船歴 本邦建造船56 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

松尾鐵工所

第二東洋丸型 3隻 TOYO MARU No.2 Class (1917 - 1919)

第二東洋丸
第二東洋丸 Toyo Maru No.2
貨物船 Lpp 94.79(311.00') B 13.47(44.20') D 8.23(27.00') m 主機 R 3連成 1基
松尾鐵工所(長崎)建造
1. 第二東洋丸 (1) TOYO MARU No.2 20911/NLFK→JBDA 3,019G/T 4,850D/W 186NHP/1,700IHP 9.5/11.5kt
進水 1917.7(大6) 竣工 1917.9.5(大6) 澤山汽船株式会社(長崎)
第二東洋丸 TOYO MARU No.2
1936.12.3(昭11)八馬汽船(株)(西宮)に売却、第一多聞丸 TAMON MARU No.1 と改名
1942.7.4(昭17)スマトラ東岸で雷撃を受けて沈没
2. 多摩丸 TAMA MARU 22013/NRVK 3,041G/T 1,478IHP 11.5kt
進水 1918.1(大7) 東京海運株式会社(尼崎)
多摩丸 TAMA MARU
1926(大15)近海郵船(株)(東京)に売却
1939.9.8(昭14)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
3. 甲陽丸 KOYO MARU 25480/RNPM→JBNB 3,010G/T 186NHP/1,652IHP 9/12kt
進水 1919.8(大8) 神戸桟橋株式会社(神戸)
甲陽丸 KOYO MARU
1931(昭6)近海郵船(株)(東京)の所有
1939.9.8(昭14)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1943.9.9(昭18)横浜から函館に向け航行中、犬吠埼灯台の南西26浬(35.23N,140.38E)で米潜HARDER(SS-257)の雷撃により漂流、犬吠崎灯台の東南東5.8浬で沈没

三福丸 MIFUKU MARU (1918)
22394/NTLJ 貨物船 1,202G/T 進水 1918.5(大7)
Lpp 60.96 B 10.06 D 6.09 m 主機 R 700IHP 9/10.9kt
松尾鐵工所(長崎)建造 三福汽船
三福丸 MIFUKU MARU
1923.3.20(大12)川崎汽船(株)(神戸)に売却
1924.4.29(大13)阪神/南鮮航路に就航
1929.12.5(昭4)鶴丸商店(神戸)に売却
1945.6.27(昭20)石川県の七尾港外で触雷、沈没

第十五雲海丸 UNKAI MARU No.15 (1918)
貨物船 1,208G/T 1,890D/W 進水 1918.10(大7)
Lpp 60.96(200'-0") B 10.06(33'-0") D 6.10(20'-0") m 主機 R 3連成 700IHP 1基 11.9kt
松尾鐵工所(長崎)建造 中村汽船株式会社(神戸)
第十五雲海丸 UNKAI MARU No.15

純利 JUNRI (1919)
ストックボート
貨物船 1,121G/T 進水 1919.2(大8)
Lpp 60.96 B 10.06 D 6.09 m 主機 R
松尾鐵工所(長崎)建造 三福丸型 松尾鐵工所
純利 JUNRI

石川島浦賀分工場

SNo.155 第五犬島丸 INUSHIMA MARU No.5 (1899)
4522/LCPM→JJKE 貨物船 584G/T 進水 1899.10.24(明32)
Lpp 48.77(160.0') B 9.14(30.0') D 4.42(14.5') m 主機 R 3連成 1基
石川島浦賀分工場(神奈川)建造 Sno.155 大阪市(大阪)
第五犬島丸 INUSHIMA MARU No.5
1900.12.8(明33)犬島から大阪に向け航行中、時化のため明石海峡南西10哩付近の鹿ノ瀬で沈没

SNo.156 第六犬島丸 INUSHIMA MARU No.6 (1899)

