船歴 本邦建造船43 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

日立造船株式会社広島工場

SNo.4558 雄洋丸 YUYO MARU (1979)
121684/JRAX LPG船 48,959G/T 51,674D/W 起工 1977.3(昭52) 進水 1978.10(昭53) 竣工 1979.6(昭54)
Lpp 216.00 B 35.40 D 22.60 m 主機 D 日立B&W 6K90GF 20,500PS 1基 16.3/18.7kt
日立造船株式会社広島工場(広島)建造 Sno.4558 雄洋海運株式会社(東京)
雄洋丸 YUYO MARU 32次

向島船渠株式会社

SNo.13 天晴丸 TENSEI MARU (1917)
450G/T 進水 1917(大6)
向島船渠株式会社(広島)建造 Sno.13 対馬運輸
天晴丸 TENSEI MARU 進水年不詳

SNo.15 第八東豫丸 TOYO MARU No.8 (1917)
56G/T 進水 1917(大6)
向島船渠株式会社(広島)建造 Sno.15 東豫運輸
第八東豫丸 TOYO MARU No.8 詳細不詳。進水年は仮。

SNo.14 第二留萌丸 RUMOI MARU No.2 (1917)
197G/T 進水 1917(大6)
向島船渠株式会社(広島)建造 Sno.14 樋口多喜蔵
第二留萌丸 RUMOI MARU No.2 進水年不詳

第十二相生丸 AIOI MARU No.12 (1922)

第十二相生丸
第十二相生丸 Aioi Maru No.12
29008/JGMF 旅客船 325G/T 477D/W 進水 1922.12(大11)
Lpp 42.67 B 6.10 D 3.51 m 主機 D 鐘渕ディーゼル 430BHP 1基 10/11.6kt
向島船渠株式会社(広島)建造 石崎汽船株式会社(松山)
第十二相生丸 AIOI MARU No.12 SCAJAP No.A007
1962.7(昭37)在籍

第十六東豫丸 TOYO MARU No.16 (1935)
38983/JLYH→JLXH 旅客船 276G/T 進水 1935(昭10) 竣工 1935.2(昭10)
Lpp 47.80 B 6.40 D 3.02 m 主機 R 3連成 410NHP/IHP 1基 11/12.5kt
向島船渠株式会社(広島)建造 瀬戸内商船株式会社(神戸)
第十六東豫丸 TOYO MARU No.16
1945(昭20)瀬戸内海汽船(株)(広島)に移籍
1962.7(昭37)在籍

SNo.32 ときひめ丸 TOKIHIME MARU (1935)
貨物船 750G/T 進水 1935.8(昭10)
向島船渠株式会社(広島)建造 Sno.32 株式会社濱根商店(函館)
ときひめ丸 TOKIHIME MARU

SNo.35 第五信洋丸 SHINYO MARU No.5 (1937)
42288/JFWF 貨物船 1,498G/T 2,000D/W 進水 1937.2(昭12) 竣工 1937(昭12)
Lpp 73.50 B 10.60 D 5.80 m 主機 R 3連成 710IHP 1基 13kt
向島船渠株式会社(広島)建造 Sno.35 岡田海運株式会社(大阪)
第五信洋丸 SHINYO MARU No.5
1944.3.1(昭19)合併に伴い大光商船(株)(大阪)に移籍

はがね丸 HAGANE MARU (1938)
45271/JBKN 貨物船 1,901G/T 2,900D/W 進水 1938.10.21(昭13)
Lpp 85.70 B 12.00 D 6.30 m 主機 R 3連成 1,872IHP 1基 12/14.5kt
向島船渠株式会社(広島)建造 池田商事株式会社(岡山)
はがね丸 HAGANE MARU
1944.3(昭19)大阪商船(株)(大阪)に売却
1945.4.19(昭20)和歌山県市江崎付近(33.35N,135.23E)で米潜SENNET(SS-408)の雷撃により沈没

とよさか丸 TOYOSAKA MARU (1940)
貨物船 1,967G/T 2,793D/W 進水 1940.1(昭15)
Lpp 85.00 B 12.00 D 6.40 m 主機 R 3連成 1,300IHP 1基 14.3kt
向島船渠株式会社(広島)建造 株式会社濱根商店(函館)
とよさか丸 TOYOSAKA MARU

第八信洋丸 SHINYO MARU No.8 (1940)
46871/JCMP 貨物船 1,959G/T 2,841D/W 進水 1940.11(昭15)
Lpp 85.00 B 12.00 D 6.40 m 主機 R 3連成 1,300IHP 1基 14.5kt
向島船渠株式会社(広島)建造 岡田海運株式会社(大阪)
第八信洋丸 SHINYO MARU No.8
1944.3.1(昭19)合併に伴い大光商船(株)(大阪)に移籍

玉山丸 GYOKUZAN MARU (1942)
貨物船 1,970G/T 3,056D/W 進水 1942.6.29(昭17)
Lpp 85.70 B 12.50 D 6.50 m 主機 R 3連成 1,300IHP 1基 14.5kt
向島船渠株式会社(広島)建造 巴組汽船株式会社(東京)
玉山丸 GYOKUZAN MARU

天寶山丸 TENPOSAN MARU (1942)
貨物船 進水 1942.12.15(昭17)
向島船渠株式会社(広島)建造 菅谷株式会社(神戸)
天寶山丸 TENPOSAN MARU

三井物産株式会社造船部宇野工場

SNo.4 海嘉丸 KAIKA MARU (1918)
22266/NSWH 木鉄混合貨物船 991G/T 起工 1917.10.4(大6) 進水 1918.2.11(大7) 竣工 1918.4.5(大7)
Lpp 64.16 B 10.67 D 5.76 m 主機 R 3連成 500IHP 9.5kt
三井物産株式会社造船部宇野工場(岡山)建造 Sno.4 三井物産株式会社船舶部(神戸)
海嘉丸 KAIKA MARU
1921.5(大10)売却
1922(大11)船名録より削除

三天丸型 3隻 SANTEN MARU Class (1918)

三天丸
三天丸 Santen Maru
貨物船 Lpp 68.81(225'-9") B 10.21(33'-6") D 5.64(18'-6") m 主機 R 3連成 1基
三井物産株式会社造船部宇野工場(岡山)建造
1. Sno.2 三天丸 SANTEN MARU 22574/NVFT→JBWC 1,211G/T 1,891D/W 80NHP/550IHP 7/10kt
起工 1917.11.7(大6) 進水 1918.3.10(大7) 竣工 1918.5.20(大7) 三井物産株式会社船舶部(神戸)
三天丸 SANTEN MARU
1920.8(大9)台湾西岸で台風により座礁
1939.8(昭14)東亞海運(株)(東京)の設立に伴い移籍
1945.5.21(昭20)新居浜沖で触雷、沈没
2. Sno.3 三長丸 SANCHO MARU 22920/NWPV→JBXC 1,215G/T 1,882D/W 90NHP/550IHP 7.5/10.62kt
起工 1917.12.7(大6) 進水 1918.4.13(大7) 竣工 1918.7.9(大7) 三井物産株式会社船舶部(神戸)
三長丸 SANCHO MARU
1942.12.28(昭17)三井船舶(株)(東京)の設立に伴い移籍
1951.11.11(昭26)菅谷汽船(株)(神戸)に売却
1953(昭28)昭和28年度計画造船の新造見合い船として解体
3. Sno.5 英山丸 EIZAN MARU 22945/NWRM 1,228G/T 1,902D/W 650HP 11kt
起工 1918.2.15(大7) 進水 1918.6.6(大7) 竣工 1918.8.11(大7) 青木榮蔵
英山丸 EIZAN MARU

SNo.1 海正丸 KAISHO MARU (1918)

