日邦汽船の所有船舶 - 戦後占領期海運再建期海運集約期 戻る

創立時(昭和32年1月)の運航船舶
創立時は旧日邦汽船からの継承船福祥丸と扱船川上丸の2隻の内航船を運航した。日邦汽船の社史によると旧日邦汽船は野村正治氏がF型貨物船を建造、保有、運航する目的で設立後に日之出汽船の傘下に入ったとある。なお田上丸は旧日邦汽船時代に解体されている。

1. 福祥丸 FUKUSHO MARU (1948)

福祥丸
福祥丸 Fukusho Maru
62551/JFDM 貨物船 626G/T 897D/W 起工 1948.6.25(昭23) 進水 1948.11.6(昭23) 竣工 1948.12(昭23)
Lpp 53.00 B 8.60 D 4.30 m 主機 R 3連成 宮崎鐵工所 500IHP 1基 9.5/11.3kt
山本造船株式会社(高知)建造 日邦汽船株式会社(東京)
福祥丸 FUKUSHO MARU 2次 SCAJAP No.F049
1953.9(昭28)主機をD 新潟鐵工所 550BHPに換装
1964.1(昭39)三洋海運(東京)に売却、第六富洋丸 FUYO MARU No.6 と改名
1965(昭40)日本で解体

2. 田上丸 TAGAMI MARU (1944)
52601/JLHV→JBLT 貨物船 880G/T 起工 1944(昭19) 進水 1944.8.3(昭19) 竣工 1944.10.10(昭19)
Lpp 60.44 B 9.50 D 5.45 m 主機 H 焼玉 330HP 1基 6.5/7kt
三菱重工業株式会社若松造船所(若松)建造 Sno.83 2EH型 福洋汽船株式会社(神戸)
田上丸 TAGAMI MARU
1945.7.18(昭20)対馬の比田勝港内で空爆により沈没
1947(昭22)船舶公団(東京)と共有
1948.7.11(昭23)西日本海事によって浮揚に成功
1948(昭23)日邦汽船(東京)に売却
1953(昭28)第九次前期新造船見返り船として解体

3. 川上丸 KAWAKAMI MARU (1939)

川上丸
川上丸 Kawakami Maru
46907/JYWN 貨物船 376G/T 進水 1939.11(昭14) 竣工 1939(昭14)
Lpp 36.50 B 8.50 D 4.00 m 主機 H 焼玉 神戸発動機 160BHP 1基
合資会社三原造船鐵工所(大阪)建造 丹羽五郎(大阪)
第三興亞丸 KOA MARU No.3 SCAJAP No.K094
1944.2.28(昭19)日本近海汽船(神戸)に売却(時期不詳)
1950.7.29(昭25)神戸近海汽船(東京)に売却
1952(昭27)江口汽船(神戸)に売却
1954(昭29)日本近海汽船(神戸)に売却
1955(昭30)広南汽船(神戸)に売却。同年、川上丸 KAWAKAMI MARU と改名
1955.8(昭30)船体引伸 Lpp 46.00m 487.59G/T 787.85D/W
1957.6(昭32)日邦汽船(東京)に売却
1963.6(昭38)前田健二(田辺)に売却
1967(昭42)糸井(小樽)に売却
1968(昭43)解体
鉱石専用船の新造
昭和32年(1957)に八幡製鐵、富士製鉄から出資を得て資本金を4億円に増資し同年8月には自己資金による新造第1船の建造契約が呉造船所と締結された。本船は邦強丸と命名されわが国で建造された鉱石運搬用の専用船としては照國海運の新田丸に続く第2船であるが新田丸が荷役設備を有さないのに対し本船はヘビーデリックを含む荷役装置を有し、鉄鉱石以外の長尺物、鋼材の輸送にも適していた。

4. 邦強丸 HOKYO MARU (1958)

