船歴 本邦建造船75 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

株式会社吉浦造船所

紅海丸 KOKAI MARU (1918)

紅海丸
紅海丸 Kokai Maru
23955/RGJK 貨物船 1,273G/T 進水 1918(大7)
Lpp 69.10 B 10.21 D 5.64 m 主機 R 3連成 80NHP/738IHP 1基 8.25/10.4kt
株式会社吉浦造船所(呉)建造 三上豊夷(広島)
紅海丸 KOKAI MARU
1924(大13)三上(株)(神戸)に移籍
1930(昭5)大阪海上火災保険(株)保険(兵庫・垂水)に売却
1932.3.10(昭7)北日本汽船(株)(小樽)に売却
1943.11.16(昭18)合併に伴い大阪商船(株)(大阪)に移籍
1945.6.19(昭20)北海道神威岬の南31哩(43.15N,140.18E)で米潜SEADOG(SS-401)の雷撃により沈没

第三松昌丸型 2隻 MATSUSHO MARU No.3 Class (1918)
貨物船 主機 R 3連成 高雄鐵工所(神戸) 1基 株式会社吉浦造船所(呉)建造
第三松昌丸 MATSUSHO MARU No.3 22766/NWCB→JQXE 1,272G/T
Lpp 66.45(218.0') B 10.06(33.0') D 5.72(18.75') m 80NHP/700IHP 8/9.5kt
進水 1918.6(大7) 大徳汽船(吉浦)
第三松昌丸 MATSUSHO MARU No.3
1922(大11)樺太汽船(株)(西宮)に売却、第七平榮丸 HEIYEI MARU No.7 と改名
1923(大12)清水賞太郎(吉浦)に売却、しみづ丸 SHIMIZU MARU と改名(表記はみづ丸)
1926(大15)岡崎汽船(株)(神戸)に売却
1934.2(昭9)日華丸 NIKKA MARU と改名
1938(昭13)船名録より削除
歴山丸 REKIZAN MARU 23254/RCDN→JFUB 1,282G/T
Lpp 69.80(229.0') B 10.06(33.0') D 5.76(18.9') m 80NHP/750IHP 8.5/10.5kt
進水 1918.6(大7) 竣工 1918.8.8(大7) 高野汽船(神戸)
歴山丸 REKIZAN MARU
1924.9.12(大13)辰馬汽船(株)(西宮)に売却
1945.5.7(昭20)日本から中国の青島に向け航行中、黄海北部(37.25N,127.00E)で米潜RATON(SS-270)の雷撃により沈没
歴山丸
歴山丸 Rekizan Maru

ゆうなぎ YUNAGI (1962)
旅客船 104G/T 起工 1961.9.25(昭36) 進水 1962.5.13(昭37) 竣工 1962.5.8(昭37)
Lpp 22.40 B 5.40 D 2.25 m 主機 D 250HP 1基 10.234/11.023kt
株式会社吉浦造船所(呉)建造 三洋汽船株式会社
ゆうなぎ YUNAGI 進水、竣工年月日が矛盾

合資会社占部造船鐵工所

桂丸 KATSURA MARU (1937)
貨物船 1,368G/T 2,100D/W 進水 1937.1(昭12)
Lpp 69.50 B 10.36 D 5.79 m 主機 R 3連成 1,050IHP 1基 12.01kt
合資会社占部造船鐵工所(大阪)建造 丸辰海運株式会社(京都・府中)
桂丸 KATSURA MARU

占部造船鐵工所

第二鮮友丸 SENYU MARU No.2 (1934)
39992/JFYR 貨物船 301G/T 350D/W 進水 1934(昭9)
Lr 36.58 B 7.01 D 3.51 m 主機 H 神戸発動機 250PS 8.5/11kt
占部造船鐵工所(因島)建造 東京灣汽船株式会社(東京)
第二鮮友丸 SENYU MARU No.2