海正丸
海正丸 Kaisho Maru

宇野工場の第1番船として進水式当日の海正丸
28559/SJHV 木鉄混合貨物船 758G/T 起工 1917.8.22(大6) 進水 1917.12.2(大6) 竣工 1918.5.30(大7)
Lpp 60.96 B 9.75 D 5.16 m 主機 R 3連成 55NHP/500IHP 7/9kt
三井物産株式会社造船部宇野工場(岡山)建造 Sno.1 三井物産株式会社船舶部(神戸)
海正丸 KAISHO MARU
1921(大10)雑賀繁松(神戸)に売却
1938(昭13)船名録より削除

烏城丸型 2隻 UJO MARU Class (1918)

烏城丸
烏城丸 Ujo Maru
三井物産株式会社造船部宇野工場(岡山県児島郡宇野町)は第1次世界大戦を背景とする当時の逼迫する造修工事に対処するために同社の玉工場建設に先立つ仮工場として操業を開始した。大正6年(1917)11月14日に同社造船部が設立される間は造船部長川村貞次郎の個人名義として経営され川村造船所と称した。大正8年(1919)5月12日に閉鎖されるまでに26隻の船舶を建造した。
貨物船 Lpp 86.72(284'-6") B 12.95(42'-6") D 7.01(23'-0") m 主機 R 3連成 1基
三井物産株式会社造船部宇野工場(岡山)建造
1. Sno.8 烏城丸 UJO MARU 23545/RGDB 2,494G/T 1,342IHP 8/10kt
起工 1918.4.25(大7) 進水 1918.8.25(大7) 竣工 1918.10.17(大7) 津田資郎
烏城丸 UJO MARU
1918(大7)東和汽船(株)(広島・中庄)に売却
1921(大10)東華丸 TOKWA MARU と改名
1923.4.20(大12)川崎汽船(株)(神戸)に売却
1926.4.21(大15)樺太庁命令 大阪/敷香航路に就航
1928.12.22(昭3)北海道の天塩稚喰内海岸で座礁、沈没
2. Sno.9 三嘉丸 SANKA MARU 24069/RGSM→JSKB 2,488G/T 159NHP/1,200IHP 7.5/10kt
起工 1918.5.25(大7) 進水 1918.12.1(大7) 竣工 1918.12.30(大7) 三井物産株式会社船舶部(神戸)
三嘉丸 SANKA MARU
1924(大13)小栗汽船(株)(神戸)に売却
1935.6.7(昭10)菅谷商事(株)(神戸)に売却
1944.3(昭19)大阪商船(株)(大阪)に売却
1945(昭20)鹿児島から那覇に向け航行中、奄美大島名瀬の北西(29.48N,128.02E)で米潜KETE(SS-369)の雷撃により沈没

SNo.6 海弘丸 KAIKO MARU (1918)
24049/RGQF 木鉄混合貨物船 1,095G/T 1,635D/W
起工 1918.3.14(大7) 進水 1918.11.20(大7) 竣工 1918.12.12(大7)
Lpp 64.16(210'-6") B 10.67(35'-0") D 5.77(18'-11") m 主機 R 3連成 70NHP/679IHP 1基 7.5/8kt
三井物産株式会社造船部宇野工場(岡山)建造 Sno.6 三井物産株式会社船舶部(神戸)
海弘丸 KAIKO MARU
1919(大8)火災のため委付
1920(大9)円澤善利(東京)に売却
1922(大11)石川京三郎(仙台)に売却
1925(大14)船名録より削除

SNo.7 三弘丸 SANKO MARU (1919)
24536/RKVF→JECI 貨物船 630G/T 起工 1918.7.3(大7) 進水 1919.1.21(大8) 竣工 1919.2.20(大8)
Lpp 54.12 B 9.51 D 4.92 m 主機 R 3連成 54NHP/300IHP 7.5/10kt
三井物産株式会社造船部宇野工場(岡山)建造 Sno.7 三井物産株式会社船舶部(神戸)
三弘丸 SANKO MARU
1939.8(昭14)東亞海運(株)(東京)に売却
1945.11.3(昭20)山口県岡安鼻沖で触雷、沈没

三井物産株式会社造船部玉工場

SNo.45 三仁丸 SANJIN MARU (1919)
宇野工場で建造された烏城丸型と同型。
25306/RMWL→JSLB 貨物船 2,493G/T 3,792D/W
起工 1918.10.19(大7) 進水 1919.5.10(大8) 竣工 1919.6.28(大8)
Lpp 86.72(284'-6") B 12.95(42'-6") D 7.01(23'-0") m 主機 R 3連成 159NHP/1,400IHP 1基 7.5/11kt
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 Sno.45 三仁丸型 三井物産株式会社船舶部(神戸)
三仁丸 SANJIN MARU
1935.3.29(昭10)菅谷商事(株)(神戸)に売却
1945.6.14(昭20)日本海沿岸で雷撃により沈没

SNo.53 木曾丸 KISO MARU (1920)

木曾丸
木曾丸 Kiso Maru
27113/SBKF→JKJD 貨物船 4,065G/T 6,405D/W
起工 1919.11.12(大8) 進水 1920.5.15(大9) 竣工 1920.6.11(大9)
Lpp 105.16(345'-0") B 15.24(50'-0") D 8.84(29'-0") m 主機 R 3連成 200NHP/2,100IHP 1基 10/14.26kt
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 Sno.53 利根丸型 東京海運株式会社(尼崎)
木曾丸 KISO MARU
1923.1(大12)三井物産(東京)に売却
1937.11.9(昭12)玉井商船(株)(石川・橋立)に売却
1939.2.6(昭14)高木文吉(神戸)に売却
1940(昭15)松洋商船(神戸)に売却
1943(昭18)三光汽船(株)(大阪)に売却
1943.11.22(昭18)中ノ礁の沖(7.09N,134.34E)で米潜TINOSA(SS-283)の雷撃により沈没

イースタン インポーター型 4隻 EASTERN IMPORTER Class (1920 - 1922)

イースタン インポーター
イースタン インポーター Eastern Importer
三井物産造船部が同社玉工場開設時に建造した日米船鉄交換船。2隻が米国政府に引き渡され引き続き同型船2隻が建造された。汽罐は圧力200ポンド飽和スコッチ型で同所にて製造された。
貨物船 Lpp 117.35(385'-0") B 15.54(51'-0") D 8.53(28'-0") m 主機 R 3連成 1基 Eastern Importer型
1. Sno.32 イースタン インポーター EASTERN IMPORTER 5,846G/T 9,020D/W 2,600IHP 13.89kt
起工 1919.3.31(大8) 進水 1919.1.9(大8) 竣工 1920.6.23(大9)
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造
U. S. Shipping Board(U. S. A.) イースタン インポーター EASTERN IMPORTER
2. Sno.33 イースタン エキスポーター EASTERN EXPORTER 5,846G/T 9,004D/W 2,600IHP 14.23kt
起工 1919.3.31(大8) 進水 1919.12.27(大8) 竣工 1920.7.16(大9)
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 U. S. Shipping Board
イースタン エキスポーター EASTERN EXPORTER
3. Sno.34 岩手山丸 IWATESAN MARU 28029/SGDN→JASA 5,811G/T 8,896D/W 258NHP/2,600IHP 10.5/13.98kt
起工 1920.5.25(大9) 進水 1921.3.15(大10) 竣工 1921.7.31(大10)
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 三井物産株式会社船舶部(神戸)
岩手山丸 IWATESAN MARU
1935.8.15(昭10)玉井商船(株)(石川・橋立)に売却
1938.7.23(昭13)樺太海豹島で坐礁、沈没
1939昭和14年版船名録より削除
4. Sno.35 伊吹山丸 IBUKISAN MARU 28537/SJGL→JCVA 5,814G/T 8,903D/W 258NHP/2,600IHP 10.5/14.9kt
起工 1920.8.14(大9) 進水 1921.7.21(大10) 竣工 1922.4.15(大11)
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 三井物産株式会社船舶部(神戸)
伊吹山丸 IBUKISAN MARU
1935.6.21(昭10)板谷商船(株)(小樽)に売却、同年7月13日、大日丸 DAINICHI MARU (2)と改名
1943.10.8(昭18)ルソン海峡(18.48N,119.21E)で雷撃を受けて沈没
伊吹山丸
伊吹山丸 Ibukisan Maru

