船歴 本邦建造船64 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

セイガイ

コウベマル KOBE MARU (1873)
347/HBLM→JNWH 鉄製汽船 294G/T 進水 1873.2(明6)
Lpp 40.23(132.0') B 5.61(18.4') D 4.42(14.5') m 主機 R 2連成(冷) 17NHP/84IHP 2基 7/8kt
セイガイ(東京)建造 建造者不詳
コウベマル KOBE MARU 竣工後、まもなく電信丸 DENSHIN MARU と改名(改名年不詳)
1884.5.1(明17)大阪商船の設立に伴ない、古野嘉三郎(大阪)から移籍
1885.10(明18)湯川保兵衛(株)(不詳)に売却、同年、中臣吉郎兵衛(大阪)に再売却
1887(明20)尼崎伊三郎(大阪)に売却
1920.5(大9)社名の変更に伴ない尼崎船舶合名会社(大阪)に移籍
1921.1(大10)社名の変更に伴ない合名会社(名)尼崎汽船部(大阪)に移籍
1942.5.4(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴ないに移籍
1948(昭23)尼崎汽船(大阪)に返還
1952(昭27)吉田益蔵(広島・木ノ江)に売却
1953(昭28)甲栄丸と改名
1955(昭30)佐藤洋三(不詳)に売却
1957.11.18(昭32)天草の牛深港から大阪に向け航行中に行方不明となった

株式会社鳥羽造船所

相島丸型 4隻 OJIMA MARU Class (1917 - 1918)

相島丸
相島丸 Ojima Maru
扇海丸型と同型の貨物船だが型深が若干異なる。
貨物船 Lpp 69.49(228'-0") B 10.06(33'-0") D 5.66(18'-7") m 主機 R 3連成 1基
株式会社鳥羽造船所(鳥羽)建造
相島丸 OJIMA MARU 22472/NTSR→JINC 1,231G/T
進水 1918.4(大7) 平能伊右衛門(鳥羽)
相島丸 OJIMA MARU 大正8年船名録では平能伊右衛門所有
1923(大12)奥田榮吉(御影)の所有
1934.3.9(昭9)沈没(沈没時の船名は妙大安丸、所有者は藤田)
紫尾山丸 SHIBISAN MARU 21236→朝1109/NPRJ→PGMV→JMQA 1,264G/T 670IHP 8.5/11.3kt
進水 1917.9(大6) 平能伊右衛門(鳥羽)
紫尾山丸 SHIBISAN MARU 紫尾山丸はShiosan Maruと読む資料(件名録)あり
1919(大8)帝國製糖汽船部(神戸)に売却
1924.10(大13)朝鮮郵船(株)(仁川)に売却、錦江丸 KINKO MARU と改名
1943.5.5(昭18)黄海(38.39N,122.48E)で米潜SNOOK(SS-279)の雷撃により沈没
紫尾山丸
紫尾山丸 Shibisan Maru
上宮山丸 JOGUSAN MARU 21874/NQHW 1,258G/T 1,957D/W 90/1,000HP 7.5/8.5kt
進水 1917.12(大6) 平能伊右衛門(西宮)
上宮山丸 JOGUSAN MARU
1927.6(昭2)(株)佐藤商店(不詳)に売却
1936.2(昭11)昭榮社(不詳)に売却
1942.8.1(昭17)正福汽船(株)(京都・府中)に売却、昭隆丸 SHORYU MARU と改名(売却改名時期不詳)
上宮山丸
上宮山丸 Jogusan Maru
神島丸 KAMISHIMA MARU 22481/NTVJ 1,232G/T
進水 1918.4(大7) 平能伊右衛門(鳥羽)
神島丸 KAMISHIMA MARU

