船歴 本邦建造船91 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

山本造船株式会社

徳島丸 TOKUSHIMA MARU (1943)
50987/JIYP 救助船 921G/T 1,316D/W 進水 1943(昭18)
Lpp 60.30 B 10.00 D 5.20 m 主機 R 3連成 きしろ機械 10/11kt
山本造船株式会社(高知)建造 株式会社岡田組(東京)
徳島丸 TOKUSHIMA MARU

神潮丸 SHINCHO MARU (1943)
59859/JEOV 貨物船 100G/T 120D/W 進水 1943(昭18)
Lpp 24.80 B 5.95 D 2.48 m 主機 D 新潟鉄工 150BHP 7/7.5kt
山本造船株式会社(高知)建造 三記商会(四日市)
神潮丸 SHINCHO MARU

宮島丸 MIYAJIMA MARU (1944)
51271/JNCD 救助船 922G/T 1,340D/W 進水 1944(昭19)
Lr 60.00 B 10.00 D 5.00 m 主機 R 3連成 きしろ機械 10/11kt
山本造船株式会社(高知)建造 株式会社岡田組(東京)
宮島丸 MIYAJIMA MARU

光洋丸 KOYO MARU (1948)
59728/JHJQ 貨物船 603G/T 857D/W 進水 1948.1(昭23) 竣工 1948.3(昭23)
主機 R
山本造船株式会社(高知)建造 高知汽船株式会社
光洋丸 KOYO MARU 1次KF SCAJAP No.K255
1948.3(昭23)船舶公団(東京)と共有
1953.2(昭28)主機をD サクシヨン瓦斯F6 550BHPに換装

福祥丸 FUKUSHO MARU (1948)

福祥丸
福祥丸 Fukusho Maru
62551/JFDM 貨物船 626G/T 897D/W 起工 1948.6.25(昭23) 進水 1948.11.6(昭23) 竣工 1948.12(昭23)
Lpp 53.00 B 8.60 D 4.30 m 主機 R 3連成 宮崎鐵工所 500IHP 1基 9.5/11.3kt
山本造船株式会社(高知)建造 日邦汽船株式会社(東京)
福祥丸 FUKUSHO MARU 2次 SCAJAP No.F049
1953.9(昭28)主機をD 新潟鐵工所 550BHPに換装
1964.1(昭39)三洋海運(株)(東京)に売却、第六富洋丸 FUYO MARU No.6 と改名
1965(昭40)日本で解体

神戸丸 KOBE MARU (1949)

神戸丸
神戸丸 Kobe Maru
64817/JBBG 貨物船 713G/T 1,010D/W 起工 1949.3(昭24) 進水 1949.5(昭24) 竣工 1949.6.18(昭24)
Lpp 56.00 B 9.10 D 4.60 m 主機 R 3連成 藤岡鐵工所 500NHP/550IHP 1基 9.5/1.5kt
山本造船株式会社(高知)建造 義勇海運株式会社(東京)
神戸丸 KOBE MARU 3次KF SCAJAP No.K307
1957(昭32)三洋海運(株)(東京)に売却、第二富洋丸 FUYO MARU No.2 と改名

新山本造船株式会社高知造船所

福宮山丸 FUKUMIYASAN MARU (1949)
63985 貨物船 332G/T 424D/W 進水 1949(昭24)
Lpp 41.32 B 7.00 D 3.30 m 主機 D 阪神内燃機 310HP 8/9kt
新山本造船株式会社高知造船所(高知)建造 福宮汽船株式会社(東京)
福宮山丸 FUKUMIYASAN MARU

株式会社新山本造船所

SNo.254 おうろら丸 AURORA MARU (1980)

