船歴 本邦建造船106 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

日立造船株式会社築港工場

SNo.3649 第五興洋丸 KOYO MARU No.5 (1947)
捕鯨船 366G/T 進水 1947(昭22) 竣工 1947.10.17(昭22)
Lpp 47.00 B 7.60 D 4.20 m 主機 D 1,690BHP 15.3kt
日立造船株式会社築港工場(大阪)建造 Sno.3649 日本水産株式会社(東京)
第五興洋丸 KOYO MARU No.5

林寛次郎

南高丸 NANKO MARU (1895)

南高丸
南高丸 Nanko Maru
1532/HKMP 木造貨客船 95G/T 60D/W 進水 1895.7(明28)
Lpp 27.96 B 4.05 D 3.21 m 主機 R 2連成(冷) 22NHP/100IHP 1基 7/8kt
林寛次郎(大阪)建造 三原 金三郎(大阪)
南高丸 NANKO MARU
1895.12(明28)本多喜八郎(長崎・島原)に売却
1904.9(明37)肥後汽船(株)(熊本・三角)に売却
1911.4.4(明44)九州汽船(株)(長崎)の設立に伴い移籍、小浜/茂木航路に就航
1928.7(昭3)社名変更に伴い九州商船(株)(長崎)に移籍
1931.2.3(昭6)解体のため売却独航機能を撤去同月9日に登録を抹消

株式会社来島どっく波止浜工場

SNo.470 月川丸 (2) TSUKIKAWA MARU (1969)
104868/JIWV 重量物運搬船 3,981G/T
起工 1969.2.15(昭44) 進水 1969.5.15(昭44) 竣工 1969.7.21(昭44)
Lpp 101.00 B 16.20 D 8.15 m 主機 D 3,981BHP 12.8/15.4kt
株式会社来島どっく波止浜工場(今治)建造 Sno.470 川崎汽船株式会社(神戸)
月川丸 TSUKIKAWA MARU
1972.2.18(昭47)Luna Navigation Co.Ltd.,Liberiaに売却、LUNAROSAと改名
1973(昭48)SANSHIN STARと改名
1976(昭51)ASIA FRIENDSHIPと改名
1979(昭54)Elreal Nagegacion S.A.,Panamaに売却
1984(昭59)Soners Maritime S.A.,Panamaに売却、SONERS BEEと改名
1988(昭63)Bigpros Marine S.A.,Panamaに売却、BIGPROS PIONEERと改名
1989(平1)Wong Samut Nav.Co.Ltd.,Thailandに売却、BANGPAKAEWと改名
1992(平4)Lloyd's Register 1992-1993年版に掲載

大福造船所

岸和田丸 KISHIWADA MARU (1918)
24041/RGPQ 木造貨物船 791G/T 進水 1918.9(大7)
Lpp 56.59 B 8.69 D 5.89 m 主機 R 61NHP/775IHP 7/9.25kt
大福造船所(明石)建造 山本福三郎(垂水)
岸和田丸 KISHIWADA MARU
1918.12(大7)山下汽船(株)(西宮)に売却
1923.3.16(大12)山下汽船鑛業(株)(神戸)に移籍
1923.5.29(大12)(合)村尾造船所(大阪)に売却
1924(大13)大村 清(西宮)に売却。同年、福田曖二(兵庫・垂水)に売却
1925(大14)12,500円で支那人に売却以後不詳
1926(大15)大正15年版船名録より削除

石松造船

こたか丸 (2) KOTAKA MARU (1962)
木造漁業調査船 19G/T 竣工 1962.3(昭37)
Lpp 16.04 B 3.64 m 主機 D 90BHP 9.3kt
石松造船(不詳)建造 農林省(東京)
こたか丸 KOTAKA MARU 定員3/5

常滑造船

常滑丸 TOKOHAME MARU (1947)
木造漁業調査船 10G/T 竣工 1947.4(昭22)
Lpp 13.50 B 3.00 m 主機 H 焼玉 40HP 6/7kt
常滑造船(不詳)建造 農林省(東京)
常滑丸 TOKOHAME MARU
1950.7(昭25)鷹丸 TAKA MARU と改名
1961(昭36)除籍

熊本ドック

SNo.442 エメラルドからつ EMERALD MARATSU (2007)
140505/JD2398 フェリー 984G/T 400D/W 起工 2006.7(平18) 進水 2007.2(平19) 竣工 2007.3(平19)
Lpp 67.30 B 13.40 D 9.80 m 主機 D ダイハツ 8DKM-28L 3,000PS 2基 17/18.71kt
熊本ドック(八代)建造 Sno.442 九州郵船株式会社(福岡)
エメラルドからつ EMERALD MARATSU 大型ト17 普46船客 350
2007.3(平19)(独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構(横浜)と共有