帝國汽船株式会社鳥羽造船所

朝熊丸型 5隻 ASAMA MARU Class (1918 - 1920)
生駒丸型と同型の貨物船。
貨物船 Lpp 82.30 B 11.89 D 9.32 m 主機 R 3連成 1基
帝國汽船株式会社鳥羽造船所(鳥羽)建造
朝熊丸 ASAMA MARU 23311/RCJS 2,001G/T
進水 1918.8(大7) 帝國汽船株式会社(鳥羽)
朝熊丸 ASAMA MARU
ノ峯丸 AONOMINE MARU 23727/RHML 1,979G/T
進水 1918.11(大7) 帝國汽船株式会社(鳥羽)
ノ峯丸 AONOMINE MARU
元永丸 GENYEI MARU 24259/RHNW 1,974G/T
進水 1919.2(大8) 上西汽船(鳥羽)
元永丸 GENYEI MARU 建造所、同型船、竣工時の船主を確認中
志摩丸 SHIMA MARU 26719/RVQW→JSBA 1,988G/T 120NHP/900IHP 9.5/12kt
進水 1920.3(大9) 竣工 1920(大9) 帝國汽船株式会社(鳥羽)
志摩丸 SHIMA MARU
1924(大13)大日本鹽業(株)(江住)に売却
1928(昭3)攝津商船(株)(京都・府中)に売却
1935.10.1(昭10)愛知県知多郡野間沖で座州
1943.11.16(昭18)合併に伴ない大阪商船(株)会社(大阪)に移籍
1944.7.4(昭19)小笠原群島の兄島滝ノ浦湾(22.30N,142.10E)で空爆により沈没
第一大寶丸 DAIHO MARU No.1 26751/RVTS 1,977G/T
進水 1920.3(大9) 林汽船株式会社(西宮)
第一大寶丸 DAIHO MARU No.1

神路丸 KAMIJI MARU (1919)
貨物船 1,977G/T 進水 1919.6(大8)
帝國汽船株式会社鳥羽造船所(鳥羽)建造 鈴木商店
神路丸 KAMIJI MARU

SNo.53 ~路丸 KAMIJI MARU (1919)
25193/RPLF 貨物船 1,983G/T 進水 1919.6(大8) 竣工 1919.7(大8)
Lpp 82.00 B 11.82 D 7.25 m 主機 R 150NHP/1,600IHP 9.5/11.64kt
帝國汽船株式会社鳥羽造船所(鳥羽)建造 Sno.53 帝國汽船株式会社(神戸)
~路丸 KAMIJI MARU
1920(大9)D/S A/S Hassel (A/S Rederiet Odfjell), Bergenに売却、GRANと改名
1933(昭8)San Peh Steam Nav. Co. Ltd., Shanghaiに売却、MING SHANと改名
1937(昭12)Wallem & Co., Panamaに売却、GRANと改名
1941.12.30(昭16)バンコク港で日本軍に拿捕
1942(昭17)第五杉丸と改名。同年1.5、陸軍より三井物産に貸下げ、陸軍が運航
1944.8.22(昭19)アンダマン島ポートプレア沖(11-40N, 92-45E)で英潜STATESMANの雷撃により沈没

菅島丸型 2隻 SUGASHIMA MARU Class (1919)
貨物船 Lpp 69.49(228'-0") B 10.06(33'-0") D 5.66(18'-7") m 主機 R 3連成 1基
帝國汽船株式会社鳥羽造船所(鳥羽)建造 相島丸型
菅島丸 SUGASHIMA MARU 25688/RPMF 1,148G/T
進水 1919.8(大8) 平能伊右衛門(鳥羽)
菅島丸 SUGASHIMA MARU
浮島丸 UKISHIMA MARU 1,149G/T
進水 1919.11(大8) 鈴木商店
浮島丸 UKISHIMA MARU

佐賀丸 SAGA MARU (1919)

