船歴 本邦建造船58 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

尾道造船株式会社尾道造船所

揖保川丸 IBOGAWA MARU (1945)
55361 曳船 107G/T 85D/W 進水 1945(昭20)
Lpp 22.28 B 6.50 D 3.20 m 主機 R 3連成 川崎車輌 450IHP 9kt
尾道造船株式会社尾道造船所(尾道)建造 名村汽船株式会社(東京)
揖保川丸 IBOGAWA MARU

SNo.30 那覇丸 NAHA MARU (1954)

那覇丸
那覇丸 Naha Maru
OT-1550/KSAZ 旅客船 182G/T 751D/W 起工 1953.12(昭28) 進水 1954.4(昭29) 竣工 1954.6.30(昭29)
Lpp 62.20 B 10.80 D 4.90 m 主機 D 浦賀玉島Sulzer 6TPD48 1,800BHP 1基 14.2/16.52kt
尾道造船株式会社尾道造船所(尾道)建造 Sno.30 琉球海運株式会社(那覇)
那覇丸 NAHA MARU 船客 305
1954.7(昭29)鹿児島、先島、基隆航路へ就航
1969.7(昭44)サイパンシッピングKKへ売却

SNo.32 沖縄丸 OKINAWA MARU (1956)
OT-1533/KSBM 貨客船 1,585G/T 1,201D/W 起工 1955.9(昭30) 進水 1956.1(昭31) 竣工 1956.4.10(昭31)
Lpp 75.00 B 11.80 D 5.80 m 主機 D 浦賀玉島Sulzer 8TD48 2,400BHP 1基 15.5/17.524kt
尾道造船株式会社尾道造船所(尾道)建造 Sno.32 琉球海運株式会社(那覇)
沖縄丸 OKINAWA MARU 船客 301
1956.4(昭31)鹿児島/先島/基隆/門司/博多/長崎航路へ就航
1973.2(昭48)寿商会へ解体のため売却

首里丸 SHURI MARU (1957)
OT-7028/KSBC 貨物船 1,888G/T 1,578D/W 起工 1957.4(昭32) 進水 1957.6(昭32) 竣工 1957.8(昭32)
Lpp 62.00 B 10.40 D 5.50 m 主機 D 日本発動機 S6NV38 950BHP 1基 9/11kt
尾道造船株式会社尾道造船所(尾道)建造 琉球海運株式会社(那覇)
首里丸 SHURI MARU
1957.8(昭32)不定期航路へ就航
1971.2(昭46)サイパンシッピングKK(不詳)に売却

SNo.51 球陽丸 KYUYO MARU (1957)
OT-7027/KSCA 貨物船 3,419G/T 5,181D/W
起工 1956.12(昭31) 進水 1957.6(昭32) 竣工 1957.9.21(昭32)
Lpp 98.00 B 15.00 D 7.72 m 主機 D 浦賀玉島8TD-24 2,400BHP 1基 13/15.263kt
尾道造船株式会社尾道造船所(尾道)建造 Sno.51 琉球海運株式会社(那覇)
球陽丸 KYUYO MARU
1957.9(昭32)ビルマ/豪州/米国/比島航路へ就航
1967.10(昭42)丸紅飯田(東京)に売却

光洋丸 KOYO MARU (1957)
80079/JKGR 貨物船 3,609G/T 5,454D/W 起工 1957.3(昭32) 進水 1957.9(昭32) 竣工 1957.12(昭32)
Lpp 100.00 B 15.20 D 7.80 m 主機 D 新潟鉄工 M7T48 2,300BHP 1基 12/13kt
尾道造船株式会社尾道造船所(尾道)建造 泉汽船株式会社(東京)
光洋丸 KOYO MARU 竣工時の船主、未確認
1958(昭33)泉永丸 SEN-EI MARU と改名

SNo.55 鶴春丸 TSURUHARU MARU (1958)