S.Kizu

SNo.54 利根丸 TONE MARU (1920)

利根丸
利根丸 Tone Maru

S.Kizu
27128/SBLF→JTFD 貨物船 4,070G/T 6,422D/W
起工 1919.12.28(大8) 進水 1920.6.19(大9) 竣工 1920.7.30(大9)
Lpp 105.16(345'-0") B 15.24(50'-0") D 8.84(29'-0") m 主機 R 3連成 200NHP/2,100IHP 1基 10/13.75kt
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 Sno.54 利根丸型 東京海運株式会社(尼崎)
利根丸 TONE MARU
1923.1(大12)三井物産(神戸)に売却
1937.11.9(昭12)玉井商船(株)(石川・橋立)に売却
1942.9.17(昭17)台湾海峡(21.18N,123.27E)で米潜Growler(SS-215)の雷撃により沈没

SNo.57 歌神丸 KASHIN MARU (1920)

歌神丸
歌神丸 Kashin Maru
27141/SDBC 貨物船 2,428G/T 3,776D/W 起工 1920.4.1(大9) 進水 1920.9.1(大9) 竣工 1920.9.28(大9)
Lpp 86.72(284'-6") B 12.95(42'-6") D 7.01(23'-0") m 主機 R 3連成 1,700IHP 1基 12.8kt
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 Sno.57 三仁丸型 北海道炭礦汽船株式会社(神戸)
歌神丸 KASHIN MARU
1928.3.10(昭3)犬吠崎沖で暴風のため座礁した神戸桟橋の甲隆丸の救助に向う途中遭難(船主の記録では1月28日とある)

布引丸 NUNOBIKI MARU (1920)
曳船 119G/T 起工 1920.5.9(大9) 進水 1920.9.5(大9) 竣工 1920.10.20(大9)
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 東神倉庫株式会社
布引丸 NUNOBIKI MARU

SNo.69 日朝丸 NICCHO MARU (1921)
貨物船 548G/T 740D/W 起工 1921.7.12(大10) 進水 1921.9.1(大10) 竣工 1921.9.22(大10)
Lpp 48.77(160'-0") B 7.92(26'-0") D 4.88(16'-0") m 主機 R 3連成 450IHP 1基 10.9kt
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 Sno.69 道森吉蔵(神戸)
日朝丸 NICCHO MARU

SNo.73 みどり丸 MIDORI MARU (1922)

みどり丸
みどり丸 Midori Maru
遊覧船 441G/T 53D/W 起工 1922.2.13(大11) 進水 1922.4.9(大11) 竣工 1922.4.18(大11)
Lpp 45.72(150'-0") B 9.14(30'-0") D 2.74(9'-0") m 主機 R 700IHP 2基 13.3kt
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 Sno.73 太湖汽船株式会社
みどり丸 MIDORI MARU

SNo.77 第一北海丸 HOKKAI MARU No.1 (1922)

第一北海丸
第一北海丸 Hokkai Maru No.1
22520/NVBJ 貨物船 864G/T 起工 1922.5.30(大11) 進水 1922.9.2(大11) 竣工 1922.9.30(大11)
Lpp 56.39(185'-0") B 9.60(31'-6") D 5.94(19'-6") m 主機 R 3連成 600IHP 1基 11.8/13kt
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 Sno.77 第一北海丸型 北海郵船株式会社(小樽)
第一北海丸 HOKKAI MARU No.1
1924.3.26(大13)北日本汽船(株)(小樽)に売却
1924.4.2(大13)鈴谷丸 SUZUYA MARU と改名
1943.6.13(昭18)ニューギニアの北方(3.00S,151.18E)で米潜GUARDFISH(SS-217)の雷撃により沈没
1943.11.16(昭18)合併に伴い大阪商船(株)(大阪)に移籍

SNo.78 第二北海丸 HOKKAI MARU No.2 (1923)
貨物船 865G/T 929D/W 起工 1922.10.18(大11) 進水 1923.2.9(大12) 竣工 1923.3.31(大12)
Lpp 56.39(185'-0") B 9.60(31'-6") D 5.94(19'-6") m 主機 R 3連成 600HP 1基 12.01kt
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 Sno.78 第一北海丸型 北海郵船株式会社(小樽)
第二北海丸 HOKKAI MARU No.2

早隆丸 HAYATAKA MARU (1923)
22522/NVBL→JDCG 貨客船 835G/T 進水 1923.2.1(大12) 竣工 1923.3.31(大12)
Lpp 57.90 B 9.60 D 5.50 m 600,700PS 11/12kt
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 北海郵船株式会社(小樽)
早隆丸 HAYATAKA MARU

赤城山丸型 2隻 AKAGISAN MARU Class (1924)

赤城山丸
赤城山丸 Akagisan Maru
貨物船 Lpp 114.30(375'-0") B 15.24(50'-0") D 9.14(30'-0") m
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 三井物産株式会社船舶部(神戸)
1. Sno.63 赤城山丸 (1) AKAGISAN MARU 30033/SQMD→JYIA 4,715G/T 6,981D/W
主機 D B&W 1,600BHP 1基 10.25/12.18kt
起工 1923.5.12(大12) 進水 1924.3.20(大13) 竣工 1924.7.18(大13) 赤城山丸 AKAGISAN MARU
1942.12.28(昭17)三井船舶(株)(東京)の設立に伴い移籍
1944.12.7(昭19)比島レイテ島北西岸サンイシドロ沖(11.00N,124.40E)で空爆により沈没
2. Sno.64 秋葉山丸 (1) AKIBASAN MARU 30502/STQJ→JYZA 4,603G/T 7,151D/W
主機 R 3連成 2,300IHP 1基 14.09kt
起工 1924.3.11(大13) 進水 1924.9.10(大13) 竣工 1924.11.18(大13) 秋葉山丸 AKIBASAN MARU
1942.12.29(昭17)三井船舶(株)(東京)の設立に伴い移籍
1944.1.30(昭19)クェゼリン沖(9.24N,157.45E)で待機中に空爆により沈没(百年史では処分年月日として2月6日となっている)

華頂山丸型 4隻 KACHOSAN MARU Class (1925)

華頂山丸
華頂山丸 Kachosan Maru
貨物船 Lpp 86.56(284'-0") B 12.80(42'-0") D 7.09(23'-3") m 主機 R 3連成 1基
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 三井物産株式会社船舶部(神戸)
1. Sno.100 華頂山丸 KACHOSAN MARU 30521/STRN→JKSB 2,428G/T 3,878D/W 1,200IHP 12.31kt
起工 1924.6.2(大13) 進水 1924.12.29(大13) 竣工 1925.2.10(大14) 華頂山丸 KACHOSAN MARU
1942.12.28(昭17)三井船舶(株)(東京)の設立に伴い移籍
1945.3.23(昭20)鹿児島から那覇に向け航行中、奄美大島の北西24哩(28.40N,128.50E)で空爆により沈没
2. Sno.101 笠置山丸 KASAGISAN MARU 30525/STRW→JKTB 2,428G/T 3,877D/W 1,200IHP 13.3kt
起工 1924.7.15(大13) 進水 1925.1.28(大14) 竣工 1925.3.26(大14) 笠置山丸 KASAGISAN MARU
1942.12.28(昭17)三井船舶(株)(東京)の設立に伴い移籍
1944.11.25(昭19)比島サンフェルナンド沖(16.00N,120.00E)で暴風に遭い座礁、次いで空爆により沈没
3. Sno.102 春日山丸 (1) KASUGASAN MARU 30850/SWFN→JGNB 2,428G/T 3,874D/W 1,200IHP 12.38kt
起工 1924.11.27(大13) 進水 1925.4.14(大14) 竣工 1925.5.26(大14) 春日山丸 KASUGASAN MARU SCAJAP No.K031
1939.8(昭14)東亞海運(株)(東京)の設立に伴い出資
1948(昭23)太洋汽船(株)(東京)に売却
1949(昭24)名古屋汽船(株)(東京)に売却
1956(昭31)北星海運(株)(東京)に売却、まやち丸 MAYACHI MARU と改名
1965(昭40)解体
春日山丸
春日山丸 Kasugasan Maru
4. Sno.103 葛城山丸 KATSURAGISAN MARU 31006/SWQB→JHZB 2,428G/T 3,875D/W 1,200IHP 12.8kt
起工 1925.1.16(大14) 進水 1925.6.20(大14) 竣工 1925.7.31(大14) 葛城山丸 KATSURAGISAN MARU
1942.12.28(昭17)三井船舶(株)(東京)の設立に伴い移籍
1944.1.4(昭19)トラック島北東付近で触雷、沈没