高知重工業株式会社

SNo.811 宗洋丸 SOYO MARU (1974)

宗洋丸
宗洋丸 Soyo Maru

1982.3.22 東京港 - T.Ueno
117569/JG3455 セメント専用船 7,007G/T 11,320D/W
起工 1974.4(昭49) 進水 1974.7(昭49) 竣工 1974.10(昭49)
Lpp 130.04 B 20.00 D 10.00 m 主機 D 川崎M.A.N. V7V 40/50 8,000PS 1基 12.6/16.5kt
高知重工業株式会社(高知)建造 Sno.811 東海運株式会社(東京)
宗洋丸 SOYO MARU

SNo.873 おくどうご3 OKUDOGO 3 (1976)
118979/JL4164 カーフェリー 6,972G/T
起工 1975.2.18(昭50) 進水 1975.8.12(昭50) 竣工 1976.2.10(昭51)
Lpp 130.00 B 23.50 D 13.01 m 主機 D 川崎M.A.N. 40/54MW 8,000PS 2基 20.5/23.08kt
高知重工業株式会社(高知)建造 Sno.873 愛媛・阪神フェリー株式会社(松山)
おくどうご3 OKUDOGO 3
1976.2.10(昭51)来島どっく(愛媛)と共有
1989(平1)来島興産(愛媛)に移籍
1990.9.25(平2)大阪商船三井船舶(株)(東京)に売却(同社の記録では龍雲山荘よ り購入とある)
1993(平5)在籍

SNo.1415 桂丸 KATSURA MARU (1980)
119778/JI3049 貨物船 477G/T 起工 1980.4(昭55) 進水 1980.5(昭55) 竣工 1980.7.8(昭55)
Lpp 64.00 B 11.50 D 6.10 m 主機 D 1,600BHP 11/13.2kt
高知重工業株式会社(高知)建造 Sno.1415
関西汽船株式会社(大阪)
桂丸 KATSURA MARU
1982.8.12(昭57)関西汽船(株)(大阪)に売却、讃栄海運(大阪)と共有
1987.11.18(昭62)共有分を讃栄海運(大阪)に売却
1988(昭63)昭和63年版船名録掲載

SNo.1865 関洋丸 KANYO MARU (1986)
128641/JI3263 貨物船 494G/T 起工 1985.10.19(昭60) 進水 1985.11(昭60) 竣工 1986.1.14(昭61)
Lpp 66.00 B 12.00 D 7.00 m 主機 D 1,400BHP 11.6/13.6kt
高知重工業株式会社(高知)建造 Sno.1865 関西汽船株式会社(大阪)
関洋丸 KANYO MARU
1986.1.14(昭61)讃栄海運(大阪)と共有
1988.1.27(昭63)共有分を讃栄海運(大阪)に売却
1988(昭63)昭和63年版船名録掲載

大日海運株式会社

SNo.176 三貴丸 MIKI MARU (1970)
107694/JJSC 貨物船 5,480G/T 8,614D/W
起工 1969.9.4(昭44) 進水 1969.12.15(昭44) 竣工 1970.3.7(昭45)
Lpp 118.00 B 17.10 D 9.70 m 主機 D 神戸発動機 6UEC52/105C 5,400PS 1基 14/17.24kt
大日海運株式会社(神戸)建造 Sno.176 大日海運株式会社(神戸)
三貴丸 MIKI MARU
1975.7.18(昭50)日本郵船(株)(東京)と共有
1975.12.31(昭50)大日海運(神戸)の単独保有
1976(昭51)Ahjin Shipping Co. Ltd., South Koreaに売却、HYEON JINと改名
1980(昭55)Serifos Navigation Co., Greeceに売却、SOTIRISと改名
1987(昭62)Naxos Navigation Ltd., Cyprusに売却、IRISと改名
1990(平2)Fjord Shipping Co., Maltaに売却、OSIRIS Iと改名
1997(平9)Vulcanus Technical Maritime Enterprises S. A., Maltaに売却
1999(平11)Nebula Maritime Co. Ltd., Maltaに売却
2001.8.23(平13)解体のためインドの解体業者に売却、Alangに到着

三菱製鉄所

彌彦丸 YAHIKO MARU (1880)
1104/HGRB 木鉄混合汽船 35G/T 進水 1880(明13)
三菱製鉄所(横浜)建造 三菱合資会社(東京)
彌彦丸 YAHIKO MARU
1886(明19)明治19年〜20年頃に日本郵船会社(東京)に売却
1900.4.13(明33)伏木港で係船中に射水川洪水のため転覆、沈没