邦強丸
邦強丸 Hokyo Maru
日邦汽船の新造船第1船。八幡製鐵と富士製鉄の積荷保証で自己資金により建造された。
80639/JEMD 鉱石専用船 10,473G/T 18,132D/W
起工 1957.11.9(昭32) 進水 1958.2.3(昭33) 竣工 1958.4.5(昭33)
Lpp 153.00 B 22.40 D 12.50 m 主機 D 川崎M.A.N. K6Z70/120C 7,200BHP 1基 13.8/16.067kt
株式会社呉造船所(呉)建造 Sno.34 日邦汽船株式会社(東京)
邦強丸 HOKYO MARU 旅客 4
1972.3.17(昭47)Grace Carriers Inc., Liberiaに売却、GRACE VENTUREと改名
1973(昭48)New Zealand Carriers Inc., Liberiaに移籍
1977.11(昭52)解体のため売却、Long Jong Industries, Kaohsiungに到着

5. 邦正丸 HOSEI MARU (1958)

邦正丸
邦正丸 Hosei Maru
邦強丸に続いて建造された鉱石専用船。荷役設備が若干異なるが船体の主要寸法、主機は同じでほぼ同型船である。本船の建造はスエズブーム後の資金調達困難な時期となったためBank of Americaからわが国海運界初のインパクトローンとして融資を受けて建造された。
81916/JPNQ 鉱石専用船 10,490G/T 18,201D/W
起工 1958.4(昭33) 進水 1958.7(昭33) 竣工 1958.10.14(昭33)
Lpp 153.00 B 22.40 D 12.50 m 主機 D 川崎M.A.N. K8Z70/120C 7,200BHP 1基 13.8/16.432kt
株式会社呉造船所(呉)建造 Sno.35 日邦汽船株式会社(東京)
邦正丸 HOSEI MARU
1966.8.31(昭41)売却
1968(昭43)三井物産(東京)に売却
1969(昭44)Northern Nav. Co. Inc., Liberiaに売却、MINOAN BULLと改名
1972(昭47)Ataka Nav. Inc., Liberiaに移籍
1980.9.2(昭55)解体のため売却、Long Jong Industries, Kaohsiungに到着

6. 邦和丸 HOWA MARU (1959)

邦和丸
邦和丸 Howa Maru
83515/JQOY 鉱石専用船 11,689G/T 18,131D/W
起工 1959.7.8(昭34) 進水 1959.9.30(昭34) 竣工 1959.12.20(昭34)
Lpp 153.00 B 21.40 D 11.90 m 主機 D 三菱重工 7UEC65/125 6,600BHP 1基 13.7/16.2kt
三菱造船株式会社広島造船所(広島)建造 Sno.148 日邦汽船株式会社(東京)
邦和丸 HOWA MARU
1959.12.20(昭34)木下商店(東京)と共有
1964.9(昭39)木下商店の持分を購入し日報汽船の単独保有
1969.6.5(昭44)Central Shipping Co. Ltd., Liberiaに売却、CENTRAL ASIAと改名
1977.7.30(昭52)解体のため売却、Whampoa, Chinaに到着

7. 瑞光丸 ZUIKO MARU (1932) William Gray & Co. Ltd.,West Hartlepool建造

瑞光丸
瑞光丸 Zuiko Maru

邦明丸型 2隻 HOMEI MARU Class (1963 - 1964)

邦明丸
邦明丸 Homei Maru
鉱石専用船 Lpp 215.00 B 31.60 D 17.10 m 主機 D 三菱重工 8UEC85/160 1基 日邦汽船株式会社(東京)
8. 邦明丸 HOMEI MARU 90661/JHYW 33,867G/T 53,130D/W 16,000PS 15.5/17.6kt
起工 1962.6.25(昭37) 進水 1962.12.15(昭37) 竣工 1963.3.19(昭38)
三菱造船株式会社広島造船所(広島)建造 Sno.158 邦明丸 HOMEI MARU
1972.9.27(昭47)Citation Carriets Inc.,Liberiaに売却、QUEEN VENTUREと改名
1974(昭49)EASTERN OAKと改名
1977(昭52)Lee Wang Zin Nav. S. A., Panamaに売却、LEE WANG ZINと改名
1979.12.25(昭54)カナダ東岸(54-36N, 131-38W)で座礁
1980.1.1(昭55)船体切断、沈没
9. 邦雲丸 HOUN MARU 90952/JGNU 33,805G/T 59,174D/W 18/16,000PS 15.6/17.5kt
起工 1963.6.17(昭38) 進水 1963.11.15(昭38) 竣工 1964.2.20(昭39)
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.1587 邦雲丸 HOUN MARU 19次
1964.2.20(昭39)日本油槽船(東京)と共有
1964.4.1(昭39)合併に伴ない昭和海運(東京)と日邦汽船(東京)の共有
1974.4.1(昭49)昭和海運(東京)の持ち分を日邦汽船(東京)に譲渡
1975.2.28(昭50)Enterprise Shipping Co. Ltd.,Liberiaに売却、ENTERPRISE PIONEERと改名
1980(昭55)Daeyang Shipping Corp. Ltd.,Panamaに売却
1983.4.12(昭58)解体のため売却、仁川に到着
邦雲丸
邦雲丸 Houn Maru

