船歴 本邦建造船48 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

建造船舶 - 明治後期大正期昭和初期−太平洋戦争−戦後占領期−海運再建期−海運集約期 戻る

浦賀船渠株式会社

SNo.1 シヤラン船 (1900)
貨物船 竣工 1900.6.10(明33)
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.1 船主不詳
シヤラン船

SNo.2 底開土運船 (1900)
土砂運搬船 竣工 1900.11.10(明33)
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.2 船主不詳
底開土運船 Sno.3も同様

SNo.4 砕岩機台船 (1900)
艀 竣工 1900.11.26(明33)
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.4 船主不詳
砕岩機台船

SNo.5 側開土運船 (1901)
土砂運搬船 竣工 1901(明34)
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.5 船主不詳
側開土運船 Sno.6も同様

SNo.7 海上起重機船 (1901)
起重機船 竣工 1901(明34)
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.7 船主不詳
海上起重機船

SNo.8 砕岩機台船 (1901)
艀 竣工 1901(明34)
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.8 船主不詳
砕岩機台船

SNo.9 東洋丸 TOYO MARU (1902)
8453/JPDF 汽船 258G/T 進水 1901.10(明34) 竣工 1902(明35)
Lpp 47.29 B 5.79 D 4.06 m 主機 R 2連成(冷) 54NHP/318IHP 1基 8/10kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.9 東京灣汽船株式会社(東京)
東洋丸 TOYO MARU 船客 3等28
1911(明44)三陸汽船(株)(釜石)に売却
1919(大8)永野 彌平(函館)に売却
1922(大11)船名録より削除

SNo.10 土運船 (1902)
土砂運搬船 竣工 1902(明35)
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.10 船主不詳
土運船 Sno.13迄同様

ROMBLON型 5隻 ROMBLON Class (1903 - 1904)


Romblon
沿岸警備用としてマニラ政府から5隻受注した砲艦。船体は鉄骨木皮構造。建造中にマニラ政府と船体設計の見解相違が起きて第3船以降が解約された。3隻はその後陸軍省に売却された。(16〜18番船を参照)
木鉄混合砲艦 L 40.23(132'-0") B 6.10(20'-0") d 2.44(8'-0") m 主機 R 2連成 2基
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Manila Government Agency,Manila
1. Sno.14 ROMBLON 木鉄混合350T 450IHP 10kt
起工 1902.4.16(明35) 進水 1903.10.15(明36) 竣工 1904.1.21(明37) ROMBLON
2. Sno.15 MARINDUQUE 木鉄混合350T 450IHP 10kt
起工 1902(明35) 進水 1902.11.6(明35) 竣工 1903.4.22(明36) MARINDUQUE
3. Sno.16 BOHOL 7083/JMSF 木鉄混合334G/T
起工 1902(明35) 進水 1902.12.25(明35) 竣工 1904(明37) BOHOL
1904(明37)陸軍省(浦賀)に売却、第壱扇海丸 SENKAI MARU No.1 と改名、税関監視船として使用
4. Sno.17 CEBU 7084/JMSG 木鉄混合332G/T
進水 1903.2.1(明36) 竣工 1904(明37) CEBU
1904(明37)陸軍省(浦賀)に売却、第弐扇海丸 SENKAI MARU No.2 と改名、税関監視船として使用
5. Sno.18 JOLO 7085/JMSH 木鉄混合330G/T
進水 1903.4.15(明36) 竣工 1904(明37) JOLO
1904(明37)陸軍省(浦賀)に売却、第参扇海丸 SENKAI MARU No.3 と改名、税関監視船として使用

SNo.19 浚渫船 (1903)
浚渫船 竣工 1903(明36)
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.19 東京市(東京)
浚渫船

SNo.20 運搬船 (1903)
運搬船 500G/T 竣工 1903(明36)
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.20 神奈川県庁(横浜)
運搬船

SNo.21 運搬船 (1903)
運搬船 200G/T 竣工 1903(明36)
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.21 神奈川県庁(横浜)
運搬船

SNo.22 ガソリンエンジン船 (1903)
ランチ 200G/T 竣工 1903(明36)
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.22 森岡商店(横浜)
ガソリンエンジン船

若草號型 2隻 WAKAKUSA GO Class (1904)
木造汽船 Lpp 23.18(69.75尺) B 3.58(11.8尺) D 2.33(5.27尺) m 主機 単筒複
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 内務省第一区土木監督署(佐原)
1. Sno.23 若草號 WAKAKUSA GO 8967/JNGK 木造53G/T
進水 1904.3(明37) 竣工 1904(明37) 若草號 WAKAKUSA GO 外車
2. Sno.24 若葉號 WAKABA GO 8968/JNGL 木造53G/T
進水 1904.3(明37) 竣工 1904(明37) 若葉號 WAKABA GO 外車

SNo.25 第二浦賀丸 URAGA MARU No.2 (1903)
7082/JMSD 曳船 170G/T 進水 1903.9(明36)
Lpp 32.06(105.8尺) B 7.12(18.55尺) D 5.30(10.75尺) m 主機 R 2連成(冷)
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.25 浦賀船渠株式会社(浦賀)
第二浦賀丸 URAGA MARU No.2
1904(明37)陸軍省(広島)に売却

SNo.26 艦載水雷艇 (1905)
水雷艇(艦載) 竣工 1905(明38)
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.26 横須賀海軍工廠(横須賀)
艦載水雷艇 Sno.28迄同様

SNo.29 小蒸気船 (1905)
ランチ 竣工 1905(明38)
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.29 横須賀海軍工廠(横須賀)
小蒸気船 Sno.32迄同様

SNo.33 谷戸丸 YATO MARU (1905)
7096/JMTD 木造曳船 85G/T 進水 1905.6.3(明38) 竣工 1905(明38)
Lpp 25.39(83.3') B 5.00(16.4') D 2.53(8.3') m 主機 R 2連成(冷) 1基
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.33 浦賀船渠株式会社(浦賀)
谷戸丸 YATO MARU

長月型 2隻 NAGATSUKI Class (1907)

長月
長月 Nagatsuki
駆逐艦 L 69.19(227'-0") B 6.53(21'-5") m 主機 R 3連成 2基 神風(1)型 海軍省(東京)
1. Sno.34 長月 (1) NAGATSUKI 381T 6,000IHP 29kt
起工 1905.11.28(明38) 進水 1906.12.15(明39) 竣工 1907.7.31(明40)
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 長月 NAGATSUKI
2. Sno.36 菊月 (1) KIKUTSUKI 381T 6,000IHP 29kt
起工 1906.3.2(明39) 進水 1907.4.10(明40) 竣工 1907.9.20(明40)
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 菊月 KIKUTSUKI

SNo.35 汽艇 (1905)
木造ランチ 竣工 1905(明38)
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.35 横須賀海軍工廠(横須賀)
汽艇 Pinnace

