日本郵船の所有船舶 - 明治前期明治後期大正期昭和初期太平洋戦争戦後占領期−海運再建期−海運集約期 戻る

173. 大榮丸 TAIYEI MARU (1912)

大榮丸
大榮丸 Taiyei Maru
15270/MBDT 貨物船 2,933G/T 進水 1912.3.16(明45) 竣工 1912.9.18(大1)
Lpp 89.92(295'-0") B 13.72(45'-0") D 7.62(25'-0") m 1,199HP 11.165kt
株式会社川崎造船所(神戸)建造 Sno.343 株式会社川崎造船所(神戸)
大榮丸 TAIYEI MARU
1912.8.27(明45)日本郵船(東京)に売却
1923.3.31(大12)近海郵船(東京)の設立に伴い出資
1939.9.8(昭14)合併に伴い日本郵船(東京)に移籍
1950.11.28(昭25)低性能船舶買入法により運輸省に売却、解体

近江丸型 2隻 OMI MARU Class (1912)

近江丸
近江丸 Omi Maru
横濱上海線の船質改善のために2隻計画された中型の貨客船。当初2隻を英国Napier & Miller社に発注予定としたが第2船は価格と納期を再検討した結果、川崎造船所へ発注された。
貨客船 Lpp 105.16(345'-00") B 14.02(46'-00") D 8.53(28'-00") m 主機 R 3連成 1基 日本郵船株式会社(東京)
174. 近江丸 (2) OMI MARU 15278/MDJB→JCP 3,582G/T 230IHP 11kt
進水 1912.2(明45) Napier & Miller Ltd.,Glasgow, Scotland建造 近江丸 OMI MARU 船客 1等)30 3等)171
1942.12.27クサイ島からポナペ島に向け航行中、東カロリン諸島ポナペ島の東南東約120浬(6.10N,160.10E)で米潜TRITON(SS-201)の雷撃により沈没
175. 山城丸 (2) YAMASHIRO MARU 15810/MDJV→JCQA 3,606G/T 230NHP/3,541IHP 12kt
進水 1912.7.16(明45) 竣工 1912.11.25(大1) 株式会社川崎造船所(神戸)建造 Sno.361 山城丸 YAMASHIRO MARU 船客 1等)32 3等)186
1943.9.23(昭18)父島からサイパンに向け航行中、小笠原諸島父島の南約380浬(20.45N,142.5E)で米潜TROUT(SS-202)の雷撃により沈没
山城丸
山城丸 Yamashiro Maru

176. 彼南丸 PENANG MARU (1913)
16104/MFVK→JDRD 貨客船 5,214G/T 8,320D/W 進水 1912.11(大1) 竣工 1913.1(大2)
Lpp 125.43(404'-90") B 15.85(52'-00") D 9.75(32'-00") m 主機 R 3連成 245NHP/IHP 1基 9kt
Russell & Co.,Port Glasgow,Scotland建造 日本郵船株式会社(東京)
彼南丸 PENANG MARU 建造中に購入
1913.4.25(大2)彼南丸 PENANG MARU と命名
1943.4.9(昭18)スラバヤからアンボンに向け航行中、セレベス島の南端ブトン水道中部(5.31S,123.9E)で米潜TAUTOG(SS-199)の雷撃を受けブトン島東南岸に任意擱座、のちに沈没

香取丸型 2隻 KATORI MARU Class (1913)

香取丸
香取丸 Katori Maru
日本郵船の欧州航路は賀茂丸型の就航により船質が一新されたがさらに増益が見込まれるために明治44年(1911)9月に三菱造船所と川崎造船所に1隻ずつ発注された1万500総トン級の貨客船。船型は賀茂丸型を拡大改良したものだが香取丸は主機のレシプロ機関の排気を利用したタービンを装備した。鹿島丸は川崎造船所で建造された同所初の1万総トン級の大型船である。公室の装飾は英国ウエアリング・アンド・ギロー社が担当した。
貨客船 Lpp 149.35(490'-0") B 18.59(61'-0") D 11.13(36'-6") m 日本郵船株式会社(東京)
177. 香取丸 KATORI MARU 16494/MHWQ→JKRD 10,513G/T
主機 R&T 排気タービン付3連成 11,562IHP 2基 15.5/16.73kt
起工 1911.11.3(明44) 進水 1913.3.30(大2) 竣工 1913.9.11(大2)
三菱合資会社三菱造船所(長崎)建造 Sno.230 香取丸 KATORI MARU 船客 1等)112, 2等)56, 3等)186
1941.12.23(昭16)ボルネオ島北西岸クチン沖約5浬(1.55N,110.13E)で仮泊中にオランダ潜水艦K-14の雷撃により、翌日沈没
178. 鹿島丸 KASHIMA MARU 16491/MHWL→JKXD 10,559G/T
主機 R 570NHP/11,400IHP 2基 16.6kt
進水 1913.6.8(大2) 竣工 1913.10.13(大2) 株式会社川崎造船所(神戸)建造 Sno.362 鹿島丸 KASHIMA MARU 船客 1等)113, 2等)56, 3等)186
1943.9.27(昭18)台湾馬公からシンガポールへ向け航行中、仏印カムラン湾の南南東約100浬(10.10N,109.40E)で米潜BONEFISH(SS-223)の雷撃により沈没
鹿島丸
鹿島丸 Kashima Maru

徳島丸型 2隻 TOKUSHIMA MARU Class (1913 - 1914)

徳島丸
徳島丸 Tokushima Maru
明治末期から純貨物船の研究を続けてきた日本郵船は明治44年(1911)欧州航路に用船した英国貨物船DEN OF CROMBIE(4,949G/T 1907年建造)の性能を研究し、同年開設されたカルカッタ航路用に同型の貨物船を英国で購入した。徳島丸と鳥取丸はほぼ同型の姉妹船でのち国内で多数建造されたT型貨物船の原型となった貨物船である。徳島丸は臨時船として世界一周線に配船された際に邦船としてパナマ運河を最初に通過した船として知られる。
貨物船 Lpp 128.75(422'-5") B 16.92(55'-6") D 9.53(31'-3") m 主機 R 3連成 1基
Russell & Co.,Port Glasgow,Scotland建造 Russell & Co.,Port Glasgow
179. 徳島丸 (1) TOKUSHIMA MARU 16519/MJLN→JTQD 6,055G/T 266NHP/3,246IHP 10kt
進水 1913.7(大2) 竣工 1913.12.27(大2) 徳島丸 TOKUSHIMA MARU
1913(大2)建造中に日本郵船(東京)に売却、徳島丸 TOKUSHIMA MARU と改名
1944.9.16(昭19)マニラから高雄に向け航行中、台湾南端ガランピの南東約50浬(21.27N,121.35E)で米潜PICUDA(SS-382)の雷撃により沈没
180. 鳥取丸 TOTTORI MARU 16520/MJLP→JPQD 6,057G/T 266NHP/IHP 10kt
進水 1913.8(大2) 竣工 1914.1.19(大3) 鳥取丸 TOTTORI MARU
1913(大2)建造中に日本郵船(東京)に売却、鳥取丸 TOTTORI MARU と改名
1945.5.15(昭20)仏印南岸ハッチェンからシンガポールへ向け航行中、シャム湾入口(9.58N,101.05E)で米潜HALIBUT(SS-232)の雷撃により沈没