10. 邦鶴丸 HOKAKU MARU (1966)

邦鶴丸
邦鶴丸 Hokaku Maru
日邦汽船が初めて計画した大型油槽船。九州石油の積荷保証を得て昭和海運と共有建造され、主としてペルシャ湾諸港からの原油輸送に就航した。後に日邦汽船の単独保有となったが採算悪化により売却、解体された。
100098/JAHD 油槽船 67,544G/T 128,090D/W
起工 1966.4.8(昭41) 進水 1966.7.4(昭41) 竣工 1966.10.16(昭41)
Lpp 256.00 B 42.50 D 22.00 m 主機 T 三菱長崎 M-240 20,700PS 1基 16.05/17.4kt
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.1632 日邦汽船株式会社(東京)
邦鶴丸 HOKAKU MARU 22次
1966.10.16(昭41)昭和海運(東京)と共有
1976.6(昭51)日邦汽船(東京)の単独保有
1976.11.18(昭51)解体のため台湾に売却、高雄で解体

11. 邦龍丸 HORYU MARU (1967)

邦龍丸
邦龍丸 Horyu Maru
100971/JPAC 鉱石/油兼用船 55,213G/T 90,282D/W
起工 1967.6.10(昭42) 進水 1967.10.7(昭42) 竣工 1967.12.20(昭42)
Lpp 235.00 B 38.00 D 21.00 m 主機 D IHI Sulzer 9RD90 20,700PS 1基 15/16.68kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.2008 日邦汽船株式会社(東京)
邦龍丸 HORYU MARU 23次
1967.12.20(昭42)昭和海運(東京)と共有
1976.6(昭51)日邦汽船(東京)の単独保有
1976.9.7(昭51)Aeneas (Panama) S. A.,Panamaに売却、AENEASと改名
1979(昭54)New Courage Line S. A.,Panamaに売却、NEW PROSPECTと改名
1980(昭55)NEW VENTURE ONEと改名
1981(昭56)Sonmez Denizcilik Ve Ticaret A. S.,Turkeyに売却、ANADOLUと改名
1988.9.1(昭63)解体のため売却、インドの Alangに到着

12. 邦翔丸 HOSHO MARU (1971)

邦翔丸
邦翔丸 Hosho Maru
111113/JDGQ 鉱石/油兼用船 63,188G/T 109,650D/W
起工 1971.4.28(昭46) 進水 1971.8.6(昭46) 竣工 1971.11.10(昭46)
Lpp 249.00 B 39.60 D 22.40 m 主機 D 三井B&W 9K84EF 23,200PS 1基 14.9/17.4kt
三井造船株式会社玉野造船所(玉野)建造 Sno.907 知多丸型 日邦汽船株式会社(東京)
邦翔丸 HOSHO MARU 27次
1984(昭59)Atlantic Overseas Navitation Corp.,Taiwanに売却、ATLANTIC PATRIOTと改名
1992.9.25(平 4)解体のため売却、Zhoushan, Chinaに到着

13. 邦春丸 HOSHUN MARU (1973)

