船歴 本邦建造船49 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

浦賀重工業株式会社浦賀造船所

津軽丸型 2隻 TSUGARU MARU Class (1964 - 1966)

津軽丸
津軽丸 Tsugaru Maru
客載車輌渡船 Lpp 123.00 B 17.90 D 7.20 m 日本国有鉄道(東京)
Sno.846 津軽丸 TSUGARU MARU 94725/JQUW 8,278G/T
主機 D M.A.N. V8V22/30mAL 12,800PS 8基 2軸 18.2/21.5kt
起工 1963.5.24(昭38) 進水 1963.11.15(昭38) 竣工 1964.3.31(昭39)
浦賀重工業株式会社浦賀造船所(浦賀)建造 津軽丸 TSUGARU MARU
1967(昭42)法律改正による総トン数変更
1983(昭58)大久保尚志(東京)に売却
1985(昭63)HAE JONと改名
1988(昭63)Transoceanic Alliance S. A.(Panama)に売却、AL JAWAHERと改名
1998.5.21(平10)スエズで火災事故
Sno.885 十和田丸 (2) TOWADA MARU 100786/JMUK 8,335G/T
主機 D 川崎M.A.N. V8V22/30mAL 12,800PS 8基 2軸 18.2/31.57kt
起工 1966.2.15(昭41) 進水 1966.6.23(昭41) 竣工 1966.10.16(昭41)
浦賀重工業株式会社浦賀造船所(浦賀)建造 十和田丸 TOWADA MARU
1967(昭42)法律改正による総トン数変更
十和田丸
十和田丸 Towada Maru

SNo.847 上総丸 KAZUSA MARU (1964)

上総丸
上総丸 Kazusa Maru

1979.9.2 横浜港
第二港湾建設局所有
94686/JKPE 浚渫船(グラブ) 2,118G/T 起工 1963.4(昭38) 進水 1963.10(昭38) 竣工 1964.2(昭39)
Lpp 59.00 B 19.50 D 5.00 m 主機 D ダイハツ 900PS 2基 7/8kt
浦賀重工業株式会社浦賀造船所(浦賀)建造 Sno.847 運輸省港湾局(東京)
上総丸 KAZUSA MARU 浚渫能力 360x1 浚渫震度 24 泥艙(底開) 1100

SNo.872 和歌山丸 (1) WAKAYAMA MARU (1965)

和歌山丸
和歌山丸 Wakayama Maru

S.Kizu
98322/JQAN 石炭専用船 24,654G/T 起工 1965.1.14(昭40) 進水 1965.6.14(昭40) 竣工 1965.7.24(昭40)
Lpp 197.00 B 29.50 D 16.20 m 主機 D 14,400PS 1基 14.9/17.34kt
浦賀重工業株式会社浦賀造船所(浦賀)建造 Sno.872 第一中央汽船株式会社(東京)
和歌山丸 WAKAYAMA MARU 20次
1975.10.31(昭50)Hight Tide Navigation S. A.(Panama)に売却、OCEAN RHYTHMと改名
1978(昭53)Volkan Denizcilik ve Ticaret Anon Sirketi(Turkey)に売却、GURHAN GUNERと改名
1992.6.21(平4)解体のため中国の業者に売却

SNo.875 ジャパン ダリア JAPAN DAHLIA (1966)

ジャパン ダリア
ジャパン ダリア Japan Dahlia
B.P.社向けに建造された大型油槽船。三国間向けの油槽船はいずれもスエズ運河通航を考慮した船型であった。
100072/JGQQ 油槽船 44,263G/T 75,716D/W
起工 1966.1.11(昭41) 進水 1966.6.2(昭41) 竣工 1966.9.2(昭41)
Lpp 232.00 B 37.12 D 18.00 m 主機 D 住友玉島Sulzer 9RD90 20,700PS 1基 15.6/16.5kt
浦賀重工業株式会社浦賀造船所(浦賀)建造 Sno.875 ジャパンライン株式会社(東京)
ジャパン ダリア JAPAN DAHLIA 21次
1972.7.31(昭47)Pharaoh Shipping Co. S. A.,Panamaに売却、STRAITS DAHLIAと改名
1982(昭57)台湾の高雄で解体

SNo.874 だあういん丸 DARWIN MARU (1966)

