船歴 本邦建造船104 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

金指造船所豊橋

すずか PL119 SUZUKA (1980)
123590/8LEB 巡視船 958G/T 起工 1979.3(昭54) 進水 1979.10(昭54) 竣工 1980.3(昭55)
Lpp 70.20 B 9.60 D 5.30 m 主機 D 新潟鉄工 7,000BHP 2基 19.6/20kt
株式会社金指造船所豊橋工場(豊橋)建造 しれとこ PL101型 運輸省海上保安庁(東京)
すずか PL119 SUZUKA 1000トン型 武器:40mm機関砲x1,20mm機銃x1

株式会社金指造船所(静岡)

SNo.50 白鴎丸 HAKUO MARU (1933)
漁業調査船 25G/T 竣工 1933.10(昭8)
Lpp 18.65 B 3.66 m 主機 H 焼玉 60HP
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 Sno.50 北海道庁水産試験場
白鴎丸 HAKUO MARU
1951.4(昭26)座礁廃棄

第七C壽丸 SEIJU MARU No.7 (1947)
58408/JQOD 貨物船 153G/T 進水 1947(昭22)
Lpp 29.50 B 5.90 D 3.15 m 主機 民生産業 250BHP 8/9kt
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 大洋漁業株式会社(東京)
第七C壽丸 SEIJU MARU No.7

第三C壽丸 SEIJU MARU No.3 (1947)
58404/JQNO 貨物船 153G/T 進水 1947(昭22)
Lpp 29.50 B 5.90 D 3.15 m 主機 D 伊藤鉄工 250BHP 8/9kt
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 大洋漁業株式会社(東京)
第三C壽丸 SEIJU MARU No.3

第一東洋丸 TOYO MARU No.1 (1949)

第一東洋丸
第一東洋丸 Toyo Maru No.1
63254/JGCS 貨物船 319G/T 406D/W 進水 1949(昭24)
Lr 40.34 B 7.00 D 3.30 m 主機 D 新潟鉄工 320BHP 7.5/8.5kt
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 東洋海運株式会社(清水)
第一東洋丸 TOYO MARU No.1

SNo.145 伊勢 ISE (1952)

伊勢
伊勢 Ise
マグロ延縄漁船 57G/T 進水 1952(昭27) 竣工 1952.4(昭27)
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 Sno.145 三重県
伊勢 ISE ※確認中

SNo.223 相模丸 (4) SAGAMI MARU (1956)
漁業指導船 700G/T 起工 1955.11.15(昭30) 進水 1956.2.6(昭31) 竣工 1956.3.27(昭31)
Lpp 54.00 B 9.00 D 4.60 m 主機 D 阪神内燃機 1,200PS 1基 11.5/12.85kt
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 Sno.223 神奈川県水産試験場(三浦)
相模丸 SAGAMI MARU
1968(昭43)除籍

照洋丸 (1) SHOYO MARU (1956)

照洋丸
照洋丸 Shoyo Maru
漁業調査船 602G/T 竣工 1956.6.15(昭31)
Lpp 51.00 B 8.50 m 主機 D 赤阪鉄工 1,200BHP 11.9/13.305kt
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 農林省(東京)
照洋丸 SHOYO MARU 定員41/48 取締船
1972(昭47)除籍

俊鷹丸 (1) SHUNYO MARU (1957)
76235/JDVF 漁業調査船 183G/T 起工 1956.11(昭31) 進水 1957.2(昭32) 竣工 1957.3(昭32)
Lr 32.01 B 6.30 D 3.15 m 主機 D 赤阪鉄工 400PS 1基 9.5/11kt
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 農林省水産庁(東京)
俊鷹丸 SHUNYO MARU 定員20/27 3種漁船
1973(昭48)除籍

SNo.687 阿州丸 ASHU MARU (1965)
漁業練習船 399G/T 起工 1964.12.28(昭39) 進水 1965.3.3(昭40) 竣工 1965.4.3(昭40)
主機 D 阪神内燃機 T6WSH
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 Sno.687 徳島県(徳島)
阿州丸 ASHU MARU 徳島県教育委員会

開洋丸 (1) KAIYO MARU (1967)
漁業調査船 3,210G/T 竣工 1967.9(昭42)
Lpp 84.65 B 15.00 m 主機 D 620BHP 4基 2軸 14/16.3kt
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 農林省(東京)
開洋丸 KAIYO MARU 定員48/76