諏訪丸型 3隻 SUWA MARU Class (1914)

諏訪丸
諏訪丸 Suwa Maru
香取丸型に引き続いて大正元年(1912)9月に三菱造船所と川崎造船所に発注された1万2,000総トン級、速力16ノットの大型貨客船。諏訪丸の公室の装飾は香取丸と同様、英国ウエアリング・アンド・ギロー社によりクラシカルな様式、伏見丸は桃山風の日本趣味が盛り込まれた。八坂丸は第1次世界大戦中の大正4年に地中海でドイツ潜水艦の雷撃により沈没、乗員乗客は全員フランスの駆逐艦に救助された。
貨客船 Lpp 153.92(505'-0") B 19.35(63'-6") D 11.43(37'-6") m 主機 R 3連成 2基 日本郵船株式会社(東京)
181. 諏訪丸 (1) SUWA MARU 17308/MNPF→JSUD 11,758G/T 616NHP/11,000IHP 13/16.45kt
起工 1912.10.28(大1) 進水 1914.3.29(大3) 竣工 1914.9.10(大3)
三菱合資会社三菱造船所(長崎)建造 Sno.236 諏訪丸 SUWA MARU 船客 1等)122, 2等)60, 3等)190
1929.3(昭4)日本郵船のファンネルマーク採用の第1船となる
1943.3.28(昭18)マーシャル諸島クェゼリン島からウェーク島へ向け航行中、ウェーク島南水道の南5Km(19.14N,166.36E)で米潜SEADRAGON(SS-194)、TUNNY(SS-282)、FINBACK(SS-230)の雷撃を受けウェーク島南岸に任意擱座、船体放棄
182. 八坂丸 YASAKA MARU 17318/MNPV 10,932G/T 616NHP/11,000IHP 13/16.46kt
起工 1913.6.17(大2) 進水 1914.3.14(大3) 竣工 1914.10.15(大3)
株式会社川崎造船所(神戸)建造 Sno.369 八坂丸 YASAKA MARU 船客 1等)122, 2等)60, 3等)190
1915.12.21(大4)エジプトのプルロス燈台沖(地中海)でドイツ潜水艦の雷撃により沈没(第1次世界大戦)
八坂丸
八坂丸 Yasaka Maru
183. 伏見丸 (1) FUSHIMI MARU 17741/MQNC→JFMD 10,940G/T 616NHP/11,000IHP 13/16.46kt
起工 1912.10.28(大1) 進水 1914.6.28(大3) 竣工 1914.11.23(大3)
三菱合資会社三菱造船所(長崎)建造 Sno.237 伏見丸 FUSHIMI MARU 船客 1等)122, 2等)60, 3等)190
1943.2.1(昭18)東京から基隆へ向け航行中、御前崎の南28浬(34.08N,138.18E)で米潜TARPON(SS-175)の雷撃を受け御前崎の南18浬で沈没
伏見丸
伏見丸 Fushimi Maru

對馬丸型 2隻 TSUSHIMA MARU Class (1915)

對馬丸
對馬丸 Tsushima Maru
日本郵船は大正2年(1913)欧州航路臨時船として徳島丸を更に改良した7,500総トン級、速力11ノットの貨物船6隻の建造を決定した。うち英国で建造されたのが對馬丸と高田丸で国内では豐岡丸と富山丸が三菱長崎造船所、豐橋丸と徳山丸が川崎造船所で建造された。
貨物船 Lpp 135.64(445'-0") B 17.68(58'-0") D 10.36(34'-0") m 主機 R 3連成 2基
Russell & Co.,Port Glasgow,Scotland建造 日本郵船株式会社(東京)
184. 對馬丸 (1) TSUSHIMA MARU 17757/MQPF→JMAD 6,724G/T 311NHP/4,396IHP 2/11kt
進水 1914.9(大3) 竣工 1915.2.22(大4) 對馬丸 TSUSHIMA MARU
1916.6.21(大5)北米航路・東航紐育線に就航
1944.8.23(昭19)那覇から長崎に向け航行中、南西諸島悪石島の北西6.7浬(29.33N,129.30E)で米潜BOWFIN(SS-287)の雷撃により沈没
186. 高田丸 TAKADA MARU 17762/MQPL 6,728G/T 311/4,396HP 12kt
進水 1915(大4) 竣工 1915.3.18(大4) 高田丸 TAKADA MARU
1916.2.1(大5)ニューヨーク沖の大西洋で米船シルバー・シェルと衝突、翌日沈没

豐岡丸型 6隻 TOYOOKA MARU Class (1915 - 1920)

