船歴 本邦建造船44 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

株式会社玉造船所

SNo.228 熱田山丸 ATSUTASAN MARU (1937)

熱田山丸
熱田山丸 Atsutasan Maru
43739/JYKL 貨物船 8,663G/T 10,630D/W
起工 1937.5.7(昭12) 進水 1937.10.18(昭12) 竣工 1937.12.20(昭12)
Lpp 137.16 B 18.90 D 12.04 m 主機 D 三井B&W 7,600BHP 1基 17.5/19.78kt
株式会社玉造船所(岡山・日比)建造 Sno.228 有馬山丸型 三井物産株式会社船舶部(神戸)
熱田山丸 ATSUTASAN MARU
1941.12.16(昭16)海南島三亜沖(18.06N,109.44E)で米潜SWORDFISH(SS-193)の雷撃により沈没

常盤山丸型 2隻 TOKIWASAN MARU Class (1938)
貨物船 Lpp 80.00 B 11.60 D 6.10 m 主機 R 1基
株式会社玉造船所(岡山・日比)建造 三井物産株式会社船舶部(神戸)
1. Sno.243 常盤山丸 (1) TOKIWASAN MARU 44139/SYWL 1,805G/T 2,462D/W 1,000IHP 13.2kt
起工 1937.6.12(昭12) 進水 1937.12.1(昭12) 竣工 1938.1.31(昭13) 常盤山丸 TOKIWASAN MARU
1942.12.28(昭17)三井船舶(東京)の設立に伴ない移籍
1944.9.9(昭19)小笠原諸島付近(28.58N,137.45E)で空爆により沈没
2. Sno.244 大寳山丸 TAIHOSAN MARU 44159/JCBM 1,805G/T 1,000IHP 9/13kt
起工 1937.6.12(昭12) 進水 1937.12.18(昭12) 竣工 1938.3.26(昭13) 大寳山丸 TAIHOSAN MARU
1942.12.28(昭17)三井船舶(東京)の設立に伴ない移籍
1943.3.12(昭18)クェゼリン(7.15N,158.45E)で米潜PLUNGER(SS-179)の雷撃により沈没
大寳山丸
大寳山丸 Taihosan Maru

S.Kizu

SNo.235 山風丸 YAMAKAZE MARU (1938)

山風丸
山風丸 Yamakaze Maru
山下汽船が同社極東/南北米定期航路用に建造した大型貨物船。山里丸は傍系の扶桑海運が建造し山下汽船が用船した。扶桑海運は元山下汽船社員堀五郎が中心となり山下汽船と半額共同出資により資本金50万円で昭和4年(1929)2月に設立された。昭和20年(1945)には興運汽船と合併する予定であったが終戦で実現せず、昭和30年(1955)12月、川崎汽船傘下となった。
44592/JCUM 貨物船 6,921G/T 起工 1937.8.10(昭12) 進水 1938.2.16(昭13) 竣工 1938.4.30(昭13)
Lpp 134.00 B 18.30 D 10.40 m 主機 D 5,500BHP 16/18.34kt
株式会社玉造船所(岡山・日比)建造 Sno.235 山里丸型 山下汽船株式会社(神戸)
山風丸 YAMAKAZE MARU
1941.10.24(昭16)山國丸 YAMAKUNI MARU と改名
1944.1.14(昭19)ラバウルから横須賀に向け航行中、八丈島の北西(33.15N,139.38E)で米潜SWORDFISH(SS-193)の雷撃により沈没

SNo.24 乾祥丸 (1) KENSHO MARU (1938)

乾祥丸
乾祥丸 Kensho Maru
44843/JQDM 貨物船 4,861G/T 起工 1938.2.28(昭13) 進水 1938.6.30(昭13) 竣工 1938.8.30(昭13)
主機 D 3,450BHP 17.01kt
株式会社玉造船所(岡山・日比)建造 Sno.24 乾汽船株式会社(神戸)
乾祥丸 KENSHO MARU

SNo.247 明天丸 (2) MEITEN MARU (1938)

明天丸
明天丸 Meiten Maru
45308/JQVM 貨物船 4,474G/T 6,623D/W
起工 1938.4.23(昭13) 進水 1938.9.16(昭13) 竣工 1938.12.5(昭13)
Lpp 109.73 B 15.24 D 8.84 m 主機 D 三井B&W 4SA 2,200BHP 1基 14.74kt
株式会社玉造船所(岡山・日比)建造 Sno.247 明治海運株式会社(神戸)
明天丸 MEITEN MARU
1943.6.20(昭18)南洋方面(15.57N,140.57E)で米潜TAUTOG(SS-199)の雷撃により沈没

SNo.249 八海丸 HAKKAI MARU (1939)

