船歴 本邦建造船86 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

株式会社臼杵鉄工所佐伯造船所

朝日丸 ASAHI MARU (1957)
80094/JLHR 貨物船 3,324G/T 4,968D/W 起工 1957.3(昭32) 進水 1957.10(昭32) 竣工 1957.11(昭32)
Lpp 97.00 B 14.60 D 7.70 m 主機 D 伊藤鉄工 M468HS 2,400BHP 1基 12/14.7kt
株式会社臼杵鉄工所佐伯造船所(佐伯)建造 近海郵船株式会社(東京)
朝日丸 ASAHI MARU

瑞豊丸 ZUIHO MARU (1961)

瑞豊丸
瑞豊丸 Zuiho Maru
88029/JMCE 貨物船 3,735G/T 5,681D/W 起工 1961.5(昭36) 進水 1961.8(昭36) 竣工 1961.11(昭36)
Lpp 99.00 B 15.60 D 7.85 m 主機 D 阪神内燃機 Z8TSH 2,800BHP 1基 12.5/15.1kt
株式会社臼杵鉄工所佐伯造船所(佐伯)建造 近海商船株式会社(神戸)
瑞豊丸 ZUIHO MARU

白嶺丸 HAKUREI MARU (1969)
105471/JKVD 漁業取締船 199G/T 進水 1968.11(昭43) 竣工 1969.2(昭44)
Lr 40.01 B 6.60 D 3.30 m 主機 メルセデスベンツ 1,035PS 2基 14.5/16.5kt
株式会社臼杵鉄工所佐伯造船所(佐伯)建造 農林省水産庁(東京)
白嶺丸 HAKUREI MARU 3種漁船

坂下重太郎

満恒丸 MANKO MARU (1921)
木造貨物船 87G/T 進水 1921.6(大10)
Lpp 26.13 B 5.51 D 2.59 m 32HP 1基 6.5kt
坂下重太郎(不詳)建造 建造者不詳
満恒丸 MANKO MARU 読み方不詳
1945.8(昭20)大泊脱出
1946.1.15(昭21)稚内配属決定
1946.4.1(昭21)室蘭へ転配
1946.9.3(昭21)函館にて吉田八百造に782,500円で売却

小樽造船株式会社

永良丸 NAGARA MARU (1921)
木造汽船 88G/T 進水 1921.6(大10)
Lpp 27.73 B 5.56 D 2.74 m 30HP 1基
小樽造船株式会社(小樽)建造 建造者不詳
永良丸 NAGARA MARU 読み方不詳

豊土丸 HODO MARU (1921)
木造汽船 32G/T 進水 1921.6(大10)
Lpp 18.37 B 3.96 D 2.15 m 14HP 1基
小樽造船株式会社(小樽)建造 建造者不詳
豊土丸 HODO MARU 読み方不詳

福島光教

岩瀧丸 IWATAKI MARU (1915)
木造汽船 17G/T 進水 1915.2(大4)
Loa 15.34(50'-4") B 3.18(10'-5") D 1.34(4'-4.7") m 主機 G ガソリン 1基 8.19kt
福島光教(不詳)建造 大蔵省[鐵道院]
岩瀧丸 IWATAKI MARU 船客 3等)71

文殊丸 MONJU MARU (1915)
木造汽船 17G/T 進水 1915.2(大4)
Loa 15.34(50'-4") B 3.18(10'-5") D 1.34(4'-4.7") m 主機 G ガソリン 1基 8.19kt
福島光教(不詳)建造 大蔵省[鐵道院]
文殊丸 MONJU MARU 船客 3等)71

宮土金蔵

由良丸 YURA MARU (1922)
28087/SGKW 木造貨物船 29G/T 10D/W 進水 1922.3(大11) 竣工 1922.3(大11)
Loa 16.15(53'-0") B 3.73(12'-3") D 1.91(6'-3") m 主機 G ガソリン 1基 6.5kt
宮土金蔵(福井・小濱)建造 鐵道省(東京)
由良丸 YURA MARU