SNo.1000 明竜丸 (2) MEIRYU MARU (1971)
111276/JEPX 自動車/撒積兼用船 18,144G/T
起工 1971.3.2(昭46) 進水 1971.6.19(昭46) 竣工 1971.9.16(昭46)
Lpp 168.00 B 25.40 D 15.00 m 主機 D 11,600BHP 15.6/17.76kt
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 Sno.1000 明治海運株式会社(神戸)
明竜丸 MEIRYU MARU

函嶺丸 KANREI MARU (1928)
33792 旅客船 31G/T 進水 1928.10(昭3)
Lpp 15.80 B 4.10 D 1.30 m
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 箱根遊船株式会社
函嶺丸 KANREI MARU
1938.4(昭13)合併に伴い駿豆鐵道(株)(不詳)に移籍
1957.6(昭32)社名変更に伴い伊豆箱根鉄道(株)(三島)に移籍
1970(昭45)沼津に移動し(時期不詳)短期間使用後、解体

SNo.25 榊丸 SAKAI MARU (1929)
34525/TSNK→JAJE 貨物船 98G/T 進水 1929.3(昭4) 竣工 1929.4.29(昭4)
Lpp 27.43 B 5.18 D 2.44 m 主機 D 130BHP 9.5kt
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 Sno.25 榊丸型 東京灣汽船株式会社(東京)
榊丸 SAKAI MARU
1932.11.14(昭7)台風のため行方不明
1933(昭8)登録抹消
1934(昭9)船名録より削除

SNo.26 柏丸 KASHIWA MARU (1929)
24528/TSNQ→JEUI 貨物船 98G/T 進水 1929.4(昭4) 竣工 1929.6.7(昭4)
Lpp 27.43 B 5.18 D 2.44 m 主機 D 130HP 9.5kt
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 Sno.26 榊丸型 東京灣汽船株式会社(東京)
柏丸 KASHIWA MARU
1936.5.25(昭11)売却
1938(昭13)船名録より削除

SNo.27 小櫻丸 KOZAKURA MARU (1929)
34538/TSPJ 木造旅客船 98G/T 進水 1929.6(昭4) 竣工 1929.7.17(昭4)
Lpp 27.35 B 4.73 D 2.59 m 主機 D 130BHP 10.5kt
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 Sno.27 東京灣汽船株式会社(東京)
小櫻丸 KOZAKURA MARU 船客 3等)77
1939.7.8(昭14)東京横浜電鉄(株)(東京)に売却
1941(昭16)船名録より削除

SNo.30 藤丸 (1) FUJI MARU (1929)
34543/TSPQ→JESI 貨客船 230G/T 345D/W 進水 1929.6(昭4) 竣工 1929.8.18(昭4)
Lpp 33.53 B 6.13 D 3.81 m 主機 H 日本発動機 350BHP 10/10.5kt
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 Sno.30 藤丸型 東京灣汽船株式会社(東京)
藤丸 FUJI MARU 船客 3等)37
1942.8.28(昭17)社名変更に伴い東海汽船(株)(東京)に移籍
1968(昭43)船舶明細書より削除

SNo.29 萩丸 HAJI MARU (1929)
34544/TSPR→JEQI 貨客船 229G/T 進水 1929.6.23(昭4) 竣工 1929.8.29(昭4)
Lpp 33.53 B 6.13 D 3.81 m 主機 D 140HP 10/10.5kt
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 Sno.29 藤丸型 東京灣汽船株式会社(東京)
萩丸 HAJI MARU 船客 3等)39
1942.8.28(昭17)社名変更に伴い東海汽船(株)(東京)に移籍
1945.2.16(昭20)伊豆大島付近で空爆により沈没

靜興丸 SEIKO MARU (1935)
40506/JBDI 油槽船 242G/T 305D/W 進水 1935(昭10)
Lr 37.78 B 6.48 D 3.50 m 主機 H 日本発動機 200PS 8/9.5kt
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 平和汽船株式会社(東京)
靜興丸 SEIKO MARU

SNo.63 三島丸 MISHIMA MARU (1935)

三島丸
三島丸 Mishima Maru
41259/JIAK 貨客船 106G/T 進水 1935.10(昭10)
Lpp 27.50 B 5.10 D 2.60 m 主機 E 発動機 11.25kt
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 Sno.63 南洋貿易株式会社(東京)
三島丸 MISHIMA MARU SCAJAP No.M086
1936(昭11)(株)東海社(東京)に売却
1938(昭13)日本サルヴェージ(株)(東京)に売却、救助船に改造。定繋港は門司
1950(昭25)売却