朝日丸 ASAHI MARU (1934)
39686 貨物船 283G/T 360D/W 進水 1934(昭9)
Lr 36.58 B 7.01 D 3.51 m 主機 H 神戸発動機 240PS 7.5/8.5kt
占部造船鐵工所(因島)建造 宮崎産業株式会社(津久見)
朝日丸 ASAHI MARU

SNo.2 甲山丸 KOZAN MARU (1934)
39211 貨客船 288G/T 310D/W 進水 1934.5_(昭9)
Lr 36.57 B 7.01 D 4.00 m 主機 D 阪神内燃機 430BHP 8/9kt
占部造船鐵工所(因島)建造 Sno.2 神戸桟橋株式会社(神戸)
甲山丸 KOZAN MARU
1951(昭26)共生海運(株)(神戸)の所有

南星丸 NANSEI MARU (1935)
58810/JRVL 貨物船 356G/T 469D/W 進水 1935(昭10) 竣工 1935(昭10)
Lr 39.62 B 7.92 D 3.66 m 主機 H 焼玉 360PS 9/10kt
占部造船鐵工所(因島)建造 日吉海運株式会社(神戸)
南星丸 NANSEI MARU 旧名さつき丸

五郎丸 GORO MARU (1935)

五郎丸
五郎丸 Goro Maru

S.Kizu
40172/JYOH 貨物船 300G/T 進水 1935.3(昭10) 竣工 1935(昭10)
Lpp 36.58 B 7.02 D 3.51 m 主機 H 焼玉 8.5/10.5kt
占部造船鐵工所(因島)建造 占部造船鐵工所(大阪)
五郎丸 GORO MARU
1935.11.7(昭10)合名会社尼崎汽船(株)部(大阪)に売却
1942.5.4(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴ない移籍
1944.12.24(昭19)陸軍徴傭船として行動中、揚子江で空爆により沈没

葵丸 AOI MARU (1935)
40697/JGHJ 旅客船 390G/T 430D/W 進水 1935.4(昭10)
Lpp 39.50 B 7.92 D 3.66 m 主機 D 神戸発動機 530BHP 11/12kt
占部造船鐵工所(因島)建造 建造者不詳
葵丸 AOI MARU
1962(昭37)加藤汽船(神戸)の所有

大原丸 TAIGEN MARU (1936)
41596/JAXK 貨物船 195G/T 246D/W 進水 1936(昭11)
Lr 32.00 B 6.40 D 3.05 m 主機 H 日本発動機 180PS 7.5/9kt
占部造船鐵工所(因島)建造 日正汽船株式会社(東京)
大原丸 TAIGEN MARU

第七永祥丸 EISHO MARU No.7 (1938)
43018 貨物船 255G/T 290D/W 進水 1938(昭13)
Lr 35.05 B 7.00 D 3.20 m 主機 H 日本発動機 200PS 8/8.5kt
占部造船鐵工所(因島)建造 協和汽船株式会社(福岡)
第七永祥丸 EISHO MARU No.7

榮丸 SAKAE MARU (1938)
45153→朝2672→56816/JUWM→JKJM→JPZK 貨物船 557G/T 進水 1938.6(昭13) 竣工 1938.9.22(昭13)
Lpp 45.70 B 8.30 D 4.20 m 主機 D 550BHP 9.5/10.5kt
占部造船鐵工所(因島)建造 日東鑛業汽船株式会社(東京)
榮丸 SAKAE MARU
1939.4.1(昭14)澤山兄弟商会(釜山)に売却、第三新東丸と改名
1945.4.1(昭20)澤山汽船(株)(神戸)に移籍
1964.3.31(昭39)佐世保港湾運輸(神戸)に売却
1967(昭42)昭和42年版船舶明細書より削除

梓丸 AZUSA MARU (1939)
貨物船 1,370G/T 1,930D/W 進水 1939.2.4(昭14)
Lpp 69.49 B 10.36 D 5.96 m 主機 R 3連成 780IHP 1基 10/12kt
占部造船鐵工所(因島)建造 丸辰海運株式会社(神戸)
梓丸 AZUSA MARU