第六犬島丸
第六犬島丸 Inushima Maru No.6
4522/LCPM 貨物船 584G/T 進水 1899.12(明32)
Lpp 48.77(160.0') B 9.14(30.0') D 4.42(14.5') m 主機 R 3連成 69NHP/500IHP 1基 8/9kt
石川島浦賀分工場(神奈川)建造 Sno.156 大阪市(大阪)
第六犬島丸 INUSHIMA MARU No.6
1907(明40)安田商事(名)(大阪)に売却
1918(大7)池田鹿三郎(神戸)に売却
1924(大13)村田茂雄(西宮)に売却
1925.1(大14)江崎禎三(神戸)に売却
1925.2.14(大14)飯野寅吉(飯野汽船(株))(京都・府中)に売却
1941.3.13(昭16)合併に伴い飯野海運(東舞鶴)に移籍
1943.11.7(昭18)陸軍徴傭船として行動中、中国厦門港内(24.15N,118.05E)で空爆により沈没

大坂造船会社

帝海丸型 6隻 TEIKAI MARU Class (1918)

帝海丸
帝海丸 Teikai Maru
貨物船 Lpp 68.58(225'-0") B 10.06(33'-0") D 5.66(18'-7") m 主機 R 3連成 吉田鐵工所(大阪) 1基
大坂造船会社(大坂)建造
1. 帝海丸 TEIKAI MARU 23332/RCKV 1,229G/T 2,027D/W 180NHP/730IHP 9kt
進水 1918.5(大7) 帝國製糖汽船部(神戸)
帝海丸 TEIKAI MARU
1951(昭26)正福汽船(株)(東京)の所有
2. 福勢丸 FUKUSEI MARU 23570/RDPT 1,223G/T 1,991D/W 770HP 9.9kt
進水 1918.7(大7) 日本海運株式会社(敦賀)
福勢丸 FUKUSEI MARU
1930(昭5)明治海運(株)(垂水)に売却
1945.2.21(昭20)尻屋崎沖で座礁
3. 第二大得丸 DAITOKU MARU No.2 24151/RHDN 1,223G/T 1,950D/W 800HP 8/10.2kt
進水 1918.9(大7) 田中商事株式会社(大阪)
第二大得丸 DAITOKU MARU No.2
1930(昭5)平龍丸 HEIRYO MARU と改名…改名時期不詳
4. 第三大得丸 DAITOKU MARU No.3 23579/RFSK 1,224G/T 600HP 8/9.5kt
進水 1918.8(大7) 東和汽船株式会社(中庄)
第三大得丸 DAITOKU MARU No.3
1919(大8)東祥丸 TOSHO MARU と改名
1923.4.5(大12)川崎汽船(株)(神戸)に売却
1924.1(大13)阪神/芝浦航路に就航
1934.3.10(昭9)北九州商船(株)(福岡)に売却
1935(昭10)社名変更に伴い九州郵船(株)(福岡)に移籍
1944.8.15(昭19)陸軍徴傭船として行動中、セレベス海(4.30S,125.26E)で空爆により沈没
5. 東裕丸 TOYU MARU 23552/RDNP→JFYB 1,225G/T 690HP 8/9.5kt
進水 1918.6(大7) 竣工 1918.9.6(大7) 東和汽船株式会社(敦賀)
東裕丸 TOYU MARU
1923.4.1(大12)川崎汽船(株)(神戸)に売却
1924.1(大13)阪神/芝浦航路に就航
1934.10.26(昭9)飯野汽船(株)(神戸)に売却
1941.3.13(昭16)合併に伴い飯野海運産業(株)(東舞鶴)に移籍
1944.4.1(昭19)社名変更に伴い飯野海運(舞鶴)に移籍
1945.7.15(昭20)北海道根室沖で空爆により沈没
東裕丸
東裕丸 Toyu Maru

三原造船所

湯島丸 YUSHIMA MARU (1913)
木造汽船 37G/T 進水 1913.6(大2)
Lpp 18.40 B 3.96 D 1.94 m 主機 R 2連成 137IHP 1基 8.46kt
三原造船所(大坂)建造 建造者不詳
湯島丸 YUSHIMA MARU 船客 1等)6 2等)9 3等)104 乗員8
1923.4.1(大12)青森から稚内へ転配
1939.5.26(昭14)函館へ転配、のち再度稚内へ転配
1944.3.31(昭19)室蘭へ転配
1951.9.3(昭26)吉岡末吉(函館)に550,000円で売却