おうろら丸
おうろら丸 Aurora Maru
123736/JLRJ コンテナ船 6,346G/T 8,376D/W
起工 1980.7.29(昭55) 進水 1980.11.12(昭55) 竣工 1980.12.26(昭55)
Lpp 125.00 B 21.00 D 8.10 m 主機 D 赤阪鉄工 7UEC45/115H 7,000PS 1基 13.8/17.67kt
株式会社新山本造船所(高知)建造 Sno.254 山下新日本汽船株式会社(東京)
おうろら丸 AURORA MARU 36次 500TEU
1980.12.26(昭55)飯野海運(株)(東京)と共有
1989.6.1(平1)合併に伴いナビックスライン(株)(東京)に移籍
1994.8.8(平6)Sedex Pte. Ltd.,Singaporeに売却、XOUR JAYAと改名
1996(平8)X-PRESS JAYAと改名
2000(平12)Seadex Pte. Ltd.,Singaporeに売却、TIGER SHARKと改名
2001(平13)SINGA JAYAと改名
2002(平13)X-PRESS KAVERIと改名
2008(平20)Temas Line,Indonesiaに売却、SUNGAI MASと改名
2012(平24)PT Pelayaran Tempuran Emas Tbk(TEMAS LINE),Indonesiaに移籍
2014.1(平24)解体業者へ売却

油谷重工株式会社

海國丸 KAIKOKU MARU (1948)
63377/JHCI 貨物船 323G/T 406D/W 進水 1948(昭23)
Lr 41.56 B 7.00 D 3.20 m 主機 D 久保田鉄工所 320BHP 8/9kt
油谷重工株式会社(東京)建造 豊国汽船(大阪)
海國丸 KAIKOKU MARU 曳船改造型

大阪商船会社西成工場

宇治川丸 UJIKAWA MARU (1888)
1079/HGPK 木造貨客船 268G/T 進水 1888.4(明21)
Lpp 39.93 B 5.49 D 4.57 m 主機 R 35IHP
大阪商船会社西成工場(大阪)建造 大和川丸型 有限会社大阪商船会社
宇治川丸 UJIKAWA MARU
1894.12.4(明27)愛媛県温泉郡西中島付近で火災、全損

大和川丸 (1) YAMATOGAWA MARU (1888)
1089/HGQB 木造貨客船 265G/T 進水 1888.12(明21)
Lpp 39.93 B 5.49 D 4.57 m 主機 R 35NHP/IHP
大阪商船会社西成工場(大阪)建造 大和川丸型 有限会社大阪商船会社(大阪)
大和川丸 YAMATOGAWA MARU
1915.3.27(大4)隠岐汽船(株)(隠岐)に売却
1915.9.28(大4)石見国久手から温泉津に向け航行中、降雨暗黒のために温泉津港口立島岩礁(132.45E,34.55N)で座礁、翌日沈没

株式会社原田造船所木津川工場

第七原田丸 HARADA MARU No.7 (1919)
25469/KNMV 貨物船 1,269G/T 進水 1919.5(大8)
Lpp 70.51(224'-88") B 9.58(31'-5") D 3.05(10'-00") m 主機 R 3連成 75NHP/710IHP 1基 8/9kt
株式会社原田造船所木津川工場(大阪)建造 櫻島丸型 株式会社原田造船所木津川工場(神戸)
第七原田丸 HARADA MARU No.7 ストックボート 船客 1等)8
1921.4(大10)原田汽船(株)(大阪)に売却
1940.4(昭15)解体のため売却

原田造船株式会社木津川工場

膠州丸 KOSHU MARU (1921)
28521/SJFK→JCMA 貨客船 1,921G/T 進水 1921.5(大10) 竣工 1921.9(大10)
Lpp 78.03 B 11.89 D 6.86 m 主機 R 130NHP/1,373IHP 11/12.5kt
原田造船株式会社木津川工場(大阪)建造 原田汽船株式会社(大阪)
膠州丸 KOSHU MARU
1925(大14)慶運丸と改名
1930.12.20(昭5)川崎汽船の下関/麗水航路に就航
1934(昭9)大阪商船の近海航路・大阪北鮮急航線に就航
1943.11.16(昭18)合併に伴ない大阪商船(株)会社(大阪)に移籍
1945.5.15(昭20)福岡県の壱岐島の北東(33.57N,129.51E)で空爆により沈没

鶴羽丸 TSURUHA MARU (1922)

