船歴 本邦建造船96 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

徳島重工業

ゆりしま丸型 2隻 YURISHIMA MARU Class (1945 - 1946)

ゆりしま丸
ゆりしま丸 Yurishima Maru
木造練習船 Lpp 31.00 B 7.82 D 3.87 m 主機 H 焼玉 1基 運輸通信省航海訓練所(東京)
ゆりしま丸 YURISHIMA MARU JRQX 木造314G/T 270NHP/300IHP 6/8kt
進水 1945.3(昭20) 徳島重工業(不詳)建造 ゆりしま丸 YURISHIMA MARU 250G/T型戦標船
1945.5.19(昭20)運輸省航海訓練所(東京)に移籍
1950.3.31(昭25)廃船
ひめしま丸 HIMESHIMA MARU JRRX 木造314G/T 200NHP/270IHP 6/8kt
進水 1946.2.1(昭21) 徳島重工業(不詳)建造 ひめしま丸 HIMESHIMA MARU 250G/T型戦標船
1945.5.19(昭20)運輸省航海訓練所(東京)に移籍
1952.5.31(昭27)北斗丸の建造に伴い廃船
ひめしま丸
ひめしま丸 Himeshima Maru

水野造船所

東海丸 TOKAI MARU (1943)
貨物船 490G/T 竣工 1943.5.31(昭18)
Lpp 50.00 B 8.40 D 4.20 m 主機 D 1基
水野造船所(呉)建造 1F型 東海汽船株式会社
東海丸 TOKAI MARU
1944.7.13(昭19)ハルマヘラ島のペタク岬沖で空爆により沈没

東海丸 TOKAI MARU (1943)
50359/JSJR 貨物船 490G/T 起工 1943(昭18) 進水 1943.5.31(昭18) 竣工 1943.8.5(昭18)
Lpp 50.00 B 8.40 D 4.20 m 主機 D 700BHP 10/12kt
水野造船所(呉)建造 東海汽船株式会社(東京)
東海丸 TOKAI MARU 1F
1944.7.13(昭19)ハルマヘラ島ペタリ沖で空爆により沈没

小野C吉(大阪)

羽衣丸 HAGOROMO MARU (1902)
7628/JPTW 木造汽船 27G/T 進水 1902.3(明35)
主機 R 2連成(冷)
小野C吉(大阪)建造 三菱合資会社(東京)
羽衣丸 HAGOROMO MARU

宮島丸 MIYAJIMA MARU (1902)
8377/JDCM 木造汽船 39G/T 進水 1902.3(明35)
Lpp (59間4尺) B (11間6尺) D (6間38尺) m 主機 R 2連成(冷) 14NHP/IHP 1基 8.75kt
小野C吉(大阪)建造 宮島渡航株式会社(厳島)
宮島丸 MIYAJIMA MARU 船客 3等)107
1902.4(明35)厳島/宮島航路に就航
1905.11.1(明38)下関港に転属
1907(明40)逓信省鐵道局(下關)に移籍
1908.12.5(明41)大蔵省(鐵道院)(東京)に移籍
1920.5.15(大9)鐵道省(東京)に移籍
1926.12(大15)終航
1926(大15)公用廃止

第壹東豆丸 TOZU MARU No.1 (1902)
8395/JQRW 木造汽船 126G/T 進水 1902.7(明35)
Lpp 29.76 B 4.57 D 3.62 m 主機 R 19NHP/95IHP 7.5/9kt
小野C吉(大阪)建造 東豆汽船株式会社(東京)
第壹東豆丸 TOZU MARU No.1 船客 3等)67
1904.6(明37)吸収合併に伴い東京灣汽船(株)(東京)に移籍、豆相丸 ZUSO MARU と改名
1920.9.30(大9)館山沖で碇泊中、同社の第十三通快丸と攝津汽船の関東丸との3重衝突により沈没。浮揚後、解体
1921(大10)船名録より削除

