船歴 本邦建造船66-1 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

川南工業株式会社深堀工場

第三星丸 HOSHI MARU No.3 (1943)
49027/JGVS 貨物船 873G/T 起工 1943(昭18) 進水 1943.8(昭18) 竣工 1943.8(昭18)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 380HP 1基 7/9kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH(鵯丸)型 日本製鐵株式会社(東京)
第三星丸 HOSHI MARU No.3
1943(昭18)鵯丸 HIYODORI MARU と改名
1950.4.1(昭25)日鐵汽船(株)(東京)の設立に伴い移籍
1950.10(昭25)低性能船舶買入法により政府に売却、解体

SNo.4001 第一山南丸 YAMANAMI MARU No.1 (1943)
山下汽船の2EH型戦標船は続行船として戦後に数隻が竣工している。
貨物船 882G/T 起工 1943(昭18) 進水 1943.9(昭18) 竣工 1943.9.30(昭18)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 380HP 1基 7/9kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4001 2EH型 山下汽船株式会社(神戸)
第一山南丸 YAMANAMI MARU No.1
1945.2.14(昭20)長崎県伊王島灯台の西25浬沖で触雷、沈没

SNo.4002 第二山南丸 YAMANAMI MARU No.2 (1943)
貨物船 882G/T 起工 1943(昭18) 進水 1943.9(昭18) 竣工 1943.10.13(昭18)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 380HP 1基 7/9kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4002 2EH型 山下汽船株式会社(神戸)
第二山南丸 YAMANAMI MARU No.2
1945.7.13(昭20)朝鮮西岸の巡威島の南5浬沖(37.30N,125.15E)で荒天と濃霧のため擱座、沈没

SNo.4003 第三山南丸 YAMANAMI MARU No.3 (1943)
貨物船 873G/T 起工 1943(昭18) 進水 1943.10(昭18) 竣工 1943.10.27(昭18)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 380HP 1基 7/9kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4003 2EH型 山下汽船株式会社(神戸)
第三山南丸 YAMANAMI MARU No.3
1945.4.15(昭20)福岡県の刈田港を出港後、関門海峡の部崎灯台の沖155度2,500m(33.56N,131.02E)で触雷、沈没

SNo.4004 第五山南丸 YAMANAMI MARU No.5 (1943)
貨物船 874G/T 起工 1943(昭18) 進水 1943.10(昭18) 竣工 1943.11.18(昭18)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 380HP 1基 7/9kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4004 2EH型 山下汽船株式会社(神戸)
第五山南丸 YAMANAMI MARU No.5
1945.5.16(昭20)神戸港外和田岬灯台200度2,500m沖で触雷、沈没

SNo.4005 第六山南丸 YAMANAMI MARU No.6 (1943)
50650/JEST 貨物船 873G/T 起工 1943(昭18) 進水 1943.11(昭18) 竣工 1943.11.22(昭18)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 380HP 1基 7/9kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4005 2EH型 山下汽船株式会社(神戸)
第六山南丸 YAMANAMI MARU No.6 SCAJAP No.Y014
1948(昭23)主機R 580 IHPに換装
1953.12.25(昭28)佐藤国汽船(神戸)の男鹿丸Oga Maruと交換に伴い同社に移籍
1954.9.26(昭29)北海道の江差沖で難破、全損

SNo.4006 伊賀丸 IGA MARU (1943)

伊賀丸
伊賀丸 Iga Maru
50654/JEUT 貨物船 870G/T 起工 1943(昭18) 進水 1943.11(昭18) 竣工 1943.11.29(昭18)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 300HP 1基 7.5kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4006 2EH型 日本郵船株式会社(東京)
伊賀丸 IGA MARU
1952.4.27(昭27)丸栄汽船(大阪)に売却
1953(昭28)昭和28年版船名録より削除

SNo.4007 伊萬里丸 IMARI MARU (1943)
50655/JEVT 貨物船 873G/T 起工 1943(昭18) 進水 1943.11(昭18) 竣工 1943.12.2(昭18)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 380HP 1基 7.5kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4007 2EH型 日本郵船株式会社(東京)
伊萬里丸 IMARI MARU
1945.4.4(昭20)門司から大連に向け航行中、長崎県壱岐芦辺湾馬ノ瀬で仮泊中に座礁、沈没

SNo.4008 伊東丸 ITO MARU (1943)
50776/JEWT 貨物船 870G/T 起工 1943(昭18) 進水 1943.12(昭18) 竣工 1943.12.14(昭18)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 500HP 1基 7.5kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4008 2EH型 日本郵船株式会社(東京)
伊東丸 ITO MARU
1945.7.24(昭20)徳山から尾道に向け航行中、山口県小水無瀬島の東北東1.3浬(33-47N, 132-25E)で空爆により沈没

SNo.4009 伊豫丸 (2) IYO MARU (1943)
50777→62881/JEXT→JQHX 貨物船 870G/T 起工 1943(昭18) 進水 1943.12(昭18) 竣工 1943.12.17(昭18)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 500HP 1基 7.5kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4009 2EH型 日本郵船株式会社(東京)
伊豫丸 IYO MARU
1945.5.25(昭20)若松から因島に向け航行中、福岡県部崎灯台(関門海峡)の南東6浬で触雷、沈没
1946.7(昭21)東京海上火災保険会社(東京)に海難委付、浮揚
1947.12(昭22)大洋物産(東京)に売却
1949(昭24)極東海運(大阪)に売却
1956.6(昭31)主機をD 650 BHPに換装
1957(昭32)丸ノ内海運(東京)に売却
1960(昭35)協和近海汽船(神戸)に売却
1963.5.8(昭38)解体
1963.5.11(昭38)船籍を抹消

SNo.4010 伊豆丸 IZU MARU (1943)
50778/JEYT 貨物船 870G/T 起工 1943(昭18) 進水 1943.12(昭18) 竣工 1943.12.29(昭18)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 380HP 1基 7kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4010 2EH型 日本郵船株式会社(東京)
伊豆丸 IZU MARU
1952.12(昭27)大洋物産(東京)に売却
1953.1.9(昭28)船籍を抹消
1953(昭28)昭和28年版日本船名録より削除

SNo.4011 淀川丸 (2) YODOGAWA MARU (1943)
50796/JOIT→JRQY 貨物船 870G/T 起工 1943(昭18) 進水 1943.12(昭18) 竣工 1943.12.29(昭18)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 400HP 1基 8/11.3kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4011 2EH型 大阪商船株式会社(大阪)
淀川丸 YODOGAWA MARU
1953.10.23(昭28)加藤船舶(株)(大阪)に売却
1964.4.30(昭39)解体、船籍を抹消

SNo.4012 宇治川丸 (2) UJIGAWA MARU (1943)
50797/JOJT→JRRY 貨物船 870G/T 起工 1943(昭18) 進水 1943.12(昭18) 竣工 1943.12.31(昭18)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 380HP 1基 7/9.5kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4012 2EH型 大阪商船株式会社(大阪)
宇治川丸 UJIGAWA MARU
1953.6.26(昭28)大窯汽船(株)(大阪)に売却
1957(昭32)三晃海運(株)(大阪)に売却
1962.5.28(昭37)解体

第七宮川丸 MIYAKAWA MARU No.7 (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 建造者不詳
第七宮川丸 MIYAKAWA MARU No.7
1952.9.15(昭27)千葉沖で衝突沈没

五光丸 GOKO MARU (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 建造者不詳
五光丸 GOKO MARU