佐賀丸
佐賀丸 Saga Maru

三光汽船時代の船影
26447/RTNS 貨物船 2,112G/T 3,750D/W 進水 1919.11(大8) 竣工 1919.12(大8)
Lpp 83.82(275'-0") B 12.50(41'-0") D 7.32(24'-0") m 主機 R 3連成 175NHP/1,800IHP 1基 8.5/10kt
帝國汽船株式会社鳥羽造船所(鳥羽)建造 太陽汽船株式会社(鳥羽)
佐賀丸 SAGA MARU SCAJAP No.S004 近世造船史(大正時代)によると粗製乱造で航海中に汽罐爆発とある
1930(昭5)村尾汽船(合)(尼崎)の所有
1946(昭21)三光汽船(株)(芦屋)の所有
1951(昭26)小谷汽船(株)(大阪)に売却

第九大洋丸 TAIYO MARU No.9 (1920)
27644/JNZA トロール漁船 267G/T 210D/W 進水 1920(大9)
Lr 37.49 B 6.86 D 3.89 m 主機 R 3連成 藤岡鐵工所 8.5/10kt
帝國汽船株式会社鳥羽造船所(鳥羽)建造 林兼商店(東京)
第九大洋丸 TAIYO MARU No.9
1951(昭26)大洋漁業(株)(東京)に移籍

三重丸 MIYE MARU (1920)

三重丸
三重丸 Miye Maru

S.Kizu
27312/SCGM→JIZB 貨物船 2,896G/T 進水 1920.6(大9)
Lpp 92.96 B 13.38 D 8.32 m 主機 R 3連成 202NHP/2,513IHP 1基 10/13.7kt
帝國汽船株式会社鳥羽造船所(鳥羽)建造 帝國汽船株式会社
三重丸 MIYE MARU
1920.7(大9)近海郵船(株)(東京)に売却
1939.9.8(昭14)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1943.7.24(昭18)ニューギニア島西岸バボ港からカシラ川河口へ転錨の途中、バボ港外(2.31S,133.26E)で触雷、翌日沈没

岐阜丸 GIFU MARU (1921)
28218/SGWT→JOHB 貨物船 2,920G/T 4,911D/W 進水 1921.10(大10) 竣工 1921.12(大10)
Lpp 92.96(305'-0") B 13.34(43'-9") D 8.31(27'-3") m 主機 R 3連成 202NHP/2,140IHP 1基 9.5/12.8kt
帝國汽船株式会社鳥羽造船所(鳥羽)建造 近海郵船株式会社(東京)
岐阜丸 GIFU MARU
1939.9.8(昭14)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1942.11.2(昭17)ダバオからマニラに向け航行中、ミンダナオ島の南東端サンアグスチン岬灯台沖(6.14N,126.08E)で米潜SEAWOLF(SS-197)の雷撃により沈没

第十八播州丸 BANSHU MARU No.18 (1923)

第十八播州丸
第十八播州丸 Banshu Maru No.18
29089/SLNW 冷蔵運搬船 217G/T 進水 1923.1(大12)
Lpp 28.04(92'-0") B 4.88(16'-0") D 3.05(10'-0") m 主機 D
帝國汽船株式会社鳥羽造船所(鳥羽)建造 中部幾次郎(神戸)
第十八播州丸 BANSHU MARU No.18

第十九播州丸 BANSHU MARU No.19 (1923)
29101/SLPR 冷蔵運搬船 127G/T 進水 1923.2(大12)
Lpp 28.04(92'-0") B 4.88(16'-0") D 3.05(10'-0") m 主機 D
帝國汽船株式会社鳥羽造船所(鳥羽)建造 中部幾次郎(神戸)
第十九播州丸 BANSHU MARU No.19

第二十一播州丸 BANSHU MARU No.21 (1923)
29102/SLPT 冷蔵運搬船 127G/T 進水 1923.2(大12)
Lpp 28.04(92'-0") B 4.88(16'-0") D 3.05(10'-0") m 主機 D
帝國汽船株式会社鳥羽造船所(鳥羽)建造 中部幾次郎(神戸)
第二十一播州丸 BANSHU MARU No.21