天佑丸 TENYU MARU (1904)

天佑丸
天佑丸 Tenyu Maru
9284/JSPQ→JOPB→JRJY 貨客船 735G/T 進水 1904.11(明37)
Lpp 55.30(180'-17") B 8.86(27'-25") D 6.10(20'-0") m 主機 R 3連成 70NHP/500IHP 1基 8/10.5kt
小野C吉(大阪)建造 嶋谷徳三郎(周防・由宇)
天佑丸 TENYU MARU
1914.3.30(大3)北日本汽船(株)(小樽)に売却
1943.11.16(昭18)合併に伴い大阪商船(株)(大阪)に移籍
1951(昭26)産業振興会社(不詳)に売却。同年、船名録より削除

第二橋立丸 HASHIDATE MARU No.2 (1906)
10152/JWVC 木造汽船 156G/T 85D/W 進水 1906.5(明39)
Loa 33.59(110'-2.5") B 4.99(16'-4.5") D 3.68(12'-1") m 主機 R 3連成 30NHP/IHP 1基
小野C吉(大阪)建造 阪鶴鐵道株式会社(舞鶴)
第二橋立丸 HASHIDATE MARU No.2
1907.8.1(明40)逓信省(東京)に移籍
1908.12.5(明41)大蔵省(鐵道院)(東京)に移籍
1920.5.15(大9)鐵道省(東京)に移籍

第五日高丸 HIDAKA MARU No.5 (1908)
11113/LFMS→JCGG 貨客船 225G/T 300D/W 進水 1908.4(明41)
Lr 39.31 B 5.10 D 3.93 m 主機 H 槇田鐵工所 200HP 7.5/8.5kt
小野C吉(大阪)建造 建造者不詳
第五日高丸 HIDAKA MARU No.5
1951(昭26)生田海運(株)(神戸)の所有

第十四宇和島丸 UWAJIMA MARU No.14 (1912)
14877/LVDB→JGRF 旅客船 362G/T 206D/W 進水 1912.7(明45)
Lr 44.20 B 6.40 D 4.11 m 主機 R 419IHP 10/12kt
小野C吉(大阪)建造 宇和島運輸株式会社(宇和島)
第十四宇和島丸 UWAJIMA MARU No.14 船客 1等 19 2等 47 3等 144 SCAJAP No.U015
1936(昭11)主機をH 450 BHP に換装
1942.5.4(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴ない移籍
1948.4.26(昭23)宇和島運輸(宇和島)に返還
1954.7(昭29)尾道造船(尾道)で改造 371G/T うわじま丸と改名
1957(昭32)主機をD 520 BHPに換装
1964.9(昭39)解体

第一佐渡丸型 2隻 SADO MARU No.1 Class (1914)

第一佐渡丸
第一佐渡丸 Sado Maru No.1
貨客船 Lpp 33.53(110'-0") B 5.79(19'-0") D 3.05(10'-0") m 主機 R 3連成 1基
小野C吉(大阪)建造 佐渡商船株式会社(大阪)
第一佐渡丸 SADO MARU No.1 17078/MNJT→JEIE 190G/T 35NHP/327IHP 11/12kt
進水 1914.7.18(大3) 竣工 1914.7.28(大3) 第一佐渡丸 SADO MARU No.1 船客 1等)16 2等)15 3等)115
1932.4(昭7)佐渡汽船(株)(新潟)に移籍
1934.5(昭9)濱口汽船(株)(大阪)に売却
1936(昭11)石巻合同汽船(株)(石巻)に売却、きんかさん丸 KINKASAN MARU と改名(売却、改名時期不詳
1939(昭14)(株)塘沽運輸公司(大阪)に売却
1942(昭17)昭和17年版船名録まで掲載、以後不詳
第二佐渡丸 SADO MARU No.2 17086/MNKH 199G/T
進水 1914.8.24(大3) 竣工 1914.10.2(大3) 第二佐渡丸 SADO MARU No.2
1915.12.7(大4)北海道航路就航後、暴雨風のため北海道寿都港付近の海岸へ乗り揚げ
1917.5(大6)東京サルヴエージ(株)(東京)に売却、榛名丸 HARUNA MARU と改名
1923(大12)船名録より削除
第二佐渡丸
第二佐渡丸 Sado Maru No.2