豐岡丸
豐岡丸 Toyooka Maru
明治末期から本格的な純貨物船の研究・整備を続けてきた日本郵船は英国ラッセル造船所から購入した遠洋航路用貨物船徳島丸を改良した7,500総トン級、速力11ノットの貨物船6隻の建造を計画、2隻をラッセル造船所に、三菱造船所と川崎造船所にそれぞれ2隻ずつ発注した。このクラスの貨物船はその後多数建造され船名のイニシャルに因んでT型(T Class)と呼ばれた。日本郵船の所有船としては香取丸の例外を除き初めて本格的なタービン主機を搭載した。(敦賀丸、津山丸、りま丸の主機は3連成レシプロ)
貨客船 Lpp 135.64(445'-0") B 17.68(58'-0") D 10.36(34'-0") m
三菱合資会社三菱造船所(長崎)建造 日本郵船株式会社(東京)
185. 豐岡丸 TOYOOKA MARU 17759/MQPH→JYOD 7,375G/T
主機 R 3連成 5,700IHP 1基 14.54kt
起工 1913.8.4(大2) 進水 1914.10.29(大3) 竣工 1915.3.6(大4) Sno.242 豐岡丸 TOYOOKA MARU
1940.3.15(昭15)鏑木汽船(東京)に売却
1944.9.9(昭19)フィリピンのルソン島の東(19.45N,12053.E)で米潜QUEENFISH(SS-393)の雷撃により沈没
189. 富山丸 (1) TOYAMA MARU 18180/MSJK→JTXD 7,386G/T
主機 T Parsons 2段減速 5,700SHP 2基 14.5kt
起工 1913.8.4(大2) 進水 1915.3.20(大4) 竣工 1915.6.3(大4) Sno.243 富山丸 TOYAMA MARU
1917.8(大6)坡土西航路に就航
1935.7.6(昭10)南洋海運(東京)へ出資
1936.12.21(昭12)小野商事合名(東京)に売却
1943.8(昭18)合併に伴い大洋興業(東京)に移籍
1944.6.29(昭19)鹿児島から那覇に向け航行中、徳之島の東5浬で米潜STURGEON(SS-187)の雷撃により沈没
富山丸
富山丸 Toyama Maru
195. 常盤丸 (1) TOKIWA MARU 19285/NCHR→JYWD 7,262G/T
主機 T Parsons 2段減速 5,700SHP 2基 12/14.5kt
起工 1915.2.25(大4) 進水 1916.1.9(大5) 竣工 1916.8.12(大5) Sno.249 常盤丸 TOKIWA MARU
1939.10.15(昭14)鏑木汽船(東京)に売却
1943.6.19(昭18)済州島の南(32.31N,126.17E)で米潜GUITARO(SS-363)の雷撃により沈没
常盤丸
常盤丸 Tokiwa Maru
193. 敦賀丸 (2) TSURUGA MARU 18490/NCHK→JPAD 7,289G/T
主機 R 3連成 5,700IHP 2基 12/14.5kt
起工 1915.4.28(大4) 進水 1916.3.8(大5) 竣工 1916.6.15(大5) Sno.250 敦賀丸 TSURUGA MARU
1917.8(大6)坡土西航路に就航
1942.1.24(昭17)ボルネオ島東岸バリクパパン沖(1.20S,117.1E)で上陸作戦中にオランダ潜水艦K-18の雷撃により沈没
敦賀丸
敦賀丸 Tsuruga Maru
196. 津山丸 TSUYAMA MARU 19288/NCHV→JYMD 7,289G/T
主機 R 3連成 5,700IHP 2基 12/14.5kt
起工 1915.2.9(大4) 進水 1916.7.11(大5) 竣工 1916.9.28(大5) Sno.251 津山丸 TSUYAMA MARU
1934.10.18(昭9)中南米航路・中南米ガルフ線に就航
1944.10.2(昭19)高雄からマニラに向け航行中、台湾南端ガランピの南東約80浬(20.50N,121.31E)で米潜POMFRET(SS-391)の雷撃により沈没
津山丸
津山丸 Tsuyama Maru
208. りま丸 LIMA MARU 26947/RWPK→JCMD 7,250G/T 312NHP/5,304IHP 2基 12/14.6kt
起工 1919.10.24(大8) 進水 1920.3.25(大9) 竣工 1920.4.25(大9) Sno.334 りま丸 LIMA MARU
1944.2.8(昭19)門司から高雄に向け航行中、鹿児島県草垣島の西約120浬(31.05N,127.17E)で米潜SNOOK(SS-279)の雷撃により沈没
りま丸
りま丸 Lima Maru

豐橋丸型 5隻 TOYOHASHI MARU Class (1915 - 1916)

豐橋丸
豐橋丸 Toyohashi Maru
日本郵船が整備を続けたT型貨物船で川崎造船所で大正3年(1914)から5年(1916)にかけてストックボートを含めて合計7隻が建造された。当初2隻(豐橋丸と徳山丸)発注されたが第1次世界大戦の勃発により急激な船舶需要が見込まれたために川崎造船所には5隻が追加注文された。
貨物船 Lpp 135.64(445'-0") B 17.68(58'-0") D 10.36(34'-0") m 主機 R 3連成 2基
株式会社川崎造船所(神戸)建造
187. 豐橋丸 TOYOHASHI MARU 18162/MSHF→JPTD 7,298G/T 10,504D/W 313NHP/6,100IHP 12/14.5kt
起工 1914.1.19(大3) 進水 1914.9.22(大3) 竣工 1915.4.30(大4) Sno.372 日本郵船株式会社(東京)
豐橋丸 TOYOHASHI MARU
1942.6.4(昭17)ビルマ南部タボイからシンガポールへ向け航行中、タイ西岸プケット港の南西約40浬(7.14N,98.06E)で潜水艦の雷撃により沈没
188. 徳山丸 TOKUYAMA MARU 18169/HSHQ 7,323G/T 313NHP/6,100IHP 12/14.5kt
起工 1914.3.22(大3) 進水 1914.10.29(大3) 竣工 1915.5.25(大4) Sno.373 日本郵船株式会社(東京)
徳山丸 TOKUYAMA MARU
1918.8.2(大7)プリマスからニューヨークに向け航行中、米国東岸(39.12N,20.23W)でドイツ潜水艦の雷撃により沈没
190. 但馬丸 (1) TAJIMA MARU 18483/MTVR→JPTD 7,296G/T 313NHP/6,100IHP 12/14.5kt
起工 1915.8.6(大4) 進水 1916.2.7(大5) 竣工 1916.4.15(大5) Sno.380 日本郵船株式会社(東京)
但馬丸 TAJIMA MARU
1944.5.6(昭19)マニラからハルマヘラ島ワシレ湾に向け航行中、セレベス島北東端メナドの北北西約80浬(2.42N,124.07E)で米潜GURNARD(SS-254)の雷撃により沈没
191. 龍野丸 (1) TATSUNO MARU 18486/NCHB→JPUD 7,296G/T 313NHP/6,228IHP 12/14.5kt
起工 1915.9.17(大4) 進水 1916.3.21(大5) 竣工 1916.5.20(大5) Sno.381 日本郵船株式会社(東京)
龍野丸 TATSUNO MARU
1943.1(昭18)応急油槽船に改造
1944.1.15(昭19)マニラから高雄に向け航行中、ルソン海峡中央部(20.05N,120.13E)で米潜THRESHER(SS-200)の雷撃により沈没
龍野丸
龍野丸 Tatsuno Maru
194. 鳥羽丸 (1) TOBA MARU 19284/NCHQ→JPFD 7,296G/T 313NHP/61,000IHP 12/14.5kt
起工 1915.11.17(大4) 進水 1916.7.1(大5) 竣工 1916.8.10(大5) Sno.382 日本郵船株式会社(東京)
鳥羽丸 TOBA MARU
1945.6.16(昭20)基隆港内で停泊中に空爆を受けて大破。終戦後、中華民国に接収。
1946.9(昭21)修復工事が完了。航業公司(不詳)に売却、台南 FOO YU と改名。後に益祥船業公司に移籍、福祥 FOO YUUと改名
1958(昭33)解体のため台湾の高雄に到着

