船歴 本邦建造船74 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

三菱重工業株式会社若松造船所(若松)

改E型船の建造隻数は昭和18年(21隻)、19年(94隻)、20年8月15日迄(21隻)、以降閉鎖迄(9隻)の合計145隻。

SNo.1 睦月丸 MUTSUKI MARU (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44(445'-0") B 9.50(49'-2") D 5.45(33'-6") m 主機 H 池貝鐵工所 153HP 1基 6.5/8.6kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.1 2EH(睦月丸)型 日本製鐵株式会社
睦月丸 MUTSUKI MARU

SNo.2 如月丸 KISARAGI MARU (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 新潟鉄工 369HP 1基 6.9/9kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.2 2EH型 日本製鐵株式会社
如月丸 KISARAGI MARU

SNo.3 彌生丸 YAYOI MARU (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.3 2EH型 日本製鐵株式会社
彌生丸 YAYOI MARU

SNo.4 鴎丸 KAMOME MARU (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 神戸発動機 382HP 1基 7.2/9kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.4 2EH型 日本製鐵株式会社
鴎丸 KAMOME MARU

SNo.5 卯月丸 UTSUKI MARU (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.5 2EH型 日本製鐵株式会社
卯月丸 UTSUKI MARU

SNo.6 夕月丸 YUZUKI MARU (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.6 2EH型 日本製鐵株式会社
夕月丸 YUZUKI MARU

SNo.7 第四星丸 HOSHI MARU No.4 (1943)
49090/JEZR 貨物船 870G/T 起工 1943(昭18) 進水 1943.9.8(昭18) 竣工 1943.9(昭18)
Lpp 60.44(445'-0") B 9.50(49'-2") D 5.45(33'-6") m 主機 H 焼玉 418HP 1基 7.58/9kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.7 2EH(睦月丸)型 日本製鐵株式会社(東京)
第四星丸 HOSHI MARU No.4
1943(昭18)鳳丸 Ootori Maru と改名
1950.4.1(昭25)日鐵汽船(株)(東京)の設立に伴い移籍
1950.10(昭25)低性能船舶買入法により政府に売却、解体

SNo.8 駒鳥丸 KOMADORI MARU (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.8 2EH型 日本製鐵株式会社
駒鳥丸 KOMADORI MARU

SNo.9 真鶴丸 MANAZURU MARU (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.9 2EH型 日本製鐵株式会社
真鶴丸 MANAZURU MARU

SNo.10 初雁丸 HATSUKARI MARU (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.10 2EH型 日本製鐵株式会社
初雁丸 HATSUKARI MARU

SNo.11 霜月丸 SHIMOTSUKI MARU (1944)
50117 貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.11 2EH型 日本製鐵株式会社
霜月丸 SHIMOTSUKI MARU

SNo.12 第六月丸 TSUKI MARU No.6 (1943)
50119/JRGS 貨物船 870G/T 起工 1943(昭18) 進水 1943.10.28(昭18) 竣工 1943.10(昭18)
Lpp 60.44(445'-0") B 9.50(49'-2") D 5.45(33'-6") m 主機 H 焼玉 350BHP 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.12 2EH(睦月丸)型 日本製鐵株式会社(東京)
第六月丸 TSUKI MARU No.6
1943(昭18)水無月丸 MINAZUKI MARU と改名
1950.4.1(昭25)日鐵汽船(株)(東京)の設立に伴い移籍
1950.10(昭25)低性能船舶買入法により政府に売却、解体

SNo.13 長月丸 NAGAZUKI MARU (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.13 2EH型 日本製鐵株式会社
長月丸 NAGAZUKI MARU

SNo.14 第八月丸 TSUKI MARU No.8 (1943)
50121/JRIS 貨物船 870G/T 起工 1943(昭18) 進水 1943.11.11(昭18) 竣工 1943.11(昭18)
Lpp 60.44(445'-0") B 9.50(49'-2") D 5.45(33'-6") m 主機 H 焼玉 340BHP 1基 7/9kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.14 2EH(睦月丸)型 日本製鐵株式会社(東京)
第八月丸 TSUKI MARU No.8
1943(昭18)葉月丸 HATSUKI MARU と改名
1950.4.1(昭25)日鐵汽船(株)(東京)の設立に伴い移籍
1950.10(昭25)低性能船舶買入法により政府に売却、解体

SNo.15 第九月丸 TSUKI MARU No.9 (1943)
50122/JRJS 貨物船 870G/T 起工 1943(昭18) 進水 1943.11.19(昭18) 竣工 1943.11.30(昭18)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 D 355BHP 1基 7/9kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.15 2EH(睦月丸)型 日本製鐵株式会社(東京)
第九月丸 TSUKI MARU No.9 SCAJAP No.K047
1943(昭18)菊月丸 KIKUZUKI MARU と改名
1950.4.1(昭25)日鐵汽船(株)(東京)の設立に伴い移籍
1950.10(昭25)玉井商船(株)(石川・橋立)に移籍
1952.2(昭27)藤田興業(東京)に売却
1955(昭30)大東商船(株)(東京)に売却
1956.8.20(昭31)沈没

SNo.16 望月丸 MOCHIZUKI MARU (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.16 2EH型 日本製鐵株式会社
望月丸 MOCHIZUKI MARU

SNo.17 加茂川丸 (2) KAMOGAWA MARU (1943)
51171/JIGT 貨物船 870G/T 進水 1943.12.2(昭18) 竣工 1943.12.13(昭18)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 425HP 1基 7/9.5kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.17 2EH型 大阪商船株式会社(大阪)
加茂川丸 KAMOGAWA MARU
1950.12.5(昭25)低性能船買入法に基づいて運輸省に売却、後に解体

SNo.18 瀬田川丸 SETAGAWA MARU (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 425HP 1基 7/9.5kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.18 2EH型 大阪商船株式会社(大阪)
瀬田川丸 SETAGAWA MARU
1945.7.14(昭20)朝鮮の西岸(34.35N,129.00E)で空爆により沈没

SNo.19 保津川丸 (2) HOZUGAWA MARU (1943)
貨物船 870G/T 進水 1943.12.15(昭18) 竣工 1943.12.25(昭18)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 425HP 1基 7/9.5kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.19 2EH型 大阪商船株式会社(大阪)
保津川丸 HOZUGAWA MARU
1945.8.12(昭20)朝鮮の東岸(35.00N,126.00E)で空爆により沈没

SNo.20 大和川丸 (2) YAMATOGAWA MARU (1943)
貨物船 870G/T 進水 1943.12.20(昭18) 竣工 1943.12.26(昭18)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 425HP 1基 7/9.5kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.20 2EH型 大阪商船株式会社(大阪)
大和川丸 YAMATOGAWA MARU
1945.5.5(昭20)朝鮮の木浦沖(34.45N,126.25E)で空爆により沈没

SNo.21 熊野川丸 KUMANOGAWA MARU (1943)
貨物船 870G/T 進水 1943.12.25(昭18) 竣工 1943.12.30(昭18)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 425HP 1基 7/9.5kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.21 2EH型 大阪商船株式会社(大阪)
熊野川丸 KUMANOGAWA MARU
1945.6.29(昭20)六連で触雷、沈没