宗谷丸 SOYA MARU (1914)

宗谷丸
宗谷丸 Soya Maru
18389/MTGC 貨客船 690G/T 800D/W 進水 1914.12(大3)
Lpp 50.22(164.75') B 7.92(26.00') D 5.49(18.00') m 主機 R 3連成 50NHP/430IHP 1基 9/10.5kt
小野C吉(大阪)建造 藤山海運株式会社(小樽)
宗谷丸 SOYA MARU 船客 1等6 2等20 3等245

第十四小野丸型 3隻 ONO MARU No.14 Class (1918)
ストックボート
貨物船 Lpp 67.06(220'-0") B 9.75(32'-0") D 6.10(20'-0") m 主機 R 3連成 1基
小野C吉(大阪)建造
第十四小野丸 ONO MARU No.14 第十四小野丸/JRGE 1,268G/T 2,071D/W 620IHP 9.4kt
進水 1918.12(大7) 竣工 1918(大7) 小野C吉(大阪)
第十四小野丸 ONO MARU No.14 SCAJAP No.D009
1951(昭26)大洋興業汽船(東京)の所有
佐川丸 SAGAWA MARU 22953/NWSD→TLOB→JLOB 1,189G/T 630NHP/IHP 8.5/9.5kt
進水 1918.5(大7) 竣工 1918(大7) 濱口汽船合資会社(大阪)
佐川丸 SAGAWA MARU
1924(大13)嶋谷汽船(株)(神戸)に売却
1943.10.26(昭18)合併に伴ない三井船舶(株)(東京)に移籍
1945.6.9(昭20)佐渡天津沖(38.10N,138.50E)で米潜SEADOG(SS-401)の雷撃により沈没
佐川丸
佐川丸 Sagawa Maru
常盤丸 (2) TOKIWA MARU 22962/NWSQ→JLQB 1,206G/T 1,722D/W 590NHP/IHP 8.5/9.5kt
進水 1918.5(大7) 竣工 1918(大7) 嶋谷汽船株式会社(神戸)
常盤丸 TOKIWA MARU
1943.10.26(昭18)合併に伴ない三井船舶(株)(東京)に移籍
1945.7(昭20)多聞山丸と改名
1951.10.6(昭26)嶋谷汽船(株)(神戸)に売却
1960(昭35)解体

第十八小野丸型 2隻 ONO MARU No.18 Class (1916 - 1921)

第十八小野丸
第十八小野丸 Ono Maru No.18

S.Kizu
貨物船 Lpp 68.58(225.0') B 10.33(33.9') D 6.10(20.0') m 主機 R 3連成 1基
小野C吉(大阪)建造
第十八小野丸 ONO MARU No.18 28082/JNRA 1,358G/T 2,114D/W 640HP 8.5/9.5kt
進水 1921.9(大10) 竣工 1921(大10) 小野C吉(大阪)
第十八小野丸 ONO MARU No.18
1951(昭26)大洋興業汽船(東京)の所有
1959(昭34)小西海運漁業(株)(大船渡)の所有
1960.11.22(昭35)解体
春日丸 KASUGA MARU 19235/NBVW 1,369G/T
進水 1916.6(大5) 嶋谷徳三郎(大阪)
春日丸 KASUGA MARU

第六札幌丸型 4隻 SAPPORO MARU No.6 Class (1917 - 1919)

