船歴 本邦建造船48 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

浦賀船渠株式会社

SNo.9 東洋丸 TOYO MARU (1902)
8453/JPDF 汽船 258G/T 進水 1901.10(明34) 竣工 1902(明35)
Lpp 47.29 B 5.79 D 4.06 m 主機 R 54NHP/318IHP 8/10kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.9 東京灣汽船株式会社(東京)
東洋丸 TOYO MARU 船客 3等)28
1911(明44)三陸汽船(株)(釜石)に売却
1919(大8)永野 彌平(函館)に売却
1922(大11)船名録より削除

SNo.37 祝丸 IWAI MARU (1906)
10574/LCBQ 汽船 198G/T 進水 1906.10(明39) 竣工 1906.10.19(明39)
Lpp 34.75 B 5.67 D 3.49 m 主機 R 3連成 39NHP/216IHP 9.5/10kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.37 東京灣汽船株式会社(東京)
祝丸 IWAI MARU 船客 2等)30
1934.12.21(昭9)小谷杢之助(下田)に売却
1935.4.2(昭10)沈没
1936(昭11)船名録より削除

SNo.43 吾妻丸 AZUMA MARU (1907)
11049/LFHP 木造曳船 45G/T 進水 1907.9(明40)
Lpp 20.42(67'-0") B 3.96(13'-0") D 2.06(6'-9") m
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.43 東洋汽船株式会社
吾妻丸 AZUMA MARU
1942(昭17)東亞海運(株)(東京)に売却、有馬丸 ARIMA MARU と改名

SNo.66 第三橋立丸 HASHIDATE MARU No.3 (1910)
113704/LPBN 貨客船 168G/T 91D/W 進水 1910.10.26(明43) 竣工 1910(明43)
Lpp 30.48(100'-0") B 5.49(18'-0") D 3.05(10'-0") m 主機 R 3連成 327IHP 1基 9.6kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.66 大蔵省[鐵道院]
第三橋立丸 HASHIDATE MARU No.3 船客 2等)29 3等)100 舞鶴/宮津航路

第五長久丸型 8隻 CHOKYU MARU No.5 Class (1914 - 1922)
浦賀船渠が大正期に建造した中型(2,000総トン級)の標準型貨物船。第五長久丸は田中鉱山会社が釜石/臺灣間で石炭、鉱石の運搬用に建造した貨物船である。
貨物船 Lpp 81.68(268'-0") B 12.42(40'-9") D 7.16(23'-6") m 主機 R 3連成 1基
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造
1. Sno.110 第五長久丸 CHOKYU MARU No.5 7150/LTCS 2,225G/T 1,162IHP
起工 1913.3.4(大2) 進水 1914.7.4(大3) 竣工 1914.10.8(大3) 田中 長兵衛(浦賀)
第五長久丸 CHOKYU MARU No.5
2. Sno.124 天王丸 TENWO MARU 18930→朝1104/MWRK→PGMN 2,147G/T 135NHP/1,150IHP 9/10.87kt
起工 1915.10.14(大4) 進水 1916.1.19(大5) 竣工 1916.2.17(大5) 古河合名会社(神戸)
天王丸 TENWO MARU
1918(大7)合名会社古河鑛業(神戸)に移籍
1924.4(大13)朝鮮郵船(株)(仁川)に売却、天安丸 TENAN MARU と改名
1931.7(昭6)慶南所里島で座礁、沈没
天王丸
天王丸 Tenwo Maru
3. Sno.125 浦賀丸 URAGA MARU 19198→関186→62920/NBSK→QBRW→JKWA→JNJN 2,142G/T 3,454D/W 135NHP/1,411IHP 8.5/9.5kt
起工 1915.12.2(大4) 進水 1916.3.19(大5) 竣工 1916.4.22(大5) 日本汽船(東京)
浦賀丸 URAGA MARU SCAJAP No.E042
1916(大5)田中末雄(鳥羽)に売却
1918(大7)田中商事(株)(鳥羽)に移籍
1922.11.25(大11)大連汽船(株)(大連)に売却、同年12月22日、英順丸と改名
1945.7.1(昭20)門司で触雷、沈没
1948(昭23)浮揚に成功。3月8日、東邦海運(株)(東京)の設立に伴い移籍、榮順丸と改名
1952.5.3(昭27)南海汽船(株)(大阪)に売却
1955.2(昭30)社名変更に伴い萬野汽船(株)(東京)に移籍
1959(昭34)協和海運(株)(東京)に売却
1961(昭36)解体
浦賀丸
英順丸 Yeijun Maru
4. Sno.126 萬宇丸 BANU MARU 19202/NBSQ 2,149G/T 1,380HP
起工 1916.2.5(大5) 進水 1916.4.17(大5) 竣工 1916.5.10(大5) 志田勝民(神戸)
萬宇丸 BANU MARU
5. Sno.127 第七雲海丸 UNKAI MAU No.7 19225/NBVH 2,143G/T 1,316HP
起工 1916.3(大5) 進水 1916.6.27(大5) 竣工 1916.7.25(大5) 中村精七郎(垂水)
第七雲海丸 UNKAI MAU No.7
6. Sno.129 海王丸 KAIWO MARU 19226/NBVJ→JKIA 2,159G/T 180NHP/1,278IHP 9/10kt
起工 1916.5.11(大5) 進水 1916.7.9(大5) 竣工 1916.8.1(大5) 古河合名会社(神戸)
海王丸 KAIWO MARU
1917.8(大6)日本郵船の坡土西航路に就航
1922.7.10(大11)北海道炭礦汽船(株)(東京)に売却、まやち丸と改名
1943.11.22(昭18)合併に伴ない三井船舶(株)(東京)に移籍
1944.8.12(昭19)稚内から那覇に向け航行中、樺太東岸(50.35N,144.02E)で米潜POMPON(SS-267)の雷撃により沈没
7. Sno.130 明大丸 MEIDAI MARU 22300/NTCP→JFDD 2,164G/T 1,169IHP 9.5/11.5kt
起工 1918.4.22(大7) 進水 1918.6.25(大7) 竣工 1918.8.1(大7) 明治物産株式会社(東京)
明大丸 MEIDAI MARU
1918(大7)山地汽船(浦賀)に売却
1923.7.14(大12)川崎汽船(株)(神戸)に売却
1926.4.21(大15)樺太庁命令 大阪/敷香航路に就航
1936.1.26(昭11)北海道の福山弁天沖で座礁、沈没
明大丸
明大丸 Meidai Maru
8. Sno.209 登川丸 NOBORIKAWA MARU 25108/RMCT 2,182G/T
起工 1922.6.20(大11) 進水 1922.10.18(大11) 竣工 1922.11.29(大11) 北海道炭礦汽船株式会社(浦賀)
登川丸 NOBORIKAWA MARU