SNo.22 伊吹丸 IBUKI MARU (1944)
50144/JIQT 貨物船 875G/T 起工 1943(昭18) 進水 1944.1.4(昭19) 竣工 1944.1.9(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 425HP 1基 7kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.22 2EH型 日本郵船株式会社(東京)
伊吹丸 IBUKI MARU SCAJAP No.I002
1951.3.3(昭26)鏑木汽船(株)(東京)に売却
1963.8.30(昭38)解体

SNo.23 伊香保丸 IKAHO MARU (1944)
50140/JRWS 貨物船 875G/T 起工 1943(昭18) 進水 1944.1.7(昭19) 竣工 1944.1.13(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 400HP 1基 7kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.23 2EH型 日本郵船株式会社(東京)
伊香保丸 IKAHO MARU
1945.2.10(昭20)青島から関門に向け航行中、朝鮮西岸巡威島の南で潮流に流され座礁、後に離礁したが浸水のため巡威島九突海岸に任意擱坐。同年4月7日浮揚、仁川港に曳航、4月19日到着したが9月25日に米軍に接収
1948(昭23)韓国政府に移籍、以後不詳

SNo.24 伊良湖丸 IRAKO MARU (1944)
50141/JRXS 貨物船 875G/T 起工 1943(昭18) 進水 1944.1.12(昭19) 竣工 1944.1.19(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 400HP 1基 7kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.24 2EH型 日本郵船株式会社(東京)
伊良湖丸 IRAKO MARU
1945.4.27(昭20)大船渡から大湊に向け航行中、濃霧のため岩手県大釜崎で座礁、沈没

SNo.25 伊勢崎丸 ISEZAKI MARU (1944)
50142 貨物船 875G/T 起工 1943(昭18) 進水 1944.1.15(昭19) 竣工 1944.1.21(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 425HP 1基 7kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.25 2EH型 日本郵船株式会社(東京)
伊勢崎丸 ISEZAKI MARU
1944.3.4(昭19)大連から大阪に向け航行中、朝鮮半島西岸長山串(38.8N,124.39E)で濃霧のため座礁、翌日沈没

SNo.26 伊丹丸 ITAMI MARU (1944)
50143/JRZS 貨物船 875G/T 起工 1943(昭18) 進水 1944.1.19(昭19) 竣工 1944.1.25(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 425HP 1基 7kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.26 2EH型 日本郵船株式会社(東京)
伊丹丸 ITAMI MARU
1944.2.26(昭19)下関から大阪に向け航行中、山口県本山岬の南西2.5浬(33.53N,131.00E)で日本郵船の高岡丸と衝突、沈没

SNo.27 第一山菱丸 YAMABISHI MARU No.1 (1944)
貨物船 875G/T 起工 1943(昭18) 進水 1944.1.24(昭19) 竣工 1944.1.29(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 380HP 1基 7/9kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.27 2EH型 山下汽船株式会社(神戸)
第一山菱丸 YAMABISHI MARU No.1
1945.10.5(昭20)香川県の坂出港から大阪に向け航行中、大阪港の北防波堤灯台257度3浬で触雷、擱座

SNo.28 第二山菱丸 YAMABISHI MARU No.2 (1944)
貨物船 875G/T 起工 1943(昭18) 進水 1944.1.27(昭19) 竣工 1944.2.2(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 380HP 1基 7/9kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.28 2EH型 山下汽船株式会社(神戸)
第二山菱丸 YAMABISHI MARU No.2
1944.3.20(昭19)瀬戸内海の小水無瀬水道で荒天のために大連汽船の大連丸Dairen Maruと衝突、沈没

SNo.29 第三山菱丸 YAMABISHI MARU No.3 (1944)
貨物船 875G/T 起工 1943(昭18) 進水 1944.1.30(昭19) 竣工 1944.2.6(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 380HP 1基 7/9kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.29 2EH型 山下汽船株式会社(神戸)
第三山菱丸 YAMABISHI MARU No.3
1944.8.24(昭19)朝鮮の外波水道(36.26N,126.12E)で荒天のため擱座(8月1日の記録もある)

SNo.30 第五山菱丸 YAMABISHI MARU No.5 (1944)
51183/JIUT 貨物船 875G/T 起工 1943(昭18) 進水 1944.2.2(昭19) 竣工 1944.2.8(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 380HP 1基 7/9kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.30 2EH型 山下汽船株式会社(神戸)
第五山菱丸 YAMABISHI MARU No.5 SCAJAP No.Y002
1949.6(昭24)係船
1950.11.15(昭25)低性能船舶買入法に基づいて海運局に売却、解体

SNo.31 第六山菱丸 YAMABISHI MARU NO.6 (1944)
51184/JIVT 貨物船 875G/T 進水 1944.2.5(昭19) 竣工 1944.2.12(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 370HP 1基 7/9kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.31 2EH型 山下汽船株式会社(神戸)
第六山菱丸 YAMABISHI MARU NO.6 SCAJAP No.Y003
1950.11.25(昭25)低性能船舶買入法に基づいて海運局に売却、解体

SNo.32 高野川丸 TAKANOGAWA MARU (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944.2.9(昭19) 竣工 1944.2.15(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 340HP 1基 7/9.5kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.32 2EH型 大阪商船株式会社(大阪)
高野川丸 TAKANOGAWA MARU
1944.12.13(昭19)朝鮮西岸の夢金浦沖(38.10N,124.45E)で荒天のため沈没

SNo.33 由良川丸 YURAGAWA MARU (1944)
貨物船 880G/T 進水 1944.2.13(昭19) 竣工 1944.2.18(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 D 340BHP 1基 7/9.5kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.33 2EH型 大阪商船株式会社(大阪)
由良川丸 YURAGAWA MARU
1945.8.17(昭20)舞鶴港外で触雷、沈没(敦賀港の説もある)

SNo.34 生駒川丸 IKOMAGAWA MARU (1944)
貨物船 880G/T 進水 1944.2.16(昭19) 竣工 1944.2.21(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 340HP 1基 7/9.5kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.34 2EH型 大阪商船株式会社(大阪)
生駒川丸 IKOMAGAWA MARU
1945.5.31(昭20)朝鮮の城津の南40Km(40.25N,129.10E)で座礁、沈没

SNo.35 揖保川丸 IBOGAWA MARU (1944)
51201/JJFU 880G/T 進水 1944.2.19(昭19) 竣工 1944.2.24(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 D 340BHP 1基 8/9kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.35 2EH型 大阪商船株式会社(大阪)
揖保川丸 IBOGAWA MARU
1945.4.28(昭20)壱岐で座礁、沈没

SNo.36 高瀬川丸 TAKASEGAWA MARU (1944)
貨物船 880G/T 進水 1944.2.22(昭19) 竣工 1944.3.2(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 340HP 1基 8/9kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.36 2EH型 大阪商船株式会社(大阪)
高瀬川丸 TAKASEGAWA MARU
1945.6.22(昭20)関門海峡の金之弦灯台480m沖で触雷、沈没

SNo.37 文月丸 FUMIZUKI MARU (1944)
貨物船 880G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.37 2EH型 日本製鐵株式会社
文月丸 FUMIZUKI MARU

SNo.38 第二鶴川丸 TSURUKAWA MARU No.2 (1944)
51214/JJRU 875G/T 進水 1944.2.28(昭19) 竣工 1944.3.16(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 D 370BHP 1基 7/9kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.38 2EH型 川崎汽船株式会社(東京)
第二鶴川丸 TSURUKAWA MARU No.2 SCAJAP No.T078
1950.11.8(昭25)低性能船舶買入法により政府に売却、解体