SNo.37 祝丸 IWAI MARU (1906)
10574/LCBQ 汽船 198G/T 進水 1906.10(明39) 竣工 1906.10.19(明39)
Lpp 34.75 B 5.67 D 3.49 m 主機 R 3連成 39NHP/216IHP 9.5/10kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.37 東京灣汽船株式会社(東京)
祝丸 IWAI MARU 船客 2等30
1934.12.21(昭9)小谷杢之助(下田)に売却
1935.4.2(昭10)沈没
1936(昭11)船名録より削除

第一凱旋丸型 2隻 GAISEN MARU No.1 Class (1906)
曳船 Lpp 25.91(85'-0") B 5.18(17'-0") D 1.91(6'-3") m
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 陸軍運輸本部(宇品)
1. Sno.38 第一凱旋丸 GAISEN MARU No.1 77G/T
竣工 1906.12.23(明39) 第一凱旋丸 GAISEN MARU No.1
2. Sno.39 第二凱旋丸 GAISEN MARU No.2 76G/T
竣工 1906.12.23(明39) 第二凱旋丸 GAISEN MARU No.2

SNo.40 曙丸 AKEBONO MARU (1907)
横浜港務部の所有。
7115/JMVK 木造曳船 41G/T 進水 1907.2(明40) 竣工 1907(明40)
Lpp 17.37(57'-0") B 3.89(12'-9") D 1.98(6'-6") m 主機 R 2連成(冷)
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.40 大蔵省(横浜)
曙丸 AKEBONO MARU

SNo.41 運搬船 (1905)
運搬船 竣工 1905(明38)
Lpp 14.63(48'-0") B 4.34(14'-3") D 1.98(6'-6") m
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.41 横須賀海軍工廠(横須賀)
運搬船 Sno.42も同様

SNo.43 吾妻丸 AZUMA MARU (1907)
11049/LFHP 木造曳船 45G/T 進水 1907.9(明40)
Lpp 20.42(67'-0") B 3.96(13'-0") D 2.06(6'-9") m 主機 R 2連成(冷) 1基
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.43 東洋汽船株式会社(東京)
吾妻丸 AZUMA MARU
1942(昭17)東亞海運(株)(東京)に売却、有馬丸 ARIMA MARU と改名

SNo.44 土運船 (1907)
土砂運搬船 竣工 1907(明40)
Lpp 30.48(100'-0") B 6.32(20'-9") D 2.59(8'-6") m
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.44 横濱税関(横濱)
土運船

SNo.45 プリストマン式浚渫機台船 (1908)
台船 竣工 1908(明41)
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.45 内務省(東京)
プリストマン式浚渫機台船 Sno.46も同様

SNo.47 第壱龍宮丸 RYUGU MARU No.1 (1908)
沖縄県庁所有
11701/LHJW 浚渫船(バケット) 158G/T 進水 1908.6(明41) 竣工 1908.8.24(明41)
Lpp 31.39(103'-0") B 7.01(23'-0") D 2.74(9'-0") m 主機 R 2連成(冷) 1基
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.47 第壱龍宮丸型 内務省(那覇)
第壱龍宮丸 RYUGU MARU No.1 浚渫能力 100T

SNo.48 第弐龍宮丸 RYUGU MARU No.2 (1908)
沖縄県庁所有
11701/LHJW 浚渫船(バケット) 158G/T 進水 1908.7(明41) 竣工 1908.8.24(明41)
Lpp 31.39(103'-0") B 7.01(23'-0") D 2.74(9'-0") m 主機 R 2連成(冷) 1基
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.48 第壱龍宮丸型 内務省(那覇)
第弐龍宮丸 RYUGU MARU No.2 浚渫能力 100T

SNo.49 油ポンプ艀 (1908)
艀 竣工 1908(明41)
Lpp 15.24(50'-0") B 6.10(20'-0") D 1.98(6'-6") m
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.49 内務省(東京)
油ポンプ艀

SNo.50 釧勝丸 SENSHO MARU (1908)
7126/LDKT 木造曳船 25G/T 進水 1908.11(明41) 竣工 1908.12.15(明41)
Lpp 15.85(52'-0") B 3.35(11'-0") D 1.57(5'-2") m 主機 R 2連成(冷) 12NHP/IHP 1基
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.50 釧勝興業株式会社(釧路)
釧勝丸 SENSHO MARU

SNo.51 菊號 KIKU GO (1908)
ランチ 124G/T 竣工 1908.10.8(明41)
Lpp 12.19(40'-0") B 2.44(8'-0") D 0.76(2'-6") m
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.51 内務省(東京)
菊號 KIKU GO

SNo.52 重油搭載運搬船 (1908)
重油船 145G/T 竣工 1908.8.16(明41)
Lpp 27.43(90'-0") B 6.10(20'-0") D 1.83(6'-0") m
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.52 南北石油株式会社
重油搭載運搬船 Sno.53も同様

SNo.54 三保 MIHO (1909)
木造ランチ 14G/T 竣工 1909.1.27(明42)
Lpp 11.58(38'-0") B 2.84(9'-4") D 1.65(5'-5") m
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.54 横濱税関(横濱)
三保 MIHO

SNo.55 第二富士號 FUJI GO No.2 (1909)
浚渫船(バケット) 112G/T 竣工 1909.3.15(明42)
Lpp 25.91(85'-0") B 7.32(24'-0") D 2.29(7'-6") m
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.55 静岡県庁(静岡)
第二富士號 FUJI GO No.2 浚渫能力 200T

SNo.56 第一隼 HAYABUSA No.1 (1942)
木造曳船 17G/T 竣工 1942.3.15(昭17)
Lpp 13.11(43'-0") B 3.00(9'-10") D 1.42(4'-8") m
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.56 静岡県庁(静岡)
第一隼 HAYABUSA No.1

SNo.57 第二隼 HAYABUSA No.2 (1942)
木造曳船 17G/T 竣工 1942.3.15(昭17)
Lpp 13.11(43'-0") B 3.00(9'-10") D 1.42(4'-8") m
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.57 静岡県庁(静岡)
第二隼 HAYABUSA No.2

SNo.58 浦賀丸 URAGA MARU (1910)
12114/LGHQ 浚渫船(ポンプ) 605G/T 進水 1910.4(明43) 竣工 1910.8.31(明43)
Lpp 51.82(170'-0") B 10.06(33'-0") D 3.51(11'-6") m 主機 R 3連成 1基
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.58 内務省新潟土木出張所(新潟)
浦賀丸 URAGA MARU 浚渫能力 500T

SNo.59 築島丸 CHIKUSHIMA MARU (1910)
13220/LKJG 貨物船 129G/T 進水 1910.2.23(明43) 竣工 1910.4.30(明43)
Lpp 27.43(90'-0") B 6.25(20'-6") D 2.97(9'-9") m 主機 R 2連成(冷) 2基
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.59 内務省神戸土木出張所(神戸)
築島丸 CHIKUSHIMA MARU

SNo.60 敦賀丸 TSURUGA MARU (1910)
13091/LMHV 浚渫船(バケット) 272G/T 進水 1910.2.26(明43) 竣工 1910.6.30(明43)
Lpp 36.58(120'-0") B 7.62(25'-0") D 3.81(12'-6") m 主機 R 複2連成 2基
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.60 内務省敦賀土木出張所(敦賀)
敦賀丸 TSURUGA MARU 浚渫能力 200T

