船歴 本邦建造船59 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

株式会社呉造船所

朝潮丸 ASASHIO MARU (1900)
58646/JIMC 救助船 294G/T 442D/W 進水 1900(明33)
Lr 39.00 B 6.72 D 4.41 m 主機 R 600IHP 8/10kt
株式会社呉造船所(呉)建造 日本サルヴェージ株式会社(東京)
朝潮丸 ASASHIO MARU

福洋丸 FUKUYO MARU (1954)
クリーンタンカー
72212/JDTU 油槽船 887G/T 1,304D/W 起工 1954.2(昭29) 進水 1954.5(昭29) 竣工 1954.7(昭29)
Lpp 59.00 B 9.50 D 5.25 m 主機 D 大阪機工 23号乙8型 850BHP 1基 10.5/11.5kt
株式会社呉造船所(呉)建造 森田汽船株式会社(呉)
福洋丸 FUKUYO MARU
1955.6.22(昭30)共栄タンカー(株)(神戸)に売却、第三共栄丸 KYOEI MARU No.3 と改名
1960.6.1(昭35)新栄海運(株)(神戸)に売却
1960.11.10(昭37)東京都(東京)に売却、屎尿運搬船に改造
1962(昭37)むらさき丸 MURASAKI MARU と改名

山城丸 YAMASHIRO MARU (1955)

山城丸
山城丸 Yamashiro Maru
トロール漁船 進水 1955(昭30) 竣工 1955.10.20(昭30)
Lpp 40.00 B 7.30 D 4.20 m 主機 D 新潟鉄工 700BHP 1基 12.5kt
株式会社呉造船所(呉)建造 日本水産株式会社(東京)
山城丸 YAMASHIRO MARU

東明丸 TOMEI MARU (1955)
73816/JIGS 貨物船 3,276G/T 5,182D/W 起工 1955.6(昭30) 進水 1955.10(昭30) 竣工 1955.11(昭30)
Lpp 98.00 B 15.00 D 7.50 m 主機 D 川崎M.A.N. G6Z52/90 12/15PS 12/14.5kt
株式会社呉造船所(呉)建造 東和汽船株式会社(神戸)
東明丸 TOMEI MARU

東靖丸 TOSEI MARU (1957)
77559/JBCA 貨物船 3,265G/T 5,155D/W 起工 1956.11(昭31) 進水 1957.2(昭32) 竣工 1957.3(昭32)
Lpp 98.00 B 15.00 D 7.50 m 主機 D 三菱横浜M.A.N. G6Z52/90 2,000PS 1基 12/14.5kt
株式会社呉造船所(呉)建造 東和汽船株式会社(神戸)
東靖丸 TOSEI MARU 12次追

SNo.25 旭丸 ASAHI MARU (1957)

旭丸
旭丸 Asahi Maru
旭汽船との共有でバンコク航路用に自己資金により建造した中型の貨物船。
78491/JMBS 貨物船 4,838G/T 7,181D/W
起工 1957.2.4(昭32) 進水 1957.4.5(昭32) 竣工 1957.7.15(昭32)
Lpp 108.00 B 16.20 D 9.60 m 主機 D 川崎M.A.N. G9Z52/90 3,700PS 1基 13.2/15.9kt
株式会社呉造船所(呉)建造 Sno.25 川崎汽船株式会社(東京)
旭丸 ASAHI MARU
1957.7.15(昭32)旭汽船(株)(神戸)と共有
1964.4(昭39)共有分購入により川崎汽船(株)(神戸)の単独所有
1966.9.1(昭41)神戸汽船(株)(神戸)に売却
1975(昭50)Lingnan Shipping S. A.,Panamaに売却、UNITED ENTERPRISEと改名
1978(昭53)Loon Mau Navigation Co. S. A.,Panamaに売却、LOON FATと改名
1980.5(昭55)香港で解体に着手

SNo.27 鵜戸丸 UDO MARU (1957)

鵜戸丸
鵜戸丸 Udo Maru
76789/JHOH 油槽船 13,114G/T 21,160D/W
起工 1956.8(昭31) 進水 1956.12(昭31) 竣工 1957.6.12(昭32)
Lpp 167.00 B 22.30 D 12.30 m 主機 D 播磨Sulzer 7RSAD76 9,100PS 1基 15/16.5kt
株式会社呉造船所(呉)建造 Sno.27 照國海運株式会社(東京)
鵜戸丸 UDO MARU 12次
1972(昭47)River Side Tank Corp S. A., Panamaに売却、UDOMARと改名
1977.2.5(昭52)解体のため売却、Gi Yuen Steel, Kaohsiungに到着