三菱合資会社彦島造船所

SNo.8 天鳥丸 AMADORI MARU (1921)

天鳥丸
天鳥丸 Amadori Maru
28113/SGMH 漁業取締船 267G/T 起工 1920.12.13(大9) 進水 1921.3.13(大10) 竣工 1921.3.30(大10)
Lpp 39.01 B 7.01 D 4.04 m 主機 R 3連成 1,300IHP 1基 12.75kt
三菱合資会社彦島造船所(下関)建造 Sno.8 農商務省(東京)
天鳥丸 AMADORI MARU

SNo.10 白鳳丸 HAKUHO MARU (1922)

白鳳丸
白鳳丸 Hakuho Maru
28868/SKPT→JCXA 漁業取締船 332G/T
起工 1921.10.15(大10) 進水 1922.2.16(大11) 竣工 1922.3.28(大11)
Lpp 39.62 B 7.54 D 4.19 m 主機 D 600BHP 2基 11.14kt
三菱合資会社彦島造船所(下関)建造 Sno.10 農商務省(厳島)
白鳳丸 HAKUHO MARU

SNo.119 八代丸 YATSUSHIRO MARU (1930)

八代丸
八代丸 Yatsushiro Maru
36171/VHPQ トロール漁船 361G/T 起工 1930.3.27(昭5) 進水 1930.5.30(昭5) 竣工 1930.7.15(昭5)
Lpp 44.20 B 7.32 D 4.27 m 主機 D 550BHP 1基 11.82kt
三菱合資会社彦島造船所(下関)建造 Sno.119 共同漁業株式会社(戸畑)
八代丸 YATSUSHIRO MARU

SNo.126 瑞鳳丸 ZUIHO MARU (1931)

瑞鳳丸
瑞鳳丸 Zuiho Maru
漁業取締船 183G/T 起工 1930.9.22(昭5) 進水 1930.12.20(昭5) 竣工 1931.1.31(昭6)
Lpp 33.53 B 7.01 D 3.20 m 主機 D 三菱神戸 565B6 320BHP 1基 11.54kt
三菱合資会社彦島造船所(下関)建造 Sno.126 南洋庁
瑞鳳丸 ZUIHO MARU

SNo.163 探海丸 TANKAI MARU (1932)
36852 漁業調査船 68G/T 起工 1931.12.24(昭6) 進水 1932.2.23(昭7) 竣工 1932.3.26(昭7)
Lpp 21.64 B 5.26 m 主機 D 170BHP 9kt
三菱合資会社彦島造船所(下関)建造 Sno.163 北海道水産試験場(小樽)
探海丸 TANKAI MARU 定員9 最大12
1950(昭25)昭和25〜39年まで在籍

SNo.174 太西丸 TAISEI MARU (1932)
66916 旅客船 232G/T 起工 1932.7.1(昭7) 進水 1932.8.8(昭7) 竣工 1932.9.30(昭7)
Lr 36.58 B 6.40 D 3.35 m 主機 D 三菱神戸 400BHP 10/10kt
三菱合資会社彦島造船所(下関)建造 Sno.174 阿波國共同汽船株式会社(徳島)
太西丸 TAISEI MARU 船客 114

SNo.183 新京丸 SHINKYO MARU (1933)

新京丸
新京丸 Shinkyo Maru
38159/JJQF トロール漁船 422G/T 起工 1932.11.11(昭7) 進水 1933.1.31(昭8) 竣工 1933.3.23(昭8)
Lpp 45.72 B 7.77 D 4.34 m 主機 D 600BHP 1基 11.91kt
三菱合資会社彦島造船所(下関)建造 Sno.183 共同漁業株式会社(神戸)
新京丸 SHINKYO MARU
1936.11(昭11)ベンガル湾出漁