安井定保

沖鷹丸 CHUYO MARU (1876)
185/HCFV 木造汽船 38G/T 進水 1876.3(明9)
Lpp 28.64 B 4.18 D 2.23 m 主機 R 2連成
安井定保(東京)建造 船主不詳
沖鷹丸 CHUYO MARU
1883(明16)共同運輸(東京)に売却、室蘭丸 MURORAN MARU と改名
1885.10.1(明18)合併に伴い日本郵船会社(東京)に移籍
1895.12.12(明28)岩田栄蔵(不詳)に売却
1906(明39)従二治三郎(福山)に売却
1908(明41)明治41年版船名録より削除

石黒造船所

伯州丸 HAKUSHU MARU (1938)
44543 貨物船 218G/T 進水 1938(昭13) 竣工 1938(昭13)
Lr 29.85 B 6.66 D 3.33 m 主機 H 焼玉 志摩鐵工所(下関) 150BHP 1基 7/8.5kt
石黒造船所(鳥取)建造 宮崎産業株式会社(津久見)
伯州丸 HAKUSHU MARU

阿部恵六

まつほ丸 MATSUHO MARU (1928)
33194/PLWV 木造旅客船 46G/T 進水 1928.4(昭3) 竣工 1928(昭3)
Lpp 20.10 B 4.50 D 1.80 m 主機 H 焼玉 81HP 8kt
阿部恵六(福良)建造 攝陽商船株式会社(大阪)
まつほ丸 MATSUHO MARU
1942.5.4(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴ない移籍
1952.11.25(昭27)播淡連絡汽船(株)(淡路)に売却
1957.2(昭32)廃船

永田三十郎

加能丸 KANO MARU (1896)
1599/HKSB 木造貨客船 428G/T 進水 1896.6(明29)
Lpp 45.72 B 6.77 D 5.24 m 主機 R 60IHP
永田三十郎(大阪)建造 加能汽船株式会社(金石)
加能丸 KANO MARU
1899.10.24(明32)大阪商船(株)会社(大阪)に売却、手取川丸と改名
1902(明35)大阪釜山線に就航
1907.5.20(明40)大阪から高知に向け航行中、濃霧のため阿波国伊島の東端(徳島県椿泊浦字伊島東端)で座礁、沈没

井村造船

妙見丸 MYOKEN MARU (1936)
木造帆船 120G/T 進水 1936.11(昭11)
井村造船(小松島)建造 高島正見
妙見丸 MYOKEN MARU

大長丸 DAICHO MARU (1937)
木造帆船 280G/T 進水 1937.1(昭12)
井村造船(小松島)建造 山田重吉
大長丸 DAICHO MARU

攝津造船

第二伏見丸 FUSHIMI MARU No.2 (1940)
48022/JQXO 779G/T 起工 1939.9.3(昭14) 進水 1940.4.25(昭15) 竣工 1940.12.27(昭15)
Lpp 53.90 B 8.50 D 4.50 m 主機 H 焼玉 660PS 10kt
攝津造船(大阪)建造 増田合名会社(大阪)
第二伏見丸 FUSHIMI MARU No.2
1944.8.1(昭19)合併に伴い東洋海運(株)(東京)に移籍
1945.3.21(昭20)カムラン湾(11-50N, 109-18E)で空爆により沈没

伊奈波山丸 (2) INABASAN MARU (1943)
50099/JBWR 貨物船 872G/T 1,275D/W 進水 1943(昭18)
Lr 60.48 B 9.50 D 5.00 m 主機 R 3連成 桝井鐵工所(大阪) 580IHP 8/9kt
攝津造船(大阪)建造 日下部汽船株式会社(神戸)
伊奈波山丸 INABASAN MARU

光照丸 KOSHO MARU (1946)
55658/JHDD 貨物船 880G/T 1,396D/W 起工 1943.7.23(昭18) 進水 1944.2.1(昭19) 竣工 1946.6.5(昭21)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 北川鐵工所 500IHP 1基 7.5/8kt
攝津造船(大阪)建造 2EH型 馬場汽船株式会社(東京)
光照丸 KOSHO MARU SCAJAP No.K122
1948.8(昭23)日立造船(因島)で主機をR 500 IHPに換装
1958.4(昭33)神原汽船(東京)に売却、改造工事
1963.5.16(昭38)Steerig Line Co. S. A., Panamaに売却、GOLDEN STEERと改名
1966(昭41)South East Asia S.S. Corp., Panamaに売却、WEST SEAと改名
1982(昭57)Government of the Socialist republic of Vietnamに売却
1993(平5)Lloyd's Register 1993-1994年版より削除