鶴春丸
鶴春丸 Tsuruharu Maru
80857/JNNY 貨物船 3,698G/T 5,569D/W
起工 1957.10.16(昭32) 進水 1958.3.21(昭33) 竣工 1958.6.7(昭33)
Lpp 100.00 B 15.20 D 8.00 m 主機 D 新潟鉄工 M8THS 2,400PS 1基 12.5/14.8kt
尾道造船株式会社尾道造船所(尾道)建造 Sno.55 新日本汽船株式会社(神戸)
鶴春丸 TSURUHARU MARU
1958.6.7(昭33)鶴丸汽船(株)(若松)と共有
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(株)汽船(東京)に移籍
1964.10.1(昭39)社名変更に伴い鶴丸海運(株)(若松)と山下新日本汽船(東京)の共有
1965.8.20(昭40)山下新日本汽船(株)汽船(東京)の単独保有
1970.11.14(昭45)Chiang Hai Shipping Co. Ltd.,Liberiaに売却
1971(昭46)CHIANG SANと改名
1974(昭49)Ta Lai Steamship Co. Ltd.,Taiwanに売却、TA LAI No.3と改名。同年、King Dragon Maritime S. A.,Panamaに売却。同年、East Jawa Shipping Co.,Panamaに売却、EAST JAWAと改名
1980(昭55)Ding Lung Shipping,Taiwanに売却
1985Lloyd's Register 1985-1986年版より削除

神昌丸 SHINSHO MARU (1958)
81506/JMLU 貨物船 3,668G/T 5,585D/W 起工 1957.12(昭32) 進水 1958.7(昭33) 竣工 1958.10(昭33)
Lpp 100.00 B 15.20 D 8.00 m 主機 D 新潟鉄工 M8T48 2,400PS 1基 12.5/15.4kt
尾道造船株式会社尾道造船所(尾道)建造 神港商船株式会社(神戸)
神昌丸 SHINSHO MARU 13次

宮古丸 MIYAKO MARU (1959)
OT-7067→114062/KSAS→JAAL 旅客船 970G/T 682D/W
起工 1958.9.12(昭33) 進水 1959.1.14(昭34) 竣工 1959.6.20(昭34)
Lpp 57.80 B 10.40 D 4.70 m 主機 D 浦賀玉島Sulzer 5TD48 1,500BHP 1基 14.2/15.6kt
尾道造船株式会社尾道造船所(尾道)建造 琉球海運株式会社(那覇)
宮古丸 MIYAKO MARU 船客 2等)12 3等)157
1959.6(昭34)先島航路へ就航
1974.3(昭49)(株)ハヤシマリンカンパニー(長崎)

海平丸 KAIHEI MARU (1959)
83716/JHKG 貨物船 3,126G/T 5,035D/W 起工 1959.2(昭34) 進水 1959.6(昭34) 竣工 1959.8(昭34)
Lpp 96.00 B 14.60 D 7.60 m 主機 D 新潟鉄工 M6TS48 2,200PS 1基 12/13kt
尾道造船株式会社尾道造船所(尾道)建造 嶋谷汽船株式会社(神戸)
海平丸 KAIHEI MARU 14次

吉進丸 KISSHIN MARU (1960)
86007/JFFJ 貨物船 1,582G/T 2,542D/W 起工 1960.6(昭35) 進水 1960.9(昭35) 竣工 1960.11(昭35)
Lpp 77.50 B 12.00 D 6.00 m 主機 D 新潟鉄工 M6F43C(HS) 1基 11.5/14.3kt
尾道造船株式会社尾道造船所(尾道)建造 佐藤國汽船株式会社(神戸)
吉進丸 KISSHIN MARU

SNo.101 石垣丸 ISHIGAKI MARU (1961)
OT-7116/KSBX 貨物船 1,227G/T 1,744D/W
起工 1961.6.28(昭36) 進水 1961.8.30(昭36) 竣工 1961.11.2(昭36)
Lpp 65.00 B 10.80 D 5.50 m 主機 D 新潟鉄工M6F43CHS 1,540BHP 1基 12/13.686kt
尾道造船株式会社尾道造船所(尾道)建造 Sno.101 琉球海運株式会社(那覇)
石垣丸 ISHIGAKI MARU
1961.11(昭36)不定期、阪神/門司/博多/長崎航路へ就航
1975.9(昭50)(株)ハヤシマリンカンパニー(長崎)に売却