神盛丸型 19隻 SHINSEI MARU Class (1917 - 1920)
貨物船 Lpp 109.42(360'-0") B 15.50(51'-0") D 8.65(28'-4") m 主機 R 3連成 1基
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造
1. Sno.134 神盛丸 (2) SHINSEI MARU 19787/NFPC 4,733G/T 2,528HP
起工 1916.10.5(大5) 進水 1917.3.10(大6) 竣工 1917.4.30(大6) 岸本汽船株式会社(西宮)
神盛丸 SHINSEI MARU
2. Sno.133 神護丸 (2) SHINGO MARU 19790/NFPH→JSVD 4,733G/T 224NHP/2,392IHP 10/12kt
起工 1916.10.5(大5) 進水 1917.4.19(大6) 竣工 1917.5.22(大6) 岸本汽船株式会社(大阪)
神護丸 SHINGO MARU
1929(昭4)共立汽船(株)(神戸)に売却
1935.10.1(昭10)栗林商船(株)(東京)に売却
1942.12.16(昭17)東京から留萌に向け航行中、青森県下北半島の尻屋崎の沖(41.10N,141.32E)で米潜HALIBUT(SS-232)の雷撃により沈没
神護丸
神護丸 Shingo Maru
3. Sno.135 第二吉田丸 YOSHIDA MARU No.2 7157/LTDH 4,745G/T 2,524HP 9/12.2kt
起工 1916.11.27(大5) 進水 1917.6.6(大6) 竣工 1917.6.30(大6) 山下汽船株式会社(西宮)
第二吉田丸 YOSHIDA MARU No.2
1920.8.7(大9)コンパニー・アフアニ・ナビガシオに売却、以後不詳
第二吉田丸
第二吉田丸 Yoshida Maru No.2
浦賀船渠の神盛丸型標準型貨物船。
4. Sno.136 神鈴丸 SHINREI MARU 4,731G/T 2,569HP 12.21kt
起工 1916.2.17(大5) 進水 1917.6.23(大6) 竣工 1917.8.19(大6) 合名会社鈴木商店
神鈴丸 SHINREI MARU
5. Sno.138 廣福丸 KOFUKU MARU 7159/LTDK 4,745G/T 2,438HP
起工 1917.4.25(大6) 進水 1917.9.3(大6) 竣工 1917.10.3(大6) 廣海商事株式会社
廣福丸 KOFUKU MARU
1930.2.7(昭5)石原産業海運(合)(京都・府中)に売却、昌元丸 SHOGEN MARU と改名
廣福丸
廣福丸 Kofuku Maru
6. Sno.139 第六霧島丸 KIRISHIMA MARU No.6 7160/LTDM 4,736G/T 2,438HP
起工 1917.7.4(大6) 進水 1917.9.19(大6) 竣工 1917.10.20(大6) 松田汽船株式会社
第六霧島丸 KIRISHIMA MARU No.6
1917.10(大6)U. S. Shipping Board,U. S. A.に売却、EASTERN CROSSと改名
第六霧島丸
第六霧島丸 Kirishima Maru No.6
7. Sno.137 第三吉田丸 (1) YOSHIDA MARU No.3 22313/NTDL 4,753G/T 2,569HP 9/10kt
起工 1917.7.11(大6) 進水 1917.11.16(大6) 竣工 1917.12.16(大6) 山下汽船株式会社(神戸)
第三吉田丸 YOSHIDA MARU No.3
1918.8.12(大7)浦賀船渠(浦賀)に売却、日米船鉄交換船としてU.S. Shipping Boardに提供、同年9.10 EASTERN CHIEFと改名
8. Sno.140 鶴島丸 TSURUSHIMA MARU 4,645G/T 2,438HP
起工 1919.3.17(大8) 進水 1919.5.29(大8) 竣工 1919.7.6(大8) 宇和島運輸株式会社
鶴島丸 TSURUSHIMA MARU
9. Sno.141 第三吉田丸 (2) YOSHIDA MARU No.3 22313/NTDL→JCYD 4,646G/T 2,438HP 9.5/12.6kt
起工 1918.6.4(大7) 進水 1918.11.14(大7) 竣工 1918.12.18(大7) 山下汽船株式会社(浦賀)
第三吉田丸 YOSHIDA MARU No.3 137番船が日米船鉄交換船として提供されたための代替船として建造
1921.9(大10)北米航路・日本/北米/濠州に就航
1923.3.16(大12)山下汽船鑛業(株)(神戸)に移籍
1924.12.25(大13)山下汽船(株)(神戸)に移籍
1944.8.24(昭19)台湾の三貂角の沖3浬(25.13N,121.49E)で米潜RONQUIL(SS-396)の雷撃により沈没
第三吉田丸
第三吉田丸 Yoshida Maru No.3
10. Sno.142 廣永丸 KOEI MARU 22293/NTCF 4,739G/T 2,438HP
起工 1918.1.14(大7) 進水 1918.4.16(大7) 竣工 1918.6.3(大7) 廣海商事株式会社(西宮)
廣永丸 KOEI MARU
1930.2.7(昭5)石原産業海運(合)(京都・府中)に売却、昌仁丸 SHOJIN MARU と改名
11. Sno.148 神邦丸 (2) SHINPO MARU 7165/LTDS 4,736G/T 2,400HP
起工 1917.12.6(大6) 進水 1918.2.12(大7) 竣工 1918.3.26(大7) 岸本汽船株式会社(浦賀)
神邦丸 SHINPO MARU
12. Sno.147 玉津丸 TAMATSU MARU 25085/RMBH→JTPD 4,646G/T 2,100NHP/2,400IHP 9/10kt
起工 1918.12.24(大7) 進水 1919.4.21(大8) 竣工 1919.5.20(大8) 山下汽船株式会社(東京)
玉津丸 TAMATSU MARU
1919.5(大8)國際汽船(株)(神戸)の設立に伴い移籍
1932(昭7)嶋谷汽船(株)(神戸)に売却
1943.9.16(昭18)ペナン港内(5.45N,100.15E)で火災、沈没
1943.10.26(昭18)合併に伴い三井船舶(株)(東京)に移籍(戦禍未公開のため名目上継承)
13. Sno.152 比叡山丸 HIYEIZAN MARU 22320/NTDW→JNQD 4,614G/T 2,400IHP 10/11kt
起工 1918.11.29(大7) 進水 1919.1.28(大8) 竣工 1919.2.25(大8) 鈴木商店(横浜)
比叡山丸 HIYEIZAN MARU
1919(大8)國際汽船(株)(神戸)に売却
1932.6.10(昭7)栗林商船(株)(石川・函館)に売却
1933(昭8)神祐丸 SHINYU MARU と改名
1944.9.22(昭19)ダバオ(7.30N,120.45E)で米潜RASHER(SS-269)の雷撃により沈没
比叡山丸
神祐丸 Shinyu Maru
14. Sno.149 盛岡丸 MORIOKA MARU 27691/SDRC→JOKD 4,469G/T 185/2,842HP 10kt
起工 1920.4.6(大9) 進水 1920.7.21(大9) 竣工 1920.9.22(大9) 日本郵船株式会社(東京)
盛岡丸 MORIOKA MARU
1942.3.4(昭17)崎戸から高雄に向け航行中、長崎県崎戸沖(32.55N,120.26E)で触雷により沈没
盛岡丸
盛岡丸 Morioka Maru
15. Sno.150 すゑず丸 SUEZ MARU 25090/RMBP→JSCD 4,645G/T 2,400IHP 10/11kt
起工 1919.5.1(大8) 進水 1919.6.25(大8) 竣工 1919.8.17(大8) 山下汽船株式会社(神戸)
すゑず丸 SUEZ MARU
1919(大8)國際汽船(株)(神戸)に売却
1932.10(昭7)栗林商船(株)(東京)に売却
1943.11.29(昭18)陸軍徴傭船としてアンボンからジャカルタに向け航行中、ジャワ海(6.20S,116.30E)で米潜BONEFISH(SS-223)の雷撃により沈没
16. Sno.151 愛媛丸 YEHIME MARU 25094/RMBV→JAXD 4,655G/T 2,500HP 9.5/10.4kt
起工 1919.9.17(大8) 進水 1919.12.14(大8) 竣工 1920.1.15(大9) 山下汽船株式会社(神戸)
愛媛丸 YEHIME MARU
愛媛丸
愛媛丸 Yehime Maru
17. Sno.153 いーすたん ぶりーず EASTERN BREEZE 25092/RMBS 4,729G/T 2,946HP
起工 1919.5.10(大8) 進水 1919.8.26(大8) 竣工 1919.10.7(大8) 浦賀船渠株式会社(浦賀)
いーすたん ぶりーず EASTERN BREEZE
1919.11.14(大8)U. S. Shipping Board,U. S. A.に提供。第2次日米船鉄交換船の引渡し第1船
18. Sno.154 いーすたん げーる EASTERN GALE 25093/RMBT 4,758G/T 3,150HP
起工 1919.6.10(大8) 進水 1919.10.11(大8) 竣工 1919.11.6(大8) 浦賀船渠株式会社(浦賀)
いーすたん げーる EASTERN GALE
1919(大8)U. S. Shipping Board,U. S. A.に提供
19. Sno.155 イースタン・テンペスト EASTERN TEMPEST 4,732G/T 3,348HP
起工 1919.7.9(大8) 進水 1920.3.5(大9) 竣工 1920.4.10(大9) U. S. Shipping Board
イースタン・テンペスト EASTERN TEMPEST
イースタン・テンペスト
イースタン・テンペスト Eastern Tempest

SNo.133 常盤丸 TOKIWA MARU (1917)
19796/NFPR 木造貨物船 756G/T 起工 1916.10.5(大5) 進水 1916.9(大5) 竣工 1917.5.22(大6)
Lpp 57.24(187.8') B 9.60(31.5') D 5.64(18.5') m 主機 R 3連成 224NHP/2,392IHP 1基 10/12kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.133 常盤汽船株式会社(垂水)
常盤丸 TOKIWA MARU

MECANICIEN DONZEL型 5隻 MECANICIEN DONZEL Class (1918 - 1919)
浦賀船渠が大正期に建造した大型(8,200総トン級)の標準型貨物船。MECANICIEN DONZELおよびDOCTEUR PIEREBENOTはフランスのM.M.社(Messageries Maritimes)が第1次世界大戦による自国の造船所多忙のために三菱神戸造船所の呉葉丸、淺野造船所のA型(ADENおよびCAPTAIN FOURE)と共に日本から購入した大型貨物船である。EAST INDIANは日米船鉄交換船として提供された。
貨物船 Lpp 135.64(445'-0") B 17.68(58'-0") D 12.19(40'-0") m 主機 R 3連成 2基
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造
1. Sno.131 MECANICIEN DONZEL 8,227G/T 5,294HP
起工 1917.7.4(大6) 進水 1917.12.16(大6) 竣工 1918.2.20(大7) Messageries Maritimes(France)
MECANICIEN DONZEL
1918.6.3(大7)コルシカ島沖で独潜UB-49の雷撃により沈没
2. Sno.143 DOCTEUR PIEREBENOT 8,231G/T 2,745HP
起工 1917.7.24(大6) 進水 1918.3.10(大7) 竣工 1918.3.27(大7) 淺野合資会社(横浜)
DOCTEUR PIEREBENOT
3. Sno.132 米國丸 BEIKOKU MARU 8,225G/T 2,810HP
起工 1917.12.22(大6) 進水 1918.5.27(大7) 竣工 1918.7.15(大7) 淺野合資会社(横浜)
米國丸 BEIKOKU MARU
1918(大7)日米船鉄交換船としてU. S. Shipping Board,U. S. A.に売却、EAST INDIANと改名
1918.7.31(大7)引渡しのため本邦を出航
1918.8.26(大7)サンフランシスコで引渡し
1926(大15)Ford Motor Co.,Wilmingtonに売却後、Sun Shipbuilding & Drydock Co.で主機をD) Sun-Doxford 2基へ換装
1942.3.11(昭17)カルカッタからニューヨークに向け航行中、南アフリカ沖の大西洋(37.23S,013.34E)で独潜U-181の雷撃により沈没(http://www.wrecksite.eu/による)
米國丸
East Indian
4. Sno.144 BANGKOK 8,229G/T 2,300HP
起工 1919.5.13(大8) 進水 1919.11.26(大8) 竣工 1919.12.14(大8) 淺野合資会社(横浜)
BANGKOK

Bangkok
5. Sno.145 明宇丸 MEIWU MARU 関142/QBNK 8,230G/T 5,294IHP 10.5/15.14kt
起工 1918.4.13(大7) 進水 1918.8.9(大7) 竣工 1918.10.5(大7) 淺野合資会社(横浜)
明宇丸 MEIWU MARU
1919(大8)大正海運(株)(大連)に売却
1943.1.20(昭18)南洋方面(3.24N,154.13E)で米潜SILVERSIDES(SS-236)の雷撃により沈没
1944.3(昭19)明治海運(株)(神戸)に移籍(注:合併時には既に戦没してるため便宜上)
明宇丸
明宇丸 Meiwu Maru