第二十二播州丸 BANSHU MARU No.22 (1923)
29271/JQXW 冷蔵運搬船 142G/T 200D/W 進水 1923(大12)
Lpp 29.87(98'-0") B 5.18(17'-0") D 3.35(11'-0") m 主機 H 焼玉 民生産業 180/200BHP 8/8.5kt
帝國汽船株式会社鳥羽造船所(鳥羽)建造 林兼商店(下関)
第二十二播州丸 BANSHU MARU No.22
1945(昭20)大洋漁業(株)(東京)に移籍

北佑丸 HOKUYU MARU (1924)

北佑丸
北佑丸 Hokuyu Maru
28504/SJDC→JALB 貨客船 1,458G/T 2,114D/W 進水 1924.9.16(大13) 竣工 1924(大13)
Lpp 71.00 B 10.36 D 6.10 m 主機 R 3連成 930NHP/1,230IHP 9.5/11kt
帝國汽船株式会社鳥羽造船所(鳥羽)建造 北陸汽船株式会社(伏木)
北佑丸 HOKUYU MARU
1937.3.31(昭12)北日本汽船(株)(小樽)に売却
1943.11.16(昭18)大阪商船(株)(大阪)に移籍
1953.3.20(昭28)大洋汽船(株)(大阪)に売却
1954(昭29)船名録から削除

第三探海丸 TANKAI MARU No.3 (1925)
木造漁業調査船 47G/T 竣工 1925.11(大14)
Lpp 21.26 B 4.74 m 主機 D 100BHP
帝國汽船株式会社鳥羽造船所(鳥羽)建造 建造所不詳
第三探海丸 TANKAI MARU No.3
1950(昭25)昭和34年まで農林省に在籍
1959(昭34)廃船

住友重機械工業株式会社追浜造船所

ぱしふいつく丸型 2隻 PACIFIC MARU Class (1972 - 1973)

ぱしふいつく丸
ぱしふいつく丸 Pacific Maru

S.Kizu
鉱石/撒積/油兼用船 Lpp 145.00 B 19.50 D 12.50 m 主機 D 住友STAL LAVAL 1基 はんぷとん丸型 第一中央汽船株式会社(東京)
Sno.1001 ぱしふいつく丸 (2) PACIFIC MARU 112857/JEYB 96,045G/T 165,741D/W 25,800/28,000PS 15.44/16.5kt
起工 1971.12.18(昭46) 進水 1972.6.30(昭47) 竣工 1972.9.29(昭47)
住友重機械工業株式会社追浜造船所(横須賀)建造 ぱしふいつく丸 PACIFIC MARU 27次
1982.11.2(昭57)Far Eastern Navigation Corp.(Taiwan)に売却、RUBY TRANSPORTERと改名
1983Lloyd's Register 1983-84年版に掲載
1983.11.6(昭58)解体のため売却、台湾の高雄に到着
Sno.1002 ぶりすとる丸 BRISTOL MARU 112890/JFJB 96,010G/T 165,735D/W 25,800/28,000PS 15.43/16.6kt
起工 1972.4.25(昭47) 進水 1972.10.11(昭47) 竣工 1973.1.25(昭48)
住友重機械工業株式会社追浜造船所(横須賀)建造 ぶりすとる丸 BRISTOL MARU 28次
1984.12.17(昭59)主機換装工事を常石造船で実施
1988(昭63)Oif (Panama) S.a.(Panama)に売却、BRISTOLと改名
1990(平2)Bristol Shipping Corp.(Liberia)に売却、DEBORAHと改名
1995(平7)解体のため、Layla Shipping Ltd., Liberiaからインドの解体業者へ売却
ぶりすとる丸
ぶりすとる丸 Bristol Maru

S.Kizu

SNo.1003 ジャパン ミモザ JAPAN MIMOSA (1973)

