船歴 本邦建造船62 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

栃木造船所

千鳥丸 CHIDORI MARU (1912)
15715/MDCS 汽船 107G/T 進水 1912.12(大1)
Lpp 25.91(85.0') B 5.49(18.0') D 3.20(10.5') m 主機 R 2連成(冷)
栃木造船所(福岡)建造 杤木商事株式会社(福岡)
千鳥丸 CHIDORI MARU

三千丸 MICHI MARU (1914)

三千丸
三千丸 Michi Maru
大正時代に杤木造船所(八幡市)で建造された小型の貨物船。太平洋戦争後も杤木汽船で活躍。本船の3連成主機は大阪の岡本鐵工所(岡本清三)が製作した。
17381/MPCN→JQQM 貨物船 1,383G/T 2,068D/W 進水 1914.7(大3)
Lpp 74.68(245'-0") B 10.36(34'-0") D 6.22(20'-5") m 主機 R 3連成 岡本鐵工所(大阪) 127NHP/850IHP 1基 9.5/11kt
栃木造船所(福岡)建造 栃木造船所(若松)
三千丸 MICHI MARU SCAJAP No.M081
1914(大3)杤木商事(株)(神戸)に移籍(移籍年月日不詳)
1945.1(昭20)杤木汽船(株)(東京)に移籍
1962.7.1(昭37)在籍

大徳丸 DAITOKU MARU (1917)
21173/NMJF 貨物船 1,126G/T 進水 1917.9(大6)
Lpp 63.79 B 9.44 D 5.79 m 主機 R 3連成 90NHP/750IHP 10/11kt
栃木造船所(福岡)建造 杤木商事株式会社(若松)
大徳丸 DAITOKU MARU
1919(大8)大徳汽船(若松)に売却
1922(大11)樺太汽船(株)(西宮)に売却、第八平榮丸 HEIYEI MARU No.8 と改名
1924(大13)船名録より削除

千香丸 CHIKA MARU (1918)
23744/RDBF 貨物船 1,175G/T 1,813D/W 進水 1918.9(大7) 竣工 1918(大7)
Lpp 63.91(209'-8") B 9.45(31'-0") D 5.84(19'-2") m 主機 R 3連成 90NHP/780IHP 1基 8.5/10.5kt
栃木造船所(福岡)建造 杤木商事株式会社(若松)
千香丸 CHIKA MARU

丸神丸 MARUSHIN MARU (1919)
38868/JNBJ 貨物船 163G/T 150D/W 進水 1919(大8)
Lpp 31.09 B 5.79 D 3.05 m 主機 D 新潟ディーゼル 150/270BHP 9.3/10kt
栃木造船所(福岡)建造 東京灣汽船株式会社(東京)
丸神丸 MARUSHIN MARU

千壽丸 CHIJU MARU (1920)
27234/SCMD 貨物船 2,297G/T 3,455D/W 進水 1920.5(大9)
Lpp 82.30(270'-0") B 12.19(40'-0") D 7.32(24'-0") m 主機 R 3連成 130NHP/980IHP 1基 8/9.5kt
栃木造船所(福岡)建造 杤木商事株式会社(若松)
千壽丸 CHIJU MARU

第一米丸 YONE MARU NO.1 (1927)
32555/TJHG→JTTE→JHSF 貨客船 153G/T 進水 1927.11(昭2)
Lpp 28.04 B 5.33 D 2.74 m 主機 H 焼玉 200BHP 8.5/9kt
栃木造船所(福岡)建造 藤村商船(高知)
第一米丸 YONE MARU NO.1 船客 66 SCAJAP No.Y020
1934.1.24(昭9)藤村商船の買収により土佐商船(株)(高知)に移籍
1938.8.8(昭13)海軍に徴傭され、雑用船に入籍
1939.1.10(昭14)解傭
1942.5.4(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴ない移籍
1955.4.25(昭30)大商汽船(合)(神戸)に売却
1955(昭30)佐伯秀光(大阪)に売却
1957(昭32)富島商運(神戸)に売却
1960(昭35)共立海運(株)(徳島・松茂)に売却
1964.6.25(昭39)登録抹消