SNo.118 ひめゆり丸 HIMEYURI MARU (1963)

ひめゆり丸
ひめゆり丸 Himeyuri Maru
OT-1207→10028/KSAA 貨客船 2,640G/T
起工 1962.11.19(昭37) 進水 1963.4.25(昭38) 竣工 1963.7.6(昭38)
Lpp 86.00 B 13.60 D 8.05 m 主機 D 新潟鉄工所M8T54S 4,500BHP 1基 18/20.233kt
尾道造船株式会社尾道造船所(尾道)建造 Sno.118 琉球海運株式会社(那覇)
ひめゆり丸 HIMEYURI MARU 船客 555
1963.7(昭38)鹿児島/東京/先島、基隆航路へ就航
1975.10(昭50)(株)ハヤシマリンカンパニー(長崎)に売却
1987.12.20(昭62)沈没。沈没時フィリピン籍(ドーニャ・パス)

SNo.123 ぱいおにあ PIONEER (1963)
OT-7179/KSCM 貨物船 1,200G/T 1,765D/W
起工 1963.7(昭38) 進水 1963.8(昭38) 竣工 1963.10.19(昭38)
Lpp 65.00 B 10.80 D 5.50 m 主機 D 新潟鉄工 M6F43C(HS) 1,400BHP 1基 13.2/13.914kt
尾道造船株式会社尾道造船所(尾道)建造 Sno.123 琉球海運株式会社(那覇)
ぱいおにあ PIONEER
1963.10(昭38)不定期、東京/横浜/阪神航路へ就航
1965.5(昭40)北山丸 Hokuzan Maru と改名
1977.5(昭52)解体のため売却

SNo.161 第七真盛丸 (2) SHINSEI MARU No.7 (1965)
96608/JJQL 貨物船 3,692G/T 5,816D/W
起工 1965.6.30(昭40) 進水 1965.8.19(昭40) 竣工 1965.10.15(昭40)
Lpp 101.90 B 15.60 D 8.10 m 主機 D 赤阪鉄工 7UET45/75 2,667/3,465PS 1基 12.5/15.8kt
尾道造船株式会社尾道造船所(尾道)建造 Sno.161 原商船株式会社(大阪)
第七真盛丸 SHINSEI MARU No.7
1967.6(昭42)合併に伴い日本汽船(株)(神戸)に移籍
1972.7(昭47)大倉商事に売却

SNo.162 美島丸 (2) MISHIMA MARU (1965)
10282→114134/KSBI→JM4044 貨物船 1,388G/T
起工 1965.7.19(昭40) 進水 1965.8.30(昭40) 竣工 1965.11.6(昭40)
Lpp 72.11 B 10.80 D 5.50 m 主機 D 赤阪鉄工KD6SS 2,100PS 1基 14/15.627kt
尾道造船株式会社尾道造船所(尾道)建造 Sno.162 琉球海運株式会社(那覇)
美島丸 MISHIMA MARU
1980.8(昭55)谷口氏へ売却

SNo.171 芦屋丸 ASHIYA MARU (1966)
99869/JRIC 貨物船 2,654G/T 4,328D/W 起工 1966.3(昭41) 進水 1966.6(昭41) 竣工 1966.7(昭41)
Lpp 84.00 B 14.60 D 7.35 m 主機 6UAKNHS 2,200PS 1基 11.5/14.8kt
尾道造船株式会社尾道造船所(尾道)建造 Sno.171 扶桑海運株式会社(神戸)
芦屋丸 ASHIYA MARU

SNo.175 おとひめ丸 OTOHIME MARU (1966)

おとひめ丸
おとひめ丸 Otohime Maru
114147/JAEF 貨客船 2,990G/T 1,101D/W
起工 1966.1.26(昭41) 進水 1966.4.23(昭41) 竣工 1966.7.15(昭41)
Lpp 90.00 B 13.60 D 8.05 m 主機 D 新潟鉄工 M9T54S 5,500PS 1基 18.5/20.664kt
尾道造船株式会社尾道造船所(尾道)建造 Sno.175 琉球海運株式会社
おとひめ丸 OTOHIME MARU 船客 特別1等)4 1等)98 特別2等)186 2等)519
1966.7(昭41)鹿児島/先島航路へ就航
1976.3(昭51)(株)ハヤシマリンカンパニー(長崎)に売却