静海丸 SEIKAI MARU (1936)
貨物船 216G/T 竣工 1936.4(昭11)
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 南洋貿易株式会社
静海丸 SEIKAI MARU

SNo.201 第一小笠原丸 OGASAWARA MARU No.1 (1955)

第一小笠原丸
第一小笠原丸 Ogasawara Maru No.1
マグロ延縄漁船 250G/T 進水 1955(昭30) 竣工 1955.4(昭30)
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 Sno.201 小笠原漁業株式会社(東京)
第一小笠原丸 OGASAWARA MARU No.1

SNo.222 第二長崎丸 NAGASAKI MARU No.2 (1956)

第二長崎丸
第二長崎丸 Nagasaki Maru No.2
マグロ延縄漁船 349G/T 進水 1955(昭30) 竣工 1956.1(昭31)
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 Sno.222 長崎県南方漁業株式会社(長崎)
第二長崎丸 NAGASAKI MARU No.2

SNo.239 第十八事代丸 KOTOSHIRO MARU No.18 (1956)

第十八事代丸
第十八事代丸 Kotoshiro Maru No.18

1975.2.26 清水港
75877/JMSQ マグロ延縄漁船 1,087G/T 進水 1956.8(昭31) 竣工 1956.9(昭31)
Lpp 61.00 B 11.00 D 5.30 m 主機 D 赤阪鉄工 1,600BHP 10.8/13.6kt
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 Sno.239 事代漁業株式会社(三崎)
第十八事代丸 KOTOSHIRO MARU No.18
1971(昭46)改造G/T 976.62に変更
1971(昭46)東商海運(株)(静岡)に売却、雪風丸 YUKIKAZE MARU と改名

SNo.243 第三富士丸 FUJI MARU No.3 (1957)

第三富士丸
第三富士丸 Fuji Maru No.3
マグロ延縄漁船 703G/T 進水 1956(昭31) 竣工 1957.1(昭32)
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 Sno.243 佐久間竹松(千葉)
第三富士丸 FUJI MARU No.3

SNo.260 礼文丸 REBUN MARU (1957)

礼文丸
礼文丸 Rebun Maru
76463/JEKS 貨物船 184G/T 96D/W 竣工 1957.7.30(昭32)
Lpp 29.50 B 6.40 D 2.80 m 主機 D 阪神内燃機 Z6EM 320BHP 1基 10/11.5kt
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 Sno.260 稚内利礼運輸株式会社(稚内)
礼文丸 REBUN MARU 船客 2等)32 3等)73

SNo.276 笠置丸 KASAGI MARU (1957)

笠置丸
笠置丸 Kasagi Maru
78739/JBRW マグロ延縄漁船 1,502G/T 1,774D/W
起工 1957.5(昭32) 進水 1957.9(昭32) 竣工 1957.11(昭32)
Lpp 67.00 B 12.30 D 5.80 m 主機 D 新潟鉄工 M8P43AS 1,800BHP 1基 11/13.5kt
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 Sno.276 日本水産株式会社(東京)
笠置丸 KASAGI MARU 兼冷蔵運搬船

SNo.280 赤石丸 AKAISHI MARU (1958)

赤石丸
赤石丸 Akaishi Maru
80632/JEET 貨物船 3,364G/T 5,322D/W 起工 1957.9(昭32) 進水 1958.3(昭33) 竣工 1958.4(昭33)
Lpp 101.98 B 15.00 D 7.80 m 主機 D 赤阪鉄工 KD7SS 2,400BHP 1基 12/14.4kt
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 Sno.280 旭海運株式会社(東京)
赤石丸 AKAISHI MARU 13次
1964.7.1(昭39)在籍

SNo.320 赤岩丸 AKAIWA MARU (1959)

赤岩丸
赤岩丸 Akaiwa Maru
84014/JDPX 貨物船 3,344G/T 5,379D/W
起工 1959.3.14(昭34) 進水 1959.9.24(昭34) 竣工 1959.11.15(昭34)
Lpp 101.98 B 15.00 D 7.80 m 主機 D 伊藤鉄工 M476HS 2,100PS 1基 12/14.8kt
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 Sno.320 旭海運株式会社(東京)
赤岩丸 AKAIWA MARU 14次
1964.7.1(昭39)在籍