SNo.28 吉備丸 KIBI MARU (1957)

吉備丸
吉備丸 Kibi Maru
76795/JHVD 貨物船 5,691G/T 8,260D/W
起工 1956.12.21(昭31) 進水 1957.3.5(昭32) 竣工 1957.6.25(昭32)
Lpp 118.00 B 17.20 D 9.65 m 主機 D 川崎M.A.N. K5Z70/120A 4,100PS 1基 13.5/15.95kt
株式会社呉造船所(呉)建造 Sno.28 日之出汽船株式会社(東京)
吉備丸 KIBI MARU 12次
1978.3.27(昭53)Pisang (Panama) S. A.,Panamaに売却、BOWONと改名
1983Lloyd's Register 1983-1984年版に掲載、以後不詳

SNo.29 第二満寿美丸 MASUMI MARU No.2 (1957)

第二満寿美丸
第二満寿美丸 Masumi Maru No.2
79221/JMLT 貨物船 3,262G/T 5,282D/W
起工 1957.3.11(昭32) 進水 1957.4.26(昭32) 竣工 1957.8.9(昭32)
Lpp 98.10 B 15.00 D 7.50 m 主機 D 阪神内燃機 Z8TS 2,300PS 1基 11.6/14.7kt
株式会社呉造船所(呉)建造 Sno.29 山下汽船株式会社(神戸)
第二満寿美丸 MASUMI MARU No.2 自資
1957.8.9(昭32)樽本汽船(株)(神戸)と共有
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(株)汽船(東京)と樽本汽船(神戸)の共有
1968.6.29(昭43)共有分を山下新日本汽船(株)汽船(東京)に譲渡
1973.11.14(昭48)解体のため三井物産(東京)に売却

初星丸 SHOSEI MARU (1957)
79299/JEXB 貨物船 3,373G/T 5,188D/W 起工 1957.4(昭32) 進水 1957.5(昭32) 竣工 1957.9(昭32)
Lpp 98.00 B 15.00 D 7.50 m 主機 D 阪神内燃機 Z8TS 2,300BHP 1基 11.6/14.8kt
株式会社呉造船所(呉)建造 東光商船株式会社(大阪)
初星丸 SHOSEI MARU

SNo.31 第二真盛丸 SHINSEI MARU No.2 (1957)

第二真盛丸
第二真盛丸 Shinsei Maru No.2
79300/JEXD 貨物船 3,251G/T 5,167D/W
起工 1957.5.7(昭32) 進水 1957.6.25(昭32) 竣工 1957.10.15(昭32)
Lpp 98.00 B 15.00 D 7.50 m 主機 D 浦賀玉島Sulzer 8TD48 2,400BHP 1基 13/14kt
株式会社呉造船所(呉)建造 Sno.31 原商船株式会社(大阪)
第二真盛丸 SHINSEI MARU No.2
1965(昭40)神戸汽船(神戸)に売却、摩耶丸と改名
1967(昭42)実生商船(大阪)に売却、古鷹丸 Furutaka Maruと改名
1970(昭45)Eastern Shipping Lines Inc., Philippineに売却、EASTERN JUPITERと改名
1974(昭49)National Steel Corp., Philippineに売却、NATIONAL STEEL ONEと改名
1982(昭57)SHELL OCEAN ONEと改名
1983.1(昭58)解体のため売却、Marivelesで解体

SNo.32 徳和丸 (2) TOKUWA MARU (1958)

徳和丸
徳和丸 Tokuwa Maru
79740/JKDR 貨物船 3,293G/T 5,717D/W
起工 1957.7.9(昭32) 進水 1957.8.24(昭32) 竣工 1958.2.24(昭33)
Lpp 105.00 B 15.60 D 7.20 m 主機 D 浦賀玉島Sulzer 8TD48 3,000PS 12.4/14.3kt
株式会社呉造船所(呉)建造 Sno.32 日東商船株式会社(東京)
徳和丸 TOKUWA MARU
1964.4.1(昭39)合併に伴いジャパンライン(株)(東京)に移籍
1970.7.7(昭45)Star Nav. Ltd.,Singaporeに売却、OCEAN MERCURYと改名
1972(昭47)Sun Flower Shipping Co. S.A.,Panamaに売却、THE SUNFLOWERと改名
1975(昭50)Alhilal Lines S.A.,Panamaに売却、INDIA ROSEWOODと改名
1979(昭54)Well Aids Navigation S.A.,Panamaに移籍
1980(昭55)Grand Banks Inc,Indiaに売却、ROSEWOODと改名
1991(平3)Lloyd's Register 1991-1992年版に掲載

