船歴 本邦建造船88 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

三菱重工業株式会社下関造船所

SNo.623 伊豆丸 IZU MARU (1966)

伊豆丸
伊豆丸 Izu Maru
98389/JFCH 木材運搬船 3,568G/T 5,683D/W
起工 1965.10.12(昭40) 進水 1966.1.11(昭41) 竣工 1966.3.12(昭41)
Lpp 98.00 B 15.40 D 8.20 m 主機 D 三菱横浜M.A.N. T5Z48/80 3,250PS 1基 12.6/15.77kt
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 Sno.623 東京船舶株式会社(東京)
伊豆丸 IZU MARU
1971.12(昭46)P.T.PAHOKA,Indonesiaに売却、DAYAKA SATUと改名
1982(昭57)P. T. Pelayaran Nusantara Sejati,Indonesiaに売却、DAYAKAと改名
1983.12.26(昭58)スラバヤで解体開始

土佐丸型 2隻 TOSA MARU Class (1966 - 1967)

土佐丸
土佐丸 Tosa Maru

1981.9.19 宇野港
客載車輌渡船 Lpp 84.00 B 15.80 D 5.45 m 伊予丸型 日本国有鉄道(東京)
Sno.619 土佐丸 TOSA MARU 98380/JQDH 3,083G/T
主機 D 三井B&W 1426MTBF40V 4,620PS 2基 15.25/16.34kt
起工 1965.7.16(昭40) 進水 1965.12.11(昭40) 竣工 1966.3.30(昭41)
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 土佐丸 TOSA MARU
Sno.645 阿波丸 AWA MARU 100943/JG2436 3,082G/T
主機 D 三井B&W 1426MTBF40V 4,620PS 2基 15.25/16.21kt
起工 1967.3.3(昭42) 進水 1967.5.25(昭42) 竣工 1967.9.14(昭42)
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 阿波丸 AWA MARU
阿波丸
阿波丸 Awa Maru

1981.9.20 高松港

SNo.635 日東丸 NITTO MARU (1966)

日東丸
日東丸 Nitto Maru
99877/JRIK 貨物船 4,244G/T 6,536D/W
起工 1966.6.28(昭41) 進水 1966.8.20(昭41) 竣工 1966.11.4(昭41)
Lpp 105.00 B 16.60 D 8.40 m 主機 D 三菱神戸 6UD45 3,300PS 1基 13/15.89kt
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 Sno.635 大日海運株式会社(神戸)
日東丸 NITTO MARU
1974(昭49)丸栄企業(株)(東京)に売却
1974.6.11(昭49)日本郵船(株)(東京)に売却
1975(昭50)Knossos Marine Corp., Greeceに売却、PANELと改名
1981(昭56)Nick Lines Co. Ltd., Cyprusに売却、NIKOSNASOS Uと改名
1982.3.7(昭57)大西洋(39-09N, 25-22E)で遭難、沈没
1983(昭58)Lloyd's Register 1983-1984年版より削除

SNo.633 ケーディーディー丸 KDD MARU (1967)

ケーディーディー丸
ケーディーディー丸 Kdd Maru
ケーブル敷設船 4,299G/T 起工 1966.11.5(昭41) 進水 1967.2.25(昭42) 竣工 1967.6.29(昭42)
Lpp 100.00 B 15.40 D 7.90 m 主機 D 三菱UE 6UET39/55 2,200PS 2基 15.4/17.03kt
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 Sno.633 国際ケーブルシップ株式会社
ケーディーディー丸 KDD MARU

SNo.658 あまみ丸 AMAMI MARU (1968)
貨客船 714G/T 823D/W 起工 1967.9.21(昭42) 進水 1967.12.20(昭42) 竣工 1968.3.18(昭43)
Lpp 75.00 B 12.00 D 5.50 m 主機 D 三菱横浜M.A.N. T5Z48/80 3,500/3,900PS 1基 17/18.99kt
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 Sno.658 大島運輸株式会社(鹿児島)
あまみ丸 AMAMI MARU 船客 457(近海) 513(沿海)