ジャパン ミモザ
ジャパン ミモザ Japan Mimosa
11289/JFJD 鉱石/油兼用船 96,102G/T 165,708D/W
起工 1972.8.9(昭47) 進水 1972.12.8(昭47) 竣工 1973.3.29(昭48)
Lpp 285.00 B 47.40 D 24.80 m 主機 T 住友重工 28,000PS 1基 15.5/16.54kt
住友重機械工業株式会社追浜造船所(横須賀)建造 Sno.1003 ジャパンライン株式会社(東京)
ジャパン ミモザ JAPAN MIMOSA 28次
1985.4.17(昭60)解体のため売却、台湾の高雄で解体

高崎丸 TAKASAKI MARU (1973)

高崎丸
高崎丸 Takasaki Maru
114607/JAHL 油槽船 133,296G/T 起工 1972.12.15(昭47) 進水 1973.5.7(昭48) 竣工 1973.9.12(昭48)
B 54.40 D 26.90 m 主機 T 38,000SHP 1基 15.5/16.66kt
住友重機械工業株式会社追浜造船所(横須賀)建造 日本郵船株式会社(東京)
高崎丸 TAKASAKI MARU 28次
1975.9.24(昭50)Arab Maritime Petroleum Transport Co.,Saudi Arabiaに売却、AL RIYADHと改名
1983(昭58)Superior Cia Naviera S.A.,Cyprusに売却、SUPERIORと改名
1986(昭61)Maasship B. V.,Netherlandsに売却、SUPERと改名
1986.6.28(昭61)Dubaiでイラン空軍機の爆撃により損傷、同年、Smit Tak International,Taiwanに売却、解体

SNo.979 おせあにあ丸 OCEANIA MARU (1976)
115879/JRYS 鉱石専用船 74,636G/T 135,080D/W
起工 1975.12.22(昭50) 進水 1976.3.25(昭51) 竣工 1976.11.30(昭51)
Lpp 258.00 B 44.00 D 22.90 m 主機 D 住友玉島Sulzer 9RND90 22,200/26,100PS 1基 14.81/17.57kt
住友重機械工業株式会社追浜造船所(横須賀)建造 Sno.979 大阪商船三井船舶株式会社(東京)
おせあにあ丸 OCEANIA MARU 31次

1976.11.30(昭51)大阪船舶(株)(大阪)と共有
1989.3(昭64)Golden Helm Shipping Co. S.A.,Panamaに売却、OCEANIAと改名
1992Lloyd's Register 1992-1993年版に掲載

SNo.980 あふりか丸 AFRICA MARU (1977)

あふりか丸
あふりか丸 Africa Maru

S.Kizu
119191/JKJD 鉱石専用船 74,943G/T 134,897D/W
起工 1976.2.24(昭51) 進水 1976.5.21(昭51) 竣工 1977.3.25(昭52)
Lpp 258.00 B 44.00 D 22.90 m 主機 D 住友玉島Sulzer 26,100PS 1基 14.8/17.8kt
住友重機械工業株式会社追浜造船所(横須賀)建造 Sno.980 第一中央汽船株式会社(東京)
あふりか丸 AFRICA MARU 31次
1988(昭63)Oif (Panama) S.A.(Panama)に売却、AFRICAと改名
1996(平8)Sunset Nav. S.A.(Majuro,Marshall Islands)に売却、AFRICANAと改名
2002.2.11(平14)解体のためArya Steel, Indiaに売却、Alangに到着

SNo.1077 あとらんていつく丸 (2) ATLANTIC MARU (1980)