龍田川丸 TATSUTAGAWA MARU (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 建造者不詳
龍田川丸 TATSUTAGAWA MARU

姫川丸 HIMEKAWA MARU (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 建造者不詳
姫川丸 HIMEKAWA MARU

第十一金山丸 KINZAN MARU No.11 (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 建造者不詳
第十一金山丸 KINZAN MARU No.11

第六金山丸 KINZAN MARU No.6 (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 建造者不詳
第六金山丸 KINZAN MARU No.6

第十一東海丸 TOKAI MARU No.11 (1944)
54506/JPSD 貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 小谷汽船株式会社(大阪)
第十一東海丸 TOKAI MARU No.11
1949(昭24)船体補強、主機をR3に換装

紀ノ川丸 KINOKAWA MARU (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 建造者不詳
紀ノ川丸 KINOKAWA MARU

第六宮川丸 MIYAKAWA MARU No.6 (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 建造者不詳
第六宮川丸 MIYAKAWA MARU No.6

那智川丸 NACHIGAWA MARU (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 建造者不詳
那智川丸 NACHIGAWA MARU

明東丸 MEITO MARU (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 建造者不詳
明東丸 MEITO MARU

湊川丸 (2) MINATOGAWA MARU (1944)
54373/JFNW 貨物船 873G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.9(昭19) 竣工 1944.10.28(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 320HP 1基 7/9.5kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 大阪商船株式会社(大阪)
湊川丸 MINATOGAWA MARU
1945.4.12(昭20)福岡県の若松灯台の北3Km沖で触雷、沈没

竹丸 TAKE MARU (1944)
53057/JKDA 貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 建造者不詳
竹丸 TAKE MARU

光妙丸 KOMYO MARU (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 建造者不詳
光妙丸 KOMYO MARU

第六西海丸 SAIKAI MARU No.6 (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 建造者不詳
第六西海丸 SAIKAI MARU No.6

隼丸 HAYABUSA MARU (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 建造者不詳
隼丸 HAYABUSA MARU

第十四快進丸 KAISHIN MARU No.14 (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 建造者不詳
第十四快進丸 KAISHIN MARU No.14

廣道丸 KODO MARU (1944)
53084/JELW 貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 建造者不詳
廣道丸 KODO MARU
1949(昭24)船体補強、主機をR3 500HP壽工業製に換装

第七あがた丸 AGATA MARU No.7 (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 濱根汽船株式会社(神戸)
第七あがた丸 AGATA MARU No.7

寶城丸 HOJYO MARU (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 建造者不詳
寶城丸 HOJYO MARU

城山丸 JOZAN MARU (1944)
貨物船 896G/T 1,614D/W 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 R 3連成 宮崎鐵工所(大阪) 500NHP/IHP 1基 8/9kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 橋本汽船株式会社(西宮)
城山丸 JOZAN MARU

辰雁丸 TATSUKARI MARU (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 建造者不詳
辰雁丸 TATSUKARI MARU

名池山丸 NAIKESAN MARU (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 建造者不詳
名池山丸 NAIKESAN MARU

第五共同丸 KYODO MARU (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 建造者不詳
第五共同丸 KYODO MARU

第四共同丸 KYODO MARU (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 建造者不詳
第四共同丸 KYODO MARU

第四宮川丸 MIYAKAWA MARU No.4 (1944)
54468/JPKA 貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 東洋海運株式会社(東京)
第四宮川丸 MIYAKAWA MARU No.4

第五宮川丸 MIYAKAWA MARU No.5 (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 建造者不詳
第五宮川丸 MIYAKAWA MARU No.5

第十二金山丸 KINZAN MARU No.12 (1944)
54537/JNCD 貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 建造者不詳
第十二金山丸 KINZAN MARU No.12
1949.3(昭24)改装

旭東丸 KYOKUTO MARU (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 建造者不詳
旭東丸 KYOKUTO MARU

日和山丸 HIYORISAN MARU (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 建造者不詳
日和山丸 HIYORISAN MARU

第二立春丸 RISSHUN MARU No.2 (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 建造者不詳
第二立春丸 RISSHUN MARU No.2

寒風丸 KANPU MARU (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 建造者不詳
寒風丸 KANPU MARU

男鹿丸 OGA MARU (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 建造者不詳
男鹿丸 OGA MARU

雄島丸 OJIMA MARU (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 建造者不詳
雄島丸 OJIMA MARU

武島丸 TAKESHIMA MARU (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 建造者不詳
武島丸 TAKESHIMA MARU

淅東丸 SETO MARU (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 建造者不詳
淅東丸 SETO MARU

辰槙丸 TATSUMAKI MARU (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 建造者不詳
辰槙丸 TATSUMAKI MARU

第三宮川丸 MIYAKAWA MARU No.3 (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 建造者不詳
第三宮川丸 MIYAKAWA MARU No.3

SNo.4013 木津川丸 (2) KIZUKAWA MARU (1944)
50798/JOKT→JRSY 貨物船 870G/T 起工 1943(昭18) 進水 1944.1(昭19) 竣工 1944.1.16(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 300HP 1基 7/9.5kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4013 2EH型 大阪商船株式会社(大阪)
木津川丸 KIZUKAWA MARU
1947.4.22(昭22)関門海峡で触雷、沈没後に浮揚に成功
1957.4(昭32)昭和商船(株)(東京)に売却、昭和丸と改名
1967(昭42)昭和42年版船名録より削除

SNo.4014 安治川丸 (2) AJIKAWA MARU (1944)
50799→73759/JOLT→JRTY→JJVU 貨物船 870G/T 進水 1944.1(昭19) 竣工 1944.1.20(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 400HP 1基 7/9.5kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4014 2EH型 大阪商船株式会社(大阪)
安治川丸 AJIKAWA MARU
1953.10.25(昭28)松岡汽船(株)(神戸)に売却
1954.5.6(昭29)五島列島の福江島西方沖(32.34N,128.43E)で座礁、船体放棄
1955.2(昭30)浮揚に成功
1955.6(昭30)藤田海事工業(株)業(大阪)に売却、青山丸Seizan Maruと改名。笠戸船渠(笠戸)で改修工事
1963.12(昭38)解体

SNo.4015 桂川丸 KATSURAGAWA MARU (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944.1(昭19) 竣工 1944.1.23(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 400HP 1基 8/9kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4015 2EH型 大阪商船株式会社(大阪)
桂川丸 KATSURAGAWA MARU
1945.2.12(昭20)玄海灘で座礁、沈没

SNo.4016 快進丸 KAISHIN MARU (1944)
57989/JRGC 917G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.1(昭19) 竣工 1944.2.3(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基 7/9kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4016 2EH型 大連汽船株式会社(大連)
快進丸 KAISHIN MARU
1947.3.8(昭22)東邦海運(株)(東京)の設立に伴い移籍船舶公団(東京)と共有
1952.3.3(昭27)佐藤國汽船(株)(神戸)に売却
1956(昭31)瀬戸内海汽船(株)(広島)に売却
1957(昭32)桝屋海運(相生)に売却主機を換装(ディーゼル 650 BHP、8-5/10 kt)
1962(昭37)解体

SNo.4017 昌進丸 SHOSHIN MARU (1944)
58013/JWPZ→JKCC 968G/T 1,673D/W 進水 1944(昭19) 竣工 1944.2.3(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.40 m 主機 R 3連成 九州造船 1基 7.5/9kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4017 2EH型 大連汽船株式会社(長崎)
昌進丸 SHOSHIN MARU SCAJAP No.S076
1947.3.8(昭22)東邦海運(株)(東京)の設立に伴い移籍船舶公団(東京)と共有
1950(昭25)解体のため売却