邦春丸
邦春丸 Hoshun Maru
114622/JAJD 鉱石/油兼用船 89,272G/T 160,029D/W
起工 1973.2.14(昭48) 進水 1973.5.25(昭48) 竣工 1973.9.21(昭48)
Lpp 278.80 B 44.50 D 24.50 m 主機 D IHI Sulzer 8RND105 32,000PS 1基 15.6/16.92kt
石川島播磨重工業株式会社相生第一工場(相生)建造 Sno.2330 日邦汽船株式会社(東京)
邦春丸 HOSHUN MARU 28次
1982(昭57)三井リース事業(東京)に売却、隆盛丸と改名。隆洋海運が裸傭船
1985(昭60)Hsin Chien Marine Co. Ltd., Taiwanに売却、NEW BOUNTYと改名
1987(昭62)New Spirit Line S. A., Panamaに売却、ACCORDと改名
1988(昭63)Beogradska Plovidba, Yugoslaviaに売却、SMEDEREVOと改名
1992(平4)Glimmer Maritime S. A., St. Vincentに売却、ORE STARと改名
1993(平5)Worldwide Carriers Inc., St. Vincentに売却
1994(平6)解体Lloyd's Register 1995-96年版より削除

14. 邦安丸 HOAN MARU (1975)

邦安丸
邦安丸 Hoan Maru
117720/JQQL 撒積専用船 34,921G/T 60,096D/W
起工 1974.11.14(昭49) 進水 1975.6.12(昭50) 竣工 1975.9.2(昭50)
Lpp 215.00 B 32.20 D 17.80 m 主機 D 日立舞鶴Sulzer 8RND76 16,000PS 1基 15.1/17.39kt
日立造船株式会社舞鶴工場(舞鶴)建造 Sno.4360 日邦汽船株式会社(東京)
邦安丸 HOAN MARU 30次
1984(昭57)Olivia Maritime S. A., Panamaに売却、GOLDEN PROGRESSと改名
1984(昭57)Supernova Maritime Inc., Liberiaに売却、STARSHINEと改名
1994(平6)Big Angel Ocean Shipping Ltd., St. Vincentに売却、BIG ANGELと改名
2006(平18)中国に売却、BAO ZHONG 168と改名LR確認
2009(平21)Dandong Yinhai Steamship Navigation Co. Ltd., Chinaに売却、BEI FANG JI SHUNと改名
2014.8.12(平26)解体のためJingjiang Xinmin Ship Breaking, Chinaに売却、Jingjiangに到着

15. 邦洋丸 HOYO MARU (1977)

邦洋丸
邦洋丸 Hoyo Maru
119299/JPIJ 鉱石/撒積兼用船 37,696G/T 61,516D/W
起工 1976.3.31(昭51) 進水 1977.1.5(昭52) 竣工 1977.3.1(昭52)
Lpp 218.00 B 32.20 D 18.30 m 主機 D 三井B&W DE6K84EF 15,500PS 1基 15.1/16.85kt
三井造船株式会社千葉造船所(市原)建造 Sno.1095 日邦汽船株式会社(東京)
邦洋丸 HOYO MARU 31次
1984(昭59)Ordy de Nav. S. A., Panamaに売却、ORDYと改名
1984(昭59)Hsin Chien Marine Co. Ltd., Taiwanに売却、NEW ORDYと改名
1988(昭63)Regal Master K/S, Norwayに売却、REGAL MASTERと改名
1991(平3)Carlomagno Shipping S. A., Panamaに売却、HERMITAGEと改名
1995(平7)Ivory Star Shipping Co. Ltd., Cyprusに売却、CAPETAN GIORGIS Iと改名

16. 邦隆丸 HORYU MARU (1980)

邦隆丸
邦隆丸 Horyu Maru
121889/JLMN 撒積専用船 74,815G/T 130,503D/W
起工 1979.12.12(昭54) 進水 1980.7.11(昭55) 竣工 1980.10.17(昭55)
Lpp 260.00 B 43.00 D 23.80 m 主機 D 日立B&W 6L90GFCA 20,500BHP 1基 14.6/16.7kt
日立造船株式会社有明工場(熊本)建造 Sno.4646 日邦汽船株式会社(東京)
邦隆丸 HORYU MARU 35次
1989(平1)K/S Baron, Norwayに売却、BARONと改名
1993(平5)Seasymbol Marine Ltd., Cyprusに売却、IOLCOS VICTORYと改名
1996.4.14(平8)アフリカ沖(35-57S, 24-39E)で遭難、沈没