あとらんていつく丸
あとらんていつく丸 Atlantic Maru

S.Kizu
123649/JLCE 油槽船 51,810G/T 起工 1979.10.25(昭54) 進水 1980.2.26(昭55) 竣工 1980.5.29(昭55)
Lpp 223.00 B 41.80 D 19.60 m 主機 D 住友Sulzer 6RLA90 17,340/20,400PS 1基 15.96/17.27kt
住友重機械工業株式会社追浜造船所(横須賀)建造 Sno.1077 第一中央汽船株式会社(東京)
あとらんていつく丸 ATLANTIC MARU 35次
1989.8(平1)V.S.S.I. Condor Inc.(Bahamas)に売却、OPPAMA SPIRITと改名
1997(平9)Lancaster Shg. Ltd.(Bahamas)に売却、LEGASPIと改名
2003.9.2(平15)解体のため売却、インドのAlangに到着

SNo.1078 天竜山丸 (2) TENRYUSAN MARU (1980)
119780/JJDB 油槽船 37,215G/T 起工 1980.2.4(昭55) 進水 1980.5.15(昭55) 竣工 1980.9.26(昭55)
Lpp 233.00 B 42.00 D 19.60 m 主機 D 17,300/20,400BHP 15.33/16.554kt
住友重機械工業株式会社追浜造船所(横須賀)建造 Sno.1078 大阪商船三井船舶株式会社(東京)
天竜山丸 TENRYUSAN MARU 35次
1993(平5)在籍

SNo.1097 紀ノ川丸 KINOKAWA MARU (1982)

紀ノ川丸
紀ノ川丸 Kinokawa Maru

S.Kizu
126063/8KRI 鉱石/石炭兼用船 92,207G/T 179,618D/W
起工 1981.8.28(昭56) 進水 1982.1.16(昭57) 竣工 1982.5.25(昭57)
Lpp 285.00 B 47.50 D 24.50 m 主機 D 住友Sulzer 6RLB90 17,340/20,400BHP 13.55/16.29kt
住友重機械工業株式会社追浜造船所(横須賀)建造 Sno.1097 第一中央汽船株式会社(東京)
紀ノ川丸 KINOKAWA MARU 37次
1993(平5)Mars Shg. Co. S.a.(Panama)に売却、KINOKAWAと改名
1996(平8)Tirra Marine Inc.(Panama)に売却、IRONGATEと改名
2004Lloyd's Register 2004-2005年版に掲載

SNo.1098 ぺがさす丸 PEGASUS MARU (1983)

ぺがさす丸
ぺがさす丸 Pegasus Maru

S.Kizu
126148/JIWV 鉱石/石炭兼用船 36,764G/T 66,713D/W
起工 1982.2.16(昭57) 進水 1982.7.9(昭57) 竣工 1983.1.11(昭58)
Lpp 216.00 B 32.20 D 18.20 m 主機 D 住友Sulzer 5RLB76 10,410/12,250PS 1基 14.1/15.7kt
住友重機械工業株式会社追浜造船所(横須賀)建造 Sno.1098 第一中央汽船株式会社(東京)
ぺがさす丸 PEGASUS MARU 丸の内汽船共有
1985(昭60)Channel Shg. Pte. Ltd.(Singapore)に売却、PEGASUSと改名
1994(平6)Mars Shg. Co. S.a.(Panama)に売却、PEGASUS Vと改名
1995(平7)Theonymphos Maritime Inc.(Greece)に売却、THEONYMPHOSと改名
1999(平11)Dart Mar. Ltd.,Panamaに売却、LAUREN Eと改名
2003(平15)Ocean Fortune Shipping Inc.,Panamaに売却、LIONESS Cと改名
2004Lloyd's Register 2004-2005年版に掲載

SNo.1106 大春丸 DAISHUN MARU (1983)

