船歴 本邦建造船46 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

函館船渠株式会社

SNo.36 第二吉備丸 KIBI MARU No.2 (1916)
19753/NFKT 貨物船 999G/T 進水 1916.11.26(大5)
Lpp 73.76(242.0') B 10.97(36.0') D 6.55(21.5') m 主機 R 3連成 1基
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.36 神威丸型 吉田榮(尼崎)
第二吉備丸 KIBI MARU No.2

SNo.37 木華丸 KIHANA MARU (1916)
貨物船 72G/T 進水 1916.11.26(大5)
220HP
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.37 建造者不詳
木華丸 KIHANA MARU 読み方不詳

SNo.38 第五吉備丸 KIBI MARU No.5 (1917)
貨物船 1,000G/T 進水 1917.5.10(大6)
500HP
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.38 建造者不詳
第五吉備丸 KIBI MARU No.5

SNo.40 第二御崎丸 MISAKI MARU No.2 (1917)
貨物船 764G/T 進水 1917.7.15(大6)
500HP
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.40 建造者不詳
第二御崎丸 MISAKI MARU No.2

SNo.39 第二福井丸 FUKUI MARU No.2 (1918)

第二福井丸
第二福井丸 Fukui Maru No.2
19585/NDRQ 貨物船 1,565G/T 起工 1917(大6) 進水 1917.12.20(大6) 竣工 1918(大7)
Lpp 71.63(235.0') B 10.97(36.0') D 6.55(21.5') m 主機 R 3連成 119/1,200HP 1基 9/11kt
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.39 佐々木漁業汽船株式会社(函館)
第二福井丸 FUKUI MARU No.2
1921(大10)佐々木汽船(株)(函館)に移籍
1928(昭3)帝國サルヴェージ(株)(大阪)に売却。同年、帝國汽船(株)(神戸)に移籍
1945.6.12(昭20)中国の山東高角沖50浬(37-13N,123-20E)で空爆により沈没
1947.12.23(昭22)籍を抹消

SNo.43 福榮丸 FKUEI MARU (1918)
22720/NVSQ 貨物船 1,112G/T 進水 1918.5.1(大7)
Lpp 73.76(242.0') B 10.97(36.0') D 6.55(21.5') m 主機 R 3連成 1基
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.43 神威丸型 吉田榮(函館)
福榮丸 FKUEI MARU

SNo.44 函館丸 HAKODATE MARU (1918)
22734/NVTP 貨物船 1,130G/T 進水 1918.6.21(大7)
Lpp 73.76(242.0') B 10.97(36.0') D 6.55(21.5') m 主機 R 3連成 1基
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.44 神威丸型 犬上慶五郎
函館丸 HAKODATE MARU

SNo.41 きさらぎ丸 KISARAGI MARU (1918)
木造汽船 14G/T 進水 1918.9.18(大7)
Lpp 14.32 B 2.89 D 1.50 m 8HP
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.41 建造者不詳
きさらぎ丸 KISARAGI MARU

SNo.45 ~威丸 KAMUI MARU (1918)

~威丸
~威丸 Kamui Maru
函館船渠が建造した大正期の標準型貨物船。
23283/RCGJ 貨物船 1,673G/T 進水 1918.10.2(大7)
Lpp 73.76(242.0') B 10.97(36.0') D 6.55(21.5') m 主機 R 3連成 965IHP 1基 10.81kt
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.45 神威丸型 日下部汽船株式会社(神戸)
~威丸 KAMUI MARU
1920.8.4(大9)Formosaで座礁
1921(大10)大正10年版船名録より削除

SNo.46 東順丸 TOJUN MARU (1918)
23290/RCGS 貨物船 1,671G/T 進水 1918.12.30(大7)
Lpp 73.76(242.0') B 10.97(36.0') D 6.55(21.5') m 主機 R 3連成 977HP 1基
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.46 神威丸型 金森商船株式会社(函館)
東順丸 TOJUN MARU
1930(昭5)日下部汽船(神戸)の所有

SNo.47 第三平榮丸 HEIYEI MARU No.3 (1919)
24225/RHLC 貨物船 1,709G/T 進水 1919.7.3(大8)
Lpp 73.76(242'-0") B 10.97(36'-0") D 6.55(21'-6") m 主機 R 119NHP/1,057IHP 1基 9/9.75kt
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.47 樺太汽船株式会社(東京)
第三平榮丸 HEIYEI MARU No.3
1927(昭2)船名録より削除

SNo.49 開運丸 KAIUN MARU (1919)
木造汽船 28G/T 進水 1919.10.27(大8)
70HP
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.49 建造者不詳
開運丸 KAIUN MARU