SNo.33 新田丸 (1) NITTA MARU (1958)

新田丸
新田丸 Nitta Maru
戦後、鉄鉱石の輸入先の長距離化に伴う大型専用船として第13次計画造船によりわが国で最初に竣工した1万8,000重量トン級の鉱石専用船。本船は荷役装置を持たないが、続く14次で日本鉱石輸送との共有で建造された鹿児島丸や他船社の鉱石専用船は荷役装置を有していた。
80393/JMGY 鉱石専用船 12,094G/T 18,036D/W
起工 1957.7.27(昭32) 進水 1957.11.8(昭32) 竣工 1958.1.21(昭33)
Lpp 153.00 B 22.40 D 12.00 m 主機 T 石川島 15,000PS 1基 14.5/15.5kt
株式会社呉造船所(呉)建造 Sno.33 照國海運株式会社(東京)
新田丸 NITTA MARU 13次
1969(昭44)流通海運(株)(東京)に売却、流昭丸と改名
1973(昭48)Lansing Corp., Panamaに売却、RYUSHOと改名
1975(昭50)Jin Yang Shipping Co. Ltd., South Koreaに売却、JIN YANG No.11と改名
1980.7.9(昭55)アラビア海(15-08N 71-31E)で遭難、沈没

SNo.34 邦強丸 HOKYO MARU (1958)

邦強丸
邦強丸 Hokyo Maru
日邦汽船の新造船第1船。八幡製鐵と富士製鉄の積荷保証で自己資金により建造された。
80639/JEMD 鉱石専用船 10,473G/T 18,132D/W
起工 1957.11.9(昭32) 進水 1958.2.3(昭33) 竣工 1958.4.5(昭33)
Lpp 153.00 B 22.40 D 12.50 m 主機 D 川崎M.A.N. K6Z70/120C 7,200BHP 1基 13.8/16.067kt
株式会社呉造船所(呉)建造 Sno.34 日邦汽船株式会社(東京)
邦強丸 HOKYO MARU 旅客 4
1972.3.17(昭47)Grace Carriers Inc., Liberiaに売却、GRACE VENTUREと改名
1973(昭48)New Zealand Carriers Inc., Liberiaに移籍
1977.11(昭52)解体のため売却、Long Jong Industries, Kaohsiungに到着

日尚丸 NISSHOH MARU (1958)
80861/JJDM 貨物船 3,319G/T 5,232D/W 起工 1958.2(昭33) 進水 1958.4(昭33) 竣工 1958.6(昭33)
Lpp 8.00 B 15.00 D 7.75 m 主機 D 阪神内燃機 Z8TS 2,400BHP 1基 12/15kt
株式会社呉造船所(呉)建造 上地汽船株式会社(神戸)
日尚丸 NISSHOH MARU

SNo.35 邦正丸 HOSEI MARU (1958)

邦正丸
邦正丸 Hosei Maru
邦強丸に続いて建造された鉱石専用船。荷役設備が若干異なるが船体の主要寸法、主機は同じでほぼ同型船である。本船の建造はスエズブーム後の資金調達困難な時期となったためBank of Americaからわが国海運界初のインパクトローンとして融資を受けて建造された。
81916/JPNQ 鉱石専用船 10,490G/T 18,201D/W
起工 1958.4(昭33) 進水 1958.7(昭33) 竣工 1958.10.14(昭33)
Lpp 153.00 B 22.40 D 12.50 m 主機 D 川崎M.A.N. K8Z70/120C 7,200BHP 1基 13.8/16.432kt
株式会社呉造船所(呉)建造 Sno.35 日邦汽船株式会社(東京)
邦正丸 HOSEI MARU
1966.8.31(昭41)売却
1968(昭43)三井物産(東京)に売却
1969(昭44)Northern Nav. Co. Inc., Liberiaに売却、MINOAN BULLと改名
1972(昭47)Ataka Nav. Inc., Liberiaに移籍
1980.9.2(昭55)解体のため売却、Long Jong Industries, Kaohsiungに到着