SNo.61 運搬船 (1910)
運搬船 91G/T 竣工 1910.3.31(明43)
Lpp 21.34(70'-0") B 5.87(19'-3") D 2.64(8'-8") m
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.61 横須賀海軍工廠(横須賀)
運搬船 Sno.62も同様

SNo.63 石炭運搬船 (1910)
運搬船 81G/T 進水 1910.3.10(明43) 竣工 1910.4.20(明43)
Lpp 16.51(54'-2") B 4.50(14'-9") D 1.80(5'-11") m
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.63 横須賀海軍工廠(横須賀)
石炭運搬船 Sno.64も同様

SNo.65 第一木津丸 KIZU MARU No.1 (1911)
13456/LRTV 浚渫船(バケット) 1,273G/T 進水 1911.3.15(明44) 竣工 1911.6(明44)
Lpp 68.58(225'-0") B 14.33(47'-0") D 5.11(16'-9") m 主機 R 3連成 2基 8kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.65 内務省下關土木出張所(下關)
第一木津丸 KIZU MARU No.1 浚渫深度 13m 浚渫量 480m3/h

SNo.66 第三橋立丸 HASHIDATE MARU No.3 (1910)
113704/LPBN 貨客船 168G/T 91D/W 進水 1910.10.26(明43) 竣工 1910(明43)
Lpp 30.48(100'-0") B 5.49(18'-0") D 3.05(10'-0") m 主機 R 3連成 327IHP 1基 9.6kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.66 大蔵省[鐵道院]
第三橋立丸 HASHIDATE MARU No.3 船客 2等29 3等100 舞鶴/宮津航路

SNo.67 第一木の關丸 KINOSEKI MARU No.1 (1911)
浦賀船渠の社史には第一木関丸とある。
13427/LNDM 曳船 162G/T 進水 1911.1.29(明44) 竣工 1911.3(明44)
Lpp 30.48(100'-0") B 6.40(21'-0") D 2.90(9'-6") m 主機 R 3連成 1基
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.67 内務省下關土木出張所(下關)
第一木の關丸 KINOSEKI MARU No.1

SNo.68 雛丸 HINA MARU (1911)
曳船 60G/T 進水 1911.2.9(明44) 竣工 1911.4(明44)
Lpp 20.12(66'-0") B 5.03(16'-6") D 2.44(8'-0") m
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.68 陸軍省(東京)
雛丸 HINA MARU

SNo.69 射水丸 IMIZU MARU (1911)
13804/LRBJ 浚渫船(バケット) 455G/T 進水 1911.6.28(明44) 竣工 1911.8(明44)
Lpp 44.20(145'-0") B 8.84(29'-0") D 4.27(14'-0") m 主機 R 2連成(冷) 2基 7kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.69 内務省新潟土木出張所(伏木)
射水丸 IMIZU MARU 浚渫深度 13m 浚渫量 180m3/h

SNo.70 水船 (1911)
水船 85G/T 進水 1911.3.28(明44) 竣工 1911.3(明44)
Lpp 21.34(70'-0") B 5.94(19'-6") D 2.44(8'-0") m
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.70 横須賀海軍工廠(横須賀)
水船

SNo.71 海王 KAIWO (1911)
13788/LSWM 曳船 252G/T 進水 1911.8.24(明44) 竣工 1911.10(明44)
Lpp 33.53(110'-0") B 7.62(25'-0") D 2.90(9'-6") m 主機 R 3連成 2基
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.71 横濱税関(横濱)
海王 KAIWO

SNo.72 足場台船 (1911)
台船 竣工 1911(明44)
Lpp 12.19(40'-0") B 3.05(10'-0") D 1.07(3'-6") m
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.72 横須賀海軍工廠(横須賀)
足場台船 Sno.77迄6隻

SNo.78 野田丸 NODA MARU (1912)
15419/MRWH 浚渫船(バケット) 1,343G/T 進水 1912.4.15(明45) 竣工 1912.7.2(明45)
Lpp 68.58(225'-0") B 14.33(47'-0") D 5.11(16'-9") m 主機 R 3連成 2基 8kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.78 内務省下關土木出張所(下關)
野田丸 NODA MARU 浚渫深度 13m 浚渫量 480m3/h

SNo.79 小平太 KOHEITA (1912)
浚渫船(バケット) 300G/T 進水 1911.11.21(明44) 竣工 1912.3(明45)
Lpp 38.10(125'-0") B 7.62(25'-0") D 2.90(9'-6") m
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.79 愛知県庁(名古屋)
小平太 KOHEITA 浚渫能力 400

SNo.80 小五郎 KOGORO (1912)
浚渫船(バケット) 300G/T 進水 1911.11.29(明44) 竣工 1912.3(明45)
Lpp 38.10(125'-0") B 7.62(25'-0") D 2.90(9'-6") m
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.80 愛知県庁(名古屋)
小五郎 KOGORO 浚渫能力 400

SNo.81 生田丸 IKUTA MARU (1912)
大蔵省所有。
14489/LSGR 曳船 154G/T 進水 1912.3.13(明45) 竣工 1912.3(明45)
Lpp 27.43(90'-0") B 6.71(22'-0") D 3.20(10'-6") m 主機 R 2連成(冷) 2基
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.81 内務省神戸土木出張所(神戸)
生田丸 IKUTA MARU

SNo.82 水船 (1911)
水船 進水 1911.12.20(明44) 竣工 1911.12(明44)
Lpp 21.34(70'-0") B 5.94(19'-6") D 2.44(8'-0") m
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.82 横須賀海軍工廠(横須賀)
水船

SNo.83 初鷹丸 HATSUTAKA MARU (1913)
曳船 57G/T 進水 1912.3.13(明45) 竣工 1913.3(大2)
Lpp 19.81(65'-0") B 4.57(15'-0") D 2.44(8'-0") m
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.83 陸軍運輸本部(宇品)
初鷹丸 HATSUTAKA MARU

