船歴 本邦建造船92 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

原田造船鐵工所

第五盛運丸 SEIUN MARU No.5 (1906)
10304/LBMQ 汽船 491G/T 進水 1906.10(明39)
Lpp 51.21 B 6.25 D 5.04 m 主機 R 41NHP/240IHP 1基 9/10kt
原田造船鐵工所(大阪)建造 原田 十次郎(大阪)
第五盛運丸 SEIUN MARU No.5
1907.6(明40)下関/北朝鮮航路開設に伴い第一船として就航
1912(明45)丸山庸二(大阪)に売却。同年、千島汽船(株)(函館)に売却
1921.5.7(大10)猛吹雪のため千島エトロフ島床丹湾で座礁、全損委付

竹生島丸 CHIKUBUJIMA MARU (1909)

竹生島丸
竹生島丸 Chikubujima Maru
12140/LHMQ 木・鋼製貨客船 172G/T 105D/W 進水 1909.6(明42)
Lpp 29.50(96.8') B 5.76(18.9') D 2.29(7.5') m 主機 R 2連成(冷) 1基 9.5/10.5kt
原田造船鐵工所(大阪)建造 太湖汽船株式会社(大津)
竹生島丸 CHIKUBUJIMA MARU 船客 1等 33 2等 30 3等 112
1930(昭5)京阪電氣鐵道(株)(京都)の所有、沖ノ島丸 OKINOSHIMA MARU と改名

福漁丸 FUKURYO MARU (1911)

福漁丸
福漁丸 Fukuryo Maru

S.Kizu
14360/LSCB→JTKH→JBZD→JIKT 漁船 222G/T 進水 1911.6(明44) 竣工 1911(明44)
Lpp 34.72 B 6.48 D 3.36 m 主機 R 270IHP 6/7.5kt
原田造船鐵工所(大阪)建造 堀内謙吉(大阪)
福漁丸 FUKURYO MARU SCAJAP No.I029
1914(大3)共同漁業(西宮)に売却
1915.1.13(大4)朝鮮済州島沖で操業中に強風降雪の暗夜、風潮のため朝鮮済州島北西岸の今藤里海岸の暗礁に乗り揚げ、船底破壊浸水、全損
1915(大4)尼崎伊三郎(大阪)に売却
1917(大6)貨物船に改造、船体延長、一心丸と改名
1920.5(大9)社名の変更に伴ない尼崎船舶合名会社(大阪)に移籍
1921.1(大10)社名の変更に伴ない合名会社(名)尼崎汽船部(大阪)に移籍
1942.5.4(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴ない移籍
1948.4.26(昭23)尼崎汽船(大阪)に返還
1952(昭27)昭和27年版船名録より削除

利濟丸 RISAI MARU (1913)
関99/QBKN 貨客船 663G/T 進水 1913.12(大2) 竣工 1913(大2)
Lpp 55.52 B 7.35 D 5.00 m 主機 R 55NHP/440IHP 9.4/11kt
原田造船鐵工所(大阪)建造 大連汽船合名会社
利濟丸 RISAI MARU 船客 1等)6 2等)15 3等)170
1915.2.1(大4)大連汽船(株)(大連)に移籍
1920.4.28(大9)西野通(神戸)に売却、9月11日に引渡し
1921(大10)船名録より削除

石見丸 IWAMI MARU (1916)

石見丸
石見丸 Iwami Maru
18987/NBFS→JNUH 貨客船 773G/T 1,041D/W 進水 1915.11(大4) 竣工 1916.3.13(大5)
Lpp 57.24 B 7.77 D 5.64 m 主機 R 64NHP/IHP 1基 8.9/10.9kt
原田造船鐵工所(大阪)建造 大阪商船株式会社(大阪)
石見丸 IWAMI MARU
1937.2.8(昭12)基隆鼻頭沖で機関故障のため航行不能となる
1940.11.29(昭15)南日本汽船(基隆)に売却
1942.12.27(昭17)ソロモンで空爆により沈没

高千穂丸 TAKACHIHO MARU (1937)
43364/JPTB 貨物船 342G/T 416D/W 進水 1937(昭12)
Lr 39.70 B 7.00 D 3.96 m 主機 H 焼玉 神戸発動機 9/10BHP 8.5/10kt
原田造船鐵工所(大阪)建造 九州郵船株式会社(福岡)
高千穂丸 TAKACHIHO MARU