秋田丸型 4隻 AKITA MARU Class (1916 - 1918)

秋田丸
秋田丸 Akita Maru
三菱長崎造船所が大正期に建造した中型の標準型貨物船。三菱神戸造船所が建造したサマラン丸型は本クラスと同型。
貨物船 Lpp 105.16(345'-0") B 15.24(50'-0") D 8.86(29'-1") m 主機 R 3連成 1基
三菱合資会社長崎造船所(長崎)建造
192. 秋田丸 (1) AKITA MARU 18487/NCHD→JCBD 3,792G/T 202NHP/2,899IHP 13.97kt
起工 1915.6.10(大4) 進水 1916.3.20(大5) 竣工 1916.5.10(大5) Sno.252 日本郵船株式会社(東京)
秋田丸 AKITA MARU
1937.3.15(昭12)インド航路・マドラス線に就航
1942.1.10(昭17)サイゴンからシンゴラに向け航行中、タイ南部シンゴラ沖(7.35N,100.50E)で潜水艦の雷撃により沈没
197. 山形丸 (1) YAMAGATA MARU 19281/NCHL→JCPD 3,792G/T 202NHP/2,899IHP 11/13.969kt
起工 1915.8.30(大4) 進水 1916.5.3(大5) 竣工 1916.7.3(大5) Sno.253 日本郵船株式会社(東京)
山形丸 YAMAGATA MARU
1944.4.16(昭19)ハルマヘラ島からマニラに向け航行中、ミンダナオ島南西岸モロ湾(6.51N,123.37E)で米潜REDFIN(SS-272)の雷撃により沈没
山形丸
山形丸 Yamagata Maru
199. 長野丸 (1) NAGANO MARU 19305/NHWD→JCID 3,810G/T 202NHP/2,899IHP 11/13.969kt
起工 1916.10.12(大5) 進水 1917.4.25(大6) 竣工 1917.5.21(大6) Sno.267 日本郵船株式会社(東京)
長野丸 NAGANO MARU ストックボートを建造中に購入
1931.4.1(昭6)近海郵船(東京)に売却
1939.9.8(昭14)合併に伴い日本郵船(東京)に移籍
1944.2.17(昭19)トラック港内で停泊中に空爆により沈没
長野丸
長野丸 Nagano Maru
富浦丸 TOMIURA MARU 22242/NSVK→JFSD 3,821G/T 202NHP/2,700IHP 10/14.1kt
起工 1917.10.20(大6) 進水 1918.4.20(大7) 竣工 1918.5.15(大7) Sno.276 三菱合資会社(東京)
富浦丸 TOMIURA MARU
1924.12(大13)近海郵船(東京)に売却
1939.9.8(昭14)合併に伴い日本郵船(東京)に移籍
1942.12.30(昭17)ラバウル港内(4.15S,152.50E)で空爆により沈没
富浦丸
富浦丸 Tomiura Maru

198. 泰安丸 TAIAN MARU (1917)
19300/NCJT 貨物船 3,135G/T 4,317D/W
起工 1916.10.9(大5) 進水 1917.1.25(大6) 竣工 1917.3.10(大6)
Lpp 96.16(315.5') B 13.72(45.0') D 7.92(26.0') m 主機 R 3連成 183/2,653HP 1基 10kt
株式会社川崎造船所(神戸)建造 Sno.383 日本郵船株式会社(東京)
泰安丸 TAIAN MARU
1943.9.28(昭18)横浜からサイパンに向け航行中、サイパン島ガラパンの沖4浬(15.17N,145.39E)で米潜GUDGEON(SS-211)の雷撃により沈没

甲谷陀丸型 3隻 CALCUTTA MARU Class (1917 - 1921)

甲谷陀丸
甲谷陀丸 Calcutta Maru
三菱長崎造船所の染殿丸型の標準型貨物船。
貨物船 Lpp 121.92(400'-0") B 16.61(54'-6") D 9.14(30'-0") m 主機 R 3連成 1基
三菱合資会社長崎造船所(長崎)建造 染殿丸型
200. 甲谷陀丸 CALCUTTA MARU 20373/NHWQ→JBCD 5,226G/T 277NHP/4,138IHP 12/15.1kt
起工 1916.11.22(大5) 進水 1917.6.7(大6) 竣工 1917.7.7(大6) Sno.266 日本郵船株式会社(東京)
甲谷陀丸 CALCUTTA MARU ストックボートを建造中に購入
1917.8(大6)坡土西航路に就航
1936.3.20(昭11)濠州航路・日本南洋濠州線に就航
1942.5.1(昭17)台湾の馬公から大連へ向け航行中、基隆の北東240浬(28.05N,124.00E)で米潜TRITON(SS-201)の雷撃により沈没
室蘭丸 MURORAN MARU 26035/RTLM→JAKD 5,354G/T 277NHP/4,138IHP 12/15.1kt
起工 1918.5.15(大7) 進水 1919.10.16(大8) 竣工 1919.11.10(大8) Sno.279 鈴木商店(神戸)
室蘭丸 MURORAN MARU
1919(大8)建造中に日本郵船(東京)に売却、室蘭丸 MURORAN MARU と改名(前名不詳)
1936.12.8(昭11)ホノルル直航臨時船として神戸港出航
1944.12.30(昭19)サンフェルナンドから高雄に向け航行中、ルソン島サンフェルナンドの北35浬(17.11N,120.24E)で空爆により沈没
室蘭丸
室蘭丸 Muroran Maru
辨加拉丸 BENGAL MARU 28450/SHVQ→JBQA 5,396G/T 277NHP/4,138IHP 12/15.1kt
起工 1920.5.25(大9) 進水 1920.11.15(大9) 竣工 1921.10.27(大10) Sno.343 三菱合資会社(東京)
辨加拉丸 BENGAL MARU
1920(大9)建造中、日本郵船(東京)に売却
1944.3.24(昭19)マニラからハルマヘラ島カウに向け航行中、ミンダナオ島南端サランガニ島の東北東約30浬(5.38N,125.58E)で米潜BOWFIN(SS-287)の雷撃により沈没
辨加拉丸
辨加拉丸 Bengal Maru

201. 長門丸 (2) NAGATO MARU (1918)
22878/NWLT→JCID 貨物船 5,901G/T 9,057D/W
起工 1917.10.15(大6) 進水 1918.5.27(大7) 竣工 1918.6.27(大7)
Lpp 117.35(385'-0") B 15.54(51'-0") D 10.97(36'-0") m 主機 R 3連成 258NHP/3,799IHP 1基 11kt
株式会社川崎造船所(神戸)建造 Sno.409 第一大福丸型 株式会社川崎造船所(神戸)
第二十二大福丸 TAIFUKU MARU No.22
1917(大6)建造中に日本郵船(東京)に売却、長門丸 NAGATO MARU と改名
1943.9.2(昭18)ニューギニア島北岸ウエワク港内(3.33S,143.38E)で停泊中に空爆を受け大破、船体放棄