かみしほ丸型 2隻 KAMISHIHO MARU Class (1968)
フェリー Lpp 65.00 B 13.00 D 4.80 m 主機 D ダイハツ 2基
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 淡路フェリーボート株式会社(神戸)
Sno.663 かみしほ丸 KAMISHIHO MARU 104704/JJ2290 1,067G/T 301D/W 1,330PS 14/16.22kt
起工 1968.3(昭43) 進水 1968.6(昭43) 竣工 1968.7(昭43) かみしほ丸 KAMISHIHO MARU 普) 39
1968.7.20(昭43)須磨/大磯航路に就航
Sno.664 いそしほ丸 ISOSHIHO MARU 104770/JJ2328 1,069G/T 301D/W 1,330PS 15/15.73kt
起工 1968.6(昭43) 進水 1968.11(昭43) 竣工 1968.12(昭43) いそしほ丸 ISOSHIHO MARU 普) 39
1968.12.24(昭43)須磨/大磯航路に就航
いそしほ丸
いそしほ丸 Isoshiho Maru

1975.11.9 大磯港 - T.Ueno

ときしほ丸型 4隻 TOKISHIHO MARU Class (1969 - 1971)
フェリー Lpp 65.00 B 12.40 D 4.80 m 主機 D ダイハツ 2基
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 淡路フェリーボート株式会社(神戸)
ときしほ丸 TOKISHIHO MARU 104841/JJ2437 992G/T 676D/W 1,330PS 14/16.34kt
起工 1969.2(昭44) 進水 1969.5(昭44) 竣工 1969.7(昭44) ときしほ丸 TOKISHIHO MARU 普) 56
せとしほ丸 SETOSHIHO MARU 107701/JJ2526 990G/T 385D/W 1,330PS 14/16.13kt
起工 1969.11(昭44) 進水 1970.2(昭45) 竣工 1970.3(昭45) せとしほ丸 SETOSHIHO MARU 普) 56
Sno.1699 やえしほ丸 YAESHIHO MARU 110236/JJ2707 999G/T 1,330PS 14/16.21kt
起工 1970.9.12(昭45) 進水 1970.12.12(昭45) 竣工 1971.2.26(昭46) やえしほ丸 YAESHIHO MARU 船客 710 ト)20 普)30
1971.2.28(昭46)阿那賀/亀浦航路に就航
やえしほ丸
やえしほ丸 Yaeshiho Maru

1978.3.17 阿那賀港
やすしほ丸 YASUSHIHO MARU 110292/JJ2726 999G/T 644D/W 1,330PS 14/16.3kt
起工 1970.12(昭45) 進水 1971.3(昭46) 竣工 1971.5(昭46) やすしほ丸 YASUSHIHO MARU ト)13 普)30

SNo.660 さまらん丸 (2) SAMARANG MARU (1969)

さまらん丸
さまらん丸 Samarang Maru

1973.3.29 神戸港 - K.Sato
106126/JGDI 貨物船 6,820G/T 9,772D/W
起工 1969.2.1(昭44) 進水 1969.5.7(昭44) 竣工 1969.8.18(昭44)
Lpp 121.00 B 18.40 D 11.20 m 主機 D 三菱横浜M.A.N. R6V40/54 6,720PS 1基 15.4/18.2kt
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 Sno.660 東京船舶株式会社(東京)
さまらん丸 SAMARANG MARU 24次
1979.4(昭54)Triones Shipping Co. S.A.,Panamaに売却、MATTYと改名
1984(昭59)Carnelian Navigation S.A.,Panamaに売却
1985.4.19(昭60)解体のため台湾の高雄に到着

SNo.688 第一セントラル CENTRAL No.1 (1971)
110216/JJ2702 フェリー 5,743G/T 2,660D/W
起工 1970.6.25(昭45) 進水 1970.11.14(昭45) 竣工 1971.3.29(昭46)
Lpp 118.00 B 22.00 D 8.00 m 主機 D 三菱神戸 9MT50C 7,500PS 2基 19.5/22.6kt
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 Sno.688 セントラルフェリー株式会社(神戸)
第一セントラル CENTRAL No.1 特別室 4 船客 1等 54 普 416