SNo.4019 隆進丸 RYUSHIN MARU (1944)
57998/JCHN 貨物船 886G/T 進水 1944.2(昭19) 竣工 1944.2.12(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基 7/8.5kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4019 2EH型 大連汽船株式会社(大連)
隆進丸 RYUSHIN MARU SCAJAP No.R007
1945.12(昭20)海難により沈没後に浮揚に成功
1947.3.8(昭22)東邦海運(株)(東京)の設立に伴い移籍
1948(昭23)第一商船(株)(東京)に売却
1963(昭38)解体

SNo.4020 雄進丸 YUSHIN MARU (1944)
886G/T 進水 1944.2(昭19) 竣工 1944.2.18(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 R 1,050IHP 1基 7/9kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4020 2EH型 大連汽船株式会社(長崎)
雄進丸 YUSHIN MARU
1945.7.27(昭20)山口県小串港から朝鮮東岸甘浦に向け航行中、甘浦沖(35.35N,129.33E)で空爆により沈没(7月29日の説もある)

SNo.4018 明進丸 MEISHIN MARU (1944)
57991/JRIC 920G/T 進水 1944.1(昭19) 竣工 1944.2.22(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基 7/8.5kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4018 2EH型 大連汽船株式会社(大連)
明進丸 MEISHIN MARU SCAJAP No.M054
1947.3.8(昭22)東邦海運(株)(東京)の設立に伴い移籍船舶公団(東京)と共有
1952.2(昭27)南海汽船(株)(大阪)に売却
1955.2(昭30)社名変更に伴い萬野汽船(大阪)に移籍
1960(昭35)桑名海運(有)(愛媛・波方)に売却、主機をD 650 BHPに換装
1963.11.14(昭38)解体

SNo.4021 日松丸 NISSHO MARU (1944)
水野造船(広島)で改修工事を行う
50822/JOXT→JEPJ 貨物船 870G/T 進水 1944.2(昭19) 竣工 1944.2.24(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 380HP 1基 7/7.5kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4021 2EH型 日産汽船株式会社(東京)
日松丸 NISSHO MARU
1952.2.13(昭27)東亜汽船(株)(東京)に売却
1953(昭28)日松汽船(東京)に売却
1955(昭30)共立汽船(株)(東京)に売却
1956(昭31)主機をD 650 BHPに換装
1963(昭38)光福汽船(下関)に売却同年、解体

SNo.4022 日梅丸 NICHIBAI MARU (1944)
50823/JOYT→JESJ 貨物船 870G/T 進水 1944.2(昭19) 竣工 1944.2.29(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4022 2EH型 日産汽船株式会社(東京)
日梅丸 NICHIBAI MARU

SNo.4023 日柑丸 NIKKAN MARU (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944.2(昭19) 竣工 1944.3.1(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4023 2EH型 日産汽船株式会社(東京)
日柑丸 NIKKAN MARU

SNo.4024 日楊丸 NICHIYO MARU (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944.2(昭19) 竣工 1944.3.6(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4024 2EH型 日産汽船株式会社(東京)
日楊丸 NICHIYO MARU

SNo.4025 日柏丸 NICHIHAKU MARU (1944)
貨物船 870G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.2(昭19) 竣工 1944.3.13(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4025 2EH型 日産汽船株式会社(東京)
日柏丸 NICHIHAKU MARU

SNo.4026 日楓丸 NICHIHU MARU (1944)
貨物船 870G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.2(昭19) 竣工 1944.3.22(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4026 2EH型 日産汽船株式会社(東京)
日楓丸 NICHIHU MARU

SNo.4028 すめら丸 SUMERA MARU (1944)
50841/JPOT 貨物船 870G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.3(昭19) 竣工 1944.3.27(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4028 2EH型 土佐商船株式会社
すめら丸 SUMERA MARU

SNo.4029 雁丸 KARIGANE MARU (1944)
50842/JPPT 貨物船 891G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.3(昭19) 竣工 1944.3.31(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 R 3連成 360IHP 1基 7/9kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4029 2EH(鵯丸)型 日本製鐵株式会社(東京)
雁丸 KARIGANE MARU 戦時中に沈没、戦後引き揚げ?
1949(昭24)船室を改造
1950.4.1(昭25)日鐵汽船(株)(東京)の設立に伴い移籍
1953.4.5(昭28)長崎県御床島で座礁
1956.3(昭31)太陽汽船(株)(東京)に売却、盛陽丸 SEIYO MARU と改名
1957(昭32)解体

SNo.4030 第十二雲洋丸 UNYO MARU No.12 (1944)
50843/JPQT 貨物船 870G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.3(昭19) 竣工 1944.3.31(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4030 2EH型 中村汽船株式会社(神戸)
第十二雲洋丸 UNYO MARU No.12 SCAJAP No.U004

SNo.4035 第七快進丸 KAISHIN MARU No.7 (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944.3(昭19) 竣工 1944.3.31(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4035 2EH型 大連汽船株式会社
第七快進丸 KAISHIN MARU No.7

SNo.4034 第六快進丸 KAISHIN MARU No.6 (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944.3(昭19) 竣工 1944.3.31(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4034 2EH型 大連汽船株式会社
第六快進丸 KAISHIN MARU No.6

SNo.4033 第五快進丸 KAISHIN MARU No.5 (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944.3(昭19) 竣工 1944.3.31(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4033 2EH型 大連汽船株式会社
第五快進丸 KAISHIN MARU No.5

SNo.4032 第三快進丸 KAISHIN MARU No.3 (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944.3(昭19) 竣工 1944.3.31(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4032 2EH型 大連汽船株式会社
第三快進丸 KAISHIN MARU No.3

SNo.4031 第二快進丸 KAISHIN MARU NO.2 (1944)
貨物船 873G/T 進水 1944.3(昭19) 竣工 1944.3.31(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基 7/9kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4031 2EH型 大連汽船株式会社(長崎)
第二快進丸 KAISHIN MARU NO.2 SCAJAP No.K011
1946.6.2(昭21)岡山県の真鍋島天神浜沖600mで触雷、沈没後に浮揚に成功
1947.3.8(昭22)東邦海運(株)(東京)の設立に伴い移籍
1949(昭24)昭和24-25年版日本船舶明細書より削除

SNo.4036 第八快進丸 KAISHIN MARU No.8 (1944)
JRKC 貨物船 870G/T 進水 1944.3.30(昭19) 竣工 1944.4.16(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4036 2EH型 大連汽船株式会社
第八快進丸 KAISHIN MARU No.8

SNo.4027 鵲丸 KASASAGI MARU (1944)
50840/JPNT 貨物船 870G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.3(昭19) 竣工 1944.4.20(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 390HP 1基 7/9kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4027 2EH(鵯丸)型 日本製鐵株式会社(東京)
鵲丸 KASASAGI MARU
1950.4.1(昭25)日鐵汽船(株)(東京)の設立に伴い移籍
1950.10(昭25)低性能船舶買入法により政府に売却、解体

SNo.4037 第九快進丸 KAISHIN MARU No.9 (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944.4(昭19) 竣工 1944.4.22(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4037 2EH型 大連汽船株式会社
第九快進丸 KAISHIN MARU No.9

SNo.4038 第十快進丸 KAISHIN MARU No.10 (1944)
JRLC 貨物船 870G/T 進水 1944.4(昭19) 竣工 1944.4.29(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4038 2EH型 大連汽船株式会社
第十快進丸 KAISHIN MARU No.10