永祥丸 EISHO MARU (1930)
36638 貨物船 222G/T 290D/W 進水 1930(昭5)
Lr 35.97 B 6.40 D 3.20 m 主機 H きしろ鐵工所 180PS 7.5/8kt
三原造船所(大坂)建造 協和汽船株式会社(福岡)
永祥丸 EISHO MARU

第二備讃丸 BISAN MARU NO.2 (1932)
38118 旅客船 83G/T 進水 1932.12(昭7)
Lpp 22.80 B 4.88 D 2.21 m 主機 D 140BHP 10kt
三原造船所(大坂)建造 備讃商船(大阪)
第二備讃丸 BISAN MARU NO.2 船客 147
1944.10.5(昭19)高松地区小型客船統合のため、関西汽船(株)(大阪)が継承
1958.11.30(昭33)四国汽船(株)(直島)に売却
1967.12(昭42)廃船

第六福榮丸 FUKUEI MARU No.6 (1935)
40019/JFFJ 貨物船 284G/T 372D/W 進水 1935(昭10)
Lr 36.59 B 7.03 D 3.51 m 主機 H 日本発動機 300PS 8/9kt
三原造船所(大坂)建造 江口汽船株式会社(神戸)
第六福榮丸 FUKUEI MARU No.6

第七福榮丸 FUKUEI MARU No.7 (1934)
40027/JFKJ 貨物船 282G/T 369D/W 進水 1934(昭9)
Lpp 36.59 B 7.03 D 3.51 m 主機 H 阪神内燃機 240BHP 7/8.5kt
三原造船所(大坂)建造 日本近海汽船株式会社(神戸)
第七福榮丸 FUKUEI MARU No.7 SCAJAP No.F007
1951(昭26)暁海運(株)(大阪)の所有

第十福榮丸 FUKUEI MARU No.10 (1936)
65112/JQAJ 貨物船 798G/T 1,270D/W 進水 1936(昭11)
Lr 56.39 B 9.45 D 5.18 m 主機 D 日立造船 850BHP 9/11kt
三原造船所(大坂)建造 第一商船株式会社(東京)
第十福榮丸 FUKUEI MARU No.10

第十二福榮丸 FUKUEI MARU No.12 (1937)
42973 油槽船 266G/T 283D/W 進水 1937(昭12)
Lr 36.60 B 6.70 D 3.20 m 主機 H きしろ鐵工所 280BHP 7/7.5kt
三原造船所(大坂)建造 日本近海汽船株式会社(神戸)
第十二福榮丸 FUKUEI MARU No.12 SCAJAP No.X093
1950.7.29(昭25)日本汽船(神戸)に移籍

第二御影丸 MIKAGE MARU No.2 (1935)
40713/JGJJ 貨物船 617G/T 進水 1935.6(昭10)
Lpp 51.80 B 8.50 D 4.50 m 主機 D 350BHP 1基 12kt
三原造船所(大坂)建造 武庫汽船株式会社(兵庫御影)
第二御影丸 MIKAGE MARU No.2
1942(昭17)武庫汽船(株)(兵庫御影)の所有
1944.4.4(昭19)ニューギニア沿海(3-0S,142-0E)で空爆により沈没

第三利丸 TOSHI MARU No.3 (1937)
43860/JKYL 捕鯨船 297G/T 進水 1937(昭12)
Lr 38.50 B 7.35 D 4.20 m 主機 D 林兼造船 1,200BHP 11/12kt
三原造船所(大坂)建造 株式会社林兼商店(東京)
第三利丸 TOSHI MARU No.3

藤永田造船所

康安丸 KOAN MARU (1881)

康安丸
康安丸 Koan Maru
618/HDQR 木造汽船 125G/T 進水 1881.5(明14)
Lpp 30.48 B 4.27 D 3.35 m 主機 R 15NHP/IHP 7/8kt
藤永田造船所(大阪)建造 住友吉左衛門
康安丸 KOAN MARU
1884.5.1(明17)大阪商船の設立に伴ない移籍
1889.2.9(明22)安田半兵衛(不詳)に売却
1889(明22)岩内汽船(株)(函館)に売却
1893.11(明26)奥田惣兵衛(函館)に売却
1894.1(明27)渡辺徹三(浦河汽船合資会社)(函館)に売却
1896.12(明29)大草儀太郎(函館)に売却
1903.4(明36)松尾孫八(攝津・川南)に再売却。同年、浅見又蔵(攝津・川南)に再売却。同年、力武与八郎(攝津・川南)に売却
1903.5(明36)肥後汽船(株)(長崎)に売却
1911.3.29(明44)九州汽船(肥後・三角)の設立に伴い移籍
1917.4.24(大6)近藤忠吉(西宮)に売却
1917.7(大6)泉熊太郎(西宮→鳥取・境)に売却
1923.7.25(大12)解体