SNo.687 ちえりぼん丸 (2) TJIREBON MARU (1971)
110935/JCJH 貨物船 6,819G/T 9,559D/W
起工 1971.4.1(昭46) 進水 1971.4.20(昭46) 竣工 1971.6.29(昭46)
Lpp 121.00 B 18.40 D 11.20 m 主機 D 三菱Sulzer 6RD68 6,120/7,200PS 1基 15.3/18.39kt
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 Sno.687 東京船舶株式会社(東京)
ちえりぼん丸 TJIREBON MARU 27次
1980.3(昭55)Tejo Shipping Co. S. A.に売却

SNo.689 第六セントラル CENTRAL No.6 (1971)

第六セントラル
えめらるど Emerald

1979.9.2 横浜港
112501/7MEP フェリー 6,153G/T 2,419D/W
起工 1971.5.20(昭46) 進水 1971.8.20(昭46) 竣工 1971.11.25(昭46)
Lpp 118.00 B 22.00 D 8.00 m 主機 D 三菱重工 9MT50 7,500PS 2基 19.5/22.67kt
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 Sno.689 セントラルフェリー株式会社(東京)
第六セントラル CENTRAL No.6
1973(昭48)有村産業(株)(那覇)に売却、えめらるど EMERALD と改名

SNo.726 新さくら丸 SHIN SAKURA MARU (1973)

新さくら丸
新さくら丸 Shin Sakura Maru
外洋を高速で航行するため耐航性能と安全性が重視された貨客船。コンテナの積載のため右舷後部にランプゲートを有した。
114327/7MEC 貨客船 4,997G/T 2,863D/W
起工 1973.1.10(昭48) 進水 1973.3.5(昭48) 竣工 1973.5.31(昭48)
Lpp 127.00 B 16.80 D 7.20 m 主機 D 三菱横浜 8UEC52/1050 7,200PS 2基 22.5/24.66kt
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 Sno.726 大島運輸株式会社(那覇)
新さくら丸 SHIN SAKURA MARU 船客 1288
1973(昭48)東京/那覇航路に就航

SNo.727 白嶺丸 HAKUREI MARU (1974)

白嶺丸
白嶺丸 Hakurei Maru

1987.11.10 船橋港
116256/JBHT 地質調査船 1,821G/T 936D/W
起工 1973.4.19(昭48) 進水 1973.10.16(昭48) 竣工 1974.3.31(昭49)
Lpp 77.00 B 13.40 D 7.80 m 主機 D 三菱UE 6UET45/75C 3,230/3,800PS 1基 15/17.78kt
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 Sno.727 金属鉱業事業団(東京)
白嶺丸 HAKUREI MARU 日本海事興業裸用船 研究員20 職員11 部員24

SNo.1754 檜山丸 (2) HIYAMA MARU (1976)

檜山丸
檜山丸 Hiyama Maru

1979.8.24 函館港
119168/JJRE 車輌渡船 4,107G/T 起工 1975.10.16(昭50) 進水 1976.4.15(昭51) 竣工 1976.7(昭51)
Lpp 136.00 B 18.40 D 7.20 m 主機 D ダイハツ6DSM32 12,800PS 8基 2軸 18.2/21.7kt
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 Sno.1754 渡島丸型 日本国有鉄道(東京)
檜山丸 HIYAMA MARU
1999(平11)SECHOと改名
1999(平11)RISING STAR IIIと改名。同年、RISING STAR Vと改名
2000(平12)PT Prima Vista,Indonesiaに売却、MANDIRI NUSANTARAと改名

SNo.791 すとれちあ丸 SUTORETIA MARU (1978)

すとれちあ丸
すとれちあ丸 Sutoretia Maru
121478/JQIH 貨客船 3,700G/T 918D/W
起工 1977.10.4(昭52) 進水 1977.12.24(昭52) 竣工 1978.4.10(昭53)
Lpp 100.00 B 15.20 D 6.20 m 主機 D 神戸発動機 8UET45/80D 4,930/5,800PS 2基 20.3/21.8kt
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 Sno.791 東海汽船株式会社(東京)
すとれちあ丸 SUTORETIA MARU 船客 2,250
1978.4.10(昭53)船舶整備公団(東京)と共有
1978(昭53)東京/三宅島/八丈島航路に就航
1995.2.25(平7)三宅島阿古港に入港中午前4時35分ころ防波堤の北西約500m付近(水深5m)で座礁、機関室の船底破損、浸水

やひこ PL104 YAHIKO (1978)