八海丸
八海丸 Hakkai Maru
45320/JXBM 貨物船 5,114G/T 8,453D/W
起工 1938.5.21(昭13) 進水 1938.11.12(昭13) 竣工 1939.2.21(昭14)
Lpp 128.00 B 17.70 D 11.00 m 主機 D 三井B&W 2DA 4,700BHP 1基 17.3kt
株式会社玉造船所(岡山・日比)建造 Sno.249 板谷商船株式会社(神戸)
八海丸 HAKKAI MARU
1944.1.17(昭19)ラバウル方面(4.15S,152.40E)で雷撃により沈没

SNo.250 玄海丸 GENKAI MARU (1939)
45324/JXPM 貨物船 3,850G/T 進水 1939.2(昭14) 竣工 1939.4.11(昭14)
Lpp 103.77 B 14.70 D 8.00 m 主機 R 1,950IHP 12/14.5kt
株式会社玉造船所(岡山・日比)建造 Sno.250 嶋谷汽船株式会社(神戸)
玄海丸 GENKAI MARU
1943.10.26(昭18)合併に伴ない三井船舶(株)(東京)に移籍
1944.9.12(昭19)セブ島北東で空爆により沈没

淡路山丸型 2隻 AWAJISAN MARU Class (1939 - 1941)

淡路山丸
淡路山丸 Awajisan Maru
三井物産が同社ニューヨーク定期航路用に有馬山丸型に引き続いて建造した9,700総トン級、最大速力19ノットの大型高速貨物船。
貨物船 Lpp 145.14 B 19.50 D 12.40 m 主機 D 三井B&W 1基
株式会社玉造船所(岡山・日比)建造 三井物産株式会社船舶部(神戸)
1. Sno.245 淡路山丸 (1) AWAJISAN MARU 45716/JXOM 9,794G/T 10,930D/W 9,600BHP 18/19.9kt
起工 1938.3.29(昭13) 進水 1938.12.22(昭13) 竣工 1939.7.15(昭14) 淡路山丸 AWAJISAN MARU
1941.12.8(昭16)マレ−半島東岸コタバル沖ツンバット灯台の沖(14.30N,130.30E)で空爆を受けて火災、船体放棄。同月12日にオランダ潜水艦K-12の雷撃により沈没
2. Sno.246 綾戸山丸 AYATOSAN MARU 47958/JXUM 9,788G/T 10,930D/W 9,600BHP 18/19.9kt
起工 1938.6.13(昭13) 進水 1939.9.28(昭14) 竣工 1941.2.24(昭16) 綾戸山丸 AYATOSAN MARU
1942.7.21(昭17)ニュ−ギニアのバサボア沖(8.00S,148.40E)で揚陸作業中に空爆を受けて火災、近くの海岸に座礁、沈没。戦渦未公開のため名目上、三井船舶に継承。百年史では23日になっており文献によっては22日の記述もある
綾戸山丸
綾戸山丸 Ayatosan Maru

S.Kizu

報國丸型 3隻 HOKOKU MARU Class (1940 - 1942)

報國丸
報國丸 Hokoku Maru
大阪商船が阿弗利加(アフリカ)航路用に優秀船舶建造助成施設の適用を受けて建造した1万400総トン級、速力19ノットの大型貨客船。全船、株式会社玉造船所(昭和17年1月6日三井造船株式会社と改称)に発注された。 主機は三井B&W2衝程単働トランク型ディーゼル機関を2基搭載した。
貨客船 Lpp 150.00 B 20.20 D 12.40 m 主機 D 三井B&W 2基
株式会社玉造船所(岡山・日比)建造 大阪商船株式会社(大阪)
1. Sno.251 報國丸 HOKOKU MARU 46833/JCSN 10,439G/T 13,000/19,427BHP 17/21.148kt
起工 1938.8.18(昭13) 進水 1939.7.5(昭14) 竣工 1940.6.15(昭15) 報國丸 HOKOKU MARU 船客 1等)48 特別3等)48 3等)304
1942.11.11(昭17)インド洋ココス島の240哩沖で武装油槽船と交戦中、予備魚雷に被弾し爆沈
2. Sno.252 愛國丸 AIKOKU MARU 48519/JZZN 10,438G/T 13,000/15,833BHP 19.2/20.9kt
起工 1938.12.29(昭13) 進水 1939.4.25(昭14) 竣工 1940.8.31(昭15) 愛國丸 AIKOKU MARU
1944.2.17(昭19)トラック島のデュプロン島(夏島)東沖合で空爆により沈没
愛國丸
愛國丸 Aikoku Maru
3.