大山丸 OHYAMA MARU (1959)
82143/JRXD 貨物船 3,596G/T 5,230D/W 起工 1958.12(昭33) 進水 1959.1(昭34) 竣工 1959.4(昭34)
Lpp 101.00 B 15.80 D 7.90 m 主機 D 川崎M.A.N. G6Z52/90 2,600PS 1基 12.2/14.5kt
株式会社呉造船所(呉)建造 広南汽船株式会社(東京)
大山丸 OHYAMA MARU

SNo.36 鹿児島丸 KAGOSHIMA MARU (1959)

鹿児島丸
鹿児島丸 Kagoshima Maru
第14次計画造船で日本鉱石輸送との共有により建造された1万5,000重量トン級の鉱石専用船。
83216/JHMO 鉱石専用船 103,431G/T 15,369D/W
起工 1959.1.28(昭34) 進水 1959.4.24(昭34) 竣工 1959.7.31(昭34)
Lpp 145.00 B 20.80 D 11.70 m 主機 D 播磨Sulzer 6SAD72 5,600PS 1基 13.8/14.5kt
株式会社呉造船所(呉)建造 Sno.36 照國海運株式会社(東京)
鹿児島丸 KAGOSHIMA MARU 14次
1959.7(昭34)日本鉱石輸送(株)(東京)と共有
1972(昭47)Trans Ocean Nav. Co., Panamaに売却、UNITED FAITHと改名
1981.12.19(昭56)解体のため売却、Ghasiram Gokalchand, Bombayに到着

第三青幸丸 SEIKO MARU No.3 (1959)
83522/JQWY 貨物船 457G/T 688D/W 起工 1959.4(昭34) 進水 1959.8(昭34) 竣工 1959.9(昭34)
Lpp 43.00 B 7.80 D 3.90 m 主機 D 日本発動機 S6NV38 400BHP 1基 9/10.5kt
株式会社呉造船所(呉)建造 旭無煙炭鉱株式会社(熊本)
第三青幸丸 SEIKO MARU No.3
1960.11(昭35)船体引伸ばし
1962.7.1(昭37)在籍

SNo.37 長栄丸 CHOEI MARU (1959)

長栄丸
長栄丸 Choei Maru
84340/JHSX 油槽船 29,062G/T 47,783D/W
起工 1959.3.19(昭34) 進水 1959.10.22(昭34) 竣工 1959.12.10(昭34)
Lpp 213.00 B 30.50 D 15.60 m 主機 T 石川島 17,600PS 1基 16.3/18.7kt
株式会社呉造船所(呉)建造 Sno.37 日東商船株式会社(東京)
長栄丸 CHOEI MARU 14次
1964.4.1(昭39)合併に伴いジャパンライン(株)(東京)に移籍
1968.7.17(昭43)Panamanian Star Shipping,Panamaに売却、PANAMANIAN STARと改名
1973(昭48)Trade Oil Co.S.A.,Panamaに売却、TRADE STARと改名
1976(昭51)Trade Oil Co.S.A.,Greeceに移籍
1978(昭53)高雄で解体

SNo.38 第二松島丸 MATSUSHIMA MARU No.2 (1962)

第二松島丸
第二松島丸 Matsushima Maru No.2
89912/JQXS 油槽船 29,049G/T 51,456D/W 起工 1962.1(昭37) 進水 1962.5(昭37) 竣工 1962.9.8(昭37)
Lpp 210.00 B 31.00 D 15.85 m 主機 T 川崎重工 2段減速 17,600SHP 1基 16.2/17.1kt
株式会社呉造船所(呉)建造 Sno.38 日本水産株式会社(東京)
第二松島丸 MATSUSHIMA MARU No.2

SNo.48 新勝丸 SHINSHO MARU (1960)

新勝丸
新勝丸 Shinsho Maru
84718/JMHX 鉱石専用船 12,039G/T 19,120D/W
起工 1960.1(昭35) 進水 1960.5(昭35) 竣工 1960.7(昭35)
Lpp 153.00 B 22.40 D 12.00 m 主機 D 播磨Sulzer 7SAD72 6,500PS 1基 13.6/16.2kt
株式会社呉造船所(呉)建造 Sno.48 照國海運株式会社(東京)
新勝丸 SHINSHO MARU 15次
1972(昭47)Cathay Maritime Corp., Monroviaに売却、NEW VICTORYと改名
1979.3.6(昭54)解体のため売却、台湾の高雄に到着
1979.3.19(昭54)Nan Eng Steel Enterprise Co., Kaohsiungで解体開始