SNo.183 峰玉丸 MINETAMA MARU (1967)

峰玉丸
峰玉丸 Minetama Maru
岩井産業、C.T.高橋の7年間積荷保証を得て建造された。
101850/JINJ 木材運搬船 9,744G/T 15,850D/W
起工 1966.12.24(昭41) 進水 1967.6.5(昭42) 竣工 1967.8.16(昭42)
Lpp 134.00 B 21.60 D 11.55 m 主機 D 舞鶴Sulzer 6RD68 7,200PS 1基 14.3/17.84kt
尾道造船株式会社尾道造船所(尾道)建造 Sno.183 山下新日本汽船株式会社(東京)
峰玉丸 MINETAMA MARU 22次 玉井商船(株)(東京)と共有
1978.9.30(昭53)共有分を玉井商船に売却
1980.4(昭55)Falani Shipping Co.,Greeceに売却、KRITIASと改名
1983(昭58)Toros Uluslarasi Ve Denizcilik A. S.,Turkeyに売却、DEMIR 3と改名。同年、中国の解体業者へ売却

SNo.200 球島丸 TAMASHIMA MARU (1968)
114178/JAUW 貨物船 1,516G/T 起工 1967.9.4(昭42) 進水 1967.11.15(昭42) 竣工 1968.1.13(昭43)
Lpp 67.80 B 11.60 D 6.00 m 主機 D 赤阪鉄工KD6SS 2,200PS 14.8/15.3kt
尾道造船株式会社尾道造船所(尾道)建造 Sno.200 琉球海運株式会社(那覇)
球島丸 TAMASHIMA MARU
1985(昭60)Eastern Shipping & Trading Co. (Pte.) Ltd.,Singaporeに売却、ARES IIIと改名

SNo.210 とうきょう丸 TOKYO MARU (1969)
114220/JAOQ 貨物船 3,646G/T 起工 1968.12.6(昭43) 進水 1969.4.16(昭44) 竣工 1969.7.15(昭44)
Lpp 101.56 B 15.20 D 8.70 m 主機 D 日立造船850VT2BF110 6,500BHP 18.5/20.9kt
尾道造船株式会社尾道造船所(尾道)建造 Sno.210 琉球海運株式会社(那覇)
とうきょう丸 TOKYO MARU
1969.7(昭44)東京/鹿児島/先島航路へ就航
1978.11(昭53)(株)ハヤシマリンカンパニー(長崎)に売却

SNo.220 フェリールビー FERRY RUBY (1970)
108966/JJ2681 自動車航走旅客船 4,619G/T 1,319D/W 進水 1970.6(昭45) 竣工 1970.9(昭45)
Lpp 107.00 B 20.60 D 6.10 m 主機 D 川崎M.A.N. V8V22/130 2,020PS 4基 18/20.1kt
尾道造船株式会社尾道造船所(尾道)建造 Sno.220 株式会社ダイヤモンドフェリー(神戸)
フェリールビー FERRY RUBY 船客 1025 ト)48 普)74

SNo.233 なは丸 NAHA MARU (1972)

なは丸
なは丸 Naha Maru
114298/JASB 貨客船 4,957G/T 起工 1971.7.8(昭46) 進水 1971.11.19(昭46) 竣工 1972.2.22(昭47)
Lpp 120.00 B 16.80 D 6.40 m 主機 D 日立B&W 1250VT2BF-110 9,200PS 1基 23/24.65kt
尾道造船株式会社尾道造船所(尾道)建造 Sno.233 琉球海運株式会社(那覇)
なは丸 NAHA MARU 船客 856
1972.2(昭47)東京/鹿児島航路に就航
1981(昭56)永雄商事(不詳)からSulpico Lines Inc.(Philippines)に売却、PHILLIPPINE PRINCESSと改名
1997.12.5(平9)火災事故

SNo.236 ごーるでんおきなわ GOLDEN OKINAWA (1972)