第五長久丸型 8隻 CHOKYU MARU No.5 Class (1914 - 1922)
浦賀船渠が大正期に建造した中型(2,000総トン級)の標準型貨物船。第五長久丸は田中鉱山会社が釜石/臺灣間で石炭、鉱石の運搬用に建造した貨物船である。
貨物船 Lpp 81.68(268'-0") B 12.42(40'-9") D 7.16(23'-6") m 主機 R 3連成 1基
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造
1. Sno.110 第五長久丸 CHOKYU MARU No.5 7150/LTCS 2,225G/T 1,162IHP
起工 1913.3.4(大2) 進水 1914.7.4(大3) 竣工 1914.10.8(大3) 田中 長兵衛(浦賀)
第五長久丸 CHOKYU MARU No.5
2. Sno.124 天王丸 TENWO MARU 18930→朝1104/MWRK→PGMN 2,147G/T 135NHP/1,150IHP 9/10.87kt
起工 1915.10.14(大4) 進水 1916.1.19(大5) 竣工 1916.2.17(大5) 古河合名会社(神戸)
天王丸 TENWO MARU
1918(大7)合名会社古河鑛業(神戸)に移籍
1924.4(大13)朝鮮郵船(株)(仁川)に売却、天安丸 TENAN MARU と改名
1931.7(昭6)慶南所里島で座礁、沈没
天王丸
天王丸 Tenwo Maru
3. Sno.125 浦賀丸 URAGA MARU 19198→関186→62920/NBSK→QBRW→JKWA→JNJN 2,142G/T 3,454D/W 135NHP/1,411IHP 8.5/9.5kt
起工 1915.12.2(大4) 進水 1916.3.19(大5) 竣工 1916.4.22(大5) 日本汽船(東京)
浦賀丸 URAGA MARU SCAJAP No.E042
1916(大5)田中末雄(鳥羽)に売却
1918(大7)田中商事(株)(鳥羽)に移籍
1922.11.25(大11)大連汽船(株)(大連)に売却、同年12月22日、英順丸と改名
1945.7.1(昭20)門司で触雷、沈没
1948(昭23)浮揚に成功。3月8日、東邦海運(株)(東京)の設立に伴い移籍、榮順丸と改名
1952.5.3(昭27)南海汽船(株)(大阪)に売却
1955.2(昭30)社名変更に伴い萬野汽船(株)(東京)に移籍
1959(昭34)協和海運(株)(東京)に売却
1961(昭36)解体
浦賀丸
英順丸 Yeijun Maru
4. Sno.126 萬宇丸 BANU MARU 19202/NBSQ 2,149G/T 1,380HP
起工 1916.2.5(大5) 進水 1916.4.17(大5) 竣工 1916.5.10(大5) 志田勝民(神戸)
萬宇丸 BANU MARU
5. Sno.127 第七雲海丸 UNKAI MAU No.7 19225/NBVH 2,143G/T 1,316HP
起工 1916.3(大5) 進水 1916.6.27(大5) 竣工 1916.7.25(大5) 中村精七郎(垂水)
第七雲海丸 UNKAI MAU No.7
6. Sno.129 海王丸 KAIWO MARU 19226/NBVJ→JKIA 2,159G/T 180NHP/1,278IHP 9/10kt
起工 1916.5.11(大5) 進水 1916.7.9(大5) 竣工 1916.8.1(大5) 古河合名会社(神戸)
海王丸 KAIWO MARU
1917.8(大6)日本郵船の坡土西航路に就航
1922.7.10(大11)北海道炭礦汽船(株)(東京)に売却、まやち丸と改名
1943.11.22(昭18)合併に伴ない三井船舶(株)(東京)に移籍
1944.8.12(昭19)稚内から那覇に向け航行中、樺太東岸(50.35N,144.02E)で米潜POMPON(SS-267)の雷撃により沈没
7. Sno.130 明大丸 MEIDAI MARU 22300/NTCP→JFDD 2,164G/T 1,169IHP 9.5/11.5kt
起工 1918.4.22(大7) 進水 1918.6.25(大7) 竣工 1918.8.1(大7) 明治物産株式会社(東京)
明大丸 MEIDAI MARU
1918(大7)山地汽船(浦賀)に売却
1923.7.14(大12)川崎汽船(株)(神戸)に売却
1926.4.21(大15)樺太庁命令 大阪/敷香航路に就航
1936.1.26(昭11)北海道の福山弁天沖で座礁、沈没
明大丸
明大丸 Meidai Maru
8. Sno.209 登川丸 NOBORIKAWA MARU 25108/RMCT 2,182G/T
起工 1922.6.20(大11) 進水 1922.10.18(大11) 竣工 1922.11.29(大11) 北海道炭礦汽船株式会社(浦賀)
登川丸 NOBORIKAWA MARU