SNo.130 鮮海丸 (1) SENKAI MARU (1926)
貨物船 2,127G/T 起工 1926.5.19(大15) 進水 1926.11.24(大15) 竣工 1926.12.28(昭1)
Lpp 83.82(275'-0") B 12.42(40'-9") D 6.40(21'-0") m 主機 R 3連成 1,100IHP 1基 12.34kt
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 Sno.130 嶋谷汽船株式会社
鮮海丸 SENKAI MARU

高野山丸型 2隻 KOYASAN MARU Class (1927)
貨物船 Lpp 83.82(275'-0") B 12.42(40'-9") D 6.40(21'-0") m 主機 D B&W 4SA AIR 1基
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 三井物産株式会社船舶部(神戸)
1. Sno.131 高野山丸 KOYASAN MARU 32636/TJPR→JSVB 1,996G/T 3,203D/W 950BHP 11.2kt
起工 1926.7.12(大15) 進水 1927.2.6(昭2) 竣工 1927.3.25(昭2) 高野山丸 KOYASAN MARU
1935.2.10(昭10)九州から横浜に向け航行中、熊野灘小島灯台の浅瀬に座礁、沈没
2. Sno.132 鞍馬山丸 KURAMASAN MARU 32649/TJQN→JUKB 1,996G/T 3,202D/W 950/1,030BHP 10/11.6kt
起工 1926.12.20(大15) 進水 1927.5.4(昭2) 竣工 1927.6.16(昭2) 鞍馬山丸 KURAMASAN MARU
1942.12.28(昭17)三井船舶(株)(東京)の設立に伴ない移籍
1944.11.2(昭19)スラバヤからマカッサルに向け航行中、セレベス島西南沖(4.30S,11.20E)で米潜BARBERO(SS-317)の雷撃により沈没
鞍馬山丸
鞍馬山丸 Kuramasan Maru

S.Kizu

SNo.145 那須丸 NASU MARU (1927)

那須丸
那須丸 Nasu Maru
32881/TKGS→JPIB 救助船 693G/T 507D/W
起工 1926.12.11(大15) 進水 1927.3.5(昭2) 竣工 1927.4.1(昭2)
Lpp 53.34(175'-0") B 8.84(29'-0") D 5.03(16'-6") m 主機 R 3連成 85NHP/1,200IHP 1基 10/12.79kt
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 Sno.145 東京サルヴエージ株式会社(東京)
那須丸 NASU MARU 船客 1等)1 3等)44
1934.9.21(昭9)日本サルヴェージ(株)(東京)の設立に伴い移籍。定繋港は函館
1945.10.5(昭20)新潟灯台沖3浬で触雷により沈没

高見山丸型 2隻 TAKAMISAN MARU Class (1928)

高見山丸
高見山丸 Takamisan Maru
貨物船 Lpp 83.97(275.5') B 12.41(40.9') D 6.40(21.0') m 主機 D 三井B&W 4SA AIR 1基
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 三井物産株式会社船舶部(神戸)
1. Sno.133 高見山丸 TAKAMISAN MARU 33637/TNSM→JBTC 1,992G/T 3,152D/W 950BHP 11.46kt
起工 1927.6.15(昭2) 進水 1928.2.8(昭3) 竣工 1928.6.8(昭3) 高見山丸 TAKAMISAN MARU 三井物産造船部が製造販売実施権を獲得して製作したB&Wディーゼル機関の1号機を搭載した。
1942.12.28(昭17)三井船舶(東京)の設立に伴ない移籍
1943.5.14(昭18)揚子江口(31.20N,122.34E)で米潜SOURY(SS-189)の雷撃により沈没
2. Sno.134 龍田山丸 (1) TATSUTASAN MARU 33640/TNVK→JCEC 1,992G/T 3,152D/W 950BHP 11.4kt
起工 1927.7.16(昭2) 進水 1928.3.10(昭3) 竣工 1928.7.28(昭3) 龍田山丸 TATSUTASAN MARU
1940.12.3(昭15)宮古島から大阪に向け航行中、野島崎付近(34-50N,139-52E)で大時化のため浸水、沈没。同社阿蘇山丸、川崎汽船ぼるどう丸が乗員十数名を救助
龍田山丸
龍田山丸 Tatsutasan Maru

S.Kizu

SNo.146 太平丸 TAIHEI MARU (1928)

太平丸
太平丸 Taihei Maru
33574 /TNPG→JCJC 貨物船 6,285G/T 9,243D/W
起工 1928.1.24(昭3) 進水 1928.7.9(昭3) 竣工 1928.9.30(昭3)
Lpp 125.58(412'-0") B 16.92(55'-6") D 9.75(32'-0") m 主機 D B&W 4SA AIR 2,180BHP 1基 11.5/14.4kt
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 Sno.146 嶋谷汽船株式会社(神戸)
太平丸 TAIHEI MARU
1937.1.26(昭12)大同海運(株)(神戸)に売却
1941.9(昭16)下村汽船(株)(大阪)に売却
1943.2.1(昭18)合併に伴い太洋海運(株)(神戸)に移籍
1944.7.7(昭19)カムチャッカ(51.19N,155.43E)で米潜SUNFISH(SS-281)の雷撃により沈没
1945.2.9(昭20)船籍を抹消

白馬山丸型 2隻 HAKUBASAN MARU Class (1928 - 1929)

白馬山丸
白馬山丸 Hakubasan Maru
昭和期に入り各社は増加する北米材の輸送と運航経費の節減の目的で競ってディーゼル主機の貨物船を建造した。三井物産の白馬山丸は主機にB&W社のディーゼル機関2基を搭載し、また木材の荷役に便利なようにステイのない特殊な構造のデリックポストを採用した。本船はジャイロ・コンパス、ジャイロ・パイロットその他の装置を搭載し約1年間、箱根山丸と運好成績が比較された。その結果、これらの装置は他船にも装備されることとなった。
貨物船 Lpp 132.59(435'-0") B 17.22(56'-6") D 10.06(33'-0") m 主機 D B&W 4SA AIR 2基
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 三井物産株式会社船舶部(神戸)
1. Sno.150 白馬山丸 (1) HAKUBASAN MARU 34004/TQKW→JCRC 6,650G/T 9,713D/W 4,200BHP 13.1/15.005kt
起工 1928.3.7(昭3) 進水 1928.9.29(昭3) 竣工 1928.12.4(昭3) 白馬山丸 HAKUBASAN MARU
1938.3.1(昭13)大洋興業(株)(神戸)に売却
1944.7.28(昭19)マニラから高雄に向け航行中、比島リンガエン沖(16.23N,119.40E)で米潜CREVALLE(SS-291)の雷撃により沈没
2. Sno.151 箱根山丸 (1) HAKONESAN MARU 34431/TSGK→JDUC 6,674G/T 9,671D/W 4,200BHP 14.7/15.482kt
起工 1928.7.25(昭3) 進水 1929.3.14(昭4) 竣工 1929.5.29(昭4) 箱根山丸 HAKONESAN MARU 白馬山丸と同型だが荷役装置が異なる
1938.3.1(昭13)大洋興業(株)(神戸)に売却
1942.10.18(昭17)金華山灯台南方(37.35N,141.30E)で米潜GREENLING(SS-213)の雷撃により沈没