SNo.39 三輪山丸 MIWASAN MARU (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944.3.2(昭19) 竣工 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 320/400HP 1基 7/9kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.39 2EH型 三井船舶株式会社(東京)
三輪山丸 MIWASAN MARU
1950.11.21(昭25)低性能船買入法により解体のため売却

SNo.40 第七山菱丸 YAMABISHI MARU No.7 (1944)
貨物船 875G/T 進水 1944.3.9(昭19) 竣工 1944.4.4(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 380HP 1基 7/9kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.40 2EH型 山下汽船株式会社(神戸)
第七山菱丸 YAMABISHI MARU No.7
1945.8.9(昭20)釜山の東方43Km沖(35.09N,129.30E)で触雷、沈没(空爆の記録もある)

SNo.41 伊笠丸 IGASA MARU (1944)
51678/JVAU→JJEJ 貨物船 881G/T 進水 1944.3.14(昭19) 竣工 1944.3.26(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 大島製鋼 495HP 1基 8kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.41 2EH型 日本郵船株式会社(東京)
伊笠丸 IGASA MARU SCAJAP No.I005
1951.3.1(昭26)鏑木汽船(株)(東京)に売却
1953(昭28)丸榮汽船(株)(大阪)に売却
1962.7.26(昭37)唐津から油津に向け航行中、佐賀の関沖で座礁、沈没

SNo.42 辰萩丸 TATSUHAGI MARU (1944)
貨物船 880G/T 進水 1944(昭19)
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.42 2EH型 辰馬汽船株式会社
辰萩丸 TATSUHAGI MARU

SNo.43 新月丸 SHINGETSU MARU (1944)
貨物船 880G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.43 2EH型 日本製鐵株式会社
新月丸 SHINGETSU MARU

SNo.44 第二鷹川丸 TAKAKAWA MARU No.2 (1944)
貨物船 880G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 380HP 1基 7/9kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.44 2EH型 川崎汽船株式会社(神戸)
第二鷹川丸 TAKAKAWA MARU No.2
1944.9.30(昭19)朝鮮東岸の迎日湾入口で座礁、沈没

SNo.45 三吉山丸 MIYOSHISAN MARU (1944)
貨物船 904G/T 進水 1944.3.27(昭19) 竣工 1944.4(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 320/400HP 1基 7/9kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.45 2EH型 三井船舶株式会社(東京)
三吉山丸 MIYOSHISAN MARU
1949.12(昭24)戦渦不稼働登録抹消

SNo.46 第八山菱丸 YAMABISHI MARU No.8 (1944)
51687/JVJU 貨物船 875G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.4.1(昭19) 竣工 1944.5.29(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 380HP 1基 7/9kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.46 2EH型 山下汽船株式会社(神戸)
第八山菱丸 YAMABISHI MARU No.8 SCAJAP No.Y004
1945.10.20(昭20)秋田県の船川港で火災のため擱座
1947(昭22)解体のため売却

SNo.47 伊ノ岬丸 INOSAKI MARU (1945)
51688/JVKU→JIEB 貨物船 881G/T 起工 1926(大15) 進水 1944.4.5(昭19) 竣工 1945.4.20(昭20)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 400HP 1基 7/8.3kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.47 2EH型 日本郵船株式会社(東京)
伊ノ岬丸 INOSAKI MARU
1951.1.29(昭26)高知県須崎から大阪に向け航行中、室戸岬の近くで座礁、沈没

SNo.48 辰楠丸 TATSUKUSU MARU (1944)
貨物船 880G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.48 2EH型 辰馬汽船株式会社
辰楠丸 TATSUKUSU MARU

SNo.49 秋月丸 AKIZUKI MARU (1944)
51691/JVOC→JIZB 貨物船 880G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.4.11(昭19) 竣工 1944.4.27(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 D 新潟鉄工 495BHP 1基 7/9kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.49 2EH(睦月丸)型 日本製鐵株式会社(東京)
秋月丸 AKIZUKI MARU
1950.4.1(昭25)日鐵汽船(株)(東京)の設立に伴い移籍
1960(昭35)わかやま船舶(神戸)に売却
1961(昭36)野田海運(神戸)に売却
1963.10.31(昭38)解体

SNo.50 第二鴨川丸 KAMOKAWA MARU No.2 (1944)

第二鴨川丸
第二鴨川丸 Kamokawa Maru No.2
51692/JVPC→JETE 貨物船 923G/T 1,593D/W 進水 1944.4.13(昭19) 竣工 1944.4.27(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 380HP 1基 7.5/8kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.50 2EH型 川崎汽船株式会社(神戸)
第二鴨川丸 KAMOKAWA MARU No.2 SCAJAP No.K019
1950.4.10(昭25)釧路/京浜航路に就航
1950.10(昭25)尾道で主機をD 370 BHP 1基に換装
1954.11.19(昭29)佐藤国汽船(神戸)に売却
1961(昭36)解体

SNo.51 三倉山丸 MIKURASAN MARU (1944)
51693/JVQU→JKCB 貨物船 880G/T 1,522D/W
起工 1944(昭19) 進水 1944.4.16(昭19) 竣工 1944.5.14(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基 7/9kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.51 2EH型 三井船舶株式会社(東京)
三倉山丸 MIKURASAN MARU SCAJAP No.M023
1945.9.17(昭20)山口県仙崎で台風のため擱座
1945.12(昭20)主機をR に換装(九州造船若松工場製)
1946.5.1(昭21)救難完了
1949(昭24)船室改造工事
1951.6.10(昭26)協同海運(株)(東京)に売却
1953(昭28)合併に伴い富士汽船(株)(東京)に移籍。同年、第9次前期新造船の解体見合い船として解体

SNo.52 第十山菱丸 YAMABISHI MARU No.10 (1944)
51694/JVRU→JPGC 貨物船 880G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.4.20(昭19) 竣工 1944.5.23(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 380HP 1基 7/9kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.52 2EH型 山下汽船株式会社(神戸)
第十山菱丸 YAMABISHI MARU No.10 SCAJAP No.Y005
1948.7(昭23)主機をR 500 IHPに換装
1952.9.25(昭27)大韓文化宣伝社泰昌産業(韓国)に売却(売却先情報未確認)
1953(昭28)WHITE CRANEと改名
1954(昭29)Taichang Business Co. Ltd.Busanに売却、PAIK HAKと改名
1977(昭52)Lloyd's Register 1977-1978年版より削除

SNo.53 伊良部丸 IRABU MARU (1944)
51695/JVSU→JLVY 貨物船 880G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.4.22(昭19) 竣工 1944.5.20(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 380HP 1基 7/8kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.53 2EH型 日本郵船株式会社(東京)
伊良部丸 IRABU MARU
1952.12.27(昭27)大洋汽船(株)(東京)に売却されたが船名録から削除

SNo.54 辰樫丸 TATSUKASHI MARU (1944)
貨物船 880G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.54 2EH型 辰馬汽船株式会社
辰樫丸 TATSUKASHI MARU

SNo.55 山月丸 YAMATSUKI MARU (1944)
51697/JVUU→JKDB 貨物船 880G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.4.28(昭19) 竣工 1944(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 D 495BHP 1基 7/9kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.55 2EH(睦月丸)型 日本製鐵株式会社(東京)
山月丸 YAMATSUKI MARU
1950.4.1(昭25)日鐵汽船(株)(東京)の設立に伴い移籍
1950.10(昭25)低性能船舶買入法により政府に売却、解体