大春丸
大春丸 Daishun Maru
126714/JJXX 自動車専用船 11,126G/T 9,358D/W
起工 1982.7.15(昭57) 進水 1982.11.10(昭57) 竣工 1983.3.22(昭58)
Lpp 148.00 B 27.80 D 11.84 m 主機 D 三井B&W 7RLB56 9,450PS 1基 17.55/20.53kt
住友重機械工業株式会社追浜造船所(横須賀)建造 Sno.1106 山下新日本汽船株式会社(東京)
大春丸 DAISHUN MARU 38次 普)2512
1983.3.22(昭58)日正汽船(東京)と共有
1989.3.28(平1)ワイエス不定期船保有(東京)に移籍
1992(平4)ワイエス不定期船保有(東京)とナビックスライン(株)(東京)の所有
1993(平5)ナビックスライン(東京)と山和商船(株)(東京)の所有
1994(平6)高知県汽船(株)(高知)に売却
1994.2(平6)Alliance International Nav. S. A.,Panamaに売却、EURASIAN ALLIANCEと改名
2009.4.21(平21)解体のためインドのAlangに到着

SNo.1111 筑波丸 TSUKUBA MARU (1983)

筑波丸
筑波丸 Tsukuba Maru

S.Kizu
126743/7JUI 鉱石/石炭兼用船 100,912G/T
起工 1982.8.25(昭57) 進水 1983.2.6(昭58) 竣工 1983.7.5(昭58)
Lpp 285.00 B 50.00 D 25.00 m 主機 D 住友Sulzer 6RLB76 13,260/15,600PS 12.35/15.3kt
住友重機械工業株式会社追浜造船所(横須賀)建造 Sno.1111 第一中央汽船株式会社(東京)
筑波丸 TSUKUBA MARU 38次
1994(平6)South Shore Maritime Inc.(Panama)に売却、BRAZIL STARと改名
2000.6.11(平12)Makassar Straitで座礁。6.23浮揚。損傷が激しく修理
2004Lloyd's Register 2004-2005年版に掲載

SNo.1112 東京丸 (2) TOKYO MARU (1983)
126465/JCIN コンテナ船 32,152G/T
起工 1983.1.10(昭58) 進水 1983.4.23(昭58) 竣工 1983.8.22(昭58)
Lpp 205.00 B 32.20 D 19.00 m 主機 D 24,840/32,000BHP 22.25/25.685kt
住友重機械工業株式会社追浜造船所(横須賀)建造 Sno.1112 大阪商船三井船舶株式会社(東京)
東京丸 TOKYO MARU 38次
1990.6(平2)Camelia Container Carrier S.A.,Panamaに売却、ALLIGATOR JOYと改名

日本丸型 2隻 NIPPON MARU Class (1984 - 1989)

日本丸
日本丸 Nippon Maru
練習船 Lpp 86.00 B 13.80 D 10.72 m
住友重機械工業株式会社追浜造船所(横須賀)建造
Sno.1115 日本丸 (2) NIPPON MARU 128115/JFMC 2,570G/T 1,456D/W
主機 D ダイハツ 6DSMB-28NS(L) 3,000PS 2基 13.2/14.3kt
起工 1983.4.11(昭58) 進水 1984.2.15(昭59) 竣工 1984.9.14(昭59) 運輸省航海訓練所(東京)
日本丸 NIPPON MARU 帆船
Sno.1155 海王丸 KAIWO MARU 131166/JMMU 2,556G/T 1,425D/W
主機 D ヤンマー Z280-ST 3,000PS 2基 12.95/14.09kt
起工 1988.7.8(昭63) 進水 1989.3.7(平1) 竣工 1989.9.15(平1) 財団法人練習船教育後援会(東京)
海王丸 KAIWO MARU 帆船
1989.9.15(平1)航海訓練所(東京)が裸用船
2004.10.20(平16)富山港沖に避泊中の22時47分頃、台風23号の強風によって漂流し、岩瀬漁港の防波堤に座礁。救助活動は台風の影響により翌21日から始まり15時30分頃までに167名全員が救助された
2006.1.5(平18)修理完了後、横浜港初入港。同年7.15復旧後、富山港に初入港
2013(平25)(財)海技教育財団(東京)の所有
海王丸
海王丸 Kaiwo Maru

SNo.1129 紀伊丸 KII MARU (1984)

