.3/11.1kt
日立造船株式会社神奈川工場(神奈川)建造 Sno.4898 箱根観光船株式会社(神奈川箱根)
フロンティア FRONTIER 船尾外輪船

ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.11