紀洋丸 KIYO MARU (1892)
195G/T 進水 1892(明25)
藤永田造船所(大阪)建造 建造者不詳
紀洋丸 KIYO MARU

紀攝丸 KISETSU MARU (1892)
1318/HJPG 木造汽船 268G/T 進水 1892.11(明25)
藤永田造船所(大阪)建造 建造者不詳
紀攝丸 KISETSU MARU

第二海龍丸 KAIRYU MARU No.2 (1893)
貨物船 166G/T 進水 1893(明26)
藤永田造船所(大阪)建造 建造者不詳
第二海龍丸 KAIRYU MARU No.2

瑞鷹丸 ZUIYO MARU (1896)
1607/HKSN 木造汽船 169G/T 進水 1896.6(明29)
Lpp 34.44 B 4.97 D 4.02 m 主機 R 30NHP/IHP
永田三十郎(大阪)建造 ~田 佐七(串本)
瑞鷹丸 ZUIYO MARU
1901.6.24(明34)大阪商船(大阪)に売却
1907.10.31(明40)徳島県の椿泊で座礁、沈没

和歌山丸 WAKAYAMA MARU (1905)
9541/JTLV 木造貨客船 362G/T 進水 1905.5.17(明38) 竣工 1905(明38)
Lpp 43.68 B 6.31 D 4.79 m 主機 R 37NHP/IHP
藤永田造船所(大阪)建造 大阪商船株式会社(大阪)
和歌山丸 WAKAYAMA MARU
1910.5.11(明43)和歌山県の周参見港口で乗り揚げ、破壊

那覇丸 NAHA MARU (1914)
17088/MNKL 貨客船 962G/T 進水 1914.8(大3) 竣工 1914.10.29(大3)
Lpp 57.91 B 9.75 D 5.64 m 主機 R 97NHP/IHP
藤永田造船所(大阪)建造 大阪商船株式会社(大阪)
那覇丸 NAHA MARU
1918.1.29(大7)大分県の佐賀関沖で座礁、沈没

宇佐丸 USA MARU (1916)
19008/NCQG→JFBA 貨客船 820G/T 971D/W 進水 1915.12(大4) 竣工 1916.6.14(大5)
Lpp 54.71 B 9.30 D 5.64 m 主機 R 87NHP/1,003IHP 1基 10.8/12.3kt
藤永田造船所(大阪)建造 大阪商船株式会社(大阪)
宇佐丸 USA MARU
1940.12.2(昭15)南日本汽船(基隆)に売却
1944.9.8(昭19)バシ-海峡(22.21N,120.26E)で雷撃を受けて沈没

本斗丸 HONTO MARU (1916)

本斗丸
本斗丸 Honto Maru
19231/NBVQ 貨物船 795G/T 進水 1916(大5) 竣工 1916.7(大5)
Lpp 55.53 B 9.08 D 5.39 m 主機 R 65NHP/529IHP 9/10.5kt
藤永田造船所(大阪)建造 北日本汽船株式会社(小樽)
本斗丸 HONTO MARU
1923.4.30(大12)村尾汽船(合)(兵庫・明石)に売却
1924(大13)葵汽船(合)(尼崎)に売却、忠海丸 CHUKAI MARU と改名
1928.12(昭3)解体のため売却

伊奈波山丸 INABASAN MARU (1917)