天山丸型 4隻 TENZAN MARU Class (1929)

天山丸
天山丸 Tenzan Maru
貨物船 Lpp 99.06(325'-0") B 14.17(46'-6") D 6.55(21'-6") m 主機 D B&W 4SA Solid
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 大連汽船株式会社(大連)
1. Sno.159 天山丸 TENZAN MARU 関323/QCGN→JPTC 2,776G/T 880/1,400BHP 10.5/11.5kt
起工 1928.10.22(昭3) 進水 1929.3.2(昭4) 竣工 1929.5.18(昭4) 天山丸 TENZAN MARU
1942.7.8(昭17)ニューブリテン島ラバウルの西北西46km(4.00N,154.50E)で米潜S-27(SS-132)の雷撃により沈没
2. Sno.160 千山丸 SENZAN MARU 関332/QCHF→JPXC 2,776G/T 880/1,400BHP 10.5/11.5kt
起工 1928.12.26(昭3) 進水 1929.5.25(昭4) 竣工 1929.7.1(昭4) 千山丸 SENZAN MARU
1935.7.3(昭10)瀬戸内海の小豆島地蔵大崎南東方2浬沖で濃霧のため大阪商船の、みどり丸と衝突。みどり丸は沈没
1943.1.18(昭18)ラバウルの北50浬で空爆により沈没
千山丸
千山丸 Senzan Maru

S.Kizu
3. Sno.161 崑山丸 KONSAN MARU 関337/QCHN→JPZC 2,733G/T 880/1,400BHP 10.5/11.5kt
起工 1929.3.11(昭4) 進水 1929.7.12(昭4) 竣工 1929.8.31(昭4) 崑山丸 KONSAN MARU
1942.11.27(昭17)徴用後、舞鶴海軍工廠で第1次応急油槽船に改造着工。翌年1月.12日完工
1944.7.3(昭19)台湾の基隆から門司に向け航行中、長崎県の福江島南方(32.42N,128.13E)で米潜TINOSA(SS-283)の雷撃により沈没
崑山丸
崑山丸 Konsan Maru

S.Kizu
4. Sno.162 崙山丸 RONSAN MARU 関341/QCHT→JPDC 2,735G/T 880/1,400BHP 10/11kt
起工 1929.3.27(昭4) 進水 1929.8.24(昭4) 竣工 1929.9.30(昭4) 崙山丸 RONSAN MARU
1942.12.1(昭17)徴用後、三井造船(玉野)で第1次応急油槽船に改造着工、同月30日に完工
1944.2.12(昭19)馬公から門司に向け航行中、鹿児島県の沖永良部島東方(27.44N,128.42E)で米潜TAMBOR(SS-198)の雷撃により沈没
崙山丸
崙山丸 Ronsan Maru

S.Kizu

SNo.170 第五雲洋丸 UNYO MARU No.5 (1929)

第五雲洋丸
第五雲洋丸 Unyo Maru No.5
貨物船 2,054G/T 3,203D/W 起工 1929.6.22(昭4) 進水 1929.10.26(昭4) 竣工 1929.11.29(昭4)
Lpp 83.82(275'-0") B 12.42(40'-9") D 6.48(21'-3") m 主機 R 3連成 1,300IHP 1基 12.9kt
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 Sno.170 中村汽船株式会社(神戸)
第五雲洋丸 UNYO MARU No.5
1936.3.15(昭11)大阪港第一関門付近で帆船と衝突

SNo.164 野内丸 NONAI MARU (1929)

野内丸
野内丸 Nonai Maru
34442/TSHD→JDXE 油槽船 355G/T 起工 1929.1.16(昭4) 進水 1929.6.8(昭4) 竣工 1929.12.2(昭4)
Lpp 42.37(139'-0") B 7.32(24'-0") D 3.20(10'-6") m 主機 H 焼玉 350HP 8/9.44kt
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 Sno.164 ライジングサン石油株式会社(横浜)
野内丸 NONAI MARU のち曳船に改造
1931(昭6)帝國船舶(株)(横浜)に移籍
1941.5(昭16)函館港内で沈没、川崎重工業が浮揚して購入。同年8月修理完了
1950.9.25(昭25)日産汽船(株)(東京)に売却
1953.4.10(昭28)売却。雑誌「海運」S28.2月号によるとタイ国に給水船として3,700万円程度で商談成立した模様、とある

SNo.177 空知丸 SORACHI MARU (1930)

空知丸
空知丸 Sorachi Maru

太平洋戦争後の姿
36043/VGBT→JFQC 貨物船 4,107G/T 6,382D/W
起工 1929.12.14(昭4) 進水 1930.5.31(昭5) 竣工 1930.7.15(昭5)
Lpp 106.70 B 14.94 D 8.46 m 主機 R 2,000IHP 1基 10.5/14.2kt
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 Sno.177 共立汽船株式会社(神戸)
空知丸 SORACHI MARU SCAJAP No.S083
1938.5.20(昭13)合併に伴ない北海道炭礦汽船(株)(東京)に移籍
1943.11.22(昭18)合併に伴ない三井船舶(株)(東京)に移籍
1956.4.7(昭31)東洋海運(株)(東京)の富士川丸と船腹交換、東洋海運(株)に移籍、江戸川丸と改名
1965.5.12(昭40)解体

SNo.180 昌平丸 SHOHEI MARU (1931)

昌平丸
昌平丸 Shohei Maru

City of Vancouver Archives
36558/JJTC 貨物船 7,255G/T 9,935D/W 起工 1930.6.3(昭5) 進水 1931.1.24(昭6) 竣工 1931.3.25(昭6)
Lpp 132.59(435'-0") B 17.68(58'-0") D 10.67(35'-0") m 主機 D 三井B&W 4SA 3,960BHP 1基 12.5/14.6kt
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 Sno.180 嶋谷汽船株式会社(神戸)
昌平丸 SHOHEI MARU
1942.12.28(昭17)合併に伴ない三井船舶(株)(東京)に移籍
1944.5.10(昭19)マニラ沖(15.38N,119.32E)で米潜COD(SS-224)の雷撃により沈没

那岐山丸型 2隻 NAGISAN MARU Class (1931)

那岐山丸
那岐山丸 Nagisan Maru
貨物船 Lpp 109.73(360'-0") B 15.24(50'-0") D 8.84(29'-0") m
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 三井物産株式会社船舶部(神戸)
1. Sno.181 那岐山丸 (1) NAGISAN MARU 36560/VJFK→JJWC 4,393G/T 6,788D/W
主機 D B&W 4SA Solid 1,850/2,150BHP 1基 14.3kt
起工 1930.8.14(昭5) 進水 1931.3.5(昭6) 竣工 1931.4.25(昭6) 那岐山丸 NAGISAN MARU
1942.12.28(昭17)三井船舶(株)(東京)の設立に伴い移籍
1944.3.0_(昭19)パラオ港で空爆により沈没
2. Sno.182 那須山丸 (1) NASUSAN MARU 37133/VLNM→JKCC 4,401G/T 6,735D/W
主機 D 三井B&W 4SA Solid 1,850/2,110BHP 1基 14.3kt
起工 1931.3.5(昭6) 進水 1931.8.15(昭6) 竣工 1931.9.29(昭6) 那須山丸 NASUSAN MARU
1942.12.28(昭17)三井船舶(株)(東京)の設立に伴い移籍
1944.6.24(昭19)シンガポールから門司に向け航行中、長崎の野母崎の南西20km(32.24N,129.38E)で米潜TANG(SS-306)の雷撃により沈没
那須山丸
那須山丸 Nasusan Maru