護國丸 GOKOKU MARU (1942)

SNo.254 明陽丸 MEIYO MARU (1940)
46934/JYFN 貨物船 5,628G/T 8,665D/W
起工 1939.3.7(昭14) 進水 1939.10.27(昭14) 竣工 1940.6.24(昭15)
Lpp 123.00 B 16.80 D 9.40 m 主機 R 3連成 3,200IHP 1基 16.2kt
株式会社玉造船所(岡山・日比)建造 Sno.254 明治海運株式会社(神戸)
明陽丸 MEIYO MARU
1942.8.8(昭17)ニューギニア沿海(4.50N,152.40E)でS-38の雷撃により沈没

SNo.280 秋津丸 AKITSU MARU (1940)

秋津丸
秋津丸 Akitsu Maru
海難救助作業の充実を期して2隻計画された救助船の第1船。定繋港は門司。昭和21年以降の船歴は同社提供の記録による。
47287/JDNO 救助船 610G/T 422D/W 起工 1939.10.10(昭14) 進水 1940.3.7(昭15) 竣工 1940.7.16(昭15)
Lpp 49.00 B 8.40 D 4.60 m 主機 R 3連成 900NHP/1,256IHP 1基 12.8kt
株式会社玉造船所(岡山・日比)建造 Sno.280 日本サルヴェージ株式会社(東京)
秋津丸 AKITSU MARU
1942(昭17)社名変更に伴い日本海難救助(株)(東京)に移籍
1945.9.12(昭20)ラバウルで接収される
1946.7.21(昭21)ジャカルタでオランダ海軍に引渡後、GANDENGと改名

SNo.301 第十二京丸 (1) KYO MARU No.12 (1940)

第十二京丸
第十二京丸 Kyo Maru No.12
47659/JNKO 捕鯨船 345G/T 進水 1940.8(昭15) 竣工 1940.9.28(昭15)
Lpp 40.00 B 8.20 D 4.30 m 主機 R 3連成 1,000IHP 1基 14.3kt
株式会社玉造船所(岡山・日比)建造 Sno.301 第六京丸型 極洋捕鯨株式会社(東京)
第十二京丸 KYO MARU No.12

SNo.269 壽山丸 (1) JUZAN MARU (1941)
関848/JRRG 貨客船 3,943G/T 進水 1940.8.8(昭15) 竣工 1941.3.20(昭16)
Lpp 107.00 B 15.40 D 7.47 m 主機 R 2,300IHP 11.5/12.5kt
株式会社玉造船所(岡山・日比)建造 Sno.269 大連汽船株式会社(大連)
壽山丸 JUZAN MARU
1941.8.22(昭16)砲艦として徴用
1943.10.1(昭18)徴用を解除
1945.4.15(昭20)門司から上海に向け航行中、朝鮮の済州島沖(33-25N,126-15E)で米潜TIRANTE(SS-420)の雷撃により沈没

SNo.285 保津丸 HOZU MARU (1941)

保津丸
保津丸 Hozu Maru
秋津丸と共に新造計画されたほぼ同型船。昭和20年以降の船歴は同社提供の記録による。
48636/JHPP 救助船 613G/T 488D/W 起工 1941.1.9(昭16) 進水 1941.5.12(昭16) 竣工 1941.6.28(昭16)
Lpp 49.00 B 8.70 D 4.65 m 主機 R 3連成 1,000IHP 1基 12.74kt
株式会社玉造船所(岡山・日比)建造 Sno.285 日本サルヴェージ株式会社(東京)
保津丸 HOZU MARU
1942(昭17)社名変更に伴い日本海難救助(株)(東京)に移籍
1945.8(昭20)ラバウルでオーストラリア軍に接収された後、救助船として使用
1948(昭23)Fijiに売却、MANAMと改名
1950(昭25)同じFijiに売却、AL SOKULUと改名
1957.4.5(昭32)解体のため売却、香港に到着

天龍川丸 TENRYUGAWA MARU (1941)

天龍川丸
天龍川丸 Tenryugawa Maru
貨物船 3,883G/T 6,322D/W 進水 1941.7(昭16) 竣工 1941.11.25(昭16)
Lpp 106.70 B 14.95 D 8.46 m 主機 R 3連成 2,200IHP 1基 14.44kt
株式会社玉造船所(岡山・日比)建造 東洋海運株式会社(東京)
天龍川丸 TENRYUGAWA MARU

SNo.278 へいわ丸 HEIWA MARU (1942)

へいわ丸
へいわ丸 Heiwa Maru
49195/JAXR 貨物船 5,579G/T 起工 1940.10.3(昭15) 進水 1941.11.3(昭16) 竣工 1942.1.30(昭17)
Lpp 123.00 B 16.80 D 9.40 m 主機 R 3連成 3,200IHP 1基 13/15.6kt
株式会社玉造船所(岡山・日比)建造 Sno.278 北海道炭礦汽船株式会社(東京)
へいわ丸 HEIWA MARU
1943.11.22(昭18)合併に伴い三井船舶(株)(東京)に移籍
1943.12.24(昭18)インドネシアのハルマヘラ島カオ村沖(2.45N,127.41E)で米潜RATON(SS-270)の雷撃により沈没