SNo.53 第二国際丸 KOKUSAI MARU No.2 (1961)

第二国際丸
第二国際丸 Kokusai Maru No.2

1965.6.16 - City of Vancouver Archives
87481/JQSC 貨物船 9,059G/T 起工 1960.12(昭35) 進水 1961.4.1(昭36) 竣工 1961.6.20(昭36)
Lpp 140.00 B 19.40 D 12.00 m 主機 D 6,450BHP 14.2/17.2kt
株式会社呉造船所(呉)建造 Sno.53 日東商船株式会社(東京)
第二国際丸 KOKUSAI MARU No.2
1964.4.1(昭39)合併に伴いジャパンライン(株)(東京)に移籍
1975.3.14(昭50)山和商船(株)(東京)に売却
1975(昭50)Penisular Malaysia Line S.A.,Panamaに売却、MALAYSIA PERMAIと改名
1978(昭53)Satu(Panama)S.A.,Panamaに売却、UNION BOSTONと改名
1981(昭56)China Ocean Shipping Co.,Chinaに売却、AN HSINGと改名
1983(昭58)高雄で解体

SNo.54 住吉丸 SUMIYOSHI MARU (1961)
86786/JQZK 鉱石専用船 13,305G/T 2,741D/W
起工 1960.8(昭35) 進水 1960.12(昭35) 竣工 1961.3(昭36)
Lpp 160.00 B 22.60 D 12.40 m 主機 D 川崎M.A.N. K7Z70/120C 7,000PS 1基 13.6/16.2kt
株式会社呉造船所(呉)建造 Sno.54 照國海運株式会社(東京)
住吉丸 SUMIYOSHI MARU
1971(昭46)Seatrade Bulk Carriers, Inc., Monroviaに売却、SEATRADEと改名
1983.4.25(昭58)解体のため売却、台湾の高雄に到着
1983.5.5(昭58)Hai Kwang Steel Enterprise Co., Ltd., Kaohsiungで解体開始

伊吹丸 IBUKI MARU (1961)
87549/JJPB 冷蔵運搬船 2,502G/T 2,339D/W 起工 1961.3(昭36) 進水 1961.5(昭36) 竣工 1961.8(昭36)
Lpp 77.00 B 13.50 D 8.70 m 主機 D 三井B&W 642VTBF75 2,400BHP 1基 12.5/114.6kt
株式会社呉造船所(呉)建造 日本水産株式会社(東京)
伊吹丸 IBUKI MARU

SNo.61 豊和丸 HOWA MARU (1962)

豊和丸
豊和丸 Howa Maru
89218/JBWB 貨物船 9,358G/T 13,522D/W
起工 1961.9.2(昭36) 進水 1961.11.21(昭36) 竣工 1962.2.26(昭37)
Lpp 145.00 B 19.60 D 12.10 m 主機 D 9,000BHP 17.5/19.6kt
株式会社呉造船所(呉)建造 Sno.61 日東商船株式会社(東京)
豊和丸 HOWA MARU
1964.4.1(昭39)合併に伴いジャパンライン(株)(東京)に移籍
1982(昭57)Nicolas Shipping Co. S.A.,Panamaに売却、CAPTAIN NICOLASと改名
1984(昭59)高雄で解体

SNo.62 神好丸 SHINKO MARU (1962)

神好丸
神好丸 Shinko Maru
86910/JQVJ 鉱石専用船 13,228G/T 21,172D/W
起工 1961.7.21(昭36) 進水 1961.10(昭36) 竣工 1962.1.31(昭37)
Lpp 160.00 B 22.60 D 12.40 m 主機 D IHI Sulzer 6RD68 6,600PS 1基 13.2/16.16kt
株式会社呉造船所(呉)建造 Sno.62 山下汽船株式会社(神戸)
神好丸 SHINKO MARU 自資
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(株)汽船(東京)に移籍
1977.7.13(昭52)Marine Post S.A.,Liberiaに売却、ALBYONと改名
1986.4.23(昭61)解体のためインドのAlangに到着

SNo.63 伊勢丸 (2) ISE MARU (1962)