やひこ PL104
やひこ PL104 Yahiko

1985.5.12 東京湾・羽田沖
121655/JQWN 巡視船 959G/T 起工 1978.5(昭53) 進水 1978.7(昭53) 竣工 1978.11(昭53)
Lpp 73.20 B 9.60 D 5.30 m 主機 D 新潟鉄工 7,000BHP 2基 19.5/20.24kt
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 しれとこ PL101型 運輸省海上保安庁(東京)
やひこ PL104 YAHIKO 1000トン型 武器:40mm機関砲x1,20mm機銃x1

SNo.802 おがさわら丸 (1) OGASAWARA MARU (1979)

おがさわら丸
おがさわら丸 Ogasawara Maru
121704/JRBM 貨客船 3,553G/T 起工 1978.8.22(昭53) 進水 1978.12.20(昭53) 竣工 1979.3.23(昭54)
Lpp 100.00 B 15.20 D 6.20 m 主機 D 神戸発動機 8UET45/80 11,600BHP 2基 20.7/21.77kt
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 Sno.802 小笠原海運株式会社(東京)
おがさわら丸 OGASAWARA MARU 船客 特等)25 特1等)8 1等)231 2等)777 東京/父島航路
1979.3.23(昭54)船舶整備公団(東京)と共有
1979.4.2(昭54)東京/父島航路に就航
1981.2(昭56)下田船渠にて船尾端バルブ(SEB)を装着
1981.6(昭56)八丈島島民の小笠原訪問のため初めて八丈島帰港(以降毎年1回6月実施)
1998(平10)Sulpicio Lines Inc.(Philippines)に売却、PRINCESS OF THE CARIBBEANと改名。同年、Rio Grande Shg. Overseas Corp. S. A.(Philippines)に売却

瀬戸内丸 SETOUCHI MARU (1979)
123560/JG3960 ケーブル敷設船 818G/T 538D/W
起工 1979.3(昭54) 進水 1979.7(昭54) 竣工 1979.12(昭54)
Lpp 55.20 B 11.30 D 4.70 m 主機 D ダイハツ 1,300PS 2基 12/12.4kt
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 日本電信電話公社(東京)
瀬戸内丸 SETOUCHI MARU 建造所:幸陽船渠
1999(平11)New Ocean Maritime Inc.,Panamaに売却、SETOUCHI SURVEYORと改名
2009.6.11(平21)解体のため中国に売却、Jiangyinに到着

SNo.819 シーホーク 2 SEA HAWK 2 (1980)

シーホーク 2
シーホーク 2 Sea Hawk 2

1982.8.23 熱海港
123690/JG4052 軽合金旅客船 519G/T
起工 1979.11.13(昭54) 進水 1980.2.13(昭55) 竣工 1980.5.15(昭55)
Lpp 44.00 B 8.20 D 3.90 m 主機 D 2,420PS 2基 26.5/30.6kt
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 Sno.819 東海汽船株式会社(東京)
シーホーク 2 SEA HAWK 2 船客 401
1980.5.15(昭55)船舶整備公団(東京)と共有
1994.8(平6)売却
1995(平7)船名録より削除

SNo.834 ぱしふいつく丸 PACIFIC MARU (1981)
125081/JJGL セミコンテナ船 17,137G/T
起工 1980.11.27(昭55) 進水 1981.4.7(昭56) 竣工 1981.7.23(昭56)
Lpp 160.00 B 27.00 D 14.50 m 主機 D 11,010/12,950BHP 17.67/19.91kt
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 Sno.834 大阪商船三井船舶株式会社(東京)
ぱしふいつく丸 PACIFIC MARU 36次
1981.7.23(昭56)日本海汽船(株)(東京)と共有
1989.4(平1)大阪商船三井船舶(東京)と国際マリントランスポート(株)(東京)の共有に変更
1993(平5)在籍船

SNo.835 ぱなま丸 (3) PANAMA MARU (1981)
125119/JCBH セミコンテナ船 17,139G/T
起工 1981.2.4(昭56) 進水 1981.7.7(昭56) 竣工 1981.10.20(昭56)
Lpp 160.00 B 27.00 D 14.50 m 主機 D 11,010/12,950BHP 17.5/19kt
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 Sno.835 大阪商船三井船舶株式会社(東京)
ぱなま丸 PANAMA MARU 36次
1981.10.20(昭56)新栄船舶(株)(東京)と共有
1993(平5)在籍船