函館丸型 2隻 HAKODATE MARU Class (1919 - 1920)

函館丸
函館丸 Hakodate Maru
貨物船 Lpp 121.92(400'-0") B 16.61(54'-6") D 9.14(30'-0") m 主機 R 3連成 1基
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 綾葉丸型
203. 函館丸 (2) HAKODATE MARU 26015/RQWF→JMBD 5,285G/T 258NHP/3,721IHP 13.933kt
起工 1919.5.5(大8) 進水 1919.7.29(大8) 竣工 1919.9.10(大8) Sno.71 辰馬汽船株式会社(神戸)
函館丸 HAKODATE MARU
1919(大8)建造中に日本郵船(東京)に売却、函館丸 HAKODATE MARU と改名
1942.7.16(昭17)台湾の馬公からバンコクに向け航行中、仏印バレラ岬沖3浬(12.55N,109.29E)で 米潜SEADRAGON(SS-194)の雷撃により沈没
210. 馬拉加丸 MALACCA MARU 27242/SBVF→JNGD 5,374G/T 277NHP/3,800IHP 14.365kt
起工 1920.1.15(大9) 進水 1920.5.5(大9) 竣工 1920.6.7(大9) Sno.91 日本郵船株式会社(東京)
馬拉加丸 MALACCA MARU
1939.5.4(昭14)座礁、沈没(場所不詳)

でらごあ丸型 3隻 DELAGOA MARU Class (1919 - 1920)

でらごあ丸
でらごあ丸 Delagoa Maru
三菱長崎造船所のあらすか丸型の標準型貨物船。
貨物船 Lpp 128.02(420'-0") B 17.07(56'-0") D 11.73(38'-6") m 主機 R 3連成 1基
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 あらすか丸型
204. でらごあ丸 DELAGOA MARU 26025/RQWB→JDID 7,148G/T 308NHP/4,390IHP 12/14.5kt
起工 1919.3.19(大8) 進水 1919.9.10(大8) 竣工 1919.10.1(大8) Sno.328 日本郵船株式会社(東京)
でらごあ丸 DELAGOA MARU
1919.10.16(大8)欧州航路・ハンブルグ線に就航
1943.11.2(昭18)佐伯湾からパラオに向け航行中、宮崎県都井岬の南方約300浬(28.20N,135.20E)で米潜TRIGGER(SS-237)の雷撃により沈没
206. だあばん丸 DURBAN MARU 26431/RTMB→JKQD 7,164G/T 308NHP/4,556IHP 12/14.5kt
起工 1919.7.26(大8) 進水 1919.11.10(大8) 竣工 1919.12.2(大8) Sno.329 鈴木商店(東京)
だあばん丸 DURBAN MARU
1919(大8)建造中に日本郵船(東京)に売却、だあばん丸 DURBAN MARU と改名
1944.8.21(昭19)マニラからサイゴンに向け航行中、仏印カムラン湾(11.44N,109.15E)で 米潜MUSKALLUNGE(SS-262)の雷撃により沈没
だあばん丸
だあばん丸 Durban Maru
207. だかあ丸 DAKAR MARU 26933/RWNL→JKWDE 7,170G/T 308NHP/4,390IHP 12/14.58kt
起工 1919.10.10(大8) 進水 1920.2.17(大9) 竣工 1920.3.11(大9) Sno.331 日本郵船株式会社(東京)
だかあ丸 DAKAR MARU
1944.9.22(昭19)ルソン島西岸サンフェルナンド港内(18.57N,128.50E)で停泊中に空爆により沈没
だかあ丸
だかあ丸 Dakar Maru

りおん丸型 8隻 LYONS MARU Class (1920 - 1921)

りおん丸
りおん丸 Lyons Maru
三菱長崎造船所が建造したT型貨物船と同型で横濱船渠が建造した初の1万重量トン級の大型船。主機は3連成レシプロ。前橋丸は重油専焼のボイラを搭載した。
貨物船 Lpp 135.64(445'-0") B 17.68(58'-0") D 10.36(34'-0") m 主機 R 3連成 2基
横濱船渠株式会社(横濱)建造
209. りおん丸 LYONS MARU 26949/RWPM→JOMD 7,018G/T 10,502D/W 312NHP/4,977IHP 12/14.5kt
起工 1919.8.15(大8) 進水 1920.3.3(大9) 竣工 1920.5.6(大9) Sno.69 日本郵船株式会社(東京)
りおん丸 LYONS MARU
1920.5.16(大9)欧州航路・西航紐育線に就航
1944.1.17(昭19)ラバウル港内で停泊中に空爆により損傷、同24日空爆により大破、船体放棄
211. りすぼん丸 LISBON MARU 27254/SBVW→JOLD 7,038G/T 10,494D/W 312NHP/4,684IHP 12/14.5kt
起工 1919.10.15(大8) 進水 1920.5.31(大9) 竣工 1920.7.8(大9) Sno.70 日本郵船株式会社(東京)
りすぼん丸 LISBON MARU
1942.10.2(昭17)香港から門司に向け航行中、東シナ海舟山群島東福山島の東約25浬(30.17N,123.13E)で米潜GROUPER(SS-214)の雷撃により大破、12月2日曳航中に東福山島の北約6浬で沈没
りすぼん丸
りすぼん丸 Lisbon Maru
213. 武豐丸 TAKETOYO MARU 27697/SDRL→JTUD 7,028G/T 10,735D/W 311NHP/4,483IHP 12kt
起工 1920.5.1(大9) 進水 1920.9.23(大9) 竣工 1920.10.25(大9) Sno.74 日本郵船株式会社(東京)
武豐丸 TAKETOYO MARU
1943.1(昭18)応急油槽船に改造
1944.8.21(昭19)ミリからマニラに向け航行中、ミンドロ島北西岸パルアン湾の西(13.23N,120.19E)で米潜RAY(SS-271)の雷撃により沈没
武豐丸
武豐丸 Taketoyo Maru
214. 高岡丸 (1) TAKAOKA MARU 27708/SDTG→JNKD 7,047G/T 10,750D/W 311NHP/4,866IHP 12kt
起工 1920.7.7(大9) 進水 1920.11.21(大9) 竣工 1920.12.16(大9) Sno.75 日本郵船株式会社(東京)
高岡丸 TAKAOKA MARU
1944.6.5(昭19)東京からサイパンに向け航行中、サイパン島の北西約390浬(18.40N,140.35E)で米潜SHARK(SS-314)の雷撃により沈没
高岡丸
高岡丸 Takaoka Maru