1936.6.9 - City of Vancouver Archives

第一南洋丸型 3隻 NANYO MARU No.1 Class (1918 - 1919)
貨客船 Lpp 60.96(200'-0") B 9.75(32'-0") D 6.93(22'-9") m 主機 R 3連成 1基
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 山下汽船株式会社(神戸)
1. Sno.162 第一南洋丸 NANYO MARU No.1 22307/NTDC→JQUE 1,274G/T 809IHP 9/11.5kt
起工 1918.6.13(大7) 進水 1918.8.27(大7) 竣工 1918.10.26(大7) 第一南洋丸 NANYO MARU No.1 船客 1等)5, 2等)__, 3等)45
1923.3.16(大12)山下汽船鉱業(神戸)に移籍
1924.12.25(大13)山下汽船(株)(神戸)に移籍
1934.2.23(昭9)小川(名)会社(神戸)に売却、同年3月2日、北征丸 HOKUSEI MARU と改名
1943.9.21(昭18)樺太の南東沖合で雷撃により沈没
2. Sno.161 第二南洋丸 NANYO MARU No.2 22312→朝992/NTDK→PGCD→LUNB 1,274G/T 106NHP/882IHP 11.36kt
起工 1918.7.6(大7) 進水 1918.9.30(大7) 竣工 1918.12.18(大7) 第二南洋丸 NANYO MARU No.2 船客 1等)5, 2等)__, 3等)45
1920.4.23(大9)Anglo-India Colonia Nav.(British)に売却
1921.11.29(大10)山下汽船(株)(神戸)に再売却、北洋丸 HOKUYO MARU と改名
1922.6.9(大11)朝鮮郵船(株)(仁川)に売却、羅南丸 RANAN MARU と改名
1934.11.7(昭9)佐渡沖北方で荒天のため避難中に火災が発生、沈没
1935.2.15(昭10)登録を抹消。昭和11年版日本船名録より削除
3. Sno.163 第三南洋丸 NANYO MARU No.3 22319→32485/NTDV→THVP→JDVA 1,277G/T 92NHP/650IHP 9/10.9kt
起工 1918.10.7(大7) 進水 1918.12.19(大7) 竣工 1919.2.3(大8) 第三南洋丸 NANYO MARU No.3 船客 1等)__, 2等)21, 3等)31
1920.4.16(大9)Anglo-India Colonia Nav.(British)に売却
1921.11.29(大10)山下汽船(株)(西宮)に売却、瑞昌丸 ZUISHO MARU と改名
1922.3.19(大11)北洋商船(株)(西宮)に売却、北成丸 HOKUSEI MARU と改名
1927(昭2)北陸汽船(株)(兵庫・高砂→富山・伏木)に売却
1935.2.7(昭10)日之出汽船(株)(東京)に売却
1945.7.29(昭20)朝鮮の九龍浦沖迎日湾(36.05N,129.30E)で空爆により沈没

SNo.146 香洋丸 KOYO MARU (1919)

香洋丸
香洋丸 Koyo Maru

S.Kizu
東洋汽船の朝洋丸型の1隻で本船のみ浦賀船渠で建造された。淺野造船所のB型標準貨物船と同型。発注者は淺野合資、後に東洋汽船へ転売。朝洋丸と本船は船価がもっとも高い時期に発注され重量トンあたり800円、1隻約700万円であった。
25837/RQFJ→JKDD 貨物船 5,471G/T 8,709D/W
起工 1919.2.15(大8) 進水 1919.5.5(大8) 竣工 1919.7.5(大8)
Lpp 121.92(400'-0") B 16.15(53'-0") D 9.75(32'-0") m 主機 R 3連成 258NHP/3,368IHP 1基 10/14.53kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.146 淺野合資会社(東京)
香洋丸 KOYO MARU
1919(大8)東洋汽船(株)(東京)に売却
1944.2.23(昭19)小笠原諸島(28.49N,141,13E)で米潜SNOOK(SS-279)の雷撃により沈没

中華丸型 3隻 CHUKWA MARU Class (1920 - 1921)

中華丸
中華丸 Chukwa Maru
山下汽船が発注した中型の貨客船。同社初の定期航路である台湾航路に就航した。中華丸と大華丸は大阪商船の貨物船あむうる丸との船腹交換のため移籍。
貨客船 Lpp 85.34(280'-0") B 13.18(43'-3") D 6.40(21'-0") m 主機 R 3連成 1基
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 山下汽船株式会社(神戸)
1. Sno.157 中華丸 CHUKWA MARU 25096/RMCB→JSQA 2,188G/T 2,851D/W 1,435IHP 10/12.6kt
起工 1919.10.15(大8) 進水 1920.1.26(大9) 竣工 1920.2.18(大9) 中華丸 CHUKWA MARU 船客 1等)21 3等)24
1923.3.16(大12)山下汽船鑛業(株)(神戸)に移籍
1924.12.25(大13)山下汽船(株)(神戸)に移籍
1934.5.7(昭9)大阪商船(株)(大阪)のあむうる丸と山下汽船(神戸)の中華丸、大華丸の2隻を船腹交換、大阪商船(株)(大阪)に移籍
1939.8.12(昭14)東亞海運(株)(東京)に売却
1944.9.24(昭19)フィリピンのセブ島(11.11N,123.11E)の北方海上で空爆により沈没(米潜RASHER(SS-269)の雷撃により沈没の記録もある)
2. Sno.158 華南丸 KWANAN MARU 25102/RMCK 2,188G/T 123NHP/1,651IHP 10/12.5kt
起工 1919.11.14(大8) 進水 1920.5.25(大9) 竣工 1920.8.1(大9) 華南丸 KWANAN MARU 船客 1等)7: 3等)8
1923.3.16(大12)山下汽船鑛業(株)(神戸)に移籍
1924.12.25(大13)山下汽船(株)(神戸)に移籍
1931.12.4(昭6)台湾の基隆の沖で荒天のため座礁、沈没
帝國海事協會船級登録第1船(わが国初のNK船級船)
3. Sno.164 大華丸 TAIKWA MARU 21105/RMCP→JTKD 2,196G/T 2,885D/W 1,300NHP/1,689IHP 9.5/12.5kt
起工 1920.6.28(大9) 進水 1921.2.8(大10) 竣工 1921.3.22(大10) 大華丸 TAIKWA MARU 船客 1等)17: 3等)105
1923.3.16(大12)山下汽船鑛業(株)(神戸)に移籍
1924.12.25(大13)山下汽船(株)(神戸)に移籍
1934.5.7(昭9)大阪商船(株)(大阪)のあむうる丸と山下汽船(神戸)の大華丸と中華丸の2隻を船腹交換のため大阪商船(株)(大阪)に移籍
1939.8.12(昭14)東亞海運(株)(東京)に売却
1942.9.7(昭17)台湾の富貴角沖(25.31N,125.33E)で米潜GROWLER(SS-215)の雷撃により沈没
大華丸
大華丸 Taikwa Maru

S.Kizu

SNo.156 エヂプト丸 EGYPT MARU (1920)

エヂプト丸
エヂプト丸 Egypt Maru
載貨重量1万400トン級の大型貨物船。浦賀船渠の筆頭株主となった山下汽船が発注した一連の船舶で、國際汽船の設立に際して同社の名義で建造、玉津丸、すゑず丸と共に未登録のまま引渡した。本船には同型船はない。
25097/RMCD→JEDD 貨物船 6,709G/T 起工 1919.11.17(大8) 進水 1920.2.13(大9) 竣工 1920.3.2(大9)
Lpp 121.92(400'-0") B 16.38(53'-9") D 8.99(29'-6") m 主機 R 3,500IHP 1基 10/13.9kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.156 山下汽船株式会社(神戸)
エヂプト丸 EGYPT MARU
1920.3.2(大9)國際汽船(株)(神戸)に売却
1929(昭4)上野汽船(合)合資(大阪)に売却、隆洋丸 RYUYO MARU と改名
1941(昭16)上野商船(大阪)に移籍
1943.10(昭18)山本汽船(株)(神戸)に売却
1944.1.1(昭19)フィリピンのミンダナオ島ザンボアンガの北西(8.24N,122.56E)で米潜PUFFER(SS-268)の雷撃により沈没

羽後丸型 2隻 UGO MARU Class (1920)

羽後丸
羽後丸 Ugo Maru
貨物船 Lpp 100.58(330'-0") B 14.02(46'-0") D 9.14(30'-0") m 主機 R 3連成 1基
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造
1. Sno.169 羽後丸 UGO MARU 25099/RMCG→JDED 3,684G/T 236NHP/3,000IHP 10/13.9kt
起工 1919.12.14(大8) 進水 1920.4.16(大9) 竣工 1920.5.16(大9) 野口汽船株式会社(神戸)
羽後丸 UGO MARU
1934.4.11(昭9)神戸海上陸送火災保険会社を通じ北日本汽船(株)(小樽)に売却
1943.11.16(昭18)合併に伴い大阪商船(株)(大阪)に移籍
1944.10.20(昭19)ボルネオ島北方(4.45N,113.30E)で米潜HAMMERHEAD(SS-364)の雷撃により沈没
2. Sno.166 いーすたーん そーど EASTERN SWORD 3,855G/T 2,970HP
起工 1919.12.24(大8) 進水 1920.5.15(大9) 竣工 1920.8.29(大9) U. S. Shipping Board(U. S. A.)
いーすたーん そーど EASTERN SWORD 大正8年(1919)6月3日付で株式会社旭造船所から浦賀船渠株式会社へ建造引継ぎ
いーすたーん そーど
いーすたーん そーど Eastern Sword