第六札幌丸
第六札幌丸 Sapporo Maru No.6
汽船 Lpp 82.30(270'-0") B 11.89(39'-0") D 7.24(23'-9") m 主機 R 3連成 1基
小野C吉(大阪)建造
第六札幌丸 SAPPORO MARU No.6 19785/NFMW 2,204G/T 1,000HP 9/10.3kt
進水 1917.2(大6) 竣工 1917(大6) 犬上慶五郎(西宮)
第六札幌丸 SAPPORO MARU No.6
1928(昭3)堤清一郎(東京)に売却
1929(昭4)第二龍寶丸と改名
1935.3.22(昭10)飯野汽船(東京)に売却
1941.3.13(昭16)合併に伴い飯野海運産業(東京)に移籍
1944.4.1(昭19)社名変更に伴い飯野海運(東京)に移籍
1945.8.9(昭20)カムチャッカ半島ケフタ沖でソ連軍により拿捕、以後不明
朝日丸 ASAHI MARU 21997/NRTJ 2,205G/T
進水 1917.11(大6) 嶋谷汽船株式会社(大阪)
朝日丸 ASAHI MARU
朝日丸
朝日丸 Asahi Maru
第五札幌丸 SAPPORO MARU No.5 22274/NSWT 2,217G/T
進水 1918.1(大7) 犬上慶五郎(神戸)
第五札幌丸 SAPPORO MARU No.5
若宮丸 WAKAMIYA MARU 2,217G/T
進水 1919.3(大8) 竣工 1919(大8) 嶋谷汽船株式会社(神戸)
若宮丸 WAKAMIYA MARU

巨濟丸 KYOSAI MARU (1913)
朝237/PCFQ 貨物船 173G/T 進水 1913.2(大2)
Lpp 30.40 B 5.70 D 2.70 m 主機 H 焼玉 300BHP 10/11kt
小野C吉(大阪)建造 朝鮮郵船株式会社(仁川)
巨濟丸 KYOSAI MARU
1929.4(昭4)北九州商船(株)(福岡)に売却
1929.7(昭4)九州商船(長崎)に売却、有明丸 ARIAKE MARU と改名
1945.4.22(昭20)海軍に徴用中、鳥羽港内で米軍機の空爆により沈没

第一久美愛丸 KUMIAI MARU No.1 (1917)

第一久美愛丸
第一久美愛丸 Kumiai Maru No.1
21048/NLVD 貨物船 990G/T 進水 1917.6(大6) 竣工 1917.9(大6)
Lpp 64.01(210'-0") B 9.75(32'-0") D 5.49(18'-0") m 主機 R 3連成 1基 8.5/9.5kt
小野C吉(大阪)建造 組合汽船(尼崎)
第一久美愛丸 KUMIAI MARU No.1
1921(大10)岡崎汽船(株)(神戸)に売却
1929.1.6(昭 4)和歌山県冷水で座礁
1932(昭7)直江津商船(株)(直江津)に売却

富山丸 TOYAMA MARU (1919)
26271/RSTV→JLKB 貨物船 914G/T 1,375D/W 進水 1919.11(大8) 竣工 1919(大8)
Lpp 56.39(185'-0") B 9.14(30'-0") D 5.49(18'-0") m 主機 R 小野鐵工造船所 70NHP/535IHP 8.75/9.86kt
小野C吉(大阪)建造 嶋谷汽船株式会社(神戸)
富山丸 TOYAMA MARU SCAJAP No.T058
1928(昭3)嶋谷商船(株)(和歌山)に移籍
1935.3.1(昭10)嶋谷汽船(神戸)に移籍
1943.10.26(昭18)合併に伴ない三井船舶(株)(東京)に移籍
1944.5(昭19)西海汽船に売却
1945.6(昭20)戸上山丸と改名
1949(昭24)宝永汽船(株)(東京)に売却
1952(昭27)年S26-27・28版船舶明細書より削除

合名会社小野鐵工造船所(大阪)