伊勢丸
伊勢丸 Ise Maru
載貨重量70,000トンを超える当時マンモス・タンカーと呼称された大型油槽船。主機には高出力のディーゼル機関を搭載した。
89972/JRZA 油槽船 39,169G/T 74,229D/W
起工 1962.3.1(昭37) 進水 1962.9.14(昭37) 竣工 1962.11(昭37)
Lpp 225.00 B 33.80 D 18.55 m 主機 D IHI Sulzer 9RD90 19,800PS 1基 15.8/18.8kt
株式会社呉造船所(呉)建造 Sno.63 照國海運株式会社(東京)
伊勢丸 ISE MARU 17次
1972(昭47)Vencedora Oceanica Navegacion S. A., Piraeusに売却、KAPETAN MARKOS N. L.と改名
1980.12.28(昭55)Arzewで強風のため座礁
1983.7.15(昭58)浮揚。同年12.1、解体のため売却、バルセロナに到着
1984(昭59)バルセロナで解体

SNo.68 那智丸 NACHI MARU (1963)

那智丸
那智丸 Nachi Maru
わが国で最初の250トンヘビーデリックを採用した重量物運搬船。大型デリックを採用する一方、機関部の自動化や甲板機械を全て電動化するなどの新機軸を出した。
90934/JGKS 重量物/貨物兼用船 6,521G/T 8,961D/W
起工 1963.7.24(昭38) 進水 1963.8.19(昭38) 竣工 1963.10.7(昭38)
Lpp 125.00 B 18.00 D 9.70 m 主機 D 川崎M.A.N. K6Z70/120C 6,000PS 1基 14.5/17.2kt
株式会社呉造船所(呉)建造 Sno.68 日之出汽船株式会社(東京)
那智丸 NACHI MARU 19次
1981.12.24(昭56)相生で解体

こじま PL21 KOJIMA (1964)

こじま PL21
こじま PL21 Kojima
90940/8LYS 巡視船 1,065G/T 起工 1963.9(昭38) 進水 1964.2(昭39) 竣工 1964.5.20(昭39)
Lpp 64.20 B 10.30 D 5.40 m 主機 D 浦賀玉島Sulzer 7MD51 2,600PS 1基 13.6/17.16kt
株式会社呉造船所(呉)建造 運輸省海上保安庁(東京)
こじま PL21 KOJIMA 1,100トン型(教育訓練用) 武器:40mm機関砲x1 20mm機銃x1 13mm機銃x1 乗員 114
1977(昭52)3'砲を撤去
1978(昭53)学生図書室、調理室を改造

SNo.88 霧島丸 (2) KIRISHIMA MARU (1964)

霧島丸
霧島丸 Kirishima Maru
96097/JMZG 油槽船 57,706G/T 100,880D/W
起工 1964.3.12(昭39) 進水 1964.9.22(昭39) 竣工 1964.11.13(昭39)
Lpp 249.00 B 40.40 D 20.90 m 主機 D IHI Sulzer 12RND90 27,600PS 1基 16.5/18.22kt
株式会社呉造船所(呉)建造 Sno.88 照國海運株式会社(東京)
霧島丸 KIRISHIMA MARU 19次
1979(昭54)昭洋海運(東京)に売却。同年12月、解体のため売却、Chong Steel & Iron, Kaohsiungに到着

SNo.100 出雲丸 IDZUMO MARU (1965)

出雲丸
出雲丸 Idzumo Maru
日本/ペルシャ湾航路に就航
96424/JQBU 油槽船 45,449G/T 74,718D/W
起工 1965.1.26(昭40) 進水 1965.4.6(昭40) 竣工 1965.7.7(昭40)
Lpp 236.00 B 38.00 D 17.20 m 主機 D IHI Sulzer 9RD90 20,700PS 1基 15.6/18.11kt
株式会社呉造船所(呉)建造 Sno.100 照國海運株式会社(東京)
出雲丸 IDZUMO MARU 20次 船客 3
1976(昭51)Channel Tanker Co., Liberiaに売却、SUNG-UN No.3と改名
1981(昭56)Sung Un Shipping Co. Ltd., South Koreaに移籍
1984.4.1(昭59)解体のため売却、Inchon Iron & Streel, Inchonに到着

SNo.101 照国丸 TERUKUNI MARU (1965)
貨客船 1,450G/T 667D/W 起工 1965.3.2(昭40) 進水 1965.7.1(昭40) 竣工 1965.10.21(昭40)
Lpp 66.00 B 11.40 D 5.20 m 主機 D 新潟鉄工 M5T48AS 2,380/2,650PS 1基 15.45/17.89kt
株式会社呉造船所(呉)建造 Sno.101 鹿児島郵船株式会社(鹿児島)
照国丸 TERUKUNI MARU