長水丸型 2隻 CHOSUI MARU Class (1920)
鉄道連絡船 Lpp 35.05(115'-0") B 8.53(28'-0") D 3.20(10'-6") m 主機 R 3連成 2基
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 鐵道省(東京)
1. Sno.180 長水丸 CHOSUI MARU 25103/RMCL→JCCE 410G/T 31D/W 318IHP 10.13kt
起工 1920.5.3(大9) 進水 1920.7.29(大9) 竣工 1920.12.4(大9) 長水丸 CHOSUI MARU 船客 1等 5 3等 744 手押車37輌
1920.11.27(大9)下関/門司航路へ就航
1943.11.1(昭18)運輸通信省(東京)に移籍
1945.5.19(昭20)運輸省鉄道総局(東京)に移籍
1949.6.1(昭24)日本国有鉄道(東京)に移籍
1964.10.31(昭39)終航
1965(昭40)売却
2. Sno.181 豊山丸 HOZAN MARU 25104/RMCL→JFOI 410G/T 304IHP 9.6kt
起工 1920.5.3(大9) 進水 1920.7.27(大9) 竣工 1920.12.4(大9) 豊山丸 HOZAN MARU 船客 1等 5 3等 744 手押車37輌
1920.12.27(大9)下関/門司航路へ就航
1943.11.1(昭18)運輸通信省(東京)に移籍
1945.5.19(昭20)運輸省鉄道総局(東京)に移籍
1949.6.1(昭24)日本国有鉄道(東京)に移籍
1961.6.16(昭36)終航
1962(昭37)売却
豊山丸
豊山丸 Hozan Maru

廬山丸型 2隻 LU SHAN MARU Class (1920 - 1921)
貨客船 Lpp 86.72(284'-6") B 12.95(42'-6") D 7.01(23'-0") m 主機 R 3連成 1基
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 日清汽船株式会社(東京)
1. Sno.175 廬山丸 LU SHAN MARU 27705/SDTB→JTOD 2,531G/T 2,342HP 10/13kt
起工 1920.5.3(大9) 進水 1920.10.6(大9) 竣工 1920.12.17(大9) 廬山丸 LU SHAN MARU 船客 1等)20, 2等)__ ,3等)110
1939.8.5(昭14)東亞海運(株)(東京)の設立に伴い移籍
1944.2.5(昭19)東シナ海の東沙群島沖(21.48N,116.19E)で空爆により沈没
2. Sno.176 嵩山丸 SUNG SHAN MARU 28098/SGLF→JECD 2,530G/T 2,342HP 10/13kt
起工 1920.9.7(大9) 進水 1920.12.28(大9) 竣工 1921.2.27(大10) 嵩山丸 SUNG SHAN MARU 船客 1等)20, 2等)__ ,3等)110
1937.8(昭12)上海の浦東水道で中国軍の攻撃を受けて沈没
1938.4.27(昭13)日本サルヴェージにより浮揚着手、同年7月3日浮揚に成功
1939.8.5(昭14)東亞海運(株)(東京)の設立に伴い移籍
1944.2.5(昭19)南シナ海の沙群島沖(21.48N,116.19E)で空爆により沈没
嵩山丸
嵩山丸 Sung Shan Maru

鈴浦丸 SUZUURA MARU (1921)
25106/JEAE 曳船 114G/T 進水 1921(大10)
Lr 27.13 B 5.46 D 3.41 m 主機 R 2連成 150IHP 2基 7kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 浦賀船渠株式会社(浦賀)
鈴浦丸 SUZUURA MARU

SNo.208 櫻丸 SAKURA MARU (1922)
28874/SLCH→JFGC 貨客船 299G/T 起工 1922.3.28(大11) 進水 1922.5.25(大11) 竣工 1922.6.29(大11)
Lpp 44.20 B 7.10 D 4.10 m 主機 R 64NHP/510IHP 11/13kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.208 東京灣汽船株式会社(東京)
櫻丸 SAKURA MARU 船客 1等)8 2等)65 3等)170
1928.4(昭3)旅客船に改装
1936.4.8(昭11)藤岡貞一(京都・府中)に売却
1937(昭12)船名録より削除

翔鳳丸型 2隻 SHOHO MARU Class (1924)

翔鳳丸
翔鳳丸 Shoho Maru
凾航路用に4隻計画されたわが国初の旅客兼車輌渡船。船体は軽構造とし、車輌甲板には3条の軌条を敷設した。3等客室は従来の蚕棚式を廃止して広々となっている。浦賀船渠で起工された翔鳳丸と飛鸞丸は進水後、関東大震災のために工事遅延を来たした。
客載車輌渡船 Lpp 106.68(350'-0") B 15.85(52'-0") D 6.71(22'-0") m 主機 T 2基 鐵道省(東京)
1. Sno.200 翔鳳丸 SHOHO MARU 29881/SPWB→JONA 3,460G/T 1,269D/W 5,730SHP 16.95kt
起工 1922.8.10(大11) 進水 1923.5.29(大12) 竣工 1924.4.19(大13)
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 翔鳳丸 SHOHO MARU 船客 1等 39 2等 208 3等 648
1924.5.21(大13)函航路に就航
1945.7.14(昭20)青森港第2号浮標の北東2浬で空爆により沈没
2. Sno.201 飛鸞丸 HIRAN MARU 30479/STNM→JPIA 3,459G/T 1,269D/W 5,843SHP 17.02kt
起工 1922.10.12(大11) 進水 1923.8.16(大12) 竣工 1924.12.15(大13)
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 飛鸞丸 HIRAN MARU 船客 1等 39 2等 208 3等 648
1945.7.14青森港第2号浮標の北東で空爆により沈没

SNo.291 利尻丸 RISHIRI MARU (1924)
砕氷型曳船 140G/T 起工 1924.8.20(大13) 進水 1924.10.19(大13) 竣工 1924.11.26(大13)
Lpp 24.38(80'-0") B 6.40(21'-0") D 3.05(10'-0") m 主機 R 3連成 460IHP 2基 9.85kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.291 鐵道省
利尻丸 RISHIRI MARU 船客 3等)246
1946.7.1(昭21)小湊へ転配
1967.8.14(昭42)函館で野呂(不詳)に2,850,000円で売却

SNo.172 東星丸 TOHSEI MARU (1926)

東星丸
東星丸 Tohsei Maru
浦賀船渠のストックボートとして建造
29890/SPWM→JKMB 貨物船 5,484G/T 起工 1926.7.1(大15) 進水 1926.8.24(大15) 竣工 1926.9.30(大15)
Lpp 121.92(400'-0") B 16.15(53'-0") D 9.75(32'-0") m 主機 T 3,039SHP 1基 11.5/12kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.172 山下汽船株式会社(神戸)
東星丸 TOHSEI MARU
1943.12.12(昭18)マルク諸島のハルマヘラ島カオ村沖(2.43N,126.56E)で米潜TUNA(SS-203)の雷撃により沈没

SNo.316 第二筑紫丸 TSUKUSHI MARU No.2 (1926)

第二筑紫丸
第二筑紫丸 Tsukushi Maru No.2
32524/TJFV→JOJB 貨物船 2,418G/T 3,789D/W
起工 1926.7.12(大15) 進水 1926.10.13(大15) 竣工 1926.12.13(大15)
Lpp 91.44 B 13.11 D 6.78 m 主機 R 3連成 1,652IHP 9.5/10.5kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.316 貝島商事(下関)
第二筑紫丸 TSUKUSHI MARU No.2
1932(昭7)貝島炭礦(下関)に移籍
1943.5.26(昭18)北海道炭礦汽船(株)(東京)に売却
1943.11.22(昭18)合併に伴ない三井船舶(株)(東京)に移籍
1944.7.11(昭19)小青島西南方(37.26N,124.27E)で米潜SEALION(SS-315)の雷撃により沈没

SNo.317 高雄丸 TAKAO MARU (1927)

高雄丸
高雄丸 Takao Maru
高雄/横濱間のバナナ高速輸送のために建造された貨客船。船艙には機械通風装置を設置。主機は三菱製のタービンでボイラは燃料炭が安価で供給できるため石炭焚が採用された。
32733/TKCQ→JPOB 貨客船 4,282G/T 5,218D/W
起工 1926.7.19(大15) 進水 1927.4.2(昭2) 竣工 1927.5.16(昭2)
Lpp 108.20(355'-0") B 14.78(48'-6") D 9.91(32'-6") m 主機 T 三菱 3,915SHP 1基 11.69/16.32kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.317 高雄丸型 大阪商船株式会社(大阪)
高雄丸 TAKAO MARU 船客 1等)6 2等) 3等)64
1941.12.10(昭16)ルソン島西岸のビガン沖(17.32N,120.22E)で空爆により沈没

金剛山丸型 3隻 KONGOSAN MARU Class (1928 - 1929)

金剛山丸
金剛山丸 Kongosan Maru
貨客船 Lpp 85.34(280'-0") B 12.50(41'-0") D 7.16(23'-6") m 主機 R 3連成 1基
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 朝鮮郵船株式会社(仁川)
1. Sno.321 金剛山丸 KONGOSAN MARU 朝1276/PHGB→JQIB 2,116G/T 1,300NHP/1,604IHP 10/13kt
起工 1927.8.30(昭2) 進水 1927.12.21(昭2) 竣工 1928.2.19(昭3) 金剛山丸 KONGOSAN MARU
1940(昭15)日本海汽船(株)(東京)に売却
1942.5.4(昭17)志摩半島大王崎沖で雷撃により沈没
2. Sno.327 長白山丸 CHOHAKUSAN MARU 朝1278/PHCD→JQCB 2,131G/T 1,300NHP/1,587IHP 10/13.6kt
起工 1927.12.21(昭2) 進水 1928.3.27(昭3) 竣工 1928.6.25(昭3) 長白山丸 CHOHAKUSAN MARU
1945.3.1(昭20)那覇沖(26.20N,127.40E)で空爆により沈没
長白山丸
長白山丸 Chohakusan Maru
3. 長壽山丸 CHOJUSAN MARU 朝1322/PHLC→JRKB 2,132G/T 1,300/1,609HP 10/13.35kt
起工 1928.8.1(昭3) 進水 1928.11.27(昭3) 竣工 1929.2.28(昭4) 長壽山丸 CHOJUSAN MARU
1944.11.9(昭19)鹿児島宇治群島沖(31.15N,129.10E)で米潜QUEENFISH(SS-393)の雷撃により沈没
長壽山丸
長壽山丸 Chojusan Maru

SNo.329 廣東丸 Canton Maru (1928)