第三米丸 YONE MARU No.3 (1928)
32564/TJHV→JTVE→JFTD 貨客船 166G/T 135D/W 進水 1928.5(昭3) 竣工 1928(昭3)
Lpp 28.04 B 5.33 D 2.74 m 主機 D 230BHP 9/10kt
栃木造船所(福岡)建造 藤村商船(高知)
第三米丸 YONE MARU No.3 船客 54 SCAJAP No.Y022
1934.1.24(昭9)藤村商船の買収により土佐商船(株)(高知)に移籍
1942.5.4(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴ない移籍
1955.6.14(昭30)大商汽船(合)(神戸)に売却、貨物船に改造、154G/T、主機をH 200 BHPに換装

1956(昭31)村上文夫(大阪)に売却
1962(昭37)森朝松(愛媛・関前)に売却
1964(昭39)石手喜久男(愛媛・関前)に売却
1965(昭40)柳原寿英(愛媛・吉海)に売却
1971(昭46)1971年版船舶明細書まで掲載

まつ丸 MATSU MARU (1928)

まつ丸
まつ丸 Matsu Maru

S.Kizu
33246/TPQB→JRBM 貨物船 683G/T 1,040D/W 進水 1928.8(昭3)
Lpp 53.64(176'-0") B 8.15(26'-9") D 4.88(16'-0") m 主機 R 2連成 大阪鐵工所 51NHP/437IHP 8.5/10kt
栃木造船所(福岡)建造 杤木商事株式会社(福岡)
まつ丸 MATSU MARU

たけ丸 TAKE MARU (1929)

たけ丸
たけ丸 Take Maru
34393/JPCF 貨物船 1,254G/T 1,640D/W 進水 1929(昭4) 竣工 1929.4(昭4)
Lpp 69.44(227'-10") B 9.40(30'-10") D 5.72(18'-9") m 主機 R 3連成 三菱長崎 658NHP/934IHP 1基 8/11kt
栃木造船所(福岡)建造 杤木商事株式会社(東京)
たけ丸 TAKE MARU SCAJAP No.T019
1945.1(昭20)杤木汽船(株)(東京)に移籍
1962.7.1(昭37)在籍

SNo.105 もじ丸 MOJI MARU (1936)
貨物船 330G/T 進水 1936.2(昭11)
栃木造船所(福岡)建造 Sno.105 杤木商事株式会社(神戸)
もじ丸 MOJI MARU

きのと丸 KINOTO MARU (1938)

きのと丸
きのと丸 Kinoto Maru
45145/JMUY 貨物船 1,644G/T 2,055D/W 進水 1938(昭13) 竣工 1938.8(昭13)
Lpp 79.25 B 11.58 D 5.94 m 主機 R 3連成 川崎造船所 1,900IHP 1基 10/13.4kt
栃木造船所(福岡)建造 杤木商事株式会社(福岡)
きのと丸 KINOTO MARU
1945.1(昭20)杤木汽船(株)(東京)に移籍
1962.7.1(昭37)在籍

宮島丸 MIYAJIMA MARU (1943)

宮島丸
宮島丸 Miyajima Maru
68997/JAFB 貨物船 1,998G/T 2,619D/W 進水 1943(昭18) 竣工 1943.3(昭18)
Lpp 84.69 B 12.20 D 6.20 m 主機 R 3連成 平野鐵工所(大阪) 1,275NHP/IHP 1基 11kt
栃木造船所(福岡)建造 杤木商事株式会社(福岡)
宮島丸 MIYAJIMA MARU
1945.1(昭20)杤木汽船(株)(東京)に移籍
1952.6.28(昭27)九州造船で修理工事完工
1962.7.1(昭37)在籍

合資会社東京月島造船所

天鴎丸 TENOO MARU (1919)

天鴎丸
天鴎丸 Tenoo Maru
24896/RNDM 木造漁業調査船 162G/T 進水 1918.12(大7) 竣工 1919.2(大8)
Lpp 29.59(97'-1") B 7.85(25'-9") D 2.92(9'-7") m 主機 H 焼玉 240HP 1基 7.5/9kt
合資会社東京月島造船所(月島)建造 農商務省(東京)
天鴎丸 TENOO MARU
1924(大13)除籍