三井造船株式会社玉野造船所

松祐丸 SHOYU MARU (1942)
貨物船 4,408G/T 7,031D/W 進水 1942.10(昭17)
Lpp 112.00 B 15.80 D 9.00 m 主機 R 2,300IHP 1基 14.57kt
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 松岡汽船株式会社(東京)
松祐丸 SHOYU MARU

SNo.253 護國丸 GOKOKU MARU (1942)
49180/JYYQ 貨客船 10,439G/T 起工 1939.7.31(昭14) 進水 1942.4.2(昭17) 竣工 1942.10.2(昭17)
Lpp 150.00 B 20.20 D 12.40 m 主機 D 三井B&W 13,000BHP 2基 19/20.6kt
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 Sno.253 報國丸型 大阪商船株式会社(大阪)
護國丸 GOKOKU MARU 興國丸と命名予定が報國丸と混同しやすいため護國丸に変更された
1944.11.17(昭19)基隆から呉に向け航行中、五島列島の古志岐島灯台沖(33.31N,129.19E)で米潜BARB(SS-220)の雷撃により沈没

SNo.300 摩耶山丸 (2) MAYASAN MARU (1942)
49389/JVXQ 貨物船 9,433G/T 4,617D/W
起工 1941.8.27(昭16) 進水 1942.6.29(昭17) 竣工 1942.12.14(昭17)
Lpp 140.00 B 19.00 D 11.80 m 主機 D 三井B&W 10,800BHP 2基 20.81kt
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 Sno.300 三井物産株式会社船舶部(神戸)
摩耶山丸 MAYASAN MARU 陸軍上陸用輸送船
1942.12.14(昭17)三井船舶(株)(東京)の設立に伴ない移籍
1944.11.17(昭19)巨文島から舟山列島に向け航行中、済州島沖(33.17N,124.43E)で米潜PICUDA(SS-382)の雷撃により沈没

あかま丸 AKAMA MARU (1943)
貨物船 6,041G/T 8,892D/W 進水 1943.5(昭18)
Lpp 123.00 B 16.80 D 9.40 m 主機 R 3,200IHP 1基 15.41kt
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 北海道炭礦汽船株式会社(東京)
あかま丸 AKAMA MARU

SNo.282 五十鈴川丸 ISUZUGAWA MARU (1943)
貨物船 4,214G/T 6,427D/W 起工 1943.4.12(昭18) 進水 1943.6.23(昭18) 竣工 1943.8.14(昭18)
Lpp 106.70 B 14.95 D 8.46 m 主機 R 3連成 2,000IHP 14.53kt
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 Sno.282 東洋海運株式会社(東京)
五十鈴川丸 ISUZUGAWA MARU

白根山丸型 6隻 SHIRANESAN MARU Class (1943 - 1944)
貨物船 Lpp 112.30 B 15.80 D 9.10 m 主機 T 1基 1B型
1. Sno.342 白根山丸 (1) SHIRANESAN MARU 4,739G/T 7,336D/W 2,000HP 12.3/15.5kt
起工 1943.5.1(昭18) 進水 1943.8.14(昭18) 竣工 1943.9.25(昭18)
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 三井船舶株式会社(東京)
白根山丸 SHIRANESAN MARU
1944.10.18(昭19)南シナ海(14.44N,118.00E)で米潜RATON(SS-270)の雷撃により沈没
2. Sno.343 花川丸 HANAKAWA MARU 4,740G/T 7,336D/W 2,000HP 10/14.9kt
起工 1943.5.15(昭18) 進水 1943.8.31(昭18) 竣工 1943.10.25(昭18)
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 川崎汽船株式会社(神戸)
花川丸 HANAKAWA MARU
1944.2.17(昭19)海軍徴傭船として行動中、トラック島港内で空爆により沈没
3. Sno.344 白金山丸 SHIROKANESAN MARU 50396/JCVT 4,740G/T 7,336D/W 15HP 12.3/14.6kt
起工 1943.6.26(昭18) 進水 1943.9.30(昭18) 竣工 1943.11.15(昭18)
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 三井船舶株式会社(東京)
白金山丸 SHIROKANESAN MARU
1944.8.6(昭19)リンガエン沖(14.10N,117.12E)で米潜RASHER(SS-269)の雷撃により沈没
4. Sno.345 大敬丸 DAIKEI MARU 50400/JCYT 4,740G/T 7,336D/W 2,000SHP 12.3/14.9kt
起工 1943.8.8(昭18) 進水 1943.10.28(昭18) 竣工 1943.12.15(昭18)
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 大阪商船株式会社(大阪)
大敬丸 DAIKEI MARU
1944.2.19(昭19)台湾の南東(21.48N,118.50E)で雷撃により沈没(空爆の記録もある)
5. Sno.346 夏川丸 NATSUKAWA MARU 50404/JMBT 4,740G/T 4,740D/W 2,000HP 14.64kt
起工 1943.8.17(昭18) 進水 1943.11.15(昭18) 竣工 1943.12.26(昭18)
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 川崎汽船株式会社(神戸)
夏川丸 NATSUKAWA MARU
1944.11.19(昭19)海軍徴傭船として行動中、ボルネオのブルネイ湾で空爆により沈没
夏川丸
夏川丸 Natsukawa Maru
6. Sno.347 明隆丸 MEIRYU MARU 50405/JMCT 4,740G/T 7,336D/W 2,000HP 15.05kt
起工 1943.8.21(昭18) 進水 1943.11.30(昭18) 竣工 1944.1.15(昭19)
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 明治海運株式会社(神戸)
明隆丸 MEIRYU MARU
1945.1.2(昭20)フィリピンのサンフェルナンド沖(16.30N,120.30E)で空爆により沈没