SNo.56 櫻丸 SAKURA MARU (1944)
64449/JPXN 貨物船 880G/T 進水 1944.5.5(昭19) 竣工 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 R 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.56 2EH型 日本製鐵株式会社
櫻丸 SAKURA MARU

SNo.57 第二鳩川丸 HATOKAWA MARU No.2 (1944)
貨物船 880G/T 進水 1944.5.8(昭19) 竣工 1944.5.27(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 380HP 1基 7/9kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.57 2EH型 川崎汽船株式会社(神戸)
第二鳩川丸 HATOKAWA MARU No.2
1944.12.6(昭19)壱岐の郷浦で濃霧のため座礁、沈没

SNo.58 三原山丸 MIHARASAN MARU (1944)
51699/JVWU→JLEB 貨物船 880G/T 進水 1944.5.11(昭19) 竣工 1944.6(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基 7/9kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.58 2EH型 三井船舶株式会社(東京)
三原山丸 MIHARASAN MARU
1951.7.20(昭26)金華汽船(株)(東京)に売却
1962(昭37)三昭海運(神戸)に売却
1964.2.18(昭39)解体

SNo.59 第十一山菱丸 YAMABISHI MARU No.11 (1944)
51700/JVXU→JHBE 貨物船 880G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.5.14(昭19) 竣工 1944.6.10(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 380HP 1基 7/9kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.59 2EH型 山下汽船株式会社(神戸)
第十一山菱丸 YAMABISHI MARU No.11 SCAJAP No.Y006
1948.12.27(昭23)尾道造船(尾道)で主機をR 500IHPに換装工事完了
1952.9.25(昭27)大韓文化宣伝社泰昌産業(韓国)に1400万円で売却
1953(昭28)WHITE SWALLOWと改名
1954(昭29)Taichang Business Co. Ltd.,Busanに売却、PAIK YENNと改名
1977(昭52)Lloyd's Register 1977-1978年版より削除

SNo.60 伊勢原丸 ISEHARA MARU (1944)
51701/JPIB 貨物船 880G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.5.16(昭19) 竣工 1944.6.6(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 430HP 1基 9kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.60 2EH型 日本郵船株式会社(東京)
伊勢原丸 ISEHARA MARU
1953.2.9(昭28)協成汽船(株)(神戸)に売却
1954(昭29)(株)柏商店(神戸)に売却
1957(昭32)東興海運(株)(神戸)に売却
1962(昭37)解体

SNo.61 辰桃丸 TATSUMOMO MARU (1944)
貨物船 880G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 R 3連成 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.61 2ERS型 辰馬汽船株式会社
辰桃丸 TATSUMOMO MARU

SNo.62 第二雁川丸 KARIKAWA MARU No.2 (1944)
貨物船 880G/T 進水 1944.5.24(昭19) 竣工 1944.6.29(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 R 3連成 380IHP 1基 7/9kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.62 2ERS型 川崎汽船株式会社(神戸)
第二雁川丸 KARIKAWA MARU No.2
1945.4.3(昭20)関門海峡の青浜海岸で触雷、沈没

SNo.63 三浦山丸 MIURASAN MARU (1944)
52162/JWJU 貨物船 884G/T 1,556D/W 進水 1944.5.28(昭19) 竣工 1944.6.30(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 R3連成 若松造船所 390IHP 1基 7.5/8.8kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.63 2EH型 三井船舶株式会社(東京)
三浦山丸 MIURASAN MARU SCAJAP No.M032
1945.7.5(昭20)朝鮮南岸で触雷、沈没

SNo.64 第十二山菱丸 YAMABISHI MARU No.12 (1944)

第十二山菱丸
第十二山菱丸 Yamabishi Maru No.12
52163/JWKU→JHLE 貨物船 884G/T 1,556D/W
起工 1944(昭19) 進水 1944.5.31(昭19) 竣工 1944.7.8(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 R 3連成 400IHP 1基 7/9kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.64 2EH型 山下汽船株式会社(神戸)
第十二山菱丸 YAMABISHI MARU No.12 SCAJAP No.Y007
1951.5.18(昭26)大島西岸で座礁、擱座

SNo.65 伊曾島丸 ISOSHIMA MARU (1944)
52164/JWLU 貨物船 884G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.6.2(昭19) 竣工 1944.7.14(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 500HP 1基 7.5kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.65 2EH型 日本郵船株式会社(東京)
伊曾島丸 ISOSHIMA MARU
1945.8.6(昭20)若松から大阪に向け航行中、関門海峡東口鳶ヶ巣山の西南西800m(33.58N,131.00E)で触雷により沈没

SNo.66 辰桑丸 TATSUKUWA MARU (1944)
貨物船 880G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.66 2EH型 辰馬汽船株式会社
辰桑丸 TATSUKUWA MARU

SNo.67 桃丸 MOMO MARU (1944)
貨物船 880G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.67 2EH型 日本製鐵株式会社
桃丸 MOMO MARU

SNo.68 第三鶴川丸 TSURUKAWA MARU No.3 (1944)
貨物船 880G/T 進水 1944.6.23(昭19) 竣工 1944.7.31(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 R 400IHP 1基 6.5/9kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.68 2EH型 川崎汽船株式会社(神戸)
第三鶴川丸 TSURUKAWA MARU No.3
1945.7.23(昭20)福岡県の若松灯台沖 3Kmで触雷、沈没

SNo.69 三島山丸 MISHIMASAN MARU (1944)
52159/JWGH→JHUC 貨物船 884G/T 1,556D/W 進水 1944.6.24(昭19) 竣工 1944.7.31(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 R3連成 川崎車輌 390IHP 1基 7.5/8.8kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.69 2EH型 三井船舶株式会社(東京)
三島山丸 MISHIMASAN MARU SCAJAP No.M027
1951.5.28(昭26)北海船舶(株)(東京)に売却
1952(昭27)新潟商船倉庫(株)(東京)に売却
1954(昭29)昭和29年版船名録より削除

SNo.70 第三鷹川丸 TAKAKAWA MARU No.3 (1944)
52160→62869/JWHU→JMTY 貨物船 884G/T 進水 1944.6.29(昭19) 竣工 1944.8.4(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 R 400IHP 1基 7.5/10kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.70 2EH型 川崎汽船株式会社(神戸)
第三鷹川丸 TAKAKAWA MARU No.3
1945.8.14(昭20)平戸島田の浦湾東側で空爆により沈没
1947.9.3(昭22)山領造船所(大阪)により浮揚に成功、修理の上再使用。船舶番号 62869、信号符字 JMTY
1949(昭24)山領汽船(東京)に売却
1953(昭28)乾汽船(株)(東京)に売却、第9次後期計画造船乾山丸の見返り船として解体

SNo.71 三峰山丸 (1) MITSUMINESAN MARU (1944)
52161/JWIU→JHWC 貨物船 884G/T 1,556D/W 進水 1944.6.30(昭19) 竣工 1944.8.9(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 R3連成 若松造船所 390IHP 1基 7.5/8.8kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.71 2EH型 三井船舶株式会社(東京)
三峰山丸 MITSUMINESAN MARU SCAJAP No.M031
1950.11.21(昭25)低性能船買入法により解体のため売却