だあういん丸
だあういん丸 Darwin Maru

S.Kizu
100784/JMTW 鉱石専用船 23,842G/T 37,822D/W
起工 1966.4.5(昭41) 進水 1966.8.1(昭41) 竣工 1966.9.26(昭41)
Lpp 183.00 B 29.50 D 14.90 m 主機 D 浦賀Sulzer 8RD76 12,800BHP 1基 14.8/16.5kt
浦賀重工業株式会社浦賀造船所(浦賀)建造 Sno.874 第一中央汽船株式会社(東京)
だあういん丸 DARWIN MARU 22次 旅客1名
1977.9.27(昭52)Farelo Shipping Inc.(Liberia)に売却、DARWIN MARUと改名
1978(昭53)Astramar Cia.de Navegacion S. A.(Argentina)に売却、ASTRANORTE IIと改名
1982(昭57)Marifram S. A.(Argentina)に売却
1986.7.30(昭58)解体のためブラジルの業者に売却、ロザリオに向けブエノスアイレスを出航

恵昭丸型 2隻 KEISHO MARU Class (1967 - 1968)

恵昭丸
恵昭丸 Keisho Maru

S.Kizu
チップ専用船 Lpp 160.00 B 25.00 D 17.10 m 主機 D 住友玉島Sulzer 6RD68 1基
浦賀重工業株式会社浦賀造船所(浦賀)建造 昭和海運株式会社(東京)
Sno.886 恵昭丸 KEISHO MARU 100877/JGYJ 18,719G/T 25,355D/W 7,200PS 14.23/16.73kt
起工 1966.11.1(昭41) 進水 1966.12.27(昭41) 竣工 1967.4.1(昭42) 恵昭丸 KEISHO MARU 22次
1977.3.10(昭52)Jupiter Nav. Co. S. A.,Panamaに売却、CHUNG SAMと改名
1982(昭57)Sincere Industrial Corp.,Taiwanに売却、SINCERE CHUNGSAMと改名
1988.2.26(昭63)解体のため売却、台湾の高雄に到着
Sno.895 大輝丸 DAIKI MARU 103499/JEQB 18,799G/T 24,928D/W 8,000PS 14.58/16.46kt
起工 1967.10.25(昭42) 進水 1968.2.16(昭43) 竣工 1968.5.9(昭43) 大輝丸 DAIKI MARU 23次
1978.7.21(昭53)Kai Sun Shipping Co. S. A.,Panamaに売却、BRILLIANT STARと改名
1982(昭57)BRILLIANT SKYと改名
1984(昭59)Ryde Navigation Corp.,Panamaに売却
1987.3.12(昭62)解体のため売却、釜山に到着
大輝丸
大輝丸 Daiki Maru

City of Vancouver Archives

SNo.894 あいぼり丸 IVORY MARU (1967)

あいぼり丸
あいぼり丸 Ivory Maru

1975.4.21 明石海峡東口 - K.Sato
99554/JI2255 旅客船 2,995G/T 481D/W
起工 1966.11.19(昭41) 進水 1967.4.12(昭42) 竣工 1967.7.20(昭42)
Lpp 82.00 B 13.40 D 6.25 m 主機 D 神戸発動機 8UET39/65C 3,500PS 2基 19.5/21kt
浦賀重工業株式会社浦賀造船所(浦賀)建造 Sno.894 関西汽船株式会社(大阪)
あいぼり丸 IVORY MARU 阪神/別府航路 船客 特等)40 1等)104 特2等)101 2等)1,035
1977(昭52)関汽外航(別府)に売却、関西汽船(大阪)が傭船
1980(昭55)関西急行フェリー(別府)に売却、関西汽船(大阪)が傭船
1988(昭63)関西汽船(株)(大阪)に売却
1992.8.3(平4)引退、係船。同年、Venture Shipping Ltd.,Panamaに売却、VERGINA CITYと改名
1993(平5)Lloyd's Register 1993-1994年版に掲載

SNo.892 和歌浦丸 WAKAURA MARU (1967)