小倉造船所

新和歌丸 SHINWAKA MARU (1919)
25209/RNMC 貨物船 713G/T 進水 1918.12(大7) 竣工 1919.2(大8)
Lpp 57.91 B 9.14 D 4.82 m 主機 R 3連成 55IHP 8/9kt
小倉造船所(大阪)建造 絹川安松(大阪)
新和歌丸 SHINWAKA MARU
1921.8.30(大10)飯野寅吉(西宮)に売却
1922.6.1(大11)飯野汽船(株)(神戸)に移籍
1925.8.18(大14)秋田三一(神戸)に売却
1928(昭3) 秋山善雄(神戸)に売却
1930(昭5)船名録より削除

木ノ江造船所

米國丸 BEIKOKU MARU (1918)
22218/NSRM→JQIE 木造貨物船 340G/T 進水 1918.1(大7) 竣工 1918.4(大7)
Lpp 42.06(138'-0") B 7.98(26'-2") D 4.06(13'-4") m 主機 R 270HP 8/9kt
木ノ江造船所(木ノ江)建造 門司商船(門司)
米國丸 BEIKOKU MARU
1922.5.11(大11)飯野寅吉(神戸)に売却
1930.5.29(昭5)中川為次郎(神戸)に売却
1934.1.9(昭9)沈没

三木三郎

諏訪丸 SUWA MARU (1918)
24693/RKDQ 木造救助船 290G/T 進水 1918.10(大7)
Lpp 39.75 B 6.71 D 4.09 m 主機 R 320HP 1基 9/11kt
三木三郎(大阪)建造 武五郎吉(西宮)
諏訪丸 SUWA MARU
1924(大13)社名変更に伴い帝國サルヴェージ(株)(西宮)に移籍
1927.9.10(昭2)飯野汽船(株)(京都・府中)に売却、貨物船に改造
1929.5.30(昭4)武五郎吉(京都・府中)に売却
1929.11.18(昭4)吹上座礁、全損

飯野商事工作部

鷹取丸 TAKATORI MARU (1929)

鷹取丸
第一鷹取丸 Takatori Maru No.1
34134/TSLC→JNHH 油槽船 940G/T 起工 1928.10.21(昭3) 進水 1928.12.19(昭3) 竣工 1929.2.8(昭4)
Lpp 59.44 B 9.45 D 5.03 m 主機 R 826HP 1基 9.5/12kt
飯野商事工作部(大阪)建造 飯野商事株式会社(京都・府中)
鷹取丸 TAKATORI MARU
1932(昭7)第一鷹取丸 TAKATORI MARU No.1 と改名
1934.3.7(昭9)貨物船に改造、878G/Tに変更
1937.8.31(昭12)飯野汽船(株)(東京)に移籍
1938.1.29(昭13)海軍に徴用
1941.3.13(昭16)合併に伴い飯野海運産業(東京)に移籍、同年5月6日、徴用解除。同年8月27日、海軍に再度徴用
1944.4.1(昭19)社名変更に伴い飯野海運(東京)に移籍。同年6月28日、海軍徴傭船として行動中、韓国木浦西荷衣島で空爆により沈没。但し、米国側記録には韓国木浦沖(34-27N,123-46E)で米潜TANG(SS-306)の雷撃により沈没とある

範多龍太郎

雑賀丸 SAIGA MARU (1895)
1492→朝224/HKGV→PBTR 木造汽船 41G/T 進水 1895.4(明28)
Lpp 21.21 B 4.14 D 2.04 m 主機 R 2連成 204IHP 1基
範多龍太郎(大阪)建造 朝田荷蔵(大阪)
雑賀丸 SAIGA MARU
1896(明29)坂口文助(大阪)に売却
1899(明32)紀陽曳船(大阪)に売却
1900(明33)大林芳五郎(大林由五郎)(大阪)に売却
1912.5.16(明45)朝鮮郵船(株)(仁川)に売却、長承丸 Chosho Maru と改名
1914.10(大3)中村國太郎・松江久次郎(仁川)に売却
1919(大8)船名録より削除

第貮四阪丸 SHISAKA MARU No.2 (1901)

第貮四阪丸
第貮四阪丸 Shisaka Maru No.2
7470/JSDM→JBAF 汽船 110G/T 280D/W 進水 1901.7(明34)
Lpp 27.43 B 7.79 D 3.02 m
範多龍太郎(大阪)建造 建造者不詳
第貮四阪丸 SHISAKA MARU No.2
1951(昭26)別子鉱業(新居浜)の所有