SNo.208 第二高島丸 TAKASHIMA MARU No.2 (1933)
38697/JHCF 貨物船 167G/T 154D/W 起工 1933.6.7(昭8) 進水 1933.8.15(昭8) 竣工 1933.9.16(昭8)
Lpp 32.61 B 6.10 D 3.12 m 主機 D 三菱神戸 270BHP 1基 9/10kt
三菱合資会社彦島造船所(下関)建造 Sno.208 宇和島運輸株式会社(宇和島)
第二高島丸 TAKASHIMA MARU No.2

SNo.209 第三高島丸 TAKASHIMA MARU No.3 (1933)
38698 貨物船 175G/T 154D/W 起工 1933.6.7(昭8) 進水 1933.8.15(昭8) 竣工 1933.9.16(昭8)
Lpp 32.61 B 6.10 D 3.12 m 主機 D 三菱神戸 270BHP 1基 9/10kt
三菱合資会社彦島造船所(下関)建造 Sno.209 宇和島運輸株式会社(宇和島)
第三高島丸 TAKASHIMA MARU No.3

SNo.206 江口丸 EGUCHI MARU (1933)
38650/JEDK 貨物船 180G/T 250D/W 起工 1933.8.9(昭8) 進水 1933.9.20(昭8) 竣工 1933.10.10(昭8)
Lr 33.53 B 6.40 D 3.40 m 主機 D 鐘渕ディーゼル 250BHP 8/10kt
三菱合資会社彦島造船所(下関)建造 Sno.206 徳山運輸株式会社(徳山)
江口丸 EGUCHI MARU

三菱重工業株式会社彦島造船所

SNo.228 加美丸 KAMI MARU (1934)
39840/JXFJ 貨物船 199G/T 起工 1934.7.23(昭9) 進水 1934.10.20(昭9) 竣工 1934.12.27(昭9)
Lpp 30.40 B 6.80 D 3.20 m 主機 E 発動機 150/200HP 9.93kt
三菱重工業株式会社彦島造船所(下関)建造 Sno.228 山田商店(下関)
加美丸 KAMI MARU 中央汽船の所有か運航か不詳
1935(昭10)上繁船舶部(下関)に売却
1943.12.2(昭18)海軍徴用船として運行中、ブーゲンビル島で空爆により沈没

第五江口丸 EGUCHI MARU No.5 (1935)
61343 貨物船 230G/T 291D/W 進水 1935(昭10)
Lr 36.65 B 6.40 D 3.05 m 主機 D 阪神鐵工所 8/10.6kt
三菱重工業株式会社彦島造船所(下関)建造 神港商船株式会社(神戸)
第五江口丸 EGUCHI MARU No.5

金城丸 KINJO MARU (1935)
JICG 貨物船 330G/T 364D/W 進水 1935(昭10)
Lpp 41.15 B 7.16 D 3.66 m 主機 D 阪神内燃機 540BHP 10/11kt
三菱重工業株式会社彦島造船所(下関)建造 新西日本汽船株式会社(下関)
金城丸 KINJO MARU

大鷹丸 OTAKA MARU (1937)
43639/JJCJ 曳船 12G/T 進水 1937(昭12)
Lr 24.38 B 6.40 D 3.35 m 主機 R 3連成 久保田鐵工所 160IHP 7/8kt
三菱重工業株式会社彦島造船所(下関)建造 三菱重工業株式会社彦島造船所(下関)
大鷹丸 OTAKA MARU

SNo.262 静波丸 (1) SEIHA MARU (1938)