SNo.314 玉津丸 TAMATSU MARU (1944)
陸軍上陸用輸送船(M甲)
貨物船 9,590G/T 4,595D/W 起工 1942.11.4(昭17) 進水 1943.8.18(昭18) 竣工 1944.1.20(昭19)
Lpp 140.00 B 19.00 D 11.80 m 主機 D 三井B&W 5,250BHP 2基 20.45kt
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 Sno.314 大阪商船株式会社(大阪)
玉津丸 TAMATSU MARU
1944.8.19(昭19)台湾の馬公からマニラに向け航行中、ルソン島の北部東岸(18.12N,120.20E)で雷撃により沈没

安土山丸型 35隻 AZUCHISAN MARU Class (1944 - 1945)
貨物船 Lpp 128.00 B 18.20 D 11.10 m 主機 T 甲25型 1基 2AT型
1. Sno.352 安土山丸 (1) AZUCHISAN MARU 50407/JMET 6,758G/T 11,260D/W 2,000SHP 10/13.1kt
起工 1943.9.2(昭18) 進水 1943.12.5(昭18) 竣工 1944.2.5(昭19)
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 三井船舶株式会社(東京)
安土山丸 AZUCHISAN MARU
1944.10.3(昭19)ルソン島ボヘアド-ル岬沖(18.30N,120.33E)で米潜ASPRO(SS-309)の雷撃により沈没
2. Sno.353 天津山丸 AMATSUSAN MARU 50716/JMNT 6,886G/T 11,260D/W 2,000SHP 10/12.9kt
起工 1943.10.2(昭18) 進水 1943.12.30(昭18) 竣工 1944.2.15(昭19)
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 三井船舶株式会社(東京)
天津山丸 AMATSUSAN MARU
1944.5.6(昭19)マニラからハルホヘラ島ワシレ湾に向け航行中、セレベス島北東端メナドの北北西約80マイル(2.42N,124.07E)で米潜GURNARD(SS-254)の雷撃により沈没
3. Sno.354 加古川丸 KAKOGAWA MARU 50720/JMPU 6,886G/T 11,260D/W 2,000SHP 12.36kt
起工 1943.10.30(昭18) 進水 1944.1.18(昭19) 竣工 1944.2.28(昭19)
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 東洋海運株式会社(東京)
加古川丸 KAKOGAWA MARU
1944.11.13(昭19)マニラ港内で空爆により沈没
4. Sno.355 勝川丸 KATSUKAWA MARU 50721/JMQT 6,886G/T 11,260D/W 2,000SHP 13.5kt
起工 1943.11.17(昭18) 進水 1944.1.30(昭19) 竣工 1944.3.8(昭19)
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 川崎汽船株式会社(神戸)
勝川丸 KATSUKAWA MARU
1944.6.4(昭19)陸軍徴傭船として行動中、沖ノ鳥島南東沖(9.45N,138.15E)で米潜SHARK(SS-314)の雷撃により沈没
5. Sno.356 大彰丸 DAISHO MARU 6,886G/T 2,000SHP 10/13.3kt
起工 1943.12.2(昭18) 進水 1944.2.10(昭19) 竣工 1944.3.17(昭19)
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 大阪商船株式会社(大阪)
大彰丸 DAISHO MARU
1944.10.26(昭19)ルソン海峡(19.30N,120.44E)で米潜DRUM(SS-228)の雷撃により沈没
6. Sno.357 大壽丸 DAIJU MARU 6,886G/T 3,000SHP 10kt
起工 1944.1.22(昭19) 進水 1944.2.23(昭19) 竣工 1944.3.25(昭19)
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 大阪商船株式会社(大阪)
大壽丸 DAIJU MARU
1944.4.23(昭19)潮岬沖3Km(33.35N,135.45E)で米潜SEADRAGON(SS-194)の雷撃を受 けて沈没
7. Sno.358 飛鳥山丸 ASUKASAN MARU 6,886G/T 2,000SHP 10/13.2kt
起工 1944.2.5(昭19) 進水 1944.3.5(昭19) 竣工 1944.3.30(昭19)
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 三井船舶株式会社(東京)
飛鳥山丸 ASUKASAN MARU
1944.7.4(昭19)朝鮮半島西岸七発島付近(35.22N,125.55E)で米潜TANG(SS-306)の雷撃により沈没
8. Sno.359 相模川丸 SAGAMIGAWA MARU 50737/JLGU 6,886G/T
起工 1944.2.12(昭19) 進水 1944.3.25(昭19) 竣工 1944.4.15(昭19)
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 東洋海運株式会社
相模川丸 SAGAMIGAWA MARU
9. Sno.360 大博丸 DAIHAKU MARU 6,886G/T
起工 1944.2.27(昭19) 進水 1944.4.6(昭19) 竣工 1944.4.28(昭19)
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 大阪商船株式会社
大博丸 DAIHAKU MARU
10. Sno.361 荒尾山丸 ARAOSAN MARU 6,886G/T 2,000SHP 10/13.3kt
起工 1944.3.8(昭19) 進水 1944.4.14(昭19) 竣工 1944.4.30(昭19)
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 三井船舶株式会社(東京)
荒尾山丸 ARAOSAN MARU
1945.4.6(昭20)シャム湾(9.18N,102.50E)で米潜HARDHEAD(SS-365)の雷撃と空爆により沈没
11. Sno.362 辰城丸 TATSUSHIRO MARU 6,886G/T
起工 1944.3.28(昭19) 進水 1944.4.28(昭19) 竣工 1944.5.18(昭19)
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 辰馬汽船株式会社
辰城丸 TATSUSHIRO MARU
12. Sno.363 那珂川丸 NAKAGAWA MARU 6,886G/T
起工 1944.4.8(昭19) 進水 1944.5.9(昭19) 竣工 1944.5.28(昭19)
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 東洋海運株式会社
那珂川丸 NAKAGAWA MARU
13. Sno.375 大郁丸 DAIIKU MARU 51736/JLOU 6,886G/T 10,680D/W 2,000SHP 9.5/13kt
起工 1944.4.17(昭19) 進水 1944.5.17(昭19) 竣工 1944.6.10(昭19)
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 大阪商船株式会社(大阪)
大郁丸 DAIIKU MARU
1949(昭24)日立造船(因島)でB.V.船級取得改造工事
1956.9.1(昭31)中央汽船(株)(神戸)に売却、中安丸 Chuan Maru と改名
1962.3.9(昭37)解体
大郁丸
大郁丸 Daiiku Maru