珠島丸 TAMASHIMA MARU (1902)
8267/JMKC 木造汽船 28G/T 進水 1902.10(明35)
Lpp 16.67(54.7') B 3.75(12.3') D 1.92(6.3') m 主機 R 2連成(冷) 14NHP/IHP 1基
範多龍太郎(大阪)建造 山陽鐵道株式会社(下関)
珠島丸 TAMASHIMA MARU
1907(明40)逓信省鐵道局(下関)に移籍
1923(大12)鐵道省(東京)の所有

細江丸 HOSOE MARU (1905)
9042/JMNF 木造汽船 32G/T 進水 1905.6(明38)
Lpp 16.79(55.1') B 3.72(12.2') D 1.92(6.3') m 主機 R 2連成(冷) 14NHP/IHP 1基
範多龍太郎(大阪)建造 山陽鐵道株式会社(下関)
細江丸 HOSOE MARU
1907(明40)逓信省鐵道局(下關)に移籍
1908.12.5(明41)大蔵省(鐵道院)(下關)に移籍

第六大運丸 DAIUN MARU No.6 (1913)
15845/MDPG 汽船 585G/T 900D/W 進水 1913.4(大2)
Lpp 49.83(163.5') B () D 4.72(15.5') m 主機 R 3連成 範多龍太郎 400IHP 7.5/8.5kt
範多龍太郎(大阪)建造 栗林合名会社(舞鶴)
第六大運丸 DAIUN MARU No.6
1951(昭26)協和汽船(株)(福岡)の所有

青山新三郎

宗信丸 SOSHIN MARU (1904)
9126→朝97/JSCM→PBJD 木造貨客船 216G/T 進水 1904.7(明37)
Lpp 34.29 B 5.07 D 3.93 m 主機 R 28NHP/IHP 8/8.75kt
青山新三郎(大阪)建造 笠井吉次郎(大阪)
宗信丸 SOSHIN MARU
1905(明38)東秀保(大阪)に売却
1907(明40)吉田秀次郎(大阪)に売却
1911(明44)釜山汽船(釜山)に移籍
1912.4.1(明45)朝鮮郵船(株)(仁川)に移籍
1929.3(昭4)笠井吉次郎(不詳)に売却
1930(昭5)船名録より削除

野口孝澄

第一日向丸 HYUGA MARU No.1 (1898)
3176→朝98/HSJD→PBJF 木造汽船 105G/T 進水 1898.7(明31)
Lpp 27.90 B 4.32 D 3.15 m 19HP
野口孝澄(大阪)建造 日向汽船(細島)
第一日向丸 HYUGA MARU No.1
1900(明33)丹州汽船(名)合名会社(宮津)に売却
1901(明34)第二宮津丸 Miyatsu Maru No.2 と改名
1910(明43)大地喜三郎(攝津・住吉)に売却
1911(明44)釜山汽船(釜山)に売却、順天丸 Junten Maru と改名
1912.4.1(明45)朝鮮郵船(株)(仁川)に移籍
1923(大12)今北喜之助(不詳)に売却
1924(大13)船名録より削除

松井福松

第貮草薙丸 KUSANAGI MARU No.2 (1907)
10337/LBPS 鉄製貨客船 281G/T 進水 1907.4(明40)
Lpp 38.64 B 5.49 D 3.75 m 主機 R 2連成 35IHP
松井福松(大阪)建造 多賀鹿蔵(大阪)
第貮草薙丸 KUSANAGI MARU No.2 建造所は松井徳次との記載もある
1910(明43)多賀鹿蔵(大阪)に売却
1912.3.6(明45)朝鮮郵船(株)(仁川)に売却、海州丸 Kaishu Maru と改名
1932.11(昭7)(株)中村組(青島)に売却
1933(昭8)船名録より削除

武本松次郎

正成丸 MASASHIGE MARU (1901)
7074→朝182/JCWK→PNT 木造汽船 197G/T 進水 1901.5(明34)
Lpp 33.36 B 5.07 D 4.05 m 主機 R 2連成 28IHP
武本松次郎(大阪)建造 中田久七(大阪)
正成丸 MASASHIGE MARU
1903(明36)堀力太郎(大阪)に売却
1906(明39)東秀保(大阪)に売却
1907(明40)吉田秀次郎(大阪)に売却
1912.4.15(明45)朝鮮郵船(株)株式会社(仁川)に売却、公州丸 Koshu Maru と改名
1925.5(大14)朝鮮汽船(株)(釜山)に移籍
1929(昭4)船名録より削除