和歌浦丸
和歌浦丸 Wakaura Maru
99573/JMBE 石炭専用船 24,766G/T 43,990D/W
起工 1966.12.26(昭41) 進水 1967.6.8(昭42) 竣工 1967.7.31(昭42)
Lpp 189.00 B 29.50 D 16.20 m 主機 D 浦賀Sulzer 9RD76 14,400PS 1基 15.2/17.36kt
浦賀重工業株式会社浦賀造船所(浦賀)建造 Sno.892 大阪商船三井船舶株式会社(東京)
和歌浦丸 WAKAURA MARU 22次
1978.5.30(昭53)Seacontractor Shipping Co. Ltd.,Cyprusに売却、ELLINAと改名
1986(昭61)解体のため売却、朝鮮のInchonで解体

SNo.899 丸住丸 MARUSUMI MARU (1967)

丸住丸
丸住丸 Marusumi Maru
丸住製紙のパルプ原料となる木材チップ運搬のために計画され、日本/北米西岸間に就航した。
101866/JIVA チップ専用船 19,587G/T 24,207D/W
起工 1967.5.6(昭42) 進水 1967.7.5(昭42) 竣工 1967.10.6(昭42)
Lpp 166.00 B 23.70 D 17.50 m 主機 D 浦賀Sulzer 6RD68 8,000PS 1基 13.6/16.1kt
浦賀重工業株式会社浦賀造船所(浦賀)建造 Sno.899 八馬汽船株式会社(東京)
丸住丸 MARUSUMI MARU 23次
1967.10.6(昭42)日本郵船(株)(東京)と共有
1978(昭53)Green Lines Shipping Co. Ltd. S.A.,Panamaに売却、SUNWAYと改名
1980(昭55)Bastion Shipping Co. S.A.,Panamaに売却、ORIENT PEGASUSと改名
1983(昭58)Kido Colour Shipping Co. S.A.,Panamaに売却、VICTORY STARと改名
1984(昭59)Lord Way Shipping S.A.,Panamaに売却、CEREZA 1と改名
1985.1.18(昭60)堺で解体

SNo.900 ぽうとらった丸 PORT LATTA MARU (1968)

ぽうとらった丸
ぽうとらった丸 Port Latta Maru

S.Kizu
101084/JEEV 鉱石専用船 50,817G/T
起工 1967.7.19(昭42) 進水 1967.11.30(昭42) 竣工 1968.1.31(昭43)
Lpp 237.00 B 38.50 D 19.30 m 主機 D 浦賀Sulzer 9RD90 20,700BHP 1基 15.38/16.38kt
浦賀重工業株式会社浦賀造船所(浦賀)建造 Sno.900 第一中央汽船株式会社(東京)
ぽうとらった丸 PORT LATTA MARU
1989(昭64)Gold Block Inc.(Panama)に売却、SEA HAWと改名
1990(平2)White Castle Marine Ltd.(Cyprus)に売却、IRON ANTONISと改名
1994.9.3(平6)ブラジルのトゥバロンから中国に向け航行中、アセンション島の南方1,200哩(27.29S,13.47W)で荒天のため浸水、以後、消息不明

SNo.904 伸陽丸 SHINYO MARU (1968)
103864/JETR チップ専用船 20,378G/T 24,072D/W
起工 1967.11.15(昭42) 進水 1968.3.14(昭43) 竣工 1968.5.31(昭43)
Lpp 165.00 B 25.00 D 17.70 m 主機 D 住友玉島Sulzer 6RD68 8,000PS 1基 14.3/16.12kt
浦賀重工業株式会社浦賀造船所(浦賀)建造 Sno.904 共栄タンカー株式会社(東京)
伸陽丸 SHINYO MARU 23次
1974.6.28(昭49)日本郵船(株)(東京)に売却
1978.10.9(昭53)酒田通商を通じてKuk Jeh Shipping Co. Ltd., South Koreaに売却、GREEN STARと改名
1986(昭61)Free Star Shipping Co. Ltd., Maltaに売却、FREE STARと改名
1987.3.9(昭62)解体のためTai Sheng Steel Co. Ltd., Taiwanに売却、台湾の高雄に到着

SNo.905 仁光丸 JINKO MARU (1968)
貨物船 13,942G/T 起工 1968.4.15(昭43) 進水 1968.9.17(昭43) 竣工 1968.11.29(昭43)
浦賀重工業株式会社浦賀造船所(浦賀)建造 Sno.905 三光汽船株式会社(大阪)
仁光丸 JINKO MARU