太平洋戦争後の姿
14. Sno.375 阿里山丸 ARISAN MARU 50745 6,886G/T 2,000HP 10/13kt
起工 1944.4.30(昭19) 進水 1944.6.5(昭19) 竣工 1944.6.22(昭19)
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 三井船舶株式会社(東京)
阿里山丸 ARISAN MARU
1944.10.24(昭19)バシ-海峡(20.46N,118.18E)で米潜SNOOK(SS-279)の雷撃により沈没
15. Sno.377 大敏丸 DAIBIN MARU 6,886G/T
起工 1944.5.10(昭19) 進水 1944.6.15(昭19) 竣工 1944.7.5(昭19)
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 大阪商船株式会社
大敏丸 DAIBIN MARU
16. Sno.378 大修丸 DAISHU MARU 6,925G/T
起工 1944.5.18(昭19) 進水 1944.6.25(昭19) 竣工 1944.8.2(昭19)
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 大阪商船株式会社
大修丸 DAISHU MARU 応急油槽船
17. Sno.384 延暦丸 ENRYAKU MARU 51745/JLXU 6,925G/T 2,000SHP 10kt
起工 1944.6.19(昭19) 進水 1944.7.30(昭19) 竣工 1944.8.31(昭19)
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 日本郵船株式会社(東京)
延暦丸 ENRYAKU MARU 応急油槽船
1945.9.18(昭20)伏木港外で停泊中に台風のため座洲
1947.3.16(昭22)船体放棄
1947.6.22(昭22)浮揚に成功
1947.8.14(昭22)委付
18. Sno.379 第十五多聞丸 (2) TAMON MARU No.15 6,925G/T 2,000SHP 13.25kt
起工 1944.6.6(昭19) 進水 1944.7.10(昭19) 竣工 1944.9.5(昭19)
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 八馬汽船株式会社(西宮)
第十五多聞丸 TAMON MARU No.15 応急油槽船
1945.1.26(昭20)仏印キノン港外南方(13.34N,109.17E)で触雷、沈没
19. Sno.385 阿蘇川丸 ASOKAWA MARU 51744/JLWU 6,925G/T 2,000SHP 10/13kt
起工 1944.6.26(昭19) 進水 1944.8.18(昭19) 竣工 1944.9.14(昭19)
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 川崎汽船株式会社(神戸)
阿蘇川丸 ASOKAWA MARU 応急油槽船
1945.3.28(昭20)仏印カムラン湾(18.32N,109.20E)で空爆により沈没
20. Sno.386 逢坂山丸 OHSAKASAN MARU 6,925G/T 2,000SHP 10/13kt
起工 1944.7.11(昭19) 進水 1944.8.27(昭19) 竣工 1944.9.22(昭19)
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 三井船舶株式会社(東京)
逢坂山丸 OHSAKASAN MARU 応急油槽船
1944.11.17(昭19)門司から高雄に向け航行中、済州島小里山沖(33.30N,124.30E)で米潜PETO(SS-265)の雷撃により沈没
21. Sno.387 阿波川丸 AWAKAWA MARU 51751/JYAV 6,925G/T 2,000SHP 10/13kt
起工 1944.7.31(昭19) 進水 1944.9.8(昭19) 竣工 1944.9.30(昭19)
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 川崎汽船株式会社(神戸)
阿波川丸 AWAKAWA MARU 応急油槽船
1945.8.10(昭20)朝鮮の羅津港外で空爆により沈没
22. Sno.388 牡鹿山丸 OJIKASAN MARU 6,892G/T 2,000SHP 1013kt
起工 1944.8.19(昭19) 進水 1944.9.22(昭19) 竣工 1944.10.15(昭19)
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 三井船舶株式会社(東京)
牡鹿山丸 OJIKASAN MARU
1945.6.13(昭20)佐渡北西(38.30N,136.57E)で米潜BONEFISH(SS-223)の雷撃により沈没
23. Sno.389 延慶丸 ENKEI MARU 51757/JYCV→JMYE 6,892G/T 10,794D/W 2,400SHP 13.07kt
起工 1944.8.28(昭19) 進水 1944.10.5(昭19) 竣工 1944.10.30(昭19)
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 日本郵船株式会社(東京)
延慶丸 ENKEI MARU 応急油槽船に改装
1950.9.25(昭25)石川島重工業(株)業(東京)でA.B.船級取得、三島型改造工事
1955.3.28(昭30)東邦海運(株)(東京)に移籍
1962.2.15(昭37)合併に伴い新和海運(株)(東京)に移籍
1963.10.25(昭38)解体のため売却、解体
延慶丸
延慶丸 Enkei Maru