SNo.4040 第十二快進丸 KAISHIN MARU No.12 (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944.4(昭19) 竣工 1944.4.29(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4040 2EH型 大連汽船株式会社
第十二快進丸 KAISHIN MARU No.12

SNo.4039 第十一快進丸 KAISHIN MARU No.11 (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944.4(昭19) 竣工 1944.4.30(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4039 2EH型 大連汽船株式会社
第十一快進丸 KAISHIN MARU No.11

SNo.4041 乾坤丸 (3) KENKON MARU (1944)
50858/JQDT 貨物船 870G/T 進水 1944.4(昭19) 竣工 1944.4.30(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4041 2EH型 乾汽船株式会社(神戸)
乾坤丸 KENKON MARU SCAJAP No.K040
1949(昭24)主機をR) 木下鐵工所 1基へ換装(時期不詳)
1950(昭25)低性能船舶買入法により政府へ売却、解体

SNo.4042 國祐丸 KOKUYU MARU (1944)
50859/JQET 貨物船 870G/T 進水 1944.4(昭19) 竣工 1944.4.30(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4042 2EH型 三光汽船株式会社(尼崎)
國祐丸 KOKUYU MARU

SNo.4043 第二啓山丸 KEIZAN MARU No.2 (1944)
50860/JQFT 貨物船 870G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.4(昭19) 竣工 1944.5.5(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4043 2EH型 山本汽船株式会社
第二啓山丸 KEIZAN MARU No.2

SNo.4045 松邦丸 (1) SHOHO MARU (1944)
貨物船 870G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.5(昭19) 竣工 1944.5.22(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4045 2EH型 松岡汽船株式会社
松邦丸 SHOHO MARU

SNo.4044 宮川丸 MIYAKAWA MARU (1944)
50861/JQGT 貨物船 870G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.5(昭19) 竣工 1944.5.27(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4044 2EH型 東洋海運株式会社
宮川丸 MIYAKAWA MARU

SNo.4046 第一伊勢丸 ISE MARU No.1 (1944)
50876/JQMT 貨物船 870G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.5(昭19) 竣工 1944.5.27(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4046 2EH型 南洋海運株式会社(東京)
第一伊勢丸 ISE MARU No.1
1946(昭21)主機を R) 3連成 に換装
1949(昭24)船名録より削除

SNo.4047 大天丸 DAITEN MARU (1944)
50879/JQNT 貨物船 870G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.5(昭19) 竣工 1944.5.28(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4047 2EH型 大同海運株式会社(神戸)
大天丸 DAITEN MARU

SNo.4048 大烈丸 TAIRETSU MARU (1944)
50880/JQOT 貨物船 873G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.5(昭19) 竣工 1944.5.31(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 320/400HP 1基 8/9kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4048 2EH型 太洋海運株式会社(神戸)
大烈丸 TAIRETSU MARU
1945.9.19(昭20)暴風雨のため神戸港で沈没

SNo.4050 安東丸 ANTO MARU (1944)
50882/JQQT 貨物船 870G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.5(昭19) 竣工 1944.5.31(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4050 2EH型 東亞海運株式会社
安東丸 ANTO MARU

SNo.4049 白河丸 SHIRAKAWA MARU (1944)
50881/JQPT 貨物船 873G/T 1,619D/W 起工 1944(昭19) 進水 1944.5(昭19) 竣工 1944.5.31(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4049 2EH型 鏑木汽船株式会社(東京)
白河丸 SHIRAKAWA MARU SCAJAP No.S063

三月山丸 MITSUKISAN MARU (1944)
52772/JRET 873G/T 進水 1944.5(昭19) 竣工 1944.6(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 R 570IHP 1基 7/9kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 三井船舶株式会社(東京)
三月山丸 MITSUKISAN MARU
1948.7(昭23)戦渦不稼働登録抹消
1950(昭25)甘糟産業汽船(株)汽船(東京)に売却
1955(昭30)丸ノ内汽船(株)(東京)に売却
1960(昭35)同和海運(株)(東京)に売却
1962.11.6(昭37)解体

SNo.4051 豊島丸 TOYOSHIMA MARU (1944)
52771/JRDT 貨物船 870G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.5(昭19) 竣工 1944.6.14(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4051 2EH型 関西汽船株式会社
豊島丸 TOYOSHIMA MARU

SNo.4053 今津川丸 IMAZUGAWA MARU (1944)
52773/JRFT 貨物船 873G/T 1,619D/W 起工 1944(昭19) 進水 1944.6(昭19) 竣工 1944.6.19(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 320HP 1基 8/9kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4053 2EH型 大阪商船株式会社(大阪)
今津川丸 IMAZUGAWA MARU SCAJAP No.I011
1949.6.6(昭24)玉井商船(株)(石川・橋立)に売却
1950.11(昭25)低性能船舶買入法により政府へ売却

SNo.4054 第二宮川丸 MIYAKAWA MARU No.2 (1944)
52977/JTAV 貨物船 870G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.6(昭19) 竣工 1944.6.21(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4054 2EH型 東洋海運株式会社
第二宮川丸 MIYAKAWA MARU No.2

SNo.4056 南祐丸 NANYU MARU (1944)
貨物船 870G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.5(昭19) 竣工 1944.6.23(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4056 2EH型 三光汽船株式会社
南祐丸 NANYU MARU

SNo.4055 第五金山丸 KINZAN MARU (1944)
52978/JTVB→JBUJ 貨物船 870G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.6(昭19) 竣工 1944.6.27(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4055 2EH型 鶴丸汽船株式会社(若松)
第五金山丸 KINZAN MARU SCAJAP No.K056

SNo.4057 第二彰山丸 SHOZAN MARU No.2 (1944)
52948/JRRT 貨物船 870G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.6(昭19) 竣工 1944.6.30(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4057 2EH型 山本汽船株式会社
第二彰山丸 SHOZAN MARU No.2

SNo.4059 圖洋丸 TOYO MARU (1944)
52955/JTIV→JBBE 貨物船 870G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.6(昭19) 竣工 1944.7.14(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4059 2EH型 大圖汽船株式会社
圖洋丸 TOYO MARU

SNo.4058 光隆丸 KORYU MARU (1944)
52949/JRST 貨物船 870G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.6(昭19) 竣工 1944.7.16(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4058 2EH型 大光商船株式会社(東京)
光隆丸 KORYU MARU

SNo.4063 第七日の丸 HINO MARU No.7 (1944)
52965/JTMV→JHUA 貨物船 870G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.7(昭19) 竣工 1944.7.26(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4063 2EH型 日の丸汽船株式会社(神戸)
第七日の丸 HINO MARU No.7

SNo.4061 長崎丸 NAGASAKI MARU (1944)
52963/JTKV→JDPA 貨物船 870G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.7(昭19) 竣工 1944.7.29(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4061 2EH型 杤木商事株式会社
長崎丸 NAGASAKI MARU

SNo.4064 榊丸 SAKAKI MARU (1944)
53026/JTNV→JBNE 貨物船 873G/T 1,617D/W 起工 1944(昭19) 進水 1944.7(昭19) 竣工 1944.7.30(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 北川鐵工所(広島) 410HP 1基 7/8kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4064 2EH型 丸辰海運株式会社(神戸)
榊丸 SAKAKI MARU SCAJAP No.S007
1947(昭22)主機をR) 3連成 500PSに換装 920.79G/T 1,528D/W (時期不詳)
1947.11(昭22)旭汽船(株)(神戸)に移籍
1954.7(昭29)川崎汽船(株)(東京)に売却、第9次後期新造船見返りとして解体