内田益蔵

千葉丸 CHIBA MARU (1896)
4185→朝71→關20/JBMW→PBGQ→QBDJ 木造汽船 50G/T 進水 1896.9(明29)
Lpp (62.30') B (12.40') D (6.70') m 主機 R 2連成
内田益蔵(横浜)建造 岡部廣(品川)
千葉丸 CHIBA MARU
1911(明44)朴聖吉(仁川)に売却
1913(大2)田中末雄(大連)に売却、龍昌丸 Ryusho Maru と改名

林兼造船株式会社(下関)

第六關丸 SEKI MARU No.6 (1943)
50364/JDSJ 捕鯨船 313G/T 進水 1943(昭18)
Lr 39.66 B 7.62 D 4.33 m 主機 D 林兼下関 1,200BHP 11/13kt
林兼造船株式会社(下関)建造 株式会社林兼商店(東京)
第六關丸 SEKI MARU No.6

長門丸 NAGATO MARU (1947)
60397/JPQW 油槽船 187G/T 281D/W 進水 1947(昭22)
Lr 33.50 B 6.30 D 3.20 m 主機 H 無注水焼玉 石橋鐵工所 200BHP 7/8kt
林兼造船株式会社(下関)建造 大洋漁業株式会社(下関)
長門丸 NAGATO MARU

SNo.1077 長光丸 CHOKO MARU (1966)

長光丸
長光丸 Choko Maru
100199/JBUB 木材運搬船 2,992G/T 4,845D/W
起工 1966.8.26(昭41) 進水 1966.9.18(昭41) 竣工 1966.11.15(昭41)
Lpp 90.00 B 14.80 D 7.70 m 主機 D 伊藤鉄工 M476LHS 2,400PS 1基 12/14.5kt
林兼造船株式会社(下関)建造 Sno.1077 二宝船舶株式会社(下関)
長光丸 CHOKO MARU

SNo.1111 フェリー阪九 FERRY HANKYU (1968)
104372/JM2886 自動車航走旅客船 4,978G/T 1,932D/W
起工 1968.2.24(昭43) 進水 1968.6.11(昭43) 竣工 1968.8.7(昭43)
Lpp 120.00 B 22.40 D 6.40 m 主機 D 三菱横浜M.A.N. V8V30/42AL 3,670PS 2基 18.2/19.2kt
林兼造船株式会社(下関)建造 Sno.1111 阪九フェリー株式会社(下関)
フェリー阪九 FERRY HANKYU 船客 1200
1968.8.7(昭43)新門司航路・神戸/小倉に就航
1970(昭45)改造

第六阪九丸 HANKYU MARU No.6 (1968)
104387/JM2896 自動車航走旅客船 5,011G/T 1,969D/W
起工 1968.6(昭43) 進水 1968.9(昭43) 竣工 1968.10(昭43)
Lpp 120.00 B 22.40 D 6.40 m 主機 D 三菱横浜M.A.N. V8V30/42ALD 3,670PS 2基 18.2/20.1kt
林兼造船株式会社(下関)建造 阪九フェリー株式会社(下関)
第六阪九丸 HANKYU MARU No.6 船客 1200

SNo.1143 フェリーゴールド FERRY GOLD (1970)
108149/JM3120 自動車航走旅客船 4,093G/T 1,339D/W
起工 1969.8(昭44) 進水 1969.11(昭44) 竣工 1970.2(昭45)
Lpp 107.00 B 20.60 D 6.10 m 主機 D 川崎M.A.N. V8V22/30ATL 2,020PS 4基 18/19.8kt
林兼造船株式会社(下関)建造 Sno.1143 株式会社ダイヤモンドフェリー(大分)
フェリーゴールド FERRY GOLD 船客 990 10t車 50 トラック8 49 普)176