天鷹丸 TENYO MARU (1985)
漁業練習船 716G/T 竣工 1985(昭60)
Lpp 62.60 B 10.40 D 6.40 m 13kt
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 農林水産省
天鷹丸 TENYO MARU 国際総トン数 1,020ton 乗組員30 教官5 学生48

SNo.900 白竜丸 HAKURYU MARU (1988)
130199/JNJE 漁業取締船 1,299G/T 起工 1987.2(昭62) 進水 1987.11(昭62) 竣工 1988.5(昭63)
Lpp 70.60 B 12.40 D 6.29 m 14/18.89kt
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 Sno.900 農林水産省(東京)
白竜丸 HAKURYU MARU

SNo.905 あぜりあ丸 AZERIA MARU (1988)

あぜりあ丸
あぜりあ丸 Azeria Maru

2012.8.23 下田港
130198/JG4734 貨客船 480G/T 285D/W
起工 1987.9.21(昭62) 進水 1987.10.22(昭62) 竣工 1988.2.17(昭63)
Lpp 51.00 B 9.00 D 4.10 m 主機 D 新潟鉄工 6M34AGT 2,000PS 1基 15/16.17kt
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 Sno.905 神新汽船株式会社(東京)
あぜりあ丸 AZERIA MARU 下田/神津島/式根島/新島/利島/下田航路(2012年現在)

SNo.919 かとれあ丸 2 CATTLEYA MARU 2 (1988)

かとれあ丸 2
かとれあ丸 2 Cattleya Maru 2

1991.12.15 熱海港
かとれあ丸(1)の代船として建造
130259/JG4800 旅客船 2,589G/T 起工 1988.4.8(昭63) 進水 1988.8.2(昭63) 竣工 1988.12.9(昭63)
Lpp 83.00 B 13.40 D 6.30 m 主機 D 3,000PS 2基 17.5/18.9kt
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 Sno.919 東海汽船株式会社(東京)
かとれあ丸 2 CATTLEYA MARU 2 船客 1462
1988.12.9(昭63)船舶整備公団(東京)と共有
1988(昭63)熱海/大島航路に就航
1998.7.1(平10)かとれあ丸 CATTLEYA MARU (2) と改名

SNo.933 ヴァン テ アン VINGT ET UN (1989)

ヴァン テ アン
ヴァン テ アン Vingt Et Un

1989.12.24 竹芝客船ターミナル
レストラン船
131933/JG4912 旅客船 1,717G/T 起工 1989.4.14(平1) 進水 1989.8.3(平1) 竣工 1989.9.29(平1)
Lpp 55.00 B 13.00 D 4.70 m 主機 D 600PS 2基 11.5/12.28kt
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 Sno.933 東海汽船株式会社(東京)
ヴァン テ アン VINGT ET UN 船客 540
1989.10.23(平1)就航

さろま PS02 SAROMA (1989)

さろま PS02
さろま PS02 Saroma

風の塔(川崎人工島)の前を横浜港に向けひた走る根室海上保安部所属の180トン型巡視船さろま(PS02) 2012.6.2
軽合金巡視船 180G/T 進水 1989(昭64) 竣工 1989.11.24(平1)
Loa 43.00 B 7.50 D 4.00 m 主機 D 船体中央にウォータージェットを有す 8,900PS 3基 2軸 35kt
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 みはし PS02型(180トン型) 運輸省海上保安庁
さろま PS02 SAROMA
1989(昭64)根室海上保安部所属

SNo.952 はまゆう丸 2 HAMAYU MARU 2 (1991)

はまゆう丸 2
はまゆう丸 2 Hamayu Maru 2

1995.7.16 大島沖
132797/JG5032 旅客船 882G/T 起工 1990.7.24(平2) 進水 1990.10.24(平2) 竣工 1991.1.17(平3)
Lpp 60.00 B 10.50 D 4.40 m 主機 D 2,550/3,000PS 1基 15.3/17.16kt
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 Sno.952 東海汽船株式会社(東京)
はまゆう丸 2 HAMAYU MARU 2 船客 650
1991.1.17(平3)船舶整備公団(東京)と共有
1998(平10)はまゆう丸 HAMAYU MARU (2) と改名