鶴羽丸
鶴羽丸 Tsuruha Maru
28724/SLKJ→JRVE 貨客船 361G/T 92D/W 進水 1922.11.12(大11)
Lpp 39.62 B 6.86 D 4.42 m 主機 R 140IHP 1基 10/11kt
原田造船株式会社木津川工場(大阪)建造 攝陽商船株式会社(大阪)
鶴羽丸 TSURUHA MARU 船客 2等)58 3等)217 SCAJAP No.T077
1942.5.4(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴ない移籍
1951.8.21(昭26)小谷汽船(株)(大阪)に売却、貨物船に改造329G/T、主機をH 380 BHP1基に換装
1953(昭28)岸本熊一(不詳)に売却
1954(昭29)中野汽船(株)(門司)に売却
1958(昭33)登録抹消

第十八宇和島丸 UWAJIMA MARU NO.18 (1923)
28725/SLKM→JGTE 貨客船 885G/T 進水 1922.12(大11) 竣工 1923.2(大12)
Lpp 55.47 B 9.14 D 5.50 m 主機 R 1,053IHP 11.5/12.8kt
原田造船株式会社木津川工場(大阪)建造 宇和島運輸株式会社(宇和島)
第十八宇和島丸 UWAJIMA MARU NO.18 船客 1等 50 2等 103 3等 359
1941.12.17(昭16)海軍に徴傭、雑用船に入籍
1942.5.4(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴ない移籍
1945.6.24(昭20)海軍徴傭船として行動中、博多湾で触雷、沈没(関西汽船25年史)日本商船隊戦時遭難史では6.14となっている

攝州丸 SESSHU MARU (1927)
31574/TKCL→JOIH→JRLY 旅客船 406G/T 進水 1927.3.2(昭2) 竣工 1927(昭2)
Lpp 40.16 B 6.86 D 4.50 m 主機 R 666IHP 11/12kt
原田造船株式会社木津川工場(大阪)建造 攝陽商船株式会社(大阪)
攝州丸 SESSHU MARU SCAJAP No.S024 船客 2等)89 3等)224
1942.5.4(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴ない移籍
1951.3.20(昭26)日本興業(不詳)に売却登録抹消

藤間造船所

祥保丸型 2隻 SHOHO MARU Class (1918)

祥保丸
祥保丸 Shoho Maru
藤間造船所が建造した2,000重量トン級の同所の標準型貨物船。
貨物船 Lpp 67.06(220'-0") B 9.91(32'-6") D 6.40(21'-0") m 主機 R 3連成 1基
藤間造船所(大阪)建造
祥保丸 SHOHO MARU 23645/RDWH→JKIC 1,320G/T 2,190D/W 80NHP/650IHP 8/10kt
進水 1918.8(大7) 日下部汽船株式会社(神戸)
祥保丸 SHOHO MARU
1923(大12)近海郵船(株)(東京)に売却
1939.9.8(昭14)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1945.7.15(昭20)留萌から酒田に向け航行中、北海道西岸神威岬の東北東2浬(43.21N,140.24E)で空爆により沈没
第五萬世丸 BANSEI MARU No.5 24715/RLVG 1,373G/T 85/573HP 9/11kt
進水 1918.12(大7) 日下部汽船株式会社(南冨田)
第五萬世丸 BANSEI MARU No.5
1920(大9)Robert Cahen, Havreに売却、REDEMIROLと改名
1923(大12)Cie. des Vapeurs Francais & Soc. Navale du Nord, Havreに売却、VESTAと改名
1924(大13)Soc. Navale Nord-Africaine, Marseilleに売却、CHEVALIER ST. GEORGESと改名
1925(大14)Lewis SS. Co., Ltd. (T. Lewis), Cardiffに売却、CLEVEDONと改名
1928(昭3)D/S A/S Vossa (M. L. Schjelderup), Osloに売却、VOSSAと改名
1929(昭4)Rederi A/S Rosta (E. Mortensen & O. Thue), Osloに売却、ROSTAと改名
1935(昭10)Grimstadで解体

松田造船所

正和丸 SEIWA MARU (1917)