SNo.72 智山丸 CHIZAN MARU (1944)
貨物船 880G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.72 2EH型 宮地汽船株式会社
智山丸 CHIZAN MARU

SNo.73 南嶺丸 NANREI MARU (1944)
53520/JWRV→JKCL 貨物船 884G/T 1,581D/W
起工 1944(昭19) 進水 1944.7.5(昭19) 竣工 1944.8.30(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 R3連成 日本車輌 390NHP/450IHP 1基 7/8kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.73 2EH型 藤山海運株式会社(小樽)
南嶺丸 NANREI MARU SCAJAP No.N012
1949(昭24)山下近海汽船(株)(神戸)に売却
1953(昭28)東亜汽船(株)(東京)に売却
1953.2(昭28)東西汽船(株)(東京)に売却、第九次新造船(第十一東西丸)の見返り船として春日海事工業で解体

SNo.74 第一新東丸 (2) SHINTO MARU No.1 (1944)
貨物船 873G/T 進水 1944.8(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基 7kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.74 2EH型 澤山汽船株式会社(神戸)
第一新東丸 SHINTO MARU No.1
1945.3.26(昭20)黄海(35.17N,123.13E)で米潜BALAO(SS-285)の雷撃により沈没

SNo.75 忠誠丸 CHUSEI MARU (1944)
貨物船 880G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.75 2EH型 西日本汽船株式会社
忠誠丸 CHUSEI MARU

SNo.76 神變丸 SHINHEN MARU (1944)
貨物船 880G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.76 2EH型 藤山海運株式会社
神變丸 SHINHEN MARU

SNo.77 大征丸 TAISEI MARU (1944)
53334/JLSV 貨物船 884G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.7.19(昭19) 竣工 1944.9.15(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 R 330NHP/450IHP 1基 7/9kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.77 2EH型 太洋海運株式会社(神戸)
大征丸 TAISEI MARU
1945.7.14(昭20)海道の松前沖で空爆により沈没

SNo.78 第二十一日正丸 NISSHO MARU No.21 (1944)
貨物船 880G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.78 2EH型 丸正海運株式会社
第二十一日正丸 NISSHO MARU No.21

SNo.79 敬神丸 (2) KEISHIN MARU (1944)
貨物船 880G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.79 2EH型 尼崎汽船株式会社
敬神丸 KEISHIN MARU

SNo.80 會盛丸 KAISEI MARU (1944)
貨物船 880G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.7.26(昭19) 竣工 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 R 330IHP 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.80 2EH型 會陽汽船株式会社(神戸)
會盛丸 KAISEI MARU
1945.6.19(昭20)山口県角島の西方314.37哩で雷撃により沈没

SNo.81 神光丸 SHINKO MARU (1944)
貨物船 880G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.81 2EH型 八光汽船株式会社
神光丸 SHINKO MARU

SNo.82 明櫻丸 MEIO MARU (1944)
53337/JLVV 貨物船 884G/T 1,581D/W 起工 1944(昭19) 進水 1944.8.1(昭19) 竣工 1944.9.27(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 R3連成 川崎車輌 320NHP/400IHP 1基 8/9kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.82 2EH型 明治海運株式会社(神戸)
明櫻丸 MEIO MARU SCAJAP No.M017
1949(昭24)函館船渠(室蘭)で改修(時期不詳)、主機をR) 450HPに換装、914G/T 船舶公団(東京)と共有
1954(昭29)第9次後期新造船の見返り船として解体

SNo.83 田上丸 TAGAMI MARU (1944)
52601/JLHV→JBLT 貨物船 880G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.8.3(昭19) 竣工 1944.10.10(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 330HP 1基 6.5/7kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.83 2EH型 wm汽船株式会社(神戸)
田上丸 TAGAMI MARU
1945.7.18(昭20)対馬の比田勝港内で空爆により沈没
1947(昭22)船舶公団(東京)と共有
1948.7.11(昭23)西日本海事によって浮揚に成功
1948(昭23)日邦汽船(株)(東京)に売却
1953(昭28)第九次前期新造船見返り船として解体

SNo.84 昭海丸 SHOKAI MARU (1944)
貨物船 880G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.84 2EH型 板谷商事株式会社
昭海丸 SHOKAI MARU

SNo.85 桐丸 KIRI MARU (1944)
貨物船 880G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.85 2EH型 日本製鐵株式会社
桐丸 KIRI MARU

SNo.86 八照丸 HASSHO MARU (1944)

八照丸
八照丸 Hassho Maru
53330/JLOV 貨物船 884G/T 1,556D/W 起工 1944(昭19) 進水 1944.8.12(昭19) 竣工 1944.10.17(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 R3連成 日本車輌 390NHP/450IHP 1基 7.5/8kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.86 2EH型 馬場汽船株式会社(東京)
八照丸 HASSHO MARU SCAJAP No.H013
1950.11.18(昭25)低性能船買入法により政府に売却、解体

SNo.87 勇武丸 YUBU MARU (1944)
貨物船 880G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.87 2EH型 西日本汽船株式会社
勇武丸 YUBU MARU

SNo.88 太寳丸 TAIHO MARU (1944)
53480/JWEV→JHFE 貨物船 880G/T 1,581D/W
起工 1944(昭19) 進水 1944.8.17(昭19) 竣工 1944.11.13(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 330HP 1基 7.5/8kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.88 2EH型 太興汽船株式会社(神戸)
太寳丸 TAIHO MARU SCAJAP No.T006
1949(昭24)興国汽船(株)(神戸)に売却
1950.11.20(昭25)船籍を抹消
1951(昭26)昭和26年版船名録より削除

SNo.89 あがた丸 AGATA MARU (1944)
53481/JWFV→JHHE 貨物船 2,891G/T 1,556D/W
起工 1944(昭19) 進水 1944.8.22(昭19) 竣工 1944.10.16(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 R 330IHP 1基 7.5/8kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.89 2EH型 濱根汽船株式会社(神戸)
あがた丸 AGATA MARU SCAJAP No.A001
1950.11.28(昭25)船籍を抹消
1951(昭26)昭和26年版船名録より削除

SNo.90 第二乾坤丸 (2) KENKON MARU No.2 (1944)
52603/JLJV 貨物船 880G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.8.28(昭19) 竣工 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.90 2EH型 乾汽船株式会社(神戸)
第二乾坤丸 KENKON MARU No.2
1945.7.25(昭20)門司の西山266度900m沖で底触
1946(昭21)船名録より削除

SNo.91 第二南星丸 NANSEI MARU NO2. (1944)
67217/JBOG 貨物船 880G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.91 2EH型 南日本汽船
第二南星丸 NANSEI MARU NO2.