静波丸
静波丸 Seiha Maru
日本サルヴェージの最初の新造船で、かつ昭和初期のわが国の代表的なサルベージ船。救助作業に必要な十分な復原性と耐波性を有し、強力なトーイングフック、発動機艇2隻等の救助用具を装備していた。定繋港は門司。
45075/JMCM 救助船 984G/T 起工 1937.10.2(昭12) 進水 1938.3.17(昭13) 竣工 1938.6.29(昭13)
Lpp 59.44 B 10.67 D 5.18 m 主機 R 3連成 1,000IHP 2基 14.64kt
三菱重工業株式会社彦島造船所(下関)建造 Sno.262 日本サルヴェージ株式会社(東京)
静波丸 SEIHA MARU
1942(昭17)社名変更に伴い日本海難救助(株)(東京)に移籍
1946.7.21(昭21)バタビアで連合軍に接収

SNo.288 金鈴丸 KINREI MARU (1941)
48898/JAPR 油槽船 867G/T 起工 1940.9.17(昭15) 進水 1941.7.25(昭16) 竣工 1941.10.15(昭16)
Lpp 58.00 B 10.00 D 4.90 m 主機 D 600HP 1基 10/12.03kt
三菱重工業株式会社彦島造船所(下関)建造 Sno.288 旭石油株式会社(東京)
金鈴丸 KINREI MARU
1942.7(昭17)昭和石油(株)(東京)の設立に伴い移籍
1944.6.13(昭19)日本油槽船(株)(東京)の設立に伴い移籍
1945.4.8(昭20)マレー半島(8.15N,102.0E)で米潜HAMMERHEAD(SS-364)の雷撃により沈没

SNo.299 阿多田丸 ATADA MARU (1943)
60328/JGXU 旅客船 282G/T 69D/W 進水 1943.3.27(昭18) 竣工 1943.6(昭18)
Lpp 34.20 B 6.82 D 3.51 m 主機 D 阪神鐵工所 800BHP 2基 12/14kt
三菱重工業株式会社彦島造船所(下関)建造 Sno.299 九州郵船株式会社(福岡)
阿多田丸 ATADA MARU 300トン型曳船兼交通船第1545号 SCAJAP No.A028

寳山丸一號型 2隻 HOZAN MARU No.1 Class (1943)
油槽船 Lpp 58.00 B 10.00 D 4.90 m 主機 D 三菱神戸6P41/60 1基
三菱重工業株式会社彦島造船所(下関)建造 丸善石油株式会社(大阪)
Sno.291 寳山丸一號 HOZAN MARU No.1 868G/T 750BHP 12.56kt
起工 1942.12.1(昭17) 進水 1943.5.4(昭18) 竣工 1943.7.10(昭18) 寳山丸一號 HOZAN MARU No.1
1944.6.13(昭19)日本油槽船(株)(東京)の設立に伴い移籍
1945.1.23(昭20)スマトラのパンカランススで触雷、沈没
Sno.292 寳山丸二號 HOZAN MARU No.2 49794/JOVR→JQHM 876G/T 1,250D/W 750BHP 9/12.2kt
起工 1943.1.30(昭18) 進水 1943.7.3(昭18) 竣工 1943.9.10(昭18) 寳山丸二號 HOZAN MARU No.2
1944.6.13(昭19)日本油槽船(株)(東京)の設立に伴ない移籍
1959.5(昭34)宝洋海運産業(株)(東京)に売却
1965(昭40)竹林利祐(和歌山、湯浅)に売却
1966(昭41)島津海運(株)(東京)の所有の後、解体
寳山丸二號
寳山丸二號 Hozan Maru No.2

三菱重工業株式会社下関造船所

赤間丸 AKAMA MARU (1946)
58199/JPVB 貨物船 593G/T 378D/W 進水 1946(昭21)
Lr 49.48 B 9.50 D 5.10 m 主機 R 3連成 播磨造船所 8/9kt
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 三菱重工業株式会社下関造船所(下関)
赤間丸 AKAMA MARU

SNo.324 利根丸 TONE MARU (1946)
トロール漁船 533G/T 起工 1944.9.10(昭19) 進水 1945.1.20(昭20) 竣工 1946.2.16(昭21)
Lpp 50.00 B 8.20 D 4.50 m 主機 D 550BHP
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 Sno.324 日本水産株式会社(東京)
利根丸 TONE MARU