S.Kizu
215. 水戸丸 (1) MITO MARU 28097/SGLD→JMVD 7,061G/T 10,434D/W 312NHP/5,300IHP 12kt
起工 1920.8.2(大9) 進水 1921.1.5(大10) 竣工 1921.2.21(大10) Sno.79 日本郵船株式会社(東京)
水戸丸 MITO MARU
1944.4.16(昭19)ハルマヘラ島ワシレ湾からアンボンに向け航行中、アンボンの北西約90浬(2.25S,127.24E)で米潜PADDLE(SS-263)の雷撃により沈没
216. 松江丸 (1) MATSUE MARU 28102/SGLM→JOFD 7,061G/T 10,442D/W 312NHP/5,584IHP 13kt
起工 1920.9.23(大9) 進水 1921.3.6(大10) 竣工 1921.4.5(大10) Sno.80 日本郵船株式会社(東京)
松江丸 MATSUE MARU
1944.4.17(昭19)メレヨン島からグアム島に向け航行中、西カロリン諸島メレヨン島の北西約150浬(9.30N,142.35E)で潜水艦の雷撃により沈没
松本丸 MATSUMOTO MARU 28109/SGMB→JCDA 7,025G/T 10,475D/W 312NHP/5,752IHP 13kt
起工 1920.10.28(大9) 進水 1921.4.6(大10) 竣工 1921.5.5(大10) Sno.81 鈴木商店(東京)
松本丸 MATSUMOTO MARU 鈴木商店(東京)の名義で起工 建造中に日本郵船株式会社(東京)に売却
1921.5(大10)日本郵船(東京)に売却、松本丸 MATSUMOTO MARU と改名
1943.1(昭18)応急油槽船に改造
1944.10.25(昭19)佐世保から仏印サンジャックに向け航行中、台湾海峡鳥*)きゅう興の北西10浬(25.04N,119.35E)で米潜TANG(SS-306)の雷撃により厦門の北東、平海湾で座礁、翌日沈没 *)てへんに丘
松本丸
松本丸 Matsumoto Maru
219. 前橋丸 MAEBASHI MARU 28124/SHVB→JAEA 7,005G/T 10,452D/W 312NHP/5,752IHP 11/14.5kt
起工 1921.1.5(大10) 進水 1921.7.2(大10) 竣工 1921.8.2(大10) Sno.82 日本郵船株式会社(東京)
前橋丸 MAEBASHI MARU 鈴木商店から購入
1935.7.6(昭10)南洋海運(東京)へ出資
1943.9.30(昭18)ニューギニア沿海(6.01N,139.08E)で米潜POGY(SS-266)の雷撃により沈没
前橋丸
前橋丸 Maebashi Maru

212. 盛岡丸 MORIOKA MARU (1920)

盛岡丸
盛岡丸 Morioka Maru
27691/SDRC→JOKD 貨物船 4,469G/T 起工 1920.4.6(大9) 進水 1920.7.21(大9) 竣工 1920.9.22(大9)
Lpp 109.42(360'-0") B 15.50(51'-0") D 8.65(28'-4") m 主機 R 3連成 185/2,842HP 1基 10kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.149 神盛丸型 日本郵船株式会社(東京)
盛岡丸 MORIOKA MARU
1942.3.4(昭17)崎戸から高雄に向け航行中、長崎県崎戸沖(32.55N,120.26E)で触雷により沈没

218. 千歳丸 (1) CHITOSE MARU (1921)

千歳丸
千歳丸 Chitose Maru
28115/SGMK→JCEA 貨客船 2,668G/T 3,298D/W
起工 1920.11.22(大9) 進水 1921.4.28(大10) 竣工 1921.6.7(大10)
Lpp 91.44 B 13.11 D 7.62 m 主機 R 3連成 202NHP/3,955IHP 1基 11.5/15.21kt
横濱船渠株式会社(横濱)建造 Sno.83 日本郵船株式会社(東京)
千歳丸 CHITOSE MARU 船体は耐氷構造
1923.3.31(大12)近海郵船(東京)の設立に伴い出資
1939.9.8(昭14)合併に伴い日本郵船(東京)に移籍
1945.10(昭20)引揚げ輸送開始。小笠原、パラオ、台湾
1946.7(昭21)第二復員省からの徴用解除
1949.8(昭24)樺太真岡と函館間の復員輸送
1952.10.26(昭27)沖縄定期航路に就航
1957.9.30(昭32)岡田組(東京)に売却、サルベージ船に改造
1961.11.30(昭36)解体のため売却

箱根丸型 4隻 HAKONE MARU Class (1921 - 1923)

箱根丸
箱根丸 Hakone Maru
第1次世界大戦の戦禍による喪失船の補充のとして大正9年(1920)2月に3隻建造決定された1万総トン級、速力16ノットの貨客船で主機に2段減速タービンを採用した。全船三菱長崎造船所に発注され、さらに大正12年(1923)6月には同所のストックボートとして建造された同型船白山丸を購入した。船名のイニシャルに因みH級と呼ばれた。白山丸は航測計器としてジャイロコンパスを装備し、英国でこれに連動する自動操舵装置を設置した。
貨客船 Lpp 150.88(495'-0") B 18.90(62'-0") D 11.28(37'-0") m 主機 T 三菱Parsons 3気筒高中圧串型(後進混成) 2基
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造
221. 箱根丸 (1) HAKONE MARU 28453/SHVW→JHGD 10,423G/T 8,178/8,178SHP 14/16.1kt
起工 1920.7.12(大9) 進水 1921.7.25(大10) 竣工 1921.10.31(大10) Sno.346 日本郵船株式会社(東京)
箱根丸 HAKONE MARU 船客 1等)118, 2等)55, 3等)約134
1943.11.27(昭18)高雄から門司へ向け航行中、台湾海峡鳥丘興の東北東12浬(25.04N,119.40E)で空爆により沈没
222. 榛名丸 (1) HARUNA MARU 28462/SHWN→JIND 10,421G/T 9,318SHP 14/16.4kt
起工 1920.9.10(大9) 進水 1921.11.5(大10) 竣工 1922.1.31(大11) Sno.347 日本郵船株式会社(東京)
榛名丸 HARUNA MARU 船客 1等)118, 2等)55, 3等)約134
1942.7.7(昭17)神戸から横浜へ向け航行中、御前崎燈台の東、大根バエ礁(34.35N,138.15E)で濃霧のため座礁、7月21日船体切断、沈没
榛名丸
榛名丸 Haruna Maru
223. 筥崎丸 (1) HAKOZAKI MARU 28858/SKPD→JHHD 10,413G/T 9,509SHP 14/16.5kt
起工 1920.12.16(大9) 進水 1922.3.2(大11) 竣工 1922.6.1(大11) Sno.348 日本郵船株式会社(東京)
筥崎丸 HAKOZAKI MARU 船客 1等)118, 2等)55, 3等)約134
1945.3.19(昭20)六連から上海に向け航行中、上海の北北東120浬(33.07N,122.05E)で米潜BALAO(SS-285)の雷撃により沈没
筥崎丸
筥崎丸 Hakozaki Maru
233. 白山丸 (1) HAKUSAN MARU 29444/SNCM→JDXD 10,380G/T 9,600SHP 14/16.526kt
起工 1922.1.30(大11) 進水 1923.5.19(大12) 竣工 1923.9.20(大12) Sno.383 三菱合資会社(東京)
白山丸 HAKUSAN MARU 船客 1等)118, 2等)55, 3等)約134 ストックボートとして起工
1923.5(大12)進水直前に日本郵船(東京)に売却、白山丸HAKUSAN MARU と命名
1944.6.4(昭19)サイパンから横須賀へ向け航行中、硫黄島の西南西約280浬(22.37N,136.50E)で米潜FLIER(SS-250)の雷撃により沈没
白山丸
白山丸 Hakusan Maru