S.Kizu

山東丸型 2隻 SANTO MARU Class (1931)

山東丸
山東丸 Santo Maru
貨客船 Lpp 102.11(335'-0") B 14.78(48'-6") D 7.32(24'-0") m 主機 D B&W 4SA Solid 1基
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 大連汽船株式会社(大連)
1. Sno.184 山東丸 SANTO MARU 関411/QCNL→JKQA 3,234G/T 880/1,400BHP 10.5/12kt
起工 1930.11.1(昭5) 進水 1931.4.15(昭6) 竣工 1931.5.31(昭6) 山東丸 SANTO MARU 船客 1等)7 3等)38 SCAJAP No.S016
1946(昭21)東日本横浜造船所でロイド船級再取得及び主機を換装(M.A.N. 1,500HP1基,11.6kt)工事
1947.3.8(昭22)東邦海運(株)(東京)の設立に伴い移籍。船舶公団と共有
1950.6.5(昭25)タイ米4,200tを積載して名古屋に向け航行中、雷雨と視界不良のため宮古島東平安名崎(24.43N,125.28E)で座礁、同月23日に沈没
2. Sno.185 山西丸 SANSEI MARU 関412/QCNM→JKTA 3,234G/T 880/1,400BHP 10.5/12kt
起工 1930.12.6(昭5) 進水 1931.5.14(昭6) 竣工 1931.6.30(昭6) 山西丸 SANSEI MARU 船客 1等)7 3等)91
1943.12.8(昭18)小笠原諸島の父島から硫黄島に向け航行中、小笠原諸島母島の東方沖(25.20N,141.46E)で米潜SAWFISH(SS-276)の雷撃により損傷、まがね丸に曳航されて硫黄島に到着
1944.3.12(昭19)父島に帰投後、修理中に破損個所が切断し沈没
山西丸
山西丸 Sansei Maru

S.Kizu

SNo.183 那智山丸 (1) NACHISAN MARU (1931)

那智山丸
那智山丸 Nachisan Maru
37153/VLPT→JKEC 貨物船 4,434G/T 5,852D/W
起工 1931.5.5(昭6) 進水 1931.10.26(昭6) 竣工 1931.12.12(昭6)
Lpp 103.48(339'-6") B 12.19(40'-0") D 9.14(30'-0") m 主機 D 三井B&W 4SA Solid 2,250/2,480BHP 1基 15.51kt
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 Sno.183 三井物産株式会社船舶部(神戸)
那智山丸 NACHISAN MARU
1936.5_(昭11)貨客船に改装
1942.12.28(昭17)三井船舶(株)(東京)の設立に伴い移籍
1943.11.13(昭18)門司から高雄に向け航行中、済州島沖(32.55S,125.09E)で米潜TRIGGER(SS-237)の雷撃により沈没

SNo.187 朝海丸 (1) CHOKAI MARU (1932)
37464/JKHC 貨客船 2,658G/T 起工 1931.10.6(昭6) 進水 1932.1.25(昭7) 竣工 1932.3.3(昭7)
Lpp 91.44 B 13.11 D 6.93 m 主機 D 1,570BHP 1基 11/13.13kt
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 Sno.187 嶋谷汽船株式会社(神戸)
朝海丸 CHOKAI MARU

SNo.188 日本海丸 NIHONKAI MARU (1932)
37467/JKNC 貨客船 2,681G/T 起工 1931.10.6(昭6) 進水 1932.3.28(昭7) 竣工 1932.4.30(昭7)
Lpp 91.21(299'-3") B 13.11(43'-0") D 6.93(22'-9") m 主機 D 1,620BHP 11.5/13.706kt
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 Sno.188 嶋谷汽船株式会社(神戸)
日本海丸 NIHONKAI MARU
1943.10.26(昭18)合併に伴ない三井船舶(株)(東京)に移籍
1944.6.17(昭19)ダバオ沖(6.36N,127.55E)で米潜FLOUNDER(SS-251)の雷撃により沈没

吾妻山丸型 2隻 AZUMASAN MARU Class (1933)

吾妻山丸
吾妻山丸 Azumasan Maru
三井物産が同社ニューヨーク定期航路用に船舶改善助成施設の適用(第1船)を受けて2隻建造した7,600総トン級、最大速力18ノットの大型高速貨物船。同社船初の短波無線電信装置を装備した。
貨物船 Lpp 137.16(450'-0") B 18.28(60'-0") D 11.27(37'-0") m 主機 D 三井B&W 2DA 1基
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 三井物産株式会社船舶部(神戸)
1. Sno.195 吾妻山丸 (2) AZUMASAN MARU 38085/JPUH 7,622G/T 9,197D/W 7,000BHP 16.2/18.9kt
起工 1932.11.18(昭7) 進水 1933.5.28(昭8) 竣工 1933.7.31(昭8) 吾妻山丸 AZUMASAN MARU 第1次船舶改善助成施設適用船
1942.10.15(昭17)ガダルカナル島北西岸タサファロング泊地(9.30S,160.00E)で荷揚げ中に空爆により沈没。戦禍未公表のため名目上三井船舶に継承
2. Sno.196 天城山丸 (2) AMAGISAN MARU 38579/JUSI 7,620G/T 9,825D/W 7,000BHP 16/18.82kt
起工 1932.12.22(昭7) 進水 1933.11.6(昭8) 竣工 1933.12.26(昭8) 天城山丸 AMAGISAN MARU 第1次船舶改善助成施設適用船
1942.12.28(昭17)三井船舶(株)(東京)の設立に伴い移籍
1944.2.17(昭19)トラック島で停泊中に空爆により沈没
天城山丸
天城山丸 Amagisan Maru

SNo.205 海平丸 KAIHEI MARU (1934)

海平丸
海平丸 Kaihei Maru
39711/JWQI 貨物船 4,575G/T 1,400D/W 起工 1934.3.10(昭9) 進水 1934.9.8(昭9) 竣工 1934.11.8(昭9)
Lpp 109.73 B 15.24 D 8.86 m 主機 D 三井B&W 4SA 1,400/2,200BHP 1基 12/15.27kt
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 Sno.205 嶋谷汽船株式会社(神戸)
海平丸 KAIHEI MARU 第1次船舶改善助成施設適用船
1941.5(昭16)海軍に徴用され特設運送船(雑用船)として従事
1943.4.15(昭18)サイパンから南鳥島に向け航行中、南鳥島の南方洋上(21.13N, 152.24E)で米潜SEAWOLF(SS-28)の雷撃により沈没。同年8月2日、船籍を抹消

阿蘇山丸型 2隻 ASOSAN MARU Class (1934 - 1935)

阿蘇山丸
阿蘇山丸 Asosan Maru
三井物産が同社ニューヨーク定期航路用に吾妻山丸型に続いて2隻建造した6,300総トン級(*1)、最大速力18ノットの大型高速貨物船。全4隻共に船舶改善助成施設の適用を受けて建造された。
貨物船 Lpp 137.16 B 18.90 D 12.04 m 主機 D 三井B&W 2DA 1基
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 三井物産株式会社船舶部(神戸)
1. Sno.201 阿蘇山丸 (2) ASOSAN MARU 39705/JWSJ 8,812G/T 9,587D/W 7,000BHP 16/18.75kt
起工 1934.1.29(昭9) 進水 1934.10.22(昭9) 竣工 1934.12.20(昭9) 阿蘇山丸 ASOSAN MARU 第1次船舶改善助成施設適用船
1939(昭14)8,811G/T(船名録)となる
1942.12.28(昭17)三井船舶(株)(東京)の設立に伴い移籍
1944.5.1(昭19)パラオからダバオに向け航行中、ミンダナオ島東方(7.08N,130.00E)で米潜BLUEGILL(SS-242)の雷撃により沈没
2. Sno.202 葉山丸 (1) AWOBASAN MARU 40196/JFQJ 6,359G/T 9,567D/W 7,000BHP 16.75/18.54kt
起工 1934.3.14(昭9) 進水 1935.1.14(昭10) 竣工 1935.3.30(昭10) 葉山丸 AWOBASAN MARU 第1次船舶改善助成施設適用船
1939(昭14)8,811G/T(船名録)となる
1942.12.28(昭17)三井船舶(株)(東京)の設立に伴い移籍
1944.12.30(昭19)比島サンフェルナンド港内(6.30N,120.30E)で空爆により沈没
葉山丸
葉山丸 Awobasan Maru