SNo.48 第二雲海丸 UNKAI MARU No.2 (1920)
24230/RHLK 貨物船 1,707G/T 進水 1920.1.16(大9)
Lpp 73.76(242.0') B 10.97(36.0') D 6.55(21.5') m 主機 R 3連成 1,006HP 1基
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.48 神威丸型 中村精七郎(函館)
第二雲海丸 UNKAI MARU No.2
1930(昭5)日下部汽船(株)(神戸)の所有

泰平丸 TAIHEI MARU (1920)
貨物船 1,726G/T 進水 1920.6(大9)
Lpp 73.76(242'-0") B 10.67(35'-0") D 6.55(21'-6") m 主機 R 992IHP 1基 10.88kt
函館船渠株式会社(函館)建造 藤山要吉(小樽)
泰平丸 TAIHEI MARU

SNo.50 月山丸 GASSAN MARU (1920)
貨物船 1,726G/T 進水 1920.6.12(大9)
Lpp 73.76(242.0') B 10.97(36.0') D 6.55(21.5') m 主機 R 3連成 987HP 1基
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.50 神威丸型 建造者不詳
月山丸 GASSAN MARU

SNo.53 牛若丸 USHIWAKA MARU (1920)
木造汽船 29G/T 進水 1920.7.5(大9)
70HP
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.53 建造者不詳
牛若丸 USHIWAKA MARU

SNo.54 第五当別丸 TOBETSU MARU No.5 (1920)
木造汽船 51G/T 進水 1920.7.5(大9)
主機 E 発動機 60HP
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.54 建造者不詳
第五当別丸 TOBETSU MARU No.5

SNo.62 咲花丸 SAKIHANA MARU (1921)
貨物船 118G/T 進水 1921.4.26(大10)
317HP
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.62 建造者不詳
咲花丸 SAKIHANA MARU

SNo.56 洛東丸 RAKUTO MARU (1921)
28444/SHVJ 曳船 81G/T 進水 1921.7.10(大10)
主機 R 3連成 400IHP 2基
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.56 鐵道省(東京)
洛東丸 RAKUTO MARU

SNo.57 茂浦丸 MOURA MARU (1921)
28125/SHVC 汽船 81G/T 進水 1921.7.11(大10)
主機 R 3連成 400IHP 2基
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.57 建造者不詳
茂浦丸 MOURA MARU
1923(大12)鐵道省(東京)の所有

SNo.63 菊丸 KIKU MARU (1921)
木造汽船 14G/T 進水 1921.11.22(大10)
45HP
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.63 建造者不詳
菊丸 KIKU MARU

SNo.60 鉄丸 TETSU MARU (1921)
貨物船 19G/T 進水 1921.12.4(大10)
主機 E 発動機 30HP
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.60 建造者不詳
鉄丸 TETSU MARU

SNo.58 稚内丸 WAKKANAI MARU (1922)
貨物船 113G/T 進水 1922.2.25(大11)
400HP
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.58 建造者不詳
稚内丸 WAKKANAI MARU

SNo.65 第二鴎丸 KAMOME MARU No.2 (1922)
貨物船 20G/T 進水 1922.8.10(大11)
主機 E 発動機 30HP
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.65 建造者不詳
第二鴎丸 KAMOME MARU No.2

禮文丸 REBUN MARU (1923)
22521 旅客船 346G/T 350D/W 進水 1923(大12)
Lr 39.62 B 6.71 D 4.72 m 主機 R 3連成 範多龍太郎 10/11kt
函館船渠株式会社(函館)建造 藤山海運株式会社(小樽)
禮文丸 REBUN MARU

SNo.64 礼文丸 REBUN MARU (1923)
貨物船 352G/T 進水 1923.2.7(大12)
344HP
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.64 建造者不詳
礼文丸 REBUN MARU

SNo.68 やよい丸 YAYOI MARU (1923)
貨物船 35G/T 進水 1923.3.21(大12)
105HP
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.68 建造者不詳
やよい丸 YAYOI MARU

SNo.67 月山丸 GASSAN MARU (1923)
貨物船 34G/T 進水 1923.3.29(大12)
105HP
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.67 建造者不詳
月山丸 GASSAN MARU

SNo.70 だったん丸 DATTAN MARU (1923)
木造汽船 40G/T 進水 1923.5.8(大12)
105HP
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.70 建造者不詳
だったん丸 DATTAN MARU

SNo.51 北斗丸 (1) HOKUTO MARU (1923)