S.Kizu

大阪丸型 2隻 OSAKA MARU Class (1922)
イースタン ガイド Eastern Guide型の船型をさらにファインにして高速化を図った貨物船。
貨物船 Lpp 105.16(345'-0") B 15.24(50'-0") D 8.84(29'-0") m 主機 R 3連成 1基
横濱船渠株式会社(横濱)建造 日本郵船株式会社(東京)
224. 大阪丸 OSAKA MARU 28076/SLDC→JIQA 3,741G/T 5,892D/W 228NHP/3,733IHP 11/15.03kt
起工 1921.12.20(大10) 進水 1922.6.5(大11) 竣工 1922.7.20(大11) Sno.94 大阪丸 OSAKA MARU
1928.8.9(昭3)近海郵船(東京)に売却
1939.9.8(昭14)合併に伴い日本郵船(東京)に移籍
1944.5.25(昭19)サイパンからパラオに向け航行中、パラオ島の北240浬(11.12N,135.14E)で米潜FLYINGFISH(SS-229)の雷撃により沈没
227. 門司丸 (2) MOJI MARU 28982/SLDP→JIRA 3,757G/T 3,724HP 15.47kt
起工 1922.1.30(大11) 進水 1922.8.15(大11) 竣工 1922.9.15(大11) Sno.95 門司丸 MOJI MARU
1928.7.25(昭3)近海郵船(東京)に売却
1939.9.8(昭14)合併に伴い日本郵船(東京)に移籍
1944.6.14(昭19)サイパンから日本に向け航行中、サイパンの北約250浬(17.32N,144.10E)で空爆により小破、サイパンへ反転帰港中に艦砲射撃と空爆を受け、サイパン島の北約70浬で沈没

225. 元明丸 GENMEI MARU (1917)
20604/NJVM→JBND 貨物船 3,180G/T 起工 1917.1.17(大6) 進水 1917.6.30(大6) 竣工 1917.8.8(大6)
Lpp 92.96(305'-0") B 13.34(43'-9") D 8.31(27'-3") m 主機 R 3連成 270NHP/2,093IHP 1基 10/12.689kt
三菱合資会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.68 上西汽船(神戸)
元明丸 GENMEI MARU 上西商会が発注
1922.7.24(大11)日本郵船(東京)に売却
1923.3.31(大12)近海郵船(東京)の設立に伴い出資
1939.9.8(昭14)合併に伴い日本郵船(東京)に移籍
1943.12.15(昭18)チモール島デリーの東約8浬(9.30S,124.00E)で空爆により損傷。同日ラウタイム湾内で再度空爆を受けて大破、炎上。翌日日本軍の砲撃処分により沈没

226. 元中丸 GENCHU MARU (1918)

元中丸
元中丸 Genchu Maru
23804/RFPS 貨物船 3,206G/T 進水 1918.11(大7) 竣工 1918(大7)
Lpp 92.96(305'-0") B 13.34(43'-9") D 8.31(27'-3") m 主機 R 3連成 179NHP 1基 9.5/12.85kt
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 Sno.314 神隆丸型 上西汽船(神戸)
元中丸 GENCHU MARU 鈴木商店の発注
1922.8.4(大11)日本郵船(東京)に売却
1923.3.31(大12)近海郵船(東京)の設立に伴い移籍
1932.11.14(昭7)台風のため静岡県田方郡富戸海岸に座礁、全損

長崎丸型 2隻 NAGASAKI MARU Class (1922 - 1923)

長崎丸
長崎丸 Nagasaki Maru
日本郵船が新たに開設する日華連絡線(長崎/上海間)のために大正9年(1920)渡峡船建造の実績のある英国ウィリアム・デニー造船所に2隻発注した5,500総トン級、速力21ノットの快速貨客船。主機はタービン2基2軸。長崎丸は大正12年(1923)2月11日、上海丸は同年3月25日に就航したが同年9月1日に発生した関東大震災の際には救助活動のため京浜/神戸間の連絡輸送に活躍。
貨客船 Lpp 120.39(345'-00") B 16.46(46'-00") D 9.75(28'-00") m 主機 T 2基
William Denny & Bros.,Dumbarton,Scotland建造 日本郵船株式会社(東京)
228. 長崎丸 NAGASAKI MARU 29052/SLQH→JAXA 5,272G/T 11,377SHP 20.897kt
進水 1922.3(大11) 竣工 1922.10.23(大11) 長崎丸 NAGASAKI MARU 船客 1等)155 3等)200
1923.2.11(大12)近海航路・長崎上海線(日華連絡線)に就航
1939.8.12(昭14)東亞海運(東京)に出資
1942.5.13(昭17)長崎港外伊王島北方で日本軍が敷設した機雷に触れて沈没
229. 上海丸 SHANGHAI MARU 29136/SMKB→JAYA 5,259G/T 11,400SHP 20.9kt
進水 1922(大11) 竣工 1923.1.15(大12) 上海丸 SHANGHAI MARU 船客 1等)155 3等)189
1923.3.25(大12)近海航路・長崎上海線(日華連絡線)に就航
1939.8.12(昭14)東亞海運(東京)に出資
1943.10.30(昭18)揚子江沖(31.55N,123.10E)で衝突沈没
上海丸
上海丸 Shanghai Maru

六甲丸型 2隻 ROKKO MARU Class (1923)