SNo.4064 廣悦丸 KOETSU MARU (1944)
貨物船 870G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.7(昭19) 竣工 1944.7.30(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4064 2EH型 廣海汽船株式会社
廣悦丸 KOETSU MARU

SNo.4060 寳山丸 HOZAN MARU (1944)
52956/JTJV→JBCE 貨物船 870G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.6(昭19) 竣工 1944.7.31(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4060 2EH型 菅谷汽船株式会社
寳山丸 HOZAN MARU

SNo.4066 雲雀丸 HIBARI MARU (1944)
貨物船 870G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.7(昭19) 竣工 1944.7.31(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4066 2EH型 日本製鐵株式会社
雲雀丸 HIBARI MARU

SNo.4067 辰百合丸 TATSUYURI MARU (1944)
53038/JRXT 貨物船 870G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.7(昭19) 竣工 1944.7.31(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4067 2EH型 内外汽船株式会社
辰百合丸 TATSUYURI MARU

SNo.4062 三和丸 SANWA MARU (1944)
52964/JTLV 貨物船 870G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.7(昭19) 竣工 1944.7.31(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4062 2EH型 三和汽船株式会社
三和丸 SANWA MARU

SNo.4068 辰柿丸 TATSUKAKI MARU (1944)
53039/JRTY 貨物船 873G/T 起工 1944.7(昭19) 進水 1944.7(昭19) 竣工 1944.8.9(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 380HP 1基 7.5/8.5kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4068 2ERS型 辰馬合資会社(西宮)
辰柿丸 TATSUKAKI MARU
1947.8.30(昭22)新日本汽船(株)(神戸)の設立に伴ない移籍
1948.6(昭23)内外汽船(株)(神戸)に譲渡、同年12月、主機をD 阪神内燃機 Z6Y 650 BHPに換装、速力 10/11 kt、915総トン
1953.10.1(昭28)新日本汽船(株)(神戸)に売却
1954.11.1(昭29)新日本近海海運(株)(神戸)に売却
1956(昭31)三晃海運(株)(神戸)に売却
1962.8.15(昭37)深田サルベージ(株)(大阪)に売却、解体。同月25日、船籍を抹消

SNo.4069 第一長崎丸 NAGASAKI MARU No.1 (1944)
53040/JRZT 貨物船 870G/T 1,490D/W 起工 1944(昭19) 進水 1944.7.27(昭19) 竣工 1944.8.14(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基 9.66kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4069 2EH型 東洋汽船株式会社(東京)
第一長崎丸 NAGASAKI MARU No.1 SCAJAP No.N004
1948.8.5(昭23)川南工業(深堀)で主機をR) 3連成 1基に換装、903G/T 7.5kn
1953.4.30(昭28)宇品にて係船
1953.11(昭28)第9次計画造船の見合い解体船として三井船舶(東京)へ売却、解体

SNo.4070 鹿島丸 (1) KASHIMA MARU (1944)
54732/JJVJ 貨物船 870G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.8(昭19) 竣工 1944.8.15(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4070 2EH型 日之出汽船株式会社(東京)
鹿島丸 KASHIMA MARU
1945.6.2(昭20)若松白洲灯台沖で触雷のため沈没

SNo.4071 熊野丸 KUMANO MARU (1944)
53053/JTUV→JIXA 貨物船 870G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.8(昭19) 竣工 1944.8.20(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4071 2EH型 廣南汽船株式会社
熊野丸 KUMANO MARU
1948.4(昭23)大韓民国(不詳)に2,000万円で売却、以後不詳

SNo.4072 興南丸 KONAN MARU (1944)
53054/JTVV→JMVY 貨物船 870G/T 1,477D/W 起工 1944(昭19) 進水 1944.8(昭19) 竣工 1944.8.23(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基 9/11kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4072 2EH型 興運汽船株式会社(神戸)
興南丸 KONAN MARU
1953.10(昭28)佐藤國汽船(株)株式会社(神戸)に売却
1957.3(昭32)主機をD 阪神内燃機 Z6Y 650BHPに換装
1963.8.7(昭38)解体、同月13日船籍抹消

SNo.4073 高一丸 KOICHI MARU (1944)
53055/JTWV 貨物船 870G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.8(昭19) 竣工 1944.8.23(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4073 2EH型 高知県汽船株式会社
高一丸 KOICHI MARU

SNo.4074 東山丸 TOZAN MARU (1944)
53056/JTXV 貨物船 870G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.8(昭19) 竣工 1944.8.27(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4074 2EH型 橋本汽船株式会社
東山丸 TOZAN MARU

燕丸 TSUBAME MARU (1944)
5311/JEXW 貨物船 873G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.9(昭19) 竣工 1944.9(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 R 3連成 430IHP 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH(鵯丸)型 日本製鐵株式会社(東京)
燕丸 TSUBAME MARU
1950.4.1(昭25)日鐵汽船(株)(東京)の設立に伴い移籍
1951.10(昭26)協和汽船(株)(福岡)に売却
1957.8(昭32)ディ−ゼルに主機 600 BHPに換装
1964.1.30(昭39)解体

SNo.4080 第三鴨川丸 KAMOKAWA MARU No.3 (1944)
53082/JEJW 貨物船 892G/T 進水 1944.8(昭19) 竣工 1944.9.15(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 400IHP 1基 6.5/9kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4080 2EH型 川崎汽船株式会社(神戸)
第三鴨川丸 KAMOKAWA MARU No.3 SCAJAP No.K020
1950.11.8(昭25)低性能船舶買入法により政府に売却、解体

SNo.4081 第三伊勢丸 ISE MARU No.3 (1944)
川南工業建造の2E型戦標船。2E型は建造所別に再編集中。
53083/JEKW 貨物船 870G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.8(昭19) 竣工 1944.9.21(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4081 2EH型 南洋海運株式会社(東京)
第三伊勢丸 ISE MARU No.3
1949.7.16(昭24)東京船舶(株)(東京)に移籍
1951(昭26)船名録より削除

SNo.4090 龍田川丸 TATSUTAGAWA MARU (1944)
貨物船 873G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.9(昭19) 竣工 1944.9.30(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4090 2EH型 大阪商船株式会社(大阪)
龍田川丸 TATSUTAGAWA MARU
1945.7.20(昭20)六連灯台の沖2.1kmで触雷、沈没

SNo.4088 第五新東丸 SHINTO MARU No.5 (1944)
64824/JBGK 貨物船 873G/T 進水 1944.9(昭19) 竣工 1944.9.30(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 R 3連成 500IHP 1基 8/9kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4088 2EH型 澤山汽船株式会社(神戸)
第五新東丸 SHINTO MARU No.5
1945.6.27(昭20)関門海峡で座礁。戦後、浮揚に成功
1949(昭24)中村汽船(株)(神戸)に売却
1955(昭30)第五雲洋丸 UNYO MARU No.5 と改名
1956(昭31)細川音一郎(宇和島)に売却、主機をD 650BHPに換装、速力9/10.5kn
1957(昭32)萬栄海運(宇和島)に売却
1961(昭36)宇和島商船(株)(宇和島)に売却
1963.3.27(昭38)解体

SNo.4092 那智川丸 NACHIGAWA MARU (1944)
54371/JFLW 貨物船 873G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.9(昭19) 竣工 1944.9.30(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 320HP 1基 7/9.5kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4092 2EH型 大阪商船株式会社(大阪)
那智川丸 NACHIGAWA MARU
1953.10.9(昭28)第9次前期計画造船の見返り船として解体

