船歴 本邦建造船108 - 幕末・維新|明治前期|明治後期|大正期|昭和初期|太平洋戦争|占領期|海運再建期|海運集約期 戻る

日立造船株式会社

弘心丸 KOSHIN MARU (1944)
51551/JGFU 2,854G/T 4,679D/W 進水 1944.2(昭19) 竣工 1944.3.30(昭19)
Lpp 93.00 B 13.80 D 7.30 m 主機 T 甲12型 1,200SHP 1基 11.5kt
日立造船株式会社(大阪)建造 2TM型 共同企業株式会社(東京)
弘心丸 KOSHIN MARU
1944.6.13(昭19)日本油槽船(株)の設立に伴ない移籍
1945.1.12(昭20)仏印(11.1N,1008.42E)で空爆により沈没

日義丸 HIYOSHI MARU (1946)

日義丸
日義丸 Hiyoshi Maru
58186/JXKZ 貨物船 548G/T 進水 1946(昭21) 竣工 1946.9.11(昭21)
Lpp 50.00 B 8.40 D 4.50 m 主機 R 8.4/9.3kt
日立造船株式会社(大阪)建造 日産汽船株式会社(東京)
日義丸 HIYOSHI MARU 日立造船(築港)で艤装。波型船殻(コルゲートハル)の試作船として完成 SCAJAP No.H061
1950.5.11(昭25)明石海峡で沈没

SNo.3831 山宮丸 (2) YAMAMIYA MARU (1957)

山宮丸
山宮丸 Yamamiya Maru
80082/JLCR 貨物船 8,659G/T 13,269D/W
起工 1957.3.20(昭32) 進水 1957.10.3(昭32) 竣工 1957.12.10(昭32)
Lpp 138.00 B 18.80 D 11.85 m 主機 D 日立B&W 574VTBF160 6,250PS 1基 14.6/18.2kt
日立造船株式会社(大阪)建造 Sno.3831 山下汽船株式会社(神戸)
山宮丸 YAMAMIYA MARU
1963.6(昭38)二層甲板にして木材撒積船に改造
1964.4.1(昭39)合併に伴い山下新日本汽船(株)汽船(東京)に移籍
1976.12.16(昭51)Andaman Maritime Carriers Inc.,Panamaに売却、ANDAMAN CAREERと改名
1979.1(昭54)解体のためSangyo Shinko K.K.,Osakaに売却、解体

SNo.4194 木曽川丸 KISOGAWA MARU (1969)
104752/JQAW 油槽船 104,008G/T 99,605D/W
起工 1968.5.23(昭43) 進水 1968.11.8(昭43) 竣工 1969.1.22(昭44)
Lpp 298.00 B 50.80 D 24.00 m 主機 T 15,000PS 1基 16.2/17.2kt
日立造船株式会社(大阪)建造 Sno.4194 飯野海運株式会社(東京)
木曽川丸 KISOGAWA MARU 24次
1969.1.22(昭44)川崎汽船(株)(東京)と共有
1977.7.29(昭52)日生で繋船
1980.2.26(昭55)Colossus Cia.Naviera S.A.,Greeceに売却、LIMASSOLと改名。同年10月1日、解体のため台湾の高雄に到着

SNo.4268 海燕丸 KAIEN MARU (1970)
107443/JARI 油槽船 111,304G/T 209,261D/W
起工 1969.7.15(昭44) 進水 1969.12.7(昭44) 竣工 1970.3.19(昭45)
Lpp 298.00 B 50.80 D 25.70 m 36,000HP 16.1/17.05kt
日立造船株式会社(大阪)建造 Sno.4268 大阪商船三井船舶株式会社(東京)
海燕丸 KAIEN MARU 25次
1970.3.19(昭45)新栄船舶(株)(東京)と共有
1976.9.13(昭51)Mobil Overseas Shipping Co.,Bermudaに売却、MOBIL OSPREYと改名
1979(昭54)解体のため売却、台湾で解体