フェリーせと型 2隻 FERRY SETO Class (1970)
自動車航走旅客船 Lpp 138.00 B 22.80 D 7.30 m 主機 D 三菱横浜M.A.N. V7V40/54 2基
林兼造船株式会社(下関)建造 阪九フェリー株式会社(下関)
1. Sno.1149 フェリーせと FERRY SETO 108325/JM3283 6,523G/T 2,818D/W 7,600PS 20.5/22.8kt
起工 1970.3(昭45) 進水 1970.5(昭45) 竣工 1970.8(昭45) フェリーせと FERRY SETO 船客 1200
2. Sno.1150 フェリーはりま FERRY HARIM 110418/JM3387 6,521G/T 2,818D/W 7,600PS 20.5/22.8kt
起工 1970.5(昭45) 進水 1970.8(昭45) 竣工 1970.11(昭45) フェリーはりま FERRY HARIM 船客 1200

天洋丸型 3隻 TENYO MARU Class (1971 - 1973)
トロール漁船 Lpp 101.95 B 17.00 D 11.20 m
1. Sno.1151 天洋丸 TENYO MARU 110906/JCEC 4,220G/T 5,026D/W
主機 D 神戸発動機 9UET45/75C 5,700PS 1基 14/17.25kt
起工 1970.11(昭45) 進水 1971.1(昭46) 竣工 1971.5(昭46)
林兼造船株式会社(下関)建造 大洋漁業株式会社(東京)
天洋丸 TENYO MARU 船尾トロール漁船
1971.5(昭46)(株)北海道漁業公社(東京)と共有
1981(昭56)改造
2.

第二天洋丸 (2) TENYO MARU No.2 (1972)
第二天洋丸
第二天洋丸 Tenyo Maru No.2

1981.1.15 東京港・晴海埠頭

3.

第五天洋丸 TENYO MARU No.5 (1973)
第五天洋丸
第五天洋丸 Tenyo Maru No.5

1981.1.15 東京・晴海埠頭

SNo.1155 黒潮丸 (2) KUROSHIO MARU (1971)

黒潮丸
黒潮丸 Kuroshio Maru
111660/JEMT 旅客船 4,963G/T 起工 1971.2.6(昭46) 進水 1971.4.26(昭46) 竣工 1971.8.2(昭46)
Lpp 115.00 B 16.80 D 6.40 m 主機 D 9,000BHP 23/24.6kt
林兼造船株式会社(下関)建造 Sno.1155 関西汽船株式会社(大阪)
黒潮丸 KUROSHIO MARU 船客 1等)56 特2等)408 2等)816
1978.3(昭53)小豆島の内海湾で繋船
1982(昭57)来島どっく(大阪)に売却
1984(昭59)旅客フェリーに改造、くるしま7 Kurushima 7と改名。5,216G/T 船客 1262名 車輌 T)10, C)40
1988(昭63)昭和63年現在、別府航路に就航中



くるしま7 Kurushima 7 - T.Ueno

SNo.1159 はまゆう HAMAYU (1971)

はまゆう
はまゆう Hamayu

1983.10.23 大阪南港
110566/JRNF カーフェリー 5,885G/T 2,036D/W
起工 1971.6.25(昭46) 進水 1971.7.24(昭46) 竣工 1971.10.30(昭46)
Lpp 106.00 B 20.40 D 12.70 m 主機 D NKK Pielstick 4,650PS 2基 18/21kt
林兼造船株式会社(下関)建造 Sno.1159 はまゆう型 宮崎カーフェリー株式会社(日向)
はまゆう HAMAYU 船客 980 ト)40 普)110
1972.8(昭47)合併に伴い日本カー・フェリー(株)(東京)に移籍

SNo.1157 ネルソン丸 NELSON MARU (1971)

ネルソン丸
ネルソン丸 Nelson Maru
111146/JCQX チップ専用船 17,434G/T
起工 1971.5.20(昭46) 進水 1971.9.9(昭46) 竣工 1971.11.5(昭46)
Lpp 155.00 B 24.60 D 16.25 m 主機 D 9,000BHP 14.7/17.2kt
林兼造船株式会社(下関)建造 Sno.1157 新和海運株式会社(東京)
ネルソン丸 NELSON MARU
1971.11.5(昭46)晴海船舶(株)(東京)と共有日本郵船(株)(東京)と共有
1987.1.9_(昭62)解体のため売却、高雄に到着

SNo.1160 るぴなす LUPINUS (1971)
110567/JM2387 カーフェリー 5,909G/T 2,041D/W
起工 1971.6.25(昭46) 進水 1971.10.7(昭46) 竣工 1971.12.25(昭46)
Lpp 106.00 B 20.40 D 12.70 m 主機 D NKK SEMT Pielstick 10PC2V 3,950/4,650PS 2基 18/21.012kt
林兼造船株式会社(下関)建造 Sno.1160 はまゆう型 宮崎カーフェリー株式会社(日向)
るぴなす LUPINUS 船客 980 ト40 普110
1972.8(昭47)合併に伴い日本カー・フェリー(株)(東京)に移籍

