船歴 本邦建造船73 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

株式会社土佐造船鉄工所

利礼丸 RIREI MARU (1960)
貨客船 64G/T 69D/W 起工 1960.8.18(昭35) 進水 1960.11.23(昭35) 竣工 1960.12.10(昭35)
Lpp 27.00 B 3.70 D 2.60 m 主機 D 320BHP 1基 10.5/11.3kt
株式会社土佐造船鉄工所(高知)建造 国内旅客船公団
利礼丸 RIREI MARU 乗組員12 旅客2等20 3等53

第一伊江丸 IE MARU No.1 (1961)
貨物船 119G/T 67D/W 起工 1960.9.7(昭35) 進水 1961.1.18(昭36) 竣工 1961.2.17(昭36)
Lpp 29.00 B 5.60 D 2.50 m 主機 D 430BHP 1基 11.4/12.03kt
株式会社土佐造船鉄工所(高知)建造 沖縄伊江村
第一伊江丸 IE MARU No.1 乗組員7名 旅客51名

まなづる MANAZURU (1961)
88089/7JYM 旅客船 190G/T 起工 1960.11.9(昭35) 進水 1961.3.20(昭36) 竣工 1961.4.6(昭36)
Lpp 29.50 B 6.20 D 2.80 m 主機 D 日本発動機 S6NV 450PS 1基 11.76/12kt
株式会社土佐造船鉄工所(高知)建造 しらさぎ型 国内旅客船公団(東京)
まなづる MANAZURU 乗組員11 旅客376
1961.4.6(昭36)坊予汽船(株)(柳井)と共有

三島丸 MISHIMA MARU (1963)
貨物船 210G/T 254D/W 起工 1963.5(昭38) 進水 1963.7(昭38) 竣工 1963.7(昭38)
Lpp 32.56 B 6.40 D 3.20 m 主機 D 松井鉄工所 360PS 1基 9.5/11.1kt
株式会社土佐造船鉄工所(高知)建造 三島海運株式会社(那覇)
三島丸 MISHIMA MARU

合資会社中村鉄工所

島根丸 SHIMANE MARU (1961)
106G/T 起工 1960.10.12(昭35) 進水 1961.1.28(昭36) 竣工 1961.3.15(昭36)
Lpp 25.00 B 5.60 D 2.60 m 主機 D 320BHP 1基 9.572/10kt
合資会社中村鉄工所(松江)建造 島根県
島根丸 SHIMANE MARU 乗組員30

わかば WAKABA (1961)
旅客船 113G/T 起工 1961.2.3(昭36) 進水 1961.6.19(昭36) 竣工 1961.7.10(昭36)
Lpp 26.00 B 5.30 D 2.20 m
合資会社中村鉄工所(松江)建造 江能汽船株式会社
わかば WAKABA 乗組員5 旅客312(航走時間1時間30分未満)

株式会社中村造船鉄工所

正英丸 SHOEI MARU (1949)
62876/JLDM 貨物船 681G/T 908D/W 起工 1948.6.20(昭23) 進水 1948.11.2(昭23) 竣工 1949.1.30(昭24)
Lpp 58.55 B 8.70 D 4.30 m 主機 R 3連成 中村造船鉄工 500IHP 1基 9/10kt
株式会社中村造船鉄工所(松江)建造 正福汽船株式会社(東京)
正英丸 SHOEI MARU 2次
1949.1.30(昭24)船舶公団(東京)と共有
1953.3(昭28)主機をD 新潟550BHPに換装

興福丸 KOFUKU MARU (1949)
65116/JJBL 貨物船 561G/T 691D/W 起工 1949.8(昭24) 進水 1949.10(昭24) 竣工 1949.10(昭24)
Lpp 53.26 B 8.00 D 4.10 m 1基
株式会社中村造船鉄工所(松江)建造 正福汽船株式会社(東京)
興福丸 KOFUKU MARU
1955.12(昭30)改造、主機をD 伊藤鉄工所M376 650BHPに換装