かなや丸型 2隻 KANAYA MARU Class (1960)

かなや丸
かなや丸 Kanaya Maru

東京湾 - I.Masuda
フェリー Lpp 42.50 B 10.50 D 3.70 m 主機 D 富士ディーゼル 6SD40E
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 東亞海運株式会社(横須賀)
Sno.278 かなや丸 KANAYA MARU 84967/JGIX 530G/T 169D/W 1,100PS 12.5/14.1kt
起工 1959.2.2(昭34) 進水 1959.12.24(昭34) 竣工 1960.3.28(昭35) かなや丸 KANAYA MARU
1962.10(昭37)社名変更に伴い東京湾フェリー(株)(横須賀)に移籍
Sno.288 くりはま丸 (1) KURIHAMA MARU 84966/JGIU 497G/T 154D/W 1,100PS 12.5/14kt
起工 1959.2(昭34) 進水 1960.3(昭35) 竣工 1960.4(昭35) くりはま丸 KURIHAMA MARU
1962.10(昭37)社名変更に伴い東京湾フェリー(株)(横須賀)に移籍
1972.11.14(昭47)四国汽船(株)(高松)に売却
くりはま丸
くりはま丸 Kurihama Maru

SNo.438 永明丸 EIMEI MARU (1962)

永明丸
永明丸 Eimei Maru
マグロ延縄漁船 544G/T 進水 1962(昭37) 竣工 1962.6(昭37)
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 Sno.438 報国水産株式会社(東京)
永明丸 EIMEI MARU

SNo.528 三和丸 SANWA MARU (1963)
91814/8JMY マグロ延縄漁船 354G/T 進水 1963.2(昭38) 竣工 1963.3(昭38)
Lpp 45.00 B 7.90 D 3.70 m 主機 D 1基
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 Sno.528 石垣利作(根室)
三和丸 SANWA MARU

きさらづ丸型 3隻 KISARAZU MARU Class (1965 - 1966)

きさらづ丸
なおしま Naoshima

1974.4.5 直島沖 - K.Sato
フェリー Lpp 47.00 B 13.40 D 3.40 m 株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 東京湾フェリー株式会社(木更津)
Sno.692 きさらづ丸 KISARAZU MARU 98283/JG2237 497G/T 191D/W
主機 D 富士ディーゼル 6SD30H 700PS 2基 13/13.9kt
起工 1965.4(昭40) 進水 1965.5(昭40) 竣工 1965.7(昭40) きさらづ丸 KISARAZU MARU 船客 1等)30 2等)470
1965(昭40)船舶整備公団(東京)と共有
1972.11.14(昭47)四国汽船(株)(香川直島)に売却、なおしまと改名。船舶整備公団(東京)との共有
Sno.653 よこはま丸 YOKOHAMA MARU 98284/JG2238 492G/T 204D/W
主機 D 富士ディーゼル 1,400PS 2基 13/14kt
起工 1965.2.24(昭40) 進水 1965.4.10(昭40) 竣工 1965.5.10(昭40) よこはま丸 YOKOHAMA MARU 船客 1等 30 2等 470
横浜(高島桟橋)/木更津航路用に新造されたフェリー。操船合理化のため可変ピッチプロペラを装備。
Sno.700 とうきょう丸 TOKYO MARU 100024/JG2297 584G/T 203D/W
主機 D 赤阪鉄工 MK6SS 700PS 2基 13/13.907kt
起工 1965.11.6(昭40) 進水 1966.1.28(昭41) 竣工 1966.3.1(昭41) とうきょう丸 TOKYO MARU 船客 700名
1966(昭41)船舶整備公団(東京)と共有
1972.10.4(昭47)両備運輸(東京→岡山)に売却
1975(昭50)しぃ おりんぴあ SEA OLYMPIA と改名
とうきょう丸
とうきょう丸 Tokyo Maru

SNo.895 琉照丸 RYUSHO MARU (1969)
114210/JAOS 3,841G/T 起工 1969.3.29(昭44) 進水 1969.5.29(昭44) 竣工 1969.8.20(昭44)
Lpp 101.90 B 16.20 D 8.20 m 主機 D 伊藤鉄工M486LUS 2,890/3,400PS 1基 12.5/15.7kt
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 Sno.895 琉球海運株式会社(那覇)
琉照丸 RYUSHO MARU