伊奈波山丸
伊奈波山丸 Inabasan Maru
19782/NFMS→JDLB 貨物船 983G/T 1,600D/W 進水 1917.1(大6)
Lpp 57.91(190'-0") B 9.75(32'-0") D 5.64(18'-6") m 主機 R 3連成 65NHP/570IHP 1基 8.5/9kt
藤永田造船所(大阪)建造 日下部久太郎(神戸)
伊奈波山丸 INABASAN MARU 2番、3番デリックは12t
1921(大10)日下部汽船(株)(神戸)に移籍
1923(大12)日下部 久太郎(神戸)に移籍
1936(昭11)日下部汽船(神戸)に移籍
1942.2.14(昭17)パレンバン沖(1.25S, 105.00E)で空爆により沈没

霧島丸型 10隻 KIRISHIMA MARU Class (1917 - 1920)
藤永田造船所が建造した同所の標準型貨物船。
貨物船 Lpp 82.91(272'-0") B 12.19(40'-0") D 7.37(24'-2") m 主機 R 3連成 1基
藤永田造船所(大阪)建造
1. 霧島丸 KIRISHIMA MARU
進水 1917(大6) 藤永田造船所(大阪)
霧島丸 KIRISHIMA MARU 海外売却
2. 第二萬榮丸 BANEI MARU No.2 21057/NLVR 2,188G/T
進水 1917.7(大6) 藤永田造船所
第二萬榮丸 BANEI MARU No.2
3. 養老丸 YORO MARU 21994/NRTF 2,205G/T 1,190IHP 10kt
進水 1917.11(大6) 日下部久太郎
養老丸 YORO MARU
4. 第二養老丸 YORO MARU No.2 22933/NWQS 2,220G/T 3,691D/W 1,163IHP 10kt
進水 1918.3(大7) 日下部汽船株式会社(神戸)
第二養老丸 YORO MARU No.2
1923(大12)近海郵船(株)(東京)に売却
1939.9.8(昭14)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1950(昭25)低性能船舶買入法により運輸省へ売却後、解体
5. 神福丸 JINFUKU MARU 23633/rddvl 2,204G/T
進水 1918.8(大7) 岸本汽船株式会社(西宮)
神福丸 JINFUKU MARU
6. 長順丸 CHOJUN MARU 関141/QBNJ→JGBB 2,213G/T 129NHP/1,190IHP 8/9kt
進水 1918.7.7(大7) 竣工 1918.9.19(大7) 大連汽船株式会社(大連)
長順丸 CHOJUN MARU
1926.3.6(大15)大連から阪神に向け航行中、関門海峡の彦島沖で菅谷汽船の日南丸と衝突、弟子待海岸に擱坐、沈没。
1926.4(大15)帝國サルヴェージが浮揚に成功、三菱造船(彦島)で修復
1943.8.29(昭18)朝鮮の釜山港沖(34.28N,128.55E)で大阪商船の黒龍丸と衝突、沈没
長順丸
長順丸 Chojun Maru
7. ~島丸 SHINTO MARU 24743/RKNL→JPTB 2,214G/T 130NHP/1,100IHP 9/10kt
進水 1919.3(大8) 岸本汽船株式会社(西宮)
~島丸 SHINTO MARU
1926.12.1(大15)栗林商船(東京)に売却
1944.6.12(昭19)サイパン島の北西沖(17-32N, 144-10E)で空爆により沈没
8. 大連丸 DAIREN MARU 26264/RSTJ 2,237G/T
進水 1919.11(大8) 岸本汽船株式会社(西宮)
大連丸 DAIREN MARU
9. 日東丸 NITTO MARU 26772/SCRH→JHNB 2,187G/T 3,477D/W 181NHP/1,800IHP 9/12.4kt
進水 1920.6(大9) 日東汽船株式会社
日東丸 NITTO MARU
1925.6.19(大14)大阪商船(株)(大阪)に売却
1939.8(昭14)東亞海運(株)(東京)に売却
1944.7.4(昭19)東シナ海(19.20N,115.50E)で米潜SEAHORSE(SS-304)の雷撃により沈没
10. Sno.24 幸丸 SACHI MARU 22939→29186/SMBG→JKYB 2,202G/T 3,653D/W 130NHP/1,100IHP 9/11kt
進水 1918.5(大7) 竣工 1918.8(大7) 藤永田造船所(大阪)
幸丸 SACHI MARU
1919(大8)D/S A/S Vosbergen (T. Evers), Haugesundに売却、KJELLBERGENと改名
1923.12.4(大12)澤山汽船(株)株式会社(長崎)に売却、第一東洋丸 Toyo Maru No.1 と改名
1945.6.1(昭20)福岡県女島西方(33-57N, 130-40E)で触雷、中破
1950.12(昭25)日本船舶興業(東京)に売却
1951.2.8(昭26)船籍を抹消、後に救難、再登録
1956(昭31)社名変更に伴い日本船舶(東京)に移籍、栄州丸と改名
1961.2.3(昭36)臨港製鉄(呉)で解体