SNo.157 東北丸 TOHOKU MARU (1971)
110281/JGRB チップ専用船 34,843G/T 42,105D/W
起工 1970.11.20(昭45) 進水 1971.3.12(昭46) 竣工 1971.6.18(昭46)
Lpp 185.00 B 30.00 D 21.00 m 主機 D 11,600BHP 1基 13.9/15.8kt
日立造船株式会社(大阪)建造 Sno.157 川崎汽船株式会社(神戸)
東北丸 TOHOKU MARU 26次
1986.6.16(昭61)解体のため売却、高雄に到着

SNo.159 多摩丸 TAMA MARU (1972)
111728/JGXY 自動車専用船 6,999G/T
起工 1971.8.5(昭46) 進水 1971.11.11(昭46) 竣工 1972.2.22(昭47)
Lpp 164.00 B 25.40 D 8.10 m 主機 D 10,540/12,400BHP 17.9/19.97kt
日立造船株式会社(大阪)建造 Sno.159 大阪商船三井船舶株式会社(東京)
多摩丸 TAMA MARU
1985(昭60)Irvington Navigation Inc.,Panamaに売却、FORTUNE 1 と改名
1988(昭63)解体のため売却、台湾の高雄で解体

SNo.4380 鶴見丸 TSURUMI MARU (1973)
113843/JBWM 自動車専用船 6,829G/T
起工 1972.11.14(昭47) 進水 1973.4.14(昭48) 竣工 1973.6.29(昭48)
Lpp 164.00 B 25.40 D 16.80 m 主機 D 10,540/12,400BHP 18.15/20.47kt
日立造船株式会社(大阪)建造 Sno.4380 大阪商船三井船舶株式会社(東京)
鶴見丸 TSURUMI MARU
1973.6.29(昭48)明治海運(株)(神戸)と共有
1983.6.29(昭58)明治海運(株)(神戸)に共有分を売却
1983(昭58)Alliance Lines (Panama)S.A.,Panamaに売却、DOMINICANSTARSと改名。同年、JADE ACEと改名
1988(昭63)解体のため売却、台湾の高雄で解体

SNo.4470 香取山丸 KATORISAN MARU (1977)
119512/JRYV 油槽船 120,958G/T 起工 1975.3.26(昭50) 進水 1976.2.10(昭51) 竣工 1977.3.29(昭52)
Lpp 310.00 B 53.00 D 25.00 m 主機 D 32,400/36,000BHP 15.7/16.407kt
日立造船株式会社(大阪)建造 Sno.4470 大阪商船三井船舶株式会社(東京)
香取山丸 KATORISAN MARU 30次
1977.3.29(昭52)新栄船舶(株)(東京)と共有

SNo.4673 ぐろーりあす えーす GLORIOUS ACE (1981)
119802/JJFS 自動車専用船 16,881G/T
起工 1980.7.4(昭55) 進水 1980.10.31(昭55) 竣工 1981.2.17(昭56)
Lpp 180.00 B 32.20 D 22.66 m 主機 D 14,280/16,800BHP 19.15/21.204kt
日立造船株式会社(大阪)建造 Sno.4673 大阪商船三井船舶株式会社(東京)
ぐろーりあす えーす GLORIOUS ACE
1981.2.17(昭56)馬場大光商船(株)(東京)と共有
1984(昭59)大阪商船三井船舶、馬場大光商船、マツダライン(広島)の3社共有に変更
1989.4.1(平1)大阪商船三井船舶、マツダライン(広島)、国際マリントランスポート(東京)の共有に変更
1993(平5)在籍

日魯造船株式会社石巻造船所

江の島丸 (5) ENOSHIMA MARU (1969)
漁業調査船 82G/T 起工 1969.7.25(昭44) 進水 1969.9.10(昭44) 竣工 1969.11.15(昭44)
Lpp 24.50 B 5.40 D 2.40 m 主機 D 新潟鉄工 6MG20X 500PS 11.28kt
日魯造船株式会社石巻造船所(石巻)建造 神奈川県水産試験場
江の島丸 ENOSHIMA MARU
1985(昭60)除籍