SNo.925 加茂丸 KAMO MARU (1970)

加茂丸
加茂丸 Kamo Maru

1981.5.30 横浜港 - K.Sato
日之出汽船が共有長期定期用船する条件で大和商船と金昭海運と共有建造した重量物/貨物兼用船。トリポッド式のヘビーデリックを装備。
108787/JCHJ 貨物船 5,625G/T 9,055D/W
起工 1969.12.1(昭44) 進水 1970.2.23(昭45) 竣工 1970.5.14(昭45)
Lpp 114.00 B 18.20 D 10.00 m 主機 D NKK SEMT Pielstick 12PC2V 5,580PS 1基 13.5/16.59kt
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 Sno.925 加茂丸型 日之出汽船株式会社(東京)
加茂丸 KAMO MARU
1970.5.14(昭45)大和商船(株)(東京)と共有
1981.8.5(昭56)Falcon Lines Co. Ltd. PA(Panama)に売却、ASIAN FALCONと改名
1984(昭59)Hua Tat Trading Pte. Ltd.(Singapore)に売却、KEE ANNと改名
1997.12.25(平9)解体のためインドのカルカッタに到着

SNo.948 第八全功丸 ZENKO MARU No.8 (1969)

第八全功丸
猛太丸 Mouta Maru

1982.5.23 東京・大井
107281/JEOS 漁船 374G/T 起工 1969.4(昭44) 進水 1969.10(昭44) 竣工 1969.12(昭44)
Lpp 49.70 B 8.80 D 6.00 m 主機 D 赤阪鉄工 AH-30 1,300PS 1基 11.29/13.04kt
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 Sno.948 奥津水産株式会社(三浦)
第八全功丸 ZENKO MARU No.8
1974(昭49)(株)東栄リーファライン(東京)に売却、猛太丸 MOUTA MARU と改名(時期未確認)
1976(昭51)改装(冷凍運搬船か)

SNo.930 北野丸 KITANO MARU (1970)
108755/JKXP 貨物船 5,623G/T 9,079D/W
起工 1970.4.21(昭45) 進水 1970.5.6(昭45) 竣工 1970.7.20(昭45)
Lpp 114.00 B 18.20 D 10.00 m 主機 D NKK SEMT Pielstick 5,580PS 1基 13.5/16.68kt
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 Sno.930 加茂丸型 日之出汽船株式会社(東京)
北野丸 KITANO MARU
1970.7.20(昭45)金昭海運(株)(東京)と共有
1983(昭58)Alpha Pacific Maritime Co. S. A.(Panama)に売却、ALPHA PACIFICと改名
1985(昭60)Palme Oil Transportation Pte. Ltd.(Singapore)に売却、HOE ANNと改名
1990(平2)Lloyd's Register 1990-91版に掲載

SNo.970 明高丸 MEIKO MARU (1971)
110267/JGLI 自動車/撒積兼用船 18,144G/T 27,795D/W
起工 1970.10(昭45) 進水 1971.2(昭46) 竣工 1971.6(昭46)
Lpp 168.00 B 25.40 D 15.00 m 主機 D 三井B&W 6K74EF 11,600PS 1基 15.6/17.79kt
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 Sno.970 明治海運株式会社(神戸)
明高丸 MEIKO MARU 26次

SNo.965 第三セントラル CENTRAL No.3 (1971)
110277/JJ2722 フェリー 5,647G/T 2,892D/W
起工 1970.11.18(昭45) 進水 1971.3.26(昭46) 竣工 1971.7.22(昭46)
Lpp 118.00 B 22.00 D 8.00 m 主機 D 川崎M.A.N. V7V 40/54 6,460/7,600PS 2基 19.5/21.208kt
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 Sno.965 セントラルフェリー株式会社(神戸)
第三セントラル CENTRAL No.3 船客 592 ト 99 普 22

SNo.1019 あわしお AWASHIO (1971)
112553/JJ2752 フェリー 1,614G/T 690D/W
起工 1971.6.7(昭46) 進水 1971.10.18(昭46) 竣工 1971.12.24(昭46)
Lpp 77.00 B 14.00 D 5.50 m 主機 D ダイハツ 8DSM-26 1,600PS 4基 2軸 17.5/19.53kt
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 Sno.1019 淡路フェリーボート株式会社(神戸)
あわしお AWASHIO 船客 593

SNo.1010 美穂丸 MIHO MARU (1972)