SNo.916 第二全購連丸 ZENKOREN MARU No.2 (1969)

第二全購連丸
第二全購連丸 Zenkoren Maru No.2

S.Kizu
104726/JPVO 穀物専用船 30,601G/T 50,040D/W
起工 1968.7.15(昭43) 進水 1968.10.11(昭43) 竣工 1969.1.10(昭44)
Lpp 196.00 B 32.20 D 17.90 m 主機 D 浦賀Sulzer 8RD76 12,800PS 1基 14.7/16.87kt
浦賀重工業株式会社浦賀造船所(浦賀)建造 Sno.916 大阪商船三井船舶株式会社(東京)
第二全購連丸 ZENKOREN MARU No.2 24次
1969.1.10(昭44)澤山汽船(株)(神戸)と共有
1976.2.1(昭51)澤山汽船(神戸)に共有分を売却
1981(昭56)ふろんていあえーす FRONTIER ACEと改名
1984.6(昭59)Almukairish Shipping S.A.,Panamaに売却、MUKAIRISH ALSADESと改名
1986(昭61)Nasser Al Mohamed Abmukairish,Saudi Arabiaに移籍
1987(昭62)Nasser M.Mukairish & Partners for Livestock & Meat Trade C.N.P.,Panamaに移籍
1996(平8)Almukairish Agricultural Development Co.,Saudi Arabiaに移籍
2004.7.19(平16)解体のためインドに売却、Alangに到着
2005(平17)Lloyd's Register 2005-2006年版より削除

SNo.909 うえいぱ丸 Weipa Maru (1969)

うえいぱ丸
うえいぱ丸 Weipa Maru

S.Kizu
105475/JKXH 撒積専用船 14,044G/T 23,973D/W
起工 1968.8.16(昭43) 進水 1968.12.18(昭43) 竣工 1969.2.21(昭44)
Lpp 158.00 B 24.00 D 13.05 m 主機 D 浦賀Sulzer 6RD76 8,160/9,600PS 1基 15.08/16.67kt
浦賀重工業株式会社浦賀造船所(浦賀)建造 Sno.909 第一中央汽船株式会社(東京)
うえいぱ丸 Weipa Maru
1972.9.28(昭47)住商リース(東京)に売却
1977.6(昭52)鋼洋(株)(東京)に売却
1982.9(昭57)Trans-World Chartering Inc.(Panama)に売却、JOANNA Pと改名。後に、Beaumont Shipping Co. Ltd.,Maltaの所有
1993.7.30(平5)中国の解体業者に売却。南通に向け上海を出航

SNo.912 だんぴあ丸 Dampier Maru (1969)

だんぴあ丸
だんぴあ丸 Dampier Maru

S.Kizu
105476/JLHO 鉱石専用船 50,451G/T
起工 1968.8.10(昭43) 進水 1968.11.30(昭43) 竣工 1969.3.1(昭44)
Lpp 237.00 B 38.50 D 19.30 m 主機 D 浦賀Sulzer 9RD90 20,700PS 1基 15.4/17.43kt
浦賀重工業株式会社浦賀造船所(浦賀)建造 Sno.912 第一中央汽船株式会社(東京)
だんぴあ丸 Dampier Maru 24次
1981.1.1(昭56)尾道丸乗組員を全員救助
1981.7.22(昭56)Taifu Maritime Carriers Inc.(Panama)に売却、TAIHU CAREERと改名
1987.12.3(昭62)解体のため売却、台湾の高雄に到着

SNo.917 島丸 SHIMA MARU (1969)

島丸
島丸 Shima Maru
105512/JDZQ チップ専用船 31,899G/T 39,319D/W
起工 1968.12.27(昭43) 進水 1969.2.15(昭44) 竣工 1969.7.31(昭44)
Lpp 185.15 B 30.30 D 20.40 m 主機 D 住友Sulzer 7RD76 11,200PS 1基 14.42/16.5kt
住友重機械工業株式会社浦賀造船所(浦賀)建造 Sno.917 日本郵船株式会社(東京)
島丸 SHIMA MARU 24次
1986(昭61)Bondad Maritima S. A., Panamaに売却、BANTAYと改名
1987(昭62)Singtala Maritime Management Inc., Philippinesに移籍
1991(平3)Magnifica Marine S. A. (TMT Co. Ltd.), Panamaに売却、BANTAIと改名
1993(平5)CLEVER DUCKLINGと改名
1994(平6)ISLANDと改名
1997(平9)AZUL CHIPと改名。同年、ISLANDと改名
1998.1.7(平10)解体のためShim Amanat Shipbreakers, Chittagongに到着