改造後の姿
24. Sno.390 大暁丸 DAIGYO MARU 51762/JYEV 6,892G/T 2,000SHP 10/13kt
起工 1944.9.9(昭19) 進水 1944.10.22(昭19) 竣工 1944.11.12(昭19)
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 大阪商船株式会社(大阪)
大暁丸 DAIGYO MARU
25. Sno.391 大江山丸 OESAN MARU 51863/JYFV→JNCE 6,892G/T 10,816D/W 2,800SHP 10/13kt
起工 1944.9.23(昭19) 進水 1944.11.8(昭19) 竣工 1944.11.28(昭19)
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 三井船舶株式会社(東京)
大江山丸 OESAN MARU
1950(昭25)石川島重工業(株)業(東京)でA.B.船級取得、三島型改造工事
1952.4(昭27)国産第1号のロラン受信機装備
1956.6.8(昭31)船腹交換により東洋海運(株)(東京)に移籍、多摩川丸 TAMAGAWA MARU と改名
1963.3.22(昭38)瀬戸田で解体
大江山丸
大江山丸 Oesan Maru

改造後の姿
26. Sno.392 辰洋丸 TATSUYO MARU 6,892G/T
起工 1944.10.6(昭19) 進水 1944.11.19(昭19) 竣工 1944.12.7(昭19)
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 辰馬汽船株式会社
辰洋丸 TATSUYO MARU
27. Sno.393 第二宏山丸 KOZAN MARU No.2 52643/JYHV 6,886G/T
起工 1944.10.23(昭19) 進水 1944.12.12(昭19) 竣工 1944.12.28(昭19)
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 山本汽船株式会社
第二宏山丸 KOZAN MARU No.2
28. Sno.394 明精丸 MEISEI MARU 52648/JYJV 6,886G/T
起工 1944.11.9(昭19) 進水 1944.12.29(昭19) 竣工 1945.1.18(昭20)
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 明治海運株式会社(神戸)
明精丸 MEISEI MARU
1945.6.1(昭20)瀬戸内海の部崎灯台沖で触雷により沈没
29. Sno.395 阿武隈川丸 ABUKUMAGAWA MARU 52651 6,886G/T
起工 1944.11.20(昭19) 進水 1945.1.19(昭20) 竣工 1945.2.5(昭20)
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 東洋海運株式会社
阿武隈川丸 ABUKUMAGAWA MARU
30. Sno.396 彌彦丸 (3) YAHIKO MARU 52655/JYYV→JHQE 6,886G/T 10,822D/W 2,200SHP 10kt
起工 1944.12.13(昭19) 進水 1945.2.6(昭20) 竣工 1945.2.24(昭20)
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 板谷商船株式会社(神戸)
彌彦丸 YAHIKO MARU
1950.5.27(昭25)三井造船(玉野)でB.V.船級、三島型改造工事完工
1960.4(昭35)相生で係船
1962.7(昭37)解体
彌彦丸
彌彦丸 Yahiko Maru