SNo.92 第十三山菱丸 YAMABISHI MARU No.13 (1944)
52604/JLKV 貨物船 884G/T 1,556D/W 起工 1944(昭19) 進水 1944.9.15(昭19) 竣工 1944.10.16(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 R 3連成 400IHP 1基 7/9kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.92 2EH型 山下汽船株式会社(神戸)
第十三山菱丸 YAMABISHI MARU No.13 SCAJAP No.Y008 主機をRに換装(時期不詳)
1953.12.9(昭28)山国丸(2)(第9次後期計画造船)の建造引当船として解体

SNo.93 日若丸 NICHIWAKA MARU (1944)
貨物船 880G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.93 2EH型 日産汽船株式会社(東京)
日若丸 NICHIWAKA MARU

SNo.94 第二伊勢丸 ISE MARU No.2 (1944)
貨物船 880G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.94 2EH型 南洋海運株式会社
第二伊勢丸 ISE MARU No.2

SNo.95 第十三雲洋丸 UNYO MARU NO.13 (1944)
53331/JLPV 貨物船 884G/T 1,556D/W 起工 1944(昭19) 進水 1944.10.5(昭19) 竣工 1944.11.7(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 R3連成 若松造船所 390IHP 1基 7/8kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.95 2EH型 中村汽船株式会社(神戸)
第十三雲洋丸 UNYO MARU NO.13 SCAJAP No.U005
1953(昭28)解体のため三船商会に売却。第9次前期新造船の見返り船として解体

SNo.96 西野川丸 NISHINOGAWA MARU (1944)
貨物船 880G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.96 2EH型 鏑木汽船株式会社
西野川丸 NISHINOGAWA MARU SCAJAP No.N034

SNo.97 吉野丸 YOSHINO MARU (1944)
53332/JLQV 貨物船 884G/T 1,556D/W 起工 1944(昭19) 進水 1944.10.11(昭19) 竣工 1944.11.13(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 R3連成 川崎車輌 450IHP 1基 7.5/8.6kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.97 2EH型 三共海運(東京)
吉野丸 YOSHINO MARU SCAJAP No.Y027
1945.8.2(昭20)合併に伴い三菱汽船(株)(東京)に移籍
1949.4.1(昭24)社名変更に伴い極東海運(株)(東京)に移籍
1949.6.2(昭24)三菱海運(株)(東京)に移籍
1952.5.28(昭27)名古屋から長崎県高島に向け航行中、鳴門海峡で座礁、船体折断、沈没

SNo.98 第二松邦丸 SHOHO MARU No.2 (1944)
貨物船 880G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.98 2EH型 松岡汽船株式会社
第二松邦丸 SHOHO MARU No.2

SNo.99 秩父丸 CHICHIBU MARU (1944)
貨物船 877G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.10.18(昭19) 竣工 1944(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.99 2EH型 日之出汽船株式会社(東京)
秩父丸 CHICHIBU MARU
1945.8.9(昭20)朝鮮の雄基港内(42.15N,130.25E)で空爆により沈没

SNo.100 梅丸 UME MARU (1944)
貨物船 880G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.100 2EH型 日本海汽船株式会社(東京)
梅丸 UME MARU

SNo.101 第九日の丸 HINOMARU No.9 (1944)
53485/JWJV→JIAC 貨物船 880G/T 1,556D/W
起工 1944(昭19) 進水 1944.10.25(昭19) 竣工 1944.11.20(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 R3連成 川崎車輌 1基 7.5/8.8kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.101 2EH型 日の丸汽船株式会社(神戸)
第九日の丸 HINOMARU No.9 SCAJAP No.H025
1954(昭29)第九次後期新造船の見返り船として解体

SNo.102 松丸 MATSU MARU (1945)
54878/JCRB 貨物船 912G/T 1,556D/W 起工 1944(昭19) 進水 1944.10.28(昭19) 竣工 1945.1.26(昭20)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 R3連成 川崎車輌 450IHP 1基 7.5/9kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.102 2EH(睦月丸)型 日本製鐵株式会社(東京)
松丸 MATSU MARU SCAJAP No.M008
1950.4.1(昭25)日鐵汽船(株)(東京)の設立に伴い移籍
1950.10(昭25)低性能船舶買入法により政府に売却、解体

SNo.103 第十四雲洋丸 UNYO MARU NO.14 (1944)
54879/JFIB 貨物船 884G/T 1,556D/W 起工 1944(昭19) 進水 1944.10.31(昭19) 竣工 1944.11.30(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 R3連成 汽車製造 390IHP 1基 7/8kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.103 2EH型 中村汽船株式会社(神戸)
第十四雲洋丸 UNYO MARU NO.14 SCAJAP No.U006
1957(昭32)(株)東南商会(東京)に売却、東南丸 TONAN MARU と改名。主機をD 650 BHPに換装
1963.12.17(昭38)解体、船籍を抹消

SNo.104 樺丸 KABA MARU (1944)
貨物船 880G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.104 2EH型 日本製鐵株式会社
樺丸 KABA MARU

SNo.105 第十五雲洋丸 UNYO MARU No.5 (1944)
貨物船 880G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.105 2EH型 中村汽船株式会社(神戸)
第十五雲洋丸 UNYO MARU No.5 SCAJAP No.U007

SNo.107 第十六雲洋丸 UNYO MARU NO.16 (1944)
54883/JDCB 貨物船 884G/T 1,556D/W 起工 1944(昭19) 進水 1944.11.16(昭19) 竣工 1944.12.29(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 R 3連成 九州造船所 470IHP 1基 7/8kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.107 2EH型 中村汽船株式会社(神戸)
第十六雲洋丸 UNYO MARU NO.16 SCAJAP No.U008
1955(昭30)昭和30年版船名録より削除

SNo.107 樫丸 KASHI MARU (1944)
貨物船 880G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.107 2EH型 日本製鐵株式会社
樫丸 KASHI MARU

SNo.108 栃丸 TOCHI MARU (1945)
54880/JCTB 貨物船 884G/T 1,556D/W 起工 1944(昭19) 進水 1944.11.5(昭19) 竣工 1945.11.30(昭20)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 R 3連成 大阪ボイラー製作所 450IHP 1基 7/9kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.108 2ERS型 日本製鐵株式会社(東京)
栃丸 TOCHI MARU SCAJAP No.T056
1950.4.1(昭25)日鐵汽船(株)(東京)の設立に伴い移籍
1950.10(昭25)船舶交換契約により玉井商船(株)(神戸)に移籍
1953(昭28)第9次後期計画造船の見返り解体

SNo.109 第十七雲洋丸 UNYO MARU NO.17 (1944)
54885/JDHB 貨物船 884G/T 1,556D/W 起工 1944(昭19) 進水 1944.11.24(昭19) 竣工 1944.12.30(昭19)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 R 3連成 九州造船所 390IHP 1基 7/8kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.109 2EH型 中村汽船株式会社(神戸)
第十七雲洋丸 UNYO MARU NO.17 SCAJAP No.U009
1950.6(昭25)低性能船買入法により政府に売却、解体
1951(昭26)昭和26年版船名録より削除

SNo.110 杉丸 SUGI MARU (1944)
貨物船 880G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.110 2EH型 日本製鐵株式会社
杉丸 SUGI MARU

SNo.111 第十八雲洋丸 UNYO MARU NO.18 (1945)
54887/JDLB 貨物船 884G/T 1,556D/W 起工 1944(昭19) 進水 1944.12.5(昭19) 竣工 1945.1.18(昭20)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 R 3連成 國榮機械製作所 390IHP 1基 7/8kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.111 2EH型 中村汽船株式会社(神戸)
第十八雲洋丸 UNYO MARU NO.18 SCAJAP No.U010