見島丸 MISHIMA MARU (1959)
83626/JEXG 旅客船 100G/T 35D/W 起工 1959.4(昭34) 進水 1959.9(昭34) 竣工 1959.9(昭34)
Lpp 25.00 B 5.80 D 2.30 m 主機 D 中村造船鉄工所 320BHP 1基 10.5/11.5kt
株式会社中村造船鉄工所(松江)建造 萩海運有限会社(萩)
見島丸 MISHIMA MARU 船客 50

SNo.218 第五いくひ IKUHI No.5 (1965)
フェリー 195G/T 96D/W 起工 1965.3.30(昭40) 進水 1965.8.3(昭40) 竣工 1965.8.11(昭40)
Lpp 30.15 B 7.00 D 2.70 m 主機 D 新潟鉄工 6MG-25HSF 450/495PS 10.6/10.88kt
株式会社中村造船鉄工所(松江)建造 Sno.218 江能汽船株式会社(広島)
第五いくひ IKUHI No.5 船客 400

ときわ TOKIWA (1965)
フェリー 139G/T 56D/W 起工 1965.5.20(昭40) 進水 1965.9.23(昭40) 竣工 1965.9.30(昭40)
Lpp 24.00 B 7.00 D 2.70 m 主機 D 新潟鉄工 6MG16 200/220BHP 1基 9.144/9.355kt
株式会社中村造船鉄工所(松江)建造 芸備商船株式会社(広島)
ときわ TOKIWA

SNo.250 まるがめ丸 (2) MARUGAME MARU (1968)
104545/JI2370 フェリー 366G/T 起工 1968.4.24(昭43) 進水 1968.9.18(昭43) 竣工 1968.10.20(昭43)
Lpp 35.00 B 10.40 D 3.40 m 主機 D 450BHP 2基 11.2/11.7kt
株式会社中村造船鉄工所(松江)建造 Sno.250 関西汽船株式会社(大阪)
まるがめ丸 MARUGAME MARU 船客 400 バ)6
1975.4.1(昭50)航路権と共に小豆島急行フェリー(株)(高松)に売却
1976(昭51)社名変更に伴い関西急行フェリー(高松)に移籍
1978(昭53)さちしおと改名
1982(昭57)Leprado Valere S.a.r.l.,Papeete,French Polynesia に売却、TAMARII MOOREA Uと改名
1988(昭63)解体

石崎汽船株式会社

第二天昭丸 TENSHO MARU No.2 (1936)
41386/JVBK 木造貨物船 110G/T 起工 1935(昭10) 進水 1936.2.9(昭11) 竣工 1936.3(昭11)
Lpp 26.20 B 6.70 D 2.60 m 主機 D 59BHP 5.5kt
石崎汽船株式会社(松山)建造 石崎汽船株式会社(松山)
第二天昭丸 TENSHO MARU No.2

四国ドック株式会社

SNo.403 親和丸 SHINWA MARU (1957)
79091/JDYY 貨物船 945G/T 1,467D/W 起工 1956.12(昭31) 進水 1957.4(昭32) 竣工 1957.6(昭32)
Lpp 60.00 B 907.00 D 5.50 m 主機 D 日本発動機 S6NV38 950PS 1基 10.2/11.5kt
四国ドック株式会社(香川)建造 Sno.403 日南汽船株式会社(東京)
親和丸 SHINWA MARU

SNo.403 辰国丸 TATSU KUNI MARU (1957)

辰国丸
辰国丸 Tatsu Kuni Maru
79091/JDYY 貨物船 945G/T 1,467D/W 起工 1956.12(昭31) 進水 1957.4(昭32) 竣工 1957.6.25(昭32)
Lpp 60.00 B 907.00 D 5.50 m 主機 D 日本発動機 S6NV38 950PS 1基 10.2/12.905kt
四国ドック株式会社(香川)建造 Sno.403 日南汽船株式会社(東京)
辰国丸 TATSU KUNI MARU
1960(昭35)日東近海(株)(東京)に売却、栄幸丸 EIKO MARU と改名
1964.4(昭39)(株)ジャパン近海(東京)に移籍