神盛丸型 19隻 SHINSEI MARU Class (1917 - 1920)
貨物船 Lpp 109.42(360'-0") B 15.50(51'-0") D 8.65(28'-4") m 主機 R 3連成 1基
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造
1. Sno.134 神盛丸 (2) SHINSEI MARU 19787/NFPC 4,733G/T 2,528HP
起工 1916.10.5(大5) 進水 1917.3.10(大6) 竣工 1917.4.30(大6) 岸本汽船株式会社(西宮)
神盛丸 SHINSEI MARU
1933(昭8)日本合同工船(株)(京都・府中)に売却
1936.9.16(昭11)合併に伴い共同漁業(株)(神戸)に移籍
1937.3.31(昭12)社名変更に伴い日本水産(株)(神戸)に移籍
1943.3.31(昭18)日本海洋漁業統制(株)(東京)に売却
1945.1.7(昭20)台湾の高雄の南西(22-40N,118-45E)で空爆により沈没
2. Sno.133 神護丸 (2) SHINGO MARU 19790/NFPH→JSVD 4,733G/T 224NHP/2,392IHP 10/12kt
起工 1916.10.5(大5) 進水 1917.4.19(大6) 竣工 1917.5.22(大6) 岸本汽船株式会社(大阪)
神護丸 SHINGO MARU
1929(昭4)共立汽船(株)(神戸)に売却
1935.10.1(昭10)栗林商船(株)(東京)に売却
1942.12.16(昭17)東京から留萌に向け航行中、青森県下北半島の尻屋崎の沖(41.10N,141.32E)で米潜HALIBUT(SS-232)の雷撃により沈没
神護丸
神護丸 Shingo Maru
3. Sno.135 第二吉田丸 YOSHIDA MARU No.2 7157/LTDH 4,745G/T 2,524HP 9/12.2kt
起工 1916.11.27(大5) 進水 1917.6.6(大6) 竣工 1917.6.30(大6) 山下汽船株式会社(西宮)
第二吉田丸 YOSHIDA MARU No.2
1920.8.7(大9)Cie. Africaine de Nav. Soc. Anon., Antwerpに売却、MAYUMBEと改名
1928(大9)Cie. des Bateaux a Vapeur du Nord, Dunkerqueに売却、TUNISIEと改名
1934(昭9)Georges Claude, Dunkerqueに売却
1935.9(昭10)Genoaで解体
第二吉田丸
第二吉田丸 Yoshida Maru No.2
4. Sno.136 神鈴丸 SHINREI MARU 4,731G/T 2,569HP 12.21kt
起工 1916.2.17(大5) 進水 1917.6.23(大6) 竣工 1917.8.19(大6) 合名会社鈴木商店
神鈴丸 SHINREI MARU
5. Sno.138 廣jロ KOFUKU MARU 7159/LTDK 4,745G/T 2,438HP
起工 1917.4.25(大6) 進水 1917.9.3(大6) 竣工 1917.10.3(大6) 廣海商事株式会社(西宮)
廣jロ KOFUKU MARU
1929.8(昭4)石原産業海運(合)(京都・府中)に売却、昌元丸 SHOGEN MARU と改名
1930.2.7(昭5)石原合名会社(京都・府中)に移籍
1934.11.28(昭9)石原産業海運(合)(京都)に売却
1939(昭14)(株)酒井商店(神戸)に売却
1944.8.4(昭19)陸軍徴傭船として航海中、小笠原諸島の西方(28-10N, 141-30E)で空爆により沈没
1947.3.28(昭22)船籍を抹消
廣jロ
廣福丸 Kofuku Maru
6. Sno.139 第六霧島丸 KIRISHIMA MARU No.6 7160/LTDM 4,736G/T 2,438HP
起工 1917.7.4(大6) 進水 1917.9.19(大6) 竣工 1917.10.20(大6) 松田汽船株式会社
第六霧島丸 KIRISHIMA MARU No.6
1917.10(大6)U. S. Shipping Board,U. S. A.に売却、EASTERN CROSSと改名
1930(昭5)Sovforgflot, Vladivostokに売却、OROCHENと改名
1933(昭8)Kamchatka Co., Ltd. / U.S.S.R., Vladivostokに移籍
1970(昭45)ソ連で解体
第六霧島丸
第六霧島丸 Kirishima Maru No.6
7. Sno.137 第三吉田丸 (1) YOSHIDA MARU No.3 22313/NTDL 4,753G/T 2,569HP 9/10kt
起工 1917.7.11(大6) 進水 1917.11.16(大6) 竣工 1917.12.16(大6) 山下汽船株式会社(神戸)
第三吉田丸 YOSHIDA MARU No.3
1918.8.12(大7)浦賀船渠(浦賀)に売却、日米船鉄交換船としてU.S. Shipping Boardに提供、同年9.10 EASTERN CHIEFと改名
1936(昭11)Baltimoreで解体
8. Sno.140 鶴島丸 (2) TSURUSHIMA MARU 25089/RMBN→JTVD 4,645G/T 224/2,438HP 9.5/12.7kt
起工 1919.3.17(大8) 進水 1919.5.29(大8) 竣工 1919.7.6(大8) 宇和島運輸株式会社(八幡)
鶴島丸 TSURUSHIMA MARU
1944.6.30(昭19)サイゴンからマニラに向け航行中、Bataanの西50浬(14-30N, 119-43E)で米潜JACK(SS-259)の雷撃により沈没
9. Sno.141 第三吉田丸 (2) YOSHIDA MARU No.3 22313/NTDL→JCYD 4,646G/T 2,438HP 9.5/12.6kt
起工 1918.6.4(大7) 進水 1918.11.14(大7) 竣工 1918.12.18(大7) 山下汽船株式会社(浦賀)
第三吉田丸 YOSHIDA MARU No.3 137番船が日米船鉄交換船として提供されたための代替船として建造
1921.9(大10)北米航路・日本/北米/濠州に就航
1923.3.16(大12)山下汽船鑛業(株)(神戸)に移籍
1924.12.25(大13)山下汽船(株)(神戸)に移籍
1944.8.24(昭19)台湾の三貂角の沖3浬(25.13N,121.49E)で米潜RONQUIL(SS-396)の雷撃により沈没
第三吉田丸
第三吉田丸 Yoshida Maru No.3
10. Sno.142 廣永丸 KOEI MARU 22293/NTCF 4,739G/T 2,438HP
起工 1918.1.14(大7) 進水 1918.4.16(大7) 竣工 1918.6.3(大7) 廣海商事株式会社(西宮)
廣永丸 KOEI MARU
1930.2.7(昭5)石原産業海運(合)(京都・府中)に売却、昌仁丸 SHOJIN MARU と改名
11. Sno.148 神邦丸 (2) SHINPO MARU 7165/LTDS 4,736G/T 2,400HP
起工 1917.12.6(大6) 進水 1918.2.12(大7) 竣工 1918.3.26(大7) 岸本汽船株式会社(浦賀)
神邦丸 SHINPO MARU
12. Sno.147 玉津丸 TAMATSU MARU 25085/RMBH→JTPD 4,646G/T 2,100NHP/2,400IHP 9/10kt
起工 1918.12.24(大7) 進水 1919.4.21(大8) 竣工 1919.5.20(大8) 山下汽船株式会社(東京)
玉津丸 TAMATSU MARU
1919.5(大8)國際汽船(株)(神戸)の設立に伴い移籍
1932(昭7)嶋谷汽船(株)(神戸)に売却
1943.9.16(昭18)ペナン港内(5.45N,100.15E)で火災、沈没
1943.10.26(昭18)合併に伴い三井船舶(株)(東京)に移籍(戦禍未公開のため名目上継承)
13. Sno.152 比叡山丸 HIYEIZAN MARU 22320/NTDW→JNQD 4,614G/T 2,400IHP 10/11kt
起工 1918.11.29(大7) 進水 1919.1.28(大8) 竣工 1919.2.25(大8) 鈴木商店(横浜)
比叡山丸 HIYEIZAN MARU
1919(大8)國際汽船(株)(神戸)に売却
1932.6.10(昭7)栗林商船(株)(石川・函館)に売却
1933(昭8)神祐丸 SHINYU MARU と改名
1944.9.22(昭19)ダバオ(7.30N,120.45E)で米潜RASHER(SS-269)の雷撃により沈没
比叡山丸
神祐丸 Shinyu Maru
14. Sno.149 盛岡丸 MORIOKA MARU 27691/SDRC→JOKD 4,469G/T 185/2,842HP 10kt
起工 1920.4.6(大9) 進水 1920.7.21(大9) 竣工 1920.9.22(大9) 日本郵船株式会社(東京)
盛岡丸 MORIOKA MARU
1942.3.4(昭17)崎戸から高雄に向け航行中、長崎県崎戸沖(32.55N,120.26E)で触雷により沈没
盛岡丸
盛岡丸 Morioka Maru
15. Sno.150 すゑず丸 SUEZ MARU 25090/RMBP→JSCD 4,645G/T 2,400IHP 10/11kt
起工 1919.5.1(大8) 進水 1919.6.25(大8) 竣工 1919.8.17(大8) 山下汽船株式会社(神戸)
すゑず丸 SUEZ MARU
1919(大8)國際汽船(株)(神戸)に売却
1932.10(昭7)栗林商船(株)(東京)に売却
1943.11.29(昭18)陸軍徴傭船としてアンボンからジャカルタに向け航行中、ジャワ海(6.20S,116.30E)で米潜BONEFISH(SS-223)の雷撃により沈没
16. Sno.151 愛媛丸 YEHIME MARU 25094/RMBV→JAXD 4,655G/T 2,500HP 9.5/10.4kt
起工 1919.9.17(大8) 進水 1919.12.14(大8) 竣工 1920.1.15(大9) 山下汽船株式会社(神戸)
愛媛丸 YEHIME MARU
愛媛丸
愛媛丸 Yehime Maru
17. Sno.153 いーすたん ぶりーず EASTERN BREEZE 25092/RMBS 4,729G/T 2,946HP
起工 1919.5.10(大8) 進水 1919.8.26(大8) 竣工 1919.10.7(大8) 浦賀船渠株式会社(浦賀)
いーすたん ぶりーず EASTERN BREEZE
1919.11.14(大8)U. S. Shipping Board,U. S. A.に提供。第2次日米船鉄交換船の引渡し第1船
18. Sno.154 いーすたん げーる EASTERN GALE 25093/RMBT 4,758G/T 3,150HP
起工 1919.6.10(大8) 進水 1919.10.11(大8) 竣工 1919.11.6(大8) 浦賀船渠株式会社(浦賀)
いーすたん げーる EASTERN GALE
1919(大8)U. S. Shipping Board,U. S. A.に提供
19. Sno.155 イースタン・テンペスト EASTERN TEMPEST 4,732G/T 3,348HP
起工 1919.7.9(大8) 進水 1920.3.5(大9) 竣工 1920.4.10(大9) U. S. Shipping Board
イースタン・テンペスト EASTERN TEMPEST
イースタン・テンペスト
イースタン・テンペスト Eastern Tempest