SNo.112 檜丸 HINOKI MARU (1945)
54938/JDXB 貨物船 884G/T 1,556D/W 起工 1944(昭19) 進水 1944.12.14(昭19) 竣工 1945.1.18(昭20)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 R3連成 平野鐵工所 450IHP 1基 7/9kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.112 2EH(睦月丸)型 日本製鐵株式会社(東京)
檜丸 HINOKI MARU SCAJAP No.H026
1950.4.1(昭25)日鐵汽船(株)(東京)の設立に伴い移籍
1953.10(昭28)第九次後期新造船の見返りに八幡製鉄鰍ノ売却、解体

SNo.113 光安丸 KOAN MARU (1945)
54947/JEVB 貨物船 880G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.12.21(昭19) 竣工 1945.1.19(昭20)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.113 2EH型 大光商船株式会社(東京)
光安丸 KOAN MARU
1945.5.4(昭20)朝鮮の釜山沖(35.00N,120.15E)で空爆により沈没

SNo.114 桂丸 KATSURA MARU (1944)
貨物船 870G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.114 2EH型 日本製鐵株式会社
桂丸 KATSURA MARU

SNo.115 光寧丸 KONEI MARU (1944)
貨物船 880G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.115 2EH型 大光商船株式会社(大阪)
光寧丸 KONEI MARU

SNo.116 櫟丸 KUNUGI MARU (1944)
貨物船 880G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.116 2EH型 日本製鐵株式会社
櫟丸 KUNUGI MARU

SNo.117 楓丸 KAEDE MARU (1945)
54940/JEBB 貨物船 884G/T 起工 1944(昭19) 進水 1945.1(昭20) 竣工 1945(昭20)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 R 3連成 450IHP 1基 7.5/9kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.117 2EH(睦月丸)型 日本製鐵株式会社(東京)
楓丸 KAEDE MARU
1950.4.1(昭25)日鐵汽船(株)(東京)の設立に伴い移籍
1953.10(昭28)第九次後期新造船の見返りに八幡製鉄鰍ノ売却、解体

SNo.118 橘丸 TACHIBANA MARU (1945)
54941/JEGB 貨物船 912G/T 1,502D/W 起工 1944(昭19) 進水 1945.1.28(昭20) 竣工 1945.3.15(昭20)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 R 3連成 宮崎鐵工所 390NHP/450IHP 1基 7.5/9kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.118 2EH(睦月丸)型 日本製鐵株式会社(東京)
橘丸 TACHIBANA MARU SCAJAP No. T001
1950.4.1(昭25)日鐵汽船(株)(東京)の設立に伴い移籍
1953.8(昭28)日東商船(株)(東京)に売却
1954(昭29)第9次前期新造船の見返りとして横須賀長浦港で解体

SNo.119 光和丸 KOWA MARU (1944)
貨物船 880G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.119 2EH型 大光商船株式会社(大阪)
光和丸 KOWA MARU

SNo.120 光楽丸 KORAKU MARU (1944)
貨物船 880G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.120 2EH型 大光商船株式会社(大阪)
光楽丸 KORAKU MARU

SNo.121 第十五山菱丸 YAMABISHI MARU No.15 (1945)
56075/JLFF 貨物船 884G/T 進水 1945(昭20) 竣工 1945.2.27(昭20)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 R 3連成 400IHP 1基 7/9kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.121 2ERS型 山下汽船株式会社(神戸)
第十五山菱丸 YAMABISHI MARU No.15
1945.7.30(昭20)若狭湾の日向沖(35.37N,135.53E)で座礁、沈没

SNo.122 磯風丸 ISOKAZE MARU (1945)

磯風丸
磯風丸 Isokaze Maru
56119/JPGF 貨物船 880G/T 起工 1944(昭19) 進水 1945.2(昭20) 竣工 1945.4(昭20)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.122 2EH型 運輸通信省航海訓練所(東京)
磯風丸 ISOKAZE MARU Snoは暫定
1945.5.19(昭20)運輸省航海訓練所(東京)に移籍
1945.5(昭20)神戸に回航して係船
1946.3(昭21)京浜方面で処女航海、練習船として使用
1948.10(昭23)川崎造船所(神戸)で士官室を改造
1949.7.13(昭24)清水から横浜に向け航行中、神子元島灯台の北39度西220mで座礁、沈没

SNo.123 第六あがた丸 AGATA MARU No.6 (1945)
第十六山菱丸として起工
56193/JEUF 貨物船 891G/T 進水 1945.2.20(昭20) 竣工 1945.3.15(昭20)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 330HP 1基 7.5/8kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.123 2EH型 濱根汽船株式会社(神戸)
第六あがた丸 AGATA MARU No.6 SCAJAP No.A006
1945.8.13(昭20)山口県長門市の深川湾口で触雷、沈没

SNo.124 第二あがた丸 AGATA MARU No.2 (1945)
56120/JPIF 貨物船 884G/T 1,556D/W 進水 1945.2.24(昭20) 竣工 1945.3.28(昭20)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 R 3連成 東洋汽罐製作所 330IHP 1基 7.5/8kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.124 2ERS型 濱根汽船株式会社(神戸)
第二あがた丸 AGATA MARU No.2 SCAJAP No.A003
1950.11.28(昭25)船籍を抹消
1951(昭26)昭和26年版船名録より削除

SNo.125 第十七山菱丸 YAMABISHI MARU No.17 (1948)
56077/JLQF 貨物船 884G/T 1,556D/W 進水 1945.3.2(昭20) 竣工 1948.10.30(昭23)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 R3連成 日本車輌 400IHP 1基 7/9kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.125 2ERS型 山下汽船株式会社(神戸)
第十七山菱丸 YAMABISHI MARU No.17 SCAJAP No.Y009
1953.12.26(昭28)山国丸(第9次後期計画造船)の建造引当船として解体

SNo.126 第三あがた丸 AGATA MARU No.3 (1945)
56158/JQJF 884G/T 1,556D/W 進水 1945.3.6(昭20) 竣工 1945.4.28(昭20)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 R3連成 日本車輌 330IHP 1基 7.5/8kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.126 2EH型 濱根汽船株式会社(神戸)
第三あがた丸 AGATA MARU No.3 SCAJAP No.A004
1946.5.3(昭21)室戸で座礁、全損
1948(昭23)昭和23年版船名録より削除

SNo.127 第十八山菱丸 YAMABISHI MARU No.18 (1945)
56078 貨物船 893G/T 進水 1945.3.23(昭20) 竣工 1945(昭20)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 R 3連成 500IHP 7.5/10kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.127 3ERS型 山下汽船株式会社(神戸)
第十八山菱丸 YAMABISHI MARU No.18
1945.4.3(昭20)福岡県の若松港外で触雷、沈没
1947.5.23(昭22)救難完了、解体

SNo.128 第五あがた丸 AGATA MARU No.5 (1945)
56159/JQLF 貨物船 884G/T 1,556D/W 進水 1945.3.26(昭20) 竣工 1945.4.21(昭20)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 R3連成 日本車輌 330IHP 1基 7.5/8kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.128 2EH型 濱根汽船株式会社(神戸)
第五あがた丸 AGATA MARU No.5 SCAJAP No.A005
1954(昭29)第九次後期新造船の見返り船として解体

SNo.129 第二十山菱丸 YAMABISHI MARU No.20 (1945)
船型と主機を確認中
56079/JMEF 油槽船 884G/T 進水 1945.4.2(昭20) 竣工 1945.5.10(昭20)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 T 1基 7.5/10kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.129 3ET型 山下汽船株式会社(神戸)
第二十山菱丸 YAMABISHI MARU No.20 SCAJAP No.Y010
1945.7.13(昭20)福岡県の若松灯台82度2.3Km沖で触雷、沈没
1947.4.20(昭22)救難完了、解体