廣東丸
廣東丸 Canton Maru
33608/TQWB→JFCA 貨客船 2,811G/T 2,461D/W
起工 1928.3.30(昭3) 進水 1928.7.30(昭3) 竣工 1928.10.15(昭3)
Lpp 91.44 B 13.72 D 7.56 m 主機 R 2,880IHP 1基 13/15.23kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.329 大阪商船株式会社(大阪)
廣東丸 Canton Maru
1939.8.12(昭14)東亞海運(株)(東京)の設立に伴ない移籍
1943.7.2(昭18)台湾海峡(24.42N,119.00E)で米潜FLYINGFISH(SS-229)の雷撃により沈没

SNo.330 首里丸 SHURI MARU (1928)

首里丸
首里丸 Shuri Maru
34127/TRBW→JRGB 貨客船 1,857G/T 2,688D/W
起工 1928.7.2(昭3) 進水 1928.9.26(昭3) 竣工 1928.12.27(昭3)
Lpp 79.25(260'-00") B 11.89(39'-00") D 7.01(23'-00") m 主機 R Lentz 1,886IHP 1基 10.25/14.21kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.330 大阪商船株式会社(大阪)
首里丸 SHURI MARU 船客 1等)6 2等)47 3等)207
1945.1.21(昭20)対馬海峡(33.45N,128.43E)で米潜TAUTOG(SS-199)の雷撃により沈没

SNo.331 大黒丸 DAIKOKU MARU (1928)

大黒丸
大黒丸 Daikoku Maru
横浜市港湾部が浦賀船渠に発注した800t鋤鏈(バケット)式浚渫船。浦賀船渠が内務省向けに建造した第一木津丸、野田丸の建造経験を生かして設計された。同市が昭和2年(1927)から開始した神奈川子安・生麦地先海面の埋立地造成工事に従事。同市港湾部は大正14年(1925)7月16日に発足、昭和6年(1931)8月1日に廃止され土木局港湾課となった。本船は後に新潟市に移籍、太平洋戦争後まで活躍した。
33794/TPLW→JDWE 浚渫船(バケット) 598G/T 360D/W
起工 1928.2.6(昭3) 進水 1928.5.10(昭3) 竣工 1928.9.7(昭3)
Lpp 53.34(175'-0") B 10.67(35'-0") D 3.96(13'-0") m 主機 R 2連成 67NHP/570IHP 1基 6/7kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.331 横浜市港湾部(横浜)
大黒丸 DAIKOKU MARU SCAJAP No.D044 浚渫能力 80立坪/h 浚渫深(40')
1933(昭8)新潟市(新潟)に売却
1945.7.19(昭20)新潟港内で触雷沈没
1946.8.5(昭21)第一港湾建設部により引揚開始

SNo.340 幸和丸 KOWA MARU (1929)

幸和丸
幸和丸 Kowa Maru
34513/TWCJ 貨物船 5,847G/T 9,119D/W
起工 1928.10.5(昭3) 進水 1929.3.11(昭4) 竣工 1929.6.27(昭4)
Lpp 126.49(415'-0") B 17.07(56'-0") D 9.68(31'-9") m 主機 D M.A.N. 3,200BHP 1基
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.340 昭和商船株式会社(京都・府中)
幸和丸 KOWA MARU
1934.12.22(昭9)惠昭丸 KEISHO MARU と改名
1941.12(昭16)合併に伴い大同海運(株)(神戸)に移籍
1943.10.12(昭18)ラバウル(5.15S,152.40E)で空爆により沈没

SNo.360 宗像丸 MUNAKATA MARU (1930)

宗像丸
宗像丸 Munakata Maru
35839/JFIC 貨物船 3,310G/T 4,899D/W
起工 1929.10.5(昭4) 進水 1930.1.23(昭5) 竣工 1930.3.12(昭5)
Lpp 97.75 B 14.17 D 7.64 m 主機 R 3連成 浦賀船渠 1,700NHP/2,400IHP 1基 9/10kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.360 日本製鐵株式会社(東京)
宗像丸 MUNAKATA MARU SCAJAP No.M044
1950.4.1(昭25)日鐵汽船(株)(東京)の設立に伴い移籍
1956.8.16(昭31)五島列島富江湾内で台風を避け錨泊中に座礁
1956.11.15(昭31)北星海運(株)(東京)に売却
1956.12.5(昭31)石狩丸 ISHIKARI MARU と改名
1957.11(昭32)日立造船(向島)で主機を換装
1966(昭41)Cheh An Navigation Co. S. A.,Panamaに売却、SHIN KWANGと改名
1967.11.9(昭42)解体のため台湾の高雄に到着

SNo.359 北星丸 HOKUSEI MARU (1931)

北星丸
鞍馬丸 Kurama Maru
36412/VHNW→JGDC 貨物船 6,769G/T 10,147D/W
起工 1929.6.22(昭4) 進水 1930.6.24(昭5) 竣工 1931.2.10(昭6)
Lpp 132.59(435'-0") B 17.68(58'-0") D 10.16(33'-4") m 主機 D M.A.N. 4,050/4,990BHP 1基 13.5/16.44kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.359 山下汽船株式会社(東京)
北星丸 HOKUSEI MARU
1930(昭5)進水後、國際汽船(株)(神戸)に売却、鞍馬丸 KURAMA MARU と改名
1942.2.9(昭17)東シナ海(28.25N,122.13E)で雷撃により沈没

SNo.374 葛城丸 KATSURAGI MARU (1931)

葛城丸
葛城丸 Katsuragi Maru
35218/VLDB→JGMC 貨物船 5,840G/T 9,087D/W
起工 1930.7.10(昭5) 進水 1931.5.15(昭6) 竣工 1931.10.2(昭6)
Lpp 134.11(272'-0") B 18.29(40'-0") D 12.19(24'-2") m 主機 D 三井B&W 6,000BHP 1基 15.5/18.02kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.374 霧島丸型 國際汽船株式会社(東京)
葛城丸 KATSURAGI MARU
1942.10.1(昭17)トラック島沖(5.36N,125.17E)で米潜STURGEON(SS-187)の雷撃により沈没

SNo.381 新京丸 SHINKYO MARU (1933)

新京丸
新京丸 Shinkyo Maru
朝1558/JERG 貨客船 2,671G/T 起工 1932.2.25(昭7) 進水 1932.11.24(昭7) 竣工 1933.4.11(昭8)
Lpp 89.92(295'-0") B 13.72(45'-0") D 7.24(23'-9") m 主機 R&T 排気タービン付 1,100NHP/1,602IHP 1基 10.5/13.1kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.381 新京丸型 朝鮮郵船株式会社(仁川)
新京丸 SHINKYO MARU
1944.3.25(昭19)ダバオの南方80哩(5.37N,125.58E)で米潜BOWFIN(SS-287)の雷撃により沈没

SNo.386 鹿野丸 KANO MARU (1934)

鹿野丸
鹿野丸 Kano Maru
小牧丸と共に紐育航路増強のために計画された。本船の就航により國際汽船の紐育定期航路は4週1回の配船が可能となった。三菱長崎で製作された主機の工事遅延により進水後竣工までに多くの日時を要した。
39657/JRNJ 貨物船 6,940G/T 9,382D/W
起工 1932.12.17(昭7) 進水 1933.9.16(昭8) 竣工 1934.8.10(昭9)
Lpp 137.16(450'-0") B 18.59(61'-0") D 12.22(40'-1") m 主機 D 三菱Sulzer 7DSD76 7,600/8,350BHP 1基 17/18.7kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.386 國際汽船株式会社(東京)
鹿野丸 KANO MARU 第1次船舶改善助成施設適用船
1942.7.31(昭17)キスカ島に入港直前、米潜GRUNION(SS-216)の雷撃により航行不能、菊川丸に曳航され8月1日入港。積荷を降ろした後、船体放棄

SNo.388 那古丸 NAKO MARU (1934)

那古丸
那古丸 Nako Maru
39727/JRWJ 貨物船 7,139G/T 9,688D/W
起工 1933.9.26(昭8) 進水 1934.6.26(昭9) 竣工 1934.10.25(昭9)
Lpp 136.00 B 19.00 D 10.50 m 主機 D M.A.N. 7,415BHP 1基 15/18.5kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.388 長良丸型 日本郵船株式会社(東京)
那古丸 NAKO MARU 第1次船舶改善助成施設適用船 横濱船渠から主機を支給して浦賀船渠へ外注。横濱船渠第221番船
1936.4.16(昭11)朝鮮南岸港門島で座礁、後に自力離礁
1942.11.14(昭17)ショートランド島からガダルカナル島に向け航行中、ソロモン群島ラッセル島沖(8.58S,159.06E)で空爆を受け大破、船体放棄。のちに沈没

SNo.391 盛京丸 SEIKYO MARU (1934)
朝1754/JESG 貨客船 2,607G/T 起工 1934.5.5(昭9) 進水 1934.9.20(昭9) 竣工 1934.12.15(昭9)
Lpp 89.92(295'-0") B 13.72(45'-0") D 7.24(23'-9") m 主機 R&T 排気タービン付 1,200IHP 1基 10.5/13.36kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.391 新京丸型 朝鮮郵船株式会社(仁川)
盛京丸 SEIKYO MARU
1942.10.23(昭17)紀州市江崎沖(33.12N,135.14E)で米潜KINGFISH(SS-234)の雷撃により沈没

洛東丸型 3隻 RAKUTO MARU Class (1935 - 1936)