紀伊丸
紀伊丸 Kii Maru

K.Sato
128106/JRFP 鉱石/撒積兼用船 93,049G/T
起工 1984.2.6(昭59) 進水 1984.6.9(昭59) 竣工 1984.10.17(昭59)
Lpp 285.00 B 47.50 D 25.00 m 主機 D 住友Sulzer 6RTA76 13,700/16,270PS 12.8/15.7kt
住友重機械工業株式会社追浜造船所(横須賀)建造 Sno.1129 第一中央汽船株式会社(東京)
紀伊丸 KII MARU 41次
1984(昭59)丸の内汽船(東京)と共有
1997(平9)Ocean Pride Maritime Inc.,Liberiaに売却、NOTHGATEと改名
2004Lloyd's Register 2004-2005年版に掲載

SNo.1131 しぐなす丸 CYGNUS MARU (1985)

しぐなす丸
しぐなす丸 Cygnus Maru

S.Kizu
128818/JQBK 撒積専用船 36,003G/T 起工 1985.3.5(昭60) 進水 1985.6.26(昭60) 竣工 1985.9.30(昭60)
Lpp 216.00 B 32.20 D 18.20 m 主機 D 住友Sulzer 7RTA58 8,620/10,150PS 13.2/15.14kt
住友重機械工業株式会社追浜造船所(横須賀)建造 Sno.1131 第一中央汽船株式会社(東京)
しぐなす丸 CYGNUS MARU 40次 丸ノ内汽船共有
1989(昭64)Augustea Imprese Marittime E Di Salvataggi S.p.a.(Augusta,italy)に売却、BESTORE DUEと改名
1989(昭64)ビルマの業者に売却、MOUNT POPAと改名
2004Lloyd's Register 2004-2005年版に掲載

SNo.1129 葛城丸 KATSURAGI MARU (1986)

葛城丸
葛城丸 Katsuragi Maru

S.Kizu
128876/JAHJ 鉱石/撒積兼用船 94,785G/T
起工 1985.5.27(昭60) 進水 1985.12.16(昭60) 竣工 1986.3.31(昭61)
Lpp 285.00 B 47.50 D 25.00 m 主機 D 住友Sulzer 6RTA76 13,750/16,450PS 12.8/15.7kt
住友重機械工業株式会社追浜造船所(横須賀)建造 Sno.1129 第一中央汽船株式会社(東京)
葛城丸 KATSURAGI MARU 41次
1999(平11)瑞穂産業(東京)に売却
2001(平13)Selvia Marine Trade S. A.,Panamaに売却、KATSURAGI MARUと改名
2004Lloyd's Register 2004-2005年版に掲載

SNo.1199 蒼龍丸 SORYU MARU (1995)

蒼龍丸
蒼龍丸 Soryu Maru

S.Kizu
134487/JNVT 石炭専用船 48,458G/T 起工 1994.7(平6) 進水 1994.10(平6) 竣工 1995.1.20(平7)
Lpp 223.00 B 38.00 D 20.10 m 主機 D D.U. 6RTA62U 15,140PS 14.5/16.7kt
住友重機械工業株式会社追浜造船所(横須賀)建造 Sno.1199 第一中央汽船株式会社(長崎大瀬戸)
蒼龍丸 SORYU MARU 50次 EPDC海外炭電発コール・テック&マリーンの共有建造
2006(平18)2006年版日本船舶明細書に掲載

SNo.1220 青雲丸 SEIUN MARU (1997)
135874/JLLY 練習船 5,890G/T 2,673D/W 起工 1996.3(平8) 進水 1997.3(平9) 竣工 1997.9(平9)
Lpp 105.00 B 17.90 D 10.80 m 主機 D 三井B&W 6L50MC 10,500PS 1基 19.5/20.4kt
住友重機械工業株式会社追浜造船所(横須賀)建造 Sno.1220 運輸省航海訓練所(東京)
青雲丸 SEIUN MARU 実習生 180
2005(平17)改装

ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.10