第一黒潮丸 KUROSHIO MARU No.1 (1947)
60859/JHYC 漁獲物運搬船 180G/T 152D/W 進水 1947(昭22)
Lr 35.00 B 6.10 D 3.14 m 主機 D 民生産業隅田工場 276NHP 11/12.45kt
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 日本水産株式会社(東京)
第一黒潮丸 KUROSHIO MARU No.1

第二黒潮丸 KUROSHIO MARU No.2 (1947)
60860/JILC 漁獲物運搬船 180G/T 152D/W 進水 1947(昭22)
Lr 35.00 B 6.10 D 3.14 m 主機 D 鐘渕ディーゼル 276BHP 11/12.45kt
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 日本水産株式会社(東京)
第二黒潮丸 KUROSHIO MARU No.2

SNo.460 和洋丸 WAYO MARU (1948)
以西底びき網漁船 99G/T 起工 1947.5.22(昭22) 進水 1948.6.12(昭23) 竣工 1948.8.30(昭23)
Lpp 28.00 B 5.40 D 2.70 m 主機 D 250BHP 10.92kt
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 Sno.460 和洋丸型 日本水産株式会社(東京)
和洋丸 WAYO MARU

SNo.461 順洋丸 JUNYO MARU (1948)

順洋丸
順洋丸 Junyo Maru
以西底びき網漁船 99G/T 起工 1947.5.22(昭22) 進水 1948.6.12(昭23) 竣工 1948.8.30(昭23)
Lpp 28.00 B 5.40 D 2.70 m 主機 D 250HP 11.49kt
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 Sno.461 和洋丸型 日本水産株式会社(東京)
順洋丸 JUNYO MARU

信濃丸 SHINANO MARU (1948)

信濃丸
信濃丸 Shinano Maru
62866/JBUT トロール漁船 538G/T 起工 1944.12(昭19) 進水 1945.5(昭20) 竣工 1948.12.18(昭23)
Lpp 50.70 B 8.20 D 4.50 m 主機 D サクション瓦斯 750BHP 1基 10/12.3kt
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 日本水産株式会社(東京)
信濃丸 SHINANO MARU SCAJAP No.S249

伏見丸 FUSHIMI MARU (1949)

伏見丸
伏見丸 Fushimi Maru
62865/JBTT トロール漁船 273G/T 195D/W
起工 1948.8.17(昭23) 進水 1948.12.16(昭23) 竣工 1949.1.31(昭24)
Lpp 38.50 B 7.20 D 4.05 m 主機 D 江南鐵工所 550BHP 9.5/10.7kt
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 日本水産株式会社(東京)
伏見丸 FUSHIMI MARU

SNo.465 鏡山丸 KAGAMIZAN MARU (1949)

鏡山丸
鏡山丸 Kagamizan Maru
63995/JAEK 貨物船 695G/T 981D/W
起工 1948.10.19(昭23) 進水 1949.3.21(昭24) 竣工 1949.5.31(昭24)
Lpp 58.00 B 9.40 D 4.50 m 主機 R 3連成 三菱長崎 600IHP 1基 12.68kt
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 Sno.465 鶴丸汽船株式会社(若松)
鏡山丸 KAGAMIZAN MARU 3次KF
1956.7.28(昭31)改造、主機換装 731.88G/Tに変更。
1966.5.12(昭41)三興海運(名古屋)に売却

長有丸 CHOYU MARU (1949)
63427/JEGV 貨物船 695G/T 1,004D/W 進水 1949.6(昭24) 竣工 1949.8(昭24)
Lpp 58.00 B 904.00 D 4.50 m 主機 R 3連成 藤岡鐵工所 550IHP 1基 10.5/12.5kt
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 九州商船株式会社(大阪)
長有丸 CHOYU MARU 4次KF
1952(昭27)主機をD 広海軍工廠に換装(時期不詳)

ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.10