SNo.4105 第五長崎丸 NAGASAKI MARU No.5 (1944)
54414/JIUA 貨物船 873G/T 1,618D/W 進水 1944.10(昭19) 竣工 1944.10(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 380HP 1基 7/9.5kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4105 2EH型 東洋汽船株式会社(東京)
第五長崎丸 NAGASAKI MARU No.5 SCAJAP No.N006
1945.9.17(昭20)佐賀県呼子沖で座礁、沈没

SNo.4083 第二湊川丸 MINATOGAWA MARU No.2 (1944)
53085/JEMW H焼玉:H 焼玉貨物船 873G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.9(昭19) 竣工 1944.10.11(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 380HP 1基 7/9kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4083 2EH型 太平汽船株式会社(神戸)
第二湊川丸 MINATOGAWA MARU No.2
1949.5(昭24)主機をR)3連成 500IHPに換装
1951.7.1(昭26)山下汽船(株)(神戸)に売却
1953.12.17(昭28)山春丸(9次前)の建造引当船として解体

SNo.4093 第五日祐丸 NICHIYU MARU No.5 (1944)
860G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.9(昭19) 竣工 1944.10.17(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4093 2EH型 日産汽船株式会社(東京)
第五日祐丸 NICHIYU MARU No.5
1945.7.15(昭20)山口県の富田港外で触雷、沈没

SNo.4098 紀ノ川丸 KINOKAWA MARU (1944)
54377/JFRW 貨物船 873G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.10(昭19) 竣工 1944.10.24(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 320HP 1基 8/9kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4098 2EH型 大阪商船株式会社(大阪)
紀ノ川丸 KINOKAWA MARU
1945.7.24(昭20)呉の吉浦沖で空爆により沈没

SNo.4100 第五伊勢丸 ISE MARU No.5 (1944)
貨物船 870G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944(昭19) 竣工 1944.10.27(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4100 2EH型 南洋海運株式会社(東京)
第五伊勢丸 ISE MARU No.5
1945.6.25(昭20)長崎県の崎戸港外で空爆により沈没

SNo.4106 第七伊勢丸 ISE MARU No.7 (1944)
54415/JIVA 貨物船 870G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.10(昭19) 竣工 1944.10.31(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4106 2EH型 南洋海運株式会社(東京)
第七伊勢丸 ISE MARU No.7
1949.7.16(昭24)東京船舶(株)(東京)に移籍。主機を槙田鉄工所で改造
1951(昭26)協成汽船(株)(神戸)に売却
1954(昭29)船名録より削除

SNo.4095 第六日祐丸 NICHIYU MARU No.6 (1944)
860G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.10(昭19) 竣工 1944.10.31(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4095 2EH型 日産汽船株式会社(東京)
第六日祐丸 NICHIYU MARU No.6
1945.8.23(昭20)瀬戸内海の防予諸島平群島付近で触雷、沈没

SNo.4091 第四日祐丸 NICHIYU MARU No.4 (1944)
54370/JFKW 860G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.9(昭19) 竣工 1944.10.31(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4091 2EH型 日産汽船株式会社(東京)
第四日祐丸 NICHIYU MARU No.4 日立造船(因島)で改修工事、主機をレシプロ 500 NHPに換装
1951.12.12(昭26)協成汽船(株)(神戸)に売却
1955(昭30)丸栄汽船(神戸)に売却、日祐丸と改名
1960(昭35)萬栄海運(宇和島)に売却
1961(昭36)宇和島商船(株)(宇和島)に売却
1963.5.8(昭38)解体5月20日に船籍を抹消

SNo.4097 第七日祐丸 NICHIYU MARU No.7 (1944)
860G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.10(昭19) 竣工 1944.10.31(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4097 2EH型 日産汽船株式会社(東京)
第七日祐丸 NICHIYU MARU No.7
1945.6.27(昭20)朝鮮の厚浦港沖(36.53N,129.26E)で座礁、沈没

SNo.4103 第六伊勢丸 ISE MARU No.6 (1944)
54412/JIPA 貨物船 873G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.10(昭19) 竣工 1944.10.31(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4103 2EH型 南洋海運株式会社(東京)
第六伊勢丸 ISE MARU No.6
1949.7.16(昭24)東京船舶(株)(東京)に移籍
1951(昭26)協成汽船(株)(神戸)に売却
1954(昭29)成和丸 SEIWA MARU と改名
1959.2(昭34)呉造船所(呉)で改造工事
1964(昭39)野田海運(神戸)に売却
1968(昭43)船名録より削除

SNo.4107 第十一新東丸 SHINTO MARU No.11 (1944)
54416/JIZA 貨物船 873G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.10(昭19) 竣工 1944.10.31(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 林兼重工業 380HP 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4107 2EH型 澤山汽船株式会社(神戸)
第十一新東丸 SHINTO MARU No.11
1945.3(昭20)機関故障のため大阪湾で係船
1948.11(昭23)船舶運営会と澤山汽船が共同で佐世保船舶工業で船体補強工事、翌年2月5日完工
1957.4.13(昭32)熊野汽船(神戸)に売却
1957.4(昭32)澤山汽船(神戸)の単独保有
1963.3.12(昭38)船籍を抹消、解体

SNo.4096 姫川丸 HIMEKAWA MARU (1944)
54375
/JFOW 貨物船 873G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.10(昭19) 竣工 1944.10.31(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 320HP 1基 7/9.5kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4096 2EH型 大阪商船株式会社(大阪)
姫川丸 HIMEKAWA MARU
1945.7.24(昭20)大分県の姫島の北西190度4Km沖で触雷、沈没

由利島丸 YURISHIMA MARU (1944)
54447/JOLA→JRWY 60G/T 進水 1944.11(昭19) 竣工 1944.11(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 380HP 1基 7/9kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 関西汽船株式会社(大阪)
由利島丸 YURISHIMA MARU SCAJAP No.Y032
1948.11(昭23)改装、主機換装 912G/T、R 550 IHP
1951.7(昭26)大同海運へ用船(3ヶ月)
1951.7.1(昭26)小谷汽船(株)(大阪)に売却
1951(昭26)東大汽船(株)(神戸)に売却
1951.10.18(昭26)大同海運へ用船(1ヵ年)
1956.10(昭31)主機をD 650 BHP に換装
1962.12.4(昭37)解体

男鹿島丸 OKAJIMA MARU (1944)
54445/JOIA→JRVY 60G/T 進水 1944(昭19) 竣工 1944.11(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 380HP 1基 7/9kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 関西汽船株式会社(大阪)
男鹿島丸 OKAJIMA MARU SCAJAP No.P006
1948.11(昭23)改装、主機換装 912G/T、R 550 IHP
1951.7.1(昭26)佐藤國汽船(株)(神戸)に売却
1953.10.2(昭28)甘糟産業(東京)に売却、解体

SNo.4108 第七長崎丸 NAGASAKI MARU No.7 (1944)
54417/JKHA 貨物船 870G/T 1,490D/W 起工 1944(昭19) 進水 1944.10.20(昭19) 竣工 1944.11.16(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基 9.54kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4108 2EH型 東洋汽船株式会社(東京)
第七長崎丸 NAGASAKI MARU No.7 SCAJAP No.N007
1949.2.10(昭24)川南工業(深堀)で主機をR) 3連成 1基へ換装 920G/T,7.5kt
1953.2.13(昭28)宇品にて係船
1953.12(昭28)新造見返り船として日本油槽船(東京)へ売却後、解体