ごーるでんおきなわ
ごーるでんおきなわ Golden Okinawa

1983.10.23 大阪南港
114321/7MDW フェリー 7,611G/T 起工 1972.5(昭47) 進水 1972.9(昭47) 竣工 1972.12(昭47)
Lpp 118.50 B 22.00 D 8.20 m 主機 D 三菱重工V7V40/54 15,200PS 20.2/22.34kt
尾道造船株式会社尾道造船所(尾道)建造 Sno.236 琉球海運株式会社(那覇)
ごーるでんおきなわ GOLDEN OKINAWA
1972.12(昭47)大阪/博多/鹿児島/東京航路に就航
1991(平3)Tien Inと改名
1995(平7)Nagasaki Ferry (Panama) S. A.(Panama)に売却、Nagasaki Shanghaiと改名

SNo.243 おきなわ丸 OKINAWA MARU (1973)
114331/7MED 貨客船 3,785G/T 起工 1973.3(昭48) 進水 1973.6(昭48) 竣工 1973.7(昭48)
Lpp 101.50 B 15.20 D 6.55 m 主機 D 三菱重工V7V40/54 7,600PS 19.2/21.32kt
尾道造船株式会社尾道造船所(尾道)建造 Sno.243 琉球海運株式会社(那覇)
おきなわ丸 OKINAWA MARU 船客 1021
1973.7(昭48)鹿児島、先島航路に就航
1978.11(昭53)(株)ハヤシマリンカンパニー(長崎)に売却

SNo.245 香椎丸 KASHII MARU (1973)

香椎丸
香椎丸 Kashii Maru
116836/JKGP 貨物船 10,417G/T 17,108D/W
起工 1973.5.22(昭48) 進水 1973.8.31(昭48) 竣工 1973.11.24(昭48)
Lpp 142.50 B 22.20 D 12.10 m 主機 D 三井B&W 6K62EF 7,600/8,300PS 1基 14.6/17.73kt
尾道造船株式会社尾道造船所(尾道)建造 Sno.245 日之出汽船株式会社(東京)
香椎丸 KASHII MARU
1973.11.24(昭48)(株)丸二商会(福岡)と共有
1986(昭61)Fluorite Navigation S.A.,Panamaに売却、HAPPY TRADERと改名
1987(昭62)Far East Glory Navigation S.A.,Panamaに売却、FAR EAST GLORYと改名
1988Lloyd's Register 1988-1989年版に掲載

SNo.270 だいやもんどおきなわ DIAMOND OKINAWA (1975)
114354/7MEW 貨客船 8,581G/T 起工 1974.9.19(昭49) 進水 1974.12.29(昭49) 竣工 1975.3.29(昭50)
Lpp 150.00 B 21.00 D 8.80 m 主機 D 三菱横浜V9V52/55 36,000PS 2基 25.3/27.26kt
尾道造船株式会社尾道造船所(尾道)建造 Sno.270 琉球海運株式会社(那覇)
だいやもんどおきなわ DIAMOND OKINAWA 船客 1033
1975.3(昭50)鹿児島、大阪、東京航路に就航
1981.12(昭56)永雄商事(不詳)へ売却

春日丸型 2隻 KASUGA MARU Class (1976 - 1977)

春日丸
春日丸 Kasuga Maru

1978.9.25 水島港 - K.Sato
香取丸に引き続いて建造されたほぼ同じサイズの重量物運搬船で春日丸には450tのヘビーデリックが装備されている。
重量物運搬船 Lpp 142.50 B 23.60 D 13.00 m 主機 D 日本鋼管
尾道造船株式会社尾道造船所(尾道)建造 日之出汽船株式会社(東京)
Sno.268 春日丸 KASUGA MARU 119205/JKPL 11,831G/T 18,144D/W 10,400PS 15.5/18.06kt
起工 1976.3.16(昭51) 進水 1976.7.14(昭51) 竣工 1976.10.28(昭51) 春日丸 KASUGA MARU 31次 450tヘビーデリック装備
1987(昭62)Symsonia Shipping S. A.(Panama)に売却、KASUGAと改名
1995(平7)Golden Jupiter Maritime Pte. Ltd.,Singaporeに売却、ASEAN JUMBOと改名
2001.3.22(平13)バングラデシュの解体業者に売却、Chittagongに到着
Sno.279 鹿島丸 KASHIMA MARU 121424/JQAY 11,853G/T 18,330D/W 10,400PS 15.5/17.98kt
起工 1977.3.23(昭52) 進水 1977.6.17(昭52) 竣工 1977.9.28(昭52) 鹿島丸 KASHIMA MARU 32次 240tヘビーデリック装備
1987(昭62)Symsonia Shipping S. A.,Panamaに売却、KASHIMAと改名
1990(平2)Lloyd's Register 1990-91版に掲載
鹿島丸
鹿島丸 Kashima Maru