SNo.102 八潮川丸 YASHIOGAWA MARU (1965)
97149/JNWC 鉱石専用船 35,013G/T 56,883D/W
起工 1965.7.5(昭40) 進水 1965.9.24(昭40) 竣工 1965.12.20(昭40)
Lpp 213.00 B 31.70 D 17.60 m 主機 D 石播相生Sulzer 6RD90 15,000PS 1基 15/17kt
株式会社呉造船所(呉)建造 Sno.102 川崎汽船株式会社(神戸)
八潮川丸 YASHIOGAWA MARU 21次
1972.9.2(昭47)Fortune Carriers Co.Ltd.,Singaporeに売却、KIM HAEと改名
1978(昭53)Korea Shipping Corp.,韓国に売却
1986.6.11(昭61)解体のため売却、韓国の蔚山に到着

神日丸 SHINNICHI MARU (1966)

神日丸
神日丸 Shinnichi Maru

S.Kizu
神戸製鋼所の10年間積荷保証を得て建造された。石炭積みの場合は全船艙、鉱石は第2,3,5,7の各船艙を使用した。
100020/JFMF 鉱石/石炭兼用船 24,598G/T 37,048D/W
起工 1966.1.12(昭41) 進水 1966.4.7(昭41) 竣工 1966.7.25(昭41)
Lpp 181.00 B 29.60 D 16.20 m 主機 D IHI Sulzer 7RD76 11,200PS 1基 14.3/16.72kt
株式会社呉造船所(呉)建造 山下新日本汽船株式会社(東京)
神日丸 SHINNICHI MARU 21次
1966.7(昭41)日本/豪州、日本/ゴアに就航
1980(昭55)Mercator Mariners Ltd.,Panamaに売却、SHIN SHINと改名
1982(昭57)Karson Navigation Corp.,Taiwanに売却、SHIN HSINGと改名
1985.10.7(昭60)解体のためKao Feng Iron & Steel Co.へ売却、高雄へ到着

SNo.136 錦陽丸 KINYO MARU (1966)

錦陽丸
錦陽丸 Kinyo Maru

1976.4.30 - City of Vancouver Archives
100795/JMXT 木材運搬船 9,775G/T 15,445D/W
起工 1966.6.14(昭41) 進水 1966.8.29(昭41) 竣工 1966.11.13(昭41)
Lpp 136.00 B 21.20 D 11.80 m 主機 D IHI Sulzer 6RD68 7,200PS 1基 14/16.5kt
株式会社呉造船所(呉)建造 Sno.136 飯野海運株式会社(東京)
錦陽丸 KINYO MARU 22次
1978.7(昭53)Burong S.A.,Panamaに売却、SAM CHOONGと改名
1983(昭58)Sam Ick Lines Co.Ltd.,韓国に売却
1984(昭59)Sam Won Shipping Co.Ltd.,韓国に売却
1986.11.23(昭61)解体のため尉山に到着

香取丸 KATORI MARU (1967)

香取丸
香取丸 Katori Maru
100836/JNNX 鉱石専用船 24,054G/T 37,524D/W
起工 1966.9.28(昭41) 進水 1967.1.9(昭42) 竣工 1967.3.29(昭42)
Lpp 183.00 B 30.00 D 14.90 m 主機 D IHI Sulzer 8RD76 12,800PS 1基 14.75/17.26kt
株式会社呉造船所(呉)建造 照國海運株式会社(東京)
香取丸 KATORI MARU 22次
1973(昭48)River Bank Transportationp Co. Ltd., Panamaに売却、ORE TRADERと改名
1979(昭54)Kim Hin Holding Ltd., Singaporeに売却、WORLD TRADERと改名
1983(昭58)Silver Shadow Nav. Co. Ltd., Cyprusに移籍同年9.3、解体のため売却、Lien's Steel, Kaohsiungに到着

SNo.141 春日丸 KASUGA MARU (1967)