北斗丸
北斗丸 Hokuto Maru
28139/SGNW→JIYB 貨物船 2,270G/T 3,699D/W 進水 1923.6.17(大12)
Lpp 82.30(270'-0") B 12.42(40'-9") D 7.32(24'-0") m 主機 R 3連成 1,155IHP 1基 8/11.11kt
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.51 近海郵船株式会社(東京)
北斗丸 HOKUTO MARU
1939.9.8(昭14)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1943.3.4(昭18)室蘭から清水に向け航行中、岩手県とど崎灯台の北東で雷撃により、とど崎灯台の東2.5浬で沈没

SNo.72 胡蝶丸 KOCYO MARU (1923)
木造汽船 14G/T 進水 1923.8.9(大12)
40HP
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.72 建造者不詳
胡蝶丸 KOCYO MARU

SNo.71 東星丸 TOSEI MARU (1923)
貨物船 141G/T 進水 1923.8.23(大12)
150HP
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.71 建造者不詳
東星丸 TOSEI MARU

SNo.66 秋丸 AKI MARU (1923)
貨物船 54G/T 進水 1923.12.14(大12)
239HP
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.66 建造者不詳
秋丸 AKI MARU

SNo.73 函星丸 KANSEI MARU (1924)
貨物船 155G/T 進水 1924.8.17(大13)
192HP
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.73 建造者不詳
函星丸 KANSEI MARU

SNo.69 茂尻丸 MOJIRI MARU (1925)
木造汽船 28G/T 進水 1925.4.22(大14)
70HP
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.69 建造者不詳
茂尻丸 MOJIRI MARU

SNo.75 第五關門丸 KANMON MARU No.5 (1926)
31849/TFHB 車輌渡船 562G/T 進水 1926.6.6(大15) 竣工 1926.7.21(大15)
Lpp 53.64(176'-0") B 9.14(30'-0") D 4.27(14'-0") m 主機 R 3連成 391IHP 2基 10.45kt
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.75 鐵道省(東京)
第五關門丸 KANMON MARU No.5 SCAJAP No.K115

SNo.77 昭星丸 SHOSEI MARU (1928)
貨物船 130G/T 進水 1928.9.15(昭3)
187HP
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.77 建造者不詳
昭星丸 SHOSEI MARU

SNo.78 ますらを丸 MASURAO MARU (1928)
貨物船 21G/T 進水 1928.9.15(昭3)
100HP
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.78 建造者不詳
ますらを丸 MASURAO MARU

SNo.79 高島号 TAKASIMA GO (1929)
浚渫船 進水 1929.2.26(昭4)
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.79 建造者不詳
高島号 TAKASIMA GO ディッパー式

SNo.80 第八鉄丸 TETSU MARU No.8 (1929)
貨物船 29G/T 進水 1929.4.22(昭4)
主機 E 発動機 60HP
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.80 建造者不詳
第八鉄丸 TETSU MARU No.8

SNo.81 第十一鉄丸 TETSU MARU No.11 (1929)
貨物船 29G/T 進水 1929.8.13(昭4)
主機 E 発動機 600HP
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.81 建造者不詳
第十一鉄丸 TETSU MARU No.11

日向丸 HYUGA MARU (1930)
34242 旅客船 286G/T 261D/W 進水 1930(昭5)
Lr 35.05 B 6.32 D 4.11 m 主機 R 2連成 大阪造船 9/10kt
函館船渠株式会社(函館)建造 藤山海運株式会社(小樽)
日向丸 HYUGA MARU

SNo.86 旭丸 ASAHI MARU (1930)
貨物船 37G/T 進水 1930.6.9(昭5)
主機 E 発動機 80HP
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.86 建造者不詳
旭丸 ASAHI MARU

SNo.87 第十ニ鉄丸 TATESU MARU No.12 (1930)
貨物船 49G/T 進水 1930.9.9(昭5)
主機 E 発動機 100HP
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.87 建造者不詳
第十ニ鉄丸 TATESU MARU No.12

SNo.82 春丸 HARU MARU (1931)
貨物船 8,598G/T 進水 1931.5.21(昭6)
416HP
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.82 建造者不詳
春丸 HARU MARU

SNo.88 第八月山丸 GASSAN MARU No.8 (1932)
貨物船 38G/T 進水 1932.10.8(昭7)
主機 E 発動機 100HP
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.88 建造者不詳
第八月山丸 GASSAN MARU No.8

SNo.89 第十一善良丸 ZENRYO MARU No.11 (1932)
貨物船 38G/T 進水 1932.10.8(昭7)
主機 E 発動機 100HP
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.89 建造者不詳
第十一善良丸 ZENRYO MARU No.11