SNo.1164 フェリーかしい FERRY KASHII (1972)

フェリーかしい
フェリーかしい Ferry Kashii

1977.1.1 東神戸 - T.Ueno
112156/JM3608 フェリー 6,496G/T 2,808D/W
起工 1971.10(昭46) 進水 1972.2(昭47) 竣工 1972.4(昭47)
Lpp 128.00 B 22.40 D 13.00 m 主機 D 三菱横浜M.A.N. V9V40/54 10,000PS 2基 21.5/23.95kt
林兼造船株式会社(下関)建造 Sno.1164 名門カーフェリー株式会社(北九州)
フェリーかしい FERRY KASHII ト)116 普)16 船客 853
1975(昭50)京阪煉炭工業(株)(京都)に売却
1976(昭51)日本カーフェリー(東京)に売却、さいとばる SAITOBARU と改名

SNo.1165 フェリーあつた FERRY ATSUTA (1972)
112278/JM2530 フェリー 6,489G/T 3,206D/W
起工 1971.10(昭46) 進水 1972.4(昭47) 竣工 1972.7(昭47)
Lpp 128.00 B 22.40 D 13.00 m 主機 D 三菱横浜M.A.N. V9V40/54 10,000PS 2基 21.5/23.92kt
林兼造船株式会社(下関)建造 Sno.1165 名門カーフェリー株式会社(北九州)
フェリーあつた FERRY ATSUTA 船客 594

おりおん型 2隻 ORION Class (1973)

おりおん
フェリーにしき丸 Ferry Nishiki Maru

1982.7.4 別府観光港 - K.Sato
フェリー Lpp 128.00 B 22.40 D 8.00 m 主機 D 三菱横浜M.A.N. V9V40/54 2基
林兼造船株式会社(下関)建造 大洋フェリー株式会社(大阪)
1. Sno.1167 おりおん ORION 114833/JHSE 7,269G/T 2,923D/W 10,000PS 21.5/24.377kt
起工 1972.3.31(昭47) 進水 1972.8.10(昭47) 竣工 1973.3.1(昭48) おりおん ORION
1977.2(昭52)広島県の常石造船沖で係船
1977(昭52)九州急行フェリー(東京)に売却
1977.8.31(昭52)大阪商船三井船舶(株)(東京)に売却
1980.10.25(昭55)大洋フェリー(株)(大阪)に売却、フェリーにしき丸 FERRY NISHIKI MARU と改名
1982.8.20(昭57)関西汽船(株)(大阪)に売却
1984.12(昭59)大洋フェリー(株)(大阪)に売却、おりおんと改名
1986.3.31(昭61)合併に伴い名門大洋フェリー(大阪)に売却
1989.3(平1)Glory Shipping S-De.R.L,Hondurasに売却、VIEW OF NAGASAKIと改名
1989(平1)Minoan Lines Shipping S.A.,Greeceに売却、DAEDALOSと改名
1992(平4)Lloyd's Register 1992-1993年版に掲載
2. Sno.1168 ぺがさす PEGASUS 114968/JM3677 7,058G/T 2,905D/W 8,500/10,000PS 21.5/24.176kt
起工 1972.3.30(昭47) 進水 1972.12.21(昭47) 竣工 1973.4.9(昭48) ぺがさす PEGASUS
1977(昭52)九州急行フェリー(東京)に売却
1981.8.31(昭56)大阪商船三井船舶(株)(東京)に売却
1983.10.31(昭58)瀬野汽船(有)(愛媛)に売却、おおさかと改名
1984(昭59)ぺがさすと改名
1985(昭60)Anonymos Naftiliaki Eteria Kritis A.E.,Greeceに売却、CHANIAと改名
1992(平4)Lloyd's Register 1992-1993年版に掲載

いせ丸型 2隻 ISE MARU Class (1973)