興龍丸 KORYU MARU (1940)
朝2959/JLGN 貨物船 623G/T 進水 1940.3.10(昭15) 竣工 1940(昭15)
Lpp 50.90 B 8.38 D 4.42 m 主機 D 11/12kt
占部造船鐵工所(因島)建造 興亞海運株式会社(仁川)
興龍丸 KORYU MARU
1944.2.1(昭19)合併に伴ない辰馬汽船(株)(西宮)に移籍
1944.10.11(昭19)ジャワ島のスラバヤ港沖(7.15S,112.40E)で空爆により沈没

第六壽丸 KOTOBUKI MARU No.6 (1942)
48814/JPAY 貨物船 989G/T 1,465D/W 進水 1942(昭17)
Lpp 59.44 B 9.75 D 5.33 m 主機 R 3連成 藤岡鐵工所(大阪) 7/9.5kt
占部造船鐵工所(因島)建造 阿波國共同汽船株式会社
第六壽丸 KOTOBUKI MARU No.6
1951(昭26)阿波國共同汽船(株)(徳島)の所有

SNo.72 おとわ丸 (1) OTOWA MARU (1943)

おとわ丸
わかば丸 Wakaba Maru
大阪/小松島航路
49768/JQZR 旅客船 909G/T 279D/W 進水 1942.7(昭17) 竣工 1943.3(昭18)
Lpp 60.00 B 9.60 D 4.57 m 主機 D 神戸発動機 1,000BHP 1基 11.5/13.7kt
占部造船鐵工所(因島)建造 Sno.72 阿波國共同汽船株式会社(徳島)
おとわ丸 OTOWA MARU 船客 1等36 2等138 3等371
1942.7.27(昭17)建造中、関西汽船(株)(大阪)に移籍
1962.3.10(昭37)佐野安船渠(大阪)で修学旅行専傭船に改装完工(速力 14-5/17-0 kt)、わかば丸 WAKABA MARU と改名。3.15から阪神/別府間に就航
1974.1.31(昭49)売却、解体

順丸 JUN MARU (1942)
49376/JBBR 貨物船 999G/T 1,471D/W 進水 1942.10(昭17)
Lpp 59.44 B 9.75 D 5.33 m 主機 R 3連成 石川島 450IHP 1基 8.5/8.61kt
占部造船鐵工所(因島)建造 丸辰海運株式会社(神戸)
順丸 JUN MARU SCAJAP No.J004
1947.11(昭22)旭汽船(株)(神戸)に移籍
1952(昭27)在籍
1956.4(昭31)尾道造船で船体延長67.18m 1,154G/T 1,650D/W、主機をD 新潟鐵工所 M6DS 950BHPに換装工事
1957(昭32)新潟臨港海陸運送(株)(新潟)に売却
1965(昭40)在籍

大衆丸 TAISHU MARU (1943)
61955/JPCA 貨客船 830G/T 409D/W 進水 1943(昭18)
Lr 63.04 B 9.60 D 4.60 m 主機 D (右)日立櫻島,(左)神戸発動機 550BHP 2基 12/13.7kt
占部造船鐵工所(因島)建造 九州郵船株式会社(福岡)
大衆丸 TAISHU MARU 上陸用舟艇ES改造

清京丸 SEIKYO MARU (1943)
50031 貨物船 641G/T 865D/W 進水 1943(昭18)
Lr 51.76 B 9.20 D 4.90 m 主機 R 3連成 450IHP 7.5/8.5kt
占部造船鐵工所(因島)建造 山下近海汽船株式会社(神戸)
清京丸 SEIKYO MARU