SNo.4109 神島丸 KAMISHIMA MARU (1944)
54439/JNTA 貨物船 933G/T 1,445D/W 起工 1944(昭19) 進水 1944.10(昭19) 竣工 1944.11.17(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基 7.5/8kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4109 2EH型 関西汽船株式会社(大阪)
神島丸 KAMISHIMA MARU
1948.11(昭23)主機をR)450IHPに換装
1951.7.1(昭26)佐藤國汽船(株)(神戸)に売却
1953.5.31(昭28)川崎汽船(株)(神戸)に売却、第9次前期新造見返り船として解体

SNo.4101 第八新東丸 SHINTO MARU No.8 (1944)

第八新東丸
第八新東丸 Shinto Maru No.8

1953.6 坂出沖 - M.Yamada
54410/JIDA 貨物船 873G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.10(昭19) 竣工 1944.11.18(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 380HP 1基 7kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4101 2EH型 澤山汽船株式会社(神戸)
第八新東丸 SHINTO MARU No.8
1945.8(昭20)機関故障のため博多湾に係船
1948.3(昭23)船舶運営会と澤山汽船が共同で佐世保船舶工業で改修工事、同年5月完工
1957.12.18(昭32)萬栄海運(宇和島)に売却
1961(昭36)宇和島商船(株)(宇和島)に売却
1963.3.12(昭38)解体、同月25日船籍抹消

SNo.4099 第八日祐丸 NICHIYU MARU No.8 (1944)
54378/JFSW 860G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.10(昭19) 竣工 1944.11.19(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基 7.5/9.5kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4099 2EH型 日産汽船株式会社(東京)
第八日祐丸 NICHIYU MARU No.8
1946.2(昭21)飯野重工(舞鶴)で同型沈没船の主機(レシプロ,500 NHP)を換装
1948.12.2(昭23)第9次後期計画造船新造船見返りとして売却、解体

SNo.4110 辰稲丸 TATSUINE MARU (1944)
貨物船 870G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944(昭19) 竣工 1944.11.29(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4110 2EH型 辰馬汽船株式会社
辰稲丸 TATSUINE MARU
1945.5.24(昭20)関門海峡の部崎灯台の174度5.5Km沖で触雷、沈没

SNo.4119 浙東丸 SETTO MARU (1944)
54465/JPEA 貨物船 918G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.11(昭19) 竣工 1944.11.30(昭19)
Lpp 64.50 B 9.50 D 5.45 m 主機 R 日本車輌 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4119 2ERS型 東亞海運株式会社(東京)
浙東丸 SETTO MARU
1949(昭24)旭海運(株)(東京)に売却
1954(昭29)小谷汽船(株)(大阪)に売却
1956(昭31)第一汽船(株)(大阪)に売却、第一幸丸 SACHI MARU No.1 と改名。主機をD 1基(650PS)に換装
1960.10.1(昭35)合併に伴い第一中央汽船(株)汽船(東京)に移籍
1963.8.3(昭38)泉汽船(株)(東京)に売却
1963.8.15(昭38)解体、同年9月6日船籍を抹消

SNo.4111 廣島丸 HIROSHIMA MARU (1944)
54441/JNWA→ 貨物船 870G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.11(昭19) 竣工 1944.11.30(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4111 2EH型 関西汽船株式会社(大阪)
廣島丸 HIROSHIMA MARU
1948.11(昭23)主機をR)550IHPに換装
1951.7.1(昭26)小谷汽船(株)(大阪)に売却
1954.1(昭29)主機をD 650IHPに換装
1955(昭30)太陽汽船(株)(東京)に売却、広陽丸 Koyo Maru と改名
1963.4.22(昭38)解体

嶺東丸 REITO MARU (1944)
貨物船 873G/T 進水 1944.12(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 建造者不詳
嶺東丸 REITO MARU

SNo.4116 辰葵丸 TATSUAOI MARU (1944)
54446/JOTA→JLPH 貨物船 919G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.11(昭19) 竣工 1944.12.4(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 R 3連成 500IHP 1基 7/8kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4116 2EH(鵯丸)型 日本製鐵株式会社(東京)
辰葵丸 TATSUAOI MARU
1950.4.1(昭25)日鐵汽船(株)(東京)の設立に伴い移籍
1960(昭35)解体

SNo.4102 第三長崎丸 NAGASAKI MARU No.3 (1944)
貨物船 873G/T 1,618D/W 起工 1944(昭19) 進水 1944.11(昭19) 竣工 1944.12.14(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 380HP 1基 7/9.5kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4102 2EH型 東洋汽船株式会社(東京)
第三長崎丸 NAGASAKI MARU No.3 SCAJAP No.N005 本船にScajap Noが付与されているが、終戦前に喪失している
1945.3.17(昭20)佐賀県加部島で座礁、沈没

SNo.4118 伊那佐丸 INASA MARU (1944)
辰馬汽船(西宮)の辰葦丸として進水、竣工直前に日本郵船へ割当て変更、改名
54448/JOSA 貨物船 870G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.12(昭19) 竣工 1944.12.21(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 380HP 1基 7kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4118 2EH型 日本郵船株式会社(東京)
伊那佐丸 INASA MARU
1945.12.15(昭20)長崎から新居浜に向け航行中、鹿児島県秋目湾千貫瀬沖で座礁、沈没

直島丸 NAOSHIMA MARU (1944)
貨物船 873G/T 進水 1944(昭19) 竣工 1944.12.26(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 関西汽船株式会社(大阪)
直島丸 NAOSHIMA MARU
1945.7.2(昭20)小豆島の大部沖で触雷、沈没

SNo.4124 第十新東丸 SHINTO MARU No.10 (1944)
54470/JPOA 貨物船 873G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.12(昭19) 竣工 1944.12.31(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 きしろ機械 380HP 1基 7kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4124 2EH型 澤山汽船株式会社(神戸)
第十新東丸 SHINTO MARU No.10
1945.3(昭20)機関故障のため大阪湾に係船
1948.11(昭23)船舶運営会と澤山汽船が共同で佐世保船舶工業で槙田式焼玉主機に改造。翌年2月5日完工(昭和24年に槙田鉄工所で主機を改造)
1957.4(昭32)澤山汽船(神戸)の単独保有
1957.5.18(昭32)萬栄海運(宇和島)に売却
1961(昭36)宇和島商船(株)(宇和島)に売却
1963.3.25(昭38)解体、同月28日に船籍抹消

SNo.4125 榮東丸 EITO MARU (1944)
54471/JPQA 貨物船 870G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.11(昭19) 竣工 1944.12.31(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4125 2EH型 東亞海運株式会社(東京)
榮東丸 EITO MARU
1948(昭23)和栄海運(東京)に売却
1962(昭37)同和海運(株)(東京)に売却
1963.5.30(昭38)解体、同年6月12日に船籍を抹消

SNo.4132 光妙丸 KOMYO MARU (1945)
54505/JPRD 貨物船 880G/T 起工 1944(昭19) 進水 1945(昭20) 竣工 1945.1.15(昭20)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4132 2EH(鵯丸)型 大光商船株式会社(大阪)
光妙丸 KOMYO MARU
1945.7.24(昭20)対馬沖ノ島灯台1.5kmで空爆により沈没