米子造船所株式会社

大凱丸 TAIGAI MARU (1943)
49418/JBGO 貨物船 322G/T 461D/W 進水 1943(昭18)
Lr 37.49 B 7.16 D 3.66 m 主機 H 焼玉 呉発動機工作所 8/9kt
米子造船所株式会社(不詳)建造 小倉汽船株式会社(大阪)
大凱丸 TAIGAI MARU

慶山丸 KEIZAN MARU (1943)
64135/JGVP 貨物船 598G/T 768D/W 進水 1943(昭18)
Lr 48.77 B 8.69 D 4.27 m 主機 D 赤阪鉄工 550BHP 8.5/10kt
米子造船所株式会社(不詳)建造 扇興運輸株式会社(宇部)
慶山丸 KEIZAN MARU

第四土木監督署

運輸丸 UNYU MARU (1904)
32756/TMGB→JNCH 貨物船 197G/T 進水 1904.11(明37)
Lpp 38.10 B 4.88 D 3.51 m 主機 R 210IHP 7/8kt
第四土木監督署(福井)建造 船主不詳
運輸丸 UNYU MARU SCAJAP No.U013
1928(昭3)尼崎汽船(株)部(大阪)の所有
1942.5.4(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴い移籍
1948.4.26(昭23)尼崎汽船(大阪)に返還
1951(昭26)船籍抹消

中井亮作

松島丸 MATSUSHIMA MARU (1919)
25335/RNCD 木造貨客船 451G/T 500D/W 進水 1919.5(大8)
Lpp 43.05(141'-3") B 7.70(24'-15") D 5.03(16'-6") m 主機 R 3連成 55NHP/600IHP 1基 9/11kt
中井亮作(肥後鬼池)建造 攝陽商船株式会社(洲本)
松島丸 MATSUSHIMA MARU
1930(昭5)攝陽商船(株)(洲本)の所有

大正鐵工所

白鳥丸 SHIRATORI MARU (1921)
27477/SGJH 貨客船 328G/T 360D/W 進水 1921.3(大10)
Lpp 36.58(120'-0") B 6.83(22'-5") D 4.60(13'-25") m 主機 R 3連成 40NHP/280IHP 1基 9/9.7kt
大正鐵工所(大阪)建造 船主不詳
白鳥丸 SHIRATORI MARU 船客 2等39 3等258
1930(昭5)攝陽商船(株)(洲本)の所有

兵庫谷寅吉

日海丸 NIKKAI MARU (1905)

日海丸
日海丸 Nikkai Maru

S.Kizu
9673/JTMQ→JKFE 貨客船 300G/T 進水 1905.7(明38) 竣工 1905(明38)
Lpp 41.28 B 6.07 D 4.42 m 9.5/10.5kt
兵庫谷寅吉(大阪)建造 尼崎汽船部(大阪)
日海丸 NIKKAI MARU 船客 2等27 3等300 SCAJAP No.N035
1920.5(大9)社名の変更に伴ない尼崎船舶合名会社(大阪)に移籍
1921.1(大10)社名の変更に伴ない合名会社(名)尼崎汽船部(大阪)に移籍
1935(昭10)主機をH 300BHPに換装
1942.5.4(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴ない移籍。大阪/多度津航路に就航
1948.4.26(昭23)尼崎汽船(大阪)に返還
1952(昭27)宝海運(株)(神戸)に売却、鳴門/阪神航路に就航
1957(昭32)改造、310G/T
1967.3(昭42)廃船、後に解体

神惠丸 SHINYE MARU (1906)

神惠丸
神惠丸 Shinye Maru

S.Kizu
10147/JWTR→JKIE 貨客船 300G/T 進水 1906.4(明39) 竣工 1906(明39)
Lpp 43.33 B 5.81 D 4.00 m 9.8/10.5kt
兵庫谷寅吉(大阪)建造 尼崎汽船部(大阪)
神惠丸 SHINYE MARU 船客 2等37 3等240 SCAJAP No.S033
1920.5(大9)社名の変更に伴ない尼崎船舶合名会社(大阪)に移籍
1928(昭3)船体延長、主機換装を含む改造。408G/T、49.80 x 6.10 x 4.40 (M) 、主機R 470 IHP
1942.5.4(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴ない移籍
1948.4.26(昭23)尼崎汽船(大阪)に返還
1951(昭26)1〜6月の間に登録抹消

合資会社尼崎造船所

船運丸 SENUN MARU (1907)