正和丸
正和丸 Seiwa Maru
22005/NRTW 貨物船 1,315G/T 2,010D/W 進水 1917.12(大6)
Lpp 69.19(227.00') B 10.68(35.05') D 5.79(19.00') m 主機 R 3連成 吉田鐵工所 90NHP/612IHP 1基 7.5/8.5kt
松田造船所(大阪)建造 勝田汽船株式会社(尼崎)
正和丸 SEIWA MARU
1946(昭21)三光汽船(株)(尼崎)の所有

第六霧島丸型 2隻 KIRISHIMA MARU No.6 Class (1918 - 1919)

第六霧島丸
信洋丸 Shinyo Maru
貨物船 Lpp 67.36(221.00') B 9.98(32.75') D 6.25(20.50') m 主機 R 3連成 1基
松田造船所(大阪)建造
第六霧島丸 KIRISHIMA MARU No.6 24270/RMJQ→JTUH 1,287G/T 2,133D/W 90NHP/700IHP 8.5/10kt
進水 1919.4(大8) 松田汽船株式会社(西宮)
第六霧島丸 KIRISHIMA MARU No.6 SCAJAP No.S058
1923(大12)松田商事(株)(神戸)の所有
1925(大14)岡田信吉(府中)に売却、信洋丸 SHINYO MARU と改名(売却、改名時期不詳)
1942(昭17)岡田海運(株)(境)に移籍、第一信洋丸 SHINYO MARU No.1 と改名(改名、移籍時期不詳)
1944.3.1(昭19)合併に伴い大光商船(株)(大阪)に移籍
1950.12.4(昭25)低性能船舶買入法に基づき政府へ売却
第二十二霧島丸 KIRISHIMA MARU No.22 23846/RHDG 1,283G/T 90NHP/700IHP 8.5/10kt
進水 1918.10(大7) 松田汽船株式会社(西宮)
第二十二霧島丸 KIRISHIMA MARU No.22

兵庫工作分局

志摩丸 SHIMA MARU (1883)
805/HFMC 木造汽船 334G/T 進水 1883.9(明16)
Lpp 43.20(-) B 6.34(-) D 4.34(-) m 60/250HP 10kt
兵庫工作分局(神戸)建造 日本政府(東京)
志摩丸 SHIMA MARU
1883(明16)共同運輸(東京)に移籍
1885.10.1(明18)合併に伴い日本郵船会社(東京)に移籍
1886.7.16(明19)売却
1888(明21)明治21年版船名録より削除

小野濱造船所

第一太湖丸 TAIKO MARU No.1 (1883)

第一太湖丸
第一太湖丸 Taiko Maru No.1
1246/HJGN→JUNH 鉄製汽船 506G/T 進水 1883.9(明16)
Lpp 50.79 B 6.72 D 5.59 m 主機 R 350IHP 14kt
小野濱造船所(神戸)建造 太湖汽船株式会社(大津)
第一太湖丸 TAIKO MARU No.1 船客 350
1884(明17)大津/長浜航路(琵琶湖)に就航
1889.7.1(明22)東海道線全線開通(湖東線大津/関ヶ原間)のため航路廃止
1890(明23)改造のため解体して神戸に搬出
1891.4(明24)神戸鉄工所(神戸)で改装、登録船として登録。阪神/九州間に就航
1904(明37)尼崎伊三郎(大阪)に売却
1917.12.22(大6)舵機損傷
1920.5(大9)社名の変更に伴ない尼崎船舶合名会社(大阪)に移籍
1921.1(大10)社名の変更に伴ない合名会社(名)尼崎汽船部(大阪)に移籍
1937.3.17(昭12)香川県小豆島沖合で河田友吉の貨物船滿合丸(179G/T)と衝突、滿合丸は沈没
1942.5.10(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴ない移籍予定のところ、引渡前に沈没。(沈没日時、原因は不詳)

川崎重工業株式会社泉州工場

第三東丸 AZUMA MARU No.3 (1946)
58022/JKSE マグロ延縄漁船 146G/T 進水 1946(昭21)
Lr 29.80 B 6.00 D 2.95 m 主機 D 赤阪鉄工 320BHP 7/9kt
川崎重工業株式会社泉州工場(大阪)建造 大洋漁業株式会社(東京)
第三東丸 AZUMA MARU No.3