神國丸型 2隻 SHINKOKU MARU Class (1943 - 1944)
貨物船 Lpp 93.00 B 13.70 D 7.50 m 主機 R 3連成 1基 1CRS型
神國丸 SHINKOKU MARU 47923/JESO 2,700G/T 4,300D/W 1,800HP 11kt
進水 1943.6(昭18) 竣工 1943(昭18) 占部造船鐵工所(因島)建造 栗林商船株式会社
神國丸 SHINKOKU MARU
辰昭丸 TATSUAKI MARU 50485/JFAT 2,746G/T 4,300D/W 1,800HP 11kt
進水 1943.12(昭18) 竣工 1944.4.7(昭19) 占部造船鐵工所(因島)建造 辰馬汽船株式会社(西宮)
辰昭丸 TATSUAKI MARU

和光丸 WAKO MARU (1944)
63353 貨物船 260G/T 352D/W 進水 1944(昭19)
Lr 37.70 B 8.70 D 3.30 m 主機 D 松江内燃機工業 250BHP 8/9.6kt
占部造船鐵工所(因島)建造 甲南汽船株式会社(神戸)
和光丸 WAKO MARU

第十二多聞丸型 8隻 TAMON MARU No.12 Class (1944 - 1946)
貨物船 Lpp 85.00 B 13.40 D 7.20 m 2D型
第十二多聞丸 (2) TAMON MARU No.12 2,220G/T
主機 T 900/1,100SHP 1基
起工 1944(昭19) 進水 1944.3(昭19) 竣工 1944.4(昭19) 占部造船鐵工所(因島)建造 八馬汽船株式会社(西宮)
第十二多聞丸 TAMON MARU No.12
1945.4.8(昭20)上海付近(揚子江下流)で触雷、沈没
近江丸 OMI MARU 50492/JFHT 2,226G/T 2,357D/W
主機 R 3連成 1,300IHP 1基 9.3/11kt
起工 1944(昭19) 進水 1944.5(昭19) 竣工 1944.6.30(昭19) 占部造船鐵工所(因島)建造 日之出汽船株式会社(東京)
近江丸 OMI MARU SCAJAP No.P004
1951.3(昭26)日鐵汽船(株)(東京)に売却
1962.2.15(昭37)合併に伴い新和海運(株)(東京)に移籍
1965.6.28(昭40)宮崎産業海運(津久見)に売却、解体
近江丸
近江丸 Omi Maru
生田川丸 IKUTAGAWA MARU 2,300G/T
主機 T 900/1,100SHP 1基
起工 1944(昭19) 進水 1944.6(昭19) 竣工 1944.7(昭19) 占部造船鐵工所(因島)建造 東洋海運株式会社
生田川丸 IKUTAGAWA MARU
第八日の丸 HINOMARU No.8 50502/JFLT 2,300G/T 3,783D/W
主機 R 3連成 大阪造船所 900NHP/1,100IHP 1基 8/12kt
起工 1944.7(昭19) 進水 1944.9(昭19) 竣工 1944.10(昭19) 占部造船鐵工所(因島)建造 日の丸汽船株式会社(東京)
第八日の丸 HINOMARU No.8 SCAJAP No.H024
1962.7.1(昭37)在籍
第八日の丸
第八日の丸 Hinomaru No.8
金海丸 KINKAI MARU 54746/JFOT 2,220G/T 3,912D/W
主機 R 3連成 兼松機工 1,300IHP 1基 8/9kt
起工 1944(昭19) 進水 1944.11(昭19) 竣工 1944.12(昭19) 占部造船鐵工所(因島)建造 巴組汽船株式会社
金海丸 KINKAI MARU
第三共同丸 KYODO MARU No.3 54749/JFQT 2,312G/T 3,582D/W
主機 R 3連成 播磨造船所 900NHP/1,100IHP 1基 10/10.5kt
起工 1944(昭19) 進水 1945.1(昭20) 竣工 1945.2(昭20) 占部造船鐵工所(因島)建造 阿波國共同汽船株式会社(徳島)
第三共同丸 KYODO MARU No.3
1945.7.14(昭20)空爆により沈没
1946(昭21)浮揚に成功
1950.9.11(昭25)ジェーン台風のために大阪の尻無川で擱座、後に浮揚に成功
1950.12(昭25)日立造船(築港)でB.V.船級取得改造、主機換装工事が完工
1953.4(昭28)日立築港で油焚改装
1953.12(昭28)函館公海漁業(株)(函館)に売却
1956.4(昭31)永洋丸 EIYO MARU と改名
1963.7(昭38)大洋漁業(株)(東京)に売却
1963.8.31(昭38)独航機能を撤去
1963.12(昭38)解体
金陽丸 KINYO MARU 54752/JFST 2,220G/T 3,837D/W
主機 R 3連成 大阪製鎖造機 900NHP/1,100IHP 1基 8/8.5kt
起工 1944(昭19) 進水 1945.4(昭20) 竣工 1945.5(昭20) 占部造船鐵工所(因島)建造 巴組汽船株式会社(東京)
金陽丸 KINYO MARU
第十日の丸 HINOMARU No.10 54760/JFWT 2,195G/T 3,823D/W
主機 R 3連成 大阪製鎖造機春日出工場 1,000IHP 1基 9/12kt
起工 1945.2.1(昭20) 進水 1945.10(昭20) 竣工 1946.1.17(昭21) 占部造船鐵工所(因島)建造 日の丸汽船株式会社(東京)
第十日の丸 HINOMARU No.10 SCAJAP No.H053
1951.8(昭26)日立造船(向島)で船体補強改造工事が完工
1956(昭31)栗林商船(株)(東京)に売却、日の丸 HINO MARU と改名
1963.4(昭38)解体
第十日の丸
第十日の丸 Hinomaru No.10