SNo.133 常盤丸 TOKIWA MARU (1917)
19796/NFPR 木造貨物船 756G/T 起工 1916.10.5(大5) 進水 1916.9(大5) 竣工 1917.5.22(大6)
Lpp 57.24(187.8') B 9.60(31.5') D 5.64(18.5') m 主機 R 3連成 224NHP/2,392IHP 1基 10/12kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.133 常盤汽船株式会社(垂水)
常盤丸 TOKIWA MARU

MECANICIEN DONZEL型 5隻 MECANICIEN DONZEL Class (1918 - 1919)
浦賀船渠が大正期に建造した11,000重量トン級の大型標準型貨物船。MECANICIEN DONZELおよびDOCTEUR PIEREBENOTはフランスのM.M.社(Messageries Maritimes)が第1次世界大戦による自国の造船所多忙のために三菱神戸造船所の呉葉丸、淺野造船所のA型(ADENおよびCAPTAIN FOURE)と共に日本から購入した大型貨物船である。EAST INDIANは日米船鉄交換船として提供された。
貨物船 Lpp 135.64(445'-0") B 17.68(58'-0") D 12.19(40'-0") m 主機 R 3連成 2基
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造
1. Sno.131 MECANICIEN DONZEL 8,227G/T 12,000D/W 5,294HP
起工 1917.7.4(大6) 進水 1917.12.16(大6) 竣工 1918.2.20(大7) Messageries Maritimes(France)
MECANICIEN DONZEL
1918.6.3(大7)コルシカ島沖で独潜UB-49の雷撃により沈没
2. Sno.143 DOCTEUR PIEREBENOT 8,231G/T 2,745HP
起工 1917.7.24(大6) 進水 1918.3.10(大7) 竣工 1918.3.27(大7) 淺野合資会社(横浜)
DOCTEUR PIEREBENOT
3. Sno.132 米國丸 BEIKOKU MARU 8,225G/T 2,810HP
起工 1917.12.22(大6) 進水 1918.5.27(大7) 竣工 1918.7.15(大7) 淺野合資会社(横浜)
米國丸 BEIKOKU MARU
1918(大7)日米船鉄交換船としてU. S. Shipping Board,U. S. A.に売却、EAST INDIANと改名
1918.7.31(大7)引渡しのため本邦を出航
1918.8.26(大7)サンフランシスコで引渡し
1926(大15)Ford Motor Co.,Wilmingtonに売却後、Sun Shipbuilding & Drydock Co.で主機をD) Sun-Doxford 2基へ換装
1942.3.11(昭17)カルカッタからニューヨークに向け航行中、南アフリカ沖の大西洋(37.23S,013.34E)で独潜U-181の雷撃により沈没(http://www.wrecksite.eu/による)
米國丸
East Indian
4. Sno.144 BANGKOK 8,229G/T 2,300HP
起工 1919.5.13(大8) 進水 1919.11.26(大8) 竣工 1919.12.14(大8) 淺野合資会社(横浜)
BANGKOK
1919(大8)Soc De Nav A Vapeur France-Indo-Chine,Dunkirkに売却
1941.11.2(昭16)Durban近海で英軍に拿捕
1942(昭17)The Ministry Of War Transport,Liverpoolに移籍、BANGKOK IIと改名
1944.5(昭19)Soc De Nav A Vapeur France-indo-chine,Le Havreに移籍、BANGKOKと改名
1949(昭24)Compagnie Maritime Des Chargeurs Reunis,Dunkerqueに売却
1954(昭29)La Speziaで解体

Bangkok
5. Sno.145 明宇丸 MEIWU MARU 関142/QBNK 8,230G/T 11,643D/W 5,294IHP 10.5/15.14kt
起工 1918.4.13(大7) 進水 1918.8.9(大7) 竣工 1918.10.5(大7) 淺野合資会社(横浜)
明宇丸 MEIWU MARU
1919(大8)大正海運(株)(大連)に売却
1943.1.20(昭18)南洋方面(3.24N,154.13E)で米潜SILVERSIDES(SS-236)の雷撃により沈没
1944.3(昭19)明治海運(株)(神戸)に移籍(注:合併時には既に戦没してるため便宜上)
明宇丸
明宇丸 Meiwu Maru

1936.6.9 - City of Vancouver Archives

第一南洋丸型 3隻 NANYO MARU No.1 Class (1918 - 1919)
貨客船 Lpp 60.96(200'-0") B 9.75(32'-0") D 6.93(22'-9") m 主機 R 3連成 1基
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 山下汽船株式会社(神戸)
1. Sno.162 第一南洋丸 NANYO MARU No.1 22307/NTDC→JQUE 1,274G/T 809IHP 9/11.5kt
起工 1918.6.13(大7) 進水 1918.8.27(大7) 竣工 1918.10.26(大7) 第一南洋丸 NANYO MARU No.1 船客 1等5, 2等 3等45
1923.3.16(大12)山下汽船鉱業(神戸)に移籍
1924.12.25(大13)山下汽船(株)(神戸)に移籍
1934.2.23(昭9)小川(名)会社(神戸)に売却、同年3月2日、北征丸 HOKUSEI MARU と改名
1943.9.21(昭18)樺太の南東沖合で雷撃により沈没
2. Sno.161 第二南洋丸 NANYO MARU No.2 22312→朝992/NTDK→PGCD→LUNB 1,274G/T 106NHP/882IHP 11.36kt
起工 1918.7.6(大7) 進水 1918.9.30(大7) 竣工 1918.12.18(大7) 第二南洋丸 NANYO MARU No.2 船客 1等5, 2等 3等45
1920.4.23(大9)Anglo-India Colonia Nav.(British)に売却
1921.11.29(大10)山下汽船(株)(神戸)に再売却、北洋丸 HOKUYO MARU と改名
1922.6.9(大11)朝鮮郵船(株)(仁川)に売却、羅南丸 RANAN MARU と改名
1934.11.7(昭9)佐渡沖北方で荒天のため避難中に火災が発生、沈没
1935.2.15(昭10)登録を抹消。昭和11年版日本船名録より削除
3. Sno.163 第三南洋丸 NANYO MARU No.3 22319→32485/NTDV→THVP→JDVA 1,277G/T 92NHP/650IHP 9/10.9kt
起工 1918.10.7(大7) 進水 1918.12.19(大7) 竣工 1919.2.3(大8) 第三南洋丸 NANYO MARU No.3 船客 1等__, 2等21, 3等31
1920.4.16(大9)Anglo-India Colonia Nav.(British)に売却
1921.11.29(大10)山下汽船(株)(西宮)に売却、瑞昌丸 ZUISHO MARU と改名
1922.3.19(大11)北洋商船(株)(西宮)に売却、北成丸 HOKUSEI MARU と改名
1927(昭2)北陸汽船(株)(兵庫・高砂→富山・伏木)に売却
1935.2.7(昭10)日之出汽船(株)(東京)に売却
1945.7.29(昭20)朝鮮の九龍浦沖迎日湾(36.05N,129.30E)で空爆により沈没