小野清吉の個人経営を大正12年1月に合名会社組織とした。翌13年12月小野清吉死去後に工場閉鎖。

長山丸 CHOZAN MARU (1924)
旅客船 1,159G/T 1,300D/W 進水 1924.2(大13)
Lpp 67.11(220'-2") B 9.75(32'-0") D 5.49(18'-0") m 主機 R 3連成 728IHP 1基 10.3kt
合名会社小野鐵工造船所(大阪)建造 阿波國共同汽船株式会社(徳島)
長山丸 CHOZAN MARU

石川島播磨重工業株式会社横浜工場

SNo.920 出光丸 IDEMITSU MARU (1966)
油槽船 107,957G/T 209,302D/W 起工 1966.2.1(昭41) 進水 1966.9.5(昭41) 竣工 1966.12.7(昭41)
Lpp 326.00 B 49.80 D 23.20 m 主機 T R-802再熱式衝動2シリンダー2段減速装置付 32,000/33,000SHP 1基 16.79kt
石川島播磨重工業株式会社横浜工場(横浜)建造 Sno.920 出光タンカー株式会社
出光丸 IDEMITSU MARU 横浜第二工場
1980.11.5(昭55)解体のため台湾の高雄に到着

ジャパン マーガレット型 2隻 JAPAN MARGUERITE Class (1969 - 1970)

ジャパン マーガレット
ジャパン マーガレット Japan Marguerite
ジャパン カンナとほぼ同一仕様の21万重量トン級大型油槽船。ペルシャ湾/日本間に就航。ジャパン ガランサスはわが国最初のタービン主機機関室無人化(M0)船。
油槽船 Lpp 300.00 B 50.00 D 27.00 m
石川島播磨重工業株式会社横浜工場(横浜)建造 ジャパンライン株式会社(東京)
Sno.2111 ジャパン マーガレット JAPAN MARGUERITE 105525/JEFD 117,400G/T 205,864D/W
主機 T 石播東京 衝動式 36,000PS 1基 16.2/17.5kt
起工 1968.11.7(昭43) 進水 1969.3.31(昭44) 竣工 1969.7.21(昭44) ジャパン マーガレット JAPAN MARGUERITE 24次
1981(昭56)解体のためJui Fa Steel & Iron Works Co.,Taiwanに売却、同年台湾の高雄で解体
Sno.2152 ジャパン ガランサス JAPAN GALANHUST 108819/JCPC 117,503G/T 205,603D/W
主機 T 石播相生 36,000PS 1基 16.2/17.28kt
起工 1970.2.26(昭45) 進水 1970.4.27(昭45) 竣工 1970.8.12(昭45) ジャパン ガランサス JAPAN GALANHUST 25次
1978(昭53)長崎県橘湾で石油備蓄に従事
1983(昭58)解体のためDong Kuk Steel Mill Co. Ltd.,South Koreaに売却、同年釜山で解体
ジャパン ガランサス
ジャパン ガランサス Japan Galanhust

SNo.2206 高岡丸 (2) TAKAOKA MARU (1971)
110883/JBYL 油槽船 110,037G/T 215,850D/W
起工 1970.7.23(昭45) 進水 1970.11.23(昭45) 竣工 1971.3.4(昭46)
Lpp 300.00 B 50.00 D 25.50 m 主機 T 石播東京 GE 36,700PS 1基 16.3/17.74kt
石川島播磨重工業株式会社横浜工場(横浜)建造 Sno.2206 日本郵船株式会社(東京)
高岡丸 TAKAOKA MARU 26次
1984.3.2(昭59)解体のため韓国の解体業者に売却、韓国の釜山Busanに到着