新春丸 NIIHARU MARU (1948)
59858/JLED 貨物船 499G/T 起工 1947.10(昭22) 進水 1948.1(昭23) 竣工 1948.2(昭23)
Lpp 50.00 B 8.40 D 4.20 m 主機 D 日曹大島製鋼F6 550BHP 1基
占部造船鐵工所(因島)建造 新日本近海機船株式会社(神戸)
新春丸 NIIHARU MARU 1次KF SCAJAP No.N106
1948.2(昭23)船舶公団(東京)と共有
1956.2(昭31)田熊造船にて船体延長 56.72m 588G/T

SNo.D-1 初春丸 HATSUHARU MARU (1948)

初春丸
初春丸 Hatsuharu Maru
61340/JLTD 貨物船 1,993G/T 起工 1947.10(昭22) 進水 1948.4(昭23) 竣工 1948.6.15(昭23)
Lpp 84.99 B 12.50 D 6.50 m 主機 R 3連成 1,300IHP 1基 9.5/10.5kt
占部造船鐵工所(因島)建造 Sno.D-1 新日本汽船株式会社(東京)
初春丸 HATSUHARU MARU SCAJAP No.H112
1957.9.24(昭32)田熊造船(因島)で主機をD 阪神Z6ZS 1,200 BHPに換装
1957.11.21(昭32)伊勢湾海運(株)(名古屋)と共有
1961.1(昭36)伊勢湾海運(名古屋)の単独保有。同年、圖南汽船(株)(神戸)と共有
1967(昭42)大阪船舶(株)(大阪)に売却
1968(昭43)山正興産汽船(株)(尾道)に売却
1970(昭45)近畿汽船(株)(大阪)に売却
1971(昭46)萬洋船舶(株)(東京)に売却
1972昭和47年版船名録より削除

瑞光丸 ZUIKO MARU (1949)
64835/JBYK 貨物船 706G/T 896D/W 起工 1948.10(昭23) 進水 1949.2(昭24) 竣工 1949.3.26(昭24)
Lpp 55.00 B 9.30 D 4.50 m 主機 D 新潟鉄工 F6 550BHP 1基 9軸 10.5kt
占部造船鐵工所(因島)建造 八光汽船株式会社(神戸)
瑞光丸 ZUIKO MARU 3次KF
1953.6(昭28)改造
1955.5(昭30)改造
1957(昭32)日和海運(株)(神戸)に売却、第一日和丸 NICHIWA MARU No.1 と改名

ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.10