第十二天社丸 TENSHA MARU No.12 (1959)
82721/JERG 貨物船 2,207G/T 3,497D/W 起工 1959.2(昭34) 進水 1959.6(昭34) 竣工 1959.8(昭34)
Lpp 85.00 B 13.10 D 6.60 m 主機 D 伊藤鉄工 M466HS 1,800PS 1基 12/12.5kt
四国ドック株式会社(香川)建造 神原汽船株式会社(沼隈)
第十二天社丸 TENSHA MARU No.12 14次

第三家島丸 IEIJMA MARU No.3 (1961)
旅客船 183G/T 起工 1960.11.12(昭35) 進水 1961.3.15(昭36) 竣工 1961.4.20(昭36)
Lpp 29.90 B 6.00 D 2.65 m 主機 D 510/600BHP 1基 12/12.55kt
四国ドック株式会社(香川)建造 家島汽船株式会社
第三家島丸 IEIJMA MARU No.3 乗組員7 旅客310

こうらく丸 (1) KORAKU MARU (1962)
89337/8JJO フェリー 649G/T 167D/W 起工 1961.9(昭36) 進水 1962.3(昭37) 竣工 1962.4(昭37)
Lpp 44.00 B 11.00 D 3.80 m 主機 Z6VS 650PS 2基 12.5/14kt
四国ドック株式会社(香川)建造 宇高国道フェリー株式会社(高松)
こうらく丸 KORAKU MARU 旅客 530

ろっこう PS35 (1) ROKKO (1964)
巡視艇 130G/T 竣工 1964.1(昭39)
Loa 33.80 B 6.30 D 3.30 m 主機 D 700BHP 1基 12.9/13.7kt
四国ドック株式会社(香川)建造 ひだか PS32型 運輸省海上保安庁(東京)
ろっこう PS35 ROKKO

SNo.725 晴河丸 HARUKAWA MARU (1968)

晴河丸
晴河丸 Harukawa Maru
101070/JECI 木材運搬船 3,812G/T 6,195D/W
起工 1967.8.26(昭42) 進水 1967.12.9(昭42) 竣工 1968.2.12(昭43)
Lpp 101.50 B 16.00 D 8.10 m 主機 D 神戸発動機 6UET45/75C 3,800PS 1基 13.1/15.6kt
四国ドック株式会社(香川)建造 Sno.725 新和海運株式会社(東京)
晴河丸 HARUKAWA MARU
1968.2.12(昭43)晴海船舶(株)(東京)と共有
1973(昭48)大王汽船(株)(神戸)と共有
1975.4.30(昭50)Luna Steamship S.A.(Somali Republic)に売却、WHITE LUNAと改名
1976(昭51)Luna Steamship S.A.(神戸)に移籍、PAKARTI DUAと改名
1982(昭57)P.T.Perusahaan Pelayaran Samudra PAKARTI TATA(Jakarta)に売却
1983(昭58)Oriental Express Marine Co.S.A.(Panama)に売却、TROPICAL QUEENと改名
1985(昭60)TAMARAW HOPEと改名
1995Lloyd's Register 1995-1996年版に掲載

SNo.750 とさ TOSA (1971)
111296/JL3147 3,350G/T 起工 1971.5.17(昭46) 進水 1971.6.26(昭46) 竣工 1971.9.2(昭46)
Lpp 96.00 B 20.00 D 6.35 m 主機 D 7,600BHP 2基 18.3/20kt
四国ドック株式会社(香川)建造 Sno.750 土佐特急フェリー株式会社(高知)
とさ TOSA 船客 特等 14 1等 40 特2等 56 2等 399 ト)59 普)41
1971(昭46)大阪/高知航路に就航
1972(昭47)大阪高知フェリー(大阪)との合併に伴ない、大阪高知特急フェリー(高知)と社名変更、移籍
1973.8.10(昭48)関西汽船(株)(大阪)に売却
1973.8.21(昭48)はやとも丸(2)と改名、松山/小倉航路に就航
1987.9(昭62)フェリーはやとも2 Ferry Hayatomo 2の就航に伴ない繋船
1987.12.26(昭62)Lotus Investment Inc.,Liberia に売却、MASBATE 1と改名