SNo.130 濱風丸 HAMAKAZE MARU (1945)

濱風丸
濱風丸 Hamakaze Maru
56194/JQVF 貨物船 880G/T 起工 1945.2.13(昭20) 進水 1945.4.20(昭20) 竣工 1945.4.30(昭20)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.130 2EH型 運輸通信省航海訓練所(東京)
濱風丸 HAMAKAZE MARU 完成後、若松港に長期係船
1945.5.19(昭20)運輸省航海訓練所(東京)に移籍
1946.3.18(昭21)若松から神戸に向けて処女航海、練習船として使用
1947.2.10(昭22)瀬戸内海の広から若松に向け掃海水路を航行中、山口県小野田市の本山灯標沖(33.56N,131.02E)で触雷により沈没

SNo.131 大玄丸 DAIGEN MARU (1944)
56180/JIIF 貨物船 880G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.131 2EH型 大同海運株式会社(神戸)
大玄丸 DAIGEN MARU

SNo.132 ~典丸 SHINTEN MARU (1945)
56986/JQYF 貨物船 884G/T 1,537D/W 起工 1945(昭20) 進水 1945.5.23(昭20) 竣工 1945.6.23(昭20)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 R 3連成 國榮機械製作所 500IHP 1基 6.5/9.5kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.132 3ERS型 栗林商船株式会社(東京)
~典丸 SHINTEN MARU SCAJAP No.S050
1950(昭25)西日本汽船(若松)に売却
1952(昭27)室町海運(東京)に売却
1953(昭28)照國海運(株)(東京)に売却
1954(昭29)第9次前期新造船の見返り船として解体

SNo.133 大黄丸 DAIO MARU (1944)
貨物船 880G/T 進水 1944(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.133 2EH型 大同海運株式会社(神戸)
大黄丸 DAIO MARU

SNo.134 ~來丸 SHINRAI MARU (1945)
56987/JQZF 貨物船 884G/T 1,537D/W 起工 1945(昭20) 進水 1945.6.19(昭20) 竣工 1945.7.23(昭20)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 R 3連成 宮原製作所 500IHP 1基 7.5/8.5kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.134 3ERS型 栗林商船株式会社(東京)
~來丸 SHINRAI MARU SCAJAP No.S043
1953(昭28)第9次前期新造船の見返り船として解体

SNo.135 大宇丸 DAIU MARU (1945)
56072/JILF 貨物船 884G/T 起工 1945(昭20) 進水 1945.7.10(昭20) 竣工 1945.8(昭20)
Lpp 50.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.135 2EH型 大同海運株式会社(神戸)
大宇丸 DAIU MARU 主機をR) 500IHPに換装
1946.5.31(昭21)沈没

SNo.136 ~長丸 SHINCHO MARU (1945)
57036/JRGF 貨物船 884G/T 1,537D/W
起工 1945.5.20(昭20) 進水 1945.7.25(昭20) 竣工 1945.10.6(昭20)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 R3連成 田中機械製作所 500IHP 7.5/8.5kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.136 3ERS型 栗林商船株式会社(東京)
~長丸 SHINCHO MARU SCAJAP No.S030
1953(昭28)第9次前期新造船の見返り船として解体

SNo.137 大宙丸 DAICHU MARU (1945)
56183/JJVF 貨物船 884G/T 1,562D/W
起工 1945.6.19(昭20) 進水 1945.8.10(昭20) 竣工 1945.11.24(昭20)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 R 3連成 九州造船所 500IHP 1基 7/10kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.137 2EH型 大同海運株式会社(神戸)
大宙丸 DAICHU MARU SCAJAP No.D028 主機をR) 500 IHPに換装
1953.12.12(昭28)解体のため宮地汽船(神戸)に売却、同月21日に第9次前期新造船の見返り船として解体

SNo.138 ~門丸 SHINMON MARU (1946)
57037/JKRE 3,897G/T 1,537D/W 起工 1945.7.7(昭20) 進水 1945.11.8(昭20) 竣工 1946.1.3(昭21)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 R3連成 田中機械製作所 500IHP 1基 7.5/8.5kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.138 3ERS型 栗林商船株式会社(東京)
~門丸 SHINMON MARU SCAJAP No.S108
1953(昭28)第9次前期新造船の見返り船として解体

SNo.139 大日丸 DAIJITSU MARU (1946)
56184/JKYF 貨物船 884G/T 1,562D/W 進水 1945.11.25(昭20) 竣工 1946.1(昭21)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 R3連成 きしろ発動機 500IHP 1基 7/8kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.139 2ERS型 大同海運株式会社(神戸)
大日丸 DAIJITSU MARU SCAJAP No.D032 主機をR) 500 IHPに換装
1953.12.4(昭28)解体のため宮地汽船(神戸)に売却、同月21日に第9次前期新造船の見返り船として解体

SNo.140 神坤丸 SHINKON MARU (1946)
57069/JYBE→JMSE 貨物船 884G/T 1,537D/W
起工 1945.12.7(昭20) 進水 1946.2.27(昭21) 竣工 1946.4.8(昭21)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 R 500IHP 7.5/8.5kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.140 3ERS型 栗林商船株式会社(東京)
神坤丸 SHINKON MARU SCAJAP No.S113
1947.5.22(昭22)船舶公団(東京)に移籍
1948(昭23)栗林商船(株)(東京)に移籍
1953(昭28)第9次後期新造船の見返り船として解体

SNo.141 第十六山菱丸 YAMABISHI MARU NO.16 (1946)
56186/JLMF 油槽船 894G/T 進水 1946.1.5(昭21) 竣工 1946.10.30(昭21)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 T 1基 7.5/10kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.141 3ET型 山下汽船株式会社(神戸)
第十六山菱丸 YAMABISHI MARU NO.16 SCAJAP No.Y046 主機確認中
1952.9.25(昭27)大韓文化宣伝社泰昌産業(韓国)に1400万円で売却
1953(昭28)WHITE GULLと改名
1954(昭29)Taichang Business Co. Ltd.Busanに売却、PAIK KOOと改名
1960.3.25(昭35)朝鮮半島の東岸で沈没

SNo.142 神洲丸 SHINSHU MARU (1948)
59113/JRCZ 貨物船 880G/T 起工 1946.3.5(昭21) 進水 1947.1.20(昭22) 竣工 1948.1.17(昭23)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 1基
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.142 2EH型 中川汽船株式会社(秋田)
神洲丸 SHINSHU MARU SCAJAP No.146
1947.5.22(昭22)船舶公団(東京)に移籍
1948.8.17(昭23)照國海運(株)(東京)に移籍
1954(昭29)解体

SNo.143 伊根丸 INE MARU (1946)
三菱若松造船所建造の2EH型戦標船。
57061 貨物船 889G/T 起工 1946.2.13(昭21) 進水 1946.2.6(昭21) 竣工 1946.11.27(昭21)
Lpp 60.00 B 9.50 D 5.45 m 主機 R 3連成 520HP 1基 7.5kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.143 3ERS型 中川汽船株式会社(船川)
伊根丸 INE MARU SCAJAP No.I042
1948.8.17(昭23)照國海運(株)(東京)に移籍
1951(昭26)船名録より削除

ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2018.4