SNo.2216 共栄丸 KYOEI MARU (1971)
110888/JBZI 油槽船 110,037G/T 216,121D/W
起工 1970.9.24(昭45) 進水 1971.1.27(昭46) 竣工 1971.4.21(昭46)
Lpp 300.00 B 50.00 D 25.50 m 主機 T 石播東京 36,700PS 1基 16.4/17.8kt
石川島播磨重工業株式会社横浜工場(横浜)建造 Sno.2216 日本郵船株式会社(東京)
共栄丸 KYOEI MARU 26次
1971.4(昭46)共栄タンカー(株)(東京)と共有
1986(昭61)Ocean Phoenix Steamship S. A., Panamaに売却、BLUE PHOENIXと改名
1987(昭62)Tintagel Shipping Co. Ltd., Cyprusに売却、MERLINと改名
1988(昭63)OSA MERLINと改名
1989(平1)TRADE RELIANCEと改名
1990(平2)Oaklet Shipping Co. Ltd., Cyprusに売却、BT RENOVATORと改名。同年、BT VENTUREと再改名
1994.9.8(平6)解体のためPakistanの解体業者に売却、Gadani Beachに到着

SNo.2218 大嶋丸 OHSHIMA MARU (1971)
111111/JKWP 油槽船 116,833G/T 218,888D/W
起工 1971.4(昭46) 進水 1971.9(昭46) 竣工 1971.12(昭46)
Lpp 300.00 B 50.00 D 27.00 m 主機 T 石川島播磨 33,000PS 1基 16.2/18.1kt
石川島播磨重工業株式会社横浜工場(横浜)建造 Sno.2218 出光タンカー株式会社(東京)
大嶋丸 OHSHIMA MARU 27次

SNo.2290 田川丸 TAGAWA MARU (1972)
112836/JEEY 油槽船 110,058G/T 216,332D/W
起工 1971.9.22(昭46) 進水 1972.2.5(昭47) 竣工 1972.6.1(昭47)
Lpp 300.00 B 50.00 D 25.50 m 主機 T 石播東京 36,700PS 1基 16.23/17.29kt
石川島播磨重工業株式会社横浜工場(横浜)建造 Sno.2290 日本郵船株式会社(東京)
田川丸 TAGAWA MARU 27次
1972.6(昭47)岡田商船(株)(東京)と共有
1983.9.30(昭58)解体のためDongkuk Steel Mill Co. Ltd, South Koreaに売却、韓国の釜山Busanに到着

SNo.2338 高山丸 TAKAYAMA MARU (1973)
28次
114635/JAMG 油槽船 117,178G/T 233,399D/W
起工 1973.1.16(昭48) 進水 1973.6.23(昭48) 竣工 1973.9.28(昭48)
Lpp 300.00 B 50.00 D 27.00 m 主機 T 石播東京 MARINE 7,200PS 1基 16/16.89kt
石川島播磨重工業株式会社横浜工場(横浜)建造 Sno.2338 日本郵船株式会社(横浜)
高山丸 TAKAYAMA MARU
1973.9.28(昭48)八馬汽船(株)(西宮)と共有
1986(昭61)Taisetsu Shipping Ltd.,Vanuatuに売却、TAISETSUと改名
1988(昭63)Novelty Cia. Navigation S. A., Cyprusに売却、NOVELTYと改名
1991(平3)Eltynov Shipping Ltd., Cyprusに売却
1992.12.31(平4)解体のため中国の解体業者に売却、中国に到着

SNo.2339 太栄丸 TAIEI MARU (1973)
114636/JAMO 油槽船 117,184G/T 229,694D/W
起工 1973.4.17(昭48) 進水 1973.9.15(昭48) 竣工 1973.12.19(昭48)
Lpp 300.00 B 50.00 D 27.00 m 主機 T 石川島播磨 33,000PS 1基 16/18.1kt
石川島播磨重工業株式会社横浜工場(横浜)建造 Sno.2339 共栄タンカー株式会社(東京)
太栄丸 TAIEI MARU 29次
1973.12.19(昭48)日本郵船(株)(東京)と共有
1993(平5)Vintage Line S. A. & Dignity Shipholding S. A., Panamaに売却
1993.9.1(平5)解体のため中国の解体業者に売却、中国に到着

ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.10