SNo.971 さるびあ丸2 SALVIA MARU 2 (1992)

さるびあ丸2
さるびあ丸2 Salvia Maru 2

Tokai Kisen
133817/JG5174 旅客船 4,965G/T 1,216D/W
起工 1992.3.28(平4) 進水 1992.8.18(平4) 竣工 1992.12.2(平4)
Lpp 108.00 B 15.20 D 8.75 m 主機 D 神戸発動機 8UEC37LA 11,200PS 2基 20/21.85kt
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 Sno.971 東海汽船株式会社(東京)
さるびあ丸2 SALVIA MARU 2 船客 2044
1998.7.1(平10)さるびあ丸 SALVILA MARU と改名
2010(平22)改装
2013(平25)東京/三宅島/八丈島航路に就航。同年、在籍船

蒼鷹丸 (4) SOYO MARU (1994)
漁業調査船 892G/T 竣工 1994.10(平6)
Lpp 60.00 B 11.40 m 1,600HP 2基 14/16.5kt
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 農林省(東京)
蒼鷹丸 SOYO MARU 25/35

たか丸 (3) TAKA MARU (1995)
軽合金漁業調査船 61G/T 竣工 1995.3(平7)
Lpp 25.00 B 5.20 m 主機 D 1,000BHP 12/13.4kt
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 農林省(東京)
たか丸 TAKA MARU 定員4/15

SNo.1030 おがさわら丸 (2) OGASAWARA MARU (1997)
135861/JLO 貨客船 6,700G/T 1,488D/W 起工 1996.6(平8) 進水 1996.11(平8) 竣工 1997.2.20(平9)
Lpp 120.00 B 17.20 D 9.25 m 主機 D 日本鋼管 18PC-6V 27,000BHP 2基 22.5/24.74kt
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 Sno.1030 小笠原海運株式会社(東京)
おがさわら丸 OGASAWARA MARU 小型コンテナ、雑貨 普)5 船客 1043
1997.2(平9)(独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構(横浜)と共有
2004(平16)改造

SNo.1033 航洋丸 KOYO MARU (1998)
136582/JLSC W作業船;曳/救助兼用 2,096G/T 起工 1997.10(平9) 進水 1998.2(平10) 竣工 1998.6(平10)
Lpp 77.00 B 14.50 D 6.70 m 主機 D ダイハツ 8DML-40A 5,000PS 2基 16.2/18.15kt
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 Sno.1033 日本航洋曳船株式会社(東京)
航洋丸 KOYO MARU
1998.6(平10)日本サルヴェージ(株)(東京)と共有

白鷺 SHIRASAGI (2005)
140149/7JAS アルミニウム漁船 149G/T 起工 2004.11(平16) 進水 2005.1(平17) 竣工 2005.3(平17)
Lpp 39.00 B 6.70 D 3.38 m 主機 MTU MTU16V4000M20 4,946KW 35/38kt
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 農林水産省(東京)
白鷺 SHIRASAGI 滑走型高速艇

橘丸 (3) TACHIBANA MARU (2014)

橘丸
橘丸 Tachibana Maru

2014.4.3 - 東海汽船新船プロジェクト
タンデム・ハイブリッド型CRP推進方式(電動駆動プロペラ(アジマス推進器))
貨客船 5,681G/T 起工 2013.3(平25) 進水 2013.11.6(平25) 竣工 2014.6.4(平26)
Loa 118.00 B 17.00 D 8.95 m 4,350KW 1基 19kt
三菱重工業株式会社下関造船所(下関)建造 東海汽船株式会社(東京)
橘丸 TACHIBANA MARU 船客 596
2001.6.27(平13)伊豆七島航路(東京/三宅島/御蔵島/八丈島)に就航

三菱重工業株式会社七尾造船所

七尾丸 NANAO MARU (1946)
漁業調査船 20G/T 竣工 1946.9(昭21)
Lpp 14.90 B 3.60 m 主機 H 焼玉 75HP 10.3kt
三菱重工業株式会社七尾造船所(七尾)建造 農林省(東京)
七尾丸 NANAO MARU
1956.11(昭31)用途廃止

ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.10