SNo.913 第三日軽丸 Nikkei Maru No.3 (1969)

第三日軽丸
第三日軽丸 Nikkei Maru No.3
豪州北端のウエイパ港から日本軽金属(清水)へボーキサイトをピストン輸送するために計画された。荷役装置はないが荷役の際に底部の浚え用のショベルカーの搭載のために特に設計されたポスト型電動油圧クレーンを有している。
104876/JIXF ボーキサイト専用船 17,872G/T 30,177D/W
起工 1969.5.15(昭44) 進水 1969.6.27(昭44) 竣工 1969.8.28(昭44)
Lpp 166.00 B 23.70 D 15.30 m 主機 D 9,600BHP 1基 14.25/16.6kt
浦賀重工業株式会社浦賀造船所(浦賀)建造 Sno.913 八馬汽船株式会社(西宮)
第三日軽丸 Nikkei Maru No.3 25次
1969.8.28(昭44)日本郵船(株)(東京)と共有
1974.6(昭49)共有分を日本郵船(東京)に売却
1983.8.11(昭58)Neapolitan Shipping S.A.,Panamaに売却、LIBEXCELと改名
2000(平12)Antonelly Shipping & Trading S.A.,Panamaに売却、EXCELと改名、同年Neapolitan Shipping Co. S.A.(Seabulk Shipping S.A.),Panamaに売却
2001.2.10(平13)解体のためインドに売却、Alangに到着

住友重機械工業株式会社浦賀造船所

SNo.929 細島丸 HOSOSHIMA MARU (1970)

細島丸
細島丸 Hososhima Maru

S.Kizu
107223/JBTR 撒積専用船 15,118G/T
起工 1969.8.20(昭44) 進水 1969.12.24(昭44) 竣工 1970.2.21(昭45)
Lpp 158.00 B 24.00 D 13.05 m 主機 D 住友Sulzer 6RD76 8,160/9,600PS 1基 14.85/16.1kt
住友重機械工業株式会社浦賀造船所(浦賀)建造 Sno.929 第一中央汽船株式会社(東京)
細島丸 HOSOSHIMA MARU 25次
1983.11.25(昭58)鋼洋(株)(東京)に売却
1985(昭60)Pacific Global Transport (liberia) Inc,Panamaに売却、HOSOSHIMAと改名
1986.5.26(昭61)解体のため台湾の高雄に到着

SNo.931 新本州丸 SHIN HONSHU MARU (1970)

新本州丸
新本州丸 Shin Honshu Maru
108791/JCLG チップ専用船 20,345G/T 23,536D/W
起工 1969.12.15(昭44) 進水 1970.3.4(昭45) 竣工 1970.6.4(昭45)
Lpp 165.00 B 25.00 D 17.70 m 主機 D 浦賀玉島Sulzer 6RD68 8,000PS 1基 13.7/15.8kt
住友重機械工業株式会社浦賀造船所(浦賀)建造 Sno.931 岡田商船株式会社(東京)
新本州丸 SHIN HONSHU MARU 25次
1970.6(昭45)日本郵船(株)(東京)と共有
1974.6.28(昭49)日本郵船(東京)の単独保有
1974(昭49)自動車運搬船に改造、神泉丸 Jinsen Maruと改名
1986(昭61)東邦マリン(東京)に売却、東邦丸 Toho Maruと改名
1988.1.26(昭63)解体のため台湾の解体業者に売却、Chin Tai Iron & Steel, Kaohsiungに到着

SNo.932 愛媛丸 (2) EHIME MARU (1970)