SNo.210 大島丸 OSHIMA MARU (1935)

大島丸
大島丸 Oshima Maru
40024/JFHJ 貨物船 970G/T 1,565D/W 起工 1934.9.15(昭9) 進水 1934.12.5(昭9) 竣工 1935.1.15(昭10)
Lpp 64.01 B 10.36 D 4.50 m 主機 D 300/550BHP 8.9kt
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 Sno.210 三井物産株式会社船舶部(神戸)
大島丸 OSHIMA MARU
1942.12.28(昭17)三井船舶(東京)の設立に伴ない移籍
1952.2.5(昭27)菅谷汽船(株)(神戸)に売却
1953(昭28)大窯汽船(株)(大阪)に売却
1969(昭44)Lloyd's Register 1969-1970年版から削除

朝日山丸型 2隻 ASAHISAN MARU Class (1935)

朝日山丸
朝日山丸 Asahisan Maru
貨物船 Lpp 109.73 B 15.24 D 8.86 m 主機 D 三井B&W 4SA
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 三井物産株式会社船舶部(神戸)
1. Sno.206 朝日山丸 (1) ASAHISAN MARU 40205/JGAJ 4,550G/T 6,481D/W 2,650BHP 15.483kt
起工 1934.10.10(昭9) 進水 1935.3.23(昭10) 竣工 1935.4.30(昭10) 朝日山丸 ASAHISAN MARU 第1次船舶改善助成施設適用船
1942.12.28(昭17)三井船舶(東京)の設立に伴ない移籍
1944.7.24(昭19)ハルマヘラのカウ湾内(2.00N,127.45E)で空爆により沈没
2. Sno.207 明石山丸 (1) AKASHISAN MARU 40698/JGEJ 4,551G/T 6,478D/W 2,650BHP 15.483kt
起工 1934.11.14(昭9) 進水 1935.4.20(昭10) 竣工 1935.6.3(昭10) 明石山丸 AKASHISAN MARU 第1次船舶改善助成施設適用船
1942.12.28(昭17)三井船舶(株)(東京)の設立に伴ない移籍
1944.3.2(昭19)小樽から小松島に向け航行中、千島列島(46.00N,149.08E)で米潜SANDLANCE(SS-381)の雷撃により沈没
明石山丸
明石山丸 Akashisan Maru

S.Kizu

乾坤丸型 2隻 KENKON MARU Class (1935)

乾坤丸
乾坤丸 Kenkon Maru

S.Kizu
貨物船 Lpp 109.73(360'-0") B 15.24(50'-0") D 8.84(29'-0") m 主機 D
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 乾汽船株式会社(東京)
1. Sno.208 乾坤丸 (2) KENKON MARU 40706/JGGJ 4,574G/T 6,751D/W 2,200BHP 15.4kt
起工 1935.1.31(昭10) 進水 1935.5.4(昭10) 竣工 1935.6.22(昭10) 乾坤丸 KENKON MARU
2. Sno.215 乾隆丸 (1) KENRYU MARU 41073/JGVJ 4,575G/T 2,200HP 15.3kt
起工 1935.5.4(昭10) 進水 1935.10.22(昭10) 竣工 1935.11.15(昭10) 乾隆丸 KENRYU MARU

御室山丸型 2隻 OMUROSAN MARU Class (1936 - 1937)

御室山丸
御室山丸 Omurosan Maru
油槽船 Lpp 148.74 B 19.81 D 10.97 m 主機 D 三井B&W 2DA 1基
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 音羽山丸型 三井物産株式会社船舶部(神戸)
1. Sno.212 御室山丸 (1) OMUROSAN MARU 42630/JGRL 9,205G/T 12,050D/W 7,600BHP 16/19.09kt
起工 1936.3.17(昭11) 進水 1936.10.17(昭11) 竣工 1937.1.15(昭12) 御室山丸 OMUROSAN MARU 第2次船舶改善助成施設適用船
1942.12.28(昭17)三井船舶(東京)の設立に伴ない移籍
1944.12.22(昭19)シンガポールから門司に向け航行中、南島三亜沖(タイピン沖)(15-02N,109-08E)で米潜FLASHER(SS-249)の雷撃により沈没
2. Sno.211 音羽山丸 (1) OTOWASAN MARU 41367/JHLJ 9,205G/T 12,061D/W 7,600BHP 16/18.82kt
起工 1935.5.2(昭10) 進水 1935.12.14(昭10) 竣工 1936.3.31(昭11) 音羽山丸 OTOWASAN MARU
1942.12.28(昭17)三井船舶(東京)の設立に伴ない移籍
1944.12.22(昭19)シンガポールから門司に向け航行中、南島三亜沖(タイピン沖)(15.02N,109.08E)で米潜FLASHER(SS-249)の雷撃により沈没
音羽山丸
音羽山丸 Otowasan Maru

かんべら丸型 2隻 CANBERRA MARU Class (1936)

かんべら丸
かんべら丸 Canberra Maru
大阪商船が濠州航路強化のため第2次船舶改善助成施設の適用を受けて建造した大型高速貨物船。 第2船東京丸は傍系の攝津商船が建造した。攝津商船は昭和2年(1927)2月、岸本汽船系の攝津汽船からの継承船舶6隻をもとにして大阪商船と岸本汽船が日本/朝鮮間の輸送専門の会社として設立した。太平洋戦争中の海運統制に伴い昭和18年(1943)11月、大阪商船に吸収合併された。
貨物船 Lpp 128.00 B 17.50 D 11.00 m 主機 D B&W 2DA 1基
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 大阪商船株式会社(大阪)
1. Sno.216 かんべら丸 CANBERRA MARU 41765/JPLK 6,471G/T 6,968D/W 7,000/8,454BHP 14.57/19.19kt
起工 1935.9.16(昭10) 進水 1936.3.12(昭11) 竣工 1936.5.30(昭11) かんべら丸 CANBERRA MARU 船客 1等)12 第2次船舶改善助成施設適用船
1936.5(昭11)濠州航路・豪州線に就航
1942.11.14(昭17)ショートランドからガダルカナル島に向け航行中、ガダルカナル島北方(8.25S,158.39E)で空爆により沈没
2. Sno.217 東京丸 TOKYO MARU 41929/JPVK 6,486G/T 7,000BHP 19.19kt
起工 1935.12.20(昭10) 進水 1936.6.22(昭11) 竣工 1936.8.31(昭11) 東京丸 TOKYO MARU 第2次船舶改善助成施設適用船
1936.9.5(昭11)大阪商船の濠州航路・豪州線に就航
1943.11.10(昭18)ラバウルからトラック島に向け航行中、トラック島の南々西210km(3.10N,150.34E)で米潜SCAMP(SS-277)の雷撃により沈没
1943.11.16(昭18)合併に伴い大阪商船(大阪)に移籍(戦渦未公表のため名目上)
東京丸
東京丸 Tokyo Maru

SNo.218 神祥丸 (1) SHINSHO MARU (1936)