いせ丸
いせ丸 Ise Maru

1976.8.16 東京フェリーターミナル
松阪/名古屋/東京航路
カーフェリー Lpp 128.00 B 22.40 D 8.00 m 主機 D 三菱横浜M.A.N. V9V40/54 2基
林兼造船株式会社(下関)建造 フジフェリー株式会社(東京)
1. Sno.1172 いせ丸 ISE MARU 114621/JMWM 7,034G/T 2,989D/W 10,000PS 21.5/23.95kt
起工 1973.1.24(昭48) 進水 1973.4.5(昭48) 竣工 1973.7.9(昭48) いせ丸 ISE MARU 船客 670 ト 104 普 45
2. Sno.1173 しま丸 SHIMA MARU 114620/JMRA 7,075G/T 2,949D/W 10,000PS 21.5/24.39kt
起工 1973.1.24(昭48) 進水 1973.7.19(昭48) 竣工 1973.12.12(昭48) しま丸 SHIMA MARU 特等 12 1等 116 2等 470 ト 104 普 43
1973(昭48)阪神/奄美/沖縄航路に就航
1974.10.17(昭49)東京/松阪航路に就航
1977.12.15(昭52)大阪商船三井船舶(株)(東京)に売却
1978.2.1(昭53)東京/松阪最終航海。同月、尾道造船(尾道)で改装、7,060 G/T、関西汽船(大阪)の傭船で3.16より沖縄航路に就航。同年、フェリーくろしおと改名
1980.10.25(昭55)大洋フェリー(株)(大阪)に売却、引き続き関西汽船の傭船で沖縄航路に就航
1982.8.20(昭57)関西汽船(株)(大阪)に売却
1982(昭57)(株)来島どっく大西(大阪)に売却、引き続き関西汽船の傭船で沖縄航路に就航
1988(昭63)来島興産(大阪)に移籍
1991(平3)関西汽船(株)(大阪)に売却
1994(平6)1994年版船舶明細書まで掲載
しま丸
しま丸 Shima Maru
新造時、東京/名古屋/松阪航路に就航予定のところ松阪港の漁業補償問題が未解決のため航路開設が遅れ、日本沿海フェリー (東京)の傭船で東京/苫小牧航路に就航

SNo.1177 さっぽろ丸 SAPPORO MARU (1974)

さっぽろ丸
さっぽろ丸 Sapporo Maru
116340/JQPW フェリー 11,097G/T 4,144D/W
起工 1973.12.13(昭48) 進水 1974.4.9(昭49) 竣工 1974.7.25(昭49)
Lpp 150.00 B 24.00 D 14.20 m 主機 D 三菱重工 M.A.N. V7V52/55 11,900/14,000PS 2基 22.25/25.7kt
林兼造船株式会社(下関)建造 Sno.1177 日本沿海フェリー株式会社(東京)
さっぽろ丸 SAPPORO MARU ト)142 普)55 船客 808
1991(平3)SUN FLOWER SAPPOROと改名
1998(平10)LONIAN VICTORYと改名
2000(平12)Strintzis Lines Shipping S.A. (Blue Star Ferries),Greeceに売却、BLUE SKYと改名
2002(平14)Newton Maritime Co.,,St. Vincent and The Grenadinesに売却、IONIAN SKYと改名

SNo.1221 耕洋丸 KOYO MARU (1978)
122722/JHPO 漁業練習船 1,988G/T 起工 1977.9.28(昭52) 進水 1978.1.26(昭53) 竣工 1978.6.30(昭53)
Lpp 72.20 B 13.00 D 8.40 m 主機 D 神戸発動機 6UET45/75C 3,230/3,800PS 1基 14/15.67kt
林兼造船株式会社(下関)建造 Sno.1221 農林水産省(下関)
耕洋丸 KOYO MARU 国際総トン数 2,342ton 水産大学校(自営)

SNo.1240 ほわいと さんぽう 2 WHITE SANPO 2 (1981)

ほわいと さんぽう 2
ほわいと さんぽう 2 White Sanpo 2

1985.5.3 今治港 - T.Ueno
134023/JL4837 カーフェリー 10,181G/T 3,726D/W
起工 1980.11.21(昭55) 進水 1981.2.27(昭56) 竣工 1981.5.30(昭56)
Lpp 141.00 B 22.70 D 13.05 m 主機 D NKK SEMT Pielstick 18PC2-5V 9,945/11,700PS 2基 21.1/23.966kt
林兼造船株式会社(下関)建造 Sno.1240 三宝海運株式会社(今治)
ほわいと さんぽう 2 WHITE SANPO 2 船客 1050 ト 55 普 6
ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.11