春日丸
春日丸 Kasuga Maru
100942/JNGX 油槽船 44,297G/T 77,857D/W
起工 1929.3.9(昭4) 進水 1967.6.20(昭42) 竣工 1967.9.20(昭42)
Lpp 236.00 B 38.00 D 17.20 m 主機 D IHI Sulzer 9RD90 20,700PS 1基 15.6kt
株式会社呉造船所(呉)建造 Sno.141 照國海運株式会社(東京)
春日丸 KASUGA MARU 22次
1979(昭54)昭洋海運(東京)に売却
1982(昭57)吉備津丸と改名。日本鋼管(鶴見)で撒積貨物船に改造 Lpp 241.35 x B 38.00 x D 20.00m 51,189G/T
1990(平2)KBT Shipping Corp., Liberiaに売却
1996(平8)N. P. Shipping S. A., Liberiaに移籍
1997(平9)Lloyd's Register 1997-1998年版より削除

SNo.142 鹿島丸 KASHIMA MARU (1968)

鹿島丸
鹿島丸 Kashima Maru
主機は石川島播磨重工が仏S.E.M.T.社との技術提携により製作を開始したIHI-S.E.M.T.-Pielstick PC2型ディーゼル機関を搭載した。
101029/JDWE 撒積貨物船 14,017G/T 22,432D/W
起工 1967.7.4(昭42) 進水 1967.10.9(昭42) 竣工 1968.1.9(昭43)
Lpp 158.00 B 24.00 D 13.60 m 主機 D IHI SEMT Pielstick 18PC2V 8,370PS 1基 14.75/17.05kt
株式会社呉造船所(呉)建造 Sno.142 照國海運株式会社(東京)
鹿島丸 KASHIMA MARU 23次
1973(昭48)Grand Opal Inc., Liberiaに売却、GRAND OPALと改名
1983(昭58)Silicia Shipping Corp., Greeceに売却、VICTORIA Uと改名。同年、Potamia Shipping Co. S. A., Greeceに移籍
1989(平1)Prodromos Shipping Ltd., Cyprusに売却、MELOIと改名
1991.6(平3)解体のため売却、Ocean Steel, Thap Sakaeで解体

SNo.143 ジャパン リンデン (1) JAPAN LINDEN (1967)

ジャパン リンデン
ジャパン リンデン Japan Linden
100897/JHOX 鉱石/撒積兼用船 26,300G/T 37,954D/W
起工 1967.2.13(昭42) 進水 1967.6.5(昭42) 竣工 1967.8.25(昭42)
Lpp 183.00 B 30.00 D 16.80 m 主機 D IHI Sulzer 8RD76 12,800PS 1基 14.5/17.01kt
株式会社呉造船所(呉)建造 Sno.143 ジャパンライン株式会社(東京)
ジャパン リンデン JAPAN LINDEN
1980(昭55)Kai Che Shipping S.A,Panamaに売却、KAPETA TRADERと改名
1982(昭57)KAPETAN TRADERと改名
1983(昭58)Calamar Maritime Inc.,Panamaに売却、FIVE OCEANSと改名
1985(昭60)解体のため売却。台湾の高雄で解体

SNo.155 ジャパン ウィステリア JAPAN WISTERIA (1967)

ジャパン ウィステリア
ジャパン ウィステリア Japan Wisteria
101003/JPOJ 鉱石/油兼用船 56,311G/T 96,512D/W
起工 1967.6.21(昭42) 進水 1967.9.20(昭42) 竣工 1967.12.5(昭42)
Lpp 244.03 B 38.94 D 20.60 m 主機 D IHI Sulzer 9RD90 21,600PS 1基 15/16.39kt
株式会社呉造船所(呉)建造 Sno.155 ジャパンライン株式会社(東京)
ジャパン ウィステリア JAPAN WISTERIA 23次
1981(昭56)Eddie Steamship Co. Ltd.,Taiwanに売却、METAL TRANSPORTERと改名
1981(昭56)Sovereign Navigation Corp.,Panamaに売却、CAHTARINAと改名
1983(昭58)解体のため売却。台湾の高雄で解体

SNo.1174 高千穂丸 (2) TAKACHIHO MARU (1968)
103919/JJII 油槽船 72,394G/T 135,069D/W
起工 1968.5.31(昭43) 進水 1968.8.20(昭43) 竣工 1968.12.20(昭43)
Lpp 260.00 B 43.30 D 22.40 m 主機 T 三菱長崎 MT-300-3 25,300PS 1基 15.75/16.5kt
株式会社呉造船所(呉)建造 Sno.1174 日本郵船株式会社(東京)
高千穂丸 TAKACHIHO MARU 24次
1977(昭52)Sea Saudi Maritime Co. Ltd., Saudi Arabiaに売却、AL HADAと改名
1981.5.6(昭56)解体のためTung Ho Steel Enterprise, Kaohsiungに到着

ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.11