相模丸 (1) SAGAMI MARU (1920)
木造機帆船 27G/T 起工 1920.7.3(大9) 進水 1920.8.30(大9) 竣工 1920.9.10(大9)
Lpp 17.27 B 4.55 D 1.97 m 主機 D 新潟鉄工 2cycle単働 50BHP 8.7kt
合資会社東京月島造船所(月島)建造 神奈川県水産試験場
相模丸 SAGAMI MARU 指導兼試験船

江ノ島丸 (1) ENOSHIMA MARU (1923)
機帆船 17G/T 起工 1923.1.30(大12) 進水 1923.5.19(大12) 竣工 1923.5.30(大12)
主機 石油発動機 25HP 6.5kt
合資会社東京月島造船所(月島)建造 神奈川県水産試験場
江ノ島丸 ENOSHIMA MARU
1935(昭10)除籍

合資会社須田造船所

駒形丸 KOMAGATA MARU (1933)
貨物船 11G/T 進水 1933.7(昭8)
Loa 11.88 B 2.74 D 1.25 m 主機 D ニッサンUD426 120PS 9.5kt
合資会社須田造船所(横浜)建造 駿豆鐵道株式会社
駒形丸 KOMAGATA MARU 定員 40
1955.5(昭30)改造。7G/T→11.88G/T

池村造船所

江之島丸 (2) ENOSHIMA MARU (1935)
木造機帆船 19G/T 起工 1935.4.27(昭10) 進水 1935.7.23(昭10) 竣工 1935.7.31(昭10)
Lpp 17.00 B 3.58 D 1.53 m 主機 H 焼玉 日本発動機 60PS 9.3kt
池村造船所(足柄郡)建造 神奈川県水産試験場
江之島丸 ENOSHIMA MARU
1950(昭25)除籍

關造船所

豆州丸 ZUSHU MARU (1904)
8559/JQLT 木造汽船 87G/T 進水 1904.7(明37)
Lpp 28.66 B 4.15 D 2.87 m 主機 R 19NHP/IHP 7.5/8kt
關造船所(静岡)建造 豆州共同汽船株式会社(松崎)
豆州丸 ZUSHU MARU 船客 3等)66
1906(明39)東京灣汽船(株)(東京)に売却
1929(昭4)船名録より削除

手石造船所

第六十三東西丸 TOZAI MARU No.63 (1949)
村木長次郎と共有建造
木造機帆船 74G/T 進水 1949(昭24) 竣工 1949.11.30(昭24)
手石造船所(静岡)建造 東西汽船株式会社(横浜)
第六十三東西丸 TOZAI MARU No.63

合資小柳造船所

大雪丸 TAISETSU MARU (1935)
木造漁業調査船 32G/T 竣工 1935(昭10)
Lpp 19.50 B 4.00 m 主機 D 75BHP 8kt
合資小柳造船所(静岡)建造 建造所不詳
大雪丸 TAISETSU MARU
1950(昭25)昭和35年まで農林省に在籍

江之島丸 (4) ENOSHIMA MARU (1962)
木造漁業調査船 78G/T 起工 1961.9.28(昭36) 進水 1962.3.17(昭37) 竣工 1962.3.27(昭37)
Lpp 22.08 B 5.20 D 2.39 m 主機 D 380BHP 9.5/10.6kt
合資小柳造船所(静岡)建造 神奈川県水産試験場
江之島丸 ENOSHIMA MARU
1969(昭44)除籍

合資会社三原造船鐵工所

SNo.200 第八十八播州丸 BANSHU MARU No.88 (1934)
木造貨物船 700G/T 進水 1934.5(昭9)
合資会社三原造船鐵工所(大阪)建造 Sno.200 株式会社林兼商店(下関)
第八十八播州丸 BANSHU MARU No.88

SNo.200 第八十九播州丸 BANSHU MARU No.89 (1934)
木造貨物船 350G/T 進水 1934.6(昭9)
合資会社三原造船鐵工所(大阪)建造 Sno.200 株式会社林兼商店(下関)
第八十九播州丸 BANSHU MARU No.89