美穂丸
美穂丸 Miho Maru
111154/JCUF 自動車/撒積兼用船 18,151G/T
起工 1971.6.21(昭46) 進水 1971.10.4(昭46) 竣工 1972.1.25(昭47)
Lpp 168.00 B 25.40 D 15.00 m 主機 D 三井B&W 6K74EF 11,600PS 1基 16.15/17.7kt
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 Sno.1010 昭和海運株式会社(東京)
美穂丸 MIHO MARU 普)型:1,907台
1978(昭53)日本鋼管浅野船渠(横浜)でRo/Ro船に改造
1986.3.7(昭61)Ceram Shipping Inc.,Panamaに売却、FENG YINGと改名
1994(平6)Friendly River Shiping (panama) Inc.,Panamaに売却、FRIENDLY RIVERと改名
1999.4.19(平11)解体のため中国に売却、Panyuに到着

しれとこ丸型 2隻 SHIRETOKO MARU Class (1972)

しれとこ丸
しれとこ丸 Shiretoko Maru

1976.8.16 東京フェリーターミナル
フェリー Lpp 142.00 B 22.80 D 8.00 m 主機 D 川崎M.A.N. V9V40/54 2基
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 日本沿海フェリー株式会社(東京)
Sno.1005 しれとこ丸 SHIRETOKO MARU 112814/JQQO 7,861G/T 3,212D/W 10,000PS 20.3/22.78kt
起工 1971.6.23(昭46) 進水 1971.12.20(昭46) 竣工 1972.4.20(昭47) しれとこ丸 SHIRETOKO MARU 船客 737 ト)114 普)112
1989(昭64)Minoan Lines Shipping S.A.,Greeceに売却、N. KAZANTZAKISと改名
2001(平13)Pacific Cruises (Hainan) Ltd.,Panamaに売却、MING FAI PRINCESSSと改名
Sno.1015 えりも丸 ERIMO MARU 112856/JQQZ 7,845G/T 3,121D/W 10,000HP 20.3/22.35kt
起工 1971.12(昭46) 進水 1972.4(昭47) 竣工 1972.7(昭47) えりも丸 ERIMO MARU 船客 737 ト)114 普)115
1987(昭62)King Minos Shipping Co. Ltd.,Cyprusに売却、KING MINOSと改名
2004(平16)Arturo Shipping Co.,Panamaに売却、MAWADDAHと改名

げんかい PL121 GENKAI (1980)
121977/JBZS 巡視船 961G/T 起工 1979.3(昭54) 進水 1979.9(昭54) 竣工 1980.1(昭55)
Lpp 70.20 B 9.60 D 5.30 m 主機 D 富士ディーゼル 7,000BHP 2基 19.6/20kt
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 しれとこ PL101型 大島運輸株式会社(東京)
げんかい PL121 GENKAI 1000トン型 武器:40mm機関砲x1,20mm機銃x1

SNo.3023 ジャパン キャリオール (2) JAPAN CARYALL (1984)

ジャパン キャリオール
ジャパン キャリオール Japan Caryall
128124/JRNO C自動車専用船 18,775G/T 13,068D/W
起工 1984.7.23(昭59) 進水 1984.9.27(昭59) 竣工 1984.12.20(昭59)
Lpp 164.00 B 30.40 D 29.75 m 主機 D 宇部興産 6UEC60L 11,800PS 1基 18.2/20.23kt
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 Sno.3023 ジャパンライン株式会社(東京)
ジャパン キャリオール JAPAN CARYALL 40次 普)4349
1989.6.1(平1)合併に伴いナビックスライン(株)(東京)に移籍
1994(平6)日本船舶明細書に記載

SNo.3060 産和丸 SANWA MARU (1985)
128140/JFER 自動車専用船 19,059G/T
起工 1984.8.28(昭59) 進水 1984.12.3(昭59) 竣工 1985.4.9(昭60)
Lpp 164.00 B 30.40 D 29.75 m 主機 D 11,450BHP 18/19.8kt
株式会社金指造船所貝島工場(清水)建造 Sno.3060 新和海運株式会社(東京)
産和丸 SANWA MARU 40次
1985.4.9(昭60)晴海船舶(株)(東京)と共有
1991.4.7_(平3)Interocean Car Carriers Inc.,Liberiaに売却、SANWAと改名
1995Lloyd's Register 1995-1996年版に掲載

ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.10