船運丸
船運丸 Senun Maru

S.Kizu
11091/LBSM→JLYE 貨客船 367G/T 進水 1907.10.22(明40) 竣工 1907.12(明40)
Lpp 42.87 B 6.40 D 4.75 m 主機 R 50NHP/390IHP 9/10kt
合資会社尼崎造船所(大阪)建造 尼崎汽船部(大阪)
船運丸 SENUN MARU 船客 2等26 3等222
1920.5.13(大9)社名変更に伴い、尼崎船舶合名会社(大阪)に移籍
1921.1(大10)社名変更に伴い、合名会社(名)尼崎汽船部(大阪)に移籍
1941(昭16)貨物船に改造。船体を5.5m延長、甲板を廃止、船首楼と船尾楼を新設412G/T
1943.2.4(昭18)海軍徴傭船として航海中、中国の海南島方面で沈没
1946.8.15(昭21)船籍を抹消

浪切丸 NAMIKIRI MARU (1925)

浪切丸
浪切丸 Namikiri Maru

S.Kizu
31166/TBLG→JMXE 貨客船 589G/T 進水 1925.7.1(大14) 竣工 1925.10(大14)
Lpp 52.73 B 7.62 D 5.03 m 主機 R 560IHP 10/11kt
合資会社尼崎造船所(大阪)建造 尼崎汽船株式会社(大阪)
浪切丸 NAMIKIRI MARU 船客 2等113 3等407 SCAJAP No.N010
1942.5.4(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴い移籍。大阪/山陽航路に就航
1948.4.26(昭23)尼崎汽船(大阪)に返還
1950.10(昭25)阪神港湾振興会社に売却、登録抹消内部を改装し外国船員慰安用の「神戸海上キャバレー」となる。その後解体

正生丸 SHOSEI MARU (1929)

正生丸
正生丸 Shosei Maru

S.Kizu
34502/TSMN→JNIH 貨客船 998G/T 進水 1929.4.25(昭4) 竣工 1929(昭4)
Lpp 64.01 B 9.30 D 5.72 m 主機 R 740IHP 9/11kt
合資会社尼崎造船所(大阪)建造 合名会社尼崎汽船部(大阪)
正生丸 SHOSEI MARU 船客 3等234
1944.5.20(昭19)サイパン港で在泊中、空爆により沈没
1945.10.12(昭20)船籍を抹消

金勝丸 KINSHO MARU (1932)
37705 旅客船 70G/T 進水 1932.7(昭7) 竣工 1932(昭7)
Lpp 23.80 B 4.20 D 1.80 m 主機 H 焼玉 160HP
合資会社尼崎造船所(大阪)建造 尼崎汽船株式会社(大阪)
金勝丸 KINSHO MARU
1942.5.4(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴ない移籍
1948.4.26(昭23)尼崎汽船(大阪)に返還
1951(昭26)昭和26〜28年に余市汽船(余市)に売却、余市/美国間に就航
1956(昭31)改造
1958(昭33)道路新設に伴い(バス運航開始)航路廃止。以後も余市汽船の所有船として船名録に記載されているが、詳細は不明
1976(昭51)昭和51年版船名録より削除

大衆丸 TAISHU MARU (1932)

大衆丸
大衆丸 Taishu Maru

S.Kizu
37490/VNCS→JUIH→JNBD 貨客船 516G/T 進水 1932.2.25(昭7) 竣工 1932(昭7)
Lpp 48.77(160'-0") B 7.80(25'-0") D 4.57(15'-0") m 主機 D 三菱重工 755BHP 12/14.5kt
合資会社尼崎造船所(大阪)建造 合名会社尼崎汽船部(大阪)
大衆丸 TAISHU MARU SCAJAP No.T115
1941.12.4(昭16)海軍に徴傭され、特設捕獲網艇に入籍
1942.5.4(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴ない移籍
1946.4.15(昭21)国家使用船解除、返還
1952.10(昭27)九州商船(株)(長崎)に売却、椿丸TSUBAKI MARUと改名
1969(昭44)解体

小倉造船所(小倉石松)

徳丸 TOKU MARU (1918)

徳丸
徳丸 Toku Maru
22209/NSRB 木造貨物船 431G/T 630D/W 進水 1918.1(大7)
Lpp 46.73(153.33') B 7.87(25.82') D 4.05(13.28') m 主機 R 2連成(冷) 武内鐵工所 38NHP/180IHP 1基 7/8.5kt
小倉造船所(小倉石松)(廣島山波)建造 株式会社戊辰商店(京都)
徳丸 TOKU MARU
ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2018.9