SNo.267 GEMINI (1977)


Gemini
山和商船の乗組員により運航され、主として北米/日本間の米材輸送に従事。
123695/JLHP 木材/撒積兼用船 16,356G/T 27,687D/W
起工 1976.11.9(昭51) 進水 1977.2.5(昭52) 竣工 1977.4.11(昭52)
Lpp 163.00 B 24.63 D 14.20 m 主機 D 住友Sulzer 9,900PS 1基 14.3/17.02kt
尾道造船株式会社尾道造船所(尾道)建造 Sno.267 Neptune Enterprise Shipping Inc.,Liberia
GEMINI
1979(昭54)Crown Enterprise Shipping,Liberiaに移籍
1980.4(昭55)山下新日本汽船(株)汽船(東京)に売却、山峰丸 YAMAMINE MARU と改名
1984.5.21(昭59)Blue Falcon Shipping Corp.,Greeceに売却、ADELINAと改名
1988(昭63)Alexanders Power Shipping Co. Ltd,Panamaに売却、ALEXANDER'S POWERと改名
1992(平4)Ovit Denizcilik Ve Tic. A.s.,Turkeyに売却、OVITと改名
2000(平12)Kaptan Denizcilik Turizm Ve Tekstil Sanayi Ltd. Sirketi,Turkeyに売却、CIGDEM Sと改名
2003.1.31(平15)衝突事故
2006(平18)Falcon Shipping Co.(Cong Ty Can Tai Dau Khi Viet Nam),Mogoliaに売却、ROSY FALCONと改名
2011.10.25(平23)解体のためインドのAlangに到着

SNo.285 ぷりんせすおきなわ PRINCESS OKINAWA (1978)
120774/7MFH 貨客船 4,931G/T 起工 1978.4(昭53) 進水 1978.7(昭53) 竣工 1978.10(昭53)
Lpp 120.50 B 20.00 D 13.70 m 主機 D 三菱横浜MV6V40/54 13,400PS 2基 19.6/22.18kt
尾道造船株式会社尾道造船所(尾道)建造 Sno.285 琉球海運株式会社(那覇)
ぷりんせすおきなわ PRINCESS OKINAWA 船客 500
1978.10(昭53)鹿児島、先島航路へ就航

SNo.286 ごとう PL122 GOTO (1980)
123628/JLAM 巡視船 960G/T 起工 1979.3(昭54) 進水 1979.10(昭54) 竣工 1980.2.29(昭55)
Lpp 70.20 B 9.60 D 5.30 m 主機 D 富士ディーゼル 7,000BHP 2基 19.6/20.498kt
尾道造船株式会社尾道造船所(尾道)建造 Sno.286 しれとこ PL101型 運輸省海上保安庁(東京)
ごとう PL122 GOTO 1000トン型 武器:40mm機関砲x1,20mm機銃x1

SNo.326 かりゆしおきなわ KARIYUSHI OKINAWA (1988)
120835/7MFW フェリー 6,613G/T 起工 1987.6(昭62) 進水 1987.9(昭62) 竣工 1988.1(昭63)
Lpp 135.00 B 22.40 D 14.05 m 主機 D 14,400PS 21/23.61kt
尾道造船株式会社尾道造船所(尾道)建造 Sno.326 琉球海運株式会社(那覇)
かりゆしおきなわ KARIYUSHI OKINAWA 船客 150
1988.1(昭63)東京、先島航路へ就航

ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.10