石黒造船株式会社

うしお (2) USHIO (1973)
漁業指導船 17G/T 起工 1973.8.9(昭48) 進水 1973.10.18(昭48) 竣工 1973.10.20(昭48)
Lpp 14.72 B 3.96 D 1.15 m 主機 D 久保田鐵工所 M6D 45DSN-2 110PS 1基 10.04kt
石黒造船株式会社(三浦)建造 神奈川県水産試験場
うしお USHIO
1991(平3)除籍

黒田造船所

櫻城丸 SAKURAGI MARU (1917)

櫻城丸
櫻城丸 Sakuragi Maru
21420/NQWJ 木造貨物船 901G/T 1,300D/W 進水 1917.11(大6)
Lpp 60.14(197.30') B 9.51(31.20') D 5.46(17.90') m 主機 R 3連成 大正鐵工所 1基 7/9kt
黒田造船所(大阪)建造 藤本 孝治(大阪)
櫻城丸 SAKURAGI MARU

岡山造船

第八朝香丸 ASAKA MARU No.8 (1974)
110147/JD2253 フェリー 954G/T 起工 1973.1(昭48) 進水 1973.12(昭48) 竣工 1974.1(昭49)
Lpp 78.50 B 14.40 D 4.80 m 主機 D 新潟鉄工 2,800PS 2基 16/18.22kt
岡山造船(不詳)建造 笹井海運作業株式会社(函館)
第八朝香丸 ASAKA MARU No.8

株式会社松浦造船所

第五きりくし KIRIKUSHI No.5 (1997)

第五きりくし
第五きりくし Kirikushi No.5

2016.5.1 切串湾 - I.Masuda
135297/JK5500 フェリー 373G/T 157D/W 起工 1997.3(平9) 進水 1997.6(平9) 竣工 1997.8(平9)
Lpp 43.15 B 10.50 D 3.85 m 主機 D ヤンマー 1,800PS 1基 12/13.7kt
株式会社松浦造船所(広島)建造 上村汽船株式会社(江田島)
第五きりくし KIRIKUSHI No.5 船客 300 普32

菅造船所

隅田川丸 SUMIDAGAWA MARU (1938)
木造貨物船 193G/T 350D/W 竣工 1938.10.22(昭13)
主機 H 焼玉 8kt
菅造船所(不詳)建造 東洋海運株式会社(東京)
隅田川丸 SUMIDAGAWA MARU

武庫川丸 MUKOGAWA MARU (1939)
木造貨物船 199G/T 200D/W 竣工 1939.2.13(昭14)
Lr 28.50 B 7.56 D 3.58 m 主機 H 焼玉 150PS 8.5kt
菅造船所(不詳)建造 東洋海運株式会社(東京)
武庫川丸 MUKOGAWA MARU

宮川丸 MIYAKAWA MARU (1940)
木造貨物船 200G/T 400D/W 竣工 1940.5.19(昭15)
主機 H 焼玉 8kt
菅造船所(不詳)建造 東洋海運株式会社(東京)
宮川丸 MIYAKAWA MARU

日高造船所

鴻洋丸 KOYO MARU (1939)
木造貨物船 183G/T 300D/W 竣工 1939.11.2(昭14)
Lr 25.83 B 7.43 D 3.16 m 主機 H 焼玉 6/7kt
日高造船所(不詳)建造 東洋海運株式会社(東京)
鴻洋丸 KOYO MARU
1940(昭15)瀬田川丸 SETAGAWA MARU と改名(改名時期不詳

株式会社鈴木造船所(石巻)

SNo.112 こばると COBALT (1972)

こばると
はまなす Hamanasu

1982.8.22 伊良湖港
112331/JE2010 フェリー 487G/T 起工 1971.8(昭46) 進水 1972.2(昭47) 竣工 1972.3(昭47)
Lpp 38.00 B 15.00 D 5.00 m 主機 D ダイハツ LPSHTCM 26DS 750PS 2基 13.3/13.8kt
株式会社鈴木造船所(石巻)建造 Sno.112 仙台湾フェリー株式会社(仙台)
こばると COBALT 船客 350
1976.9(昭51)名鉄海上観光船(株)(名古屋)に売却、はまなす HAMANASU と改名
1989.1(昭64)売却
ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.10