貴船丸 KIFUNE MARU (1918)
22575/NVFW→JTPA 貨物船 1,606G/T 2,437D/W 進水 1918.3(大7)
Lpp 73.15(240.0') B 10.97(36.0') D 6.39(20.95') m 主機 R 3連成 87NHP/648IHP 1基 7/10kt
藤永田造船所(大阪)建造 日下部汽船株式会社(Taiwan)
貴船丸 KIFUNE MARU
1923(大12)近海郵船(株)(東京)に売却
1939.9.8(昭14)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1945.5.27(昭20)室蘭から新潟に向け航行中、新潟港防波堤灯台の北約1浬で触雷、翌日防波堤東側の海岸に任意擱座。6月4日、離洲、曳航中に防波堤灯台の東約600m沖で再び触雷、沈没

神愛丸型 2隻 SHINAI MARU Class (1920 - 1921)

神愛丸
神愛丸 Shinai Maru

S.Kizu
貨物船 Lpp 105.16(345'-0") B 15.24(50'-0") D 8.84(29'-0") m 主機 R 3連成 藤永田 1基
藤永田造船所(大阪)建造
1. 神愛丸 SHINAI MARU 27478/SGJK 3,793G/T 6,436D/W 200NHP/3,000IHP 9.5/11kt
進水 1921.4(大10) 岸本汽船株式会社(神戸)
神愛丸 SHINAI MARU
2. Sno.36 イースタン リィダア EASTERN LEADER 26760/RVWK 4,074G/T
起工 1919.9.9(大8) 進水 1920.4.5(大9) 竣工 1920(大9) 藤永田造船所(大阪)
イースタン リィダア EASTERN LEADER
1920.6.9(大9)試運転
1920.6.26(大9)シアトル着
イースタン リィダア
イースタン リィダア Eastern Leader

大球丸 Daikyu Maru (1920)

大球丸
大球丸 Daikyu Maru
26773/SCRJ→JCQB 貨客船 1,518G/T 2,220D/W 進水 1920.5(大9)
Lpp 76.20(250'-0") B 10.67(35'-0") D 6.40(21'-0") m 主機 R 3連成 1,250NHP/1,250IHP 1基 10.5/12.5kt
藤永田造船所(大阪)建造 日本汽船
大球丸 Daikyu Maru
1925.5.6(大14)大阪商船(株)(大阪)に売却
1939.8.5(昭14)東亞海運(株)(東京)の設立に伴ない移籍
1945.1.12(昭20)タムカン沖(14.33N,109.35E)で空爆により沈没

長平丸 CHOHEI MARU (1920)

長平丸
長平丸 Chohei Maru
關147/QBNS→JKPA 貨客船 1,737G/T 進水 1920.7.14(大9) 竣工 1920.10.8(大9)
Lpp 79.27 B 11.74 D 5.85 m 主機 R 3連成 179NHP/2,000IHP 11/12kt
藤永田造船所(大阪)建造 大連汽船株式会社(大連)
長平丸 CHOHEI MARU 船客 1等)38 2等)193
1937.10.31(昭12)特設艦船(砲艦)に徴用
1938.11.8(昭13)特設艦船を除籍
1945.8.15(昭20)大連港で連合軍に接収。以後不詳

嶺南丸 RYONAN MARU (1924)
貨物船 772G/T 進水 1924.1(大13)
Lpp 20.72 B 5.48 D 2.89 m 主機 R 3連成 327IHP 1基 9.27kt
藤永田造船所(大阪)建造 建造者不詳
嶺南丸 RYONAN MARU 船客 134
1937.8.12(昭12)下関から転配
1947.7.20(昭22)高松へ転配

ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2018.4