第二文丸 FUMI MARU No.2 (1946)
58443/JJLA 捕鯨船 304G/T 進水 1946(昭21)
Lr 40.00 B 7.50 D 4.00 m 主機 D 三菱神戸 1,600BHP 11/12kt
川崎重工業株式会社泉州工場(大阪)建造 大洋漁業株式会社(東京)
第二文丸 FUMI MARU No.2

第五東丸 AZUMA MARU No.5 (1946)
58023/JKSF マグロ延縄漁船 145G/T 進水 1946(昭21)
Lr 29.80 B 6.00 D 2.95 m 主機 D 赤阪鉄工 320BHP 7/9kt
川崎重工業株式会社泉州工場(大阪)建造 大洋漁業株式会社(東京)
第五東丸 AZUMA MARU No.5

第六文丸 FUMI MARU No.6 (1946)
58447/JJWA 捕鯨船 304G/T 進水 1946(昭21)
Lr 40.00 B 7.50 D 4.00 m 主機 D 三井B&W 1,600BHP 11/12kt
川崎重工業株式会社泉州工場(大阪)建造 大洋漁業株式会社(東京)
第六文丸 FUMI MARU No.6

瑞洋丸 ZUIYO MARU (1947)
58766/JMKD マグロ延縄漁船 152G/T 進水 1947(昭22)
Lpp 29.80 B 6.00 D 2.55 m 主機 D 新潟鉄工 300BHP 8/9.8kt
川崎重工業株式会社泉州工場(大阪)建造 五洋水産株式会社(神戸)
瑞洋丸 ZUIYO MARU

天洋丸 TENYO MARU (1947)
56855/JMHD マグロ延縄漁船 148G/T 進水 1947(昭22)
Lr 29.80 B 6.00 D 2.95 m 主機 D 新潟鉄工 海務院型 250BHP 8/9.8kt
川崎重工業株式会社泉州工場(大阪)建造 五洋水産株式会社(神戸)
天洋丸 TENYO MARU

玄洋丸 GENYO MARU (1947)
58765/JMJD マグロ延縄漁船 152G/T 進水 1947(昭22)
Lr 29.80 B 6.00 D 2.55 m 主機 D 新潟鉄工 300BHP 8/9.8kt
川崎重工業株式会社泉州工場(大阪)建造 五洋水産株式会社(神戸)
玄洋丸 GENYO MARU

地洋丸 CHIYO MARU (1947)
58786/JMID マグロ延縄漁船 148G/T 進水 1947(昭22)
Lr 29.80 B 6.00 D 2.95 m 主機 D 新潟鉄工 海務院型 320BHP 8/9.8kt
川崎重工業株式会社泉州工場(大阪)建造 五洋水産株式会社(神戸)
地洋丸 CHIYO MARU

SNo.855 青葉丸 AOBA MARU (1948)
川崎重工業の曳船 深日丸 Fuke Maru (Yard No.681) 184総トン寸法 28.00 x 8.00 x 3.60 (M) として起工、終戦により中止
貨客船 599G/T 起工 1945.5.10(昭20) 進水 1947.12.13(昭22) 竣工 1948.3.8(昭23)
Lpp 48.05 B 8.00 D 3.60 m 主機 R 1,000IHP 2基 9.7/11.3kt
川崎重工業株式会社泉州工場(大阪)建造 Sno.855 川崎汽船株式会社(神戸)
青葉丸 AOBA MARU SCAJAP No.A071 船客 365
1947.10.2(昭22)貨客船として工事を再開
1948.3.12(昭23)下関~高浜/今治航路に就航
1949.6.21(昭24)下関に向けて高浜を出港後、デラ台風のために周防灘姫島付近で転覆、沈没
1957.6(昭32)引き揚げ後、共和海運(株)(竹原)に売却松浦鉄工造船所(広島)で貨物船に改造、主機を換装491総トン、ディーゼル 600BHP 1基、速力 11.0/12.0 kt、寸法 47.00 x 8.00 x 4.30 (M)、広和丸と改名、再登録船舶番号 79119 信号符字 JMQH
1962(昭37)三興海運(名古屋)に売却
1968(昭43)神田英三郎(津久見)に売却
1971(昭46)昭和46年版日本船舶明細書より削除