第二春山丸 SHUNZAN MARU No.2 (1934)
39888/JXRH 貨物船 608G/T 進水 1934.11.11(昭9)
Lpp 49.60 B 8.60 D 4.50 m 主機 D 450/619BHP 10/11kt
合資会社三原造船鐵工所(大阪)建造 山本商事株式会社(大阪)
第二春山丸 SHUNZAN MARU No.2
1940(昭15)大和商船(株)(神戸)に売却
1941.6(昭16)合併に伴い大同海運(株)(神戸)に移籍
1944.2.24(昭19)南洋群島クサイ沖(5.15N,162.45E)で空爆により沈没

功丸 ISAO MARU (1936)
41909/JKOK 旅客船 181G/T 312D/W 進水 1936(昭11)
Lr 33.50 B 6.10 D 2.74 m 主機 H きしろ鐵工所 280PS 10/11kt
合資会社三原造船鐵工所(大阪)建造 九州郵船株式会社(福岡)
功丸 ISAO MARU

第三興亞丸 KOA MARU No.3 (1939)

第三興亞丸
第三興亞丸 Koa Maru No.3
46907/JYWN 貨物船 376G/T 進水 1939.11(昭14) 竣工 1939(昭14)
Lpp 36.50 B 8.50 D 4.00 m 主機 H 焼玉 神戸発動機 160BHP 1基
合資会社三原造船鐵工所(大阪)建造 丹羽五郎(大阪)
第三興亞丸 KOA MARU No.3 SCAJAP No.K094
1944.2.28(昭19)日本近海汽船(株)(神戸)に売却(時期不詳)
1950.7.29(昭25)神戸近海汽船(株)(東京)に売却
1952(昭27)江口汽船(株)(神戸)に売却
1954(昭29)日本近海汽船(神戸)に売却
1955(昭30)広南汽船(株)(神戸)に売却。同年、川上丸 KAWAKAMI MARU と改名
1955.8(昭30)船体引伸 Lpp 46.00m 487.59G/T 787.85D/W
1957.6(昭32)日邦汽船(株)(東京)に売却
1963.6(昭38)前田健二(田辺)に売却
1967(昭42)糸井(株)(小樽)に売却
1968(昭43)解体

第二興亞丸 KOA MARU No.2 (1939)
46367 貨物船 352G/T 543D/W 進水 1939(昭14)
Lr 36.60 B 8.50 D 4.50 m 主機 H 焼玉 神戸発動機製作所 290BHP 7/8.5kt
合資会社三原造船鐵工所(大阪)建造 神戸近海汽船株式会社(神戸)
第二興亞丸 KOA MARU No.2

原田造船株式会社

櫻島丸 SAKURAJIMA MARU (1918)

櫻島丸
櫻島丸 Sakurajima Maru
23654→朝973/PFWS→JEGG 貨客船 1,281G/T 2,082D/W 進水 1918.8(大7) 竣工 1918.11(大7)
Lpp 70.51(224'-88") B 9.58(31'-5") D 3.05(10'-00") m 主機 R 3連成 77NHP/659IHP 1基 8.5/10.5kt
原田造船株式会社(大阪)建造 櫻島丸型 原田汽船株式会社(大阪)
櫻島丸 SAKURAJIMA MARU 船客 3等)13
1922.4(大11)朝鮮郵船(株)(仁川)に売却
1948(昭23)東京郵船(東京)の設立に伴い移籍、後解体

第十盛運丸 SEIUN MARU No.10 (1920)
13688→朝109/LPSC→PBTK 貨物船 762G/T 進水 1920.1.10(大9)
Lpp 55.63 B 7.56 D 5.39 m 主機 R 65/390HP 9.5/10kt
原田造船株式会社(大阪)建造 原田商行(大阪)
第十盛運丸 SEIUN MARU No.10
1912.4.6(明45)朝鮮郵船(株)(仁川)に売却、忠清丸 Chusei Maru と改名
1933.4(昭8)肇興輪船公司(上海)に移籍
1934(昭9)船名録より削除

清津丸 SEISHIN MARU (1920)

清津丸
清津丸 Seishin Maru
朝880/PFNQ→JTUB 貨客船 1,321G/T 1,830D/W 進水 1920.4(大9)
Lpp 70.87(232'-6") B 9.60(31'-6") D 6.40(21'-0") m 主機 R 3連成 101NHP/1,219IHP 1基 9/12kt
原田造船株式会社(大阪)建造 朝鮮郵船株式会社(仁川)
清津丸 SEISHIN MARU 船客 1等)9 2等)30 3等)154
1945.7.29(昭20)朝鮮の釜山沖(35.32N,129.30E)で空爆により沈没