愛媛丸
愛媛丸 Ehime Maru

1971.7.22 伊予三島 - K.Sato
109603/JBKR チップ専用船 31,859G/T 45,960D/W
起工 1970.4.9(昭45) 進水 1970.6.30(昭45) 竣工 1970.9.10(昭45)
Lpp 188.00 B 29.40 D 20.80 m 主機 D 住友玉島Sulzer 7RD76 9,520/11,200PS 1基 15.15/16.86kt
住友重機械工業株式会社浦賀造船所(浦賀)建造 Sno.932 大阪商船三井船舶株式会社(東京)
愛媛丸 EHIME MARU
1970.9.10(昭45)大阪船舶(株)(大阪)と共有
1985(昭60)Orchid Shipping Lines S.A.,Panamaに売却、MAGNOLIAと改名
1988(昭63)解体のため売却、台湾の高雄で解体

SNo.930 鹿島丸 KASHIMA MARU (1970)

鹿島丸
鹿島丸 Kashima Maru
109735/JBJH 鉱石/石炭兼用船 65,307G/T
起工 1970.1.31(昭45) 進水 1970.7.16(昭45) 竣工 1970.9.30(昭45)
Lpp 244.00 B 40.20 D 23.90 m 主機 D 住友玉島Sulzer 8RND90 19,700/23,200PS 1基 15.32/17.54kt
住友重機械工業株式会社浦賀造船所(浦賀)建造 Sno.930 鹿島丸型 第一中央汽船株式会社(東京)
鹿島丸 KASHIMA MARU 25次
1987.3.2(昭62)解体のため売却、台湾の高雄に到着

SNo.940 新居浜丸 NIIHAMA MARU (1971)

新居浜丸
新居浜丸 Niihama Maru

S.Kizu
110894/JCAD 鉱石/石炭兼用船 44,018G/T 76,331D/W
起工 1970.8.6(昭45) 進水 1971.1.27(昭46) 竣工 1971.4.1(昭46)
Lpp 236.00 B 35.30 D 18.45 m 主機 D 住友Sulzer 9RND76 15,300/18,000PS 1基 15.15/16.92kt
住友重機械工業株式会社浦賀造船所(浦賀)建造 Sno.940 第一中央汽船株式会社(東京)
新居浜丸 NIIHAMA MARU 26次
1982.10.20(昭57)Waywiser Navigation Corp. Ltd.(Taiwan)に売却、PANAMAX JUPITERと改名
1985(昭60)Wild Geese Maritime Inc.(Panama)に売却、JASON S.と改名
1987(昭62)Loyal Shipping Co. Ltd.(Cyprus)に売却、PANAGIOTIS L. PERIVOLIOTISと改名
1993(平5)HOLY SEAと改名後、パナマ国籍となる。同年解体のため売却

SNo.943 第二セントラル CENTRAL No.2 (1971)

第二セントラル
第二セントラル Central No.2
110255/JJ2715 フェリー 5,788G/T 2,613D/W
起工 1970.9.28(昭45) 進水 1971.2.25(昭46) 竣工 1971.5.28(昭46)
Lpp 118.00 B 22.00 D 8.00 m 主機 D 川崎M.A.N. 40/54V7V 6,500/7,650PS 2基 19.5/22.784kt
住友重機械工業株式会社浦賀造船所(浦賀)建造 Sno.943 セントラルフェリー株式会社(神戸)
第二セントラル CENTRAL No.2 船客 558 ト 120 普 14

SNo.948 大海丸 TAIKAI MARU (1971)
110950/JCPY チップ専用船 31,951G/T
起工 1970.12.17(昭45) 進水 1971.3.24(昭46) 竣工 1971.6.29(昭46)
Lpp 188.00 B 29.40 D 20.80 m 主機 D 9,520/11,200BHP 15.32/17.08kt
住友重機械工業株式会社浦賀造船所(浦賀)建造 Sno.948 大阪商船三井船舶株式会社(東京)
大海丸 TAIKAI MARU
1976.9.30(昭51)日本海汽船(株)(東京)に共有分を売却
1986(昭61)Margrande Naviera S.A.,Panamaに売却、MARGRANDEと改名
1992(平4)Heritage Trading S.A.,Panamaに売却、IONIAN PRINCEと改名。同年、Lloyd's Register 1992-1993年版に掲載

SNo.941 はんぷとん丸 HAMPTON MARU (1971)