洛東丸
洛東丸 Rakuto Maru
貨客船 Lpp 89.92(295'-0") B 13.72(45'-0") D 7.24(23'-9") m 主機 R 3連成 2DC 1基
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 大阪商船株式会社(大阪)
1. Sno.395 洛東丸 RAKUTO MARU 40887/JZMH 2,962G/T 4,056D/W 2,000IHP 11.5/13.9kt
起工 1935.4.13(昭10) 進水 1935.7.20(昭10) 竣工 1935.9.15(昭10) 洛東丸 RAKUTO MARU
1935.11(昭10)近海航路・大阪北鮮急航線に就航
1939.8.12(昭14)東亞海運(株)(東京)の設立に伴ない移籍
1944.9.12(昭19)フィリピンのセブ島北方で空爆により沈没
2. Sno.396 大同丸 DAIDO MARU 41175/JZUH 2,962G/T 3,993D/W 2,000IHP 9.92/13.89kt
起工 1935.7.20(昭10) 進水 1935.9.19(昭10) 竣工 1935.12.3(昭10) 大同丸 DAIDO MARU
1935.12(昭10)近海航路・大阪北鮮急航線に就航
1943.12.4(昭18)カロリン諸島(9.06N,147.22E)で米潜APOGON(SS-308)の雷撃により沈没
3. Sno.397 龍興丸 RYUKO MARU 41498/JZYH 2,962G/T 3,986D/W 2,000IHP 10.54/13.94kt
起工 1935.9.19(昭10) 進水 1935.11.21(昭10) 竣工 1936.2.10(昭11) 龍興丸 RYUKO MARU
1936.2(昭11)近海航路・大阪北鮮急航線に就航
1944.1.15(昭19)シンガポ-ルからアンダマン島ポ-トブレアに向け航行中、小アンダマン島の東方(10.50N,93.00E)で雷撃を受けて沈没
龍興丸
龍興丸 Ryuko Maru

北洋丸型 2隻 HOKUYO MARU Class (1936 - 1937)

北洋丸
北洋丸 Hokuyo Maru
貨物船 Lpp 108.00 B 15.00 D 8.82 m 主機 R&T 排気タービン付 1基
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 北日本汽船株式会社(東京)
1. Sno.389 北洋丸 HOKUYO MARU 39934/JDUG 4,217G/T 6,526D/W 2,712PS 12.5/15.85kt
起工 1935.11.29(昭10) 進水 1936.3.6(昭11) 竣工 1936.6.15(昭11) 北洋丸 HOKUYO MARU 第2次船舶改善助成施設適用船
1936(昭11)大阪小樽樺太線に就航
1943.11.16(昭18)合併に伴い大阪商船(株)(大阪)に移籍
1944.2.17(昭19)トラック島湾内の第8灯台沖1315mで空爆により沈没
2. Sno.416 北昭丸 HOKUSHO MARU 41737/JDYG 4,211G/T 3,150PS 12.5/16.027kt
起工 1936.10.16(昭11) 進水 1937.2.9(昭12) 竣工 1937.6.19(昭12) 北昭丸 HOKUSHO MARU 第3次船舶改善助成施設適用船
1943.9.10(昭18)ナウル島(ブェルデ島)の北西3哩(00.28N,116.52E)で米潜NARWHAL(SS-167)の雷撃により沈没
1943.11.16(昭18)合併に伴い大阪商船(株)(大阪)に移籍
北昭丸
北昭丸 Hokusho Maru

SNo.400 興安丸 KOAN MARU (1936)

興安丸
興安丸 Koan Maru
関586/JQCG 貨物船 3,462G/T 起工 1936.3.12(昭11) 進水 1936.6.3(昭11) 竣工 1936.8.27(昭11)
Lpp 105.15 B 15.20 D 7.40 m 主機 R&T 低圧タービン付複2連成 3,000IHP 1基 12.5/13.5kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.400 大連汽船株式会社(大連)
興安丸 KOAN MARU
1944.1.24(昭19)ニューブリテン島ラバウル港内(5.15S,152.40E)で空爆により沈没

SNo.403 三星丸 SANSEI MARU (1936)

三星丸
三星丸 Sansei Maru
42616/JGML 2,386G/T 起工 1936.7.21(昭11) 進水 1936.10.10(昭11) 竣工 1936.11.30(昭11)
Lpp 86.86 B 13.10 D 6.56 m 主機 T 4,000SHP 11.5/13.7kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.403 山下汽船株式会社(神戸)
三星丸 SANSEI MARU
1944.6.28(昭19)山口県六連島の沖(33.53N,129.01E)で米潜SEALION(SS-315)の雷撃により沈没

安州丸型 2隻 ANSHU MARU Class (1937)
貨物船 Lpp 89.92 B 13.72 D 7.24 m 主機 R&T 低圧タービン付複2連成 1基
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 朝鮮郵船株式会社(仁川)
1. Sno.420 安州丸 ANSHU MARU 朝2289/JEYG 2,601G/T 107NHP/1,334IHP 10/13.6kt
起工 1937.1.18(昭12) 進水 1937.5.8(昭12) 竣工 1937.8.31(昭12) 安州丸 ANSHU MARU
1944.5.31(昭19)ダバオからカラケロン島に向け航行中、ミンダナオ島の南方タラワ島沖(3.40S,126.58E)で米潜RASHER(SS-269)の雷撃により沈没
2. Sno.421 定州丸 TEISHU MARU 朝2295/JBXL 2,612G/T 1,300IHP 10.25/13.88kt
起工 1937.5.8(昭12) 進水 1937.8.25(昭12) 竣工 1937.11.30(昭12) 定州丸 TEISHU MARU
1941(昭16)光州丸 KOSHU MARU と改名
1944.8.4(昭19)セレベス島沖(4.05S,117.40E)で米潜RAY(SS-271)の雷撃により沈没
定州丸
定州丸 Teishu Maru

山彦丸型 2隻 YAMABIKO MARU Class (1937 - 1938)

山彦丸
山彦丸 Yamabiko Maru
山里丸型(山風丸を参照)と同じく極東/南北米定期航路用に建造された大型貨物船。主機は単螺旋2段減速歯車付衝動タービン、主汽缶は3胴型水管缶2基を搭載。
貨物船 Lpp 134.00 B 18.00 D 10.27 m 主機 T 浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 山下汽船株式会社(神戸)
1. Sno.417 山彦丸 YAMABIKO MARU 43722/JTVL 6,795G/T 5,585SHP 14/17.02kt
起工 1937.2.23(昭12) 進水 1937.7.28(昭12) 竣工 1937.12.7(昭12) 山彦丸 YAMABIKO MARU
1941.8.15(昭16)特設工作艦に編入
1944.1.10(昭19)ラバウルから横須賀に向け航行中、小笠原諸島沖(31.42N,137.50E)で米潜STEELHEAD(SS-280)の雷撃を受け大破、13日に沈没
2. Sno.418 山浦丸 YAMAURA MARU 44151/JCAM 6,798G/T 5,455SHP 14/16.75kt
起工 1937.7.28(昭12) 進水 1937.11.30(昭12) 竣工 1938.3.2(昭13) 山浦丸 YAMAURA MARU
1942.11.15(昭17)ショートランド島のエレベンタ泊地からガダルカナル島に向け航行中、ガダルカナル島沿岸(8.58S,159.06E)で空爆により沈没

SNo.433 山鳩丸 YAMABATO MARU (1938)

山鳩丸
山鳩丸 Yamabato Maru
44164/JYZL 貨物船 2,556G/T 起工 1937.9.3(昭12) 進水 1937.12.24(昭12) 竣工 1938.3.30(昭13)
Lpp 89.91 B 13.71 D 7.28 m 主機 D 2,400BHP 11/11.5kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.433 山下汽船株式会社(神戸)
山鳩丸 YAMABATO MARU
1941.12.1(昭16)特設艦船(電線敷設船)に入籍
1943.3.29(昭18)鹿児島県屋久島の沖(30.26N,129.41E)で米潜WAHOO(SS-238)の雷撃により沈没

SNo.434 日海丸 (1) NIKKAI MARU (1938)

日海丸
日海丸 Nikkai Maru
44774/JMGM 貨物船 2,562G/T 起工 1937.11.10(昭12) 進水 1938.3.1(昭13) 竣工 1938.5.31(昭13)
Lpp 89.91 B 13.71 D 7.28 m 主機 D 1,200BHP 1基 10/13.89kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.434 日産汽船株式会社(浦賀)
日海丸 NIKKAI MARU
1943.11.26(昭18)トラック島沖で米潜RAY(SS-271)の雷撃により沈没

月山丸型 2隻 GASSAN MARU Class (1938 - 1939)

月山丸
月山丸 Gassan Maru
北日本汽船が新潟北鮮線および敦賀北鮮浦鹽線用に2隻建造した4,500総トン級の貨客船。主機には浦賀船渠製の2連成機関とその排気で作動するタービンを組み合わせた連動汽機(2DC型)を採用。同社によるとこの2DC型は蒸気効率と推進効率とが同時に最高となるよう主軸回転を選ぶことができるので同大同速のタービン船に比べて燃料消費量を10〜15%くらい節減できることが実証されたという。
貨客船 Lpp 108.60 B 15.00 D 8.80 m 主機 R&T 低圧タービン付複2連成 1基
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 北日本汽船株式会社(東京)
1. Sno.435 月山丸 GASSAN MARU 45139/JPDL 4,515G/T 2,400IHP 16.1/17kt
起工 1937.12.15(昭12) 進水 1938.5.13(昭13) 竣工 1938.8.31(昭13) 月山丸 GASSAN MARU 船客 1等)20 2等)58 3等)680
1938(昭13)西廻定期航路・大阪小樽樺太線に就航
1938.9(昭13)新潟北鮮線に就航
1940.1.30(昭15)日本海汽船(株)(東京)の設立に伴い移籍
1944.10.24(昭19)済州島の西方(32.56S,125.54E)で雷撃により沈没
2. Sno.436 氣比丸 KEHI MARU 45862/JGKN 4,522G/T 3,000IHP 16.1/17kt
起工 1938.7.23(昭13) 進水 1938.12.13(昭13) 竣工 1939.4.25(昭14) 氣比丸 KEHI MARU 船客 1等)20 2等)58 3等)680
1940.1.30(昭15)日本海汽船(株)(東京)の設立に伴い移籍
1941.11.5(昭16)清津から敦賀に向け航行中、城津の沖60哩(40.39N,131.03E)で触雷により沈没
氣比丸
氣比丸 Kehi Maru