愛徳丸 AITOKU MARU (1924)

愛徳丸
愛徳丸 Aitoku Maru
30041/SQMP 貨物船 1,333G/T 進水 1924.3(大13)
Lpp 68.58 B 10.06 D 5.85 m 主機 R 3連成 119NHP/766IHP 1基 10/11kt
原田造船株式会社(大阪)建造 南楠太郎(高砂)
愛徳丸 AITOKU MARU
1927(昭2)町田愛治郎(尼崎)に売却
1927.9.22(昭2)北日本汽船(株)(小樽)に売却
1943.11.16(昭18)合併に伴い大阪商船(株)(大阪)に移籍
1945.5.11(昭20)幌筵島沖(50.30N,155.30E)で空爆により沈没

崎戸丸 SAKITO MARU (1927)
33273/JLGP 旅客船 103G/T 203D/W 進水 1927(昭2)
Lpp 25.39 B 6.10 D 3.05 m 主機 R 3連成 原田造船所 8.5/9kt
原田造船株式会社(大阪)建造 三菱鑛業崎戸礦業所(崎戸)
崎戸丸 SAKITO MARU

百福丸 HYAKUFUKU MARU (1928)

百福丸
百福丸 Hyakufuku Maru

S.Kizu
33590/TNQS→JNDH 貨客船 986G/T 進水 1928.4.10(昭3) 竣工 1928.8(昭3)
Lpp 60.96 B 9.14 D 5.72 m 主機 R 500IHP 8/9kt
原田造船株式会社(大阪)建造 合名会社尼崎汽船部(大阪)
百福丸 HYAKUFUKU MARU 船客 3等 12
1944.6.30(昭19)小笠原諸島の北西沖(28-20N, 141-23E)で米潜PLAICE(SS-390)の雷撃により沈没
1945.11.20(昭20)船籍を抹消

蠣浦丸 KAKINOURA MARU (1929)
34710/JHCV 貨物船 836G/T 進水 1929.7(昭4)
Lpp 47.04(154'-4") B 10.01(32'-10") D 5.79(19'-0") m 主機 新潟2式4SA AIR 200HP 1基 6.13kt
原田造船株式会社(大阪)建造 九州炭礦汽船
蠣浦丸 KAKINOURA MARU
1951(昭26)三菱鑛業崎戸礦業所(崎戸)の所有

此花丸 KONOHANA MARU (1930)

此花丸
此花丸 Konohana Maru
35334/VCDP→JOQH→JROY 旅客船 179G/T 進水 1930.1.23(昭5) 竣工 1930(昭5)
Lpp 36.58 B 5.49 D 2.90 m 主機 D 神戸製鋼所 350BHP 11/12.6kt
原田造船株式会社(大阪)建造 企業組合大崎造船所(大阪)
此花丸 KONOHANA MARU 船客 2等)55 3等)247 SCAJAP No.K073 高松/土庄(新造時は淡路航路)
1942.5.4(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴い移籍
1951(昭26)船客255
1957.1.17(昭32)改装、ひとみ丸 HITOMI MARU と改名
1966.2.17(昭41)企業組合大崎造船所(丸亀)に売却
1967(昭42)小豆島急行フェリー(株)(大阪)に売却
1968(昭43)解体

辨天丸 BENTEN MARU (1935)
40166 旅客船 112G/T 進水 1935(昭10)
Lr 29.12 B 5.30 D 2.00 m 主機 D 三菱横濱 120kt
原田造船株式会社(大阪)建造 琵琶湖汽船株式会社(大津)
辨天丸 BENTEN MARU 船客 252
1958(昭33)琵琶湖汽船自動車(株)(大津)に移籍

SNo.nan カロリン丸 KARORIN MARU (1936)
貨物船 320G/T 竣工 1936.8(昭11)
11kt
原田造船株式会社(大阪)建造 Sno.nan 南洋貿易株式会社(東京)
カロリン丸 KARORIN MARU

ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.10