はんぷとん丸
はんぷとん丸 Hampton Maru
110982/JDDJ 鉱石/撒積/油兼用船 95,933G/T 168,859D/W
起工 1970.12.11(昭45) 進水 1971.5.29(昭46) 竣工 1971.9.4(昭46)
Lpp 145.00 B 19.50 D 12.50 m 主機 D 住友STAL LAVAL AP 28,000PS 1基 15.4/16.35kt
住友重機械工業株式会社浦賀造船所(浦賀)建造 Sno.941 はんぷとん丸型 第一中央汽船株式会社(東京)
はんぷとん丸 HAMPTON MARU 26次
1982.2.19(昭57)Outerocean Nav. Corp. Ltd(東京)に売却、GOLD TRANSPORTERと改名
1984.3(昭59)解体のため売却、台湾の高雄に到着

SNo.944 第五セントラル CENTRAL No.5 (1971)
110296/JJ2728 フェリー 5,788G/T 2,594D/W
起工 1971.2.25(昭46) 進水 1971.6.23(昭46) 竣工 1971.9.18(昭46)
Lpp 118.00 B 22.00 D 8.00 m 主機 D 川崎M.A.N. V7V 40/54 6,500/7,650PS 2基 19.5/22.37kt
住友重機械工業株式会社浦賀造船所(浦賀)建造 Sno.944 セントラルフェリー株式会社(神戸)
第五セントラル CENTRAL No.5

SNo.957 香取丸 KATORI MARU (1973)

香取丸
香取丸 Katori Maru

S.Kizu
114596/JBJH 鉱石/石炭兼用船 65,312G/T
起工 1973.1.8(昭48) 進水 1973.4.18(昭48) 竣工 1973.7.16(昭48)
Lpp 244.00 B 40.20 D 23.90 m 主機 D 住友玉島Sulzer 住友Sulzer8RND90 19,700/23,200PS 1基 15.32/17.54kt
住友重機械工業株式会社浦賀造船所(浦賀)建造 Sno.957 鹿島丸型 第一中央汽船株式会社(東京)
香取丸 KATORI MARU 28次
1988(昭63)Aglaia Oceanic Transport S. A.(Panama)に売却、KATORIと改名
1992(平4)Oceanwave Shipping Ltd.(Malta)に売却、RESOLUTE IIと改名
1994(平6)Cherry Flower Shg. Co. Ltd.(Cyprus)に売却、SOLと改名
1997.7.19(平9)解体のためパキスタンの解体業者に売却、Gadani Beachに到着

SNo.965 大豊丸 DAIHO MARU (1974)
117556/JHJS チップ専用船 31,973G/T
起工 1974.3.28(昭49) 進水 1974.7.30(昭49) 竣工 1974.10.29(昭49)
Lpp 188.00 B 29.40 D 20.80 m 主機 D 12,000BHP 15.3/17.1kt
住友重機械工業株式会社浦賀造船所(浦賀)建造 Sno.965 新和海運株式会社(東京)
大豊丸 DAIHO MARU 30次
1989.8.28(平1)Pegasus Steamship Co.S.A.,Panamaに売却、DAIHOと改名
1995Lloyd's Register 1995-1996年版に掲載

SNo.978 竹生丸 CHIKUBU MARU (1976)
119136/JQDP 鉱石/石炭兼用船 65,798G/T 117,626D/W
起工 1975.3.18(昭50) 進水 1976.1.12(昭51) 竣工 1976.4.30(昭51)
Lpp 244.00 B 40.20 D 23.90 m 主機 D 住友玉島Sulzer 8RND90 23,200PS 1基 16.74/17.52kt
住友重機械工業株式会社浦賀造船所(浦賀)建造 Sno.978 日本郵船株式会社(東京)
竹生丸 CHIKUBU MARU 30次
1976.4(昭51)昭和郵船(株)(東京)と共有
1993(平5)Mari-Tech Management Inc., Japanに売却。同年、N.C.N. Corp. (Tanda Marine Co. Ltd.), Panamaに再売却、PERLA MARINAと改名
2003.2.14(平15)解体のため中国の解体業者に売却、新会Xinhuiに到着