慶興丸型 2隻 KEIKO MARU Class (1938)
貨客船 Lpp 89.92 B 13.72 D 7.29 m 主機 R&T 低圧タービン付複2連成 1基
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 大阪商船株式会社(大阪)
1. Sno.437 慶興丸 KEIKO MARU 44743/JFUM 2,929G/T 1,200NHP/1,818IHP 11/13.7kt
起工 1938.1.19(昭13) 進水 1938.7.18(昭13) 竣工 1938.10.15(昭13) 慶興丸 KEIKO MARU 船客 2等 24 3等 97
1942.11.8(昭17)ミンダナオ島サン・アグスチン岬北西25Km沖(6.24N,125.59E)で米潜SEAWOLF(SS-197)の雷撃により沈没
2. Sno.438 咸興丸 (2) KANKO MARU 44751/JFYM 2,929G/T 1,800IHP 11/13kt
起工 1938.4.6(昭13) 進水 1938.8.16(昭13) 竣工 1938.11.18(昭13) 咸興丸 KANKO MARU 船客 2等 24 3等 97
1942.1.10(昭17)ミンダナオ島南方(6.15N,125.50E)で米潜PICKEREL(SS-177)の雷撃により沈没
咸興丸
咸興丸 Kanko Maru

SNo.439 興業丸 KOGYO MARU (1939)

興業丸
興業丸 Kogyo Maru

進水する興業丸
45386/JZEM 貨物船 6,353G/T 10,042D/W
起工 1938.5.16(昭13) 進水 1938.10.6(昭13) 竣工 1939.2.2(昭14)
Lpp 128.00 B 18.00 D 10.00 m 主機 T 3,900SHP 1基 15.8kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.439 山下汽船株式会社(神戸)
興業丸 KOGYO MARU
1939.2.2(昭14)國際汽船(株)(神戸)に売却
1939(昭14)(株)岡田組(大阪)に売却
1942.4.16(昭17)岡田商船(株)(東京)に移籍
1944.9.24フィリッピンのパラワン島北端のコロン湾(12,00N,120.00E)で空爆により沈没

SNo.441 新興丸 SHINKO MARU (1939)

新興丸
新興丸 Shinko Maru

関西汽船在籍時
45381/JPTM 貨物船 2,577G/T 4,117D/W
起工 1938.8.16(昭13) 進水 1938.11.29(昭13) 竣工 1939.3.7(昭14)
Lpp 89.91 B 13.72 D 7.28 m 主機 R&T 低圧タービン付複2連成 1,870IHP 10/13.7kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.441 大阪商船株式会社(大阪)
新興丸 SHINKO MARU SCAJAP No.S095
1939.8.12(昭14)東亞海運(株)(東京)設立に伴ない出資
1940.11.24(昭15)大阪鐵工所築港工場に完成したドックの入渠第1船となる
1941.9.5(昭16)海軍に徴傭同月 7日、特設砲艦兼特設敷設艦に入籍、第二新興丸と改名
1945(昭20)終戦直後、樺太より引揚船として行動中、国籍不明の潜水艦の雷撃を受けて大破、留萌港に座礁後に浮揚、修理、新興丸と船名を原名に復帰
1946.11(昭21)GHQの指令により東亞海運(東京)を解散、閉鎖機関に指定
1948.10.10(昭23)閉鎖機関より関西汽船(株)(大阪)が購入、第二復員局にチャーターされ特別輸送艦となり、小樽~樺太間の復員輸送に従事
1951.1.20(昭26)国家使用船解除、返還
1956.5(昭31)重油専焼缶に換装
1961.3.6(昭36)佐野安商事(大阪)に売却、第二金丸と改名
1961.5(昭36)主機換装を含む改装 2,651総トン、主機をD 2,700 BHP に換装速力 12.0/14.6 kt
1965.4.30(昭40)新興汽船(大阪)に売却
1966.1.26(昭41)Golden Buffalo Shipping Corp.,Panamaに売却、GOLDEN BUFFALOと改名
1970(昭45)Yuan Ta S.S.Corp.Ltd.,Panama に売却、YUAN TA と改名
1972(昭47)Chi Fa Shipping Co.S.A.,Panama に売却、CHI FAと改名
1979(昭54)Lien Hsing Navigation Corp.S.A.,Panamaに売却、LIEN HSINGと改名
1987(昭62)Lloyd's Register 1987-1988年版に掲載

SNo.442 第三凾丸 SEIKAN MARU No.3 (1939)

第三凾丸
第三凾丸 Seikan Maru No.3
第二青凾丸よりも大型のボイラを6缶装備したので煙突が4本となっている。
46274/JGWN 車輌渡船 2,787G/T 1,402D/W
起工 1938.10.12(昭13) 進水 1939.3.19(昭14) 竣工 1939.10.10(昭14)
Lpp 110.00 B 15.85 D 6.60 m 主機 T 浦賀船渠 衝動式2段減速付 2,200SHP 2基
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.442 鐵道省(東京)
第三凾丸 SEIKAN MARU No.3
1945.7.14(昭20)青森港沖で空爆により沈没

SNo.456 白海丸 HAKKAI MARU (1940)

白海丸
白海丸 Hakkai Maru

S.Yamaguchi
46795/JWIN 貨客船 2,921G/T 起工 1939.4.17(昭14) 進水 1939.8.25(昭14) 竣工 1940.1.26(昭15)
Lpp 94.21 B 13.70 D 7.50 m 主機 R 3連成 2,800IHP 1基 13/15.61kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.456 北日本汽船株式会社(東京)
白海丸 HAKKAI MARU 砕氷型
1943.5.5(昭18)志摩半島沖(34.05N,137.35E)で米潜SAWFISH(SS-276)の雷撃により沈没

SNo.457 射水丸 IMIZU MARU (1940)
47041/JWFN 貨物船 2,924G/T 起工 1938.12.22(昭13) 進水 1939.7.14(昭14) 竣工 1940.4.26(昭15)
Lpp 93.80 B 13.70 D 7.50 m 主機 D 1,400BHP 1基 12/15kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.457 北日本汽船株式会社(東京)
射水丸 IMIZU MARU
1940.1.30(昭15)日本海汽船(株)(東京)の設立に伴い移籍(建造中に移籍)
1944.6.12(昭19)マリアナ諸島(17.32N,144.10E)で空爆により沈没

京城丸型 2隻 KEIJO MARU Class (1940 - 1941)
貨物船 Lpp 93.00 B 13.70 D 7.50 m 主機 R&T 排気タービン付
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 朝鮮郵船株式会社(仁川)
1. Sno.458 京城丸 (2) KEIJO MARU 朝2963/JLFN 2,627G/T 1,400IHP 12/15.3kt
起工 1939.5.16(昭14) 進水 1939.10.12(昭14) 竣工 1940.6.20(昭15) 京城丸 KEIJO MARU
1942.6.21(昭17)ラバウルからソロモン諸島ツラギに向け航行中、ツラギの西12浬(9.00S,160.00E)で米潜S-44(SS-155)の雷撃により沈没
2. Sno.459 平壌丸 (2) HEIJO MARU 朝3154/JHQO 2,627G/T 1,400IHP 12/15.3kt
起工 1939.8.29(昭14) 進水 1940.7.19(昭15) 竣工 1941.5.27(昭16) 平壌丸 HEIJO MARU
1943.9.4(昭18)トラック島からナウルに向け航行中、ポナペ島の西(5.26N,156.37E)で米潜ALBACORE(SS-218)の雷撃により沈没

興泰丸型 2隻 HSING TAI MARU Class (1940 - 1941)

興泰丸
興泰丸 Hsing Tai Maru
貨客船 Lpp 97.50 B 15.25 D 4.70 m 興東丸型 日清汽船株式会社(東京)
1. Sno.454 興泰丸 HSING TAI MARU 47493/JNSO 3,214G/T
主機 R&T 低圧タービン付複2連成 ニ連成かは不明 2,000IHP 2基 17.92kt
起工 1939.6.17(昭14) 進水 1939.12.21(昭14) 竣工 1940.9.30(昭15)
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 興泰丸 HSING TAI MARU 船客 1等)28 2等)72 3等)220
1940(昭15)建造中に東亞海運(株)(東京)に移籍
1945(昭20)中国に接収されChina Merchant Steam Nav. Co. Ltd.(招商局、上海)に移籍、江泰 CHIANG TAI と改名
1949(昭24)China People's Steam Nav. Co.(Shanghai)に移籍、工農兵3 GONG NONG BING 3 と改名
1987Lloyd's Register 1987-1988年版に掲載
2. Sno.455 興平丸 HSING PING MARU 48209/JNSO 3,214G/T
主機 R&T 低圧タービン付複2連成 ニ連成かは不明 2,000IHP 2基 17.71kt
起工 1939.10.18(昭14) 進水 1940.5.18(昭15) 竣工 1941.4.15(昭16)
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 興平丸 HSING PING MARU 日清汽船が発注、東亞海運が建造
1940(昭15)建造中に東亞海運(株)(東京)に移籍
1945(昭20)中国に接収されChina Merchant Steam Nav. Co. Ltd.(招商局、上海)に移籍、江平 KIANG PING と改名
1959(昭34)解体
興平丸
興平丸 Hsing Ping Maru

SNo.460 静海丸 SEIKAI MARU (1940)
貨物船 2,662G/T 479D/W 起工 1939.7.25(昭14) 進水 1940.3.9(昭15) 竣工 1940.12.14(昭15)
Lpp 93.00 B 13.70 D 7.60 m 主機 T 2DC 2,000SHP 1基 15kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.460 東亞海運株式会社(浦賀)
静海丸 SEIKAI MARU

SNo.446 白山丸 HAKUSAN MARU (1941)

白山丸
白山丸 Hakusan Maru
48716/JNRO 貨客船 4,351G/T 4,102D/W
起工 1939.12.14(昭14) 進水 1940.8.14(昭15) 竣工 1941.8.20(昭16)
Lpp 108.00 B 15.00 D 8.80 m 主機 R&T 排気タービン付 2,845HP 1基 14/16.37kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.446 北日本汽船株式会社(東京)
白山丸 HAKUSAN MARU 船客 1等 16 2等 100 3等 600 SCAJAP No.H005
1940.1.30(昭15)日本海汽船(株)(東京)の設立に伴い移籍(建造中に移籍)
1945(昭20)空爆により沈没(場所、時期未調査)、戦後、引揚げて改装
1961(昭36)東洋郵船(株)(東京)に売却
1965(昭40)解体