SNo.90 海王丸 KAIO MARU (1933)
貨物船 61G/T 進水 1933.7.11(昭8)
主機 E 発動機 187HP
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.90 建造者不詳
海王丸 KAIO MARU

SNo.91 第二王子丸 OJI MARU No.2 (1934)
貨物船 19G/T 進水 1934.6.28(昭9)
主機 E 発動機 60HP
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.91 建造者不詳
第二王子丸 OJI MARU No.2

SNo.92 No.3062 (1934)
貨物船 233G/T 進水 1934.11.26(昭9)
300HP
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.92 海軍省
No.3062 重油船

SNo.93 第一鐵榮丸 TETSUEI MARU No.1 (1935)

第一鐵榮丸
第一鐵榮丸 Tetsuei Maru No.1
41281/JIGK 曳船 143G/T 進水 1935.8(昭10) 竣工 1935(昭10)
Lpp 26.00 B 6.80 D 3.30 m 主機 D 2基
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.93 鐵道省(東京)
第一鐵榮丸 TETSUEI MARU No.1 SCAJAP No.T136
1943.11.1(昭18)運輸通信省(東京)に移籍
1945.5.19(昭20)運輸省鉄道総局(東京)に移籍

SNo.101 昌榮丸 SHOEI MARU (1936)
42947/JPIJ 貨物船 1,986G/T 進水 1936.12(昭11) 竣工 1936(昭11)
Lpp 83.00 B 12.20 D 6.40 m 主機 R 3連成 2,600IHP 12/13kt
函館船渠株式会社(函館)建造 Sno.101 嶋谷汽船株式会社(神戸)
昌榮丸 SHOEI MARU
1943.10.26(昭18)合併に伴い三井船舶(株)(東京)に移籍
1944.12.16(昭19)スンダ海峡の西側(6.00S,105.30E)で雷撃により沈没

昌洋丸 SHOYO MARU (1936)
貨物船 1,986G/T 2,756D/W 進水 1936.12(昭11)
Lpp 83.00 B 12.20 D 6.40 m 主機 R 3連成 1,830IHP 1基 13.5kt
函館船渠株式会社(函館)建造 嶋谷汽船株式会社(神戸)
昌洋丸 SHOYO MARU

立山丸 TATEYAMA MARU (1937)
41740/JPKJ 貨物船 1,991G/T 2,746D/W 進水 1937.8.12(昭12) 竣工 1937.10.25(昭12)
Lpp 83.00 B 12.20 D 6.40 m 主機 T 1,300SHP 1基 12/14.06kt
函館船渠株式会社(函館)建造 北日本汽船株式会社(東京)
立山丸 TATEYAMA MARU
1943.1.15(昭18)釜石沖で雷撃により沈没

文丸 FUMI MARU (1938)
45433/JPRJ 捕鯨船 359G/T 進水 1938(昭13)
Lr 42.50 B 7.70 D 4.30 m 主機 D 新潟鉄工 1,200BHP 11/12kt
函館船渠株式会社(函館)建造 株式会社林兼商店(東京)
文丸 FUMI MARU
1951(昭26)大洋漁業(株)(東京)の所有

第二關丸 SEKI MARU No.2 (1938)
45495/JPQJ 捕鯨船 359G/T 進水 1938(昭13)
Lr 42.50 B 7.70 D 4.30 m 主機 D 新潟鉄工 1,200BHP 11/12kt
函館船渠株式会社(函館)建造 株式会社林兼商店(東京)
第二關丸 SEKI MARU No.2
1951(昭26)大洋漁業(株)(東京)の所有

昭徳丸 SHOTOKU MARU (1938)
貨物船 1,964G/T 2,772D/W 進水 1938.1(昭13)
Lpp 83.00 B 12.20 D 6.40 m 主機 R 3連成 2,003IHP 1基 14.33kt
函館船渠株式会社(函館)建造 嶋谷汽船株式会社(神戸)
昭徳丸 SHOTOKU MARU

黄海丸 KOKAI MARU (1939)
45707/JPSJ 貨物船 3,871G/T 5,438D/W 進水 1939.1(昭14) 竣工 1939(昭14)
Lpp 103.77 B 14.70 D 8.00 m 主機 R 3連成 2,410IHP 1基 12/14.35kt
函館船渠株式会社(函館)建造 嶋谷汽船株式会社(神戸)
黄海丸 KOKAI MARU
1943.10.26(昭18)合併に伴ない三井船舶(株)(東京)に移籍
1944.2.20(昭19)ビスマルク諸島カビエンの沖(2.30S,150.20E)で雷撃により沈没

ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.10