SNo.751 おとわ丸 (2) OTOWA MARU (1971)
111708/JI2668 フェリー 2,945G/T
起工 1971.6.29(昭46) 進水 1971.8.31(昭46) 竣工 1971.10.19(昭46)
Lpp 94.00 B 19.20 D 6.30 m 主機 D 4,000BHP 2基 18.5/20.5kt
四国ドック株式会社(香川)建造 Sno.751 関西汽船株式会社(大阪)
おとわ丸 OTOWA MARU 船客 1等 70 2等 580
1971.10(昭46)阪神/徳島航路に就航
1988(昭63)在籍

SNo.756 しづき丸 SHIZUKI MARU (1972)

しづき丸
えっさ丸 Ethusa Maru

1985.8.26 小木港
111789/JI2685 フェリー 1,720G/T 300D/W
起工 1971.12.1(昭46) 進水 1972.2.4(昭47) 竣工 1972.3.27(昭47)
Lpp 78.34 B 15.40 D 10.20 m 主機 D ダイハツ 6DSM-2626M 1,200PS 4基 2軸 16.5/18.1kt
四国ドック株式会社(香川)建造 Sno.756 関西汽船株式会社(大阪)
しづき丸 SHIZUKI MARU 船客 730 バ 14
1972.4(昭47)処女航海、泉大津/志筑航路に就航
1976.3.11(昭51)航路廃止
1976.3.12(昭51)佐渡汽船(株)(両津)に売却、えっさ丸 Ethusa Maruと改名。改造、2,085 G/T 、直江津/小木航路に就航
1988.4.26(昭63)最終航海
1988(昭63)Rio Grande Shipping Overseas Corp. S.A.,Panamaに売却、OUR LADY OF CARMELと改名

SNo.757 第一おりいぶ丸 OLIVE MARU No.1 (1972)

第一おりいぶ丸
第一おりいぶ丸 Olive Maru No.1

1981.9.10 土庄港
113370/JL3949 フェリー 677G/T 219D/W
起工 1972.6.17(昭47) 進水 1972.8.10(昭47) 竣工 1972.9.28(昭47)
Lpp 47.00 B 11.00 D 3.80 m 主機 D ダイハツ 1,100PS 2基 13.5/14.75kt
四国ドック株式会社(香川)建造 Sno.757 小豆島急行フェリー株式会社(高松)
第一おりいぶ丸 OLIVE MARU No.1 バ)8 または普)45 船客 485

くろべ PM88 (1) KUROBE (1977)
巡視船 499G/T 竣工 1977.2(昭52)
Lpp 60.00 B 7.80 D 4.30 m 主機 D 1,500BHP 2基 17/18kt
四国ドック株式会社(香川)建造 びほろ PM73型 運輸省海上保安庁(東京)
くろべ PM88 KUROBE

かつら PM92 (1) KATSURA (1978)
巡視船 499G/T 竣工 1978.2(昭53)
Lpp 60.00 B 7.80 D 4.30 m 主機 D 1,500BHP 2基 17/18kt
四国ドック株式会社(香川)建造 びほろ PM73型 運輸省海上保安庁(東京)
かつら PM92 KATSURA

りしり PL106 RISHIRI (1979)
121934/JRFE 巡視船 961G/T 起工 1978.8(昭53) 進水 1979.3(昭54) 竣工 1979.9(昭54)
Lpp 73.00 B 9.60 D 5.31 m 主機 D 新潟鉄工 7,000BHP 2基 19.6/20.28kt
四国ドック株式会社(香川)建造 しれとこ PL101型 運輸省海上保安庁(東京)
りしり PL106 RISHIRI 1000トン型 武器:40mm機関砲x1,20mm機銃x1

ましゅう PL128 MASHU (1982)

ましゅう PL128
ましゅう PL128 Mashu
125955/9KOL 巡視船 964G/T 起工 1980.11(昭55) 進水 1981.10(昭56) 竣工 1982.3.12(昭57)
Lpp 72.98 B 9.60 D 5.30 m 主機 D 富士ディーゼル 7,000BHP 2基 19.14/20.19kt
四国ドック株式会社(香川)建造 しれとこ PL101型 運輸省海上保安庁(東京)
ましゅう PL128 MASHU 1000トン型 武器:40mm機関砲x1,20mm機銃x1