SNo.461 山鶴丸 YAMAZURU MARU (1941)
48702/JWTQ 貨物船 2,651G/T 起工 1940.3.18(昭15) 進水 1941.5.9(昭16) 竣工 1941.11.15(昭16)
Lpp 93.00 B 13.70 D 7.60 m 主機 T 12/15.2kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.461 山下汽船株式会社(神戸)
山鶴丸 YAMAZURU MARU
1944.1.14(昭19)山口県の徳山港からニューブリテン島ラバウルに向け航行中、九州南方(28.25N,133.30E)で米潜SEAWOLF(SS-197)の雷撃により沈没

SNo.466 建部丸 TATEBE MARU (1942)
諸事情により工事が遅延
49207/JDIR 貨物船 4,519G/T 起工 1940.5.29(昭15) 進水 1941.7.22(昭16) 竣工 1942.2.26(昭17)
Lpp 112.00 B 15.80 D 9.00 m 主機 R 3連成 3,000IHP
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.466 建部丸型 北日本汽船株式会社(東京)
建部丸 TATEBE MARU
1943(昭18)合併に伴い大阪商船(株)(大阪)に移籍
1945.1.12(昭20)ベトナム東岸(14.14N,109.11E)で空爆により沈没

SNo.469 泰國丸 TAIKOKU MARU (1942)
朝1111/PGNB 貨物船 2,633G/T 4,120D/W
起工 1940.7.20(昭15) 進水 1942.2.14(昭17) 竣工 1942.6.15(昭17)
Lpp 93.82 B 13.70 D 7.50 m 主機 R 3連成 2,000IHP 12/15.14kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.469 朝鮮郵船株式会社(仁川)
泰國丸 TAIKOKU MARU
1944.5.17(昭19)サイパンからパラオに向け航行中、マリアナ諸島(14.58N,144.49E)で米潜SANDLANCE(SS-281)の雷撃により沈没

SNo.464 東裕丸 TOYU MARU (1942)
49547/JGUR 貨物船 4,532G/T 7,250D/W
起工 1940.8.23(昭15) 進水 1942.4.28(昭17) 竣工 1942.8.31(昭17)
Lpp 112.00 B 15.80 D 9.00 m 主機 T 2DC 2,595SHP 1基 14.7kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.464 岡田商船株式会社(東京)
東裕丸 TOYU MARU

新高丸 NIITAKA MARU (1943)
浚渫船(ドラグサクション) 3,244G/T 3,717D/W 進水 1943.2(昭18)
Lpp 98.00 B 16.00 D 7.25 m 主機 T 2,400SHP 2基 11.34kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 臺灣総督府
新高丸 NIITAKA MARU

SNo.488 第四凾丸 SEIKAN MARU No.4 (1943)

第四凾丸
第四凾丸 Seikan Maru No.4
49893/JYIR 車輌渡船 2,903G/T 1,596D/W
起工 1941.8.16(昭16) 進水 1942.9.21(昭17) 竣工 1943.2.25(昭18)
Lpp 113.20 B 15.85 D 6.60 m 主機 T 浦賀船渠 衝動式2段減速付 2,250SHP 2基
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.488 鐵道省(東京)
第四凾丸 SEIKAN MARU No.4

SNo.467 安房丸 AWA MARU (1943)
50028/JYTR 貨物船 4,524G/T 741D/W 起工 1942.5.7(昭17) 進水 1943.1.6(昭18) 竣工 1943.3.25(昭18)
Lpp 112.00 B 15.80 D 9.00 m 主機 T 3,000SHP 1基
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.467 北日本汽船株式会社(東京)
安房丸 AWA MARU
1943.11.16(昭18)合併に伴い大阪商船(株)(大阪)に移籍
1944.5.13(昭19)御前崎沖(34.25N,138.40E)で米潜POGY(SS-266)の雷撃により沈没

SNo.470 八州丸 HASSHU MARU (1943)
貨物船 2,655G/T 4,176D/W 起工 1942.11.25(昭17) 進水 1943.5.3(昭18) 竣工 1943.6.28(昭18)
Lpp 93.00 B 13.70 D 7.50 m 主機 R&T 低圧タービン付複2連成 1,910IHP 1基 14.8kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.470 朝鮮郵船株式会社(仁川)
八州丸 HASSHU MARU
1944.3.10(昭19)ホーランジャ(2.30S,140.00E)で空爆により沈没

大天丸型 3隻 DAITEN MARU Class (1943 - 1944)
貨物船 Lpp 112.00 B 15.80 D 9.10 m 主機 T 1基 1B型
1. Sno.541 大天丸 DAITEN MARU 44489/JEWE 4,642G/T 7,673D/W 2,200SHP 12.3kt
起工 1943.2.6(昭18) 進水 1943.8.6(昭18) 竣工 1943.10.31(昭18)
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 大阪商船株式会社(大阪)
大天丸 DAITEN MARU
1944.10.24(昭19)マニラから台湾の高雄に向け航行中、バシ−海峡の南西ボヘアドール岬沖(20-23N,118-47E)で米潜SEADRAGON(SS-194)の雷撃により沈没
2. Sno.542 備後丸 (2) BINGO MARU 50515/JWBT→JQAB 4,643G/T 7,674D/W 2,200SHP 10/11.5kt
起工 1943.5.11(昭18) 進水 1943.12.4(昭18) 竣工 1944.1.20(昭19)
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 日本郵船株式会社(東京)
備後丸 BINGO MARU
1952.12(昭27)油焚改装
1961.4.1(昭36)解体のため三井物産(株)(東京)に売却。5月25日大阪で解体
備後丸
備後丸 Bingo Maru
3. Sno.543 山珠丸 (1) YAMATAMA MARU 50528/JWOT 4,642G/T 7,651D/W 3,000IHP 12/14.97kt
起工 1943.8.10(昭18) 進水 1944.2.11(昭19) 竣工 1944.3.25(昭19)
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 山下汽船株式会社(神戸)
山珠丸 YAMATAMA MARU
1944.8.7(昭19)ミンダナオ島の南西岸クリマグ付近(6.05N,124.23E)で米潜BLUEGILL(SS-242)の雷撃により沈没

第五凾丸型 8隻 SEIKAN MARU No.5 Class (1943 - 1946)
車輌渡船 Lpp 113.20 B 15.85 D 6.80 m 浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 第五函丸型 運輸通信省(東京)
1. Sno.535 第五凾丸 SEIKAN MARU No.5 50509/JGVT 2,792G/T 2,834D/W
主機 T 日立製作所 4,575SHP 2基 17.02kt
起工 1943.6.29(昭18) 進水 1943.11.10(昭18) 竣工 1943.12.29(昭18) 第五凾丸 SEIKAN MARU No.5 陸軍の特殊船に使用予定の高温・高圧の日立製作所製大型タービンを流用
1945.3.6(昭20)青森港入港時、風雪のため防波堤に接触、沈没
2. Sno.536 第六凾丸 SEIKAN MARU No.6 50527/JJEC 2,802G/T 2,253D/W
主機 T 浦賀船渠 衝動式2段減速付 4,080SHP 2基 14.5/17kt
起工 1943.11.13(昭18) 進水 1944.1.31(昭19) 竣工 1944.3.7(昭19) 第六凾丸 SEIKAN MARU No.6 SCAJAP No.S144
1945.5.19(昭20)運輸省鉄道総局(東京)に移籍
1947.2.1(昭22)汽缶増設
1949.6.1(昭24)日本国有鉄道(東京)に移籍
1951.3.1(昭26)主機換装(日立インパルスタービン 4,500SHP)
1964.5.16(昭39)係船
1964.8.26(昭39)三菱商事(株)(東京)に売却
第六凾丸
第六凾丸 Seikan Maru No.6

太平洋戦争後、改装後の姿

SNo.476 高津丸 KOZU MARU (1944)
貨物船 5,656G/T 3,840D/W 起工 1943.1.7(昭18) 進水 1943.6.28(昭18) 竣工 1944.1.21(昭19)
Lpp 114.00 B 16.00 D 10.10 m 主機 T 2,200SHP 2基 17.52/21kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.476 山下汽船株式会社(神戸)
高津丸 KOZU MARU 特殊貨物船(上陸用舟艇母船)
1944.11.10(昭19)フィリピンのレイテ島西岸オルモック湾(10.58N,124.35E)で空爆により沈没

隆昭丸型 13隻 RYUSHO MARU Class (1944 - 1945)
油槽船 Lpp 93.00 B 13.80 D 7.60 m 主機 T 1基 2TM型
1. Sno.551 隆昭丸 RYUSHO MARU 50529/JWPT 2,863G/T
起工 1943.12.10(昭18) 進水 1944.2.20(昭19) 竣工 1944.4.23(昭19)
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 飯野海運産業株式会社
隆昭丸 RYUSHO MARU
2. Sno.552 國光丸 KUNIMITSU MARU 50532/JWTT 2,863G/T
起工 1943.12.10(昭18) 進水 1944.3.6(昭19) 竣工 1944.5.3(昭19)
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 飯野海運株式会社
國光丸 KUNIMITSU MARU
3. Sno.553 あやなみ丸 AYANAMI MARU 50534/JWVT 2,863G/T 4,785D/W 1,200SHP 11.77kt
起工 1944.2.12(昭19) 進水 1944.3.8(昭19) 竣工 1944.5.4(昭19)
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 石原汽船株式会社
あやなみ丸 AYANAMI MARU
4. Sno.554 あやくも丸 AYAKUMO MARU 51110 2,863G/T
起工 1944.3.7(昭19) 進水 1944.4.17(昭19) 竣工 1944.5.27(昭19)
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 石原汽船株式会社
あやくも丸 AYAKUMO MARU
5. Sno.555 柏榮丸 HAKUEI MARU 2,863G/T
起工 1944.4.23(昭19) 進水 1944.5.20(昭19) 竣工 1944.6.22(昭19)
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 日東汽船株式会社(東京)
柏榮丸 HAKUEI MARU

ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.11