SNo.991 第二尾上丸 ONOE MARU NO.2 (1978)
121504/JQOF 鉱石/撒積兼用船 65,654G/T 117,961D/W
起工 1977.9.9(昭52) 進水 1977.12.24(昭52) 竣工 1978.3.28(昭53)
Lpp 251.60 B 40.20 D 23.00 m 主機 D 住友玉島Sulzer 8RND90 23,200PS 1基 15.26/17.44kt
住友重機械工業株式会社浦賀造船所(浦賀)建造 Sno.991 八馬汽船株式会社(浦賀)
第二尾上丸 ONOE MARU NO.2 33次
1978.3.28(昭53)日本郵船(株)(東京)と共有
1988(昭63)Kepbay Shipping (Pte.)Ltd., Singaporeに売却、SOPHIAと改名
1990(平2)Poseidon Marine Transport Ltd., Singaporeに移籍
1991(平3)Yih Tai Marine Corp., Taiwanに売却、YIH FOUと改名
1992(平4)Union Pioneer Marine Corp. (Yih Tai Marine Corp.), Panamaに売却、ORIENT TRUSTと改名
2001.11.21(平13)解体のため中国の解体業者に売却、Guangzhouに到着

SNo.1070 えさん PL102 (1) ESAN (1978)

えさん PL102
えさん PL102 Esan

1978.11.22 横浜港
小樽海上保安部
121640/JQUE 巡視船 960G/T 起工 1978.3.9(昭53) 進水 1978.7.26(昭53) 竣工 1978.11.16(昭53)
Lpp 73.00 B 9.60 D 5.30 m 主機 D 富士ディーゼル 8S40B 3,000/3,500PS 2基 19/20.12kt
住友重機械工業株式会社浦賀造船所(浦賀)建造 Sno.1070 しれとこ PL101型 運輸省海上保安庁(東京)
えさん PL102 ESAN 1000トン型 武器:40mm機関砲x1,20mm機銃x1

SNo.1126 大隆丸 DAIRYU MARU (1985)

大隆丸
大隆丸 Dairyu Maru

S.Kizu
127684/JEOF 自動車専用船 13,036G/T 9,763D/W
起工 1984.9.20(昭59) 進水 1985.1.21(昭60) 竣工 1985.4.23(昭60)
Lpp 148.00 B 27.80 D 11.84 m 主機 D 住友玉島Sulzer 6RTA-58 8,740PS 1基 17.1/19.13kt
住友重機械工業株式会社浦賀造船所(浦賀)建造 Sno.1126 山下新日本汽船株式会社(東京)
大隆丸 DAIRYU MARU 40次 トラック167 普)2575 背高車 868 ホイールローダー 14
1985.4(昭60)日正汽船(東京)と共有
1989.3.28(平1)ワイエス不定期船保有(東京)に移籍
1992(平4)ナビックスライン(東京)とワイエス不定期船保有(東京)の所有。同年、Azalea Maritime S.A.,Panamaに売却、RUBIN CRESTと改名
1994(平6)Crescent Shg. & Chartering Corp.,Philippinesに売却、EURASIAN BRILLIANCEと改名
2000(平12)Brilliance International Navigation S.A.,Philippinesに売却、EASTERN BRIDGEと改名
2003(平15)EURASIAN BRILLIANCEと改名
2009.6.3(平21)解体のためインドのAlangに到着

SNo.1164 しらはま丸 (2) SHIRAHAMA MARU (1989)

しらはま丸
しらはま丸 Shirahama Maru

1994.5.28久里浜港
131115/JG4872 フェリー 2,610G/T 679D/W
起工 1989.6.22(平1) 進水 1989.9.18(平1) 竣工 1989.12.1(平1)
Lpp 72.90 B 18.00 D 4.80 m 主機 D 新潟鉄工 6M34AET 4,400PS 2基 13.5/15.02kt
住友重機械工業株式会社浦賀造船所(浦賀)建造 Sno.1164 東京湾フェリー株式会社(横須賀)
しらはま丸 SHIRAHAMA MARU 普)130 船客 722
1989.12.16(平1)久里浜/金谷航路に就航
2000(平12)改造

SNo.1212 東光丸 (3) TOKO MARU (1996)
135231/JHEL 漁業取締船 2,071G/T 起工 1995.6(平7) 進水 1996.1(平8) 竣工 1996.5.30(平8)
Lpp 76.00 B 14.00 D 9.10 m 18/20.02kt
住友重機械工業株式会社浦賀造船所(浦賀)建造 Sno.1212 農林水産省(東京)
東光丸 TOKO MARU
2003(平15)改造

ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.10