神祥丸
神祥丸 Shinsho Maru
41966/JIOK 貨物船 4,837G/T 6,718D/W
起工 1935.11.9(昭10) 進水 1936.6.9(昭11) 竣工 1936.7.27(昭11)
Lpp 112.78(370'-0") B 15.24(50'-0") D 8.84(29'-0") m 主機 R 3連成 2,600NHP/IHP 1基 15.6kt
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 Sno.218 栗林商船株式会社(東京)
神祥丸 SHINSHO MARU 第2次船舶改善助成施設適用船
1942.7.9(昭17)マーシャル諸島クェゼリン島方面(8.43N,167.33E)で米潜THRESHER(SS-200)の雷撃により沈没

金城山丸型 2隻 KINJOSAN MARU Class (1936 - 1937)

金城山丸
金城山丸 Kinjosan Maru
貨物船 Lpp 100.58 B 14.33 D 7.62 m 主機 R 1基
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 三井物産株式会社船舶部(神戸)
1. Sno.219 金城山丸 KINJOSAN MARU 42057/JGDL 3,262G/T 4,783D/W 1,950IHP 12.5/14.52kt
起工 1936.3.10(昭11) 進水 1936.8.1(昭11) 竣工 1936.9.30(昭11) 金城山丸 KINJOSAN MARU 三井物産造船部が製造販売実施権契約したユータベルケン式排汽ターボコンプレッサーを初めて装備した。
1942.5.4(昭17)呉からトラック島に向け航行中、トラック島北西(9.25N,151.15E)で米潜TROUT(SS-202)の雷撃により沈没
2. Sno.220 金峰山丸 KINPOSAN MARU 42634/JNEL 3,261G/T 4,776D/W 1,950IHP 12.5/14.52kt
起工 1936.10.19(昭11) 進水 1936.12.21(昭11) 竣工 1937.2.6(昭12) 金峰山丸 KINPOSAN MARU
1942.12.28(昭17)三井船舶(東京)の設立に伴ない移籍
1943.1.16(昭18)ラバウル・ガビエンの西70哩(2.47S,149.10E)で米潜GREENLING(SS-213)の雷撃により沈没
金峰山丸
金峰山丸 Kinposan Maru

S.Kizu

SNo.221 新夕張丸 SHIN YUBARI MARU (1936)
42676/JKAL 貨物船 5,354G/T 進水 1936.11(昭11) 竣工 1936.12.7(昭11)
Lpp 119.32 B 16.40 D 9.10 m 主機 R 3連成 2,600IHP 12.25/15.2kt
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 Sno.221 共立汽船株式会社(神戸)
新夕張丸 SHIN YUBARI MARU
1938.5.20(昭13)合併に伴ない北海道炭礦汽船(株)(東京)に移籍
1943.11.22(昭18)合併に伴ない三井船舶(株)(東京)に移籍
1944.2.23(昭19)サイパン島西方40マイル(15.17N,145.03E)で米潜SAWFISH(SS-276)の雷撃により沈没

波上丸型 2隻 NAMINOUE MARU Class (1936 - 1937)

波上丸
波上丸 Naminoue Maru
大阪商船が同社沖縄航路用に2隻新造した貨客船。主機にはデンマークのB&W社型ディーゼル機関の製造販売実施権を有する三井物産造船部が製造した2衝程複働無気噴油式クロスヘッド型ディーゼル機関を搭載した。本型は特に沖縄航路に適するように船型、機関、荷役設備等が配慮された。
貨客船 Lpp 107.00 B 15.70 D 9.75 m 主機 D 三井B&W 1基
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 大阪商船株式会社(大阪)
1. Sno.224 波上丸 NAMINOUE MARU 42591/JJCL 4,731G/T 4,572D/W 4,000/4,805BHP 14.27/16.52kt
起工 1936.6.15(昭11) 進水 1936.10.7(昭11) 竣工 1936.12.26(昭11) 波上丸 NAMINOUE MARU
1942.10.7(昭17)佐伯からラバウルに向け航行中、ラバウルの北西30浬付近(3.51S,151.21E)で米潜SCULPIN(SS-191)の雷撃により沈没
2. Sno.225 浮島丸 UKISHIMA MARU 42602/JKFO 4,730G/T 4,559D/W 4,000/4,695BHP 14.5/17.4kt
起工 1936.8.7(昭11) 進水 1936.12.26(昭11) 竣工 1937.3.15(昭12) 浮島丸 UKISHIMA MARU
1945.8.24(昭20)舞鶴沖で触雷、沈没

SNo.229 昌寳丸 SHOHO MARU (1937)
42944/JNVL 貨物船 1,936G/T 起工 1936.12.3(昭11) 進水 1937.3.11(昭12) 竣工 1937.4.15(昭12)
Lpp 83.60 B 12.20 D 6.40 m 主機 R 3連成 1,300IHP 12/14.4kt
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 Sno.229 嶋谷汽船株式会社(神戸)
昌寳丸 SHOHO MARU
1943.10.26(昭18)合併に伴ない三井船舶(株)(東京)に移籍
1943.12.31(昭18)マ-シャル方面(5.40N,160.20E)で米潜GREENLING(SS-213)の雷撃により沈没

有馬山丸型 2隻 ARIMASAN MARU Class (1937)

有馬山丸
有馬山丸 Arimasan Maru
三井物産が同社ニューヨーク定期航路の増強のために3隻建造した6,500総トン級(*1)、最大速力19ノットの大型高速貨物船。第1船有馬山丸は船舶改善助成施設の適用を受けて建造された。
貨物船 Lpp 137.16 B 18.90 D 12.04 m 主機 D 三井B&W 2DA 1基
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 三井物産株式会社船舶部(神戸)
1. Sno.226 有馬山丸 (1) ARIMASAN MARU 42965/JTGL→JCIA 6,552G/T 9,058D/W 7,600BHP 17.5/19.26kt
起工 1936.12.28(昭11) 進水 1937.4.28(昭12) 竣工 1937.7.3(昭12) 有馬山丸 ARIMASAN MARU 第3次船舶改善助成施設適用船
1939(昭14)8,696G/T(船名録)となる
1942.12.28(昭17)三井船舶(株)(東京)の設立に伴い移籍
1953.7(昭28)主機をD 三井B&W 774VTBF160 8200BHPに換装
1959.10.31(昭34)東洋海運(株)(東京)に売却、桂川丸 KATSURAGAWA MARU と改名
1968(昭43)朝日海運(株)(大阪)に売却、朝久丸 CHOKYU MARU と改名
1970.2(昭45)解体のため売却
2. Sno.227 淺香山丸 (1) ASAKASAN MARU 42982/JTNL 6,758G/T 9,003D/W 7,600BHP 17.5/19.78kt
起工 1937.1.30(昭12) 進水 1937.6.27(昭12) 竣工 1937.9.7(昭12) 淺香山丸 ASAKASAN MARU
1939(昭14)8,709G/T(船名録)に変更
1942.12.28(昭17)三井船舶(株)(東京)の設立に伴い移籍
1943.2.27(昭18)パトバヘッドからモールメンに向け航行中、インド洋グリン島アマス灯台の南(16.00N,98.00E)で雷撃により沈没
淺香山丸
淺香山丸 Asakasan Maru

SNo.230 山里丸 YAMAZATO MARU (1937)

山里丸
山里丸 Yamazato Maru
山下汽船の極東/紐育航路の第1船。
43722/JTRL 貨物船 6,926G/T 9,500D/W
起工 1937.2.12(昭12) 進水 1937.7.25(昭12) 竣工 1937.10.2(昭12)
Lpp 134.00 B 18.30 D 10.40 m 主機 D 5,500BHP 18.26kt
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 Sno.230 山里丸型 扶桑海運株式会社(神戸)
山里丸 YAMAZATO MARU
1943.4.21(昭18)マラッカ海峡(3-28N,99-47E)で雷撃により沈没
ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.11