SNo.862 豐國丸 TOYOKUNI MARU (1948)
60542/JQWA 貨物船 526G/T 775D/W 起工 1947.10.1(昭22) 進水 1948.1.15(昭23) 竣工 1948.3.30(昭23)
Lpp 50.00 B 8.40 D 4.20 m 主機 D 鐘渕機械F6 550BHP 1基 11.823kt
川崎重工業株式会社泉州工場(大阪)建造 Sno.862 報國近海機船株式会社(大阪)
豐國丸 TOYOKUNI MARU 1次KF SCAJAP No.T252
1948.3.30(昭23)船舶公団(東京)と共有

SNo.856 須磨丸 SUMA MARU (1948)

須磨丸
須磨丸 Suma Maru
61346/JLKD 貨客船 1,207G/T 起工 1947.2.22(昭22) 進水 1948.5.10(昭23) 竣工 1948.8.18(昭23)
Lpp 60.00 B 10.30 D 5.00 m 主機 D 川崎神戸 23号28型無気噴油 1,700BHP 2基 13.5/14.5kt
川崎重工業株式会社泉州工場(大阪)建造 Sno.856 川崎汽船株式会社(神戸)
須磨丸 SUMA MARU SCAJAP No.S231 船客 1等)40 2等)190 3等)406 阪神/高松/多度津航路
1957.3.31(昭32)宇和島運輸(株)(宇和島)に売却
1958(昭33)南海汽船(株)(和歌山)に売却、和歌山/小松島、深日/由良航路に就航
1973.11(昭48)フィリピンに売却、GREEN LEAVESと改名、以降、Lloyd's Registerに未記載のため不明

SNo.865 友川丸 TOMOKAWA MARU (1949)

友川丸
友川丸 Tomokawa Maru
第2次計画造船により建造されたKC型貨物船。主機には川崎重工が昭和23年(1948)に完成させたK-16型の1番機が搭載された。建造所の川崎重工業泉州工場は昭和17年(1942)6月、大阪府泉南郡に開設された潜水艦建造を主目的とした造船所であったが昭和24年(1949)7月に閉鎖された。
63349/JBBK 貨物船 2,833G/T 4,307D/W
起工 1948.6.19(昭23) 進水 1948.12.3(昭23) 竣工 1949.3.12(昭24)
Lpp 93.90 B 14.00 D 7.45 m 主機 T 川崎重工 艦船工場 1,600SHP 1基 9.5/10.5kt
川崎重工業株式会社泉州工場(大阪)建造 Sno.865 川崎汽船株式会社(神戸)
友川丸 TOMOKAWA MARU 2次KC SCAJAP No.T290
1950.4.10(昭25)釧路/京浜航路に就航
1955.4(昭30)ボイラを石炭焚きから重油焚きに改造
1958.11(昭33)神戸桟橋(株)(神戸)に売却
1960.8(昭35)主機をD 伊藤鉄工所M466HS 2,000PSに換装
1965.3(昭40)Northern Lines Inc.(Philippines)に売却、DONA HORTENCIAと改名
1969(昭44)DONA PAZと改名
1974(昭49)J. R. ONEと改名
1983(昭58)JVR Shipping Co.inc.(Philippines)に売却、DON AMANDOと改名
1990(平2)Lloyd's Resister 1990-91版より削除

瑞国丸 MIZUKUNI MARU (1949)
63401/JENF 貨物船 698G/T 964D/W 起工 1948.11(昭23) 進水 1949.2(昭24) 竣工 1949.4(昭24)
Lpp 51.30 B 9.30 D 4.80 m 主機 R 3連成 藤岡鐵工所 700IHP 1基 9/10kt
川崎重工業株式会社泉州工場(大阪)建造 豊國汽船株式会社(大阪)
瑞国丸 MIZUKUNI MARU 3次KF

ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.10