SNo.146 香洋丸 KOYO MARU (1919)

香洋丸
香洋丸 Koyo Maru

S.Kizu
東洋汽船の朝洋丸型の1隻で本船のみ浦賀船渠で建造された。淺野造船所のB型標準貨物船と同型。発注者は淺野合資、後に東洋汽船へ転売。朝洋丸と本船は船価がもっとも高い時期に発注され重量トンあたり800円、1隻約700万円であった。
25837/RQFJ→JKDD 貨物船 5,471G/T 8,709D/W
起工 1919.2.15(大8) 進水 1919.5.5(大8) 竣工 1919.7.5(大8)
Lpp 121.92(400'-0") B 16.15(53'-0") D 9.75(32'-0") m 主機 R 3連成 258NHP/3,368IHP 1基 10/14.53kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.146 淺野合資会社(東京)
香洋丸 KOYO MARU
1919(大8)東洋汽船(株)(東京)に売却
1944.2.23(昭19)小笠原諸島(28.49N,141,13E)で米潜SNOOK(SS-279)の雷撃により沈没

中華丸型 3隻 CHUKWA MARU Class (1920 - 1921)

中華丸
中華丸 Chukwa Maru
山下汽船が発注した中型の貨客船。同社初の定期航路である台湾航路に就航した。中華丸と大華丸は大阪商船の貨物船あむうる丸との船腹交換のため移籍。
貨客船 Lpp 85.34(280'-0") B 13.18(43'-3") D 6.40(21'-0") m 主機 R 3連成 1基
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 山下汽船株式会社(神戸)
1. Sno.157 中華丸 CHUKWA MARU 25096/RMCB→JSQA 2,188G/T 2,851D/W 1,435IHP 10/12.6kt
起工 1919.10.15(大8) 進水 1920.1.26(大9) 竣工 1920.2.18(大9) 中華丸 CHUKWA MARU 船客 1等21 3等24
1923.3.16(大12)山下汽船鑛業(株)(神戸)に移籍
1924.12.25(大13)山下汽船(株)(神戸)に移籍
1934.5.7(昭9)大阪商船(株)(大阪)のあむうる丸と山下汽船(神戸)の中華丸、大華丸の2隻を船腹交換、大阪商船(株)(大阪)に移籍
1939.8.12(昭14)東亞海運(株)(東京)に売却
1944.9.24(昭19)フィリピンのセブ島(11.11N,123.11E)の北方海上で空爆により沈没(米潜RASHER(SS-269)の雷撃により沈没の記録もある)
2. Sno.158 華南丸 KWANAN MARU 25102/RMCK 2,188G/T 123NHP/1,651IHP 10/12.5kt
起工 1919.11.14(大8) 進水 1920.5.25(大9) 竣工 1920.8.1(大9) 華南丸 KWANAN MARU 船客 1等7: 3等8
1923.3.16(大12)山下汽船鑛業(株)(神戸)に移籍
1924.12.25(大13)山下汽船(株)(神戸)に移籍
1931.12.4(昭6)台湾の基隆の沖で荒天のため座礁、沈没
帝國海事協會船級登録第1船(わが国初のNK船級船)
3. Sno.164 大華丸 TAIKWA MARU 21105/RMCP→JTKD 2,196G/T 2,885D/W 1,300NHP/1,689IHP 9.5/12.5kt
起工 1920.6.28(大9) 進水 1921.2.8(大10) 竣工 1921.3.22(大10) 大華丸 TAIKWA MARU 船客 1等17: 3等105
1923.3.16(大12)山下汽船鑛業(株)(神戸)に移籍
1924.12.25(大13)山下汽船(株)(神戸)に移籍
1934.5.7(昭9)大阪商船(株)(大阪)のあむうる丸と山下汽船(神戸)の大華丸と中華丸の2隻を船腹交換のため大阪商船(株)(大阪)に移籍
1939.8.12(昭14)東亞海運(株)(東京)に売却
1942.9.7(昭17)台湾の富貴角沖(25.31N,125.33E)で米潜GROWLER(SS-215)の雷撃により沈没
大華丸
大華丸 Taikwa Maru

S.Kizu

SNo.156 エヂプト丸 EGYPT MARU (1920)

エヂプト丸
エヂプト丸 Egypt Maru
載貨重量1万400トン級の大型貨物船。浦賀船渠の筆頭株主となった山下汽船が発注した一連の船舶で、國際汽船の設立に際して同社の名義で建造、玉津丸、すゑず丸と共に未登録のまま引渡した。本船には同型船はない。
25097/RMCD→JEDD 貨物船 6,709G/T 起工 1919.11.17(大8) 進水 1920.2.13(大9) 竣工 1920.3.2(大9)
Lpp 121.92(400'-0") B 16.38(53'-9") D 8.99(29'-6") m 主機 R 3,500IHP 1基 10/13.9kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.156 山下汽船株式会社(神戸)
エヂプト丸 EGYPT MARU
1920.3.2(大9)國際汽船(株)(神戸)に売却
1929(昭4)上野汽船(合)合資(大阪)に売却、隆洋丸 RYUYO MARU と改名
1941(昭16)上野商船(大阪)に移籍
1943.10(昭18)山本汽船(株)(神戸)に売却
1944.1.1(昭19)フィリピンのミンダナオ島ザンボアンガの北西(8.24N,122.56E)で米潜PUFFER(SS-268)の雷撃により沈没

羽後丸型 2隻 UGO MARU Class (1920)

羽後丸
羽後丸 Ugo Maru
貨物船 Lpp 100.58(330'-0") B 14.02(46'-0") D 9.14(30'-0") m 主機 R 3連成 1基
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造
1. Sno.169 羽後丸 UGO MARU 25099/RMCG→JDED 3,684G/T 236NHP/3,000IHP 10/13.9kt
起工 1919.12.14(大8) 進水 1920.4.16(大9) 竣工 1920.5.16(大9) 野口汽船株式会社(神戸)
羽後丸 UGO MARU
1934.4.11(昭9)神戸海上陸送火災保険会社を通じ北日本汽船(株)(小樽)に売却
1943.11.16(昭18)合併に伴い大阪商船(株)(大阪)に移籍
1944.10.20(昭19)ボルネオ島北方(4.45N,113.30E)で米潜HAMMERHEAD(SS-364)の雷撃により沈没
2. Sno.166 いーすたーん そーど EASTERN SWORD 3,855G/T 2,970HP
起工 1919.12.24(大8) 進水 1920.5.15(大9) 竣工 1920.8.29(大9) U. S. Shipping Board(U. S. A.)
いーすたーん そーど EASTERN SWORD 大正8年(1919)6月3日付で(株)旭造船所から浦賀船渠(株)へ建造引継ぎ
いーすたーん そーど
いーすたーん そーど Eastern Sword