SNo.4129 暁丸 AKATSUKI MARU (1945)
54507/JPTD 練習船 905G/T 1,080D/W
起工 1944.12.4(昭19) 進水 1944.12.26(昭19) 竣工 1945.1.21(昭20)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 槇田鐵工所 290NHP/380IHP 1基 7.5/9.5kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4129 2EH型 運輸通信省航海訓練所(東京)
暁丸 AKATSUKI MARU
1945.5.19(昭20)運輸省航海訓練所(東京)に移籍
1948.8(昭23)三菱造船所(神戸)で船橋及び居住区の改造工事
1949.10(昭24)日立造船(櫻島)で二重底新設、船橋と士官室の改造工事
1952.11.20(昭27)練習船北斗丸の建造に伴い大窯汽船(株)(大阪)に売却
1956(昭31)三晃海運(株)(尼崎)に売却、晃祐丸 KOYU MARU と改名
1964.2.10(昭39)解体、同月22日に船籍抹消

SNo.4131 第十五快進丸 KAISHIN MARU No.15 (1945)
57995/JRMC 貨物船 870G/T 進水 1944.12(昭19) 竣工 1945.1.28(昭20)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4131 2EH型 大連汽船株式会社(大連)
第十五快進丸 KAISHIN MARU No.15 SCAJAP No.K015
1949(昭24)主機を R に換装、船体補強工事実施
1952.3.11(昭27)佐藤國汽船(株)株式会社(神戸)に売却
1953.7.20(昭28)主機を油焚に改造
1957.5(昭32)主機を D) 阪神内燃機 Z6Y 650BHPに換装
1964.3.9(昭39)解体、3月16日船籍抹消

伊草丸 IGUSA MARU (1945)
54536→63981/JNBD→JHHJ 貨物船 870G/T 進水 1944.1(昭19) 竣工 1945.1.31(昭20)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 500HP 1基 7kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 日本郵船株式会社(東京)
伊草丸 IGUSA MARU
1945.8.10(昭20)長崎県臼ノ浦から大阪に向け航行中、山口県蓋井島の西約4浬(34.07N,130.40E)で空爆により中破、浸水のため山口県柳井市下荷内島に任意座洲、8月21日沈没
1946(昭21)昭和23年にかけて沈没のまま大洋汽船(株)(東京)に売却
1948.8.23(昭23)岡田組により浮揚
1961.2.9(昭36)解体

SNo.4134 曙丸 AKEBONO MARU (1945)

曙丸
曙丸 Akebono Maru
54534/JMZD 貨物船 870G/T 起工 1944.12.4(昭19) 進水 1945.1(昭20) 竣工 1945.2.28(昭20)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4134 2EH型 運輸通信省航海訓練所(東京)
曙丸 AKEBONO MARU
1948.3.13(昭23)文部省に移管、鹿児島高等水産学校の練習船として使用

伊奈浦丸 INAURA MARU (1945)
54538/JNDD 貨物船 870G/T 進水 1944.2(昭19) 竣工 1945.2.28(昭20)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 380HP 1基 7kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 日本郵船株式会社(東京)
伊奈浦丸 INAURA MARU
1945.6.9(昭20)門司から小倉に向け航行中、小倉港入口(33.53.N,130.54E)で触雷により沈没、戦後、船骸を日本サルヴェージに無償譲渡

快南丸 KAINAN MARU (1945)
54550/JNRD 貨物船 873G/T 竣工 1945.3(昭20)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 中央汽船運航株式会社(大阪)
快南丸 KAINAN MARU
1948.3(昭23)日立造船(桜島)で主機をR)550PSに換装
1952(昭27)協成汽船(株)(神戸)に移籍。同年、日本船舶(株)(東京)に売却
1952.5(昭27)ボイラを油焚に換装
1955(昭30)丸之内海運(東京)に売却
1956(昭31)三晃海運(株)(神戸)に売却
1959(昭34)神原治(大阪)に売却、第十三天社丸 Tensha Maru No.13 と改名
1963.9.12(昭38)解体

SNo.4137 快長丸 KAICHO MARU (1945)
54545/JNID 貨物船 873G/T 進水 1945.1(昭20) 竣工 1945.3.10(昭20)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4137 2EH型 中央汽船運航株式会社
快長丸 KAICHO MARU 戦没記録なし、詳細不明
1946(昭21)昭和23年12月までの間に船籍抹消

武光丸 BUKO MARU (1945)
54548/JNMD 貨物船 870G/T 起工 1945(昭20) 進水 1945.3(昭20) 竣工 1945.3.24(昭20)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 2EH型 三光汽船株式会社(大阪)
武光丸 BUKO MARU
1953.3(昭28)Villanuewa Steam Shipping Co. Ltd.,Phillipineに売却

SNo.4142 快豊丸 KAIHO MARU (1945)
貨物船 886G/T 起工 1945(昭20) 進水 1945.3(昭20) 竣工 1945.3.24(昭20)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4142 2EH型 中央汽船運航株式会社(大阪)
快豊丸 KAIHO MARU 主機不明
1945.8.13(昭20)石川県の三国沖(36.17N,136.09E)で雷撃により沈没(触雷の記録あり)

SNo.4151 三島丸 MISHIMA MARU (1945)
貨物船 870G/T 起工 1945(昭20) 進水 1945.6(昭20) 竣工 1945.7.2(昭20)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4151 2EH型 岡田商船株式会社(東京)
三島丸 MISHIMA MARU
1945.7.26(昭20)筑前大島沖(33.54N,130.17E)で空爆により沈没

SNo.4152 鹿島丸 KASHIMA MARU (1945)
54732/JJVJ 貨物船 870G/T 起工 1945(昭20) 進水 1945.6(昭20) 竣工 1945.7.19(昭20)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4152 2EH型 岡田商船株式会社(東京)
鹿島丸 KASHIMA MARU SCAJAP No.K030
1953.10.20(昭28)第9次前期新造船見返り船として解体

SNo.4154 第三立春丸 (1) RISSHUN MARU No.3 (1945)
55702/JKLJ 貨物船 886G/T 1,567D/W 起工 1945(昭20) 進水 1945.6(昭20) 竣工 1945.11.28(昭20)
Lpp 60.44(445'-0") B 9.50(49'-2") D 5.45(33'-6") m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.4154 2EH型 日下部汽船株式会社(神戸)
第三立春丸 RISSHUN MARU No.3 SCAJAP No.R010
1954(昭29)第9次前期新造船見返り船として解体

SNo.5157 白光丸 HAKKO MARU (1948)
55721/JKZJ 貨物船 895G/T 1,550D/W 進水 1946.1(昭21) 竣工 1948.2.26(昭23)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.5157 2EH型 三光汽船株式会社(大阪)
白光丸 HAKKO MARU
1956(昭31)新洋運輸(株)(呉)に売却、第二高須丸 TAKASU MARU No.2 と改名
1956.4(昭31)主機をD 650BHPに換装
1961(昭36)日本近海汽船(東京)に売却
1963.6(昭38)解体

SNo.5158 永光丸 EIKO MARU (1948)
55722/JLCJ 貨物船 870G/T 進水 1948(昭23) 竣工 1948.3.10(昭23)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 Sno.5158 2EH型 桝屋海運株式会社(尼崎)
永光丸 EIKO MARU
1954(昭29)船名録より削除

清澄丸 KIYOZUMI MARU (1949)
65721/JFDN 貨物船 696G/T 1,010D/W 起工 1949.6(昭24) 進水 1949.10(昭24) 竣工 1949.11(昭24)
Lpp 57.00 B 9.30 D 4.60 m 主機 R 3連成 川南香焼島 650IHP 8.5/9.5kt
川南工業株式会社深堀工場(長崎)建造 大同汽船株式会社(名古屋)
清澄丸 KIYOZUMI MARU 4次KF

ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.10