六甲丸
六甲丸 Rokko Maru
貨物船 Lpp 96.01(315'-0") B 14.02(46'-0") D 8.23(27'-0") m 主機 R 3連成 1基
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 日本郵船株式会社(東京)
230. 六甲丸 ROKKO MARU 29132/SLRQ 3,028G/T 202NHP/3,107IHP 14.846kt
起工 1922.7.3(大11) 進水 1923.2.5(大12) 竣工 1923.3.10(大12) Sno.388 六甲丸 ROKKO MARU
1939.8.12(昭14)東亞海運(東京)に出資
231. 阿蘇丸 (1) ASO MARU 29312/SMLR→JAAB 3,028G/T 202NHP/3,074IHP 15.062kt
起工 1922.7.4(大11) 進水 1923.4.5(大12) 竣工 1923.5.10(大12) Sno.389 阿蘇丸 ASO MARU
1939.8.12(昭14)東亞海運(東京)に出資
阿蘇丸
阿蘇丸 Aso Maru

筑波丸型 2隻 TSUKUBA MARU Class (1923 - 1924)
完成時に旅客設備を増設した。
貨物船 Lpp 96.01 B 14.02 D 8.23 m 主機 R 3連成 1基
横濱船渠株式会社(横濱)建造 日本郵船株式会社(東京)
232. 筑波丸 (1) TSUKUBA MARU 29441/SNCJ→JIWA 3,161G/T 2,965NHP/IHP 14.41kt
起工 1923.4.25(大12) 進水 1923.8.2(大12) 竣工 1923.8.31(大12) Sno.109 筑波丸 TSUKUBA MARU
1939.8.12(昭14)東亞海運(東京)に出資
1944.5.23(昭19)南シナ海(21.18N,117.12E)で米潜PICUDA(SS-382)の雷撃と空爆により沈没
234. 天城丸 (1) AMAGI MARU 30026/SQLJ→JDHA 3,165G/T 4,301D/W 2,965NHP/IHP 14.41kt
起工 1923.8.1(大12) 進水 1924.4.19(大13) 竣工 1924.5.31(大13) Sno.118 天城丸 AMAGI MARU
1944.5.2(昭19)シンガポールからアンダマン島ポートブレアに向け航行中、南アンダマン島の南南東約55浬で潜水艦の雷撃により沈没
天城丸
天城丸 Amagi Maru

摩耶丸型 4隻 MAYA MARU Class (1925 - 1928)

摩耶丸
摩耶丸 Maya Maru

S.Kizu
日本郵船の上海航路のうち神戸上海線に新造投入された3000総トン級の貨客船。
貨客船 Lpp 99.06(325'-0") B 14.02(46'-0") D 8.23(27'-0") m 主機 R 3連成 1基
横濱船渠株式会社(横濱)建造 日本郵船株式会社(東京)
237. 摩耶丸 MAYA MARU 30936/SWMD→JCBB 3,145G/T 3,889D/W 2,933IHP 12/15.66kt
起工 1924.12.24(大13) 進水 1925.7.11(大14) 竣工 1925.8.29(大14) Sno.130 摩耶丸 MAYA MARU 船客 1等)4 3等)82
1933.5.16(昭8)近海航路・根室青島大連線に就航
1939.8.12(昭14)東亞海運(東京)に出資
1944.7.17(昭19)セレベス海(7.42N,122.05E)で米潜CABRILLA(SS-288)の雷撃により沈没
238. 生駒丸 IKOMA MARU 31404/TCKJ→JCAD 3,157G/T 3,907D/W 3,032HP 11/15.65kt
起工 1923.12.24(大12) 進水 1925.9.28(大14) 竣工 1925.11.10(大14) Sno.131 生駒丸 IKOMA MARU 船客 1等)4 3等)82
1944.1.21(昭19)パラオからウエワクに向け航行中、パラオの南東282浬(3.25N,137.06E)で米潜SEAHORSE(SS-304)の雷撃により沈没
生駒丸
生駒丸 Ikoma Maru
247. 笠置丸 KASAGI MARU 33617/TMKW→JQOB 3,141G/T 3,917D/W 2,522HP 11.5/15.14kt
起工 1927.10.5(昭2) 進水 1928.3.3(昭3) 竣工 1928.4.30(昭3) Sno.161 笠置丸 KASAGI MARU 船客 1等)6 3等)82
1944.1.27(昭19)横浜から南鳥島に向け航行中、御蔵島の南23浬(33.30N,139.35E)で米潜SWORDFISH(SS-193)の雷撃により沈没
250. 三笠丸 (1) MIKASA MARU 33636/TNVF→JQNB 3,143G/T 2,703HP 11.5/15.92kt
起工 1927.10.5(昭2) 進水 1928.5.5(昭3) 竣工 1928.6.29(昭3) Sno.162 三笠丸 MIKASA MARU 船客 1等)6 3等)82
1939.8.12(昭14)東亞海運(東京)に出資
1944.11.11(昭19)レイテ島西岸オルモック(10.58N,124.35E)で空爆により沈没
三笠丸
三笠丸 Mikasa Maru

飛鳥丸型 2隻 ASUKA MARU Class (1924)

飛鳥丸
飛鳥丸 Asuka Maru
日本郵船が大正12年(1923)3月英国に発注した同社初のディーゼル船。飛鳥丸にはB&Wディーゼル2基4,000馬力、愛宕丸にはズルザーディーゼル2基4,000馬力が搭載された。竣工後はシアトル航路に就航。
貨物船 Lpp 134.11(440'-0") B 17.37(57'-0") D 11.71(38'-5") m 日本郵船株式会社(東京)
235. 飛鳥丸 ASUKA MARU 30494/STPN→JYDA 7,524G/T
主機 D B&W 4,979BHP 2基 11/13.038kt
進水 1924.7(大13) 竣工 1924.11.11(大13)
David & William, Henderson & Co,Glasgow建造 飛鳥丸 ASUKA MARU
1944.1.10(昭19)六連から高雄に向け航行中、那覇の北約70浬(27.32N,127.25E)で米潜SEAWOLF(SS-197)の雷撃により沈没
236. 愛宕丸 ATAGO MARU 30916/STPR→JYCA 7,544G/T
主機 D Sulzer & Brothers 5,588BHP 2基 12/14.48kt
進水 1924.6(大13) 竣工 1924.11.28(大13) Lithgow & Co.,Glasgow,Scotland建造 愛宕丸 ATAGO MARU
1943.2.14(昭18)応急油槽船に改造
1944.11.28(昭19)ボルネオ島ミリ港(4.29N,114.00E)で停泊中、空爆により大破、船体放棄
愛宕丸
愛宕丸 Atago Maru
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2015-8-25