太平洋戦争後の姿
31. Sno.397 廣長丸 KOCHO MARU 52656/JBSC 6,946G/T 10,690D/W 2,700SHP 11/12kt
起工 1944.12.30(昭19) 進水 1945.2.21(昭20) 竣工 1945.3.18(昭20)
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 廣海汽船株式会社(大阪)
廣長丸 KOCHO MARU
1950.7.17(昭25)日立造船(桜島)でA.B.船級、三島型改造工事完工
1962.4.25(昭37)大同海運(株)(神戸)に売却
1963.6(昭38)解体のため売却、同年8月に解体完了。同年10月9日に船籍を抹消
廣長丸
廣長丸 Kocho Maru

改造後の姿
32. Sno.398 英彦丸 EHIKO MARU 52658/JYOV→JNME 6,886G/T 10,783D/W 2,000SHP 10kt
起工 1945.1.20(昭20) 進水 1945.3.10(昭20) 竣工 1945.3.30(昭20)
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 日本郵船株式会社(東京)
英彦丸 EHIKO MARU
1951.7.20(昭26)西日本重工業(長崎)でB.V.船級取得改造工事完工
1951(昭26)第2船艙に30tヘビーデリック装備(三菱長崎にて
1956.5.25(昭31)小谷汽船(株)(大阪)に売却
1959.11(昭34)主機を換装
1964.3.30(昭39)Eastern S. S. Co.,Liberiaに売却、EASTERN CARRIERと改名
1966.3.19(昭41)和歌山県の下津沖で座礁。以後不詳
英彦丸
英彦丸 Ehiko Maru

太平洋戦争後の姿
33. Sno.399 第一大拓丸 DAITAKU MARU No.1 52662/JYSV→JEKD 6,886G/T 10,756D/W 2,000SHP 10/12kt
起工 1945.2.7(昭20) 進水 1945.3.26(昭20) 竣工 1945.5.3(昭20)
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 大阪商船株式会社(大阪)
第一大拓丸 DAITAKU MARU No.1
1951(昭26)浦賀船渠(株)(浦賀)でB.V.船級取得改造工事
1957.4.5(昭32)大光商船(株)(大阪)に売却
1963.8.15(昭38)解体のため三井物産(東京)に4,800万円で売却
1963.11.18(昭38)広島で解体
第一大拓丸
第一大拓丸 Daitaku Maru No.1

太平洋戦争後の姿
34. Sno.400 向日丸 MUKAHI MARU 56627/JYXV→JIBE 6,886G/T 11,124D/W 2,000SHP 13kt
起工 1945.2.22(昭20) 進水 1945.4.10(昭20) 竣工 1945.5.20(昭20)
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 大同海運株式会社(神戸)
向日丸 MUKAHI MARU SCAJAP No.M053
1950.4(昭25)川崎重工業(株)艦船業神戸造船所(神戸)でA.B.船級取得工事、同年9月完工
1955.11.20(昭30)松岡汽船(株)(神戸)に売却、松福丸 Shofuku Maru と改名
1964.5.25(昭39)三原で解体
向日丸
向日丸 Mukahi Maru

改造後の姿
35. Sno.401 榮豐丸 EIHO MARU 56643/JTLJ→JDZA 6,886G/T 10,796D/W 2,000SHP 8/9kt
起工 1945.3.27(昭20) 進水 1945.5.18(昭20) 竣工 1945.10.5(昭20)
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 日本郵船株式会社(東京)
榮豐丸 EIHO MARU SCAJAP No.E005
1951.3.12(昭26)正福汽船(株)(東京)に売却
1951.6.14(昭26)函館船渠(株)函館造船所(函館)でB.V.船級取得改造工事完工
1963.6.29(昭38)解体
榮豐丸
榮豐丸 Eiho Maru

太平洋戦争後の姿

SNo.435 白神山丸 SHIRAKAMISAN MARU (1946)
56640/JSWJ→JARA 貨物船 4,926G/T 7,020D/W
起工 1945.3.15(昭20) 進水 1945.8.15(昭20) 竣工 1946.2.16(昭21)
Lpp 115.00 B 16.50 D 9.50 m 主機 T 石川島 4,357SHP 1基 11/16.5kt
三井造船株式会社玉野工場(玉野)建造 Sno.435 3B型 三井船舶株式会社(東京)
白神山丸 SHIRAKAMISAN MARU
1959(昭34)主機械をD 伊藤鉄工M468HS 2,400BHPに換装
1964.4.15(昭39)Ta Cheng Marine Co. Ltd.,Taiwan に売却、TA CHENGと改名
1971Lloyd's Register 1971-1972年版より削除

ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.10