幸陽船渠株式会社

山辰丸 YAMATATSU MARU (1961)

山辰丸
山辰丸 Yamatatsu Maru

1977.10.16 久里浜港
86716/JJJW 貨物船 999G/T 起工 1961.2(昭36) 進水 1961.3(昭36) 竣工 1961.4(昭36)
Lpp 62.00 B 10.60 D 5.40 m 主機 D 日本発動機 S6NV38 1,150BHP 1基 11.5/13.7kt
幸陽船渠株式会社(広島)建造 大幸船渠株式会社(大阪)
山辰丸 YAMATATSU MARU
1974(昭49)竹林汽船(和歌山)の所有
1979(昭54)(株)新興海運(川崎)の所有。係船中

せい丸 SEI MARU (1961)
旅客船 151G/T 43D/W 起工 1961.6.27(昭36) 進水 1961.10.7(昭36) 竣工 1961.12.5(昭36)
Lpp 29.50 B 6.20 D 2.55 m 主機 D 389/450BHP 1基 11.9/12.46kt
幸陽船渠株式会社(広島)建造 野母商船株式会社
せい丸 SEI MARU 乗組員5 旅客1.5時間未満 335名 1.5〜6時間 212名 同型つや丸(起工、進水、竣工同時)

伊豆丸 IZU MARU (1964)
V.S.P.
曳船 178G/T 進水 1964(昭39) 竣工 1964.5(昭39)
2,200HP
幸陽船渠株式会社(広島)建造 株式会社日本海洋社(広島)
伊豆丸 IZU MARU
1964.5(昭39)昭和郵船(株)(東京)と共有
1965.1(昭40)榛名丸 HARUNA MARU と改名
1968.9(昭43)日本海洋社の持分の1割を海洋興業へ売却

SNo.606 昭博丸 SHOHAKU MARU (1971)
110400/JKEI 貨物船 11,209G/T 起工 1971.3.24(昭46) 進水 1971.5.24(昭46) 竣工 1971.9.3(昭46)
Lpp 143.00 B 22.70 D 12.75 m 主機 D 15.3/18.35kt
幸陽船渠株式会社(広島)建造 Sno.606 株式会社丸二商会(東京)
昭博丸 SHOHAKU MARU
1971.9.3(昭46)日之出汽船(株)(東京)と共有
1981.3.13(昭56)Dong Ho Shipping Co.Ltd.,South Koreaに売却、KOREAN CASTLEと改名
1990Lloyd's Register 1990-1991年版に掲載

SNo.603 フェリーなにわ FERRY NANIWA (1971)

フェリーなにわ
フェリーなにわ Ferry Naniwa

1978.3.16 高知港
111732/JRWM フェリー 4,729G/T 1,269D/W 起工 1971.6(昭46) 進水 1971.8(昭46) 竣工 1971.12(昭46)
Lpp 112.00 B 20.40 D 6.80 m 主機 D 新潟鉄工 6MMG31EZ 8,000PS 17.28/19.27kt
幸陽船渠株式会社(広島)建造 Sno.603 土佐特急フェリー株式会社(高知)
フェリーなにわ FERRY NANIWA ト)60 普)80 船客 特別 4 1等 68 2等 200/442/106
1972(昭47)合併に伴い大阪高知特急フェリー(高知)に移籍

SNo.615 津龍丸 SHINRYU MARU (1972)
112744/JDBU 撒積貨物船 13,685G/T 22,457D/W
起工 1971.9(昭46) 進水 1971.11(昭46) 竣工 1972.3(昭47)
Lpp 155.00 B 23.80 D 12.80 m 主機 D IHI Sulzer 6RD68 9,900PS 1基 14.3/16.74kt
幸陽船渠株式会社(広島)建造 Sno.615 太平洋汽船株式会社(東京)
津龍丸 SHINRYU MARU
1983(昭58)Erkani Shipping Inc.,Greeceに売却、BARBANICOSと改名

SNo.650 フェリーとね FERRY TONE (1973)