17. 邦英丸 HOEI MARU (1982)

邦英丸
邦英丸 Hoei Maru
126113/JHYX 鉱石/石炭兼用船 114,409G/T 208,739D/W
起工 1981.10.26(昭56) 進水 1982.4.30(昭57) 竣工 1982.9.7(昭57)
Lpp 305.00 B 50.00 D 24.60 m 主機 D 川崎M.A.N. K8Z70/150CE 13,200/15,500PS 1基 12.4/14.903kt
川崎重工業株式会社坂出造船所(坂出)建造 Sno.1343 日邦汽船株式会社(東京)
邦英丸 HOEI MARU 37次

18. 高見丸 TAKAMI MARU (1985)

高見丸
高見丸 Takami Maru
127673/JEGU 鉱石/撒積兼用船 88,840G/T
起工 1984.3.26(昭59) 進水 1984.11.30(昭59) 竣工 1985.3.27(昭60)
Lpp 278.00 B 46.00 D 24.00 m 主機 D 17,070BHP 13.3/16.1kt
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.1953 新和海運株式会社(東京)
高見丸 TAKAMI MARU 39次
1985.3.27(昭60)日邦汽船(東京)と共有
1990.2(平2)日邦汽船の日鉄海運(東京)への合併に伴い日鉄海運との共有に 変更
1995.5.8(平7)O.S.K.Marine S.A.,Panamaに売却、SEAKOHと改名
1997(平9)Nightwhisper Shipping Co. Ltd., Bahamasに売却、NIGHTWHISPERと改名
2012.6.12(平24)解体のためバングラデッシュの解体業者に売却、Chittagongに到着

19. 九石丸 KYUSEKI MARU (1987)

九石丸
九石丸 Kyuseki Maru
129858/JGAA 油槽船 145,661G/T 264,164D/W
起工 1986.10.30(昭61) 進水 1987.4.10(昭62) 竣工 1987.9.22(昭62)
Lpp 310.00 B 58.00 D 26.37 m 主機 D 三菱神戸 7RTA84M 23,720PS 1基 13.9/15.1kt
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.1978 新和海運株式会社(東京)
九石丸 KYUSEKI MARU 42次
1987.9.22(昭62)九石タンカー(東京)と共有日邦汽船(東京)と共有
1990.2(平2)日邦汽船の日鉄海運(東京)への合併に伴い日鉄海運との共有に変更
1999(平11)NEW STORKと改名
2004(平16)A Elephant Corp,Liberiaに売却、A ELEPHANTと改名
2009.8.21(平21)解体のためバングラデシュのChittagongに到着

20. 上総丸 KAZUSA MARU (1988)

上総丸
上総丸 Kazusa Maru
130189/JJEN 鉱石専用船 112,895G/T 227,183D/W
起工 1987.2.26(昭62) 進水 1987.9.19(昭62) 竣工 1988.1.20(昭63)
Lpp 311.00 B 52.00 D 24.30 m 主機 D 三井B&W 6S80MC 23,100PS 1基 14/16.69kt
三井造船株式会社千葉事業所(市原)建造 Sno.1347 日邦汽船株式会社(東京)
上総丸 KAZUSA MARU
1988.1.20(昭63)エヌエス汽船(東京)と共有日鐵海運(東京)と共有

21. 邦成丸 HOSEI MARU (1990)
131953/JNKE 鉱石/撒積兼用船 77,336G/T
起工 1989.7.20(平1) 進水 1989.10.14(平1) 竣工 1990.2.28(平2)
Lpp 260.00 B 43.00 D 23.90 m 主機 D 16,300PS 14/17kt
川崎重工業株式会社坂出造船所(坂出)建造 Sno.1418 日邦汽船株式会社(東京)
邦成丸 HOSEI MARU

Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017