長水丸型 2隻 CHOSUI MARU Class (1920)
鉄道連絡船 Lpp 35.05(115'-0") B 8.53(28'-0") D 3.20(10'-6") m 主機 R 3連成 2基
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 鐵道省(東京)
1. Sno.180 長水丸 CHOSUI MARU 25103/RMCL→JCCE 410G/T 31D/W 318IHP 10.13kt
起工 1920.5.3(大9) 進水 1920.7.29(大9) 竣工 1920.12.4(大9) 長水丸 CHOSUI MARU 船客 1等5 3等744 手押車37輌
1920.11.27(大9)下関/門司航路へ就航
1943.11.1(昭18)運輸通信省(東京)に移籍
1945.5.19(昭20)運輸省鉄道総局(東京)に移籍
1949.6.1(昭24)日本国有鉄道(東京)に移籍
1964.10.31(昭39)終航
1965(昭40)売却
2. Sno.181 豊山丸 HOZAN MARU 25104/RMCL→JFOI 410G/T 304IHP 9.6kt
起工 1920.5.3(大9) 進水 1920.7.27(大9) 竣工 1920.12.4(大9) 豊山丸 HOZAN MARU 船客 1等5 3等744 手押車37輌
1920.12.27(大9)下関/門司航路へ就航
1943.11.1(昭18)運輸通信省(東京)に移籍
1945.5.19(昭20)運輸省鉄道総局(東京)に移籍
1949.6.1(昭24)日本国有鉄道(東京)に移籍
1961.6.16(昭36)終航
1962(昭37)売却
豊山丸
豊山丸 Hozan Maru

廬山丸型 2隻 LU SHAN MARU Class (1920 - 1921)
貨客船 Lpp 86.72(284'-6") B 12.95(42'-6") D 7.01(23'-0") m 主機 R 3連成 1基
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 日清汽船株式会社(東京)
1. Sno.175 廬山丸 LU SHAN MARU 27705/SDTB→JTOD 2,531G/T 2,342HP 10/13kt
起工 1920.5.3(大9) 進水 1920.10.6(大9) 竣工 1920.12.17(大9) 廬山丸 LU SHAN MARU 船客 1等20, 2等__ ,3等110
1939.8.5(昭14)東亞海運(株)(東京)の設立に伴い移籍
1944.2.5(昭19)東シナ海の東沙群島沖(21.48N,116.19E)で空爆により沈没
2. Sno.176 嵩山丸 SUNG SHAN MARU 28098/SGLF→JECD 2,530G/T 2,342HP 10/13kt
起工 1920.9.7(大9) 進水 1920.12.28(大9) 竣工 1921.2.27(大10) 嵩山丸 SUNG SHAN MARU 船客 1等20, 2等__ ,3等110
1937.8(昭12)上海の浦東水道で中国軍の攻撃を受けて沈没
1938.4.27(昭13)日本サルヴェージにより浮揚着手、同年7月3日浮揚に成功
1939.8.5(昭14)東亞海運(株)(東京)の設立に伴い移籍
1944.2.5(昭19)南シナ海の沙群島沖(21.48N,116.19E)で空爆により沈没
嵩山丸
嵩山丸 Sung Shan Maru

SNo.185 鈴浦丸 SUZUURA MARU (1921)
25106/JEAE 曳船 114G/T 起工 1921.4.19(大10) 進水 1921.9.27(大10) 竣工 1921(大10)
Lr 27.13 B 5.46 D 3.41 m 主機 R 2連成 150IHP 2基 7kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.185 浦賀船渠株式会社(浦賀)
鈴浦丸 SUZUURA MARU

翔鳳丸型 2隻 SHOHO MARU Class (1924)

翔鳳丸
翔鳳丸 Shoho Maru
凾航路用に4隻計画されたわが国初の旅客兼車輌渡船。船体は軽構造とし、車輌甲板には3条の軌条を敷設した。3等客室は従来の蚕棚式を廃止して広々となっている。浦賀船渠で起工された翔鳳丸と飛鸞丸は進水後、関東大震災のために工事遅延を来たした。
客載車輌渡船 Lpp 106.68(350'-0") B 15.85(52'-0") D 6.71(22'-0") m 主機 T 2基 鐵道省(東京)
1. Sno.200 翔鳳丸 SHOHO MARU 29881/SPWB→JONA 3,460G/T 1,269D/W 5,730SHP 16.95kt
起工 1922.8.10(大11) 進水 1923.5.29(大12) 竣工 1924.4.19(大13)
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 翔鳳丸 SHOHO MARU 船客 1等39 2等208 3等648
1924.5.21(大13)函航路に就航
1945.7.14(昭20)青森港第2号浮標の北東2浬で空爆により沈没
2. Sno.201 飛鸞丸 HIRAN MARU 30479/STNM→JPIA 3,459G/T 1,269D/W 5,843SHP 17.02kt
起工 1922.10.12(大11) 進水 1923.8.16(大12) 竣工 1924.12.15(大13)
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 飛鸞丸 HIRAN MARU 船客 1等39 2等208 3等648
1945.7.14青森港第2号浮標の北東で空爆により沈没
飛鸞丸
飛鸞丸 Hiran Maru

SNo.172 東星丸 TOHSEI MARU (1926)

東星丸
東星丸 Tohsei Maru
浦賀船渠のストックボートとして建造
29890/SPWM→JKMB 貨物船 5,484G/T 起工 1926.7.1(大15) 進水 1926.8.24(大15) 竣工 1926.9.30(大15)
Lpp 121.92(400'-0") B 16.15(53'-0") D 9.75(32'-0") m 主機 T 3,039SHP 1基 11.5/12kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.172 山下汽船株式会社(神戸)
東星丸 TOHSEI MARU
1943.12.12(昭18)マルク諸島のハルマヘラ島カオ村沖(2.43N,126.56E)で米潜TUNA(SS-203)の雷撃により沈没

SNo.291 利尻丸 RISHIRI MARU (1924)
砕氷型曳船 140G/T 起工 1924.8.20(大13) 進水 1924.10.19(大13) 竣工 1924.11.26(大13)
Lpp 24.38(80'-0") B 6.40(21'-0") D 3.05(10'-0") m 主機 R 3連成 460IHP 2基 9.85kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.291 鐵道省
利尻丸 RISHIRI MARU 船客 3等246
1946.7.1(昭21)小湊へ転配
1967.8.14(昭42)函館で野呂(不詳)に2,850,000円で売却

SNo.208 櫻丸 SAKURA MARU (1922)
28874/SLCH→JFGC 貨客船 299G/T 起工 1922.3.28(大11) 進水 1922.5.25(大11) 竣工 1922.6.29(大11)
Lpp 44.20 B 7.10 D 4.10 m 主機 R 64NHP/510IHP 11/13kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.208 東京灣汽船株式会社(東京)
櫻丸 SAKURA MARU 船客 1等8 2等65 3等170
1928.4(昭3)旅客船に改装
1936.4.8(昭11)藤岡貞一(京都・府中)に売却
1937(昭12)船名録より削除

Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2018.7