フェリーとね
フェリーとね Ferry Tone
小倉/東京航路
114969/JM3676 フェリー 8,190G/T 3,494D/W
起工 1972.12.6(昭47) 進水 1973.2.3(昭48) 竣工 1973.6.10(昭48)
Lpp 151.00 B 26.40 D 8.80 m 主機 D IHI-S.E.M.T. W18PC2V 8,100/9,000PS 2基 21/22.827kt
幸陽船渠株式会社(広島)建造 Sno.650 東九フェリー株式会社(北九州)
フェリーとね FERRY TONE 船客 特別 4 1等48 特2等56 2等390 ト100 普104

SNo.651 フェリーてんりゅう FERRY TENRYU (1973)

フェリーてんりゅう
フェリーてんりゅう Ferry Tenryu

1974.8.23 東京フェリーターミナル
115030/JRPO フェリー 8,224G/T 3,542D/W 起工 1973.2(昭48) 進水 1973.4(昭48) 竣工 1973.8(昭48)
Lpp 151.00 B 21.60 D 8.80 m 主機 D 石川島播磨 W18PC2V 9,000PS 2基 21/22.5kt
幸陽船渠株式会社(広島)建造 Sno.651 東九フェリー株式会社(北九州)
フェリーてんりゅう FERRY TENRYU 船客 596 ト 100 普 104
1973.12.23(昭48)東京/小倉航路に就航
1975.10(昭50)新日本海フェリー(株)(大阪)に売却、フェリーしらゆり FERRY SHIRAYURI と改名

SNo.867 おおすみ OSUMI (1980)
フェリー 9,236G/T 2,992D/W 起工 1979.8.1(昭54) 進水 1979.9.14(昭54) 竣工 1980.2.18(昭55)
Lpp 148.00 B 21.50 D 8.80 m 主機 D 三菱M.A.N. 18V52/55 13,500/18,000PS 2基 23.3/27.282kt
幸陽船渠株式会社(広島)建造 Sno.867 日本カー・フェリー株式会社(東京)
おおすみ OSUMI 船客 1等)165 2等)366

SNo.863 くにさき PL120 KUNISAKI (1980)
123634/JLBI 巡視船 960G/T 起工 1979.3.8(昭54) 進水 1979.10.8(昭54) 竣工 1980.2.29(昭55)
Lpp 70.20 B 9.60 D 5.30 m 主機 D 新潟鉄工 8MA40X 3,000/3,500PS 2基 19.6/20.2kt
幸陽船渠株式会社(広島)建造 Sno.863 しれとこ PL101型 運輸省海上保安庁(東京)
くにさき PL120 KUNISAKI 1000トン型 武器:40mm機関砲x1,20mm機銃x1

SNo.1016 宮島丸 MIYAJIMA MARU (1982)
126053/7JRK 鉱石/撒積兼用船 33,985G/T 60,793D/W
起工 1981.11.2(昭56) 進水 1982.1.20(昭57) 竣工 1982.3.30(昭57)
Lpp 213.12 B 32.20 D 17.90 m 主機 D 三井B&W 7L67GFCA 13,100PS 1基 14.7/16.17kt
幸陽船渠株式会社(広島)建造 Sno.1016 日本郵船株式会社(東京)
宮島丸 MIYAJIMA MARU
1985(昭60)Poseidon Marine Transport Pte. Ltd., Singaporeに売却、 POSEIDON BREEZEと改名
1993(平5)Titian Pelangi Sendirian Berhad, Malaysiaに売却、TITIAN JAYAと改名
1996(平8)Guangdong Holdings Ltd., Panamaに売却、ISLA DE CEDROSと改名
2000(平12)Cedros Navegacion S. A., Panamaに売却
2003(平15)Lares Shipping Ltd., Hong Kongに売却
2014.10.30(平26)解体のためLeela Ship Recycling Pvt. Ltd., Indiaに売却、Alangに到着

第二天昭丸 TENSHO MARU No.2 (1936)
41386/JVBK 木造貨物船 110G/T 起工 1935(昭10) 進水 1936.2.9(昭11) 竣工 1936.3(昭11)
Lpp 26.20 B 6.70 D 2.60 m 主機 D 59BHP 5.5kt
石崎汽船株式会社(松山)建造 石崎汽船株式会社(松山)
第二天昭丸 TENSHO MARU No.2

ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.10